2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

前の人がお題を書き込むスレ その11

1 :名前はいらない:2009/07/06(月) 06:19:00 ID:1/wWvRYK
前の人が出した題にそって詩を書き、
次の人にお題を出すスレです。

詩を書いた人は必ず新しいお題を出してください。


過去スレ
∞ 前の人がお題を書き込むスレ ∞
http://mentai.2ch.net/poem/kako/1010/10103/1010395055.html
*前の人がお題を書き込むスレ その2*
http://mentai.2ch.net/poem/kako/1014/10149/1014900418.html
*前の人がお題を書き込むスレ その3*
http://book.2ch.net/poem/kako/1018/10185/1018599501.html
*前の人がお題を書き込むスレ その4*
http://book.2ch.net/poem/kako/1023/10237/1023740019.html
*前の人がお題を書き込むスレ その5*
http://book.2ch.net/poem/kako/1031/10314/1031405634.html
*前の人がお題を書き込むスレ その6*(html化待ち)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1046633374/
*前の人がお題を書き込むスレ その7*(html化待ち)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1061803826/
*前の人がお題を書き込むスレ その8*
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1070953300/
*前の人がお題を書き込むスレ その9*
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1090161290/
*前の人がお題を書き込むスレ その10*
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1147093316/

>>2の方は前スレ最後のお題「初めての旅立ち」からどうぞ。

2 :ハイエイ ◆V0x0OXEVDo :2009/07/06(月) 06:51:37 ID:1/wWvRYK
心の扉も
部屋の扉も閉ざしていた君

何年ぶりだったのだろう
窓をあけ
光を全身に浴びたとき
何を感じたろう
風は肌に心地よかったろうか

新しいはじまり

不安やとまどいもあるだろうが
失敗や挫折で、
谷底でさまようこともあるだろうが

それでも若い君には
限りない夢と希望がまぶしほどに「そこ」にある
何があろうとも
それらを見失うことのなきように

初めての旅立ちに幸多かれ


次は「カーテン」

3 :名前はいらない:2009/07/06(月) 21:34:43 ID:iWnWt6nV

「カーテン」

少年は夜に敵意を供えて
校舎の屋上で泣く

真夏の空は不可解な音色の海
地熱の放つ声に樹々が燃え上がる

透き通るようなラジオの70'sの歌
それは青い林檎を齧る音に似て、苦い

フクロウは深夜のコンビニを覗き回り
まだ幼かった頃の自分を探す

天使はいつも乾いた傘を広げては
繁華街の泥を眺めてる

傷口から見える碧い珊瑚礁
見たこともない深海の蛇

少年は薄明に悪意を葬り
校舎の屋上から墜ちる

少女は朝に声を詰まらせて
そんないくつもの夢から覚める

ユレル波間からのぞく褪せた爪先へ
そっと手を添えるように暁の緋が飾る

少女は厚いカーテンに包まって
そんな夢から覚めた夢を見た



次回『夏のスコップ』

4 :名前はいらない:2009/07/07(火) 00:58:35 ID:p6lwz9Co
>>3

「スコップfeelH"」

漣 寄せる夢の凪
つくる度 崩れる砂のお城

白波の盗んだ藍の不知

君の黄色いスコップ

つくる度 崩れる砂のお城

凪は揺れる

起きたら忘れてしまう

揺れるお城



お題は「施」

5 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/07/07(火) 04:57:56 ID:3zNoAxIs
「施し」

喇叭を吹けば
小鳥が囀り
雲が群がる
空模様を見て
奇想天外な予測を立てて
実践しては
破綻して
汲々とする
ギャンブル狂の歌は
始末が悪く
バツが悪いので
格好が悪く
折り合いが悪い
許しを乞い
施しを乞い
生き永らえつつ
施そう
施せるものを
施せるだけ
施せるものに



次は「生姜」でお願いします

6 :名前はいらない:2009/07/07(火) 05:03:07 ID:gMTbx8R6
「施」

施といわれちゃあ、布施明
ただ今ブログを書いている
君は嘘だというけれど
僕はそうは思わない

教頭役で出てました
ドラマの一つのワンシーン
明日は理科と道徳で
僕の出番はありません

最後に言いたい事だけど
ラムネはどうして
布施明

次のお題「工藤兄弟」

7 :名前はいらない:2009/07/07(火) 21:39:36 ID:nh8YtqL9
「生姜な工藤兄弟」

どこへいっても

だれとあっても

影はついてくる

夜中だろうが

トンネルだろうが

影はついてくる

たまに踏み付けたいと思うけど

あいつも同じ動作

テレ笑い

しょうがないよね

双子だもん



『バードウォッチ』

8 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/07/08(水) 03:15:55 ID:13xg50aS
「バードウォッチ」

人工衛星から見る鳥は
望遠鏡のレンズ越しに
一瞬映って
すぐ飛び去って
飛跡を追うと
座標が逸れて
もう見つからない



次は「ネッシー」でお願いします

9 :名前はいらない:2009/07/08(水) 04:47:33 ID:0yqWpvg4
「ネッシー」

湖畔の繁みの孤独な男
「きっときっと、ここにいるはず」
水面に潜む儚い幻
「ずっとずっと、ここにいたんだ」

湖畔の繁みの孤独な男
「きっときっと、今日こそ見つける」
水面に潜む儚い幻
「ずっとずっと、ぼくを見てたね」

水際に駆ける孤独な男
「きっときっと、声をかけよう」
浮上に備える儚い幻
「ずっとずっと、うれしかったよ」

幻に叫ぶ幸福な男
「やっとやっと、お前に出会えた」
男に答える偉大な幻
「もっともっと、一緒になろう」


次、「駅」で

10 :(kau-a):2009/07/08(水) 05:47:04 ID:mRvGrk8r


まことしやかに我が涙の
降り染むる朝は艶やか
靴の先にて住む我々の朝
全ての己どもを乗せ
夜が世が更けるまでも
圧縮された旅路を産む
そこの香り ざわめき
うねる感情の隠蔽
俯瞰で拝むのならば
思わず祈り 見上げることだろう
雀の爪の中 数多の真実を孕むを感ず


「乳輪」で。

11 :名前はいらない:2009/07/08(水) 10:12:49 ID:O4SIlULE

「乳輪」

子供が泣いている
オマエが泣いている
ゴメンナサイ
ゴメンナサイ
オマエは何も咥えれない
母親の乳房から零れる

死の味がオマエを充たす
ゴメンナサイ
ゴメンナサイ
あいつはハンマーとナイフでオレを引き摺り堕した
ゴメンナサイ
ゴメンナサイ
あいつの口づけの味は

血の色がクチビルを彩る
ゴメンナサイ
ゴメンナサイ
壁に白い蟲が這い回る
赤子の目玉がグルグルと躁ぐ
オレはきつく抱えられたまま
母親は動かない
オレはそこから逃れたいのに
母親は動かない
壁に焼け焦げた印が浮かび上り
母親の首がグラグラと落ちる
ヤハリソウダ
ヤハリソウダ
全てはまがい物だった
性別はレプリカだった
マネキンの乳房には乳輪はなく
オレの脛には焼き印が捺されている
ゴメンナサイ
ゴメンナサイ
首のない母親がまた腰を揺すり
四つん這いのオレにまた乳房を挿し込んで



次回『サーカス』

12 :ララ:2009/07/09(木) 21:20:10 ID:t8AineOE

サーカス


あなたと今夜もサーカス
いつものアレ 飽きちゃったよ
足あげて 腕さげないで 顔あげて
そうしてぐるっと 
ひとまわりする

とことん付き合うサーカス
あなただからできるの
そう その手は離さないで
闇のかなたに消えないように

あなたと楽しむサーカス
恐いのに未知の地平にいけるのは
あなたを信頼してるから
ウイークポイントで風を切り
そのまま臨界点までつっぱしれ



次っ 「花鳥風月」  でお願いねっ


13 :名前はいらない:2009/07/10(金) 10:50:37 ID:8J0YgWST

「花鳥風月」

君はカナリアの歌
盲いた老犬の灰
仄かな、仄かな
微熱に支えられ
風下にたつ電柱

秋は叢海のガラス
絶望をくすねる指
明日へのあわいへと
ダンスも知らない
貴婦人のドレス

夏は少年の背骨
フィレンツェに零れた思弁
荒荒しく削っては
演出を爪弾く
氷のトーテム

春は黒いビデオテープ
映した瓶の底の船影
儚く恥ずかしい
勇壮なる葬列
息絶える処女の樹

冬はカナリアの籠
目覚めた夜の茨
遥かな、遥かな
頭上に煌めく衛星
姓名のない光



次回『慈悲ノ花瓶』

14 :名前はいらない:2009/07/10(金) 23:18:12 ID:uH/oDwnL
慈悲ノ花瓶

その短い生命を
私に預けるというならば
貴方が一番輝く時を
私は静かに支えたい
哀れみに揺らめく水が
貴方を散らせないよう
佇むしか出来ない
無能な器となって
ただただ支えていたい

次「蛍」

15 :名前はいらない:2009/07/10(金) 23:40:38 ID:paTtseQe
「蛍」

夜、君の名前を呼んだ、叫んだ
朝、それは沢山の蛍になって空に消えた

聞こえたなら答えてよ
届いたのなら光ってみてよ

次は「平行」

16 :名前はいらない:2009/07/11(土) 01:07:41 ID:r3PGnfnv
次はゴミゴミゴミゴミゴミクソンのほうがいいな

17 :名前はいらない:2009/07/11(土) 06:28:40 ID:C5aYxvnE

「平行」

ゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミだ

視るな視るな視るな視るな視るな視るな視るな視るなよ

クサイクサイクサイクサイクサイクサイクサイクサイから

掃除機掃除機掃除機掃除機掃除機掃除機掃除機の陶磁器

んなアホな



次回『見馴れないフルーツ』

18 :ハイエイ ◆V0x0OXEVDo :2009/07/11(土) 09:00:24 ID:zQ1Cchsx
「見馴れないフルーツ」

中身を傷つけぬよう、電ノコで注意深く切る

ウワブタを取る
中身は薄桃色の
たとえるなら頬染めた白子だろうか
美しい

ナイフで一人前200グラムほどを切り分ける
フライパンは十分に熱せられ
バターのよい香りがする

軽く焼いて塩コショウ
コショウは、挽きたての黒をたっぷりと
フルーツの味を引き出し
少々の臭みをうまみに変える

皿に盛る
君の分、わたしの分、そして、
白子の主に食させるのも、また一興か

君には見慣れぬ食材かもしれないが、これは
極上のデザートなのだよ、クラリス


次は「風の匂い」

19 :ハイエイ ◆V0x0OXEVDo :2009/07/11(土) 09:02:49 ID:zQ1Cchsx
(しまった。中身という単語を2回使ってしまった。次回は気をつけます)

20 :名前はいらない:2009/07/11(土) 10:20:01 ID:mH99Vxv8
次は「風の匂い」

初夏の風
高原を吹き抜ける風
野外ファックに汗を流すその時
さわやかな風の匂いが淫靡なものへと変わる
荒々しい呼吸とともに鼻腔を刺激するものたち
そう、それは…
獣の匂い

次は「ペロニスキー」


21 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/07/11(土) 19:04:39 ID:m5smNABm
「ペロニスキー」

(訳注175)
ペロニスキーによる声帯模写における歯列の用法並びにその後代における技法の変遷についての講演で
博士は我々に幾つものサンプルを呈示したがそのいずれもが稀に見る資料的価値を有した録音であって
博士が演壇を降りた後に一時保管されていた会場の事務室から当の録音が忽然と姿を消したことは騒ぎになった
幾人かの愛好家や研究者に嫌疑が及ぶも録音はついに見つからず
声帯模写術中のペロニスキーの流れを汲む諸派及びペロニスキーに関する研究史において大きな損失となった
以後の様々な著述においても活字としてのみ記されることになる一連のサンプル音源を
ミッシングルーツ、或いはより狭義の枠組み(往々にしてそれは、愛好家へ向けられた在野の研究者による論述である場合が多い)
においてペロニスキーとその後継を語る文脈においては
ペロニスキーのみなしごと称して現在でも数多の著者によって触れられている



次は「芽」でお願いします

22 :名前はいらない:2009/07/12(日) 03:38:19 ID:nMhkH3rp
「芽」

ママからもらった知らない種と
パパからもらった魔法の粉
使わなくなった携帯電話や
セットしておいた目覚まし時計
五百円玉を一枚に
真っ赤なビー玉一欠片
初めて切れたミサンガと
それから私のまつげも一本
庭に埋めて、水をあげよう

芽が生えるまで、水をあげよう


次のお題「生爪」

23 :名前はいらない:2009/07/12(日) 08:22:16 ID:vmtu/S6t

生爪

ぽきゅははだしでいるんだよ。
かあさまがここにいなさいっていったんだよ。
だからぽきゅはまってるの。
いちばんぼしをかあさまとみるためまってるの。
まちきれなくてうみにはいったらくつがながされたの。
ぽきゅはかあさまがだいじにしなさいってかってくれたくつをなくしたの。
かあさまおこるかな?かあさまいつかえってくるかな?
おなかがすいたのにおすしはもうなくなったの。
ぽきゅははまべでまってるの。
ぽきゅはつよいこだからなくのはいっかいだけなの。
もうおほしさまとおつきさまもでちゃったよ。
かあさまさむくないのかな。
かあさまとうさまにあえたかな。
さっきからあしのつめがじくじくするの。
けどぽきゅはつよいこだからなくのはにかいだけなの。


次回『あの夜の流星へ』

24 :やさしいあくま ◆L5pYivMbF2 :2009/07/12(日) 13:54:37 ID:ESLGT15m
「あの夜の流星へ」

星空の撃墜
ロケット花火が模倣する流れ星
美しいかどうかは別
大勢集まって
すごくなった気になってで
地上の星屑のつもり
真っ暗な夜空を明るく照らす俺らは
風に巻き上げられ
イルミネーション
輪になって歌って踊って
あの夜の流星へ


次は「バツの口」

25 :名前はいらない:2009/07/12(日) 15:02:39 ID:w3jMLc8U
「バツの口」

バツの口に孕んだ言葉は
歯に噛み砕かれて
飲み込まれ
消化もされず消えていく

言葉にできないこの思い
体で示してみせるから
そっと目を閉じ両手を広げ
抱き締めてくれないかな


次のお台「琉球」

26 :名前はいらない:2009/07/12(日) 23:31:06 ID:8iTWcMvN
「琉球」

あぁ、びっくりした。
君も一緒にマブヤー探してくれないか?

だって落としたマブヤーは
いつも君を思っているんだから。

サァサァ♪一緒ニ〜♪♪
ウーティクーィ〜、マブヤ〜♪

27 :名前はいらない:2009/07/12(日) 23:32:13 ID:8iTWcMvN
次のお題「大和」で

28 :名前はいらない:2009/07/13(月) 11:02:49 ID:f/jFJTKq

「大和」

冷めた海が夏の虹を切り取り

葉船を運ぶ 粉雪の時雨

また季節を乱反射さす稲妻

斑に刷いて 炎をコバルトブルーへと高め

この涛の彼方へ 穹の底へ

僕らの胸を穿つ 終わりなき雨漏れに

最後の砲声が 熱衝する海へと還元する

蝉の音だけは月日を繕って・・・



次回『浸透するケモノ』

29 :ハイエイ ◆V0x0OXEVDo :2009/07/13(月) 19:23:58 ID:M4YYAn8c
「浸透するケモノ」

体内に浸食したソレは
徐々に
理性を奪い
勇気を与え
俺は恐れぬもののない猛者になる

ありのままに本能のままに
妻を・・・
襲う!

なにするのよ!スケベ
アンタの頭の中にはソレしかないの?

ソレは妻の猛反撃に委縮して
俺は草食動物に逆戻りさ

今度こそ
しっかり浸透してくれ、俺の中に!
大いなるケモノ
俺が俺であるために必要な俺


次は「衆院解散」

30 :名前はいらない:2009/07/14(火) 15:21:39 ID:6a6uVNk/

「衆院解散」

ア゙ー、すべては消えゆくんだよ

エ゙ー、しんらまんしょうはせんへんまんかするもので

ア゙ー、国民のみなさまも変化を恐れず未来に向けてですね、エ゙ー

ア゙ー、今や世界のMANGAとなった日本のソフトパワーを、

エ゙ー、…漫画といえば美味しんぼ、あれ今だにやってんですけどね

ア゙ー、我々政治家もちょっとは見倣いたいものですな

エ゙ー、しかし世の中はしゅぎょうむじょうの儚い幻

ア゙ー、拘ったところで全てはせいせいりゅうてんの河の中

エ゙ー、淀まず腐らず進んでいこうじゃありませんか

究極のメニューを求めて



次回『坂の上の』

31 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/07/15(水) 05:07:35 ID:GzRovNwP
「坂の上の」

坂の上の家の子は
坂の下に住む僕が家の外に居るのを見ると
タイヤや空き缶をこちらに転がす
どこかに貯蔵してでもいるのか
いつ見掛けても速やかに転がるものを出してくる
一度などは四トントラックのタイヤを転がしてきた
僕は潰れた



次は「窓の下の」でお願いします

32 :名前はいらない:2009/07/15(水) 05:44:19 ID:K8bmgH6I
「窓の下の」

まかせろって君は言ったよね
どうなってるか知らないだって?
のうてんきなのも大概にしろよ
しょうがないで済むような問題じゃない
たからくじ買ってもらって当たったら
のらりくらり生活しようと思ってたのに!!


次は「伝言メモ」でお願いします

33 :名前はいらない:2009/07/15(水) 06:11:55 ID:rxAaBT0r
哀愁漂う詩が出来ました


「伝言メモ」

ありがとう…
優しすぎる貴方…
もう苦しまないで
貴方が私の過去を知って
私を嫌いになっていくのが怖かった…
過去を聞かないまま
私を受け入れようとした
貴方は優しすぎる
けれど伝言メモだけでは
汚れた私には似合わない
勝手だけど許して欲しい
もう…貴方の笑顔を見れないのは辛いけど
私を忘れて下さい
そして幸せに…
最後に伝言メモを残したい

屋上に立って空を見上げ
最後に浮かぶ貴方に
別れを告げた…
深い傷は一つの悲劇を生んだ…
さようなら

次は「けいおん!」でお願いします

34 :名前はいらない:2009/07/15(水) 13:37:38 ID:Kyf+xfxC

【けいおん】

野性のニワトリが桜色に染まり淫らに喘ぐ昼下がりの校庭
飲み込めない嗚咽が聞こえる
トビ色の用務員はクチナシの花瓶に液体を詰め込んでいる

― 静寂 ―

無人の校庭にいくつもの影が
無人の教室にいくつもの花束が揺れ
顎の無い歌声が響く午後
広く流れる雲は優しく黒く校舎を覆い
さながらそれは、それはまるで、まるで昔見た、
昔見た母の陰部のように・・・

世界はいつだって都合よく濡れている
イカレたままの姿で スカートを捲り
見たくもないモザイクを観せつける
それはまるで、まるで昔見た、昔見た母の陰部のような、
萎びた口を持つ乞食達の歌

祝福せよ!

深海は蛾に満ちている

祝福せよ!

生命は錠剤のヒトカケラより重い

祝福せよ!

用務員はいくつもの花瓶を割り

ニワトリ達を解体しだす

祝福せよ!

世界の痙音が聞こえる

― 静寂 ―



次回『七つの理解』

35 :名前はいらない:2009/07/15(水) 14:02:26 ID:CsYH69kT
「七つの理解」

学校の七不思議みたいに、七○○って、
だいたい四つくらいしかないよね。
そんなかんじに、
君のこと、七つ、理解ってあげる。
泣かないで、
君の涙は、七つ、拭いてあげる。
君の幸せを、七つ祈ってる。


つぎは「青色」でおねがいします!

36 :名前はいらない:2009/07/15(水) 17:51:00 ID:Kyf+xfxC

「青色」

透みゆく空には 向日葵を投げて
崩れゆく陽には 紫陽花を植えて
おとなしい猫と 人肌のミルクを分け合って
砂場のお城に 影を造ろう
長いながい尖塔の影を

瞼から零れた青は
グラスの縁の赤と混ざり
カクテルを淡い紫に染める
組んだ足から広がる夜に
羽を伸ばす純白の蝶

それは一つの物語
影のお城に囚われた
独りの少女の物語

錆つく浜辺には 銀の櫂で漕ぎだして
暗幕の波間に 金の貝を探して
おとなしい猫と 優しい枕に包まって
積木のお城に 影を掛けよう
高いたかい梯子の影を

空の滲んだ青は
日々の翠雨と溶けあって
遥かに碧い海へと繋がる
閉じた繭に広がる夜に
羽を休める純白の夢

それは一つの物語
星の狭間で見つめあう
二つの月の物語



次回『サーモグラフィ』

37 :名前はいらない:2009/07/15(水) 21:03:14 ID:ow3JdLNq
>>36
「サーモんピンク」

透けた恍惚は君のもの
僕の恍惚はひた隠し
そっとそっと
こちらからだけ覗くよ、情熱

ニコニコもふわふわも
ベッドの上での甘言も
剥がして透かして並べてみたなら
まるでサーモなグラフィック

ラパン ラパス
足りないどころか釘まで打てる
ペンギンだってさシャキシャキなるぜ
嗚呼 ああ
サーモグラフィー

知らなきゃよかったぜぇ〜

じゃん!


お題「人間疎外」

38 :名前はいらない:2009/07/16(木) 02:18:23 ID:sjGn5a5L
「人間疎外」

あなたが私を遠ざけても あなたが遠くに行っても
あなたは一人じゃない あなたが人じゃなくても
私が人間じゃなくても 生きていればそれでいい
生き物に外れなどないのだから


次回!「記念日」

39 :名前はいらない:2009/07/17(金) 02:02:38 ID:blDCt4zg
「記念日」

昨日は何かの記念日
今日も何かの記念日
明日も何かの記念日
記念日の記念日を作った記念日

お題「オマンキー片岡」

40 :名前はいらない:2009/07/17(金) 02:31:33 ID:vF2ztTzT
「オマンキー片岡」

ぼくの涙ときみの涙が 掌の中でひとつになって くるくると踊っては
溶けて消えていったね
きみの手とぼくの手が繋がって 手だけで愛しあったね
お互いの指と指とで語り合ったね
指先だけで想いが伝わるから 言葉なんか必要なかったね
僕は今でも手だけでいいのに

裸って悲しい
寒くて震えがとまらない
裸って哀れオマンキー片岡
男の人でも女の人でも大人でも子供でも赤ん坊でさえ
ぼくの目には悲しく映る
淋しいひとりぼっちの裸体
悲し過ぎてちっとも美しくなんかないのに

死んだ祖母の裸があまりにも悲痛で 少し思い出しただけ
灰になる身体 寂しいね オマンキー片岡 片岡先生

動物はみんな裸だけども美しい
どうして人間だけ違うの?
裸なんかちっともいいものでもなんでもないものなのに

ねえ きみ 愛しあうって何? 命って何? ♂と♀って何?
ああ それにしてもきみの指はなんて綺麗なオマンキー
裸の指…
ぼくは手と手と指と指だけでいいのに
今ではきみの指に触れることすら躊躇っている


次回『秋山澪』

41 :名前はいらない:2009/07/17(金) 23:42:19 ID:VVICVnJg

口移しに消化した食パンを流し込み
それがなぜ低俗なB級映画さながらにチープな幸せを誘うのか問う
彼女は知っている
彼女は答えない
彼女は喉を震わせて
俺のペニスをパンで挟みこむ

空がああして青を騙るのも
レンジでチンして食卓を蒸らすのも
ピグミー族が夜な夜なラップで星を保存してるなんて
ケツ顎の神様には創造できなかった真実で
だから
彼女は創造を超えた嘘を並べる
愛だとかオフホワイトの壁紙や
制服の皺に校舎の裏の空瓶
自転車の外れたチェーンと絡まったコンドーム
俺はそれをいちいち後ろで整頓していくわけだ


次回『灰は灰に』

42 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/07/19(日) 01:33:59 ID:4mYZP95E
「灰は灰に」

「死んだら海に撒いて頂戴」と
言われたので
言われたので
呼ばれもしない葬儀の席に
わざわざ買った喪服を着込んで上がり込んで
ご両親に掛け合って
ぶっ飛ばされて
縋りついて
蹴っ飛ばされて
喚き散らして
踏み潰されて
つまみ出されて
なお喚き散らして
警察を呼ばれて

今頃彼女は灰になる頃



次は「競艇」でお願いします

43 :ルート5 ◆wwaBUDM/A. :2009/07/19(日) 10:14:31 ID:9QFYvTxA

 競艇

所詮は賭け事
博徒の博打
それも一面

意地の張り合い
矜持の勝負
それも一面

水上のレーシング
観客の見世物
それも一面

すべてが一面
寄り集まって多面
到達した達観さえ

なにかの一面




次は「トライアスロン」でお願いします

44 :名前はいらない:2009/07/19(日) 13:53:46 ID:y9kVx6fx

「トライアスロン」

指先にトンボがとまった夕暮れ時
気づけば前にだぁれもいない
子供の靴だけ片っぽ転がる夕暮れ時
振り向けば後ろもだぁれもいない
みんな泳いで漕いで走っては 何かを急いで求めてた
みんな溺れ転んで傷ついて 何かを漸く手に入れる

風の先には長い真っすぐなトンネルがあって 
そこには六つの目と無数の牙をもつドラゴンが棲んでいる
そいつは怠け者が大好きで 見つけるとすぐ食べちゃうそう
そいつは甘い果実が大嫌いで 口に含むとすぐ焼いちゃうそう
だからみんな必死な顔して汗水垂らして 苦い果実をもぎ取って
三つ首のドラゴンに献上するんだ
そいつの煌めくお宝を分けてもらうため
トンネルの目眩い出口に辿り着くために

指先のトンボが飛び立って
靴の片っぽを探してるあの子
夕暮れの光はトンネルの入口をさらに暗くして
あの子はじっと耳を澄ませて待っている
手の平の干からびた果実を見つめながら
ドラゴンの鼾が聞こえないかと 
ずっと朝まで



次回『雨 時々 ドキドキ』

45 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/07/19(日) 15:03:24 ID:5WY/+rnA
『雨 時々 ドキドキ』

雨上がりの蒸したアスファルトの臭いに混じった
女の子の香り
えっやばい ちょっと近すぎない?
えっと とりあえずメルアド交換しようよ
夏の太陽と入道雲に焼けてく アスファルトとみずたまり



次回『プール』




46 :ありす:2009/07/19(日) 19:02:48 ID:N5TaOfqh
「プール」

自分の影でさえも
早くて、怖くて。

光の筋が私の体を、刺していくよ。

ねぇ、君は泳がないの?
ねぇ、私は沈まないの?

消毒の匂いしかしない場所で
どうやって息をすればいいのか
分からなくなったの。

どうやって君は泳いでたっけ?
私の影は、君のように
ふいに私を置いていって、消えてしまって
遠い遠い地平線に返ってしまうんだね。

残された私は、プールでさえも
溺れそうだというのに。

君はサイドで笑ってた。
私は黙ってそれを見ていたでしょ?
もう戻らないということだけは
しっかりと感じているんだ・・。

ねぇ、私・・泳ぐのは大嫌い。
本当だよ。

君のせい。
君のせい
私がこの水になればよかったのに。

もう、泳げないと思うの。




次の方は「生きる」でお願いします!

47 :雪山獅子 ◆mQCcWFsddo :2009/07/20(月) 00:50:34 ID:Jyfetj/1
「生きる」

風が川を渡っていく
涼しい夏の夕暮れ
二人で浴衣きて夏祭り
ああ 生きてるって感じるわ
熱い鼓動 読まれそうで怖い
冷たい あなたの頬に顔を近付ける私

次は「星」でお願いします

48 :ルート5 ◆wwaBUDM/A. :2009/07/20(月) 10:25:44 ID:VQUa99Bo

 星

流れ星は願いを叶えてくれない
祈っても願いは届かない
都会の空に星は見えない
田舎の星は汚らしい
黒い布にまかれた塵芥
星の瞬きに紛れて
死滅した光が混ざって
人々はなにを祈ればいい

たまには星のために
祈るがいい




次は「割れた爪」でお願いします

49 :名前はいらない:2009/07/20(月) 16:27:03 ID:HjyO3cMx
「割れた爪」

説明のいらない詞に説明を求められた時
説明書のない生が説明もなくフリーズした時
人はゆっくりと爪を噛む

昨日より今日より明日より一昨年あたりを煩う時
飯よりゲームよりSEXより新書に染みがあった時
人は高速で爪を噛む

練りに練りきった詩がやんわりD評価だった時
30分で書いた詩がやたらと誉められた時
人はゆっくりと空を仰ぐ

気づけば辻ちゃんがカリスマ主婦と呼ばれてた時
ある日鏡の向こうのほつれた白髪に気づいた時
人は神速で踊りだす

そしてタンスの角で
(Wow Wow Wow Wow)
独りうずくまる
(Yeah Yeah Yeah Yeah)


次回『映画館の裏庭』

50 :名前はいらない:2009/07/20(月) 17:38:18 ID:Ri62hRTb

映画館の裏庭

映画館に「映画館」というムーヴィを見に行った
館内は賑わっていたので
しきりにすいません、と言いながら指定席まで向かった
ブーーッという開演のブザーが鳴り、拍手が起こった
するとスクリーンに一杯に
映画を観ている我々の後ろ姿が映った
観客は立ち上がり振り向き、手を挙げて喜んだ
ぼくたちは今日!
誰もがムーヴィー・スターになれたのさ!
ばんざい。ばんざい。
そう誰もが、15分間は有名になれる!そんな未来にぼくらはいる!
ばんざい。ばんざぁい!
みんな涙を流した。
そして会場中に白い紙吹雪が吹いて、会場は紙ふぶきになった。

実はスクリーンに空いた小さな穴にもう一台キャメラがついていて
ここらへんめんどくさいんだけど、きっと中心が喪失してしまったというわけ。

っていう映画を裏庭で観たよ。
その映画館の裏庭で。


次は「星の屈折」





51 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/07/20(月) 19:46:37 ID:AeWR/FfW
「星の屈折」

有史以前から首括りを見てきた星がある
虚無感にやられて今では墜落したがっている
科学者に地動説を吹き込んだ星と友人らしく
楽しいことだったと言っている
今度俺の家に遊びに来ると言っている
何故かと聞くと
「輝きのない場所だから」と言っていた



次は「花火」でお願いします

52 :みたらしさん ◆fnL1dA3n.buv :2009/07/20(月) 21:05:57 ID:OOcKZqbR ?2BP(666)
「花火」

下駄の音弾けるように

ぽん

ぽん

線香花火
ぶら下げて

浴衣の少女の
夏は短い

金魚の柄みたいに

淡い光がぽとんの落ちて
一つため息をつく

次は「麦茶」でおねがいします

53 :名前はいらない:2009/07/21(火) 23:13:17 ID:hX4F4K5p
「麦茶」

太陽照りつける昼下がり
あなたは暑さが飛ばすかのように
タオルを振った
私は黙って差し出す
太陽で焼けた肌のような色の
夏の味
体の中を冷たく流れていく
夏の味

風鈴がちりんとなった
おつかれさま。

次の方は「雨」でお願いします。



54 :名前はいらない:2009/07/22(水) 00:00:29 ID:4lkRRZDs

「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」

メンバー
・ 鳩山由紀夫
・ 岡田克也(会長)
・ 小沢鋭仁
・ 前原誠司

【ほか民主党】議員61名】

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟


55 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/07/22(水) 02:18:20 ID:8hiJ/2ax
「雨」

雨滴を数える少ない方法
目と耳を失くすこと
三蔵法師の弟子は分身術を使います
これが僕には面白いのです
未了の義なんて空海は言いましたが
インプットはどうやらそこで為されています
ここで出力は機関を経つつも人の手で為されるものと見なされます
「人の手」の位相は依然として不明です
だって僕は天才ではないから
だから僕は時々僕を殖やすことにします



次は「曇り」でお願いします

56 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/07/22(水) 02:19:55 ID:0QBV2QHQ


目を閉じて、夏の雨にうたれてみる
肌の上を流れる水滴
水を吸って張り付く髪と服
雨雲の吸い上げる風
草木の匂い 生き物たちの気配 
空から降り注ぐ 真夏の雨の音




つぎは『夏の海』

57 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/07/22(水) 02:32:51 ID:0QBV2QHQ
ぎょ♪
>>55
かぶっちゃったね

『曇り』

曇った空に吸い込まれてゆく
やさしいリズム
どこかいこうぜ

どこ行くか わからないけど
とりあえず 走り出そうか






はい♪つぎは『夏の海』




58 :名前はいらない:2009/07/22(水) 08:12:28 ID:Qx8N+h5/
『夏の海』

 夏の海だから青いなんて思ってんじゃねーぞ
 曇りの日はな、いくら夏でも青くないんだ
 灰色にもなるし焦げ茶色にもなる
 
 チャプチャプしてんじゃねーぞ
 高波にさらわれるぞ

 要するにだ、イメージで生きていくのは危険なんだ
 人生もな

 
 次は『梅雨明けの虹』

59 :雪山獅子 ◆mQCcWFsddo :2009/07/22(水) 12:32:28 ID:AgSd2br9
『梅雨明けの虹』

夕べ ランカンにもたれて雨の音を聴いてた
静かな銀色の糸
美しいショパンの調べみたいに一晩中奏でてた

目覚めたら雲の切れ間から夏空がのぞいてる
入り江に虹がかかって
天に桟橋が渡されたよう
キラキラ雨上がりの空を輝かす七色の精

次は「月 浜辺」でお願いします

60 :名前はいらない:2009/07/22(水) 19:53:01 ID:oXbVnUjh

 月 浜辺

晧晧とアンバランス 泡沫のクルス はにわりのサーカス
ライオンは尻尾 熊は舌に戴くクラウン
小説する邂逅 浅葱色のボタン 少年は底冷えて
営倉の薔薇へ 匍蔔する風 虹彩の水溜まりに映る葩 
労う拍手に誘われ 系統立ったコストに投函する痂
羅針盤片手に八月を下書く 青いラインの肢体と林檎
更々と否定する砂時計 波は姓を落剥させ

月 荒野にて開演し

星 ブランコより墜ちる

熊 半月を転がし

時 浜辺を満たす

夜 白々とライトアップされ

陽 ライオンがくぐる

カラスミの地平 裂け 夢は閉演

投棄された水平 漂う 藤色のビキニ



次回『魚之拷問部屋』

61 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/07/22(水) 23:05:42 ID:8hiJ/2ax
「魚之拷問部屋」

魚之は魚屋だ
昔からこの町にあった
同級生に魚之の息子が居た
一度も遊んだことがない
大人しい奴だった
魚之について
僕は段階的に知らされた
悲鳴が聞こえてくることがあったが
初め誰に聞いても気のせいだと言われた
三年すると悲鳴は聞こえると人に確認出来た
けれど原因は誰も知らなかった
もう三年すると周知の事実として
声を潜めながらも知らされるようになった
僕は高校生になっていた
さらに二年を経て
僕はまだ人に魚之のことを教える許可を得ていない
あと一年もすれば許されるのだろう
つまりあと一年もすれば僕も



次は「ペーパークラフト」でお願いします

62 :名前はいらない:2009/07/22(水) 23:09:02 ID:EEdTH7zo
究極の破格の安さ!詐欺か!?と疑いたくなる安さ

ソニー VAIO TypeL VGC-LV72JGBが新品で税送料込みで20,000円
新品のTシャープAQUOS LC-32DE5が消費税送料込みで30,000円
パイオニア大型プラズマ60インチが新品で税送料込みで、何と80,000円
エアコンもなんでもある。
オークションよりも安く電化製品は在庫多数

詳しくはこちら
http://blog.goo.ne.jp/koto_010/

63 :名前はいらない:2009/07/24(金) 20:06:43 ID:AnizDaa3

ペーパークラフト

何を独りで喚いている?と、明太子に呟く
誰も彼もパラダイスに生まれる訳じゃない
好きなものも嫌いなものも
腐った豆もハラワタすら、きっと立派なオカズになれる
茶をすする
朝はまだ早く、手元には新聞はない
誰が言ったか、世界は○○に満ちている
たくわんを噛む
それを言うなら、世界は満ちるほど狭くはない
ただそれは日々のコラムほど狭く堅苦しい事実だ
無人の駅にも列車は止まり、年に数回子供が轢かれる
味噌を飲み乾す
これが世界だ。空っぽの椀に残った豆腐の欠片すらオカズになる
満ちているものはなんだ?満たされていたものはなんだ?
朝はやってくるのに溢れるのは雨ばかり
世界を日々荒々しく整形するものは・・・?
茶をすする
手元にはまだ、新聞はない


次回『川辺の聖者』

64 :名前はいらない:2009/07/24(金) 20:50:51 ID:6WLIXbp8
どうして洪水 逃げられなかったのおじいさん
川辺のせいじゃ

次 海辺の聖者

65 : ◆PKKEvURXbjYu :2009/07/24(金) 21:15:09 ID:SUjr94d3
海辺の聖者
あざらしとともに
夕方の海ながめてる
ねずみ色の雲が
すばらしい速さで水平線に消えてゆき
波が寄せる物体は存在しない
でも波濤の上下は
プランクトンを筆頭として
豊かさを運んだ
彼方から送られる営み
生まれて死ぬ営み
打ち寄せた貝や海老
あざらしは喜んで食べた
聖者は目を細めて笑った

次は「夏休み」でお願いします

66 :名前はいらない:2009/07/24(金) 21:55:07 ID:/D6PTROs
飲み込むスイカの種は
いつかめぶくのだろうか
がらんどうの教室に
あなたを追う日々は埋もれ
さ迷う1ヶ月半は
しょっぱい汗に呑まれ

飲み込むスイカの種は
いつかめぶくのだろうか
それとも
1ヶ月半わたしの愛をすすり
根腐れてしまうのだろうか



次は 心臓

67 : ◆75PSbtSdd2 :2009/07/25(土) 04:24:31 ID:w4AXbV34

 心臓

とく とく とく とく

夢の中までついてくる
その足音を 
わたしも追いかけよう

近づくも 遠のくも
早まるも 静まるも
追いかけよう

砂漠を行こうと
空を飛ぼうと
海を渡ろうと
今度こそ

聞き違えないよう
聞き逃さないよう
数えるように 追いかけよう

その足音が 鳴らなくなるまで
いつか歩みを 止めるまで
この夢が醒めたなら なおさらに



--------------
次は、『蝕』 で。



68 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/07/27(月) 00:51:07 ID:GamCzLVD
「蝕」

