2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文学極道 【日本最高峰の詩壇】

1 :名前はいらない:2009/04/06(月) 09:29:13 ID:g68CoAI7
文学極道も5年目に突入しました。

2 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/10(金) 01:05:28 ID:px9lEtki
おお、益荒男がトピックを立ててくれていたのか、嬉しいぞ。
新世紀詩文壇、唯一の客観的高地、文学極道は21世紀のニューギニア高地だ。
現代詩とやらの同人・身内以外誰も読んだことがない年寄りの下らない詩を
同じく誰も読んだことがないくだらない年寄りが論じている、糞みたいな既存の雑誌とは違い、
今21世紀において、実力があるかどうか、今、彼に筆力があるかどうか、
実力だけが全ての世界だ。
文学極道では、有名老人に媚び諂っても何の得もない、俺・ダーザインに媚び諂うことにすらも何の意味もない、
実力だけが評価される気高い場だ!
いでよ、漢、益荒男、気高い女たちよ、
思潮社であるとか、あれは利権団体である。芸術とは関係ない。
自らが芸術家であると思う矜持のある者たちよ、
弁証法の特異点、21世紀の唯一の詩壇、
文学極道に参戦せよ!!!!!!!

3 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/10(金) 01:07:18 ID:px9lEtki
おお、益荒男がトピックを立ててくれていたのか、嬉しいぞ。
新世紀詩文壇、唯一の客観的高地、文学極道は21世紀のニューギニア高地だ。
現代詩とやらの同人・身内以外誰も読んだことがない年寄りの下らない詩を
同じく誰も読んだことがないくだらない年寄りが論じている、糞みたいな既存の雑誌とは違い、
今21世紀において、実力があるかどうか、今、彼に筆力があるかどうか、
実力だけが全ての世界だ。
文学極道では、有名老人に媚び諂っても何の得もない、俺・ダーザインに媚び諂うことにすらも何の意味もない、
実力だけが評価される気高い場だ!
いでよ、漢、益荒男、気高い女たちよ、
思潮社であるとか、あれは利権団体である。芸術とは関係ない。
自らが芸術家であると思う矜持のある者たちよ、
弁証法の特異点、21世紀の唯一の詩壇、
文学極道に参戦せよ!!!!!!!

4 :名前はいらない:2009/04/10(金) 01:15:33 ID:ejy+IAhn ?2BP(0)
大事なことだから2回ゆったんだよね。

5 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/10(金) 01:54:17 ID:px9lEtki
文学極道 ★創造大賞★ 他、各賞発表!
http://bungoku.jp/award/2008.html
負け犬ども、寝言は、現代詩手帖で言え、ニヤニヤ

6 :◆Ui8SfUmIUc :2009/04/10(金) 02:00:45 ID:dQ5YWPsC


>>2-3

同じ匂いを感じました。

>1882年 新体詩抄 序文

>明治の歌は明治の歌なるべし、
>古歌なるべからず。
>日本の詩は日本の詩なるべし、
>漢詩なるべからず、これ新体の詩を作る所なり。

どの時代も、元気があるということは、よいことですね。
  
 

7 :名前はいらない:2009/04/10(金) 02:16:09 ID:fsaFZFA1
大事なことだから もう一回ゆってよ(はあと)

8 :名前はいらない:2009/04/10(金) 03:10:51 ID:EywOs49G
確かに文学極道には熱気はあるよね。

よく現代詩関係のおっさん連中が「裸眼」のなんたらとか批評文に意味不明の単語
を並べて、オラオラプレイを楽しんでる現状は否めない。現代詩のAV化が加速度
的に進み、現実の愛のあるセックスとは別の次元で進行している事実は、誠意ある
文学徒なら誰しも思うところだ。

文学極道が詩文学の新しい受け皿として機能するかどうかは、ここが仮に業界化し
ていく過程の中で陥る作家=編者の共依存関係をどう断ち切っていくかにかかって
いる。

すでにそういう気配がこのサイトにしのび込んでいる感じもする。
もともと文学は正体の知れない野蛮な営みでもあるわけだから、談合の温床にも成
りやすい。魑魅魍魎が蔓延る場所なわけ。

一時のオルタナティブで役割を終えるなら問題は少ないわけだけど、詩文学の社会
的な役割に真摯に向き合うとするなら、文学の再発見という途方もない事業を引き
受けていく覚悟と才覚が必要になってくる。
そこは主宰の人に問いたいところかな。

「高地人」の喩えを借りるなら“未開”の文化が“近代”というインフラの整備さ
れた文明に文字通り「裸」とコテカで立ち向かうわけだから、単純にシステムの問
題をつき合わせるだけなら、そこに人間の性(文学の問題)が立ち入る隙なんて殆
どない。

つまり現体制の不満の捌け口だけが動機なら最初からやらない方がマシ。

大半のオルタナティブなムーブメントの盲点は、ルサンチマン的な情動の突き上げ
と自慰的な射精に目的がすり代わって失墜している。

最初に現状の問題点と課題の設定をクリアに示しいく見識が問われ、その次に文学
と才能の発見がある。そして最後にシステムの構築がくる。

9 :名前はいらない:2009/04/10(金) 03:37:12 ID:EywOs49G
大事なことだからもっかいゆっとこうか?

10 :◆Ui8SfUmIUc :2009/04/10(金) 06:43:29 ID:dQ5YWPsC
>>6
補足
シニカルな意味で。

11 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/11(土) 01:50:37 ID:jSgjn3hu
>>8

頭の良い人だね。だが、ものごとの順番は、貴殿が言うように、まっすぐには行かないんだ。
5年かかっても、旧世界は、勝手に滅びていくだけで、こちらとリンクしようとは思いもよらないようだ。
だが、滅びの速度が凄いので、発起当初に俺と榊際が思い描いたことの一環は実現した。
21世紀のメディア、まったく新しい双方向の地平、ワイヤード(ネット)に、21世紀に即したし文学メディアができたんだ。

言語派とやらの誰も読まないゴミみたいなくだらない言語遊戯でH氏賞を取った
和合のイン・アウトという糞みたいなサイトがあるよね。
あそこは、インターネットではない。双方向性がない。ピンサロの看板マンと同じような、旧泰然たる紙芝居だ。

俺たちは、既に、敢然たる決意で、引き継いでいる。現代詩が手帖の言語派ウンコ遊戯によって死んだ、
老人ホームのようになった、その荒地の跡に、新しい花を咲かせる場所、
それがネットであり、そのメディアが、文学極道である。

此処は、長文を書けないので、貴殿との対話はまた後日。

12 :名前はいらない:2009/04/11(土) 17:17:53 ID:JmWdZdh8
狼13号増刷してほしい

13 :名前はいらない:2009/04/11(土) 22:48:43 ID:IzJmEp1O
ワイヤード(笑)wwwww

14 :名前はいらない:2009/04/11(土) 22:51:57 ID:IzJmEp1O
まったく新しい
まったく新しい
まったく新しい
文学メディア(爆)bbbbb ばくしょう ばくしょう

15 :名前はいらない:2009/04/11(土) 23:26:21 ID:IzJmEp1O
ごめん 調子のりました。
反省してます

16 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/12(日) 04:42:21 ID:1Rad/pYO
http://bungoku.jp/ebbs/20090407_914_3451p
俺の筆には、神が宿っている。
それに引き換え、お前らの筆には使用済みコンドームやゴキブリが。
思潮社の老人たちの老害には伝染性があり、貴殿らのような若い者を若年寄にしてしまう。
え? 相撲取りかよ、お前ら、相撲取りなら、まわしを締めろよ、そこのお嬢さん。

文学祖的な散文詩を2編、次の狼で公開することができるかもしれない、よく読んでおくように。

狼13号増刷については、他にも希望があるので、可能かどうか光冨さんに聞いておきます。
お金が掛かることなので、注文のとりまとめを、事前に誰かがしてくれたら、
無駄が無くてよいのだけれども。

>>13 ワイヤードで笑えますかね? あんた、レイン見ているの? 笑えませんよ、あれは、今でも、新世紀の聖典ですよ。

>>15 良いのじゃないですか、此処は、文学極道発起当初にあった伝説の掲示板、無法地帯の「自由投稿掲示板」のように使ったらよい。
   罵倒をする者が、罵倒返しを受けることを拒否するわけがない。
   自分が、文学史的な者だという自負があって、出来る振る舞いだがな。ニヤニヤ

17 :名前はいらない:2009/04/12(日) 05:47:58 ID:jXcaUWBj
文獄のスレが立ったのか。
目出度いことだな。ダーザイン氏の高言は大好きだよ。

18 :名前はいらない:2009/04/12(日) 06:27:20 ID:PAturZ2q
内輪の馴れ合いで偉ぶってるイメージがあるんだけど、そのことについて、どう?
そういうことがないんだったら投稿してみる。

19 :名前はいらない:2009/04/12(日) 06:44:19 ID:KBO2FX4b
ダーザインさん素敵!抱いてください。
(><)

20 :名前はいらない:2009/04/12(日) 08:42:58 ID:duWwmuWd
>>16

ワイヤード、じゅうぶん笑えると思うよ (笑w)

文学だ詩人だとかいうけどさ、圧倒的な言語能力がある奴は
program/codeを書いて直接世界を書き換えるけど

あなたは今の時代に、なぜ詩や文学に拘泥しているのだろうか、
programmerに引け目を感じたりしませんか?
(真意が伝わるかなあ 二重の意味で 笑www)

21 :名前はいらない:2009/04/12(日) 11:19:21 ID:I/KlNICA
で、文学極道、どれ読めばいいんだ?
作品のリンク貼れ。話はそれからだ。

22 :名前はいらない:2009/04/12(日) 11:51:13 ID:Da82vVJk
夾雑言語

23 :名前はいらない:2009/04/12(日) 12:32:33 ID:kH0LAR2E
最果タヒ三角みづ紀も投稿してるってのに驚いた

24 :名前はいらない:2009/04/12(日) 15:14:16 ID:kMmUPH0W
>>20
意味不明だな。一回病院で診てもらえ。

>>21
「どれを読めばいいんだ?」
もし君の首の上に、頭が乗っかているのなら、それを使いなさい。
「リンク貼れ」
怠け者には用はない。

>>23
最果、三角。この両者にみるべき才能は一切ない。これは断言しておく。



25 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/12(日) 21:17:45 ID:1Rad/pYO
最果さんには傑作を出していただきましたよ?
私は彼女に才能がないとは思っていません。
三角さんの痛いポエムは趣味じゃないが、
痛いことでも美しく書ける人なので、まったく評価しないとかは言えないです。
文学極道は、人格陶冶の教室じゃあないですからね。

>>20 
20番の人は、何を言っているのか私にも了解不能です。俺に、次世代プロトコルを書けってか?
それは、俺の仕事じゃあないよ。人には、やれることに限りがある。
俺の仕事は文壇の刷新と、ネオリベ施政に完全と立ち向かう社会活動家としての仕事、
あと、野花と高山植物の保護活動かな。


26 :18:2009/04/13(月) 08:31:46 ID:cP6Y8oe/
俺の質問に答えろよー

27 :名前はいらない:2009/04/13(月) 08:43:20 ID:j9U7eB1g
>>26
18番の人は、後5年お待ち下さい。必ずお応えします。
m(__)m

28 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/13(月) 10:43:56 ID:b/unjk+j
>>18
なんか、勘違いしていない?
俺はもともと偉いんだよ、生まれつき尊大な男なんだ。
ちんこも生まれつきでかいしな。
内輪で馴れ合って偉そうにしているというのは言い掛かりじゃないのか?
最近も凪葉さんに怒られたり、ゆえずさんに罵倒されたりしているよ。
コントラさんにはダーザインの汚猥に満ちた行状と罵られたことがあるし、
苺森さんにはダーザインの呆れたヲタク趣味と罵られたし、
別段、特別待遇なんかされていませんから。


29 :名前はいらない:2009/04/13(月) 11:54:17 ID:olvhgrJf
文極のホームランバッターを講談社が売り出してくれるという形なら参加してもよい。

30 :名前はいらない:2009/04/13(月) 15:41:01 ID:rfTDmyn4
詩を売り出しても売れるのかな

31 :18:2009/04/13(月) 21:35:02 ID:cJKnXO62
>>28
ていうかあんただれ?
そういう内部の話をされても困る。

ま、ROMってみるわ

>>30
売り方によるんじゃない?
普遍性のある詩を書いて広告費をかければ売れると思う


32 :名前はいらない:2009/04/13(月) 21:53:00 ID:+SD0xVcI
>>30
銀色夏生を見ろよ。
あんなのでも売れてるんだぜ?
要は売り方だよ。実力云々じゃあないさ。


33 :名前はいらない:2009/04/13(月) 22:44:50 ID:vxdVx7gP
熱気はあるようだけど単純な反復じゃ詩は復活しないよ
君たちがやってることって昔からやってたことだよ?
古臭いおっさんの古臭い価値観には共感できない!ってさ
詩がすたれてるのはもっと構造的な問題だと思うな
作者と詩と読者の関係性を考え直さないといけないよね

34 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/04/13(月) 22:54:07 ID:iN3gYdAM

久しぶりに詩板にきてるよ。
ここはほんと時間の流れがゆるやかだね。


>>28
個人的な話をしていいかな?
自分はね。
去年の夏かな? そちらの主催する賞に2編、送って落ちたんだけど、
まあ、人が人を己の趣味嗜好で選ぶわけだから、それについてとやかく言うつもりはない。
ただね、せっかくサイトの主がいるみたいだし、
直接なんか感想でももらえたらおもしろいなって思って書いてるんだけど、
どうかな?
いまからその詩を晒すからさ。
気が向いたらなんか言葉ちょうだいよ。

その前に、まず、一言だけいっておくと、
自分は、そちらの賞に落ちたからといって卑屈になっているわけじゃなくて、
自分自身の趣味嗜好に基づき、
(ああ……所詮、気取ったいけすかない特権意識を持ったセンス0の豚の集いか)
という思いがあり……それだけは明確にしておこう。


35 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/13(月) 22:59:30 ID:b/unjk+j
>>33
書く人間の数すら読者がいないからね。笑い、酷い話だ。
だが、その顛、メディア文学極道は割りと健全だよ。
投稿数はこのところ、月間50数作だが、
閲覧は、一日1万アクセスだからね。
ただ、熱気だけで、4年も5年もこんなこと続かないよ。
原意、年間の創造大賞他各賞はどの年も全て、
旧メディアの賞を次元が違うほどの質の高さで凌駕してきたし、
月間優良作品、次点か裂くも、月刊雑誌に載っている詩とは比べ物にならない鮮度と、質の高さだ。
文学極道を読みに来る人が多いのには、ちゃんと質的な意味があるんです。

36 :名前はいらない:2009/04/13(月) 23:00:55 ID:0eb0eL0s
>>33
「詩がすたれてるのはもっと構造的な問題」

世代交代と政権交代は、同時に構造的な問題も孕んでる。
そして詩の本質は、言葉が放つ思想性がイマジネーション
の力によって、日常原則を侵犯していくことで共鳴と驚き
が生まれることにある。

詩の言語が死んだのではなく、読者の受信機の方が壊れて
機能しなくなっている。そう考えるの芸術家であり「関係
性」在り方を問うのは、セールスマンの発想だ。

37 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/04/13(月) 23:01:11 ID:iN3gYdAM

一編だけな。



38 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/13(月) 23:01:52 ID:b/unjk+j
弾かれた?

39 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/04/13(月) 23:03:27 ID:iN3gYdAM

 おれの危機

おれは寿司屋で
サラダはいらねえ
お前はそのサンダルを捨てろ
臭いから
おいっ
そこのオタク
振り向いてんじゃねーよ
お前だよ
お前の後ろには誰もいねーよ
気持ち悪いから死んでくれないか
ブヨブヨしやがって
まったく存在価値が無いなお前は
どうしたらそんなに醜くなれるんだ? 教えてくれ
マヨネーズでも静脈注射してるのか?
どーせ、いもしないアニメキャラなんてのに欲情してるんだろ?
いい加減、現実を直視しろよ
……ところで声優とかいう女どもの肌はなんであんなに真っ白で光ってるんだ?
今月のアニメージュを見ておれはびっくりしたぞ
アニメージュなんてオタクじゃなくても買うだろ
アニメージュの特集記事でオナニーした回数が5回未満ならそれはオタクじゃない
おれは4回だからセーフ
宮崎駿は天才だな
あんなにおれのザーメンを搾り取った男はいない
魔女の宅急便は完全にレッドゾーン突破だ
キキちゃんはおれにとっての本物の魔女だよ
あのメガネをかけたブロンドの少年も魅力的だよな……
ジミーだっけ? ああトーマスだ
「キキちゃん……」
キキちゃんに猥褻行為が出来たらぼく、死んでもいい
キキちゃんの乳首はピンクのはず
それ以外ありえない
ブラックのわけがない
ブラックはあの絵かきのタンクトップの女ですよ!!!
あんなのどーでもいい
所詮、添え物
キキちゃんを際立たせるための小道具
キキちゃんがステーキなら、あの女はミックスベジタブル
キキちゃんがバナナなら、あの女はバナナの皮
キキちゃんが太陽なら……

と、ここまで書いて読み返してみて、自分でもどーかしてるんじゃないかと思う
多分、夏のせい
そーゆうことにしておこう
誰だって自分が異常性欲(ロリコン)の持ち主だなんて認めたくはない



40 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/13(月) 23:05:03 ID:b/unjk+j
さとうしお つて誰だか解らないよ、作品晒してみな。

41 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/13(月) 23:14:57 ID:b/unjk+j
いや、それ、面白かったよ。文極のネタ部門で賞を狙ったらいいんじゃないの。
どうしても承認しがたい価値観の相違があるがね。
俺はあのタンクトップの絵描きの女が大好きだ。
セフレに所望、つーか、マジに友達に欲しいタイプだ。

ラジオを放送中だ。どのアドレスも、2chから直接飛べない。
別窓にアドレスを貼って来る様に。

Winamp向け
http://motoka.jp:10000/listen.pls
Windows Media Player 向け
http://www.motoka.ws/radio/10000.asx
掲示板
http://ime.nu/warentin.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/rad/tl11s.cgi

42 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/04/14(火) 07:49:13 ID:qi9PUsnO

>>41
だろ?
おもしろいんだよ。
べつにハテナマーク使って確認するまでもなくさ。

あのタンクトップの女はおれも好きだよ。
絵が描けないときはうんぬん〜、
なんてのは駿の実体験からだろうね。
まあ、ロリコン目線では端役だということで。

ブログ始めたんでこっちも見てよ。
http://ameblo.jp/sugar-salt-poemy/

あと、最近書き込んでないけど2chでもやってたり。
こっちのが自己紹介、代わりとしては適してるかもね。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1225792870/


昨日はさ、電池切れちゃって返答が今日になりましたよ。
「おはよー&バイバイ」ってことで。
気がのったらそっちのサイトも覗くかもね。
んじゃあ。



43 :名前はいらない:2009/04/14(火) 13:44:02 ID:k/Eca4zp
大事なことだからもおいっかいゆってよ

44 :名前はいらない:2009/04/14(火) 14:58:30 ID:7f1iw491
つか、おまえらのやってることは
大量に書かれるネット詩を選別するフィルタのひとつに過ぎない。
それを大げさにメディアと言いたいなら言えばいいさ、
ただ、メディアつうもんは、いつだって
創造者を貶めるってことは、頭に入れとけ。

さあ、今日も、おまえのご機嫌なナンバーとやらを紹介してくれよ

45 :名前はいらない:2009/04/14(火) 15:03:30 ID:VJkQgni7
応援してるよ文極
なんつーかよくできた掃除機だよな
ある種の文体を持つ文学フェチたちを
まとめてゴミ袋に入れてくれる
おかげでネットは少しだけきれいになるってわけだ

46 :名前はいらない:2009/04/14(火) 15:07:12 ID:fOz+83U3
>>44
頭にいれときます!(入るかな?)
(><)
んーーー!大事なことだから、もっぺんゆって!

47 :名前はいらない:2009/04/14(火) 15:22:52 ID:xz3NmTxU
ケムリってやつはどこいったの?

48 :名前はいらない:2009/04/14(火) 18:28:03 ID:7f1iw491
>>45

ゴミ箱の中からまだ使えそうなものを拾ってるだけ、
どっちもゴミであることに変わりはない


>>47

ゴミを拾うのに疲れたんだろ


49 :名前はいらない:2009/04/14(火) 19:12:12 ID:fOz+83U3
ケムリはまだケツの青いガキんちょだよ。
おまけに才能もゼロさ。

いいかい?

ゼロだ。あのガキにはなんにもない。

50 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/14(火) 21:21:06 ID:VMJ//oXl
>>45

ゴミ箱って、某手帖のことじゃないの?
久しぶりに3月号を買ったのだが、読むところがなかった。
来月からマジに老人ホームで働くので、こういう喩えは使いたくないのだが、
老人の同人誌にしか見えない。
一部、杉本さんの選んだ詩に読むにたえるものがあっただけ。
評論の類はもう、誰も読んでいない者が、誰も読んでいない者について語る、
お年寄りと、若年寄のつまらない日記としか言いようがない。

いつだったか、なんでもかんでも、「あの人は私の詩を盗作しているという」、
明らかに認知性の症状の記述としか思えない狂文を、まともな評論として載せているのを見て、
仰天し、呆れ果てたことがある。

# 俺が誰だか知らない奴がいるって? どこの山から出てきたのよ?
  パプアニューギニアだって、人工衛星からクリアに見える御時世だぜ。
  お前、火星の山から出てきた、タコじゃねーの、笑い

ついでに言っておくが、ケムリさんは天才だよ。
有象無象が何を生意気な口を聞いているんですか、
貴殿の包茎は、仮性どころか、真性じゃないの?
病院に行ったほうがいいと思うよ。貴殿の性生活がマジ、心配だよ。

51 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/14(火) 21:44:47 ID:VMJ//oXl
つーかここ、ミドリさんが潜伏しているよね。
ミドリさん、実存大賞、最優秀レッサースリータイムチャンピオンなんだから、
もっと、高説を聞かせてくださいよ。

52 :Y.TAKEO:2009/04/14(火) 22:07:31 ID:sTGXreGN
どなたか、すみません
今更、大変失礼だと思うんですが

このスレは何をしたいのですか?

お手数ですが
小学校6年生くらいの子にも分かるくらいに説明していただけると助かります。

53 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/14(火) 22:26:26 ID:VMJ//oXl
森川雅美さんが、光冨郁也さんらとの対談の話をblogでしているのを見た。
なんか、web投稿サイトをまとめる情報サイトみたいなものを作りたいので、技術者を求めているみたい。
エネルギーと技術のある人は、協力してあげて。
僕は森川さんを罵倒したことがあるし、旧メディアからの一方的な目線じゃないかという危惧があり
(詩と思想7月号を実際に見ないと解らないことだが)、
光冨郁也さんは満遍なく全体を見ている、とても公平な人で、詩人としての才能も、間違いなく、現代日本最大の詩人の一人だ。
彼の新詩集、光冨郁也詩集「バード・シリーズ」は絶対に買うべき。驚愕的な筆力だよ。J・G・バラードと並んで、現代の師匠の一人だ。
ハードボイルドの完璧な美文で、退屈したり、難しくてうんざりするようなところが全然ない、
なのに、精緻な風光描写の向こうに外部の光を、いや、内部と外部が混融し、写実世界に異界が明瞭に侵入してきさえする。
彼の、越境の美学は、完璧な写実力に裏付けられている。凄い詩人だ。
光冨郁也「バード・シリーズ」、これは、文学史的な本なので、必ず読んでほしい。


54 :名前はいらない:2009/04/14(火) 22:37:01 ID:BAb88V0F
文学極道の宣伝とPR

55 :Y.TAKEO:2009/04/14(火) 22:45:07 ID:sTGXreGN
>>54
かたじけない

つまり、詩板にある程度いるので分かるのだが

今後のスレ展開として

親分とか居たり
ふつー投稿したら
『かちこみじゃー』
組員総出で立ち合ったり

そういう展開を期待してはいけない空気だな

56 :名前はいらない:2009/04/14(火) 23:07:51 ID:BAb88V0F
このスレは超えられない壁へのルサンチマンだと思って閲覧している。


57 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/14(火) 23:22:35 ID:VMJ//oXl
>>56
無礼だし、現実認識がなくて愚かだ。
現代人相手に統計を取ってみるといいと思う。
年寄りは谷川俊太郎の詩誌か読んだことがないだろうが、
現代人には、谷川俊太郎の詩など読んだことのある人はほとんどいないだろう。
文学極道創造大賞受賞者や、一条さんや、軽谷佑子さんや、吉田群青さんや、佐藤yuupopicさんの詩を読んだことがあるよという人の方が、絶対多いと思うよ。
ためしに、地元の図書館と交渉して詩の公開講座を開いて、
軽谷さんや佐藤yuupopicさんとかの詩をテキストとして配ってみな。
みな、驚愕するよ、詩って、こんなに面白かったのかと。

質においても、情報のシェアの地平においても、壁を越えたので、俺には、詩壇位於いてルサンチマンは無いよ。

58 :名前はいらない:2009/04/14(火) 23:54:39 ID:BAb88V0F
壁を越えたなら、もう吠える必要もなかろう。


59 :名前はいらない:2009/04/15(水) 05:53:55 ID:SOU0Yppu
日本語の使い方では参考になることもおおいにあるな。
でも、書いてる人の意識が高いと感じるものはない。

60 :名前はいらない:2009/04/15(水) 06:32:20 ID:e3uuJdG6
一般人に見せるとわけわかんないっていっておわっちまうんだ

61 :名前はいらない:2009/04/15(水) 11:07:16 ID:3dfV0n+p ?2BP(0)
本人にも言ったけどゆぽぴの詩は
小池一夫文体が入ってるから読む人を選ぶと思うなあ。
まあ難しく見えないから一般人でも読めると思う。
本人がかわいいから一冊買ったけど。一緒にポエジャムの仕事したし。

62 :名前はいらない:2009/04/15(水) 21:02:49 ID:xoW1eZiQ
ダーザインって何かの病気なの?

63 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/15(水) 22:31:08 ID:0eHxXUn1
>>62
なんだよ、キ印だと言いたいのかね? 
正気すぎて、世の中を神の目線から見られるくらいだよ、混じれ酢。
俺の認識と判断は、常に凡人よりも弁証法的に上位の階層にある。

身体はぼろぼろだ。4年前に腰椎椎間板ヘルニアの手術をしている。
両膝とも靭帯も間接の軟骨もダメになっている。
眼は、3年前に不治の奇病に掛かり、
サングラスをしないで日の本にいるとアレルギー性角膜円で眼が真っ赤に腫れ、
乱視と老眼が悪化して、ろくに見えない。
肝臓も、時々倒れるほど悪い。

狼13号は、各地の公共図書館や高校図書館に持っていったが、
佐藤yuupopicさんの「アイス」と「真っ黒い炭酸水」、
あと、軽谷さんの詩などを司書に見本として先ず読んでくれと勧めたら、
皆、感動して置いてくれたよ。

64 :名前はいらない:2009/04/16(木) 17:40:21 ID:J6LsFYW2
そんなにまでしてアクセス数がほしいのか?
卑しいな・・・。

65 :名前はいらない:2009/04/16(木) 20:12:45 ID:/lEaaeFg
>>62
ダーザイン氏は現代の賢治なんだよ。

66 :名前はいらない:2009/04/16(木) 23:53:19 ID:J15UVgpv
一般的にいって、詩があまり読まれない状況がある。その原因がどこにあるのか?

こういう疑問を呈するところから始めるとする。

私の経験から言うと、人を惹き付ける言葉を発する人が少なくなったこと。もう一
点は素晴らしい詩を広く一般に喧伝する、橋渡し役の媒体が弱くなっている。

この二点だ。そしてこの二つは同根だ。一方で、逆に詩を書く側の人間はネットの
普及以来増えている。大きな矛盾だ。

さらに俳句や短歌を含めると、書く側の人口は増大する一方だ。これが何を意味す
るのかを解くことから、言葉を巡る現代の様相が見えてくる。

一時期、山田かまちさんの詩や絵が広く若者の心を捉えことがある。詩にはまだ人を
励ます力があることを示した出来事だ。言葉が溢れる現代に於いても、人々の心に届
く特別な一筋の光を放った言葉が詩の言葉なのだとしたら。私たちはその光を求めて
書き。読みたいという欲求は残っている筈だ。

だとすれば、それを歪めてしまったものは何か?あるいはそもそもこれが詩を取り巻
く常態なのか?この岐路から出発することが、いま詩を考える人たちに課せられた道
筋といってよい。

67 :名前はいらない:2009/04/17(金) 03:30:40 ID:dybf60sd
>>66
痴呆老人の繰り言みたいな長文レスですね

68 :名前はいらない:2009/04/17(金) 20:31:18 ID:itYIWJyp
商業的に考えるべき

69 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/04/17(金) 21:44:26 ID:C6TBGl3x

おれがいる。
だから文学極道なんかいらない。



70 :名前はいらない:2009/04/17(金) 22:43:45 ID:UIJ8xKHH
>一般的にいって、詩があまり読まれない状況がある。その原因がどこにあるのか?

一言で済む。

つまんないからだよ。


71 :名前はいらない:2009/04/18(土) 00:55:05 ID:NgC1/M17
>>70
話題を広げろ。一言で済ます、お前の方がつまらんわ。

72 :名前はいらない:2009/04/18(土) 01:10:02 ID:eAJKad8X
□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□



73 :名前はいらない:2009/04/18(土) 14:02:57 ID:Ga9JNBjW
>>66
一般に、あるジャンルのアートが広く受け入れられている状況ってのは
二つのパターンしかない。

1)大衆的なエンターテインメントとして人気がある。
明治期までの落語、歌舞伎がこれ。
2)知識人階級・セレブの趣味、教養として広く権威づけられている。
茶の湯に関わる様々なアートはこれ。

1)ってことでいえば、そもそも「読まれる詩」は大衆的だったことがない。
人気ジャンルであったことが、人類史上でほとんどない。
いつも詩のついた歌の形で大衆は受け入れてきた。
ギリシャ時代ですら詩は聴くものだったんだから。
つまり、JPOPこそが今の正しい大衆的な詩なのであって
現代詩なんてものにそもそも出番はない。

広く読まれようなんて考えるだけムダ。特殊なマニアたちが特殊に盛り上がればいいのよ。
文極なんてまさにそれでしょ。ヘンな奴しかいないよあそこ。

74 :名前はいらない:2009/04/18(土) 21:42:34 ID:8ucqQRFz
堀口大學の作品に、

『詩』

一人の心に灯をともす
別の一人に欠伸をさせる

というのがあったよな。
芸術なんて、わかる人以外には何の価値もないだろ。
詩は特に読者を選ぶから、広く読まれるなんてことは永劫起きないんじゃね。

75 :名前はいらない:2009/04/19(日) 08:20:12 ID:ANyhXlwV
人間は表現する葦である

76 :名前はいらない:2009/04/19(日) 12:45:59 ID:2Ss53XW3
>>73
詩人で大衆的な人気を博した人で、俺の頭に思い浮かぶのが寺山修司さん。
まず彼がジャンル横断型の詩人であったの思い出して欲しい。短歌や俳句
から出発して演劇や映画や評論や及ぶまでジャンルを選ばなかった。

というよりも、彼自身がジャンルという枠組みに納まる人間じゃなかった。
いいですか。詩才というのは、もっと一般的な言い方に言い換えるとアイデ
ィアや着想といったことにあるんであって、文章を書くことそれ自体を指す
ものじゃない。

ポエジー(詩学)が行動の理学であることを知った人だけが社会規範から自由
になれる。これは法を犯せということではなくて、自分の中にある原則性から、
社会を見ることができる。

自由な立場に自らの身を置けるということであり、この感覚を会得した人だけ
を詩人と呼べる。つまり時代というのは常に歴史軸に対してローカルな現象で
あり、それに対して詩人は、どの時代に於いても普遍を見ようとする。




77 :名前はいらない:2009/04/19(日) 12:53:34 ID:WfUwAWp6
【猫を殺した犯罪者が自慢している】
【掲示板】
http://a1.tarekomi.jp/pc_res_list.php/16/432026/new
○分かってること
名前:◇無名◆P387REDSPA
機種:EZ/SA38
犯罪:動物を殺害(猫を殺害した写真あり)
年齢:36か30

○問題の写真(グロ注意)
ttp://hirame.vip2ch.com/up/hirame034820.jpg

134 名前:◇無名◆P387REDSPA 09/04/19 03:05 EZ/SA38
苦痛で鳴き叫ぶ様が堪らんのよ

142 名前:◇無名◆P387REDSPA 09/04/19 03:15 EZ/SA38
つーかおっさんおっさんて俺の歳いくつだと思ってんの
まだ36だぜ

149 名前:◇無名◆P387REDSPA 09/04/19 03:20 EZ/SA38
気持ちよかったwww

【現行スレ】
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1240109401/

【動物愛護及び管理に関する法律】
http://www.houko.com/00/01/S48/105.HTM#s1

78 :名前はいらない:2009/04/19(日) 23:21:05 ID:bJES3U9n
>>76

寺山のように女風呂を覗いて、法を犯すことで詩才と自由を手に入れよということですね
よくわかります


よくわかります

79 :名前はいらない:2009/04/19(日) 23:29:53 ID:bJES3U9n
田代まさーしーの詩才もジャンルを越えた芸術ですよね
よくわかります


よくわかりますよ

80 :名前はいらない:2009/04/19(日) 23:39:24 ID:bJES3U9n
田代まさーしーは寺山修司の輪廻転生で、彼が撮影していた盗作フィルムが天井桟敷という三段論法でオオケイでしょうか


そして覗かれていたのが実は女ではなく落武者ダーザインであったと
わたくしの詩才が申しておりまする

81 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/20(月) 01:42:03 ID:TSwqVCw0
>>80
俺が落ち武者だって? ずいぶん失敬じゃないか。
来月から老人ホームに転職するが、老人ホームに入居するわけじゃない。
思潮社の連中の世話をする係りだ、マジ。オムツを替えてやる。
落ち武者といえば頭頂部がハゲているよな、
俺はエネルギッシュだよ、
近所のコンビニの女子高生バイトに、落ち武者ハゲとモヒカン刈りの写真を見せて、
「どっちか片方を彼氏にせざるを得ないとしたらどっちにする?」と聞いて、
当然、可愛い女子高生はモヒカン刈りを選ぶ。すると、
モヒカン刈りの写真の裏には、俺の電話番号と、メールアドレスが書いてある。
「きみ、凄く可愛いよ、大雪山の桜草のように清楚だ。漏れのポエムを読んでくれ」といって、詩集を渡して、
御近所中に笑いを提供する、そのくらい俺はエネルギッシュだよ。

まさしく、誰かが上で言っているとおり、俺が、現代の賢治なんだ。
そんなわけで、可愛い、妹の調達を頼む。身長148センチ19歳のチビとかがいい。混じれ酢



82 :名前はいらない:2009/04/20(月) 04:33:15 ID:WObSrofF
だーざいんかわいいよ だーざいん

83 :名前はいらない:2009/04/20(月) 11:40:36 ID:ZL59/7EM
ダーザインって、だーさいんだけどぉ、からきたコテハン?
だとすると、とても奥ゆかしい人なのですね
少し興味が持てました。でも、モヒカンは嫌いです
潔く頭を丸めてください

84 :名前はいらない:2009/04/20(月) 16:50:39 ID:UddtXvGC
>ダーザインって、だーさいんだけどぉ、からきたコテハン?
こういうアホの相手までしなくちゃならねえんだから、ダーザイン氏も大変だな。

85 :名前はいらない:2009/04/20(月) 17:16:13 ID:yAuM8cGQ
>>84
はあ、なに釣られてんの(プッ

86 :名前はいらない:2009/04/21(火) 00:13:06 ID:UNSdaplm
文学極道は、ネット詩の最高峰のひとつだよ。

投稿されている詩の平均点は、フォーラムよりは上。
優良作のレベルは、ぽえ、と大体、同じくらいだろう。
やはり、最高峰だといっていいだろう。
つまらない作品も、かなり多いけどね。

現代詩手帖なんか、はっきりいって糞だとおもう。

それと、あそこで行われている批評は、いまいち。
作品の質にくらべ、批評はどうしても、見劣りがする。

87 :名前はいらない:2009/04/21(火) 00:16:23 ID:UNSdaplm
思想も、手帖も、ほんとつまらんと思う。
ひどすぎる。
ネット詩のほうが、はるかに健全だ。

投稿詩でいえば、
ユリイカだけがネット詩に比較できるレベルではないかと、
心底、おもう。
詩学がなくなったのが、さみしいな。

文学極道にでもがんばってもらわないと、
おわっちゃうよ、詩。

88 :名前はいらない:2009/04/21(火) 00:59:49 ID:ttQ2dShK
なんか俺の勘だけど手帖や思想の人達もそろそろ
シャレにならない痛みを感じてるんじゃないかな・・・
もうピエロでいることすらできないっていうか
世の中全体がこんなに来ちゃってるから余計そう思うよな
なんにもアピールできないし、本当はやる気もなかったし、みたいな


89 :名前はいらない:2009/04/21(火) 01:05:24 ID:AgAkgAEY
詩は純粋に勝ち負けだよ
負け組の詩なんかシねばいいよ

さっさと死ねよ 糞な詩書きは


っていう原理主義 選民思想ってことでおkですか
>>86>>87サン *..。・

90 :名前はいらない:2009/04/21(火) 01:22:34 ID:pyFTk5JA
つか、おまえらが詩をだめにしてるんだよ。 そろそろ気づけ。ボケ。

91 :名前はいらない:2009/04/21(火) 01:40:35 ID:UNSdaplm
贋物が本物を駆逐する。
詩のふりをした手帖などの技術のお化けは、
やっぱり、邪魔さ。
無いほうがいい。くそは、しね。
いや、まじめにもう止めてほしい。
ああいうのが、詩を標榜すること。
かといって、大半のネットのポエムって奴にも、
反吐がでるけどね。
選民思想というより、ごく一般的な市民感情だよ。

92 :名前はいらない:2009/04/21(火) 02:37:36 ID:pyFTk5JA
文学極道は、いちいち他所を叩んと存在感をアピールできんのか?
だからルサンチマンなんだよ。

93 :名前はいらない:2009/04/21(火) 03:15:02 ID:AgAkgAEY
なんか
ここの書き込みをみてると
悲しく
なってくるね


詩とかべつにどうでもいいけど
人類ってどうしてこんなに悲しい生き物なんだろうね

94 :名前はいらない:2009/04/21(火) 16:06:35 ID:eBbnw3Mm
文極のようなところが頑張ってもらわないと、詩文学の先が
ない。他に続く媒体が出てきて欲しいと思う。

95 :名前はいらない:2009/04/21(火) 16:25:43 ID:ppW7bEvi
>>92
つかそれが本質だろ
俺は他のどんな奴らより知的で詩的で凄いはずだっていう自尊心
身体のほとんどが自尊心でできてるような奴しかいないだろ文極には
全ては自尊心をめぐるゲームなんだから
他を貶めるのは奴らにとっては空気吸うのと同じぐらい自然なんだろう
自尊心以外の動機があいつらの詩活動とやらにあるとは
俺にはどうしても思えないね

96 :名前はいらない:2009/04/21(火) 16:50:16 ID:O0oPUJot
で、自尊心以外の動機で詩を書いてるやつがいるのならば
そいつの名前を教えてほしい。
おまえがそうなのか?

