2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>> 詩の雑誌・7 <<

1 :名前はいらない:2010/01/12(火) 18:54:00 ID:qtAejkPY
>> 詩の雑誌 <<
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1012302374/
>> 詩の雑誌・2 <<
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1068130254/
詩の雑誌3
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1157293847/
>> 詩の雑誌・4 <<
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1191153039/
>> 詩の雑誌・5 <<
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1208989497/

前スレ

>> 詩の雑誌・6 <<
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1240069885/

現代詩手帖、ミッドナイトプレス、マイ詩集、
ユリイカ、詩と思想、Lyric Jungle、びーぐる、
などなど
商業詩誌について語るスレッドです。

2 :柚口康晴:2010/01/12(火) 19:54:10 ID:OesCmKet
7スレもおれが仕切る

3 :クマクマ:2010/01/12(火) 21:58:34 ID:qtAejkPY
すべてのものの前の音楽の

そして、賛成に、
それは奇妙なMoreが漠然として彼の重さを量る何でも
またはそれが置く空気Withoutにより溶けるのを好みます

      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    
    | ノ      ヽ   >もう一人のqtAejkPY    
   /  ●   ● |    何かかっこええクマね

4 :名前はいらない:2010/01/13(水) 00:44:58 ID:FpNhFrR8
googleで訳したの?

でもなんであのタイミングでクマクマのIDで書き込もうと思ったんだろうね?
何か変じゃない?大体どうやって書き込めるの?

5 :名前はいらない:2010/01/13(水) 01:02:21 ID:zv0Ek5/7
偶然の産物だろ。だからよりスゲエな。

6 :名前はいらない:2010/01/13(水) 08:15:30 ID:VjQ1KRK5
携帯から書きこんだら同じIDになるらしいよ。

7 :柚口康晴:2010/01/13(水) 09:36:46 ID:DbFov6wU
クマクマクマクマ・・・・・・・・・…・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8 :名前はいらない:2010/01/13(水) 23:31:01 ID:FpNhFrR8
詩手帖の投稿欄に応募した作品(集まった全作品)って編集者も読んでるものなの?


9 :名前はいらない:2010/01/15(金) 00:12:10 ID:0uEe+eW4
中也賞ってあと1か月くらいしたら最終選考だっけ? 

10 :名前はいらない:2010/01/15(金) 00:13:28 ID:0uEe+eW4
>>8 編集部以外の人間にはわからないと思うのでここできいても
むだだね。

11 :クマクマ:2010/01/15(金) 00:24:11 ID:sczca74I
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    >>8
    | ノ      ヽ    読んでるクマ。さすがに一人で全作品はきついだろうから、
   /  ●   ● |     数人で読んでると思うけど。

12 :名前はいらない:2010/01/15(金) 04:03:50 ID:9QnvjOfO
そうなんだ?
クマクマは何で知ってるの?
てっきり選者が二人で読んでるのかと思ったよ。

13 :クマクマ:2010/01/15(金) 07:31:05 ID:sczca74I
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    >>12
    | ノ      ヽ    とある方から聞いたクマ。
   /  ●   ● |    それに、いたずらやら誹謗中傷の類が文中に潜んでないか、
                  編集側でもチェックする必要と云うか責任があるんじゃないクマ?

14 :名前はいらない:2010/01/15(金) 08:48:10 ID:9QnvjOfO
じゃあ、編集者がそれなりに絞った作品を選者が入選とか決めているということなのか?

15 :名前はいらない:2010/01/15(金) 10:42:47 ID:C84fK/tG
普通、一次選考というか下読みはあるよ

16 :名前はいらない:2010/01/15(金) 14:45:42 ID:0uEe+eW4
選者のコメントを読むと、全部読んでいる気がするけれど
(読むのが大変みたいことが選評に書いてあることがある)
さすがに最初の数行で読むのを辞めてしまう場合もあるのでは?
クマクマさんがいっているのは編集部も
一応読んでいるといっているだけでしょう。

17 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/16(土) 01:07:51 ID:HMPmC2yw

ぼくが書き込めないように

すぐに通報するのは、だれなんだろう?

通報されるようなことを書いた覚えは、ないのだが。


18 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/16(土) 01:12:26 ID:HMPmC2yw

大岡さんが選者のときは、ユリイカの下読みは、編集者がしていたと思います。

選者によっては、吉増さんのように、ぜんぶ、ご自分で目をとされる方もいらっしゃいました。

手帖は、編集の方が下読みをなさったと聞きましたが

(20年前の話です)

編集部員には、アルバイターもいたと思います。

本人に聞きました。





19 :名前はいらない:2010/01/16(土) 02:05:13 ID:K5gKHmLF
規制は同じプロバイダの人が悪さをしたからでしょう。

20 :名前はいらない:2010/01/16(土) 03:06:11 ID:nSphDaRk
>>17
僕も書き込めなかったときがあってそのプロバイダーに規制がかったためでした。
詩は下読みが難しくないですか? 
小説と違って出来不出来の判断が難しい気もするのですが。。

21 :名前はいらない:2010/01/16(土) 03:34:32 ID:unxhFcAb
でも明らかにダメだろっていうのはあるでしょう。
金子みすゞ「チック」な詩を書きたがるのって、詩を始めたばかりの人に多い傾向である気がするが、
殆どがチョット目も当てられなかったりするでしょう。

しかし基本的には、誹謗中傷の類がないか検閲しているんではないかな。
選者の選評からも、はじいたりはしてなさそうな印象だが。

22 :名前はいらない:2010/01/16(土) 03:46:27 ID:4D3XBZJG
岸田さん高見順賞おめでとう。
若手なのにすごいな。

23 :名前はいらない:2010/01/16(土) 04:40:43 ID:ZtwIjvnY
え?岸田さん受賞したの?
若手のホープだな。

24 :名前はいらない:2010/01/16(土) 04:41:03 ID:nSphDaRk
>>21 おっしゃることは十分わかります。
詩じゃなくて評論とか投稿しているひとはいるんですかね?
>>22 歴代受賞者の並びで見るとすごいですね。


25 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/16(土) 23:14:51 ID:dkZWDVfX

詩集の賞とは無縁だわ。

ドボンッ↓


26 :名前はいらない:2010/01/18(月) 00:27:30 ID:2voDxmgh
賞と言えるかどうかわからないけれど、絲山賞とかちょっと変った賞もあるから
あっちゃんも自分で作ったら? さすがに自分にはあげることはできないけれど。

27 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/18(月) 06:49:33 ID:UCwC48Ka

言語実験工房賞

っての、つくったけれど

自分でもらうわけには、いかないわ。

まあ、ネットで、いま作品が発表できてるから

チョー、うれしいんだけど。

『文学極道』に詩を投稿しているの。

見にきてね。


ここ



http://bungoku.jp/ebbs/bbs.cgi?refresh=1256189928


28 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/18(月) 18:15:15 ID:ZaHmGTAi

どうして、上に貼り付けたアドレスに行けないのかしら?

ほかのサイトに行けないようにしてあるの?

自分でクリックしたら、行くことができなかった。

ドボンッ↓


29 :クマクマ:2010/01/18(月) 18:42:26 ID:rcanRfnt
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    >あっちゃん
    | ノ      ヽ    IEだと無理っぽいクマ。専用ブラウザだと直で行けるクマ。
   /  ●   ● |  

30 :名前はいらない:2010/01/18(月) 20:07:04 ID:2voDxmgh
>>あっちゃん
たまに文学極道は見ているよ。投稿しているわけではないから
毎日のようには見ていないけれど。
ghostの詩ははじめてよみました。
錯覚かもしれないけれどSFのような雰囲気があって面白かったです。
「鳥の巣」というのがなんかいいです。

アドレスはコピペでアクセスできるみたい。

31 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/18(月) 20:23:40 ID:ZaHmGTAi

クマクマさん

30番さん

ありがとうございました。

「間違って、鳥の巣のなかで目がさめた」

というフレーズは、自分でも気に入ってます。

おこころに触れることができて、うれしい。


32 :名前はいらない:2010/01/18(月) 20:31:30 ID:2DqUXw32
縦書きにこだわりはないですか?

33 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/18(月) 20:36:43 ID:ZaHmGTAi

もともと横書きなのね。

メモやノートの類は、すべて横書きで

ワードに書き込むときだけ縦書き。

詩集や雑誌掲載のものは、慣例に従って縦書きにしているだけ。



34 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/18(月) 20:42:06 ID:ZaHmGTAi



読むのは、縦書きがいいかもしれない。

あれ、どっちだろう。

どちらでもいいのかもしれないです。

岩波文庫の対訳詩集シリーズは横書きだし

このあいだ読んだ『イギリス詩を学ぶ人のために』も横書きで、よかったし。

イェイツの訳は、よかった〜。


35 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/18(月) 23:01:17 ID:ZaHmGTAi

いいのは、『イギリス詩を学ぶ人のために』のイェイツの訳ね。

岩波文庫で、高松雄一さんが『ビザンティウムに船出して』で、gatherを「抱く」と訳されてるんだけど

「集める」のほうがいいと思うんだけど、なんで、「抱く」なんだろうって、疑問に思った。

宮内 弘さんの訳「かためる」だと、まだ納得だけど。「抱く」は、訳語として、どう思われます?



36 :名前はいらない:2010/01/18(月) 23:05:09 ID:2voDxmgh
>>あっちゃん

英詩の対訳本は縦組で組むのは難しいと思うよ。

しかし、岩波の対訳本は日本語にすぐ目がいちゃって
英語で読んでいるという感じが全然しないのだけれど、
個人的には対訳でないと、ちょっときついかなあという感じ。
日本語の訳が出ていない詩人の作品も読むのですか?


37 :名前はいらない:2010/01/18(月) 23:23:19 ID:2voDxmgh
>>35
ネットの辞書でしらべたけれど、
gatherには「抱き寄せる」という意味があるみたいだね。

「gather me into the artifice of eternity」をどうやって
訳すかということでしょうか?

38 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/18(月) 23:46:36 ID:ZaHmGTAi

36さんへ

つぎのサイトで、アメリカの詩人の詩がたくさん読めます。

http://www.f.waseda.jp/te21/eda-poetry.htm

むかし、2万円で、イギリスで編集された4巻本のポオの全集を買ったけど
いまは、もう電子化されてる。アメリカで編集された全集は、もっとすごいらしいけれど。
エミリ・ディキンスンのテキストは、すべて電子化されて無料で読めます。
イギリスの詩人の作品のサイトもありました。電子化では、日本は遅れている。


37さんへ

そうなんですか? ぼくが無知やった。しかし、あの部分は、「集める」のほうが、すてきだと思うんだけど。
「抱く」って変に思った。尾島庄太郎さんのは「むすびつけられて」で、まだ納得。


39 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/19(火) 00:03:02 ID:yNd15itA
36さんへ

先週、東寺のブックオフで
洋書のコーナーに、ぜんぜん知らない名前の外国人の詩の同人雑誌があった。
買わなかったけど。英語圏の国のものね。でも、Poetry Magazine で見る詩人の名前も、ぜんぜん知らないものが多かった。
去年、ヤフオクで、100円でアッシュベリーの「Girls on the Run」を落札したときは、うれしかった。
英語はあんまりできないけど、さいきん、気に入った詩人の詩集は、原著を買うようにしています。
これは、もしかしたら、日本語で書かれた詩集で買うものがなくなったせいかもしれないけれど、笑。
きょうは、amazon で、Seidensticker の The Tale of Genji を買ってしまった。
与謝野晶子の訳文にある和歌の部分が、英語のほうが、分かりやすかったからだけど
これは、ぼくが古文の語彙と文法知識がないためだと思うけど、与謝野さん
和歌は、現代語よりも古文よりじゃないかなって思った。


40 :名前はいらない:2010/01/19(火) 00:04:32 ID:rmMb5GS4
36と37に書き込んだものです。
gatherについてはそういう意味があるというのがわかっただけで
用例とかいろいろ調べないと、僕の語学力では何ともいえません。

サイトの紹介ありがとうございました。



41 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/19(火) 00:13:45 ID:yNd15itA

40さんへ


You-tube も、すごいですよね。

パウンドの生朗読とかあるし。

でも、パウンドの朗読って、バロウズの朗読と似てません?

顔も似てる。ジジイになってからだけど。似てるでしょ?


42 :40:2010/01/19(火) 01:03:38 ID:rmMb5GS4
>>あっちゃん

朗読というものにいままで興味がなかったもので
「パウンドの朗読って、バロウズの朗読が似ている」ということが
すでに別世界の話題です。ちょっと検索してみてみます。
確かに、youtubeはかなり面白いものがありますね。

43 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/19(火) 06:52:12 ID:4oW9XhGq

たんたんとして、まるで突き放したような
つぶやきのような感じで、かっちょいいです。
ピサ詩篇からの朗読もあって、それで、キャントーズを原文で買ったようなものです。
あ、ぜんぶ読みたかったんだけどね、笑。
初期の詩集の編集版は、詩論も多く収録されているのがあって、お徳です。
Early writingsね。ペンギン・クラシックスね。
キャントーズ、ハードカヴァー買ったけど、後悔。
ペーパーバックにすればよかった。
大きさかわらないの。
ペーパーバックのほうが、ページを開いたときの痛みが少ないから。


44 :名前はいらない:2010/01/22(金) 15:57:42 ID:sN5AAjPS
奥津ゆかりさんって今何してるの?


45 :柚口康晴:2010/01/22(金) 22:44:44 ID:Uy5aX8YF
おれは森悠紀がなにしてるのか知りたい。

46 :名前はいらない:2010/01/23(土) 01:00:11 ID:qZ9CNmWl
思潮社から詩集出さないと、何やっているかわからないひとたちに
結果的になってしまうの?

47 :名前はいらない:2010/01/23(土) 23:25:47 ID:x5YmAR9j
>>44 いくつかの同人誌に所属して作品を書いてるみたいです。

48 :クマクマ:2010/01/24(日) 13:53:13 ID:vmwzKMPi
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩   全国同人詩誌特集やればいいクマね
    | ノ      ヽ   
   /  ●   ● |  

49 :名前はいらない:2010/01/26(火) 15:22:25 ID:II2IEyzJ
ユリイカ、また伊藤比呂美。ちょっと笑った。
一年おきに、違うタイプの詩人にしてよ。
断るひとが多いのかね。。。

50 :名前はいらない:2010/01/26(火) 15:24:32 ID:II2IEyzJ
日本語間違った。。。
一年おき、ではなく 一年ごとに、で。

51 :柚口康晴:2010/01/26(火) 19:10:22 ID:0GMVSgSS
だいたいひとりが2年担当するクマ。それくらいチェックしろ。

52 :名前はいらない:2010/01/26(火) 20:51:13 ID:II2IEyzJ
誰かが質問していたから書いただけ。

53 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/26(火) 22:20:44 ID:SJSWOztZ

ほかに引き受ける人がいなかったのかな。

たぶんね、笑。


54 :名前はいらない:2010/01/27(水) 01:10:14 ID:AtX45+K6
あっちゃんは手帖の方にも投稿していたのですか?

55 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/01/27(水) 17:18:43 ID:1/LNS+n9

一度だけ。

ユリイカと同時に。

佳作だったから、送らないことにしました。

ユリイカは載ったから、つづけて投稿する気になりました。

いまのぼくの詩だったら、たぶん、どこにも載せてもらえなさそうね、笑。


56 :名前はいらない:2010/01/27(水) 20:01:41 ID:trBsYprz
あっちゃんさんって
過去、ユリイカの新鋭詩人受賞されたのでしたか。
その時の評価やその後のお仕事はどうでした?
あっちゃんが受賞後?どうやって活動し今に至ったのか知りたく
手帖やユリイカ投稿者に参考にならないかとお聞きしたく思いました
今と昔は違うかもしれないけど・・・
夢を潰すよーな現実ばかりだとイヤだなと思いつつ・・

57 :54:2010/01/27(水) 21:07:29 ID:AtX45+K6
>>佳作だったから、送らないことにしました。
佳作だと次も送りそうだけれど、送らないところがあっちゃんらしいの
かもしれませんね。ちょっとあっちゃんに触発されてメリルを読んでみようかと
思ってます。

58 :名前はいらない:2010/01/27(水) 21:35:13 ID:Mku6NVfl
また伊藤比呂美かぁ
この人は、新人に割と好意的だな。
投稿欄の頁数も増えてたし。

>>53
>ほかに引き受ける人がいなかったのかな。

どうゆういみさ?


>>56
>夢を潰すよーな現実ばかりだとイヤだなと思いつつ・・

本当はどうやら、お金儲けがしたいようだね。
アンタは文字を書くより、真面目にコツコツ働いた方が好い。

59 :柚口康晴:2010/01/27(水) 21:48:22 ID:YBUEcWRF
id=6591266

60 :名前はいらない:2010/01/28(木) 03:50:00 ID:4gZniSIe
ユリイカ2月号(青土社) 富士鷹ジュビロ特集
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1264572413/


詩の雑誌の中ではユリイカが一番売れてるのかな?
知名度はあるよね。

61 :名前はいらない:2010/01/28(木) 04:53:23 ID:WLntS4om
現代詩手帖が一番売れてる

62 :クマクマ:2010/01/28(木) 10:00:16 ID:qhVaK6Jw
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩   ジュビロ特集って吼えペン読者以外にもわかるクマ?
    | ノ      ヽ   
   /  ●   ● |   手帖とユリイカ、購買層が真っ二つに分かれてそうな…

63 :名前はいらない:2010/01/28(木) 14:49:24 ID:JhyNhkc+
なんで 
詩tおいうわれるものんを書くひとは
犬とか鳥とか熊とかなんですかああああああああああああああああ?

