2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_51

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 18:32:08
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。

必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_50
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1242739454/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 20:06:29
>>1



3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 22:34:56
FAQ

Q.「イゼルローン要塞ってワープで飛び越えればいいんじゃねーの?」
A.「ヤンのイゼルローン要塞攻略と、その折のシェーンコップの偽装巡航艦の事例から見ても、
それは決して不可能ではないと思われます(偽装巡航艦は、要塞に近付いた際は、帝都方面からだったようです)。
また、回廊内でワープ航法が出来ないなら、光速の壁を破る航法が他に無い以上、通常航行で通るしか無くなります。
そして、光速より遥かに遅い通常航行は、常識的な時間内には、ごく短距離しか進めません。
回廊が常識的な期間内に踏破可能な程度の距離規模であるなら、通常のワープ(長距離ワープで、
1回につき、少なくとも200光年以上は跳躍可能な筈です)で、
一気に飛び越えられます。

また、要塞から6、7光年の距離に有ると書いてある惑星カプチェランカは、
作中の記述から見て、ティアマト星系に属しますが、この星系は、
作中に「回廊内の最重要戦略ポイント」とも書いてあります。
たとえ数光年程度でも、ワープ以外では絶望的な長距離ですから、
短期間での踏破をするには、ワープを使用していない訳は有りません。

よって、これらの点から見ても、回廊内では、ワープ航法が使えない訳は有りません。

ですが、たとえ、侵攻側の戦闘部隊がワープ航法による敵領侵入を強行しても、
後続の、より脆弱な補給船団が、
回廊内の制宙権を確保している要塞駐留機動艦隊に捕捉され撃滅されて、
補給線が断たれますので、戦闘部隊はすぐに戦えなくなります。
敵地の惑星を占領し根拠地にしようにも、或る程度時間を掛けてそれを試みている間に、
敵の迎撃部隊に捕捉され、補給不足のうちに撃滅されてしまうでしょう。
よって、侵攻側は、まず回廊の制宙権を確保する必要が有り、
その為にという意図で、何度も要塞攻略(奪取前提)が為されたのです。
尚、ケンプらが率いた移動要塞は、運用次第で、この問題を解決し得る、
画期的な戦略要素に成り得たかもしれません。」

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 22:36:06
FAQ

Q.「○○と××どっちが強い?」
A.「作中に材料が有れば判定可能です。無ければ、水掛け論になりますので、
そういう議論は、遊び程度に留めるよう自重しましょう」


Q.「モデルって(三国志とか戦国とかマケドニアとかフランス革命etcの内のどれか)でしょ?」
A.「人物のモデルは色々な所から引っ張ってきていると、
作者の田中芳樹氏が言明しておいでです。
物語全体についても同様と思われます」

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 22:37:51
FAQ

Q.「アムリッツァの同盟と帝国の兵力っておかしくね?明らかに帝国のほうが…」
A.「前提として、同盟軍遠征部隊は20万隻(中央の8個艦隊の他、
地方警備兵力から引き抜いたと思われます。
8個艦隊分以外は、遠征である故、主に補給部隊などの
後方支援艦艇を増強したのでないかという意見も有りますが、
当時の同盟軍が補給を重視したとは思えず、
また作中、アムリッツァ当時、ラインハルトは敵の六割(新書)、
乃至は半数の兵力を率いたと明記されており(文庫)、
艦隊の中の艦種の配分が同等でないと不自然です)、
当時における帝国軍のラインハルト指揮下の部隊は、
帝国軍中央の18個艦隊の半数と言う事ですから9個艦隊、
隻数は10万隻から12万隻と思われます。
まず、前哨戦において、帝国軍の方が同盟軍より多いと書かれているのは、
あの折の同盟軍は、広大な占領地を維持するため、兵力を分散していたからと思われます。
例えば、同盟軍のウランフ艦隊に対して、
帝国軍のビッテンフェルト艦隊は、数的にも優勢と言う事でした。
ウランフは、あの折、本来の1個艦隊ではなく自分直属の少将級分艦隊(3000から4000隻程度)のみを
手元において指揮していたと推察されます。
また、アムリッツァ星域での決戦時においては、同盟軍は、前哨戦での被害が甚大で、
その為、その兵力は、当初より半減していたと思われます。
また、ヤン対キルヒアイスの場合、時系列的に、
ヤンとケンプとの対戦が済んだ後です。
キルヒアイスも同様に、当初の受け持ちを片付け、
そしてこれも緒戦を済ませた他の艦隊をまとめていたのではと思われます。
これがそのまま、アムリッツァ星域での決戦時、機雷原を迂回し、
指向性ゼッフル粒子を使った別働隊となったのでしょう。」

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 22:42:54
FAQ

Q.「単座式戦闘艇の存在意義は?」
A.「艦隊戦は、まず長距離砲撃戦が行われ、それから接近格闘戦の段階に移行します。
単座式戦闘艇部隊の出番は、この接近格闘戦です。
接近格闘戦では、敵味方が入り乱れた乱戦状態となり、同士討ちが怖いので、
大きな威力の兵器は使い辛くなります。よって、艦艇の主な武器はミサイルとなると思われます。
単座式戦闘艇の兵装は、大型艦に対して、そのままでは通用しなくても、
ミサイル発射孔を狙えば撃沈も可能であり、大型艦としては、その周辺が、
敵の単座式部隊によって制圧されていては、迂闊にミサイルが撃てない状況となり、
攻撃力が激減することになります。
また、対艦攻撃に有意な大型ミサイルを搭載していると思われる宙雷艇や、
艦隊指揮に必要不可欠な連絡用シャトルにとっても、
単座式戦闘艇は脅威であり、またそれらの護衛にも有意であると思われます。

以下は、艦艇各種の性能についての推定です。
・攻撃力・防御力、及び長距離砲撃戦での費用対効果
 戦艦>巡航艦>駆逐艦>宙雷艇>単座式戦闘艇
・加速力・旋回性能・隠密性、及び接近格闘戦での費用対効果
 単座式戦闘艇>宙雷艇>駆逐艦>巡航艦>戦艦
・破壊力
 大型艦搭載のミサイル>単座式戦闘艇搭載の兵装
・賢さ、状況への即応性
 単座式戦闘艇の操縦士>ミサイルのコンピュータ」

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 22:44:01
FAQ

Q.「単座式戦闘艇の存在意義は?」への回答続き

「それと、艦隊戦は当然集団戦なので、戦艦1隻VS単座式戦闘艇1機とか、
そのような単純な構図にはなりにくいです。
例えば、戦艦1隻&単座式戦闘艇部隊VS駆逐艦2隻&単座式戦闘艇部隊
ということも、幾らでも有り得ます。
戦艦が単独だと、作中有った様に、俊敏な駆逐艦2隻に翻弄され撃沈
されるということも有り得ます。
戦艦1隻が戦闘艇部隊を伴っているのに、駆逐艦2隻がそうでないと、
逆に、駆逐艦がより俊敏さにおいて勝る戦闘艇部隊に翻弄され沈められたり、
或いは、沈められないまでも、戦闘艇部隊に牽制され、
折角の戦艦に対する俊敏さの優位を活かしきれない状況で、
戦艦の火力を叩きつけられ沈められることも有り得るのです。
双方が単座式戦闘艇部隊を伴っているならば、
戦力及び各操縦士や部隊指揮官の技量が同等なら、相殺されると思われます。

単座式戦闘艇部隊は、艦隊戦の、接近格闘戦の段階における、
各大型艦の周辺での、狭義での「制宙権」確立に有意であると言えます。」

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 22:52:47
FAQ

Q.「危険宙域(サルガッソー)は、何故通行できないの?」
A.「危険宙域は、赤色巨星、変光星、重力異常地帯が密集していると、
作中に書かれています。
おそらく、銀河中心の核恒星系ではないかと思われますが、
ここは、1立方光年に恒星が100万個有るそうです。
そして、恒星風の乱流で、物凄い状態になって居るらしいです。
こういう状況では、まず、大重力の近くでは使えないことになっている
ワープ航法が使用不可能となります。
また、通常航行も、まず、真っ直ぐ進むこと自体が困難であると思われ、
そしてレーダーも使えず、計器も狂うのではないかと推察されますので、
周辺の情報収集も光学観測以外に頼れなくなります。
僚艦や後方との通信も、まず不可能でしょう。
これでは、通常、危険宙域に進入すること自体が、自殺行為に近くなる筈です。」

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 22:59:31
FAQ

Q.「バーミリオン星域会戦の際、ヤンは何故、勝利(さもなくば同盟の敗亡)を目前にしながら、
政府による停戦命令を受け入れたの?」
A.「建前は、同盟政府による命令故であり、
ヤンは、民主国家の公僕であり、軍人であり、政府の指揮下に有るからです。
本音としては、ヤンがラインハルトとの会談で語った、
【人民を害する権利は人民のみに有る】という彼の考えに拠ると思われます。
これは、言い換えると、【人民の運命の自己決定権】ということです。
ヨブ・トリューニヒトを元首に選んだのは同盟市民であり、
その結果の責任を、正であれ負であれ、同盟市民は負わなければなりません。
たとえ負の結果であっても、それを引き受けるのが尊厳です。
その尊厳は、何者も否定してはならないのです。
それを、現場の軍人に過ぎないヤンが阻害してしまっては、
【完璧な名君による善政】を否定する理由が無くなるのです。

卑近な例で例えると、自分で作った借金は、自分で始末をつけるのが大人です。
子供なら、親に頼って良いでしょうし、子供を助けてやるのが親の責務です。
ですが、大人でありながら、その責任も尊厳も放棄し、
親に尻拭いを頼るような人間は、大人を名乗る資格が有りません。
ヤンは、あの折、同盟市民に対し、【大人】足るべく望んだのです。」

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 23:01:11
FAQ

Q.「直径は60kmのイゼルローン要塞に、艦艇を2万隻も収容したり、
人間を500万人も住まわせたり、
回廊を封鎖されてもイゼルローンだけで独立して生けていけたりとか、
無理が無い?」
A.「イゼルローン要塞の直径は60kmですから、半径30kmです。
球体の体積Vは、V=3分の4×円周率π×半径の3乗。
=113039.9999。
イゼルローン要塞の総体積、約113040立方kmと割り出せます。
球体の表面積Sは、S=4×円周率π×半径の2乗です。
イゼルローン要塞の表面積は、11304平方kmと割り出せます。
外殻(及び、主砲などの砲座やその管制系、通行や通気用の空間)を、
厚さ3kmと仮定して、それに表面積を掛けると、 外殻の体積は、33912立方kmと仮定出来ます。
要塞の総体積から、外殻の体積の仮定を差し引いて求めた、
イゼルローン要塞の外殻の中身の容積は、79127.9999立方kmと仮定出来ます。
これを、厚さ100mの巨大で平べったい直方体に置き換えると仮定しますと、
その面積は、日本列島全土のおよそ2倍になります。
日本全土を、地上100m地下100m(+外壁の厚さ)の寸法を持った、
超巨大構築物が覆い尽くしていると考えれば
(勿論、内部は然るべく細分されるでしょうから、
総床面積は、更に広大な物になることでしょう)、
イゼルローン要塞の容量の膨大さが想像出来ると思います。
また、核融合や、現代からは想像も出来ない高効率の太陽熱発電や、
バーサード・ラムジェットを短時間に亜光速に到達させ得るほどに
効率の良い星間物質(水素ガス)収集が可能になっている点や、
或いは任意に成形出来る炭素クリスタルなどの新素材が実現していることも、
現代の常識では有り得ない巨大構築物と巨大人工生態系の建設・維持を
可能にしていると思われます。
それと、回廊内に存在する惑星カプチェランカや惑星レグニツァは当然として、
或いはその他にも、おそらく有るであろう、危険宙域表面に位置する小惑星など、
様々な資源の採掘源が存在すると見込まれます。」

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 23:08:56
FAQ

Q.「フィッシャーは艦隊運用の名人だそうだけど、具体的には何をしているの? 
何故、ヤンと仕事を分担しているの? どうして別々の艦艇に居るの?」
A.「普通、艦隊司令官が、作戦指揮と艦隊運用の双方を担うのでしょうけど
(双方の高レベルの名手が、例えば恐らくはミッターマイヤー)、
ヤン艦隊の場合は、以下の事情が推察されます。

1.『艦隊運用』の内容とは、以下の仕事と思われます。
攻防・離脱の機動・陣形の編成などについての各部隊・各艦への指示、諸々の交通整理など。

作戦・戦術に応じての機動は大体決まっていますし、分艦隊の個々の役割も決まっています。
ならば、司令官が作戦案を示した時点で、戦術理論的に艦隊運用の最適解は決まる訳です。
艦隊運用担当者は、それに合わせて指示を出します
(シミュレーションすれば、より正確なプランが作れます)。
戦術に合わせた基本フォーメーションみたいなのは、
同盟軍レベル、或いは艦隊レベルで決まっているでしょうから、
大体は、伝達し、監督・統制するだけで済みますが、
状況に合わせた調整が大事な仕事になり、運用担当者の腕が問われる場面となります。
戦闘中に大きく陣形を変える場合でも、敵の意図を読み、対応策を決めて(これは司令官の仕事)
「敵がこういう意図でこう来るから、阻止したい(orこう利用したい)」と伝えれば、
現状からの最適解を見つけ、然るべき具体的陣形をデザインするのも、
艦隊運用担当者の仕事となるかも知れません。
 
フィッシャーの方が、ヤンよりも、これらが上手なのでしょう。
また、ヤンは元来が作戦参謀畑であり、艦艇・艦隊の運行・運用は専門外でした。」

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 23:17:35
FAQ 

Q.「フィッシャーは艦隊運用の名人だそうだけど、具体的には何をしているの? 
何故、ヤンと仕事を分担しているの? どうして別々の艦艇に居るの?」への回答続き

「2.フィッシャーが艦隊運用を分担し、ヤンとの連携が完璧なら、
ヤンの負担は減り、作戦指揮に専念出来ます。」

3.フィッシャーは後方支援集団を預かっていますが
(同盟クーデター鎮圧時の序盤の辺りの記述を参照)、
最前線近くにいるヤンから、作戦に伴う運用指示を各分艦隊旗艦・
小規模戦闘集団指揮艦・末端艦艇等へ出すより、
一旦、後方にいる支援集団を経由した方が、
却って連絡が付き易い(妨害され難い)のかも知れません。
また、後方からの方が、戦局全体を俯瞰できて、艦隊運用がやり易いのかも知れません
(作戦指揮は、最前線の方が良いらしいです。
僅かでも早く激戦区の情報が入手できるからではと思われます)。

4.後方支援集団が管掌するのであろう、
戦時の物資などの補給と配送・艦艇修理・医療・損傷艦や死傷者の離脱・
後送・交代など諸々を行うについて、基本的な戦時艦隊運用と一緒に行った方が、
当然、より効率的です。」

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/26(金) 23:18:56
FAQ 

Q.「フィッシャーは艦隊運用の名人だそうだけど、具体的には何をしているの? 
何故、ヤンと仕事を分担しているの? どうして別々の艦艇に居るの?」への回答続き

「5.万が一、命令中枢である司令官の旗艦(ヒューベリオン)が沈み、
特に司令官(ヤン)が戦死した場合、旗艦とは別に、
艦隊運用旗艦(シヴァ)が存在し、そこも指揮命令系統の情報中枢であり、
尚且つ次席の指揮官である副司令官がそこに居るなら、
総指揮の引継ぎと周知徹底を滞りなく行えます。
これにより、命令系統の混乱を最小限とし、いざと言う時の全軍崩壊を防げます
(この場合、具体的な仕事は、秩序有る敗走、或いは降伏の指揮と言う事になるでしょうけど)。

6.作中の艦隊で、このような編成であると明記されているのはヤン艦隊のみであり、
或いはこれは、極めて特異な事例であったかも知れません。
特異だったとして、何故ヤン艦隊のみが、その様な事例になったのでしょうか。
ヤンの様に、参謀畑出身の司令官(艦隊運用は専門外で不得手)は、
そして、部下に優れた艦隊運用技能者に恵まれた司令官は、
或いは他にも居たのかも知れません。
ですが、作戦指揮と艦隊運用との徹底した分業を図り、
司令官が艦隊運用の全権を部下に恐れ気も無く丸投げしてのけたのは、
そして司令官と艦隊運用担当者の間に完璧な連携が保てたのは、
作中世界では、ヤン艦隊の事例くらいな物だったのかもしれません。
それが、結果、大成功したと思われます。」

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/27(土) 13:57:07
少しの間たてなかっただけでこの閑散とした有様か

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/27(土) 16:29:35
頑張ってた奴がアニメ板の方に移動したみたいだからな

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/27(土) 18:28:59
ボチボチいこう。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/27(土) 20:08:50
アニメ板にもあるのか?
どこ?

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/27(土) 21:15:46
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1244984457/l50

19 :(゜∀゜):2009/06/27(土) 21:48:44
乙といわねばなるまい

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/27(土) 23:01:31
>>1

ユースフ・トパロウルって国籍的には同盟人だけど、民族的にはなんですか?
トパロウルなんて名前世界史でも政経でも聞いたことない。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/27(土) 23:19:40
>>20
Yusuf Topaloğlu だと思う。
トルコ人。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/27(土) 23:27:29
ちなみに、トルコ語の"-oglu"は「〜の息子」という意味。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/27(土) 23:28:05
>>21
ありがとうございます。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 01:55:54
高校生のころ 受験勉強そっちのけで10冊プラス外伝読みふけったが
イマイチ ロイエンタールの女性不審と反逆に実感がわかなかった

が 30半ばの今 彼の気持ちが良くわかるようになった
さすがにもう一度読み返えす気力はないが ケーブルテレビでアニメ版を
ときどき見てると ロイエンタールの生い立ちが悲しすぎて目頭が熱くなります
 皆さんは 自分が年を重ねて 昔と違った印象を感じた事はありますか

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 03:23:36
つまり女性関係でひどい目にあったわけか
どんな目に会ったの?

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 11:43:02
昔はヤンがヒーローだったが、
歳取って、社会の動き方とか知ってくると
奴の無責任さが頭にくる。
一緒に仕事はしたくないなぁ

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 11:53:22
どのあたりがそう感じるのか
具体的に教えてくれないか

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 13:34:26
>>26
ただの嫉妬だろ。
ヤンくらいの仕事できてから言え。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 16:41:48
今日の放送でロイエンタールが死にました
誇り高い彼の死は誠に痛々しく

この年になっても なお心引かれるいい作品だと思いました

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 19:04:18
ロイエンタールって頭では女性が嫌いなのに
下半身では女性が好きなんだよな
ほんと身体に正直な男だ

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 20:21:37
>>26
ヤンの思想そのものは十分ルドルフなみに逝かれているので
あれで責任感があったら第2の銀河帝国を設立させかねなかったからなあ

この物語は社会不適合のマッドな天才にたまたまやる気が足りなかったばかりに
民主主義の救国英雄として生涯を終えることができたという皮肉がこもっているのだよ

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 20:52:50
>>31
救国軍事会議の方ですか

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 20:57:21
救国軍事会議ってさ
馬鹿すぎない?
捕虜交換からかえってきたうだつの上がらない酒飲んでる男からの計画普通信用する?


34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 21:03:39
>>33
だってそうしないとヤンが引き立たないじゃない
基本的にヤンとその側近およびラインハルトとその側近以外は
すべて無能というのが銀英伝の基本姿勢だし
もちろんそれじゃ話は進まないから多少の例外はあるけどさ

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 21:33:37
>>34
この作家の世界全般に当てはまることのようにも思える

作品の敵役としてのアホを徹底的にアホというか無能に描くことで
主役側を引き立てるという手法?なんだろうけど

ちょっとなあ

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 22:05:46
Yやっぱり
Yヤンは
Sすごい

ですね!

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 23:05:30
ヤンは同盟の高官であって国を滅ぼしたことに
本来責任を取らなきゃいけない立場にあるのに
その自覚も感じず、気にするのは自分の年金の事ばかり。
しかも、追い詰められたら、自分で新しい戦争を
引き起こして、(不当であったとしても)ヤン一人が殺されていれば、
死ななくて良かった人間を多数殺した。
結局のところ、暗殺されてしまうのだが、
その死後、残された部下達がヤンの家族を担ぎだして
作ったのは民主主義とは名ばかりの軍部独裁政権
(フレデリカ以外の政府閣僚っているのかよ)
ラインハルトが病気で弱気になっているのに付け込んだ偶然で
ハイネセンに民主主義の芽が残ったとか自賛しているけど
ハイネセン以外は切捨てですか。
こいつが国(または民主主義)を救ってくれると
信じて死んでいった兵士達は、ホント無駄死にだったね。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 23:06:08
>>33
緑丘父の発言力が強かったということだ。
そして彼は、リンチを惜しいと思っていた。
実際リンチは、昔は、将来を嘱望されたエリートだったのだ。

>>35
まあ実際、あほみたいなことをする御仁は、史上幾らでも居る。
一方、「英雄・名将」と呼ばれる人は、実は、大した神業をするより、
冷静に誤謬無く定石を打てる人でないかな。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 23:23:35
>>37


















意味が判らんぞ。
人に読んで欲しいならもっと判り易く書け。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 23:28:34
また沸いてきたのか

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/28(日) 23:29:51
そりゃ縦書きじゃないし

42 :(゜∀゜):2009/06/29(月) 00:09:26
突っ込む気がおきないほどの文っていうのも珍しい。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/29(月) 00:23:49
と突っ込んでるけどな

44 :(゜∀゜):2009/06/29(月) 00:31:02
褒め言葉とおもっておこう。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/29(月) 16:27:21
そのまま向こうにいればよかったのに

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/29(月) 16:44:14
だな

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/29(月) 20:20:13
子供のころから内心を押し殺し大人を騙す演技ができたアシェラッドのような天才児でさえ
老年になってやっと小隊規模の部隊の司令官どまりなんだし
昔のヨーロッパってとてつもなく賢くないと這いあがれないんねぇ

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/29(月) 20:27:08
近代の軍だと戦時で早い人はそれなりに早く将官まで昇進してる

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/29(月) 21:14:50
ラインハルトの出世で不明なことがあるんだが、

大尉→少佐
大佐→准将

この昇進理由が不明なんだが、知ってるヤツいる?
あとヤンの昇進も、

少尉→中尉
少佐→中佐→大佐

この昇進理由がまったくわからない。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/29(月) 21:20:36
>ラインハルトの出世
>理由

>大尉→少佐

不明

>大佐→准将

憲兵隊当時の幼年学校事件解決への評価?

>ヤンの昇進

>少尉→中尉

士官学校卒業者は、卒業1年後、昇進する慣例。

>少佐→中佐→大佐

不明


書いてないことは判らない

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 08:27:31
>33-35
作中の登場人物は作者を超えられないってだけ。
登場人物の「上限」は決まってお入り、それ以外のキャラは「引き算」されて設定されるので、
主人公と好敵手、その取り巻き、友好関係・・・と、同心円状にキャラの知性が低下することになる。

べつに田中氏に限った話ではない。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 09:07:11
ラインハルトの耳クソは、
パサパサ系か、それとも、ジュルジュル系か?

などとアホなことを思いついてしまった orz

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 10:12:24
確か、耳糞が湿ってると将来禿るんだっけか

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 12:38:09
ダメだ・・・もう我慢の限界・・・

もうね、物理学をやってる自分には馬鹿馬鹿しくて観てられないのね・・・
文系とか高卒の人達には楽しめるかも知れないけど、自分は無理・・・

っつーことで退散しますわw あとは文系の諸君だけでやってくれやノシ

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 13:31:02
>506 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2009/06/27(土) 14:40:27 ID:???
>宇宙戦艦って相当の速度が出る
>反航戦なんかやったらすれ違っちゃうだろうな
>
>艦隊戦は戦闘機の大群と大群をぶつけたようになるはずで
>正面を向き合って艦を固定した、戦線の対峙にはならんと思う
>
>双方が相対距離を詰めたがらず、
>艦隊速度を維持しつつ遠距離砲戦を志向するならば、
>扇状で相手を軸に旋回を始めるか、長蛇同航戦になる
>
>銀英伝は楽しみつつも、俺はこのように思っていたが。

こんな書き込みを読んで、ふと思った。
 銀英伝の艦隊戦って、基本双方横にスライドするように回転しているんじゃないだろうか?

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 13:41:07
>>54
枠を狭めて生きてけばいいさ。
小説で、フィクションの、しかもSFで物理学がとか文系がとかっていうのは滑稽にしか見えない。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 14:00:42
>>56
志村!
コピペ! コピペ!

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 14:12:46
>>55
止まって対峙してたらなんかおかしいのか?

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 15:56:44
>>58
 ヘッドオンで接近、戦闘開始と仮定する。
 双方示しあわせて、行儀よく「止まった状態」にするってのはだいぶムダだと思わないかね。
戦術的にもあまり意味がないし、第一困難だ。単に「相対速度」を一致させるのなら、一方は
戦況に関係なく戦闘が長引くほど速度を落とし、ついに後退しなければならなくなる―そんな
のは戦術的に無意味以前にバカらしい。
 「止まる」意味はない―その前提で考えると、陸戦の歩兵部隊が平原で対峙し、正面から
激突するという銀英伝的艦隊戦の基本イメージはちょっと成立し辛い。
 双方動きつつ、対峙する―双方を両立させるためには、両艦隊は射程程度の距離を置いて
それぞれ回り込むような軌道を取りつつ、個々の艦は、敵に向けて回頭―つまり横方向に
スライドしつつ、敵を正面に捉えているという状態にならざる得ない。
 

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 16:29:47
>>59
まあそれでもいいけどさ
銀英伝の艦船の推進装置と武装は謎に包まれているから
何でもありだ

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 16:55:46
戦艦やらの戦闘艦ってさ
戦闘中電磁シールドやら重力シールドやら防御スクリーンやら張ってるわけ?
それとも装甲で敵の攻撃防いでるの?

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 17:02:46
ブリュンヒルトやパーツィバルは両方
それ以外は前者のみ

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 17:50:10
装甲が無い軍艦など無い

と思う

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 18:14:42
防御シールドらしきものはあるみたい。小さい破片なんかは衝突しても平気みたいだし。

>>60
まあ重力制御やら慣性制御やらあるしね。

それに>>59 は一撃離脱戦闘も行われているのを忘れてるな。


65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 20:22:52
>>55

この世界の軍艦は、基本的に皆、
ブリュンヒルトのように錘状になっていて、
錘表面に兵装が集中していて、
前方への火力が最大、尚且つ前方に対する側から見たら
投影面積が最小になり、被弾しにくく、張るバリアーも最小限の面積で済むように
デザインされて居るのではと思う。

よって、両軍、基本的に長距離砲撃戦では、
真正面同士で対峙するのではないか。

これだと、側面・後背から襲われたら弱いのも説明がつく
(前者は、火力は半減、投影面積は増加。
後者は、投影面積は最小でも、火力は最低)。

66 :(゜∀゜):2009/06/30(火) 23:32:08
>>59
慣性制御や重力制御の技術があるから止まるのはそう難しくは無い。


67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 23:48:21
ゴールデンバウム王朝末期、ローエングラム元帥の部下以外の大将や艦隊って何してたの?
リップシュタット戦役で全滅したわけじゃないよね

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/30(火) 23:55:04
>>66
戦術的にわざわざ止まる意味がない。バカ正直に止まって、ヘッドオンで撃ち合わなければ
ならない戦術的意義を教えてくれ。
 

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 00:25:21
リアルで見てた時はロイエンタールは悲劇の男だと思ったが、
今考えると、自分の監督不行き届きで皇帝陛下の命を危険に晒して
なおかつ同僚の大将を殺されておいて、謝罪も弁解も嫌だ、戦うぞって
かなり酷い人だと思うようになりました。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 00:44:56
>>69
釣り?