97 :名前はいらない:2009/04/21(火) 16:57:05 ID:u5boz7im
眼鏡かけてそう

98 :名前はいらない:2009/04/21(火) 18:10:41 ID:UKIhONiu
俺(笑)

99 :名前はいらない:2009/04/21(火) 18:29:02 ID:u5boz7im
数も数えられないのか?お前は

100 :名前はいらない:2009/04/21(火) 19:45:33 ID:UNSdaplm
自尊心のことが気になるなら、
とっくに詩誌のほうに行っているよ。
文学極道の本質は、双方向性(まがりなりにも)だよ。
試作品の質にくらべて、
批評の質はお世辞にもよいとはいえないけど、
コメント&コメントに対する返しという循環のなかに、
独特の面白さがあると思うよ。
まじ、権威がほしかったら、
詩雑誌か、小説のほうに行っているよ、とっくに。

101 :名前はいらない:2009/04/21(火) 20:00:54 ID:eBbnw3Mm
>>100
同感。双方向性ってのが大きい。同時に「賞」を与えて顕彰するてのも旧来型のヒ
エラルキーを構築しているようでいてそうはなっていない。つまり双方向性の力が
働いていてあの場所特有の空気を孕ませてる。

102 :名前はいらない:2009/04/21(火) 22:44:48 ID:UNSdaplm
すごい、批評屋が、現われないかな。
双方向性とはいっても、
核となる言説が、やはり欲しいね、あそこには。

103 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/22(水) 00:09:10 ID:kSgksk9M
>>92
人間は、関係性の中にしかいないんですよ。現象学者がいうところの、
「意識の志向性」という奴です。意識は、常に、何物かについての意識なんです。
それが解らない者は引き篭もりニートであり、内閉現代詩であり、言語派とやらであり、
あの、糞痛いゴミタメ、現代詩手帖です。内閉した実存様態がキモクて双方向性がまったく無い。
要するに彼らは、世界の中にいないんです。ゴミタメの内輪だけでよいしょし合っている、
非常にキモチワルイし、とことんどうでもいい連中です。
彼らの作品や批評は、彼らにすら読まれないで消えていきます。他者のいない、没世界的な閉域で。
何故あそこで幅を利かせている老人や若年寄が文学極道に出てこないか解りますか?
実力がないので、叩かれて落選して恥をさらすことを恐れているからです。
パソコンや携帯を使えない人は、もう原始人なので論外な、笑い。

実力のある論客・評者には、どんどんコラム執筆のオファーを出します。
評の力が欲しいなら、自らどうぞ。力を発揮してください。
詩作品の力だけではなくて、レスポンスで力を発揮する人にも、
文学極道公式コラムの場という桧舞台を差し上げます。
どうぞ、お越しください。

104 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/22(水) 00:39:10 ID:kSgksk9M
>>112

コントラさんのコラムを読んでいますか? 「世界性」を標榜する文学極道の公式コラムです。
また、ケムリさんのコラムを読んでいますか、反現代詩を宣言する、これも文学極道公式コラムです。
よく読んで置くように。

105 :名前はいらない:2009/04/22(水) 00:48:01 ID:oJTg7txj
一行ずつでもいいからさ、コントラ氏、ケムリ氏くらすの人間が、
ばしばし評を付けてほしい訳よ。
互いにはげしく、論争してほしい訳よ。
コラムはいいけど、やっぱ投稿版のにぎわいでしょ。
入れ替わり立ち替わり、ネット上の優秀な論者が、
はげしく出入りするようなサイトになってほしい。
応援してるんだ、だーさん。

106 :名前はいらない:2009/04/22(水) 00:52:25 ID:oJTg7txj
文学極道は胸を張っていいよ。
評価している人は、多いはずだ。
(詩誌はもうだめだ。完膚なきまでに終わってる。)

が、評の質を上げるための、仕掛けを考えてほしい。
すると、今より、もっと投稿作品の質も、
自然に上がっていくと思うんだ。富士山にだってなれるはずなんだ。

107 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/22(水) 01:00:44 ID:kSgksk9M
>>105
ありがとう。
コントラさんも、ケムリさんも、むちゃくちゃ忙しい学者さんなのです。
論争であまり消耗させたくないです。
文学極道のスタッフは、全員ただ働きなのだから、
がんがんレスを入れろと言われても、毎月の採点だけでも火の車です。

志のある者たちよ、いでよ、
高らかに言説を表明せよ!
それができる場所、言語芸術の最前線が、文学極道である。

また、圧倒的な筆力において、
創造大賞受賞や、殿堂入り者や、軽谷さんや光冨さんと戦える人が旧媒体にいますか?
旧媒体の権威など、もう、弁証法的に、棄却されてしまいました。
「俺様こそが現代日本最大の詩人だ」と威張りたい人は、
文学極道で賞を取るしかないんですよ、ちゃんと現実認識をしてください。
現代詩手帖賞? H氏賞? 身内以外誰も読んでいないですよ、そんな物。

108 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/22(水) 01:12:50 ID:kSgksk9M
>>106
ありがとう、システム的に改造しなければならないのなら、無理です。
技術のゆうなは一人だ5年もただ働きをしてくれており、消耗しています。
今のシステムで、やれることをやっていただきたいです。

それから、技術と志のある、信頼できる人、
技術のゆうなを手伝える能力のある人を求めます。

109 :名前はいらない:2009/04/22(水) 03:27:25 ID:b5WrpC+Y
文極内部の馴れ合いなら文極でやれよ
おまいらが箱の中で何をやってようがおまいらの勝手だが
ここはおまいらの箱じゃねえぞ

110 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/22(水) 04:25:13 ID:kSgksk9M
>>109

箱人間って、貴殿、アニヲタで「宇宙をかける少女」を見ているのかな?
あれは、著しく萌えて素晴らしい。
今期始まった萌えアニメ「けいおん!」や「咲」
創造大賞を狙いうる冒険「シャングリ・ラ」「東のエデン」
大笑いさせてくれる「戦国BASARA」「ファントム レクイエム」、、、
くだらないポエムなんか読んでいる暇があったらアニメを見ろよ、学がねえ。

つうか、箱といったら普通は安倍公房だ。わんぱたーんだが偉大な男だ。
だが、貴殿は違う。
言語派とやらの引き篭もり、若しくは老害「思潮社」の回し者、
或いは「思潮社」そのものだ。

「思潮社」さんよ、憐れを垂れてやるよ、俺は。
現代詩壇唯一の実行力のある人間である俺が。
このまま倒産してもいいんじゃなかったら、俺に執筆以来を出しな。
選者をやってあげてもいい。
全面的な刷新の様相を見せないと、このまま消えて行くのみだ。

つーか、何を言っても、痴呆性の脳には届かないだろう、消えろ



111 :名前はいらない:2009/04/22(水) 18:51:13 ID:yoHryHZ6
文学極道普通におもしろくねえよ。
レスで喧嘩してるときが一番おもろい。

112 :名前はいらない:2009/04/22(水) 19:34:48 ID:oJTg7txj

わざとあおるように言うけど、あんたの頭が悪いからさ。

113 :名前はいらない:2009/04/22(水) 21:12:23 ID:KZeanU+9
確かに面白いものは少ないよ。だらだら長いものが多いね。
面白く見せる工夫がないっていうか
どうしてもどん臭い人が多いんだと思う。
まあショーアップされた完成品をスパッと発表しましょうって場ではないってことは分かるが・・・

114 :名前はいらない:2009/04/22(水) 22:12:53 ID:rvZPEXw6
手帖と手を組んだら最強なのにな

115 :名前はいらない:2009/04/22(水) 23:27:02 ID:yoHryHZ6
釣られんなよ
まあ、確かに他人の頭がどのくらいいいかなんてことには興味がない

116 :名前はいらない:2009/04/23(木) 13:48:56 ID:Bh+7s6jf
takeda

フェラチオしてもらったことがある
氷河期の遊園地
産卵を終えたばかりの群落
葉の上に炎上する

フェラチオしてもらったことがある
約束の、橋を渡る
(食堂で食べた犬のように)

フェラチオしてもらったことがある
えいえんなんてなかった
(女を貫く五日目)

彗星の裸足
焚き火の長髪が
廻る

えいえんなんてなかった


117 :名前はいらない:2009/04/23(木) 13:50:09 ID:/62Gj9c9
金取っただろ?

118 :名前はいらない:2009/04/23(木) 15:24:15 ID:/RDQGuWK
どうやらかなりの高確率でミドリが混じってるなw
こんな所に書き込んでる暇があったら、パシッとテメエの駄文なんとかしろや
例の一条のキモイよあれ・・

119 :名前はいらない:2009/04/23(木) 15:54:37 ID:/62Gj9c9
ちょくちょく馬鹿にすんなよ

120 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/23(木) 22:13:40 ID:AfwoOeFm
いかいかの人に、本が年度をまたいだので、新住所を連絡してくれるように伝えてください。
>>116
そんなにフェラチヲが珍しいですか、抒情詩次点のような筆致ですね。

ところで話は変わるが、他所でセクハラパワハラが議論になっていますが、
ダーザインが「すまないが抱っこさせてくれ」といったら、
「抱かれておかないと入選できないのかしら」とか思って、嫌々抱かれるとか、
そういうことを想像したら物凄く滑稽で、申し訳ないが笑ってしまいました。
ふつーに女も口説けない人の考えることはキテレツな場合がありますね。
あんなのシュールですよ。


121 :名前はいらない:2009/04/23(木) 22:51:05 ID:/62Gj9c9
相変わらず高みの見物的な立場ですね〜
まぁ可愛がっていた飼い犬に噛まれた的な気分ですか?

それで逆上するならはじめっから飼うなっつーの

122 :◆Ui8SfUmIUc :2009/04/24(金) 01:56:37 ID:uwq8dubN




こんばんわ。
わ〜っと読ませてもらって感じたのですが、
詩も評価も、面白くしようとしすぎだと思います。
変わり者のあなた達は、ほっておいても面白いのだから、
そんなに、がんばらなくてもいいと思います。

  



123 :名前はいらない:2009/04/24(金) 23:12:14 ID:v21vDOtI
>>122
北さん。「変わり者」が即ち面白いというのは違うと思います。

面白さというのは良識や常識に付帯するものです。

例えば動物園に展示されている猿やキリンに面白さを感じる
のは彼らが「変わり種」である為でしょうか。違います。

彼らの仕草や表情に人間に似た何かを見るから面白いのです。

ヒューモア(面白さ・可笑しさ)とはこうした類似性や近親
性によって形作られ、それが私たちの良識や常識として反映
されていくのです。

124 :◆Ui8SfUmIUc :2009/04/25(土) 03:20:17 ID:lsB111aw
>>123
僕はあなたの言っていることが理解できません。
ですので、肯定することも、否定することも、できません。

わざわざ貴重な時間をさいてまでレスを返していただき
ありがとうございました。

125 :名前はいらない:2009/04/26(日) 04:18:50 ID:OQdzp5pq
ケムリいないとほんっとつまらねえよ
早くあいつ呼び戻せよ

126 :名前はいらない:2009/04/26(日) 17:35:33 ID:iM34CrW7
菅原文太と梅宮辰夫が差しで向かいあってる場面には
正直震えた おしっこちょこっともれた

ちょっとだけだよ わたし…

127 :名前はいらない:2009/04/26(日) 19:13:09 ID:GQ0nMNSe
ポエマーって、嫉妬深いんだね。
文学極道のなかには、
十分に読むに値する、いい作品があるじゃん。
どうして素直にみとめず、
外野から、あーだ、
こーだ、難癖つけるわけよ。
かっこわりー。
お前らの詩、絶対つまんねー、
のだろうな。

128 :名前はいらない:2009/04/26(日) 19:21:51 ID:WgD6KVrn
正直に、面白くないとおもったことがあるけど、嫉妬じゃないよ。
あ、ポエマーでもないからつまりここで言われてることには何一つ当てはまらないけど
嫉妬で言ってる人間だけじゃないってことが要は言いたい。
自分が面白いとおもうものが他人から見て面白いとは限らないじゃないか。
単に方向性の違いと言ってしまえばそうだけど
期待していると言えば期待しているということにもなるのかな
何かもうちょっとこう、求めるものがあるんだな。
嫉妬って、何に嫉妬するのかがわからないし。

129 :名前はいらない:2009/04/26(日) 22:02:49 ID:GQ0nMNSe
↑それは悪かったね。
おれはポエマーだけど、
文学極道には参加していない。
けども、あそこにある一部の詩は、
とても優れていると思っている。
現代詩手帖とみんな比べているけど、
実際、手帖の詩には吐き気がしているから、
極道、ぽえ、未詳あたりには、期待しているんだ。
手帖よりは、ずっと面白いと思わないか?
出版社の権威ってもう終わってるから、
ネット、有象無象の無名の人たちから出てくる、
詩のほうに期待している。

130 ::2009/04/26(日) 23:15:25 ID:9RqbCDW8
ダーザインさんに質問があります。
今日初めて文学極道を知りました。

殿堂入りの一条さんという方の詩が素晴らしく、
とても好きになり、紙で読んでみたいと思いました。
彼は詩集をお出しになっていらっしゃいますか?
もしくはその予定はおありですか?
よかったら、おてすきに教えてくださいませ。

131 :名前はいらない:2009/04/27(月) 01:32:19 ID:m3pz2zJx
わかんねえ。
どれも同じように見てるし、
どこがどうとかいう考えは特にない。
どこで書いてても面白いければ素直に面白いって言うし。
手帖でも極道でもなんでも。

132 :名前はいらない:2009/04/27(月) 02:10:53 ID:EkzqVbvD
詩のサイトなんて、いわゆるひとつのメディアですから!
しかも、ペラペラよくしゃべる。マスゴミよりもよくしゃべる。
そして、世界の流れを矯正していこうとするんだ。
だまされるな!いまこそ個に帰れ!愚民どもが!

133 :名前はいらない:2009/04/27(月) 12:50:43 ID:nZiQxD8i
川上未映子さんとダーザインさんと岸田将幸さんが詩手帖で座談会をやればすてきだと思うのですが

フィールドは違うけれど
詩の実作者で実行力をもってる前者おふたりと
詩手帖権威の権化みたいな岸田氏で、この際、はっきりさせてほしいです

134 :名前はいらない:2009/04/27(月) 22:45:20 ID:SwkSDMf2
>>131
私もそう思います。

135 :名前はいらない:2009/04/29(水) 10:07:34 ID:hP/qIRHo
昔(佐藤yuupopicさんとか、Nizzzyさんがいた頃)に比べ、
レベルが落ちているような、気はしている。
どうだろう?

136 :名前はいらない:2009/04/29(水) 15:05:45 ID:D9geg7N1
【愛知】電器店のマッサージチェアで1日過ごす 無職男性(33)2ヶ月通う
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news7/1239345702/l50

137 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/29(水) 22:09:17 ID:rX2lXzaR
アク禁解除になったかな?

138 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/29(水) 22:33:29 ID:rX2lXzaR
誰かが聞いていたことだけれども、
狼13号(第一回目の創造大賞他各賞受賞者の作品集。俺の、物凄い演説も載っている)は、近々小部数ですが増刷されます。
その際は、文学極道コラムなどで告知しますので、御予約ください。
>>130
Dさん、俺が前世紀からダーザインを略称してdと名乗っていたことがあるのを知らないで、
ポエニクでd名義の詩を貼り、d=ダーザインだと当然思い込んだ人たちが、レベルが低くなったと驚かれ、
(たもつさんに「ダーザインさんじゃなかったんですか、不本意な詩を書いているのかと思っていた」と言われた、笑い)
d名義を封印させてくれたdさんでしょうか? 笑い
一条さんは詩集は出していません。文学極道と月刊未詳24で、一条名義、鈴木名義、debaser名義で作品が読めます。
>>133
川上未映子さんの詩は好きです。
岸田将幸さんは知らないです。読んでもまったく記憶に残らない糞みたいな詩だったか、或いは本当に読んだことがないか。
座談会は呼んでくれれば出ますよ。でも、老害の詩はまったく読んでいないので、
(現代詩手帖はたまに買うが、その手の詩は見ただけで読む気が失せるので読まないです)
老人やガラパゴス鳥類の話しをされても、つまらなかったとか、読む価値が無い代物だとか、しか言いようがなく、話にならないかも。
老人詩手帖とか木戸媚諂い手帖とかじゃなくて現代詩を名乗るのなら、現代性を担った詩とは何かについてお話したいですね。

>>135
佐藤yuupopicさんは、俺の中でも圧倒的な詩人です。
文学極道一年目、二年目は、物凄い詩人たちがいっぺんに出でてきたのでごった返していました。
でも、その後も、毎年凄い新人が現れ続けています。
年間各賞は相対評価では無いので、該当する者が無ければ該当無しです。
今年も、大いに気になる人が一人現れました。漏れが誰を気にしているかは内緒。

139 :名前はいらない:2009/04/29(水) 23:05:02 ID:l+/RGnV5
岸田さんはキキダダマママキキだだ

140 :名前はいらない:2009/04/29(水) 23:20:22 ID:bT+41Wwk
>>138
その今年の一押しの新人って気になるね。
コソッと教えてくれよ。

141 :名前はいらない:2009/05/01(金) 22:10:10 ID:E5IOzdmY ?2BP(1)
>>138
そうなんだ。ゆぽぴ圧倒的なんだ。
私の中では永遠のかわいこちゃんなだけなんだけどね。


142 :名前はいらない:2009/05/02(土) 22:04:29 ID:jBIeddNm
ゆーぽぴっくの詩集、びーぐるの書評で紹介されてたね。
何を今さらの感が半分、うれしさ半分。
漫画家の笠部哲がイラスト描いてんだよな。

143 :名前はいらない:2009/05/03(日) 22:34:34 ID:mdxtIeZD
軽谷さんが好きだな。

極道のアクティブ/現役の書き手では、
どうだろ、うーん、
これって人がいないかもね。
どうだろ・・・

144 :名前はいらない:2009/05/03(日) 23:32:46 ID:XQr/A3sd
悦さんって人分かる人いる?

145 :名前はいらない:2009/05/04(月) 00:28:44 ID:iaaDa9Tz
あきらめちまえよ


146 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/04(月) 22:17:17 ID:EPjQ+ow3
ラジヲ放送中です。

今日は、いとうかなこと、NIRGILIS
老人ホームでの仕事は順調です。良い仕事場です。
覚えることは山ほどあるが、先ず、職場の雰囲気が良い。
長く腰をすえたくなる職場です。

明日は休み。ごろごろするぞ。

以下のラジヲアドレスは2chからは直接来られません。
別窓に貼り付けて飛んでください。
人がたくさん来たら、演説もするかも。

Winamp向け
http://motoka.jp:10000/listen.pls
Windows Media Player 向け
http://www.motoka.ws/radio/10000.asx
掲示板
http://ime.nu/warentin.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/rad/tl11s.cgi

147 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/04(月) 22:48:59 ID:EPjQ+ow3
暫く警備員をしていたので、ガテン、益荒男の流儀で、
やる気の無い若いのを誘導棒で叩いて、怒鳴りつけ、
リアルダーザインは物凄く怖く、
「お前もう、帰っていいぞ」と恫喝したりしていたのだが、
老人ホームに転職したので、優しいお兄さんに変身しました。
お年寄りには、漏れが20代に見えるようです。

詩壇においての傲慢と自身、
その根拠を、秋に発行になる詩誌「狼」で見せられると思います。
圧倒的な筆力、読み手の魂を震わせるドラマツルギー、
傑作散文詩を2編公開の予定。俺が、有象無象とは違うことが良く解るぞ。

正座して読むようにな。

148 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/04(月) 23:11:11 ID:EPjQ+ow3
美を、美を、圧倒的な美を、
読者の魂を震撼せしめる凄絶な美を!
それだけ思って、全力で書いた、畢生の大作2編です。
俺は、あの二編では貴君らの期待を絶対に裏切らないよ。

”天才的大詩人・ダーザイン”が、
虚傲の自称ではないことが良く解るので、必ず読むように。

いずれ新盤詩集に入れて発行するし、文学極道でも、評価の場にさらすがな。
狼も、新盤詩集も、必ず買えよ。

創造大賞受賞者や一条さんや佐藤さんや軽谷さんに負けていられない。

俺こそが、現代日本最大の詩人だと、文人ならそれだけの矜持を持てる作品を書きたいだろう、皆。
星屑の停車場にて以来の満足度だ。

次回新作は、「銀河の公衆便所にて」な。

149 :名前はいらない:2009/05/04(月) 23:19:58 ID:VrIoZIxA
ダーザインはネット時評なんで書かないの?ダーザインが詩誌に書いたら最強じゃん

150 :名前はいらない:2009/05/04(月) 23:27:52 ID:sdbCW/0b
>>149
いいこと言った!


151 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/05(火) 00:16:03 ID:vXrHlvTk
149>>

無料で書いてあげますので、依頼を下さい、
思潮社様、土曜日術出版様、
笑い

そうだ、俺は最強だ、
ほんとうの現代日本最大の詩人をいくらでも掘り出してやるぞ。
やまほどいるぞ。毎月連載してやるので、俺と、コンタクトを取れよ。

寄ってきた者は、むげにしないよ。
相手が思潮社であれ、良い者を良いと言える環境さえくれれば、
ちゃんと文章書いてやるよ。

152 :名前はいらない:2009/05/05(火) 08:51:20 ID:I0QRXXHw
>151
狼か新詩集にそれ書きなよ。マジで依頼くんじゃね?

153 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/05(火) 09:48:59 ID:Gf1pQ/2H
いうこと全てが詩的ではないと優秀な詩人ではないと勘違いするやつがある。
馬鹿というのはなんでこんなに可愛らしいんだろうか。

154 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/05/05(火) 15:26:38 ID:4VdSjC/o

ダーザインさんは大した書き手じゃないですよ。
だって文章、おもしろくないもーん。
ツッコミどころ満載で、世間知らずってのは恐ろしいもんじゃのぉ、とぼくも気をつけねば、けしてこうはなりたくないと自戒の念を抱かせるまっこと優秀な反面教師として機能しているわけなんですけど、
GWも終わりか。
まあいいや。
あのね、自分の書くものを正座して読めって、あんた何様なんですか?
ダーザイン様?
「そりゃすげえ!」
母ちゃん、ダーザイン様ってすげえんだよ。
「ダーザインって何?」
えっ……。
「なんか車の汚れ落としとかに使えそう」
はにゃにゃ。
一般市民の認識なんてそんなもん。
いきがるのはいいけど、まずは結果を出してから・ね。
HPのアクセス数とか、そんなの関係ないですから。
詩人として食っていけなきゃ全部、失敗だと思ってますから。
“美”とか連呼してるのもかなり痛いがまあ、許容範囲といたしましょう。
アンチ思潮社。アンチ既存。それだけじゃあ、お子さまだって出来るんだぜ。



155 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/05(火) 17:45:26 ID:Gf1pQ/2H
ダーザインてwwwwなにこいつwwww
まるで裸の王さまだな。今度から真っ裸のおーさまって呼んでやるよ

156 :名前はいらない:2009/05/05(火) 20:14:52 ID:IkTCQFEP
ダーさんを馬鹿にするひとって、
なんだか、カッコわりー。
結果出せってか。詩人として食っていかなきゃってか。
はあ、話にならん。
馬鹿っていうお前が、まじ頭ワリーってことを、
自覚してくれよ、ほんとうに。

157 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/05(火) 20:36:03 ID:Gf1pQ/2H
(信者出てきちゃったよ……。マジまんどくせ)
ごめんね☆
僕が間違ってたみたい☆

158 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/05/05(火) 21:08:15 ID:4VdSjC/o

おれは帰る。
もう二度とここへは来ない。
さっきのは気まぐれだ。
ちょっと情緒不安感だったことも影響してた。
気に食わないからといって、いちいち否定することもなかったといまでは思う。


159 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/05(火) 22:03:54 ID:FF/UwYWT
>>154
有象無象がハンドルを入れて俺と直に口を聞こうとしているところからして先ず、
貴殿が言うところの一般市民とやらは、貴殿の筆力と等しく小学生レベルだと思われる。
ゴッホやアーサー・マッケンが極貧だったからといって、
ゴッホの絵が優れていることやマッケンの『夢の丘』が金字塔であることは疑い得ない。
貴殿はさもしい。
世界と対峙する一個の実存社会革命家としての姿勢も無い。
ただ流されていく消耗品の人生だ。
思潮社は、社会悪のミニチュアだ。ここでも動議を説き、正義を成さねばならない。

誘導棒で叩くぞ、このガキ


160 :名前はいらない:2009/05/06(水) 00:18:09 ID:4DnT1raj
>>151
>相手が思潮社であれ、良い者を良いと言える環境さえくれれば、
ちゃんと文章書いてやるよ。

良い詩(モノ)だって思わせて、良いと言わせたいのが詩人じゃないのですか
良いと思わせることだけが目的になるのとはまた違うと思うですけど

161 :◆Ui8SfUmIUc :2009/05/06(水) 00:20:32 ID:eHAUXIRk

やぁ!

正義の対極は悪ではない、「もうひとつの正義」だということを僕は信じている。
さぁ、殴り合え、僕が見てるよ!

  

162 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/06(水) 00:36:42 ID:Q7SS0QjW
なんだっけそれ。クレヨンしんちゃんだっけか。
金字塔か。
それにしてもあれだな。金字塔って聞くと、金平糖を思い出すな、俺は。金平糖ってなんであんな名前になったんだろうな。きんぴらっぽくもないし。
小さい頃さ、金平糖って味が色によって違うと思っててさ。一粒一粒舐めてたよ。無くなるまで。

163 :名前はいらない:2009/05/06(水) 05:57:53 ID:pVh7L874
誘導棒www

俺は正義のヒーロー!!!!!
ガードマンっっっ!!!!!シャキーン

164 :名前はいらない:2009/05/06(水) 06:04:13 ID:pVh7L874
とりま警備業法に権利。それを扱う為の公正で厳格な資格。とかなんとか色々。「誘導棒の振るい先」はこんな所じゃないのでは?

165 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/05/06(水) 07:43:20 ID:ZCRox5yi

>>159
おれの筆力が小学生レベルだと言うなら、世間一般の連中だって大抵、それにあたるわけだ。
そういう人たちは無視ですか?
自分の書くものが有意義かつ、世の中にとって必要なものであると思っているなら、それをより多くの人たちに伝えたいという欲望は健全なものだと思っています。

“ゴッホやアーサー・マッケンが極貧だったからといって、
ゴッホの絵が優れていることやマッケンの『夢の丘』が金字塔であることは疑い得ない”

とのことですが、あなたがゴッホやアーサー・マッケンと同じ種類だという確証も何処にも無いのです。
「歴史が証明してみせる」
と言うなら、歴史が証明してくれるまで待ってなさい。
ゴッホは先人の名前を出して、そんな風に自分を評したりしませんでしたよ。



166 :早起きちゃん ◆qDSA0McZ96 :2009/05/06(水) 08:52:20 ID:zRFiGNXA
両者の言い分はわかりますよ。と無関係なわたしが口を挟んでも仕方がないのですが、
二人で誘導棒を片手に殴りあってもすっきりはしないですよね。痛いだけですよね、肉体も心も

認められたいから世の中を自分の力でねじ伏せる
認められたければ世の中に適した力で打って出る

これくらいの違いだと思うのですよ、わたしは
どちらも意思は強く、どちらも可能な方法に見えます
でも、どちらも相当な時間がかかるので簡単には証明ができません

まずは自分の意思を貫いたまま、そのような考えもあるのか、
だが、俺は自分の信念を押し通す、くらいの心の余裕を持った方がきっと楽ですよ
公平な大岡裁きっぽいでしょ。文字にはしないで、ま、小者の考え方もあるしな、
程度でとどまれば、体裁は良いですし、誰からの反発も受けないで済みます
余った時間で一層、創作に力を注げるはず

ね、そうしましょ。時間はいつでも有限なのですから

167 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/06(水) 12:36:35 ID:Q7SS0QjW
早おきちゃんこんにちは。
毎日シュガースレみてます

168 :世間:2009/05/06(水) 16:54:29 ID:FEQaN094
>おれの筆力が小学生レベルだと言うなら、世間一般の連中だって大抵、それにあたるわけだ。

おいおい、笑。

169 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/06(水) 18:45:22 ID:Q7SS0QjW
一般市民はお前のことを知らないぜ。
お前の持ってる武器が三下の繰り出すちんけな詩、という時点で、お前は実存社会なんちゃらじゃない。大体そういうやつはネット活動の前に出版社にいく。お前の足元見えてるか?
そういうのはな、ビッグスターになってからいうもんだ。情けないったらないね。


170 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/06(水) 23:32:47 ID:l3CXt1Ju
>>169

ああ、有象無象ウゼエ、
神が筆に宿った俺の文章を読んでからで直せ。
http://warentin.at.infoseek.co.jp/syoumetu2.htm
俺と戦える人間が、創造大賞受賞者やまーろっくさんやジュリアン・グラックや軽谷さんの他にいるか?
いねーよ、俺はこの作品を書いたときに天啓を得た。神が筆に宿ったのだ。
いや違う、俺はは神だ、新世紀のデミウルゴスだ、俺が英利政美であり、lainなんだ。
この完璧な作品を、お前らの足りない脳みそで、解釈してみろ。
近々公開予定の文学史的金字塔、小説「光の王」の一節である。
(今個人サイトで公開している「光の王の一部と、現在の原稿は全然違う」)

一般市民とやらにアンケートをとってみよう。
文学極道を知っている人と、現代詩手帖を知っている人と、どちらのパーセンテイジが大きいか。
確かにどっっちも鼻糞ほどだろうが、年齢階層では圧倒的に文学極道の読者の方が若いから、
こちらには、旧媒体には無い未来がある。
旧媒体は弁証法の流れから阻却され、廃棄された。
今、文学極道が、日本に於ける詩というジャンルの全てを担っている。
歴史の弁証法の存在論的行運の歯車がきしみ、相反するものがせめぎあい、
新しい、創造の地平が開かれている場、それが、文学極道というメディアである。

解らないかな、俺は、メディア王なんだ。
阻却された媒体の、腐ったレールに乗ることには、デミウルゴスである俺にはチープ過ぎる。
私が、私たちが作ったメディア、作るメディア、それが文学極道であり、
現象学的な意味で、現代性・世界性を担った唯一の詩芸術メディア、それが文学極道である。

171 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/06(水) 23:35:28 ID:l3CXt1Ju
三下というのは、出版社に行く奴のことを言うんだよ、屑。
思潮社や新風舎から100万払って詩集を出せばいいんだよ、そういう土人は。

デミウルゴスは、自ら、真のメディアを作った。文学極道である。

ところで話は変わるが、金が無い。
俺様は今年の東京ポエケットに文学極道の本を携えて降臨する予定だが、
本の出版費用が無い。原稿は集まっているのに。
漏れは正義の人なので、当然貧乏である。
社会保険労務士試験に10年も前に受かっているのに、
アウトソーシングや派遣ピンはねに法律知識を使うことを拒否して、
サラリーマンを辞めたあと、弱者の味方ができるときまで社労士を封印し、
土工人足の類をしてきた漢である。

義はあるが、金は無い。
そんなわけで、文学極道の本の出版費用の寄付を求める。
よろしく。

172 :◆Ui8SfUmIUc :2009/05/06(水) 23:43:17 ID:NHS8u1sE

やぁ!

罵りに「小学生レベル」ってあるけれど、小学生ってすごいよ。
大人が失ってしまった言葉を、いっぱい使って会話するんだよ。
大人には見えてないだけで、子供っちゅうのは天才詩人だよ。
「小学生」この言葉にひっかかってしまった人は、たとえ言葉の博士であっても、
もう言葉への好奇心は失せてるんだと思う。
言葉使いの上手な人は多いけど、言葉に好奇心を抱いている人は少ないね。
なぜだか知ってるかい?それは、「ちゃんとした言葉遣い」=「道徳的」なイメージがあるからだよ。
相手に意味が伝わるようにしなきゃ失礼だ!みたいなところがあるんだね。
まるで、権力者に言葉を献上するかのように。

もうちょっと言葉に深く立ち入った罵りが欲しいな。
僕だったら「小学生レベル」なんて言われると、シニカルに喜んじゃうよ。
まぁ、けっきょく言葉なんて思いの比喩だから、そんなことは実際ないだろうけど、
「小学生レベル」これを吐く方も、ふつうに釣られる方も、優しさが足りないよね。
エンターテイメントに欠ける。

さぁ、僕が見てるよ、もっと争え!

 



173 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/06(水) 23:49:40 ID:Q7SS0QjW
俺は詩にほとんど興味ない。オアソビでやるくらいだ、暇潰しに程好し。
俺が目指しているのはノベリストだしな。
はっきりいって、俺は有象無象じゃない。
お前がお前を評価してるくらい、俺も俺を評価してる。だからお前の考えは嫌ってほど知れてるぜ、ニガー。でもって嫌いじゃない。

読んだ上での票を入れよう。
もともと、詩は逃がしてしまいやすい書き物だ。
進行方向から読まない限り理解とは程遠い。
お前の詩からはなにも感じなかった。色があり、形があり、匂いがあり、味があり、音も出る。それを表現して、感想を持たせるのが芸術だ、そうだろ?
でもお前のからはなにも伝わってこなかったね。たまに腕がかゆくなるだけで、てんでカリソメって気がしたね。
勘違いしないでほしいのは、俺が馬鹿じゃないってところ。
世界でもっとも頭が良い人間のうちの一人だという気もするさね。
お前みたいに、自分に立ち向かってくるやつを馬鹿だ阿呆だといってしまうのは簡単だけどな、間違ってんだぜ、それは。
送信。

174 :Y.TAKEO:2009/05/07(木) 00:21:47 ID:upwwoFCS
なにはともあれ

元気だな


175 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/07(木) 00:30:49 ID:vvn2QICL
http://warentin.at.infoseek.co.jp/hosikuzu.html
良く、読んでおくように。
未だに推敲途中で完成した気がしないのだが、
多分、現代日本、最大の詩だ

要するに、俺は神だ、拝め

176 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/07(木) 00:35:31 ID:S31kvIX4
これはこれは「テイク・オー」殿。
まあな。
なにせ俺は若いからな。元気があり余ってんのさ。
おい、ダーなんとか。
人を屑呼ばわりするやつに能力者がいた歴史はない。

177 :名前はいらない:2009/05/07(木) 00:35:44 ID:JWVKYzAj
>>171
ダーザインさん。メディアには大体スポンサーがつきものだ。その良し悪しはある
けれど、(スポンサー批判はしくくなるとか)それには法人化(NPOをでも構わな
いだろう)して配当の仕組みを作らなければならないわけで、ベンチャーキャピタ
ルに話を持っていくにしてもそうだ。週刊金曜日という左派系の雑誌は企業スポン
サーをなるべく廃して、定期購読者の支えを資金源にしている。それに需要がまず
あることが前提になる。お金とは信用と流通性の二つの価値からなるもので、2ch
でのあなたの振る舞いはたとえネタ含みだとしても、信用の醸成にはつながらない。
サイト運営者としての自覚を促したいところだ。ものごとには順序がある。詩文学
の社会的価値を説くこと。またそれに沿った作品やコンテンツがあること。その上
ではじめて経営の話になる。現状ではサイト上で基金を募ったところで賛同するも
のはいないでしょう。将来を見据えるならそれらを踏まえた十分な計画性が必要に
なってくる。

178 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/07(木) 00:47:42 ID:S31kvIX4
おい、俺は神ってやつは録でもないやつだって思ってるんだ。その点お前の作品ははまさしく神だ。お前は透明の王衣を自分でも信じきって作ってるだけに過ぎない。
担ぐやつも担ぐやつだな。占いとか宗教とかと一緒だな。

こんなの小説の二番煎じだぜ、ファッキンニガー。
それも出来の悪いやつのな。

179 :◆Ui8SfUmIUc :2009/05/07(木) 01:04:37 ID:6+kxVmEm

「言葉には詩的なものと日常的なのと、少なくても2種類はあると思うよ。」

俺は自分の詩が日常的な言葉で評されると嫌気がさしちゃうのよね。
だから、他人の詩に対しても日常的な評文とか書かないわけ。
だって、俺は日常的な会話で使う言葉じゃ伝わらないことを
詩の言葉を使って詩を作ってるんだから。
それをわざわざ日常的な言葉に直されて説明されたときにゃ、
「キーッ!」ってなるよ。だいたい俺の詩に言葉で通じる解説とか要らないし。

そんで、

おおおっ!「神」かよっ!っとテンション上がったけど、その後、推敲不足を露呈されて、
つまんない言い訳にガックリしながら、それでも想像力と強靭な胃袋をして、
小さくなった羽根をはばたかせ、なんとかワクワクしながら読んであげたよ。

背筋は伸ばして読まないといけないのかな?って気にはなったけど、
その反面、まったく面白くなかった。


180 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/07(木) 01:12:26 ID:S31kvIX4
北ちゃん可愛い

181 :Y.TAKEO:2009/05/07(木) 01:26:15 ID:upwwoFCS
>>176
いま、その呼び名が流行ってるのか!
本人も知らなかったぞ

それはともかく『神』で自分を売り出すのはオススメしない。
古臭いし胡散臭さという先入観が邪魔くさい。
エネルギーは感じるので
もーこの際、

俺は詩人会の錦鯉だ

とかよく分からない方向性を進んで欲しいですね。

182 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/07(木) 01:28:36 ID:S31kvIX4



ちょっくらコンビニ行ってくる




183 :名前はいらない:2009/05/07(木) 01:47:13 ID:dMFY1ejF
とりあえず、182さんは、
作品さらしてもらえませんか。

でないと、フェアーじゃない。
小学生並みなのかどうか、
判断がつかないし。

184 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/07(木) 02:08:11 ID:S31kvIX4
フェアというと、僕にも誹謗中傷のたらいの下に立てと、そういう事ですかな?