64 :名前はいらない:2010/01/28(木) 14:52:12 ID:JhyNhkc+
NHKか
どーでんよか

「シトシトしそう」は同人誌なんですかあああああああああああ?

65 :名前はいらない:2010/01/28(木) 15:31:08 ID:lduPVfmB
クマクマさん。
ユリイカは一般の人文系やサブカル系に興味あるひとむけ。
手帖は詩に興味あるひとむけ。ちがうもなにも、こちらは詩に関心がなければ
ほとんどのひとは買わないよ。。。。
というかユリイカを詩の雑誌としてとらえているひとはほとんどいないと思う。
なんで載っているのか、わからないひとのほうが多いでしょ。

66 :クマクマ:2010/01/28(木) 21:18:30 ID:qhVaK6Jw
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    うん。ただ、手帖も他ジャンルの芸術の紹介も少ページながらしてて、
    | ノ      ヽ     少なくとも詩の雑誌の編集者には、
   /  ●   ● |     「全ての芸術文化の底辺にある詩情と云うものを、僕らが一番理解してます」
                   って自負があるのかも知れない、と意地悪く云ってみるクマ。

   手帖2月号、しょっぱなの討論も、9.11や吉本批評が傍聴者から引き合いに出される辺り、
   若い詩人にそこからスタートしなきゃいけない義務を課したいのが偉い人たちの本音なのかしら。

67 :名前はいらない:2010/01/28(木) 22:39:47 ID:lduPVfmB
クマクマさんは詩に関心があるからそう見えるだけ。
詩に関心がなければ、手帖はあくまで詩の雑誌として
購入リストから排除されると思います。外国文学に興味あっても
日本の現代詩には興味がないひとは結構いると思います。
特集によっては例外があるかもしれませんが
詩に関心あるひと限定の雑誌だと思います。


68 :名前はいらない:2010/01/28(木) 22:42:39 ID:lduPVfmB
「外国文学に興味あっても
日本の現代詩には興味がないひとは結構いると思います。」
という一文は文学好きでも、手帖に関心がないケースは当然あると
いいたかっただけです。

69 :名前はいらない:2010/01/29(金) 13:08:12 ID:Tnw9yzh4
そろそろ中也賞だな。さすがに一次選考は終わってんだろ?

70 :名前はいらない:2010/01/30(土) 17:59:48 ID:ovf8pTAE
JK来る?

71 :名前はいらない:2010/01/30(土) 18:35:58 ID:WXuvxCrL
JKの話は飽きた

72 :名前はいらない:2010/01/30(土) 20:52:35 ID:Mon0roLi
候補者の名前を出さないのはどうしてなの?
芥川賞とかみたいに出せば良いのに。
ところで鮎川賞ってどうなったの?

73 :名前はいらない:2010/01/30(土) 21:24:48 ID:rNEJfG7M
鮎川賞、一月に予選があるとあったけど、
何冊くらい予選通すのだろ。その後二次があって最終?
やっぱ予選通過者にも連絡って行くのかな。
だいぶ前に送ってみたのだけどもう月末・・・
連絡きてない俺は落ちたか・・・orz

74 :名前はいらない:2010/01/30(土) 22:03:56 ID:Mon0roLi
中也賞は出していないの?

賞とるとらないというより、詩集出していることが俺からすれば
すごいんだけれど。。。

75 :名前はいらない:2010/01/31(日) 06:52:07 ID:0Lml97iX
中也賞は八柳の営業力

76 :名前はいらない:2010/01/31(日) 18:58:14 ID:ad9h2cYy
候補も出てないの?

別に営業したからとかは思わないが
八柳さんは結構イイ線行きそう

77 :名前はいらない:2010/01/31(日) 23:50:18 ID:pLYcc8cm
中也賞はいつも決まったあとで公表されています。

78 :名前はいらない:2010/01/31(日) 23:55:26 ID:0Lml97iX
情報毎年漏れちゃってるから聞いてみ

79 :名前はいらない:2010/02/01(月) 01:01:51 ID:D6PWBn4k
>>77 当たり前ワロス

80 :名前はいらない:2010/02/01(月) 01:14:57 ID:D6PWBn4k
不倫の歌なのか…

81 :77:2010/02/01(月) 02:02:48 ID:B4wNAe83
中也賞の候補はいつも決まったあとで公表されています。

と書きたかったのだけれど意味不明なこと書いてしまった。

82 :名前はいらない:2010/02/01(月) 05:44:38 ID:GM0KHYNP
どんまーい

女子高生の話をしたいんだけど、
流れを見るにここではその話は止した方が良いのかな? 荒れる元?

83 :名前はいらない:2010/02/01(月) 07:11:04 ID:/tbsysCl
してもいいがここはアンチだらけだぞ
また本人降臨しても知らないぞ
すげー怖かったww

84 :名前はいらない:2010/02/01(月) 10:58:12 ID:GM0KHYNP
>>83
 過去ログ読んでみたけど、どのスレッドに降臨してるのか分からん。
興味があるので良ければ教えてほしい。

 彼女の詩集に寄せられた藤井貞和の推薦文に水噴出してしもうた。
だって彼女の詩の一体何が優れて受賞に至ったのか、全然書いてねーんだもん。
この人は文月悠光の世界を理解できてない・できないようだし、
多分手帖賞の選考員としての選評も、この人は彼女の受賞に反対してたんじゃないかな、と思った。

 前スレの終わりの方に、自己推薦で早稲田入学という話があったが、
詩集の作品の中であれだけ学校という枠組みに対して反骨心を剥き出しにしていたのに、
結局学力以外の要素を用いて学歴取るのかよー、と思うとげんなりした。
詩の言葉に意思という血がかよっていない。こんなの詩ですらないじゃーん。

85 :名前はいらない:2010/02/01(月) 11:36:35 ID:2Uj0RunU
八柳さんはありそうだけど,またこの系統かって思っちゃうかな意外性が欲しい

でも女子高生に決まったんでしょ?

86 :名前はいらない:2010/02/01(月) 11:38:51 ID:D6PWBn4k
誤字脱字に高評価っぽいのを与える詐欺っぽい会社ってあるよね

87 :名前はいらない:2010/02/01(月) 13:04:56 ID:/tbsysCl
>>84
前スレだよ
600台くらいだったか、忘れたが

>>85
決まってないよ
自分は力量的に候補に上がるかさえ疑問視してるんだが
どうしてみんなは彼女が取ると思うんだい?

88 :名前はいらない:2010/02/01(月) 14:14:27 ID:YLa6geuF

詩と思想年間最優秀作品 受賞者
中島真悠子 丸亀たまき さつ木あや子 中井ひさ子

中島さんと丸亀さんは何年か前から雑誌やコンクールで名前見てたから
卒業おめでとうと思った。

89 :名前はいらない:2010/02/01(月) 14:22:52 ID:B4wNAe83
>>84 藤井貞和の文章が意味不明だったのは俺も感じた。しかし駄目だしなんて
当然できないから、ある意味栞ってこわいな。。。

ただ、評価はしていると思うよ。それが全く伝わってこない。

>>85
八柳さんの作品は投稿欄で、井坂さんがとっていなかった気もするが。

90 :名前はいらない:2010/02/01(月) 22:44:23 ID:5fuQm20j
現代詩手帖最新号、 今日読んだ。
本屋で座り読みである。
座談会の人々は、オツムだけは賢そうだが、
心身共に、異常に病的な印象を持ったのは私だけだろうか?
それとも、現在、今、詩を書くという行為自体が、
病んでいるということの承認合戦なのだろうか?


91 :柚口康晴:2010/02/01(月) 23:34:29 ID:/FeqXTWn
時代遅れの若者のメンヘル競争

92 :名前はいらない:2010/02/02(火) 01:26:39 ID:hC7JhasJ
>>87
 サンキュー。後で読んでみる。

>>90
 芸術家に「病人のようだ」と言うのはむしろ褒め言葉ではないでしょーか。
自分の中身がカラッポなのを分かってて、必死に自分があたかも病人や基地外のように見せかける人間は滑稽だけどね。

93 :名前はいらない:2010/02/02(火) 01:27:30 ID:QeTC1Y1+
>>87
あれってやっぱり本人なのか…
文月さんは中二作家志望のころに2chにスレ立ててたけど
ちょっと軽率な所があるな

94 :名前はいらない:2010/02/02(火) 02:39:03 ID:1iBCjkiZ
>>90
シンポジウム2は去年のゼロ年代の座談会よりはましかなあと思った。
シンポジウム1は読んでない。1のことかな?


95 :名前はいらない:2010/02/03(水) 20:18:44 ID:cgRN3CKq
>>90

Tで、思潮社が推す第一線(ということになっている)の朗読者たちに
切り込んだ栗山は立派だったと思うな。書いている詩はどうあれ、徒党
を組んで権力を守る側にいる連中より、たった一人でも権力を揺さぶろ
うとする人間の方が遥かに詩人らしい、ということがハッキリするよう
な切り込み方だった。

96 :名前はいらない:2010/02/04(木) 00:34:14 ID:66vEyqj2
>>95
中尾や山嵜がなんの権力を守るの?
どうしてそんなにびっくりするぐらい単純な図式を描けるの?

それに
>書いている詩はどうあれ〜遥かに詩人らしい
というけど、
あなたにとっては、「詩人なんてポーズだ」ということがハッキリしたということ?
その栗山も(括弧さんか知らないけど)中尾も、実作をないがしろにして
なにかを言ってはいないだろ。
しゃにむにでも共闘も孤軍奮闘も必死でやっていて、
そういう人たちの中にあなたに「立派だった」と
わざわざ言ってもらわなくちゃいけないような人はいないよ。

まあ思潮社を叩きたいだけなんだろうけど。あなたのその「反権力の姿勢」はなにより詩人らしいよw

97 :名前はいらない:2010/02/04(木) 13:13:30 ID:f23banoa
>>95
>>96に完全に同意することはできんけど、
実際に本人らの佇まいを見ればよく分かる。
全く権力的とは言えない普通の兄ちゃんらだ。
「らしさ」が見えてこないこそ反感を買うのかもしれんが。

98 :名前はいらない:2010/02/04(木) 13:25:27 ID:f23banoa
見えてこないからこそ

だ。ごめん。
ついでだから言うと、病的ってのはピンと来なかった。
でもそういう風に何らかの形でゼロ年代を総括し、
消費したい意志があるのかなっていうのは感じた。

99 :名前はいらない:2010/02/04(木) 20:25:44 ID:8Vfaqqdh
>>96
>>97

「権力」という言葉を使ったのは、確かに適切じゃなかったかも知れない。

彼らは、それこそ中尾みたいに自分の詩の立場をいきなり語り始めたりして
主張だけはするが、基本的に何一つ他者の批評を受け入れられないところが
あるんじゃないか? だからこそ、いつも対談でもシンポでも噛み合わない。
そこが和合がお膳立てを用意して、少なくともそこに一応は全員が乗っかっ
てしゃべっていたUとの大きな違い。

そこを栗山は突いたんだよ。そういう意味では、奴らは一方通行しか許さな
い強者で、その若造の強者ぶりを許しているのが思潮社の商業主義なんだと
思うんだが。
あり、そこで得た「主役の座」を守ろうとしているのは明らかなんかないか?

100 :名前はいらない:2010/02/04(木) 20:28:32 ID:8Vfaqqdh

最終行、間違って残っていた。削除したいが出来ない。

101 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/04(木) 22:05:53 ID:FgdZhNwx

詩には力があるけれど

権力なんて、どこにあるのさ。


102 :名前はいらない:2010/02/04(木) 22:59:28 ID:rVZMJOKq
>>99
そこを突いたっていうけどさ、話が変わってないか。
栗山は朗読者達の詩のことで文句を言ってるんじゃなかったっけ?
俺の読みではそうだったんだが。
もし彼らの立場をどうこう言ってるってことなら、
単に無意味だし、非生産的だと思う。
それに中尾にしても神山の議論を引き取ったりもしていたし
栗山にもちゃんと返事していたじゃん。
批評を受け入れられないってのは
さすがに悪意がある読み方なんじゃないの?
Uはみんな展望を語っているんだから
Tとは当然ノリもスタイルも違うわな。

103 :名前はいらない:2010/02/04(木) 23:41:26 ID:/4GNj309
詩だけ書いてりゃいいのに、なんでこんなとこで愚痴をこぼしてんだよw

104 :名前はいらない:2010/02/05(金) 04:32:53 ID:XNiqAAqh
山嵜自演激しいな。

105 :名前はいらない:2010/02/05(金) 13:47:22 ID:uR4HjXKN
手塚っぽいやつとか今唯っぽいやつもいるね。

106 :名前はいらない:2010/02/05(金) 15:11:23 ID:Mn4OgP72
なぜ草食系男子ばかり槍玉にあげられてるんだw

権力気にするやつは弱い者イジメが好きだからなあw

107 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/06(土) 08:58:49 ID:18qb/NC9
文学極道の詩投稿掲示板で、とうとう「おまえ」呼ばわりされてしまった。

なんともはや。
どういった言語環境でお育ちになったのかしら、想像すると、ぞっとします。
他者に、「おまえ」などという言葉を使って、呼びかけることなんて
ぼくには、考えられない。
詩を書く以前に、「人間性」の問題だと思う。
つぎのところで
そういう人とやりとりしています。


ここ



http://bungoku.jp/ebbs/bbs.cgi?refresh

108 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/06(土) 09:40:57 ID:18qb/NC9

つぎのところだったら

直接いけると思います。

ここ



http://bungoku.jp/ebbs/bbs.cgi?pick=4130


109 :名前はいらない:2010/02/06(土) 10:20:57 ID:y+X0h9MA
がんばれ

110 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/06(土) 11:29:52 ID:18qb/NC9

ありがとうございます。


111 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/06(土) 14:36:20 ID:18qb/NC9

議論は、http://bungoku.jp/fbbs/viewtopic.php?t=452 でもなされています。

その直前までの議論は、うえの108で紹介した
http://bungoku.jp/ebbs/bbs.cgi?pick=4130 で、なされています。


112 :クマクマ:2010/02/06(土) 15:52:50 ID:FpKjHKKH
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    >あっちゃん
    | ノ      ヽ     俺クマの記憶が間違ってなけりゃ、文極はあれでも軟らかくなった方。
   /  ●   ● |     昔はもっと殺伐としたレスが盛んに飛び交ってたし、
                   あの空気になじめないなら、もう関わらない方がいいんじゃないクマ?                    

113 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/06(土) 17:17:34 ID:18qb/NC9

クマクマさん


コメント、ありがとうございます。

そうなんですか。

きっと、ぼくは、ずっと言語環境がいいところにいたのでしょうね。

体調第一に考えなければならないところにまで行きましたが

少し持ち直しています。


114 :名前はいらない:2010/02/06(土) 17:51:39 ID:jGPkzXT+
文極の話はぶっちゃけどうでもいーつうか・・・
スレができてんだからそっちでやれよと
話題になってる栗山の発言とか、シンポT・Uの対比とか・・・
せっかく久々に詩の雑誌で話題にできそうなことがと思ったら
やっぱこのスレは不毛だね・・・まー仕方ないかね
シンポ自体もまだもう一歩発展性に欠けるというか
その程度といえばその程度か

115 :名前はいらない:2010/02/06(土) 19:40:34 ID:y+X0h9MA
詩をめぐる環境について考えたって意味ない。
まずは自分が読むべき詩を書くことだろう。

116 :クマクマ:2010/02/06(土) 20:36:54 ID:FpKjHKKH
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    意味がなくとも、周囲が勝手に意味づけしちゃうような環境なのかしら。
    | ノ      ヽ     「現代」詩と云う名である以上、今書くことの意味こそが最も問われるべきことなのかしら。
   /  ●   ● |     橘上くんの発言がクマクマにも解りやすくておもしろかったクマ。

                   俺クマも十年経ったから詩人だ!

117 :名前はいらない:2010/02/06(土) 20:51:50 ID:/t1ko1va
じゃあ俺が書いてやるけど、シンポTに関していうと、彼らは倫理のための否定があまりに直接的過ぎるんだよ
それは自己否定的なもんで、果たしてそれは抵抗たりうるのか、という疑問がまずある
ファシズムを直接否定するとき、ひとはファシストになってしまうもので、
例えば、詩を壊そうと思ったらそれだけ詩が必要なわけだ
なぜ68年詩が抵抗たりえたのかという問題でもある



118 :名前はいらない:2010/02/06(土) 20:59:25 ID:y+X0h9MA
>>116
だれそれに詩を書かせる「現代」の問題じゃなくて、
詩の消費(あるいは不-消費)や流通(あるいは不-流通)の話は意味がないってこと。

119 :名前はいらない:2010/02/07(日) 00:37:13 ID:PeIhp9v+
>>117
お粗末だね。キーワードだけ並べましたよみたいな作文。

>>118
なにそのハイフンwゲロ吐きそう。

120 :名前はいらない:2010/02/07(日) 03:02:54 ID:VN/XQeZU
よくわかんないけど山嵜が粘着なのはわかった。

121 :クマクマ:2010/02/07(日) 18:22:07 ID:He4kFmq/
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    >>118
    | ノ      ヽ     読解力なくてごめんなさい
   /  ●   ● |    
>>120
                手帖で扱われる詩人の中に2ch見てる人、そんなに多いの?