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 02:11:05
カイザーが来るんだから巡行艦数隻ぐらいでグリルパルツァーなりが出迎えるのがホントじゃないのか

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 02:14:44
バーニャカウダ大佐

73 :(゜∀゜):2009/07/01(水) 15:08:53
>>68
陣形崩さないで接近、さらに乱戦になったら単なる消耗戦だからでしょ。




74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 15:55:57
>>73
それなら、ケツの取り合いでもいいじゃん。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 19:18:51
基本戦線みたいなものを挟んで砲撃戦というのは拠点防衛とかで
艦隊運動に制約があるとかじゃないかなと。

敵の側面に回り込むために横とか後ろを見せるのは弱点をさらすことになりかねないし
相対したまま横移動というのも制約があるのだろう。
相手もそれに対して移動したり回頭したりするわけだしな。


76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 20:06:45
>>67

内乱後、帝国全軍、独裁者ローエングラム公の指揮下に入りましたが、
何か?

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 20:30:36
帝国軍人って軍隊にはいるとき皇帝なになにに忠誠を誓いますとか宣誓しないの?
その皇帝を廃したラインハルトに忠誠誓うものなんだろうか
反逆者でしょ

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 21:00:54
忠誠の対象を変えた人もいれば誓いを守った人もいる
そもそも反逆者と簒奪者を一緒にしないほうがいいと思うよ

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 21:07:16
>>77

義理堅い奴は戦死したり亡命したり自殺したり辞めて下野したり自棄になって全裸でランニングしてみたり

80 :(゜∀゜):2009/07/01(水) 22:59:32
>>74
それじゃあ時間と物資をさらに無駄にする下策だろ(笑)



81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 23:17:03
銀河帝国とその皇帝に絶対の忠誠を誓うのだとしたら
ラインハルトもその条件を満たすよな

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/01(水) 23:22:19
ドイツの場合は総統アドルフヒトラーに忠誠とか言わされたらしいし
個人への忠誠みたいね

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 01:47:25
700 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2009/07/02(木) 01:46:14 ID:ek3NImZb0
>>660
お前さんの勇気には敬意を表するが気をつけろよ。
そうかは銀英伝における地球教のモチーフだから、暗殺も平気でやる組織だぞ。
ヤンみたいになるなよ。

仮に死を覚悟しているなら、収集不可能な方法で公開しろ。
とりあえず日本にいちゃいけない。
それか海外(フランスあたり)に逃げることをお勧めする。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 01:51:49
>>70
馬鹿?

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 02:01:19
>>84
WHY?

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 03:57:49
俺はこれから10巻を読むからな!
おまえらネタバレするなよ!
いいか!絶対!ネタバレするなよ!!

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 09:47:25
>>84
日誌?

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 11:26:49
アニメ版で申し訳ないのですが質問です

アッテン「ユリアン、今年は俺たちの出番はあるよな?」
ユリアン「僕よりもカイザーラインハルトに聞いて下さい。その方が確実ですよ」
圧点・ポプラン「うひゃひゃひゃひゃあああひゃあwwwwwww」

ユリアンの発言はそこまで笑うほど面白いのでしょうか

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 11:33:16
>>88
理解できないならそれまでです。

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 12:21:29
アスターテ会戦で最初の戦闘のとき帝国軍にはほとんど被害でなかったって話だけど
2万対1,2万でも1.2万の時間当たりの攻撃力は変わらないんだし
それなりに被害あたえれるんじゃないの?


91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 14:41:31
>>90
「ランチェスターの法則」というヤツだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
 武器の性能などの「戦力」が同じ場合、数が多い方が損耗比率で圧倒的に有利ということ。
 損害が出てないわけではないが、戦闘力維持の障害になるほど被害を受ける前に相手を
壊滅できる=ほとんど被害がない。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 15:06:18
>>86
むろん漏れは紳士なのでネタバレなどしない。
ただ、ド・ヴィリエ大主教猊下がもしかしたら悲惨な最期を迎えるかも知れない、とだけ言っておこう。

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 18:20:50
>>92
なに釣られてんだかw
まさか本人か?

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 18:50:27
>>93氏は、自分の意に沿わぬものは認めぬ御仁であるか。おいたわしや。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 19:06:28
中身もないのにわざわざあげているんだから
自演というより荒らしだろう

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 19:53:11
ここだけの話、ユリアンとヒルダが道ならぬ恋をするよ

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 20:00:22
もしラインハルトの姉が皇帝の子供を身ごもっていたり出産したりしたら
ラインハルトってどうしたんだろうな?
かまわず簒奪しちゃうのかな?


98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 20:11:43
>>97
いや、キルヒアイスががんばって簒奪するかもしれない
俺の子だって言い張ってw
(参考:鎌田行進曲・・・いまどき、わかる人はほとんどいないと思うがw)

99 :(゜∀゜):2009/07/02(木) 21:40:20
>>97
そのまえに簒奪される地位につけるのか?
無事生まれ育つのかどうかもわかんないよ?

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 22:23:45
痴者もといチシャ夫人ことB夫人の子どもは流産だったっけ。
あの時よりも寵妃の地位は低いし、その弟が輪を掛けて大貴族にとって目障りなだけに
権力に近づく最適の手段の世継ぎを生ませないように「手」はいくらでも打たれるだろうな。
「弟」はたぶん守らないだろうし。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 23:30:22
ラインハルトは姉ちゃんとられて恨みまくってたけど
身内をのぞけば皇帝が一番の理解者だった気がする

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 23:34:04
なんで姉は皇帝に寵愛され続けるような態度を取り続けたん?
嫌悪されないまでも、好かれない、または気が向かないとか飽きられるようには
振る舞えたろうに

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 23:36:33
そりゃあ皇帝を愛していたからだろう
女ってのは初めて絶頂を経験させてくれた相手しか見えなくなる生き物だ
女は子宮で考えるって奴だな

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/02(木) 23:54:28
>>102
姉ちゃんが飽きられたら、弟が困った立場になりかねないからだろ

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 00:05:34
なるわけないだろ
飽きられたらお役御免
軍に身を置く必要もない

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 00:20:05
それ死亡フラグ。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 07:49:23
皇帝に逆らえば処罰されるような国で
そのような態度を取れる訳無いだろ。アホか

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 09:22:31
姉にとっていい暮らしもできてセックスもできるんだから
不満なんてあるわけがない


109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 10:11:20
なんだいつもの彼だったのか

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 11:37:42
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000417120090626012.htm

衆議院会議録来たよ。(行数と文字数の問題で改行しています。)

平成二十一年六月二十六日(金曜日)

    午前九時四十五分開議
 出席委員
   委員長 山本 幸三君
   理事 大前 繁雄君 理事 桜井 郁三君 理事 塩崎 恭久君 理事 棚橋 泰文君
   理事 谷畑  孝君 理事 加藤 公一君 理事 細川 律夫君 理事 大口 善徳君
      稲田 朋美君    近江屋信広君    河井 克行君    木村 隆秀君
      北村 茂男君    笹川  堯君    杉浦 正健君    平  将明君
      長勢 甚遠君    葉梨 康弘    萩山 教嚴君    早川 忠孝君
      牧原 秀樹君    武藤 容治君      森山 眞弓君    矢野 隆司君      柳本 卓治君    若宮 健嗣君
      石関 貴史君    枝野 幸男君      小宮山洋子君    園田 康博君
      中井  洽君    富田 茂之君      丸谷 佳織君    保坂 展人君
      滝   実君
    …………………………………
   議員 葉梨 康弘君 森山 眞弓君 枝野 幸男君 小宮山洋子君
   議員 西村智奈美君 細川 律夫君 吉田  泉君 富田 茂之君
   法務大臣    森  英介君
   法務大臣政務官   早川 忠孝君
   政府参考人
   (警察庁長官官房審議官) 園田 一裕君
   政府参考人
   (法務省刑事局長) 大野恒太郎君
   参考人   (首都大学東京法科大学院教授)  前田 雅英君
   参考人   (弁護士) 一場 順子君
   参考人   (財団法人日本ユニセフ協会大使) アグネス・チャン君
   参考人   (上智大学文学部新聞学科教授)  田島 泰彦君
   法務委員会専門員  佐藤  治君

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 11:49:10
アグネス・チャンってロリコン凄く攻撃してるんだよね
なにもあんなにヒステリックにならなくてもいいのに・・・

112 :来夢:2009/07/03(金) 13:33:32
コーヘイ兄ちゃん逃げてー

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 19:56:40
>>111
原体験でもあるんじゃねーの?

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 20:53:54
7、8、9と面白かったんだけど
10巻目は納得いかんなー

地球教信者による重要施設への襲撃を2度も3度も許したり
敵旗艦へ接舷攻撃を食らわせたりするリアリティーに欠ける終盤には萎えました。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 22:12:24
リアリティーを楽しむ作品じゃ無いよな

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 22:21:25
>>114
なに感想文書いてんだ?
あ、いつもの彼か。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 22:57:44
>>116
アニメ板とここを往復してるやつだから相手にしないほうがいい

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 22:59:46
>>116
読み終えたばかりの奴がいつも書き込むと思う?
俺がこのスレに書き込んだのは>>86>>114の2回だけ

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 23:07:53
>>107
逆らえってんじゃなくて謹んで仕えながら
わざわざ敢えて皇帝の好みと知りながら好みに沿った振る舞いを
をしなくても一般的なベーネミュンデおよび他の寵姫のような態度でいれば
普通に遠ざけられるだろ
知っててなんでやってたのかって事

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 23:16:11
なんで遠ざけられなきゃならないんだ?
普通にそこら辺にいるお前のようなどうでもいい男と結婚することだけが女の幸せじゃないぞ
相手は最高権力者だ

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/03(金) 23:30:52
>>113

だって  そんな単純だったらいいのにね

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 00:37:21
>>119
あれが素(に近い)のアンネローゼで、無理しているしているわけでもない。それを皇帝が
寵愛しているだけの話。
>わざわざ敢えて皇帝の好みと知りながら好みに沿った振る舞いを
 根拠もなく無理やりそう考える君の頭がおかしい。 

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 05:59:49
あるがままの自分の性格と体が目的で寵愛されてるのが分かってたなら
嫌だったら素の思案と振る舞いを控えれば良いのに、しないだろ

大体努めて気に入られるように意識して自分を殺して仕えてたなら
素に近くもないし無理してたってことじゃん
どっちを言いたいんだ

124 :(゜∀゜):2009/07/04(土) 07:21:57
アンネローゼについては、
たしか後宮に入れられたときに家族を心配する彼女に、
「きみ次第だ」とか言われたって記述があって、
それでアンネローゼは自分を殺して覚悟を決めたみたいな感じだったと思うから、
皇帝に仕えたのは決して彼女の意思ではないと考えるほうが自然な気がするねえ。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 10:37:41
皇帝に嫌われたところで後宮から解放される訳じゃない
嫌われる意味ないじゃん

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 11:09:36
四六時中皇帝に傍に仕える時間からは解放される罠
それに家族への心配から覚悟を急に持つとか不自然すぎるし
市井にあのまま居たとしても働いていた訳じゃない姉と家族が
近い将来文無しになるのは決まってるようなものなのに
皇帝に拾われてなくとも心配と家族の為に尽くす覚悟もしないで家に籠ってただろ


127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 11:20:32
>>126
不自然なのは、原作の描写を無視したお前の展開予想のほうだろw

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 11:22:07
>>125
不興をかって酷い目にあった家族もあったんだろ?
大貴族でも皇帝の不興をかって社会からつまはじきされた奴なんてのも登場してるじゃん。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 13:00:58
皇帝のお気に入りになった時点で敵が出来るから選択の余地はない。

下級貴族からいきなり成り上がった伯爵家が皇帝の庇護を失えば潰されるだけ。
ベー夫人は嬉々として暗殺の実行するし、ラインハルトも最前線に飛ばされたまま戻って来れない。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 13:43:40
お気に入りじゃなくなった人にその敵さんがわざわざ仕掛ける必要もない
わざわざそんなことをして発覚した場合の自分のリスクを考えたらな

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 13:55:21
>>130
 大奥の話とか知らないだろ。
 出る杭と水に落ちた犬は徹底的に叩かれるのが、ああいった世界の常だよ。

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 14:06:16
どうしてそういう話が広まってるかを考えたほうがいいな
そんな話が世にでたら本人にとってはまずいだろう

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 15:04:40
ラインハルトって政治家の能力は現代の政治家に例えるとどの程度の人クラス?
小泉?レーガン?

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 15:38:42
>>133
この作品はフィクションです

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 15:46:18
プーチン

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 16:16:26
>>133
極端なたとえが許されるなら、「健全なヒトラー」という感じじゃないか?

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 16:21:53
息子に権力渡すつもりだし北の将軍様と同じだろう

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 16:40:16
民主制の代表と君主制の代表と比べるのが間違いかと。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 17:03:17
帝国の双璧に関して疑問に思ってる事が。
2人の生い立ちは全く違う家庭環境に育った。
親から嫌われたロイエンタール
親に大事に育てられたミッターマイヤー

しかしこれだけ違う環境に育ちながら、結果的に二人とも立派な武将となった。

それじゃぁ、いったいどっちの家庭環境が正解なのか分からなくなった。

親に色んな事を学び、教えられた方がいいのか
親には何も教えられず、逆境で自分で這い上がった方がいいのか

どっちなんだろ・・・?

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 17:07:51
逆に、北にラインハルトが生まれていたら…

没落した傍流の抗日英雄労働者子孫の家に生まれた若者。
姉が喜び組に徴用されて権力者を憎む。
隣家の下級公務員の息子と親友になり、
「金日成にできたことが、おれにできないと思うか?」
「羅院春さま、半島を手にお入れください」
…なんか、えらいスケールが小さくなったな。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 17:26:33
>>139
個人の資質の問題じゃねーのか

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 17:26:46
>>139
軍事に関することは親から学んだ訳じゃないから
家庭環境はあまり関係無いと思うよ

「素直」とか「ひねくれてる」とかなら影響あると思うけど

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 17:40:30
>>139
>>134

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 17:42:17
最近は現実と創作品を混同しちゃう困ったちゃんが多いな

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 18:08:58
このバカさ加減はアニメ板の方に湧いていたヤツかもしれない。もう夏なんだなぁ……

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 18:14:31
>>140
ごめん。

何の「逆に」かがわからん。
それを示してくれ。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 18:18:02
>>139
現実的に「立派な武将」(もしくは戦闘指揮官)になった人間が
>>139で指摘されるような家庭環境が多大に影響しているとは思えない。
歴史的に見ても自明じゃない?

それはほかの職種にも当てはまる。

立派な選手、立派な指導者、立派な職人、
立派な・・・(ry

すべて>>139で指摘されるような家庭環境で多大に影響を受けているだろうか?
もう一度歴史を紐解いて比べてみることをお勧めする。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 19:32:32
>>139
疾風が正解
ロイエンタールは何だかんだで死んでしまったからね

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 19:52:25
>>148
それはおかしい。
「立派な武将」であることと「どの様な生き死にをしたのか」は関係ない。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 20:11:50
そもそも>>139の質問が意味不明だしな

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 20:16:44
教育環境が人間に与える影響は大きい
ロイエンタールは金持ちの家にうまれたんだし寄宿舎にでもいれられれば家との接点はあまりなくなるだろうな
で学業に専念できる
いつまで親のことぐちぐちいってるんだって話だ


152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/04(土) 20:44:18
>>151
意味不明。

153 :(゜∀゜)?:2009/07/04(土) 21:33:39
>>151
上の文での説明と、それをまとめる一番下の文が見事に乖離しているな。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 02:25:43
>>148
いいや、ロイエンタールが正解。
疾風は子を作れなかった。 子無しの原因が本人か嫁かは分からんが、
いずれにしても子を残せなかったから人格以前に生物として敗者。 

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 02:31:18
>>154
>>119を無視して語るとはなんたる狭量。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 09:42:15
下半身の抑制が効かないロイエンタールは反乱起こさなくてもいずれ婦女暴行で刑務所入れられてたな

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 10:49:46
>156、女子に刺されるほうが早くないかw

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 11:33:55
婦女暴行は捕まる罪という意識が帝国にあれば
色目はもうとっくに捕まってる
男尊女卑が当たり前の倫理感である帝国なればこそ
色目の下半身無法がまかり通ってきた訳で

反乱を起こさなかったら以後も雄犬のごとく発情種付けし続けるだろうさ

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 12:46:42
ロイエンタールはレイプ常習犯じゃないだろ。
エルフリーデ以外は言い寄って来た女とやるだけだな。

元帥は大逆罪以外は罪を問われないってなかったっけ?
ゴ王朝のみだったかな?

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 12:50:27
>>159
「それはゴールデンバウム王朝の法であろう」
「御意、しかしながら、この件についてはローエングラム王朝の法が未だ定まっておりませぬゆえ」
ということでレイプし放題の可能性がある。

ただ、やりすぎると降格された上で罪に問われそうだし、法を越えた存在である皇帝から問責される可能性がある。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 13:10:06
ロイエンタールは基本的に合意の上でしてるでしょ
ヤリまくり=レイプし放題じゃないでしょ

ああ、俺も合意してえ

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 13:23:16
かかれててないことまで妄想膨らますのが好きだな

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 13:38:10
>>156
 それはない。
 ロイは寄ってくるのをいただくだけで、自分から狩りにはいかない。それで不自由してないし。
 まあ、Nice Boatになった可能性は高いが。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 13:54:49
帝国領進行作戦のときに財務大臣が
財政の許す範囲で戦争を継続してきた
と言ってましたが

歴史的に見ても長い間戦争してるとこういった感じになっていくのでしょうか?

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 13:55:55
たしか
「一人の女性とつき合っている間は他の女に目もくれない。一時的には彼の心を独占したと信じる女性も多かった」
って描写が原作にあったような…

決闘騒ぎがあったのは、
女性側が「結婚」を信じ、他に求婚者が3人もいたという“例外”だったんだろうな。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 14:34:46
>>164
 長かろうが短かかろが、古今東西そんなもんですよ?
戦争するには金が必要ですから。綺麗事や政治的理由なんて、所詮は「もう金ねーから
やめるっす」って本音を通すいい訳。
 はじめる理由も、大抵突き詰めれば金の問題(領土問題も含む)ですし。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 15:05:07
女を強姦する性癖の男は再犯繰り返してもおかしかないよ

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 16:57:04
一度強姦してるのに他にしたことないと思ってる人がいるとはなぁ

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 17:11:57
>>168
 本編に出てこない、匂わされてもいないことをあったことにするのはどうか?

 詰まんない妄想スパークされてもな。困る

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 17:54:15
そもそもロイエンタールって号館した事あんの?

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 18:15:23
エルフリーデに対しては力づくでやったとミッターマイヤーに話している

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 18:38:30
その後で「実はその女に殺されかけた」って言ってるし、
「力づくで…」に続けて「内国安全保障局(ラングの組織)を喜ばせかねん」と
やや自虐的な冗談っぽく言っていてミッターマイヤーに「らしくない」と言われてたはずだが…?

たしかに女性側が殺意を持っていたら同意するはずもないから無理やりにならざるを得んが、
さっさと警察に突き出しておけばよかったのにねぇ。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 18:58:24
なんかほんとに最近フィクションとノンフィクションの
区別付いていない人が多いよねぇ

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 19:01:05
なんだ、ちゃんとやった表現してるじゃん


175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 19:02:44
>>169
本篇にでてくる、匂わされてもいるのに妄想されても困るよ

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 19:34:19
具体的にどうぞ

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 20:48:45
>>172
「力ずくで・・・内国安全保障局を喜ばせねばならん」
って言ったのかと思ったw



178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 21:12:05
もし強姦が不道徳とされる世界なら
話を聞いた疾風が貴族のバカ女連れて色目を局に突きだすのが筋だよな

親友の件をスルーした疾風は妻がレイプされても当然スルーすべき
だって弾劾されるべき事項じゃないんだろ帝国ではw

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/05(日) 21:56:17
いつもの彼でしたってオチ?
構うと面倒だからスルーせよスルーせよ

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 00:32:48
>>139
書いたの俺だけど、2ちゃんは嫌いだけどせめて銀英伝板だけでも
楽しもうと思ったけど、もうこの上から目線レスだけはどうしても
俺の肌には合わない。やっぱり無理だったか。

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 01:47:30
>>180
もうすこし考えて、きちんとした質問をしたらみんな真摯に答えてくれると思うよ
頑張って

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 01:50:34
もう少し大人に成れば良いと思います

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 09:46:39
では流れ読まずに。
帝国の貴族って税金払ってないのは知ってるけどどうやって収入得てたんだろ?
自分の領地からの税収を国に納めず丸々自分の懐に入れてたってことかな?

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 10:05:21
大貴族が支配する帝国で領地からの税収を丸々懐に入れていたら流石に国が滅ぶと思うな
鉱山の利権とか外伝にそんな話があったけど、そういった貴族個人の収入の税金が免除されていたんじゃないかな?

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 11:21:42
税金も納めない、私兵は養ってるが同盟との戦争は正規軍に任せきりというのでは
大貴族なんて1_の存在価値もなくなるじゃん。
貴族たちが帝国の傘の下で安心して権力闘争に没頭できたり
皇帝に媚びたり官爵を有り難がっているところを見ると例え公式にではなくても
何らかの形で常に莫大な金品なり利益が貴族から帝室や国家に渡っていたのは
間違いないだろう。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 11:24:19
>>176
具体的もなにも自分のことを嫌ってる相手に対して合意もなしに
むりやり「やった」んだろうw

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 11:25:30
だから妊娠したんだしな

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 11:29:46
>>185
それだとゴ朝の慢性的な税収不足の説明が付かないと思う
っていうか、何らかの形とかじゃなくて普通に税金を納めればいいだけでは?

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 11:43:04
帝国の直轄領も相当あったんじゃないかな。
だから貴族どもが>>185みたいな穀潰しばかりでもなんとか帝国の収入は確保できたんじゃないかと。
税をきちんと納めて「財政難が一気に片付く」ほどの財産溜め込めるとは思えない。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 12:10:57
貴族以外の税収では財源が足りなかったから財政難だったのでは?

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 13:59:41
>>184
>大貴族が支配する帝国で領地からの税収を丸々懐に入れていたら流石に国が滅ぶと思うな
国税(帝税?)と住民税(領主)と庶民は両方取られてたんだろ
で、領主が手に入れる住民税には国税はかからないと
(領主個人の事業収入も当然無税だろうな)

まっ、たしかに貴族に免税特権のあったフランスは滅んだというか
革命がおきたが

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 14:43:51
>>191
いや、貴族領の住民は領主にのみ税を払ってたんじゃないの?
だから帝国の収入は直轄地からの税収と、それ以外に貴族から何かの
収益があったかどうかということじゃない?

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 15:55:27
それ以外に貴族から収入があったなら財政難になったりしないと思うな

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 15:56:43
まあ、素直に税金として収めれば良いだけの話しだしな

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 17:29:54
>>185
正規軍だけではどうあっても財政が足りないだろうから
私兵を正規軍に供出するかわりにいろんな便宜をはかって貰ってたんじゃね?
たとえば、軍備品の納入は貴族の会社経由でないと無理とか

国の機構を食い物にして発展する企業なんて現代日本でも珍しくもない

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 17:31:30
さすがに貴族野放しじゃあっという間に内乱だろ。
何かで中央が締め付けんと。
妻子を人質に取って参勤させるとか帝城の普請を負担させるとか。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 17:52:56
貴族が税金納めてたら帝国が財政難にならないという根拠など全く無いけどな。
重税を課した上に非社会還元的で効率の悪い使い方してたらどんな国でも
あっという間に財政難だろ。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 18:03:54
貴族達が数世紀かけて溜め込んでたのを徴収したから国庫が潤った訳で
年単位の収支が黒字になった訳じゃ無いよね

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 18:15:10
貴族が税金納めてたのに帝国が財政難になったのならそれは国家運営の問題だな
まあ、平民が酒場でクダ巻いたり出来るくらいには生活も潤ってたようだし
連年の出兵が財政難の一番の理由だろうな

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 19:07:45
同盟と戦争してる傍らで貴族が遊び呆けて数だけは正規軍に匹敵する私兵養えるんだから
帝国と同盟にはやはり根本的な国力の差があったと思わざるを得ないな。
人口でも250億対150億だったっけ?

201 :200:2009/07/06(月) 19:12:44
同盟130億だったな。
単純な人口比でも1.9:1か。


202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 20:37:41
疾風ウォルフは何が疾風なの?
ベイウォルフが特別速い戦艦って意味?
それともミッターマイヤーの手際よさって事?
多分手際の速さだとは思うけど、単に直進するだけでも全然違うって事?

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 20:50:36
例えば自転者に乗った100人をAからBの場所へ移動させるとして
指揮する者の能力によって実行速度は随分違ってくる


204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 21:37:36
つまり声がでかいということだ

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 22:00:23
ミッターマイヤーってロンメルクラスの将軍なの?


206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 22:11:44
>>205
それはロンメルってネルソンクラスの将軍なの?
って質問と同じくらい無意味だと思うが

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 22:22:30
国民的英雄というなら同列だろうと。
ただしミッター達の個人名と功績が国民に広く宣伝されてるならだけどね。

そのあたり同盟のヤンみたいに軍人個人の国民への功績宣伝が帝国で広く行われているのか
わからない。皇帝の功績とかは行われているだろうが。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 22:32:19
しかし、ミッターマイヤーはフェリックスに真の父と母のことを
どう伝えるつもりなんだろうかと素朴に疑問に思った

「おまえの本当の母はおまえの本当の父を仇として殺そうとした。
だが父はそれを跳ね除けて母を強姦した。そして生まれたのが他でもない
フェリックス、おまえなのだ」

とかだとフェリックス坊やは確実にぐれるだろう

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 22:38:14
>>208
そんな事言うわけないだろ
少しは考えろよ…
冗談にしては、つまんねーし

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 22:48:20
でもそういう話って耳に入るもんだし
いずれ真実をしるだろう

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 22:50:57
209ならどう伝えるのか教えて欲しい

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 22:58:32

 フェリックス事実を知る
      ↓
     グレる
      ↓
  ミッターマイヤー殴る
      ↓
  フェリックス改心する

 こんなとこだろう。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 23:01:47
ドラマの見過ぎだ

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 23:27:10
普通に周辺から噂話で暴露されるだろうな

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 23:31:37
疾風が>>208の内容をきちんと伝えないなら
両親について養子に真実を語らなかったことになるな

真実を伝えない場合の疾風なら綺麗ごとにして
自分が父親殺したことすら美談にして吹き込んでそうだ

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 23:36:40
ミッターマイヤーって種なしだっけ?
妻かどっちに問題があるんだろう

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 23:43:48
生い立ち―結婚までの成り行き―結婚生活から考えて
妻がピル飲んでる
夫に知られないように

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 23:46:24
なんのために?