林檎置いといていいのかな
窓から日差しがよく通る
傷むよ傷むよ
赤い艶に痣がもうある



次は「電線」でお願いします

69 :名前はいらない:2009/07/27(月) 07:43:17 ID:4TiA88u0

    「電線」

それが伝える事といったら
ひどく美しい歌ばかりで
喜びも影も紅いクチビルすら薄まるばかりで
いつ誰とハミングしたとか、いつ喉を震わせて酸っぱいジュースを飲んだかなんて
一切不問で・・・
僕は私はあなたに彼に、そんな声ばかりに囲まれているわけで
愛とか夢はきっと泌尿器科の先生に聞けばよろしいと
漫画みたいな説明を望むのが俺たちです

もう、それは伝える事に必死で
内容だとか二次元で、興味をそそるものといったら
バタードッグのネバっこい舌技くらいで
そんな伝える事を伝える事にシックハックしてる指先に
アレは絡まるばかりで・・・

与える事は与えられる事で、それはきっと補完しあう物語で
剣や魔法や銃とSEXに日々囲まれているわけで
真実なんて場末のコンパの端っこの席で語られる
俺たちの壮大な未来には届かないのが現実です



次回『夜の字幕』

70 :名前はいらない:2009/07/28(火) 08:14:35 ID:FqjlF1zj
  夜の字幕


喘いで、喘いで
何ていってんのかわかんない
でも、俺は分かる。
君がもっと欲しいと言っているのは


次お題『最優先』

71 :名前はいらない:2009/07/29(水) 10:18:44 ID:h7gnIq5J

     最優先

誰かがいった「爪先を上げろ」
誰かのせいにした「爪が割れた」
誰かが歌った「もう少し手を伸ばしてごらん」
僕は呟いた「もう道順は分からない」

萎んだハンバーガーをラップに包んで保存した
冷蔵庫はもう一杯で 蒸しきった車内に墨色のジュースが零れた
「だいなしね」傷ついた背中を見せないように
胸を張ることすら去年からしなくなって
また呟いた「だいなしだろ?」

誰かが笑ってた「おまえはそればっか」
誰かが僻んでた「またおまえらばっか」
誰かが歌った「君も手を伸ばしてごらん」
影はビブラートして「君の声は届かない」

そんな震える吐息を銀のラップに乗せ
浮かべた波の稜線は金色に輝いて
「調整されたベクトルに落ち…」ラジオから聞こえる老人の声と
「いつまで信号見てるの?」隣席にわだかまる彼女の欠伸は
なだらかに平行したまま・・・
「とりあえず進まないと」
呟いた僕の視線は直角に空に砕かれた



次回『ベルリンの蝙蝠少年』

72 :名前はいらない:2009/07/31(金) 03:02:58 ID:OdJXNfI2
孤独なベルリン1948

誰も知らない窓に住む僕は蝙蝠

嫌われ者の獣

どっちかというと蟲

孤独なのっぽ

猫もさげすむ

髭の長い虫

冷たい街道

冬の街は凍る

誰も知らない窓に住む僕は蝙蝠

売春街の奥深く

ジャングルのような木々の隙間に突き出した僕の窓

誰も知らない僕の窓

次回「おなら伯爵」

73 :名前はいらない:2009/07/31(金) 12:43:09 ID:o3WpEC97
その眼を突き その舌を焼け
ふるいにかけた砂のように
零れる言葉を浴び 隠れた禁欲に溺れよ

愛は
疑う者を挽き裂き 信じる小羊にその血肉を与える
夢は
絶命した虎よりも厚く その生臭い毛皮にて小羊を守る

疑うことなかれ 慎むことなかれ

刻は
日々病む蒼草の老婆の如く 小羊を白濁した眼差しで貫く
夜は
指先についた疼歯の臭いより 芳しい粘液で小羊を洗礼す

疑うことなかれ 悼むことなかれ

死は!
煌めく少女の眼窩を空け その股より這い出る
生は!
はためく少年の翼を折り 冷たい海蛇と交接さす

祝福せよ
獣の伯爵は七日七晩踏まれ
何度も何度も 捻れ蘇るだろう

届かない手を挙げよ 掴めない指を開け
愛は
灼熱の湯と赤子の叫喚を 怯えた小羊の群れに放つ
神は
上下する喉仏の中の 磨り潰された羊肉を愛す

疑うことなかれ 安まることなかれ

祝福せよ
獣の伯爵は七日七晩吊られ
何度も何度も 母の腹を打つだろう

蝿が舞う
世界が回る
地獄の縁が崩れだし
烙印は窓辺に現われる
死は……
永劫の夢となり 終わらない苦悶が始まる
オマエは…!
その夢を喰らい またとない甘いへドロを噴きつける


次回『献血』


74 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/08/03(月) 01:08:50 ID:vY4Ysh5l
「献血」

対価は羽音と痒み
極少量を数度に分けて
気付かぬうちに
抜き取られていく
自然界への献げ物
君はドナー
エコロジカルドナー
僕もドナー
エコロジカルドナー
対大自然の福利厚生
大らかな我ら
献血は無料
蚊取り線香は六百円



次は「西瓜」でお願いします

75 :名前はいらない:2009/08/03(月) 03:55:14 ID:lexW4MY6

「西瓜」

朝っぱらからよござんすかと御犬坊が吠えておる
わしは何一つよくないのだがきゃつばらは、よござんすかよござんすかとはしゃいどる
何事かと妻が娘がわしの部屋を度々覗きにくるのだが
もちろんきゃつばらの存在には気付きもしない
だからわしが代わってよござんすかよござんすかと叫ぶわけだが
いいかげん喉が渇いたので西瓜を喰った

種が、
種が無数にある
まるで、
まるで達人の妙技に美しく裂かれ
冷たい野原に眠る名も無き剣士の
捌かれた頭蓋にたかる蝿のよう…
甘く
どこまでも瑞瑞しく
紅い
これは、
これはガンリューに違いない
瀬戸内で儚くたおれた剛き美剣士の骸に違いないっっ
コジロウ!!!!

『よござんすか?』

…そう問われると今一つ小次郎とは違う気がしなくもない
なにせ櫂で撲られたにしては傷口が鋭利すぎる
やはり、
西瓜は糸瓜じゃない



次回『銀の直線』

76 :名前はいらない:2009/08/03(月) 05:00:43 ID:ZQqgkUhY
 銀の直線

夕暮れ近くの青空に浮かぶ直線
君が飛ばした紙飛行機が記す銀色模様

金色に染まって行く彼方に負けないように
勝ち気な君の馳せる思い

行方を誰にも知らせないままで
心配性な僕は不安になるよ

「僕のところへ飛んできて」
願いが叶えばいいのに

飛ぶ点がいつか見えなくなっても
夜空いっぱいに輝く星

「こっちに会いにきて」

そんな声が聞こえた
僕も紙飛行機を飛ばすよ

一緒に宇宙の風に乗りたいね


次の題「やさしい微笑み」

77 :名前はいらない:2009/08/03(月) 20:26:31 ID:x0tcu3n8
「やさしい微笑み」

花模様の日傘の中の君は
長い髪を風に揺らして微笑んだ

白い半袖のブラウスが似合っていたね
ゆっくり首を傾けてほんの少し困ったように微笑んだ

僕は何も言えずに少しだけ口を開けたけど
そうしたらまた君を困らせてしまったね

やさしい君のはにかんだ微笑みが僕を困らせる
季節が変わったことにも気づかずに僕の周りの時間が過ぎる


次は 「麦わら帽子」 でお願いします

78 :名前はいらない:2009/08/03(月) 22:55:41 ID:3u2wE9W9
麦わら帽子

真夏に草刈に出かける
老人は
迷うことなく
麦わら帽子を手にとって
颯爽と外を歩き出す
季節に溶け込んだ
人間は美しく
太陽はそれを讃えて輝く
帽子の影で
その賞賛に気づかぬまま
老人は
焼けた首をさする

お次は「焦燥感」

79 :名前はいらない:2009/08/05(水) 09:57:46 ID:9aPBEddU

「焦燥感」

バジリコの音感

ムスタングの爆音

午後の冷たい下痢

バイリンガルの喘ぎ声

シュールじゃないゲルニカ

癌細胞の甘噛み

モスクで揺れる無数の人影

噛み切られた水パイプと聖書

特攻機の中の姿見

感電した鉄のトランペット

止まらない百足のムーンウォーク

止まらない蟻塚のブランコ

止まりそうなサヴァンナの心電器

止めようもないハイエナどもの遠吠え



次回『刹那ピストルin秋葉原』

80 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/08/06(木) 00:30:53 ID:M4EMbn2Z
『刹那ピストルin秋葉原』

メイド喫茶の従業員
源氏名「刹那」
とは仮の姿
正体は、銃声

「一体何者だ?」と尋ねたら
銃声を聞いたのだ



次は「フナムシ」でお願いします

81 :名前はいらない:2009/08/06(木) 08:07:42 ID:NeYTs7O+
「フナムシ」
フナムシの魅力は火サスである

あっ

あれってフナコシだった
どうでもいいけど
嫁が恐ろしい


次は「カブト虫」

82 :名前はいらない:2009/08/06(木) 14:58:17 ID:xSAzOGOy

カブトムシ

記憶にレイプされ産まれるのが双子なら
今日その舌のピアスが喉仏を撫でた
無事クスリと煮詰まって薔薇の葉につく乳液
塵は塵に星の隙間に詰め込んで、灰は月と割ってみよう
その唐辛子のようなキス
アタマすり減ったイモムシを悦ばせる
背をむけ叫ぶ
幹から吸い出すジェル
スカンジナビアから夜は産まれた
傷ついたようなキス
カラダ身悶えして求める羽
俺は俺に灰を詰め込んで、君は日々に何を詰め込んで…
そしてクスリと笑うことすら死を招く
欲張らない奴らの孤独
欲張らない言葉の空虚
空は水面にただ零れ弁明するだけなら
文字通り土に還る虫ケラ
羽はもがれ、兜は砕かれ、栄光の剣もなく、なにもかも
ただ剥がれ証明されるだけの命
心地よい転落


次回『僕の部屋にはクーラーがない』

83 :名前はいらない:2009/08/07(金) 18:36:21 ID:KCR/9rey
 僕の部屋にはクーラーがない

僕の部屋にはクーラーがない
君もいない

夕暮れ、悪夢芝居から脱出した
身体が暑い

鉛のように重いこの身は湿った畳の上
耳元で気が狂いそうな羽音がする

傍らで扇風機が延々と回っている
地球の回数を越えそうな予感

やっと起き上がりキンキンに冷やした水を飲む
オアシスはこれだけで充分
網戸の向こう側で蝉たちの勝利と祝祭
俺を誘っている気がした

絡み付いた糸を断ち切って
膜の外へ連れ出せ…

気が付けば人混みの中
浴衣を着た女たち

幸福な親子は公園のベンチで美味そうなものに噛りつく
俺は味のないガムを噛み続ける

どうか奇跡よ起こってくれ
夜、擦れ違う人たちは相変わらず騒がしい

次第に雑踏と意識が遠退いて行く
俺は目を閉じた

僕の部屋にはクーラーがない
君もいない…

84 :名前はいらない:2009/08/07(金) 18:45:31 ID:KCR/9rey
次の題「浴衣」

85 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/08(土) 15:01:58 ID:9llSgihJ

「浴衣」

サダムフセインが何をやったか知らないが
縊り殺すことはあるまいと姉は泣いた

その腕にはいつの間にか無数の蛇が蠢き
ヘソの裏の背には小さな蝶が羽を広げていた
ボロボロの人形を抱え窓辺の椅子がお気に入りで
彼女はいつもそこでTVに卵を産みつけていた

黒か白か見分けのつかない
多分まだらな卵を

誰かが死ぬと嬉しそうに首を傾げ
山河が崩れ氾濫すれば頬を膨らませ
彼女は真剣に喘いでいた
秘密を知ったアリスのように
無邪気をみな代償にするのょ
だれもフトしたことで消えるのょと
笑いながら

それはおかしなふりをした道化で
天性の毒婦の声で騙る女優で
誰からも疎まれる役回りを愛おしむように
聞きたいことを聴き
喋りたい夢だけ描き
見失ったページばかり繰っていた
無表情とは無縁な手つきで
爪ばかり輝かせ

あの人たちはどこへ行くのと月に問い
祭りの帰りねと自ら答え
あたしも行きたかったのにと勝手に惑い
どうでもいいわと一人頷く

母が新調した浴衣には触ることもなく

あの冬砂漠の独裁者は砂に埋もれ
姉はアラビアの窓から覗く夏を観ていた
赤や黄色や土と硝煙の 多分偽物の花火を
どうでもいい、どうでもいいわと
細い脚を撫でながら
首を傾げ

ただ人形のような乾いた唇で
人形のように冷めてしまうまで



次回『鬼ごっこ』

86 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/08/09(日) 02:29:56 ID:9rfpJR2T
「鬼ごっこ」

ダイナマイトで
パーマネントの
ドッドッドリフの
大爆笑の
雷様の格好をした
鬼が来て
追い掛けて
渚の波間に
追い掛けて
西日に海は
煌いて
ロマンスムードに
海水浴客は
沸き返り
追われる者は
振り返り
鬼の手に持つ金棒が
撲殺用具であることを
鬼の面に浮かぶ朱色も
疲れや日照りや
平和な愉楽によるものではないことを
身に迫って感じ入り
泣きながら
懸命に走った



次は「水風船」でお願いします

87 :名前はいらない:2009/08/09(日) 04:00:25 ID:kottcK1a
みずふうせん

とおせんぼして
きみをからかったなら
折り合うように「ぷう」と
膨らんじゃう
ランドリーより潔い
まさかの君の濃桃色
千の猫より暖かい…
て、おいらのせいだね
夜になると思い出す
俺…じゃないやオレオ
をっとっとより好きなんだっけ?
さぁ、君の好き嫌いに立ち向かう勇者となろう

 だって僕は君の彼氏。


お題「駄菓子菓子、和菓子」

88 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/09(日) 17:52:13 ID:2f9JN8u4

「駄菓子菓子、和菓子」

アンチテーゼは干からびた海に彷徨い
帆を上げることもなく沈む夕陽

1999 少年の声で歌うロバ
人参のマンションに巣くうサラブレット気取っては
人生は決め台詞のためにあるといななく
白の標識:黒の糖化:世紀末に震えるマンドリン
パートタイムは足から沈下する電子レンジ
逃げて隠れた花畑にエレキピエロは潜んでいる
そして杯を割る 虚が漏れる 漆喰のアルバムに蜘蛛が張り付く
虹と鉄が交じり合う時 稲妻はいななく
罰の標識:罪の等価:亀と火山の掛け軸

失われたものは無い
失われた記憶しか無い
誰かが布団を干し
誰かが肺を食ったなら
そこから溢れたテーゼの河に
代わりに何を詰めりゃいい
アオイ餡子でも詰めりゃいい


次回『ユビキタス戦争』

89 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/08/10(月) 22:11:52 ID:WaaUUPgN
「ユビキタス戦争」

授業の合間に爆弾を落とす女子高生に
病院の待合室で戦車大隊に指示を下す商店主が
宣戦を布告

あらゆる場所が真珠湾になり
壇の浦の平家其処かしこ
拡張されるヴィジョン・クエスト
尺度は銃身
論理は原始人の規範に還る



次は「羊」でお願いします

90 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/10(月) 23:28:11 ID:VAhqqi+d

「羊」

羊がモー
猫がワン
犬はニャオ
豚はチュンチュン

中国の話


次回『最後の晩餐』

91 :名前はいらない:2009/08/11(火) 04:49:28 ID:NMMDDtgf
最後の晩餐

最後の晩餐をする日がもしくるならば
俺はその日に絶対に梅干しが食いたい
何故ならご丁寧に手の込んだ高級料理には飽き飽きしているところだし(たまには食いたくなるが)
それに塩っ辛いあいつらは俺たちにそっくりだからね。
白飯を恋人と嘯いて
終わりの日ぐらい包んでやって
旨い旨いとほうばらにゃあ。

よし、俺の名前は梅干し博士
もしまた来ることがあったらそう名乗ろう
俺の綴る6億字が決して届かなくても。

…今日は焼肉にしよう



お題「奥方のパシフィックディナー」

92 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/11(火) 18:21:16 ID:2kmSeqi4

「奥方のパシフィックディナー」

間延びした夕暮れをフォークに巻いて
薄く冷めた赤はスプーンで掬い
紺碧のカクテルにそっと落とす耳飾り

いつだって星は水平線で待っている
金色のテーブルクロスは詐術師の手にかかり
何一つ動かさず、微動だにせず夜に抜かれていく
後に残る煌めく空っぽの銀食器たち 
黒に映えるのは白だと云わんばかりの後ろ髪
どこからも見える灯台はきっと、きっとどこにも行けない私のよう 
捜してる 海の底を 開いて暴いた貝から 乾いた塩が零れる

暗礁の雲

珊瑚の髪刺し

防波堤の母の影

漂流するサンダルと子守歌

あなたはわたしの耳たぶに穴を開けて

潮騒だけ残した



次回『花火の舌』

93 :名前の無い陶器:2009/08/12(水) 00:35:32 ID:qUMEPOQT
「花火の舌」

今夜上がるお前が
その飛散させる色の泡沫に隠した
透明な舌で夏を舐めとるなら

私は浴衣に合わせた桃のルージュの奥の
この二枚舌で

お前が遺した「おもいで」を
今夜残らず食い尽くしてやる

繋ぐ手が痛ましいように
剥げるルージュが煩しいように
お前のなんと疎ましい

ああ、この夏も
恋花火など上がりやしなかったなら
風流なディナーと笑いかけようか
仮面の下のその奥で
…その男に



次の方「未成年の掟(ルール)」

94 :名前はいらない:2009/08/12(水) 02:15:39 ID:y97q30z6
難聴兎


難聴兎難聴兎
お前の目は前についていて
目の前には黒いガーゼを欲しがっている
ビンでの糸電話音楽は 心臓の底まで流れるよ
死した小鳥に涙とも 熔け落ちる油はぐるぐる
舌に蒸発をして
揺れるポピーは見ずまま枯れていく 枯れていく
難聴兎の音楽で

涙は油と混じるよ
分離をぐるぐる 頭もぐるぐる訳の分からないまま
難聴兎はお腹が空いたと勘違いし 小鳥を食べてしまった
涙と油も倍になる

ここには誰もいない
難聴兎はいない
黒いガーゼと涙で見えない、ポピーが揺れる真ん中に
難聴兎は 居ないことになった


95 :名前はいらない:2009/08/12(水) 02:17:42 ID:y97q30z6
すいません誤爆しました

96 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/13(木) 03:09:22 ID:erCKIUMr

「未成年の掟」

僕らプリンを皿に移さない
傷ついた髪を
撫でることの好きなザラザラな年代
子供だって
大人だってデッサンの対象
愛したって
愛してってメールしたい衝動

そんなピンからキリな一年はフルスピードで
肝心の景色をマッキッキに塗り潰す

僕ら自分の名前を持て余す
傷ついた小指で
真夜中に壁を彫るガリガリな年代
カメラだって
香水だって一通り並べたい傾向
不細工だって
不器用だから組み立てたい肯定

こんなピーキーな一念はフルスロットルで
肝心の財布をマッカッカに塗り変える

僕ら頭から落下する鍾乳石
傷ついた猫と
ミルクを分け合うカラカラな年代



次回『地下鉄のミサンガ』

97 :なまとう:2009/08/13(木) 18:44:22 ID:OMcbRnEh
「地下鉄のミサンガ」
轟々と鉄が疾り去る穴ぐらの中
誤爆兎が幸せそうに横たわっていた
俺は苦い舌打ちをして
そいつをベンチに横たえ直す
俺のミサンガは本当に見境がない
一体いつになったら俺の為に切れるのだ


俺は切れたミサンガを結び直し、地下鉄に乗った



次の方「夜光蝶々がうらぶれる理由(わけ)」

98 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/14(金) 23:00:45 ID:eTW3FH/q

「夜光蝶々がうらぶれる理由」

斜向かいの人生は夜の外れ向かうだけ
夜の外れにあるものは全部食われた空き缶だけ
空き缶蹴ればカランと木霊に沈むだけ
木霊追えば森のしじまに誘われるだけ
森のしじまに棲む者は羽の描けない絵描きだけ
絵描きの紡ぐ万象に集いきたるは夜光蝶

キンキンギラギラ 裾舞わせ
シンシンシトシト 雨纏い

誰もが喪う戦場で得られる者は敗者だけ
敗者が送る最後の手紙は宛名だけ
宛名の忘れた恐怖の中身は深遠だけ
深遠に旅立ち還ってくるのはしじまだけ
しじまに迷い佇むは灰を重ねる絵描きだけ
絵描きが手折った筆に留まるは夜光蝶

カンカンガラガラ 空き缶拾って
キンギンアカアオ 蜜詰めて

流砂のパレット濡らすのは寂れた朝の涙だけ
涙を吸って枯れるのは夢のはざまの夜光蝶


次回『サブリミナルモンキーvsジャミングドッグ』

99 :いとうまい棒:2009/08/14(金) 23:07:32 ID:YI0MfT+S
「サブリミナルモンキーvsジャミングドッグ」

さぶさぶさぶぶサブイ夜には
サブリミナルよ
サブリミナルなモンキーの
赤いおけつの暖かさ

じゃんじゃかジャ土砂降り雨には
ジャミングよ
ジャミングドッグが纏ってる
厚いコートの頼もしさ



お次は、「タイム」


100 :名前はいらない:2009/08/15(土) 00:45:33 ID:ZETIa9Jy
「タイム」

タノシイコトハ
イチドニ
ムサンシテシマウケレド

タマッタオモイハ
イツマデモ
ムクナママデココニノコル

タクサンノカナシミヲ
イオンケッショウニシテ
ムカウサキハキョウトオナジアシタ


お次は「シリウスの悲しみ」

101 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2009/08/15(土) 00:46:32 ID:WeNuKHks
「タイム入ってるんだよね」
言われて数秒、僕は固まった。
時間の神クロノスは息子たちに四肢を八つ裂きにされたという
(私が丹精こめた以上気の利いた事を言わないとブッ殺す)

しかしなんの味もしてこない
古寺で醸成された数百年ものの梅干しとか、東欧の修道院に眠ってたワインとか、
そういうものが隠し味に入っているのかと…
数分後、辛くもないカレーに多汗をかきながらただの固有名詞だったことに胸をおろした。


次は「島の醍醐味」



102 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2009/08/15(土) 00:59:45 ID:WeNuKHks
お手つきでしたね…。〉101はスルーして下さいませ。

103 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/08/15(土) 01:31:04 ID:HDb09Mi4
「シリウスの悲しみ」

「冬の大三角、冬の大三角」と言いながら
オリオンが脇の下を押し付けてくる



次は「島の醍醐味」でお願いします

104 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/15(土) 03:24:39 ID:aEmV49Aq

「島の醍醐味」

揺れうごく雲間に 想い挟まして
傷しみるレコードは 永遠に詠唱す

『センソウハンタイ!』

肌のない足はきっとマネキンで
指のない手じゃ裏ピースすらできゃしない
三分待ったらすべてを答え
四分過ぎたらすべてを忘れ
コマーシャルの神様は地球規模で殖えてゆく
セケンは朝も夜もない掃除機
飲み込んだものはゴミに変える
その空の面影はカラスの翼
その雲の面影は巨大なハトの糞

『ゲンバクハンタイ!』

誰かが足を踏み入れて
舌を無くして記者会見
首を捻れば空の藍
藍の下には象しかいない
声すら吸い込むカタチのない鼻
その島の醍醐味はカラスの死体
その島の醍醐味は平和であること

『ヤスクニハンタイ!』

ピッカピカなホコリもないレコードは
過ちは繰り返しませんと繰り返す

『ニッッッポンハンタイ!!!』



次回『暴君の食事』

105 :名前はいらない:2009/08/15(土) 03:39:57 ID:zsH7xf2R
「暴君の食事」

暴君っちゃあネロとかいろいろあらーな 

ヒトラーとかムッソリーニとか

結構いいもん食ってたんだろうね 

俺の晩飯はカツサンドだったけど

あいつらカツサンドほど美味いもん食ったことあんのかな

次は『ロックとクラシック』


106 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/15(土) 21:29:11 ID:aEmV49Aq

「ロックとクラシック」

洗面時間は譲らない性格
登校時間はカブらない生活
吃音だってバレないSEX
縛った闇すら解けないSELF

キリンが鳴いたら一時限
首を刎ねたらもう二時限
ムエタイしながら三時限
肘をかわしてレッツ四時限
梅干し食って割くって
ワニが飛び交う午後五時限
腹が渋けりゃトイレ行き
週の仇名はシュレッダー

クラック吸ったら六次元
耳の中身はべートーベン
震える中指ジミヘン
足踏みしながらチャイム蹴り
昼の校舎 窓ガラス 盗んで走りだし
逃げ込んだ交番で 自由になれた気がした15時間拘留

転がる意思の運命



次回『キスマーク』

107 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2009/08/16(日) 00:31:22 ID:/XD5i4fR
昔々、加藤晴彦がCMでやってたスノボーの恋物語
でも現実は、上手に滑れない初心者が所構わず寄り添って腰を下ろしていてる有様で。
悪ガキだった僕らはスキーのエッジをたてて粉雪をおみまいしていたっけ


処女宣言してたバイトの子の白い首筋に
重ねるようにつけられたキスマークの跡
久しく帰らない故郷を思い出してみたりする、8月の夕暮れ


次は「嘘から出た真」

108 :名前はいらない:2009/08/16(日) 13:36:30 ID:A6zW8xkU
自分に自信がない
頭もルックスもいま一つ
でもネット上では
俺はイケメン高学歴
なぜか設定はいつも同じ

いつの間にか現実が見えなくなってる
鏡を見ても成績表を見ても
ギャップは俺には容赦ない

嘘は俺に真実を教える
嘘からは真しか出てこない

次は「ラジオ」お願いします

109 :ラジオ:2009/08/17(月) 14:45:16 ID:EoI63GqD
梨畑の湿った雑草がひんやり伝う足元に いくつもの虫穴が口をあけ 
樹液を狙う甲虫が 幹の洞にたごまっていた
木の枝にいつも架かっていたのは AMだけのラジオで 
夏はひたすら甲子園の、歓声と、戦艦大和とミッキーマウスマーチと、
調子はずれのブラバンと、アナウンサーの絶叫が
緑の葉をさやさやと音をさせて通り抜ける風にのって
梨畑の中を駆け抜けた
じんじんと耳に響く蝉の声は
ラジオの音をかき消さんばかりにつんざくのだが
不思議と聞きたい声は輝いて
蝉音を超えて 首筋を伝う汗の中に通り抜けてきたのだ


次は「宿題」お願いします

110 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/18(火) 02:43:56 ID:t2T1YFQS

「宿題」

銀糸で縫い取った海原へ
松明片手に泳ぎだす少年
したたる悲蝋に片目を奪われ
どこに向かうの? 月は蓮

息の歯車軋ませて
竿さす船に別れをつげる少女
波の気持ちを推し量っては
いつか浮かぶの? 雲は羽

天使は闇を誘って
いつも記憶を手繰ってる
果てない夜を傷つけながら
何を見たいの? 夏は峰

少しだけ波は静まって
蝉の空気も薄まって
得意の綾取りも煮詰まって
ただ海の底で丸まって

どこへ沈めたの?

いつか思い出すの?

何をやり忘れたの?

時は十字の花
無花果は無言に砕かれ
無限のハラワタを索引す
あの沈黙の意味は? 君は胚



次回『水門の蛇』

111 :名前はいらない:2009/08/18(火) 15:16:00 ID:JUEkewLI
「水門の蛇」
あのぉ…ちょっと通していただきたいんですが…
あの…そこ通していただけませんか?
あの!そこどいてくれませんか!
このっ!いい加減そこどけよっ!!!
ハァハァ…
ああ、そうか。そりゃそうだ。
言葉が通じないんだ。蛇だもん。
脱力したボクの前から蛇はするすると去って行った。


「なんちゃって」

112 :名前の無い陶器:2009/08/18(火) 17:39:53 ID:zaXgz+F7
「なんちゃって」

なんちゃって、ハハハ
なんちゃってウッソーっつって
馴れ合い万歳っつって
〇ixiしねよ反吐つっチャッテ
煽りあい云々つって
chザッピング☆しちゃって
あー糞面白くもねぇ
礼節が言い換えてヘコヘコリンなんちゃって
崇拝する辛辣も構わず乏しチャッテ
言葉の端とっていいものを「相対評価」ですって!なんちゃって
きっとアノコに小細工なしの喜びとか
描けるかしらんけどハハ、黙れよナンチャッテ
マジ煩え沈黙と口にですね
150円150ton相当の奇跡を詰めてやるよナンチャッテ
あー本当になんちゃって
(なんちゃって)詩人なんてなんちゃって
面皮剥いじゃえばなんちって
きっと理詰めの髑髏なんつって
その真っ暗に開いたなんちって?
(なんちゃって)双子洞窟にナンチャッテ
煩く跳び回るミルキィ味の星屑でも詰めとけや糞が …あ、なんちゃって
今日は言わねーよ?俺が一番下らないなんてっつって。
日がな一日お茶漬け海苔とでも遊んでたい気分
今なら高菜味を20杯はいけちゃう☆
無駄に太った方が有意義だもん
君にミルキィーの恥をあげる
かの有名な恥らうママの
手腕に犯されろ
な ん ち ゃ っ て ☆
もういいから俺まだ寝るよ玄人さんたちっつっちゃって。
眠い眠いまだ眠いからっつって。あのなんちゃってウッソーに揺られてるの。


お題「ちゃんねるつー、こゝろの廃屋-代弁者からの手紙-」

113 :名前はいらない:2009/08/19(水) 00:34:56 ID:YLBeUlV1
>>112
悪い人じゃないと思うんだけど
評価スレで言われたことをここで書くのはよくないよ
ただイライラした気持ちを書いても詩じゃなくて愚痴になっちゃう

114 :名前の無い陶器:2009/08/19(水) 00:57:59 ID:SD9lsAaf
うん、ごめん。悪い意味や悪口で書いたつもりはないのですが、自分でも気になっていました。
112は除外の上、
次の方に「なんちゃって」からお願い致します

115 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/19(水) 05:04:20 ID:OlPbXNoB

「ちゃんねるつー、こゝころの廃屋‐代弁者からの手紙はナンチャッテ」

福袋を開けたら別に
ネコが飛び出すわけじゃあない

おみくじを引いたら特に
車庫が焼かれるわけじゃあない

弁当を早弁したって昼に
梅干しの種で転ぶわけじゃなし

昏倒したって

ハゲたって

生出ししたい気分に変わりはない

鬱にチャンネル合わせたって

股間の眺望は縮まらない

んならば

奈良や

アバラ屋に居たって

染み出る言葉に変わりはない

いつだって

そのまんま

なんちゃって

傷ついて

なんくるないさと

泡吹いて

噛りつく詩に代わりはいらない


次回『避雷針の街路』

116 :名前の無い陶器:2009/08/19(水) 05:08:21 ID:SD9lsAaf

なんちゃって。(nan.C)


君は自身の悲しみを
ポップな蜜柑箱の上
自虐的な夢唄に載せ
あたしをロープの先
そのループへ誘った
受話器の向こうでは
カッコウが鳴くけど
もう遠い過去のお話
君とハロウィン色の
ディズニーに行くの
違う…行きたかった
こんな統率した遺言
一体誰に送るのかな
ううん、もう、判る
ねぇ、さよ

ここまで親指が動いた時
聞き慣れた着信音のあと
涙がでる程温かい君の声
「どうしたの」きくから
私くすくす笑って言うの
「ん?んー別れ話…
   なんちゃって!」

 なんちゃって遺書が
電話ひとつでラブレター
 君の声は、上級魔法
まるで言論アルケミスト
 私だけのポーション
愛しギタリストラヴァー
 トム・E・ビシャス
死ぬことのない人肌の星



次の方「名前をよんで」

117 :名前の無い陶器:2009/08/19(水) 05:18:25 ID:SD9lsAaf
ふあ!まさかお手付きとは!orz
レイビョウさん有難う!
俺のは無効でお願いします

118 :名前の無い陶器:2009/08/19(水) 05:22:22 ID:SD9lsAaf
次の方「避雷針の街路」です。↓

119 :名前はいらない:2009/08/19(水) 10:21:05 ID:dOuhgPD6
「異常気象の果てに」 近未来

遠雷の音を聞く
雲を引き裂く線は神の怒りか
細い避雷針がふらふらゆれながら街路をふちどり
背中を丸めた子供のように 神の打擲 をじっと耐えていた
次にやってくる豪雨で道は濁流に変わる
すべてを平らに均してしまおうという空の強い意志の前に
抗う術などまるでないのだと溜息をつき
やがて、怒りが産まれた

河口に蘆原が広がる
肥沃な三角州でいちはやく形態を変化させた生命が満ち始めた
諦めが過去への撞着であるならば、怒りは変化への起爆剤だ
2025年に雷的エネルギー変換機避雷針タイプAが発表された
雷の暴発的なエネルギーをすみやかに吸収し蓄電する
街路樹のように建てられた白い避雷針が しなやかにゆれている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は「過去帳」で

120 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2009/08/20(木) 02:48:48 ID:BZzpHrRm
魔封環をくわえた大王様による聞き取り調査
科目ごとにカウントされていく徳と罪の正の字に今にも気が狂いそうになっていく
優先席を下車するふりして譲ったり
空気も読まずに陰口を慎んだ事は果たしてカウントされたのか

「何も恐れずともよい」
懊悩煩悶とした私はその表情のまま永久凍土(コキュートス)の罰を賜った。



次は「半蔵門線にて」


121 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/20(木) 06:42:31 ID:xbQZ0BYu

「半蔵門線にて」

花ビラを敷き詰めた赤い道
父と手を繋ぎ見渡す限りの能面に
作り笑いを向けたとき
空は逆転したのでしょう

私は窓に飾りをつけて
赤子をあやす彼のズボンを繕って
花瓶にいつもの毒を含むとき
凍えるように唇を咬むのです

母は腫瘍を患って
父の遺影に唾を吐く
それは風下に咲いたホオズキの
つましい細やかな抵抗で
赤子の腹をつねる私は
ただ泣くしかないのです

誰もが夜とまぐわって
月と秘密を孕むなら
悲しい物語などいらないのでしょう
後ろに溢れる十字の背表紙は
開く者を白紙に還すから

つめたい髪を雨に梳かして
花瓶の毒を飲んだなら
父の鼓動
母の裏切り
彼の盲目
赤子の無垢を
私はそっと懐かしむのです

空は白く
蝉はおそらく鳴いていて
開かない天窓に
無数の星が落ちてきて
あの夜を引き連れて
黒黒とした棺が開くとき
未明の血を撒き散らし
月も父も引き裂かれ
私はやっと眠るのです

薬指に刻まれた
リングの裏に隠したままの
叫びとともに



次回『理念と情事』

122 :名前の無い陶器:2009/08/21(金) 03:22:46 ID:o68CdAJ3
「理念と情事」

俺には常時感じていることがある。
ジョージなんて名前の
在り来りのハードボイルドダンディの
なんと妬ましい!
リーマンの俺から見れば
ジョージは好きなだけ酒をかっ食らい
好きなだけ葉巻をやり
好きなだけイイ女と寝る
鼻持ちならないキザ野郎だ
ジョージにだって悩みはあるかもしらんが
俺は今一人ぼっちのオフィスにて
こともあろうにジョージアを流し込んでいるのだ
ふざけないで欲しい

しかしだ。
俺は別にジョージになりたいとは思わない
ジョーズに追い回されるような輪廻の中で
毎度のイイ女との情事のあと
恰好よく撃たれ死ぬなんてまっぴら御免だ

俺には「リネン生地が世界一似合う」
…という程でないにせよ
“りゃいねんもよろひくー♪”なんて酔った笑顔の愛らしい
いとしのあいつが居てだな、
なんだかんだ毎夜その寝息…いやいやいびきを聞いて隣で寝る
こんな平凡なリーマン人生の中で
同じ女と何億回でも喧嘩をしつつ
ジョージア飲んでくだを巻く
恰好つかない現在を、大いに気に入っている!