122 :名前はいらない:2010/02/07(日) 23:22:06 ID:vImhAnQs
みんな、作品じゃなくて自分を認められたいのかねぇ。
俺は詩は好きだし、投稿もするし賞も欲しいけど。
現代詩手帖? 詩壇? ハッっていうこのスタンス。


123 :名前はいらない:2010/02/08(月) 00:04:31 ID:t16x1RQS
作品を認められたいと思うのは当然という態度がうかがえるな。

124 :名前はいらない:2010/02/08(月) 00:22:19 ID:i9m3//iB
>>123
認められずとも書きたいから書く、と?
それもカコイイ!! だね。

125 :名前はいらない:2010/02/08(月) 00:31:27 ID:JstOiqmJ
それでごまかせるとでも?

126 :名前はいらない:2010/02/08(月) 00:49:42 ID:RSG8gMxK
まだ大丈夫だ、ほめられないから
         ――北大路魯山人

127 :名前はいらない:2010/02/08(月) 01:16:44 ID:i9m3//iB
認められたい気持ちはあるけど、今の人じゃなくていい。
宮沢賢治みたいなんは上等。
認められる、というのも、一人の詩人がほめてくれたらいいのか、
みんながなんとなくいいもの、といいだすのか。
妻が、私は好きだよ、といってくれるのか。

128 :名前はいらない:2010/02/08(月) 01:18:22 ID:t16x1RQS
美学上の根本問題だろう。
「鑑賞者」として読みたいもの・読むべきものを書いているだけなのに、
なぜなぜそれが他者によっても鑑賞されるべきものと思うに至るのか。

129 :名前はいらない:2010/02/08(月) 01:21:43 ID:i9m3//iB
芸術は公開すべきでない?

130 :名前はいらない:2010/02/08(月) 01:34:31 ID:t16x1RQS
まあ政治性の問題なのだろうと思いますね。
世界内性とか間主観性とか生存の絶対的条件に由来するところの。
やはりどんな瞬間も他者と無関係ではありえないでしょう。
で、あらゆる作品は政治ビラ的構造を不可避的に有してしまう。

と考えると、じゃあアールブリュットとかどうなんだといった問題も生じるんですけど。

131 :名前はいらない:2010/02/08(月) 01:43:25 ID:bxIk9CJD
そして佐藤という循環か

進歩のないスレだな

132 :名前はいらない:2010/02/08(月) 01:52:02 ID:i9m3//iB
そういう作品の周辺とか、作者の意思とか、詩壇の活動とか、
そんなんどうでもよくて、
いい詩がいいと、みんながそう言える世でありたい。
いい詩をいいといえば、本人か関係者といわれるのがこのスレだし、
みんなの嫌いな詩壇の権力となんら変わらんよね。

133 :名前はいらない:2010/02/08(月) 02:02:58 ID:t16x1RQS
素朴すぎるけど、まあ、別にそれでなにか問題があるわけでもないか。

134 :名前はいらない:2010/02/10(水) 05:57:04 ID:wjKbJRdy
一月の女子高生のブログに,最終選考残ったって書いてあったね.発表はいつなの?

135 :名前はいらない:2010/02/10(水) 09:29:40 ID:mkipfs/R
中也賞、最終選考7詩集選ぶ 応募は過去最低170詩集
(山口新聞 2010年1月28日(木)掲載)

山口市が現代詩人の登竜門として設けている「中原中也賞」の推薦会が23日
、東京都文京区の東京ガーデンパレスで開かれ、第15回中也賞の最終選考会
に向けた7詩集が選ばれた。最終選考会は2月13日、湯田温泉の中也ゆかり
の旅館「西村屋」で行われる。

市文化政策課によると、今回の公募に対、全国から170詩集(うち推薦は8
詩集)の応募があったが、200詩集を切って過去最低だった昨年の184詩
集を下回った。一番応募が多かったのは東京都の21詩集。次いで神奈川県の
14詩集、大阪府の12詩集の順。県内は2詩集で山口市はゼロだった。

性別では男性が94人、女性が68人。年代別では10代2人(昨年1人)、
20代23人(同26人)、30代28人(同48人)、40代32人(同2
8人)、50代34人(同35人)、60代29人(同21人)など。最年少
は18歳(北海道の女性)、最高齢は81歳(愛知県の女性)だった。

推薦会は中也賞選考委員のうち、いずれも詩人の北川透さんと佐々木幹郎さん、
荒川洋治さんの3人があたった。

136 :名前はいらない:2010/02/10(水) 10:35:35 ID:z2r+rsNq
JKが詩手帖賞とったことすら苦笑モノなのに
中也賞とったら俺は詩壇に完全失望する

彼女は女子高生の中でも感性は鈍い方だと思う
そんなに有名になりたいなら早く小説畑に帰ってほしい

137 :名前はいらない:2010/02/10(水) 10:41:11 ID:z2r+rsNq
最年少記録更新も不愉快
今が最果さんなだけに。彼女を上回るセンスや内容が到底あるとは思えない。
是非とも中尾さんあたりにとって頂きたいが、彼は結局対象になったのだろうか

138 :名前はいらない:2010/02/10(水) 11:36:47 ID:mkipfs/R
>>134

FYのブログ見たけど、どこにもそんなこと書いてないように見えるんだが。

139 :名前はいらない:2010/02/10(水) 12:25:07 ID:bgCkj4bu
そんなことで失望かよくだねえなあ
こっちは何十年も絶望してんだよ

140 :名前はいらない:2010/02/10(水) 16:07:08 ID:JEes2tTL
>>136
■朝日新聞の13日(土)の夕刊。気をつけて見ると、いいことあるかも。
FYのブログに書いてある受賞予告,うれしいお

141 :名前はいらない:2010/02/10(水) 16:31:02 ID:e4rt8HSY
おっさんたちは若い子が好きだからw

142 :名前はいらない:2010/02/10(水) 18:14:59 ID:3sTmHqSJ
読みたい詩を読み、書きたい詩を書くだけでなぜ満足できないのか。
一体なにを期待してるんだ? 詩壇とやらに。
合理的な説明ができないなら、嫉妬でしかないぞ。
みっともない。

143 :クマクマ:2010/02/10(水) 18:40:35 ID:AbWP8bwo
      ∩___∩              
      | ノ  _,   ヽ      
     /   ─   ─ |  賞金はほしいじゃないクマ?
     | ////( _●_)//ミ    
    彡、   |∪|  ノヽ   
     /ヽ /⌒つ⊂⌒ヽ |
     |  /  / k  l  | l  
     ヽ、_ノ    ヽ,,ノ

144 :1:2010/02/10(水) 19:15:37 ID:1MJF3Xqt
結局人生ってさ「経験」が物を言うんだよな
いい大学行こうがいい成績取ろうが「経験」が無いと世間に出たときに何も役に立たない
まぁお前らみたいなオタクにはわかんねーかもしんないけどな
俺は高卒で世間的には低学歴かもしれないが、フランスに渡米した経験を活かして
今は充実した仕事してるよ
お前らも壁作って自分の世界に閉じ込もって無いで
今しかできない「経験」しといて経験値積んどけ

145 :名前はいらない:2010/02/10(水) 19:19:07 ID:oaN5oPHh
中也賞はそろそろ男にやれよ

>>136
小説じゃむづかしいから詩に来たんだろ
中二作家志望のころは詩を踏み台にしてのし上がろうとしていたからな
今もそうならがっかりだ

>>140
中也賞発表は夕刊には間に合わない
取材でもされたんじゃね?

146 :名前はいらない:2010/02/10(水) 20:13:03 ID:6EbW2wia
>>141 挙げ足は取りたくないが
>フランスに渡米 どっちだww

147 :名前はいらない:2010/02/10(水) 20:13:46 ID:6EbW2wia
>>144だった…ごめんスルーで。

148 :名前はいらない:2010/02/10(水) 20:18:14 ID:e4rt8HSY
>>144
フランスに渡米ww


149 :名前はいらない:2010/02/10(水) 20:28:07 ID:kn+KroLa
なんにせよ詩壇はもう終わってるってこった
中也賞なんて女子高生にやっちまえ。

150 :1:2010/02/10(水) 20:37:58 ID:1MJF3Xqt
よぉーし 笑ったんだな
御託並べる前に
笑える詩を書いてみろや

151 :名前はいらない:2010/02/10(水) 21:21:39 ID:1YJp9yaU
てす

152 :名前はいらない:2010/02/10(水) 21:50:28 ID:5RoCtjCv
>>144はコピペだよ、念のため

153 :名前はいらない:2010/02/11(木) 01:23:41 ID:BzIib9qL
JK、この板に集う人を批判しているらしき短歌をブログに書いていたね。

154 :名前はいらない:2010/02/11(木) 02:27:31 ID:YdopxnAo
文月の話辞めようぜ
黙ってらんないんだからまた降臨されてもスレ荒れるだけ

鮎川賞の情報は?

155 :名前はいらない:2010/02/11(木) 07:30:47 ID:NPKziJ/G
選考員「それでもお前らよりまし」

156 :名前はいらない:2010/02/11(木) 10:03:04 ID:KuLHmhF0
鮎川賞は新人むけ?中堅むけ?

157 :名前はいらない:2010/02/11(木) 10:05:27 ID:daywtD2P
>>155

まさにそこが問題だよ
やっぱり「マシ」なだけだろ?
どうしてマシなだけで賞やったりするんだろう
詩壇はもっと慎重に、真剣になってほしい
受賞者無しが続いてもいいと思う


158 :名前はいらない:2010/02/11(木) 10:41:04 ID:YdopxnAo
文月の話は余所で!どこか最悪板とかそのへんで!

>>156
中堅むけじゃないか?

159 :名前はいらない:2010/02/11(木) 18:20:19 ID:KuLHmhF0
>>158
トン
H氏賞ノミネート発表
なんだこれ
高塚も阿部嘉昭も平川も山田も清水も斉藤も入ってないぞ
話題にしたいけど出来ないやつは残ってるんだな

160 :名前はいらない:2010/02/11(木) 20:20:45 ID:8hm5Eyhi
規制解除

161 :名前はいらない:2010/02/12(金) 01:39:04 ID:cv82o4Nn
模範解答みたいな詩を書く文月悠光は中也賞よりH氏賞かなと思っていたが
やはり候補に入ったみたいだな
おじさんおばさん連中が若者を理解した気になれるという点でウケがいいんだろう
しかし理解が追いつかない未知なる可能性に賭けるのではなく
自らが理解できる範囲でしか評価しないという姿勢は詩人としてはどうか

162 :名前はいらない:2010/02/12(金) 01:55:54 ID:cv82o4Nn
文月は詩人としては三流だが詩を学ぶ若者にしては勉強家だ
だから俺は彼女を嫌ってはいない
しかし勉強家で話題性があればセンスがなくても感性が鈍くても賞が獲れてしまうような芸術に先はない
それでは作文のコンクールや小論文の試験と同じになる
目先の売り上げのために彼女を持ち上げる周囲にこそ将来歴史の法廷に立つ覚悟ができているのか問いたい

163 :名前はいらない:2010/02/12(金) 02:56:22 ID:tOoPOLEf
なぜ不満なのかがわからない。
なんでだ?
無視できない理由が知りたいもんだな。

164 :名前はいらない:2010/02/12(金) 08:31:52 ID:SgnkNXUK
詩人的感性の「嫌悪」だよ

失望だ絶望だ言っていても
本当は詩がもっと良くなることを願ってる
だから信用ならないものをほっとくことができない
ここで取り上げられる他の話題と一緒。

文月さんが悪いんじゃないよね
彼女は自分なりやってるし、動機がどうあれ熱心だ
だがそれで賞やってしまうのは違う

俺は何の権威もないし詩だってほとんど無名だが
それでも怒りや嫌悪は感じる
俺だけが感じる違和感ならもう口を閉じるが
どうか詩壇よ鈍らないでくれ
芸術をまた見つめてくれ

165 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/12(金) 09:54:47 ID:7GnwV3ld

才能の枯渇した人たちが審査員をしているのだから

当然の結果だと、ぼくなんか思ってるんだけど。


166 :名前はいらない:2010/02/12(金) 11:25:35 ID:W9RKDupC
あっちゃんの詩集は今読むと面白いけど当時はわからなかった。すまん。

167 :名前はいらない:2010/02/12(金) 13:40:17 ID:5QXd3Eaq
才能の枯渇と、審査員としての適正や能力は別だろ

168 :名前はいらない:2010/02/12(金) 13:47:06 ID:HQHTNYri
見る目が無かっただけなのに「才能を見出だす」とか言って盗撮までして捕まっちゃうパターンだな

169 :名前はいらない:2010/02/12(金) 13:54:24 ID:GjFhMND5

誰に賞をあげてもたいして話題にされないし、増刷するほど売れないし
詩集とか詩手帖とか、取次ぎとか書店にはほとんど相手にされてないし
まあ文化としてオワットル

170 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/12(金) 15:06:12 ID:rJTPQ6c+

167さんへ

才能の枯渇していると明らかに思われるひとが、審査員として適切だとぼくには思えないのですが。

才能の枯渇していると明らかに思われるひとが、審査員としての能力に長けているとは、思えないのですが。

才能を見つける能力にすぐれている詩人といえば、ぼくにはパウンドが思い浮かびますが

167さんは、いったいどんな方を審査員として適正や能力がおありだとお考えですか?


171 :クマクマ:2010/02/12(金) 21:27:49 ID:J1zj/GZN
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    このスレの多くの人間は、
    | ノ      ヽ     『アオイホノオ』第三巻の上京持ち込み篇で泣くと思う。
   /  ●   ● |     俺は本屋で立ち読みしてマジ泣きしたw

172 :名前はいらない:2010/02/12(金) 21:46:03 ID:t44A+RKe
>>164
つまり身も蓋もないただの嫉妬だろ。
読むべき詩を読み書くべき詩を書くだけでいいはずなのに、
詩とまったく関係のない「詩壇政治」に拘泥し、
挙げ句に「詩人的感性」とか「詩がもっと良くなる」とか、
下手な言い訳にもなっていない。
推敲だけやってろ。
おまえの詩が誰からも評価されないのは列記とした理由があるんだよ。
惨めすぎていたたまれない。

173 :名前はいらない:2010/02/12(金) 21:53:22 ID:SgnkNXUK
>>172
はっきり言えば俺はあなたが詩人だと思っていない
そうやって書くことに向き合うことが結局できてないんだよ文月さん。
俺は俺の目指している場所に今のあなたがいてほしくない
詩壇という言葉を使ったことには語弊があったかもしれないが、
これからの現代詩を担う可能性として、それを見つけ送り出す人たちに
真剣になってほしかった

嫉妬ではないし失望でもない
願いだよ

174 :名前はいらない:2010/02/12(金) 22:24:56 ID:t44A+RKe
おれが文月なのか・・・w

175 :名前はいらない:2010/02/12(金) 22:29:31 ID:t44A+RKe
そもそも「目指している場所=詩壇」と詩の内容は関係がない。
受け入れられて仲良く盛り上がりたいというぬるすぎるコミュニティ志向しかもてないような阿呆にどんな詩が書けるのかね。
書くことと向き合えているんなら>>130にも答えられるだろうが、
まあ不可能だろうな。

176 :名前はいらない:2010/02/12(金) 22:34:13 ID:SgnkNXUK
>>175
文月の文章や性格に似ていたからそう判断した
違うならすまない

しかし、ちょっと言っていることが
よくわからないのだが…

177 :名前はいらない:2010/02/12(金) 22:44:25 ID:t44A+RKe
詩で有名になりたいということしか言ってないんだよお前は。

178 :名前はいらない:2010/02/12(金) 22:52:21 ID:SgnkNXUK
…閉口した。

なんでそんなにカッとなってるのか知らんが
もう一度レスを読み直して理解してほしい

179 :名前はいらない:2010/02/12(金) 22:58:04 ID:t44A+RKe
>>178
おまえのやったことをまず振り返れよw

2ちゃんで、匿名で女子高生に対して愚痴をこぼした。

これがすべてだろ。

180 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:00:08 ID:t44A+RKe
おまえが目指している場所はおまえを受け入れてくれないだろう。
なぜならおまえの書く詩が、
書くことと向き合えていないが故に他者に対して無効であるからだ。

181 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:04:54 ID:LAooKwus
うお・・・・いつの間に降臨しとるwww

182 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:12:41 ID:SgnkNXUK
>>179
意見を受け入れられない。いつもそうだ。
世界とも向き合わない。
否定的なものは全て排除してしまう

戦えよ、自分と。
評価されているからいいと上から見下ろすことがどんなに危険か気づけ
お前を成長させんのはお前しかいないんだぞ

183 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:15:16 ID:t44A+RKe
おまえは誰と戦ってんだよ・・・

俺が本当に文月だと思ってるのか?