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 23:49:43
ベットの中まで疾風ウォルフだからとは、ロイエンタールの言だったな。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 23:50:36
ピル使う理由なんて一つしかないだろ
子供を作りたくない
以上

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/06(月) 23:56:57
だからなんで子供作りたくないの?

222 :(゜∀゜):2009/07/07(火) 00:06:19
>>216
たぶんどちらか、もしくは双方に妊娠しにくい原因があったのかと思われるが、
まったくその辺りは書かれていないので妄想するしかない。


223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/07(火) 00:07:11
>>212
最初の「事実を知る」が誰からなのかが問題
噂や悪意を持った第三者からだとぐれる可能性高し
でもおそらく子供の頃からなにがしか言われていることだろう

養父はある部分で当事者なので伝えにくいというか
情報を歪める恐れがあると自分でわかっているので
あえて他人に頼むかもしれない

皇太后あたりからきちんと伝えてもらうのが無難かもしれん
それでも養父が逃げたという印象を与えるとやはり問題がある


ホントに難しいと思う

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/07(火) 00:09:19
皇太后はそもそも親族じゃないし関係なかろう

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/07(火) 00:13:38
疾風が真実を伝える責任を回避するなど有ろう筈も無い

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/07(火) 00:13:54
エヴァって籍を入れただけで
最初から恩着せ疾風の囲われ者だよな

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/07(火) 00:20:28
フェリックスが謀反人の実子で、最後に夜空の星を掴もうとしてる描写(OVAの)って
将来こいつも謀反起こすかもしれないよ、っていう暗示なの?ホラー映画のラストみたいな。
それともただの俺の勘繰り過ぎ?


228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/07(火) 03:09:45
冒険家になるんだよ

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/07(火) 23:08:58
>>227

ここは原作を読んで議論する場なので、まず原作を読んで頂ければよいかと
作者がそういう描写をした意図は読み取れる

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/08(水) 14:02:38
>226、いや、疾風はルーデルの仲間だろw

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/08(水) 22:25:53
>>227
暴力には2種類ある。開放の手段としての暴力と抑圧の手段としての暴力。
ロイエンタールは親友を救うために、開放の暴力に訴えた。
それに共感した皇帝は、解放の暴力を増幅しついには抑圧者の帝國を破壊した。
ロイエンタールは自分の武力の矛先を誤まったと後悔するよりは、
暴力なしには改革はできなかったと自分に言い聞かせついには剣に斃れた。

時代が時代なら、
観察の芸術家を志すヤン・ウェンリーや、
蒐集と体系の芸術家メックリンガーと同じく職業軍人にはならず。
その全知全能を傾け、
精神と肉体の本質に訴える行動派の芸術家になっていたと思う。
兵役義務があったとしても終身軍人でいることはない。
だが自らの誇りと自信にかけて与えられた責務を完璧にこなす男だ。

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 00:20:47
>>231
>暴力には2種類ある。開放の手段としての暴力と抑圧の手段としての暴力。

大抵の暴力革命は、その革命の支持派を解放するが、反対派を抑圧するんだがな。

>観察の芸術家を志すヤン・ウェンリーや、
>蒐集と体系の芸術家メックリンガー

読んでないだろ、お前。
ヤンは歴史家志望だし、メックリンガーは自分で絵も描いてる。

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:01:35
>>232
歴史家が記録と観察の集積で、
アートが蒐集と体系って意味なんだよ。
風景画とかは印象に残った要素の体系だろ。
メックリンガーは経験と技術を集めて視覚化したんだよ。
宮廷芸術家って只の絵描きじゃないんだぜ。

お前みたいに漢字が読めるだけの能無しとは違うんだよ。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:12:56
>>233
お前が芸術も歴史学も、それがなにかというレベルでさえ全く理解できてないことは良く分かった。

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:17:29
そして英雄とは自我を作品にする芸術家なのだ。
イゼルローン要塞をオブジェにするペテン師も、
帝國を自分色に塗り換える金髪の小僧も、

だが、両者とも戦争を闘争の手段にしなくてもよかったのだ。
戦争になるのは社会構造が間違っているからで、仕方なくやってるんだ。
オタクどもは軍事技術への憧れとボードゲームの安直で薄っぺらな理想から、
ヤン・ウェンリーを帝國陣営に入れて双璧と共同戦前とかアホなこというが。
敵がいないだろうが?

戦争が全く無い世の中で文化闘争をする自我こそ本質だ。
英雄は戦争が無くても英雄なんだよ。
フレデリカがいったように実力ではなく個性の差によって。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:17:26
>>233
なぜここで「宮廷芸術家」って言葉がでてくるのかわからない

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:21:13
>>234
学問や芸術自体に実体があるか?
ありもしないものを理解することは僕には不可能ですよw

答え:両替えするための貨幣でしかない。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:21:20
ここを見てると夏が近づいている事を実感できる

239 :236:2009/07/09(木) 01:22:40
やべえ、いっちゃった人だったようだ
>>235
答えなくていいから

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:25:44
>>235
これ口調からみるにあの人だろ
「なんという消極性!なんという優柔不断!」の貴族

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:27:00
相手にしないのが一番だな

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:34:33
>>241
自分が一番だと思い込んでいるのか傲慢だな。
環境に合わせて選択肢を替えない奴が一番独裁者なんだぞ。

こういうときは礼儀を重んじて、
「僕の価値観とは違う」といえ、
ひとの意見を尊重などせんでいいから。
優劣は自分で好きに決めるといい。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 01:39:33
    ∩_∩     人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
   / \ /\   < すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を。       >
  |  (゚)=(゚) |   < 風・・・なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、俺たちのほうに。.   >
  |  ●_●  |   < 中途半端はやめよう、とにかく最後までやってやろうじゃん。      >
 /        ヽ  < ネットの画面の向こうには沢山の仲間がいる。決して一人じゃない。 >
 | 〃 ------ ヾ | < 信じよう。そしてともに戦おう。                        >
 \__二__ノ  < 工作員や邪魔は入るだろうけど、絶対に流されるなよ。        >
              YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

何故かコレ思い出した

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 02:28:34
拝啓

ときに尊大に、ときに傍若無人に思考停止を啓蒙される方へ
貴殿ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

銀河英雄伝説が、
1983年に徳間ノベルズに発行されてから、今年で26年経ちますね。
ながいようでみじかい数十年でしたが、
大学を卒業して社会人になってから実にいろいろなことがありましたね。

今年でお幾つですか。
お子様は順調に進学されていますか?
進学したあとはご縁談などいかがでしょうか^^
奥様との禊は絶えておりませんか?

245 :(゜∀゜):2009/07/09(木) 07:13:02
まあ、まったりとやれよ。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 10:00:34
>>231
それよりなにより

>その全知全能を傾け、

「全知全能」の意味も知らないヤツがなにいっても説得力なし。

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 12:21:42
確かに広辞苑とかの辞書には「全知全能」に「個人の全知識と全能力」という意味は載ってないけど、
でもそれなら「精通」も「初めてちんちんから白いおしっこが出る事」という意味は載ってないんだから結局

こまけぇことは(以下略

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 12:53:02
全知全能ってそういえば2つの意味合いがあるな
まあ辞典なんて世の中で使われている意味をそのまま乗せたにすぎないんだから
ありがたがる必要はないな

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 13:20:19
「全知全能」を「全身全霊」の意味で誤用するのはたまに見るけど文脈で意味が通じてれば所詮2chなんだから問題無し
言葉の意味は時代時代で変化してくもんだけど「全知全能」なんて言葉は普段の会話じゃ全然使わんからなぁ


250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 15:08:37
>>249
誤用が定着して正しい用法になることは確かにある。
だが、それは、定着するまでは所詮誤用でしかないということだ。
バカにされても仕方がない。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 16:02:10
しかし全知全能の意味も知らないヤツとか言っちゃって自らの馬鹿さ加減をさらすなんてなぁ

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 16:03:25
>>250
誤用って誰が決めるんだよw
バカすぎ

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 17:19:03
ミッターマイヤーも「全知全能をあげても、おれはロイエンタールに勝てはしないだろうに」
って使ってるからこのスレ的にはOKだな

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 18:14:00
夏かぁ…困ったものだ

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 19:01:54
>>252
バカ過ぎるのはお前の方だ。
あらゆる物事は必ずそれを決めた特定の誰かが存在するとでも思っているのかな?
世の中には、誰が決めたわけでもなく、自然に決まったこともあるんだよ。覚えておけ。

誤用の見分け方だが、まずどの辞書にも載っておらず、定着していない(定着しているとする根拠を示せない)なら、誤用と判断していいだろう。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 19:02:57
まあこの季節はしょうがないというか多少出現頻度が上がるだけで
いつもと変わらないと言えば変わらない

でもやっぱり誤用して得意がっているのを見ると馬鹿にしか見えないよねw

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 19:13:06
>>255
一部の辞書には載ってるらしいぞ

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 19:18:34
今チョロッとググってみたら新明解には「全知全能」が全ての力の意味で載ってるらしいねw

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 19:35:52
まああれだ昔読んだエッセイで、「一所懸命」と「一生懸命」のどっちが正しいか
お互い馬鹿にし合っているんだろうなwみたいなの読んだことがあるが
似たようなもんだな

まっ全知全能はどっちが正しいか知らんが、バカにしか見えないレスは
確かにあるなw

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 19:40:48
原作後の帝国の旗艦級戦艦ってブリュヒルトっぽいデザインになっていったのかな

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 20:01:15
>>260
それはなんとも

原作終了後の平時の帝国軍、仮想敵国すらいない艦隊に
ブリュンヒルトのような艦が必要かって議論から始めないといけない

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 20:03:35
>>260
書き方が悪かった。
作中のブリュンヒルト→バルバロッサ→パーツィバルの流れを見ると
ラインハルト死後の帝国の旗艦級戦艦はブリュヒルトっぽいデザインになっていったのかな

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 20:05:40
>>261
それはそうなんだけど、あのあと新造艦が作られた場合、それまでの四角いデザインではなくブリュンヒルトみたいな流線型デザインが主流になっていくのかなあと思った次第

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 21:01:32
バグダッシュってイゼルローン再占領するとき帝国の命令文を出していたけど
そんなに簡単に作れるもんなの?
暗号化は当然されてるだろうけど騙せるってことは量子暗号化されてないのかな?

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 21:49:41
まあ。マジレスすると。
全知全能=神という印象、
古参の読者の癪に障るということなんだろ。

現代のオブジェクト指向で考えると。
脳の使える最大限の容量(数割程度)で、
思考と実践をジグザグに繰り替えしてバランスを取る行為。
まあ普通じゃんって感じだな。

よそよそしい傍観者の態度の一般人が、
心の底で自尊心から神だと思ってるから、不愉快になりたくないというのはどうなのか?
キャラクターやタレントが全知全能で頑張るといったら、素直に頑張るという解釈をし。
新兵が全知全能といったら傲慢な頭越えだとでもいいたいのか?

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 21:53:53
で、君は誰なんだ?

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 22:03:02
>>266
自称神の貴様に平等と制裁を体現する選ばれた平民だ。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 22:04:52
スルーすることを覚えるべきだ

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 22:05:57
オブジェクト指向でフリカッセ噴いたwwwwwwwwwwwww

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 22:08:49
面白い流れになってるね
まず最初、頭の悪そうな文書書いた奴がいて
その文章に出てきた全知全能って言葉の意味が間違ってるぞおバカって煽った奴がいて
全知全能の意味は他にもあること知らないのに何言ってんの?って煽り返してきて

結局子供の喧嘩?

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 22:14:21
>>270
貴様も泥に塗れて遊んでみろ。
運動不足だぞ。禿デブ。
神にしてはビジュアルが残念すぎる。

子供の喧嘩以外に、若さを保つ方法などない。
体験学習として覚えておくんだな?

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 22:50:20
>>264
暗号化されてるかどうかも疑問だがな。
なにせ最終巻では「皇帝不予」なんていう情報をポプランが受信してしまったくらいだし。

そもそも、アレは誰から誰への通信を傍受したんだ?

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 23:14:55
偽の通信を流すとか、どれだけ前時代の戦術なのかと俺も疑問になった
固有コードによる通信暗号化とかはされない世界?

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 23:20:26
理屈はわからんが超科学で暗号化もほいほいと無効化されてる世界な気もする。
超光速通信はあるようだが妨害可能なようだし。
ワープと同じくそういうものが当然という設定と思えばいいんじゃないの。

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/09(木) 23:23:33
フェザーンと地球みたいに思念波通信とかすれば盗聴も難しい気がするんだけどなあ。

…ひょっとして、最近の版ではあの思念波通信が無かったことになってたりする?

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 00:20:07
>>260
 徳間ノベルズの表紙イラストを見る限り、ブリュンヒルトみたいなのが標準艦っぽくいっぱい
描かれているんだな(逆にブリュンヒルトの形はわかんない)。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 00:34:59
>>264
 暗号は、どういう方式で変換しているか分かれば、簡単にできる。むしろ、元の文章を
本物らしく見せる方が難しいだろう。
 暗号変換に関しては、何せイゼルローン要塞という機密情報の塊を手に入れているの
だから、帝国軍の暗号パターンはじっくり研究できたろう。
 そもそも、 戦場では、進化し尽くした電子戦で通信そのものが怪しい。暗号も安全性が
怪しい―だから、シャトルで伝令が一番てのが、あの世界だったはず。
 
 それと原作の時代を考えろ。量子コンピュータなんて概念なんぞ、SFでもないわ。
あってもハードSF最先端ってところだから、緩いスペオペの銀英伝には関係ないわい(書
けないからいかにもSFチックなネタはやめましたって泣きいれる作者だぞ?)。

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 00:37:42
>>275
 そんなもんあったっけ?
一巻だけなら、なかったことにされたんだろう(そうやって消えたネタはいくつかある)。

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 00:51:55
>>277
パターンねぇ
ワンタイムパッドならそんなの通用しないんだよ

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 01:39:26
>>277
ぶっちゃけた話、量子暗号(つ〜か、さらにぶっちゃければ乱数表配布用のプロトコルだな)と
量子コンピューターは直接の関係はない
あと暗号の安全性(つ〜か、強度だね)と発信者の身分証明も
直接関係するわけではない

作者をいじめるなというのには、多少なりとも同意するw

>>279
ワンタイムパッドを使えば発信者の正当性が保障できるということはない
それはまた別の話になる
(仮に乱数表を手に入れても運用手順やコードの問題がある)



281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 02:15:21
実はミッターマイヤーの驚いた声がデカすぎて通りすがりのポプランに聞こえただけです

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 03:17:58
>>264
ガイエが「暗号」がどんなものか知らなくて、ただ「偽書の計」を描きたかっただけ、
というのが真相だろうけど、それだけじゃ面白くないので。

既に話題に上がっているが、量子コンピュータが実用化されて、公開鍵暗号が
無力化されてしまった世界なのだろう。乱数表や秘密鍵暗号を使ったとしても、
頻繁に艦艇が敵に拿捕されたりして、すぐに暗号鍵を盗まれてしまうとか。

あと、量子暗号というのは、盗聴が不可能な暗号というわけではなくて、
誰かが盗聴すると必ずそれがバレてしまう暗号だよ。
そんなの、バレるの覚悟で妨害してしまえばいい。ある意味、それも無力化だ。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 09:55:19
麻生首相「景気回復、全知全能を傾ける」 衆院予算委
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090220/plc0902202133015-n1.htm

教養の高さで定評のある首相が使ってるんだから間違いない。
「全知全能=全身全霊」説に逆らうヤツは国家反逆罪。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 10:18:20
>>283
これで決着したな
首相公認だ

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 16:06:53
ミュッケンベルガーってどうなんたんたんだろ?
アニメだと貴族連合への参加の誘い蹴って引退したことになってるけど。
原作ではエーレンベルグとシュタインホフは拘禁されてるけどそんな記述もないし。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 17:25:05
>>285
あの人は勝ち逃げ組ですよ。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 20:19:27
あれだけの数の艦艇があるのなら、通常艦の何倍も大型の超戦艦みたいな分類の艦が無いのを疑問に思ってた。
あの世界の技術で、あれ以上大型の艦の建造が無理だったのかな?

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 20:30:16
必要なかっただけじゃね?
大艦巨砲主義の時代じゃないのかな。
いや、巨砲は好きみたいだが。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 20:31:24
>>287
もうイゼルローン要塞とかになっちゃうんじゃ?


290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 20:41:02
アニメの画で、新しい画と古い画があって一部のシーンのみに限った、ヤンの顔が明らかに違うのはなぜ?
他のシーンのヤンの顔は変わってないとこの方が多いから、余計疑問に思う。

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 20:47:50
DVDか

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 20:53:03
送信しちまった

OVAの最初の頃は予算が無くて北朝鮮とかに下請け出してたから見るに耐えない酷いクオリティだった
DVD化に伴って大幅に書き直したけど偶にその名残が残ってるからその事かな?

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 20:59:53
>>288-289
友達とその事について話してたらミニ・イゼルローン(恐らくトールハンマーを自走させる事に特化した要塞機能が省略された艦?)があれば便利だったんじゃないかかって言ってたな。

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 21:00:49
>OVAの最初の頃は予算が無くて北朝鮮とかに下請け出してたから
予算が無かったのは知ってるけど、北朝鮮ってマジかよw

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 21:03:37
>>291ツン
>>292デレ

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 21:12:41
>>293
艦隊運動ができるアルテミスの首飾りって感じかな?

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 21:24:51
>>285
あのシーンで実は有能キャラだったんだと思い知らされた。
ラインハルトの能力を正確に見抜いていたんだろうな、だからといって下につくのはプライドが許さない・・・
新帝国になった時は何を思ったんだろう。

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 21:26:36
>>287
費用対効果もあるし超巨大戦艦もエンジン/推力部を破壊されれば
宇宙を漂うゴミになりかねない。

戦闘艦は小さいのでかいの色々と試されて標準的なサイズに統合されていったのだろう。
現実みたいに。

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 21:52:46
皆さんアースグリムを忘れちゃ嫌。

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 23:10:38
ああ。それは天文学元年2009だからだよ。
オバマ大統領が政治献金をネット上で集金し、
それからホントに金融危機が立ち直るか分からんけれども、
とにかくも知識を超次元的な宇宙に託して集めに掛かっているというわけ。
宇宙ならシンクタンクの容量が底なしに見えるでしょ。
真っ黒に塗りつぶして見えないだけかもしれんがね・・・
ネット上でシャアの池田秀一が核兵器をぶっ放し、
宇宙戦艦がビームやレールガンを打ち合う。

それにローゼン麻生が食いついたってことじゃね。
知的好奇心が経済成長に繋がるというオバマのイメージ戦略を継承してんだよ。

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/10(金) 23:28:59
どこの誤爆だw

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 00:12:41
>294
マジです、こんなニュースがあったりする。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0619&f=business_0619_133.shtml

北朝鮮のサイトを見るとラインハルトがいるよw

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 00:55:19
(編集担当 如月隼人)
↑なんかカッコいい

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 02:03:30
>>303
名前だけなら確かにかっこいいですね
ttp://shimizum.iza.ne.jp/images/user/20070413/60876.jpg

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 02:07:29
ラインハルトって初陣で戦車動かしたりして、ワルキューレも操縦できるっぽい感じだったけど、ヤンも一応スパルタニアンの操縦技術持ってたのかな。
ヘタだとは思うけど・・・・

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 02:31:49
>>305
そりゃ能力は0に近いでしょうね。
でも古代の2頭立て戦車・3段櫂船・突撃砲・戦艦など
複数の人間もしくは人馬・機械・組織と合体して、
ひとつの意思として機能するために不可欠な存在なんじゃないかな。

実際、戦艦の規模が大きすぎるから、犠牲数・兵員とか全部1/10にして見積もっている。
それでもとくにメカニズムに言及した作品じゃないから。
背水の陣とか空城の計とかはモデルとして現実味を帯びる。
最大でもエンタープライズ級空母くらいの規模でいいんじゃないかと。
ヤン・ウェンリーは陣頭で指揮してリスクを恐れない宇宙で最も勇敢な類だよ。

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 04:03:19
実際の士官学校のカリキュラムを知らないんだけど、戦闘機の訓練なんてやるの?

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 04:12:32
>>307
基本的なメカニズムくらいは学ぶかもしれないが、専門生以外はやらないんじゃないか…?
半端なパイロット訓練する為に機材教官時間の無駄だし、半端なパイロット乗せて落とされるのもそれ以上の損失

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 04:39:25
外伝には戦闘機の訓練の話、というか成績が悪かったって書いてあったような気がするが・・・
格闘訓練か射撃訓練と勘違いしているかもしれない
気が向いたら確認してみる

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 09:08:12
しかし士官一人育てるのにいくらかかるか知らんが何人育てても足りんよなあ。
外伝でヤンが「もう同期の半分がこの世にいないよ」とか言ってたし。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 09:29:52
既出かもしれんが、

ゼッフル粒子下での戦いで、
斧と斧がぶつかって出る火花は引火しないのか?

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 09:30:06
たしかに
あの世界は人口に比べて戦争で死ぬ兵隊が多すぎる気がする

帝国も同盟も徴兵制ってとってたんだっけ?

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 09:53:58
>>312取ってる
外伝で金髪&赤毛の古い知り合いが「文化には価値がないらしいから(自分が)徴兵される」とぼやいていた。
「愛国者」トリューニヒトは「兵役中は後方勤務志願でハイネセンを一歩も出なかった」と言われているし、
議員特権で子息を兵役から免れさせている政治家が多いと批判していた市民団体の話があったよ。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 12:12:31
>>305
シャトルやスパルタニアンの操縦資格くらいは持っているだけは持っているんじゃね? ヤン
 同盟の場合、士官学校で専門別教育をやってるくらいだから、最低限の共通分野以外、
特化が進んでいて分野跨いで技能を習得させる習慣はないのではないだろうか。ヤンてば
参謀畑一本で艦長資格・経験持っている気配もなしに艦隊司令だもんね(艦レベルの技術・
統率経験もなしに艦隊司令なんて……)。
 

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 12:13:26
>>311
 その程度は大丈夫。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 14:09:10
>>313
何そのブッシュ政権とイラク戦争の予言。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 15:11:02
>>316
 君、物知らずとか視野が狭いとかよく言われているだろ。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 22:23:10
ロボスとミュッケンベルガーが同兵力でガチで戦ったらどっちが勝つと思う?

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 22:42:42
外伝見る限りじゃ能力的にはいい勝負っぽいから
部下しだいじゃなかろうか。
(外伝のいくつかの戦いで帝国優勢の引き分けに持ち込めたの全部金髪のおかげだし)

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 23:01:45
全盛期の頃のロボス vs ミュッケンベルガーならロボス
アムリッツア辺りならミュッケンベルガー

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 23:03:42
ああ、帝国領進攻のときのロボスはフォークの言いなりのボケ老人だったしなあ…

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 23:11:05
全盛期のロボスってそんなに有能なのか

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 23:19:23
ヴァンフリート星域会戦が全盛期?

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/11(土) 23:23:43
全盛期のロボスって、リップシュタットのときの「賊軍」とほぼ互角なんじゃネ?

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 03:18:15
後世の歴史家曰く、ヤンが頑張ったせいで統一が遅れたとか書いてあったけど
ラインハルトがいなくてもヤンが帝国滅ぼしていたんじゃないの?

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 03:30:27
ヤンにそんな覇気は無いと思われ
ラインハルトがいなけりゃ帝国を滅ぼしたのはロボス若くはアンドリュー・フォーク

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 03:49:08
アンドリューフォークはラインハルトやヤンがいなくても自滅しただろ

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 08:00:31
シトレは? 司令官としてはそれなりに優秀なんだよね?

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 09:52:22
第五次イゼルローン攻略で平行追撃と無人艦突入で
「イゼルローンの厚化粧を一部分だけど剥ぎ取った」し
帝国進攻作戦を今の同盟の国力じゃ無理と理解してたあたり戦術も戦略も
なかなかのもんじゃないかと。
フォークの暴走を止められなかったのが悔やまれるが。

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 12:12:40
>>324
賊軍は軍隊として最低限の指揮命令系統すら構築できてない。
貴族の我侭で勝手に動くだけ、リッテンハイムの軍を見れば陣形の構築すらできない、まさに烏合の衆。
まともな軍隊相手にすれば相手が金髪じゃなかろうが勝てる道理がない。

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 12:38:36
賊軍でまともなのって貧乏さんとメルカッツと理屈倒れだけ?

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 12:45:47
銀河英雄伝説の登場人物って、全員バカなの?