なぁジョージ
お前の理念は俺にはわからん
だからたまにはジョージアを飲めよ
飲んでみてくれよ
俺はあいつと今夜情事に
いつも以上頑張って現をぬかすよ。
ほら、理念と情事。



次回「ウォーターキウイ」

123 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/21(金) 06:27:46 ID:wTPZ5XvA

「ウォーターキウィ」

この目を欲する犬たちに
少しだけ胸をさらけだし
くるぶしの傷や
うなじの黒子を触らせる
日中
僕は道路に寝そべって
それぞれの行き交う顔やカバン
尖ったヒールや丸いソールに
黄色い唾液を延ばす…

微熱

寝小便

母の舌

母のパンケーキ

母の産毛

微熱

熟み崩れる崖の家
真冬の潮に呑まれる窓という窓
熱源は遥か、風の峰
やさしい言葉に隠れた自傷癖を誰も心配などしない

浅ましい犬の分娩
産まれる蹄のある蛙たち
鼻の奥の痺れ
風が鳴る
夜中
止まらない耳鳴りに
僕は逆立ちした坂道で
キウィを皮ごと頬張る

零れる酸性の水



次回『寝息』

124 :寝息:2009/08/21(金) 08:44:03 ID:K5/IztZH
がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
すぴーーーーーー ぐふッ

がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
すぴーーーーーー ぐふッ

がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
すぴーーーーーー ぐふッ

がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
すぴーーーーーー ぐふッ BUっ

がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。がぁぁぁあがぁぁぁあがぁぁぁが
すぴーーーーーー ぐふッ

がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
すぴーーーーーー ぐふッ

がああああーあぁぁぁぁあ・・・・ごおおおぉぉぉぉ。。。。
すぴーーーーーー ぐふッ

ぐっ   うぁぁぁぁぁ      ゴりッ















ーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は「プレミアムクラッカー」で

125 :名前の無い陶器:2009/08/21(金) 09:11:16 ID:o68CdAJ3
「プレミアムクラッカー」
もはや状況も体も
眠りを受けいれる気が毛頭になく
私は仕方がないので妄想も空想も全部サクサクと食べた
うまいかどうかは分からないが
成る程腹はふくれたので
さっすがプレミアムや、スペシャリテや!
と、ごまかしごまかし思った。


つぎの方「くれーぷ。ぱいん?」

126 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2009/08/21(金) 17:53:39 ID:gzU98aPU
柴崎友香的登場人物たちによる昼下がりのガールズトーク
働いてるのか、学生なのか、はたまたフリーターなのか
20代なのか30代なのか判然としない“女子たち”

音楽の話なのか、食べ物の話なのかも分からない

「…くれーぷ。…ぱいん?」

やたらと食べ合わせの悪そうな単語を並べながら綺麗に切り分けられたケーキを次々と口に運んでる

そろそろお冷を注ぎに行こうかしらん。




次は「売れないマカロン」で

127 :名前はいらない:2009/08/21(金) 22:30:37 ID:peFd04ro

「売れないマカロン」

私が店頭に並ぶ時は
絶対買ってね迷わずに
他の色に誘われないで
私だけを選んでちょうだい

先週貴方は私を買った
綺麗な色したあの娘はもういなかったから
それから数日
今度は私を選んでくれた

貴方は単純で気分屋だから
誘惑に負けてしまうかもしれない
私は貴方を誘わない
選ばれなきゃ意味がないもの
綺麗な色したあの娘も
買ってみたらどうですか

私が貴方を待ってる時は
波を漂う魚のように
夜の闇待つふくろうのように
じっと眼を漂わせている
ショーケースに収まったこの身体を震わせて
私は誇らしいのよ
売れなくても



次は「ショートスリーパー」



128 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2009/08/22(土) 02:26:29 ID:uEdi5hMB

褥に座するエピメテウス

兄の苦悶と
妻の絶望を一身に浴びて
今宵も月が沈むのをひたすら待ちわびている

嗚咽を圧し殺して臥せる人々にも
安らかに寝息をたてる人々にも等しく責任を感じたまま
永い夜を項垂れて過ごしている

真夜中
一仕事終えた、青年ヒュプノスがこのくだを巻く永遠者を訪ねて慰める時
ほんの少しだけ彼にまどろみが与えられて、彼はまた月が沈むのを見届けられなかったと煩悶としながら夜明けを迎える



次は「丑三つ時」で


129 :名前はいらない:2009/08/22(土) 13:16:49 ID:OMpYY376
丑三つ時には月も冷たく
人気のない路の片隅に眠る女神を
訪れる者もいない

丑三つ時の夜を支配するのは
路地奥の灰色影ぼうし
人気のないビル街を我が物にして歩き回る

丑三つ時に草が眠り 風が静かに吹きすさび
一つだけ残った星が
冷たい顔の月のギターを弾いていた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次は「月の花」

130 :名前はいらない:2009/08/22(土) 17:36:59 ID:VvPyTLVj
「月の花」
月に花が咲くもんか。誰が月なんて見るものか、ワハハ。
苦しいぞ。苦しいじゃないか。
息の出来ない宙で笑ってしまおう。
咲かない花がやけに綺麗で、一杯やってしまウンコ。
ウヒャヒャヒャ。


恋をした。
花はいらない。
こんな雨の中、キミは綺麗だ。


次は「白身」でお願いします。

131 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/23(日) 06:19:18 ID:Adsj+pQG

「白身」

火葬場のランドセルは赤く
灰に呑まれた空に天使の牙が浮きあがる
黒服たちの行列 蝿たちの分解する羽音
ストロボの中に死はうずくまる それは一瞬の風にさらわれる火
すべてが無限に続く狂おしい正夢なら 真昼のレントゲンに映るものは…
灰塵 終わらない縫製のレール 爛れた耳元にたかる蝿の涙
灰塵 見知らぬ対岸で少女は泣いた 泣いた少女を羽音が包む

行き場のない黒服の影 
レモンジュースに染みる血晶
腐乱した人形は売却され 頭のない犬が住み着く家
ストロボの中で死は目を合わす それは一瞬の熱にさらわれる氷
人生が天幕の中で燃えるサーカスなら 青白い道化が味わうものは…
灰塵 真ん中から破れたハラワタ 吹き出すガスにのた打つ蛆
灰塵 少女は見知らぬ対岸で微笑む 微笑む少女を羽音が包む

燃えカスになる
高価な人形は焼却された
真ん中から破れたアタマを食らう天使

灰塵 誰もが辿り着く真っ白い門 震える肉すら欠片も無い
灰塵 少女は見知らぬ対岸にうずくまり ゆっくりと目を上げる



次回『午前0時のパーティー』

132 :名前のある陶器 ◆HB.VSWWb7w :2009/08/23(日) 14:59:08 ID:hF0p09bt
「午前0時のパーティー」

あらゆる明かりの消えた
懐かしい木々の匂いのそこで
ふわふわの四角が飛びかっている
少女たちはひそひそと嬉しそうに恋の話しを
少年たちは笑いながら、
ふわふわを投げる手に力を込めた
きっと誰にもばれないように
秘密の遊びだよ?







「…やべ!先生きたぞ!」


先生たちはパーティーの途中
生中を一度投げ出して
まあるい光りを滑らせて
彼らの空寝入りを確認すると
幸せそうにそこを後にした




………………チラ……
………ゴソゴソッ…


「……ふー、危なかったな!」




ふわふわはもう飛び交わないが
今夜のパーティーはまだ続くだろう

此処は鎌倉
午前0時の宴(パーティー)
きっと誰にもばれないように
少年少女の秘密。


次の方「京都」



>レイビョウさま!選者指定コンペにて、選者をお願い出来ないでしょうか!?
是非お願い致します(>-<*)


133 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/08/23(日) 21:44:51 ID:Agq74J2D
「京都」

清水寺からアンパンが降る
碁盤目状街路を流鏑馬の騎士が馳け廻り
ひょうと射て次々落とす
大徳寺で茶を啜ったのは何時
あれは修学旅行での僕の班の連中だった
僕は足を滑らせていた



次は「東京」でお願いします

134 :名前はいらない:2009/08/23(日) 22:30:22 ID:4gipx9u0
魅惑の街 東京

うちのじいさまが就職で東京へ出たときゃあ、まだ東名高速もないし、新幹線もなかったさ。
じいさまのとっつぁんがとなりんちの古いトラック借りて、ふとんやら積み込んで、
1号線走って、えっちらおっちら箱根越えて行ったんさ。
朝の3時にこっちでて、走って走って、ようやく着いたんは次の日の夕方ごろだったって。
そんなに遠いとこでもさ、じいさんのかあちゃん心配だって、それこそ1ヶ月おきにゃあ
汽車ぁ乗って じいさんとこに泊まりにきたんだと。6畳一間にだわ。でもって1週間も居座とる。
そんなんが5回も6回も続いたで、
「かあちゃん、なにしにきとんのよ」
「せっかく ただで泊まれるとこができたでよ、ちょっと見物さしてもらおと思ってよ」
「とおちゃん おこっとらへんか?」
「なぁに、おめが具合わりいってことにしてあるで、だいじょうぶだ おめ、すまんが旅費ちょっと貸しておくれん」
「かあちゃん、いいかげんにせ、かあちゃんの食費のせいでわしゃがの給料からっぽだが」
「なあに、だいじょうぶだが、ここは東京だきになんとかなるっし」
「なんともならんわ、もうこんといてやぁ」
「そか、ほなわかった。じゃあ 達者でのう。」
次の月
「かあちゃん、また来たんかい」
「こっちさ住むことにしたわ。よろしくなぁ」
「いらんて」
「それ、とおちゃんにもいわれたわ。 親子やねえ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は「大阪」で

135 :いとうまい棒:2009/08/23(日) 22:33:05 ID:RzkOp4nM
「東京」

金があれば買い物にも不自由しない
遊ぶところもいっぱいある
健康的な食べ物も、金
いい住環境も金
金、金、金
金持ちのための街
うんざり!
東京なんで大嫌いだよ

お次は、「布団」で

136 :いとうまい棒:2009/08/23(日) 22:33:55 ID:RzkOp4nM
あら、いやだ。私はスルーで。

137 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/24(月) 08:14:02 ID:ZYxW4MAo

「大阪布団」

仮眠をとって麦ワラ帽子
虫籠とっては夜に出る
月の日差しはカンカンと
踏み切り間近に迫ってる

ぶつくさいうオヤヂは眠らない
にきびのかゆいガクセイ捕まえ
未知の樹液の苦さを諭す
あずかり知らぬ虫取り網に かかったおでんは煮崩れ

カバンをほおってパンツを匂う
黄ばんだ書類に虫が潰れる
涙の味はキュウキュウと
戸棚の奥に隠したアルバム

サンドベッドの芋虫は眠れない
布団の中の巨人たちがボケかまし
未来の半身にはたかれる
あずかり知らぬ虫取り網に かかった笑顔は型崩れ

ぶつくさ想う過去は変わらない
いびきのでかいシンジン捕まえ
浮き世の樹液の不味さを嘆く
あずかり知らぬ虫取り網に かかった髪は総崩れ



次回『迷信タワー』

138 :名前はいらない:2009/08/25(火) 11:36:14 ID:uJTc4yMa
「迷信タワー」

「たわけもーーーのーーーー!!!」  街中に割れたスピーカ音が響いた
と同時に、♪ ターリララン ジャン ターリララン ジャン タッカタッカタッカタッカター とテーマが流れる
(実は巨○と前田のゲバゲバ90分のBGMだ)

「貴様らーーー迷信さまをうやまえーーーー!!」
「うなぎと梅干はあわせて食うなーー、夜口笛をふくなーーー!」
「夜爪切ると早死にするぞーーー! お雛様はすぐしまえ!娘が嫁にいけないぞ」
「猫が顔を洗い出したら、洗濯物をとりいれろーー!」
「雷鳴ったらへそかくせーー! 霊柩車に親指見せるな!」
「北枕でねるんじゃないぞーーー! 秋茄子は嫁に食わすなー!」
♪ ターリララン ジャン ターリララン ジャン 
「本日の迷信タワーのご神託を伝えるーーーー!!耳かっぽじってよおく聞けよーーー」
「西日があたる窓は運がいいーー! プロポーズはそこでしろーー!」
「いいな、そこの独身男ーーーー 彼女を西日の窓へつれてけよーーー」
 ♪ ターリララン ジャン ターリララン ジャン たーりらーりらーららーららんらんらん
ブツ 

迷信タワーの放送がオワタ

今日、プロポーズするやつは増えるだろうなとオモタ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は「夏の終わり」で

139 :名前はいらない:2009/08/25(火) 22:41:57 ID:fJpV7RZX
手を太陽に向けてみろ、
変身じゃねーよ、日の光を感じるんだよ
太陽の光の強さが感じるだろう
それで感じるんだよ、季節を。
終わったか?終わったのか、終わりたくないのか?
夏は、そんなもんだ。
次は旨いもん喰え、それで良いじゃないか。



次回、「楽園」でたのんます。

140 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/26(水) 04:27:34 ID:35K4FucV

楽×園

蹴落とせ!
蹴落とせ!
蹴落とせ!

暴れるイワシを夜行列車にドロップキック!!

感電!
感電!
感電!

夜明けのストリーキングにプラグを差し込め!!

拳骨!
拳骨!
拳骨!

パーマなハーフがハグしてきたら正拳突きりゃ!!

パンチラ?
パンチラ?
パンチラ?

サンバな目付きでパンツ前後にAV万引き!!

超合金
超合金
超合金
『俺はTバックのピーターパン』
均一祭
均一祭
均一祭
『少年の心をだだ漏らすジェントルメン』
二度揚げ
二度揚げ
二度揚げ
『プッシープリンが平成維新を成す』
ガスター10
ガスター10
ガスター10
『30の蚊帳の内に未来が舞う』



次回『浮かない顔ね』

141 :やぁさ:2009/08/26(水) 04:50:36 ID:5f2urOfb
w

142 :名前はいらない:2009/08/26(水) 22:59:35 ID:qrNpIUDO
「浮かない顔ね」

今日の鉛筆は丸かったのよね
だって、鉛筆削りがなかったから
あなたのナイフも刃が欠けてて
あたしのシャーペンは濡れなかったわ
消しゴムかけてくださる?
いっしょにベタを塗りましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は 「カンガルーのクッション」で

143 :名前はいらない:2009/08/26(水) 23:51:52 ID:Sh5P4xKU
「カンガルーのクッション」


おいらはただ眠りたかっただけかもしれない
ぴょんぴょん跳びはねるクッションを捕まえてさぁ
腹がすいてバクになっちまったのかなぁ

「 」を棄てて
風呂でゴシゴシやった上
皮肉を吐いたら体が腐ってたよ
クッション無しで眠って再生

はて、おかしいな。
クッションは横たわって睨んでるし
煙草がいつもより旨くねぇ
成る程言葉も死んでやがる

道理で不条理だ
俺は魔法を使おうとしたんだから
存在が浮き立ったような
悲喜劇が生まれる瞬間は
きっとブラックコーヒーくらいの苦味だけ。
子供は今日も蟻の巣で遊ぶだろう
なんて可愛らしい
蜂の巣も捜すかい?

僕を殺せと唄った時くらい
愉しくて仕方ないよ
夕も闇も必要で
なんて素敵なゆうべn

きっと明日は商売人だ
人肌のクッションを待とうか
ジャンプでも読みながらさ。

おいらのクッションは旅に出た
とおいとおい芝生
青いかどうか知らないが

僕で遊びなさい。



次回「マリオ・ルイージの嘆文」



>レイビョウさま。選者を受けて頂き有難うございます

144 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/27(木) 10:09:04 ID:V71x+kYO
詩を書くよりいい頭の体操になります


「マリオ・ルイージの嘆文」

聞こえるか?
悲しい世界にあの人はさらわれた
ならば開く花踏み潰せ
聞こえるか?
虚しい旗探して彷徨うばかりなら
白けたブロックを突き崩せ

俺たちの望むもの
俺たちが汚す世界
金、ゴールド
そうさそいつを得るために
壁殴り蔓伝い 果ては下水までの大冒険
聞こえるか?
すべての疑問符が崩れる音が・・・

星が墜ちる
俺たちは輝く陽
吹きつけるヒュドラ

土管の奥で育てた茸
それは夢膨らます甘い吐息
破裂するまで頭を揺らせ

聞こえるか? 聞こえないか?
亀に犯される女達の喘ぎと懺悔

星が墜ちる
俺たちは輝く陽
焼き尽くすヒュドラ

愛、情欲
そうさそいつを得るために
俺たちは果てしない坂道を転がりゆくんだ
聞こえるか?

利いた風な悲劇に涙する鼓膜を
アイスピックで突き裂く祈りと喚声



次回『ジョーカーと鼠』

145 :名前はいらない:2009/08/28(金) 05:48:28 ID:4sPva8Ew
楽しみに見てます♪

「ジョーカーと鼠」
ババを引いた女の子が
泣いていると妄想しまして
鼠たちは女の子のうたをチューチューうたうのでした
チューインガムよりかわゆい声で
チューチューチュー♪

それは悲しいですか?
いいえケフィアです
それは楽しいですか?
多分ケフィアです
鼠はかわいいですか?
それもケフィアです
ジョーカーは祖母さんに変わり
演歌をパンクにバラードでした
女の子は蛋白が気分でなかったので
チューチュートレインの食事室で野菜を食べました
あら美味しい♪
これがケフィアね♪
ピックはただのおにぎりなのです
佐藤くんは野菜を食べる子を直視しないけど
それもケフィアかな?
女の子は鼠の耳が生えてきたけど?可愛かったのでそのままにしました
明日にはケフィアかもしれないけど?尻尾も欲しかったな
「そっかー」と呟いたあとで
チューチュー言ってみたものの
ケフィアほどの美味も栄養もなかったから§困ってしまいます
うんこが好きならうんこを食べなさい
私が食べていたのがうんこだと○実は気付いていました
それはチョコレートと一体どのくらい違うんだろう?
鼠は摘んでみるとかわいくないのです
チューチュー大合唱が終わったけど
野菜が食べ終わりません
扇風機に乾かされて▽美味しくないからチンしよう
風味が損なわれても△明日のカロリーで
太れなくても
楽しいならば無問題○
佐藤くんと女の子は出会えないかもしれないけど
ページをめくるのは当人なので クレヨンだけ置いてみよう
「?」風味の童話味に
婆あが苦虫噛みつぶします○
婆あも鼠の尻尾をつけて
なんだかかわいそう
共食いもきっとケフィアです
ぼくはただのねずみ
不幸せでたのしい
ねずみいろのえほん
無恥とにやにこで沈黙のケフィア
まほうつかいが味噌爺ちゃんかどうかはまたべつの話し×
教室で朝日がまぶしいので○セックスの気分じゃないから×
オナニーを眺めてもつまらないけど△
ケフィアな気持ちで彼とけんかを◎
ファミコンがたのしくなるまで
まりあゆべーるのうたげにちゅーい
ぼくもうたおうかなあ
ケフィアにぎり一丁☆

「従順おなぺっと」

146 :名前はいらない:2009/08/28(金) 23:46:36 ID:VeLpW+LG
また出やがった。いー加減にしろ!↓

1:短パンマン ★ 08/28 23:45 TanpanM
いろいろあるさ @bg r.so ver 2008/02/19


147 :ポエム田ポエ子 ◆k7FbTvUf9k :2009/08/29(土) 00:05:33 ID:BrynbB6M
「従順おなぺっと」

大海の上に浮かぶ25cm四方のスツール
私と一緒に座る従順おなぺっと
今日はずっとこうしていた
色のない夕陽はずっと海の向こうに沈もうとしている

時たま頭上を通る鴎
私たちには何の意味もなく
ただ私たちは座っている
シンバルを打つ猿のように動く従順おなぺっと
お前がいれば寂しくはない

今日は島の夢をみよう
お前の動きに合わせて
三日で熟れるみかじゅくなる果物の成り乱れる
ジャングルを全裸で遊ぶ私の前に
現れたのは白い歯と笑顔が素敵なライオン
どうやって逃げたのか覚えていないほどに前だけ見て逃げた
全身葉っぱだらけで
足の親指が一本なくなっていた

ねえお前
お前はいつでも腰元にくっついて
私が命令すればその動きを止めるほどに従順なのに
夢が思い通りにならないのはなんでなんだろう

会いたいひとがいる
いつまでも沈まない夕陽を睨んでいると
そんな気がしてくる



148 :ポエム田ポエ子 ◆k7FbTvUf9k :2009/08/29(土) 00:06:34 ID:BrynbB6M
次は「ファッキュー先生」でお願いします。


149 :名前はいらない:2009/08/29(土) 02:57:10 ID:2Upwrjfc
「ファッキュー先生」

PTAに処分されろよ
子供の俺らがそうするんだ
授業中こそ気をつかえよ
責任負うのはお前一人だ

健康サンダル年中履いてて
どこを尊敬しろっていうんだ?
お前は一体どういうつもりで
見苦しい真似晒してんだよ

聞かせてみろよ
真摯に吐けよ
俺らは毎日近付いてんだよ


お次は「恒星と消える」で。


150 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/08/29(土) 09:21:28 ID:doNI5mjZ

「恒星と消える」

神経を花に例えるなら
花瓶に包まれた大輪の向日葵は
陽を知ることすら許されず
ただハラハラ 
ヒラヒラ深紅の食卓で萎れるのです

【問うものはいずれかの門から這い出る】
・乾いた苦悶の表情の木の洞
・濡れたやましい口を開く冷凍庫
・戦場で見上げる子供の閃く虹彩
そして誰も新しい夜明けに袖に通す

僕たちが見透かした未来ってなんだろ?
恋だとか死だとか磨耗したタイヤみたいに易く買い叩かれて
道端で売られる雑誌より声高に愛だとか性について語るなんて
美しいものを美しいと言ったら浮き輪に詰められ流されて
だからみな美しいものを美しく伝える言葉狩り必死で・・・
それは6月の夜会の花火のように艶やかに
星たちの及びもつかない着色で彩る過去みたい

木の洞で眠る栗鼠も
冷凍庫に閉じこもる兎も
世界を刻むブラインドを眺める猫も
やがて銃声が聞こえたらか細いヒゲを震わすのです
だから
夜を添えて歩きましょう
零れた帳に深紅の向日葵が咲いても
偽りの言葉が根を張っても
子供の影が震えていても・・・

僕らを例えるものはありすぎて
壁の自画像は白紙のままだから
数多の瞳孔に写し取ったぬばたまを
あの星に還すのです

問いは生まれて
また消えて
重なりゆく陽に
目を開けて

あの星に還すのです



次回『耳の耳』

151 :いとうまい棒:2009/08/31(月) 20:43:37 ID:/PHBHF6T
「耳の耳」

パンの耳、お札の耳といえば
それぞれの端っこのことである
耳の耳と言うことなら、さしずめ一番外側の柔らかい所であろう
私には柔道でここを打ち付けて腫らしてしまった思い出がある
赤く腫れ上がった耳を見て初心な級友が言うには
「女の子に噛まれたんだー、えっちー」
今となっては、あんなになるまで激しく表現する女子は願い下げだ
甘噛みしてもらいたいものである
あ・ま・か・み・である
こちらとしても柔らかな淑女のそれを優しく噛んでみたい
甘噛みされたい耳の耳を
甘噛みしたい耳の耳を


お次は、「獅子」で








152 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/01(火) 20:11:57 ID:bTyqGgQ/

「獅子」

ただのマグナム
米俵のマグナム
素早く銃杷掴んだら
草を撃ちこむ
農家の次男

俺はマグナム
土色のマグナム
鋤と鍬の二丁拳銃
荒野を夢見る
田圃のヒーロゥ

夜はマグナム
嫁とまぐわる
でっかい撃鉄起こしたら
白米連射す
異国のワイフ

そしてマグナム
早朝にまどろむ
ヌルつく昼を掻き分けて
夕陽に潰れる
冷夏の蟻

神はマグナム
明日を丸投げ
見えない敵に囲まれようと
寒風に吠える
泥まみれの獅子



次回『ボーンコレクター』

153 :名前はいらない:2009/09/02(水) 02:48:20 ID:Cx9SYvEb
わたしは骨が大好きだ
わたしの骨は実に愉快だ
正確に言えば誰かの骨だが
今ではすっかりわたしの骨だ
昨晩こっそり掘り返した
今日は逆に埋めてやろうか
明晩こっそり引きずり出して
明後日はまた埋めてみようか
秘密は紳士のたしなみだ
雄の骨より雌の骨
老いた骨より若い骨
そうかお前は素人か
みんな違ってみんないい
全部違えば全部欲しい
そういうものだと思うがね
紳士はときに強欲だ


おや、ご主人が呼んでいる
散歩の時間だ、失礼するよ


次回「映らない」

154 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/03(木) 01:31:31 ID:1ftJR05r

「映らない」


空は青 ひがみのないブルー

こだわりのない雲が消えてゆく

少しだけ谺を聴いて

また少しずつ歩んでゆけたら

柳にもたれた背中も

ガチョウの声真似する影も

裏切った信号に灯る青を

信じられるかな


恋人たちの臙脂の手袋

互い汚さない遠視のメガネ

虚しいってコトバは

ひずみのないブルー

だからもう…

二人は夜の汀でおやすみ

波を抱いておやすみ

鏡のない部屋で 繕う朝陽の映らない窓辺で

おやすみ


また雲はうつろう風に梳かれて

谺のない空へ消えてゆく



次回『黒曜石の歌』

155 :名前はいらない:2009/09/03(木) 15:57:18 ID:ptZ4t/A+
黒曜石の歌 


私は人を殺しました

コンクリートブロックの花束を抱えて
ドライアイスの靴を履き
白い煙の路を歩き続けます

道端に咲いた目が私を見ていたので
むかついてドライアイスの靴で踏み潰しました
コンクリートブロックの花束はとてつもなく軽いです

頭の上で
私の殺した人が歌を歌っています
黒曜石の欠片が降り注ぎ
私の足を切り裂いています




ーーーーーーーーーーーーーーーー
次は 日替わりマニ で

156 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/09/05(土) 01:42:13 ID:P+fwspcz
「日替わりマニ」

満月が怖いので
日中マニ車を回します
グルグルとガラガラと
夕方にはくたくたです
こうして夜は眠られる
眠るために働いている

でもよく夜中に目が覚める



次は「せんべい」でお願いします

157 :いとうまい棒:2009/09/05(土) 02:30:32 ID:kRXWEG7z
「せいべい」

ながさめや
しめるせんべい
わがねどこ



お次は「しっぽり」





158 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/09/05(土) 02:51:29 ID:P+fwspcz
「しっぽり」

握りこぶしの人差し指と中指の間から
親指を突き出して
夜の都心を歩く



次は「くらげ」でお願いします

159 :いとうまい棒:2009/09/05(土) 03:08:45 ID:kRXWEG7z
「くらげ」

くらげたゆたう
くらやみに
くらってみよか
くらわぬか
くらりきたきた
くらげのけ



お次は、「猿」で

160 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/05(土) 06:29:27 ID:6wLomA3d

【猿】

ようこそここへ
ひぐらしの鳴く便器へ
君は暇に腰掛けて青空仰ぐ
無知と鞭を掛けていたい気な快楽を貪る

乱暴かもしれないが、真剣かもしれないが、真っ先に漏れるのは
『さる』だ
その意味するところは兆候だ
その茶色く長い尾と角張った叫びで捻り出す春だ
乱雑な足跡を見るがいい
慎重に奇跡を避けてきたのがよく分かる
もはや夜は越えた 後は踵半分踏張るだけだ
そこには何がある?重なるトイレットペーパーに貼りつくモノは?
そうだ、奴らがいる…

見猿聞か猿なんてどこにでもいるマジナイだ
見まいが聞かまいがナイフは研がれる
だが、奴だけはいけない 言わ猿だけは逃しちゃならない
なんとしても口をこじ開けないとこちらの口がタンポンで塞がれる
下水の果てまで追いつめろ そのTOTOの便器は可変翼機でもある
飛んでけ 奴を狂った向日葵の花畑に撃ち落とせ

猿たちが笑っている
目を開け鼓膜を震わせ真っ赤な歯を見せ笑っている…

ならば便器を閉じよ



次回『はてなニューロンSOS』

161 :はてなニューロンSOS:2009/09/05(土) 12:56:06 ID:EQtm1tBn


僕の爪先 → あっ痛い → 痛い → いたい → いたいかも → かもい? →僕の脳 コンフュージョン
僕の脳 → かもいってなに? → かもとい? → 鴨と胃? → 亀井 → 爪先(怒) 
爪先 → いたいんだよ → 痛い → いいたい → いい → いい気持ち → お姉さんのおっぱい → 僕の脳 No ぷろぶれむ

。。
僕の爪先 → お願い痛いのなんとかして → オネガがいたなんか → お?が?な? → おなに→ 僕の脳 ◎ 
おやすみニューロンまた明日  (僕の爪先 怒)

ーーーーーーーーーーーーーーー
次は ペットボトル10本分の
 

162 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/09/06(日) 23:38:55 ID:fyU0zaQe
『ペットボトル10本分の』

アメリカ軍の30機のGPS衛星が
地層の大きな歪みを観測している
ペットボトル10本分のミネラルウォーターを備蓄しようよ
世界の歪みが弾けた時に、キミとボクとが生き残れるように

アメリカ軍の30機のGPS衛星が
人々の心の歪みを観測している
ペットボトル10万本分の清浄で澄み切った水を備蓄しようよ
世界が歪みで弾け跳んだ時に、キミとボクだけが生き残れるように



次の題は、『ゴミ同然のくだらない言葉の集積所』


163 :『ゴミ同然のくだらない言葉の集積所』 :2009/09/07(月) 10:21:38 ID:HFdfqVCI

一 僕
十 だったら、指で数えた
百 コの飴玉ためてたよ
千 の街角に風船飛んで
万 まんぼうっておいしいの?
億 一億円宝くじ買ってたおかあさん 今日のおやつはなしだって
兆 2009年国債残高 8,60兆2,557億円
京 都って意味なんだよね、古いの
垓 御咳してる こんこんこん 世界中で風ひきの人
秭 読めないから聞いてみた じょ だって ジョジョ
穰 韓国の夜空に月 雁が飛ぶ
溝 こうのとりが赤ちゃんをつれてきてくれますように
澗 お父さんの晩酌は赤いんだよ
正 正しいってこんなに大きい
載 掲載されて僕のおじいちゃんは白くなった
極 北極の氷が溶けてしまったら、海面はどこまで上がるのかしら
恒河沙 美しい織物の河に船を浮かべて
阿僧祇 僧侶になる旅に出る小ねずみ
那由他 なゆた たゆたう 星の空
不可思議 扉が開く どこへ行く?
無量大数 の言葉が0と1になって地球空を駆け巡った、

洛叉  倶胝 阿ゆ多 頻波羅 矜羯羅 阿伽羅 最勝 摩婆羅
阿婆羅 多婆羅 界分 普摩 禰摩 阿婆ツ 弥伽婆 毘ら伽 
毘伽婆 僧羯邏摩 毘薩羅 毘贍婆 毘盛伽

ああ、疲れちゃった まだあるね
多すぎるのって大事にできなくなるから嫌い
少ないと足らなくなるかもしれないし
丁度いいだけ あるといいのにね

毘素陀 毘婆訶 毘薄底(びばてい)
びきゃたん しょうりょう いちじ いろ てんどう さんまや
びとら けいばら しさつ しゅうこう こうしゅつ さいみょう

世界中に降る雨の  雨粒の中に
運動する無数の水素と酸素の化合物
分解された分子式を数え上げよう
ばらばらに分岐した僕のニューロンパルスを数えたら
数えた数を100乗しただけパルスが増えていったんだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は「言の葉」


164 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/08(火) 03:14:57 ID:uLXlTo0I
「言の葉」

エスキモーおじさんの憂欝:
キツく縛った白熊がまな板上で踊りだし、解体OKと南のホオジロ鮫と手を組んだ!
つまり温暖化

カーネルおじさんの並列:
カラッと揚がった夕陽に吠える
ニワでニワのニワトリがニワのニワトリと交尾しニワのニワのニワトリは二十二羽になった
さて、もともと丹羽さんの庭にいた鶏は何羽でしょう??

ベッキー:
明るく綺麗でお利口さんで
モテテ華やかで人気抜群で
動物好きで優しく嫌味がなくて
日本中の腐女子が憧れそうな
新浜町のベッキー 享年82歳

売れない春:
知らない声で訊ねられても
少ない言葉で満たされるなら
あたしはあたしのまま
あたしじゃなくなってもいいのよ
あんたはほら、傷ついた花瓶や動かない玩具が好みなんだから
色眼鏡であたしの隅々を鑑定しなよ
あたしが満たせるもんていったら、グラス半分の時間しかないんだから…
枯れるまで付き合って

ビッグモンキー参:
俺たちの人生には一分の無駄もない、そう研ぎ澄ました舌から始まる、HIMAN

収納:
ピッタリはまって
スッキリしたい
ユッタリするのは好きじゃない
収納上手は出し入れ上手
隙間に無理なく無駄なく詰め込んで
奥に入れても即座に出せちゃう
そんなあなたの
夜の言い訳

アジアンビューティー:
ゾロ目の美乳
タコ脚のフラダンス
故意に恋にするお年頃
ふんぎりついたら花を潰して芽を吊らす

カテーテル:
サイレンを聞いて目覚める
疑う記憶も焼かれ、傍に人形
雷鳴のように餓えたって、傷む輪郭に変わりはない
零れる、挿し込む三日月、零れる、注入する夜
零れる……赤い葉擦れのような吐息


次回『裏返る世界』

165 :名前はいらない:2009/09/09(水) 02:07:15 ID:5FSoj+i2
表舞台で君は踊る
僕じゃない誰かと
襲う波、飲み込まれないように
嫉妬の世界で僕は踊る、
一人ぼっち。
所詮は表がすべて。

僕の描く虚像、は

裏返る世界。

次は『絵本作家の夢の国』

166 :名前はいらない:2009/09/09(水) 18:57:08 ID:6kA782Xy
「絵本作家の夢の国」

絵本作家には二通りある
現実を子供に焼き付けるタイプと
現実から子供を隔離したがるタイプだ

前者の絵本を読んだ子供は
いつか自分の胸に焼き付いた現実に気づく
後者の絵本を読んだ子供は
いつか絵空事の夢に届かずうなだれる

現実はいつでもおそろしいものだから
絵本作家は夢の国を描く
そして100まんかいしんだねこは
100まんかいを越えてしにつづける


167 :名前はいらない:2009/09/09(水) 18:58:17 ID:6kA782Xy
次のお題は今日の日付「090909(水)」でお願いします。


168 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/09/10(木) 01:49:50 ID:CZDKPXrD
「090909(水)」

今日はお父さんとお母さんと一緒に、
外へお食事に行きました。
ファミリーレストランだったのですが、
人が多かったです。
僕はハンバーグセットを食べました。
量が多かったので驚きました。
お父さんが「食べられなかったら食べてあげようか」
と四回僕に尋ねてきました。
僕は、「食べられるからお父さんは自分の料理を食べなよ」
と言いました。お母さんが、「お父さんは食いしん坊ね」
と、言いました。僕は、大人のお父さんが食いしん坊というのが面白かったので、
笑ってしまいました。ハンバーグはおいしかったので、すごくよかったです。
帰りの車の中で、お母さんの眼鏡がよその車のライトでぴかぴか光ったので、
僕はまた笑いました。またファミリーレストランに食べに行きたいです。



次は「20XX年」でお願いします

169 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/11(金) 01:13:56 ID:ylKIjOSs

「20XX年」

19XX年
そろいもそろって闇鍋に
アイゼンを放り込む学生四人
なぜ!?と誰もが電気を付け血まみれの口で問う
そして、やがて気付くんだ…

ウタダヒカルにアメリカ進出は無理なんだって
間違っていたんだって、入れる鍋も、具のチョイスも、火加減すらも…
彼女は結婚して離婚してとっくの昔に頂上から下りていて
10年前に誰も登れない崖上から歌ってた少女はどこにもいないんだって
僕らはようやく気付くんだ…

2009年
僕らももう見上げるばかりのガクセイじゃいられないって
血豆だらけの手足にロープは絡んだまま
空気は薄まるばかりでも、戻ることはできないんだって
白い息を吐くことしかできないのに…

空はまだ微かに青味を帯びたまま 遥かな頂きを切り取っている
あの少女の影を纏い、小さな鳥が飛び立ってゆく
一番星が今産まれたかのように震える夕暮れ
どこからか仄かなメロディが耳を射す
それは誰かのラヴソングのように甘く密やかで
誰かのラストソングのように威厳に満ちていた
そして月が昇り星が満ちて、気付くんだ…

僕らは僕らの歌を持っていたんだって
闇の中、題名すら未定の汚れた楽譜を探し
観客すらいない、崖の中腹でも歌えるんだって

20XX年 
その時が来るまで、登り続けるんだって…



次回『トラブルニュース』

170 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/09/14(月) 02:30:02 ID:+K9sRvJ7
「トラブルニュース」

放送事故おおおお


次は「初秋」でお願いします

171 :名前はいらない:2009/09/14(月) 03:51:18 ID:AmfjNerd
『初秋』

にぎわった海は静けさに少しづつ変わって
思い出が溢れて空を見上げる
悲しいこともこの空が吸い上げてくれたらって
思ってみるけど やっぱり届かない
秋の空 ひとりは寂しいよ
ねぇあたしをあの夏が置いていった
ねぇ秋風 この想いを運ぶように
誰かに届けたい
そしてこの季節が愛せるようになりたい


次は『抵抗』でお願いします。

172 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/14(月) 04:56:17 ID:Bh+RWJ5/
「抵抗」

きちきちの気遣いせんといてくださいよもぉ
風俗なんて行かんとです僕わ
夜のプロレスなんて興味ないですよはい
馬場てなんですか生きてる馬場て
見たくないかて見たくないですよ
なんなんですかコブラツイストプレイてSMですか
だから見たくないですよ馬場似の女なんて
顔じゃなくガタイと声がそっくりて余計ヤですよ
やめてください16文キックていたいですよやめて
なんすかバカになれてそれ猪木の台詞でしょまさか
やっぱいるんすか猪木どんな風俗なんすかマジで
顔は綺麗だけど顎だけはそっくりて素晴らしくイヤすぎますよ
それでヌケるんすかむしろこっちが奉仕てやっぱSMすか
Mの経験なんてないですよてやめて16文キックはやめて
はい行きゃいいんでしょ行けばんで値段はいくらなんですか
女王役のブッチャー次第て俄然興味が湧いてきましたよ僕わ
長州はいるんすか長州はえっ長州はいないんすか長州はいないんですねはい
ところでその手元のマスクはなんすかてやっぱ僕用ですか一枚3000円て
プレイ中に取られたら罰金制すかはい一回300円は良心的だと思います
じゃあ行きますかどこですかそこはオーサカですかまたえらく西国ですね
こっからですと車で半日かかりますよて関係ないですよね分かります
とりあえず向かいますけどとりあえずそのマスクは脱いでくれませんか
とりあえず後ろの白バイがさっきからうるさいもんではい
てやめて運転中に16文キックはやめて目元に水平チョップとか嫌
分かりましたよ被りゃいいんでしょ僕も被りゃあほんとに被りますよ
やばすぎでしょこの画どうみても強盗ですよ白バイ3台に増えてますし
耳元で叫ばないで元気ですよある意味僕ら元気すぎますよはいはい元気元気
窓開けないでそんな身を乗り出さないで聞こえませんよ白バイには
どーすんすか吃驚して一台こけちまったじゃないすかあの警官道の端から消えましたよ
マスクつけてるから大丈夫て日本の国家権力舐めすぎでしょ
だからそんな身を乗り出したら僕がカーブでもないのに急カーブきったらどうすんすかこんな風に!