184 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:18:01 ID:SgnkNXUK
違うならそれでもいい。


185 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:18:42 ID:t44A+RKe
文月は、おまえが目指しているという場所に受け入れられ、
おまえが欲するものを手に入れた。
詩人でないのはおまえだ。
自称するだけでは詩人にはなれないんだよw

186 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:25:23 ID:SgnkNXUK
一連の、自分の書き込みを読んで
自分がどんなに矛盾を言っているか、自分で理解してくれ


187 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:31:29 ID:5QXd3Eaq
お前ら気持ちわるすぎというか頭わるすぎというか

188 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:31:29 ID:t44A+RKe
>>186
おまえは詩を読み書きする前にまず人文的素養を身につけるべきだ。
他者概念の把握が曖昧すぎて、「なぜ書くか」、「なぜ読まれたいか」といった問いに対する一分の答えも持ち得ていない。
そういう蒙昧が、惨めったらしい妬みに転化している。

189 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:33:26 ID:t44A+RKe
おれを女子高生と同定するという、
スモール・ワールド性に関する錯覚も人文知の欠落を意味していると思う。

190 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:36:42 ID:LAooKwus
-------糸冬 了----------

でさ、お前ら朗読の可能性ってどう思う?

191 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:41:26 ID:t44A+RKe
興行的な可能性はあるだろうが、それ以上のものではないだろ。

192 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:45:04 ID:LAooKwus
あ、すいませんID:SgnkNXUKとID:t44A+RKeは帰って下さい

193 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:45:56 ID:t44A+RKe
っていうか「詩の雑誌」をタイトルとするスレでなぜ朗読の話するんだよw

194 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:46:57 ID:LAooKwus
お前ら撃退のためだよ!!!!わかれ!!!

195 :名前はいらない:2010/02/12(金) 23:48:54 ID:LAooKwus
あ、でもお前らって書いちゃった 紛らわしいね
でも、もう帰ってね

196 :名前はいらない:2010/02/13(土) 00:28:21 ID:Hv8h0MOk
明日(というか、正確には今日)、ある詩の賞の選考会なので、ずっと候補作を読んでいるところ。 まず「A」、すごく好感がもてる詩集。
綿矢りさが詩を書いていたら、こんな感じだったかも。うまくいってないところでも、イヤな気がしないのも才能ですね。

197 :名前はいらない:2010/02/13(土) 02:20:31 ID:zJj737XU
>>196
才能が枯渇した、というより最初から微塵もなかったが
うまく立ち回って選考委員になったクズを演じているつもりか?

198 :名前はいらない:2010/02/13(土) 02:27:03 ID:eRapZiZY
文月悠光降臨してたのか。大事な時期なのにな。

199 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/13(土) 03:58:08 ID:jD5whuFc

で、167さんは、どちらに?


200 :名前はいらない:2010/02/13(土) 11:11:58 ID:eRs7EL/I
悠光




ひさみつ


201 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2010/02/13(土) 12:46:22 ID:EUwJ6a1a

いずこに? 笑。


202 :名前はいらない:2010/02/13(土) 17:12:01 ID:5vIaKxmN
なんかこういう方向性で詩を流行らすことはできまいか?

ホリエモン「今の小説は長過ぎ、電子書籍を成功させるには読みやすく短いコンテンツが必要」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1266047223/


やはりケータイポエムが鍵だろうか

203 :名前はいらない:2010/02/13(土) 18:43:43 ID:4gKLRbRz
なぜ流行らせたいんだ?

204 :名前はいらない:2010/02/13(土) 21:07:48 ID:4gKLRbRz
文月が受賞きたー

205 :名前はいらない:2010/02/13(土) 21:20:41 ID:4gKLRbRz
文壇に美少女現る! 女子高生が中原中也賞
http://www.sanspo.com/shakai/news/100213/sha1002132110010-n1.htm

これは大丈夫なのか?w

206 :名前はいらない:2010/02/13(土) 22:59:40 ID:iUKb9YCL
誇大広告・・・VIP板にスレ立たないといいが

207 :名前はいらない:2010/02/13(土) 23:10:06 ID:4gKLRbRz
嫉妬レスまだか。
待ってるんだが。

208 :名前はいらない:2010/02/13(土) 23:16:59 ID:iaM0J4sx
うすら寒いわ

209 :名前はいらない:2010/02/13(土) 23:17:10 ID:iUKb9YCL
だめだ、見ろここ
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1266068329/1-100

こうなってくるとアンチだったが文月が可哀想になってきた

210 :名前はいらない:2010/02/13(土) 23:18:46 ID:eRapZiZY
立ってたw
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1266068329/

211 :名前はいらない:2010/02/13(土) 23:20:39 ID:eRapZiZY
仕方ないだろ
高校生という話題性で賞を獲るっていうことは
こういうやつらの前に晒されるってことだ
第二の綿矢りさ的扱いを本人だって望んでたんだからこれぐらい覚悟してるよ
だからこそ奇跡の一枚だって用意してたんだろ

212 :名前はいらない:2010/02/14(日) 01:18:21 ID:LCXX77rf
ルサンチマンの発露がたりない。
どうした?

213 :名前はいらない:2010/02/14(日) 02:49:17 ID:YEROeOP4
これは流石に酷いな
一般人にも馬鹿にされてしまっている始末
サンスポの罪は重いぞ

おまけに詩終わってるとかまで言い出す奴までいるし
中原中二て!酷ぇ
連中がこっちにまで流れてこないことを願う

214 :名前はいらない:2010/02/14(日) 04:45:30 ID:tdFNV6xo
     _人人人人人人人人人人人人人人人_
     >     わりとどうでもいい      <
      ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^ ̄

               ヘ(^o^)ヘ 
                  |∧   
                 /


215 :名前はいらない:2010/02/14(日) 06:39:33 ID:3HMKrsjR
>>203
言い方を変えるか。
「活性化させられないか?」

>>214
同意

216 :名前はいらない:2010/02/14(日) 09:48:52 ID:Sbc0JdGv
どう考えても文月悠光は才能なかっただろ。
小説の成り下がりみたいな詩しか書けないのに。
これで中也賞が完全に話題性のための賞だということが明確になったわけだ。

文月が受賞してしまうことなんか大体わかってたから
候補者が早く出ないかな
そっちの方が見たい。

217 :名前はいらない:2010/02/14(日) 10:06:37 ID:LCXX77rf
>>215
なぜ活性化させたいんだ?

>>216
いい加減おのれの惨めさに気づけ。

218 :名前はいらない:2010/02/14(日) 10:23:37 ID:Sbc0JdGv
ここにいるのが素人ばかりだと思うなよ
今回のことに批判的な見方をしている連中の何と多いことか。

219 :名前はいらない:2010/02/14(日) 10:30:26 ID:LCXX77rf
無視できない理由を言ってみろよ。

220 :名前はいらない:2010/02/14(日) 10:32:11 ID:36cxqwkb
逆に無視できる理由が聞きたい

221 :名前はいらない:2010/02/14(日) 10:38:14 ID:LCXX77rf
おまえの書くべき詩や読むべき詩とくだらない派閥ごっこにどんな関係があるんだ?

222 :名前はいらない:2010/02/14(日) 10:40:57 ID:36cxqwkb
暴走を誰が止めるんだ?助長しないとは限らないよ

223 :名前はいらない:2010/02/14(日) 10:43:16 ID:YEROeOP4
文月悠光は詩人ではないよ
詩を書いてないもん

224 :名前はいらない:2010/02/14(日) 10:55:04 ID:LCXX77rf
助長?
増長か?
あいつが増長してなんでおまえが困るんだよw

>>223
悔しいなら、おまえが賞を取ってみろよw

225 :名前はいらない:2010/02/14(日) 11:06:02 ID:Sbc0JdGv
ID:LCXX77rf
12日のもお前か。相変わらずの粘着だな
文月に特別な思い入れがあるようだが理解できない
内輪のぬるさが嫌だと言うくらいならまずお前から態度で示せ

226 :名前はいらない:2010/02/14(日) 11:08:29 ID:Sbc0JdGv
人は人でいいじゃないか構うなという考え方も到底意識が高いとは言えない
他者がいる世界を投げ出している。
お前は詩など書かない奴なのか、あるいは書いてもロクな詩ではないんだろうな

227 :名前はいらない:2010/02/14(日) 11:08:46 ID:36cxqwkb
2ちゃんねるで宣伝して一体なんの得になるの?
2ちゃんねる自体ネガティブイメージなんだけど

228 :名前はいらない:2010/02/14(日) 11:11:00 ID:LCXX77rf
おれは六本木詩人会で公表されてるやつしか読んでねえよw
つーか、俺の態度?
おまえの惨めったらしい嫉妬まみれの派閥ごっこを腐すのが俺の態度だが。

229 :名前はいらない:2010/02/14(日) 11:14:17 ID:36cxqwkb
なんでも空気に触れると腐るよ
酒でも造るのかギャハハ

230 :名前はいらない:2010/02/14(日) 11:18:40 ID:LCXX77rf
結局無視できない理由を一語も語ることができない。
言葉が欠落してるからだよw

これでホントに詩を書く人間だとしたら・・・
笑えないな。

231 :名前はいらない:2010/02/14(日) 11:28:10 ID:YEROeOP4
何故この人こんなに稚拙で必死なんですか…?
語彙が妙に浮ついていて、
まるで…
あ…

232 :名前はいらない:2010/02/14(日) 12:45:43 ID:3HMKrsjR
>>217
馬鹿みたいにクエスチョン連発させんなよ
詩集がベストセラーなんてなったら嬉しいだろ?
あるいは単純に、詩の良さをみんなに知ってほしいというのもある。
文月なんとかさんじゃないけど、それぐらいの野心は持ってもいいはず。

何か高尚なものみたいに考えるからいけない。

233 :名前はいらない:2010/02/14(日) 12:50:35 ID:LCXX77rf
>>232
詩で勝ちたい、一山当てたいという身も蓋もない功名心だが、
詩の内容とどう関係しているんだ?

234 :名前はいらない:2010/02/14(日) 13:17:54 ID:3HMKrsjR
活性化させることと、詩の内容は関係ないだろ。
つまり社会での詩の裾野を、良くも悪くも、広げられないかな、と言ってるの。

文月さんに中原賞与えて「若い感性」でもって
話題にする方法は単純で浅いと思うけど。
もうちょっと本気でやって欲しいわ。

235 :名前はいらない:2010/02/14(日) 13:50:00 ID:HnMZIhsH
>>234
三角みづ紀の頃から同じことやってて、裾野広がってるとは思えないもんな。
こんなことしか思いつかないのかね? 詩壇のお歴々は?


236 :名前はいらない:2010/02/14(日) 13:51:50 ID:HnMZIhsH
>>234
三角みづ紀の頃から同じことやってて、裾野広がったとは思えないもんな。
こんなことしか思いつかないのかね? 詩壇のお歴々は?

237 :名前はいらない:2010/02/14(日) 13:58:08 ID:36cxqwkb
>>232 なら頭下げてお願いするのが常識だろ
胡座かいて絵空事ごと言われても

238 :名前はいらない:2010/02/14(日) 15:16:17 ID:lGjHCKge
これまでも中也賞が発表されるとVIPで叩かれていたが
容姿やペンネームがその矛先で
詩自体をレベル低い、センスないと言われていたことなんてなかったんだぞ
しまいには今回なんて現代詩自体のレベル低すぎと素人に言われている
あいつらだって目は節穴じゃない
話題性でとらせるにしたってもっとまともなJKを探してくるべきだった

239 :名前はいらない:2010/02/14(日) 16:06:02 ID:MMP+QGlB
まあまあいいじゃねえか済んだことだ
ここまで叩かれていると文月もいい加減可哀想だろう。
努力家ではあるしこれからもある。
中也賞は新人向けなんだから、俺らは新人として見守っていこうじゃないか。
良くも悪くもこれしきで何かが変わる詩壇じゃないさね
連中見返してやろう

240 :名前はいらない:2010/02/14(日) 18:30:27 ID:LCXX77rf
なぜ選考委員が間違っていて自分が間違っていないと思えるんかが謎なんだよなw

241 :名前はいらない:2010/02/14(日) 20:28:13 ID:lGjHCKge
「私の予想通りに、悠光さんが中原中也賞を受賞されました。
元々小説家志望の彼女は、芥川賞も最年少受賞されるはずなので、
コミュニティ名「詩人 文月悠光」から詩人を除外することにしました。」

痛い奴がMIXIコミュニティの管理人やってんだな…
だがファンを見ればその人がわかると言うし
文月さんのファンらしいと言うべきか
きっと文月さんもまんざらじゃないんだろうな

242 :名前はいらない:2010/02/14(日) 21:03:10 ID:lGjHCKge
それ俺も見たww
前に水無田のコミュに人数で勝った!って書いてた奴だろw
ファンのくせに詩を小説の踏台にしか考えないなんて
文月の詩をちゃんと読んでるのかと聞きたくなるよな
単に女子高生で若くて賞を沢山とってるから好きなんじゃないか
文月も迷惑なんじゃねーの?w

243 :名前はいらない:2010/02/14(日) 21:07:30 ID:9NzdEojK
ちょwwwIDwww

244 :名前はいらない:2010/02/14(日) 21:09:17 ID:9NzdEojK
文月はともかく一般のファンのことはどうでもいいじゃないか
確かにイタイとは思うが…女子高生を持ち上げる奴にまともな奴はいないよ
むしろ文月に同情するな

245 :名前はいらない:2010/02/14(日) 21:52:03 ID:LCXX77rf
自演常習かつ対女子高生粘着・・・
こいつの隠しを読んでみたくなったよw

246 :名前はいらない:2010/02/14(日) 21:52:57 ID:LCXX77rf
×隠し
○書く詩

247 :名前はいらない:2010/02/14(日) 22:24:27 ID:9NzdEojK
逆にLCXX77rfはなんで文月さんをそんなにかばうんだ?
嫉妬で叩いている奴のほうがずっと自然だと俺は思うが。
文月さんは実際に年齢でゲタ履いて賞とってるわけだろ
詩人を志す奴はそれがかっこ悪いとしても嫉妬するのが自然じゃないか?
若い人が新人賞取ればワナビが叩くのはいつものことだしな
もしかしたら文月さんの周囲の人かなと思っているけど
ここにいる奴らを叩いてストレス発散したいだけならともかく
文月さんのファンならあんまりここで暴れると
文月さんのイメージをさらに落とすことになるから
アンチは自滅するまで放っておくことが賢明だと思うよ

にしても…文月さんもまだ詩を小説の踏み台と思ってるのかな
ぜひ現代詩を広めてほしいのだが
コミュ管理人とは親しいみたいだし
芥川賞狙いが彼女の本音なのかな…

248 :名前はいらない:2010/02/14(日) 22:53:52 ID:LCXX77rf
庇ってねえよw
文月なんてのはどうでもいい。
詩集も読んでない。
文月に嫉妬する醜く惨めな輩が負っている傷に、
さらに塩を塗りこんでやりたいという至極単純なサディズムだなw

249 :1:2010/02/14(日) 22:59:10 ID:XXFs+0iu
ちょいとアンタ
テンプレに
「詩とファンタジー」
追加すんの
忘れちゃ困る


250 :1:2010/02/14(日) 23:04:17 ID:XXFs+0iu
ごめんください。
どなたですか?
1 です。
自演です。
次回からは気を付けます。


251 :名前はいらない:2010/02/14(日) 23:29:45 ID:kUblCF6/
ID:lGjHCKge

こないだも自演したよな?