あなたが同じことをしてくれれば、僕は快諾致しますよ。
晒すこと自体に抵抗はありませんからね。

185 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/07(木) 02:12:53 ID:kjp6UXQr
>>165 さとうしおさん

ショックだったんだけどさ。
ゴッホの耳って、自分で切ったんじゃなくて、ゴーギャンに剣で切られたんだって
いう新説が出ましたね。
あの耳に布巻いた自画像、もう一回観にいきたいな。

186 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/05/07(木) 22:03:44 ID:tm0kEXoK

>>170>>175
読んだよ。
あんた、やっぱ、だっせーは。
かっこつけすぎ。
ナルすぎ。
鼻につくんだよ。その薄ら寒いセンスが。
「美」とか連呼したり、自分を評するのに「ゴッホがなんたら」とか引き合いに出したり。
分相応じゃない奴はいっぱいいるけど、いい加減、勘違いしてるだけってことに気付かないといつまで経っても井の中だぜ?
しかもそのキャラ……。
本気で言ってるんだよね? 俺は神とか。
その詩で。
正直、スルーしようかと思ったよ。
(ああ、こいつは……)
って。
でも読んじゃったからには一言いわなきゃな。


フェアじゃないと思われると嫌なので、おれも最近、書いた詩を一つ載せるよ。
短いし、これは詩じゃないのかもしれない。
でもそんなのはどうでもいいんだ。
おれとダー公のどっちが正しいか、どっちも正しくないのか、あるいは正しいとか正しくないとかそういう問題じゃないのか。
そういうことは読者で決めてくれ。
バイ。



187 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/05/07(木) 22:07:03 ID:tm0kEXoK

 エコ

エコに目覚めた
おれは早速マータイさんの写真で五回ヌイた
「ハァハァ……マータイさん」
すごくグラマラスだぜ
おれの想像の中でマータイさんはにっこり微笑んだ
女子高生の制服を着ていた
「キュートだよ」
もはやマータイちゃん
「エコ! エコ! エコ!」
激しく自らの男性器をしごいた
「エコ!」
射精した
本日、六回目の射精
おれは虚脱状態に陥り ふとエコってなんだろう?
と思った
てっきりマータイさんでヌくことがエコにつながると信じてた



188 :どっちもどっち ◆gFEei68CzM :2009/05/07(木) 22:31:11 ID:klo6pOMK
>>170
ダーザインとかいう、どっかの神のものを読んだ
>>187
さとうのもここで読んだ

で、比べるとどっちもエロ
ダーザインは小説の一節とか抜かして逃げ道を作るカス
きれいな言葉の羅列は前後の説明がなければ意味がない

で、さとうは行為ばかりでエロくない
マータイを知らん、おまえの脳内の人間のことなど、
わかるわけがない。描写が欠落していて情感もクソもない

だから、俺としてはどっちもどっち。この詩板に基本、エロはない
と思っていたのだが、ひとつだけあった。本人の了解は得ていないが、
両者よりはマシなのでまけてくれ

661 :ルート5 ◆wwaBUDM/A. :2009/05/07(木) 00:42:39 ID:HGKPIJsg

 包茎

恥ずかしがり屋さん
顔も出さないで
頭の先っぽだけ
ヘンな汗をかいて
濡れてるね

恥ずかしがり屋さん
縮こまらないで
頭の先っぽだけ
ヘンな汗を舐めとって
でも 濡れてるね

わたしが包んであげる
しゃべれなくなるけど
包んだままで押し下げて
ほら ここが口の中だよ
でも 包まれてるね

わたしはそっと離れると
あなたは顔を現した
少し赤くなって
照れているようで
先っぽが濡れてるね

次はここだよ
ここで包んであげる
ほら わたしも濡れてる

わたしもあなたも同じだね

俺からすれば、こいつの方がエロい
これも一般の読者の感想だ

189 :◆Ui8SfUmIUc :2009/05/07(木) 22:48:26 ID:MG+W9Qvo
>>188
イイ詩だ!サイコー!

190 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/07(木) 23:28:34 ID:kjp6UXQr
あー。これは僕も昨日読んでイイナーと思いました。
名作かも。

「帰省」もいかしてたな。

191 :名前はいらない:2009/05/08(金) 00:49:20 ID:CIs7Ymm+
今回のルートは笑える。
上の方まで見たけど、おもしろい。
まじめなのもあるし、とにかくなんでもいける。
みんなも見てきたら、なにげに一行で怒ってるww

192 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/08(金) 02:02:53 ID:PZQf/nXX
エロ文士かよ、笑い。

つまんねー、どっちもちっとも興奮しない。
ちんちんがぴくりとも反応しないぞ。
小学生レベルの文章なのはしょうがないとしても、
ネタ芸術、ネットお笑い芸人という混じれ酢を極める道も、もっと高いハードルを自身に課して欲しい。

よく読んどくように。
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=10327&filter=usr&from=listdoc.php%3Fstart%3D0%26hid%3D564

>>ボルガ
ゴッホの耳の話は、真贋定かではないのだろうな。


193 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/08(金) 02:58:37 ID:OpQUVVa0
>ちんちん反応せず

誰しも寄る年波には勝てないからな(笑

>ゴッホ

新説は歴史家の発表した著作が出典であり、美術・美学の専門家の著作では
ないらしい。
レフェリーの審査を経て専門誌に発表された論文でもなく、美術系から
は反論殺到とか。
だが真贋明らかでないといえるかどうかは不明。実在の人物の行動を推理するのに
美術評論家のお許しが必要ってわけじゃないからね。
ゴッホ好きなんですよ、僕は。

194 :◆Ui8SfUmIUc :2009/05/08(金) 08:51:36 ID:v0RUMU/D
体育の先生に親父ギャグ入りの汗臭い道徳を押し付けられた感じ。


195 :名前はいらない:2009/05/08(金) 12:28:05 ID:bFTay5GS
>>194
良い表現ですね、詩人でした。

あ、ごめん。ダー君、そこにいたんだ。知らなかったよ。
あれ、泣いてるの。ごめんごめん、悪口じゃないから許してよ。
ほら、このハンカチ、持ってなかった。じゃあ、この万札で涙を拭いて。
なにしてるの、ポケットに入れたら涙を拭けないよ。
ちょ、ちょっと、だからって食べなくても。うん、そうだよ。うんこから取り出すの面倒でしょ。

わかったわかった、もう、ダー君の好きにしていいよ。
でもさ、君だって無能じゃないと思うよ。ほら、みんなから嗤われるのがうまいし。

うん、そうだよ。今後も嗤われることにがんばってよ。僕も応援してるからさ。
じゃあ、バイバイ。

196 :いかいか ◆YffIGX9Bno :2009/05/08(金) 23:51:20 ID:GCX/jeXT
>>192

 とても良い。面白かった。

>>188

悪くはないが、マネできそうな作品。というか、できるなこの作品の感じなら。

197 :名前はいらない:2009/05/09(土) 00:15:59 ID:UfwGIGPf
>192

書き出しの一連が、やや入りにくいが、後半、ぐいぐい引き込まれた。
面白いよ、もちろん。
そんなに煽るようなキャラをしなくても、いいのにと思う。
ちゃんと、まじめに書かれた詩だね。これが、詩だ。

198 :名前はいらない:2009/05/09(土) 00:20:52 ID:UfwGIGPf
http://warentin.at.infoseek.co.jp/hosikuzu.html

これね、★屑の停車場のやつのことね。
上のコメント。

199 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/09(土) 03:22:25 ID:iHXkZxcH
そうだな。自粛する。おやすみ

200 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/09(土) 03:33:34 ID:0XkZ3gZk
>198のリンク先

正直言って僕には難解で、読んでいて追尾できないというか、僕の知識が足り
ないために取り残されてしまった部分があるように感じました。

冒頭の星の光の話からしてなかなかは落ちてこないです。
星は遠くに在る。
一億光年離れていれば、一億年前の光を僕らは見ている。
遠すぎるところにあれば、宇宙が膨張するために偏光すら起きるし、
さらに遠ければ、膨張速度のほうが速くて地球まで光が届かない。
反対に星のほうに座って、キチガイじみた高性能の望遠鏡で地球を
見れば、一億年前に死んでしまった少女が、見える。
つまり少女はここにいるんじゃなくて、一億光年のかなたに光速で
とんで行ってしまったんだな。
って僕は思う。
それがさ。宇宙がどうにかなってきっと戻ってくるんだよね。
永遠の遠方から、宇宙の果てがココまで戻ってくる。彼女と一緒に。
そんな理論があるけど、戻ってなんか来ないって確信している。
そう思いながら読んだんですが、その戻ってくる理論を知らないから
僕には入っていけないです。

でも、この一連はそういうパーツなんだなって思って、二連に進む。
すると二連は世界の果てへの旅行。世界の果てまでは光速でも行けないん
だから、光速より早いんだよね。
そんなわけで一連より難解だったりする。
このへんで、理解しようとするのをあきらめました。

あとはただただイメージの洪水の中を漂いました。
時折、少女の残像が現れて、なんか悔しさみたいのが伝わりました。

そんな感じだったのですが、どうも腑に落ちないです。
「わからない」ってことを飲み込める詩もあるけど、ここではなにか
引っかかったままな気がします。

この詩は、「わかることが出来ない」内容なんでしょうか。
そうじゃないような気がするな。

201 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/09(土) 03:42:12 ID:0XkZ3gZk
>>192 の詩。

内容や出来はともかく、ちんちんの扱いはダメだな。
握るだけでは芸とはいえません(笑

202 :名前はいらない:2009/05/09(土) 04:19:56 ID:XPW8r4xI
>>196
マネしてどうするの?
そんなことを言わせるくらい、
影響力が強い作品なんだね。

203 :名前はいらない:2009/05/09(土) 04:29:19 ID:9gy55XuU
作者だれ?

204 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2009/05/09(土) 10:03:46 ID:xsAX5Xi7
>>202

マネできると思うのは、すでに自分の中にあるもので、そんなものは何の面白みも
驚きすらもあたえてくれないものじゃない。

205 :名前はいらない:2009/05/09(土) 10:31:02 ID:kIxoKRcM
>>204
なんじゃそりゃ
肯定してるのか?

>面白みも驚きすらもあたえてくれない(ここまでは否定)、ものじゃない(肯定に変換)

良かったな、面白みも驚きも与えてもらってさ。ルートに感謝しろよ

206 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/09(土) 11:20:38 ID:iHXkZxcH
阿呆ハケーン

207 :名前はいらない:2009/05/09(土) 11:23:04 ID:kIxoKRcM
>>206
まさかとは思うが、俺のことなのか

208 :名前はいらない:2009/05/09(土) 11:28:47 ID:kIxoKRcM
まあ、いい
イカ臭いアホはひとりで十分
こんな文盲を相手にする俺も優しいな

209 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/09(土) 12:05:06 ID:0XkZ3gZk
詩としてどうなのかはさておき、ちんちんの取り扱いについては、
やはり「包茎」がもっとも優れていると言えるのではなんかろうか。
詩作法としてはマネできるのかも知れないが、ちんちんでマネできるか
どうかが重要だ。

まず包茎でなければならないし、色はピンクを基調とし、興奮時は
肉色系の薔薇色に紅潮しなければならない。
さらにSM用語で言うところの「汁気の多い」ちんちんでなければならず、
勃起前から濡れていなければならない。それがちんちんの表現力とか
表情の多彩さ、というものであり、それがあればこそ、ファラチオしてくれる
女性も自ら濡れてしまうのである。
加えて、臨戦時もいきなりギンギンに勃起しておらず、女性から触れられるまでは
むしろ緊張して縮こまり、童貞のように素直なドキドキ感を表現するような
芸の細かさも、このちんちんは持ち合わせており、同性ながら、なかなかの
ヨカチンであると感心する。

ダーザインのとさとうしおのは、テーマからしていわゆる手こき。
フェラと比べること自体無理があるが、しかもこの手コキには
テクニックやこだわりが感じられない。

ズリネタについては、環境保護活動家・学者で投獄を含むケニアの
圧制に耐え、ノーベル平和賞を受賞したマータイ女史を起用したさとうに
私は軍配を上げる。
ちなみに私は戦士系なら筋肉大女のナイチンゲール、
環境活動家ではレイチェル・カールソンでなら抜ける。
一方ダーザインの手コキには、忍び寄る貧困を背景としたタナトスが
味付けされており、深みという点ではダーザインであるが、所詮手コキで
あるから、タナトスとエロスの拮抗には至っていない。
あんまりたいしたことではないのではないかと思われる。

210 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/09(土) 12:24:44 ID:0XkZ3gZk
長文になりすぎたな。

【まとめ】作品「包茎」におけるモデルちんちんの評価

  A

理由

○表情が多彩であり、美しい薔薇色であり、メラニン沈着などがない。

○第一ちんぽ汁の匂い・味などが良好美味であり、フェラに適する。

○ちんちんの外観や濡れ具合などが女性のいたずら心を触発し、
 女性からの行動に対してインタラクティブに
 第一チンポ汁→縮こまり→手コキ→顔出し→フェラ→濡れ(女性)→勃起→挿入
 と連続的・段階的に反応する。

211 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/09(土) 12:36:15 ID:0XkZ3gZk
【まとめ】ダーザインの作品におけるモデルちんちんの評価

C

理由;勃起すればいいというものではないし、しない場合も、それだけでは
   抒情に富むとはいえない。

【まとめ】さとうしおの作品におけるちんちんの評価

 B

マータイさんで6回いける感受性の豊かさが、やや評価できる。

212 :◆Ui8SfUmIUc :2009/05/09(土) 12:53:18 ID:9kpJiYhZ

「包茎」

「ぼく」は真面目な「包茎」だ

あんな不真面目な「包茎やろう」には

ぜったいに「剥かれ」ない

※「 」内は入れ替え自由



213 :ルート5 ◆wwaBUDM/A. :2009/05/09(土) 14:47:15 ID:r9lVrRZZ
「創作」

「創作」は真面目な「の」だ

あんな不真面目な「の」には

ぜったいに「なれ」ない


あなた方の想像にお任せします

214 :名前はいらない:2009/05/09(土) 14:49:25 ID:9gy55XuU
>>207 寒気した。純正やな…。

215 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/09(土) 21:49:36 ID:iHXkZxcH
>0214その子はあれだからほっといてあげて

216 :名前はいらない:2009/05/09(土) 22:15:04 ID:qMGKM2y4
痛っっっ!
今にも割れる寸前の池の氷を
完全に凍っていると過信して
土手からジャンプで飛び乗る
気付けば………いや、ないか
そしてそのまま終幕へ向かう
彼は…………馬鹿丸出し!!

217 :名前はいらない:2009/05/09(土) 22:29:43 ID:qMGKM2y4
「犯人」

「俺」は真面目な「会社員」だ

あんな不真面目な「刑事」には

ぜったいに「見破れ」ない

218 :◆Ui8SfUmIUc :2009/05/09(土) 22:50:18 ID:9kpJiYhZ

「包茎」

「包茎」は真面目な「詩」だ

あんな不真面目な「陰茎」には

ぜったいに「理解でき」ない

※彼女は1万円で呼び出し中

 

219 :名前はいらない:2009/05/09(土) 22:58:03 ID:5qhdHVWO
>>197,198氏
 俺はこの詩を読んで、ダー氏の力量(限界)が知れた気がした。
表現というか、おのれの文体に対して無頓着すぎる。自分と自分の作品に甘いのだろう。
ムダ字が多く、読む者の心に切り込んでくる力が弱い。発想や構成はいいと思うのだが、
細部の詰めが甘いのだ。その結果、部分部分のクオリティに大きな差が出ている。恐るべき、
と言いたいくらいのマダラもようだ。シロウトだ。
 彼には「良い内容を書いてれば、多少表現がゆるくてもかまわない」といった、
甘えた気持ちがまだどこかにあるのではないか。このまま自足してしまえば彼は立ち腐れだ。
そして、彼のネット上での言動(もちろん私はその全てを承知しているわけではないが)
は、彼が詩壇の現状をどうにかしようとしてあえて挑発的に振舞っていることを
考慮に入れてもなお、かれが自足(自分に甘い)に傾いていることを示していると思う。
もし彼がこの文章を読んで、せせら笑うだけだとしたら、詩に関しても、審美眼に関しても、
彼はもうおしまいだろう。

一度ひとりになれ。自分の詩を突き落とせ。突き放した目で見つめろ。

(こいつとこいつのサイトについては何も書くまい、と決めていたのに、
ついおせっかいで書いてしまった。。。 この詩が惜しい。という気持ちと
この詩に余りにも端的に彼の現状が現れてしまっている、と感じたからなのだろうな)

220 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/10(日) 12:40:48 ID:+IQ6uNQo
すみませんでした。
210はあくまで描かれたちんちんの評価であって、詩の評価じゃないんですが、
作品としては、そういう幻想を伝えてくれる良い作品だったと思います。
っていうか、批評するならチンチンの批評ではなく作品の批評を書くべきでした
ね。

もちろん作品から直接現実のちんちんが推し量れるものではなく、「モデル」
という語は誤用です。申し訳ありません。

とても好きな作品です。読ませていただいて幸運でした。


221 :ルート5 ◆wwaBUDM/A. :2009/05/10(日) 19:11:13 ID:RzSTfcC+
 
 足りない

言葉が足りない
練磨が足りない
経験が足りない
賞賛が足りない
賛同が足りない

足りないのは俺じゃない
足りないのはおまえらだ
足りないのは知識だ
足りないのは見識だ
足りないのは賛同なんだ

俺になにが足りない
俺にはわからない
俺にはこれしかない
俺には書くしかない
俺には創作しかない

もがいて あがいて
苦しんで 見苦しく
溺れる寸前で
手にしたそれに
救われる

救いは苦しんだ先にある
救いは苦しんだ者にある

手にするのはキミだ


222 :名前はいらない:2009/05/10(日) 19:58:50 ID:202KqS1F
逆ギレだな

223 :名前はいらない:2009/05/11(月) 11:53:41 ID:3KZV5hA+
>>221
おまえ、いいやつだな
オレももう少し、苦しんでみる

これはageるべき、だな

224 :サワヤマ ◆NNPDeovw.c :2009/05/11(月) 21:57:40 ID:IlNRR1zu
白山さん

225 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/11(月) 21:57:40 ID:6y3Rvm0c
>>219
仰ることは自覚していますよ。
貴殿がキモチワルイ和合や小笠原鳥類類のゴミみたいな言語派であったとしても、
キモクはあっても、認知性ではないことは解ります。
「星屑の停車場にて」
この作品のうち、今の私の文体に近いのは最後の連だけで、
(この連だけうおのめ応募時に新たに書いた)
それ以外のパーツは、世紀末前後に書いた未詩をまとめた物です。
手直ししたいところが多々ある、いまだ未完成の思いがある作品ですが、
単品としては弱い断片たちだが、全体の荒々しいダイナミズムがこの作品の妙だと思う。
最後の連の流麗さが今の俺の文体だけれども、
20世紀と、実存の、巨大な熱塊の荒々しさを消さないために、
この作品に於いては、投げっぱなしジャーマンの生々しい語り口を保ちたいです。

さて、もう一個投じた作品、完璧に流麗な文章、神が筆に宿った者にしか書けない、
魔術的レアリズムの奥義を尽くした「消滅」について論が無いな。
ダーザインや文学極道に敵意を持っている者たちにも、
この作品の、神業のような圧倒的な技量を堪能してもらいたい。
ダーザイン=嫌いという先入見を解いて、楽しんでいただけたらと。

>>ボルガ
さて、生の強度を真空地帯に打ち捨てるように描写したこの作品における宇宙論は、
宇宙の質量の問題、暗黒物質の総量によって、今、天文学者たちの間で、熱死説が有力なのか、永劫回帰説が有力なのか、知らないです。
永劫回帰って、考え詰めると、気が狂いそうになりませんか?
非常にアンビバレントな感慨に引き裂かれて。

今、もっと知りたいのは、素粒子論的な越境、多元宇宙のことです。
あらゆる多元宇宙のあらゆる地平に、無限のピンクのワンピースの少女がいる。
これも、気が狂うような話だが、素粒子コンピューターが実現しつつあるようなので、
これにも直面せずにはいられない。

そういう詩を書いた人間を一人だけ知っている。
小林レントという男だ。「秋空の散文詩」という文学史的大傑作。

226 :ダーザイン ◆Zvl5UQ7g.. :2009/05/11(月) 22:24:43 ID:6y3Rvm0c
>>177

詩文学の社会的な価値なんてどうでもいい。社会など圧する驚愕的な美、
それは、反社会的であっても、非社会的であってもまったくかまわない。

読むに値するコンテンツ。
文学極道以外のどこに、それがあるというんだ?
文学極道の綺羅星のような傑作たちと比肩され得るメディアなどどこにもない。
今年の現代詩手帖賞、白鳥は月間優良作品には入れるかもしれないが、
もう一人は次点佳作にも、文学極道のハイレベルさでは入選できないと思うよ。


227 :名前はいらない:2009/05/11(月) 23:49:39 ID:MuRBUVjN
白鳥くんは守り手さんだよ。
文学極道にも来てたじゃん。


228 :ダーザイン ◆Zvl5UQ7g.. :2009/05/12(火) 00:49:26 ID:qAkQD3Nq
「深夜の屑は真の屑」byあやしいわーるど@ねこ
深夜に徘徊している貴君らに、特別に、神が筆に宿った男、ダーザインこと源氏の頭領武田聡人が10年前に豚インフルエンザ羅感の瞬間を捉えた傑作を読ませてあげよう。


 アンデス


南米帰りの友人が
土と光の匂いをまとい
訪ねてきた日のこと
土産は
幾つもの見知らぬ異郷のお話と
太陽神のペンダント
パタゴニヤの荒野では
荒らしに行き暮れ
アンデスの稜線で
ピトン替わりに打ち込んだのは
魂の形をした光の楔
そんな話を
更けていく夜の中で
一人この箱の中で思い返すと
過ぎたことはみな
幻のようにも思えて
誰か見知らぬ者の
記憶のようにも思えて
ちびりちびりとウイスキー舐める
肝硬変の老猫は
春まだ遠い北の辺土の一隅で
丸くなるのも億劫で
薄目を開けて虚空に見つけた
透明な物にも無関心で
僕は遠い記憶を呼び覚まし
太陽の石に火を灯してみたのだけれど
星明りもない真っ暗な街道を
炬火を掲げどこまでも行けば
夜の果ての見知らぬ街で
執り行なわれていたのは誰の葬儀

屍は鳥にくれてやる

229 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/12(火) 01:11:54 ID:qAkQD3Nq
ダーザインより告知。「帝都炎上7:11.12」
今年の東京ポエケットに出陣します。風林火山、御旗立てなし!
信玄公が病に倒れて果たせなかった天下統一のための上洛を果たします。
ポエケットの晩と、前日の晩に盛大な宴会を催す予定。
宴会の具体的詳細決まれば文学極道などで告知します。
是非とも皆様、御参加ください。
文学史の歯車がきしむ音を、共に聞きましょう。

近々、第一回創造大賞他受賞者の本、狼13号増刷の予約販売を告知します。
また、懸案の、二年分の本、本文編集、済んでいます。
あとは、デザイナーさんの仕事を待っている状況です。
これも、ポエケットに間に合うものと思います。
他に、読むものが無いほどの文学史的な本です。御期待ください。

(守り手=「そういう運動に参加する気は無い」というメールを寄こして老害に媚び諂う道を選んで消えた若年寄の傑作もあり
ダーザインは、そういう者だからといって、良い者をダメだと言ったりはしない)
一切ネットで活動しない小木曽淑子さんや杉本真維子さんの才能も認識している。
彼女らは、創造大賞は取れないかもしれないが、なにか、他の賞は取れると思う。
俺は、思潮社とは違い、肝っ玉が小さくない。良い者は、良いと認める。

230 :名前はいらない:2009/05/12(火) 18:49:51 ID:VitMJItt
自分の言葉でプラシーボ効果に酔えるなんて幸せだね
天然なんだろうけど・・・
何度も何度も相手の名前を間違えても気が付きもしない
自分の発言を読み返しもしない自分にだけ甘い奴の言葉を
どこまで信じて踊ってくれるんだろうね?

それとikaikaくん
また中二病再発ですか? 寂しくなったら前言撤回ですか?
もうこれで何度目?

231 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2009/05/12(火) 20:45:07 ID:ZZe1mM00
>>230

俺やダーザインに対して、「常識的な批判」をすることがすでに滑稽だと
いまだにわからないのかなぁ。まさに君が言うように、「踊り狂っている」
相手に常識的な批判や皮肉をかましてどうするの?
 君も一緒に踊ってくれるってわけだ。輪に入りたいんでしょう。

232 :名前はいらない:2009/05/12(火) 21:21:38 ID:giZPhoKM
ダーザインさんは常識的な批判が通じないから
その常識的な批判が通じない天然のダーザインさんから認められてるぼくちゃんは
常識的な批判が通じない非常識な特別天然記念物の可哀相な中二病だとでも?
いつもながら君は論点のすり替えばかりだ

君が踊りたい相手はケムリくんでしょ?
極道の投稿まるでラブレターみたいだったよ

233 :名前はいらない:2009/05/12(火) 21:29:29 ID:pZJ0CHej
>>232
嫉妬からは何も生まれない。構ってちゃんなら他へ行けば宜しい。

234 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2009/05/12(火) 21:33:26 ID:ZZe1mM00
>>232

笑った。ところで、彼にラブレターを送ったつもりはまったくないんだけどね。
ただある意味で、あれはラブレターだよ(笑)。最近の極道のくだらない周りの作品
に対するあてつけで書いたんだからね。

論点のすり替えだといわれても、そもそも論理的な話なんてしてるっけ。
君の私に対する評価がすでに感情的なものでしょう。さびしくなったら、中二病、
これが論理的物事を語るときの語彙なんですか。論争しているわけでもないし、お互い
論を開示しているわけでもないに、論点のすり替えって、君は、君の言葉に酔いすぎだよ。
本気で、貴方大丈夫?。くそ長い人生なんだ、寂しいとか、中二病なんていう言葉を使用
しなくても一言で言える。気分だよ。暇つぶしだよ。コンビニに入って、新商品を買ってみる
感覚と同じさ。なぜそう、無駄に演出するんだ。どうせ、君の詩も無駄な演出ばかりで、読めた
ものじゃないんだろうけど。

235 :名前はいらない:2009/05/12(火) 23:24:16 ID:G3zbp9fy
>>228「アンデス」
一応真面目に書いたものだと思って以下を書く。

異国の名を冠したことによる荒廃感、乾燥感のある冒頭はいい。けれど

>魂の形をした光の楔

は、オオゲサだとおもわないか?
お手軽に誇大表現に走ってしまったとは思わないか?

>過ぎたことはみな
>幻のようにも思えて
>誰か見知らぬ者の
>記憶のようにも思えて

うーむ、、、 書いてて「陳腐だ」と思わなかったのか

>ちびりちびりとウイスキー舐める
>肝硬変の老猫は
>春まだ遠い北の辺土の一隅で

 「ちびりちびりとウイスキー舐める」とか「春まだ遠い北の辺土の一隅」
とか、散々使われたフレーズをあえて使う意図がはっきりしない。単なる推敲不足に見える。
「肝硬変の老猫」だって、別に斬新といえるほどの表現じゃない。ここらへんの表現を
生かしたいんなら、もうちょっと違う展開(たとえばどこかユーモラスな展開とか)
があるように思う。

>星明りもない真っ暗な街道を
>炬火を掲げどこまでも行けば
>夜の果ての見知らぬ街で
>執り行なわれていたのは誰の葬儀

 斬新ではないけれど清新。やっと、「おっ?」と思ったら

>屍は鳥にくれてやる

の唐突さ、なんとかならんのか。熟してないと思わないのか。この飛躍によって、
かなりの「独りよがり」感、「俺カッコいいだろう」感が漂ってしまったように
思うが。。。
 ちょっと自分の世界に酔ってないか。この終結は、かなりこの詩(というか話者)
に寄り添って読んでやらないと、ムリがある。そして、少なくとも俺は、そこまで
寄り添う気にはなれんかった。この終結に至る過程に、そこまで引き込むほどの力
を感じなかったからだ。

 それと、結局アンデスだのパタゴニヤだのは、導入用のお飾りなのか?
友人の話の中に出てきて終わりなのか?

 もっと自分の詩を大切にしたらどうか

236 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/05/13(水) 00:33:18 ID:TttBb0gd
ポエケット初陣おめでとうございます!
ご武運を。

237 :名前はいらない:2009/05/13(水) 14:57:39 ID:2FRbMGOG
なんだこのスレ酷ぇw

238 :名前はいらない:2009/05/13(水) 15:46:23 ID:2FRbMGOG
以下以下さんって表彰とかされたことあるわけ?

239 :名前はいらない:2009/05/13(水) 18:31:26 ID:fZaj5+n9
それよりさ、ダーザインが神を気取るのはいいけど
影響力はルートの方が上なんじゃね?

お題つきの板で影響うけたバカがなんか書き込んでるし
それに比べると、ダーザインのマネをするやつって、
現れないところが、すでにダメだしされてるってことなんじゃねーの?

240 :名前はいらない:2009/05/16(土) 21:37:02 ID:SgnNfi64
age

241 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/16(土) 23:06:40 ID:c/SnKpFO
星屑の停車場にて、ハァハァ萌えるラジヲ
萌えアニメの曲などかけながら神が筆に宿った男、
尊師ダーザインが御神託を垂れるので、よく聞いておくように。

2chからは直接来れないので、別窓に貼り付けて聞きに来るように。
Winamp向け
http://motoka.jp:10000/listen.pls
Windows Media Player 向け
http://www.motoka.ws/radio/10000.asx
掲示板
http://ime.nu/warentin.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/rad/tl11s.cgi

242 :ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/16(土) 23:39:33 ID:c/SnKpFO
神のお告げが聞けるんだぞ、とっとと聞きにこい。
未公開の文学史的大傑作の朗読もするぞ。

243 :名前はいらない:2009/05/17(日) 00:42:04 ID:qqzdiGaU
ダーザインって地味にメガヒットメーカーだよね

244 :名前はいらない:2009/05/22(金) 15:52:12 ID:SGBRpqdG
>>238
作品賞

>>228
この詩好きです

245 :名前はいらない:2009/05/22(金) 18:10:16 ID:coFMKKw6
age

246 :黄金のオーラを身にまとった聖者ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/24(日) 23:02:10 ID:E9dGoOK5
「愛は静かな場所に降る」


愛は静かな場所に降る
豊平川の川面を埋める川柳の綿毛のように
チェルノブイリに降る雨のように
彼女の口の周りの精子の泡のように
精神病院の外来でナンパした分裂女の叫びのように
語られることのない、誰と共有することもない
ただ消えていくだけの記憶の中に



247 :名前はいらない:2009/05/25(月) 00:23:44 ID:VuiafSNS
卒業組…。

248 :黄金水のプールで泳いだ愚者ダサインだけど ◆EpcWPGIHRI :2009/05/25(月) 09:56:14 ID:YuzHKCzT
 「屁は静かな場所で出る」


 屁は静かな場所で出る
 肥溜めの水面を埋めるコバエの羽音のように
 肛門から絞り出す霙のように
 チアノーゼを起こした口の周りの泡のように
 神を謳う不遜の輩の脳内の炸裂音のように
 語ったとしても、騙りと罵られるだけの
 ただ霧散していく存在は記憶にも残らずに


249 :黄金のオーラを身にまとった聖者ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/05/25(月) 20:21:38 ID:u5yeTmPd
くすしき神たえなる主よ/
涯てしも知られぬ/あまつ海原/
ものみなこぞりて/み神をたたえよ/
主(聖帝ダーザイン)のまことは/荒野の岩/

お前らが飢えても聖帝様は飢えない/
お前らが死んでも聖帝様は死なない/さあ働け/
ここはシベリアだ/働かざる物食うべからず/
聖帝十字稜(新世紀詩文学メディア「文学極道」)建立の石杖となり/詩ね


250 :ミスターピン:2009/05/25(月) 20:53:57 ID:RjPFqbpj
我が名はカイオウ!シュラハハハー!

ラオウ!何故情などを気に止めた!
貴様のその迷いが破壊の拳を曇らせたのだ
あらゆる物を破壊してこそ真の破壊
貴様の迷いが破壊の拳をにぶらせたのだ!真の破暴に迷いなどいらぬ!

ゆけ冥腐魔道に墜ちるがよい!我が最大の敵よカイオウ最大の拳によって
ぬ〜りャャャ〜〜〜〜〜ああああああああ
北斗地獄破壊冥腐羅漢撃〜!!!!

251 :名前はいらない:2009/05/25(月) 20:53:59 ID:YuzHKCzT
↑こいつ、マジアホで嗤えるwww

252 :名前はいらない:2009/05/25(月) 21:05:34 ID:E25PJmiI
>>249
↑こいつ、神がかったアホで昇天できるwww

253 :ミスターピン:2009/05/25(月) 21:20:28 ID:RjPFqbpj
俺の名前を言ってみろ

ジャギまでも!



254 :名前はいらない:2009/05/27(水) 16:07:08 ID:h4Re9LZd
自分の商売道具弄られたおされて正直ダサすぎるコイツラ

255 ::2009/05/28(木) 21:05:11 ID:J+CJgPRd
はじめてこのスレッドを拝見しました。
ダーザインさんの「消滅」。これ、小説の表現としてはなかなかうまいし、読ませる。
ただし、町の牛丼屋さんの並牛丼がなかなかうまいという意味において。
散文詩としては表現が手垢にまみれているし、中身が希薄すぎる。
女体を砂丘にたとえるなんてあたりまえすぎて損してる。
全体に慨視感があるとおもって、どこで読んだ感じなんだろう、よく真似られている
パターンのひとつなんだが、
とおもい、その大元は....と考えて、はっと膝をうった。
山上たつひこ「光る風」のラスト。あのラストもどこやらからの剽窃なんだろうけど
また、それでいいのだけど、
この「消滅」はそれに似たようなもの。
あだけどこの散文の問題は以上のような瑣末なところにあるのじゃなくて、
たとえば性に対する意識、思想、体験が小学生前期のレベルだってこと。
どんなに深く愛し合い、愛を感じ、性のエネルギーが旺盛であっても、
性や女がわかっているとはいえない。
あまりにも女や世間を知らない。よくいえば純情。
これじゃ、純朴な小学生の世界観をコミック様式で描いただけのことです。

256 :俺の名前は南国の奇跡星ミスターピン:2009/05/28(木) 22:44:55 ID:6YrsSemC
さてそろそろ眠るとするよ
皆の衆自自公連立政権の事についてでも語って板前なんつって



さようなり〜!また会おうグーニーズ!

257 :名前はいらない:2009/05/28(木) 23:02:07 ID:Ghaec+89
こいつら犯罪者を拘留してるつもりなのかな

258 :名前はいらない:2009/05/31(日) 06:24:06 ID:3QVJNgYS
>近々公開予定の文学史的金字塔、小説「光の王」の一節である。

文章は少々うまいけど、武田くん、正直だれも相手にしませんよ。
小説じゃなく少年向けのファンタジーならふつうに読まれるかも。
しかしきみは「天才」じゃない。「神」でもない。
斉藤環がいみじくもいったように「天才」というのは無能者でなければならない。
それでしか生きられない人のことだ。
養老院で働きながら片手間に文学やっている人のどこが天才だ。神が。
ばかばかしくヤカンがヘソを沸かすよ。

259 ::2009/05/31(日) 08:24:59 ID:57WqpTbI
しかし殿岡秀秋さんには笑ったな。
おれ、あの人の「現代詩のレシピ」愛読していたんだが、
文学極道に投稿しているのをみてがっくし。(笑)
一気に読む気をなくしただけでなく、底の浅さが見えたような。(笑)
殿岡秀秋さんが、結局はあのブログで大家(たいか)の物真似をしていることが
ちょんばれになった。
そもそもこの板の表題が「詩壇」だ。(笑)「壇」にこだわっている時点で
武田くんが詩壇にコンプレックスを抱いて「ごっこ」をしていることがわかる。
そういうところにまあ、殿岡秀秋が投稿するなんて、
「おまえ、何を学んできたんだよ、この〜」(笑)
て感じだね。

260 :名前はいらない:2009/05/31(日) 09:51:07 ID:zh+jYu3k
アニソンみたいな変なのばっか採用されるよな
あんなの他人の悪口か糞つまんない幼稚な内容しかないだろ?
全く評価の基準がわかんないよ

261 :名前はいらない:2009/06/01(月) 01:36:33 ID:gbuADegq
>>260
「評価基準」これは結局、絶対評価というのは文芸というジャンルではあり得ないことだから、批評の確立
と読者の声という二つの軸でとりあえず動くことになる。文学極道でレスポンスが重視されるというのは、
この流れに沿ったごく自然な派生として考えていい。それにしても現代詩というものは、正体不明の何だかよくわからないものだ
な。という素朴な感想も正鵠を得るもので、あなたがその本意で語るところの、読者不在の現代詩の現状を反映する一番大きな要
因の一つがここにある。現代詩が言語芸術を名乗るにしても、一体それがどんな知や芸を指して成立するものなのか。誰も説明で
きない現実がある。ここに文化継承の分岐点がある。詩が消滅していくのを黙って見ているのか。あるいは媒体を確保しつつ才能
の出現を待つのかの何れかであり。文学極道はウェブという媒体を通じ後者の立場に立つことを自任している。詩を愛する人間な
らそこに批判を差し挟む余地はない。運営の仕方に疑問があるならまず参画することが道義だろう。ことさ
ら関心もないなら黙殺するのが普通の反応だろう。

262 ::2009/06/01(月) 07:06:34 ID:FRCyWn/F
:ダーザイン ◆ou51JoptVY :2009/04/22(水) 00:09:10 ID:kSgksk9M
>>92
人間は、関係性の中にしかいないんですよ。現象学者がいうところの、
「意識の志向性」という奴です。意識は、常に、何物かについての意識なんです。

↑といっておきながら、関心もないのなら黙殺しろってか。
おまえの言でゆくと、なにごとかへの言及はそれ自体が「関心」なのだろ。
ん? ちがうか? 
関心もないのなら黙殺せよ、という言明がどれだけ阿呆なものかよく考えろ。
あふぉー。てか、わかりもしないのに現象学をふりまわすな。おのれの幼稚な権力性を
さらけだすな。
あふぉー。


263 :ルート5 ◆wwaBUDM/A. :2009/06/01(月) 07:20:03 ID:8DeCJRIw

ダーザイン氏は詩が好きなのは周知の事実
それ以上に愛して止まない存在にあるのではないでしょうか
愛する存在を守りたい。何人にも侵されてはならない
その為には権威にもすがる。深く理解をしていなくても現象学を持ち出す
すべては愛する存在を守りたいが故に

ダーザイン氏は身を挺して現代詩の礎になろうとしている
神を名乗って自身を鼓舞し、他者に揶揄されようと現代詩、主に文学極道に目を向けさせる
愛すればこそ、のけなげな行為。わたしの目にはそのように映ります

264 ::2009/06/01(月) 09:07:50 ID:fiUTliUy
>詩が消滅していくのを黙って見ているのか。あるいは媒体を確保しつつ才能
の出現を待つのかの何れかであり

詩が消滅してゆくだって? はぁ〜?
風にふるえる木が詩だとすれば、木はいつも木だよ。
木がふるえなくなったとしても木は永遠に木だ。
問題は風だろ。
人間の問題でしかない。人間が風なんだ。風が吹くのを詩は
いつでも待っているよ。
なーーーーにが詩が消滅だ。そんなことを心配するヒマがあったら
おのれのピンボケ頭をなんとかしろ。
あふぉー。

265 :名前はいらない:2009/06/02(火) 08:40:27 ID:QoBboTGK
相手にも悪いことさせて自分のやった悪いことを帳消しにしようって魂胆だったんだよね
やっぱり君は…。

266 :名前はいらない:2009/06/02(火) 12:00:18 ID:QoBboTGK
嫉妬に狂った女は
自分の一番嫌いな男と浮気た
社会に反抗したつもりだった

267 :名前はいらない:2009/06/04(木) 19:59:57 ID:crCKP1Nx
age

268 :ためいき:2009/06/04(木) 21:19:50 ID:mMLEnl0M
>>263
 愛するもの、守りたいものがあるなら詩壇的関係性なんてどうでも
いいんだよ。
 都合のいいものを誉めている(或いはけなしている)奴は自分しか
愛していない。学校でも職場でもそんな奴はいっぱいいる。別に積極的に
排除する必要もない。ただそんな奴が権力を持ったらつぶさなければ。
 もう神様ごっこはいいんだよ。詩なんか誰も読んでいないんだから。
 でもそれでも書く。読んでくれるひとはいるんだよ。
 そのひとが愛するものか守りたいものかは別にしてもね。

269 :名前はいらない:2009/06/04(木) 21:26:58 ID:v5vYkkBq
恋のキューピッドどころの話じゃないしな

270 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/06/06(土) 19:51:08 ID:H6jaTAKX
>>263
彼としては隠していたつもりだったのに、そんなにハッキリ言われちゃっ
たら、立つ瀬がないと思う。
泣いちゃったかもよ(笑。

っていうかプロレスでもさ。
僕らがプロレス道場に殴りこみにいけるかっていうと、なかなかそれは
難しい。
確かに彼は仮面レスラーに見えるけど、彼のリングに上がってみないと、
見えないこともあるのかも、と思います。

271 :名前はいらない:2009/06/08(月) 07:05:07 ID:h8W2edsi
はっきりいってザーザインはダメ。あれは小説にはなってない。
詩だというのならまだ通るかもしれないが。

272 :でみうるごすダーザイン ◆RaO4GNPQbw :2009/06/09(火) 23:44:39 ID:LoJFeLAn
俺の詩や小説がダメだと言っている人は、申し訳ないが知能が低いと思う。
まあ、散文については、ほとんど公開していないので、
公開して、討議の場にさらすのが文学極道者だよね。

文学極道のオムニバス詩集をもうすぐ出すので金が掛かり、今は無理だが、
それが住んだら、自分の、第2作品集を出して、散文も載せます。
文学史的金字塔・小説散文詩「光の王」や、膨大にある未公開散文詩。
俺は素寒貧の貧乏で、文学極道の本を出版するのも、平川さんと稲村さんに分担していただいて、
自分負担はサラ金です。とことん、金が無い。
漏れの、入魂の膨大な新作を読みたかったら、寄付をしてください。
すると、速やかに公開できます、よろしく。

貴殿らも、詩への、文学への、愛を示してください。
やったことだけが人生だよ!