っ落ち
  た


次回『至近距離』

173 :名前はいらない:2009/09/15(火) 03:13:43 ID:P+9mo7M4
目の前にあるプリント
勉強は大嫌い
「先生ー、ここ分かりません」
ありきたりな言葉
至近距離。
こんなに近いのに。

だけど、結婚してる?
結婚なんて、このプリントと同じで紙切れ一枚

お題、夏

174 :名前はいらない:2009/09/15(火) 03:15:06 ID:P+9mo7M4
>>173
スマン
題抜けた「至近距離」です

175 :夏    ・・ の終わり:2009/09/15(火) 09:16:47 ID:5K2PzLsn
ヨロヨロと蚊 が   ぶー・・・ん・・とよろめく寝室

クーラーをつけようか
窓を開けて
そうだね・・・キミの鼻に汗が浮いているよ
いやあねえ そんなとこ見てないで
氷水飲もうか
そうね 
夕張メロンのアイスがあったな
そんな甘いもの食べたいの?
うん 疲れたんだ
ね、タバコ吸っていい?
いいよ。何すってるんだい?
メンソール
女の人はそれが多いね
男の人には危険なのかしら?
ああ、なんとなくね、今となってはどうでも
そうね 今となっては
ね、もうちょっとで不妊の薬害を解除する薬ができるみたいよ
ははは・・・できたらいいなあ、きるできる詐欺みたいなもので、もうあんまり期待はしてないんだ
そうね
ね、あなたの腕 蚊が血を吸ってるわ
吸わせておこう。せめて彼らだけでも子できる

ーーーーーーーーーーーーー
次のお題  「衛星軌道」

176 :衛星軌道:2009/09/15(火) 22:24:33 ID:5cWhhR8C
僕は知ってる。
まぁるい青色の塊に
たくさんの名も知らない
塊たちが泳いでいるのを

規則正しく。昨日も、今日も、

明日も

僕は知らない。
僕の頭のまぁるい塊が
僕を動かしてる。



 は
  何
   ?

→次はアスタリスクでお願いします。

177 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/09/16(水) 03:55:36 ID:lmXCvfDZ
「アスタリスク」

キーナンバーは埋められる
上空から見下ろされる人の頭や
思い出の走馬灯が見せる幻や
手の届く距離の悲しい短さや
震えて眠るまどろみの短さや
キーナンバーの失念
虚空に投げる言葉の忘却によって

世界をもアスタリスクとする脳機能により
星空は闇夜に替わり
夢魔は不眠を呼び
鍵穴は壁を携え
飛行機はイカロスとなり
あばら家はダイダロスを生み
犠牲は厩を離れ
嘶いて
時を告げ
鍵穴を新たに虚空に穿ち
俺を歩かせ
目を走らせて
口を開かせ
アスタリスクの内部に僅かな鍍金を注ぐ



次は「フリスク」でお願いします

178 :フリスク:2009/09/16(水) 16:13:23 ID:R+uyAPsm
「だけど僕らは、ひらめいた時の素晴らしさを知ってる」って広告
ってフリスクだよね。フリスク食べたら閃きがやってくるってわけよ。

受験のお供にフリスク
コンペの前にフリスク
オペの前にフリスク
プロボーズの前にフリスク
倒産前にフリスク
運動会ではフリスビー
ゴルフクラブをフルスイング
勝負服にフリマーケット
プロポーズの返事にシランフリ
ご飯食べるならバイキングフリー
トイレの前にフリちん
買い物にフリーハンド
路に迷ったらフリナビ
フリスク切れたらフクスケ

ーーーーーーーーーーーーーー
次は「食べ放題」で

179 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/18(金) 06:07:29 ID:digrL9EH

「食い放題」

誰も崩れた土俵でガキと相撲をとってた夏
祖父は産まれた
ペシミズム 遺伝さ、あんな空 グラマンに盗まれた空
大空襲 焼け出された季節に 祖母は一人指を吸っていた
眠れ 俯きだしたらキリがない、並走してりゃいつかは乾くさ
イマは 何も聞こえないんだろ? いつか 夜が墜ちるまで イマは…

ささくれだって節張った あなたの背中は思い出せない
明日 みかんが潰れて静かに寝息が生まれたら 
好きなだけ読める 捲れなかった人生のエピローグ
好きなだけ食える 半分個した哀しみも あの空の果実も

さようなら 星はいくつ流れるだろう?
さようなら 僕は何を流すのだろう?
母は声を枯らして歌うはず
祖母は閃光に包まれているはず
じいちゃん あなたは何を喉に詰まらせて
ひどく苦しげに笑うのか

さようなら 瓦礫の腕をした天使

さようなら 蜃気楼に燃える沈丁花の景



次回『無ノ波紋』

180 :名前はいらない:2009/09/18(金) 15:25:40 ID:9PK+siyD
静寂の 湖畔に無機質投げ入れて
広がる波紋は 多重奏

藍色の海に 想い出投げ捨てて
広がる想いは 独奏で

無の重奏ひびくこの胸
無の波紋

次「ブラウン菅」

181 :ブラウン管:2009/09/20(日) 05:08:08 ID:R4Z0KWqI
砂ノアラシ

深夜、 静カニ続ク画面ノ前デ 私ハ砂ノ蛇ニナッタ

ザーザート ナガレル断続音 

ウゴメク壁ノシミ ハンビラキノマド ゴキブリガ飛ブ

ワタシノ尻尾ハ ノタウチマワル

ダレダ ソコニイルノハ?

私ダ!

ーーーーーーーーーーーーーーー
次は「夜ノ行」


182 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/20(日) 14:34:45 ID:JgZWp/wX


夜ノ行


母ハナニユエ 子ヲアヤス

父ハナニユエ 息コボス

誰モイナイ 夕暮レノ坂

星ノミエナイ 屋根ノ下

アツマッタ蟲タチヲ ツカマエテハチギリ ツカマエテハチギリ ツカマエテハ…千切ル

御座ソウロウ ソレガスベテノ命ノナライ

誰モ夜ニハヒトリキリ

尽キヌ闇ニハ声カラシ

オマエモオイデト コンヤハダメヨト

囁キカワス

イイヂャナイカト アカゴガミテルワト

蠢ク夜ノ蟲



次回『カクガクシカジカ』

183 :名前はいらない:2009/09/20(日) 22:57:21 ID:R4Z0KWqI

「カクガクシカジカの由をもって、わが妻 ○子を離縁するものとする。」
オドオドしつつも最後まで声をとぎらせもせずに、わが夫×男が一枚の離縁状を読み上げた。
妻たるわたし○子は、テレビの前でカウチポテトを決め込んでいたのである。
「ソレソレドレドレの理ももたずして、わが夫 ×男は 離縁なぞという重大な告発を起こすのでありますね」
「遺憾ながらサヨウです」
顔を赤らめながら かわいらしく答えている
「ハレハレトキメキの女が現れましたでせうか?」
さらに湯気がたちそうな禿頭
「まことにさようであります」
まあ、仕方ないなと起き上がり、正座してから
「ケンケンガクガクの理をもって、その宣言は無効でありまするよ、先方どのには事のゼヒをコマゴマ説明してくださいましな」
しゅんとなって
「サメザメ」

ーーーーーーーーーーーーー
次は「コピー機」


184 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/09/21(月) 01:46:10 ID:QMb6T/pZ
『コピー機』

高電圧によって生じたオゾン臭を拡散させ
漆黒で染まった言葉の複製が大量に生産されてゆく
記号、数字、ひらがな、カタカナ、漢字、英字、
そして空白が、深く遠へ沈み込んでいく
劣化し個性を失い、ありきたりの力を失った言葉たちが
高電圧装置から、オゾンの匂いを撒き散らして
ボタン一つで吐き出されていく




つぎは『白と黒、そのあいだにある色彩』


185 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/22(火) 20:40:45 ID:lb5SzsL+

白と黒、そのあいだにある色彩のやつください

「…灰色かい?6000円だよ」

原価と売値、そのあいだにある金額にしてください

「…まけろってことかい?5500円ならいいよ」

あざーすとサーセン、そのあいだにある言葉を送ります

「…あまり感謝の気持ちは感じられないねぇ」

黙れ入歯と染髪料臭ぇんだよ婆、そのあいだにある心情を察してください

「もう帰んな」

プルプルとギュルギュル、そのあいだにある便意を今感じました

「…なにやら切羽詰まった顔だがトイレは貸さないよ」

涙目と後悔、そのあいだにある謝意を捧げます

「いまさら遅いよ。さっさと帰んな」

サノバビーッチとマイゴッド、そのあいだにある解放感に包まれました

「漏らしたわけだ」

尻と風呂、そのあいだにある家路が憂欝です

「いいから出てけよ」



次回『朝の散歩』

186 :名前はいらない:2009/09/23(水) 01:20:01 ID:rSdjVJlW
「とある朝、私は悪夢から目覚めると、一匹の大バッタに変身している事に気がついた。」byたけし

「とある朝、私は悪夢から目覚めると、一匹の大バッタに変身している事に気がついた。」byはやと

「とある朝、私は悪夢から目覚めると、一匹の大トンボに変身している事に気がついた。」byしろう

「とある朝、私は悪夢から目覚めると、一匹の大カブトムシに変身している事に気がついた。」byしげる

「とある朝、私は悪夢から目覚めると、一匹の大バカに変身している事に気がついた。」byわたし


次回『使徒、襲来』

187 :名前はいらない:2009/09/23(水) 04:19:16 ID:QVMWDVKB
使徒、襲来

僕はどきどきしながら待っている 
世界のすべてが僕らの手を離れる瞬間を
もともと僕の手にはないのだ
だからエヴァはいらない
僕は破瓜を待つ乙女のように微笑んで 使徒の手に身をゆだねるのだろう

ーーーーーーーーーーーーーーー
次は ゲド

188 :いとうまい棒:2009/09/24(木) 00:00:37 ID:wZSfbMmm
「ゲド」

汝が呼び出だしいたるは

忌まわしき影が
恐ろしき影が
汝に深手を負わせ
汝を追い詰める
足跡を重ねるように
汝の後ろに立つ
ゲドよ
逃げる勿れ逃げる勿れ
影は汝なり
影は汝なり
勇気もて影に向かうべし
影と汝
相会えひとつとなるべし

ゲド戦記第一部より

お次は 「梨」で

189 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/24(木) 13:53:54 ID:O4F9T41k

     「梨」

あなたがそうであるように 僕は眠りたい

あなたが夢であるように 僕は目覚めない

秋が零れるだけの季節なら 僕は何を拾えるだろう

ただこの器のアオい果実 今日も描くだけ

ただあの空のアワい果実 夜に眺めてばかり

軋む咀嚼音飲み込んで 海が凍る

あなたは猫を誘って屋根の上

僕はあなたを見上げて木々の陰

あなたは 僕のキャンバスに下書きもせず

遠い果実を置いていった


次回『∞』

190 ::2009/09/24(木) 16:43:45 ID:25F/3HZc
決して交わることのない直線の果てにある一枚の絵画を眺める

無限に遠いその絵画の
今描き出されたばかりのテレビン油の香りは
無限に遠い直線のこちらで嗅ぎ取れる

今描き出したばかりの絵に、しなやかな白い指が
最後のサインをするのを 
無限に遠い直線のかなたでじっと見つめる

決して交わることがないことに 後ろめたい安堵を感じながら
また次の一枚がイーゼルにかけられるのを 待っている



昨日、母は記憶を一部失ってしまった。母はこれから断続的な現実の中で生きていく。
認識できることと記憶に残ることが相手にとり いかに大切かを知った日だった。
文字列の中ですら存在はあるのに。

191 ::2009/09/24(木) 16:45:53 ID:25F/3HZc
次は 記憶

192 :名前はいらない:2009/09/25(金) 12:55:01 ID:raTtHD1H
記憶

記憶を傷めてしまう位なら
そっと向ける眼差しで
もう暖めてしまいたいよ

湯気の零れるスープ位温かくなれたら
すぐにでも笑うのに
誰も大事なものは使い古したくなくて
大事な思いは叶って届いて欲しいの

たったそれだけが何うしても上手くいかなくて
考え過ぎて疲れただけって、強がらせて

隠して安堵する私を
少し遠くで笑っていてよ
昔こんな格言があったよ
「捻くれ者に悪い奴はいない」、だって

あなた、が
隠した優しさを置いてゆくだけで
意味に殺されそうな時間まで
柔いでゆくから
届けるように笑えるまで、あなた、のままで
待って

ハッピーエンドの作り方
ゆっくりでいいんだって誰かが言った
あなたでのみ意味から逃れて
あなたは全てのあなたなんだって

優しい思いだけ事実にしよう
柔らかい方に記憶を延ばそう
影が重なるまでの時間
疲れない速度で
お話を聞かせて

今日笑える温度が
無数の明かりとして灯ってゆく
降るの、温かい雪と音

有難う。おやすみ。好きだよ。

柔らかな記憶
何度痛んでも
新しく書き替わる今日
コンロに燈る灯
温まったスープを

全てのあなたに


「ココア」

193 :名前はいらない:2009/09/25(金) 15:48:11 ID:hePkGoRc
「ココア」

ココアはね
ほんとはたちのぼる湯気です
息をつめてみていても
ゆらゆら揺れる
あなたの心のように

ココアはね
ほんとはやさしいまるみです
いとしいだれかをつつみたい
そんな気持ちになれるよな
白い陶器のカップです

ココアはね
ほんとはむかしのあなたです
口のまわりよごしながら
チョコレート食べてた
ちいさなかわいいえがおです

ココアはね
ほんとはね
おいしいだけじゃなくてね



「窓辺」で


194 :窓辺:2009/09/25(金) 16:51:13 ID:RqFr0wzm
たゆみなく時を刻む窓辺で

ゆれる雲南萩の花

の木陰で金玉をほこらしげに見せている狸

の金玉の下

にアリが巣を作っている

さぞや痒かろ 

と なにやらくるしげにみえてきた狸

の傘が

風で廻った

ーーーーーーーーーーーーーーー
次は「風」

195 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/25(金) 20:59:41 ID:jh6ZZXHA

「風」

泣き虫は海を想って寝てばかり
海は海でそんな泣き虫が嫌いで嫌いで・・・
あ、そうか!
泣き虫が嫌いなのが海で、海は塩辛いものは好きだった
風は泣き虫が大っ嫌いで双子の太陽のカタワレに惚れてると・・・
て、なんか違うな
太陽のカタワレが塩辛い海に目がなくて
もう片方の太陽が風と泣き虫と三角関係なんだっけ・・・
いや、まさか
そういや泣き虫はつい最近変死しちゃって、今じゃあの風すら泣いてばかり
たしか月が犯人として捕まったがアリバイが成立したらしい・・・
と、いうことは

寝たきりの窓からは遥かな海が覗いていた
窪んだ双眸には太陽が確かに映っていたのに
彼はそれを知らされず、夜な夜な鏡ばかり眺めていた
陽と戯れる波を厭うかのように四角いカーテンを、楕円のドアを閉ざし
ある日、密室で仰向けに発見された
闇の一点を見つめ、はにかむような固まった笑顔で・・・

彼を殺したのは誰か?
月はその日いつものように空に在り、これからも在り続けるだろう
彼を背中から焼いたのは誰か?
太陽はその日いつものように地を照らし、多くの子供の目撃談もある
彼の肺を水浸しにしたのは誰か
海はその日珍しく凪いでいて、沖で最後の帆船が静かに沈んだらしい
では彼を殺したのは何なのか?

彼は自ら完璧な密室を作ってたつもりなのに、閉じたドアには一ヶ所隙間があり
今も、その日も風だけが鳴いていた



次回『孔雀の森』

196 :孔雀の森:2009/09/29(火) 11:58:48 ID:zASF0bDM
アラフォー美女軍団が集う とあるアスレチックジムの昼下がり
美しさを競い、年収を競い、つかの間の恋人を競う彼女達の今日の関心はチーズだった
丸チーズですわね
赤いセルロイドに入ったのですか?
臭くないとね
トムとジェリーで穴あきチーズがでてましたでしょ?
青カビタイプ
やっぱりカマンベール
ブリーのナチュラルでもよろしいわよ
ヤギのチーズもオネガイ
溶かしてパンにかけて
あ、ジャガイモでもいいわねえ
ケーキも
シカゴチーズケーキ
もちろんフォンディユ
パスタとピッツア
中国のチーズって試したことあります?
ああ、脂肪が、、、、
夢ですわねえ。
ああ、そういえば、手ごろな集合マンションの1棟売りが出ましたよ。
部屋数が6個 一部屋がオーナー仕様になってまして、広いです。
とりあえずオーナーチェンジ物件ですが追々開きがでてくるかと。
皆さん一緒にというと魔女の塔みたいになってしまいそうですわねえ。
一人では寂しいのと プライバシーも確保したいのと、揺れちゃいますね。
結婚したらどうしましょうか。
区分所有権を売って退去したらいいのよ。
つまり他人さんが入居している状態がデフォルトですわね。
丁度いい距離感ができるのじゃないかしらね。
うまく売れるかしらねえ?
さあねえ、半額以下になると思っていればなんとかじゃないかしら。
大きな無駄遣いになるかもですね。
借りたほうがリスクが少ない?
そうです。 リスクだけならそうですね。
あたしは木造が好きよ。木立に囲まれて、庭とテラスと、犬と。。
今なら土地を買って建てられますわ。
小さい家なら案外安いですわね。
コンクリと木造と混構造にして、コミュニティを作ったら面白いかもですよ。
ああ、そういえばあなたは建築家さんでしたね。
ええ、プラン作ってみましょうか。
それなら私はSOHOにしたいです。
喫茶店もオネガイします。
ああ、、、
夢ですわねえ。
プロセスチーズって好きですよ、地味で。安心します。
ああ、
夢ですわねえ。

197 :名前はいらない:2009/09/29(火) 12:01:18 ID:zASF0bDM
次は「夜の女王」

198 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/09/30(水) 01:58:10 ID:utJXOJgX

「夜の女王」

マダラ雲 絲を引く 月が曚い 花に舞う

ホンネは輪廻 くたびれたホースの先の 黴た水仙

頭清く 骨軽く 耳は皎く 風は恐懼に

産まれる私 死にゆく私 私は私は渡し船の私

憎しみ 光 蒼い密林 どこまでも飽きず熱帯夜

おそらく 死ぬまで おそろしい 朝まで 鼓膜は震える

手を此処へ 指を広げ 真夜中の此処へ ありがとう

胸カラカラと 轢き殺す 龍シタタカに 包み込む

お金も自信もネオンも花火も従えて

期待も秘密も美醜も夢も支配して

それでもそれでも

私は私は私の私の分からない私



次回『北極の机』

199 :北極の机:2009/09/30(水) 16:31:52 ID:kjN1sDK1
北極の机で白熊の母が経理伝票をつくっているとき
広い机の端ではトルコ美人がベリーダンスを踊っていた
それをかぶりつきでみていたのはペンギンの群れで
白黒の頬をうっすら紅に染める
すかさず流れる 「踊り子さんに手を触れないでください」
いつのまにか机はまな板に
そのまな板の上にあがったのは恋のカゲロウ
包丁を持った天狗のお面 フラッシュがたかれまくった
「ああ、お姑さん どうか覗かないでください」
恥じらいのあまりの乙女の血潮は
北極の机の上に点々と散ったのさ

北極の机で白熊の母が鮭を料理しているとき
広い机の端では白アリが行列を作っていた
延々と運ぶクッキーの欠片ごと
南米の大アリクイが口を差し伸ばして食べる食べる延々と
「つまみ食いはご法度だよ」
いつのまにかアリの列は鉄道模型に
「主人の鉄道模型を処分してしまったら主人がおかしくなってしまったんです」
鉄道模型に乗って、泣きながら廻る廻る若嫁がまわる
まわって溶けて一本のレールになってしまうまで
「ああ、ご主人 どうか彼女にお許しを与えたまえ」
悔恨の涙で北極の机が溶けてなくなってしまう前にさ

ーーーーーーーーーーーーーーー
次は「目覚まし時計」


200 :名前はいらない:2009/09/30(水) 20:08:27 ID:oSqFZI6c
「目覚まし時計」

さようなら肉体の障壁
棺桶に閉ざされた花束よ
弔えば消えていく訳は無い
今 ここに存在し続ける目覚まし時計
ふと生き返った思い


背中にはりついて少しづつ侵した
苦悶の表情の君へ
入り込め

ひとつになる
またこの世界に降り立つために
目覚まし時計が鳴り止まない
恨みを買ったほうが悪いのだ
きみにかわる
晴らすよ 鬱積した感情を
とりついた
棺桶の名札 君の名に変わる


次は「けいおん!」

201 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/02(金) 04:41:30 ID:7Ahq+mcU


     けいおん!

ひっひっひすてりっくにソバカス描いて
くっくっクリスマスまで少女のように祈ってる
ぱっぱっパパはリスクを考えろってゆーけれど
あれこれ引くだけ引いたイコールなんて眉唾ものね

流れる雲はキスしてる
頭のネジは心持ちユルめたら
新しいマイクとステージが待ってるわ

じっじっ自重が肝心ってママはいうけど
きゅっきゅっ九回裏の逆転劇もあるのよ
ぽっぽっポストに急いで投函しなきゃ
あれこれ考えるだけ考えた未来への手紙なんて眉唾だけど

流れる雲はキスしてる
心のドアを思いっきり蹴破って
落ち着かないマイクとステージで踊りたい

流れる鳥とキスしたい
さっさっ五月晴れって明日のニュースは云ってるわ
流れる星を捉まえたい
こっこっこのまま狸寝入りはらしくない
あれこれ縛るだけ縛るママ似の神サマなんて眉唾だから

流れる雲はキスしてる
フトンの綿をそっと窓から流したら
吹きつける風に乗って歌いだそう
空色のフレーズ奏でよう



次回『微かな赤』

202 :「微かな赤」:2009/10/03(土) 06:44:31 ID:nBeqaWrd
そして泣き虫の蓮子ちゃんは
腫れた目蓋に両手を当てて
今なおひっくひっくと
啜り泣いているというのに
まっ白い扉の向こうへ
無理やり連れて行かれてしまったのです

それを私はおとなしく見ていました
私は何ら束縛を受けておらず
また何も禁止されていなかったというのに
私は黙って彼らのなすがままにしてしまったのです
(もちろん彼女の泣き声は耳に届いていましたし
彼らの叱責するような鋭い言葉も聞こえていました)

今その光景を思い出しても
私には何が何だか分からないままです
私は独りここに残され
蓮子ちゃんは向こう側へ連れ去られた
そこにどんな理由があるのか
それまで同じように暮らしてきた
私たちの間にどれほどの違いがあったのか
今までに何度も考えてはみましたが
いまだその答えに辿りつけません

そもそも答えなんてあるのか
あったとしてそんなものは
私の髪がほんのり赤みがかっていて
蓮子ちゃんの髪はつややかな黒だった
というくらいの本当に瑣末なものだったのではないか
と最近はそう考えるようになっています
しかしそれもこれも今となっては
誰の知る由もないことです

ただ蓮子ちゃんのために今の私ができることとして
この生まれながらの赤毛をつれづれ恨むことだけです
本当にそれだけしかないのです

***

お次「空白の夢」

203 : ◆75PSbtSdd2 :2009/10/04(日) 03:00:02 ID:WySCO10m

「空白の夢」

乱れた文字列
書き殴っても書き殴っても
文字でさえなくなっても

疲れた感情
停止しないことの不可能な思考
無意識下で複雑化されるだけの
もとは単純な細胞たちの産物

「脳は、飽きる、ということを、知っている」

不快なものを吐き出す作業の連続に
不快さを覚え
次へ進むことを指令する

手の動きの
止まった場所に作られる
空白

カギ括弧で括られることのない白抜き
そこには 数学的時間的物理的生物学的生理的理性的精神的科学的 哲学的観念的概念的知的無知的束縛
の、
破片もありはしない

未だ埋められることのない
叶えられることを待つ夢を
夢などという文字に置換することはしないでおこう

それは望まれているのであり
望んでいるはずでもあるのだから
あとには
再びはじまる そのつづきがあることも
わかっているはずなのだから



次は、「穂」 で。



204 :ススキの穂:2009/10/05(月) 10:28:05 ID:3rcHGwOe
森ノ端のススキ原  大きな穂が白く開いた
痩せた狐が 尾っぽとくらべてため息ついた
痩せた狐は しっぽも痩せて 三角顔もやつれて見える

(コン)(コン)(コン) ちっさな声で
「このススキをもらって尾っぽにつけちゃあどんなもんだか」
「いやいや ばれるにきまっとる」

白いススキはふさふさと 風にそよいでふさふさと
痩せた狐はうろうろと 立ち去りがたくてうろうろと
一面のススキの広いはらっぱ ぐるぐる回る

ふと気が付けば、空には月が
白い光ににススキは白く 狐のしっぽもふわっと白く
ああ、なるほど一緒だね

ーーーーーーーーー次は「はし」


205 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/06(火) 05:53:06 ID:kHF/n+Gz

     「はし」

小雨に暮れて 彼女は泣いた
歌うことしか知らない烏たち
ハカナイなんて鏡越しのメッセージ
どこか誰かに似てるけど
その横顔を眺めてるだけ
誰かどこかへ連れていってと
ただ横顔を飾ってるだけ

もうクルシイなんてメッセージ
壊れたガラスを踏むことで伝えないで
歌を燃やすことでしか白くなれない烏
束の間の解放 夜と昼の回転ドア
どこへ座ろう 廃屋の映画館
青い目を光らせて烏たちが視つめるスクリーン
かすれた字幕だけが何かを伝えて・・・

その横顔は言葉を追う

その横顔は言葉を見上げる

その横顔は誰よりも美しい

その横顔は何よりも空白

その横顔は僕

その横顔はアナタ

その横顔は歌そのもの

その横顔は世界の片端にあり

その横顔は世界の肖像画



次回『女同士』

206 :女たち:2009/10/07(水) 08:38:16 ID:eZv4b2f0
アイボリーのガルバリウム鋼板を丸く曲げたファサード。 白亜の酸化チタンコーティングタイル
は光触媒の作用で10階建てのビルの外壁面積でポプラ60本分に匹敵する有害物質の分解
が行われるらしい。透水性のあるアスファルト舗装はピンクとグレーの市松模様を描き、街路樹
の下部には大きめにとったエコ舗装の緑がのぞく。合成樹脂コーティングされたハンディキャップ
チェアと手すりがデザイン的にここしかない位置にさりげなく右15度角度をつけてしつらえられた。
無愛想なコンクリートU字孔は厚手の光るグレーチングで覆われ、2ヶ月に一度は植え替えられて
いる花壇の今日の花はパンジー。循環水が流れる噴水。さりげなく、だが計算しつくされた照明計
画にしたがって、ソーラー照明灯のほのかな光が足元から街の輪郭を照らしだす。こよなく清潔で
虫ひとついない美しい夜。

「寒いね」
「バジルソースが食べたい」
「イタ飯なんて。。。」
「じゃあ何がいい?」
「ロハスって知ってる?」
「ああ、マンションの隣の奥方が引っ越していったよ。東北でロハスになるんだって。」
「サングラスかけて?」
「白いマフラーもしてね。」
「コート変えた?」
「気がついてくれたの? 嬉しい」
「ふうん よく似合ってる。」
「音がほしいわ。」
「レゲエ?」
「そう」
「踊れる?」
「踊ろ!」

ーーーーーーーーーーー
次は「点描」

207 :soft ◆soft/e/9Do :2009/10/07(水) 16:05:15 ID:IjYTEEbz
『点描』
「言ってしまえば、世界は全て点なのよ」
とおばさんは言った
「白い点、黒い点、黄色い点」
「みんな違ってみんないい」
「あんたボキャブラリー少ないでしょう?」
とおばさんにツッコミを入れられた

「いい事? 松本清張の小説名とか持ってくるんじゃないわよ」
「うん」
「点が全て繋がって線ができあがり、その線は各々交わり、終わりがない。
どういう事かわかって? そうして終わりのない線というのはヒネクレ者の発想を
放っておけば、結局は円へと終局するの。そして円が幾つも重なった時に
実在するそれがこの地球なの」
僕は表面、関心顔でうんうんとうなずていたが別の事を考えていた

点描とは遠くから見てこその絵画と僕は思う
美学を齧った人とか芸大に行ってた人とかは黙っててくれ
綺麗な点、汚い点、明るい点、暗い点
それは幾つも幾つも並べられる
そして遠目で見ると一つの陰影のついた色彩豊かな立派な絵画として
そこにデンと存在を誇示するわけだが、何てことはない
間近、目とキャンバスの距離を1cmにまで近づけてみろ
そこには決して隣とは重なり合う事を嫌い、四方八方にむき出しの敵意を放出する
小さな小さな卑しい個人が、無数にいるわけだ

関係ないけど、遠目の美人って本当にあてにならないよ


___
次のお題
「サナトリウム」


208 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/08(木) 08:26:50 ID:ilsiNn7N

「サナトリウム」

もうね、これだからね、センスがないね
話を聴くとね、まさかね、あのコースをね、あんなスピードでね
そりゃ燃えるよね、炎上するよね、灰にもなるよね
ブレーキがね、効かなかったのかと訊いたらね、効かなかったとキーキー声でね
なんだかね、もう疲れてね、彼女もグッタリふて寝してね
気付けば朝になっててね、なんだか朝陽なんか拝んじゃってね
この歳になるとね、そういう感情も湧いてきてね、生きてる事が有り難くてね
話を戻すとね、彼女なんだけどね、バーツと一緒にいなくなっててね
周りはちょっとした騒ぎになってね、軽く尋問されてね
ロシアの最新式とか言われてね、脛蹴飛ばされてね
何してたんだと訊かれてね、太陽拝んでましたと答えたらね
また脛蹴られてね、彼女はどこだと怒鳴るからね
軽く肩をすくめたらね、向こうも肩をすくめてね
そこでどうやらこいつは鏡らしいと気付いてね、手を挙げると彼も手を挙げてね
やっぱそうかと指鳴らすとね、すかさず眉間殴られてね
さすがロシアの最新式だと感心してね、しばらく床で身悶えしてね
そうこうしてる内に冬になってね、ここの冬は過ごしやすくてね
もうしばらくこっちで療養しようかと思います

P.S.
母さんがね、帰ってきたらね、もう怒ってないと伝えてね
あとクスリ代が高くてね、預金全部送金してね


微笑みの国の父より 



次回『瓶の一粒』

209 :名前はいらない:2009/10/10(土) 00:06:23 ID:kz3wbAkN
瓶の一粒

ただ一粒の砂が残って
揺られ微かに奏でられた
空っぽの瓶に響く夏
あの日の熱と
汗も涙も
土へと帰り
ようやく刻まれた思い出に
遠い日の球児は微笑む

次「解毒剤」

210 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/10/11(日) 23:35:05 ID:AlRyFnR5
「解毒剤」

翌朝の出先を思えば
しくしくと腹が痛む
一寸先の闇に踏み込む
慌てものの神経は
いくら落ち着けと唱えても
止めてくれない


次は「ルチャ・リブレ」でお願いします

211 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/12(月) 14:19:50 ID:nzhHaQ99
「ルチャ・リブレ」


へっくしゅんっ!!!

頭が痛い頭が可笑しい頭はネジを探してる
悪寒がする御尻がかゆい御尻が御尻がむずかゆぃ
つるつるしてる、ひどくむらむらする、かーちゃん酒くれ
私は私は私の私の分からない私
胃が胃が胃の胃のイガイガする胃
助けてのたうつあの子を!
意地汚い地蔵を!
屠れ

へっくしゅんっ!!!

バツイチなんです
カツカツなんです
ランボルギーニなんどす
スクラマサクスて十回言ってみ?
言ったら今度は逆から言ってみ?
欧州の武器なんです
太古のナイフなんです
切れ味悪い回文なん

ぶぇっっくしゅんっ!!!

ルチャリブレと
僕らはあと何度叫んだら
ムチャブリと聞こえるんだろう?
ルチャリブレと
あと何度冬の空へ叫んだら・・・

へっくしっ

頭の外に自分がいる
琥珀 黄色い窓
レンジの中の蠍
機械に挟まる蛇
朝靄を刷く蜘蛛
すべてに意味があり、すべての意志が象る
コハク 黄色い月
心の中に自由がある
自由な影が空を舞う

僕らはあと何度失えば
あと何度東の空を見上げたら
琥珀 朝焼けの窓



次回『消えたオルゴール』

212 :名前はいらない:2009/10/12(月) 15:02:11 ID:D7HBr4Fb
『消えたオルゴール』

何も聴こえない
何も聴かせてくれない
僕の耳が少し難聴になったからなのか
思春期にピアノからギターに変わる
ギターを鳴らしていた
アンプにヘッドホン直で
閉ざされた行き場のない
押し寄せる音圧で
難聴の治し方教えてよ
壊れかけの耳

次回『沖縄名産ちんすこう』

213 :『沖縄名産ちんすこう』 :2009/10/12(月) 16:41:55 ID:SP3E+lEX
あんた、うれしいね あたしにかい?
沖縄いったんかい?暑かったろうまだ。泳いできたかい?
ああ、まずは一個 おとっちゃんに上げさせてもらうよ
おとっちゃんも好きだったよ甘いもんがさ、
お茶淹れるからちょっと座ってきなよ
あ、自分で淹れるからいいって?じゃああたしのも頼むよ
ほんとにね、うれしいね あたしにかい
ふふ、何年ぶりだろうね この薄紫の
むらさきいもって、直に食べるとあんまりうまくないんだよね
お菓子にすると旨いってのが不思議だよねえ
あ、新茶だね
いいお茶ってなあ ちょっとぬるめの湯でゆっくりださないとねえ、
茶碗に汲替えてさ
そういや、いぎりすの紅茶もできるだけ高いところから湯をそそぐんだってね
空気をお茶に入れ込むんだと
そんな派手なことはしなくたって、そうやって湯をそそぎかえるだけでも十分だよねえ
ほらお飲みよ、で、元気にやってるかい
ああ、かしこまったことはいいよ、みんな息災ならさ
そうだよね、健康が一番さね
あたしかい?見ての通りさね
人様の手は借りないですんでるからまあまあってとこかね
うれしいねえ。こんな仏壇にはいっちまってっと、ろくろく家族の顔も見れやしないんだよ。

--------------

次は「大風」


214 :名前はいらない:2009/10/12(月) 19:55:48 ID:PcI4eokH
大風


樹木の音
騒がしい
皆が
樹木となって
柳たち
大木を藁っていた時間
一瞬
ハリケーンまがいの
渦風
巻き込み

今回は大木折れず
柳たち
渦の形
横倒れ

風にもいろいろ在ります
一概に
言えません


(電波香具師などというバイトは辞めてほしい)

で、すみませんがお願いします




215 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/10/13(火) 01:24:24 ID:6MMuxFFs
(電波香具師などというバイトは辞めてほしい)

夕刊を取りに表へ出ると
狐の親子が別れの挨拶を交わしていた

のどかな日曜日の午後
何となく疲れ始めていた考え事の最中で
狐の毛並みをただぼんやり眺めると
郵便受けを確かめもせず家に戻った

テレビを点けて
食べ歩きする番組を見ていると
夕刊を取り忘れていたことを思い出し
表へ出ると子狐がこちらを睨んでいた

――あなたは何も考えていない

子狐の声は震えていた
人違いではないですかと言うと
宙返りをしてドロンと五、六人のちんどん屋を出してきた

ちんどん屋は一所懸命演奏を始めた
子狐もラッパを持って吹き鳴らしている
ガラガラと近所中の家の窓が開き
明かりのない部屋の中から視線を浴びせた

(そうか自分はちんどん屋だったのだ)

口を開くとお囃子や口上がすらすらと出た
ちんどん屋の仲間の一人が色紙の紙吹雪をぱっぱと撒いた

口演に熱が入って額に汗をかいた
子狐はラッパを吹きながら
地団太踏んで悔しそうにした



次は「シンメトリー」でお願いします

216 :名前はいらない:2009/10/13(火) 13:16:35 ID:uBemlsij
シンメトリー

対称性(たいしょうせい)、又はシンメトリー(Symmetry)とは、ある変換に関して不変である性質のことを言う。
http://niwango.jp/mobile/search/niwango_wiki.php?f=hbv99b&q=%83V%83%93%83%81%83g%83%8A%81%5B

ネットで
HPやサイト
移動しながら
ハンネで整形
違う人となる

整形した
僕は左右対象
微塵も変わり無き
絵画の洋式で
以前のサブカル
スタイルなど
全く感じさせない

左右対象
狂いは無い
新しいハンネ
新たな整形ハンネ
いつしか
その左右対象の整形は崩れてしまう
ので

又新たな
左右対象完璧な整形
今度流行りのハンネで
左右対象
微塵も崩れてません
HPの入口で
更新日付

数年後..また
新たな
左右対象 整形ハンネで
...

次は『モナリザ』でお願い致します。



217 :名前はいらない:2009/10/13(火) 20:24:15 ID:opW3zO/f
モナリザ


あなたは、あなたなのですね

なんと好奇心旺盛な

あなたに託そう、と思ったのですね

未来を見続けること

空を飛ぶこと

伝えること


時の人々と対面しつづるあなたの表情は

とても豊かです

わたしたちが居なくなった後も

きっとずっと

---
次は『落ち葉みち』でお願い致します。

218 :名前はいらない:2009/10/13(火) 22:11:16 ID:uBemlsij

『落ち葉みち』


若葉の季節
枯れたいと
想った

枯れ葉季節
蘇らせたいと
願った

この道はその途

次は『蘇り』でお願い致します。



219 :soft ◆soft/e/9Do :2009/10/15(木) 17:53:28 ID:Hm2045Gb
『蘇るは最高の名レース』
「蘇る」というワードを見てねえ
これはねえ、色々頭の中をこねくりまわして
ふと浮かんだ言葉を手の甲だとかにさっとメモしたりしてだな
じっくりじっくりコトコト煮込んで二日くらい置いてから蓋を開けてみると
大分、良い具合のポッエームができあがりそうな気配がするわけだ
それはプロアマ問わず、このワードを見た詩人の宿命という奴なのだ
しかしだ、僕はこれは置いていく事にした
だって面倒くさいからね
きっとみんな考えているんだろうね、もう木曜の夕方だよ
考え過ぎじゃないかな
というわけで

中山暮れの芝2500m
出走馬 テンポイント トウショウボーイ グリーングラス ハイセイコーも入れとこう
そしてオグリキャップ シンボリルドルフ トウカイテイオー グラスワンダーを邪魔するようにスペシャルウィーク
テイエムオペラオーを邪魔するようにメイショウドトウ フランスから帰ってきたエルコンドルパサーも参加
シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、屋根は勿論外人騎手です 
さあ、お気づきじゃなかろうか
一頭足りないよ
あいつがいなきゃ、あいつがいなきゃ
宝塚記念だけじゃ物足りないんだ
華の世代無関係ハイパー有馬記念
そのハナを1000m57秒を超える化け物に蘇ってもらおうじゃないか

 サ イ レ ン ス ス ズ カ 

そしてそれを鮮やかに1ハロンで抜き去る武幸四郎騎乗のブロードアピール

笑いが止まらないね、オレハマッテルゼ落馬
___
次のお題
「腰痛」

220 :名前はいらない:2009/10/15(木) 21:29:17 ID:WJG33OaF

腰痛

頭痛 歯通と
どちらがイカシてる?と
猿バトーレが
耳塞いだ
次にめを塞ぎ
口を塞ぐ
肩凝りと
腰痛
どちらが...
何でも質問すれば好いってて訳じゃねえ
尋ねちゃ
なんねえ事だって
ある
何とでもあらゆる比喩により
勝手に解釈して
くれ
囲碁好き囲碁依存症
万年事務職
未来
その痛みと
出会うであろう
坂道 歩み
筋肉つけなさい
そう
人生
たまに坂道の上の空

眺めながら
腰痛防止にと
筋肉つけなければ
その未来
腰痛かな

次は「比喩」



221 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/16(金) 21:29:39 ID:ltEF9RFY

「比喩」

喩えてナンボの詩の世界
オナラを喩えて愛の歌
ゲップを喩えりゃ虚無の詩か

たとえ自分をたとえれなくって、たとえ世界をたたえれなくとも

大空にオムスビのような雲があり
海辺で梅干しが渋々と光ってる
遠くいくつものオカカがフワフワと舞い飛んで
町は明太子風味に染まる
僕は小さな瞳いっぱいに、それらを愛しいと頬張るんだ

たとえ未来をたとえれなくても、ひゅるると夜空に上がる花火の軌跡をたどればいい



次回『なんかしらんが、ぐーすか』

222 :いとうまい棒:2009/10/16(金) 21:49:39 ID:lo116hxC
「安らかな眠り」

何か知らねども
我、ぐーすかと高いびき
与えらるるもの
そは、全てこの眠り
ぐーすかと
ただ、いびきを奏でる我ここにあり

223 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/10/16(金) 22:09:14 ID:dM0NX9WG
>>222
つぎのお題は?