252 :1:2010/02/14(日) 23:56:35 ID:XXFs+0iu
  。。 
 ゚●

    。。
    ●゜
 
  。。
 ゚●
    。。
    ●゜    ちょっと通らせてくれんか?
  。。  
 ゚●
    。。
    ●゚
  。。
  ゚●  。。
     ●゚
   。。
   ゚● 。。
     ●゚
    。。
    ゚●



253 :名前はいらない:2010/02/15(月) 01:39:11 ID:JMZU4gsX
>>248
粘着の粘着か
同じ穴の狢だな

254 :名前はいらない:2010/02/15(月) 22:51:51 ID:cN/tgpA3
最近話題にならないのをいいことに元祖自演厨久谷が暴れてるな

255 :クマクマ:2010/02/15(月) 22:59:56 ID:BVQWJZCZ
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    すげえレスが伸びてると思ったら…
    | ノ      ヽ      芸スポはおろかニュー即までスレ立てられて叩かれて…
   /  ●   ● |       

256 :名前はいらない:2010/02/16(火) 21:07:18 ID:iYPJNY9h
文学名作ランキングスレより

61 :吾輩は名無しである:2010/01/30(土) 04:25:49
超名作
在りし日の歌 萱草に寄す 蘭 水の中の歳月 黄金詩篇 非鉄 不来方抄
プトレマイオスの生―あらゆる歴史的転換の信仰からの超克
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名作
氷島 わがひとに与ふる哀歌 山羊の歌 死者たちの群がる風景 償われた者の伝記のために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
良作
天地有情 独絃哀歌 白羊宮 道程 青猫 故園の書 植物の断面 白のアルバム
鮪に鰯 えぴっく・とぴっく 僧侶 四千の日と夜 大地の商人 望桜 二十億光年の孤独
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
佳作
孔雀船 廃園 ダダイスト新吉の詩 近代の寓話 軍艦茉莉 物象詩集
夜半の寝覚めと机の位置 滝口修造の詩的実験1927-1937 愛する神の歌
金属の下の時間 サンチョ・パンサの帰郷 他人の空 記憶と現在 死者の砦
死者の鞭 われらを生かしめる者はどこか 胡桃の戦意のために opus ロング リリイフ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
準佳作
Ambarvalia 女たちへのエレジー 凍った炎 転位のための十篇 (ひかり)、……擦過。
フレベヴリイ・ヒツポポウタムスの唄 ノマディズム 娼婦論 水駅 吃水都市
特性のない陽のもとに 君の時代の貴重な作家が死んだ朝に君が書いた幼い詩の復習 半世記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラノベ
楚囚之詩 若菜集 邪宗門 黒衣聖母 死刑宣告 断片 密室論 砂の日 未生譚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さくぶんのしゅくだい
はくちょう 鑵製同棲又は陥穽への逃走 血と野菜 ラブホテルの大家族 ハイリリー・ハイロー Z境

副題までしっかり書き込んじゃって、國米の自演甚だし過ぎww

257 :名前はいらない:2010/02/16(火) 21:10:56 ID:iYPJNY9h
せいぜいこんなとこじゃない?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラノベ
邪宗門 死刑宣告 砂の日 未生譚 プトレマイオスの生―あらゆる歴史的転換の信仰からの超克
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

258 :名前はいらない:2010/02/17(水) 00:15:42 ID:1vXBub+C
国米って誰?

259 :名前はいらない:2010/02/17(水) 01:59:54 ID:D3/gS6GI
お前

260 :名前はいらない:2010/02/17(水) 15:55:36 ID:1vXBub+C
いや俺は文月だし

261 :名前はいらない:2010/02/17(水) 16:53:08 ID:eHCIlM+v
H氏賞までとらせるかな

262 :名前はいらない:2010/02/17(水) 18:06:42 ID:qAZ0c3D/
いけいけどんどんだ。

263 :名前はいらない:2010/02/18(木) 21:15:37 ID:Mrn1lPki
最終候補にここで人気だった中尾斉藤清水は入ってなかった
候補選出に問題があるんじゃないか?
やはり年鑑で多く触れられる事が重要なようだ
中尾は年鑑に間に合う時期に出さなかったし
清水は詩関係の出版社から出すべきだったな
その点八柳の戦術は間違ってなかった
斉藤は広く活動しているし新人扱いされなかったかもな

264 :名前はいらない:2010/02/18(木) 21:58:51 ID:v+i/Li5h
本当だ・・・
何だか、今年は全体的にびっみょーだな。
一昨日や去年は最終候補もかなり話題性と力量兼ね備えている面々だったように思うが、
中尾や清水がいないのは意外すぎる。

俺的には投稿欄も小野以外不作な気がするし
ハズレ年なのかな

265 :名前はいらない:2010/02/18(木) 22:19:32 ID:eeYNQDDC
マジだ・・
内定の話も漏れてたしな・・

266 :名前はいらない:2010/02/18(木) 22:27:50 ID:TBF0xafa
まあ最終候補なんて所詮詩が好きなひとだけ注目しているのだと思う。世間的に文月が注目されれば成功でしょ。

267 :263:2010/02/19(金) 03:25:09 ID:QrkE7oKg
>>265
いや、最終候補は漏れたんじゃなくて
普通に記念館のページに載ってたんだ

最終候補って佐々木荒川北川が応募詩集全部を読んで決めているんだろ
全部って時点で相当怪しい
年鑑で話題になった見覚えのある名前を先に入念に見て
後は出版社が一押ししてきたのに目を通して
他はパラパラ見るだけになっているんじゃないか
清水や中尾が戦略的に無欲でありすぎたのもあるが
賞狙いで詩集作るほうがおかしいからな
戦略などなくてもいい詩集は拾われる形を取るべきだろ

最終候補に残った山田の詩集は最後まで粘ったようで
矢張り完成度の高い詩集が候補に入れば評価されるんだな
ただ話題性ある文月をねじ伏せるには山田はちょっと実験的すぎたか
中尾か斉藤か清水がいれば結果は違ったかもな
もしかしたらJKにやりたくて
荒川あたりがあえて最終候補に入れなかったんじゃないかとすら邪推してしまうが・・
いやそこまで馬鹿じゃないよな・・、な?

268 :名前はいらない:2010/02/19(金) 04:18:26 ID:y02hRxIl
馬鹿はあんたでしょ

269 :名前はいらない:2010/02/19(金) 04:29:42 ID:n2f2wLbV
荒川は斉藤の詩集はあんまり好きじゃないかなあと思うよ。
別に文月のファンではないけど結果は文月だったと思う。
中尾あたりは選ばれても良かったと思うけれど。

270 :名前はいらない:2010/02/19(金) 05:59:28 ID:8PseA/yM
つか久谷自重するべし。

271 :名前はいらない:2010/02/19(金) 08:21:58 ID:MyyatVdR
一概に詩の有力な賞って言っても、中也賞はもともとそういう賞だしな。
詩壇の芥川賞はH氏賞だと言われてるが、現在の実態は中也賞が該当するだろうと思う。

不作は不作だったが、
そういえば高見順賞の岸田はよかったな!
あの人は本当の実力者だと思う。

272 :クマクマ:2010/02/19(金) 09:24:58 ID:9XsyuuBZ
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    A川、TBSラジオで
    | ノ      ヽ     「最近の文学賞はつまらないのに与えて権威を落としてる」
   /  ●   ● |     とか云ってた気がするけど…

273 :名前はいらない:2010/02/19(金) 09:28:24 ID:7DjafQkP
A川……過去にしがみつく審査員など要らないんだ

274 :名前はいらない:2010/02/19(金) 09:35:08 ID:7DjafQkP
選考委員を代表して北川教授が「背伸びや気負いがなく、この年代の少女の心と体の不具合や痛みを感覚的に良く吸い上げている。
誰が読んでも新しさや親しみ、好意を認める良さがある」と講評。荒川さんは「読み手と10代の心がつながっていく臨場感があ
った。中也賞にふさわしい作品」と述べた。


えええええーっ
全国の10代驚愕。

275 :名前はいらない:2010/02/19(金) 09:38:14 ID:1gPRZK1e
アンカーは吹きだしですか?

276 :名前はいらない:2010/02/19(金) 09:39:54 ID:7DjafQkP
親しみもなければ好意もねえ!
荒川、それは10代の心ではない。10代はそんなに作為的だったりエロがカコイイと思ってばかりいたりしない。
受賞理由が納得いかねえええ

277 :名前はいらない:2010/02/19(金) 09:42:27 ID:1gPRZK1e
詩人なんて公務員より絶望的だよ

278 :名前はいらない:2010/02/19(金) 12:16:42 ID:1gPRZK1e
詩人なんて悪魔とかわらない
言葉を監禁して
良い記憶だけを呼び起こして自分の糧にするのだから

279 :名前はいらない:2010/02/19(金) 13:28:42 ID:FZXEGzNd
あんま、名前、上がんないけど、大谷とか、平川とかも、良かった。
三十代って、粒揃いじゃね?ノミネート無しが、不思議だ。
H氏賞も、ゆーみんかな?

280 :名前はいらない:2010/02/19(金) 14:17:41 ID:ILseakfC
その鬱陶しい句読点の打ち方はまさしく30代以上だな。
メール覚えたてのジジババってそんな文章だよね。

281 :名前はいらない:2010/02/19(金) 15:22:13 ID:MyyatVdR
H氏賞の他の候補が、見込みない。
文月の可能性高いだろうね
文月のための出来レースにすら見える。

しかし彼女は小説で落ちこぼれて詩を書いてるようなものなのに、
本当にこれでいいのか。
小説で駄目でも詩なら評価される、そんな認識に現代詩はなっていきやしないか。
もうなっているのかもしれんがな。

282 :名前はいらない:2010/02/19(金) 15:49:59 ID:n2f2wLbV
さすがに別のひとかと。
いまのところ中也賞とってから芥川賞取ったひといないね。
川上は小説の賞がさきだから。
詩人のかく小説はあんまり面白いと思ったことない。

283 :名前はいらない:2010/02/19(金) 18:15:11 ID:1gPRZK1e
恩着せがましいんだよ ウゼ

284 :名前はいらない:2010/02/19(金) 20:21:55 ID:7DjafQkP
安川奈緒と、JKはあらゆる意味で正反対なんだ

マスメディアなんて糞くらえ。何が現代詩これからどうなるだ、詩はこれでいいのか、だ。
腐りきってやがる。消えちまえ。


285 :名前はいらない:2010/02/19(金) 20:45:29 ID:VirM07Pq
じゃあおまえが賞を作って授賞しろよ。

286 :名前はいらない:2010/02/20(土) 12:46:38 ID:mDpoK810
じゃあ詩板で賞を作ろうぜ

287 :名前はいらない:2010/02/20(土) 13:16:06 ID:wCPfZAoP
まじくそだよね今年の中也賞

288 :名前はいらない:2010/02/20(土) 13:30:33 ID:jzpsG4kT
H賞(ひろゆき賞)
賞金:ねらーからの募金額に応じる
副賞1:男の潮吹き回春エステ無料体験
(女は擬人化BL読み放題)
副賞2:ハッピーターン一年分(粉多めの特別仕様)


JKに百万円なんて大金渡すとかおかしい。
こんなもんでいいだろ。

289 :名前はいらない:2010/02/20(土) 13:34:28 ID:wCPfZAoP
>>288
ハッピーターンwwwwほしいずwwwww

290 :名前はいらない:2010/02/20(土) 14:53:34 ID:EAzbogqe
今年の選考対象どれにするよ?

291 :名前はいらない:2010/02/20(土) 16:32:41 ID:E8l/aeyh
中学生でスレを立て
幾度の降臨経験もある文月悠光さんが妥当ではないかと

292 :名前はいらない:2010/02/20(土) 19:07:09 ID:IKNfI/Pu
くだらん

293 :名前はいらない:2010/02/20(土) 21:18:05 ID:EAzbogqe
本屋大賞の詩集版があれば良いのにな。

294 :名前はいらない:2010/02/20(土) 21:22:35 ID:N+jgElpJ
ブコウスキーが、
才能のないやつの妬みについておもしろいことをいっていたような気がする。

295 :名前はいらない:2010/02/21(日) 00:58:38 ID:pCgt6GWU
文月って…何となく高齢喪女になりそう。

296 :名前はいらない:2010/02/21(日) 15:57:15 ID:h3KDFvCu
いまさら文月の受賞知ったよ。
なんか、別にいいんだけどすごい微妙。
三角や水無田や川上に並んでいるとは個人的には思えないし。
期待票というか、新人の登竜門であって詩集の評価ではないのかもねぇ。
それなら芥川賞みたいに、「〜に現代詩の詩集を刊行した新人に、」って明記すりゃいいのに。
てか、投稿者としては文月の受賞より>>264の発言にがっかりだ。
文月以下の実績しかない我々には、何をいう資格もないかもですな。
さ、小説でも書いて文月を超えるか。


297 :名前はいらない:2010/02/21(日) 18:52:09 ID:Jyigys5E
芥川賞は別に完全な新人でなくて何回か候補になって通っているひといるよ。
小説書くのであればまず文月を超えるという目標設定が間違っている。

298 :名前はいらない:2010/02/21(日) 18:55:23 ID:4DITXN5h
オーラルセックスかおまえは

299 :名前はいらない:2010/02/22(月) 10:13:30 ID:rD4LawXj
>JKに百万円なんて大金渡すとかおかしい。

詩集作るときに百万円なんて簡単に飛んでいきますが?
賞取ったら取ったで、次の詩集で期待されてやっぱりお金飛んでいきますが?

300 :名前はいらない:2010/02/22(月) 10:39:15 ID:McvzTXjs
JKは自分で金出してないからな・・

301 :名前はいらない:2010/02/22(月) 10:43:41 ID:BjuF7qhc
うん。
ブログ見る限りバイトもしてないっぽい。
あんなでかい口きくなら交通費くらい自分で出せばいいのに。

302 :名前はいらない:2010/02/22(月) 16:35:45 ID:Q2Lk0XnA
文月の詩集捨てた

303 :名前はいらない:2010/02/22(月) 16:52:32 ID:LaLCn8Rm
むしゃくしゃすんなww

304 :名前はいらない:2010/02/22(月) 17:08:34 ID:xcJIX4f0
>>302
売れば良かったのに

305 :名前はいらない:2010/02/22(月) 20:22:35 ID:aadkxR2J
>>302
買ってたのかよ、とw
しかし、早稲田って東の人には旧帝大より人気あるよね。
不思議。

306 :名前はいらない:2010/02/22(月) 20:55:01 ID:Q2Lk0XnA
>>304
金払ったわけじゃないからいいかと思い。
>>305
そういうことだ


今の受験事情はよくわからないが、早稲田の方が派手さがあるんじゃないか?
芸能人や話題性のある作家が多いしな

307 :名前はいらない:2010/02/22(月) 22:30:17 ID:sBDkiZMn
 早稲田文学っちゅうたら川上未映子や綿谷りさ、村上春樹だからでないの。尊敬してるそうだしね。別にどの大学行こうが好きにすれば良いじゃない。
 審査員が源ちゃんだったそうで納得。彼、女子中高生好きだもんな。今まで綿矢さんと三並さんを担いできたのは他ならぬ源ちゃんだし。彼の年齢重視選考は前から批判されていたこと。

>>301
 親が医者だもん。金はあると思うよ。

>>306
 著者謹呈本は捨てちゃ駄目だよ。不要なら事前に知らせるか送り返すのが礼儀ってもんさ。

 トルタの姉ちゃんが「文月さん、文壇で頑張って」って意のコメント出してて、
まるで早く詩壇から出て行って欲しいみたいに読み取れて悲しくなってしまった。そうじゃないと良いけどね。

308 :名前はいらない:2010/02/22(月) 22:42:35 ID:LaLCn8Rm
げえー親医者なのかよ!
なんかもう殆ど曲がった心だが腹立つわw嫉妬w
中也賞とるわ早稲田だわ金持ちだわ、もうそろそろ世間の厳しさ知れ!ケッ。

でも作品にはそんなに嫉妬しないや…

309 :名前はいらない:2010/02/22(月) 22:44:24 ID:uCrPH3AW
ほんと惨めだな
おまえら

310 :名前はいらない:2010/02/22(月) 22:54:58 ID:sBDkiZMn
>>309
惨めに見える? これでも人生超楽しいんだけどな、あっはは^^

結局のところ、ここで書かれている事はtwitterと同じで誰かの呟きなわけですよ。つまり本心。
おいらはちゃんと文月さんの詩集を買って読んだ上で上記の事を書いているけれど、
彼女の作品を真剣に語るより、こうやって下らない与太話してる方が楽しくて価値あると思って話しをしているわけだ。
それもまた、一人の読者の評価ってことじゃないの?