273 :名前はいらない:2009/06/10(水) 02:01:26 ID:HNThmO3K
>>272
寄付だなんて懐が広いっちゅうよりスカスカなところを見せていないで、
詩人の中からもっと出資者を募ったらどうよ。
掲載させてダーザインや平川さん、稲村さんに感謝させている場合じゃないだろ。
一人一万円でも結構な額になる。
一般の同人誌なんてどこでも毎号それ以上の額を払わせているんだから、
一冊の単行本を作るのにそれくらい払わせても不当ではないんじゃないか。

274 :名前はいらない:2009/06/10(水) 02:04:59 ID:HNThmO3K
ちょっと心配になったんで書いたけども逆に迷惑だったらごめん。
ダーザインの熱い発言には行動がともなっているんだってわかったからよ。

275 :名前はいらない:2009/06/10(水) 15:28:03 ID:ydBQ07qp ?2BP(1)
光の王って今日泊亜蘭の光の塔と関係あるのかしらん。

276 :名前はいらない:2009/06/10(水) 21:29:35 ID:Ti034TQp
>知能が低いと思う。

これは詩人のことばともおもえないなあ。
詩のことばを感受するのに知能が必要なのか?
ダーザインは知能と詩のことばをシンクロさせているようなやつなのか。
それともたんに罵倒の意味でしかないのか。それなら許せるが、
それにしてもあまりにも幼稚なやつだな。

>貴殿らも、詩への、文学への、愛を示してください。

嘘をつくな。自分を誤魔化すな。
あんたは、白日の下ではただの無能な老人ホームの一従業員にすぎない。
それ以上でもそれ以下でもない。そのような己をなんとか誇大に飾るために
文学を小道具に利用するな。
あんたはたんに、詩の能力を絶対視することによって現実の己の矮小さを隠蔽し
詩の能力次第で人を線引きすることによって、なんとか己を偉大なように錯視する
ことに詩を利用しているだけだ。
あまりに幼稚。あまりに卑劣。あまりに愚昧。
そんなことだから「知能」だの女にモテる能力だのでしか他者を線引きできないのだ。
おまえの文学とはしょせんその程度に「小道具」なのだよ。
うん? 老人ホームの雑役係さんよ。そんなに無名のスカンピの無能な己を
直視するのがいやか?

277 :名前はいらない:2009/06/10(水) 21:34:08 ID:Ti034TQp
ダーザインよ、おまえの文学極道がダメなのは、おまのそのような自己欺瞞が
ちゃんと対象化されていないからだ。
よっておまえに似たような(性格じゃないぞ)、自己欺瞞のやからが集まってくる。
ダーザインよ、
まさしくおまえに「知能」があるのなら、一から見直せ!
ゴミのように無名な一介の老人ホーム従業員くんよ。

278 :名前はいらない:2009/06/10(水) 21:43:10 ID:E5d1Obte
みんな、ひっでえこと、いうなあ。
何かをやっているダーさんのほうが、
何にもしないで冷やかしてばかりしてるお前らよりよっぽどまし。
胸が悪くなるよ、お前らの書き込みを見ていると。ぐえっ。

279 :名前はいらない:2009/06/10(水) 21:43:30 ID:vD09FjxA
もう少しわかりやすくいってくれないか?

280 :名前はいらない:2009/06/10(水) 21:46:18 ID:vD09FjxA
こいつらの仲間が少なからず痛め付けられるだけでも
受け入れられるよ

281 :名前はいらない:2009/06/10(水) 21:49:57 ID:ohizZkV6
最近のボルカは見るに忍びない。もうやめたらどうよ。

282 :名前はいらない:2009/06/10(水) 21:55:16 ID:Ti034TQp
>みんな、ひっでえこと、いうなあ。


知能で人を差別したのはダーザインのほうだろう。
そういう卑劣な差別をすれば、返されるのは当然だ。
子供のような駄々をこねるんじゃねーよ。


283 :名前はいらない:2009/06/10(水) 22:16:48 ID:vD09FjxA
言ってることが低俗だな〜
生きてて恥ずかしくないの?

284 :名前はいらない:2009/06/11(木) 05:50:58 ID:6oZI7aY5
低俗だろうと超俗だろうと生きている人間の重さはちっともかわらねえよ。
おまえらがダメなのは、とくにダーザインが徹底的にダメなのは、
文学(とくに詩歌)というものを人間の「優・劣」の基準にもってきてしまったことだよ。
そういう意味では「ボクシング」なんていう見世物をやって勝・敗に選別している
低脳どもと同じ。
なにが詩の「チャンピオン」だよ。「決定戦」だよ、あほう。
文学を愛するなんどといいながら、ダーザインのような低脳がもっとも
文学を貶め、人間弁別の道具にしているのじゃないか。
片腹痛てえこといってんじゃねえよ、幼稚なガキどもが。



285 :でみうるごすダーザイン ◆RaO4GNPQbw :2009/06/11(木) 20:10:56 ID:1w9eA3A3
作品には優劣がある。駄作と傑作に質的な違いがないのなら、誰も文学芸術なんて相手にしない。
劣等作品は、選別されて過去ログに流される。
文学極道の投稿者たちは偉大な言語芸術家たらんと真剣に格闘しているんだ。
お前ら、外野で吠えている奴らは最初から負け犬な。
真剣勝負の場、対人関係や昔の名前で活字に載ったりする世界とは違い、
唯一、実力だけが評価される場ができたというのに、そこに出てこないんだから。
文学極道に登場しない詩人は文学史に残らないよ。
予言するが、どんなに遅くとも20年後には、現代詩という言葉は文学極道を指すものになり、
手帖とかは旧泰然たる北朝鮮やベルリンの壁があった時代の遺物のようにしか省みられないだろう。
振り返ってそこに見られるものは、放射性廃棄物や、ボリュシュビキ権威の気持ち悪さくらいのものだろう。
手帖のようなものは、現代ではなくて既に過去だ。老人の同人誌だ。
ネットを使えない年寄りはさておき、若いのに阿呆な奴はこんな自明なことにも気付かず、
或いは、自分の実力の無さを思い知らされるのを恐れて、老人の同人誌に逃げ込んでいるんだ。
小笠原鳥類や久雅薙(字、わからん)やその他諸々の手帖プロパーままんの股の下に隠れている有象無象は、
月間優良作品に入選できるかどうか、チャレンジしてみたまえ。
捨て反で書こうが、本名で書こうが、こちらはただ作品が読むに値するものかどうか、ちゃんと評価採点する。

286 :でみうるごすダーザイン ◆RaO4GNPQbw :2009/06/11(木) 20:23:06 ID:1w9eA3A3
知能、という言葉は確かに拙かった。
学が無い、と言い換えよう。ニヤニヤ
俺は詩人ばかり相手にしているわけではなくて、
飲み屋のねーちゃんや冥土カフェの女給にもポエムを読ませるが、
なにも小難しい物ではなくて、解りやすい抒情詩情景詩を読ませても、
先ず、小学生レベルの漢字が読めない! そんなのがたくさんいる。
携帯小説しか読んだことがないような人たちに、散文詩なんか読ませようとしてもね、
細かく改行されていないというだけで、字がぎっしり詰まっているというだけで、読む前に挫折される場合も多い。
「お前、義務教育終えてんのか?」と、聞きたくなるような阿呆がたくさんいる。
教育が悪いんだが、ネットや映像メディアの前に、活字が敗北している現況もある。
だから、俺は執拗にお前らに説教をするんだ、映像を言語化する筆力を持てと。
厳しい状況の中であっても、生まれてこの方一冊のちゃんとした小説も詩集も読んだことが無い女を、俺のポエムで感動させたことが何度もありますよ。

287 :でみうるごすダーザイン ◆RaO4GNPQbw :2009/06/11(木) 20:44:14 ID:1w9eA3A3
老人ホームで働いて、何が悪いのか、さっぱり解らないんですが?
俺は春まで大きな公共事業の工事現場の隊長をする一流のプロの警備員だったが、
転職してからも、頑張って、からだが不自由だったり、病気がちだったりするお年寄りが、
少しでも健やかに、楽しく過ごせるように、毎日優しい笑顔で、対応しているよ。
僕の老人ホームには、身寄りの無いお年寄りが多い。人間は、愛の生き物だ。
労災死傷率が異常に高い仕事である警備員としての俺は、物凄く厳しかったが
(酒臭い息で現場に来るような奴や、やる気の無い阿呆は誘導棒で叩いて「もう来なくていいぞ」と帰した)、
諸事情で、人生最後の夏休みを寂しさや虚しさを抱えて生きている人生の先輩たちには、
頑張って生きて、働いてきて、俺たちを育ててくれた先達として尊敬と愛情を持って、対応しています。
介護職の一部にある「介護している」という傲慢な気持ちでお年寄りのカンジダ病巣の清拭や薬剤塗布なんかしていないよ。
俺はその人に敬意と、愛情を持っているのでできるんだ。そんなの、あたりまえだろう、人間として。

ところで手帖などの老害の実につまらない糞ポエムは論外な。
寸分の敬意も、愛情も感じない。
谷川さん、認知性じゃないのか、おまんことか、2chの名無しさんの戯言をぱくったとしか思えない。


288 :名前はいらない:2009/06/11(木) 21:17:09 ID:ZhlRLIrL
>作品には優劣がある。
>駄作と傑作に質的な違いがないのなら、
>誰も文学芸術なんて相手にしない。

作品に優劣があるぅ〜? 
質的な違いがあるのはわかるが、優劣があるなんて
そんなべらぼうなことをいってるからダメなんだ。
散文には確かに優劣がある。
しかし、もし自由律口語詩に優劣があるのなら、
もはや自由律口語詩など、特定の権力者への奉仕の道具でしかない。
小学校では作文の添削はするが、どうして詩の添削はしないのか、
一からよ=く考えてみることだ。
詩の優・劣ではなく、あくまでも詩の技術の巧・拙にすぎない。
そして詩の場合は拙だってべつにかまわない。
と、わしは思うがね。
自由律口語詩に優劣などもちこんだのはいわゆる最高学府出の
学士詩人やそのお追従どもだろ。
詩のボクシングなんてのがそうだ。そんなものにのっかってどうする。



289 :名前はいらない:2009/06/11(木) 21:20:49 ID:ZhlRLIrL
そういう意味でわしは現代詩フォーラムの☆付けシステムがものすごく
いやったらしいものに見える。
一方、☆ではなくあくまでも感想や批評を付ける文学極道はそうとうマシな
サイトだと思っていたのだが。
主催者がこんなことを言ってるんじゃなあ。

290 :名前はいらない:2009/06/11(木) 21:34:29 ID:kwMsUVqs
ボボボボボ
ルルルルル
カカカカカ

291 :名前はいらない:2009/06/11(木) 21:46:45 ID:ZhlRLIrL
じゃあ、わしの考える自由律口語詩って何なんだと問われるなら、
わし以前の全歴史への異議申し立てだよ。
こりゃあ口でいうほど簡単なことじゃない。んが、頭もいらない。知識もいらない。
必要なのは問題意識だけだ。
たとえばいまNHKで秋葉原事件一年てことで山崎哲なんていうロートルが、
百年一日のごとき言説を振り回して、「若者の閉塞感」だの「人間は一人では生きられない」
だのと、加害者のような孤独な若者を集めて演劇をやろうとしているとか。
このような若者を見るにつけ、おまえらどうしてそんな過去の遺物に群がって
つまり団塊の世代である大人にまとわりついて自分たちを表現しようとするのか。
ほんとうの表現行為とは山崎哲的言辞をぶっとばすんだよ。
ところがそうじゃなく、権威ある大人に群がる。そんなことでどうやって
秋葉原の加害者の孤独な世界を表現できる?
詩の世界も同じ。自分が生まれるまえの連中を全否定しなきゃ。
全否定するには頭も学もいらない。問題意識だけだ。そしてその問題意識は
人生を楽しく生きるには一番あっても意味のないものだ。
それでも生起する問題意識こそは自由律口語詩の中核にあるものなんだ。
つまり小手先の技術で現代詩など書くやつはお茶お花の部類だし、
そんなものに優劣をつけているようなやつは現代詩なんか何もわかってやしないよ。
ちなみにおれはボルカじゃない。冷やしだよ。文体でわかるだろ?(笑)


292 :名前はいらない:2009/06/11(木) 23:33:20 ID:yBm9UCRu
冷やし?ゴメン、無名すぎて知らないwww

293 :名前はいらない:2009/06/12(金) 05:31:20 ID:zva/UppV
>>291
ただしい。

294 :名前はいらない:2009/06/12(金) 21:57:53 ID:Fv0WA2TQ
文学極道、りすさんの最新の詩がいいね。
あれはりすさんなりの「戦争詩」なんだろうけど、ああいうアプローチはいいね。
問題は糞のような感想をつける低脳がいることだ。
5or6っていうバカ。あれは何だ? 仲仲治あたりの変名だろうけど、低脳丸出しの
「批評」?を付けられるとせっかくの鑑賞が台無しになる。
しょせん「批評的に」なんか読めないのなら、みなと同じように感性的な印象発言に
とどめておけばいいのに。
ったく。5or6ってのは目障りなあほうだ。
なーにが「読みました」だ、なにひとつ読めてねえくせに。
大笑いだ。

295 :名前はいらない:2009/06/12(金) 22:11:05 ID:vIMylryZ
>自分が生まれるまえの連中を全否定しなきゃ。

そうなったら、まっさきに全否定されるのはお前だろw
まあ、もともと誰からも真面目に相手にされていないんだから、どっちでも同じかw


296 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/06/13(土) 08:36:22 ID:2WK9fB6e
>知能、という言葉は確かに拙かった。
>学が無い、と言い換えよう。

確かにそのとおりなんだが、人が「馬鹿を差別してはいけない」って
ことを心に深く自覚して態度を改めるのは、話相手を「本当の馬鹿」
だと確信した瞬間だけだよね(笑

目の前の馬鹿はそれを、優しい言葉と勘違いしておとなしくなるかも
しれないけど、本質的なことじゃない。

基本的には馬鹿なんか相手にしなくていいんだと思うよ。

だけど、このスレッドで前にも書いたけど、僕はダーザインの宇宙論
を踏まえた抒情は、知能がフツーレベルであってもわからない部分が
あると思うな。
そこが不満だ。
少なくとも僕ぐらいならわかるレベルまでは、説明を書き込むべきだ
と思いました。

297 :名前はいらない:2009/06/13(土) 10:27:55 ID:ayDzg9ex
ボルカってやはり三流大学出のことはあるな。(笑)
おまえなー、「馬鹿」と「知能の優・劣」とは次元がまったく違うんだよ。
にもかかわらずおまえは知能の優劣の差別を「馬鹿を差別してはいけない」と言い換えた。
こういう言い換えを平気でするからおまえは「東洋大学出」と罵られるのだよ。(笑)
たとえば山犬や狼の「知能」はほとんどゼロに近い。
しかし山犬や狼は「馬鹿」ではない。
それどころか知能の優秀な人間以上に「賢い」。
おい、低能ボルカよ、知能ってどういうことかわかるか?
これはもっぱら「観念操作」にかかわることなんだよ。その優劣にすぎない。
よって「観念操作」たとえば論理能力に長けていても精神病棟にいる狂人もいれば
山に入ったら知恵を出す事も叶わず飢え死にする低能もおる。
詩とは、とくに口語自由詩とはむしろ観念からの解放という側面もある。
これは散文とは大違いだ。
にもかかわらず、知能の劣る事=馬鹿と短絡するところが、ボルカ、
おまえがやはり東洋大学卒の三流脳であることを如実に証明しているのだよ。(笑)



298 :名前はいらない:2009/06/13(土) 10:31:33 ID:ayDzg9ex
>知能、という言葉は確かに拙かった。
>学が無い、と言い換えよう。

どう言い換えようとダーザインやボルカは単にそこそこの詩を書くことしかできない
世間知らずの無能者であるという事実にごうも変更は加えられないね。

299 :名前はいらない:2009/06/13(土) 15:06:19 ID:lDoHtSHp
これからはやはりボルカを「東洋大ボルカ」と呼ぼうかな。♪

300 :名前はいらない:2009/06/13(土) 22:38:51 ID:+Um2kUtz
ふuck

301 :名前はいらない:2009/06/14(日) 22:39:59 ID:9XlaU7f3
誤解してもらっては困るが、だからといってわたしは「文学極道」をつくった
だー座員の功績を否定するものじゃない。

302 :名前はいらない:2009/06/14(日) 23:00:19 ID:4vcPjw4a
おいおい組の金くすねてただで済むわけないだろう

303 :名前はいらない:2009/06/14(日) 23:00:24 ID:f8JRRdBK
確かに「文学極道」は偉大だな

304 :名前はいらない:2009/06/20(土) 09:45:43 ID:G0Wr5qsR
おかえりけむりん

305 :名前はいらない:2009/06/21(日) 12:53:19 ID:XXX/kR1j
ケムリと違うだろ
言ってることは面白いけど

306 :名前はいらない:2009/06/21(日) 13:18:06 ID:SUX+lJtr
本物か、あるいはよっぽど意識してコピーしてるか
どっちにしろ面白い流れだ

307 :sage:2009/06/21(日) 14:54:27 ID:8Siw+cwJ
確かにケムリがわざと自分を劣化させてコピーしてる可能性もなくはないが
ケニーとやらはケムリじゃないだろ。

308 :名前はいらない:2009/06/21(日) 16:41:30 ID:fk+OiwdI
ここで何言ったってほんとのとこは分かんないけど
とりあえずレス全部追ってみ?
語り口も論旨も限りなくケムリに近いぞ
てかまんま

309 :名前はいらない:2009/06/22(月) 08:17:12 ID:ifvH7CUo
なんにしろ名前当てクイズに成り下がらないように気をつけないとな
それでケムリ切れたんじゃなかった?
いかいかだか黒沢だか忘れたけど

文学極道はレスを読まないほうがいい
一部を除いてろくな批評がない

310 :名前はいらない:2009/06/22(月) 09:56:40 ID:M/Qrs0IG
ケニーさんの「詩」(笑)ひでえなあ。
能書きと作品のあいだに、あれだけ落差があると、もう笑うこともできない。
もちろん批評と実行のあいだに落差があって当然だけど、
みっともないのは、一生懸命、弁解の説明をしていること。
悲惨だね。

311 :名前はいらない:2009/06/22(月) 10:21:40 ID:Q+pT40Al
一つも嘘はついていないよ

312 :名前はいらない:2009/06/22(月) 12:34:51 ID:yTEv8vop
ケニーさん、ケニーさん、おそろしく卑劣なことしなさんな。
「弁明」を一方的に削除なんてそりゃあないでしょう。
あれはあれで悲惨だけど、ニヤニヤと遊べるテクストだったってのに、
ひとの愉しみを奪いなさんな。

313 :名前はいらない:2009/06/22(月) 15:08:37 ID:Hj9MQTJJ
なぜそれが卑劣になるのかわからんが
Chiaveもここに書き込んだりあっちに書き込んだり忙しいな

314 :名前はいらない:2009/06/22(月) 15:56:15 ID:uexrhxfr
Chiaveじゃないんだけどね。

315 :名前はいらない:2009/06/22(月) 20:50:29 ID:DxID+wbM
ケムリの批評は普通に面白い。
作品は叩かれるために出した感じだな。あいつもっと下品なくらいあざとい作品かく奴だし。

316 :名前はいらない:2009/06/22(月) 21:22:31 ID:aWWmpnSP
ケニー=ケムリでもなんでもいいのだけど、ペダンチックで、妬みと嫉み僻みのかたまりのような下品な、
用語や語彙のちっともリアルさの根拠のない批評? のどこが面白いのだ。
おまえは阿呆か?

317 :名前はいらない:2009/06/22(月) 21:57:50 ID:DxID+wbM
ケニーだかケムリだかわからないけど、彼に悪感情を抱いている人間はそんなにいないだろ。
真面目で一生懸命な奴じゃん、露悪的な振る舞いしたがるけど出来てないし。

318 :名前はいらない:2009/06/22(月) 23:14:54 ID:8HVgEjBP
真面目だけどガキ。自爆してキレてダーザインに八つ当たりした時は痛かった。何かケムリ変なサイトつくってダーザインたたきまくってたしな。

319 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/06/23(火) 04:52:44 ID:7cyTLv07
「現代詩フォーラム」スレみたいに
ここもよく分からないヲチスレになっちゃうのかな
文学極道を運営してる主立った人の意向がどう動くかは分からないけど
一参加者・閲覧者としては、何か浅ましくてあんまり歓迎出来ない流れだと思う
盛り上げてるつもりなら方向がおかしいと思うし

仲良くしろとか言いたくないけど
マイナー文芸ジャンルってどこも共食い大好きだよね
何でだろう

320 :名前はいらない:2009/06/23(火) 08:26:51 ID:IKkjmHsN
「共食い」ってのはどうかな?
わしはケニーなんて「共」だとは爪の垢ほどもおもっていない。
あいつは基本的に詩なんてわからない人だと思うんだよ。
だからこそ、余計に良質な詩に対して下品なねたみそねみをみせる。
もう、うざいだけ。
詩に対して少しはおおらかな受容性があるのなら、あんな糞のような
生硬な批評なんて書けないだろ。

321 :名前はいらない:2009/06/23(火) 08:28:55 ID:IKkjmHsN
>盛り上げてるつもりなら方向がおかしいと思うし

おまえに「方向」を指導される覚えはねえよ。
何様のつもりだ。


322 :名前はいらない:2009/06/23(火) 09:05:20 ID:vdLsklEh
それでも君は宗教家か?
感謝しないんだな

323 :名前はいらない:2009/06/23(火) 14:09:50 ID:tSS9nMfZ
文学極道が「あさましさ」を忌避して、お上品ぶるようになったらおしまいだ。
そんなことをいう19のような阿呆がでくるから、「馴れ合い」の「お友達クラブ」
なんてケニーのようなやつから罵倒されるんだ。
いっさいの「方向性」を忌避せよ!
それが文学極道だとわたしは思うよ。

324 :名前はいらない:2009/06/23(火) 15:54:43 ID:IRHUfFYQ
冷やしは文学極道の仲間に入りたいんだなぁ。


325 :名前はいらない:2009/06/23(火) 17:30:34 ID:kEffwIRl
ターザイン氏は少し頭がおかしいみたいだけど
詩の状況をどうにかしたいって思いは本当みたいね


326 :名前はいらない:2009/06/23(火) 18:30:09 ID:vdLsklEh
きっと非営利目的じゃないと許せないんだろう

327 ::2009/06/23(火) 20:29:15 ID:hrybeGGR
ダーザインってのは基本的にやさしいやつなんだ。
それはわかっている。
その上で、いろいろ批判しているわけだが、案外、おれのほうが
ダーザインに甘えているのかもな。
かれにはそういうおおらかさがある。だからああいうサイトも
長く運営して成功しているのだろう。

328 :名前はいらない:2009/06/24(水) 20:03:19 ID:Jx02ZcYD
コントラが見事にトドメ差したなw
残念だね。俺が文学極道に期待してたのもケムリが言うような形だし。
良かれ悪しかれ普通のサイトになっていくんだな。

329 ::2009/06/24(水) 21:11:26 ID:Y/LW6xzS
「ケニーーさん」氏=ケムリで、ケムリなる人物が何をしたのか知らないが、
少なくとも「ケニーさん」氏の批評の方法は古く、もう飽きがくるほど無効だよ。
ああいう批評を許容してればそれこそ、どこにでもある、
青い文学哲学青年の机上の議論の場になってしまう。
ああいう「文明の知的」な「代数解析的方法」は普遍に名を借りたフィクションであって
詩の批評にはまったくふさわしくない。
詩の批評に必要なのは「バロックの知」、トポロジーの方法だ。
だって現代詩そのものがトポロジーなんだから。
328もその固まった頭をなんとかしないと、新しい人には相手にされないぞ。

330 :名前はいらない:2009/06/24(水) 22:51:30 ID:k5mUzN8k
ダーザインとコントラの姿勢は極道的で好きだな。

331 :名前はいらない:2009/06/25(木) 01:27:53 ID:/O5m8CIF
トポロジーってケムリの手法より古いぞ。それに詩の批評に対するトポロジーって、記号学や論理学とをベースにやるから、それはケムリの方法論まんまじゃないか?

332 :名前はいらない:2009/06/25(木) 01:35:45 ID:/O5m8CIF
うん、いろいろ考えたけど。
やっぱトポロジーって作品の社会との関連性や構造やら形態やらを探っていくことだろ。位相を問題にするんだから。
ケムリはオースティンとかフィッシュとかサールの影響が強いし、まんまトポロジーじゃん。

333 :ゼッケン ◆ZkkenDgUE6 :2009/06/25(木) 19:29:21 ID:O9rOBwLj
おじゃまいたします。ゼッケンと申します。
ダーザインさんに【選者指定コンぺ3】よろしくお願いしまふm○m
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1180459105/l50
というスレの選者になっていただきたく、お願いにあがりました。
お忙しいでしょうが、息抜きのつもりでお願いします。

334 :名前はいらない:2009/06/26(金) 00:32:20 ID:Blmd+N1q
ダーザイン氏、現在パソコン故障中で連絡不能です。
極道のブログに書いてあります。

335 :ゼッケン ◆ZkkenDgUE6 :2009/06/26(金) 18:34:55 ID:cjSVCX9m
>>334
わかりました。ありがとうございます。
別の人をあたって見ます。
ダーザインさんのパソコン早く直るといいですね。
失礼しました。

336 ::2009/06/28(日) 17:53:54 ID:3zNdYwOb
最近の極道に投稿される自称「散文詩」の劣悪幼稚なこと。
また、勘違いレスのひどいこと。
これじゃ、現代詩ふぉーらむとどう違う?

337 :名前はいらない:2009/06/28(日) 20:58:07 ID:a0rZOOC1
つーか、そう思うなら、そうじゃないレスとか詩とか書けばいいのでは?闘えば?

338 :名前はいらない:2009/06/28(日) 20:59:25 ID:2bnfIq3K
つーかテメーら さっきから何いってんだ
キチ○イか?

339 ::2009/06/29(月) 08:43:32 ID:ymDK8RGP
りすさんとかボルカの批評レス、うざいよ。(笑)
どこやらの詩会でいつも交わされているようなワンパタの教科書的な
訓導的感想スレはいかにそれが教科書的であろうと退屈極まりない。
それじゃ文学極道も詩誌のださい詩批評とどう違う。
理論がどうのテクニックがどうのじゃなくて、詩とはとりもなおさず
羽をもって飛べているかどうか、それが美しいかどうかだろ。
ったく、混濁やカオスこそが詩なんだよ。
てめえらのつまらない知識で掲示板の底なしの自由さをつぶすな。

340 :名前はいらない:2009/06/29(月) 19:29:16 ID:ms+2ovjj
>>339
そう感じるなら、それを打ち破るだけの信念と覚悟を以て、真摯に立ち向かえばいいのでは?
他人の考えを批判し、中傷紛いの言動を繰り返すのが、その方法だとは思えない。
ましてや、こういう風に不特定多数に考えをぶちまける事もそれだと思えない。
混濁やカオスこそが詩であるかどうか、それは、人それぞれの感性。
人が違えば、感性も感受性も違う。

341 :名前はいらない:2009/06/29(月) 19:42:57 ID:ms+2ovjj
>>338
あんたが誰に対して、テメーらは気違いか?と問うたかは知らんが、
少なくとも俺は気違いなのかもしれない。そう思える程、詩を愛している。
他の奴が気違いかどうかは知らん。

342 :名前はいらない:2009/06/29(月) 19:57:31 ID:SR+/Iu5y
>こういう風に不特定多数に考えをぶちまける事もそれだと思えない。

なにをもって不特定多数と言っているのか。
ここは文学極道に関心のある連中がのぞくスレじゃないのか?
それを不特定多数というのか?
いずれにせよ、もしそれが不特定多数というのなら、
文学極道にまったく同じ内容の意見を載せても不特定多数への
意見ということになるな。
べつに不特定多数でもいいではないか。
文学極道はメディア王なんだろう?

343 :名前はいらない:2009/06/29(月) 19:58:37 ID:SR+/Iu5y
>俺は気違いなのかもしれない。そう思える程、詩を愛している。

詩を愛するぅ〜?
そういう底の浅い発想こそが、おまえが詩を愛していない証拠だよ。

344 :名前はいらない:2009/06/29(月) 20:46:18 ID:ms+2ovjj
>>342
ちゃんと読んで、噛み砕いてから語れ。文学極道についての書き込みをいつ俺がした?理解出来ずに噛み付くな。と、歪めるな。

>>343
×発想
〇事実
深いも浅いもない。

345 :名前はいらない:2009/06/29(月) 21:44:48 ID:gKnJNXPu
344やい、
おまえのような低脳は相手にならん。

346 :名前はいらない:2009/06/30(火) 10:31:08 ID:N2vfSW3x
ケムリしかいないな

347 :名前はいらない:2009/07/05(日) 19:46:35 ID:m6zUurY5
AGE

348 :名前はいらない:2009/07/14(火) 18:52:43 ID:+IxGiwUQ
age

349 :名前はいらない:2009/07/15(水) 12:38:39 ID:igct+VaR
SAGE

350 :名前はいらない:2009/07/16(木) 01:58:48 ID:GJyWMVNW
いいよ いいよ
今日も行こう

351 :名前はいらない:2009/07/16(木) 10:16:35 ID:GJyWMVNW
更新待ってるぜ

352 :名前はいらない:2009/07/16(木) 10:38:55 ID:ILoaIZZH
ニヤニヤ

353 :名前はいらない:2009/07/16(木) 13:31:24 ID:GJyWMVNW
もうしらん
やりたい放題やって捕まっちまえ

354 :名前はいらない:2009/07/23(木) 20:16:13 ID:tND9hu7g
でもまあ、文学極道は、完全に衰退期に入ったね。
悪貨が良貨を駆逐するって状況だ。
いかいかとか、Cではじまる馬鹿とか。
どうにもならん。見る気がうせたよ。

355 :名前はいらない:2009/07/23(木) 20:25:39 ID:gbrFO1Q5
俺が見たところ、「宮下倉庫」ってのが一番技術も才能もあるな。

356 :名前はいらない:2009/07/23(木) 22:42:55 ID:LNhNXM9V
今月の投稿作はひどいものも多いね、完全に論外なのがちらほら

357 :名前はいらない:2009/07/23(木) 23:58:06 ID:tND9hu7g
才能のある人が、定着しないのが問題なんだよ。
新しい人が現れても、すぐ、いなくなっちゃう。
層が、どんどん薄くなっていってる。

358 :名前はいらない:2009/07/24(金) 00:36:43 ID:4Y/kriD8
月間賞もガタガタだな。

359 :名前はいらない:2009/07/27(月) 02:03:49 ID:eoNUdgXi
>文句ばっか言ってる奴ら

ならお前らが面白くすれば?

360 :Y.TAKEO:2009/07/27(月) 02:11:07 ID:homLbjPh
いかいかさんって
たしか、昔詩板に書いてた
いかいかさん?

361 :名前はいらない:2009/07/27(月) 11:39:40 ID:JGTtdPB4
フォーラム同様仲間内感が強い投稿サイトは所詮ダメだと思う
結局、井の中の蛙

362 :名前はいらない:2009/07/27(月) 15:50:48 ID:eoNUdgXi
>>361
>井の中の
オマエモナー

363 :名前はいらない:2009/07/27(月) 16:55:04 ID:JGTtdPB4
>>362

気持ち悪いから一緒にしないで(笑)

364 :名前はいらない:2009/07/27(月) 16:57:28 ID:JGTtdPB4
つーか、よくバカが釣れるな

365 ::2009/07/28(火) 18:21:10 ID:CW/dcVME
ここ最近の文学極道は書き込みが少ないような気がします。
気のせいでしょうか。

366 :名前はいらない:2009/07/28(火) 19:08:09 ID:cTf+UmDo
いかいかとかボルカとか
あとPOGEおっさんとか

このあたりが一番目立つサイトにいって
あることないこと書いて暴れて
テキスト量でサイトを占領して終わりってパターン
すぐ終わらなくても
こいつらが暴れたのをきっかけに混沌化がはじまる

かといってこいつらを個別に排除しても
次のキチガイが現れるだけっていう無間地獄
マイナージャンルってのはキチガイの遊び場になるから
マイナーからはい上がれない

367 :名前はいらない:2009/07/28(火) 23:06:22 ID:E19T/Q9X
明らかに投稿数も質も落ちているのに、月間賞はコンスタントに大漁

368 :名前はいらない:2009/07/29(水) 08:50:49 ID:5+VReRY7
いかいかとかボルカとか
あとPOGEおっさんとか
このあたりが一番目立つサイトにいって
あることないこと書いて暴れて

↑この三人はまだまだマシだし、問題なんかぜんぜんねーよ。
それよりいまの文極の投稿板を見ろよ。このお粗末さ。貧相さ。
ダーザイン、おまえ恥ずかしくないのか?
徹底的な批判を排除するから必らずこの手の甘ったれた「みてみて」くんの
巣窟になるんだよ。
それをまたダーザインら低脳主催者たちがよいしょする。
とにかく仲仲治が選ばれたってことだけでも、もう終わっているよ。
あほうらしい。


369 :いかいか ◆YffIGX9Bno :2009/07/29(水) 15:37:48 ID:B+WYdYCS
よくわからない。未だ良くわからないのは、たぶん俺があまり他人と好みの感覚
が違うのか、それとも感性が未熟なのか、才能がないのかわからないが、俺の中では、
俺いい線いってるんじゃん、という気分だ、というのは嘘だ。
 とりあえず、しんどいよね。他人の評価や批判とか読むのって、精神的につらいというか、
相手の価値判断の基準を同時に読むことだから、批判、評価する側の人間の様々なものを読まざるを
えないってのはとてもしんどい。そこには、知識以外に熱意や信仰や情熱だとか、いろんなものも
あるだろうし、含まれているからなおさら。そこには、一つの読み手にかかっている呪いみたいなものも
読むわけで、それは時に、自分も感染してしまうこともあるから。
 
 


370 :名前はいらない:2009/07/29(水) 22:05:52 ID:UlAEBuMz
まあ、アレだ。

罵倒有りと銘打つ割りに、罵倒が少ないような気はする。
が、作品の良悪を決め難くしているのは、投稿者側だろう。
書き手ありきな風潮、現状を打破する為に必要なのは、読み手としての目を研く事に外ならないが、
現在の書き手には、その目が養われていない。
芸術としてシビアな目を持っているのは、ごく少数。彼らも徐々に熱意を失いつつあるのが現状だ。
一方では、何もしないくせに不平不満を言う輩達が、増えてゆく。
これは、まるきり害虫と同じ存在である。放って置けば増殖し、叩かれれば腐臭を撒き散らす。そして腐臭にまた集う。

こんな状況で良くも悪くもサイト運営をされている方々に対して、少なくとも俺は感謝と敬意を持っている。

もう一度書き込もう。
文学極道の投稿スレッドを盛り上げるでもなく、文学極道の投稿スレッドに真意を書き込むでもなく、
文学極道の今と昔、管理体制や人物、その他諸々の苦情や文句、不平不満を垂れ流すだけの輩は害虫と同じだ。

371 :名前はいらない:2009/07/29(水) 22:23:53 ID:UlAEBuMz
>いかいか

女々しい。
批評を読むのがしんどいなら、投稿せずお前の中にしまっとけ。
作品とせず、自分の中での詩として残してゆけばいい。
そうすれば、誰からも何も言われず、自分だけの素晴らしい詩世界を堪能出来るだろう。
投稿する際に必要不可欠な覚悟を持てない輩は、投稿などすべきでない。

これはお前だけに言う言葉ではないかもしれないが、投稿したからにはどんな批評をされようと、どんな批判をされようと、
批評批判する側の自由であり、投稿者の意思など無関係である。

そういう覚悟をした上で、詩作品を投稿するもんだろ?