もしかして寝ちゃったとか?
寝オチかよ♪


224 :名前はいらない:2009/10/16(金) 23:27:51 ID:TuQHfqLH
次は『再生』



225 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/10/17(土) 00:46:52 ID:QsSVMV6V
『再生』

i-podからやさしく炸裂する音の滴
リバースプレイで無数にはじけるウォーター・クラウン



次ぎのお題"発育遅延"

226 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/10/17(土) 02:38:41 ID:NZlwgsz6
"発育遅延"

揺れる紙コップ
底から色水を湧き出して
とめどなく髪に注ぎ続ける
髪は卵に被さっていて
卵は窪みに安置されている
窪みは胴部に癒着していて
両腕と両足を振り回している
髪から滴る色水の束が
見る見る着衣を汚していく

振り払うようにぶんぶんと両腕を振る

両足は地団太を踏んでいる

やがて間接部が耐久性を失うと
人形は倒れ
頭部に据えた卵から
色水の中に潰れた卵黄を吐き出した



次は「けんけん」でお願いします

227 :けんけん:2009/10/17(土) 05:47:04 ID:31QhOpz9

「左足を使ったら負け」

と神様に言われた日からけんけんで歩いてる

杖はない

ーーーーーーーーー
次は「カシミアのセーター」

228 :名前はいらない:2009/10/17(土) 08:33:12 ID:5o7uewLE

カシミアのセーター


春には
忘れては
また
その話しする
幾つも
季節巡り過ぎて
また
その季節
一着持っている
小さな穴
あいた
その話し避けて
それ着て
逢いに行こうかと
想ったりした
ずっと昔となる

次は(手入れ不足)



229 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/10/17(土) 11:42:40 ID:FNfpL13P
「イン・モーニング」

ヨコからならセーフ。
正面真ん中から、パンティの布を突き通して
はみ出してるのは、アウト。

朝、目覚めて。
君が寝ている間に。


次は「抜け道」

230 :名前はいらない:2009/10/17(土) 22:11:45 ID:PTNPeTjf
抜け道

今日を振り切り逃げ出したい
明日が良いという保障は無いが
今すぐどこか別の地で呼吸がしたい
妄想の抜け道は芳しくて
現実に命を置いていることを
忘れてしまう
目を閉じて描かれた美しい日常に
私は何度も涙する

次「指先の奏で」

231 :名前はいらない:2009/10/17(土) 23:59:20 ID:5o7uewLE

「指先の奏で」




砂さえ
君の手にかかれば
♭な波音
凪がれて


次の季節
哀しみ線上の♭を

跳ね
小鳥の囀りへ


濁酒一杯で
ノクターン
弾く
君たち


その指先
♭を詩う季節と
すれ違い




次は
〈優等生病と幸福病〉



232 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/10/18(日) 01:34:45 ID:8h6Ianoc
〈優等生病と幸福病〉

直角と丸

組み合わせて分度器

「幸福を僕らは角度で測ります」

「マイナスは存在しません」



次は「湖」でお願いします

233 :名前はいらない:2009/10/18(日) 01:45:55 ID:+5Z6uzfs





底は深いという
だから
美しいのだと
レトロな絵画チックな感傷
底から
手招きする詩想
湖だから
美しいから
その手へ
長い髪
預けて
引きずり落とされて
もがき
苦しむ
美しい湖

白鳥のおばさんたちが
もう
危ない奴ねと
噂しても
尚且つ

美しい
魅惑の湖
底無し程




234 :名前はいらない:2009/10/18(日) 01:47:37 ID:+5Z6uzfs
次は
オアシス

235 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/10/20(火) 00:58:06 ID:krXcviw2
オアシス

ラピュタの欠片が触覚に降り
耳をそばだてる
小さく積もる期待に舌を湿らせ
ドリーマーっぽくふらふらと徘徊する
「シータはどこだ」などと言いながら



次は「コイン」でお願いします

236 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/20(火) 02:47:30 ID:yRdxFz8B

【コイン】

緑のスピーカーから魚が飛び出して
夏だね、って麦ワラ被って向日葵をチョン切る理髪師
まるでバリカンで剃ったような青空

焚き火と美人は不釣り合いでさ
しかたなく焼き芋は用務員のオバチャンにあげた
オバチャンは実はラッコ顔の宇宙人でさ、真っ赤な貝殻のコインなんかお礼にくれた
けど使い道がないからさ、占いに使う事にした

コインを投げようとしたら、滑って転んで下駄が飛んで裏だった
見ないふりして横みたら、開いた雑誌が落ちてて乙女座は凶だった
目を塞いで蹲ったら、隣家のテレビからB型は死ねと漏れ聞こえた
うんざりして泳ぎに行ったら、プールサイドに赤いコインが落ちてた
裏か表か分からない宇宙のコイン
したたる汗に銀河が宿る

横を向くとホタテみたいな宇宙船があった
どっちでもいいやん、とラッコが平泳ぎしてた


次回『みさかいもなく、春』

237 :いとうまい棒:2009/10/20(火) 22:52:30 ID:O2WY22w/
「コイン」

表か裏か
表か裏か
知りたくないの
今はまだ

表か裏か
表か裏か
回っていてね
もう少し



お次は、「筆」で

238 :名前はいらない:2009/10/21(水) 23:14:02 ID:lR19R31d
みさかいもなく、春

理想が紅葉して
雪に埋もれぬままに
春を迎える思想
周囲の罵倒も抑止も
閉ざされた世界
描いた私の記憶に
冬の温度は無い

次は>237の「筆」で

239 :いとうまい棒:2009/10/21(水) 23:26:13 ID:KWr2Gkwr
しまった。ごめんなさい。>>236の詩の中にNGワードがあってレスが飛んでいました。

240 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/22(木) 17:59:52 ID:5I/086my

      筆

神は休むことを知らない
神は過ぎることしか知らない
神は頭にローションの詰まったクラゲのように
チュバチュバ時の先端を舐めるモザイク野郎さ

神は林檎の木を知らない
神は知恵の実なんて信じない
ただどこかの男女がぬるい銭湯から葉っぱ一枚で追放されたと
点字のニュースペーパーで知り、笑った

神は鯨を鑑賞しない
神は牛も豚も食わない
神は滅菌されたレッテルを貼らない
常に全てが等しく緩慢に腐ってほしいと祈るだけ

神はプロではない
神はアマでもない
神になるのに資格はいらない
あらゆるガラクタに署名する暴力と血があればいい

神はなぜ無口なのか
神はなぜ風刺を好むのか
神はなぜピタリと欠落をはめ込むのか
神はどんな罪深い春画を描いているのか

このパズルに終わりは聞こえない
このパズルに端っこは意味ない
このパズルに空白はいらない
このパズルに神の居場所はないが、あんたはどうだろ?

(おれが思うに奴の才能はとっくに枯れ、筆の代わりにバイブを振るわしてるのさ…)

神ってのは結局親戚中たらい廻しにされ、大人達にイタズラされた孤児みたいなもんだと
棚の古めかしい性書にも書いてあったぜ



次回『つるつるの風』

241 :いとうまい棒:2009/10/22(木) 21:00:02 ID:qFXD5tY5
「つるつるの風」

気づかぬうちに
わたしは埃をまとって歩いている
そんなとき
風がやってくる
つるつると
わたしを撫でる風
気持ちのいい風


お次は、「古本」で





242 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/24(土) 04:29:20 ID:GTvEQ3mF

「古本」

なんども開いて
なんども閉じて
なんども息漏らし
なんども涙した

懐かしい匂い
手垢の黒ずみ
誰かが引いた赤線と
よれた栞

このまま
時が止まれば
いいのに

終わりもなく
始まりも忘れて
そのまま

承転の結ばない
ストーリーのよう



次回『不思議な陰影』

243 :名前はいらない:2009/10/24(土) 21:20:22 ID:pgZzZwGA
「夏の影」

おかしいね
あなたみたいだ
むらさきの虚構
のびたり
ちぢんだり
もっと
あいされたかった


次の方「電話」

244 :名前はいらない:2009/10/24(土) 23:13:33 ID:7IR0h/Al

電話

水底からの回線は
泡のぽこ
ぽこ音となって
よく
聞こえなくて

アイ きゃんと すぴーく
ぽえーむ
みたいな
発声時折でなくも
五感へ
届いて
気が短い人魚らは
ハサミでその回線を切るという
オリハルコーンな世界

砂漠では
バベルの塔の階段を登る詩人が
そこから
もしもし
今 寿司食べたいから
創っておいてと
食べるからと

だけど僕は君のこと知らない
創っても来て食べて貰った気配無く
美味しかった
と電話貰い

(次タイトルは→亀)



245 :いとうまい棒:2009/10/24(土) 23:44:12 ID:5ziqtTjK
「干す」

からりと晴れたいい天気
わたしは家の布団干し
お池の亀は甲羅干し



お次は、「茶」で









246 :名前はいらない:2009/10/24(土) 23:58:45 ID:7IR0h/Al



柱が立たないから不幸ですとのblog
イメージに振り回されている人間たち

その一人の僕

(次は未来でお願いします)



247 :名前はいらない:2009/10/25(日) 00:50:59 ID:bc4bYsDG

「未来」

目の前の荒野は
私が進む為にだけ在る





次回『水玉模様』

248 :名前はいらない:2009/10/25(日) 01:33:46 ID:AsL9sVcT

水玉模様


そんな空気
ミシン好きのスケバン
水玉ワンピース
何創る
水玉な世界で

(次は、創作)



249 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/10/26(月) 04:06:30 ID:GDJY2hIp
「創作」

ネットで見つけたレシピの料理に
マヨネーズを掛ける



次は「胃袋」でお願いします

250 :名前はいらない:2009/10/26(月) 15:46:13 ID:8Y5MmQJ2

「胃袋」

頭にあるエイリアン
頭お腹が空いたら
何たべる

聞くかい読むかい見るかい

聴くかい詠むかい観るかい
そのうち脳となり地球で

次は(ブルーホライズン青い地平線)



251 :名前はいらない:2009/10/27(火) 00:59:04 ID:MMhO1hw+
■あおい地平線

燦々とのしかかる静かなたたずまい
いつも逃れてゆく薄皮の距離を

あいだを往かねばと重ねるが
はてしなく遠い ただ遠い はてしなく はてしなく遠いのだ

そして私は眠りを区切りとし
挑むのだ



「やん」

252 :名前はいらない:2009/10/27(火) 02:45:06 ID:8cxjpkdd
『やん』

「やん、触らないで」
熱い吐息と嘘を吐くと、その人の熱っぽい瞳に私が映る
こころに溜まった愛情が揺れて一滴、ハートの縁を滑り落ちた
気持ちいいかしら、あの子より
気持ちいいかしら。
滑り落ちた滴が、頬を流れる

もっと触れて
噛みつくみたいに
私を惨めにしないでちょうだい



次、『海底に潜む』でお願いします。

253 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/27(火) 07:31:11 ID:1xWPHye7
【海底に潜む】

地図にはない道の喫茶店にはアヒルの親子の看板がかかっていて
朝の早いうちから開店し、夕暮れいっぱいまでやっているそうな。
椅子は全部で12脚。テーブルはないらしく、壁には一面様々な色彩の絵が飾ってある。
客はといえばたまにはぐれた人影がやってきては、しばし座席で
ボゥっとするぐらいで、メニューはいつだって埃を被ってる。
ツツムラさんはそんな喫茶店の気のいいマスターで、愛猫のビニールと一緒に
少ない客をいつも日溜まりの席で待っている。

ある雨上がりの朝、少女の影がやってきて、珍しく「ミルクティーください」と注文してきたそうな。
ツツムラさんは慌てて席から立ち上がると湯を沸かしはじめたが
あいにく火の精は大半が出払っていて、水たちを怒らせるには声量が足りなかったらしい。
困り果ててツツムラさんが立派なモミアゲを撫でてると、
ビニールが『代わりにあれをあげよう』と言ってきた。
あれとは、あれかい?とツツムラさんは暫し難しい顔で思案してたが、
少女の影がユルユル渦巻きだしたのに気づいて、意を決したそうだ。
ツツムラさんが猫の形を解いたビニール袋を被って、壁の左端の真っ黒い絵に飛び込んだ、その刹那
ツツムラさんの体は冷たい水に包まれ、無色の静寂に沈みこんでいったらしい。

254 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/27(火) 07:32:29 ID:1xWPHye7

闇を掻いて掻いて底へ底へと泳いでゆくと、ゆっくりゆっくりと
巨大なビル群と薄暗いネオンが見えはじめ
赤い尖塔の傍の、無人の十字路脇に、独り少女が佇んでいたそうな。
『いたよ』ビニールが指差す先にツツムラさんはユラリユラリ降りていき
その少女の傍の葉のない樹にフワリと掴まった。
少女は一心不乱に小さな機械を覗き込み、首を傾げ
脚を絡ませては細い指を動かしていたそうだ。
やあ、とツツムラさんが声をかけると少女は怒ったように目を上げて
やっと来たのね、と唇を歪ませて硬く笑った。
ツツムラさんは、私はベルべリ(*新月の守護天使)じゃあないと哀しげに首を振り
一緒に行こうと、少女の腕を取り上を指差したそうな。
けれど少女は薄く頬笑むと、また機械の小っぽけな画面に没頭しだした。
すると突然巨大な海流がツツムラさんを押し包み、少女は闇に流され見えなくなったそうな。

『またダメだったね』
水びたしの喫茶店で、そう猫のビニールが言うと
そうでもないさ、とツツムラさんはいたずらっぽい笑顔をして
ポケットからあの少女の携帯を取り出すと、窓際の椅子のか細い影に手渡した。
少女の影は「これで帰れる」と嬉しそうに呟くと、
小さく頭を下げ、フッと消えたそうな。
外ではいつも通り夕焼け空に、アヒルの親子の影が遊んでいたらしい。


次回『漂泊機械ノ告白』

255 :雑草 ◆je5cNlouiI :2009/10/27(火) 11:31:35 ID:hz9HGE7Z
「漂白機械ノ告白」

私は今までにたくさんのものを白く染めてきました。
私の寿命もそんなに長くはない予感がするので告白しますが、
私はいつも夜になると気が狂ったような気分になるのです。
夜を漂白したい。
白い夜、何て美しいのだろう、私が染めてあげたい。
黒い美しき夜をおしろいをはたいたように白く染め上げたい。


次回「気い狂て」

256 :名前はいらない:2009/10/27(火) 12:39:42 ID:F5XB6CBR

地球は水色
いつまでも
水色
あのこはいつまでも
小さな少女
雨答え
出さず
晴れた空の水色に
ペン先の剣
その水色
別の色
へと
変える


次は「夜汽車」



257 :名前はいらない:2009/10/27(火) 13:31:53 ID:MMhO1hw+
■夜汽車

よぎしゃを跨いで一息
よぎしゃは堪らん
よぎしゃは頬突く

よぎしゃを背にして一服
よぎしゃは堪える
よぎしゃの包含

よぎしゃよぎしゃを迎え
よぎしゃ安寧す
よぎしゃは



「 とまトマト」

258 :名前はいらない:2009/10/27(火) 14:25:14 ID:F5XB6CBR

かまとと創作は
最悪だと言われ
人肌ぬいだ創作者への非難 とまと見て思い出し八つ当たり



次は「金襴緞子」でお願いいたします



259 :名前はいらない:2009/10/27(火) 22:24:31 ID:MMhO1hw+
■金襴緞子

アタシ
あなたと
一緒ヨ

鈍イロの
マナコに
魅セラレル
ワケナイじゃん

襟足ガほつれリャ
カエはアルサ
カタカナばかリノ
アトアジのシタで
アキラレルマデ
ナグサメヲ

ツヅケりゃ甲斐ショウ
ソレもマタくらし くらし
アナタ
わたしト
一緒だからサ



「くるー」

260 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/28(水) 05:44:06 ID:RwP7/WDV

   くるー★


みなみの空の貝と砂

うちわの下の瓶と本

からから夜市 から夜市

まかろにサラダを舐めはって

ウツボに恋慕 横恋慕 

ハイカラ自由をあしらって

からから便利 から便利

ゆく年来る年 なんにもない

繰る年くる年 なんでもいい

うさぎを隠した地図とパン

きってを貼った蝉と盆

からから千里 また千里

ゆく道来る道 とんでもない

狂道くる道 とんねるぞーん

からからかんかん からかんかん

たいくつ削って餅を打てぃ



次回『ロシアンナイト』

261 :名前はいらない:2009/10/28(水) 09:27:56 ID:rUxZ4FlQ

ロシアン ナイト


ロシア文学の内容が他人事 他国話しではないと
ロシアナイトな白昼

(次は北欧の雨)



262 :名前はいらない:2009/10/28(水) 13:23:50 ID:6ektp7ml

北欧の雨


ざらつく手の感触
これは雨か それとも

目の前の明かりをただ見つめる
君が笑いながら
包みを開けている場所は
この間まで僕がいた場所

どうか願いが叶うなら
あの温もりを もう一度だけ



次→小さな姫

263 :名前はいらない:2009/10/28(水) 19:57:29 ID:rUxZ4FlQ

小さな姫


姫は罪を知ります
1番目の王子は姫をレイプしたした

二番目の王子は
姫を実験台にしました

三番目の王子は
姫へDVを

四番目の王子は姫を買女呼ばわり街へ

五番目の王子は
姫よりメンタル患った
恐い事を言う

姫もそのうち
恐い事を云うようになり


牢獄、牢屋、裁判、警視庁へ
連れて行く姫


姫は幼少の頃 暴行受けました


次は「事実」でお願いします



264 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/29(木) 07:51:03 ID:wg3D+n88

     事実


遅刻しあって引き合って食パン齧ってぶつかって

重なりあって触れ合って見つめあって繋がって

星を見合って語らって沈黙しあって包まって

探険しあって探り合ってよじり登って堕ちあって

計画しあって貯め合って飾り合って寄り添って

育みあって家買ってくたびれあって時売って

傷つけあって繕って期待しあって疑って

幻滅しあって歳とって子供が巣立って皺くって

諦めあって冷めきって独り眠って旅立って



次回『ラーメンに捧げるバラード』

265 :名前はいらない:2009/10/29(木) 21:43:03 ID:IEp1TDbo

『ラーメンに捧げるバラード』

ラーメンは孤独が旨味
それなのに
あの季節
星空の下
大勢と食べてしまった
ずるると
音たてて
あの季節の星空は
ラーメンの匂いと音がした


次は『懐中時計』



266 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/30(金) 09:09:13 ID:bWfQZ672

「懐中時計」


6時黎明に空が燃える

真っ白い空が

こちらを見て微笑む

地獄ってのは

あちらとこちらを繋ぐ中間点

そのジグザグな境界線上に埋まってるもんさ

撃ち抜いたのさ

広く腹黒くかっこ悪く

梅雨に打ち砕かれたんだ

これがなにか

答えはいつか

そんなことは知らない

ただ胸に脈打ち

刻む

それだけ

それだけ



次回『濡れた廊下』

267 :名前はいらない:2009/10/30(金) 21:29:36 ID:iWZlGhaq


『濡れた廊下』

とにかく滑るんだ
水こぼせば
だからイジメっこ来る前に水巻けよ
その廊へ

その廊は何処の世界の廊かい

大事業か
あの時代の遊郭か

どちらにしろ
水浸しだと
何かが滑る

その練習かい?


ニュースに出てるね

次は『連鎖』



268 :名前はいらない:2009/10/30(金) 21:34:08 ID:hB2weoQq
■濡れた廊下

降りる 下る 転がる 路を
重ねる 足許は 不確実な 感触を
返し 手探り足探りを 否応なくされる

右腕に覚える温度が 左腕を確かにし
膝小僧が染み入るは 下っ腹を締め付ける

往くことも 復すことも 等しくなった 此処では
確かめる事自体に距離を焼き付けられる

状況をただうつ伏せの面が支配し



重複失礼「連鎖」

269 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/10/31(土) 11:53:30 ID:g2yh04B/

【連鎖】

ずっと飼っていた安物インコ
クチバシの青いインコ
虎の目をしたインコ
砂色のインコ
喋りだす
突然
「ナマステ」
「トマラナイヨ」
「ソーセージクレ」
「カギッコトヨンデヤ」
「ピルノンデフトリマシタ」
「オレセカイキライ」
「ドードーメグリ」
「トマラナイヨ」
「チャオ」
俄然
喋りだす
コタツの猫
庭駆け回る犬
食卓の上の焼き魚
雑誌の写真の人気芸人まで
「ニヤニヤスンニャ」
「オンリ〜ワン♪」
「ニテモヨシ」
「トゥス!」
騒然



次回『赤砂』

270 :名前はいらない:2009/10/31(土) 18:19:32 ID:laPMgm2X

『赤砂』

三温糖を魅惑へ変える
魔法の転換
そんな詩想
持つ人たちだった
そんな人たちは

三温糖は
心 詩想 思想へ
エネジーへと変えられて
伝えられた

次は『ソロモン』



271 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/01(日) 13:27:04 ID:oARahmaQ

    †ソロモン†

なんだっていうんだ
ポラロイドカメラっていうんだ
カラシニコフともいうんだ
それは、
全能の力っていうのさ

彼は写す者で(彼は撃つ者さ)

彼は光を投射する(火薬臭い聖人さ)

なんだって識ってるんだ
あいつらは死に損ないの、スープに浮かぶ蝿のような
お粗末な味付けしかできない碧眼の従者で
まともに死ぬことも、遺書をゲロることすら
細部に埋もれ腐るんだ
それは、
不能者の美徳ってやつさ

彼は詩う者だ(彼は撃たれる者さ)

彼は光を姦通する(言葉のアニマルさ)

それは、
救われることもない、一編の詩とナイフの玉座
彼は、
立ち上がれないまま枷にはめられた
(偉大な懊悩さ)



次回『炎は時を呼んで』

272 :名前はいらない:2009/11/02(月) 02:56:38 ID:opWAKACK
『炎は時を呼んで』

僕たちのサバンナ
君たちのオアシス
煙突は生臭い魚の匂い
ピクニック行けなくて ごめんなさい

暖炉の非道な炎は
しらじらしくも 劣化した時を呼んで
指をくわえて待つ夜

切り裂かれて
いく



無口な額で雄弁さをアピールした



見て、このコモドアオオトカゲ
見て
土が割れて くるくる元に戻っていく
ザリガニやエビや貝の
ために
お城を作ろう 砂のお城
たっぷり味見してから
牛乳は一気飲み

君の肩口から
あたたかい蜃気楼
急に投影する
あざやかな幻
残酷で衝動的で
代替不可能
汗ばむ
炎を幻視してしまった
破裂 爆発
ここは灼熱地獄
ホテルの一室
ドアが壊れている



次は『殺伐』

273 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/02(月) 14:32:49 ID:WUlvxFnY

殺伐


白い風景には
ふかしたイモがよく似合う
ナイアガラの滝には
たまにゾンビ映画が映される
まるで流し素麺
鼻から吐き出すゾウさん

ココロが虚ろなのは気のせいだけど
ぶつかった後にすみませんと
伝えれないのは誰のせい?
月にかぐやが帰るのも
いたしかたなしの
この世界

すっぱい煮汁を飲んだのは
きっとずっと何かを戻したいから
でも誰も彼も赤裸々には
吐きたくはないから…

ココロが浅ましいのは本音だけど
背中合わせに氏ねばいいと
笑いあうのは誰のこと?
月のかぐやが戻ってこないのも
いたしかたなしの
この時代



次回『ぷっつんガール』

274 :名前はいらない:2009/11/03(火) 04:08:02 ID:0iNR0gZ5
『ぷっつんガール』

シャバがこんなに良い場所なんて
知らなかった 知ろうとしなかった
あたし、ぷっつんガール
おてんば、じゃじゃ馬、おまけに よこしま

盗れるものは盗っちゃおうじゃないかと
むかつくやつは突き飛ばしちゃおうじゃないかと
思ってた あたし、ぷっつんガール
血液型は O型ですが?

あれもしたい、これもしたい
外の空気を深呼吸 こんなに気持ちいい
ずっと待っててくれたあんたに会いに行こう七年の歳月を埋め合わせるために骨きしむくらいきつく抱きしめてもらおう
長い拘束から解き放たれて
自由になったあたし ぷっつんガール
あんたの胸に全速力で飛び込んでいく弾丸みたいなあたしをちゃんと、受け止めて。



次は『たくあん』

275 :名前はいらない:2009/11/03(火) 08:50:00 ID:p6WgmBZe
「たくあん」
膳にきいろき輝き
皿の上
半月でならぶもの
空へひとつ
かぶりつき三日月
腹に満ちる


お次は「ステータス」で

276 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/03(火) 10:39:19 ID:u+STSjZ2

ステータス

真ん中から割ったらステータス出てきた
黄色い紐ひっぱったらステータス三枚付いてきた
郊外でステータス暴れてる
便器にステータスこびりついてる
子供はステータス恐れない
爺さんステータスに飲み込まれた
砂漠にステータス探しにやってくる教授
脇でピラミッドばかりみてる助教授
ステータスまたDVしてる
妻はステータスにKOされ失明
ステータス最強伝説!
みのわまんステータス恐れない



次回『女優』

277 :ハイエイ ◆V0x0OXEVDo :2009/11/03(火) 11:36:12 ID:hf4SbWmb
体内に渦巻く負の感情
憎悪、怒り、恐れ、悲しみが
張り裂けんばかりに膨れ上がる

それらを完璧に制圧し
殺意を消した瞳でまっすぐに見つめ
艶やかに微笑む

ごきげんよう
小さくつぶやきながら手に猛毒の針

座ったまま眠るように逝くソレを後に、立ち去る
優美にゆっくりと

次回『恋人』

278 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/03(火) 13:05:41 ID:u+STSjZ2

「恋人」

夢中を鞭打って宇宙まで翔べば
フワフワプカプカ無重力
恋の話をしましょうか?

あたしはキライだって
僕はスキだなって
美術館で眺めるピカソ

あんたはズルいって
君はセコいなって
ラーメン屋で語る将来

僕らは色んな世界に通じる電車に乗っては
幾つもの夜をただ窓際に座り眺めてた
空を見上げては一つ星探し、暗い窓に自分だけ映してた
あの長い長い警笛の中、対向し合いすれ違う窓の中、その一瞬に
僕らは繋がり、空に新しい星座を描いたんだ

あたしはそんなあんたがスキだって
僕はそうじゃない君もスキだなって
カラオケで競い合うラヴソング



次回『書いてて虚しい』

279 :名前はいらない:2009/11/03(火) 14:37:43 ID:0iNR0gZ5
『書いてて虚しい』

前の人からお題をもらって詩を書く これが3回目
初めましてこんにちは
272と274は僕 です

これは詩なのかそれとも
ふつうの書き込みなのか
わからなくなる そんなグレーゾーン許される
ここは2ちゃんねる
そう思いたい
3ちゃんねるとか10ちゃんねるとかNHKとかテレビ朝日とかではないことを祈りたい

詩を書いていて虚しくなるのは大体
11月3日とか火曜日とか時間はお昼を少し過ぎた辺りで
寒い。から
冬みたい。だからかもしれない



住宅街を戦車が走っています
真っ白な風景の中に迷彩色が目立ちます
ぼたん雪が ちらちら降ってきました
キン、と音の鳴りそうなあの青空からです
僕たちの住む地域ももうすぐ爆撃されるか焼き払われるかするでしょう
書いても虚しくなる日記を僕はつけています
律儀に
希望という薬を 諦念という水で飲みほして。



次は『乾杯の前に』

280 :名前はいらない:2009/11/03(火) 21:57:10 ID:LOg5yoNp

『乾杯の前に』


青い星の歴史
酸素生み出す
過程

詩の光合成
内心手前
その化学反応

その記憶のDNA

DNAの記憶
その詩 
その映像


乾杯は時に生命の生と死を識り

その杯へ乗せ
呑む


次は『ジャズ』



281 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/04(水) 20:39:33 ID:7UeTMDd8

【ジャズ】


レズ達は二匹の虎と花園に住み水晶の地球儀を小指で回す


シャッフル


虎は二匹のレズ達と地球儀に住み水晶で花園を回す小指


シャッフル


二匹は花園の小指とレズ達を回し虎と地球儀で水晶に住む


シャッフル


水晶の虎は地球儀のレズ達と回し住み小指は花園の二匹


ジャズ


清瑯な水晶を削り生まれた虎

青い地球儀を孕むレズ達

回る天空 捕らえんと

住む大地 縛られたまま

小指の蛇が濡れた花弁開く夜

紅い花園へ堕ちた二匹の獣



次回『雲の流刑』

282 :名前はいらない:2009/11/04(水) 22:19:33 ID:LuZR9TZf
勝手に人の日記公開しちゃまずいだろ
常識の範囲でわかるだろ

283 :名前はいらない:2009/11/05(木) 08:12:41 ID:LpzHO8fA
誤爆か

284 :名前はいらない:2009/11/05(木) 17:50:38 ID:B9yIbK1o

『雲の流刑』

あの頃の君も
あの時の
出来事も


もうここに
存在しない

在るのは
あの頃の未来の僕たち

あの頃と繋がっている事は
確か


雲のよに凪がれた年月

無駄にして
しまえば
それなりの答
応えありそうな季節風

映やす雲

君はいつもみたく言うのさ
無駄にしたい

雲の凪がれのような


次は『復活』




285 :いとうまい棒:2009/11/05(木) 18:36:28 ID:7Z2sSG4Z
「復活」

あたしをここに
うめておいてください
そばがいい
そばがいいの
そうかんたんにくさるものですか
わたしのたましいは
あなたをあきらめていない
あんなにあいしていたふたりだもの
もとどおりになれるわ
ぜったいに
ふっかつするわ
ふっかつよ



お次は、「胡椒」で


286 :名前はいらない:2009/11/05(木) 19:04:18 ID:B9yIbK1o

胡椒


キッチンに香辛料など
それしかなかった

そのうち
革命はそのキッチンへ起きた

塩ソルト
砂糖シュガーだけに頼り依存する味覚

革命だキッチン革命だ
君の思想は
ある時代 キッチンにて
その革命起きた

ガラムマサラ
ナンプラー
ローズマリー
セージ
ローリエ

そんな詩人となり
詩のキッチン革命

それだけしか
気付かないのかい
浅いんだよ
主婦のみ範囲の視界だな


塩と胡椒だけで
食の素材を生かす

という発想も
視点も悟りも無いまま

何が革命だ
がたがた革命だな


胡椒さんが
詩のキッチンで
そう
語りかけたので

尖ってみた


次は『点と線の星座』



287 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/06(金) 17:41:10 ID:SLDoFk1U

点と線の星座


アルタイルは丘の上

風下は祈りの廃墟

見つめあうグリフォンと 旗と帆の海岸線

あらがえない胸にもう 波は深く喫水し

癒えざる櫂で夜を漕ぎ出す

月と陽は別々に 紫に決別し 木の葉のランプが舞い散る隧道

強くあれと

隙間風に揺れる燈

弱さに埋もれた老父の背中

あがなえない地平にはもう 闇と朝が拮抗し

見えざる羽が夢へ誘う

美しい葬列のその傍に

子供の名を呼ぶ母の声を聴く

言葉のない星々の真似をして

繋がらない光を紡ぐ手を止めて

そっと、瞼を開けて



次回『疑えたなら』

288 :名前はいらない:2009/11/06(金) 18:30:21 ID:EdiKqA+u
疑えたなら

今日もビルは建っていて
ビルの向こうにビルがある
天辺深い青色の空
外から見ても青い空
知っているつもりの
白い雲
知らない振りまで目隠しさせて
気づかなかった

鏡に笑った


次『爪きり』

289 :名前はいらない:2009/11/07(土) 00:03:23 ID:Y+3ZFmbS
爪きり


孤独な夜が何日も続いて
孤独が人を強くするのだと笑った
君の言葉を思い出してみる

だれもが幸せそうで
陽気に輝いて見えて
車の窓ガラスに水蒸気がついて
曇っていて指でなぞれば
私のヘッドフォンから
流れていた音がぴたり 止んだ

寒いね、と
誰にあてた言葉か分からない 一人つぶやく
夜の暗い路上に立ち尽くす私を
外灯が照らし出す
爪を切っている人がいる
ぱち、ぱち、ぱち、ぱち、
静かに音が響く
そうだ
ここは舞台の上
私はここに立っている
孤独な長い夜を
だれかが爪きりで切っている



次は『かわいそうな子犬』

290 :名前はいらない:2009/11/07(土) 10:41:16 ID:nwHM1pXI

『かわいそうな子犬』


赤い傘
青空へ飛んで いくよ



次は『歳時記』




291 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/07(土) 10:45:05 ID:tMiIoW5W

【かわいそうな子犬】


あいつは事故っちゃってさ
すっかり大人しくなったって
母が言うのさ
あいつは事故っちゃってさ
いい気になって始終はしゃぎ回って
あげく足を失ったって
父は嘆くのさ

あいつはきっと全てを自由にできると思ってたんだ
痛みも吐き気も羞恥すら自分には咬みつかないと思ってたんだ

けどあいつは事故っちゃってさ
すっかり無口になったって
親たちは夜に泣くのさ

あいつは自分一人でどこまでも行くつもりだったけど
あいつはもう知っちまったのさ
あいつはもう味わっちまったんだ
骨に響くほどの不条理を
無邪気な背骨が歪むほどの後悔を
あいつは常に思い出すんだ

左右に振る尾の先端からは赤いインクが零れていて
あいつが楽しげに尾を振るたびに、小さな部屋は赤く潰されてゆくんだ


聞いたかい?
あいつも事故っちゃってさ
すっかり大人になったって
親戚の叔母さんが誉めてたよ



次回『ペルシャの望遠鏡』

292 :名前はいらない:2009/11/07(土) 11:10:39 ID:nwHM1pXI

『ペルシャの望遠鏡』


搭から
地球の果てまで覧渡せたかい

君の望み


三畳一間から
宇宙の哲学
覧えたかい


君の大切な人の気持ちは
知ってるかい


『歳時記』




293 :名前はいらない:2009/11/07(土) 12:41:36 ID:Y+3ZFmbS
料理のレシピっておもしろい
町中にあふれてる看板を眺めるのも好き
お菓子のパッケージの裏に書かれてる一言書きや栄養素を見ながらにやけて
食事が出されるまでの空白の時間を
じっとちぎられた食券にらみつけて待つ 要は
活字であればいいのだ
新聞のめくる時の匂いが好き
あれこそが活字の匂いだから
最近では読みたい小説や詩も無くなって
歳時記を読んでいる
というよりも眺めている
言葉に意味を求めるというよりも
言葉がそこにある
それだけで私は幸せなのだ
人間が発明したものの中で
言葉ほど偉大なものはなく
言葉こそが文明の最先端であると私は思う
散歩に出る時
私は早足で通り過ぎる町並みから
言葉が追いかけてくるのを感じる
言葉は私をどこまでも追い詰める
そういう時はひたすらに逃げる
言葉を恋人にすることは
やり方をわきまえていないと
なかなか難しいものなのである
歳時記に印字された活字たちは
一見穏やかそうな表情をしているが
別の日に見るとまるで疾風怒涛のような違った一面を見せる
それがおもしろい
言葉っておもしろい

294 :名前はいらない:2009/11/07(土) 12:44:17 ID:Y+3ZFmbS
↑「歳時記」

次は「窓辺」

295 :名前はいらない:2009/11/07(土) 14:50:46 ID:nwHM1pXI

窓辺


外からいろんな情の報
やって来る

活字中毒の人
ドリンカーみたく
活字の中毒で

という漢字
一文字その語源
歴史過程
纏わるエピソードへ感応しては
焼きたてのパン
更に美味しくなると
語ってるメッセージ

窓辺 向こう外の世界から届く
12年前 その噺聞いた時は全くその気持ち
微塵さえも感じず

雨の朝
コーヒー飲みながら
ジャニスイアン聴く人の
濃いめの噺
文字になり届く
その時
カーテン越し
窓の外の
雨を聴く


季節風
雨と共に吹く
窓辺


そのメル友三名は
立派に業界で作品を

もう一人は天国へ

窓辺向こうの地球の景色
吸い込みながら
詠んだ

出来事たちは皆
事実
現実だった


次は「音楽室」




296 :名前はいらない:2009/11/07(土) 15:33:15 ID:Y+3ZFmbS
音楽室


音楽室にぼくはいた
音楽室には何もなかった
ピアノもタンバリンもたて笛も
楽器という楽器がひとつもなかった

音楽室にぼくはいた
完全防音のせかいにいた
音楽室には肖像画があった
ベートーベン、モーツァルト、バッハ、ショパン
眼光鋭い眼差しで ぼくを見ていた

音楽室にきみはいた
窓辺にもたれかかって
西日に染まっていた
ここは音楽室なのに
音楽室の外から音楽がかすかに聞こえた
ぼくたちは 聞こえないふりをして
目と目を見つめあったっけ

音楽室にぼくはいた
とても静かな空間で
話し声は響かなかった
ことばは見えない誰かに
にぎりつぶされるように
あとかたもなく消えた
ことばは
そもそもはじめから存在しなかった
窓辺に差し込む西日が
強くなってきた
ぼくたちは染まる
オレンジ色に染まっていく

きみが何か言いかけた時
待ち構えていたように
突然、夜がやって来た
ベートーベンの瞳が輝いた気がした
「運命」の冒頭が流れた
すぐ近く、ピアノの音
ぼくたちは音楽室を急いで出た
それからどこへ行ったのか覚えていない
あれから10年以上経った今も
きみはぼくの隣で首を傾げてみせる

297 :名前はいらない:2009/11/07(土) 15:34:17 ID:Y+3ZFmbS
音楽室


音楽室にぼくはいた
音楽室には何もなかった
ピアノもタンバリンもたて笛も
楽器という楽器がひとつもなかった

音楽室にぼくはいた
完全防音のせかいにいた
音楽室には肖像画があった
ベートーベン、モーツァルト、バッハ、ショパン
眼光鋭い眼差しで ぼくを見ていた

音楽室にきみはいた
窓辺にもたれかかって
西日に染まっていた
ここは音楽室なのに
音楽室の外から音楽がかすかに聞こえた
ぼくたちは 聞こえないふりをして
目と目を見つめあったっけ

音楽室にぼくはいた
とても静かな空間で
話し声は響かなかった
ことばは見えない誰かに
にぎりつぶされるように
あとかたもなく消えた
ことばは
そもそもはじめから存在しなかった
窓辺に差し込む西日が
強くなってきた
ぼくたちは染まる
オレンジ色に染まっていく

きみが何か言いかけた時
待ち構えていたように
突然、夜がやって来た
ベートーベンの瞳が輝いた気がした
「運命」の冒頭が流れた
すぐ近く、ピアノの音
ぼくたちは音楽室を急いで出た
それからどこへ行ったのか覚えていない
あれから10年以上経った今も
きみはぼくの隣で首を傾げてみせる

次は「生まれて死ぬまで」

298 :名前はいらない:2009/11/07(土) 15:36:06 ID:Y+3ZFmbS
間違って同じもの連投してしまいました。

次は「生まれて死ぬまで」

299 :名前はいらない:2009/11/07(土) 16:12:30 ID:nwHM1pXI

「生まれて死ぬまで」


凪がれてく空

似た形
あれど同じもの存在しないのであろう

星座
点と線となり
その季節

君の心の在り方の様


ママのうた
ゆりかご揺らした季節


君の無意識
一生 忘れない



次は「発起人」




300 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/08(日) 10:57:29 ID:QYMOm/or

ほっきにーん


ルドルフ・ヘスは熊みたい
ゲッペルスは痩せてるねぇ
ゲーリングは太ってるねぇ
ヒトラーとヒムラーって名前はすごく無駄な偶然だねっ

あっしがヒトラーなら問答無用で改名さすね(ついでに奴のチョビ髭むしり取るね)
なんかオンリーワンでありたいじゃん
チョビ髭とかもそのためじゃん


彼は失意の人で
画家で乞食で軍人で、最後には自殺しちゃった偉大な建築家で
彼が創った帝国は飛び立った途端に撃ち落とされて
まだ青いまま羽むしられて鍋の中

グツグツ煮えて美味しいね
数多の命が 情熱が 嘘が ダシとなり 骨となり 旨味となった
彼と一緒に灰のスープに浸かろうか・・・


あっしがヒムラーならあんな丸眼鏡はかけないね
なんか顔のないお役人みたいじゃん
ナンバーワンにはなれなくても
小道具一つでオンリーワンになりたいじゃん?