311 :名前はいらない:2010/02/22(月) 23:31:51 ID:uCrPH3AW
おまえの価値観はどうでもいいよ。
そりゃ本心だろうw
これだけあからさまなワナビーのルサンチマンならw

312 :名前はいらない:2010/02/22(月) 23:37:08 ID:sBDkiZMn
>>311
 おいらも君の価値観なんてどうでも良いでーす。
文月さんが好きなら、好きな作家の良い所を挙げて反論すれば?
どーせ出来ないんでしょ、君はスレ住人をからかって優越感に浸りたいだけなんだから(笑)

313 :名前はいらない:2010/02/22(月) 23:56:32 ID:sBDkiZMn
>>311
ID:LCXX77rfって君だよね。
文月さんの話題になるといつも出てくるけど、君にとって文月さんって何なの?

mixi調べたら、今から約2時間前に文月さんがログインしていた形跡がある。
今もネットにアクセスしているかもね。
もしかして、君自身が文月さんじゃないの? なーんてね、あはは。

314 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:05:26 ID:dFdHyxYf
ネットジャンキー特有のスモールワールド性の錯覚・・・

おれは文月なんてものに興味ねーよw

315 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:10:27 ID:q5fgPGjE
>>314
スモールワールドも糞も文月さんがこのスレッド見て書き込みしてるのは本人が日記で断言したからな。

だっておかしいよね。
興味無いのに文月さんの話題の時だけフラッとやってきて、
スレ住人を罵倒していくじゃーん。

316 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:12:30 ID:dFdHyxYf
病気なんだよお前。
教養もなさそうだし。

317 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:17:24 ID:q5fgPGjE
>>316
 別においらが病人で教養が無いと思われても良いけどさ、
それとこれの話に何の関係があるの?w

318 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:19:17 ID:dFdHyxYf
>>317
おまえの詩はだれにもみとめられないということ。
文月と違ってなw

319 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:24:48 ID:q5fgPGjE
>>318
 いやいや、芸術家に病人だの気が触れてるだの言うのは褒め言葉でしょうw 岡本太郎は基地外だし、草間弥生は病人だ。
 それに詩が他人に認められることが素晴らしいのか? 他人に理解できるというのは、最先端の芸術では無いということだぞ。だいたいおいらは詩人じゃないから、詩が認められなくても別に良いよ。

 おいらが言いたいのは、
何で君は文月さんに興味が無いと言いつつ、文月さんの話をする住人を罵倒したり>>318みたいに誰かと比較したりするのかっていうことだよ。

320 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:44:36 ID:dFdHyxYf
おれは「嫉妬する才能のない人間」に興味があるんだよ。
つーか「おいら」ってまじやめた方がいいw

321 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:48:56 ID:q5fgPGjE
>>320
 「嫉妬する才能の無い人間」に用があるなら創作文芸板行けよwww
だから、何でわざわざこのスレにいるんだよwww

「おいら」が嫌なら「私」にしとくか?w お好きなようにwww


322 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:51:03 ID:dFdHyxYf
「嫉妬する才能の無い人間」が現にここにいるだろ・・・w
おまえが。

323 :名前はいらない:2010/02/23(火) 00:55:27 ID:q5fgPGjE
>>322
 だから私は詩人ちゃうてwwww

 私の一人称とか私自身の問題に話題をすり返るなよ。

324 :名前はいらない:2010/02/23(火) 01:00:02 ID:dFdHyxYf
別に「嫉妬する才能の無い人間」であるのに詩人である必要はないだろw

325 :名前はいらない:2010/02/23(火) 01:05:31 ID:q5fgPGjE
>>>324
 それはごもっともな意見だけど、私が文月さんに嫉妬しているかというと否定せざるを得ない。畑が違う。

 ちゅうか、兄ちゃん今日仕事大丈夫なんか。

326 :名前はいらない:2010/02/23(火) 01:33:03 ID:dFdHyxYf
おまえが自信のルサンチマンを自覚できていないからおれが指摘してやってるんだろw

327 :名前はいらない:2010/02/23(火) 01:39:20 ID:q5fgPGjE
 ルサンチマン? 別に自覚の必要なんてないじゃん。
私は私の人生と才能に感謝しつつ超楽しく生きているので、哲学なんて必要ありましぇーん^^
 君が「嫉妬する才能の無い人間」を見たいのは、そうすることによって別の誰かに「嫉妬する才能の無い自分」を慰めたいからじゃないの?

328 :名前はいらない:2010/02/23(火) 02:21:41 ID:dFdHyxYf
文として成ってないぞ・・・。

329 :名前はいらない:2010/02/23(火) 02:26:00 ID:q5fgPGjE
どこが成ってないんだ?

330 :名前はいらない:2010/02/23(火) 03:30:01 ID:q5fgPGjE
あのなー、私が言いたいのはルサンチマンに陥った人間を嘲笑っている
君自身が強者に対する怨恨感情に陥っているじゃないか、ってことなんだよ。
「人間は嫉妬しちゃいけない」とか「人間は清く正しくあるべき」とか、
そういう人間の本性に反する反自然的な考えこそ、ルサンチマンが生み出した害悪そのもので、
文月について話をする我々に君が抱いている幻想なんだよ。
良いじゃない、嫉妬したって。人間なんだから。

最後に、私はもう寝るけれど、君が今抱えているフラストレーションを詩作に生かすことができれば、
きっと良いものが書けると思うよ。まずやってみろ。ばいばい。

331 :名前はいらない:2010/02/23(火) 07:37:48 ID:1rPS+bi9
詩壇にがっかりこそすれ
文月の才能に嫉妬するやつなどガチで才能ねえ

332 :名前はいらない:2010/02/23(火) 07:48:49 ID:1rPS+bi9
結局上のも、これ完全に文月じゃん。
まじなんでこんなクズなの?
俺は文月と同い年だから言うけどさ、
詩、少しも伸びやかでもみずみずしくもないよ。
すげー嫌な感じする。
本人がこんなんだからなんだな
まじでがっかり。

333 :名前はいらない:2010/02/23(火) 09:25:01 ID:6PzUG4O7
は?

334 :名前はいらない:2010/02/23(火) 10:34:19 ID:hyhMI03J
文月だけじゃなく、北海道のマダムMも、医者の家じゃなかったかな。
ばらまくための詩集に百万円ポンと出せるのは富裕層。

貧乏人がやっと出した詩集に賞を上げても後が続かない。
金持ちに賞を上げれば、そのあとドンドン詩集を出すから業界が潤う。
正直、出版社はみんな藁をもつかむ瀕死の状態なんだ。
だから、たぶん賞を上げる前にそのあたりの下調べはするんだろうと思う。
国米も医者の家だから、次は彼に来るよ。

335 :名前はいらない:2010/02/23(火) 16:58:51 ID:pNFoQq0F
けっきょく世の中金か
改めて示されると萎えるな

336 :名前はいらない:2010/02/23(火) 17:22:15 ID:Em2TrF5I
「才能のない女子高生」に嫉妬し匿名で陰口を言うやつをおちょくるのはたのしいよw
親の職業や学歴にまで嫉妬してるのがまた救い様がない。
貧乏で低学歴っていうのはきついだろうなあw
「狂気」観の凡庸っぷりも知的低迷を伺わせる。

>>331-332
話にならんわ……。
まあおれが文月であって困ることはないがw



つーかマジでこういう卑劣なやつらってどういう詩を書くんだろうな。
それはそれで非常に興味深い。
批評的文章に慣れてない様子からして、あきらかに教養が欠落してるが、
関心の対象はJ-POPの歌詞とかネット上の「ポエム」とか、そんなところか。
詩史に対する意識とか欠片もなさそうだな。
海外の詩はもとより思潮社の現代詩文庫すら押さえてないんじゃないかと思われる。

これが、自らの姑息さ、卑劣さ徹底的に隠蔽し、
"のびやかさ"や"みずみずしさ"を偽装する「ポエム」の世界か。
おぞましいな……w
嫉妬をそのまま書き殴った姑息で卑劣な詩の方がよっぽどいいものになるぞw


337 :名前はいらない:2010/02/23(火) 19:19:40 ID:vAMGvouS
粘着質のうんこを拭いた紙の汚さもはんぱない

338 :名前はいらない:2010/02/23(火) 19:53:11 ID:vAMGvouS
うんこは流せばよいと思うけど
拭きすぎて指についちゃったのね(笑)

339 :名前はいらない:2010/02/23(火) 23:27:02 ID:7y0OAcW8
>>334
国米ってあのクソみたいなやつか


340 :名前はいらない:2010/02/24(水) 01:25:43 ID:XFf1RBdG
 なんなの、このスレの進行は……

341 :名前はいらない:2010/02/24(水) 01:26:42 ID:XFf1RBdG
クマクマー、助けて

342 :名前はいらない:2010/02/24(水) 02:18:45 ID:qFJm5Hnr
流れがくだらなすぎて、まともな人達は書き込みする気が失せてるんだと思う

343 :クマクマ:2010/02/25(木) 23:25:44 ID:sLfdfgJ4
       //
     /  /   パカ    
     //⌒)∩__∩   この流れも、いかにも2chらしくてよいじゃないクマ?
    /.| .| ノ     ヽ      
    / | |  ●   ● |   ただ文月一人の詩が10代の感性や思いを代表してるわけじゃないのは明らかで(だよな?)、 
   /  | 彡  ( _●_) ミ    他の10代の少年少女の詩も読んでみたいクマ。
   /  | ヽ  |∪|  /_     10年代詩人の幕開け、っつーことで、
  // │   ヽノ  \/      思潮社もどんどん多数を推していったらおもしろいんじゃないクマ?
  " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(..ノ

344 :名前はいらない:2010/02/26(金) 02:21:42 ID:xF0HsiEK
職業作家の10代詩人はあまり聞いたこと無いけれど、
詩ボクとかでは文月さんの他にも若い詩人がいるんでしょ?
あれって詩に順位とか決まるんだっけ? 文月さんは何位くらいだったんだろ……ぐぐってくる

345 :名前はいらない:2010/02/26(金) 03:55:50 ID:a+YrnImT
文月の話自体もういい
また変なのが来るし

346 :名前はいらない:2010/02/27(土) 01:31:53 ID:+IDKPIdE
>>343
前スレラストで匿名書き込みしていることがIDでバレたお前が
このスレでの「自演」発言を生んだ。このご時勢に「自演」って。
退屈極まりない。

347 :名前はいらない:2010/02/27(土) 14:20:15 ID:6AjJaaGZ
ホラ やっぱり来た

348 :名前はいらない:2010/02/27(土) 16:02:22 ID:ZSz5vIII
今年の読売文学賞を授賞した河野さんって詩人、選考委員の平出隆さんの奥さんなんでしょ
何か釈然としないなあ


349 :名前はいらない:2010/02/27(土) 16:49:34 ID:ZSz5vIII
授賞でなくて受賞のまちがい

350 :名前はいらない:2010/03/01(月) 01:44:41 ID:ueVuO1ha
文月ネタじゃないと盛り上がらないのか…
そういえば彼女twitter始めたみたい。


351 :名前はいらない:2010/03/01(月) 08:38:10 ID:zXVOfv8b
最果さんのブログが熱い。笑

352 :名前はいらない:2010/03/01(月) 16:21:46 ID:1yu++9R3
鮎川賞・・谷川俊太郎か
期待して損したな

353 :名前はいらない:2010/03/02(火) 20:45:21 ID:jnSj4pqs
>>352
ツマンネ!!
どうしてこうなんだろうな…。

354 :名前はいらない:2010/03/02(火) 21:15:00 ID:cUKMYNw/
アンチも含めてファンなわけで。
君ら、文月好きよな。
本人が見たら心を痛めるかもしれないから、ちょっとかわいそうな気もするし、
というのは、あの子まだ十代じゃん。
俺は文月にそこまで興味はないけど、写真は結構好みだ。
誰か、安川奈緒さんの詩集ください。
もう思潮社にないし、オークション高騰しすぎで買う気がしない。

355 :名前はいらない:2010/03/02(火) 21:47:15 ID:VCS8pZMC
きもいのばっかだな

356 :名前はいらない:2010/03/02(火) 21:52:08 ID:teGEtsBf
また降臨されるだろうから文月の話題はやめておこうぜ。

357 :名前はいらない:2010/03/02(火) 23:02:10 ID:eeADXAd6
安川さんの詩集ってそんな高騰してるのか!
だが絶対売らないw

どうでもいいが、今月号の詩手帖の表紙ショボくない?

358 :名前はいらない:2010/03/02(火) 23:27:04 ID:teGEtsBf
表紙は1色のように見えるのだが。。。
2色だとしたら、微妙な2色だな。

359 :358:2010/03/02(火) 23:35:23 ID:teGEtsBf
>>357 表紙が1色っぽく見えるからショボいと感じるのではないのかい?
ということだけれど。

360 :名前はいらない:2010/03/03(水) 00:56:25 ID:P51z6QB+
最近「詩と思想」を書店でよく見かけるんだが、気のせいか?
千葉県のそんなに大きくない書店で、2か所も見つけた。


361 :名前はいらない:2010/03/03(水) 09:15:39 ID:SQ0YhoR1
個人的に「詩と思想」は余り好きじゃないんだよなあ。クオリティが・・・何となく。
でも確かに現代詩手帖より一般ウケし易い気がする。
何と言うか、一般の人が思う「詩」だよな。詩と思想の詩の大多数って。

362 :名前はいらない:2010/03/03(水) 12:03:26 ID:DQSvY5Jo
「当人は詩のつもりで書いていても、そこに全然詩が宿っていない作物が世に充満している。これは過去数十年ほとんど変わっていない事態で、日本の詩の世界なんて、どうせそんなものさと諦める他はないようだ。
うん、そうだからと言って、自分が何か書こうとなれば、大勢順応というわけにはいかないだろうが。」
 三年ぶりに会った、傘寿を大分超えた先輩詩人が嘆いて言い、一息入れて、さらにこう続けた。
「困ったことに、自分の書くものに詩が宿っているかどうかが、どうやら当の詩人にはなかなか判らないものらしい。
お前さんも気をつけた方がいいな。いや、所詮、気のつけようもないことかもしれないがな。」
 いや、御説御尤もである。作品を構成する「言葉の繋がり」が、どんな「意味」を表わしていようと、あるいは表わしていなかろうと、
そこに「詩」が(あるいはその片鱗でもが)宿っている場合というのは、なかなか稀なことに属している。かの先輩詩人が言う通り、
世間では、この基準が最大限に(ほとんど無いに等しいまでに)緩やかにされていて、そこに「詩」のない詩、そして詩集の氾濫が際限もなく生じているのが、悲しい現実である。

363 :名前はいらない:2010/03/03(水) 12:38:10 ID:3trZgGG3
自分が今
いったい何を書いているのか
わからなくなってくるよね

364 :名前はいらない:2010/03/03(水) 15:31:17 ID:hj454MbM
>>362
よう、春雄

365 :名前はいらない:2010/03/03(水) 17:11:08 ID:DQSvY5Jo
ことここに到って、あえてこのような現実に抗して、あくまで「詩」を求め続けようとする際の、
辛うじて効能のありそうな「金言」は、こうもあろうか。

☆ 「詩」を求める詩人は、徹頭徹尾「正直」でなければならない。

 そして

☆ 「詩」を求める詩人は、おのれのペン先に「詩が降臨する」ことを願って、次の古謡を、折にふれ念ずべきである。

 曰く、

  「神ならばゆららさららと降(お)りたまへ

  いかなる神か物恥(ものはぢ)はする」

366 :名前はいらない:2010/03/03(水) 18:30:11 ID:eM2TX4e0
「詩と思想」を書店でさがすと見つからない事が多いよ。

367 :名前はいらない:2010/03/03(水) 18:30:53 ID:eM2TX4e0
渋谷とかの書店だけれど

368 :名前はいらない:2010/03/04(木) 00:44:51 ID:nJ+Yb1+2
詩人でtwitterやっている人多いの?

369 :名前はいらない:2010/03/04(木) 04:06:13 ID:ZpPi9KWh
多いかどうかは知らんが、やってる連中は自分のくだらなさをさらしてる

370 :名前はいらない:2010/03/04(木) 07:30:50 ID:i4R6buuj
なんども聞きますが
くだらなさっていうのは堕ちなさ、みたいな意味で使ってないよね?

371 :名前はいらない:2010/03/04(木) 17:31:07 ID:fI2K8S6w
私大の偏差値70越えは異常だが
http://www.toshin.com/univ/search_dev.php
こっちのほうが代ゼミより細かく見れると思う。

372 :名前はいらない:2010/03/04(木) 17:32:19 ID:fI2K8S6w
スマン激しく誤爆wwwwww

373 :名前はいらない:2010/03/05(金) 09:17:07 ID:aJiZUKll
>>359
確かに微妙過ぎる二色刷り。

手帖の今月の投稿欄、冒頭入選してたやつが良かった。
シリーズもので部分的にしか読めないのが残念。

>>360
近くの大型書店で新しく取り扱い始めてた。びっくりした。

374 :名前はいらない:2010/03/05(金) 10:00:50 ID:NX8UdZqF
清水あすかに痺れて平川綾真知で笑って泣いて。いい詩集だと思っても賞からは無視なのな。オレの感覚が変なのか?二冊とも賞向きじゃないのか?

375 :名前はいらない:2010/03/05(金) 11:22:38 ID:c6YSatRy
今の現代詩の状況ってのは、
先人達が、やれる事は全部やり尽くしてしまって、日本語の廃墟みたいな
ところで、無垢の村人を串刺しにしてヒャッハー!汚物は消毒だ〜っ!
みたいなモヒカン連中しかウケないから。
まじめに書いた詩より、全ページ「うんちうんちうんち」で埋め尽くしたような
詩集のほうがたぶん百万倍ウケるような世界だから。


376 :名前はいらない:2010/03/05(金) 12:52:05 ID:l2zt3k1B
日本語でオケー

377 :名前はいらない:2010/03/05(金) 13:03:48 ID:f7zIEVAw

まあ、ちゃんとした日本語書ける詩人なんかいないんだけどね


378 :名前はいらない:2010/03/05(金) 13:30:04 ID:l2zt3k1B
問題をすりかえるな。馬鹿者。おれは375にいってるし

379 :名前はいらない:2010/03/05(金) 13:30:54 ID:l2zt3k1B
第一375は詩人でも何でもない

380 :名前はいらない:2010/03/05(金) 14:18:42 ID:fMmHMvM8
清水さんも平川さんも確かに良かった。
清水さんは直球で平川さんは変化球(に見せかけた直球?)
どっちも戦略は下手かもね。
受賞しても話題性はないし。
良い詩集ってだけでは受賞には至らない。

381 :名前はいらない:2010/03/05(金) 14:58:22 ID:A1elivUV
どっちもどんな詩か知らんけど。

真面目に小奇麗に書いたって埋没するだけ。人ごみの中を全裸で歩くくらいの勢いでバカなものを書かないと。
羞恥心のある正常な人には無理。まあキチガイじゃないと詩人の中で抜きん出ることはできないよ。
キチガイで、なおかつ有名になれない詩人もいるけどな

382 :名前はいらない:2010/03/05(金) 15:57:07 ID:NX8UdZqF
清水はかなり全裸だぞ。平川は大麻とちんぽこだぞ。戦略のことはなんとなく分かる。今年は良い詩集多かったけど戦略が下手な奴も多いのな。

383 :名前はいらない:2010/03/05(金) 17:37:35 ID:ktjpHKWj
安川奈緒とか橘上とかはモヒカン系かな

384 :名前はいらない:2010/03/05(金) 18:38:39 ID:NohOgf7n
橘上はそうじゃないか。安川はけっこう知識ひけらかすでしょう。
現フォとかはモヒカンしかいない希ガス。

385 :名前はいらない:2010/03/05(金) 21:57:12 ID:Sr1hcrRT
今年は真面目に小奇麗に書いたのが受賞している現実

386 :名前はいらない:2010/03/05(金) 22:01:21 ID:Sr1hcrRT
今年は真面目に小奇麗に書いたのが受賞している現実

387 :名前はいらない:2010/03/05(金) 23:27:18 ID:ZBjtwzqo
大衆迎合イラネ。
しかも大衆迎合目的の受賞を、才能あると本人が勘違いしてしまってる現状

388 :1:2010/03/06(土) 00:07:48 ID:a3yKnKqR
>>387
あんさんは大衆じゃあないのか?
地に足を着けてから出直した方が好い

389 :名前はいらない:2010/03/06(土) 01:26:39 ID:lzVvqQBW
大衆迎合批判w

じゃあなんで詩を公表するんだ?
こっそり書くだけでなぜ満足できない?