372 :いかいか:2009/07/29(水) 22:26:39 ID:B+WYdYCS
 ダーザインから極道の年間詩集をいただいたが、ガチマジなんだな、と痛感したよ。
一冊の本としてきちんと製本してあって、本気なんだな、と。とりあえず、しかたがないので、
俺様一人で極道の作品クオリティを来月で一気にあげるつもり。
 つーか、本っていいな。俺も詩集出そうかな。誰も買ってくれなさそうだが(笑)。

373 :いかいか:2009/07/29(水) 22:55:46 ID:B+WYdYCS
 いやいや、別に貴方の言っていることを否定しているわけじゃなぁないし。
投稿して好きなように読み手も読めばいいが、同時に、読み手の読みも読まれているし、
読んでいる。書き手/読み手、なんて明確な区別はほとんど偽りで、読み手であると同時に、
書き手でしょ。別に自分の作品の感想や読みに限らず他人の作品についている読みや感想、
それ自体を読むこと自体がしんどいよね、と。何らかのイデオロギーだとか、精神論的な何か
だとか、いろんなものが含まれているから、いろいろ読んでいるとつかれるよ(笑)。体力を
消耗するよね。俺の場合、他人の作品についている感想や評をよく読むからね。

374 :いかいか:2009/07/29(水) 23:12:09 ID:B+WYdYCS
極道に出す前にこっちに出して反応見てみるか

http://d.hatena.ne.jp/Ceremony01/20090722

375 :名前はいらない:2009/07/29(水) 23:28:31 ID:UlAEBuMz
なるほど。体力や精神力を消費する事は、決して無駄ではない。そうして培われていく何かもあるのだろう。

あわよくば、害虫呼ばわりされた輩達が立ち上がり、いつか彼らが熱意と真摯に満ちた文芸の活力源となる日が来る事を期待している。
と締め括り、これにて書き込みを止める。

376 :名前はいらない:2009/07/29(水) 23:35:55 ID:OKOku+i+
>>370
>芸術としてシビアな目を持っているのは、ごく少数。
少なくとも発起人はその目を持っているのか疑わしくなってくるよね。
>>358が言う様に駄目なんじゃない、こんな調子でやってると。

377 ::2009/07/29(水) 23:43:10 ID:wq5UKU0Q
>芸術としてシビアな目を持っているのは、ごく少数。
誰が該当しますか?

378 :名前はいらない:2009/07/29(水) 23:43:27 ID:qDmix7pJ
発起人っていったって
実質月間の選考に関わってるのってダーと平川とピクルスだけでしょ。
あー、あと稲村。

379 :いかいか:2009/07/29(水) 23:44:13 ID:B+WYdYCS
 シビアな目、審美眼それ自体を保証する価値や物語が崩壊したってのが、
よくあるポスモ論だけど、シビアだとかそんなことよりも、ダーザインには情熱
があるんじゃないか。

380 :いかいか:2009/07/29(水) 23:45:40 ID:B+WYdYCS
>>378

 とりあえず、俺がさらしたのでも評価してみればいいんでない。

381 :名前はいらない:2009/07/30(木) 00:11:02 ID:BhI2y4bW
あ、おれ、他人が書いた詩にまったく興味がナインだわ。

382 :名前はいらない:2009/07/30(木) 05:57:17 ID:sXGIkiBN
>他人が書いた詩にまったく興味がない

というより興味のもてる詩に出会えていないだけだろ。
それはみな同じだよ。
みながみな自分のタコツボを掘って自足している時代、つまりタコツボ時代の詩は
まあ、そんなものだよ。それがふつう。凡人の在り方。
しかし準天才的な人たちはそこから一歩抜け出している。どうしてそんなことができるのか、
それこそ教えて欲しいのだけど、
つまりそれが才能というものなのだろう。
文極って青いのが選考とかやっているからわからないのだろうけど、おまえら、
りすさん一人で支えられているってことが
わからないのだろうなあ。
一条ってなんだ、あれ。あんなものに大賞? だからおまえら詩誌からバカにされるんだよ。

383 :名前はいらない:2009/07/30(木) 08:01:15 ID:56yeMpdI
いかさん殿堂入り狙いなよ

384 :いかいか:2009/07/30(木) 14:27:53 ID:xT12wsA1
>>383

 多分無理かな。一条さんのような作品を書きたいという欲求がない。もちろん、
一条さんみたいな作品でない形での殿堂入りもあるのだろうけれども、たぶん俺の
作風では殿堂入りは難しいんじゃないかな。
 何よりも、一条さんや宮下さんのすごさが俺にはやはり分からない。でも、評価
されているのだろうから何かしらの価値はあるのだとおもう。でも私は価値を見出せない。
宮下さんあたりが次に殿堂入りしたりするんじゃないの。彼の作品と一条さんの作品って
そら違いはあるけど、似たような感じがするしね。
 でも、彼らより自分が劣っているとは思わないんだよな。逆に、俺は彼らが書いているもの、
やっていることがあまりにも遅い気がする。とかいう俺が一番出遅れてるかもしれないかな。
昨日、吉岡実読んでいたけど、結局、吉岡実のモダニズムや現代詩が古臭いとしても、彼のように書ける書き手はいないでしょう。
自分がどこまで書けるか、いけるかしらないけれども、現代詩を目の敵にするなら、まず、過去のものにおいつかないといけないな
とは思うかな。つっても、吉岡とか普通に天才だから無理っぽいかもしれないが。


385 :名前はいらない:2009/07/30(木) 14:47:24 ID:vcE1/HVw
何となく流れを読ませて貰ったんですが、読み手の目を養う事もそりゃ大事かもしれません。
けど、面白いとか面白くないっていうのを素直に書き込む方がもっと大事じゃないでしょうか。
面白くないと思った理由を添えて次作品に活かす。または、その作品を昇華させる手助けとなるのが批評でしょう?
面白いと思った理由を書くのもまた、大切な言葉となり、投稿者や書き込んだ人が投稿者になった場合も、成長の糧となるでしょう?
必要なのは読者側の書き込みだと思いますよ。

386 :名前はいらない:2009/07/31(金) 08:28:40 ID:oe+tp4Lg
>>384
>つっても、吉岡とか普通に天才だから無理っぽいかもしれないが。
アンタ、結局その程度だったのか。
「天才を目指せ(自身の天才を示そうとしろ)」よ。もしそれで敗れても、
「天才と競う(凡才の身でも、一作くらいは凌ぐ、入神の詩を書く)」と歯を食いしばれよ

>>385
>面白くないと思った理由を添えて次作品に活かす。または、その作品を昇華させる手助けとなるのが批評でしょう?
>面白いと思った理由を書くのもまた、大切な言葉となり、投稿者や書き込んだ人が投稿者になった場合も、成長の糧となるでしょう?
>必要なのは読者側の書き込みだと思いますよ。
 正論だ。しかしこのサイトは

>投稿したからにはどんな批評をされようと、どんな批判をされようと、
>批評批判する側の自由であり、投稿者の意思など無関係である。
て考えを無邪気かつ無反省に信奉している連中が多すぎる。投稿者がちょっと反論すればギャーギャー
「ルール違反」「自己弁護」だ。度を越してる。だから

>その作品を昇華させる手助け
になってないことが多い。 
まあ、あまり手助けになるレベルの批評(感想)でもないってこともあるが。
(でも、いかに身勝手、天狗の批評でも、受け手がかなり我慢すれば、
ちょっとは役には立つのも事実。でも受け手の忍耐に頼ってるのが現状だろう。
今やここの雰囲気に合う連中、ここの議論が肌に合う連中だけが残って褒めあってる)

387 :名前はいらない:2009/07/31(金) 17:30:18 ID:8EXVQLqw
>>386
気に入らない批評がある可能性を考慮した上で、酷評有りのサイトに投稿しているのですよね?
それに関して言えば、投稿者側に作品を手放す覚悟がないだけだと思います。
どんな批評も感想も、戴けないより戴けた方が有り難いのではないですか?
というより、意思表示を戴けるのは有り難い事なのではないですか?
それとも気に入らない批評は必要ないから無視してくれた方がいいとお考えなのですか?
それなら投稿しなければいいと思います。

度を超すも何も、このサイトはそういうサイトなのですから、そこは当然でしょうね。受け手の忍耐だとか、そんな甘い話ならお返事は結構です。

388 :Chiave:2009/07/31(金) 18:30:55 ID:vlNEcVGG
コントラのダメさにはまいったね。ミドリ氏からちょっときつい批評をくらったら
何をいうかとおもいきや、
「おまえももっとましな作品を投稿してみろ」
こんなもの返事になってないどころか、幼児の「おまえのかあちゃん出べそ」の類の
返事だぜ。もう、呆れてものもいえなかった。
この程度のレベルの阿呆が「学者」? あほか。
まして、おれがさらにきついことをいうと「ここから去れ」。
阿呆。
おまえらのような幼児のままごとサイトなんかにだれが用事がある。
りすさん一人のおかげでおれさまに読ませてもらっていることを忘れるな、この
ゴミクソども。

389 ::2009/07/31(金) 18:43:32 ID:AnwG7aAv
最近、イイ詩、面白い詩が投稿されなくてつまらないです。
ROM専門の自分としては残念です。

390 :Chiave:2009/07/31(金) 18:52:42 ID:vlNEcVGG
まあな、いつも百点満点とれるわけじゃなし。
サイトだって波があるだろう。
いつも面白い思いをしているのなら、こういうときにおたくが
恩返しに投稿すべきざんしょ。
それができないのなら、あんまし文句をいえた立場でもない。
面白くない詩だって、いちおう投稿しているんだ。
おたくを喜ばせるためにみんなが生きているとでも?
qさんは清水鱗造さんの投稿サイトでもいい詩を投稿していたのだから、
どんどんやってみては?



391 :名前はいらない:2009/07/31(金) 19:44:56 ID:5WXfVccL
>>384
>何よりも、一条さんや宮下さんのすごさが俺にはやはり分からない。でも、評価
>されているのだろうから何かしらの価値はあるのだとおもう。でも私は価値を見出せない。

現代詩の好みは千差万別だからな。いかいかはいかいかの好みで価値を見出せばいいし、作品を書けばいい。
あるレベルに達したら、後は評価されるかされないかは、結局、流行とか、周りとどれだけ思想や美意識のズレが少ないかの指標にしかならないと思った方がいい。
一人よがりになるのは問題だが、そうならないためには、勉強を続けるしかない。



392 :名前はいらない:2009/07/31(金) 19:56:47 ID:oe+tp4Lg
>度を超すも何も、このサイトはそういうサイトなのですから、そこは当然で
>しょうね。受け手の忍耐だとか、そんな甘い話ならお返事は結構です。

そうやって「このサイトはそういうサイトなのですから」という論理に逃げ込む形に
なっていないですか? どちらが甘いのか。要は

>面白くないと思った理由を添えて次作品に活かす。または、その作品を昇華させる手助けとなるのが批評でしょう?
>面白いと思った理由を書くのもまた、大切な言葉となり、投稿者や書き込んだ人が投稿者になった場合も、成長の糧となるでしょう?
とあなたが書いたような「手助け」「糧」になっているのか。ということだと思っている。
投稿者のちょっとの反論にギャーギャー言うのが「手助け」「糧」を標榜する者の有効な態度なのですか?

とはいえ、あなたの
>どんな批評も感想も、戴けないより戴けた方が有り難いのではないですか?
>というより、意思表示を戴けるのは有り難い事なのではないですか?

には、ナルホド、とも思いました。「無視されるくらいなら酷評の方がましか」とは
かつて私も思ったことがあります。確かに。ただ、作者は読み手に対して何も言えない、ってのは
作者の個人的心構えとしては立派だとは思いますが、生産的とは思えない。ヘンな精神主義というか
合点がいかない。というところですね。

(私も返事は結構です。ここは馳せ違っただけで終わりにしましょう。)

393 :いかいか:2009/07/31(金) 21:31:32 ID:CWJqdC4y
>>391

 つーか、傲慢ですから正直、俺が一番極道では面白いことをやってる気がするんだがな。
物語の発想、異質なものの接続の仕方、とか、それを強引でも纏め上げる力量、まぁ俺の壮大な勘違いかもしれないが、
自分でも思うのは、読み手に対して不親切な書き方はしているとは思うけどね。
だって俺が読み手なら、いう事を聞かない「書き手」の作品が好きだからね。自分の「読み」の枠内で言うことを聞かない
書き手の作品のほうが読んでいて楽しい。一条さんとかはやっぱり、どこかで分かってしまう。いう事を聞かすことができてしまう。
だからなにの発見も価値も自分の中にはないんだろうなぁ、とは思う。

まぁ、一人でやっていくしかないなと思うかな。実際、てめぇら、俺の作品はマネできねぇだろう、と。


394 :Chiave:2009/07/31(金) 21:54:52 ID:EhpTV/jV
いかいかは小器用なだけだけど、一条よりよほどおもしろい。
もっともりすさんには遥かに劣る。
いかいかは世界を「認識する」たちだが、りすさんの詩は認識するまえに感じている。
そこが天才とただの才能との差だ。

395 :名前はいらない:2009/07/31(金) 21:57:34 ID:AWy83b+9
明日から3週間夏休みに入るんでじゃっかんテンションがあがってます。
今日ここを見つけたんですが、こっちでこんなにも罵倒されてるとは。。

>極道に出す前にこっちに出して反応見てみるか
たぶん優良だと思います

>一条ってなんだ、あれ。あんなものに大賞? だからおまえら詩誌からバカにされるんだよ。
まじで。

>逆に、俺は彼らが書いているもの、 やっていることがあまりにも遅い気がする。
ま、才能はないと思います。遅いかどうかは、ネット詩しか読まないんでなんとも判断できないんだけど

>一条さんとかはやっぱり、どこかで分かってしまう。いう事を聞かすことができてしまう。
10年くらい書いとけば1個くらいまぐれ当たりしないかな。今、4年目。あと6年もあるな。

>一条よりよほどおもしろい。
ありがとうございます。


396 :いかいか:2009/07/31(金) 22:37:05 ID:CWJqdC4y
>>394

りすさんの詩もそれほどすごいとは思わないな。上手い、と思う作品は
時々あるけどね。まぁ、君がすきそうな作風だろうなぁ、とは思うよ。
とりあえず、俺の場合は好き嫌いでいうと、嫌いな作品の方が圧倒的に多く、
基本的に、良いなと思う作者は今までネットの中で見てきた限り、二人、三人程度だしな。
それ以外は正直どうでもいいです、という感じ。
でもまぁ、お前は致命的にあらゆる意味でくだらないんだけどね。

>>395

 しかたないんじゃない。殿堂入りしてるんだし。まぁ、殿堂入りしたのだから、
認められてるわけだし、でもまぁ、異論はあるんじゃない。好みはひとそれぞれだし。


397 :名前はいらない:2009/07/31(金) 23:34:32 ID:hAbbf2Zi
詩は才能なくても勉強すれば書けるの?

398 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/01(土) 00:07:50 ID:pa9FAcww
 
 こたえてあげなよ
 だれかさ。


399 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/01(土) 00:23:39 ID:GLo42cWV

とっても細かい葉っぱの裏っ側や、
ひざに手をついて子どもの目線で見てみたり、
遠くの空を身体一杯つかって仰ぎ見てみればいいんだよ、真上までさ。

キミの身体を包み込む、世界を見つめてみれば、いいだけだよ。

書けるから、勉強しなくってもさ。


400 :名前はいらない:2009/08/01(土) 00:27:11 ID:CtfiGcZ3
>>397
いかいかやその他のレスを見れば分かるだろ。
傲慢に一人よがりになれる人間なら、才能なくても、勉強しなくても書けるw
まぁ、WEB以外では干されるだろうが・・・

401 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/01(土) 00:29:19 ID:GLo42cWV
>>397

わざわざ、他のWebサイトに来てまで、
他人の誹謗中傷を書き込んでる連中に、
答えを求めても、だめってことは、勉強できたよね

詩作、がんばってね♪


402 :名前はいらない:2009/08/01(土) 00:36:06 ID:O3a1DRsN
まあ、殿堂入りについては
南米の主婦層のあたりではぼくを8位だという男もいるらしいんで
あんまり気にしていません。

403 :397:2009/08/01(土) 00:40:19 ID:cpsgAx+e
回答ありがとう

404 :名前はいらない:2009/08/01(土) 01:04:42 ID:O/3gJG4x
いかいか君ってさ、才能ないよ。
並だよ、並、なあーみ。

っていうか、恥ずかしい奴だなあ。

405 :名前はいらない:2009/08/01(土) 01:06:12 ID:O/3gJG4x
いかいかの詩が、いちばんどーでもいいわ。まじで。
自分にしか興味が無くて、それだけだろ。
まじで、つまらん。自分で分かってないのだとしたら、
まじで、まぬけ。話にならん。はずかしー。

406 :名前はいらない:2009/08/01(土) 01:59:48 ID:WZHqQhKx
いかいかは才能あると思うよ、俺は。
だがね、>>393のレスを見ても分かるが、技巧に走りすぎてんだよ。
作る側としてはそれで満足かもしれんが、読む側はそれだけでは評価しねーよ。
技巧なんて、腐るほどどこにでもあるし、読み手はもう、うんざりしてんだよ。
一人よがりでいいなら、日記にでも書いてろ!
読み手としても一人よがりだから、客観的に他人の作品も評価できないでいる。
つーか、>>381と同じで、真面目に他人の作品を読んでもいないだろw
よっぽどの天才でもないかぎり、そんな奴に優れた詩なんて書ける訳ねーよ!


407 :Chiave:2009/08/01(土) 07:05:08 ID:O2wPK0p7
イカイカよ、あのなあ。(くす)
おまえらがやっていることは致命的にガキのママゴトなんだよ。
おまえやダーザイン、りすさん以外の文極の支援者たち精神が幼稚なんだ。
致命的に精神の未熟なおまえに何をいわれようと構わないが、
おまえのような小手先だけのぼくちゃんがおれに何かいうのは
十年はやいのよ。
おれを罵倒したければ、文極のどこが幼稚であるか気づくために
まずはふつうの大人になることだ。
親のすねばかりかじっていても詩が書けるってのも考えものだなあ。

408 :Chiave:2009/08/01(土) 07:09:57 ID:O2wPK0p7
それから音符とかいうバカ。
おまえなあ、おまえのような昔でいうPTAのザーマス婆ぁのような
精神の持ち主はおれは大っきらいなんだよ。
詩の領域に道徳や倫理を持ち込みたいのなら、よそでやれ。
このクソゴミ野郎!
他人のWEBも何も、WEBってのは何事かを書かせるために開かれている
わけだろう、この阿呆!
いちいちことばを選別していてどうすんだ、このゴミ!
ったく、こんな野郎は昔に生まれていれば真っ先に愛国忠臣天皇万歳で
他人をいつも監視するような輩だぜ。
くたばれ、このクソ野郎!

409 :いかいか:2009/08/01(土) 08:29:41 ID:irWsT12X
404 :名前はいらない:2009/08/01(土) 01:04:42 ID:O/3gJG4x
405 :名前はいらない:2009/08/01(土) 01:06:12 ID:O/3gJG4x

とてもかわいそうな自作自演のひとがいるなぁ。

>>406

というよりかは、俺の基準は古い現代詩になっちゃうからねぇ。でもまぁ、
ネットの作品なんて読んでいてどれもこれもつまらないとおもうのは事実だよ。

410 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/01(土) 08:38:35 ID:4XueiDM/
>>409
おはようございます♪
ちょこっと質問です。
Chiaveってひとは、文学極道では、大人の精神の持ち主なのですか?



411 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/01(土) 09:08:47 ID:4XueiDM/

あと、文学極道ってところに、利用者が書き込むことの出来る
しかるべきフォーラムが、あるのか、それともないのかも
教えていただければ、うれしいなぁ♪


412 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/08/01(土) 11:56:46 ID:pNX/CtvN
>書き込むことが出来るしかるべき

ありますよ。
でも、先に注意事項などを読んでもらう構成になってますので
直リンをはるのはためらわれます。

>Chiaveってひとは、文学極道では、大人の精神の持ち主なのですか

こんなやつに、そもそも精神なんか無いです。
僕はそう思う。
だけどまあ、人の心ははかりしれないし、人に対する評価も、それぞれ
ですからねえ。

過去ログを読むことをお奨めしたいところですが、薄汚いことに、
こいつは自分の詩に対するコメントには、自分の詩のスレッドでは
礼儀正しく答えてるんですよ。
他の人の詩を批評するところに押しかけていって、その人の
詩のことを話題にせず、自分の詩への酷評の文句を延々と
書き付ける、
そんなタイプのひとです。


413 :名前はいらない:2009/08/01(土) 12:48:43 ID:UdomtKzn
>>412

それは汚いボルカ自身にもいえることです
ついでに狙い過ぎてていつも詩がスベってます



414 :Y.TAKEO:2009/08/01(土) 13:03:11 ID:F21OGo9+
なんだ! びみょーなこの叩き合いは…
レスを付けたら叩かれる
はっ! 次は俺か!
俺が叩かれるのか!

415 :名前はいらない:2009/08/01(土) 13:07:23 ID:lGq3xqU4
>>414
死ねよ〜w

416 :Y.TAKEO:2009/08/01(土) 13:24:01 ID:F21OGo9+
>415
お付き合いども

引き続き
『夏だ!海だ!文学極道だ!』
をお楽しみ下さい

417 :名前はいらない:2009/08/01(土) 13:30:35 ID:qc/WDCg5
TAKEOさんはこんな泥沼に顔出しちゃダメよ
いつまでもいいおじさんでいてください

418 :名前はいらない:2009/08/01(土) 14:37:55 ID:N8ltLvqY
>>417
えっ、もうお爺さんじゃないの?

419 :名前はいらない:2009/08/01(土) 14:53:06 ID:6+vLueOd
>>408
こいつがどうしてここまで怒っているのか、俺には理解できん。
ひとつ揚げ足取らせてもらうが、>>394で、>「いかいかは世界を「認識する」たちだが、りすさんの詩は認識するまえに感じている」って書いてるが、認識する前に感じるのは当たり前なこと。感じずに認識できたら、それこそ天才だよ。
単に表現上のことを言ってるのなら言葉足らずだ。
おそらく、何も分からんくせに、こういう分かった風なことを書く奴は信用がおけない。

420 :Chiave:2009/08/01(土) 21:17:52 ID:zAHmcBPC
>認識する前に感じるのは当たり前なこと。
>感じずに認識できたら、それこそ天才だよ。

そんなにむつかしいことはいってないつもりですよ。
イカイカは「知」(指示表出の力)で書いている。
りすさんはイカイカよりはるかに知的であるのに、
あえて「知」で書くことをせず
書くことのなかで「知」を働かせている。
だから「知」は一見、二次的なもののように言葉の陰に隠れ、
自己表出が際立ってあらわれる。
これがほんらいの詩だ。
ダーザインも一条もどいつもこいつも論文のような詩ではなく、
詩のような論文しか書いていない。
そういったのだが、おまえのようなアホにわからなくてもいい。



421 :Chiave:2009/08/01(土) 21:22:48 ID:zAHmcBPC
>おそらく、何も分からんくせに、
>こういう分かった風なことを書く奴は信用がおけない。

おれは詩は下手っぴーだが、おまえらのだれよりも「いい詩」を見分ける力はある。
おそらく「りす」さんは現存する詩人たちのなかではその真面目さと一途さにおいて
トップレベルの現代詩人だ。
イカイカはその他大勢の「詩好き」に過ぎない。
ま、おまえのようなアホにいっても無駄だし、わからなくて結構。

422 :Chiave:2009/08/01(土) 21:29:19 ID:zAHmcBPC
ところでおまえのようなアホにはわからんだろうが、詩のもつ独特のよさとは
おれにとっては「内臓語」なんだ。あるいは植物語といってもいい。
自己の内側における、内的な呟きが詩の言葉にある種の流れを与えている。
一方、世界認識とは「内臓語」ではなく文字通り「脳」が関連する言葉だ。
詩のことばはこのふたつの言葉の織物となって表れる。
そのとき、あまりにも脳みそ本位で書かれた詩は、そんなものは、詩というより
論文といったほうが速いのだな。
ま、おまえのようなアホにわかるとは思えないが。
しょせん、詩論だの、フランス思想だのを齧って、そのマニアル通りにしか
思考できない片輪者だろうからな。(おっと、差別語だなんて糾弾するなよ)
おほほほほ。


423 :名前はいらない:2009/08/01(土) 21:59:54 ID:DPSMH+PP
後藤

424 :名前はいらない:2009/08/01(土) 22:02:36 ID:O/3gJG4x
おれ、404 405と同一人物ね。べつに自作自演のつもり無いし。

おれね、詩誌に投稿すれば9割以上、載るよ。
極道に投稿すれば(してないけど)、年間賞のどれか、もらえるでしょ。

べつに傲慢さとかではなく、ある一定のレベル、
というようなものは、たしかにあるんだよ。

おれの場合、虚しいから、
もう何年も誰にも作品読ませてないし、どっかに出す、つもりもないけどさ。

でもさ、いかいかよ。
あんたくらいのレベルの才能は、ごろごろいるんだ。
なにをお山の大将、やってるんだろうね。
おれなんか、絶対に、傲慢になんか、なれないけどなあ。

今の時代、基本的には、
ほんとうに才能のあるやつは、現代詩をやらない構造になってるんだ。
だからまあ、いかいかくらいのレベルでは、
ネット詩(や詩誌の投稿欄)あたりでは、キャラが立つ程度には、
ちびっとだけ目立つし、ご自身は傲慢になっているんだろうけど、
片はら、痛いよ。しんそこ、ばかだなあって、おもう。

425 :名前はいらない:2009/08/01(土) 22:03:53 ID:O/3gJG4x
っていうか、こいつのおれ様コメント読んでると、
不愉快で、吐き気がする。
うせろ!

426 :名前はいらない:2009/08/01(土) 22:15:49 ID:+GAVobTt
>>420-422
アホは余計だが、細かく説明してくれてありがとな。
だが極めつきの××のお前の書いてる事は、結局「詩は知ではなく、感性とか情だ」と主張してるのと何も変わらんな。それが間違いだとは思わないが、指示表出の力だとか、内蔵語だとか笑えることを言うのは止めた方がいい。
それから俺はフランス思想かぶれではない。

427 :名前はいらない:2009/08/01(土) 22:28:51 ID:wdXJk498
Chiave:2009/08/01(土) 21:29:19 ID:zAHmcBPC

こいつ、いかいかいじょうにいたいやつだな

428 :名前はいらない:2009/08/01(土) 22:39:32 ID:T/BwkKd/
Chiaveの手にかかると吉本やラカンの概念が低級になるから不思議だ

429 :名前はいらない:2009/08/01(土) 22:54:41 ID:wdXJk498
>>428
それはそれで笑わせてくれる才能かも?w

430 :名前はいらない:2009/08/02(日) 00:33:55 ID:Yt/E/wdD
Chiave:2009/08/01(土) 21:29:19 ID:zAHmcBPC

こいつが「りす」の詩が素晴らしいように書いてるんで、昨日からじっくり読んでるんだが、捻ったメタファーで書きすぎてる印象だな。現代詩に非常に多いタイプだ。
そういう詩は、正解が分からない暗号解読をするようで非常に疲れるし、言葉の雰囲気を味わった感じだけで終わってしまうんだよね。
まぁ、悪くはないし、下手でもないとは思うけどなぁ、、、
まぁ、微妙な感覚の問題なのかもしれないけど、俺には印象に残らない詩だ。

431 :光島電機:2009/08/02(日) 03:45:15 ID:jw/zuSy2
以前、どこかの板で一人三役で自作自演のやりとりしてた人のものと殆ど同じ内容の書き込みが来たな…

chiaveさんも根はいい人なんだから、煽りに乗っちゃダメ!敵の思惑通り敵が増えるだけだぞ!
…って乗っちゃうか!感情にまかせてちゃうか! くっ ダメか!
グロロロロ…!!!

432 :名前はいらない:2009/08/02(日) 06:26:23 ID:45moriYi
なんだ。
ここも現フォと同じかw

433 :chiave:2009/08/02(日) 08:15:54 ID:XcxzS2HO
たしかにおれは舌足らずでうまくいえないんだよな。
頭が悪いことは自分でも認める。
だけど、文学極道の一条だのコントラだのダーザインだのといった人たちが
詩が何であるか、ぜんぜんわかっていないってことだけは確かに言える。
かれらはおれより頭もいいし、詩らしいものを上手に書ける。
だけどわかっていない。これだけは間違いのないことだとおもう。
てか、そもそもかれらは子供なんだよ。
世間知らずの子供。ガキ。
コントラやダーザインのコラムみてごらんよ。あの思想の見掛け倒しの貧困を。
きょうびあんな貧相で幼稚な世界認識で詩を書いている。
吉本が「無で塗りこめられている」と呆然とするのもよくわかるよ。



434 :chiave:2009/08/02(日) 08:32:43 ID:XcxzS2HO
>>430

たしかにりすさんの詩もいわゆる「現代詩」っぽい難解さをその意匠としてまとっているけど
じつは決定的に違うんだよ。
それはあれが「内臓語」で語られているがゆえにおれのようなあまり頭のよくない者や
おそらく小学生にも「わかる」ということだ。
もちろん「内臓語」だからはっきりとした指示表出ではない。
つまり明確な意味として「わかる」わけではない。そんな風にわかろうとすること自体、
詩の読み方としては少し外れている。
たぶん、ほかの「現代詩」にはちんぷんかんぷんでも、小学生の多くはりすさんの
あの難解そうな詩を読んで「なんかしらないけど面白い」というのではないか。
おれはそう思っている。
脳みそを働かせる知は「そのために」使われているのであって、じつは詩の核を形成
するためには使われていない。
詩の核にはだれにでもわかるしだれにでも触れることのできる「ある感覚」がある。
うまくいえないが、それがほんらいの詩というものだ。
りすさんが文極に載せているコラムを読めばわかる。かれはとにかくだれにでも
触れ合うことのできる詩を、つまり「レモンをふたつに」切って読者とわかちあう
そのために知を働かせているだけで、ほかのバカのように詩を書いてから
メタファーを考えるような愚昧なことはしていない。
それがわからなければ、りすさんの詩を読めたとはいえないし、現代詩がわかって
いろいろなものにあたっているとも思えないのだが。


435 :ボルカ ◆TcCutL/5sw :2009/08/02(日) 09:16:02 ID:2zfOhRIf
チアーブって、このスレッドでダーザインの職業に唾をかけてた
屑だろ?

茶番だよ、こんな屑と会話できる振りするなんて。

436 :名前はいらない:2009/08/02(日) 11:55:35 ID:1FmEPy3E
>>431
あふぉ!

437 :名前はいらない:2009/08/02(日) 12:06:59 ID:1FmEPy3E
>>434
他人の詩をそこまで高く評価できるのは素晴らしいことだ。
ただ、その考えは絶対ではない。共有できそうな部分もあるが、分からない部分の方が俺には多いかな?
詩はこうあらねばならない、というような考えには俺は同調できない。様々なタイプの詩が可能だと俺は思っているし、たとえば、知が詩の核を形成しながら抒情性を滲み出してる詩だってある。
でも、君の考えには敬意を表しておく。俺の考えもいつか変わってゆくだろうし、君の考えも、おそらく変わってゆく。

438 :Chiave:2009/08/02(日) 15:58:22 ID:4fT0c2ok
>チアーブって、このスレッドでダーザインの職業に唾をかけてた
屑だろ?
>茶番だよ、こんな屑と会話できる振りするなんて。

ダーザインやボルカがどうして幼児(ガキ)であるか教えてやろう。
少なくとも詩というのは生まれつき支配的である社会のイデオロギーに対抗するものであらねば
意味がないとおれは思っている。
たとえば、「有用な人が偉い」というのは生まれつきおれたちを支配しているイデオロギー
のひとつだ。
こういう価値観にまみれているのが吉本のいう「大衆の原像」だ。
だれひとりとしてこの支配的なイデオロギーから逃れることはできない。
おれもおまえもだ。
だけど「詩」はそのような支配的なイデオロギーや価値観から一瞬おれたちを
開放してくれる力がある。
だから、おおくの詩人は詩を書くのだ。違うのか?
もし、詩のサイトを主催している男が、このような世俗まみれのイデオロギーの信奉者であったら
マンガではないか?
口ではなにやらコラムでパレスチナがどうのと世俗的な価値観や思想から抜け出しているような
ことをいいながら、じつは世俗まみれの価値意識の俗物だったら
こやつはガキにすぎないということだ。
自分を対象化できず、まるっきりおのれがわかっていないのだからな。
さて、ダーザインはたとえばこのスレッドでなんと書いている?
「コントラさんもイカイカさんも学者さんで忙しい身だから」云々。
おれはこの言いざまに、「学者は偉い」その偉い学者さんがおれのサイトには
詩を書いている。どうだ、おまら。
と鼻をひくひくさせている大衆のひどくベタな価値観を垣間見た思いがした。
こんなことをうっかりぽろっとあちこちで語るから、おれに「ガキ」といわれるんだ。
それはコントラもイカイカもボルカ、おまえも同じだ。
おれはおまえらを認めない。認めて欲しかったら大人になってからだ。









439 :名前はいらない:2009/08/02(日) 17:52:21 ID:yh7pQKcO
cheers

440 :いかいか:2009/08/02(日) 19:08:03 ID:KClEsjrg
愚かな。自分を認めないものは認めないという思考でしか生きられないのか。
自分を認めない他者を「大人になったら認めてやる」なんて愚か過ぎる。
その愚かさがまったく、批評にも詩作にも生かされていない。俺達、という
複数で語ることが可能かどうかしらないが、おれたちが求めているのは、「大人」な
書き手ではなく、良質な作品の書き手だ。

大人/子供 未成熟と成熟の対立なんて、それこそ世俗的な価値観そのものだろう。
文学に世俗まみれでない崇高なイデオロギーを求めてる、とか、ダーザインはおまえよりも
よっぽどがんばってるんじゃないか。詩のサイト立ち上げて、詩集それもきっちり製本された
ものを作っただろう。おまえは一体何をしている?望むだけしかできない飢えしかしらない餓鬼
は餓鬼界で一生業をつぐなえ。

441 :名前はいらない:2009/08/02(日) 19:57:03 ID:GxGJQ+et
天 人 阿修羅 餓鬼 畜生 地獄
これぞ六道輪廻。
ま、煩悩を払い解脱した者は、詩など書く必要もないか。

442 :名前はいらない:2009/08/02(日) 20:03:39 ID:La1nNCar
いかいかは餓鬼で、大嫌いだが、
うえの発言、440は、とても正しい!

chiaveのコメントの中身ではなく、
コメントの臭気、発せられるメンタルがうざくて、
極道を一時避難している詩人もきっといるよ。

443 :名前はいらない:2009/08/02(日) 21:36:13 ID:++Os4ya8
なんかこのサイト散文詩が多い気がする
散文詩なんか時代遅れだよ

444 :名前はいらない:2009/08/02(日) 22:42:55 ID:eAHi6NPb
>>443
じゃあ、韻文詩? 定型詩? まさか、行分詩なんて言うんじゃなーだろーなw

445 :名前はいらない:2009/08/02(日) 22:53:43 ID:++Os4ya8
>>444
俺は定型詩を推すけど別に行分け詩でもいいじゃん
散文詩ってけっきょく電波な長文だろ
そんなもんめんどくさくて読みとうないわ

446 :光島電気:2009/08/02(日) 22:54:38 ID:ON9yPjDG
誤解があるといけないので一応、一人三役ってのはchiave氏のことではなく427から430あたりのららら氏のことね。

447 :ダーザイン ◆jSAbgVcG7A :2009/08/02(日) 23:13:21 ID:NrDKr8WA
どうもどうも、尊師降臨です。麻原じゃないですよ、カラマーゾフの兄弟の誰かです。
俺が孤独なテロリストであるのか、主に連なるアリョーシャであるのか、それはもう一回り干支が回らないと結果が出ないが、
そういう大袈裟なことはいいです。いま現にここにある結果を見ていただきたい。
文学極道の本は新世紀文学のメルクマールですよ。8月1日には一般販売を始める予定だったのですが、
私の販売メールアカウントなどの不首尾でまだ始められません。
受賞者や発起人の一部にすらまだ渡っていない人がいます。実に申し訳のないことです。
ただ単にweb技術上の問題なので近きんさくっと解決して盛大に販売告知できるものと思います。
>chiave うざい。詩もさえないが、レスが実に性質が悪い。ゴミみたいに下らないとうに墓場に入った教養小説風正論の押し付け。
原爆投下後の世界にビルドゥングスロマンかよ? 馬鹿じゃないの、死ねば!? つー感じ。ニヤニヤ
>いかいか そうだ、すぐれた書き手を求む。自分は、有象無象ではないという強い意志、それが、人を天才にする。
半端なものは、一生半端ものだ。
いかにも、盤面が低レベルなことが多くなっているね。筆力のある書き手がどしどし来てほしい。
本のことが一段落付いたら俺も罵倒を再開する。

いいかな、思潮社は、新人賞に10万払って、150万出させて詩集を自費出版させる。500部な。
詩集を出したらネットから消す馬鹿がいるが、500部で、誰が読むんだか。
作品は読まれなければ存在しないも同然だ。いや、存在しないと言い切っていい。
一方文学極道では無料で名誉が与えられ、無料でアンソロジー詩集に載れる。
文学史に愛された、天才たちの作品だけが乗っている物凄い本だ。ほかに、読む本なんか何もないよ。

448 :ダーザイン ◆jSAbgVcG7A :2009/08/02(日) 23:26:44 ID:NrDKr8WA
あの奇麗な装丁の本を出すために、
俺と平川さんと稲村つぐさんと前田ふむふむさんが大金を出していることを語っておかないとな。
なぜ彼らが大金を出したか? 詩文学への愛だ。投稿者受賞者の偉大な作品と、本に載るには至らなかったが、
戦い続けたすべての投稿者への愛だ。
俺たちは借金をしても投稿者の気合いに報い続ける。
だから、最高の偉大な作品を投稿し続けてくれ。いつか遺言になる前に、予め言っておく。俺は若くない

449 :名前はいらない:2009/08/02(日) 23:31:49 ID:eAHi6NPb
>>447
(思潮社がインチキ集団であることは認めるが)
もし、文学極道がそんなに凄いものなら、同じようなサイトが幾らでも誕生して、そのうち埋もれるか、思潮社と同じ穴のムジナになるか、どちらかじゃないかな?



450 :名前はいらない:2009/08/03(月) 08:07:42 ID:+uRZzncG
ダーザイン治虫、がんばれ!!
鬱病でなければだが。

451 :名前はいらない:2009/08/03(月) 10:50:49 ID:r1aGjH/5
本欲しくなるじゃないか。ジラすなよ。りすも載ってるの?

452 :Chiave:2009/08/03(月) 13:33:00 ID:5tgGr01b
>教養小説風正論の押し付け。?