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 12:53:52
一般的法則として

物語の登場人物の知的水準は
作者のそれを上回る水準にはなりにくい

334 :(゜∀゜):2009/07/12(日) 12:56:25
>>331
ファーレンハイトやシューマッハとかいるじゃん。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 12:58:18
>>332
バカなのかどうかはわからんが、
おまえより作者のほうが頭いいだろうよ。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 13:06:02
横溝正史や松本清張と比べるのは、ナンだけど、
登場人物の人物描写や思考が、薄っぺらすぎやしないかな・・

最初は、普通に考えたら、何でそんな事にも気づかないの?
みたいな事満載やったけど、
物語が進むにつれて、そういうノリに慣れていって気にならなくなった
みたいなのが、実際の所ではないかな。

ストーリー全体の雰囲気とお約束事(疑問に感じたらアカンよ)を
飲み込んで初めて楽しめるドラマやな、という気が今さらながらやけど
気がする。


337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 14:03:00
>>325
 つか、前半と後半の繋がりが支離滅裂だ。
 その前半なら、後半は「ヤンがいなくても云々」だろ。普通

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 14:10:35
>>336
 まあ、仮想的な体裁としては、遠い過去の歴史を振り返り、分かっているだけの史実に
想像を交えつつ再構成したというスタイルだから、歴史資料でわからない細かいところな
んかはすっ飛ばしているわな(そこまで掘り込む余裕がないというか、ぶっちゃけ作者の
能力を越えていたわけだが)。
 「傍目にアホらしい展開でも、史実としてこうなったんだから仕方ないだろ」wと生温かく
受け止めるしかない。

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 14:13:36
銀英伝正史が別にあって、YOSHIKIのは銀英伝演義だということか。

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 14:17:23
そういう見方もあるかも

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 14:36:46
>>336物語的な部分を重視してメリハリをつけたと考えればいいし、できなければ見切りをつけるだけ。
いろいろな作戦会議もあっさり終わってたでしょ?
普通、あれだけ大勢、かつ優秀な頭脳を持つ(とされる)人物が集まる会議は簡単に終わらないが、
それらを人物描写、戦略・戦術論交えて細かく書こうとしても、書けるかどうかが怪しいし、
読む人自体いないと思う。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 14:41:55
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1193631516/
そういうネタ……もとい考察をこのスレでやっとるw>正史

作者自身がインタビューで言ってたけど、銀英伝のキャラクターってのは
“まず役割ありき”で創られてるんだよな。
だから描写の少ない脇役になると、文章力でカバーできないから薄っぺらくなるんだろう。
こと序盤の展開に関しては、(当初売れるかどうか不安だったので)かなり無理して詰め込んだのもあるからな。
帝国の門閥貴族や同盟の提督達、第一部で退場組涙目と言う他ないw

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 15:59:35
>>336
現実の戦争とか政治家は銀英並みに愚かで無能な将官や政治家が大勢いるのだよ。

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 16:17:58
>>343
ひみつじょうほうをよく知ってて、たほうめんから物事を見られる
おりこうちゃんの>>317さんにまた怒られんぞ。

345 :336:2009/07/12(日) 16:52:52
たしかに、銀河英雄伝説という大河にあたるストーリーが、まずあって、
登場人物や人間模様というものは、ストーリーに添えるための詭弁というと
語弊があるかもしれないけど、道具というか、まあ、それこそオペラ・・
その物語のための配役にすぎない、という見方ができるような気がしますね。

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 17:39:52
とりあえずここは作者の能力云々を語る場じゃない。
作品そのものを語る場所だろ。

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 22:47:33
アニメで
ビーム銃すら完璧に防ぐ装甲服をなんで炭素斧ごときで切り裂けるの?
全種類の艦艇についてバリアが発動してるシーンとしてないシーンがあるんだけど何故?
要塞が2つあってしかも移動できるのになんで最初にそれで進攻しなかったの?

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 22:49:56
アニメはアニメ板へ

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/12(日) 23:43:31
>>331
シュターデンはアスターテで金髪の指揮見せ付けられてなお実力を認めなかったんだから
無能と言わざるをえないな。
おまけにメルカッツに身の程知らずの対抗心抱くわ下らん作戦立てて内部分裂招くわ…
言うこと聞かない貴族に頭抱えたのも自業自得だよ。

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 12:01:38
実際3方向から行軍してくる2倍の敵を時間差をつけて各個撃破なんて机上の空論だし
しかも少しでも数が上回れば味方の損害殆んど0とか
同盟指揮官の度を越えた無能っぷりと主人公補正の犠牲者なんですシュターデンは

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 12:15:53
後側面突かれた第六艦隊はともかく正面からぶつかった第四艦隊はろくな損害も与えられず壊滅とかありえんよなあ…
二万対一万二千ならもう少しましに戦えるだろ。

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 12:36:51
銀英の世界は司令官の質がムチャクチャ影響するからなぁ。
貴族連合軍もメルカッツが前線に出たとたん、ロイエンタールに買っちゃうくらいだし。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 12:56:02
シュターデンにしても同盟軍指揮官達にしても
神である筆者が無能であるとキャラ設定したが故の無能であり本人達に罪は無い
真に無能なのは有能設定の筈なのにテロを未然に防げた事の無いローエングラム王朝の治安責任者
ラングを除く

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 12:57:33
ロイエンタールを退かせた時によく貴族連中が指示に従ったよな
名ばかり貴族でもかき集めて直属部隊でも編成したんだろうか

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 13:17:33
その後すぐ疾風のみえみえの挑発に釣られて命令無視して暴発してるじゃん。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 15:08:00
>>351
正面からでも行軍隊形の部隊と戦闘隊形の部隊が
ぶつかったら十分やばいだろ。
さらに戦力差が2倍近くついてたらなおさら

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 15:15:20
行軍体形て、遭遇戦じゃねーんだから
同盟軍だって相手の存在を認識しつつ十分の戦意を持って進軍してる訳でしょが

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 16:25:27
金髪出てくればヤンのいない同盟軍は哀れな子羊になる補正かかってるからな。
第三次ティアマトの斉射三連で葬り去られるホーランドはあんまりだと思った。

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 19:08:00
>>357
>同盟軍だって相手の存在を認識しつつ十分の戦意を持って進軍してる訳でしょが
そんなことすら許されないぐらいの、無能補正がかかってるw

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 19:24:05
>>357
そこのところについて解釈するのがこのスレという。

先手をとったのは帝国側で攻撃によって同盟側は射撃統制システムにとって
重要なセンサーが有効に機能しない状態になり艦隊として有効な反撃態勢をとれないまま
一方的に打撃を受け続けたとかじゃないかなと。
それと一部は善戦して帝国側も無傷ではないという。


361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 20:34:38
そうか?
帝国側の損害が2200隻余ってなってるけどほとんどがヤンに指揮権移った
第二艦隊との交戦の結果の損害じゃないのかな。
第二、第四艦隊はせいぜい数百隻の損害しか与えられなかったんじゃないかな。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 20:35:53
ミスった
三行目 第四、第六艦隊ね。

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 22:19:45
まあアスターテに関しては金髪の運がよかったのもあるんだよ。
同盟の三個艦隊の司令官がビュコック、ウランフ、ボロディンだったら
金髪もやばかった。

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 22:25:11
>>350
机上の空論っていうのは、
二倍の味方を集めただけで勝てると思うことを言うのだよ。

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 22:25:26
レダ級高速巡航艦って大気圏突入仕様にしか見えんが、傾斜装甲がそう見せているだけ?

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 22:29:25
そもそも、宇宙空間で分進合撃作戦って意味あるのか?
道路やら線路やらの「行進し易いルート」や山や森みたいな「行軍しにくい地形」がある地上でなら、
分進するメリットは分かるけど、宇宙でどんなメリットがあるんだ?

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 22:44:02
>>366
分散して挟み撃ちとか潜水艦戦の基本戦術だから三次元の宇宙でも意味はあるんじゃない?

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 22:44:52
あの世界って、宇宙でもそういう場所があるらしいんだよ

イゼルローン回廊とか、そういう世界の前提の下で作られてるんだし

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 23:08:46
あの小説は攻勢の歴史家視点(しかもどっちかというとフィクション作家系)だから戦略戦術に無理があっても仕方ないんだよ。

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 23:14:04
>>364
敵よりも味方の数を多く揃えることが机上の空論とかねーよ

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 23:25:32
>>363
ヤン抜きの当時の同盟軍最良の布陣だな。

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/13(月) 23:52:13
普通さ、将官クラスなら過去の有名な戦役は知ってるだろうし
ヌルハチや多くの将御が使ったような各個撃破の戦法への対応できないもんかね?
そんなんで将官まで出世できるんだろうか

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 00:02:56
何で艦隊を3つに分けたんだろう
もともと同盟のほうが数で上まわってるんだから分けないで押しつぶせばいいじゃん


374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 00:16:50
>>363
あの三人なら「我らが分進すれば、敵はおそらく確固撃破を試むでしょう、
ですからそこを逆用してフルボッコですよ」ぐらい最初に考えそうだw
まぁ、その場合ラインハルトもさっさと撤退して引き分けだろうけど。

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 00:18:11
>>373
ダゴンの再現を狙ったと原作に書いてある。

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 00:36:58
>>363
アニメの劇場版では「過去の勝利にならえば楽に勝てる」というので、
「功績を立てさせる」ためにトリューニヒトに受けのいい提督たちが抜擢されたとか。
で、そういう派閥力学で軍事が動いた結果、同盟は負けたと。

アニメはそういった独自の追加がいろいろあるんだが、
余計な脚色なんだか原作者が失念していた部分の補間なんだか判断に迷う部分がある。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 00:46:27
艦隊同士の距離をもっと縮めたらよかったんじゃないの?
それなら連携ももっとしやすいし後ろにいいタイミングで回りこむこともできるし
いいことずくめ


378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 01:04:52
>>377
 そういう包囲陣を完成する前に、各個撃破された。

 ラインハルトは同盟各艦隊の位置・動きを把握しているのに対して、同盟側は帝国軍の
動向をなんも掴んでないのよね。これは同盟軍の指揮官が無能以前に、末端までたるん
でいたとしか思えない。貴族連合といい勝負の烏合の衆だろ。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 01:29:46
常に動いている相手の軍の位置って一方だけがわかるもんなのか?


380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 01:41:40
索敵のために時間を費やすかどうかでしょ。

帝国軍は敵の第4艦隊を組織立った戦闘ができなくなるまで壊滅させた後は
残りを片付けるよりも残りの同盟2艦隊がどう動いているかを調べるのに集中した。

同盟軍は第4艦隊は敗北せずに互角の戦闘を続け、帝国軍を釘付けにしていると信じて
索敵は一切行なわずに当初の予定宙域に到着することだけを最優先した。

その差がモロに出た、ということ。

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 01:50:51
集中つってもそんな記述あったっけ
戦闘後の艦隊よりも移動中の艦隊のほうが索敵がしにくいとは思えないし
同盟索敵してないこともないだろう


382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 02:29:38
第四・第六艦隊が戦場に到着する迄の時間内に第ニ艦隊を壊滅させ第六艦隊の背後に回り込む
更に第四艦隊が到着する迄に第六艦隊を壊滅させる
メチャクチャですがな

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 06:47:51
>>378
「350」みたいに二倍の敵を相手に各個撃破するなんて机上の空論なんていう奴が、
同盟軍にもいたんだろ(笑)


384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 09:28:45
うまくいかないんだよなあ。
第三次ティアマトのときは理想に近かったがホーランドの暴走でぶち壊しだし
(援護しなかったビュコックとウランフの責任も否定できんが)
第四次はすでにボケ始めてたロボスが総司令に座っちゃってたし。

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 09:29:47
3つの艦隊ってそれぞれ何光年離れていたんだろうな
妨害電波っぽいものが光を遮断できるかは知らんが
近い距離なら戦闘の閃光は見えるだろうし

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 10:57:28
>385
数年後に観測できるね

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 13:31:50
ホーランドって結局有能なの? 無能なの?
金髪にはあっさりやられたけど逆に敵を苦しめたことも何度もあるよね?
ビッテンみたいな感じの人?

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 14:12:10
ブルース・アッシュビーと同じ32歳で中将なんだから有能なのは間違い無い、と云うか名将の類いだな
アッシュビーの様にスパイ網を駆使してのことじゃ無く殆んど力業で成し遂げてきた訳だから尚更
しかし如何せん外伝のぽっと出キャラ、どれだけ武勲を積み重ねて来ようとラインハルトの引き立て役でしか無く
斉射3回でアッサリ昇天とは不憫過ぎる
南無

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 14:16:42
>>385
 何光年ってこたないだろう。
 通常航行で移動している=亜光速なんだし、会敵寸前と言ってもいい間合いなんだ。それで
光年単位で離れていたら、包囲陣形成に何年掛かるかわからんw
通常戦闘は主砲射程内の数光秒の距離で始まるんだから、せいぜい光時レベルだろう。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 14:34:25
>>388
惜しむらくは自信過剰と自己陶酔が過ぎたな。
士官学校出てないビュコックを完全に見下してたし。
でも赤毛さんが「見事な艦隊運動云々」言ってるくらいだからやっぱり凄かっんだろう、多分。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 18:12:12
>>387
作中のビュコックので全てだろう。
即ち、疑似天才。

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 18:17:36
>>389
あれって亜光速なんだろうか?
亜光速だと接敵してもすぐすれ違いそうだし、
戦うためにわざわざ減速するのも不自然な気がする。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 18:29:34
>>382
数多くの高いハードルを越えないと失敗してしまう、極めて戦術であることは確かだが、
ラインハルトは天才だから上手くいった。それだけのことだ。
どこもムチャクチャではない。

>>381
口で言うほど索敵も簡単じゃないんだろ。
戦場は広いんだから、無闇に索敵を出しても、敵は見つからない筈。
敵の居そうな場所に見当を付けて索敵を送るわけだ。
そして、同盟軍の見当は外れた。それだけのことだろう。

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 18:38:29
>>379
互いに同じく索敵をしていても、敵の予想の裏をかく動きをすれば見つけられ難いだろうし、
動いていても同じ動きを続けているだけじゃたちまち見つかってしまうだろう。
アスターテ会戦の場合は明らかに、ラインハルト軍は前者で、同盟軍は後者だった。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 19:00:12
>>388
出世の早さは実力と関係ないだろ

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 19:20:36
艦隊戦って向かい合って陣形とって攻撃しあってるけど
わざわざお互い接敵するまでに速度合わせあってるわけ?
船の後ろにゴツイスラスターあるようだけどあれで加速した船を減速って船を逆向きにでもしないと
うまくいかないんじゃないの?

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 19:37:15
>>396
ジェット機の逆噴射と同じようなことができるんだろ。

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 19:39:16
>>396
>船の後ろにゴツイスラスターあるようだけどあれで加速した船を減速って船を逆向きにでもしないと
>うまくいかないんじゃないの?
それはアニメやゲーム設定なんで、ここではなんともいいかねる

>わざわざお互い接敵するまでに速度合わせあってるわけ?
このスレの最初のほう読むといいよ

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 20:03:38
確か外伝の何巻か忘れたけど同盟軍の弱点ってか悪癖として
「同格の艦隊司令官同士が功名に走り、連携に欠ける」とか書かれてたよな。
ホーランドはまさにその類だけど。

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 20:14:59
帝国軍だったような・・・
アッシュビーの死に弔意を示した人がいってた様な
あんまりはっきり覚えていないから勘違いかもしれないが・・・

星海軍だな、一番当てはまるのはw

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 20:33:43
アッシュビーはローエングラム王朝時代の提督でいうと誰レベルかな?

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 20:46:11
アッシュビーは帝国からの情報を元に作戦を立てていたから
真の能力は推定しにくいな。帝国から漏れていたのがどういう内容かによるし。



403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 20:50:54
スパイ網込みの能力なら双璧以上皇帝未満かな

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 20:53:28
ワーレンくらいだろ

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 21:11:48
>>398
原作のさし絵でもそうじゃん

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 21:16:08
時の女神に愛された男だっけ?
双璧よりは上な気がする

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 22:07:55
>>400
シュタイエルマルクだよ。

>>404
戦術に絞ればラインハルトやキルヒアイス、双璧に匹敵すると思うぞ。
情報を生かしていたのはこの場合プラス要素だよ。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 22:18:31
アッシュビーの凄さは用兵能力じゃなくて完全に情報収集能力の方だよね。
ただ、やり過ぎというか、一艦隊指令が他の軍最高幹部が何も知らないうちに
独自にあそこまで高水準の諜報体制を作り上げてるってどう考えてもオカシイとしか思えないんだけど。
逆に帝国の機密管理がずさん過ぎるにしてもあまりにひどいというか。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 22:26:46
まあ、螺旋迷宮では触れられてないけど、
フェザーンの協力ないし手引きがあったと考えるのが筋なんじゃないかな。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 22:31:47
>>408
帝国内の諜報網を構築したのはアッシュビーじゃ無い訳だが
ジークマイスターとミヒャールゼン

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 22:35:53
>>408
>アッシュビーの凄さは用兵能力じゃなくて完全に情報収集能力の方だよね

攻勢に出るタイミングを間違えない、って能力は完全に戦術レベルの能力だろ。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 23:27:39
相手の作戦筒抜けなら俺でもツィーテン元帥くらいには勝てるぜ。

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 23:31:03
もう一度螺旋迷宮を読み直すことをオヌヌメするぜ!

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/14(火) 23:49:10
ローザス曰く「タイミングが一分早くても遅れても、戦局全体が瓦解していた。
アッシュビーは、そのタイミングをつかむのに神業とも言える才能を発揮した」
こんなの帝国軍から漏れる情報でどうにかなるものじゃない。やっぱりアッシュビーは
天才だよ。
実際、ティアマトの後も健在なら弱体化した帝国軍はやばかったかもね。イゼルローンも
無かったし。

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 00:05:31
情報は重要だろうし戦闘に関して影響は大きいだろう。
相手の戦力規模、戦略目標、各艦隊の作戦担当範囲、基本行動計画等が
漏れていれば対処する方はかなり楽になるし、神業的な戦力の投入も
情報があったればこそだと思う。

相手の目的星系がわからなければ戦力を分散せざるを得ない場合もあるし
相手の未知の援軍に対しても呼び戦力とか対処が必要となる。

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 00:19:01
じゃんけんでも相手の出方があらかじめ分かってたら100%勝てるしな。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 00:32:49
>>393
 進軍してくる敵を包囲しようしているのに、偵察の見当が外れていたらダメじゃん。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 00:32:57
指揮官の性格や人間関係の情報もあったんだろうな。
帝国は同盟よりスタンドプレイひどくて協調性もなかっただろうから
付け入る隙を見つける大きな助けになっただろう。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 00:48:31
>>392
 亜光速つーても、0.1%から99.999999%まであるからなぁ。
 少なくとも、光速から見て無視できるほど遅い速度では光秒単位の距離でも何十、何百時
間と掛かる。それでは話に並んだろう(少なくとも本編のようなイメージでは戦闘はできん―
局面としてそれぐらい遅い、ほとんど止まっている状況はあるにしてもアスターテ開戦直前で、
それはあり得ない)。

>亜光速だと接敵してもすぐすれ違いそうだし、
>戦うためにわざわざ減速するのも不自然な気がする。
 軌道を正確に読んで罠仕掛けたり、すれ違いの一瞬で戦闘が終結するような戦争をやって
なくて、地上の野戦と同じような感覚でのんびりやっている以上、双方かなり相対速度をあわ
せているのは間違いない。
 

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 00:57:24
ジークマイスターの提供した情報は玉石混合よりは多少マシ程度
伝達方法に制限がある為当然完璧なものでは到底有り得なかった
加えて戦況は刻一刻変化するものだからそう言った情報が必ずしも有利に働くとは限らない
アッシュビーはやはり天才であったと言わざるを得ない

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 01:06:50
>>420
それだとむしろ情報解釈の天才みたいな印象だね。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 01:18:38
アスターテでは同盟は大体どれぐらいの距離の包囲網を敷いていたんだ?
相当艦隊同士がはなれてるのなら接近するまでにワープでも使わないと数時間で接敵できないと思うが
ワープしつつ接近したんだろうか

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 02:42:40
>>422
第4艦隊と第6艦隊の間の距離が、艦隊がおよそ4時間でいける距離
第2艦隊との距離も多少遠いくらいでたいしてかわらんだろう
全速力だか巡航速度だかワープ込みの時間だかは知らん

気が付いたんだが、このころは第一級臨戦態勢だと
全員がスペーススーツ着用なんだねえ

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 06:21:09
まあ、>>350の言うことは軍事的には正しいわけで
それをどこまで「好意的に解釈してあげる」かの問題なんだが。

「ガイエスブルグ要塞はなぜイゼルローンすっ飛ばさなかった」みたいなもんで。

だから「空気読め」とか「架空の話なんだからめくじら立てんな」ならわかるんだが、
指摘の内容がボコられているのが意外だった。

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 09:16:11
まあ一巻のアスターテ、アムリッツァは既存の同盟軍を崩壊状態にして以降のヤン艦隊の奮闘を主にするためだけの戦いだよな。
アムリッツァのときの金髪指揮下の兵力は「敵の六割程度」とか後の巻で言われてるし。
半数強の敵に七割が未帰還の損害出すなんてありえんよ。

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 09:21:29
まあ味方の一個師団が3方から攻めてくる2旅団ずつを一日で全滅させられるか?
と言われたらありえないよな
でも現代の海戦ならミサイルばんばん撃ちまくれば可能

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 13:33:25
>>423
 少なくともワープしたことを示す描写、セリフはないな。
 あの状況でワープできるなら、のったら移動している必要はない。そもそも包囲殲滅作戦
なんか成立しないんでは? 同盟軍の包囲殲滅の意図を十分認識していたから、メルカッツ
たちは撤退を進言し、ラインハルト案を空論と否定した―ワープできるなら、時間的リスクは
ほとんどなくなるから反対する理由がなかったはず……と矛盾が生じる。

 第六艦隊がやられた時、いきなり現れたような感じだから、射程付近にワープアウトして
……という可能性もあるが、本編でワープを活用した戦術ってないのよね。そうそう便利に
使えない説明はあっても、それを奇襲、回避に使う如何にもな戦術や描写はない―如何に
もSF的なアイディアや描写をあえて避けてきた作者がやるはずがない―だから、アスターテ
でも戦場においてはワープしてないと考えるのが自然だと思うのだな。


428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 13:39:54
ガイエスブルクってイゼルローンの真ん前に突如現れたよな?
イゼルローン回廊って曲がりくねってそうだけど
ワープは直線的に間に航行不能空間があっても飛び越えて移動できるのかな?


429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 14:14:19
>>428
 哨戒かねた訓練艦隊の接触しているから、回廊付近に最初にワープアウトしたのは
たぶん回廊出口付近。

>飛び越えて移動できるのかな?
 障害物を飛び越えられなきゃワープの意味がない。
 飛び越えられないのは、単に航行不能宙域の幅が現状、一回のワープ距離限界を
大きく超えているから。中でワープアウトするとエライことになる(最悪ワープアウトできな
い)。回廊の規模からしてワープしなきゃ意味がないと常識的に思うが、回廊内ワープの
描写はないんでよくわからん(回廊の形状に合わせて小刻みにワープするとかしている
と思う)。
 ガイエのワープシステムは従来の質量限界を超えただけの物で、距離的には変わり
ない(むしろ短いかもな)。


430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 14:48:40
障害物とびこえられなくてもワープはワープだろう
スタートレックのエンタープライズだと間に障害物あると無理だしな

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 14:49:28
>>430
原理が違うのだが……

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 15:43:30
ガイエって短距離ワープ繰り返したのかそれとも長距離だったのかどっちだろうな

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 16:04:22
>>432
 回廊付近までは長距離ワープを何回かで、回廊に入ってからは、比較的短距離なのを
状況にあわせてだろ(ワープしたとして)―その辺は普通の艦と変わらないだろうけど、イン
ターバルが長そうだから、総体的には「足が遅い」だろうな。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 19:25:49
分進合撃作戦って一本の道路で進撃するとトラフィックがテラヤバイことになるから何本かの道路使っていこうぜってことだ。
宇宙空間には道路はないwから管制できるなら一本道でいい。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 19:51:07
>>434
銀英の宇宙には道路は無くても通路はあるんです。 しかもいっぱい。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 20:40:59
あれも相手の位置が動かない、もしくは移動パターンが固定されている
という前提での包囲戦だから通路云々は関係ないだろうと。
リアルタイムで敵艦隊の位置を把握していないのに。
変なのはそういう前提だろう。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 21:00:19
どれだっけか帝国艦隊と正面衝突したのに一瞬で崩壊した艦隊があったよな。
3個艦隊で包囲するんだから完全に同時で無い限りは最初に会敵した艦隊は
他のが来るまで持ちこたえてなきゃいけないのは当初から分かりきってたはずなのに。
あれほど鎧袖一触ではどうやっても勝てねーよw


438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 21:16:24
もともと3艦隊で同時に敵1艦隊に接敵って無理な話だよね
多少なりとも始めに接敵した艦隊は持ちこたえてないといけないってのに
その時間は4時間もないんだから、1時間以内ぐらいなのかな?
相当厳しいタイムスケジュールだよね
帝国艦隊の位置の把握もしっかりできていないと無理な作戦だ


439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 22:50:20
アスターテの同盟軍の損害が2万2600隻余。
そのほとんどが第4、第6艦隊のものと推察できるから単純に考えると
両艦隊の1万隻以上が撃沈、大破行動不能に追い込まれたと推定。
それも極めて短時間に。
対する帝国軍の損害は両艦隊葬った時点では恐らく1000隻以下。
こんなんじゃ戦術云々なんてレベルの話じゃない、一方的な虐殺に等しい。

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 22:52:20
宇宙戦闘がどういうもので何が戦闘を支配するかわからないから
なんとも。」
宇宙での一方的な虐殺戦闘は他のSF作品でもあるしなんとも言えないな。

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/15(水) 23:53:20
>>417
だから同盟は負けたんだよ。
同盟の偵察の検討を外したラインハルトがそれだけ優れていたということだ。

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 00:03:55
>>437>>439
事実上、帝国軍の不意打ちになったんだろう。

俺にはアニメのオリジナル描写が納得できた。
同盟軍が帝国軍に気付いた時には既に目前まで接近されていて、
ワルキューレがビュンビュン飛来してきて、制宙権を確保してた。
一方、スパルタニアンはまだ1機も発進しておらず、
慌てて発進準備を進めている内に、ワルキューレによって
発進する前に空母や母艦ごと撃沈されたりしていた。
これじゃ、損害比が1万隻以上:千隻以下でも全く不思議はない。

>>438
同盟軍は、3艦隊が同時に接敵するために、歩調を合わせて非常に
ゆっくりと行軍していたんだと思う。だから、ラインハルト軍には
2艦隊を撃破する時間的余裕があったんだよ。


443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 00:10:12
ワルキューレを発進させるぐらい至近まで気付かないとか無能とかのレベルじゃ無い艦隊全員寝てたとしか思えん
同盟軍が無能だからラインハルトが勝ったと言うよりラインハルトに勝たせるために徹底的に無能に描いてる感が強い

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 00:32:43
やいやいいうな

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 00:45:04
>>442
あの状態で不意打ちになってしまってる事が無理があるというより無茶苦茶なの。



446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 00:48:36
結論は何なの?

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 00:49:23
でもないだろう
ゲームだと電波妨害すると艦隊の姿見えなくなるから不意打ちしまくりだぞ
艦隊同士が重なってから交戦が始まることが多かった

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 00:50:12
各個撃破戦法は机上の空論と言うシュターデンの見解は正しかった!

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 00:52:31
>>448
時間差をつけて各個撃破していけば、少数の兵力でも多数に勝てる、
ってのは、机上の空論の典型だからな。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 00:57:25
つまりそれを成功させてしまうラインハルトはパネェって事か

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 01:01:07
これちょっち形は違うが内線作戦っしょ
ヌルハチのやったやつか、フリードリッヒ大王のやつをぱくったのか知らんけど


452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 01:22:12
宇宙空間での艦隊戦を中世の陸戦理論で描いてる時点で整合性も糞も無い

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 01:58:42
でもさ、各個撃破はいいんだけど、戦場一帯の地域が自分の領土内にないと上手くいかないんじゃないのかね?