で、二重丸眼鏡ってどーよ
丸いフレームが前後二つ左右で四つ それぞれ赤青黄緑と塗り分けて、
片っぽは望遠レンズ 片っぽはレンズなしの伊達眼鏡


誰か作ってくれんか?



虹色のチョビ髭とセットで



次回『暗殺指令』

301 :名前はいらない:2009/11/08(日) 12:55:14 ID:t/Dzv4Hw


『暗殺指令』


バナナをよく手に持つ奴は
売れない金にならない者たちを
ある世界からよく消した



次は『英気』



302 :いとうまい棒:2009/11/08(日) 15:53:09 ID:sYjAQ9Cv
「英気」

空気の代わりが英気だったら
吸ってー吸ってー吐いてー吐いてー
うおう!もうやったるぜぇ
朝一番から駆け出して
やっつけちまう人々の群れ
バリバリに勉強も仕事も
そして
抜け殻が折り重なる
昼下がり


お次は、「物干し竿」

303 :名前はいらない:2009/11/08(日) 16:04:46 ID:0lo+V3Nl
「物干し竿」

頬に当たる風が ふと思い出させる
広く青い空と 笑っている母親の顔

抱き上げられた私は
それが世界の全てだと思っていた

鼻の中に広がる風の匂い

今私が抱いている子もまた
そう思う日が来るのだろうか




次は「川魚」

304 :名前はいらない:2009/11/08(日) 16:46:52 ID:t/Dzv4Hw
>303 この詩好き

305 :名前はいらない:2009/11/08(日) 16:51:53 ID:t/Dzv4Hw

川魚


透き通る中
泳ぐよに
未来まで

いつしか時
大河
運河の川流れ

混沌混濁


山の川の清流 懐かしみ泳ぐ
秋の夕暮れ


次は「マグカップ」




306 :名前はいらない:2009/11/08(日) 17:30:53 ID:0lo+V3Nl
「マグカップ」

それが満たされたとして 何で満たされたのだろう
それは 私の喉を潤すのだろうか

渇きは尽きる事はない

そこに注がれたそれは 私が望んだ物ではないかもしれない
いやそもそもそれは飲むべきものなのだろうか

何も思わず飲み干せば それは楽であるだろう
むしろ飲む事すら考えなければ もう注がなくてもよいのだ
飲む事すら考えなければ善いのだ

善いのだと思いながらしかし
それでも本当が注がれるのを待ってしまう

だから私は駄目なのだ


次は「掃除」




ID:t/Dzv4Hw ありがとう

307 :名前はいらない:2009/11/08(日) 18:09:30 ID:t/Dzv4Hw

「掃除」

時々
その作業の前も
最中も
夢を見る
見ながら
その作業をする

終わったら
何かいい事あるのでしょう
作業前よりスッキリした視界

時々
夢を見ながら その作業を行う

そして
それ無しで苛々しながらやるその作業と

夢見ながらやる
その作業で

内面へ与えたものが全く違うのだ

次は「ファッション」




308 :名前はいらない:2009/11/08(日) 19:19:01 ID:7cCT6qF5
ファッション


いくつもの時代を越えて
なにもかも見えなくなりそう
僕は淘汰されていく
しぼりかすみたいなのが残って
こんなの自分じゃない、と
服を脱ぐ

僕はまるはだかでも恥ずかしくない
誰かがひそひそ話で嘲笑しても怖くない
モードってなんだ 作法ってなんだ やり方ってなんだ?

変わらないものはただひとつ
僕たちの パッション


次は「川のほとりで」

309 :いとうまい棒:2009/11/08(日) 19:22:40 ID:9fiNDwaG
「川のほとりで」

川のほとりでぼんやりと水面を眺めておりました
秋の小春日和のこととて
気持ちのよい昼下がりでありました
ふと、背後に何者かの気配を感じます
其の者はじりじりと歩を進め
何時の間にか私の体は川にせりだしていました
うわっうわっとうわわわわ
どっぱーん
川の中から振り仰いで見れば
そこにはぶたさんが不敵に笑っていたのでした


お次は、「思いやり」で



310 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/08(日) 19:43:26 ID:oZn2EKd8
「思いやり」

喫茶店でアイスコーヒーを飲んでいた
「ここ美味いでしょう?」と連れが言った
「ここ美味いでしょう?」と連れは言った
「ここ美味いでしょう?」と連れはまた言った
彼は狂っていた



次は「規制」でお願いします

311 :名前はいらない:2009/11/08(日) 21:09:33 ID:t/Dzv4Hw

「規制」

ロリータの話しかい
彼の妻が
その本を消そうとした
作者から護った


「規制」したのは
作者当人
「規制」をかけたのは
著者本人


売春宿を禁止するよう
影で訴えていたのは

売春宿へ幼くして
売られて来た
当の遊女

その未来


次は「ベニスの商人」



312 :ベニスの商人:2009/11/09(月) 15:45:56 ID:NmzTwj0N
罪と罰
私はベニスの商人を知らない

それでも許されるなら
会いたい、と
今お手紙を

『茨のおしろに猿の島
ゆで卵が好きなあのひとに改名してる
飽和していく麗しさ
ホスピタリティ 野球
入り口に紫色のストールで
明日から』

‘あなたを待ちます、
出来るならどうかお一人ずつ、お願い、会いたいです’


会いたい方は多くある
女性も、男性も
私が言葉を贈った方たち
貰って交わした方たち


過去式を現在にあてはめて
全てのあなたと
贈れなかった 手紙のあなた

お顔をみせて
今度こそ届くように
お話を 普通のお話を普通に笑って

偽名だっていいよ
試すのは止めにして
会いたい


大げさなことはうたわないと
聞き慣れたボーカルも言ってた

今までごめんなさい
これで会えるなら
‘幸せです’と


次の方『14時、日、20まで』 でお願いします

313 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/09(月) 19:29:27 ID:YOE+g0P1

【14時、日、20まで】


擦り切れたズボン
抱えきれないカバン
黒いパンツの旗竿振りかざし
檸檬片手に

奴が来る


おいたわしや
おいたわしや
おい、たわし屋
そこのたわし屋!
「なんや兄ちゃん?」
違う、隣の奴だ
「あたしぃ?」
違う、チョビ髭のやつだ
「あっしですかい?」
オマエだ…


夕暮れカラスは
どこへ往く
夕闇まとって
何を鳴く
空には林檎の実がプカリ
あいつはそいつの鼻ポカリ

「痛ぁ!なんであっし殴るんですかい!?」
オマエがそんな眼鏡してるからだ
「 エェェ(@д@)ェェエ 」
うるさい
「 エェェ(@д@)ェェエ 」
うるさい
「 ヘエェェ(@д@)ェェエ 」
感心すな
「 モエェェ(@д@)ェェエ 」
抱きつかれても困る

「で、どう落とすんすか、この詩 」
題名が題名だけにな…
「 エェェ(@д@)ェェエ 」
…また繰り返すのか?


その後、14時、日、20までこの問答は続いたり続かなかったりしちゃったり・・・


「 エェェ(@д@)ェェエ 」
もういいよ




次回『赤線』

314 :名前はいらない:2009/11/10(火) 02:14:42 ID:vrmSdBaB
赤線


パンツに空いた穴から
東京タワーを見上げました
昨日、嫌なことがあったんです
忘れたくて
夜風に吹かれていました

溺れそうです
藁にもしがみつきたいです
残念です
もう弾切れです
無鉄砲です
海底都市には図書館があって
すべての本が濡れています
ページをめくろうとすれば破れます
だから勉強できないんです
これは言い訳なんです
だれかが三行にわたる赤線を引いていました
それは、

「インターネットの普及によって我々の暮らしは確実に進歩し、情報の価値は飛躍的にあがった。情報が我々の暮らしを豊かにし、真の豊かさとは情報の豊かさを指すようになった」

なんでもかんでも重要なところには赤線を引いていた
青春時代の私の勉強法を思い出しました
ああ、くだらない、くだらない!
私が引いた赤線を全部修正液で消したいです
そんなところが重要じゃないんだ
重要なものは教科書の中にはないんだ

重要なものは君のすぐそばにあるのです
耳を澄ましても
目をこらしても
簡単に分かるものではないんです
重要なものは君の心の中にあるのです
すぐそこにある
けれど 手が届きそうにもない

東京タワーが赤く輝いています
その赤線を 私は
じっと眺めているのでした


次は「ひだまり」

315 :名前はいらない:2009/11/10(火) 14:11:18 ID:KDMqh1Eh
ひだまりにいる幽霊は追憶
彼が見つめているのは幸福の面影
黄金色に香る金木犀の花

抜ける青空
ひだまりにいる幽霊は憧憬
秋の透明な輪郭の中に浮かび

冬の始まりの風が
黄色に染まった落ち葉を吹き飛ばす
ひだまりにいる幽霊は約束

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次は 「小春日和」

316 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/10(火) 18:15:59 ID:xFYVgqIK


   小春日和


アカギレと浅い呼吸

少年の無地の靴下のほつれ

メッカへ巡礼する西陽の男達

座ろう 花の枯れた草原を撫でながら

話そう 高い高い玉座に座る虚しさを

サワサワと時は葉を鳴かせ明日へとひた走る


機械時計と深い眠り

口回りを汚した少年の笑顔

雨の中捨てた泥まみれの靴

座ろう まだ大地へ温もりが埋もれないうちに

繋ごう 食べ残した青春の幾多の面影達と

祈ろう また少しだけ泣けるように

アカアカと星は照らされ明日へと巡るなら



次回『デジャヴなおデブ』

317 :名前はいらない:2009/11/11(水) 22:32:03 ID:re69PMuD

『デジャヴなおデブ』デジャヴなおデブ デジャヴなおデブ
デジャヴなおデブ 魔法砂糖菓子 森へお出かけ テクマクマヤコン 香山リ☆さん自体 クランケではないのだろうかと今日思ってしまった

次は『休暇する気無しの者』



318 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/11(水) 22:58:56 ID:pNsLgKh1
『デジャヴなおデブ』

写真屋の引き伸ばし写真の見本に写った男女を七秒半も見てしまう
福々しい二人は円満そのものの笑顔の上に白髪までそっくり同じ耳上の位置に生やし
顔見知りだと記憶を刺激する印象と全く馴染みの無いよそよそしさを同時に訴え掛けてくる
よくある顔だからだろうかと思うもののどこかしつこい引っ掛かりを覚え少し考えて
ああ、俺の顔に似ているんだと納得すると写真の二人はもう完全に赤の他人だった



次は「手袋」でお願いします

319 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/11(水) 23:01:31 ID:pNsLgKh1
被った。次は「休暇する気無しの者」でお願いします

320 :名前はいらない:2009/11/11(水) 23:07:17 ID:uJXddBlc
糞ワロタ

321 :名前はいらない:2009/11/11(水) 23:14:26 ID:re69PMuD
>320

494:11/11(水) 19:55 uJXddBlc
お前のせいで返信がこなくなっただろ
コ〇スぞ?

これは何?



322 :名前はいらない:2009/11/11(水) 23:20:32 ID:uJXddBlc
お前には低俗な奴に見られてるっていう感覚はないのか?

323 :名前はいらない:2009/11/11(水) 23:26:32 ID:uJXddBlc
だから つまらないレスしか出来ないんだ お前は。

324 :名前はいらない:2009/11/11(水) 23:56:00 ID:re69PMuD
>323
何回も自分に向かって言えばいい。民度の低さはそちらが高い気取ってるだけで。

325 :名前はいらない:2009/11/12(木) 00:10:38 ID:aEiWrp+N

「休暇する気無しの者」

休暇無しとは眠らないというのと同じ

際限無く食べ尽くしメタボ 万年パソコン 睡眠はほんの少し 休みはトイレパソコン見ながら食べる
それを一年間続け

やっと何かおかしい..

次は「珊瑚礁」




326 :名前はいらない:2009/11/12(木) 11:20:30 ID:O/1zXYyY
珊瑚礁

赤青みどり
ステンドきいろ
きみいろ雫

石花火

海端に咲く
ローゼンメイデン

少女たちの知る園
少女だから知る海


「考える少年、その感じ易き顔」でお願いします

327 :名前はいらない:2009/11/12(木) 14:17:26 ID:aEiWrp+N

「考える少年、その感じ易き顔」


背中
向こう空模様の青
森のよな街
海のよな
人の群れ

ペンの世界
もはや剣の時代過ぎて
新た何か求め

その地下から

空へ

次は『軌道』



328 :名前はいらない:2009/11/12(木) 17:49:33 ID:fATpomhN
『軌道』

どこまでも高い空
どこまでも広い地

向かう先に色無く
振り返れば鮮やか

また前を向き歩く
その足元にレエル

どこまでも高い空
どこまでも広い地

329 :名前はいらない:2009/11/12(木) 17:51:06 ID:fATpomhN
>>328
お題忘れてた
次は『案山子』でお願いします

330 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/12(木) 23:26:46 ID:MicDQQz7
【案山子】

地図にはない辻の喫茶店にはアヒルの親子の看板がかかっていて
夜の早いうちに閉店し、太陽の真っ赤な欠伸と一緒に店開きをするそうな。
椅子は全部で12脚。花瓶や本はないらしく、壁には一面様々な色彩の絵が飾ってある。
客はといえばたまに近くの鉱脈の小人達がやってきては、しばし座席で
居眠りするぐらいで、メニューはいつだって埃を被ってる。
ツツムラさんはそんな喫茶店の気のいいマスターで、愛猫のビニールと一緒に
少ない客をいつも日溜まりの席で待っている。

ある日、段々畑の絵を観ていたビニールが突然叫んだそうな。
『案山子がいなくなってるよ!』
ツツムラさんは小人との会話を止め、慌てて飛んできたそうな。
絵の砂漠の段々畑は相変わらず枯れていて、そのピラミッドような
巨大な畑の頂上にいつもいるはずの案山子が、確かにいなくなってたらしい。

こいつはまずいと、ツツムラさんは困った時のいつもの癖で
立派なモミアゲを指に絡めたり引っ張ったりしていたが、
小人達がそそくさと席を立ったのを見て、意を決したらしい。
『あいつら抜け駆けする気だね。』
ビニールはそう言うと、店を出て走りだした小人達を細い目で睨んだ。
ツツムラさんは暖炉から錆びた長い火箸を抱え、火の精を少しポッケに忍ばせて
傘の形になったビニールを掴むと、段々畑の絵の中へ飛び込んだそうな。



331 :名前はいらない:2009/11/12(木) 23:28:17 ID:MicDQQz7
相変わらずそこは風が烈しくて、ツツムラさんは飛ばされないよう
地面に火箸を差し、目に砂が入らないよう顔の前にビニール傘を掲げ
段々畑にゆっくりゆっくりと近づいていったそうな。

聳えるような段々畑の一番下に着くと小さな丸い扉があり、そこにはこう書かれていたらしい。
【見ぬ目が見、嗅げない鼻が嗅ぎ、聞けない耳が聞く真実の宝とは何か?】
ツツムラさんがモミアゲをいじりながら、目を輝かせていると
傘から猫に戻ったビニールがふと足元を見て、子供のようないくつもの足跡に気づいたらしい。
『あいつらだ!ボク達より早いなんて‥時のトロッコを使ったんだ!!』
そう叫ぶと同時、頭上からカラスのような、虎のような、はたまた双角のユニコーンのような鳴き声が谺し、
気づけば周囲は真っ青な闇に閉ざされていたそうな。
まさか、ベルベリまで……そうツツムラさんは呟くと、急いでポッケの火の精をつまみ出し
ビニールに手渡すと、一緒に飲み込んだらしい。
すると、一瞬にして朝焼け色の炎に包まれ二人は夜の砂漠から消えたそうな。


『危なかったね』
ビニールは焦げたようなゲップを喫茶店中に吹きかけ、小さな肩を震わせていたが
ツツムラさんはじっと真っ黒になった絵を険しい顔で見つめていたらしい。
そして深い深い溜め息をつくと、今日は店仕舞いだと椅子を片付けだしたそうな。
『あいつら、大丈夫だよね?トロッコもあるし。』
そうビニールが訊ねても、ツツムラさんはずっと無言で
最後にドアの鍵を掛けると、屋根裏部屋に静かにあがっていったそうな。


次回『あの夏の机』

332 :名前はいらない:2009/11/12(木) 23:48:43 ID:aEiWrp+N

『あの夏の机』


木陰 夏草の匂い
濃い白と青の
コントラスト

ページには
無に近い秘密
あまりに
謎だらけ

それが冬
机の上

窓辺から雪かかる

そこで
謎解けた

その冷たい温度で謎解け知った

次は『著作』



333 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/13(金) 16:17:21 ID:We1ZX1FX

〔著作〕


ユメを書いて抽き出しにしまって、長年眠らしたからって
輝く未来からの使者なんて来やしまへん

あんさん、のび太のように逃げ回ってちゃ風呂場だって覗けないょ
どこでもドアも、タケコプターもいらんけど肝心要のアレがなきゃ
ミライの最新ストーリーも押し入れの奥で錆びるばかり

俺のモノは俺のモノ!というのを当たり前と思わんこっちゃ

お前のモノも俺のモノ!というのを不条理だと思わんこっちゃ

あんさんがのび太である限り、いづれ奪われる
あんさんがジャイアンである限り、影で笑われる

創るゆーのはそういうこっちゃ
賢いふりした弱さも、上半身ばかりの強さもいらんのよ


誰も青い鳥探しては、フレームもない青い空に目が眩む
もしあのまぁるい肉球のまぁるい青い猫のよう
あんさんが真摯に与える事を知ったなら、

あんさんのポケットにはきっとアレがある



次回『江戸の華』

334 :名前はいらない:2009/11/13(金) 16:30:36 ID:2yPEfK1b
ハナミズキ

夏には白い花を、 秋には赤い実

335 :名前はいらない:2009/11/13(金) 17:15:04 ID:5NVjCnOZ

江戸の華

写楽の画
葛飾北斎
歌麿

その路

咲いて消えたかも
しれぬ華


次は『雷神』




336 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/14(土) 14:42:36 ID:UR699qug


    〜雷神〜


雷神 変人 オレゴン爺

マイクとサリーの間に生まれ早103年

雷神 怪人 オレゴン爺

アメリカ初バスケットボールを煮込んだ男

雷神 迷信 オレゴン爺

映画サイコのモデルになったらしい奴

雷神 奇人 オレゴン爺

差別激しい時代にて木に吊され笑ってた白人

雷神 超人 オレゴン爺

嵐の夜にKKK本部を消滅させたハゲ

雷神 乱心 オレゴン爺

酔って黒人マフィアの眉間チョップし今逃亡中



次回『忍!』

337 :名前はいらない:2009/11/14(土) 15:49:06 ID:JQHg/9jB

『雷神』

退廃の
雪降る荒野へと

退廃の
灰雪色の地へ

筆跡という足跡
吹雪
その跡
消し過ぎ行くならば


若人の墓場へ
蘇生す
電気ショック


革命とは
壁を打ち砕くもの


 その旋律を

 
 噛み締めて







次は『忍!』




338 :名前はいらない:2009/11/14(土) 19:20:46 ID:GwZwYk+T
『忍!』

木の上見上げた
木の葉に紛れて
秘蔵の書 得たり
思わず一寸にたり
師叫ぶには
「はよう はよう」
掌のもの
手放すには惜しく
「ごめんください」
その場逃れ
駆ける後ろ 追う仲間
昔の輩 今は敵
欲に従い抜ける里
もうざわめきはなく
静かなものだ
こんなものかと降りた時
「そら お縄ぞ」
ぎうぎうと捕まった
しかし我
その道極めたる者なり
「これにて御免」



次は『清き実』

339 :名前はいらない:2009/11/15(日) 17:23:11 ID:hvp2iwZN
うーん……オモロイ

340 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/15(日) 18:33:32 ID:hvp2iwZN


清き実
忘れました
子供を忘れました
パチンコ屋に取り忘れました
フィーバーです今フィーバーです
玉が転がってますむしろ転がりすぎています
案の定コケました確率の問題です頭からいきました
子供がいません何処にもいませんフィーバーですどうなるフューチァー!?
玉のような汗が止まりません脳に妻の罵声が響きます本当のフィーバーはこれからです
我が小さき果実はどこで腐ってるのか取り敢えず携帯買っとくべきだったと連チャンで後悔です



次回『インドの白猫』

341 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/15(日) 21:02:31 ID:GlWnTU8s
『インドの白猫』

家が台風で流されて
どんぶらこどんぶらこ
インドに着くと
わたしは砂浜に下りました

茂みから腰布を着けた人が出てきました
色白で腕が六本と足が十二本と頭が七個ありました
現地の人でした
現地の人に聞きました

――是は何

「猫」

――彼は何

「猫」

――どの猫が強いの

彼は自分を指差しました

――どの猫が偉いの

彼は太陽を指差しました

果物をくれたのでお礼を言うと
地面に沈んでいきました



次は「茄子」でお願いします

342 :名前はいらない:2009/11/16(月) 11:19:49 ID:GHS0pbMC
『茄子』

母は言う
「こいつを食べる時は
注意しないとね」
てらてらと輝く表面に
ぶすり 箸をさす
途端溢れる液体に
「ほら 毒が出た」
母は笑う
紫と黄金の混ざった
見たこともない液体
この毒を固めて捨てる術を
知る人と 知らない人
どちらが幸せなのか
「まあ わかっていることは」
ぶすり
「毒を知れば苦しむが」
ぱくり
「その先安泰ということさ」
やつらがいる段ボール箱は
まだ目の前に山積みだ
「ささ、食いねえ」
そして今日も
茄子を食う



次は『背丈針』

343 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/16(月) 17:53:31 ID:SnhCvA1V
【背丈針】


無人島に私はいた
そこは海に浮かぶ巨大な貝柱上にあった
椰子の木にクラゲが生っている
海亀がポトポトと産卵する度「お父さん、お父さん」と叫ぶ

と、ここでフト気づいた
これで気づかぬようぢゃあ株トレーダー歴30年の経歴が泣くってもんよ

つまりこれは、夢だ
ここは私の心の深層世界ってわけだ
それならいっそ、トレーダーで培った勘を働かせ
夢判断と洒落こもうじゃまいかんとろぴかるそーだ

私は周囲を睥睨する

あの海亀
娘に違いない
金の無心する時の声にそっくりだ
産卵中というのがちと気になるが
さり気なく踏み潰す

あのクラゲ
高い樹上にある
つまり手の届かない夢ってわけだ
しかもすでに甘い汁はなく中身ブヨブヨってわけだ
しばし泣きながら木を揺する

あの貝柱
よーわからん
空には翼のあるゴリラ
意味わからん
砂浜に立つ巨大なマチ針
いやな予感
するとマチ針が無数に分裂し震えだし・・・

と、ここで目が覚めた
ガランドウの部屋に西日が射し込み埃が踊っている
誰もいない台所にいき、紙パックから牛乳を飲んだ

腐ってた
だが飲み続けた
腹が壊れるなら壊れるがいい
失うものはもう、何もないのだから

玄関のドアを叩く音がする
カーテンの隙間にクラゲが過った気がする
床に貝殻が落ちてた
「あぁ…」と呟く
「あぁ懐かしいな」と
マジックで書いた遠い日付を撫でる

外ではまた玄関のドアを叩く音がしている


次回『グロッキーマシン』

344 :名前はいらない:2009/11/16(月) 21:37:19 ID:vmML5lSw
グロッキーマシン


グロッキーマシン、華やいで
グロッキーマシン、ポンコツだ
長州も蝶野も天山も
小橋健太が水平チョップ

グロッキーマシン、立ち上がり
グロッキーマシン、また座る
充電切らしちゃいけないと
女子高生たちあわててる

グロッキーマシン、今日は雨
グロッキーマシン、錆び付いて
グロッキーマシンでどこへ行こう
グロッキーマシンで空を飛ぶ

壊れそうで
それでも動いてる
危なっかしい
グロッキーマシン

大声で笑い
かくれてめそめそ泣く
裏表のはげしい
グロッキーマシン

優柔不断の
グロッキーマシン
役には立たない
未来の世界のヒト型ロボット

命令は、「模倣せよ」
ぐらぐらぐらつき危なかしい
日本人は、模倣せよ
グロッキーマシンで空を飛べ



次は「なんか涼しくて」

345 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/17(火) 01:38:29 ID:Kp1Z50/u
「なんか涼しくて」

怪談を始める前に鍵を掛けた
これで誰も入って来れない
カーテンを閉め蝋燭を灯すと明かりを消して
ぼくは用意された原稿を手に取った
誰も居ない部屋で読み始め
九十九個までお話を聞き終えた
「幽霊見たい幽霊見たい幽霊見せろ幽霊見せろ
幽霊見せろ幽霊見せろ」
そう迫って手に入れた原稿にあるのは九十九個のお話で
最後に一つ自分の考えたお話を聞かないといけない
すらすらと口から出てきた自分の嘘話を聞き終えてから
ぼくはガソリンを被って蝋燭の火に手を寄せた
窓を閉じきっているのに
なんか涼しくて


次は「峠」でお願いします

346 :名前はいらない:2009/11/17(火) 11:32:42 ID:WrNQrr0B



どこにも無いものだからこそ
求めてしまう

鳩が平和の象徴だと
だれが言ったのだろう
象徴だとか意味だとか記号だとか
空を飛ぶという行為には
まるで関係ないんです

私のないものねだりは加速して
ついに私は
「在るもの」しか見えなくなった

おおきな腕にいだかれて
匂いや風光のありのままを
微細な繊毛のいっぽんいっぽんを数えている

きみは象徴をだきしめて
私の想像力の峠をかるがると越えていく
目を閉じてもきみはもうそこにいない
目を閉じても
私はまだここにいる



次は「骨盤」

347 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/17(火) 17:16:18 ID:j8XzIycA


ジャア「君、このMSには骨盤はないのかね?」

技術士官「あんなのただの飾りです。偉い人にはそれが分からんのです」


ジャア「ララァ、奴との戯言はやめろ!」

アムロ「シャアか!?」

ララァ「シャア少・・・佐じゃない!誰?」


ジャア「フハハハ!ガルマ、君の父上がいけないのだよ!」

ガルマ「誰かこいつを屋敷からつまみ出せ」


ギレン「諸君らの愛したガルマ・ザビは死んだ!何故だ!!?」

シャア「坊やだからさ」

ジャア「だよね」

シャア「だよね?」


ジャア「私にも見える!敵が見えるぞ!!」

アムロ「なんだあの人体標本みたいなMSわ・・・キモッ」

ハヤト「キモッ」

カイ「キモッ」

アルテイシア「キモッ」

ギレン「我が軍は圧倒・・キモッ」

カツ・レツ・キッカ「キモキモキモキモキモキンモーーッ!」

ア・バオア・クー「キモス」

ジャア「・・・認めたくないものだな」





次回『寿司女』

348 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/20(金) 02:09:32 ID:TwH4B7pK
「寿司女」

ネタが無い
から会えない
寿司女には
活きのいいネタが必要
無ければ
会えない
門前払い
彼女の上に
乗せるネタ
握らせる
ネタ
食わすネタ

見つからない



次は「インフルエンザ」でお願いします

349 :名前はいらない:2009/11/20(金) 09:13:36 ID:+b7Mk9YO

「インフルエンザ」

ネットワーク内にて

抗体無き者

スルー力無く感染し

感染させます

スルー力は抗体です

次は「マスク」



350 :名前はいらない:2009/11/20(金) 23:06:44 ID:eI2me/yr
マスク

喉は音を濁され
言の葉は白布の奥で眠る
街は無言
足音だけが奏でる冬

次、「煽情」

>348 「寿司女」、上手いですね。明快でとても好きです。

351 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/21(土) 03:04:55 ID:spSmkU61
「煽情」

グラビア

グラビア

ゆらゆらと

風に

ぱたぱた

はためいて



次は「電球」でお願いします

>>350
ありがとうございます

352 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/21(土) 20:29:52 ID:n81Otsbu

【電球】


あいつがハラワタの中で光らす電球
うねる度、転がって、割れないか心配

あの子が下の舌でしゃぶる電球
なんだって、味わってみないと、分からないって

先生がチョークで描く電球
まぁるいだけで、熱くもないし、眩しいのは後頭部だけ

僕がナタデココと一緒に食べる電球
食感ばかり拘って、飲み込む時は、いつだってガクブルさ

あいつがハラワタの中に隠した電球
痛む度、どうやって、排出するか心配



次回『無駄無駄無駄無駄』

353 :名前はいらない:2009/11/21(土) 22:03:21 ID:qsAXNc+F
「無駄無駄無駄無駄」


公園のベンチでぼーっとしてた
噴水を眺めていた
どこかの家の中で裁縫針が床に落ちる音がした
私の聴覚の良さは無駄

ため息を吐くごとに
魂は少しずつ軽くなる
空へ
浮かぶ

ねえ時を止めてくれないか
あなたの特殊能力で
ぼこぼこに
顔を歪ませてくれないか
無駄無駄無駄無駄

そんなこと分かってる
言われなくても知っている
木々が、風が、大地が、言葉が
意味を持ち始める前に
ふたりでこっそり抜け出そう
うすぐらい場所へ
僕たちが初めて目撃した
滑稽な色彩の海の中へ



次は「破れた写真」

354 :名前はいらない:2009/11/21(土) 22:55:44 ID:ivdxxP1u

「破れた写真」


あの人は
破れた世界にしか
住んでいなかったの

あの人の
真実は敗れた
その空
証明?した

修復なんかできない
テーピングしても
破りちぎられた
ヵ所
判明することなし

細長い指先
傷あり

そして笑いながら
隠すのさ


破れた 真実語る 空白を

次は
『二短調』



355 :空の箱 ◆1l2D9vOC.2 :2009/11/22(日) 20:19:20 ID:tGUnTSkW
ニ短調って何だ?
気になった僕の
ニ短調って言葉がどこかに落ちてないか探す毎日

落ち葉の奥、ごみ箱の中、フライパンの上、目玉焼きの白身の中を
探しても探しても見つからない

何処にあるのか?ニ短調

夢で見たあの子のように見つからないかもしれない

そんなある日

僕はニ短調が美しい草原にそっと咲いている

そんな夢を見た

次「うんかすとストロベリークリーム」



356 :うんかすとストロベリークリーム:2009/11/22(日) 22:26:07 ID:1ttu/BsJ
貶して穢して非難して
得られる甘い心地
許される輝き
それを欲するか
己を卑下して
見向きもされぬ
ただのつまらん
カスでいるか
それすらも自由で
どちらも魅力的で
ただ個性が無くて

お次「まなざし」



357 :名前はいらない:2009/11/23(月) 01:51:25 ID:U8p3MYnc
「まなざし」

あのう、なんかその漁師町とかに大勢で無理矢理押しかけて魚介食いまくって
焼酎飲むCMあるでしょ?