そんなに褒められるとはうれしいな。
教養小説はきらいじゃないし、正論もきらいじゃない。
なぜなら、おれとは180°違う世界だからなあ。憧れの世界だからなあ。
教養小説風正論か。いいなあ。
涼しい夏をみつけた、って感じだぜ。くくく。



453 :Chiave:2009/08/03(月) 13:46:40 ID:5tgGr01b
>おれたちが求めているのは、「大人」な
>書き手ではなく、良質な作品の書き手だ。
>大人/子供 未成熟と成熟の対立なんて、
>それこそ世俗的な価値観そのものだろう。

いくら幼稚だとはいえ、なんとまあ理解力のないやつだろ。
ていうか思ったとおり「大人」ということばへの理解がその程度だ。
戦後の受験システムと社会システムによって、
均質な教育を受け、均質な感性に作られた金太郎飴のようなおまえたちは
精神的な「割礼」を済ましていないから、基本的に文学そのものには触れ得ないと
そういってるんだが。わからないだろうなあ。
精神的な「割礼」というのは、別の言葉で言えば精神的な「臨死体験」といってもいい。
おまえらの、体制によって形作られた強固な均質意識は一度、仮死しなければ
何ものをも見ることができないといっているんだ。
しかしそれは死ぬほど怖ろしいことでもある。試練でもある。自分の力で
そのようなことをなしえることはまず不可能だ。
戦争や両親殺しや最愛の女を裏切って追い込んでしまうとかいった事態に直面して
おまえたちのその幼児以来の「全能感」が完全にしぼんでもしまわなければな。
そういうこともなしに書物からいかほどの知識を蓄えても何の意味もない。
ましてイカイカのいう「良質な作品」がどこから手品のようにわいてくる。
教養小説風の大正論だ。おまえらにわかるには死んでも無理かもしれないが。



454 :いかいか:2009/08/03(月) 19:05:47 ID:aPqCu/3G
 すごい脳内妄想だな。究極的条件、ある意味でとてもラディカルな形で
しか語れないんだな。臨死体験とか笑える。
 つまり、あなたは結局、俺を認めろ、俺は割礼をすました「大人」で
俺を認めないお前たちは「割礼」を通過していない子供だとか、もうまじで
お前いい加減脳内妄想をやめたらどうだ。

455 :名前はいらない:2009/08/03(月) 19:31:06 ID:gzmNPpAE
其れも凄いが、この脳内妄想ももの凄い。

>文学史に愛された、天才たちの作品だけが乗っている物凄い本だ。ほかに、読む本なんか何もないよ。

ハイレベルだ。
おそらく、そのレベルのバトルが行われているのだろうよ…


456 :Chiave:2009/08/03(月) 20:09:43 ID:4DvK3JQW
「臨死体験」てのはたしかにたとえがまずかったな。(笑)
でもわかるやつにはそんな下手なたとえでもなんとなくアレのことだなと
わかると思う。イカイカにわかるくらいなら、最初からおまえはあんなアホな詩かいてないよ。
ふふふ。
おれはな、地獄の釜底をのぞいてきたなんていわないが、(そんなこと
自分で言うやつは何にもわかっていないんだ)
でも、それ以上の体験はしている。
おまえらが目を回してひっくりけえるような経験をだ。
だからベイトマンのような小手先のおどろおどろしさにおまえらはコロッといかれるけど
おれは白け切ってみていられる。 「嘘」がみえみえなんだ。
体験からしか文学は生まれない。これは絶対だ。
よって体験が同じで均質な精神に育てられたおまえらに何が書ける?
せいぜい不治の病とか恋愛の破綻くらいにすがるのが関の山だ。
それだってもう手垢がついている。
さあ、どうするんだい?
一種の「臨死体験」を自分で作り出して、自らを虚勢できるかい?
それが大人になるということだ。
それからだな、文学だの詩だのというのは。


457 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/03(月) 20:35:42 ID:RryKDtg/
>>456
Chiaveさんの臨死体験ってやつに、すごく興味津々なんですけれども、
読み手が疑似体験できるほどに、臨場感と詩的センスのあふれる言葉で、
もし良かったら、教えてください♪



458 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/03(月) 20:43:20 ID:RryKDtg/
>>456
>「臨死体験」てのはたしかにたとえがまずかったな。(笑)

なーんだ。ただの例えか、ツマンナイノ。

459 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/03(月) 20:46:52 ID:RryKDtg/
>>456
じゃ
>目を回してひっくりけえるような経験

ってやつでいいから、
読み手が疑似体験できるほどに、臨場感と詩的センスのあふれる言葉で、
もし良かったら、教えてください♪


460 :いかいか:2009/08/03(月) 21:02:45 ID:aPqCu/3G
やっぱりだめだねぇ。Chiaveの書いた作品こそ「均質なよくある作品」
そのものなんじゃないか。つまり、貴方はあなた自身をもってして、

おれはな、地獄の釜底をのぞいてきたなんていわないが、(そんなこと
自分で言うやつは何にもわかっていないんだ)
でも、それ以上の体験はしている。

体験からしか文学は生まれない。これは絶対だ。

というのが矛盾だって証明してくれてるよね。貴方の作品はいつも
読む、ことに対して耐ええない。それはなぜか、一言で言うと、
つまらなさすぎる。


461 :Chiave:2009/08/03(月) 21:34:35 ID:4DvK3JQW
>>460

ああ(笑)、結局はどこやら田舎の土片のおやじのように、「おまえはどれくらい
土を掘ったのか」かよ。(笑)
少々、スコップが使えるからって、イカイカよ、おまえとうとう最後の逃げ穴に逃げ込んで
そこから「おまえのかーちゃん、でべそ」って吼えているようなものだぞ。
野球の監督、必ずしも一流選手じゃないよな。
詩に対する願望や情熱を語るのにどんな資格が必要なんだよ。この痴れ者が。(笑)
おまえの作品がすべてだってか? あほう。新興宗教の教祖みたいな寝言たれてんじゃねえよ。
おれの作品が退屈であることはおれがよく承知しているからそれには反論しないが、
そんなもの詩を読み解く才能とは何の関係もないんだよ。
詩がだれよりも深く読めるものがだれよりも詩が書けるのなら、文芸批評家はみな
天才だ。しかし江藤淳の文芸批評はなかなかだったがあいつの書いた「海は甦る」は
ひどいものだった。数行と読めなかった。そんなものだ。
文学とは書く才能だけではない。もっと広範なものだよ。
田舎のドン百姓みたいな低レベルなこといってんじゃねえよ、イカイカ。(笑)
ま、おまえらしいドン臭い反論だったがな。詩は結構、器用に書くのに論の方は
まるで幼稚だな。ま、そんなものだよ。

462 :名前はいらない:2009/08/03(月) 21:36:25 ID:e6pEZsTe
いかの作品がどうだとかは言わないが、月間賞の中にも明らかに読むことに耐えない冗談のようなものが選出されてるよね。
日本最高峰の詩壇とは、と思い読んで怒りを覚える訪問者も多いと思う。

463 :Chiave:2009/08/03(月) 21:46:53 ID:4DvK3JQW
>>459 
うーんとおれは詩の専門学校で第一線の詩人たちと机をならべて詩の勉強をしたんだけど
身につかなかった。というか、おれはおれの感性が怖くなったんだ。
それをつきつめていゆくと、もう、とんでもない詩しか書けないのがわかった。
だれにも理解できないような一軒モダンな詩だけど、自分でも書いていて
薄気味悪いったらありゃしない。だからやめたんだよ。その方向でいけばなにかしら
自分なりのかたちは作れただろうけど、ゼロになって、一から書くしかないってね。
十年以上前にその詩の学校で書いていた習作のひとつをみればわかるだろ。
以下のようなちょっとしんどいものだよ。  
  ひも理論
それは器でもなく、凸凹の突起でもない。ひとつの艶なる曲線、ふるえる青い憎悪の湾曲。蠕動して、しかも、球面にそれは閉じている。
無数の物体が縁どる真空と真空を形作ると外縁とのあいだの皮膜の内側の陽の当たらない汗の円形水槽に浮かぶ死んだ魚の類。
屈んで、ぬれた笑みで冷たくこするから、多分、はじき出す力でますます開く。
きみあるいはわたし。が、切り落とした。
深い深い鉈の軌跡の曲面だ。
どこにもない現前の冥界の記憶だ。
擦り切れるまで殺し殺されるひもの理論だ。
のたうつ、ハガネの、球面の
呀(あ)
と、
跛(ひ)
が切断される。
禹(う)
と、
頤(い)、
とが締め殺される。

ひもの理論で。

これ、やっぱりおれの業みたいなものがめちゃくちゃになって噴出しているような
気がしたけど、人様が気持ちよく読めるようなものじゃない。
だから、降りたんだな、おれは詩には向いてない。だけど詩が書きたい。
ふつうの詩がね。


464 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/03(月) 21:59:53 ID:RryKDtg/
>>463
だからよ、ゴタクはイイから
じゃ
>目を回してひっくりけえるような経験
ってやつを、
読み手が疑似体験できるほどに、臨場感と詩的センスのあふれる言葉で、
もし良かったら、教えてください、っていってんだよ。

465 :名前はいらない:2009/08/03(月) 22:01:04 ID:e6pEZsTe
いかの作品がどうだとかは言わない。ダーザインがどうだとも言わない。言えない。
ただ栄えある月間賞の中にも明らかに読むことに耐えない冗談のようなものが選出されていることがあるよね。
日本最高峰の詩壇とは、と思い読んで怒りを覚える訪問者も多いと思う。
真面目に情熱を持ってやっているのはわかる。惜しみない敬意を払いたい。
それだけに本当に真面目にやってんのか勘ぐりを入れたくなるような要素が雑じるのが残念。
音符の人真似で二度云う。

466 :名前はいらない:2009/08/03(月) 22:01:59 ID:e6pEZsTe
三度は言わない。

467 :Chiave:2009/08/03(月) 22:25:08 ID:4DvK3JQW
>読み手が疑似体験できるほどに、臨場感と詩的センスのあふれる言葉で、
>もし良かったら、教えてください、っていってんだよ。

うーん、まだわかってないようだな、坊やわ。(笑)
イカイカより幼そうだから丁寧に答えてやったんだが、
あのね、坊や、教えてもらうほうにも理解力ってものが必要なんだ。
>目を回してひっくりけえるような経験
といってもおそらく坊やには想像すらできないだろう。
おおくの戦後生まれの(わしも戦後生まれだが)者たちと同じように
飽食と平和のために飼い豚になって生きてきたわけだ。
それは飽食と平和と引き換えにみなが単一の感性や精神で均質均一であることを
選んだからだ。
そういう人間に「ひっくりかえるような経験」を語ったところで理解できるかな?
ぼくちゃんが、もう少し人生経験を積んでからだな。(笑)
もっともせいぜい均質な人生を予定調和的にしか歩けないだろうから、
それに見合った詩しか書かないし、出会えないってことは決定的だが。




468 :名前はいらない:2009/08/03(月) 22:25:50 ID:mBBZgivO
》463
確かにセンスがあることは認めるよ。
でも、これ見た(読んだ)ことあるよ。
形而上学的詩ってやつだろう?

奥行きがあって、空間があるね。
でも、ルコルビジェが既にやってるよ。

469 :Chiave:2009/08/03(月) 22:32:10 ID:4DvK3JQW
>ただ栄えある月間賞の中にも
>明らかに読むことに耐えない冗談のようなものが選出されていることがあるよね。

だから「まぐれ」なんだよ。(笑)
ダーザインや一条やコントラなんかに詩がわかるものか。
たまたま「りす」さんのような飛びぬけたようなのをよくわからないでも、
雰囲気で選んでみることもあるが、
それこそクソのようなのも選ぶ。仲仲治の詩とかベイトマンとか。
つまり、ほんとうは面白い詩がわかっていないとしか思えない。
もっともおれもかれらよりわかっていないのかもしれないし、
いい詩を選ぶようなことは至難の技だけど、
ダメな詩だけはおれにもわかる。
だれがみてもクソとしか思えない詩が選ばれていれば
これは原因はひとつしかなかろう。
やつらはほんとうは詩なんか少しもわかっていないんだ。(笑)




470 :名前はいらない:2009/08/03(月) 22:44:59 ID:mBBZgivO
》469
それは同感だね。
しかし、彼らの努力はもう少し認められるべきだと思う。
そこには敬意を表するべきだと思うよ。
クリエイターとは作る人であって、評する人のことを指すのではない。
作るとは永続的なシステムを構築することであって、
そこを否定すると成り行かなくなってしまう。
攻撃/破壊とは寄り良くなる為の起爆剤であるべきだ。

君もアートを愛するものなら解るでしょ?

471 :名前はいらない:2009/08/04(火) 00:08:02 ID:bQC6ajQk
チアーブさんに向学のために聞きたいんだけど、りすさんの、どの詩が特にお薦めですか?
ダメ出ししたりしませぬから教えてください。

472 :デラシネ ◆HDMUcC9vFA :2009/08/04(火) 00:16:52 ID:Ad6q2AFH
どうでもいいけど、こざかしいって言葉がぴったりね。

473 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/04(火) 00:19:54 ID:PkvV2IAr

常軌ではない、ってカンジが漂っていますね〜♪

ひも理論って、超弦理論のことでしょ?
物理学の理論、仮説のひとつであって、
Chiaveの個人的な現実で起こりえた経験であるはずのない、
机上の空論でしょ?

ダーザイン ◆jSAbgVcG7A だか文学極道だかなんだか知らないけどさ、
つれて帰っちゃってよ、迷惑だからさ。


474 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/04(火) 00:25:36 ID:PkvV2IAr

つか、自分たちの文極フォーラムの雑談トピックのなかで、やってくれませんか?
ダーザイン ◆jSAbgVcG7A さん。


475 :名前はいらない:2009/08/04(火) 00:40:28 ID:YBzrZC+1
ネットと現実の区別はつけよう!

476 :お塩学:2009/08/04(火) 00:47:15 ID:/ZnRTvzf
>>472

ハンドルのネーミングセンスがマジ今時っぽくてカコいっスね〜
尊敬します!


477 :デラシネ ◆HDMUcC9vFA :2009/08/04(火) 00:58:46 ID:Ad6q2AFH
>>476
どうもどうも。
歌詞の中からぱくった名前です・・・。
決してフランス語に長けてる訳じゃありません。

478 :いかいか:2009/08/04(火) 01:44:51 ID:jgJ8gT0M
>>463

 とてもじゃないがセンスがあるとは思えない。第一線でやってたとか、正直、
どこが第一線なのかもすでにわからない状況なんじゃないのか。
 自負は結構、作品がついてきてないよ。

479 :名前はいらない:2009/08/04(火) 01:45:17 ID:bQC6ajQk
テラ死ねよ〜w

480 :名前はいらない:2009/08/04(火) 03:00:55 ID:Nj0t83X4
日本最高峰はどこにあるの?

481 :Chiave:2009/08/04(火) 09:33:44 ID:iKlfJ1HC
>>471
やっぱ、ほかの詩人と違って謙虚な「否定」から始まってるからぜんぜん違うよね。
「否定」ってのは生まれつきそのように作られた日本的に均質な感性や物の考え方に
正面から疑義を呈しているということだよな。
観念上の、書物上の理解じゃなくてね。
書物上、観念上の理解ならこんなものは一瞬にできることだ。
だれかが書物に「われわれの意識はそのように作られたものである。われわれわ、いったんそういった自己意識や価値観を棚上げしなければならない」
「そうだそうだ」とページをめくりながらうなずいて、
数秒で「理解」するわけだ、いまどきのインテリどもは。あっというまに非常に大切な哲学的
思想的な洞察を数秒で「理解」して通り過ぎる。そして、頭で論理的に簡単に「理解」できるのに、そんなことをいつまでもいっているやつをは「時代遅れ」だの「もう古い」だのといいだす。
ほんとうはあらゆる何一つ理解していない。ただ、書物と観念の連合の上で「了解」しただけなのに、己はもうそこをパスしたと思い込んでいる。
だからおれの意見でも「校長先生のような古臭い説教はもうたくさんだ」といってくる。あほらしい話だ。
だけどりすさんは一生懸命おのれの感性にダメ出しをして再構築しようという姿勢がみられるよね。
これがおれのいう「精神的な虚勢」からの出発であり「割礼」「臨死体験」のこころみであるといっているんだ。
そして「蛮族のいる風景」からはじまったりすさんのこころみはずっと続いている。
「蛮族のいる風景」の主要テーマは
   いつだって めちゃくちゃなリズムで踊っている君たちの
   その軽快なステップのルールを 私に教えてくれないか
だろ? これはりすさんの「ただいま出発します」という宣言なんだ。
しかも出発する出口はいつも自分の生活の根がある場所からなんだ。
それ以後のすべての詩作はこの延長線上にある。ひとつもぶれてなんかいない。
だから、りすさんの詩のどれがいいなんて愚問なんだよ。最初から全部読んでいけば
いいのさ。


482 :Chiave:2009/08/04(火) 09:37:33 ID:iKlfJ1HC
訂正

精神的な虚勢→精神的な去勢

483 :Chiave:2009/08/04(火) 09:43:03 ID:iKlfJ1HC
>ひも理論って、超弦理論のことでしょ?
>物理学の理論、仮説のひとつであって、
>Chiaveの個人的な現実で起こりえた経験であるはずのない、
>机上の空論でしょ?


こいつバカか?
「ひも」といえばヤクザが女にダニのように食らいついてキャバレーで働かせたり
トルコに売っぱらったりという「ひも」もある。
あるいは日本国の成り立ちのように米国の相互「ひも」状態てのもある。
「理論」と「ひも」がくっつけばもちろんあの有名な「超ひも理論」と間違い
やすいが、あの強固な物理理論と同じくらいに強固な「関係」を示唆している
ことにもなる。
もっといろいろ説明してやってもいいが、想像力の欠如したバカとしかいいようがない。
「ひも理論」という題名をみて、たったひとつのあたりまえのことしか
想像できない低脳がおれにからむな。あフォー。

484 :(匿名希望) ◆e31RMyXG8xIR :2009/08/04(火) 12:00:01 ID:i9gCdutD
>>483
>>463の詩を読んだけど、表現に凝りすぎて「主体」がぼやけてる
ところどころにほのめかすような記述があるけど、ほとんどが蛇足。なんの象徴性もない
それと呀と跛のルビが違っているのはわざとかな?
かといって、どのような意図でそのようなことをしたのかはさっぱりみえてこない


普通の詩が書きたいって言ってるけど、なかなかの頑固な思考の持ち主みたいだからそれは無理だね

485 :キアスムス:2009/08/04(火) 13:14:43 ID:8UVcz7D4
未詳と極道のグラチャンの『森下ひよこ』さんのこと誰かご存知ですか?

486 :デラシネ ◆HDMUcC9vFA :2009/08/04(火) 13:48:31 ID:JsiB4PxH
がーん・・・。
微妙な流れに自分のネームをぐぐってみたら、親の世代に流行った単語らしい・・・。

>>472>>463あたりへのレスね。
くどい口調がうるさくて眠れやしないし、退屈だったのです。


どうか誰も絡んできませんよーに!

487 :リュカス:2009/08/04(火) 14:10:45 ID:8UVcz7D4
森下ひよこって誰?オレもきになる。未詳?極道?

488 :名前はいらない:2009/08/04(火) 14:24:29 ID:8UVcz7D4
りすさんって誰よ?

489 :名前はいらない:2009/08/04(火) 14:31:40 ID:bQC6ajQk
>>481
『蛮族のいる風景』なんだけどさぁ〜、幼稚園がテーマなのに、なんでいきなり保母さんが出てくるんだ? 幼稚園は先生だぞ。
それとも幼稚園で雇ってる保母さんっているのか?
俺はガキがいないので分からないが。

490 :名前はいらない:2009/08/04(火) 17:21:24 ID:l8P7RMSE
Chiaveさんの言っていることは
10年近く前まで俺も重視しすぎていた考えなだけによくわかる。
実際、意味を剥がされてただ頭蓋骨型のカルシウムのかたまりのように浮かぶ満月、
その下に渡された深淵の上のロープ、
と聞いて「あの事だな」とピンと来る人が
詩板にこれほどまでにいないということにはどうにも驚いてしまう。
しかしChiaveさんのほうもそのことだけに囚われすぎて、
(確かに「そのこと」は「すべて」と言い換えてもいいぐらいのものではあるけれども)
愚かな文明を外側から傍観するシニカルなアウトサイダーだと
自分のことを勘違いしてはいないか。
映画「マトリックス」には外側の「本当の世界」があり、
それを己の目で見て知っている人はそんなアウトサイダーでありうるけれど、
映画と違って外側はないんだから、あなたも同じ世界の存在でしかない。
また、あなたの思っていること、気付いていることは
意外と気付いている人も多い。しかしそれを匂わせないだけ。
言葉で説明したところで誤解が伝わるだけだと知っているから。
髑髏を見たことのない人に「髑髏」と言ったところで伝わりはしないんだから。


491 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/04(火) 19:53:09 ID:/gdbfFp8
ひも理論=へその緒、なんだね。

やばいな、また読み飛ばしてレスして、ズレてきちゃった。反省

492 :Chiave:2009/08/04(火) 19:53:52 ID:pyzZqzpB
>髑髏を見たことのない人に「髑髏」と言ったところで伝わりはしない。

そうですね。経験や体験のない人に、
体験した人がその体験なりに名辞を与えて語ったところで、
その名辞は相手にはチンプンカンプン。無と同じ。
つまりおれは一人でわけのわからないチンパンジーの踊りを踊っていたわけです。
ま、最初からわかっていたことだけど、
なんか、少しでも引っかかってくれるかなと淡く期待することもあった。
さて、もうやめます。お騒がせ。


493 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/04(火) 20:01:07 ID:/gdbfFp8
>>492
>目を回してひっくりけえるような経験

は、おしえてくれないの?

494 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/04(火) 20:24:54 ID:/gdbfFp8
>>490
>映画「マトリックス」には外側の「本当の世界」があり

映画ネタでわるいけど、主人公たちと、観客が初めそうだと信じていた
"外側の「本当の世界」"も、実は仮想現実の世界だったと、主人公のみが気付く、
というオチの話なんだよ〜♪

それ以外の内容については、「あの事だな」ってなんなんだろ♪


495 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/04(火) 20:42:01 ID:/gdbfFp8

伝わらない言葉の羅列に、その意味も価値も
なんにも認識されないってことか。
おしいなぁ。あともうちょっとだったのに。


496 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/04(火) 20:48:17 ID:/gdbfFp8
おまけ♪
THE MEATRIX
http://www.themeatrix.com/intl/japanese/


497 :名前はいらない:2009/08/04(火) 21:29:02 ID:3aJNsvHT
なんでもいいけど、音符は1レスに纏めることを覚えような、うざいからさ〜

498 :名前はいらない:2009/08/04(火) 21:48:36 ID:5tXkJi6D
ウザイから仲間に入れないでおこーぜ

499 :名前はいらない:2009/08/04(火) 21:54:12 ID:HY5l2fjt
ここ、アホばっかりかね。あほほほほ

500 :デラシネ ◆HDMUcC9vFA :2009/08/04(火) 22:04:53 ID:JsiB4PxH
>>493から>>499
レス伸びてる。とわくわくして覗いたのに、がっかりした。

501 :名前はいらない:2009/08/04(火) 22:14:17 ID:Rp9zc2yj
身も蓋もないこと言うよ。
ネット上で、しかも2chなんかで、議論は出来ないよ。

502 :デラシネ ◆HDMUcC9vFA :2009/08/04(火) 22:19:37 ID:JsiB4PxH
>>501
冗談よw

503 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/04(火) 22:45:25 ID:/gdbfFp8
この現代社会の人間たちは、
巨大飼育工場のひしめく檻の中に並べられた
日の光も浴びたこともない化学薬品漬けの豚たち、
だということなのかぁ。
それで、くだらないケンカばかりしてるんだねー。
そして、喧嘩しないように、社会に去勢されると。

という礼儀すらずのChiaveさんのはなしを、
Meatrixのリンクを貼って、くだいてみたのだけれども。
内容あってるかな?そして、他の人々にも伝わっちゃったのかな♪

これらの内容は、音符 ◆K2HoJpiyVchが主張するところのものではありません。
クレームなど、抗議に関する窓口は、jcqsq911@ybb.ne.jpまで、
どしどし、ご連絡しちゃってくださいね♪


504 :名前はいらない:2009/08/04(火) 23:12:44 ID:5tXkJi6D
人身売買見逃してる〜

505 :名前はいらない:2009/08/04(火) 23:24:38 ID:l8P7RMSE
>>503
とりあえず何でもいいからボードリヤールの著作を読めば。
で、読んでわからなかったなり頭だけでわかったなりしたとしても
いつかその擬似体験が実体験になる日が来るかもよ。
来なくても何も困らないし。

とりあえずルサンチマンみたいなのを抱くことはやめようや。
不毛だし、抱く必要もない。
わからんもんはわからんと保留だけしてほっとくべきだろ。
チアーヴ氏のほうはもうおしまいにしてるんだしさ。


506 :名前はいらない:2009/08/04(火) 23:31:09 ID:4cBhn2US
>髑髏を見たことのない人に「髑髏」と言ったところで伝わりはしないんだから。

と言う人間が、人にボードリヤールを読むことを薦めるのかw

507 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/05(水) 00:04:15 ID:d844Rp3e
>>505
ボードリヤールも、ルサンチマンも、
どうだっていいんだよね。
チアーヴの話は人を見下した
バカだ、アホだの罵声しか、受け手のみんなには伝わっていなかったんだし。
この俺も、板の上では音符 ◆K2HoJpiyVcのキャラクターを演じ通す予定で
裏ではjcqsq911@ybb.ne.jpのメールで煽って、
エンジンノテストを兼ねてOFFで話してやるつもりだったんだけど、
チアーヴの罵声以外のところを初めて読んでみると、
なんだか違ったんだよね。

>髑髏を見たことのない人に「髑髏」と言ったところで伝わりはしない
ま、言葉で言ったところで、しょうがないところは、あるよね。
実際にリアルで会って、体験させてやらなきゃね。

508 :名前はいらない:2009/08/05(水) 00:37:27 ID:RvvFMHpC
>>507
The ルサンチマン


509 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/05(水) 00:52:54 ID:d844Rp3e
>>508
罵声しか、あなたの心には伝わらない、ってことさ。
メールアドレス晒してくれたら、お話しに会いにいってあげてもいいよ♪


510 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/05(水) 00:55:09 ID:d844Rp3e
Goodnight goodnight♪
http://www.youtube.com/watch?v=MlTCuzjcoKY&feature=related
ノシ

511 :最高峰:2009/08/05(水) 01:09:17 ID:rRp+XHwm
>>507
あらゆる言語表現の最先端かつもっともエッジな場所に立つ俺は
チアーブも音譜も、はなっからお前ら全員見下してるよ。
お前らクソつまんねーよ、屑♪
文学史に愛されなかったんだよ、お前は。
ゴタクはいいですから、とっとと詩ねよって感じ。ニヤニヤ

512 :名前はいらない:2009/08/05(水) 07:16:16 ID:oOfiz/Tr
ここは人文知芸園児の悪場所だな。しかも、数人(笑)今更、法悦だとか、シュミラークルだとか、アナクロだわなぁ、論争は他でしなさい。数人の幼児のサークルで(笑)

513 :(匿名希望) ◆e31RMyXG8xIR :2009/08/05(水) 07:45:04 ID:oQPFBXdI
>>512
え!?ボードリヤールって時代遅れなの?(´・ω・`)
一番好きな思想家なのに……orz

514 :Chiave:2009/08/05(水) 11:23:06 ID:BsZEmYZA
パレスチナ問題ダーザイン演説
 ダーザイン
http://mainichi.jp/select/world/news/20081229k0000m030070000c.html

年末より行われている、このたびのイスラエルによる狂気のクリスマスプレゼント、ガザ空爆・大虐殺による
パレスチナ人死者が1月2日現在400人を超えました。負傷者は2000人を超えています。死者負傷者の多くは
女子供を含む一般人です。四季ユートピアノ、ダーザイン(新世紀詩文学メディア「文学極道」代表発起)は、
このような蛮行を断固として容認しない。

↑ほほお、たいしたものだとおもってどう「容認しない」のか先を読むと、

皆も、義勇兵になって銃を取るとか、人間の盾として現地に渡るとか、インティファーダに参加して石を投げろとか、
そういう、目には目をとか、危険なことは推奨できないが、

↑「危険なことは推奨しないが」っておまえ、そもそもこういう問題にかかわること自体が
思想的にも肉体的にも生活的にも世間の関係としても「危険」でなければ成り立たないんだよ。
なぜなら、米国支援によるこのような行為は世間では認められているからだ。
村上春樹のようなクソがわざわざイスラエルまでで向いて、かの国の虐殺の致し方なさを
アッピールするほどの世間で認められている虐殺なんだよ。
これにノーを唱えることがどれほどしんどいことか、わかっているのか、お前は?
自分はなにひとつしんどい思いをしないで、ただ、あの人は虐殺に反対する
すばらしい知識人だわよという「名誉」だけを欲しがっている。
これが幼稚だというのだ。アフォー。こんな幼稚な世界観と精神世界しかもんたない
ガキにどうして「最高峰」の詩が集まる?
せいぜい「最高フォー」があつまるだけだぜ。(笑)



515 :Chiave:2009/08/05(水) 11:40:15 ID:BsZEmYZA
「旅の終わりに」
(ダーザイン作、「詩学」2006年11月号掲載作品)

↑「世界最高峰」の詩壇を運営するダーザインさんがどのような
界認識や自己意識をもってガザの虐殺を対象化しえているか、
コラムにそえられた詩を読んでみました。
感想としてはまったく低脳も低脳、ゴミ屑のような滓意識でしか
ガザの虐殺をみていないことが如実に露呈している。

そもそもダーザインはこの詩でいったい「だれ」のことをうたっているのか。
メルヘンチックでロマンチックで少々知的な妄想上のガザ民衆かよ。
ばーーーか。
ガザの民衆の99.9%はどうでもいいからうんざりしているんだよ。
腹をへらしているんだよ。イスラエルだろうがパレスチナだろうが
ほんとうは知ったこっちゃないんだよ。
しかしそういうあたりまえの大衆意識を阻むものがある。
おまえらのような絶対安全地帯からあの虐殺をメロドラマ風にとらえて
感傷にひたりたがる低脳インテリだよ。
おまえらのようなバカが、ガザを、パレスチナを支配する勢力にも
それを破壊する勢力にもとっても都合のいいバカであることを
少しも理解できないんだ。アフォー。
もう少しは、自分も世界もようくみつめる訓練をしろ。
そうだな、ダーザイン、大阪の釜ケ崎で一年ばかり生活してみろ。
ただし、ぜったいに活動家なんかとつるむなよ。
大衆のなかに紛れ込んで大衆として生活してみろ。それで何もわからなかったら
死ぬまでわからないから、もうガザなんかにかかわるな。
みっともないだけだ。



516 :名前はいらない:2009/08/05(水) 13:39:27 ID:5z3eN3X9
音符は、1レスに纏めないと、もう、この文学幼稚舎の仲間にしてあげないぞ!

517 :名前はいらない:2009/08/05(水) 13:51:43 ID:6QGh9C29
それが人の心理なんだよ

518 :名前はいらない:2009/08/05(水) 17:47:19 ID:oOfiz/Tr
ジュネとサイードを読みなさい。あと、軽々しく差別/被差別を語るな。あと、近代小説、近代詩の作家は数多ある被差別部落出身であることを忘れすに。

519 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/05(水) 20:41:59 ID:Arp9WIfh
>>Chiave
人のやることなすこと、難癖つけまくっているけれど、
なんでそんなに、吠えまくってるの?


520 :名前はいらない:2009/08/05(水) 21:44:49 ID:w6/gAr9s
Chiave ってほんと、どうしようもないね。
詩は、猛烈に下手くそ。批評は、頭の悪いのむきだし。
でもって、ここまできて、
ダー氏を一方的にたたきまくってるのは、
むかつくのを越えて、キモイ。
あんた、キモイよ。少しは自粛しろよ。みっともないにもほどがある、


521 :名前はいらない:2009/08/05(水) 23:24:09 ID:RvvFMHpC
>>519

>あらゆる言語表現の最先端かつもっともエッジな場所に立つ俺は
>チアーブも音譜も、はなっからお前ら全員見下してるよ。
>お前らクソつまんねーよ、屑♪
>文学史に愛されなかったんだよ、お前は。
ゴタクはいいですから、とっとと詩ねよって感じ。ニヤニヤ


522 :名前はいらない:2009/08/05(水) 23:32:07 ID:RvvFMHpC
>>507
>>519

chiave氏は、511から貴方に向けられたこのカキコ↑に切れてるみたいね

523 :Chiave:2009/08/06(木) 21:05:15 ID:/aAwRSUw
>Chiave ってほんと、どうしようもないね。
>詩は、猛烈に下手くそ。批評は、頭の悪いのむきだし。
>でもって、ここまできて、
>ダー氏を一方的にたたきまくってるのは、
>むかつくのを越えて、キモイ。


うーんと、おれの場合はだれかをキモイと感じたときは必ずおれは
「なぜそう感じるか?」と自問自答することにしている。
たんに自分の感性に身をまかせるのではなく、そういうときは一番自分にとって
自分の一番未知の部分が露出していることが多いからだ。
おれはまずだれかに「憎悪」とか「キモイ」とか感じることはないのだけど、
そう感じたときは危険信号なんだな。
おまえらのようなガキは自分の感じに身をまかせて腹が立ったらすぐにキレる
ことしかできないようだけど、おれはちゃんと計算して罵倒もなにも浴びせているんだ。
たとえばだ、たとえば「憎悪」というのは相手にたいする同性愛的傾向の裏返し
であるわけだ。精神病理学的にはそういう仮説も立てられる。
だからたとえばボルカがおれの揶揄に憎悪をみなぎらせてものをいうとき、
ボルカは「気持ち悪い」という言い方で己の心象を語るけど、あいつの同性愛的傾向を
感じてほんとうはきもく感じているのはおれのほうなんだよ。いわないけどね。
それと同じく、きみはもっと自分の感情を分析して、自分を知る努力をしたほうが
いいよ。わかりましたねっ。(笑)


524 :Chiave:2009/08/06(木) 21:14:30 ID:/aAwRSUw
519 名前:音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/05(水) 20:41:59 ID:Arp9WIfh
>>Chiave
人のやることなすこと、難癖つけまくっているけれど、
なんでそんなに、吠えまくってるの?

これも前のレスと同じことなんだけど、むしろ「吼えてる」とどうして
感じるのか、おれのほうが聞きたい。
おれなりの解釈はこうだ。おれのいっていることが理解できない。
その原因がおれの低脳にあるのかおまえの低脳にあるのかはいまのところ
問題ではない。とにかく意味不明なのだ。だからノイズにしか聞こえない。
しかし、ひるがえって、よく考えてみると、そのようなノイズにどうしても
意識が向かうおまえがいる。
じつはそのことにおまえは無意識のうちにいらついている。
もやもやとした感情の源泉にいらついているわけだ。
ほんとうはおまえは自分の「意識の志向性」に相手から答えを出して欲しいのだ。
自分では何も考えようとしていないようだからとうぜんお手上げなんだ。
つまりおまえの質問はおまえが幼稚であることを自ら暴露している
みっともなく、かつ幼い質問なんだ。
よって、あえておれが答えるとすれば、それは
おまがバカだからだ
としか答えようがない。しかしこんなこをいうとますますおまえは苛つく。
よってどうどうめぐりになることは必定であって、
ほんとうは無視すればいのだが、なぜかおれはさみしがりやで
おまえのようなアホをからかうのが愉しみなんだ。
わるかったな。でわ。


525 :(匿名希望) ◆e31RMyXG8xIR :2009/08/06(木) 22:06:00 ID:BHplQ2V1
>>524
レスがいちいち長いから「吼えている」と思われるんじゃね?