454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 02:14:29
>>428-431
イゼルローン回廊って最狭部の半径が戦艦の射程未満(100万〜数百万km程度?)
というよくこんな針の穴みたいなの見つけたなって感じの空間のようですが、
ここまで細い部分の長さはせいぜい通常航行で抜けれる程度のものかと思う。
長さが幅の10万倍とか100万倍とかいった構造が生成したり安定して
存在したりはしにくい気がするので。

その最狭部をワープで飛び越えられるかどうかが問題じゃのう。
入り口と出口さえ安定していればOKなのか、極端に異常な空間を挟むのは
良くないのか。イゼルローンにせよフェザーンにせよ通常航行を強いられる
部分があったほうが回廊としての意味は強まるだろうけど。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 02:20:11
戦艦の標準装備みたいになってるレーザー水爆ミサイルって、どういう兵器?
水爆ミサイルならわかるけどレーザーってつくとどういうものだかよくわかんないです

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 02:28:12
原爆じゃなくてレーザー核融合の水爆かね。銀英伝の戦艦のビームって
水素惑星や液体水素タンクにぶち込むだけで核融合起こしてたような
気がするし、原爆よりも手軽な起爆装置になってるのかも。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 02:30:14
>>455
核融合の方法の一つに慣性閉じ込め方式ってのがあって
これにレーザーを使うのでレーザー核融合ともいう(詳しくはぐぐってくれ)
たぶんこの辺をイメージした造語
もしくは、X線レーザーを発生させる方法として核爆発を使うという案が
昔あったのでそっちのイメージもあるかもしれないが、その辺の描写はないので
まったく関係ないかもしれない
要はただの核弾頭を持ったミサイルです

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 03:01:16
>455
水素核融合ってのは非常に高い温度と圧力が必要でそう簡単には起こせないんだよ。

で、現代の水爆ってのは、原爆をまず爆発させて、そのエネルギーで核融合を起こす。
レーザー水爆というのはおそらく、レーザーのエネルギーで核融合を起こすもの。

原爆に必要なウラン等は宇宙全体で見ると希少な元素&取り扱いも面倒なので
大量生産するにはレーザーの方が都合がいいんだろう、多分。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 07:55:38
ミュッケンベルガーは優秀な司令官


460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 08:00:47
現在でもすでに米軍がレーザー水爆を開発してあるんだけどね。
プルトニウムを球形のカプセルに包んでその周囲127箇所から中心に向かって
レーザーを照射することで起爆させることが出来る。 
これに対し旧ソ連が開発したのが電磁波水爆という、レーザーの代わりに電磁波で起爆する仕組みのもの。


461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 10:14:08
それNHKのドキュメンタリーでみた

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 14:42:36
>>451
 元ネタはナポレオンのガルダ湖畔の戦い。60000に対して30000兵力で、各個撃破した。
 しかし、確実性という意味ではかなりバクチ的な作戦だったというのが定説。シュターデン
の意見は正しかった。理屈としては


463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 14:48:44
ガルダ湖畔の各個撃破 1796年4月
(-_☆)ナポレオン得意の内線作戦
そういえばこの基本戦略を使ったアニメがあったような。
(敵が馬鹿ばっかなのであまり好きではない。)
(宇宙で平面ナポレオニックをやる変なアニメだった。)(~_~;)...

だそうだな

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 18:08:38
ラインハルトってナポレオンがモデルの一人なのか
カッコよさが全然違うなぁ

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 19:27:09
>>459
けどホーランドごときに引っ掻き回されたくらいでう右往左往なのはちと情けない

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 19:29:12
普通の司令官だから、キチガイ戦術とは相性が悪かったんだろう

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 20:01:01
このスレでは各個撃破も数で圧倒も机上に空論って言う人がいるけど
机上の空論じゃない戦術ってどういうのがあるの?

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 20:22:19
実際そのときの相手の戦力・士気・戦略によっては全て机上の空論だよなw
いくらすごい戦術考えてもそれ読まれて対策されれば終わりだし
最初の同盟なんて集結するまで戦闘が開始されないと思ってて不意をつかれたし
いきなり戦う準備万全で迫ってこられたのに瞬時に攻勢にでられるわけがない
戦う用意をしていなかった烏合の衆が倍近い戦力があったとしても集結してなけりゃな
最初から兵力が集結されていたらラインハルトは退いただろう

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 21:48:25
同盟軍の天井識らずの無能さ加減を見る限り最初から集結してても一方的に虐殺されてたよ
2倍どころか6倍でも

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 23:33:30
やいやいいうな

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 23:40:18
>469
どうやって虐殺するかは判らんが、戦闘開始後に同盟が過失を犯して帝国が勝ったとしても、
それではラインハルトが単に幸運だっただけになる。

あの戦いは、帝国軍としてはラインハルトの伯爵家相続祝いのイベントで、撤退しても、
正面から強行して勝っても大した違いはない。
そしてラインハルトが欲したのは、今後の権力闘争に使える”華麗な””圧倒的な”勝利であり、
力に頼った無粋な勝利ではない。
そして無粋な、力押しの勝利では今後の派閥(元帥府)形成に役立たない、
むしろ”撤退を決断できる司令官”を選ぶだろう。

ゆえ、同盟が早期に集結しているならば、ラインハルトは撤退する。

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/16(木) 23:49:21
>>443>>445
いや、現実的には、何光秒も離れたところにいる敵艦隊を
しっかり捕捉できてしまうことの方がむしろあり得ない話だ。

同盟軍は確かに無能だが、接近に気付かなかったことが
無能なのではない。この場合、同盟軍に気付かせなかった
ラインハルトの方が鮮やだったと言うべきだろう。

>>448-450
>>462

時間差各個撃破が机上の空論であると言うならば、
バクチ的とは言え現実に成功させてしまったナポレオンは
一体何なのかとw

>>452
そんな最初から分かり切っていることを、今更言われてもな。
整合性のない所を何とか整合させてみるのが、このスレの役割では?

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 00:12:04
結局ラインハルトが天才で凄かったから可能なんだってんじゃ何も議論する余地無いよね

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 00:12:55
100倍でも万倍でも天才美形のラインハルトがひと睨みすれば、同盟軍は7族に渡って死滅する

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 00:12:57
>>472
>バクチ的とは言え現実に成功させてしまったナポレオンは
>一体何なのかとw
徹底した情報収集による敵情の把握と、それを元にした勝利への細い道を見つける戦術眼
そして何より、それを信じて行動できる揺るがない自信と信頼だろうな。
 理論レベルでどうこうできる話じゃないので、やはりナポレオンは天才戦術家で、英雄だった
からということだろうな。天才や英雄のマネは理論化できないので、常人はマネしちゃいけない
のだ。アスターテにおけるシュターデンの過ちはラインハルトの天才を理解できなかったことで
あって、彼が「理屈倒れ」だからではないw メルカッツやファーンハイトも説明を聞くまでは、
反対していたのだ。

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 00:16:16
そのキモい口調をやめろ
話はそれからだ

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 00:48:19
つまり最大の問題はだな、筆者が戦術の天才でないが故に金髪の天才振りを
うまく表現できずに、結果としてこのスレのように読者から突っ込まれまくるということだろ。
でも実はそれも筆者の計算のうちで、こんなところで理屈こねてるおまいらこそが
筆者の術中に嵌った、まるでシュターデン提督のようだぜ。

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 01:08:58
俺はうまく表現できてると思うよ
できてなかったら、銀河英雄伝説は売れもしない、おもしろくもないただの凡作で終わってるでしょ
どんな名作にも細かいとこをゴチャゴチャ指摘する人はいる
にちゃんにはそういった人は多い
こういったスレなら尚更だ

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 01:10:52
徹底した情報収集ってどうやってんの?
部下にあれやれって指示するだけでしょ?
口だけなら同盟も同じことやってんじゃないの?

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 01:25:54
銀英伝が売れたのは宇宙艦隊戦が見事だったからじゃ無いんじゃないの
俺自身は魅力的な登場人物達の人間模様が好きだったからだし

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 01:33:21
部下が動きやすいように明確な指示が出せるのが能力のある上司
ただあれやれこれやれと指示するだけじゃ部下は動けん

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 01:35:50
曖昧すぎるよ
要するに天才だから何でもあり
って言ってるだけか

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 02:40:57
>>428-431,454
要塞対要塞見ると回廊の外側って通常航行すら出来ない様子。
星の近くのワープ不能領域とかは通常航行は問題無いだろうから
それ以上に酷い状態のようだ。そんな空間が渦状腕の間を埋め尽くし
てるとはやばい世界だと思った。

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 03:02:15
>>483

危険宙域は、銀河中心の核恒星系ではないかと思われる。

少なくとも、渦状腕の間とか、そういうネタは、原作には出てこない。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 03:12:01
>>484
しかしバーラトはアルタイルから1万光年しか離れてないんじゃよな。
核恒星系を通り越すには近すぎるように思う。

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 03:13:41
>>402
>>408

帝国からの情報は、或る程度参考にはなっても、決定的なものじゃなかったと思うぞ。
例えば、「今回の遠征ではどこを狙ってどれくらいの兵力と予算が準備されている」とか、
「遠征部隊に属するA提督とB提督が仲が良い」とか、「C参謀は即決果断型だ」とか、
そういう情報が事前に手に入れば、極めて有益だろう。
だからって、必ず勝てる訳ではない。

そしてアッシュビーの真価は、ローザス曰く、
会戦時の戦術指揮の勘働きに有ったと言う。
こればかりは、事前に入手した内部情報など、直接は関係しない。
アッシュビーの天才故だ。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 03:15:31
>>485
>アルタイル

ハイネセンらが流刑されていた星系は、
地球の近くにあるそれとは、
同じ名前の別物と考えれば良い。

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 04:10:06
創元で外伝5巻まで読みました。
これで全部と考えていいのでしょうか?

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 05:26:59
バーミリオンは同盟の負けだね
王が取られた時点で


490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 07:08:14
帝国は2人組好きだよな
ラインハルト キルヒアイス
ミッタマイヤー ロイエンタール
ベルゲングリューン ビューロー
クナップシュタイン 裏切り君


491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 07:14:19
バイエルラインがロイエンタールに
手玉に取られるのが笑える


492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 07:20:11
グリルパルツァー君がメックリンガー先生に
怒られてるのが笑えた


493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 20:11:44
メックリンガーの「軍医殿!」が好き。
あの手のタイプが怒ると怖い。

メックリンガーって名前カッコイいいな。
「秘密戦隊メックリンガー」とか「スーパーロボ メックリンガー」みたいな感じ。

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 21:24:52
ビッテンに「このえせ詩人野郎!」とか言われてキレかけてた時が結構好きw

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 22:27:53
主要登場人物でキれたことがないキャラって、
キルヒアイス、オーベルシュタイン、アイゼナッハぐらいか。

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 22:41:19
>>495
キルヒアイスは白銀の谷とか汚名とかでキレてる


497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 22:42:18
>キルヒアイス

「汚名」では、怒っていた。

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 22:43:02
キルヒアイスってアンネローゼの悪口言われてキレたことなかったっけ

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 22:43:34
「黄金の翼でだな」

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/17(金) 23:33:04
>>484-485,487
バルジが危険領域でディスク全体が航行可能だと容易に迂回されそうに思える。
渦状腕に沿った危険領域の場合は銀河面から相当離れたところまで危険領域に
なってるのかねー

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 00:33:29
迂回は可能でも、割りに合わないのだろう。

>渦状腕に沿った危険領域の場合は銀河面から相当離れたところまで危険領域に

原作での危険領域は、「赤色巨星、変光星、重力異常地帯が密集している」 とある。
それを無視した考察をしてはいかん。

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 00:37:08
尚、イゼルローン日記で、ユリアンが、
帝国と同盟の間の交通について、
確か、回廊を通らないなら、
銀河の外側を迂回するしかないとか書いていたっけか。
このことからも、迂回は原則不可能ではない。

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 01:27:11
ただ、バルジの場合1万光年が円周に沿って1万5千光年になりそうだけど
地球から2万光年以上はなれたバルジまで普通に行き来してるのにそれを
問題にするかなとも思った。
バルジの場合、銀河の外側に出る必要は無いように思われる。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 03:01:49
帝国人って全員ドイツ語喋ってるの?

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 06:54:37
第三の回廊も探せばあるかもしれんね。
同盟は結局帝国とフェザーンの妨害で見つけられなかったが。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 07:04:18
そうなると、探検家提督の死が惜しまれるな
生きていれば、グリルパルツァー回廊も夢じゃなかったのに…

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 07:50:25
実際、第3の回廊が発見されたとしても、軍が通過できるだけの規模があるかとか、
途中に補給拠点を作らなきゃいけないとかの問題があるから先は長いな

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 09:04:10
斧ばっかりでなくて、剣やハンマー、投げ槍や弓・ボウガンも使えばいいのに。

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 10:31:18
>>504
ドイツ語のような謎の言葉。
一説には、日本語を話しているとも……

>>508
 いくら古臭い野戦じみた戦争しているからと言って、歩兵がガチやるのが主ではないだ
から。
 ナイフ、ボウガンは使っている。いろいろ使って生き残ったのが斧なんだろう。
 突き詰めれば、斧だろうと槍だろうと本質的には大差ない(要はぶん殴ってダメージ与え
られれば何でもいい。WWTの塹壕戦で最強の武器はスコップだった)。重さ、刃による斬
撃の具合、使い勝手などを総合したら、斧だったんだろう。
 

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/18(土) 21:53:13
>>484
それを言ったら、核恒星系とか、そういうネタも、原作には出てこないぞ。

>>487
仮にそうだとしても、核恒星系自体が直径1万光年あるから、やはり無理がある。
バーラト星系がイゼルローン回廊の出口のすぐ傍にあるなら話は別だが。

>>501
>迂回は可能でも、割りに合わないのだろう。
逆だろう。仮に危険領域が核恒星系だとしても、危険な核恒星系を突っ切るよりも、
航路が1.5倍であっても安全なディスク領域を迂回した方がはるかに割に合うと思う。

>原作での危険領域は、「赤色巨星、変光星、重力異常地帯が密集している」 とある。
>それを無視した考察をしてはいかん。
それを言ったら、核恒星系も、「赤色巨星、変光星、重力異常地帯が密集している」
領域などでは全然ないのだが。

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 01:58:09
>>510
>出てこない

「赤色巨星(中略)密集地帯」とは出てくる。
それに該当するのは、核恒星系しか無い。
他に有るなら、現在、現実に、地球から観測出来ている。

>核恒星系自体が直径1万光年あるから、

回廊は、核恒星系の中心からずれている、
核恒星系の直径より短いルートと想定すれば良い。

>逆だろう。

「制宙権」、な。
単に、通行出来れば良いというものではないのだ。
迂回航路全域を戦場にしだしたら、その制宙権確保の為に、莫大な予算が要る。
そんな事を始めたら、帝国も同盟も、多分、破産する。

よしんば、迂回航路が踏破に数年は必要な規模であろうとも、
割に合うならするだろう。

>核恒星系

1立方光年に恒星が100万と聞いたがなあ。
まあ、銀河腕の間に、怪しげな架空設定をでっちあげるような、
屋上屋を重ねる様な行為よりはマシじゃないかね。

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 02:55:34
>>511
>屋上屋を重ねる様な行為よりはマシじゃないかね
 我々の銀河と違う、『銀英伝』銀河と考える方がすべての問題も解決できて、もっとマシ。

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 07:57:12
揚げ足の取り合いと煽り合いはやめようや。


514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 08:10:07
キルヒアイスが生きていれば
帝国の銀河統一は出来なかったというか
やらなかった


515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 10:07:47
そのかわりヤンは負けていたかもしれない

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 10:09:13
>514
その場合どう歴史が変わるかね?
「銀河を手に〜」がなかった場合、門閥貴族を始末&皇帝崩御したところで
ラインハルトの生きる目標が失われ燃え尽き症候群に陥る気がする。

一部の武官は同盟攻略を進言するだろうが、王朝の基盤を固めたいオーベルシュタインや
”狡兎死して走狗烹らる”とはなりたくないロイエンタール、穏健派のミッターマイヤー、キルヒアイス
そしてアンネローゼが押しとどめる。

さてどうなるか?

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 11:02:18
>>516
>ラインハルトの生きる目標が失われ燃え尽き症候群に陥る気がする。
 ゴ王朝ぶっ倒す目標だけしかなかったわけでもないんだし、とりあえず帝国内の改革の
推進という大仕事に邁進するだろう。
 対同盟は、外からの要因に左右されるんじゃないかな? ラインハルトに統一させて、それ
を裏から乗っ取るという地球教&フェザーンの陰謀はキルヒアイスの生死には直接関係ないし。




518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 11:11:29

ラインハルトの嫁さんもヤンの嫁さんも、
両方とも「頭が良くて美人」ということになってますが、
もしも、どちらかの嫁さんがブサイクだったら、
帝国と同盟の間で「オマエの嫁さんブサイクwww」のような挑発の通信が飛び交うのでしょうか?

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 13:53:30
>>516
いや同盟侵攻はするでしょ、皇帝を利用しないから時期は遅れるかもしれんが
それに、義賊、双璧、疾風、アンネはとめないでしょ
義眼は二度あった同盟侵攻を煽ってたし、双璧もとくにとめていない
あとアンネは金髪のやる事に干渉しないでしょ

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 14:08:53
赤毛は止めるでしょ
意味ないし

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 15:03:51
しかし、外伝読んでると、フェザーン経由で同盟に侵攻する構想を
ラインハルトは相当早い段階から持ってたと思うんだが。
キルヒアイスも直接話していないにしても、大体察知していても
不思議はない。

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 15:35:02
>>520
安全保障的には、意味がないこともない。
 イゼルローン獲られて、回廊出口付近はいつまた同盟の侵攻があるかわからない、
治安状況は悪化していると言っていい状況だ。一度は撃退したし、同盟の現状から
当分はちょっかい出してこないだろうが潜在的脅威には変わりない。
 これを改善するには究極、要塞を取り返すか、いっそ同盟を滅ぼすかの二択になる。
不可侵条約でも結んで……という選択もないわけじゃないが、同盟政府次第だし、
そこまで同盟を信用できないから時間が掛かる。あくまで「将来の課題」程度の話(まず
要塞返してもらってから)。
 半端な戦力でグダグダ要塞の取り合いの愚を犯すことはないし、フェザーン回廊通過の
構想があるなら、それで電撃侵攻の方がまだ得るものが大きい。


523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 15:54:02
ラ「俺は宇宙を手に入れることができると思うか?」

キ「ラインハルト様以外の何者に、それができましょうか」

みたいな会話してるし、キルヒもとめないんじゃ?

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 15:57:01
キ「まさか、本気だったとは……」

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 16:02:28
むしろ、フリードリヒ4世が長生きして、
ラインハルトがぬっ殺そうとしたらどうなったのかは興味深いな。
多分アンネローゼは知ってれば止めたろうし、
アンネローゼの知らないところで、日ごろ言ってたように、
惨たらしく殺したりして、そのころを後でアンネローゼが知ったりしたら、
姉弟間に拭い難いわだかまりが生まれたろう。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 16:11:21
王莽が前漢の帝位を簒奪しようとしたとき、
王莽の伯母で、前漢の平帝の皇后だった王政君は、
激怒して止めようとしたらしいし、
あるいはそういうことになるかもしれない。


527 :526:2009/07/19(日) 16:18:01
平帝じゃないや、元帝だった・・・。

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 16:21:08
>>525
仮にも皇帝陛下たるお方だから、自殺をすすめるだろう
もしくはオーベルシュタインがいい始末の仕方を考えてくれるはず
惨たらしく殺す事は多分しない、権威に傷がつくからね


529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 16:37:27
>>528
幼帝誘拐の件の時もそうだったけど、
ラインハルトのそういうクレバーさって、
あくまでもアンネローゼが絡まないとき限定じゃね?


530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 16:53:08
キルヒアイスって将来的には金髪の姉ちゃんと結婚したかったの?

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 17:04:27
どれほどのリアリティで、かは別として考えないわけがないだろう。
 でも、まず口にしないだろうな。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 17:36:16
>>529
オフレッサーの時もそうだったけど、一旦激情に駆られても何だかんだで自分を取り戻す人だから
それに、皇帝を屈服をさせた後、まだラインハルトが皇帝に関心を持っているかどうか…

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 18:55:00
>>511
>「赤色巨星(中略)密集地帯」とは出てくる。
>それに該当するのは、核恒星系しか無い。
だから、核恒星系は「赤色巨星(中略)密集地帯」などでは全然ないんだってば。

>他に有るなら、現在、現実に、地球から観測出来ている。
結論から言うと、天の川銀河の我々が観測出来る範囲に、「赤色巨星(中略)密集地帯」
に該当する領域は存在しない。渦状腕の間も然り、核恒星系も然り。

>回廊は、核恒星系の中心からずれている、
>核恒星系の直径より短いルートと想定すれば良い。
すると、核恒星系を突っ切る経路と迂回する経路の長さの差がますます小さくなる。
なぜ、ハイネセン一行は、長さはそう変わらないのに危険な経路をわざわざ選んだのだ?

>迂回航路全域を戦場にしだしたら、その制宙権確保の為に、莫大な予算が要る。
回廊は核恒星系の中心からずれているのだろ。なら、回廊と迂回路とで長さはあまり変わらない。
従って、回廊の制宙権を確保するのも迂回路の制宙権を確保するのも、予算はほぼ同じ筈だが。

>そんな事を始めたら、帝国も同盟も、多分、破産する。
ならば、とっくに両国とも破産していることになるが。

>1立方光年に恒星が100万と聞いたがなあ。
その通りだが、1立方光年に普通の恒星が100万密集しているのであって、
赤色巨星、変光星、重力異常地帯が密集しているわけでは全然ないのだが。

>まあ、銀河腕の間に、怪しげな架空設定をでっちあげるような、
それを言ったら、普通の恒星が密集しているのを、赤色巨星、変光星、重力異常地帯が
密集していることにしてしまうのも、架空設定をでっちあげていることになるのでは?

>屋上屋を重ねる様な行為よりはマシじゃないかね。
屋上屋を重ねる様な行為とは、核恒星系自体が直径1万光年あると指摘されて、
回廊は核恒星系の中心からずれているという俺設定を作り出す行為のことだろう。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 18:56:59
>>532
あの皇帝がその状況でどう振舞うかも興味深い。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 19:34:53
>>533
もう誰も気にしてないし誰もこんな長文読まないと思うよ 

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 19:41:15
>>533
無駄、無駄、無駄w
このスレにしばらくいればわかるけど核恒星系がどうのという人には
何を言っても通じない

個人的には真ん中に山脈があって大雑把に言えば二つの領域に別れている
どっかの島があって、行き来できるのは2箇所の峠のみって恣意的な
地形を宇宙に持っていっただけってことだと思うから
現実の銀河に当てはめることそのものが無意味だと思うけどね

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 19:45:56
>>534
 「何もしない」んじゃないかな、究極のニヒリストだし。
 ラインハルトが自殺を強要すれば自殺するだろうし、隠棲を強要すればバラの手入れで一生を終えるだろう。
 お家再興みたいな動きは間違えてもしない、と思う。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 19:54:59
銀河系の構造についてのちょっとばかりのまもとな知識があって、
銀河を二分しての戦争を科学的に破綻がないように、
なんて考え始めたら、いろんなことで行き詰って、お手上げになるのがオチ。
理科年表とにらめっこしてるだけじゃ小説は書けない。
(自分を含め、SF作家になることを夢想した大勢の若者が、
 こういうことで大勢挫折してるだろう。)
銀英伝は、もう、そういう面倒くさいことには全部目をつぶってガーッと書いちゃった
度胸と思い切りの勝利だろう。

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 20:08:49
書いちゃったもの勝ちってことだろな。
若干スレチになるが、
SFにおける科学的考証ってのは、作家が描きたいおおよそのイメージがまずあって
それに肉付けしていく感じのほうが建設的なのかもな。
正しさよりももっともらしさが大事なのだろう。
スタトレにしても、航空宇宙軍にしても、ガンダムにしてもそれぞれのおおよそのイメージがあって、
いい感じで沢山のもっともらしい架空設定を作って面白さを出している。
銀英にもそういう方向性でのファンが勝手に作った膨大な設定集や科学風研究があると楽しそうだ。

誰とは言わないが、某氏のごとき嘲笑を目的とした「正しい」科学的考証など、下種以外の何者でもないだろう。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 20:15:58
>>539
>銀英にもそういう方向性でのファンが勝手に作った膨大な設定集や科学風研究があると楽しそうだ
30年かけて今の状態だからね・・・
哄笑するつもりはないが、さすがに基礎がもろかったかと

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 20:24:09
>>539
>SFにおける科学的考証ってのは、作家が描きたいおおよそのイメージがまずあって
>それに肉付けしていく感じのほうが建設的なのかもな。
そらSFに限らず、全部同じ。
 根本のイマジネーションがすべててあって、考証はそれをちっとばかしもっともらしく
する「担保」にすぎん。考証が完璧でもイマジネーションがつまんなければ、それは
駄作。
 まあ、ただSFは本来「ファンタジーの中で合理的説明のつく世界観の物語ジャンル
であるミステリーの、さらにその中の近代科学的思考、データに基づいた世界観の
物語」って代物だから、スタートからその当時確立している-そこから推測可能な科学
知識的・論理的に正しくあるべき―とは言える。

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 20:24:41
同じ銀河とは限らず別の銀河の別の地球の未来の話と考えれば。


543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 20:25:56
 銀英伝銀河でいいよもう

544 :533:2009/07/19(日) 20:27:38
なるほど。
皆の言う通り、533に何を言っても無駄なのかもしれないなあ。
厳密に科学交渉するとどんな説も破綻するのは確かだし。

ただ、ならばなおのこと、スケール的にも矛盾が生じる核恒星系説は
真っ先に却下されるべきなのに、ドサクサでFAQにまで載っている、
というこの状況はどうかと思って、つい拘ってしまった。

545 :533:2009/07/19(日) 20:31:44
自分を否定してどうするんだ、俺 orz
>>544は、511に何を言っても無駄、のつもりだった。

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 20:32:52
>>533
卿の進言は正しくはある。

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 20:34:06
>誰とは言わないが、某氏のごとき嘲笑を目的とした「正しい」科学的考証など、下種以外の何者でもないだろう。

「アレ」に関しては、、
嘲笑ととらえるか、別の意味を見出すかが、楽しめるかどうかの境目だろうな。
むしろ「下種」なのは、あれを「嘲笑」と解釈することのほうかもよ。

「怪しい伝説」みたいに、「実際にやってみたらどうなるか」を試してみたくなるのも
人情ってものだろう。




548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 20:38:58
>>8のFAQの内容を再考しようという話なら、スレとしても建設的な話なんじゃないかな。

とりあえず原作の記述と、
現在分かっている事実と研究されてる仮説とを列挙して、
推敲していくのが良さそうに思える。


549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 21:03:02
>>548
でもそれはかなり難しい話だぞ
まずは最低限イゼルローン回廊の長さをある程度までは限定しないと
各人の思い込み以外に根拠になるもんがないし

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 22:13:15
戦艦とかの速度は↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314848233?fr=rcmd_chie_detail
にもあるように光速の1%〜1割程度の場合が多いように思える。
ま、あまり光速ギリギリまでやると加速も減速も大変だし
ウラシマ効果とかややこしそうだし。
ボイジャーやらパイオニアの100倍から1000倍てなもんだろか。

通常航行でさえ航行不能な領域があるようだがあるいはこの
速度ゆえに障害のある領域が多い、と解釈出来なくも無い、かな?