あのね。あんな風に輝きたいの。ああなりたいんです。

何にも良いこと無くても大笑い出来る悪代官にね。なりたいんです。自分。

それがヨドバシカメラでテレビを見ているまなざしだよね。

次「ばばばば馬場」でお願いします。


358 :名前はいらない:2009/11/23(月) 02:17:44 ID:fLUH591y
「ばばばば馬場」


日本列島
総馬場化
1億2千万馬場
ばばばば馬場

高田馬場で
馬場から馬場チョップもらう
なにがなんやら
ばばばば馬場

猪木からはビンタで
馬場からはチョップ
武藤からはシャイニングウィザードで
首の骨折って
蝶野のケンカキックで癒され
越中のケツで、手たたいて笑う
だけどやっぱり最後のシメは馬場チョップ
ばばばば馬場

俺は背が高くて
昔からあだ名が馬場
でもアゴが出てるから
外見は猪木
苗字は田中
なにがなんやら
ばばばば馬場

おいそこの君!
はやまるな!
天国には三沢もいるし馬場もいる
傷だらけになる覚悟はあるかい



次は「呪文」

359 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/23(月) 03:56:05 ID:Fv02jXdo
【呪文】

おかしいね
笑っちゃうよね
鼻水まででちゃってさぁ
こんぐらっちゅれーしょん!
なんて
横文字まで叫んだかな
頭にくるよね
働かなきゃね
手ぶらじゃ帰れないし
牛も壺も土産にゃかさばるから
写真機なんか運んでたし
ポケットサイズの戦場
ほっとしたいよ
もう年だし
姉チャンも死んだし
わしも色々忘れたし
生々しいなんて
軽はずみなっ
グサリって音はしないよ
肉が震えるだけさ
肉が間際に啼くなんて台詞
部隊に慶応出がいてね
みんなそんな時は無言さ
母さん?
言う奴もいるがわしは知らん
あいつら中国語だしね
聞き取れんよ
マー?
いたかもなぁ
たまに何やら喚き散らす輩がいてね
それはそれは恐ろしい目でな
わけわからんよ実際
キャメラ?
写真機なんて知らんなぁ
わしはなんにもとっちゃあおらんよ
もう帰んな


次回『すっぴん釣り』


360 :soft ◆soft/e/9Do :2009/11/23(月) 23:11:06 ID:c/sDU4xa
『すっぴん釣り』
釣り人、海へ出る
陸を捨てる覚悟
陸へ帰ると決意

嵐が来て
大しけで
それでも
釣り人、海へ出る

釣り人、仲間も連れず
船は自分の海上の城
浪は刃のよう
浪は神の怒りのよう
船を揺らし
船を食らわんとす

釣り人、一人
海と対峙する
自然と対峙する
神と対峙する

命、削られる思いで
心、ここに折れそうに
釣り糸を自然の、神の、海へ
放り込む

塩でガサガサで
直射日光で真っ黒の
釣り人が大海原から
釣竿を引揚げる

大魚が一匹
甲板にどさりとそれは落ちて
のたうちまわる
それは自然の、神の、海の
これぞすっぴんの貌よ

___
次のお題「誕生」

361 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/24(火) 04:13:19 ID:6B1MxVeE

【誕生】


片隅に泣いて
器に盛って
瓦斯切れを詰って
襖を開けて
空メールした後に
子供に笑いかけ
また笑いかけ
もう一度だけ笑いかけて
器に盛って
火を点けて
襖を閉めて
携帯が鳴って
赤子が泣いて
風がビョゥと
片耳に響いて
すっと
カーテンが落ちて


闇と


光が


渦を



ビョゥ…



次回『図書館』

362 :いとうまい棒:2009/11/24(火) 19:19:45 ID:0mxe1pVH
「図書館」

図書館で唄えば
誰もが振り返るよ
聴いておくれよ僕の唄
この空間一杯に響き渡る美声に
我ながらうっとり
踊る言葉は色あざやかに
みんなの心を染め上げる
そう図書館は僕のステージ
しじまの中にそっと活けた
ささやかなポエムをどうぞ


お次は、「火花」

363 :タイガとココア:2009/11/24(火) 22:58:03 ID:nrURbuPG
【火花】

こびりついた ごはん粒
錆びたゼムクリップ

よっぱらった若者たちのはしゃぎ声
消毒されたゆか

古新聞の束
焼き鳥のにおい

火花がでるほどひっつかんで
ひっつかんで
混ぜて押してこねる

そんで固めて冷やして七階の窓から投げちゃえば

三分くらいで終わるから


次のお題は「初潮」

364 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/25(水) 01:11:38 ID:R6j0PFm7
「初潮」

ハツシオさん、という同級の女児の下の名前を漢字と共に教わったとき
僕は生まれて初めて人の名前に美しいと思わされた
けれど彼女はその名前ゆえに苛められていて
「ショチョー」という彼女への掛け声は僕が早合点したような
僕の知らない何かを共有している者同士だけの暗号じみた愛称などではなく
世のあらゆる卑猥なものに敏感な学友達の残忍な呪詛だった


「彼女の名前が僕らの前に世のあらゆる卑猥を呼び招きますように」


保健体育の授業を生あくびと落書きと消しゴム彫刻で過ごしていた僕の言語センスでは
何を言っても彼女の生傷絶えない心情の上に泥団子をぶつけるようなものだった



次は「超無敵ロボ」でお願いします

365 :鬼津月 ◆tBqj2O1lqQ :2009/11/25(水) 02:52:14 ID:C0/JVaCu
  超無敵ロボ

ムテキ、ムテキ、ダンダンダダン
超ー無っ敵ぃロボっ、ポエムイターZ

誰が読んだか
知らないけれど
俺には関係ないのさ
蕩ける自分の言葉を
今日も明日も
ただ連ねるだけ
くらえ、無反応砲
ひびけ、スルー弾
過疎も孤立も怖くない
だから俺は
超無敵ロボ、オー

ムテキ、ムテキ、ダンダンダダン
超ー無っ敵ぃロボっ、ポエムイターZ

―――――――――――――

お次は「雨女」で。

366 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/25(水) 03:52:23 ID:R6j0PFm7
「雨女」



A「ザアザアザア」

B「わあ、何だ」

A「雨の音」

B「うるさい」



A「傘を持ってきました」

B「持ってきませんでした」

A「Bさんはどうして傘を持ってこなかったのでしょう」

B「天気予報が晴れだったのと、Aが来ると思わなかったから」

A「ざーまーみーろー」



A「山へやって来ました」

A「私たちは」

A「そこに山があるから登る」

A「山ならどこにでも登る」

A「登る山はどこにでもある」

B「雨が降っているから帰ろう」



B「行く先々で雨が降る」

A「雨ー止めー」

B「何故かいつもAが居る」

A「止めー雨ー」

B「だからAは雨女だと思う」

A「ねーよ」

B「がーん」



次は「金魚」でお願いします

367 :タイガとココア:2009/11/25(水) 04:16:32 ID:PCkZ8QP0
【雨女】

君の下腹部は
大福餅みたいなカーブを描いている

時はさかさまに流れ、雨は空へと吹き上がる

ゆらゆらと微笑む午後

誰の足をぬぐうつもりだ?いったい

新しい法則で定義するんだ君の重さを

次は、『壁』

368 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/25(水) 08:45:32 ID:ntotgoYP

【金魚と壁】


出目金死んだ真夜中は
あの子とトンボ待ちぼうけ

祭りの帰りに
打ち上げ花火で通〜りゃんせ通りゃんせ

チョーチョーハッシの仮面を被って
夜道でタイクツ

嗚呼マリモ


出目金掬った朝焼けは
あの子とピンクの蛍光灯

凛々マナコで
後ろの正面だ〜れかと覗いた

ベンツべベンとべべベンと三味線弾きゃ
車中でフテ寝

嗚呼ニヒル


娘をさらって骸を返す
誘拐まにあの云うことにゃ
誘拐まにあの云うことにゃ

あの子はあの子は壁に激突さらに追突

嗚呼無常


嗚呼出目金



次回『恐怖のない紙』

369 :ボー ◆9E9rclwVwE :2009/11/25(水) 11:54:32 ID:0AOTK6jv
「恐怖のない紙」


なんか書きたくなった
つまらんことも
高尚そうに見えることも
一緒くたにするのがいい
恐怖のない紙の上なら
なにを書いても許される

それは二円で売っていた
地獄のように暑い
灼熱の風呂がまをひっくり返したような
文房具屋で
それはまっ黄っ黄
それは硫黄の匂いがして
それは温泉
いい湯だなって
浸かってみたら 大火傷
それは一枚の紙であり
秘湯
伝家の宝刀です、
と文房具の店主が言う

一枚二円で売るなんて
なんてリーズナブル
なんて常識的
煮えん、という意味とかけてるんです
と店主は言う
そうか煮えないのか
ぐつぐつ煮込んでも
灼熱のような熱さでも
煮えんのか
おでん屋さんも商売あがったりだね、と
わたしが言う
ここは文房具屋だから関係ないよっつーかあんたに関係ないよナンオブユァビジネス
店主は実は在日アメリカ人二世

恐怖のない紙に
なに書こう

やばい煮詰まってきた
紙の方は平然としてやがる
キーッ(;`皿´)くやしい
ないものからあるものへ
あるものからないものへ
移動していけ恐怖
そんで恐怖を分かち合いたい
いいだろう?

恐怖のない紙に
わたしの恐怖を書こう

わたしの恐怖を書こう



次は「小春日和」

370 : ◆zMyE.3DTFM :2009/11/25(水) 12:08:50 ID:4MLAxZth
詩とメルヘン

371 :名前はいらない:2009/11/25(水) 23:07:39 ID:be9Lt5VM
降り注ぐ木漏れ日受けて
ゆっくりと目を覚ます
あの頃の自分は疲れも知らず
憧れを両手に掲げて夢に励んでいた
桜の香りを感じながらあの頃の自分は
まぶしいあの太陽のように輝いていた
太陽を受け鮮やかに空を泳いでゆくしなやかな渡り鳥
今もこの空の先のどこかで誰かが
この木漏れ日を受けて夢に急いでいる

次は「沖縄名産ちんすこう」

372 :ボー ◆9E9rclwVwE :2009/11/26(木) 00:44:33 ID:CnSv5TCV
「沖縄名産ちんすこう」


中学校の修学旅行で
沖縄へ行った
沖縄の海に
大量のちんすこうをばらまいたやつがいて
そいつはE組の吉原ってやつなんだが
しょっぱいちんすこうの方が美味いんだYO!
とわけのわからないことを叫び
夕日に向かって走り出した
青春ドラマみたいだったのは
そこまでで
ちんすこうというネーミングを
少々もじって
具体的に言うとそこからニ文字取っ払って
卑猥な言葉にし彼が夕日に向かって叫んだ時
それはもはや青春という形の現実だった
真っ赤な沖縄の夕日と
赤く染まるさんご礁の海
その上にぷかぷか浮かぶおみやげ用、沖縄名産ちんすこう
卑猥な言葉
青春
私たちの青春

なんにもおもしろくないのに
なぜか笑っていた山谷と白石と私

笑った私たちも堤というやせメガネの先生に見つかって
罰として
あとから吉原と一緒に
海からちんすこう拾い集めました

後から食べました
しょっぱいような、しょっぱくないような
味がしました
きっとあれは涙の味です
笑い過ぎて泣いた、私たちの
くだらねえ青春の味です。



次は「ほら貝の気持ち」

373 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/26(木) 08:56:40 ID:dKsogjAl
【ホラ貝の気持ち】


水死したのよ

ポーラ、あの子は七つで私はまだ十だった

誰もいない庭で

静かな午後に

ホースの水溜まりが黄金色に輝いていた

ポーラ、ポーラ、ポーラ、

私達は双子のように繋がっていた

心の底の 隅っこに隠した本当の心臓を共有してた

ポーラ、あの子は死んだ

裸のまま、俯せに髪を乱して

神様は何故あの午後の日溜まりの庭にいなかったの?

神様は歌うことをやめた小鳥しか愛せないというの?

おぉポーラ、ポーラ、小麦色の頬のポーラ、

あの子の目はもうゆっくりとしか動けないけど

私には分かっている 私が彼女の目であり耳であり、拙い舌だから

あの子は空に戻りたいと 毎夜作り物の羽を探してる

ポーラは朝の空気が好きだった

ポーラは母の歌うエーデルワイスが好きだった

ポーラは道行く人々に笑いかけるのが大好きだった

そのポーラはあの日に死んだ

あの静かな午後に

ホースは小さなプールに繋がり

彼女は泳ぎ疲れてしまった

あの子はまだ七つで、海の底に潜ってしまったのよ



次回『夜とヤカンの汽車』

374 :タイガとココア:2009/11/27(金) 00:58:27 ID:HJiYW2DK
夜とヤカンの列車

煮詰まったら旅に出よう

ヤカンを火にかけて
カップ麺めがけて
かけてたメガネはずして

シュポッシュポッ
ツァーッズワーッ
列車に飛び乗り
ほんのひととき旅に出よう今宵は中華麺 



375 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/27(金) 01:15:51 ID:0utijHWD
>>374
次題をお願いします

376 :名前はいらない:2009/11/27(金) 06:03:59 ID:kBmXS9ri
「地下室の脳」

377 :名前はいらない:2009/11/27(金) 08:10:18 ID:ebZsbMHO

地下室の脳


アングラ活動
地下での革命

電子となろうとも
アングラは
地下での芸術運動

アングラ喫茶から
天の香久山
覧えたから

叱られました
地下から覧えた天の香久山ですから

アングラの
場所も
微妙です


次は「ハチマキ」



378 :ボー ◆9E9rclwVwE :2009/11/27(金) 17:32:17 ID:k9E128p0
「ハチマキ」


気合い入れますか
ハチマキしますか
ん?
なんか締め付けられる
ハチマキって
こんなに
締め付けられる
ものだったんだ
なんかやだ
やだやだやだやだやだやだやだやだ
「日本一」って書かれてるよ
やだやだやだやだやだやだやだやだ
奥田民生
みたいになりたい



次は「ポリネシア」

379 :空の箱 ◆1l2D9vOC.2 :2009/11/27(金) 23:36:52 ID:kH2nYayZ
ポリネシアから南に150キロ

僕はこの離れ小島に住むちっぽけな老人です。

主食はヤシの実

皮に歯を入れて器用に汁をすすります

時々ズボンの皮で魚を釣りながら空を見上げながら思います。

最近の飛行機はかっこいいなあと



「マグロとトイレットペパーとipodを持って旅をする矢吹健太郎」

380 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/28(土) 02:55:54 ID:hVi5yk92
「マグロとトイレットペパーとipodを持って旅をする矢吹健太郎」

「砂漠化する大空に種を蒔き水を撒いて
太古の彩りを実らせることをしている星々が居て
好意的に瞬いたのはきっと俺が少しばかり
民族の皮膜の下で膨れ上がる原人の血だの何だのを恐ろしげに語ったからだろう」

そう話した男は、漫画家だと言っていた

「尤も俺の作など受け売りと空想と思いつきだけの安物だったんだが
まあ生憎と種切れにはならない。このイヤホンがある限り俺の創意が途絶えることはないからな
これを耳にしているといつも誰かが様々な物事を途切れなく語り掛けてくるんだ
物優しい声で物語を歌ってくれることもあれば憤ろしげに気炎を吐いてくることもあった
いずれにせよ筆を持つには有益だった。俺の営為はこのイヤホンに掛かっていた
ただ、時が経つにつれて手放せなくなり、最後の方は二十四時間聴き続けていたな
最近は全く聴いていない」

ipodを見せる男の背後で
荒れ野の上で逆立ちをしているヤシの梢から
緑色のインコが飛び出して男の肩に留まった
懐いているようなので飼っているのかと尋ねると

「こいつは三年前に死んだ俺のインコだ。名前はマグロというんだ
防腐処理をしたから死体だけれど傷まない。何故動いているのか不思議だろうが簡単だ
ゼンマイを巻いたんだよ。だから空も飛ぶし水も飲む
夜はコートの袖で眠るんだ。まあ、死体が眠るはずもなく、単に動かなくなるだけだが
そういえばあんたは時計を沢山持っているな
俺のは一つしかなかったが、この間壊れてしまった。よかったら譲ってくれないか」

俺は頷いて、トイレットペパーを持っているかと男に訊いた
物々交換が基本だが、今はこちらに物資の不足は無い
トイレットペパーならあればあるほど望ましい

「ああ、トイレットペパーなら」

男は荷物の口をこちらに向けた
中にはトイレットペパーがぎっしりと詰まっていた
一本貰って
男に時計を一つ渡した



次は「折り紙」でお願いします

381 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/28(土) 05:10:20 ID:UOOxxDWh

【折り紙】


折った

望み通りに折った

隅から隅まで折った

夜に

昼に

ほとばしるままに

折った

なのに…


何故だ

何故なんだ

何が違っていたんだ

何処を見逃したんだ

何時から違うモノになったのか


折った

折られた

折り返した

男も

女も

同じく足並み揃え

折った

折られた

折り返された



次回『太宰を救え!』

382 :ボー ◆9E9rclwVwE :2009/11/28(土) 09:26:56 ID:XX9xSHOF
「太宰を救え!」


タイムマシンがもしも
発明されたなら
わたしは
三島が太宰を「嫌い」と言った夜に戻りたい

一家の長のように
かれを慕う文学徒たちに囲まれて
お山の大将気取る太宰
宵が暮れ
酔いも暮れ
ほろ酔い気分で良い心地
(よいがくれ/よいもくれ/ほろよいきぶんで/よいここち)

そこに太宰から招かれた三島が
ゴジラのテーマに乗ってやってくる
「はあ」
「そうですか」
「それはそれは」
こんな感じで
はじめはその場になじもうと冷静にふるまいながらも
三島は太宰という人間を見極めようと
観察に余念がない

太宰の言葉を
まるで神の言葉であるかのように
あらかたご箴言のように受け取り
ことごとく追従する、一座をかこむ文学徒たち
三島はだんだんいらいらしてくる
「こんなの馴れ合いだ。甘えだ。ことごとく欺瞞だ」

「私はあなたのことが、嫌いなんです」
ついに言った三島
いちいち凍りつく太宰の追従者たち
その言葉を
冗談と受け止めて笑う太宰
まわりもつられて
はじけるように笑った

太宰を救え!

三島、かつこよすぎるので
俺には無理。
太宰はなんにせよ救えないので
あきらめる。
というか俺2ちゃんねらーだし
無理。



「じゃあね、コンチクショウ、いいじゃない?」

383 :名前はいらない:2009/11/28(土) 09:39:58 ID:XX9xSHOF
次→「じゃあね、コンチクショウ、いいじゃない?」」です。
失礼しました。

384 :突然すみません:2009/11/28(土) 09:58:28 ID:0r6Nj7i8

無償で詩を投稿して下さる方、専用投稿先です。 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=poem2poem2

詳しくはLink先にてお尋ね下さい。

【詩板企画】2ちゃん詩出版計画【俺達の詩】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1258162669/



385 :名前はいらない:2009/11/28(土) 23:21:19 ID:0r6Nj7i8

「じゃあね、コンチクショウ、いいじゃない?」


しーばーらーあくー
歌舞伎座の舞台にて
写楽仕草訛り
止まらなくなった
ネカマさんの汗拭くうち

サディスティック
ミカバンドのタイムマシーンにお願いのフレーズ
止まらなくなっては

オペラ座敷の怪人
待ち侘びて
来ては怖い
その台詞訛り仕草




次は 『オペラ座敷の怪人』でお願い致します



386 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/29(日) 06:28:38 ID:iYHRJOYj


取り敢えずパンツ履きなさい

気障ったい仮面はいいから

パンツ履きなさい

欝陶しいマントもいいから

パンツ履きなさい

ここは日本です

座敷では靴脱ぎなさい

ボジョボジョ呟くのはいいから

基本から覚えなさい

こんにちは

ありがとう

さようなら

すみません

人間として覚えなさい


だから、君さぁ、いい加減・・・


仮面取ってパンツ履けって!!



次回『東洋クルクルサーガ』

387 :ボー ◆9E9rclwVwE :2009/11/29(日) 15:32:44 ID:7KlQP5uR
「東洋クルクルサーガ」


三回連続サーブミス
ふとももだけはムッチムチ
話し声はキャッピキャピ
東洋クルクルサーガの岡西さん

バレーボールで伝説を作ったろう!
そんな意気込みで三年前に発足
社会人バレーチーム
東洋クルクルサーガ

そのクルクルさが
半端ではないと評判
そのクルクルさーが
敗北の要因

岡西さんの
ムッチムチのふとももを舐めている時
「私、チームをやめようと思うの」
突然の決意の 提示

三回サーブミスったからって
辞めることはないんだ岡西さん
少なくとも俺は舐め続けるし
飽きてきたら
気分転換すればいいだけなんだ

かすかな汗の匂いがした
岡西さんを 抱きしめた



数年後
レンタルで借りたAVに
岡西さんが偶然出てた
ムッチムチのふとももを
男優に舐めさせて

俺は泣いた

ビデオの出版社の名前が
東洋クルクルサーガだった

そのクルクルさが
あなたに色々なことを経験させるんだね
そのクルクルさが
あなたを成長させるんだね
そう信じることにするよ

岡西さんのふとももを
一時停止にして
オナニーに耽る

夜が更けていく



次は「AV地獄」

388 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/30(月) 02:02:24 ID:Fohw+6Yg
「AV地獄」

一時、ネク●●●●ブン社は良質なメーカーか否かということで
友人と活発な議論を交わしていたことがある
友人が、「大好きなメーカーだ」と言ったのが発端だった
俺は彼にネク●●●●ブン社製作品の悪口を言った
作り物っぽい、やっつけ仕事に見える、演技が大根、etc
それに対して友人は一言、「は?燃えるだろ?」
どうやら俺と彼とは企画ものを好む点では嗜好の一致が見られるようだった
そこで、日曜の朝から友人宅で品評会を開いた
品評会は夕方にまで及び、酷く疲れた
外へ出ると、空が青かった



次は「登山」でお願いします

389 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/11/30(月) 10:29:13 ID:y9e8yRsV


     登山


パンチラ悟空の云うことにゃ

亀はカメでもハメれないならハハハとは笑えんな

ケッペキならばフィリピンパブでショッジョさんでも探しなさい


剥き剥きクリリンの云うことにゃ

気を溜め手を上げ優しく円描きゃ万事オーライ

菜っ葉のような女心は、揉んで揉まれて真っ二つに切り刻め


ステテコヤムチャの云うことにゃ

死ぬ気でぶつかりゃ愛はきっと燃え上がる

自爆覚悟で抱きついて、クヨクヨクタバル前に死んで恋


健作森田の云うことにゃ

人生登る前に諦めてどうする!!!

絶頂に登頂するのは若者の権利!いや義務だ!!

さぁ、あの白く柔らかい山脈上の赤い夕陽めざし走りだそう!!!


とイッタとかイカなかったとか



次回『あ、そこ曲がって右です』

390 :空の箱 ◆1l2D9vOC.2 :2009/12/02(水) 01:32:05 ID:DJJxrbDa
あそこ曲がって右です
そこで曲がって右に
そこは左に

まっすぐ歩いて

梯子を上って

階段を降りてください

その木を上って

飛び降りて


すとんと着地

毛並みを整えたら次の目的地までまっすぐに

「ポーラーエクスプレス小太郎塾さん」


391 :名前はいらない:2009/12/02(水) 18:52:14 ID:YE2T3R2A
■ポーラーエクスプレス小太郎塾さん

ポーラーエクスプレス小太郎塾さん 気体の中
ポーラーエクスプレス小太郎塾さん 吐きたいな
ポーラーエクスプレス小太郎塾さん 渇きを今
ポーラーエクスプレス小太郎塾さん 膠を剥ぐ

ポーラーエクスプレス小太郎塾さん 非情裡に
ポーラーエクスプレス小太郎塾さん 途方に着く

ポーラーエクスプレス小太郎塾さん
ポーラーエクスプレス小太郎塾さん
ポーラーエクスプレス小太郎塾さん



■AMERICA

392 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/12/03(木) 03:43:23 ID:EpyDfjJJ
■AMERICA

巡回サイトの更新チェックで一日が終わる
多分AMERICAでも

AMERICAといえばデリカット氏
昔キン肉マンのアニメのエンディングテーマを歌っていた

僕は、デリカット氏の「AMERICA」の発音が好きだ
「AMERICAでは」とよく、デリカット氏は言う
「AMERICAでは」
歌うように舌の上で
シャーベットの塊を転がすように

「A-」
跳躍を間近につぐみが膝を曲げるように

「mM」
ぱさぱさと落ちる乾いた小枝

「mE-」
控えめな爬虫類が大口を開け

「rI」
スマイル。あるいは記念撮影としてのシャッターチャンス

「c」
次の「A」音に甘えかかるように

「cA」
ヴェルタースオリジナル!まさに特別な子供のための!


「AMERICAでは」
と惜しみなく、デリカット氏は夢のように歌う



次は「夢」でお願いします

393 :名前はいらない:2009/12/03(木) 18:52:58 ID:lUIY8DQq
「夢」

これが最後のチャンスだよ←→明日は卒業式だから

ね 6700は出だしを逆にした方がいい

明るい毛色の大型の犬←→短毛でとことん賢い犬

ね 時の隔てを除いたならばこれもいっそ逆の方がいい

優しく階下に離れて暮らして
卒業したなら縛りはないはず

思って寝たのは違う人のはず
仕事も時間も障壁を超えて
わたしたちは今互いに自由

今が一つとは限らないのなら
今と今と今と今と今は
一つ一つ限りなく自由

 さて次の瞬間は何を選ぼうか
 明晰夢の見方をマスターしたなら
 無時間と無距離の領域へ

優しく胸を舐るあなたと
今夜どんな風に飛び回ろうか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お次は「きついくつ」でお願いしまっす。






394 :名前はいらない:2009/12/03(木) 21:58:58 ID:RxHO02PK
きついくつ

歩むには必ず足を痛めることだろう
色々詰め込みすぎて
あるいは知識で膨らみすぎて
共に歩んだ靴は
もうぱんぱん
それでも脱ぐ気はしないのか
それとも脱げなくなったのか
そのきつさがただただ愛しいのか

次「回想」

395 :名前はいらない:2009/12/04(金) 16:30:49 ID:M/NuI9xb

「回想」

炭で画かれた詩

その道の前

あの人
あいさつしていた

僕はこの道行くよと

まだ無名の頃

まだ
たくさんの人たち
知らない
遠くなった季節

あの頃の
風と空の色
その道の風景

その空気

炭で画かれた詩の風景画
前にして

筆 くちくわえ
髪切って

少年になろう
そう誓った
中性でなければ
やれない世界だと

その誓い記憶
混濁 清濁した
次元の波風
飛ばしながら


炭で画かれた詩世界から
全く違う
世界で頑張った恩恵を

僕は受けたのだから

その記憶
再生すれば
復活するのは


何故だろう


次は「ビューティフル
ジャパン」



396 :レイビョウ ◆MORsxq5HPM :2009/12/04(金) 18:38:50 ID:qB/DWS98

「ビューティフルジャパン」


知ったことではないさっ

切った目蓋から血がでようと、何がでようと

知ったことではないさっ

あの子がトランポリンから顔から落ちても、死んでも

知ったことではないんだろっ

ワタシが何をしようと語ろうと、何が何だか興味もないまま

知るつもりもないんだろっ

イルミネーションの光が煌めくドブ河、そこに浮かぶ顔、顔、顔・・・


どーしてか空が虚しい
浅ましい夢ばかり見てる
気分は牢獄ならいっそ電気椅子ください
プールで泳いでる犬を眺めて欲情するなんて
少女じみた妄想はもうたくさんだ強い強い強い縄をください

愛してるよ、多分


知ったつもりだったんだろっ

知りすぎたことを恨んでんだろっ

美も醜も整形番組のヤラセならどんなにいいかとか、笑えます

嫉妬してる場合じゃないよっ

しっかり打たなきゃいけないよっ

まずは目尻のシワから・・・


愛してるよ、自分



次回『ピーマン道』

397 :名前はいらない:2009/12/06(日) 02:08:43 ID:XRNvrWYR
「ピーマン道」
プラスチックの味がすると
床で手足ばたつかせ
泣き出した我が子が可哀相で

今日から特訓だと
細切れのピーマンを炒めながら

好き嫌いを示す生意気さに
愛しくなるのだった


次は「黄桃」でお願いします。

398 :名前はいらない:2009/12/06(日) 03:57:08 ID:Q+bSOuSQ
ずっとみていた
食べることが出来ない
どうして味を知っている
口に出せば同じ
腹の中で腐ってく
根拠なんてない
知らないことを知っている
想像力のない愚者
永遠に面白がれカス

次は 無自覚 で

399 :名前はいらない:2009/12/06(日) 06:55:43 ID:IJPa44Dk
無自覚なコロッケパンの中にいたオニオンのかけらは
僕の欠片だった
きみが食べてしまったコロッケパン
きみの欠片はどこにいるのか知っているかい?

次は「案内板」

400 :名前はいらない:2009/12/06(日) 10:20:25 ID:Q+bSOuSQ
案内板にしたがって行くと
ごみ箱のなかに精子を見つけた
仕方ないので病院で受精した
きみは神になったがキチガイにもなった

つぎは ああ言えばこう言う で

401 :名前はいらない:2009/12/06(日) 10:53:16 ID:LNPZmqHZ
ああ言えばこう言う
姦しや
怒り 頭を時速5697キロメートルの速度で振る
風の音だに聞こえざれり
but、たまさかにかかる声が聞こえてくるよ
「絶対にゆるさない…」
そうあれは8年前のことだった…

次の題は「ちょい愛されガール」

402 :名前はいらない:2009/12/06(日) 10:56:28 ID:Q+bSOuSQ
>>397 なんだこれ?

403 :空の箱 ◆1l2D9vOC.2 :2009/12/06(日) 18:19:33 ID:tMzZU+/U
かったるいかったるい

厚化粧の女が道を行く

かったるいかったるい

人生なんてかったるい

愛なんてかったるい

男なんてかったるい

私はちょいとほらファミレスで高いステーキを食べるみたいに

人生に必要な量だけ愛があればいいの

ほんの少しでいいから愛されたいだけ

孤独じゃないくらいでいいの

不純物を含んだ空気が私にはちょうどいい

完璧な愛なんて私にはもったいない

瞳に映るネオン色の涙


「美しいポリバケツを撫でまわすヌーディスト村の人たち」








404 :名前はいらない:2009/12/06(日) 23:46:54 ID:JEzgAPvp
「美しいポリバケツを撫で回すヌーディスト村の人たち」

晴れに温み
雨に冷やされ
雷に焦げた

そう全てはあの雷がきっかけ
誰もが臆病になってしまった

不安の隙間は悪魔の入口
雪崩のように一面を覆い尽くす

愚者は言った
雨を集めれば
魔の怒りは鎮まるのではないか

一糸まとわぬ旅人は見た
村一帯
雫に輝く雨の容器を
愛おしそうに愛でる
むせかえるような狂気の宴を

次は
「魔人ゴング」で

405 :名前はいらない:2009/12/07(月) 00:27:44 ID:818tmG5j
「魔人ゴング」

ブルーマンデー
いっそ七色の日々ならばお気楽だ

ブルーカラーか
ホワイトカラーか
メタルカラーか

どうだっていい
どうだって勝てない

ガンガンと響く痛みには
そろそろとやってくる煩わしさには

みどりのかみ
年末調整
この代わり映えのしない七色を調整してくれ

何も紅白でなくとも
鳴り響いている
いつも


次は
「スライム」

406 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/12/07(月) 23:20:07 ID:fjSgl+Wa
「スライム」

いつも寝ている
まだ寝てる
枕の下で
ぐっすり寝ている
ぶよぶよのスライム
上に伏せると
頭が沈む
枕の端から
はみ出して
首を包んで
顔を覆って



次は「ハンドル」でお願いします

407 :tunぐーすか ◆MORsxq5HPM :2009/12/08(火) 15:59:21 ID:nMBCSYFj

「ハンドル」


ある昼下がり

こころもち腹を下しかけていたワタクシは

買い物帰りの足を早め

近道を近道をと辿り

信号が青ならば神の存在を密かに感じ

ハンドルを過たぬよう、道を外さないよう敬虔に祈り

ギリギリ踏み切りの遮断機が降りた暁には

神を心底ナジリケトバシクタバレクソガと

蒼いほほ笑みを浮かべ

ナザレのイエスが如く荒野の家路を進むのでした



次回『ペットショップの風船』

408 :名前はいらない:2009/12/08(火) 21:33:25 ID:8c2pnaJ7
『ペットショップの風船』

話します
ペットショップで
言語を話しています
ペットが

人間と同じ
言葉を使い話しています

空には
赤 黄 青の風船

風飛ばし

時も同じく凪がれ
進化して
行きます

次は
『猿の惑星ならぬ人間の惑星』



409 :名前はいらない:2009/12/08(火) 21:48:46 ID:g8uDFaK9
ちゃんとペットに餌あげようよ。

410 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2009/12/10(木) 03:12:17 ID:UkUVEPzA
『猿の惑星ならぬ人間の惑星』

一番の
セクシュアリティが実をやすやすと
貫いていく

優しい知性は女性の学者
天国のような柔らかな手が
剥きたての肌をその動作毎に
そっとそっとそっと愛でてく

さん にい いち ぜろ
遡る 星の記憶と 光と 収束と解放
その匂いがまた これ ああ 含んでいる

ここは外惑星の公会堂
大柄な神父はその下に
何もつけないのが宗派の決まり

氷河期を越えて 崩壊を超えて
今異形の愛と巡り合う
足の多さなど気に止めなさるな
カーキと血の色に染まる月の
どうしようもない欠乏感の引き寄せ

目の多さなど気になさるなよ
あたしの豊かさはこの胸に鈴なり
さあ含んでそっと転がし
星が一つのシアターであるように

数億年の昔からありふれた
歌や踊りや呪詛の祖たる
儀式をただ 滑らかに 執り行う
惑星は ただ 清らかに 輝く

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
お次は「背中の口付け」でお願いしまっすーー

411 :tunぐーすか ◆MORsxq5HPM :2009/12/10(木) 15:48:16 ID:lrHLgupS

「背中の口づけ」


ダックスフント死亡!
ダックスフント伸びすぎて死亡!

そんなニュウスを聴きながらパスタを茹でると案の定
パスタが鍋から躍り出しイタリア語チャイニーズ訛りで泣きだした

あぁ女 女ってやつぁ女の腐ったような男だね

背後から刺しといて愛してるなんてKiss

尋常じゃないよおとっつぁん

ダックスフント伸びすぎて死亡!
ダックスフント青信号中に渡り切れずに死亡死亡死亡……



次回『心霊写真vsノゲイラ』

412 :名前はいらない:2009/12/10(木) 19:11:25 ID:KUxHEPTQ
「分からない判断」(仮)

今の世の中は最悪な出来事だらけ!
嘘や真実が混ざる世の中はもう耐えられずにいる
この先の事考えるとダメになるとか
そんな事ばかり考えてる自分はダメな人間なのだろう
耐えられたら良い事が起きるかもしれないが
耐えられていても良い事が起きなかったらどうしてくれるんだ!
理屈に思えた自分に対しては怒ってるかもしれないが
人の事なんて親友だとか家族だとか心の中なんて知らないのに
なんで噂を流すのかを教えて欲しい。




413 :名前はいらない:2009/12/10(木) 19:20:08 ID:KUxHEPTQ
>>412スレ間違いましたすみません。これは錯覚だ。

414 :tunぐーすか ◆MORsxq5HPM :2009/12/12(土) 21:53:05 ID:Dt+hTRNy

【心霊写真vsノゲイラ】


少年の肩から青白い手が覗いていたのです

そこは昔、死刑場だったとかで別名首切り峠と呼ばれてたそうです

この道を夜通ると首のない武者姿の行列を見たなんて話もちらほら

ほら、この手もよく見ると赤い小手のようなものをしてませんか長嶋さん?

えぇ確かにこれは鎧の一部に見えますね谷川さん

では、世紀の一戦の始まりです……


ジャッジ、ジャッジ、ジャッジ、ファイッ!!!

ノゲイラ素早いタックルからすかさず少年の肩の手を極めにかかったァ!

あ、ダメですね。関節自体がはなから壊れてます

今アッパー入りましたよ。ノゲイラ効いてますねぇ

ノゲイラ今度は裸締めに……あぁなんと首がありません!

万事休すですかねぇ。魔裟斗さんどう思われます?

…少年泣きすぎでしょう



次回『花言葉』

415 :名前はいらない:2009/12/14(月) 00:56:59 ID:6srpdxMO
「花言葉」

寂しさに潰れてしまいそうな時は
懐かしい時間を繰ってみる
そこには優しい香りなどは無いので

生花をむしり
ブリザードフラワーは水につけ
ドライフラワーはスチームアイロンで

そこに気持ちはないのだから
皆壊してしまおう
そこに答えはないのだから
皆食べてしまっている

消化して忘れてまた次の花ら鼻へ
鼻から口へ

416 :名前はいらない:2009/12/14(月) 00:57:51 ID:6srpdxMO
お題忘れました

「そんなデブじゃない」

417 :tunぐーすか ◆MORsxq5HPM :2009/12/14(月) 23:07:27 ID:5oWNBnoH


漫才やコントを見ながら思う

なんでこいつら人気あるの?って奴ら

誰でも一人はいるよね

なんで恥ずかし気もなくそのネタ推すの?って奴ら

何処にでもいるよね

救いようもなくお笑い戦闘力の低い奴

使いようもなく場違いに気づいてない奴

例えるなら

まともなデッサンもできないのにピカソっちゃう輩

ヘタウマですらない何も生まないセンス

そういう意味じゃ笑っちゃうよね

けど大概すぐ消えちゃうよね

やっぱみんなツマンネーと思ってたんじゃんと

今までの人気は誰の差し金だったんだと

ストレス溜まってバカ喰いした夜には 

鏡に向かって

そんなデブじゃねーなと

独りごちる

独りごちる



次回『9・11』

418 :soft ◆soft/e/9Do :2009/12/16(水) 03:52:21 ID:9Q6a6QbY
「9・11」
あの時僕は中井貴一とFF8の歌を歌った事でちょっとは日本に知られたフェイ・ウォンだったか
そのドラマの最終回を見ていた
2001年だよな
2000年問題なんて社会に出てすらいない僕には何にも関係なくて
対岸の火事のように面白がって何が起きるんだろうとわくわくしていたっけ
ドラマの最終回は急遽、別の映像に切り替わった
ツインの巨大なタワーの片方の側面から煙が出ている
やがて大騒ぎは世界的な大騒ぎになっていった
僕は思ったんだ
わあ、映画みたい、と

ある時、こんな思考を持っていた事があった
日本人はハワイの軍艦その他を沈める事しか出来なかった
沢山の米兵を殺してやったが、それは全て兵隊だったろう
それにしたらアラブ人は立派だ
アメリカの政治的ではないが、世界の中心というか
アメリカの象徴を見事に粉砕してみせたのだから、と
人種のるつぼよろしく、あのタワーには様々な国籍の人間がいた
そして死んだ

原爆を落とした米国人のパイロットは正しかったと今でも言う
言わされているんだろうなと思いたい
僕らは散々見せられたんだ
あんな物、幼い子供に見せちゃいけない
感覚が鋭敏な程、脳裡がスパークしてしまう
僕がそうだった
そのニュースを1945年当時のアメリカ国民は喜んだ事だろう
あの映像を見せられて僕らは戦争はイケナイと教わる
アメリカが悪い事をしたとは教師達は誰一人言わない

僕は、9・11という事象に対して、詩を紡ぐことはできない
読んでくれ、稚拙だろう、大したレトリックも使えないで
随分下手糞な詩だろう

圧倒的な現象は詩で表現すべきじゃない
放棄したい、詩として言葉を閉じ込める際、そこに必要なのは抽象化だ
僕はあの夜の事を抽象化なんて出来ない
ただ、思うのは、人の事は人の事という事だ
2ちゃんねるのニュース速報板は次々とサーバダウンし、臨時板が夜勤によって乱発された
お祭りだったのだ
あれは日本人の僕らにとって趣味の悪いお祭りだった
祭りの後

今もアメリカは大統領が代わっても祭りの後を見続けている
さぞ虚無感に包まれたろう、いやもはやそれすら感じなくなったか
___
次のお題
「クリスマスケーキ」

419 :tunぐーすか ◆MORsxq5HPM :2009/12/16(水) 15:22:51 ID:rJAY/cYT

【クリスマスケーキ】

薄幸の美少女死んだ

尻四つに割って死んだ

唇クラゲみたく膨らませて死んだ

髪振り乱して最終的に櫛で整え死んだ

目を裏返し一周し真っ正面見つめながら死んだ

フケを気にしながらワキガには気付かず死んだ

窓という窓を割り業者に張り替え頼んで2分後にキャンセルして死んだ

とにかく死んだ薄幸の美少女

クリスマスケーキ大量に買い集め町の広場に積んでその上に窓から飛び降り骨折した

救急車で搬送中ストレッチャーから落ちて

ポコンと死んだ



次回『海賊の血』

420 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/12/18(金) 00:32:56 ID:Mk0g5WXS
「海賊の血」

ノれないからと
少女はダンスフロアを降り
悲しげな踊り手の息遣いを他所に
満足げに簡易ベッドに身を横たえて
目を閉じた

眠る手足を夜闇が舐めるので
洋上の船室に揺られる夢を見た
丸窓から雲とマストが見え
ピストルをぶっ放すと
板壁に弾痕の星が掛かる



次は「金属疲労」でお願いします

421 :名前はいらない:2009/12/18(金) 14:51:08 ID:636KwZwp
「金属疲労」

子供だましのはずだった汗が目に染みる

紙芝居の片手間
揃って驚き目を見張る
水飴が足りないほどだ

大人さえも騙されるなんて

老いた体には少し重すぎた
友人が金属工場に居たが為に

今日も周り道をして家に帰らねば

「金属人間金属人間」
歓声を背に

次は
「オーガニック中毒」で

422 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/12/20(日) 22:52:49 ID:uD806T6v
「オーガニック中毒」

輪郭線をはみ出した色を
処置するために
三角形に人体を切り分ける
ばらばらの身体は
鍋に放り込む
この口で
その口で
かの口で
あなたの口で
よく出来たシチューはフランスパンと共に
副菜はサラダ
シチュー皿の傍らに小鉢を配し
食卓の中心に据えたサラダボウルから
配り分け
流水に晒したレタス
手のひらの上で
切り分けたトマト
よく蒸かされたポテトサラダとして
副菜の位置でかわるがわるシチューと共に
明々と光る口腔を経て
瑞々しく冷えた胃袋の中へ



次は「失投」です

423 :tunぐーすか ◆MORsxq5HPM :2009/12/21(月) 05:40:47 ID:Z4Qruxfk

【失投】

某所にて

捻れきった花瓶に花を投げる

ポチョンと毒蛇が逆さに刺さる

リチウム電池が静かに転がる音は悲しすぎて

スポイトで影を吸い取った

バランス
バランス

みんな誰かを傷つけないよう

アンバランス
アンバランス

涼しい詩ばっか写してはマンネリ

裏まで振りかぶって高速カーブで投げる言葉は

神サマだって敬遠してら


バランス
バランス?