526 :名前はいらない:2009/08/06(木) 22:55:11 ID:twu1n8w0
今みてきたけど、詩も批評も質が落ちましたね。それでも私なんかよりは上手いのだろうけど、ほんと、最近は残念だ。

527 :名前はいらない:2009/08/06(木) 23:16:04 ID:gJFe7HwI
いかいかに期待

528 :名前はいらない:2009/08/06(木) 23:48:43 ID:K76BO9xL
基本、仲良しクラブだかんね

529 :名前はいらない:2009/08/06(木) 23:55:57 ID:SVDDaphy
禿げ

530 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/07(金) 00:07:29 ID:JSRBuQvS
>>524
そっか。さみしいんだね。
きっと、アホだバカだの罵声で吠えるをやめたら、Chiaveにも親しく話し合える仲間ができると、
勝手に思ったりもするんだけど、Chiaveは、そういうの、イヤなんだろね、
と、また勝手に思ってしまいました。
でも、さみしんだね。
Chiaveの思う、理想の文学、はChiaveの個人的な理想であって、
他の人が抱く、他の人の個人的な理想の文学が、
たとえ本当の世界の姿から、乖離した文学であっても、
Chiaveの個人的な理想の文学を、難癖つけてアホだバカだと吠え立てて
押し付ける方法で、果たしてみんなに伝わるだろうか。
アホだバカだと吠え立てられて、たぶんほとんどの人達は、
一時的な個人的感情に思考が支配されるまま、肝心要の言葉をスルーしてしまう。
その方法じゃ、伝わりっこないんだよ、きっと。

531 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/07(金) 00:10:39 ID:JSRBuQvS
>>530の続き
でも、本当の世界の姿に気付いてほしいがために、強烈な言葉で批判を繰り返しているんだとおもうんだけど、
それは、きっと極めて効率の悪い言葉の力の使い方なんだと、個人的に思います。

拳のインパクトの力で、相手の脳みそを揺らして、効率よく脳震盪でKOをねらうスポーツを、
思い浮かべてもらえたら、話は早いかもしれない。
詩って、言葉の力でどれだけ読み手の脳みそを揺さぶって、価値観をぶっ壊すか、
ってことなんだとおもう。
Chiaveの方法は、アホだバカだとただ吠えまくっているだけ。
このアホだバカだのせいで、スルーされてしまっていて、
まるで受け手に、肝心要の言葉、インパクトが伝わっていない。
そんなアホだバカだの罵声の言葉じゃ、受け手の脳みそをKOできるはずないよ。

研ぎ澄まされた言葉のインパクトの一撃で、読み手の脳みそを揺さぶってください。


532 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/08/07(金) 00:20:10 ID:JSRBuQvS
訂正)
>たとえ本当の世界の姿から、乖離した文学であっても、
>Chiaveの個人的な理想の文学を、難癖つけてアホだバカだと吠え立てて

たとえ本当の世界の姿から、乖離した文学であっても、
Chiaveの個人的な理想の文学を押し付ける行為は、正当な行為だろうか?また
Chiaveの個人的な理想の文学を、難癖つけてアホだバカだと吠え立てて

533 :名前はいらない:2009/08/07(金) 00:24:09 ID:T0rkkcBQ
音符さんふぁいと

534 :名前はいらない:2009/08/07(金) 00:43:41 ID:/GJYy8o8
ニュアンスがニャンディーマンと似てるな

535 :Chiave:2009/08/07(金) 07:51:36 ID:6Zs/Vdhm
>526
>今みてきたけど、詩も批評も質が落ちましたね。

 ・←「宇宙」
 空白の部分が「世界」

っていう投稿ね、酒場でよたって話してたらこれほどおもしろい話題はないと
おもうんだよ。哲学的でかなり考えさせるからね。
物理的な空間でいえば宇宙がわれわれを包括しているけど、観念としてはわれわれ
の意識は宇宙をゴマ粒のように扱うというね。
ボルカのいうように(人間の観念や意識の大きさに)眩暈がしますねという感想もあると思う。
だけどこれは99.9%指示性でなりたっていることばだから詩ではありえない。
頓知とかナゾナゾの類の遊びだ。
そういうものをさっと消してしまわないでいつまでも載せていると板が荒れる。
詩の投稿板って植物園のようなものでいつも手入れが必要なんだよね。
庭園の主が水をやったり鋏を入れなくなって放置すれば当然荒れ放題になる。
植物にまかせていればそりゃあなんでも雑草が繁殖する。
庭園の主のやる気のなさがそのまま繁栄しているということさ。


536 :名前はいらない:2009/08/07(金) 12:09:19 ID:oWJdIch2
おみそしるのみたい

537 :いかいか:2009/08/07(金) 12:10:53 ID:ZK6J84xL
無視するのが一番効果的な方法なんだよねぇ。遊んであげていたけど、
そろそろ皆無視したら。そしてら、黙らざるを得ないと思うよ。

538 :(匿名希望) ◆e31RMyXG8xIR :2009/08/07(金) 12:41:05 ID:UHDSmYIx
むしろ延々と独り語りしてそう……

539 :Chiave:2009/08/07(金) 14:39:50 ID:HUXOkSoU
いかいかってのは底なしの俗物だな。(笑)
なんでおまえのようなのが詩なんか書くんだよ。(笑)
べつにおまえのようなスノッブが詩を書いてはいけないことはないけど。(笑)
おまえに詩なんかまったく必要ねえじゃないか、これまでの発言をみれば。
それともおまえ、詩人て呼ばれたいのか?
うん?
しかしおまえのその腐ったスノッブ意識のままじゃ、
死ぬまでだれも詩人とは思ってくれまい。
せいぜいお子ちゃまの集まりである獄窓、じゃなかった極道(笑)で
一人、はしゃいでいるだけだろうな。

540 :名前はいらない:2009/08/07(金) 15:12:19 ID:vHNcdmoU
ちあーぶが掲示板を立ち上げたら面白そうだな。俺も協力するよ。すごいのつくろうぜ

541 :名前はいらない:2009/08/07(金) 17:41:01 ID:/FEpFG/o
楽しいのかな。でも世界だの宇宙だのが、丸山さんのあのレスレスからしか伝わらなんだよね。私には理解できない、それだけかなー。きっちり批判できんのだもの。

542 :Chiave:2009/08/07(金) 20:21:36 ID:EC5oFaob
>ちあぶの俺に対する笑える嫉妬の例

>・自分は大学を出ていない。
>・モテない(猫にすら、えづけしないと相手にしてもらえない)。
>・言葉に対するセンスが悪いと自覚している。
>・おふらんすの思想(笑)が理解できない。てかフランス人が怖い。
>・他人の幸福が憎い。
>・他人の才能や可能性が憎い。
>・本を読んでいないことがいつかばれるんじゃないか、と恐れている。

>俺にはどうにもしてやれないよ、ってことばっかりだ。

ふふふ。面白いね、ボルカって。これ反転させると、
ボルカは自分自身のコンプレックスを明らかにしていることになるだけど。
すなわち、
@学歴コンプレックス
A対人コンプレックス
B詩の技巧へのコンプレックス
Cフランスの流行思想へのコンプレックス
D他人の幸福へのコンプレックス
E他人の才能へのコンプレックス
F知識へのコンプレックス
なんだか、裸で歩いていることに気がつかないでいる女の人を見るようで
かえって気の毒なんだけど。
そんなこともわからないほど愚鈍だったのかい? ボルカ。



543 :Chiave:2009/08/07(金) 21:00:35 ID:EC5oFaob
さて、お次は文極のコラムで俎上にのせるのは、稀代の色魔!(笑)いとうクン。
ま、こんな穴ならなんでもいいなんていう変態色魔なんか相手にもしたくないが。
んーーーー。
やめとこ。(笑)


544 :ためいき:2009/08/07(金) 21:57:39 ID:VEOz2F//
>>543
 怨恨がないふりをした俗物という存在を実践してくれてるらしい。
 どの星をまわっているのか知らないが「詩」を信じてるなら苦笑
するしかない。見てて気の毒。それだけ。

545 :名前はいらない:2009/08/07(金) 22:02:30 ID:F4M+2GaM
つるっとした顔
どこにいたのか風の中
そった髭とそった男性
頭の中では触れてみる
http://www.youtube.com/watch?v=IRsvSlfa4Kk
高ぶる動画でほのかに燃える
東北沢の夜の帳
ハムとレモンをほおばる。

546 :名前はいらない:2009/08/07(金) 22:18:42 ID:JXYsYp4C
408 :ボルカ:2009/08/07(金) 07:10:57 ID:GTa9/T3a

どう書くとチアブが嫌がるかなあ、と思案してんだけど、なんか煽り案を思い付く度にためらわれる。
ヒモの詩がひどすぎなんだよな。なんつうか、どの煽り案も、無益な殺生だなあって思えてしまう。
ひとつの、って平仮名にしたとことか、もはやなんにも言えないほどダサイ言い回しが多過ぎです。


409 :ボルカ:2009/08/07(金) 07:24:31 ID:GTa9/T3a

あと嫉妬が哀れすぎて、指摘するのがつらい。

「もはや嫉妬は習い性だ、俺の個性は嫉妬だ、俺こそがミスター嫉妬だ、」って勢いだが、でもなあ。

ヒモ読んじゃうと、嫉妬ぐらいしかできないんじゃないかって思えちゃうんだよな。


410 :ボルカ:2009/08/07(金) 07:53:40 ID:GTa9/T3a

だからちあぶに対しては、嫉妬すんなとは書かないけど、
とは言ってもうざすぎ。
とりあえず列記しとくから、できるもんなら反省材料にしやがるといいと思います。

ちあぶの俺に対する笑える嫉妬の例

・自分は大学を出ていない。
・モテない(猫にすら、えづけしないと相手にしてもらえない)。
・言葉に対するセンスが悪いと自覚している。
・おふらんすの思想(笑)が理解できない。てかフランス人が怖い。
・他人の幸福が憎い。
・他人の才能や可能性が憎い。
・本を読んでいないことがいつかばれるんじゃないか、と恐れている。

俺にはどうにもしてやれないよ、ってことばっかりだ。

547 :名前はいらない:2009/08/07(金) 22:19:58 ID:JXYsYp4C
416 :名前はいらない:2009/08/07(金) 20:19:48 ID:EC5oFaob

>ちあぶの俺に対する笑える嫉妬の例

>・自分は大学を出ていない。
>・モテない(猫にすら、えづけしないと相手にしてもらえない)。
>・言葉に対するセンスが悪いと自覚している。
>・おふらんすの思想(笑)が理解できない。てかフランス人が怖い。
>・他人の幸福が憎い。
>・他人の才能や可能性が憎い。
>・本を読んでいないことがいつかばれるんじゃないか、と恐れている。

>俺にはどうにもしてやれないよ、ってことばっかりだ。

ふふふ。面白いね、ボルカって。これ反転させると、
ボルカは自分自身のコンプレックスを明らかにしていることになるだけど。
すなわち、
@学歴コンプレックス
A対人コンプレックス
B詩の技巧へのコンプレックス
Cフランスの流行思想へのコンプレックス
D他人の幸福へのコンプレックス
E他人の才能へのコンプレックス
F知識へのコンプレックス
なんだか、裸で歩いていることに気がつかないでいる女の人を見るようで
かえって気の毒なんだけど。
そんなこともわからないほど愚鈍だったのかい? ボルカ。

548 :名前はいらない:2009/08/07(金) 22:21:02 ID:JXYsYp4C
413 :糞だるま:2009/08/07(金) 17:14:40 ID:EVvSwlDJ

うわうわ
ボルカちゃん、さりげなく自分の駄目なとこまで他人に押し付けちゃって…

君、哲学なんてさっぱり理解してないし、文章のセンスもゼロじゃん
いかいかとは違って詩さえろくに書けないからネタに逃げ込んで誤魔化すっきゃないけど
ネタ職人の実力としても完璧に2ちゃんの厨房以下…
薄ら寒いというか、そういうのとは無縁の学生時代を過ごしてきたんだろうね
そこらへんのセンスの無さはリアルに20年位出遅れてる


549 :何度も転送して済みません 最後のは私の発言です:2009/08/07(金) 22:23:51 ID:JXYsYp4C
417 :名前はいらない:2009/08/07(金) 21:55:33 ID:JXYsYp4C

@カラFまで見事にボルってるじゃまいか・・
個人的にはBを磨きたい事は内緒
>>413氏の指摘は意外と鋭いと思ふ


550 :Chiave:2009/08/08(土) 06:22:48 ID:7ZeJR2Yx
おれは文学極道のコラムの最後にある、
ダーザインの「イマジネーションダウンに(ポエジーと現代性-文学論-)」
は、ほんの少しだけ抜けている意見だと思うんだ。
空爆被害者の残虐な写真収集マニアの転倒した悦楽は、アウシュビッツの
似非実録映画を観に集まるアホどもが、水道管からいっせいに噴出した水をガスかと
思って客席からいっせいに「おおー」と歓声をあげるときの内向した悦楽と似ている。
こういうものに気がつけるってのは少しだけ「抜けている」と思うんだな。
しかし次の駄文はいただけない。

>文学とは何か? 人は文を書くことによって何をなそうとしているのか?
>文学とは世界に触れようとするひとつの形である。

違うな。文学とは真理から逃れようとする真実の一形態だろ?
あらゆる真理が露呈してしまったのが息苦しいいまという時代じゃないか。
カネと平安と名誉。それがすべてという真理の時代。こんなクソの時代から
なんとか自由を取り戻し、クソのような真理に唾を吐きかけるのが文学だよ。
しかしまあ、それでも「いいところをついている」。

>リアルとは何か?(中略)21世紀におけるリアルはこの掲示板と言う媒体の中に
>自らを生み出したのだ。
>掲示板の外部にあるものは実存の外部にあるもの、即ち端的に無であり、
>掲示板こそが生誕と死というふたつの顔を持つ無の間にはさまれた人間の生存様式、
>即ち現存在(ダーザイン)である。

掲示板がキチガイの玩具であることは認めるけど、よくわからねえな、おれには。
何をいってるのかっぱっぱりわからねえ。少なくとも掲示板はキチガイの玩具以上でも
以下でもないとおれは思うのだがね。
だけど、それは過度期の現象であって、どうやらダーザインはそれに未来を
託しているらしい。そこんところは少し「抜けている」ような気がする。




551 :チアブ:2009/08/09(日) 01:28:17 ID:yIsrMiJK
お前ヌルイよ。

俺は彼と決闘するためにあそこにアクセスしたんだけど、お前があんまりとぼけたことを延々と垂れ流してやがるから、
「そういう意味じゃ、むしろ立派なやつだ」とか思っちまって腰が入らない。

なんか言いたいことがあんなら、とっとと述べて失せろよ。

552 :ボルカ:2009/08/09(日) 01:32:08 ID:yIsrMiJK
げ。
まちがって名前らんにキモいもんいれちまったじゃねえかよ!

ほんととっととしゃべれチアブ。
ぐずなんだよお前は。

553 :名前はいらない:2009/08/09(日) 01:56:45 ID:L2Zrinoj
[3674] res
- 蛾兆ボルカ (09/08/08 01:56:01)
ここまでのレスでは、なぜかこの作品はあまり人気が無いようですね。
不思議だなあ、と思います。

僕は、今日はレスを付ける日、と、自分のなかで決めて、このサイトにアクセス
したのですが、僕としては、この作品が最近の投稿のなかではダントツに詩を
感じさせてくれる作品ですね。

他の方のコメントに反対するわけじゃないんですが、かなり自信を持って、
僕はA++かSを付けるんですけどね。

554 :ボルカ:2009/08/09(日) 02:06:00 ID:yIsrMiJK
俺のレスをどっかの卑劣なやつが名前かくしてではりつけました。と。

で。なんなんだよ。
ぐずぐずすんなっつってんだろ。

555 :名前はいらない:2009/08/09(日) 02:25:08 ID:hGQM2Rty
基地害の方ですか?

556 :名前はいらない:2009/08/09(日) 06:51:46 ID:HKlrt4JY
>>551>>555
激しくワロタwwwwww
>>554
ここ、匿名掲示板www

557 :名前はいらない:2009/08/09(日) 19:39:31 ID:sdBrVY3w
>>1 死んだのか?
天才だったのか?

558 :ダーザイン ◆jSAbgVcG7A :2009/08/09(日) 22:30:25 ID:vyinDw0l
神が筆に宿った男、天才的大詩人といえば、今は一条さんのことを指す場合が多いが、
インターネットで「天才的大詩人」という言葉を初めて使ったのは俺なんだよね。
もちろん自称でね。意匠登録しておけばよかったと思うよ、今ではうんこポエマーから一条さんやランボーまで、
天才的大詩人という言葉で膨大な情報がgooglできるが、僅か、文学極道発起以前には、俺が自称しているたわごとしか検索できなかったんだ。

要するに、俺はワイヤードの創造主であり、でみうるごすである。拝め。

559 :ダーザイン ◆jSAbgVcG7A :2009/08/09(日) 22:37:58 ID:vyinDw0l
>550 ちあーぶ
>掲示板がキチガイの玩具であることは認めるけど、よくわからねえな、おれには。
>何をいってるのかっぱっぱりわからねえ。少なくとも掲示板はキチガイの玩具以上でも
>以下でもないとおれは思うのだがね。

原爆投下も、焼夷弾による無差別絨毯爆撃も、未だにやっているアラブ人への劣化ウラン弾攻撃も、
基地ガイ沙汰でなかったら何だというのか? その政治的な決断を。
SR社会革命党党首武田聡人として、私は、政治的にも、文学史的にも、あくまでもモダニズムの観点にこだわり、
戦い続ける。
詳細は新しい文学極道の本(「文学極道No2」と、狼-文学極道特集号)の偉大な作品群と論者の演説を良く読んどくように。
どちらの本も近日発売予定。

560 :Chiave:2009/08/09(日) 23:05:15 ID:bvuDZ960
どうもダーザインってのはまさか村上春樹や中上健二なんかを読んでないだろうな。(笑)
文芸とは畑違いの、哲学や思想や精神科医など、クソのような批評家どもが村上
春樹や中上を誉めそやしているが、これは大変危険なことなんだ。
有象無象の中からやっとおれが考えていたことを
ちゃんとした用語と論理で代弁してくれるありがたい批評家がひとりだけ現れた。
つまり「村上春樹は〈自己啓発セミナー〉」であり、「構造しかない物語は容易に
そこに〈私〉が補填できる」。つまり村上文学は「作者が望むと望まないとにかかわらず
容易に自己実現という主題を発生させ、読者を洗脳する」。
(大塚英志『物語論で読む村上春樹と宮崎駿』)
自己実現の物語の復興とは容易に「国民国家の復興」という物語につながっていゆく。
村上がわざわざイスラエルまでいってイスラエル国家のガザ虐殺を「だれのせいでもなく
邪悪なシステムが悪い」といって事実上、ガザ虐殺を容認してしまったのは当然といえば
当然だったのだ。大塚によれば、
9.11はアメリカの自己実現の物語としてハリウッド映画の文法を無自覚になぞり、
この国でも小泉による郵政民営化選挙において同じ自己実現の物語が繰り返されたと
指摘する。村上や中上の物語の「ベタな構造はそれらの復興に加担する」。目の覚めるような
論評だった。
ダーザインがほんとうに基地外沙汰を淘汰したいと望むのなら、こういう視点から
戦争というもの、文学というものに迫っていかなければな。一条やコントラあたりの
どうしょうもない意識では、話にならんだろ。

561 :名前はいらない:2009/08/09(日) 23:19:30 ID:J8rXBZAs
>>560
ではそのような、「自己実現の物語=ベタな構造」を回避するためには、どうすれば良いとお考えで?
さらに、それを回避した詩とはいかなるものとお考えで?
それが一番大事なんだけどな、この板では。
そういった物語批判は大塚などより遙か昔からなされているよ。君はどうやら、哲学の初心者のようだな。

562 :ダーザイン ◆jSAbgVcG7A :2009/08/09(日) 23:21:13 ID:vyinDw0l
>>560 名前:Chiave

何故私が村上春樹のような売国奴とと名前を並べなければならないのでしょうか?
さっぱり理解できないんですが。村上春樹はコカコーラやマクドナルドの市場を手放したくなかったんですよ、
パソコンユーザーであれば、マイクロソフトやインテルや。
(言っとくが、俺のパソコンのCPUはモダニズム技術のアスロンダブルコアだからな)

小泉という、企業が自由にルンペンプロレタリアを搾取できる構造に日本国を改悪した男については、
歴史は、ものすごく小さな評価しかしないだろう。
何せ、彼は、他の自民党政治家と全く等しく何もしていないんだから、肝心なことは。
覚えていますか? 彼の名セリフ
「いつの時代にも格差はあった」
そう言って、被差別階級を非差別階級のままにして労働市場でフレキシブルな存在を確保しようというのが現在の政権と経済界です。
SR社会革命党党首 武田聡人は 労働市場における差別を断固として認めません。
同一労働同一価値です。

立て、万国の非差別労働者!
いわれなき鉄鎖のうんぬんくんぬん〜

第5インターナショナルを結成せよ!

563 :Chiave:2009/08/09(日) 23:40:49 ID:+uGAABYa
>>561

>そういった物語批判は大塚などより遙か昔からなされているよ。

どんな「物語批評」がなされていたのか知らんが、たんなる「物語批評」なら
当の村上春樹や中上健二だってやってらあ。(笑)
まして村上よいしょの加藤典洋だって内田だってやってる。
だいじなことは「やってる」ことじゃねえんだよ。「どう」やるかだ。
「なに」をやるかじゃない。
哲学に初心もくそもないんだよ。問題意識のないところに熟練の哲学があったって
無意味だ。哲学は問題意識とともに芽生えるという意味では初心でなければだめなんだ。あほ。

てか、大塚が指摘したのはファシズムの足音なんだよ。
村上春樹の物語の構造、構成は、戦前の十五年戦争時、日本のアニメの先覚者が
大東亜共栄圏を構想したときのロシアフォルマニズムと同じだという指摘、
そのころのモダニズムとほぼ重なるという指摘、だれがやった?
バカが。知りもしないで、寝ぼけた思想用語マニアぶりを発揮するんじゃねええよ。

564 :名前はいらない:2009/08/10(月) 00:02:35 ID:J8rXBZAs
>>563
だからさ〜君、あほは余計だし、大塚の書いてることは間違ってはいないけど、目から鱗ほどのものではないし、ここは詩板だからさ〜w
それに映画や文学の世界を、一つの解釈で全否定するような書き方は好きになれないんだよ、俺は。


565 :名前はいらない:2009/08/10(月) 00:34:00 ID:iJ3eYLKR
>>563
ファシズムが悪なのではない
人間が悪なのだ
自分が何を書いてるか、ようく見直してみるんだね

566 :名前はいらない:2009/08/10(月) 00:39:49 ID:az+9D9zQ
大塚なんたらを読んでないからあれだけど、
「ファシズムの足音」なんてまあ、幻聴だろうね。
文化人特有の「狼が来た」的危機意識じゃないの。
村上春樹も何言ったか知らないけれど、いわゆる「関係の絶対性」ということじゃなくて?

>インターネットで「天才的大詩人」という言葉を初めて使ったのは俺なんだよね。
その膨大な情報がgooglできないんですが・・・
また、こういうのを自称したがる神経がいかにも小物

567 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/08/10(月) 02:10:13 ID:1NmRIs/r
・ノルェイの森は多様な解釈が可能

・主人公はワタナビ君って解釈←一般説

・主人公は突撃隊って解釈←俺説、多分大塚説

・突撃隊が居なくても物語は巡るのだという主張を読む物語解釈←俺説、多分大塚説

・突撃隊は新でも代わりがいるもの←仮想反大塚説

・突撃隊を解き放て突撃隊は人間だぞ←多分大塚説

・親方空から突撃隊が←俺説

568 :Chiave:2009/08/10(月) 10:09:27 ID:li4h4GaM
なんかガキばっかりだな。

569 :名前はいらない:2009/08/10(月) 11:18:18 ID:VEGprSba
>>568
お前が一番ガキなのを自覚しろよw

570 :名前はいらない:2009/08/10(月) 11:21:26 ID:q9/daCJ5
最近はmeiってのがヒドイナ

571 :名前はいらない:2009/08/10(月) 11:58:15 ID:XjZOnvqA

ヒマつぶしにガキの相手でもするか。

>「自己実現の物語=ベタな構造」を回避するためには、どうすれば良いとお考えで?

どうすればいいもくそも、てめえの文学に「ベタな構造」なんか導入しなきゃいいだけの話。
そもそも中心を持つ構造の物語自体、西欧の物語であってもともと日本にはそんなもの
なかったわけだ。ガタリやドルーズを密輸するまでもなく、もともと日本の文化ってのは
脱コード化されていた。そこがわからないアホウばかりだってことだ。
80年以後のニユーアカ哲学思想家は要するにサロン的ファッション的なだけだった
てわけだ。その延長線上に村上春樹だのなんだのというアホウの山があるわけだ。

>さらに、それを回避した詩とはいかなるものとお考えで?

口語自由律詩ってのはそもそもそういうベタな構造をもたないもののことだよ。
だけど村上春樹のクソ小説と同じく、現代詩アフォーラムあたりの週間トップ10は
ある種のベタな構造をもっているし、それゆえに☆もはいっている。
だけどおれはああいう詩はみとめない。ああいう詩を認めるならポイントゼロのほうに
よほどいいのがあるよ。



572 :名前はいらない:2009/08/10(月) 11:59:21 ID:XjZOnvqA
↑これ、おれね。(笑)署名を入れ忘れたわい。くくく。

573 :Chiave:2009/08/10(月) 12:02:53 ID:XjZOnvqA
↑なんだよ、何度、名前入れても出ないぞ。もう一度、テスト。

574 :名前はいらない:2009/08/10(月) 12:40:27 ID:iJ3eYLKR
つーかさ
大塚は同人誌的な二次創作を奨励する立場でしょ?
つまりはだ
ヤマなし・オチなし・イミなしを正当化したいだけなんじゃね?

575 :名前はいらない:2009/08/10(月) 12:42:56 ID:QN3To1P2
すでにブレイクしてから何十年もたつ村上春樹にファシズムの足音て
ずいぶんのろまな足音だなw

576 :いかいか:2009/08/10(月) 14:07:41 ID:A7vQ3CsV
 なんか、極道に投稿することがしんどくなったり、ならなかったり。
一体、何なんだろうな。ひさしぶりに怒ったせいか。

577 :名前はいらない:2009/08/10(月) 14:22:38 ID:q9/daCJ5
いかいかには賞総なめしてほしい

578 :名前はいらない:2009/08/10(月) 16:43:46 ID:3iiBc/Ur
>>571
つまんねーよ、おまえ。
どうして、そんな程度の意見をそこまで人をあほ呼ばわりしながら自信を持って主張できるのか、精神と知性を疑うよ。だから初心者だって言ってんだよ。
おまえは、クズでガキのおこちゃまだ、いいかげん失せろ!

579 :名前はいらない:2009/08/10(月) 17:53:31 ID:sDmk5whE


「あほ」はアウト

「屑」や「お子ちゃま」はセーフ


580 :Chiave:2009/08/10(月) 20:58:43 ID:MqeXf+y3
>>578

だからねえ、厨房ちゃん。
哲学に「初心」もくそもないんだよ。おまえのいう「初心」ってのは哲学のことじゃなく
がっこーで学ぶ、受験テスト向きの「哲学学」のことだよ。
つまりアカデミズムのことだ。輸入哲学網覧のことだよ。
そんなものは哲学思想でもなんでもないんだ。
たんなる知識だよ、あふぉー。(大笑い)


581 :Chiave:2009/08/10(月) 21:02:06 ID:MqeXf+y3
そもそも574よ、おまえみたいなアホがおれに口を利くこと自体
間違っているんだ。知に対する心構えのステージが違うんだよ。
おまえのようなアホと違って、世界への眺望がおまえとは隔絶しているんだよ。
おまえはこれからもせいぜいおフランスの流行哲学の流れを必死になって
追っかけてればいいんだ。
何の問題意識もないおまえにはそれがお似合いだ。
しかし、そんなおまえがおれさまに口を利くな。三十年早い。(笑)

582 :名前はいらない:2009/08/10(月) 21:22:31 ID:9ot76BHX
>>580-581
あまりにも厨っぽいが、人を言葉でコケにするのだけは得意みたいだな。
まぁ、いい。俺もお前のような大哲学者を相手にするのは疲れた・・・

583 :Chiave:2009/08/10(月) 22:28:35 ID:v/8NybwN
>俺もお前のような大哲学者を相手にするのは疲れた・・・

相手にするのが?
おまえは何を語った? なにひとつおまえの問題意識から発した批判はしていない。
やっかみから、ただ、相手を汚い言葉で罵倒しただけだよ。
真面目にかつ真摯に相手にしてやったのはおれのほうだ。
おれは少なくともいつもちゃんとおれの問題意識を語った上で相手を罵倒している。
すっとぼけたことをいうなよ。なにが「疲れた」だ、あほう。(笑)
疲れても文句ひとついわないこの大人を見習え。腐り厨房。


584 :名前はいらない:2009/08/11(火) 22:17:53 ID:Cgse+KvW
ベタな構造、つうか関係ないけど、一条さんてアレ松本大洋。
鴎、チャンス。

585 :名前はいらない:2009/08/12(水) 23:19:57 ID:8vatR1l/
>チアブ

で、何を得た?見知らぬ名無しのボンボンを論破した所で、あんたが得たもんは何だ?

586 :名前はいらない:2009/08/12(水) 23:32:10 ID:KyNgAn1b
携帯からみれなくなったんだよね、文学極道。なぜ?

587 :名前はいらない:2009/08/13(木) 00:41:21 ID:67R8wSYr
はじかれたんじゃないの?

588 :いかいか:2009/08/13(木) 03:03:09 ID:48Cn6r6x
 シクシク。投稿枠つかいきっちゃったお。つかいきった後でガツガツ書きまくって
後悔orz。

589 :名前はいらない:2009/08/13(木) 10:44:00 ID:MyK74RPY
ち〜〜あぶっぶ♪ちあぶっぶ〜(´・ё・`)

590 :Chiave:2009/08/13(木) 17:25:37 ID:tqnrwl31
>で、何を得た?見知らぬ名無しのボンボンを論破した所で、あんたが得たもんは何だ?

人間、そういう自問をするのは三十後半までだとおもーな。σ(・.・;)?
なんであれ損得で自己の行いを省みるというのは、
最後にはやっぱ底なしの地獄に落ちるよ。\(・o・;)!!
わりーけど、おれのばやい、そういう考え方をしないんだな、これが。
受験競争を知らない人生だったからね。
あらゆる競争をしらにゃい。
わしは猫のように、ただ、目の前にあることに、気持ちの赴くまま
関心をもち、食いつく。
そしていっさい反省はしない。時間の無駄だったかもしれないとか
どうだ、ざまーみろとか、どんなもんだとか、
いっさいしない。
ちみも、そろそろつまらんこと考えないで酒井法子の将来でもおもんばかって
やってくれ。
オマケにバ〜ガ〜♪ポテトもどぉぢょ〜〜〜っ!??(
^-^)_且~~~




591 :Chiave:2009/08/13(木) 18:04:10 ID:tqnrwl31
いかいかはばかだ。...シュポッ!o*-(ー.ー) ¨_)y-~~~プカプカ?

それだけ。

592 :名前はいらない:2009/08/15(土) 04:18:32 ID:XrEGDJAQ
Chiave←こいつは頭おかしいし、すべて一人よがりだから、これから触らないようにしようぜ

593 :名前はいらない:2009/08/15(土) 05:34:21 ID:/MIU1+xE
>>592
おまえが触ってるじゃん。
頭おかしいの?

594 :名前はいらない:2009/08/15(土) 06:25:24 ID:PXeF/nIo
ふーん ZEROね
どうりでいくら頑張っても何にもならない訳だ
よく言うよ

595 :名前はいらない:2009/08/15(土) 07:59:29 ID:PXeF/nIo
チアーブだって(笑)
迷子じゃあるまいしアナウンスなんていらないんだよ(笑)
蒸発だよジョウハツ(笑)

596 :Chiave:2009/08/15(土) 19:16:14 ID:gJTeI9/E
 「Chiave in Tokyo」

大阪人でくくらんといてや
生まれは奈良やから
こっちじゃ分からないけどアクセントちょっとちゃう
俺 関西人 in Tokyo

阪神ファンでくくらんといてや 
俺、巨人ファンやから
けど六甲おろしは
歌える 完ぺきフルコーラス

Oh ほんま エイリアン  
なんかちょっとちゃうエイリアン
俺 関西人 in Tokyo

面白い人でくくらんといてや 
しゃべり自信がないから
どんなに言うても この関西弁
貼られてる レッテル決まってる

Oh ほんま エイリアン
なんかちょっとちゃうエイリアン
俺 関西人 in Tokyo

コンパに呼ばれて  つっこみ任されて  中途半端なボケかまされて
「面白い人ね」って 「大阪の人は」って
だから違うんだ! 俺は奈良生まれだ!

ぶたまんはこっちで言うたらにくまん 
たまには食べなほんまあかん
道頓堀のネオンや うるさいおばちゃん
ときおりむちゃくちゃ恋しい

なんでもかんでもとにかくやりまっせ〜
前に出なあかんで〜
ほんとは引っ込み思案で人見知りなのに

決まってる レッテル貼られてる 

決まってる レッテル貼られてる……

俺 関西人 in Tokyo――


597 :名前はいらない:2009/08/16(日) 00:40:21 ID:MJsr8Ic3
>一条さんてアレ松本大洋。

うちには松本大洋の漫画は一冊もないっすよ
高校生くらいん時にスピリッツで連載してたやつを斜め読みしたくらいの
記憶しかないですけど、冬野さほは一通り揃ってると思いますが

598 :名前はいらない:2009/08/16(日) 10:33:11 ID:aqniKRX3
スティング(笑)

599 :Chiave:2009/08/16(日) 19:31:16 ID:dono0Xfl
>>596

これは、最初イカイカかなと思ったけど、イカイカならもっとイメージの飛躍がある。
これはどうみてもボルカだな。
あいかわらずイメージが一箇所に澱んでる。
ことばのニュアンスでごまかしているだけでそれほど読むほうは跳べない。
イカイカならぽ〜んと飛躍させるんだけどね。そこがやはりイカイカとボルカの
大きな違いだし、そもそも比べるほうが無茶だが。

600 :Chiave:2009/08/16(日) 19:32:22 ID:dono0Xfl
イカイカはバカだが詩だけはそこそこ器用に書けるからな。

601 :chiave:2009/08/16(日) 20:48:30 ID:8G0K+tvC
>>599
596はその人より上手い

602 :Chiave:2009/08/16(日) 21:20:11 ID:Z/ehOQ+1
>>599
ボルカでもないしイカイカでもないわ。
わしはちあぶじゃ!

603 :名前はいらない:2009/08/16(日) 21:37:41 ID:FUu5wQwe
>>584
GOGOモンスター読んでたらチャンスなんて恥かしくて
使えないよ

604 :Chiave:2009/08/21(金) 08:47:10 ID:qsho/bJE
岩城春雄=西成釜ケ崎「労働者の家」代表。
わたしは学歴も中学三年を中退ですし、ポルノ映画館でマスをかしか能のない男です。
いま、脳の血管障害で京都の北奥に逼塞しています。
連れ込んだわたしが勃起せずsexできなかったのはなぜだ?
ふつう男が女をホテルに連れ込むのは「やる」ためだろ?
こないだきみがホテルでやったことはね、
ここでいくら奇麗事をいっていても、最低の売春婦の行為なんだよ。 いつ死んでもいいように南無阿弥陀仏の名号など壁に張り、念仏などとなえる日々です。
http://www.nurs.or.jp/~tenko/bbslog/4Aprlog.html


605 :名前はいらない:2009/08/21(金) 16:28:04 ID:7MeJqLHu
正体見たり枯尾花?

606 :名前はいらない:2009/08/21(金) 21:38:33 ID:xbB/asy0
>>604

chiaveに粘着している犯罪的なストーカーのライチさんじゃん。
文極にも「ららら」とか捨てハンで出入りしてたっけ。
他の人にも匿名や捨てハンで粘着したり、ネットの人が殺せるか試してるだとか、ほざいてたっけ。
捨てハン、自作自演、吐き捨ててるだけ吐き捨ててしれっとずらかる蛆虫野郎。

607 :名前はいらない:2009/08/21(金) 21:39:21 ID:xbB/asy0
ネットの→ネットで

608 :名前はいらない:2009/08/22(土) 08:49:39 ID:KWKvE9JG
Chave、そうだたのか。なんだかがっかり。w

609 :名前はいらない:2009/08/22(土) 14:35:21 ID:uMISXUsa
516 :Chiave:2009/08/22(土) 08:55:11 ID:KWKvE9JG
>>512 怖いもの知らずだな。(笑)
岩城春雄=西成釜ケ崎「労働者の家」代表。
この「労働者の家」初代代表はペルーでツンデレルミノソに殺された
元日本赤飯幹部だ。
GOOGLEでぐぐってみな。
現在の代表が岩城春雄。

608 :名前はいらない:2009/08/22(土) 08:49:39 ID:KWKvE9JG
Chave、そうだたのか。なんだかがっかり。w

516 :Chiave:2009/08/22(土) 08:55:11 ID:KWKvE9JG
608 :名前はいらない:2009/08/22(土) 08:49:39 ID:KWKvE9JG



成りすまし、捨てハン、自作自演、荒らし、汚い事は何でもするよねライチさん。
文極にもchave氏に絡みたい理由だけで「ららら」とかって捨てハンで出入りしてたっけ。
他の人にも匿名や捨てハンで粘着したり、
ネットで人が殺せるかどうか試してる(笑)だとか、ほざいてたっけな、この蛆虫野郎。

610 :Chiave:2009/08/22(土) 14:41:31 ID:84AkWa3N
>>609 怖いもの知らずだな。(笑)
岩城春雄=西成釜ケ崎「労働者の家」代表。
この「労働者の家」初代代表はペルーでツンデレルミノソに殺された
元日本赤飯幹部だ。
GOOGLEでぐぐってみな。
現在の代表が岩城春雄。
こないだきみがホテルでやったことはね、
ここでいくら奇麗事をいっていても、最低の売春婦の行為なんだよ。

611 :名前はいらない:2009/08/22(土) 14:50:25 ID:Z84Akn6L
>>609
ライチって、内田樹スレでも朝から晩まで独りでpcに張りついて、ちあぶ氏みたいな人に延々粘着してる人でしょ

612 :名前はいらない:2009/08/23(日) 00:57:23 ID:aVA1dx4J
松本いる?

613 :名前はいらない:2009/08/23(日) 20:08:14 ID:aVA1dx4J
500くらい行ったら占拠出来そうだな

614 :名前はいらない:2009/08/24(月) 00:27:38 ID:H2IIbTl4

あれ?<ばっか!>使うのやめちまったのけ?

気にいったブログ名だったがな。

615 :勝手に宣伝ナイト:2009/08/24(月) 01:14:19 ID:rlCU1T19
100パーセントらいちです

616 :名前はいらない:2009/08/24(月) 03:10:54 ID:OmCWjeBW
<はだかバス>ヨロスク!

617 :名前はいらない:2009/08/25(火) 14:56:30 ID:I71WiwpY
川上弘美みたいなの書いてる人が居たよね・・今どうしてるんだろ

618 :名前はいらない:2009/08/28(金) 02:51:07 ID:rQq710ji
結局さ・・いかいかくんがケムリくんに必要とされたいんだよね

619 :名前はいらない:2009/08/28(金) 11:06:36 ID:beyx979E
ケムリなに書きこんだの?消してるし。へたれだな

620 :いかいか:2009/08/28(金) 18:06:38 ID:lOBpHR05
>>618

 まじうぜぇよ。お前、前も同じような形でそういう図式でとらえようとしてたよな。
お前馬鹿じゃないか。どうせ、そうやって感情的に反発する、うんぬんというくだらない
論拠で語るんだろう。お前らみたいな、馬鹿にはつくづくうんざりしてんだよ。
まぁいい。好きなように解釈知ればいい。その解釈がくだらないのなら罵倒するだけだ。

621 :名前はいらない:2009/08/28(金) 23:03:58 ID:H4ed88Ni
ikaikaの相手を本気でするほど
ヒマな奴なんて居ねえよ
ってボルカさんがいってたよ

622 :名前はいらない:2009/08/29(土) 03:54:43 ID:l6d0ifX+
とりまイカイカはだりいしうぜー
ってボルカさんも言ってたよ

623 :名前はいらない:2009/08/31(月) 11:51:12 ID:cnDLlBgr
いかいかさん中原中也みたいなイケメンならいいな

624 :名前はいらない:2009/09/01(火) 19:40:08 ID:lrwYSNih
枯葉ってやつウザ

625 :名前はいらない:2009/09/01(火) 23:08:53 ID:F2tAz7KR
ケムリは投稿じゃまするしな

626 :oooo:2009/09/02(水) 10:31:19 ID:jpOQQWF6
ケムリさん、いかいかさん、消えないでほしいよ。



627 :名前はいらない:2009/09/02(水) 10:49:09 ID:2ly1wbEv

消えてもいいけど屁のように強烈なニオイだけ残るのも困るな。

628 :名前はいらない:2009/09/02(水) 10:59:05 ID:xRwZUES0
>>623
いかいかはイケメンだよ。
昔、大学生なりたてぐらいの頃に顔写真曝してたけど、
細面のイケメンだったよ。かなり病的だったけど。
たとえて言うなら、、、うーん、リボーンの白蘭かな。

629 :名前はいらない:2009/09/02(水) 11:33:15 ID:YnlKKBK1
すんげー臭いから嫌だ

630 :名前はいらない:2009/09/02(水) 11:41:05 ID:IqxB03bq
いかいかはそろそろ創造大賞とる?

631 :名前はいらない:2009/09/02(水) 11:46:18 ID:YnlKKBK1
おまえのせいだ

632 :名前はいらない:2009/09/03(木) 01:01:23 ID:qVdeyitz
いかいか君ってケムリのこと意識しすぎだよね。
ケムリの方が年下なのに、傍から見てるとケムリの方が一回り上ぐらいに感じる。
ケムリに父性を求めてるんだろうなぁ。ケムリに認められたい感がひしひし。
慕いつつ憎むというアンビバレンツな感情。
早く大人になれよ、いかいか君。

633 :いかいか:2009/09/03(木) 01:41:49 ID:T4KUFbLA
>>632

糞ワラタ。お前だよな。毎回、そういう繋げ方するの。
何か俺に恨みでも?ニヤニヤ

634 :oooo:2009/09/04(金) 00:23:35 ID:dMT6HB/R
いかいかさん、名前を残念さんからもとに戻してくださいよ。
残念さんは悲しいよ。

635 :名前はいらない:2009/09/04(金) 00:58:13 ID:z4SC5BrE
糞ワラタ、とか、ニヤニヤ、とかって見るとなんか笑っちゃう

顔真っ赤にして必死になってるだなぁって分かって

636 :名前はいらない:2009/09/04(金) 13:21:31 ID:xi6Osu3h
けむりさん居なくなるみたいだし、いかいかさんいなくなったらもう意味がないよねぇ。ほかって誰かいるの?