390 :名前はいらない:2010/03/06(土) 02:06:45 ID:TOUaSXWT
阿部嘉昭はtwitterしてますか? 
検索しても出てこないけれど、わかるひといたら教えて。 

391 :名前はいらない:2010/03/06(土) 05:56:40 ID:OoKZlffI
大衆迎合は読んでて楽しくはないかな。
芸術ではないよね。

392 :名前はいらない:2010/03/06(土) 06:42:37 ID:SNG17a/i
いかにも中二病的な芸術至上主義・・・w

じゃあなんで詩を公表するんだ?

答えてみろよ。

393 :名前はいらない:2010/03/06(土) 08:47:45 ID:jNVDR7Jt
大衆迎合っつーか、
一般ウケにレベルを合わせる姿勢が俺は良くないと思うな
媚びを売ってる
一般ウケを飛び越えて、なおかつ一般の人にも感銘を与えるべきだろう
だが現在まったくそういう詩がないかというとそうは思わない
今年の高見順賞の二人はよかったと思うよ

394 :名前はいらない:2010/03/06(土) 08:53:15 ID:jNVDR7Jt
これは詩人がというより
受賞のレベルがね
書き手はいつも真摯にやってるだろう

395 :名前はいらない:2010/03/06(土) 12:47:43 ID:SWZzMz/l
       //
     /  /   パカ    
     //⌒)∩__∩   
    /.| .| ノ     ヽ      
    / | |  ●   ● |   大衆ウケする詩を書けるのも 
   /  | 彡  ( _●_) ミ     すげえ才能だと思うクマ
   /  | ヽ  |∪|  /_     
  // │   ヽノ  \/      
  " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(..ノ

396 :1:2010/03/06(土) 14:43:49 ID:vVta2EPY
アンタらにイイこと教えてやっからよぅ
ケツの穴、ほじくってよぉく聞いときな

    「大衆は愚かなり」



397 :名前はいらない:2010/03/06(土) 16:59:16 ID:qarUr0Mn
結局答えられない。
教養のないやつが大衆を批判するってどんな病理だよw

大衆批判というか、大衆に対する優越が可能であるのは、啓蒙の構図においてのみだ。
つまり、教養-無教養という権力関係においてのみ。

人文的素養の一切を欠いた、
センス・エリートでは到底あり得ないバカが大衆批判&芸術至上主義とは涙が出るほど笑えるw
おまえこそがバカで無教養な「大衆」なんだよ。


398 :名前はいらない:2010/03/06(土) 18:23:17 ID:jNVDR7Jt
>>397


定期的にコイツと同じようなのが湧くけど、一体何なんだ?
詩の在り方周辺の気にくわない話が出るとひたすら食らいついてくるね
何にそんなにコンプレックスがあるのか知らないが、詩で敗れた腹いせなのかな?

399 :名前はいらない:2010/03/06(土) 18:28:29 ID:jNVDR7Jt
そして決まってこの後は、
話をすり替えるなよwwwか、
俺は惨めな奴らを見て楽しんでるだけwww
と深夜まで食いついて長々しいレスしてたやつだよな、お前

400 :名前はいらない:2010/03/06(土) 19:01:32 ID:qarUr0Mn
俺は大衆に迎合しない(キリッ
俺の投稿が採用されないのは選者に才能がないから(キリッ
大衆に迎合して投稿欄を席巻するのは簡単だが、おれはそんなことしたくない(キリッ

401 :1:2010/03/06(土) 19:18:59 ID:vVta2EPY
>>400

 ねぇ して

402 :名前はいらない:2010/03/06(土) 19:41:13 ID:1MViv+E5
処女なんてどうでもいいだよ
はやく卒業しろ 人生を

403 :名前はいらない:2010/03/06(土) 19:47:04 ID:XcDzMJkM
名無しさん :2010/01/14(木) 16:56:05 ID:konMQAjh0
教えます 整形してる人を見破る方法

昔の学生時代の写真を見せてもらう、今と明らかに顔が違う場合は整形の可能性が大  ←※追加
http://taka.main.jp/takasima/71d36ae7.jpg

小鼻縮小手術のキズ口 (赤線部分がキズ) http://y.upup.be/?hRJaXjn4cB  ←※追加

目を閉じた時に切開の線がある http://n.upup.be/?5A4KE2vxWu

ぞれ以前に明らかに幅広の目は整形の可能性が大  http://seikeishimasyo.up.seesaa.net/image/3F3F3F3F3F3F8FA2F03F3F3F3F3F3F8FA6E4A7B0i3F3F8FA2EC3F3F8FA2F0j.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200906/22/63/c0108763_19564.jpg

鼻根から鼻先まで一直線に高い
ブタ鼻を出来ない人はL型プロテーゼの可能性が大  http://stat001.ameba.jp/user_images/20090504/19/kurirog/af/f3/j/o0640048010175518776.jpg

メスを使わないプチ整形にも落とし穴が・・ http://o.upup.be/?7etdBsNkk1
自分注射注入は更に注意・・ http://r.upup.be/?oY07V8O0Hm


404 :クマクマ:2010/03/07(日) 08:23:18 ID:9JFmct4y
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    
    | ノ      ヽ     H氏賞は田原さんで
   /  ●   ● |     現代詩人賞は高橋睦郎さんクマ

405 :1:2010/03/07(日) 14:35:46 ID:dwXBcQ3J
>>404
だからどうした?

406 :名前はいらない:2010/03/07(日) 16:28:49 ID:flHPVfAy
>>405
話題を投下しただけだと思うが?

407 :名前はいらない:2010/03/07(日) 19:26:39 ID:xJzpRCEs
田原さんいいよね

408 :名前はいらない:2010/03/07(日) 23:10:13 ID:Sf3Ehk3N
鮎川賞の候補作が、思潮社のホームページに出てたよ。
もう決まってしまったけれどね。

409 :1:2010/03/09(火) 21:55:46 ID:tGzt8ZbM
だからどうした?

410 :名前はいらない:2010/03/10(水) 00:49:27 ID:9io/AMEJ
>>409
そんなに食ってかからなくてもよくね?;


中尾太一が中也賞にいないの不思議に思ったんだが、
鮎川賞にいたか。
すげえなー、谷川の受賞はちょっとうんざりだが、
怱々たる面々じゃないか。

411 :名前はいらない:2010/03/10(水) 03:15:14 ID:7sTOYkvt
>410
選評を読むのが楽しみだね。
中也賞の方も楽しみ。

412 :1:2010/03/10(水) 17:48:08 ID:ipKzxy2K
だからどうした?

413 :名前はいらない:2010/03/10(水) 18:06:46 ID:2nYtkkYs
人殺ししてまでやることじゃないよ…

414 :名前はいらない:2010/03/12(金) 01:29:42 ID:rpEZMEu1
ないない

415 :名前はいらない:2010/03/18(木) 03:14:33 ID:4mgHZTJe
最近誰も書かないね。
みんなtwitterやってるのかな?

416 :名前はいらない:2010/03/18(木) 16:15:52 ID:kZCtMjR8
1994年生まれの人集まれ!☆2
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/nendai/1266477523/

417 :名前はいらない:2010/03/18(木) 23:20:09 ID:SFwHJ+ax
>>415
また柚口か・・・

418 :名前はいらない:2010/03/21(日) 04:28:46 ID:oWRCRuNf
>>415 詩手帖の締め切り前だったからだと思います。


419 :クマクマ:2010/03/31(水) 19:28:51 ID:LyvE1BuF
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    
    | ノ      ヽ     瀬尾岸田おもしろかった
   /  ●   ● |  

420 :名前はいらない:2010/04/01(木) 01:05:45 ID:JeJNPzSS
jk快進撃だな

421 :名前はいらない:2010/04/01(木) 12:11:46 ID:iM4wSf+t
ひどい過疎だな

422 :名前はいらない:2010/04/01(木) 14:25:11 ID:SfxGhlZK
落ち着いてる方がいい

423 :名前はいらない:2010/04/05(月) 09:17:05 ID:gTBNA+F0
そろそろ現代詩手帖賞が選考されている頃か。
今年も二人出すかな

424 :名前はいらない:2010/04/10(土) 14:14:14 ID:oKnSm0zX
今月の詩手帖、最果がゲストで出てる対談がおもしろかった


425 :名前はいらない:2010/04/12(月) 00:29:38 ID:d5u3OKzw
詩手帖3日ぐらいに買いに行ったら売り切れてた><
近所の大きめの本屋で検索したら一応名前あったから
誰かがすぐ買っちゃったんだろうな・・・。

426 :名前はいらない:2010/04/12(月) 07:26:11 ID:xqOgL42o
最近、以前にも増して発行部数落ちてる気がするよね。
表紙も貧相だし大丈夫かな。

427 :名前はいらない:2010/04/12(月) 15:41:37 ID:5YDV23xK
>>426
ちょっとすごいな。
まったく根拠がないw

428 :名前はいらない:2010/04/12(月) 21:09:06 ID:xqOgL42o
気がしただけ。
存続して欲しいから売上落ちてないに越したことないけど。

429 :名前はいらない:2010/04/12(月) 23:25:22 ID:4mI+m3ck
「気がしただけ」って・・・。何の根拠もないまま、いい加減なこと書くなよ。
おそろしいやつだな。

430 :名前はいらない:2010/04/13(火) 06:21:42 ID:u9DWzaEc

そんな目くじら立てなくとも、文芸誌の売上が右肩下がりのトレンドだっていうのは誰でも知ってる。

図書館売上だけでも二千くらいはある。これで収支が合えば潰れない。

431 :名前はいらない:2010/04/13(火) 07:14:38 ID:lZKisSpq
>>429
なにこれ

432 :名前はいらない:2010/04/13(火) 16:51:24 ID:DnOQEQxf
>>430
エビデンスは?

433 :名前はいらない:2010/04/13(火) 17:13:29 ID:+77ufptT
>>432
ggrやがれですう

434 :名前はいらない:2010/04/13(火) 17:43:55 ID:DnOQEQxf
根拠はないのか。

435 :名前はいらない:2010/04/13(火) 18:11:22 ID:G8rtTYTb
なんでそんなに喧嘩腰なのw

436 :名前はいらない:2010/04/13(火) 18:17:12 ID:DnOQEQxf
そういうデータ見たことないから、興味が有るんだよ。

437 :名前はいらない:2010/04/13(火) 23:27:37 ID:u9DWzaEc
ググればすぐ見つかるのに偉そうにソースよこせとか言う奴いるよな

438 :名前はいらない:2010/04/13(火) 23:30:44 ID:Qr1kzFLI
なんでそんなうそをつくのか謎・・・。

439 :名前はいらない:2010/04/14(水) 11:29:03 ID:Tf2lKdJb
図書館売上二千部なんていくわけない
図書横断検索してみろ、一桁違うレベルだぞw


440 :名前はいらない:2010/04/14(水) 11:43:35 ID:naqW5dvX
現代詩手帖賞に岩尾忍さん、暁方ミセイさん 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100406/acd1004060822005-n1.htm

441 :名前はいらない:2010/04/15(木) 19:06:36 ID:FbSiXaUe
上の名前を調べてみたら岩尾さんは文学極道に詩がありましたね
29歳ですか、安定感がある感じがしました。

442 :名前はいらない:2010/04/15(木) 21:38:17 ID:I3t21fHU
「文学界」が三千って聞いたことがある。
手帖のほうが出てるってのはどうかな。



443 :名前はいらない:2010/04/16(金) 10:19:45 ID:z7i8P+VA
雑誌の発行部数って、公表されていないものなのか
ユリイカはかなりあるよね

444 :名前はいらない:2010/04/16(金) 11:09:10 ID:rEx2tPR9
「文学界」が三千なら詩手帖は千くらいでどうだ!

445 :名前はいらない:2010/04/16(金) 16:23:22 ID:tF8gnfqp
城戸がツイッターで言ってたが、8000部くらいで、純文学系の文芸誌より多いらしい。

446 :名前はいらない:2010/04/16(金) 17:49:45 ID:PF4KKye+
公称発行部数と実売部数がいっしょくたになってるな。

447 :名前はいらない:2010/04/17(土) 06:50:27 ID:pGTjpURI
8000部刷ってるのがホンマならおそらく実売5000部ぐらいやな

448 :名前はいらない:2010/04/17(土) 15:19:35 ID:rGkq6Tzr
8000部も刷ってるわきゃない
実売は千部とみた。

449 :名前はいらない:2010/04/17(土) 19:02:11 ID:R98SIyAQ
千部だったら、単純にわって、1都道府県あたり、20数冊ってことになるけれど。。。。

450 :名前はいらない:2010/04/17(土) 21:35:54 ID:pGTjpURI
今調べたら、高知県の図書館で詩手帖置いてるのは1館、つまり図書館に毎号1冊まず売れてると。
で、高知県で何人買ってるかっていうと、どうだろう。
まず書店に置いてないだろうし。
まあそういう県もあって、東京都みたいに大きな書店が沢山あるところもあるし、
そういうの全部均してみると1都道府県あたり20冊ってのもあるかもしれないよ。

451 :名前はいらない:2010/04/17(土) 23:34:53 ID:R98SIyAQ
詩手帖は東京の比較的大きい本屋で平積みされているのは、記憶の限りは見たことないかも。
ユリイカは平積みされていることもありますが。。。

大学図書館はどうなのかな?

452 :名前はいらない:2010/04/30(金) 01:46:28 ID:QlxW5W2u
手帖の選者は誰になったんですカァ

453 :クマクマ:2010/04/30(金) 02:50:36 ID:q6W8hoNn
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    
    | ノ      ヽ    往復書簡おもしろい
   /  ●   ● |     佐々木さんの連載は終わっちゃった?