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 22:20:28
最近読み終わったんだけどなんでみんな「雷神のハンマー」のことを「トールハンマー」って呼ぶの?
原作通りだと「雷神のハンマー」か「トゥールのハンマー」じゃないの?

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 22:26:34
とりあえず現在考えられている銀河では1光年内に数多の恒星があるような領域は
中心部の数百〜数十光年程度らしいからのう。さてどうすりあわすか。
そういう意味ではアニメ版もよく考えられているような気がする。
http://astrodate.bufsiz.jp/ginga.htm


553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 22:34:22
>>551
アニメで「トールハンマー」と発音してたのでそれに従っている人が多いのでは?

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 22:53:10
作中の艦船のエンジンって何? 核融合炉?

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/19(日) 23:24:01
>551
・変換が面倒くさい
・北欧神話の雷神はトールが定訳になっているので、そっちの方が慣れている。

>552
べつにいいじじゃん。
宇宙戦艦ヤマトだってデスラー機雷原を迂回できなかったんだし
銀英伝宇宙も宇宙艦は「銀河海面(cゼネプロ)」から離脱できないんだよ。
それが証拠に中の人も(w

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 01:09:32
>>554
ガソリンだった気がする

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 01:52:50
>>551
 トールの持つハンマーだから、トール・ハンマーでいいだろ。
 トールのハンマーの名称は「ムジョルニア」(ミョルニル)だから、本来ならそう呼ぶべき(草
薙之剣をスサノオソードと呼ぶようなノリだな)。
 
>>554
動力源は核融合炉。
 推進機関は通常とワープ機関があるが、通常機関は謎。まあ、核融合パルス推進辺りの
進化版だろう。


558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 02:15:46
キルヒアイスが生きていれば
バーミリオンで ヤン VS キルヒアイスが実現していたのか

ラインハルトが若くして亡くなったのって
キルヒアイスが亡くなったから
自分の半身がなくなって
寿命が半分になったとも取れるのか


559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 02:18:10
確かにヤンよりラインハルトの方が運がいいな
普通だったらバーミリオンで死んでいたのか


560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 03:14:35
>>557
>トールの持つハンマーだから、トール・ハンマーでいいだろ。
もしかして原作読んだことがない人?


561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 05:55:00
それは原作関係ない

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 06:54:42
トールハンマー(Thor's Hammer)

1.北欧神話に登場する神、トールの持つ武器、雷鎚ミョルニルの英語名。

2.田中芳樹の小説『銀河英雄伝説』に登場する架空の兵器、イゼルローン要塞の要塞主砲の名前。
  「雷神の鎚」、「トゥールハンマー」と表記・呼称されることもある。1が語原。
  なお「トール」表記が原語音に近く「トゥール」表記は明らかに間違い。
  ただしスウェーデン語はやや「トゥール」に近い(ハンマーはhammareとなる)。


ウィキペディアにはこう書いてるな。



563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 08:15:58
どっちにしたって原語を正確にカナ表記できてるわけじゃないのに
「明らかに間違い」とか、痛い奴が書いてるな。
作者がそう書いているんだから作中では「トゥール」が正式で、
俺らは現代日本語に引きずられて「トール」になっているだけなのに。

「間違い」というならあそこだけ英語名称になっている事に突っ込むべきだな。
帝国内でヘブンやゼウスではなくヴァルハラやオーディンという単語が使われているなら、
当然要塞砲はトールハンマーではなくミョルニルでなければ統一性に欠ける。

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 08:46:10
いま、キケロなんて読み方の人間はいないと騒いでもしかたがない。
ある銀河の歴史用語をある作家が記述した時に「雷神のハンマー」あるいは「トゥールのハンマー」と記述した。
それをアニメ化する時に単純化して「トール・ハンマー」と書いた。
それを後世だか過去だかの、人の文章を見て重箱を突っつきたくなる人が何を言っても、歴史が変わる訳じゃなかろう。


565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 08:54:22
>>563
気に入らないなら削除するなり訂正するなりすればいいべ。あそこはそういうとこなんだから。
自分が知らないだけなのに「出典出せ」とか騒いでる馬鹿も多いけどな

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 08:56:46
宇宙戦艦の乗組員はなぜ宇宙服を着ないのだろう。
あんな当たればすぐ沈む船に乗っているのに…

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 10:05:27
現代の軍艦の乗組員だって、あたればすぐ沈む船に乗ってるけど、
救命胴着とか着てないじゃん。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 10:17:05
いや、宇宙戦艦じゃあ被弾で穴が開いただけでもその近辺の奴らは宇宙服必須だぜ。

普通の戦艦なら海に放り出されたとしても後で拾えばいいが。

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 10:21:09
アスターテの時のパトロクロス艦橋描写で「宇宙服着用云々」書いてたな。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 10:28:58
外伝に作業用宇宙服が出てきたが、ずんぐりしてて動きにくそうだった。
船内では作業がしにくいので脱いでるんじゃないか?
それから誰が誰かわかるためのアニメ的な事情もあるだろう。
装甲服の顔のハッチをわざわざあけて顔を露出させながら戦闘するのだって、
アニメ的な事情でしょう。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 14:13:08
なんか銀英伝みたいなSF小説て他にある?
星界はキャラクター小説みたいだし、銀英ぽかったのは戦旗の4巻だけで満足出来なかった

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 14:23:42
銀英伝もSF小説一般のなかにおいて考えると
完全にキャラクター小説だと思うけど。
宇宙艦隊が本格的にドンパチやる SF って意外に少ないんだよな。
銀河スケールSFの元祖ともいうべきファウンデーションでは、
そういう要素ほとんどないし。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 14:28:51
宇宙艦隊のドンパチもそうだけど、宇宙規模の戦争で
戦略や政治も扱ってるSF小説て他にないのかなと。
ラノベなんかじゃガンダム的な戦闘機パイロットに焦点当てたSFはよくあるけど
銀英ちっくなのは殆ど見ないし

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 14:47:03
ファウンデーションは元々心理歴史学で第二銀河帝国を作り上げて行くもので武力頼み
な方策は極力回避されるからな。

とんでも戦略&とんでも政治なら週刊ペリーロー団が...

しかし銀英伝みたいに宇宙空間の活動領域自体が制限喰らってるのは見た記憶が無い。
よく知らないがスタートレックのガンマ宇宙域とかなんとかいうのが類似だろうか。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 15:18:12
>>569
銀英伝での宇宙服は普段着として使えるレベルの代物でないから
宇宙に放り出されるリスクとの兼ね合いで選択が決まるんだろうな

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 15:40:48
>>574
谷甲州の航空宇宙軍史だと超光速航行の手法が超光速空間流に依存したものなので
空間流が戦略的に重要となって空間流の近傍での戦闘がメインになるという設定だな。
あと推進剤の補給が必要で重要な宙域が限られるとか。

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 15:49:45
>>571
近いといえばオナーハリントンシリーズかねえ、艦隊規模ははるかに小さいが。
「彷徨える艦隊」も近いといえば近いかな
どっちも海洋冒険小説の流れを汲んでいるんで、あまり期待しないほうがいいとは思う

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 15:53:18
スタートレックは基本単艦活動なので
銀英伝みたいな大規模艦隊戦は期待できない

わざわざ通行不可宙域を設定しなくとも
補給の関係や経路の安全性で
宇宙の海と言えど事実上の道が決まるのは不自然じゃないよな

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 16:01:45
スタートレックでもディープスペース9のシリーズは、
いくつかの大国間の政治的駆け引きに、紛争仲裁、テロに諜報に裏切りに艦隊戦と
>>571の要望にこたえきれそうだが。
小説もあるが、テレビドラマが基本だからスレチだが・・・


580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 16:53:51
ランズベルクとシューマッハのコンビなんか良いよな
この二人のその後の話もあっても良かったよな


581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 17:08:04
ランズベルク伯はちょっとかわいそうだったな
自業自得なんだけど
髪型がそっくりなフレーゲルとは違って、騎士道精神のある男だったし

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 17:37:52
あそこまでされなきゃいけないほど酷いことはしてないよなあ。
ブラウン、リッテン、フレーゲル他は救いようのない屑ばっかだけど

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 17:44:24
帝国正統政府が崩壊したとき本気で幼帝の心配をしてたのは、
コイツを除くとメルカッツだけ。

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 17:51:41
ラインハルトもランズベルク伯の人格だけは認めてなかったっけ?
それともヒルダだったかな

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 17:58:07
>>574
スタートレックのは、単に便宜上区切っているだけ。間に障害とかはない。

 その代わり、もはやほとんど出てこない設定だが、銀河系外縁部にはグレートウォールと
いう突破不能なバリアがあったり、銀河系中心部も封印されたようにバリアがあって進入
不可となっていた(前者は『宇宙大作戦』初期に一度出てきた。後者は映画5のネタ)。

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 18:06:29
金髪のことを「儒子」呼ばわりせず「ローエングラム候」って呼んでたよな。
腐ったやつばかりの貴族の中では奇跡的ないい人だとは思う。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 18:18:25
>>586
 いい人をどう定義しているのか……むしろ、バカ正直なだけだと思うが。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 18:53:28
いい人ではあるな、夢見がちというか夢の中で生きた人なんだろうが
すくなくともひねた見かたをする必要はないな

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 19:01:29
>>588
つ 厨二病
この手の患者はひねくれたみかたしかできないんですよ

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 19:14:14
平民のシューマッハ大佐に高圧的な態度をとらなかっただけでも、他の貴族とは一線を画してるのがわかる
私利私欲で動いてないのも好感が持てる
でもフェザーン人には俺の高尚な文学は理解できんって言った時は、この人も帝国貴族なんだなと思ったが

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 19:47:25
貴族というよりナイーブなアマチュア作家という感じ
身分は関係なさそう

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 20:09:49
>>577
とりあえずアマゾンでレビュー見たりしたけど、2つとも面白そう。
教えてくれてありがとう

>>879
スタートレックは見たことないんだけど、そういう話があるならチェックしてみるわ

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 20:29:11
>>939
なにをいう、ED見て気が付かんのか。おっぱい麻雀だ

さすがに今回はチートイツとスーアンコウしか役を知らない
おれには俺には難易度高すぎたぜ・・・

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 20:30:18
ごめん、誤爆した・・・

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 20:37:09
銀英好きで脱衣麻雀好きなのか…

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 20:37:39
最前線で自陣におっぱい麻雀の誤爆


二階級特進!

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 22:27:05
ファンデーションってSFの大作とかよく聞くよね
でもさ、心理歴史学?ってピンとこないんだよねぇ
人間の行動なんてある程度予測はつくかもしれないけど性格には無理だし
それに科学の発展まで考慮に入れないと未来なんて分かんないでしょ?
未来技術なんてSF作家にもわからないじゃん

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 22:28:26
>>585
そんなネタあったっけ?
でそのグレートウォールと中心部のバリアは誰が作ったんだ?

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 22:31:33
>>597
んだもんで「ファウンデーションの彼方に」の頃には結構破綻しかかってたけどな。
常に調整役としての第二ファウンデーション(とガイアもいたが)が裏で働いてる。
その時々に応じて微調整を行なう訳で。

最初はそういうの無しで勝手にちゃんと機能する設定みたいだったけど。

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/20(月) 22:38:31
たしかファウンデーションっの世界の異星人がいないのって歴史修正組織が異星人を消しまくったせいだっけ?
その修正組織の話ってラストどうなったの?その組織は潰されちゃったのか?

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 00:40:07
>>598
謎。
 グレートウォールは天然かも知れない。ただそれを越えて銀河の外には出られないって設定。
 銀河中心のバリアについては映画を観れ。

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 14:32:14
グレートウォールって設定は忘れられてる設定じゃないのか?でなきゃハゲ艦長の艦が激しく飛ばされることないしw

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 15:06:11
>>602
だから、最初に「ほとんど忘れらている」と。
 それにあれはQがやったことだからね。何でもありw

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 15:37:18
しかしQと時間協定つくって全時代を管理してる頃の人類ってどっちが強いんだろうな
いつの時代にも行けるのならQがまだ未発達の時代に行って歴史から消滅させられないのかな?

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 15:50:26
銀英伝の話をしろ

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 16:38:27
よくよく考えてみると、
フェザーンとファウンデーションって似てるような気がしないでもないな。


607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 18:34:50
フェザーンは、地球教が銀河帝国再生のカギとして用意した第一ファウンデーション

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 19:41:08
フォークがクーデター時にクブルスリー撃ったけど
あれって計画通りなのかな?
フォークが納得すると思えないんだけど。

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 19:45:01
>>608
多分、グリーンヒル大将が暗示をかけたんだと思う
ドベリエ大司教みたく

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 19:56:09
>>608
2巻P98-99(徳間文庫版)

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 20:03:10
そこまでするならちゃんと書いてやれよww
底意地の悪い奴だなw

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 20:16:25
憶測や理屈付け、果ては妄想が必要な回答ならともかく
「事実」だけの話なら参照ページ出してもらったほうが
たしかじゃないか
たとえば>>608氏の回答だって実際の文章読まないと
「思う」といった「意味が」わからないだろう

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 20:22:39
>>608
んー、俺はフォークの暴走かな?と思うよ。
自分は軍トップの器がある=自分を復帰させない=利敵行為ってとこか。
まあ、厳しい事を言われてキレただけかもだが。

614 :613:2009/07/21(火) 20:28:58
リロードしてなかった
原作が手元にないのだが、俺もしかして変な事いっちまったかな

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 22:02:08
暗殺する目的で近づいたがクブルスリーに適当にあしらわれてその場で暴発した
結果暗殺するのは失敗したが軍を機能不全に持ち込むのは成功した
だから>>613の見解は間違っていないと思うよ

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 22:17:25
結果だけ見るとフォークが一番利敵行為をしてるんだよな。


617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 22:47:01
フォークが居なければラインハルトの覇業は相当滞っただろうな。


618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 23:36:54
自分が一番 フォークだもの

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/21(火) 23:41:34
ただ、フォーク一人で同盟が壊滅したというなら、遅かれ早かれだな。


620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 00:04:17
無謀な帝国領侵攻作戦の評議会ルート使ったゴリ押し
クーデター派に乗せられクブルスリー暗殺(未遂)
地球教に利用されヤン暗殺の捨て駒

同盟派からすれば殺しても飽き足らない馬鹿野郎だな

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 00:35:37
担当声優すら、一番嫌いなキャラとして名前をあげるだけのことはあるなw

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 02:50:23
>>613-614
表面的には間違ってはいないけど
「へっへっへ、うまくいったぜ。フォークには暗示をかけてあるから
捜査当局も>>613みたいに騙されてくれるだろう」
みたいな会話が書いてあるからねえ


623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 02:56:19
実際の史実で、敵国に対する陰謀工作があんなにうまく行ったケースって、
明石工作とか、第二次世界大戦前の赤軍大粛清ぐらいかな。
・・・どっちも対ロシアだな。

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 03:14:11
結局何が言いんだよ!

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 09:07:50
ただの知識自慢だな
褒めてやればいいんじゃないか?

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 09:31:07
許すがよい

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 09:35:44
なるほど

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 12:03:06
明石工作って実際のところどうだったんだろうねぇ
宣伝効果だけじゃないの?

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 13:31:29
漫画版、ビュコックに詰られたときの
「何故誰も彼も私の邪魔をする!私が功績を立てるのがそんなに妬ましいか!」
って心の声がフォークの精神の幼稚さをうまく表現してたと思う。

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 15:26:07
フォークほど露骨にみんなに迷惑かける奴も珍しいよな

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 15:27:57
優等生だったのにねえ

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 15:36:46
学校の勉強だけは出来るタイプってやつだね
あと先生に媚びるのが上手い

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 23:18:06
帝国の平民に生まれて苦労してたら
まともでそこそこ有能な人間になれたかもな

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/22(水) 23:57:47
フォークは勉強だけ出来る単純な優等生タイプじゃないな。

上に媚びて上手く取り入る事の出来る世渡り上手な一面もある。
だからこそ昇進できたのだろう。あの失敗がなければもっと昇進したことと思う。
現実の大手企業の社長にもいるタイプじゃないかと。

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 01:04:09
さいですか

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 01:26:14
そもそも「上」とやらはフォークの何がそんなによかったのか。
財閥の出とかってわけでもなく、軍需産業にコネがあるわけでもなく、姉がトリューニヒトの妾というわけでもない。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 01:43:45
確か士官学校主席卒業だろう。

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 02:01:42
ヤンに匹敵する、ような気がした、そしてもちょっと従順なような気がした…?
同盟史には何人も軍事的英雄が居るし自陣営に英雄は欲しいか。
当てが外れる可能性は考えたかもしれんがまさかここまで
エラい事になるとは、てなもん?

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 02:11:17
>636
作中でも述べられているが、軍ってのは官僚組織でもあるので
士官学校首席卒業を、東大法学部首席に置き換えてみればいい。

フォークのモデルの一人に旧陸軍の辻正信がいると思うが
この人も炭焼きの三男から首席卒業を足がかりに大差にまで昇進している

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 02:26:45
>>629
似たようなセリフ、ホーランドも言ってたな。
こっちは口に出して。

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 03:17:33
同盟軍の双璧だから考え方も似てるんだろ

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 06:11:21
皮肉じゃなく真面目な意味で同盟の双璧というと、
ユースフとリンじゃやないの?

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 10:19:23
>フォーク

ナルホド曰く、「するべき事が明確な場合は優秀だった」との事だった。
平時かそれに準ずる状況などでは、完璧に近い切れ者であったのだろう。
外伝でも、要塞攻略で、それなりに活躍している。

仮にヤンの部下であったなら、
ムライやフレデリカやキャゼルヌの事務系の仕事か、
或いはフィッシャーの艦隊運用業務の補佐でもさせておけば、
申し分無く優秀であったのでないか。

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 11:51:55
ヤンに対する異常な嫉妬と対抗心からして下で働くなんて耐えられないだろうよ。
組織を潰すだけ。

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 13:01:10
>>643
過大評価しすぎだ


646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 14:47:48
ヤンの足をわざと引っ張るに同意
そういう根性の曲がりが無ければ惜しい才能

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 15:32:02
どこが惜しいんだか
作中の実績なんて、皆無に等しいのに
トリューニヒトやホーランドの方がまだ惜しい人材だわ

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 15:39:03
あの若さでそこそこ出世してるんだから
まるきり無能ではないはず

トリューニヒトはいらん

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 16:06:38
ああいうキャラクターは発想が極端だから、
なんらかのきっかけでツンデレ的転回を起こして、
ヤンを崇拝するようになる可能性もあるような気はする。
ヤンは迷惑だろうが。


650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 18:19:18
准将になるまでにフォークがどんな手柄立てたのか
知りたいわ。 意外と名艦長だったりしたのか?

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 18:40:01
ヤンも艦長は経験してないし。参謀畑を中心に昇進したと思う。
艦隊勤務と中央と行ったり来たりじゃなかろうか。

エリートコースだからヤンよりは陽のあたる部署ばかりだろうが。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 18:49:50
私的なルートで出世したんだろう

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 19:39:15
典型的な「勉強は出来るが頭が悪い」だろ>フォーク
>>648
トリューニヒトの方がよっぽど優秀だよ
より有害な存在でもあるが

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 19:42:42
地球教協賛、トリューニヒト懇意の軍事系メディア主催の
弁論大会なり論文誌で優秀な発表を行ったとかじゃないのか?

あんなにストレスに弱い癲癇気質でまともに軍事作戦を積み重ねて来たとは思えない。

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 19:48:37
早い段階でロボスの目に止まって派閥入りしたんだろうな。
「特定の人物を優遇する」きらいがあったそうだしロボス。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 19:53:45
とはいっても最前線にもいたし調子がいい時は癇癪は出ないのがああいう病気じゃないのか。
追い詰められた時は弱いということだろう。
一流大学出て大手企業に入社して社内で順当に出世してトップに立ったはいいが
会社の不祥事に記者会見で癇癪起こして暴言するどこかの社長みたいなものかもしれない。

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 19:59:02
はぁ

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 20:21:31
試練や挫折を知らない人間てのはそういう部分で脆い場合があるな。
もっとも挫折しすぎて負け根性がしみついた人間も使えないわけだが。

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 20:21:54
こんな幼稚な精神のやつが准将になって宇宙艦隊司令長官のお気に入り参謀だったって時点で
同盟の命運は尽きてたのかもな…

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 20:31:46
要するに、同盟は命数を使い果たしたのです。
政治家は権力をもてあそび、軍人はアムリッツァに見られるように
投機的な冒険にのめりこんだ。民主主義を口にとなえながら、
それを維持する努力を怠った。
いや、市民すら、政治を一部の政治業者にゆだね、
それに参加しようとしなかった。
専制政治が倒れるのは君主と重臣の罪だが、
民主政治が倒れるのは全市民の責任だ。



ほんと重い言葉だよな。

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 20:35:57
今の日本と重ねると笑えないな。
違うのは軍人(あえてそう言わせてもらう)がいまだに少々肩身が狭いことだけ。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 20:44:41
今の日本の場合、「軍人」のところには「マスコミ」が入るだろうな。

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 20:52:49
俺なら「マスコミ」じゃなくて「経団連」を入れるかな。

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 21:05:51
そんな重い言葉を「演説はそれで終わりかね」と他人事のように返すトリューニヒトに
初めて読んだ時は怒りと恐怖を覚えたもんだ。

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 21:16:41
何かこの流れワロスww

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 21:22:02
トリューニヒトが友愛を語り
同盟滅亡のあとひとりで隣国の帝国に逃げる…と

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 22:08:55
ああートニューリヒトはものすごく友愛が好きそう

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 22:38:36
あいつの友愛の対象は自分自身だけだからな。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 23:09:51
もともと友愛なんて自分自身の保守につかうもんだろ

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 23:17:12
友愛のイメージ悪すぎw

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 23:29:36
トリューニヒト「そもそも、世の中で一番大事なのは自分じゃないのかね?
         それをww自分以上に大事なものがあるだなんてww
         それこそ偽善と言わざるをえんじゃないかねー」


672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 23:32:26
ミッターマイヤーなら自分の命より嫁の命が大切とか
臆面も無く言ってのけそう

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 23:33:01
フォーク「僕が一番同盟軍をうまく使えるんだ。一番、一番うまく使えるんだ…。」

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 23:45:10
かなり今更フィッシャーの件なんだけど、
13艦隊はもともと第4、第6両艦隊の敗残兵+新兵の混成部隊だったので
艦隊としての統一行動に不安があった(その後第6艦隊の残存兵も加入したし)
そんな状態の艦隊をアイデア満載のヤンの戦法に併せて動かすために、フィッシャーの存在は不可欠だった
という点も(少なくとも序盤は)あったと思う。
なにせ2月にアスターテで3月には13艦隊編制、5月には実戦に投入された部隊だし。

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/23(木) 23:48:29
上の人間にとって都合のよい発言しかしないからすぐ出世していく典型的な小人だろ
支持率低下になやむ政治家に対して最高の薬を用意したじゃん、劇薬だったが

日本の官僚だって、政治家の無茶な大型公共工事計画に都合のよいデータをひねり出す連中ばかり出世する
逆に失敗の可能性を指摘したやつはシトレのようにどんどんはずされていく、それでいて責任もそいつが優先的に取らされる

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 00:13:22
公式携帯サイトで24日のカレンダーが
オベ命日になってるんだが26日じゃないの?

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 00:13:25
>>671
そんなんだから、嫌われるんだぜ!

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 01:16:36
>>674
第13艦隊にはウランフの第10艦隊の半分の残存兵も加入したんじゃなかったか?
そのままアッテンの分艦隊になったみたいだが

679 :674:2009/07/24(金) 02:16:28
第4、第6、新兵で半個艦隊として編制→要塞攻略
第2艦隊の残存兵を加える→アムリッツァ
第10艦隊の残存兵を加える→救国軍事会議
熟練兵が引き抜かれ、新兵が支給される→要塞VS要塞
ヤンがつれてきた小艦隊を加える→ラグナロク
第1、第14、第15艦隊の残存兵他ありったけの戦力を加える→バーミリオン
でしたっけ?
こうしてみるとなかなか頻繁に部隊の出入りがあるね。序盤は、どころじゃねーや。
そんな混成集団のような艦隊を一つの部隊として動かすのは、大変なことなんだろう。

「ヤン艦隊はそもそもの成り立ちが他艦隊の残存兵と新兵の寄せ集めであり、
また頻繁に他艦隊の残存兵を吸収していた。
したがって当時の一般的な艦隊に比べ、艦隊全体での統一機動が難しかった。
(例・第二次ランテマリオでの黒色槍騎兵艦隊は、旧ファーレンハイト艦隊との連携が一時悪化した)
ヤンはそのことを知っていたために専門家のフィッシャーに艦隊運動を丸投げした
無論これは、ヤンとフィッシャーとの間で密接な意思疎通(ヤンの構想をフィッシャーが正確にとらえ、かたちにする)
が可能なことが前提であり、彼らは最後の戦いまでそれに成功した。」

みたいなのを考えた。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 02:22:17
>>そんな混成集団のような艦隊を一つの部隊として動かすのは、大変なことなんだろう。
大変だろうね
命令系統とか基本的な事を都度都度整理していかなきゃならないだろうし
人員整理も指示徹底も半端無い労力になると思う

681 :674:2009/07/24(金) 02:33:58
>>680
そういう事務をやてたのがムライやフレデリカ、それにフィッシャーだったのかな。
ヤンがフィッシャー抜きで戦った例としてアスターテ、対ガイエスブルグがあるけど(他にもあったっけ?)
その両方で事前に艦隊運動のプログラムだかを組んでるね。
アスターテでは率いたのが正規艦隊だったし、中央突破をかわしたあとはだらだらと追いかけっこしただけだった。
対ガイエではプログラム通りにやったら勝てた(その後バカが無茶な追撃戦やっちゃったけど)

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 02:40:32
>>681
イゼルローン戦はフィッシャーいないよ
指揮官はメルカッツだが

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 02:59:58
ムライやフレデリカは艦隊運動の設定そのものは専門外だろ、
むしろその指示を機能的に伝達する方が仕事だと思うけど。
艦隊運動の設定に関してはアッテンボローあたりも一枚噛んでるだろ
そういうカットも劇中によく出て来たし。
メルカッツ、フィッシャー、アッテンボローとか艦隊指揮してる連中の仕事じゃないの。

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 14:53:38
>>679
>新兵が支給される
こら、物扱いするなw 編入か配属だろ

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 15:03:20
眼に見える武勲を立てようがないムライやパトリチェフってどういう理由であんな高い階級を得たんだろう

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 15:14:17
>>684
ワロタw

>>685
パトリチェフはファイターとして頼れる護衛と評されいたみたいだし
ムライは結構年だし、参謀としての評価を受けてコツコツあがって来たんじゃないかね

ヤン旗下についたあとは上司であるヤンの信頼が高かったから、査定で良い評価してたんでは

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 15:31:58
でも実際あの世界の兵士の命なんていくらでも補充がきく物扱い……

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 15:34:00
補充にも限度があって
同盟はマンパワー不足で社会システムが混乱したり
帝国なんか子供まで働かせてたぞ

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 17:31:46
まじかよ!