そんな落ちないフォークじゃ豆腐にだって刺さらないから

アンバランス
ランバダダンス!

本腰入れて言葉をもっと捻り込もうぜ



次回『邪メール』

424 :名前はいらない:2009/12/21(月) 17:54:33 ID:1aYKOdM2
【邪メール】

あなたにとって
あたしは白
メール
送りました
届いたでしょうか?

あなたの心が
見える気がするのです

↓【待ち人】

425 :名前はいらない:2009/12/21(月) 18:53:41 ID:wYNWT/2Z
【待ち人】

私は待っています
あなたを待っています
いつまでも待っています
あなたの笑顔に出会える日を
いつまでも待っています
あなたの気持ちに触れられる日を
いつまでも待っています
あなたと未来を供にできる日を

次は【帰り道】

426 :名前はいらない:2009/12/23(水) 23:28:57 ID:QbqtQOGH
帰り道

寒さを語る白い吐息が
夜空に散って帰るように
私の歩みは確かな
冬を奏でながら
星空の下を行く

次「感情移入」




427 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/12/25(金) 03:46:44 ID:Ojh/7Z8L
「感情移入」

七万回復唱する
幾つもの愛蔵書にある言葉の数々を
それがいつものことなので
急に止めると感情が壊れる



次は「鈴」でお願いします

428 :tunぐーすか ◆MORsxq5HPM :2009/12/25(金) 10:18:13 ID:b/XtNoSG

【鈴】


明日は火の刻
言葉を持たない虫達が鳴く

明日は血の刻
顔の無い処女が啼く

明日は無の刻
教会の鐘が遥か魂に谺する


終わりは娘が拾う骨
始まりは気のふれた野犬の慟哭


明日はただの刻
それでも胸の鈴は何かを告げる


合掌…



次回『遥か、幻陽』

429 :名前はいらない:2009/12/25(金) 14:55:27 ID:VBy0Hs8q
【遥か、幻陽】


意味のないことに
意味をつければ
遠くに逃げられる


近くにある遠さを
だんだんと忘れていった明日
最果ての香りのするあの光が
何よりも愛しかった未来


銀色の世界で
白い僕は見た
大きな背中にさよならをした


ああ、僕の目が潰れたのは
いつだっただろう


そう考えることに意味はないのだと
昨日の僕はまだ知らない







次は【柊】で





430 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/12/26(土) 22:19:21 ID:JXAhlMSs
「柊」

ざっくり切れた手のひらは
柊の鋸葉に少し似る


次は「霜柱」でお願いします

431 :名前はいらない:2009/12/26(土) 23:53:19 ID:uTYF2zO3
「霜柱」

レジからガチャン!
ガチャンガチャン!
グラタングラタン!
こんがり焼けましたよ
足にぼとっと落としましたよ
叫んじゃいましたよ

帰宅帰宅
そっと帰宅
寒いよ寒いよ
笑ってたのはほんとだよ
寝てみれば泣いてみたんだよ
疲れちゃいましたよ

やかましコケッコ!
コケッココケッコ!
結婚結婚!
みんな知らないんだよ
お庭は裸足に靴をあげたよ
笑っちゃいましたよ



次は「さいたま新都心」でお願い致します

432 :tunぐーすか ◆MORsxq5HPM :2009/12/27(日) 17:45:40 ID:D2K2+SMD

【さいたま新都心】

ペネロペクルスがさいたま新都心で泣いていた
俺、夜勤明けにドゥシマシタ〜ってネイティブな片言で聴いたら
うどん食いたいねん!香川の太い太いうどんめっさ食いたいねん!!ってペネ公
俺八ッハーンて。ついに来たかと、日本食ブームもようやくここまで来よったかと
アジアの世紀が来ると言われてウン十年、いよいよ始まりますか
こうしちゃいられねーってんで、さっそく羽織袴買いましたよ
チョン髷は…まだ早いなと。えぇい、ここは耐え時よ!いつか堂々結える日がくるさ
原宿通りがカラフルな髷に埋まるまで、あ、暫し、暫しのご容赦を〜っ!!

って歌舞伎のポーズ決めたらペネ助、OH〜サームラーイ、とかお決まり白人台詞はきやがった
…やるっきゃねーなと。もはやホンモノの侍魂見せてやるしかねーなと。
サームラーイ?トマート?実際締まりのない発音だよ
自由?正義?何様のつもりだメリケン共

俺は日の本ニッポンラストサムライ!
神風頼みの政治家頼み、腐った国民斬って捨てるにゃ刀が惜しい
見せてやりましょ男子の本懐。守るべき風習、新たな時代の魁となり
散らすは徒花!咲かす血の花!とくと御覧あれぃ!!!


「OH〜セプゥークー!」



次回『風邪マニア』

433 :名前はいらない:2009/12/28(月) 09:49:41 ID:2f7ARNT6
風邪マニア

ふらり ふらり
たゞ,気の向くままに
寂れた古本屋などに立ち寄り
愛想の悪い店主
求めたる書を無言で包む
風強き街を再びさまよう

厭人病者の私には
浮き世より逃げる
理由が欲しい

親兄弟を幾度も殺害し
その度臆病心が痛んだのだ
無論空虚な夢想談故に

近頃は仮病の類に凝っている
文献を漁り妙に博学になったから
毎日違う風邪を引いている

「風邪気違い」
隣人の嘲笑にはとんと気付かずに

次は
「キシリトール」で

434 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2009/12/31(木) 23:27:56 ID:cJErsC6D
「キシリトール」

まだ食べ過ぎてるの
ジャーで買ってる緑のそれさ
二つは一緒に噛むのさ

ってって
今年外に出たのは一体何年ぶりなのさ
伸びかけてはすぐまた刈る頭髪

痛めつけたい気持ちをそれじゃあまるで
「キャロルーーーーーーーーー」て言ってた
シンガーみたいじゃん

ここ綺麗でしょ16階のカフェ
まだイルミネーションついてらこのまま
年明けまで電力は休みなし ハッハ
冗談住む気はないでしょ
原発の町にメリクリジョイノエウ

いつまでも流れない時間
君の部屋には古い大正琴と「はいからさんが通る」
電話とFAXがいつまでも友達で
それで人一倍気を遣う健康

アレルギーに大事だね埃は確かに
耳にかかればうっとおしい髪
口臭はいつも悩みの種だね

ねえマロンラテどう?
君のコテ僕知ってるんだよ

ってって
ヒデキが言ってたあの歌と一緒
「・・・・ロー ・・・・・・オー・・・・・・ 
ラーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」

良く出てきてくれたね僕の
僕の 僕の 緑のジャーの君
二個いっぺんに噛むのが流儀

ーーー−ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お次は「ドリカムは嫌い」でお願いしまっす ちゅっ


435 : ◆75PSbtSdd2 :2010/01/01(金) 01:21:30 ID:3wqXYM18
「ドリカムは嫌い」(1/2)


「やっぱ、ミワちゃんってすごいよねえ」

ん?何が?

返事を返すのに、0.5秒くらい遅れをとった私
さっきから大根の千切りに必死なのだ
人参は切り終わったんだけど 大根は切っても切っても切り足りない気がするのだ

「だからさあ、声量とかパンチ力とかさあ」
みっちゃんは落花生をポリポリ口に運びながら 念を押してくる

ああ、うん。そっかもネェ

と言いつつ チラっと見た衣装が チョットちがくない?と思っていたし
何より その前のエイちゃんのあの登場が頭から離れなくて
紅白見ていて良かったと思ったのは何年ぶりだろう? とか変なところで感動していたからだ

「なんか空返事だなあ」

と不服そうな言葉がよぎったので

ん?そんなことないよ、次、北島サブローでしょう?ちゃんと聞いてるし、聴いてるよー

と とってつけた(バレバレだなぁ)
明日の夜には膾が出来上がってくれていないと困るのだ
千切りが終わったら、柚子の皮をむいて混ぜるのだ
冷めてきた 味付けの終わったお酢の匂いが台所に充満している

紅白と膾(なます) 
歌手の歌と千切りとお酢の匂い そして柚子
それが みっちゃんと私の大晦日だ 毎年だ 恒例だ いやマンネリだ

救命病棟のドラマの時に流れた時にはもっといいような気がしてたけどさ
なんだか 今聴くとそうでもないネ、紅白向きじゃないのかもね

「嫌いなの?」

ん?そうじゃないけど、なんかちょっと場が違うかなあって。私の気のせいだと思うけど。

好き嫌いの話になると結論が出なくて面倒なことになるので早く切り上げたい気持ちもあった
でもさっきのエイちゃんは 歌は知らないのに とにかくカッコよかったと私はまだ思っている
千切りをしながら


436 : ◆75PSbtSdd2 :2010/01/01(金) 01:23:23 ID:3wqXYM18
(2/2)


はやく 無事に 終わればいい

歌の力でもなんでもいいから、誰かが誰かを救ってくれればそれでいい
なんにもできなかった私は 色々あり過ぎた一年を 今日一日の最後の千切りに賭けている
選び抜いた真っ白な大根と 鮮やかな朱の人参の千切りに だ
そしてお酢は体にいいのだ と頭の片隅で思いながら

「でもやっぱり『祭り』なのかなあ〜。トリ的には。ていうか日本人的には」

言うことがアッチコッチするのは みっちゃんのいつものことだ しょうがない
365日のうちで演歌も悪くないもんだなぁと思える 稀少な日でもあるけれど それよりもっと
ドリカムは嫌いだよ、とはとてもじゃないけれど口にできない

はやく 無事に終わればいい

紅白も終わって行く年来る年になって 千切りも終わって 柚子の匂いに安心して 
そのうちに除夜の鐘が鳴りだして 一斉に花火が鳴って 地元の神社にお参りに行く人たちの道行く声が聞こえてくればいい

ドリカムが好きか嫌いかで みっちゃんと私の意見が違ってもそんなことは 正直どうでもいいのだ

一年経ったのだ
一年が終わったのだ
そう思いたいのだ

そして明日 元日の夜には ささやかながらの御節を 自分で作った膾と一緒に
いつも通り食べるのだ
もう膾作りを私にバトンタッチして ノンビリしているみっちゃんと母娘二人
いつも通りのことを いつも通りにしたいのだ
ただそれだけを 願っているのだ


---------
次は、『運』 で。


437 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/01/06(水) 05:55:50 ID:X4U9SvGH
「運」

茹で上がる海老の色を見て箸を入れ
鍋から吹き零れる灰汁混じりの泡が
眼鏡を曇らせる蒸気の壁を通し
鼓膜を刺してリズミカルなゴボゴボを揺するので
慌てて火力を弱めたところ
ボンベの残量が少なかったらしく
危うく火が消えそうになる

鍋は予定より遅らせた

予定では早めに平らげて
年越し蕎麦を啜るつもりでいた
そうしなかったのは
いざレジに並ぶ段になって
ケチりたくなったためだ

年越し蕎麦

金が勿体無い

金が勿体無かった
何を買うにも勿体無さと天秤に懸け
多くの品を見過ごした

もし運があったとしたら
勿体無さが貯蓄してくれていると思う
今どのくらいだろうと思うと少し楽しみだ



次は「運送屋」でお願いします

438 :名前はいらない:2010/01/09(土) 13:32:45 ID:5u3y0JVl
「運送屋」

雨の降る古びた街
いつもの様に陽気な顔で
運送屋は重い想いを運び続ける
エンジンの壊れた怖がりな車で
大きな荷物を持って行く

次は「黒と白」でお願いします

439 :名前はいらない:2010/01/09(土) 16:58:21 ID:Tt9VALQW

「黒と白」

ある日
僕と君は定番の電子上の
グリーン
そこでオセロとなった
挟みめくり変わる
白と黒
そのうち相手変わり
君はオセロ版と
なってしまった
それも当たり前
当然だといわんばかり


或る季節

君と僕は
ピアノの鍵盤となった

♭は切ないライン送り
そして
君はピアノになっていた
僕はギターに鳴りたいと
意見分かれ

それは分かれ道

ある人たちには別れ道となった

め隠ししながらチェスやるみたいに
オセロはそれは出来ない
めが見えなくともピアノは鳴る

でもその色は手で触れただけでは見える事無く

実際 黒い翼
広げ飛ぶ
姿

白い翼
倒れた羽の色その物語

その二色だけの世界へ
住みたく無かった

その二色だけの心しか知らない世界には


次は「パステル」



440 :名前はいらない:2010/01/10(日) 14:33:03 ID:50uvKSy0
ぱすてるさんというひどく平凡な女の子がいました

その子の中身

あんこの様に甘く

ねっとりとした胆汁の様な質感

まるで腐ったシチューの様にそれは彼女の体の中を渦巻いていました

パステルさんパステルさん
あなたの中身をひとくちください

「発毛地帯」

441 :名前はいらない:2010/01/12(火) 00:18:16 ID:ARfd4SzL
見たい
知りたい
君の発毛地たい

「缶チューハイ」


442 :名前はいらない:2010/01/13(水) 06:11:23 ID:JCsZPBXL
喉の酸っぱい甘みが吐瀉物に変わって
便器を汚していくよ
可愛いパッケージに隠れるアルコールが
最高に気分を悪くさせる
こんなもの無くなればいいのに
コイン一つでハイになれる
危ない薬だ
明日あの娘に飲ませやろう


「テレ東」

443 :名前はいらない:2010/01/16(土) 15:36:32 ID:xhU1fqzg
「テレ東」


テレッテレー東!!

次「ぽいうー」

444 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/01/18(月) 21:32:30 ID:0VU9EPFx
「ぽいうー」

平坦な道を敷くということ

糸のように細い道

通れずに肩幅を削る
我が手で削り金を握ったというのに
痛みに目が暗くなる

平坦な道では上が見えない
目を伏せなければ見えないものを見るため

平坦な道では広さに身を躍らせる
険路がどこにもないため

平坦な道では痛みに汗を滲ませる
険路に身柄を裂いたため

平坦な道では声は小さくなる
棘を刈るため

重なりゆく破綻を前に
先を細めて
ぼやりと光る向こうの光が
細めるほどに強まる光



次は「ベン・ジョンソン」でお願いします

445 :ゼロタロウ ◆PKKEvURXbjYu :2010/01/23(土) 06:54:11 ID:aO/c7/Jk
「ベン・ジョンソンって誰だよ」
「英語の先生に聞いてみた
スポーツ選手らしい」
「野球選手かな」
「どうでもいいけど」
「便所ンソン」
「言うと思った
つまんねーんだよ死ねよ」
「はらへった」
「牛丼でも喰いに行くか」
「カレー味のウンコと
ウンコ味のカレーどっち食べたい?」
「今日は金あるし特盛り喰いてえ」
「便丼ソン」
「やめろやアホ」
「ドンドコドン」
「意味わかんねーよ」
「俺もわかんねーよ」
「……だるいな」
「早く牛丼屋行こうよ」
「……おまえ」


次は「マイケル・ジャクソン」で

446 :tunぐーすか ◆MORsxq5HPM :2010/01/28(木) 21:14:16 ID:KhN4lucb

「マイケルジャクソンなんで死んだんだっけ?」
「クスリのやり過ぎだろ」
「シャブ?コカイン?MDMAエクスタシー?」
「ちげーよ。なんかの痛み止めだろ」
「エンジェルダスト?」
「だから麻薬じゃ…お前やけにクスリに詳しーな。まさか…」
「さ、牛丼屋行こっか!!」
「おい、待てよ!」
「今夜はビーフイットだぜぇ!!バット、しかぁしビーフジーンも捨てがたしポー!!」
「おま…今も変なモンやってんじゃないのか?」
「・・・・・・」
「おい!なんとか言えよ」
「……すまん」
「いつからだ?」
「…先月から」
「量はどのくらい?」
「鼻と目蓋を少々」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・整形か」
「・・・・・・整形だね」

「特盛り、おごるぜブラザー」
「ポーーーゥ!!!」



次回『真ん中スプレー』


447 :名前はいらない:2010/01/31(日) 22:56:55 ID:E3+nVoNh
『真ん中スプレー』

「チャッチャラチャッチャッチャー、真ん中スプレー〜」
「・・・・・・・・・何だ突然、どうした」
「これは色々な物の真ん中を消せるのだ!」
「そうか、良かったな。何を消すんだ?」
「信じてないだろう。でも、これがあれば大丈夫!」
「信じてる信じてる、で、何を消す?」
「言葉と了解の真ん中にあるモノ」
「分からん、何だよ」
「理解さ。このスプレーで、理解を消せる」
「理解を消したら、信じることだって」
「できるさ、無条件に信じてくれる」
「――お前は、それでいいのか?」
「何が?」


・・・・・・猫型ロボットの秘密道具に見えたんだorz
次回『こうかい』

448 :鬼津月 ◆tBqj2O1lqQ :2010/02/28(日) 02:10:38 ID:HyyB1OFd
  こうかい

振り返った
水尾の消える先
創られた飛沫は
ゆがんで沈む
水面にまいた種の
朽ち果てた未来
描いた記憶は
たゆまぬ波に
のまれて青ざめる
何も残りはしない
忘れられた白い泡
世を切る舳先に
錆びた背を向けて
見おくる水尾の隙間には
だだっ広い、かたい空を
鈍く敷き詰めていく
目の前にはずっと
後ろしかない

―――――――――――――

お次は「竜宮の遣い」で。

449 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/03/09(火) 01:46:52 ID:fhXK24Eo
「竜宮の遣い」

夜から落ちる
水飛沫
亀が来て足を咥え
すいすいすいすい泳いでいく

「ガベガバゴボガベ」
「竜宮城へ行くのです」



次は「洗濯機」でお願いします

450 :名前はいらない:2010/03/09(火) 03:11:59 ID:xyI/bVPH

「洗濯機」

ことばを洗いました

雨で

なんだか余計

泥のまみれた雨匂い

だから洗濯機で

詩を洗いました

泡立ちよく
よく落ちました

何もかも ことば

意 詩そのものさえ

洗い消えました

洗濯機の終了音と共に

開けると洗いもの無く

空でした何も在りません

よかったのでしょうか

着る素材がほしいです


次は
「素材」でお願いします



451 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/03/13(土) 00:22:50 ID:cYN/zEdr
「素材」

まさかりで叩き割る
薪薪薪
抛ったら

目の奥で火種が弾け
音があちこちに飛び回り
見えねえ
何も見えねえ
炉心のような頭

飛び出て行きたがる


次は「ピアノ」でお願いします

452 :名前はいらない:2010/03/13(土) 01:42:05 ID:6h9JrI/I

「ピアノ」

強くなんか
ならなくていい

そう弾いて

柳のしな垂れ
風 沿うように

弾いた

強さとは間違えば

在る強風にて荒々しく

醜く

強くなんかないよ


信じられるものさえあれば

心づよいから

ほら
あの小鳥
ショパンの光のよほに鳴いている

次は
「輪廻」でお願い致します。


453 :名前はいらない:2010/03/14(日) 19:42:01 ID:q9t6/R8k
輪廻

殺風景な病室で息子と再会した

ああ、懐かしいなぁ
垂れた目元なんか昔のままだ

光がこぼれ落ちる笑顔も
心を満たす温かい声も
強く優しい体温も
昔と何も変わらない

あの時は随分早く死んでしまって苦労をかけたね
すまなかった
現世は長生きするからずっと一緒にいよう

これからはよろしくお願いします、お父さん



次は「もしも嘘がなかったら」でお願いします。

454 :名前はいらない:2010/03/17(水) 08:17:16 ID:KdPc18Gf
「もしも嘘がなかったら」

オブラートで包んでない薬

飲み込むのはとても辛いこと

「良薬口に苦し」と

昔の人は言った

耐えるしかないんだよね

耐えるしかないんだ





次は「囚人」でお願いします

455 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/03/24(水) 02:53:34 ID:9Jd20zj5
「囚人」

自らの瞳に囚われた人
僕の恋人
いつもあなたはその澄んだ瞳に集約される
使い魔みたいに
瞳の中に存在を展開させる
だから僕はあなたによって安堵しない
あなたの声と
しぐさと
息遣い
あなたの動作に従って
初めて僕は安堵する
あなたの幻覚に
軌跡としての幻覚にのみ安堵する
檻を作ってくれよ
軌跡の林間に
波立つ動作の渦の狭間に
僕の椅子を置いてくれ



次は「おでん」でお願いします

456 :名前はいらない:2010/03/24(水) 17:42:02 ID:V/HvPrwg

「おでん」

春の旬の
おでんが一番
美味だそうです

ただ その
春の旬の素材とは何ですか?

判れば
「春のおでん」は詩集ともなるでしょう

次は「クリエイター」



457 :名前はいらない:2010/03/24(水) 23:46:13 ID:TaZifkAI
「クリエイター」

何もなかった
差しのべたその手にも
僕にも
君にも
ありふれた言葉に押し込んだ
本当の声さえも

不意に気づく
何もないように見えても
見えないだけでそこにあったのかも
見えないから手探りだけど
確かめようがないけど
確かめる必要なんてない

空を仰ぐその手から
やがて生まれる上昇気流

何もなくたって
何だってできるってこと
信じてみようよ



次のお題は「綾」

458 :名前はいらない:2010/03/25(木) 22:29:49 ID:L7C7i+U/

「綾」

平山綾さんが主演した
映画
「ラバーズ キッス」の世界と

IPログの世界の違い

あの原作の漫画のような空気をと求めて

そうです 散 でした

次は「散」で
お願い致します



459 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/03/29(月) 04:34:36 ID:WtM7V29s
「散」

この箱の中に
割れたガラスが沢山収まっている
塵のような虹が映り
嫌な気分になる
誰かと思い
また嫌になる
虹が太くなるばかりなので

虹が映ったまま
ガラスの上に箱の蓋を閉じる

綺麗だったのに

綺麗だったのに


次は「網羅」でお願いします

460 : ◆75PSbtSdd2 :2010/04/08(木) 02:17:20 ID:Ek3haSDf

「網羅(モウラ)」


さくら
サクラ
雪みたい、
光る。


さくら
サクラ

風が吹こうと
雨が降ろうと
その使命果たすまで
決して散らぬ
桜、

さくら
サクラ
時を追い
空も染め

雪みたい、
光る。



-------------------*
次は、「形影」でお願いします。

461 :名前はいらない:2010/04/10(土) 18:55:32 ID:lKgCah4M

加算する蝕 均整は的を外し美を奏でる
即死なる勇名は太陽の右手に侍り
覗く寄生の夜
子供達は明日の夕立に旅立っていった
薄く 濃く ナツメヤシの夭逝を祈りながら 訪ねながら
音もない渓谷の宸へ

↑意味分からん?
俺も意味分からん
こーいうバラバラな単語を連ねた暗号のような詩を
形だけ整えた曖昧な影のようなという意味で「形影詩」と云います
つか云わんけど今から云うのです


次は『はるか昔に一個の』

462 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/04/12(月) 22:35:10 ID:qPgGbLRr
『はるか昔に一個の』

北海に面したとある漁村
潮が引くと水面に現れる変哲もない岩石あり
鳥の巣を作るでもなく釣り人を載せるでもなく
景観の中にぽつねんと波を被っていた

旅をする人あって漁村に寄り
浜辺に見える岩石を目に留めた
「あそこまで泳いだら気持ち良さそうだ」と言って
あっという間に飛び込んだ

日暮れを迎えて旅籠に戻ると彼は人を集め
「鵬が飛ぶぞ」と言った
岩石に座って北の空を見ていたら
大きな羽が水平線を打ちつけていたのだという

皆が高台へ避難すると
旅人は急いで村中の家を回り
あるだけの金品をかき集めた
「うっへっへ。ボロ儲けだわ」

悪いことはするものではないもので
彼は村を出ていくらも行かない内に
犬、猿、雉を連れ若武者装束に身を整えた子供に遭い
「ちょっとちょっと」と言われた

「どこから来た」
「え、あっちの方です」
「あっちってどっち」
「あの浜の方、漁村がありまして」
「ほう。住所は」
「いえ、旅の空の身の上で」
「住所不定か。何か身元証明するもん持ってないの」
「いえ、何も」
「あそこで何してたの」
「ええ、旅の空でして」
「旅の空だって何かしなきゃ食って行けないでしょ。お仕事一体何してるの」
「いえ、ああ、もいいっすかね」
「ちょっと待ってちょっと待って。おいちょっと待てって仕事は」
「何すかもう。行商ですよ行商」
「背中の包みは」



次は「ぬいぐるみ」でお願いします

463 :名前はいらない:2010/04/13(火) 00:27:24 ID:UIqS9Fcv
「ぬいぐるみ」

あなたをぬいぐるみで例えると「ちーたー」、かな
お題がぬいぐるみだから適当に言ってみただけだけど
あながち外れてない気もする

こどものころ
へやにはおもちゃがあふれてて

中でも尾翼に「JAL」ってた書いてある飛行機がお気に入りだった

ぼくはひこうきにのって
あめりかからろしあまでとんだ
げんかんがあめりかで
だいどころがたいへいよう
ろうかはまだだれもしらないところ
しんしつのろしあに

着陸したら
母の呼ぶ声が聞こえて台所に戻る
夕ご飯はカレーかな


あれから結構な年月が経って
JALは経営破綻した
俺も紆余曲折あって
ずいぶんと遠回りしたけど

あなたに出会えた
今はそれだけで十分だよ

この先どうなるかわからないけど
どんな結末を迎えるのかわからないけど

それでも
多分、俺は


次、「明日」でお願いします


464 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/04/16(金) 03:56:49 ID:FY2MMf9t
「明日」

地盤は出来てるでしょう?
受け入れさえすれば問題なく事が運ぶよ


次は「民謡」でお願いします

465 :名前はいらない:2010/04/18(日) 01:04:27 ID:YHI5SArI

「民謡

病室のラジオはいろんな唄、曲を流す

あの十字架クロス手に祈っていたお婆さん

民謡が好きだった

爽やかな物腰ある話し方
病を持つような雰囲気がなかったのに
一月後

ラジオから民謡流れて来ると想い出す

民謡さえ流れはしない世界

次は「ホワイトホール」
でお願いいたしま



466 :名前はいらない:2010/05/03(月) 12:41:43 ID:zfy+xlpf

ホワイトホール
ホワイトホール
なんでも君にあげるよ
ホワイトホール
勇気がほしいならこっちへおいで
ホワイトホール
希望がほしいならこっちへおいで
ホワイトホール
愛だってあげるからほら
ホワイトホール
僕は君に死を与える

次「歳の差」



467 :名前はいらない:2010/05/03(月) 15:11:37 ID:Bjs+Ymx1
ゴミクズが口利きやがった

468 :名前はいらない:2010/05/03(月) 18:40:45 ID:Pi63Bx5g
アニカ 前人未到の5連覇達成 ミズノクラシック最終日
http://image.news.livedoor.com/newsimage/3/6/36_d660b31d725d1bd69a-m.jpg
前人未到の60作品目配信   ミナミの帝王 竹内力を満喫
http://image.news.livedoor.com/newsimage/x/i/xi58_thumb43040-m.jpg
フェブラリーS GI 東京ダ1600メートル 22日 カネヒキリ 前人未到のGI8勝へ盤石の態勢
http://www19.atpages.jp/imagelinkget/get.php?t=v&u=image.news.livedoor.com/newsimage/a/f/af9f0_188_6b1a5a342211dec08df82d71a297393c-m.jpg


469 :名前はいらない:2010/05/03(月) 20:34:18 ID:pmHc7jLv
>>466
「としのさ」

その男はブラックホールに迎い自殺した

その男はブラックホールに迎い自殺した

その男は99才
相手は21才

その男は彼女が21才となった誕生日

ブラックホールに迎い自殺した

周囲は99才なら自殺せずとも死ねる年なのにねと話していた

男は99才 まだ心は若く
苦しく

ブラックホールへ向かい三次元から自殺した

ホール向こうは二次元だったが

禁止法により望みは叶わなかった

次は「バイバイ」



470 :雑草 ◆je5cNlouiI :2010/05/05(水) 22:07:30 ID:iMi1wkqI
バイバイ、バイバイと手を振った幼少期
ほんとは別れたくなかったから、
お祈りのように唱えていた。
涙を流すことを覚えるのは
恋を知ってから。


つぎは、「誰か」

471 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/05/10(月) 01:22:53 ID:HgFX+z2N
「誰か」

手を繋いで帰る道
橋を渡って曲がり角
ミッちゃんの話をして
ヨッちゃんの話を聞いて
ふらふら通る路側帯
車を置いて
遠回り

からから風が吹き抜ける
熱を出す前か寝込んだ後に
鶏が鳴いたような気がした

うちから遠く爪を汚して
うちから近く額を濡らして

一つあくび
変容する機関車

一つあくび
虹が回るシャボン

一つあくび
ふらつく身体

一つあくび
隣家から聞こえる
ピアノの音


次は「赤土」でお願いします

472 :名前はいらない:2010/05/14(金) 18:10:43 ID:Br8iTE8y
シオン様、出番ですよ。選者指定においでませ。

473 :紅雀:2010/05/22(土) 12:26:16 ID:F1pUJI5i
「赤土」

ねぇ、知っているかい?
ここの土地は、見渡す限り黒土が覆っているけれど、
1メートルばかり掘り下げるとね、
ねっとりとした赤土が出てくるのさ。

なんでかって?
それはね、血だらけの愛する人が
埋まっているからさ。

畜生、
こびりついた「赤土」が
揉もうと、洗おうと、
ちっとも落ちやしないじゃないか…


次は、「麦秋」でお願いします

474 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/05/31(月) 21:35:47 ID:2RpuMk7+
「麦秋」

うなだれた麦の頭に
人差し指の腹を当て
ここが首筋だろうかと言って
茎に沿って滑らせる

ぐと摘んで引っ張ると
鎌でぶすりと軽く薙ぐ
中腰に延ばすライン
敷地を北から南へ


次は「脈拍」でお願いします

475 :名前はいらない:2010/06/01(火) 04:11:54 ID:5dPbik6g
「脈拍」

枯れ木と枯れ草がさわさわと私語する一面の
野原に時計台が建っています。
水時計なので小さなくしゃみをするように水滴が落ちていきます。
それは大地に眠る巨人の脈拍なんだそうです。
シベリアに住む魔女が言っていました。
でもきっとそれは嘘です。
そういうの苦手なんです。そこを掘ったら

次は「モビルスーツ」でお願いします

476 :名前はいらない:2010/06/01(火) 10:00:41 ID:dkhar4UZ
http://image.news.livedoor.com/newsimage/3/6/36_d660b31d725d1bd69a-m.jpg
http://image.news.livedoor.com/newsimage/a/f/af9f0_188_6b1a5a342211dec08df82d71a297393c-m.jpg
http://image.news.livedoor.com/newsimage/d/4/d4d63_185_news_thumb_KENJI_BOX_Jacket-m.jpg
http://image.news.livedoor.com/newsimage/6/6/66692_185_news_thumb_monobright-m.jpg
http://www19.atpages.jp/imagelinkget/get.php?t=v&u=moocs.nifty.com/cms_image/hmc/news/080922013915/22-3_s.jpg


477 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/06/03(木) 04:17:53 ID:gztAkfkm
「モビルスーツ」

モビルスーツ
水中を泳ぐときに
水かきしない
スクリューがついているから
泳がなくても前に進む


次は「ソフトクリーム」でお願いします

478 :名前はいらない:2010/06/05(土) 21:23:10 ID:4wo5aFgl
私はぐるぐるが上手く作れなかった
あの子のようには
私は舐めるのが嫌いだった
あの人とは違って
私はコーンが好きだった
マナーの悪い観光客とは反対に

歯型ひとつない綺麗なコーンは
ひとり残されてひとり消えた


次は「英語」

479 :名前はいらない:2010/06/13(日) 03:27:48 ID:3YKX5kvw
あたまから、ちがう
涙の大きさハイクオリティー
ハイカルチャー短足で飴玉
やり残しをクリティカルでもうけた
そろそろそちらの星が落ちる番だ
口は広くてすばしっこい
なんでも言うことイエスっ子
旧訳が好きなのでした

次は「メガネは顔の一部」

480 :名前はいらない:2010/06/14(月) 01:47:40 ID:0uf09Azm
放課後の狸寝入り
うわさ話に私の名前
聞き耳を立てると
ああ、あの眼鏡の
なんて思い出され方

便所の鏡の前
外せば確かな違和感
重みが無いのだ
あの眼鏡の


次「スプーン曲げ」で

481 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/06/15(火) 23:29:50 ID:utTmlFd+
「スプーン曲げ」

試しに念じたら指が曲がった



次は「水牛」でお願いします

482 :名前はいらない:2010/06/15(火) 23:47:13 ID:r/b9Ly2p
普通のものとはどう違うのでしょう
あれ?わたしたちって仲間?
あれ?普通って何


次は「感染、抗生物質、自然治癒力」でお願いします

483 :名前はいらない:2010/06/16(水) 02:29:06 ID:aUn/Cok6
この漢字なんか かっこいい
この感じなんか かっこいい
なんとなくなんか かっこいい

次は「ポエムを書く女」で

484 :名前はいらない:2010/06/17(木) 01:55:50 ID:+uSQR/KA
言葉に誘い誘われて
誰のものでもないあわれみを
身体からひっぺがし
胸の谷間で明日への予兆
口づけのあとが無い新しいものから
次々と平面へ押し付けた形を残す
さらば少女時代!
私の重さを忘れるがよい!

次は「扉のない家」

485 :名前はいらない:2010/06/23(水) 16:22:14 ID:iYXXA34q
はいりたいなら どこからはいる
はいらないなら それでいい
はいれないとき なによりこまる
はいるときめたら 
     いっちょくせん!

次は「歩かないで、走って」

486 :名前はいらない:2010/06/28(月) 21:34:04 ID:kIIkn8v7
歩かないで、走って

怖くて止まれない
止まったらもう動けないから

走っていればきっと見つかるはず
私の感受性が。
ずっと探している私の意味が見えるはず

歩かないで
走って
走って
走って

止まることの恐怖から逃げるように



次は「老いる」でお願いします

487 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/07/06(火) 16:43:01 ID:pPq7NExf
「老いる」

溶媒が乾いて次郎は昇天した



次は「海」でお願いします

488 :名前はいらない:2010/07/06(火) 23:49:09 ID:fjXem8eX
「海」

途轍もなくて
途方もない
うつらうつら船を漕いで 酔った

いつの日にか
広がってく道など見えるかと
期待した私は 魚だった

いくらでも
何度でも
ぷかぷか中に漂った

日がまだ見える
手を伸ばす気力尽きて
暗い闇の底が待っていた


次は「死んだふり」でお願いします

489 :スリム団 ◆lHCL.l8QzM :2010/07/07(水) 17:04:33 ID:4BA0cuBC

※死んだフリ

フリーマーケットで死んだフリ
(意外に素通りされます)

フリスク食って死んだフリ
(茶髪女子に、ねーよwと笑われます)

フリルのスカートはいて死んだフリ
(男子校でやると犯されます)

フーリガンに肩組まれ死んだフリ
(やつらに両脇挟まれて気づけば君が代熱唱モード)

フグリが異様に張って死んだフリ
(茶髪女子に、やるじゃんwって意味不明)

フグに当たって死んでもた
(…近所で伝説にはなるな)


お次は「最強無言電話」

490 :名前はいらない:2010/07/14(水) 00:10:53 ID:nNRcXSWA
誰が話したって知らんぷり
そのうち誰かいなくなった
帰り道なんてそもそもないよ
だって電話は鳴り止まないから
どんな相手を聞いていたって
話せる気がしないよ
それならいっそ居直って
自分だけの個性にしまいこもう
最強無言電話


次は「CDラック」

491 :まるちーちゃん:2010/07/14(水) 16:39:07 ID:lP1zQmC/

CDラックになる位なら
死んで楽になるさ

言い残して死んだ奴の生まれ変わりが
うちのCDラック


次は「砂浜でドッキリ」


492 :19 ◆gwnULb/9mw :2010/07/18(日) 23:32:33 ID:fLY4FjrD
「砂浜でドッキリ」

黄色の麦藁帽子を被って
白いワンピースの女の子がこけました
駆け寄ろうとしたらもう十人くらいの野郎どもが手を差し伸べておりまして
ああもう予約があんなにも
僕は悲嘆に暮れていつまでも俯いて歩いていると
気付いたときには真っ暗でした
岩場の陰から蟹が這い出してきます
盆のような銀色の月が波間に光の道を浮かべています
あんなに居た人は一人も居ないし沢山あったパラソルもないしここはどこだろうと思います
どこでもありませんでした
目を開けると真昼の砂浜で
僕はうつ伏せに倒れていたのでした
「びっくりした?」と頭の上から声がしたので見上げると
身の丈三メートルの麦藁帽子を被った白いワンピースの女の子が棍棒を持って立っていて
その巨躯を前に僕は思わずドキリと心機能を停止したのでした



次は「せみ」でお願いします

493 :名前はいらない:2010/07/19(月) 20:43:10 ID:m9+q8ubK
「せみ」
君の声が聞きたくて 生にしがみついたまま
夏が往くのをただ 歌にもならぬ声で嘆いている
この中を覗いても そこには悲しみしかないよ
ぼくのような奴は 本当は空蝉と呼ぶのが相応しいんだろう、ね

次はあえて「冬の追憶」でお願いします


494 :名前はいらない:2010/07/19(月) 22:55:35 ID:24S2FpVo
「冬の追憶」

ねえ
確か半年前
早く夏になればいいのに
って

ほら
半年たったら
早く寒くなればいいのに
って

毎年繰り返される
この私にとって価値のない会話
次の半年後も
私にとって価値のあるあなたから聞きたい


次は「果物」でお願いします。
(果物の種類はなんでもいいです)





495 :いとうまい棒:2010/07/22(木) 23:19:28 ID:47ivBB2x
「桃」

もも もも 可愛いもも
うぶ毛が生えて 可愛いもも
つよく撫でたら いけないね
優しく愛でなきゃ いけないね
ほら ほら 美味しくたべたら
色づく種を 見つけたよ

いやあん




お次は「選択」

282 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)