454 :名前はいらない:2010/05/03(月) 13:05:55 ID:YYy/Nh7E
今月の手帖の投稿欄、面白かった。選評も。新しい人が増えて新鮮だった。

455 :名前はいらない:2010/05/05(水) 14:13:17 ID:mCCanUKp
次回はもっとかわるかもね。選者がかわるので。

456 :クマクマ:2010/05/05(水) 21:17:40 ID:9lzxfLsj
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩     昔は荒川洋治も二十代で選者やってたようだし、
    | ノ      ヽ     それこそゼロ年代詩人に選者やらせてみてもいいんじゃないクマ?
   /  ●   ● |    

457 :名前はいらない:2010/05/05(水) 21:32:11 ID:l8ykiq3X
そう言えば昔、柚口康晴という天才詩人がいましてね

458 :名前はいらない:2010/05/07(金) 17:26:18 ID:jCjwe8lw
454です。

>>455
そうなんだ。こっちは見てるだけだからいいけど送る人は大変なんだな……。
来月号も読まなきゃ。

>>456
>ゼロ年代詩人
六本木詩人会に投稿欄とか文学賞の企画があったらいいのにな。
雑誌の選者じゃないけど……。

>昔は荒川洋治も二十代で選者やってたようだし
知らなかった。リアルタイムで見たかった。

459 :名前はいらない:2010/05/07(金) 20:02:32 ID:50n6+7mW
ああ今月買えなかったから気になるー・・・。

460 :名前はいらない:2010/05/12(水) 21:35:21 ID:voewKzx/
びーぐるの投稿作品評うpして。

461 :名前はいらない:2010/05/12(水) 22:31:05 ID:u1Je5E4V
>>460 一言いう。買ってやれ。じゃないと潰れちゃう。
俺んとこは近所の書店で注文可能だった。
びーぐるは1000部売れないと採算が取れないらしいんだ。

462 :名前はいらない:2010/05/12(水) 22:53:58 ID:voewKzx/
嫌だよ。

463 :名前はいらない:2010/05/13(木) 17:02:22 ID:6e+UfdCv
びーぐるは発売日が毎号毎号遅れすぎ。危機感なさすぎ。

464 :クマクマ:2010/05/16(日) 10:28:40 ID:4OI18LUy
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩     びーぐる、そんなにヤバイの?
    | ノ      ヽ     まだ創刊して間もないはずなのに
   /  ●   ● |  

465 :名前はいらない:2010/05/17(月) 14:36:43 ID:L0xfUAQO
>>464
資金不足で遅れるわけじゃなくて、入稿遅れてくる人を待ったりしてて編集段階
で遅れるらしい。同人誌だったらよくあることだと思うけど商業誌は売り上げに
影響出てると思う。
 1〜3号まではちゃんと発売日に出てたけど、それ以降4〜6号は数日〜一週
間遅れ。入荷日がわからないんじゃ書店との信頼に響くから取扱店が減ってしま
う。
 最新号の7号は発売日通りに出たからよかったけどこのままちゃんと維持して
ほしい……。

466 :名前はいらない:2010/05/17(月) 16:01:58 ID:Ns18oUKT
一週間遅れってすごいなwww

467 :クマクマ:2010/05/17(月) 21:00:31 ID:0Qpahhg8
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩     >>465
    | ノ      ヽ      ありがとう
   /  ●   ● |      往年のコミックトムみたいになってるクマか

468 :クマクマ:2010/06/01(火) 18:32:05 ID:rloqJkAu
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    
    | ノ      ヽ    関悦史さん隣町クマ・・・ 
   /  ●   ● |     田舎は辛いっすよね・・・

469 :名前はいらない:2010/06/01(火) 21:30:10 ID:O2Jgv/LI
詩手帖に投稿したんだけど、選外にも引っかからなかった
入選した人の作品読んだけど、自分より全然言葉の並びが良かった。
詩手帖の内容は自分には読むのすら難しかった。もっと投稿しやすくて
読みやすそうな詩の雑誌って無いのでしょうか、
本屋に行ってもよく分からないんです


470 :名前はいらない:2010/06/02(水) 00:26:02 ID:5BWgHtVl
ユリイカ

471 :家電.com:2010/06/02(水) 00:42:18 ID:xsykiaCP
家電.com
HP
http://Kadencom.chochouo.com



472 :名前はいらない:2010/06/02(水) 19:00:51 ID:1S92l7zE
ユリイカ
詩と思想
びーぐる


473 :名前はいらない:2010/06/02(水) 19:02:30 ID:1S92l7zE
↑サゲ忘れスマソ

474 :名前はいらない:2010/06/02(水) 21:20:23 ID:hi9MJb70
その名前を本屋で探してみようと思います。
参考にします、ありがとうございました、

475 :名前はいらない:2010/06/02(水) 23:11:00 ID:gKwjYyUi
文フリの100メートルトルタすごかったね。内容も面白かったし。
たくさん書けるの羨ましいなあと思いました。

476 :名前はいらない:2010/06/03(木) 10:35:40 ID:ys6WXKCD
川口晴美が弟子を入選させてる。
それって反則だろ?
普通自分が選者の時は投稿するなって釘をさすものじゃないのか?

477 :名前はいらない:2010/06/03(木) 16:06:15 ID:tmGC2gUi
どういう関係の弟子?

478 :名前はいらない:2010/06/03(木) 20:15:18 ID:A2/u4vvB
>>472
いま存在する詩誌ってこれらに現代詩手帖を加えただけ?
充分のよな気もするし、全然足りない気もする。
それぞれの傾向の違いを挙げると、

現代詩手帖 「正統派」
ユリイカ 「サブカル寄り」
詩と思想 僕はよく知らない。。
びーぐる 「新進」

こんな感じ?

479 :名前はいらない:2010/06/03(木) 20:52:42 ID:T1NCXP0F
詩と思想 一般向け ポエム

480 :名前はいらない:2010/06/03(木) 22:24:49 ID:FkfCpuUm
詩と思想は一般向けポエムではないぞ。
一度でも読んだことあれば分かるが、典型的な現代詩の同人誌。


481 :名前はいらない:2010/06/03(木) 22:54:00 ID:0VJUT6Q8
詩人に師や弟子ってあるんですか 初耳です

482 :名前はいらない:2010/06/03(木) 22:55:39 ID:EcP73K0L
>>478
>詩誌
あと、詩とファンタジーは?

詩誌と違うだろうけど、文芸思潮に現代詩投稿部門があった気が。。

483 :名前はいらない:2010/06/03(木) 23:08:10 ID:A2/u4vvB
>>482
あっ それがあったね!
あれは良い詩誌。メルヘンチックな詩が多いと思うけど、子供向けでもない。美しいイラスト付き。
投稿する側としては、5000円もらえてイラストまで付くのが素晴らしい。
詩誌の中ではいちばん良い待遇だな。やはり、やなせ先生の超人パワーによるものか…

484 :名前はいらない:2010/06/03(木) 23:10:05 ID:A2/u4vvB
文芸思潮は、個人的にはあまり良いイメージないな…
たしか2005年創刊。

485 :名前はいらない:2010/06/04(金) 02:02:11 ID:qo/ZA3Bo
>>481
弟子は知らんが師はあるだろ。川口晴美は鈴木シロヤスの生徒だったし。

486 :名前はいらない:2010/06/07(月) 05:10:39 ID:SGz46OJN
>>476
クマクマさんはどう思う?

487 :名前はいらない:2010/06/07(月) 23:11:57 ID:UsM+J6UX
詩と思想の林木林とか高岡力とかも現代詩手帖に書いて欲しい。思潮社はもっとタブーをおかすべきだろ。

488 :名前はいらない:2010/06/07(月) 23:45:44 ID:mDyFrwAE
アホサヨク系は詩と思想に引きこもってればいい。
河津聖恵も詩手帖には要らないな。

489 :クマクマ:2010/06/09(水) 21:28:14 ID:8kgwfMyl
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    
    | ノ      ヽ    >>486 
   /  ●   ● |    あなたはどう思うクマ?

490 :名前はいらない:2010/06/10(木) 20:28:28 ID:S4EMkjqH
そりゃ基本だめだろ。

491 :490:2010/06/10(木) 20:34:56 ID:S4EMkjqH
486ではないけれどね。そういうことするのであれば、投稿しないひとはいるでしょ?
選評で面識あるなら面識あると書くべきだと思うよ。



492 :490:2010/06/10(木) 20:38:36 ID:S4EMkjqH
476の発言について、俺には事実確認はできないので、これ以上のことは言えませんが。

493 :486:2010/06/11(金) 04:35:24 ID:a+a6q1Fl
川口晴美の詩の講座の生徒ならしい。
詩集出した時も川口氏が新聞の書評で紹介したとか。
まあそれぐらいはいいと思うけど、投稿欄にここぞとばかり投稿始めるなんて
反則だろ。
俺も面識があるならそう書くぐらいはすべきだと思うな。

それか、投稿は遠慮すべきなんじゃないか?

494 :クマクマ:2010/06/11(金) 08:34:12 ID:uGKpBxGw
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩   詩の講座の生徒、がほんとうなら、 
    | ノ      ヽ   投稿するべきではないし、選出するべきでもない、と思うクマ
   /  ●   ● |    李下に冠を正さず、クマ

            そういうのは珍しくない行為なのかも知れないけどさ

495 :486:2010/06/11(金) 11:01:13 ID:a+a6q1Fl
クマクマさん、ご回答ありがとう。
君の意見は正しい。

思潮社に意見書のメール送ったけど、無視されるかもな。

496 :名前はいらない:2010/06/11(金) 12:07:45 ID:PvPUfQe7
作品がいいなら投稿欄ぐらい別にいいんじゃね?

妻の詩集を読売文学賞にした選考委員の平出隆の件はどうなんだ。

497 :490:2010/06/11(金) 14:00:17 ID:PSd4TigP
>>496 投稿欄でも、みんなそれぞれ真摯にやっていると思います。
一人の選者が四、五篇くらい選ぶとして、600篇以上のなかから選ばれるわけだから、
相当数が選外になるわけですよ。もし自分の生徒なのだとしたらそれを選評に書くのがフェアかなと思います。

あと、川口さんの生徒でも野村さんが選ぶ可能性もあるわけだから、一概に投稿するな
とはいえないとは思う。難しいところだけれど。。。

498 :クマクマ:2010/06/11(金) 18:50:38 ID:uGKpBxGw
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩   正しいとは限らないクマよ 
    | ノ      ヽ    原辰徳とその親父さんのように、
   /  ●   ● |    あえて弟子にだけキツく批判するやり方もあるだろうから

499 :くまえり:2010/06/11(金) 19:21:17 ID:+3d26R/x
実力があるから、捏ねも作れるんです。
それが自己プロデュース能力です。
あなた達が甘いだけじゃないでしょうか?

500 :490:2010/06/11(金) 19:23:46 ID:PSd4TigP
498クマクマは495に言っているの?

501 :名前はいらない:2010/06/11(金) 19:56:38 ID:krTvLg8n
おまえらこればらまいてから言え
http://livedoor.2.blogimg.jp/netamichelin/imgs/c/0/c02bfd6b.jpg


502 :クマクマ:2010/06/11(金) 21:06:25 ID:uGKpBxGw
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩   >>500
    | ノ      ヽ   そうクマ
   /  ●   ● |   

503 :名前はいらない:2010/06/11(金) 23:00:42 ID:N9t74Z6Z
>>499
 だから、名前が売れ始めた新人に擦り寄ってコネ作ろうとするんですよね!

504 :490:2010/06/11(金) 23:45:17 ID:PSd4TigP
>>499
選者が実力をある人間を見つけるのが投稿欄。
>>502
投稿欄で選者と新人が、「原辰徳とその親父さんのように」ふるまうには
どうせよというのかい?


505 :名前はいらない:2010/06/15(火) 13:09:58 ID:MiNyw1vJ
>>496 同意

506 :クマクマ:2010/06/17(木) 23:01:09 ID:p9sxsQuL
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    読売文学賞の件も、
    | ノ      ヽ    奥さんが選考にかかった際に平出さんは委員を辞退するべきだったと思うクマ
   /  ●   ● |
               結果が数字で現れないものなら、どうしても情実を疑われるし…

507 :名前はいらない:2010/06/18(金) 01:20:32 ID:78y5Oon5
平出さんが奥さんの詩集を推薦したんだろ

508 :名前はいらない:2010/06/19(土) 17:56:27 ID:j75EC/kQ
そうだよ
聞いたところでは、あらゆる賞(10くらいか)に
奥さんの詩集だけを推薦したそうな

509 :名前はいらない:2010/06/20(日) 16:40:11 ID:+zdNrHJR
賞の主催の方で「身内の推薦は無効」というルールにしてしまえばいいのに。


510 :クマクマ:2010/06/27(日) 21:27:55 ID:V5eNiWdR
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    六本木詩人会のイベント行ってきた方、
    | ノ      ヽ    どんなことやってたのか教えてたもれクマ
   /  ●   ● |

511 :名前はいらない:2010/06/28(月) 13:49:45 ID:QrJxwkcF
>>510

討論はつまらなかったし、朗読会も変なパフォーマンスとか多くてついていけなかったよ。
クマクマさんは朗読とかも興味あるのか?
俺はやっぱり詩は紙媒体で読むのが好きだな。

朗読でも変なダンスとかなくて、普通に読むだけのスタンスならついていける。

512 :クマクマ:2010/06/28(月) 21:42:45 ID:3Yq6m1DZ
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    >>511
    | ノ      ヽ   レスありがとうクマ。討論までつまらなかったクマか?
   /  ●   ● |  朗読会もあんな人数だったから、ついていけなかったら苦痛だろうと思うと、
              お疲れさまクマ
              
               朗読については……
               作品のテンポや韻律の他に
               読む人の声の質や滑舌や間のとり方も大きく影響するのかもしれなくて、
                漢詩紀行みたいに中村吉右衛門さんや江守徹さんが朗読してくれたら、
                おもしろい朗読会になるのかもしれないクマ

513 :クマクマ:2010/07/03(土) 21:12:44 ID:LlTqnkCY
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    なんというか、
    | ノ      ヽ    twitterって流行りのものにとびついても、
   /  ●   ● |     連詩ってそんなにおもしろくなるものでもないみたいクマ

514 :名前はいらない:2010/07/06(火) 01:32:15 ID:f1tE6SeM
>>513 そんなこともないだろう。

twitterといえば、女性のツイートで苦手なのがたまにある。男のやつでは
あんまりそういうのを感じないんだけれどね。。。。

515 :名前はいらない:2010/07/07(水) 11:16:10 ID:V0lWNWlf
おもしろいかどうかは知らないけど、思潮社がウェブに出てきて一般の読者と
交流するようになったのはいいことだと思う。
いいと思うことはいろいろやってみたらいいと思う。

516 :名前はいらない:2010/07/13(火) 10:19:11 ID:OsifANNJ
詩手帖に初めて投稿してみた。
出す時は軽い気持ちで出したけど、けっこうドキドキするね。

517 :名前はいらない:2010/07/13(火) 17:46:59 ID:a3qjjd3q
どきどき

518 :名前はいらない:2010/07/15(木) 14:11:10 ID:cWWjksj7
俺も投稿してみた。
ドキドキするな。

お互い健闘を祈る!

519 :名前はいらない:2010/07/16(金) 02:33:54 ID:rQ7uS0W2
どきどきもんだよ。

520 :519:2010/07/16(金) 02:38:31 ID:rQ7uS0W2
516じゃないけれど。佳作のところから名前確認することにしてる。
結局名前がなかったときは何回経験しても結構こたえる。

521 :クマクマ:2010/07/18(日) 00:54:52 ID:GHJHqpao
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    投稿もメールで送れるようになったらよいかもクマ
    | ノ      ヽ    爆発的に数が増えて収拾つかなくなるかもしれんけど・・・
   /  ●   ● |  

522 :名前はいらない:2010/07/18(日) 09:18:48 ID:41x/0EfI
郵送がいいよ。
封筒に宛名書いて、原稿入れて、とじて……「普通で」
って過程がけっこう好きだ。
原稿準備してる段階で何度か推敲できるし。

でもメール投稿可にしたらどれぐらい増えるのかは
ちょっと気になる。

523 :名前はいらない:2010/07/18(日) 13:44:52 ID:i0yom4YE
>521
メールで投稿して、編集部のほうが縦組にするのならいいけれど。。。。
メールだったら一人一篇がいいかと思いますね。
推敲して何回も送ってくる人間がいるかもしれないから。


524 :名前はいらない:2010/07/18(日) 19:31:42 ID:FovDgHrV
夏だなあ

525 :名前はいらない:2010/07/19(月) 18:46:13 ID:1Ie6taro
現代詩手帖の投稿って、一人で毎月5作も6作も送るのが多いから、
624編集まったとか言っても実質投稿者は100人ぐらいなんだよね。
一週間前にはじめて投稿してみたが、投稿は久しぶりでなんか高揚するね。

526 :525:2010/07/20(火) 21:47:48 ID:e5xnGB4X
すまん。上の文の3行目の「はじめて」の前に「現代詩手帖には」と
入れてくれ。暑さで文章がめちゃくちゃ。

527 :名前はいらない:2010/07/21(水) 12:26:38 ID:A8WaFFGt
最近久谷来てないね。悪口が少ない。

528 :名前はいらない:2010/07/21(水) 19:55:55 ID:OFoOD+kM
というかほとんどみんなtwitterじゃないの?

529 :名前はいらない:2010/07/23(金) 16:07:45 ID:Mc2BmJIs
>>527
twitterでつぶやきを見る限りで言えば、
久谷はつぶやく暇もなかなかないようだ。


530 :名前はいらない:2010/07/24(土) 01:41:41 ID:pyPACmr/
今日朝生に水無田気流が出るってよ、楽しみ

531 :名前はいらない:2010/07/24(土) 20:12:21 ID:btBwsBZP
>530 で、どうだった?

532 :名前はいらない:2010/07/27(火) 17:20:15 ID:ec1bQhqL
手帖投稿欄に入選するって、実際のところ結構難しい?

533 :名前はいらない:2010/07/28(水) 00:30:57 ID:AZDI0TKk
他の詩誌に比べれば難しい気がする。

メール投稿可でも詩学はたいして投稿数なかったし、思うほど増えないのでは。

534 :名前はいらない:2010/07/28(水) 12:16:52 ID:X1aQm4DH
>メール投稿可でも詩学はたいして投稿数なかったし

詩学は1人一編だったからだと思う。

535 :クマクマ:2010/07/31(土) 14:22:40 ID:fmSjgC5v
勝手に手帖編集後記より抜粋。
      ┼╂┼      
    ∩_┃_∩    >「ツイッター」という完全に開けた場所に、詩作の場を出現させること。
    | ノ      ヽ    >ツイッター連詩は「匿名性の海」のただなかに、詩を投げ込むという、
   /  ●   ● |   >暴挙とも言える試みだった。

どこからツッコんでいいものやら…
投稿欄は樫田祐一郎さんがおもしろかったクマ
>>522>>523
そうでしたか。つか、一人で5篇も6篇も送るのが普通クマか?

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)