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 19:09:28
まじだぜ

691 :687:2009/07/24(金) 19:17:07
「命なんて」と「いくらでも」の間に「権力者にとっては」を入れたほうがよかったな。

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 20:11:33
687は素直でいい子だよ

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 20:36:11
ホットパンチ(゚Д゚)ウマー

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 21:37:45
ヤンてウンコするの?
ちなみに俺はしないと思う

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 21:51:51
ヤンはするだろ
ラインハルトはしないけど

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 21:55:54
>>694
ずいぶんと素朴な疑問だな。するに決まってるだろ。
ついでに言うと、暗殺された後ユリアンに発見された時、漏らしてた可能性もある。


697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 21:58:12
あの状況じゃおしっこは出てるね

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 21:58:49
■同盟軍に聞きました
Q.「ヤン・ウェンリーはウンコすると思いますか?」
ユリアン「当然するとおもいますが・・・?」
キャゼルヌ「するに決まってるだろ。」

■帝国軍に聞きました
Q「グリューネワルト伯爵夫人はウンコすると思いますか?」
 ・・・ 取材に行った記者はその後行方不明になりました。

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 22:00:53
>>698
お前が一番おもしろかったので優勝!
準優勝は>>695

残りの奴は糞で食ってろ

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 22:03:49
そんな取材しか出来ない記者は消されても誰も困らないな

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 22:13:26
やったー準優勝〜w

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/24(金) 22:24:19
>>700
694は困るんじゃね?

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 00:04:43
ラインハルトってオナニーしたことあるの?
結婚するまで性欲溜まったらどうやって処理してたの?

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 00:08:03
>>703ファイエルして処理してた

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 00:18:36
真面目な流れより、こんな糞みたいな流れの方が楽しいのは何で?


706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 00:36:04
>>704
プロージットしてると思ってたよw

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 00:45:16
自分の性欲を満たす為にラインハルトの耳元で
「ヴェスターラントを忘れるな」
と囁くヒルダ

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 00:49:07
カイザーがドMに目覚めたらどうするw

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 04:55:36
赤毛さんはアンネローゼをオカズにしています

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 05:23:17
ああ、赤毛が卿ならそうするだろうよ

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 06:42:43
アンネローゼ様をこんな事に利用するなんていけない…!

背徳感もエッセンス
それでこそ健全な男子だぜ…

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 08:46:51
ガイエズブルグってどうやって止まるの?

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 11:50:12
>>703
夢精してたに決まってンだろ

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 12:42:44
魔法使いビッテンフェルト?

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 13:37:52
ビッテンフェルトはモテるよ・・・多分

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 15:24:47
ビッちゃんはモテるよ
部下にもモテモテだったし

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 16:04:12
同盟スキーの俺からすればウランフやフィッシャーやメルカッツやらを殺した憎いやつだぜ
結局最後まで生き残りやがったしなw

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 16:10:05
これだけ死亡率の高い作品で
あの作者が殺す予定だったのに
最後まで生き残ったという凄まじい生命力
女が群がって当然

きっと後世にたくさん子孫を残したよ

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 16:25:00
ビッテンフェルトとポプランだっけ>最後殺す予定だったキャラ
まぁなんとなく生き残るのはわかる
生命力がありそうだw

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 17:41:52
ビッテンフェルトのHすごそう

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 17:45:46
パワフリャです

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 17:48:56
エヴァ「ベッドの中でも疾風ウォルフじゃなくてもいいのよ」

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 17:54:46
ヘタそうなのがロイエンタール

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 19:01:05
でも子種の強さはバッチリだぜ

だがウォルフは早漏種無し…

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 19:21:39
銀英伝のゲームで一番面白いの何?

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 19:39:05
初代プレステで出てた奴が好きだった

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 19:59:00
ミュラーってすっごいつまんないエッチしそう

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 20:34:01
ネチネチしてると思うよ

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 20:46:47
さすがミュラー
粘り強い(でも退屈)

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 20:54:29
鉄壁なのでアナルのガードはばっちり

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 21:08:12
アイゼナッハは優しそう
耳元で囁かれただけで昇天するね

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 21:17:12
でも喘ぎもしないんだぜ

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 21:28:19
ゴールデンバウムか、〜ウムってことはユダヤ

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 23:51:19
男があえぐと気持ち悪い

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 23:54:29
あの世界では体外受精なんかしちゃいけないんだろうな

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/25(土) 23:59:20
終止無言で

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 00:06:42
表情も変えずひたすらやるのか、Sっ気たっぷりだな

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 00:13:19
無言のまま表情の微妙な変化を楽しむのですよ

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 00:18:01
表情じゃない
指でパチンパチンするんだ

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 00:22:38
>>733
ネタのつもりかもしれないが
Baum(独) 木
原作では黄金樹にゴールデンバウムってルビ振っているよ
参考までに


741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 00:25:42
バウムクーヘンと一緒

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 01:20:34
>740-741
違うよ。

中世ヨーロッパでは、ユダヤ人は区別のために名字に鉱物や植物に関連した
単語を入れるように定められていた。
〜シュタイン(石)とか、〜バーム(山)、〜バウム(木)って名字は、
先祖がドイツ語圏に住んでいたユダヤ人であることを示すもの。
この系統の名字を持つ非ユダヤ人はいない。

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 01:40:03
じゃあ帝国はユダヤの子孫支配ってことで

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 01:41:45
エエーッ?
じゃあ「タイガーバーム」って「虎の木」って意味なのか。

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 01:43:03
英語ならタイガーツリーではないの?

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 01:44:42
つまり、正式には「ティーゲルバウム」なわけか。

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 01:49:37
タイガーバームはTigerBalm
香油の意味だよ

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 01:50:53
香油園

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 01:54:34
臭いそう

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 02:31:45
>>742
 ルドルフがユダヤ系り末裔だからってなんなんだ?
 その時代で既に、文化の融合、混血が進んで、名前で先祖がわかる程度にしか意味が
なくなっているのに。宗教も、宇宙に進出して以降、急速に衰えて、事実上絶滅していた
しな。
 

751 :742:2009/07/26(日) 02:48:02
>750
俺は>733ではないから、だからどうだと言われても困るな。
狂信者でないならあんまりカリカリしなさんな。
742で述べているのは、733に対して740-741の解釈は間違っているって事だけだよ。

ついでに言うなら、お前さんのように「無意味」としてしまうのは、作中の観点としては正しい
が、それだけだ。
「現代日本の読者」として観るならば、何故田中氏はドイツ風帝国の創始者に
ユダヤ系の名字を与えたのかを考察して見ては如何。

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 03:00:27
どうも講釈ありがとうございました
考察は一人でやって下さい

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 03:17:02
特に何も考えてなかったに一票

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 03:35:52
銀英伝の中では全く意味のないことだな と

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 04:19:08
唐突だがウランフ提督が好きだ。
ヤン以外で帝国領進攻の戦略的意義に疑問持ってたのは提督ではウランフとビュコックだけ。
原作もアニメも漫画も散り方が格好良すぎる。
もっと長生きして欲しかったなあ…

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 04:59:16
他の提督は喋る機会すらあたえられてないからしかたいよ
もしかしたら疑問に思ってたかもしれないよ

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 05:37:28
あれだけの出演で惜しいと思わせるのはよかったな>ウランフ
旗艦の名前もカッコいいし、モンゴル系な感じの名前もいい

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 06:21:40
馬鹿が6人かね?
それとも馬鹿は1人だけかね?

ゴールデンバウムって名字からユダヤ系を連想するのは常識の範疇だよ。
それを「何も考えていない」とは作者を馬鹿にするにも程がある。

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 06:24:38
>>758
1人だけだな。
お前だよお前

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 06:41:11
>759
>759

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 06:45:25
>>759
ほっとけ
相手にされないからくやしいんだろ

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 12:12:51
憲兵さんのところは乗っかられてそう

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 13:04:23
>>762
もしかして、アニメ版の誤爆かね?

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 14:13:37
で、
>何故田中氏はドイツ風帝国の創始者にユダヤ系の名字を与えたのか?
って問いに対する回答はまだかえ?

>753氏の「田中芳樹は馬鹿だ」って解釈以外にはないの?

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 14:54:46
>>764
まあ、いまからほぼ千年経ってるから、姓名の細かいニュアンスは失われている、
というのが穏当な解釈じゃないのかね。

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 15:09:50
毎回そんな回答が出されるが無視されてるよ

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 15:11:33
だから物狂いの相手はするなと

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 15:15:10
レンネンが誘拐されるときに、なぜレベロ議長はわざわざ顔を出して
売れれた事を分るようにしたの?
のちのちの帝国との交渉にまずくない?

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 15:28:38
ミスター・レンネンを自殺させる為のプロット
あの場の誰にとっても益の無い行為

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 15:32:37
単行本収録されていない外伝の一覧とその掲載誌がわかるサイトはありますか?

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 15:53:14
最近出た文庫版の外伝5巻に未収録分全部纏まったんじゃなかったっけ

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 16:05:15
>>769
レンネンにとっては…

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 16:20:18
>>765
まあそんなところだろうな
本人が人名辞典から適当につけたってんだし

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 16:27:43
さて、今日は銀英伝的に何の日でしょう。

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 16:51:12
>>758
実はユダヤ系のルドルフが
ユダヤマンセー!で突っ走ったってという裏設定があっても面白いが
それと公言するのは現代事情としてちょっとマズイんじゃないの?

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 16:55:07
うわぁ…

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 16:55:32
>>764
ドイツ風帝国=ナチスと考えているから、妙に感じるor変な裏読みするのだろう。
 ユダヤ差別はドイツに限らず、ヨーロッパ全域―キリスト教圏の話だから、仮にブルボン
王朝風でもブリテン風でも始祖がユダヤ系だったら変と言える―つまり、とりたてて気に
することではないということだ(それこそヘブライ風じゃなきゃな)。
>ユダヤ系の名字を与えたのか?
>765のように、人名事典から適当に姓と名をチョイスしたと本人が言っているのだから、
(気づいたとしても)気にしなかった―それだけだろう。そもそも、「この名前だと○○系だ
から……」みたいなこと考えるのが煩わしかったから「民族・宗教の差の消滅」という設定
を考えたのかもなw(何せ、惑星間の時差、季節差すら面倒だから無視した作者だ)

 

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 16:57:28
黄金樹かっくいー、でええやん

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 17:21:17
>>771
ありがとうございます
4巻で終わりだと思っていたら東京創元版は5巻目があるんだ。
こんど本屋いって買ってくる。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 17:23:50
バーミリオンでラインハルトがヤンに
戦略上で勝てて、戦死しなかったのは
2人分の運を背負っていたからだ

ヤンが回廊の戦いの後の交渉で死んだのは
1人分の運しか背負っていなかったからだ



781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 17:25:04
>>774
帝国暦と同盟暦は基本的にグレゴリウス暦を採用していると考えてよかったんだよな。
しかし、恒星間移動ができるようになって、当然1年が365日満たなかったり、
1日が24時間でない居住惑星があると思うのだけど、どうやって調整してるんだろう?
たしか、それでも地球の基準に合わせたほうが、システムやらなんやらの改変をするより
合理的みたいなことは書いてあったな。

ただ、農業や漁業は別の暦を使わないと、うまくいかなさそう。
暦といようり、科学的に計算された播種日だとか、解禁日が天気予報みたいに通知されるんだろうな。

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 19:47:54
常識的にかんがえると、都合よく地球型惑星がある恒星系なんて
めったに無いはずだから、大部分の人類は宇宙コロニーに住んでて、
宇宙コロニーなら、地球の暦法にあわせるのに不都合はないはず、
となるはずだが、あの世界では、地球型惑星のある恒星系だけに
人類が入植するという宇宙開発をやってるからな。

しかし、現在の地球の歴史からかんがえても、
 人類が即生存可能->酸素がある
 ->植物(ないしはなんらかの光合成を行う生物)が存在する

となるはずで、すくなからぬ原生生物が存在しているはず。
それらの原生生物をどう扱ったのかも大きな疑問。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 19:52:29
宇宙人はおろか宇宙生物の話題のかけらもないしなあ

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 20:32:09
軍隊が肥大化した地球帝国や劣等遺伝子排除法のゴールデンバウム王朝なら、
宇宙生物ごと惑星をテラフォーミング(まさに字のごとく「地球」化)してしまってから
殖民してるかもしれない。

またドレイクの方程式なんかをみると銀河の広さに対して同時期に反映できる知的生命体文明は
かなり少ない。
だから銀河帝国と言えるほどに版図を広げてるにもかかわらずいまだ接触してないのだろう。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 21:09:45
>>782
> 人類が即生存可能->酸素がある
> ->植物(ないしはなんらかの光合成を行う生物)が存在する

1巻読むといいよ、まあ典型例ではないだろうが

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 21:20:22
すまん、一巻読んだのもう5年以上前で今手元に無いんだ。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 21:23:28
人類内部でごたごたしていられるというのは
外敵がいないということだ

これで外からアンドロメダ帝国とかが攻めて来たら
帝国と同盟はあっさり手を結んで対処したであろう

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 21:40:03
>>786
なら、フェザーンはテラフォーミング(原作では惑星緑化)された惑星で
もともとは植物なんぞなかったそうだ
なぜか二酸化炭素は存在せず酸素は20%弱あったらしいがなw

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/26(日) 23:02:58
つまり公式発表では(地球型)植物は存在せず、なおかつ(原生生物が生成した)酸素が大気中に20%あったわけだな。
そもそも本当に生物がすめない惑星環境を住めるように変えるには相当なコストがかかる。
すでにいた生物をいなかったことにして、彼らが作り出した結果だけ利用して、
地球型生物を繁殖させればいい。


790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 00:55:35
ヒルダの子供ってさ
ラインハルトの子供じゃない可能性あるんじゃないの?
ラインハルトって性欲あるのかないのかわかんないし
欲求不満のヒルダは他に男作っていたかもしれない

大体お前らだって自分が父親と思ってる男の本当の息子かどうかわからないだろ

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 00:57:06
>>787
 最初のうちだけだろうな。
 相手の詳細がわかって政治的交渉が可能と判断したら、戦後を、さらにその後を考えて
出し抜きあいくらい平気で始めるだろう。
 その結果、同盟、帝国、アン゛ロの三国志状態になるわけだ。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 01:00:43
>>790
 ヒルダはあの時が初めてだった。
 その前後にプライベートでの男の影はない。
 妊娠発覚のタイミングからしても、あの時大当たりと考えるのが自然。

 疑う余地はないな。
 いろいろ前提を無視すれば何でもあり得るだろうが、そういうのを下衆の勘繰りという。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 01:06:04
つうか、ヒルダみたいな女さえ信用できなかったら、
もう一生女とは付き合わずに生きていくしかないんじゃね?

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 01:08:59
>>791
フェザーン涙目

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 01:34:25
マリーンドルフ伯の言い草じゃないが、お互い初めてで
まぁうまいことやれたもんだよな、しかも一発命中、奇跡にも程がアル

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 01:39:08
あれ?昨日ってあの人の命日だよね。
全然書かれてないから記憶が不安になってきた

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 02:10:24
ああ、オーベルシュタインの命日か。

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 02:46:33
>>792
ヒルダが処女だったって判明してないだろ

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 03:44:53
ルビンスキーによると人間は自分のレベル以下の人間のことしか、理解できないらしいな。

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 04:11:31
架空の人物の台詞をありがたがってる奴っているんだな

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 05:20:35
他のキャラの名台詞同様、元ネタがあるけどね。

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 05:21:03
そらそうだ

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 07:09:47
とりあえず>>798が下衆なのは間違いない。
悪い女にでも引っかかったか?

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 12:06:24
ラインハルトの元帥府が開かれて、宇宙艦隊の半数を指揮下に置いたのはいいんだけど、元々いた艦隊の司令官は解任されたの?


805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 12:25:54
猪突とか双璧はもともと艦隊餅でその艦隊を指揮下に置いたって感じじゃないのか?赤毛の艦隊あたりはあやしいけど(指揮官は「栄転」したとか)

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 13:49:43
 帝国の宇宙艦隊の編成ってどうなっていたっけ?
 同盟は正規艦隊が12(アスターテ以前)で、一個艦隊辺り一万―一万五千隻だよね。
 総数は大体同じで、18個艦隊だったけか?

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 14:11:11
金髪さんの元帥任命式の参加者に「18個艦隊の司令官」とあったからそうかと。

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 14:41:21
>>795
子供が出来るのはHが上手いからじゃないんだよ

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 17:43:22
>>807
メルカッツって階級高いし、宿将なんていわれてたけど、分艦隊しか与えてもらえてないよね?


810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 17:55:39
帝国は「第○艦隊」って表記が一回も出てこないからよく解らないんだよなそのへんが。
そもそも通し番号付いてたんだろうか?

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 17:59:20
>>809
真面目過ぎて周りから疎まれてたからじゃね

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 19:29:01
>>804
>>805
>>809
帝国軍は貴族の私兵の一面がかなりあるから
帝国軍の艦隊は半分が貴族が供出したもので半分が国家予算で編成されていたのかもね
現在の日本みたいに中央集権化されてはいなかったのだという

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 19:33:03
>>809
アニメ版で、アスターテではラインハルトが子飼いの部下と引き離された、という表現があったし
あの2万隻はいくつかの正規艦隊の一部を混成した臨時編制の艦隊だったんじゃない?
リップシュタット戦役でロイエンタールと戦ったときに率いてたのが
もともとのメルカッツ艦隊だったのかと。

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:05:25
>>812
>帝国軍は貴族の私兵の一面がかなりあるから
帝国軍の艦隊は半分が貴族が供出したもので半分が国家予算で編成されていたのかもね

これ読んだ時にそんなバカな、帝国正規軍と貴族私兵は完全に別物だろうと思ったけど
よく考えると同盟と大して経済力が違わない帝国が同盟軍と同等の兵力の正規軍と
それに匹敵する規模の貴族私兵の両方を保有してるほうが異常だよね。
やっぱ昔の封建制度と同じように貴族も兵を出してたのかもね。
ただ、あんな見掛け倒しの貴族軍が大量に混ざった帝国軍がALL正規軍である同盟軍と
長年互角に戦えてたというのも苦しい部分があるけど。

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:10:56
いや、帝国のほうが同盟の二倍近い人口だぞ。



816 :815:2009/07/27(月) 20:13:07
ああ、でも単純に人口=国力でもないよな。
今の日本と中国比較してみれば。

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:20:09
はっきり覚えてないけどルビンスキーが出てる場面で帝国と同盟の経済力の比率が5:4の円グラフが出てなかった?
アニメの話だけど。

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:23:20
いや私兵は領地の惑星にへばりついてるのが基本だと思う。
マリンドルフ領が急襲受けた時に防衛してたように。
反乱した賊討伐なんかで勝ち馬に乗るような戦闘もやるだろうが。

艦隊維持の経費は専制国家だから直轄領からの収入でなんとかなるのだろう。
貴族私兵は貴族が賄うと。

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:25:36
原作で、勢力比が48対40対12というのは出てた。勢力てのが何を指すのかは不明だけど
多分経済力もそのぐらいの比に収まると思う。

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:27:32
一応国力は帝国の方が上だよね?
貴族の私兵は自分の領地を守る為に置いてるんじゃない
キルヒアイスに瞬殺された、ギリシャ神話の神様みたいな奴もそうだったし

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:38:14
公爵でも8000隻ぐらいしか、宇宙戦艦をもってないのかなあ。
ほとんどの貴族が集まってもやっと10万隻だもんね。

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:39:59
皇帝がいるんだから、私兵を除いた帝国兵は皇帝の所有物で
提督たちはそれを一時的に預かるという形にしてあるだろうから、
第n艦隊司令、なんてことはしないだろう。

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:44:19
>>821
キフォイザー星域会戦でリッテンハイムが率いた5万隻が「戦力の三割」だそうだから
貴族連合の総兵力は16〜17万隻。

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:52:39
>>823
金髪側や中立にたった貴族の軍や、逆に貴族側に合流した正規軍もいるだろうけど
おおまかな貴族私兵数としてはそのぐらいだろうね。

貴族が私兵を全て集めると正規軍に匹敵する数を揃えられる、というのを
ルドルフが知ったら激怒しそうだがw

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:53:06
同盟軍が20万隻ちょっとでしょ? 帝国正規軍もそれより少ないことは無いはずだし、
それとは別に17万隻もあるってことになるのか。

長いことダラダラやってないでさっさと同盟滅ぼせよw

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 20:58:06
いや、あくまで17万は私兵+正規兵の合算だから。
それに数々の戦役での私兵の体たらく見るにとても同盟軍と戦える錬度とは思えない。

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 21:03:31
>>825
ローエングラム王朝だって宇宙艦隊の他に10万隻ぐらい戦艦があるし
そこまでおかしくないんじゃ

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 21:06:40
>>825
回廊内で機動させられるのはせいぜい5万隻だったとか(ヤンの最後の戦いで大軍を集めた帝国軍が苦労してる)
名目上は18(12)個艦隊があったけど3、4個艦隊以外は
基幹要員だけだったとか(だからアムリッツァでの大動員が衝撃的だった)

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 21:13:51
>>826
17万隻って貴族軍だけの数じゃないの?
その兵力で金髪軍と戦ったわけだから金髪軍もあわせると30万隻くらいいるんじゃない?

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/27(月) 22:03:06
同盟が20万隻動員できるなら、帝国は30万ぐらいいけるだろ。
数だけなら100万隻1億人体制をとれるらしいし。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 02:50:25
ミッターマイヤーがフェザーンの両端にイゼルローンクラスの要塞を設置するのが望ましいと言ってたけど
なんで素直にイゼルローンと同タイプの要塞を提案しなかったんだろうね?

あのクラスの要塞になってくると予算なんてどれも天文学的数字になると思うから
それなら難攻不落の代名詞のイゼルローン要塞にすればいいのに。と、思った

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 03:06:44
よくわからんけど、イゼルローンも造られてから、けっこうな年月たってんだぜ
新しいタイプの要塞の一つや二つ造られてるでしょう

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 03:31:10
>>831
あの考えは疾風らしくも無い愚かな献策としか言い様がないな。
もし敵の手に落ちたら帝都にとってこれほど危険なことは無いだろう。
つい先日までガイエスブルクを消滅させイゼルローンを手玉に取るような男と
戦ってたことをもう忘れたのかよと。
帝都を脅かす敵は先ずは帝都の兵によって防ぐこと。 
そして永年に渡ってそれを可能にし続ける体制を構築、維持する手段を
考え続ける不断の努力の必要性を説くことこそが彼のすべき献策のはずだ。
疾風の考えてることは北条氏政や武田勝頼と同水準でしかない。
所詮は用兵家の範疇を超えることは出来ない男ということだな。
金髪も病気が頭に回ってたのか疾風の言に何の異も唱えなかったのが悲しいな。


834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 03:34:37
いつもの人こんな時間だってのに湧いてくるとは
いったい、いつ寝てるんだ……

835 :833:2009/07/28(火) 03:38:51
俺はそのいつもの人なる人物は知らんが、今は夏休みだ。
夏厨とでも思っていてくれて良い。

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 05:31:30
>>833
発進と駐留の拠点と読めたけどなあ。
攻撃能力はいらなくて、艦船の管制能力だけあればいいと。
商船まで考えると、フェザーンの宇宙港の管制能力はパンクでしょう。

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 09:30:37
>>833
そもそも帝都フェザーンが攻撃されるような状況なら帝国は崩壊間近だよ。
ミッターマイヤーだってそれくらいのことは分かってるだろうよ。

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 10:37:18
そもそもミッターマイヤーの献策だっけ?
アニメじゃ解説してたけど
イゼルローンがあんだけ戦果を上げたんだから、そんな悲観することもない
立派に帝都を守ってくれるよ

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 10:59:37
何故かわからんが833にフォークやホーランドやトゥルナイゼンと同じ雰囲気を感じる

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 12:12:00
>>837
それならなおさら要塞なんて悪足掻きじゃね?

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 12:26:47
>>836の用途のためで帝都だけ生き残るため(ハイネセンのアルテミスの首飾りのような)の要塞じゃないでしょ。
それを一人で誤解して疾風を無能扱いしてるのを皮肉っただけ。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 13:19:23
艦隊基地としての要塞なら回廊に栓をするような場所に造るより
素早く広範囲に軍を展開できるように回廊の外に置いたほうが使えると思うけど。
回廊両端に造るという考えがすでに引き篭もり作戦じゃない?
フェザーンから回廊出口までそんなに長距離という描写もないし、回廊に向かってくる敵は
フェザーンから発進する艦隊で十分迎撃できるでしょ。


843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 15:08:28
>>842
 ガイエ他のように叛乱鎮圧、周辺治安のための戦力展開優先の拠点でないということ
だ(そういう意味ではイゼルローンに近い)。要塞自体の防衛も考えれば、出口付近とは
言え、回廊内の方がいい。
 ヘタに開けたところに造ると、迂回スルーされる可能性が増すだけだし、それでフェザー
ンの直衛戦力を引き離される愚を犯すのはなぁ。その場合、主戦場が回廊内になり、
他からの増援も送りにくく、大戦力という帝国軍の利点を活かせない。
 両出口を塞ぐ形なら、戦場は出口付近から外になり、自由に艦隊戦ができる。回廊内の
制宙権も反対側が健在なら揺ぎ無いから背中を気にする必要もない。
 引きこもりというが、首都星の安全は優先されるものだし、「地形」的に回廊両端を守る
方がムダもなく、手っ取り早い。
  
 既出のように、艦隊航路管制的にもフェザーンに艦隊拠点を作るのは困難だろうしな。
オーディンなら周りが開けていたから、オーディン上に基地造っても自由に展開できたが
フェザーン回廊はそうはいかん。経済拠点として民間航路がひしめき合っているだろうと
ころに艦隊が割り込んだら管制システムがパンクするのは必至。軍港は別に作って回廊
内のトラフィックの密度を上げないようにしなきゃな。
 

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 16:22:19
>>843
フェザーンって大規模な艦隊基地造れないの? ということは大艦隊を
常駐させることも難しいんだよね?
そんなとこに首都置くのって危な過ぎないかな。
こじんまりしてて役割の限定的な自治領フェザーンなら丁度よかったのかもしれないけど
領土も急拡大していろんなものが桁違いに複雑な情勢にある新帝国の首都としては
防衛面での不安要因が多いね。
しばらくオーディンにいてもよかった気がするけど。


845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 16:26:28
>>844
フェザーンには攻め難いという地の利があるから考えよう

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 16:30:58
攻め難いんなら要塞いらないじゃん。
数個艦隊ずつローテーションしながら守ってた方が要塞より柔軟性もあるし
大幅な予算削減にもなるよ。
新帝国もいろいろ出費は多いだろうし。

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 16:47:46
>>845
攻めがたいか?
ぶっちゃけ回廊の両端を封鎖しちまえば帝国の首都としては
役に立たなくなって帝国は大混乱だろうし
(だからミッターマイヤーが要塞作ろうとしたんだろうが)
回廊の中心にあるから直接攻撃しにくいとも思えん
トールハンマーでも衛星軌道上においとけば別だがw

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 16:52:51
回廊の両側をふさがれても通信は出来るんじゃないの?
なら問題ない

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 16:58:52
>>848
それができればボリス・コーネフはあんなにがんばらなくても良かったろう
水の少ない惑星だから首都になって増えた人口を養うだけの食料が
自給できるかどうかも怪しい
なによりフェザーンは物流の中心地だろうに

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 17:04:12
コーネフは反体制側の人間だから
通信に不自由するのは当たり前

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 18:50:17
ミッタマイヤーって将来
ビュコップみたくなりそうだね


852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 18:53:00
ビッテンフェルトは年をくってもビッテンフェルトだろうな

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 19:55:36
作者自身が言ってたけどどう考えても大久保彦左衛門化。

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 20:02:56
大久保彦左衛門ってつまりどういう人?

ウィキ読んで見たけどピンとこない

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 20:04:16
もし同盟の無謀な帝国領進攻がなかったら戦力丸々残ってる同盟軍相手に
貴族始末しなきゃいけない金髪はどんな手打ったんだろうなあ。
やっぱり同盟軍を二分するクーデターでも起こさせるんだろうか。

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 20:11:35
>>854
最近の若いもんは一心太助も知らんのか!!

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 20:15:46
そういう知識のひけらかしはいいから質問に答えたらどうだ?

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 20:18:46
>>854
一言で言うと当たり屋みたいな奴だ。

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 20:18:55
>>857
>>856はあながち間違っていないと思うが…
最近の若いもんは…と愚痴を言ったり
わしの若い頃の武士といったら(ryみたいな事を好き放題言ってた

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 20:30:37
>>855
オーベルシュタインに三長官を事故死させる。
その間皇帝に気に入られることはなんでもする。
三長官を全部金髪とその派閥で固める。
金髪と双璧でイゼルローン回廊出口をメッチャ死守させる。
残りの全力で貴族倒してヒリ候除いて帝国宰相就任。

あとはどうにでも。
だが同盟が冷静さを取り戻したらそう簡単には負けてくれないぜ。

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 20:46:44
同盟が粘ってラインハルト死亡。
帝国側は撤退し主導権争いにという可能性はあるか。
地球教がどう蠢動するかもある。

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 20:52:14
貴族と内乱やってるときには既に皇帝死んでると思うが


863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 21:33:02
幼帝がいるじゃん。

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 21:55:07
幼帝が担ぎ出されているってことはラインハルト、リヒテンラーデ枢軸が確立してるんだし
わざわざ子供にご機嫌伺いしなくてもいいだろ

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 22:03:54
この場合ミュッケンベルガーが一線にいるから
彼次第じゃないだろうか
貴族にも求心力ありそうだし

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 22:36:13
大久保ジジビッテン「最近の若いもんは戦争を知らず、礼儀も何も全くなっておらん
             おれの若い頃はだ、ラインハルト大帝の率いる有能な提督たちとともに
             宇宙を縦横無尽に駆け巡り叛徒どもを蹴散らして勇猛果敢に戦ったものだ。
             おれの艦隊には情けない泣き言を言うものなど一人もいなかった
             今のひ弱でだらけた若い連中のために我らが命がけで戦い
             数多くの僚友が命を落としのかと思うと虫唾が走るわ」


こんな感じ?
愚痴爺さんだな
当たり屋はピンとこないなあ

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 22:43:13
>>866
だいたいこんな感じだろうなw

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/28(火) 22:52:26
>>865
ミュッケンベルガーもあの時点でも
一応ラインハルトの用兵術を評価してたわけだし
貴族に頼まれたとしても出てくるかな


869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 03:39:29
この場合リヒテンラーデはラインハルトじゃなくて、ミュッケンベルガーに擦り寄るよね?

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 04:56:21
>>866
何年か前のスレに、幼年学校の校長がいいんじゃないかという話があった。
ビ「先生の若いころは(ry」
生徒たち「えー!先生、またその話ですか?」

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 08:20:51
アムリッツァ前の閣議?で「帝国に画期的な勝利を治めれば支持率15%アップ」ってデータが出てたけど
イゼルローン奪取以上の画期的な勝利って何を想定してたんだろう?
帝国領土の一部を解放とか言ってもインパクトが薄いし
帝国の数個艦隊を要塞で壊滅させたとか、オーディーンを射程に納めたとか、
どう考えても選挙に間に合わなさそうな物しか思い付かない。
正直、講話して民生に力を入れますってやった方が支持率が伸びそうな気がするんだが。

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 09:03:42
アスターテの大敗とイゼルローン奪取でようやくチャラになったって考えもあるが
「アスターテの敗北は忘れ去られ〜」とか書かれてるしな。
評議会に話を持ち込んだフォークが「このままじゃ選挙負けますよ、この作戦が成功すれば〜」
とかデタラメな話吹き込んだのかもな。

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 12:27:04
>>870
銀河帝国の乃木将軍になりそうだw

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 12:33:07
>>866
良い感じですね

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 12:45:55
かえすがえすもつくづくビッテンフェルトはいい男

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 14:18:44
>>871
>帝国領土の一部を解放とか言ってもインパクトが薄いし
>帝国の数個艦隊を要塞で壊滅させたとか、
この程度でいいんじゃない? 実際、その程度しか狙ってなかったし。
 艦隊戦で帝国軍ババーンとやられている情景や「同盟軍を迎える帝国辺境臣民」とかの写真に
景気のいいキャプションつければ、勝利に飢えていた同盟市民には受けるだろう。アスターテ
の大敗とトレードオフするには、無血でイゼルローンひとつではまだ足りないだろうからな(緊迫し
た投手戦の挙句の地味勝ちよりはHR飛び交う打撃戦での勝ちの方が大味ながら、楽しくて
受けはいい―そんな感じ)。
 要は、分かりやすい勝利イベントがあればいいわけ―現実的、戦略的な意味とは関係なく。
「勝った、勝った、また勝った」でオーディン侵攻まで言っちまえば、文句ないがさすがにそこま
で期待はしてないだろう。

>正直、講話して民生に力を入れますってやった方が支持率が伸びそうな気がするんだが。
 講和するには、まだ取り分が少ないと考えたんだろうな。どうせイゼルローンの返還とか条件
に出てくるだろうから、それなら一回や二回トールハンマーで帝国軍とっ飛ばしてからからじゃ
なきゃ国民は納得しないだろうしな。
 「民生に力入れます」ってのも、帝国との停戦がなければ、今までの対帝国抗戦路線が国民
生活の犠牲に成り立っていたと間違いを認めるようなもんだから、ちょっと言えない(こういうの
は得てしてオールorノットに成りがちだから、一歩引いただけで全否定扱いされる―打ち消せる
ネタがない限り意地を張り通すしかない)。

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 14:32:20
イゼルローン攻略はシトレとヤンの声望を高めただけなんだろうね

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 15:52:36
>>875
素で面白いしね

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 17:18:32
わかりやすいからだろ

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 17:24:49
単純と見せかけて巧妙

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 18:59:34
ビユッテフェルトはどじっ子萌えキャラの元祖

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 19:02:37
熱血ドジっ子

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 19:09:47
正直コイツが戦死してファーレンハイトあたりに生き残ってもらいたかった。
何人同盟の将がコイツに殺されたか

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 19:11:00
ふっふっふ
同盟め、ざまあみろ

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 19:22:09
ビッテンフェルトの知恵なし

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 19:24:59
勇気でカバー

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 19:36:15
熱血と勇気だけがトーモダチさー♪

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 19:40:08
ビッテンフェルト!新しい艦艇よ!

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 19:48:23
きさまなどジャッカルが作った曲で充分だ

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 19:49:56
ビ、ビ、ビッテンフェルト、たーくましい君は♪
行、け、同盟の将をほーふるため〜♪

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 20:44:17
ラインハルト「ビッテンフェルトの言や良し!」
 ↑
ビッテンフェルトの人生最良の瞬間

と思うんだがどうだろう?

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 21:01:13
戦場で最前線に立って「突撃!突撃!!」って叫んでるときが一番輝いてるような気がする。

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 21:51:03
一番回顧録を読んでみたい提督かもしれんw>ビッテン

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:00:11
ビッテンフェルト元帥評伝

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:01:43
>>893
自分勝手に適当なこと書いてんじゃねーよって
メックリンガーが書評でこき下ろしているのが目に浮かぶw

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:03:53
一番長生きしそうだなあ。
ストレスだとか胃潰瘍だとかと無縁の人生なんだろうな。

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:18:13
脳溢血で死ぬような気もする。

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:18:17
>>895
あの「芸術家提督」メックリンガー氏も絶賛!
「この本にはジャッカルの遠吠え程度の価値しかない」

なんて帯が付けられるのか

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:19:40
ちゃんと褒めてたじゃんメックリンガー

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:22:30
ハイネセンに所蔵されてた芸術品に目もくれなかった点で評価してたな

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:32:47
ストレスと胃潰瘍でオイゲンが早死にしてしまうのかな・・・

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:33:39
読解力低すぎフイタww

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:39:15
かなり地味だが一番歴史的資料として価値がありそうなのは
ユリアン・ミンツ&A・Z・ワーレンの「銀河英雄伝説」になりそうだか
どうだろうか

いあまあ、俺がワーレンが一番まともそうだと思っているだけなんだけどねw

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:50:37
キルヒアイスの部下連中はとことん美化されるなあ
それにひきかえ、レンネンカンプの部下どもは…

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 22:51:40
ベルゲングリューンちょっとイカれ気味。
まともそうなのはビューロー
ジンツァーだとザウケンだとかはただの空気

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 23:00:04
>>901
上司も同僚も部下も猪だらけだからな、苦労してそう。

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 23:23:32
>>900
あの嫌味はビッテンに通じたんだろうか?

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 23:25:30
>>906
なあに、自分も猪になってしまえば解決

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 23:25:59
>>905
やっと認められた上司2人に死なれちゃうんだぜ
なかなか泣けるじゃないか

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 23:29:05
>>908
だれがブレーキかけるんだよw

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 23:37:02
こんなものを作ってみたぜ。 暇な人は遊んでみよう。

               巧妙 
        ↑ ヤン
          金髪     ↑赤毛
          疾風 メル ロイ ビュ
           ウラ   ↑   
                ↑
           狙撃  義手  ボロ   鉄壁  
                ↑                    
                ↑         
          貧貴    ↑ 
   攻撃←←←←←撃墜←←← →→→→→→→→→防御
                ↓
                ↓      芸術
                ↓
                ↓    愛人
      黒槍      首吊↓ 
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓ 
                稚拙   


912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 23:38:07
               巧妙 
        ↑ ヤン
          金髪     ↑赤毛
          疾風 メル ロイ ビュ
           ウラ   ↑   
                ↑
           狙撃  義手  ボロ   鉄壁  
                ↑                    
                ↑         
          貧貴    ↑ 
   攻撃←←←←←撃墜←←← →→→→→→→→→防御
                ↓
                ↓      芸術
                ↓
                ↓    愛人
      黒槍      首吊↓ 
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓ 
               稚拙   
ズレまくってたのは直ったかな?

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/29(水) 23:40:33
ブレーキなど黒色槍騎兵には無用の長物!
止まりたくば何かにぶつかれ!!!

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 00:03:57
赤毛って防御に強かったっけ?
なんか攻撃し続けてたイメージしかない。

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 00:09:53
攻撃防御より別の手段をつかって心理攻撃してるイメージが強い

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 02:23:30
>>803
うっとうしいな
レッテル貼りしかできない奴に用はないよ


917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 02:36:53
ビッテンフェルト信者うぜえ
ケツでも出しとけ

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 02:38:59
赤毛は評価が決まる前に退場したから未知数じゃないか?

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 02:43:20
名実ともにナンバー2の赤毛を未知数とな?
ヤンなんて褒めちぎってるし

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 03:59:28
そりゃ勝ちっ放しのいい印象だけ残したからであって
その後悪くなった可能性があるでしょ
時間軸を他と共有してないんだから未知数だわ

キルヒ信者もうぜえ

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 04:13:14
キルヒアイスの乗艦バルバロッサは、「赤髭」という意味らしいが、
彼が二十歳そこそこで死ななければ、髭も赤いだろうから、
髭を伸ばして艦の名前と同じく赤髭の提督になる可能性もあったんだろうか。


922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 04:36:48
>>920
それだと天寿をまっとうできなかった人間は全員評価が決まらないな
ヤンもラインハルトもロイエンタールも
その後悪くなる、可能性があるんだからな

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 04:43:04
そりゃそうだ。
だたし作品に表示されている次点までの評価だからキルヒアイスが一番比較できないね。
つかキルヒアイス好きなんだけど
好評価されてないと嫌がる奴いるのがなんだかなーといつも思う。

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 05:17:03
すぐ人を信者認定してウザイとか言っちゃう奴もどうかと思うよ

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 05:27:10
>>907
通じるわけが無い。むしろ本当に褒められたと思っている。

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 05:43:08
まぁキルヒアイスは腐女子人気高いし
敵に回さない方がいいよ〜

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 07:09:21
ここでウランフ信者の俺が登場

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 07:19:04
ここでオベ様信者の登場

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 07:23:25
地球教信者だけはでてこない不思議。

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 09:23:32
ミュラーはヤンのいないイゼルローンにしてやられたり
バーミリオンで袋叩きにされたり結構うっかりなのでもっと下のほうでいい
根性だけはみとめるがな

あれって精神論的戦争観が嫌いな作者が、ド根性死守を粘りの鉄壁と言い換えただけだろ

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 09:41:09
いや、ああいう胆力のある人って大事だよ。
君も就職して何回か修羅場くぐればわかる。

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 12:25:30
>>931には煽りでなく激しく同意したい

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 13:41:17
結局命燃やす短命の大天才だけじゃなく
根性のある凡才な人間も必要なんだよな
同盟なんてヤン以外だいたいそんな集団

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 14:04:22
それにしてもシュタインメッツが愛人はひでえなwww
ケスラーは空気だしwww

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 14:10:39
空気が無くなるとちょっと困ったことになります

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 14:49:01
愛人というと聞こえがアレだが
普通に結婚を前提に同棲してる恋人なんだよね

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 14:52:08
一番酷いのは首吊りなんて最期のあげく仲間にも悲しんでもらえるどころか
「ヤンにちょっかい出したんなら仕方ない」
「ああ、仕方ないな」
のミスターレンネンだろ

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 15:01:55
>>929
テライズマイホーム!
テラインマイハンド!

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 15:07:09
結果的にレンネンカンプの洞察は正しかったのにな

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 17:42:46
いっそ初めから義眼に任せとけばよかったんじゃないか?ヤンもさすがに自重するだろうし

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 18:06:45
なんでよりにもよってレンネンなんて戦争屋に高等弁務官なんてやらせたんだろうな。
ケスラーやメックリンガーって内政向きの人材いるんだしルッツ、ワーレン、シュタインメッツあたりでもいい。
ビッテンフェルトでももう少しましだったろう。

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 18:09:36
一番の年配者だったからじゃない?

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 18:12:43
無役だからじゃね
ワーレンとビッテンフェルトもだけど
レンネンが失敗したら同盟を完全消滅できるしね

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 19:35:30
ボロディンって一巻だけをよむと、12隻までうち減らされた上に、自殺しちゃう無責任な人としかよめないが
なんだってハゲはこれをビュコックグループに入れたのだろう?

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 19:47:22
ボロディンって有能さを物語るエピソードって何か記述あったっけ?

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 19:48:33
ラインハルトとしては同盟を完全併呑したいわけで、そのために
同盟側からバーラトの和約を破らせる様に仕向けたかったからじゃない?

ケスラーとかメックだと官僚としては有能だけど、それゆえ高等弁務官に任命されても
自分の権限をかさに着てのさばるような事はしないだろうから、火種を作る役には向かないってことだな。

忠誠心過多・判断力過小のレンネンが最適だよw

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 19:51:48
>>945
千億で頑張ってた気がする

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 19:55:45
>>944
そもそもビュコックグループなんて言葉をどっから思いついたのか不思議なんだが
それはおいといて
ビュコックは第5艦隊司令官(中将)、ボロディンは第12艦隊司令官(中将)で同格
先任順位が上だからといっても総司令部が健在な以上ビュコックにはボロディンに
対する指揮権なぞ特殊な場合(司令部に連絡が取れないとか)以外は無い(礼儀は別)


949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 19:55:57
ボロディンの出番は外伝の一巻と三巻がメインだからな。
ビュコックからウランフに次ぐ信頼を得ているそうだしヤンが「ウランフとボロディンが生きていれば
私はもっと楽ができたんだ」と愚痴るセリフが外伝二巻だったかな?にある。
あと12隻ってのはあくまで旗艦の身辺ってことで他にもズタズタにされた集団があちこちで戦ってたんだろう。
1万数千の艦隊が12隻まで減らされりゃ旗艦が生き残る確率なんてゼロに等しい。

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 20:00:40
>>942
実は一番歳くってるのはケスラーだったりする

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 20:01:59
>>948
なんでいきなり指揮権の話をしだしたんだ?

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 20:05:57
>>948
その特殊な場合でビュコックに従わなかったのがホーランドの低能だな。

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 20:08:24
>>942
実は一番歳くってるのはケスラーだったりする


954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 20:47:08
>>951
グループって群でよかったんだっけ、部隊の集合体といった
意味があるからじゃないかな?

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 20:52:06
ちょと不安だったのでぐぐってみた
たとえば自衛隊の特殊作戦群は Special Forces Group だった

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 21:00:14
愛人は中国語と混ざってしまったのだろうか
自分も中国語やってるとき他の科目のレポートで『私』を『我』と書いてしまったり
簡体字を書いてしまったりというしくじりを何度かやった覚えがある、まったくの想像の範疇ですが

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 21:10:28
ビュコックグループってビュコックと仲良し有能グループって意味合いじゃないの?

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 21:22:16
ビュコックは士官学校出てないから提督たちの間で半ば孤立してたからねえ。
実力を認め先達として尊敬していたのがウランフとボロディン。

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 21:31:48
レンネンカンプって没った時30代だっけか?

ヘルムートって名はカッコいいと思う。
でも、レンネンカンプって姓はイマイチ。
個人的にですが。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 22:05:22
ところで音が近いので気になるのだが、
ムーミンにでてくるヘムレンさん(フィンランド語)と
ドイツ語のヘルムートは関係あるんだろうか。

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 22:21:32
ラ行とマ行が逆転してるのに関係あると思える神経がわからない

まあ稀にはイスカンダル→アレキサンダーみたいな音の変化もあるけど

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 22:55:20
レンネンさんて見た目よりずいぶん若かったんだな

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 22:57:18
髭のせい

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/30(木) 23:04:10
メックリンガーも髭あるのになあ

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 00:59:48
>>956
「内縁の妻」がなんとなく「妾」なイメージだったのかもな。

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 01:02:16
メックリンガーのあの髪形については
帝国内部ではどう思われているのだろう

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 01:04:57
そんな事はアニメの制作者に聞け

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 03:34:19
ラストでローゼンリッターとユリアンがブリュンヒルトに特攻したとき、
ラインハルトが
「余のもとにたどり着いたのはこれで二人目だな」的なことをミュラーに言ったけど
1人目はだれなの?

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 03:53:18
ミュラー

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 04:00:03
>>968
なんとなく、二人の雰囲気からそれは感じたけどいつのこと?
アニメにラインハルトvsミュラーの描写なんてあったっけ

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 04:22:22
>>970
要塞戦で完敗して負傷して帰還したミュラーがラインハルトに報告した時

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 04:25:12
>970
ガイエスブルグ(ケンプ&ミュラー)vsイゼルローン(ヤン)で戦ったた際、ヤンに負けて負傷したミュラー(ケンプ戦死)がラインハルトに報告し終って力尽きて倒れた時のこと。
ヨロヨロの状態でラインハルトの元に辿り着いて、目の前で倒れたのはミュラーに続いて2人目、という意味だと思われ

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 04:36:24
あっ なんか重なってしまいスマソです。
>972は忘れて〜

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 12:00:16
>>959
連年還付って、俗な名だな
でも、ヘルムートって名は●的でいい
だからボクは君のことをヘルムートって呼ぶことにする

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 16:35:57
誰だよお前

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 16:51:55
>>941
レンネンにわざと同盟領を無茶苦茶にしてもらって
その混乱状態を回復する為に、金髪が出張って一躍同盟での人気者に!義眼の思惑通り

植民地経営のテクニックの基本だよ
まず無能者にやらせてむちゃくちゃにさせて、あとで本命が都合のいいように立て直す
スクラップ&ビルドとかいったっけ、田中芳樹もアメリカの他国支配のやり口として例に挙げていた

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 17:14:15
>>944
最後の12隻になるまで戦闘継続して旗艦を生き残らせた非常に優秀な指揮官だろ
なんか秀吉が、信長とどっかの猛将を比較して軍勢の9割を討ち取られても必ず殿は生き残ってる
そういう武将だったとか言う逸話があったはず

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 17:17:15
>>944
たった3分で12機もの主力機潰されたチョビ髭デブより有能

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 18:15:18
>>978
ガノタ乙

チョビ髭デブ…?マリネスクか?とか考えちまったw

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 19:49:48
>>977
そりゃ専制君主はそれでいいだろw
だいたいあの当時の戦は兵隊は死ぬより、秩序を保てなくなって逃げ出すほうが多い。
だから、負けても、殿様が逃げ出せさえすれば、また兵隊を集めて再戦できる。

でも、国民国家の軍隊が抗命して逃げ出すとは思えないのですよ。
で、ウランフのように、部隊の何割かを逃したわけでもないし。

あと問題なのは相手の帝国艦隊をどれだけ撃ち減らせたかだなあ。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 20:55:53
>>980
国民国家でも逃げ出すよ?

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 21:25:40
>>978
 スレ違いだけど、コンスコンじゃなければ、3分で12機落とされなかったとでも?

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 21:31:42
ウランフの時とはまた状況が違うのでは

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 22:40:07
>>966
ペキニーズみたい

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/07/31(金) 23:35:44
>>980
国民国家の軍隊だろうが、1万隻からいた軍勢が12隻にまで成ったら、普通逃げ出すだろ。
つーか、一般論として、軍隊で4割死傷したら全滅扱いなのも、
そこまで死傷者が出たら士気が持たんから。

参加兵力が1万から12に成った、つまり99.88%が死傷して秩序を保ってたってのは、
超常識的に優秀な司令官がいたとしても、異常極まりない事態

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 00:15:23
 すり減らされて段階的に統率が困難になっていたではなく、ほぼ初撃で9988隻が
一斉にやられたとかw

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 00:15:35
ビュコックもランテマリオ会戦で旗艦の周りに
30隻ほどしか残らんようになるまで戦ってたので
ボロディンもそれとよく似た状況だったのかも

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 00:22:22
アムリツァは兵力分散してたんじゃない?
ボロディンはそこ衝かれたんじゃないかと
いくらなんでも一個艦隊を12隻までってのは

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 00:27:26
>>987
離脱して残ったのが30隻じゃないの?
ガチで撃ち減らされたんだっけ?

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 00:44:55
>>989
生き残りをできるだけ脱出させて、旗艦の下で後衛先頭をしてた生き残りが30隻だったはず。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 01:18:23
銀英の各艦艇の非常時の行動ってどんな感じなんだろうね。
通信設備が生きてる限り旗艦からの命令はきちんと届くだろうけど
この命令どおりに行動したらかなり死ぬ確率が高そうだなって場合は
命令無視して逃亡することもあるんだろうか?
昔の戦争と違って一隻ごとの行動記録とかかなり正確に残ってそうだから
生き残ったけど針のむしろみたいな状況とか凄くたくさんありそうだよね。

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 01:28:41
マジでヤバいと勝手にワープとかしだすらしいけど

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 01:39:11
命令してないのに先走って攻撃しちゃったとかはあったよね
状況と艦長次第では勝手に逃げる事もあるんじゃないの
軍隊教育されてる人達だから、仲間捨てて勝手に逃げるってのはあまり無いと思うけど

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 04:27:47
うん 勝ち目のない戦いに最後まで付き合わん艦長もいるのでは
アニメ版ですれ違いだが アッテンボローが勝手に上昇レバー入れて
核融合ミサイルから逃げた奴があった ヤンも目配せしてた

普通にあるんではないか

ヤンも忙しいとき 
そんな事 自分達でやってくれ 
何のために分艦隊の司令がいるんだ
とか何とかいってたよーな


995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/01(土) 04:56:31
大筋の作戦指導はあるだろうけど
万単位いる艦一つ一つの行動や判断はその作戦内でそれぞれ上手くやってねってことだろうね。
ヤンも前線に出過ぎていると艦長が進言した時、艦自体の判断に関しては艦長にまかせるよ、とも言ってたし。
じゃないと艦長のいる意味も無いもんな。

作戦の範囲を超えて現場は慣れて逃走するのは軍人の意味ないし
その後の自分たちの立場を考えると滅多な事ではやらなさそうだけど


996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/02(日) 02:00:17
>>919
まあ、ヤンが一番苦手とするのは、
赤毛だと思うけどね、次がロイエンかな
金髪姉弟以外のことでは、まず平常心を失わない人だし
ラインハルトとかミッターマイヤーとか攻撃型のタイプは組みやすそう

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/02(日) 02:06:12
言われたことをやるだけなら一兵卒にもできるしな。


998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/02(日) 03:56:21
102話でポプランが「これで通算250機目」とか言ってたけど、
もっと撃墜してるもんだと思ってた。すごい数だとは思うけど意外とそんなでもないのね、
なんかの戦いで「24機目」とかあらそってたから600くらい行くんだろうと思ってたよ

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/02(日) 04:18:45
>>998
ヤン一党の幹部?クラスでは最年少だから、スパ乗りになって数年ってところだろう。
 大規模な会戦の経験なんてせいぜい10回だろうから、そんなもんじゃね?
 ざっくり平均25撃墜だから、24機目争いもそう不自然な数字じゃない?
 そもそも600って数字はどこから出た?w

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/08/02(日) 05:06:10
ざっと計算しても10年は乗ってるぞ
それでも奴はめちゃ優秀だが

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

253 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)