637 :名前はいらない:2009/09/04(金) 13:37:48 ID:dMT6HB/R
レッサー賞受賞者がいるんじゃないの
彼らが頑張ってくれればいいんじゃない

638 :名前はいらない:2009/09/04(金) 13:40:51 ID:dMT6HB/R
でも、ケムリさん、いかいかさんは消えてほしくないな

639 :名前はいらない:2009/09/04(金) 14:11:21 ID:Vae5JpcC
人に期待するな自分がしろ

640 :名前はいらない:2009/09/04(金) 22:19:29 ID:xi6Osu3h
自分に期待してるから、だれかに名前あげてほしかったのさ

641 :名前はいらない:2009/09/06(日) 14:51:32 ID:IWmNw09Q
タイミング逃しましたが
いかいかさんは自他共に認めるキモメンです^^

642 :名前はいらない:2009/09/07(月) 15:39:05 ID:lbrQQr7C
じゃ誰がかっこいいんだ?かっこいいやつが詩を書くなんてかっこいいじゃないか。女はかわいくないしな。

643 :名前はいらない:2009/09/08(火) 13:12:07 ID:WqGzezwK
日本語で


644 :名前はいらない:2009/09/09(水) 12:00:07 ID:Zog+qfSJ
いかいか晒しAGE

645 :名前はいらない:2009/09/09(水) 18:46:02 ID:TLweRkIv
ミドリさんはとってもオサレでカッコイイ人ですよ。
ブログでも写真公開されてたこともあるので、知ってる方も
おられるかもしれませんけど・・

646 :名前はいらない:2009/09/09(水) 19:07:39 ID:Ln35nOuQ
私もミドリさんにお会いしたことあります!話が面白くっ
て会うといつも笑わせもらいますよ。20代の頃の彼は俳
優さんでいうと豊川悦司さんに雰囲気が似てました。
文学の話などは全くされませんけどw

647 :名前はいらない:2009/09/09(水) 21:26:53 ID:Ae7TgMJA
>>645>>646
ミドリさん・・こんな所でなにしてはるんですか? 
こんな恥ずかしい自演初めて見ましたよw

ikaikaくんの方がまだ大人に見える・・

648 :名前はいらない:2009/09/10(木) 03:13:14 ID:tkwaKjnS
ミドリさ〜ん!
(ノ><)ノ・・

649 :名前はいらない:2009/09/10(木) 10:35:50 ID:TMLkoWgn
ミドリさんっていい奴っぽいし、自演なんかしなそう。とマジレス。

いかいかは早く消えればいい。

650 :名前はいらない:2009/09/10(木) 10:51:55 ID:itzrSVRO
大麻?を一回二回やったらしい人を監禁しちゃダメだぞ

651 :名前はいらない:2009/09/10(木) 17:00:30 ID:o+N3NDw5
ミドリさんの批評は批評じゃないよ
ユーモアもダメ

652 :名前はいらない:2009/09/10(木) 23:09:36 ID:yMIaxPMQ
吉井さんイケメン説age

653 :ダー ◆mk86rvk43Y :2009/09/11(金) 22:36:32 ID:NZ/5u3bU
>>642

夏野雨さんは萌え系の可愛さですよ。
ひろかわ文緒さんは、そそる美女な。
どちらも独自の筆力を持っている。

ああ、抱っこしてえ、
セクハラ親父、武田でした


654 :名前はいらない:2009/09/11(金) 23:11:06 ID:/1NpOrY6
セクハラかぁ〜

655 :名前はいらない:2009/09/12(土) 02:25:39 ID:065neOtU
鈴川夕伽莉さんはいかにも淑女。といった風情の楚々とした
美人さんですよ。頑固過ぎるのが、たまに瑕かなー。

656 :名前はいらない:2009/09/12(土) 12:30:40 ID:KHjrLBRW
chiave立ち入り禁止になればいいのに

657 :名前はいらない:2009/09/12(土) 12:35:35 ID:HJLoTcru
被害妄想も甚だしいよ

658 :名前はいらない:2009/09/12(土) 13:16:00 ID:065neOtU
妄想が現実を超えちゃってるんだよ

659 :名前はいらない:2009/09/12(土) 13:42:33 ID:bmhoFnvQ

それより「人権擁護法」という危険な法律を知っているかい?

民主党が次の臨時国会でこっそり成立させようとしています。
在日朝鮮人の「人権委員会」を設置して「差別を取り締まる」権限を与える法律だよ。
人権委員会が差別と認定したら、一般人はもちろん警察官も罰せられます。

例えば・・・
朝鮮人が日本人をレイプしても現行犯でなければ警察は捜査できなくなります。
犯人が「俺が朝鮮人だから疑うのか!」と人権委員会に訴えて、それが差別と認定されれば、
その警察官が処罰されます。
たとえ現行犯でも「俺が朝鮮人だから拒否したのか!」と訴えて、それが差別と認定されれば、
被害者の女性が処罰されます。

まるで民主党は「在日朝鮮人に悪い人はいない」と確信しているようです。
彼らの根底には非常に「偏った思想」があります。
「日本人は差別する悪い人種。朝鮮人は差別されて可哀相な人種。」という、
これはいわゆる「反日思想」です。

日本人なのに反日思想に偏っているのは何故かというと、
その原因は全て「日教組」にあります。
戦後GHQの指導で設立された日教組の構成員は当時の在日朝鮮人であり、
彼らは日本の教育現場に反日思想を持ち込んだのです。

そして戦後70年近く日本人に反日教育をし続けた結果として、
日本は反日団体「民主党」が圧倒的な支持を得て政権を取ってしまいました。
今から日本は朝鮮人の楽園になります。

660 :名前はいらない:2009/09/12(土) 13:55:17 ID:HJLoTcru
>>658 ホント倒錯してるね

それが普通。みんな着飾ってるだろ

661 :名前はいらない:2009/09/12(土) 21:07:16 ID:HJLoTcru
>>656 通報確認しますた

662 :名前はいらない:2009/09/13(日) 13:02:06 ID:jLVaSTQ6
枯葉さん、オモロイ
頭かたそう

663 :名前はいらない:2009/09/14(月) 20:57:50 ID:nLMwZRVL
瓦ぐらいなら割れるかもしれんp(´⌒`q)

664 :名前はいらない:2009/09/14(月) 21:09:17 ID:GfaSenje
西瓜ぐらいなら割れるかもしれん⊂二二二( ^ω^)二⊃

665 :名前はいらない:2009/09/14(月) 22:31:51 ID:nLMwZRVL
豆腐くらいなら割れるかもしれんーー
|( ̄3 ̄)|

666 :名前はいらない:2009/09/14(月) 22:36:49 ID:nLMwZRVL
やっぱり意見が割れるな(ノ△T)

667 :名前はいらない:2009/09/15(火) 02:29:11 ID:emV02WQK
見事に論点がズレるな

668 :名前はいらない:2009/09/15(火) 03:20:54 ID:tViOmg0Z
イタズラ電話だな

669 :名無しより愛をこめて:2009/09/15(火) 22:40:36 ID:Dk4RbQSm
 可能性と妄想は紙一重。
 現実と自己弁護は紙一重。
 それが記号としてのダーザインのすべて。
 後は自己責任だろ?
 いや責任なんて強迫は過大すぎる。誉めすぎ。
 ネタに逃げるサイトの主役も脇役もただ逃げ続けるだけだから。
 予言なんてしなくても極道の行く末は見えていた。
 それがわからない感受性が書く詩?
 権力になりたくてなれない反復の物語だ。


670 :名前はいらない:2009/09/15(火) 22:42:53 ID:tViOmg0Z
姉弟か兄弟カップルの書いた詩だったり

671 :名前はいらない:2009/09/15(火) 22:44:14 ID:tViOmg0Z
姉弟か兄妹カップルの書いた詩だったり


672 :名前はいらない:2009/09/16(水) 06:17:39 ID:X5cXE8Am
世界の果て
北極 南極 文極

文極2号を愛でよ

673 :名前はいらない:2009/09/16(水) 18:35:44 ID:3k40n3ka
文極でいかいかさんが自分のblogアドレスを書いてたと思うけど
知っている人いる?知ってたら教えてほしいですm(。≧Д≦。)m

674 :名前はいらない:2009/09/16(水) 21:32:17 ID:BrT8/jWS
>>673過去レス嫁

675 :ダー ◆mk86rvk43Y :2009/09/17(木) 00:11:02 ID:w7HcJswT
>>兄妹カップルの書いた詩だったり

ちんこが立つほど上等なそういう文章を求めます。
ポルノ文学極道があってもいい。

だが、そういうのは真面目な発起人が嫌がるかもしれないので、
四季ユートピアノの方にどうぞ。

>権力になりたくてなれない反復の物語だ。
どこに権力があるんでしょう? 実際?
どちらを見回しても、有象無象のゴミの山だ。

あんた、自民党員ですか?
野党が無くなったのだから、時代はテロリズムですよ!
民主党がひよったら、漏れはSR社会革命党党首として、
道に火を放たなければならん。
性根を据えて、社会と向き合うように

676 :名前はいらない:2009/09/17(木) 09:53:09 ID:4evFWEMl
悪悪戯

677 :名前はいらない:2009/09/18(金) 02:16:04 ID:wYIzzVBD
ネタ切れなら 本より新聞読め

678 :名前はいらない:2009/09/18(金) 02:25:21 ID:wYIzzVBD
ピクルスって頭 〇〇だよね ウザイ

679 :名前はいらない:2009/09/18(金) 11:27:30 ID:3Q1RVUNV
ん?ピクルスさん?印象薄いけど

680 :sage:2009/09/18(金) 11:41:11 ID:VE0uSU6r
>678
○○だとかは思わないけど、なぜ発起人になったのかは疑問に思ってる。
年間賞の次点だっけ。

681 :名前はいらない:2009/09/18(金) 14:47:05 ID:gzHcEbDn
ピクルスさんはね、オンライン詩誌「未詳」を主宰をしてるんだよ


682 :名前はいらない:2009/09/18(金) 15:14:16 ID:453uWnJN
>>681日本語で

683 :名前はいらない:2009/09/19(土) 02:21:42 ID:a4gqJWfI
糞詩でも選出されたりする仲良しクラブ。でもそれは禁句。

684 :名前はいらない:2009/09/22(火) 02:32:33 ID:UYQZjQgN
賞金は自腹?ご苦労様です

685 :名前はいらない:2009/09/22(火) 07:10:10 ID:tBXeoCsA
ケムリが叩かれすぎて泣いて自分の詩消した時とかガッカリだったな

686 :名前はいらない:2009/09/22(火) 10:41:41 ID:UYQZjQgN
賞をもらった人が世間でどう評価されるのか、
そこまで考えないと無責任な行為になっちゃう。

687 :名前はいらない:2009/09/23(水) 00:09:45 ID:+miVcH60
カセは痛いな

688 :ためいき:2009/09/23(水) 22:27:36 ID:/3yJSh/n
 いろいろ仲間がいるらしい旧友(ダーザイン)に。
 自分が症例であることを売りにして誰を、何を支配するつもりなの
か?フォーラムも極道も同じ穴に住んでいるだけ。
 能書き垂れても相手にされない環境は特殊でもなんでもない。それ
が当たり前な場所が現にありほとんどそこから詩だの芸術だのが生ま
れる。もちろん女や男についてでもオタクな趣味でも政治談議も同一レ
ベルで。逆に能書きが通用する場所こそ疑うべきだ。
 自分に直面しない奴(つまり自分)を偶像化するのは単に恥辱でしか
ない。
 勝手に代表者面すんなよ。何も尻拭いしないしそもそもする気もな
いくせに。馬鹿野郎が。能書きはいいから単にやめればいいんだよ。
ネットから消えればいいだけ。何の痛みもないよ、やってごらん実際
に。そこでもしも自分だけ残ればそんな幸いなことはない。

689 :名前はいらない:2009/09/24(木) 01:55:30 ID:oSvMPTgw
原理.自然の流れに人の手を入れて、どうなるのかわからないピクルス、人としてダメだ。

690 :名前はいらない:2009/09/24(木) 10:00:18 ID:UVmiYzsD
〉689 ピクルスは何をしたの?

691 :名前はいらない:2009/09/24(木) 10:34:39 ID:2ElgpjU3
豚が3,600頭焼けたみたいだね

692 :名前はいらない:2009/09/24(木) 12:44:02 ID:ceRnjd8Z
枯葉さんイケてる
頑張ってほしいお

693 :名前はいらない:2009/09/24(木) 20:41:26 ID:Sryy4eSU
鳥取市に知人がいらして
以下の不可解な出来事の事情が分かれば連絡お願いします。
http://tottori1.tripod.com/

疑問:1993年、「僕が鳥取市のリコーマイクロエレクトロニクスに報復した」
という意味不明の噂でクビになった。これはどういう事情か?

疑問:1993年、鳥取最大の工場・鳥取三洋のラジオ体操が中断した。
中断は下請け工員僕のラジオ体操不参加の影響か?
----------------------------------------------------------------
以来地元の人との人間関係が不自然になりました。
2つの大手企業が関わる問題のせいか、鳥取市の人は16年経っても
真相を僕には教えてくれません。

茨城県のAさんから「協力は惜しみません」というメールが届き
ラジオ体操の件を調べてくれました。
調べていくうちにAさんは僕と関わりたくなくなったのか
僕からのメール受信拒否の措置を取ったようです。


694 :名前はいらない:2009/09/24(木) 21:12:10 ID:LgpFb4Wb
枯葉さん、コメントずれてるってばあ

695 :ダー ◆mk86rvk43Y :2009/09/24(木) 22:49:35 ID:nHftFIek
>>688 :ためいき

だからさあ、何度も言うけれどもお前、消えろよ
つーか、存在しないも同然だけどさ
うざい人間=ためいきの役回りをやっているコメディアンためいき柄谷行人さん、
現代詩手帳9月号「詩の前衛」と書籍文学極道No2「本物の現代詩を読んでみませんか? と、帯の裏にアル」を比べて読んでみな。
原始人と現代人の落差に大笑いできるぞ。

いずれにせよ、どちらも、何もしない貴殿には関わりのないものだが。
ぷち事業主のあんたなんかの1000倍の濃度で俺は生きてきたよ。
mixiへ行って労働者日誌を読んどけ。
派遣や契約社員、どころか奴隷までやって(現代の蟹工船)厳冬の札幌ね毎晩12時間も14時間も除雪重機を誘導してマラソンをし、
寝る暇もないのにたくさんの詩を読んで、生活の欠片も知らないガキの詩を読んでやって、
そんなことばかりならうんざりして火を放つが、わらぃ
可愛い女を抱っこする幸運から漏れていることはまず無いのな。
悪いけれども、俺、もてるから。

人さまの為に、文壇刷新の為に、何一つ働いたことのないこの有象無象に、
何故俺が説教されなければならないのだろう。
何の尻拭いを?
俺は、現代詩手帖(言語はとやら)の尻拭いを延々としてやっているようなものなんだぞ。
何もしてこなかった有象無象がのこのこ出てくんナ。
てめーのケツでも吹いとけ。ほら、風船爆弾だ。

696 :名前はいらない:2009/09/25(金) 10:47:07 ID:weNffIzA
『生活の欠片も知らないガキの詩を読んでやって、』ダーさん自分で作品を募ってるんですよね、わかりますけどね

697 :名前はいらない:2009/09/26(土) 06:12:05 ID:EzCxsCf0
「生活」って、必要不可欠なのか?
まあ、それが、太宰ンの基準ということかw

698 :名前はいらない:2009/09/27(日) 19:38:09 ID:d0Jy4Spl
メイって痛すぎるな

699 :名前はいらない:2009/09/27(日) 20:36:06 ID:qQYM2/0E
どういうことなのかまったく意図がわからん

700 :名前はいらない:2009/09/27(日) 21:49:40 ID:Ycc7Ii9P
つまり、現代詩=底辺の産物ということだな。理解した。

701 :名前はいらない:2009/09/28(月) 19:58:49 ID:dgYs6Ryl
苦労の数だけいい詩が書けるべさ

702 :名前はいらない:2009/09/28(月) 20:50:16 ID:fj0c0Wa6
僕はmeiさんみたいな人好きだけどね。少し素直になればいいなとは思うがね。

703 :名前はいらない:2009/09/28(月) 21:58:13 ID:p9S4sLCs
meiはチンポでかそう

704 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/09/28(月) 22:27:25 ID:ErE/4757
僕もチンポはでかいです。
(^0^)/

それじゃ勝負にならないと自覚はしてるけど。


705 :mei:2009/09/29(火) 00:17:33 ID:syO9B5W1
僕は顔も良いしちんぽもデカイよ
よくわかったな

706 :名前はいらない:2009/09/29(火) 00:28:37 ID:ddSRnZ38
ふざけんなバカ

707 :名前はいらない:2009/09/29(火) 00:51:53 ID:ddSRnZ38
無縁地獄かコラ
地獄の所業だろ

708 :mei@本物:2009/09/29(火) 06:55:31 ID:dT6z0oue
>>705
チンポなんかどうでもいいだろバカ
>>702
アドバイスどうも

709 :名前はいらない:2009/09/29(火) 08:48:29 ID:Yh+hYQUQ
本物北━━━(゜∀゜)━━━!!

710 :mei@本物:2009/09/29(火) 09:57:06 ID:dT6z0oue
>>709
本物だったらなにかあるの?
まあ、
もう投稿しないって言ってんのに来る意味もない気がするけど
チンポがどうとかはあまりにもアホらしい

711 :名前はいらない:2009/09/29(火) 17:53:28 ID:Q+VnBfs0
おまえの批評と同等価値じゃこら

712 :mei@本物:2009/09/29(火) 19:15:54 ID:dT6z0oue


>>711
批評なんて文極で書いたことないぞ(´_ゝ`)プ

713 :名前はいらない:2009/09/29(火) 20:53:01 ID:yJ2Z/n62

「文極で」とわざわざ付ける所が余計
他ではばりばり書いているんですかね

714 :名前はいらない:2009/09/29(火) 23:26:05 ID:Yh+hYQUQ
711の価値観がどれだけ正しいのかに期待上げ

715 :名前はいらない:2009/09/29(火) 23:30:14 ID:Yh+hYQUQ
711が理詰めも出来ないおバカさんならウケるだろうな⊂二二二( ^ω^)二⊃

716 :名前はいらない:2009/09/29(火) 23:32:13 ID:Yh+hYQUQ
713はストーカーさんですかヽ(´▽`)/

717 :名前はいらない:2009/09/30(水) 00:17:57 ID:2J0X3QVF
>>715
正しく接続詞使えお
そしてせっかくの文極スレだお
有意義に中身のこゆいもの出すんだお

718 :mei@本物:2009/09/30(水) 00:25:01 ID:ORIUmhwX
まぁ俺の詩集を買えばわかるさ

719 :mei@本物:2009/09/30(水) 06:30:20 ID:eYT03ULW
>>718
僕は自分のことを俺なんて言わないんだぜ
どーでもいーけど
文極にはもう投稿しないからここにも書き込まないよ
好きにやってくれヽ(´ー`)ノ偽物サン

720 :名前はいらない:2009/09/30(水) 23:45:49 ID:yXxlEE6C
と中身の薄い書き込みをする>>717であった(´〜`;)

721 :名前はいらない:2009/10/01(木) 23:34:48 ID:IkjrqHr2
なんかさ、みんなでレスをつけようよみたいなさー
極道のフォーラムで議論があったみたいだけど、
相変わらず、つまんない評ばっかりだね がっかり
去ってしまった人は、もどってこないし。

722 :名前はいらない:2009/10/02(金) 09:37:57 ID:qsoSRl3I
去っていった人は今頃なにしてんだろーねぇ。秋だししみじみおもうよ。

723 :名前はいらない:2009/10/02(金) 13:12:12 ID:eMNPAsVR
過去ログがあるさ
評より詩がつまらん

724 :名前はいらない:2009/10/02(金) 22:20:06 ID:wWX0i/hX
評も詩もオワタ

725 :名前はいらない:2009/10/03(土) 00:44:12 ID:vZxNpfWP
さみしいな
ごくどうは、ほんといまが瀬戸際なのに

726 :名前はいらない:2009/10/03(土) 04:16:21 ID:iVu6ItPM
茶番は終わり、消えるものは消える

727 :名前はいらない:2009/10/03(土) 11:29:36 ID:8Stx9iMW
詩人ってどこか選民思想的なものがあるよね?
小説をしょっちゅう馬鹿にしてるし。迎合することを覚えない詩が、流行るわけねーわ。

728 :名前はいらない:2009/10/03(土) 13:18:45 ID:6YaBPTZT
そういうあほは消えてますよ
詩は舞台とくっつくんだから

729 :名前はいらない:2009/10/03(土) 20:00:28 ID:cONQ/kCX
文学極道には、そのうち資本を投入しますよ。気鋭の書き手には1,000万単位の
賞金を出します。皆さんには、詩の概念を根底から覆す試金石として、現在その助
走期間にあるという認識を持って、文学極道を見て頂きたい。また、参加して欲しい。

730 :名前はいらない:2009/10/03(土) 23:14:37 ID:n5gzGQkN
>>728
それも目新しくはないな

731 :ためいき:2009/10/03(土) 23:54:14 ID:AAYSY7vy
>>695
 人を馬鹿にして誉めてもらおうなんて中学生のナルシシズムレベル
の個人的物語がおまえの「ネット」だった。最初から。
 何時間労働しようが関係ない。それを馬鹿にしていたのは誰だ?
 くだらんエリート根性に染まった人間に何を言っても無駄かもしれ
ない。もてるって?(失笑)他に自慢できることがないって告白かよ。
俺は人よりもてますという症例こそ詩のサイトにうじゃうじゃいる。
それを白日にさらすための自己犠牲ってことか?
 もてるなんて言って歩く症例はいっぱいいる。俺はただのおじさん
でいいよ。いや、自己規定なんか何の意味もないのさ。

732 :名前はいらない:2009/10/04(日) 02:48:44 ID:FEg+UfUM
一千万?文学道楽?

733 :名前はいらない:2009/10/04(日) 06:24:48 ID:CUybCJrA
正義

734 :DAー座インビジネスの糸冬:2009/10/04(日) 17:59:30 ID:Jjxovu3S
文学極道には、そのうち資本を投入しますよ。気鋭の書き手には1,000万単位の
賞金を出します。皆さんには、詩の概念を根底から覆す試金石として、現在その助
走期間にあるという認識を持って、文学極道を見て頂きたい。また、参加して欲しい。


735 :名前はいらない:2009/10/04(日) 19:33:41 ID:GMZQhSMV
>>730
目新しさは求めなくていいと思うよ
むしろベッタベタのベタで。

736 :名前はいらない:2009/10/04(日) 23:05:35 ID:bHnnTaxB
>>732
一千万ウォンだろjk

737 :名前はいらない:2009/10/05(月) 00:10:30 ID:ljGPQv9T
>>735
で、何?

738 :名前はいらない:2009/10/05(月) 21:10:38 ID:rySG8w2u
キラーンおっかねもっち!

739 :名前はいらない:2009/10/06(火) 13:35:23 ID:qONTS7Kf

おいそれてまあ。


740 :ダー ◆8MeFqlIkt. :2009/10/06(火) 23:21:59 ID:mY4kzUpl
〉〉ため池

何言っているんだ、世間知らずでおじさんになった金満家が。
お前毎晩除雪重機を先導したり追っかけたりして、厳冬の札幌を走り回ってみろ。
もたもたしていると轢かれるんだぞ。
一晩14時間マラソン、たまにならネタになるような話だが、ぶっ続けで二十日間とか休みなしでやるんだぞ、排雪は。
何も知らねえボンボンは誰かが除雪してくれていると思い至ることもなく、
ビール飲んでとっとと寝ているわけだ。

お前の業界って酷いよね。家族が専務で社長で部長で課長で。笑っちゃうよまったく。
農業って、既得権益構造そのものだ。農地=世襲の資本。

金があるんだから寝た賞金用の1000万ウオンでも用意しとけコラ、厨房
何もしてこなかったためいき君が、ルサンチマンの塊なるのは必然だよな。
ああ、無意味で無駄な人生だよ。君は何も創造してこなかった。
1000万用意してこなかったらおさらばだ、バイバイ

つーか、ウォンで送られても困るが、マジ金を貸してくれないか。
今も低賃金の非正規雇用で払いに困っている。
文学極道の本代も借金だしな。
JCBの払いの10日までに10万円貸してくれたら10月15日には返せる。
それで、どうにかこの場をしのげ、貴殿を大いに見直すというもんだ。
これはね、ネタじゃなくてマジレスだからね。
本当に金に困っているんだ。
わやしいわーるどの連中には返す必要ないと恵んでもらったぐらいだ。
そのぐらい困窮している。

741 :名前はいらない:2009/10/07(水) 20:24:21 ID:tKkN3Hcm

それが困窮しているもののいいぐさか!

742 :名前はいらない:2009/10/07(水) 21:13:14 ID:5vP+108c
ネット環境ある貧乏人って説得力ない

困窮してるならプロバイダ解約してPC売れよ

743 :名前はいらない:2009/10/08(木) 14:17:26 ID:9vTjLDnX
>>742
いまどき中古PCなら5000円以下で買えるし
プロバイダなんか月2000円足らず。
10年前とはわけが違うよ。
742のところはいまだにISDNが月1万円するのか。

744 :ためいき:2009/10/08(木) 21:36:17 ID:RxGm2y7k
>>740
 守るべきものを守るために金を使えばいい。
 極道には1円も出せないよ。
 価値がないんだから。
 有名になりたいルサンチマンか。
 40歳過ぎたら諌めるほうに普通シフトするだろう。
 未だに自分の出世しか考えていないのか。
 誰も愛せないことを自分で証明し続けたらいいさ。
 一人で死んでいく人間がいるだけ。それだけ。

745 :神祖降臨ダー ◆8MeFqlIkt. :2009/10/08(木) 22:59:51 ID:QN7+e4Bx
源氏の統領、武田聡人侯降臨である、ひれ伏せよ
我、風林火山御旗立てなし

文学極道上洛 これ、弥勒
一億衆生これ救済

746 :名前はいらない:2009/10/09(金) 01:09:36 ID:dj88+x4g
ダーさんってさ、誇大妄想狂てきなことをいって、
文学極道を称揚するけどさ、レス付けないじゃん。
自身の疲れを丸出しにしたような好みの作品に、
ちょちょっとレス入れてさ。それだけだ。

しかも、あんたが褒める詩ってさ、
ただもう、あんたの疲れ、あんた自身の芸術に向かう気力の衰え、
そのへんを、そのまま写し出しているようだ。
緊張感の少しもない、甘ったるい、
フォーラムと何も変わるところのない、
さんざん、呆れられてきた、
いわゆる古き懐かしいネットポエムだよねー。
読むにたえないよ、もうしわけないけど。
あんたが、褒める詩。ごみだ。
最近の文学極道は、ROMってて白ける。
発起人の疲れが、全体にはびこっている。
しっかりしろ! 真の芸術を標ぼうするのなら、
いい加減な、サイトの運営するなよ。
実際、あんたがやっている最近の運営は、
ひどすぎるよ。あまりにむきりょくだ。かなしいよ。

こんなところで、下らない、実態のない誇大妄想の
ごみを待ち散らしている暇があったら、
文学極道で、ちゃんと、まじめに、レスをしろ!
みずから歴史的意義があると主張する、
あの場所を大切にしろよ!
発起人自身が大切に出来ないものを、だれも大切に出来ないぞ。

747 :名前はいらない:2009/10/09(金) 10:44:11 ID:xCmlBmAk
文極、現フォ、未詳 あの周辺、世の中と無関係がウリ?

748 :名前はいらない:2009/10/09(金) 11:23:24 ID:4NnkoQw8
田中死ね

749 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/10/09(金) 20:28:33 ID:YeQiBt2m
僕はダ−ザイン支持だ!
金出してるやつは口だしてるやつよりマジに決まってますよ。

僕の詩に全然コメントしないのはどうかと思うが。
別だん荒らさないから、気に入らないなら気に入ないといえばどうかと思いますよ。
サイト総意とかどうでもよくて、一人の詩人として。

750 :名前はいらない:2009/10/10(土) 01:30:34 ID:AXClZfuF
よかったですね一人の詩人さんから支援金だそうです。

751 :名前はいらない:2009/10/10(土) 06:20:00 ID:FDufSyuy
わたしも金困ってるんだけどな……

752 :ポエム田ポエ子 ◆k7FbTvUf9k :2009/10/10(土) 08:09:57 ID:8HspoopV
お金に困ってるなら私がお借ししまひょ。
ただし…


利息はトイチでっせええっ!!!


753 :名前はいらない:2009/10/12(月) 14:36:56 ID:Gk7oKoO9
発起人バトルは、過去のものですか?
投稿がつまらない。
出来レースだもん。
仕方ないよね。
詩ってそんなもんなの?
せめて発起人バトルくらい刺激的であってほしい。
新作出すつもりないならリンクいらない。
詩をどうしたいひとの集まり?
いつまで青春きどってるの?
賞味期限とか気にしないの?
叩かれるとお前の晒せとか言うけどどうなの?
晒してなんか意味あんの?
自分マンセー?
恥ずかしくないの?
ここまで書いて萎えた。
スレ汚しスマソ。
逝ってきます。

754 :名前はいらない:2009/10/13(火) 09:23:26 ID:Ahp/8Q/s

詩で勝負というのは、詩が読み手=書き手であるから成り立っちゃうんだよね。批評サイトなら尚更

755 :名前はいらない:2009/10/13(火) 14:00:33 ID:WcZtpEHe
メンツが同じってことは高齢化が進んでますな

756 :名前はいらない:2009/10/14(水) 23:18:17 ID:vYhuC5Q2
ノリがキモい
なんでもっと普通に出来ないのかな
別に若い人たちでもないんでしょ?

757 :名前はいらない:2009/10/14(水) 23:46:41 ID:/FR0nDno
ここにも佐々ばあさんがくるの?

758 :名前はいらない:2009/10/14(水) 23:55:02 ID:KFe8tlSn
なんとかサポーターつうやつが始まるみたい
ますます仲良しクラブになる?

759 :名前はいらない:2009/10/15(木) 10:06:01 ID:C/pcY0Zl
サポーターってのどこ見れば詳しく載ってるの?

760 :名前はいらない:2009/10/15(木) 19:17:11 ID:3Z0+Cv1d
フォーラム>雑談>文学極道のこれからについて。
のってるよ

761 :ダー ◆8MeFqlIkt. :2009/10/15(木) 22:25:24 ID:9UcDTaED
サポーターは仲良しクラブではなくて、有志による運営委員会、改革委員会のようなものですよ。

・ボルガさんへの武田のレスがないことについて
・武田のレスが総じてないことについて
武田は体を壊して入院したり寝込んだりを繰り返しており、
今、力がありません。
有志の助力が必要です。
ボルガさんの詩については、はだかバスに乗ってをとても面白く読ませていただきました。
平川さんのコメントの中の下品な部分は私の感想です。
どうせやるなら、もっとはじけてもいいかなと。
・発起人バトルが動いていないことについて
精力的な発起人は毎月の選考などでばてて、自分の詩行に力が回らない状態だと思います
諸事情で今すぐは公開できないのですが、
私の代表作になるだろう散文詩をそのうち貼ります。その際は叩いてください。

762 :名前はいらない:2009/10/15(木) 22:37:54 ID:C/pcY0Zl
>>760
ありがとう

763 :名前はいらない:2009/10/15(木) 22:40:03 ID:TeHKgiBh
だからもういいよ

764 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/10/15(木) 22:44:15 ID:7Nwc0d9d
ごめんなさい。
ほんとーに。
僕も素では、いくらなんでも、詩の感想を他者に強要するほどは
マヌケじゃないっす。
全くの暴言で、ふざけすぎでした。
あと酔っ払いでした。

でも、どうもありがとうございます。平川さんのレス、読み直して
みます。

765 :名前はいらない:2009/10/15(木) 22:50:25 ID:3Z0+Cv1d
あれ、そういえばボルカさんはメンバー登録しないの?
サポーターになれないよ

766 :名前はいらない:2009/10/15(木) 23:35:49 ID:gBd5VcQT
>>761
その詩はありきたりで大して面白くないです

767 :名前はいらない:2009/10/16(金) 21:37:56 ID:VnPHiEQ1
しっかし最近ひどすぎやん

768 :名前はいらない:2009/10/16(金) 22:03:46 ID:X7cXq+kK
え、なにがひどいの?

769 :名前はいらない:2009/10/17(土) 11:03:09 ID:x+dcMggp
今登録する人ってサポーターになりたい人ってこと?

770 :名前はいらない:2009/10/18(日) 18:49:35 ID:hzMe51Ep
サポーターをつくるらしいね
そんなに権威が必要なのかね
そうしないとやっていけないのかね(実力ない?)
権威ってさ、ダーさんが嫌っていたやつじゃん


771 :名前はいらない:2009/10/21(水) 09:51:27 ID:d3LxudX4
なんだかんだいって期待しちゃう私たち可愛いわ(#^.^#)

772 :名前はいらない:2009/10/21(水) 17:39:19 ID:IQr4Pf/Y
レベルの低い詩で浮かれちゃおう

773 :名前はいらない:2009/10/22(木) 11:56:12 ID:Xelm3ZVH
ダーさんが引っ張ってきた人・・・詩読めないね
サブカル評論家はやっぱりそれだけじゃん
9月総評・・・おわってる

774 :さとうしお ◆2DyyeqyAyo :2009/10/22(木) 19:13:02 ID:+aYkwnVh


おこんばんは。
さとうしおという詩人です。
唐突な話しなんですがね。
フレッシュなエナジーをスパークさせてるポエマーがいたら是非お願いしたいのですが、下記のスレッドにて詩を書いていただけないでしょうか?
テーマは
『星』
です。
現在、投稿、受付中です。
自分の別名義コテである“まるいやつ”が審査員を務めております。
褒美はナシ!
そんなもん求めてるやつは詩なんか書いてないよな?
慣れっこだろ?
褒美ナシに慣れっこだ。
だから書いてみようよ。
文学極道っていう狭い部屋に閉じこもってないで、たまには違う空気を吸いにきなよ!
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1180459105/




775 :名前はいらない:2009/10/22(木) 21:47:56 ID:4WFT53Jz
内田ブログのライチ過去コメントを読みたいのだが……
誰か持ってない?

776 :名前はいらない:2009/10/25(日) 10:19:51 ID:1BkoHHak
あっちゃんは
褒め上手だね
感心しました

絶対に縦読みしないこと。

777 :名前はいらない:2009/10/25(日) 14:11:51 ID:KprHAYGg
別にいいんじゃないのかな、学識のある人が読むとどう評価されるのかってのは、皆知りたいことだと思う。

778 :名前はいらない:2009/10/31(土) 08:18:05 ID:5K68KEcZ
>>777
とても良いことを言っている気がする

779 :名前はいらない:2009/11/05(木) 12:45:54 ID:E3w1I9En
平川さんの選評読みにくくない?まともな日本語使えてないし。
それぞれの意見を箇条書きにしてくれるほうが読みやすい。

780 :名前はいらない:2009/11/05(木) 13:17:45 ID:qpW6xncH
平川さんの選評はまだいいよ、平川さんは詩がだめだ

781 :ダーザイン:2009/11/07(土) 00:17:35 ID:cX+Q0Gve
著しくムカついた。
お前ら、平川さんの新詩集「202」を読んでいないのか?!
あの痛烈な生の強度を見てそんなセリフが吐けるものか。
また、平川さんが選評をまとめてくれていることに費やしているエネルギーを考えてみろ。
尋常な精神力ではできないことをずっとやってくれているんだぞ。

今日は著しくムカついた、詩ね!

782 :名前はいらない:2009/11/07(土) 00:40:45 ID:dOWWGZNj
いちぢるしく←かんぢ変換できないおw
詩ぬ(*´∀`*)

783 :名前はいらない:2009/11/07(土) 00:42:45 ID:dOWWGZNj
構ってちゃん相手にしてやるポク優しい?ねえねえ優しい?

784 :名前はいらない:2009/11/07(土) 00:50:30 ID:dOWWGZNj
やってくれてるからなーに?うんえーなんだから当たり前田(*´∀`*)ひらかわがかあいそうなのかしran?そーゆーやくにしたのだーren(*´・ω・)かんしゃー?それ食べれrun(●^ω^●)♪?

785 :名前はいらない:2009/11/07(土) 01:25:41 ID:oA5brMGJ
作文作文とうるさいくせに、平川さんには寛容なんだね、ダーザインは。

786 :名前はいらない:2009/11/07(土) 09:28:15 ID:wopwZJq9
>>785
平川さんに関して言うなら、誰か忘れたけど、他の書き手に師事してるっていうことが、彼女の一つのステータスなんじゃないですか。他の発起人にもそういう人はいるかもしれないけど。
一人の人に認められる詩を書くことすら難しいのに作家の弟子になれるって相当な才能があるってことだと思うんだけど。師匠も伸びない弟子を受け入れようとはしないだろうし。
まあこうして批判されるってことは磨かないといけない部分もあるってことなんだろうけど、それは本人が一番よくわかってるんじゃないかな。言わないとわからない部分もあるけど。

787 :名前はいらない:2009/11/07(土) 12:45:33 ID:8Hdjzs2i
平川さんの詩は結構まともだよ
でも批評がダメ
それだけのこと

788 :名前はいらない:2009/11/07(土) 14:19:16 ID:QWb/DJhA
宵町ってケムリ?

789 :名前はいらない:2009/11/07(土) 14:47:00 ID:x7co5zpa
平川さんて女?
オッサンじゃなかったのか…?

790 :名前はいらない:2009/11/07(土) 20:21:26 ID:qGsPJk1T
ネット詩人さんたちにお尋ねしたい。教科書でしか詩を知らない人間にはあなた方の作品を詩として受け入れられない。
あなた方は北原白秋とか、室生犀星とか、人口に膾炙する名フレーズの
詩人たちをどう評価してるの?
僕にとっては彼らの詩が詩。

791 :名前はいらない:2009/11/07(土) 21:13:19 ID:4w4mslaq
>>790
教科書でしか詩を知らないってことはないよ。
皆、詩を読みまくって、それで谷川はダメだとか、北原はダメだとかになって、
新しい文学が必要だって思いはじめて、それで書き始めてるんじゃないの。

792 :名前はいらない:2009/11/08(日) 05:15:18 ID:PREMV5Rh
今の俺の価値観で昔のTV番組見てもつまんねえ。

793 :名前はいらない:2009/11/08(日) 12:07:36 ID:Vop2hsUd
>>790
その二人は読んだことない
教科書的と言うなら宮澤賢治や中原中也とかもそうなるの?この二人なら読んだよ、そして激しく退屈したよ。
あと「人口に膾炙する名フレーズ」って何?「ゆあーんゆよーんゆやゆよん」とかそういうの?

794 :名前はいらない:2009/11/08(日) 12:19:59 ID:N8pTXvUo
人口に膾炙する名フレーズってのは
春はあけぼの、とかだろ

795 :名前はいらない:2009/11/08(日) 18:38:25 ID:8AuhzIN8
ふるさとは遠きにありて思うもの/そしてかなしく歌うもの

とか、だろう。古いけど、

秋刀魚、秋刀魚、秋刀魚苦いかしょっぱいか、

とか。そういや、この佐藤春夫も白秋も戦前だな。ネット詩人は現代っ子だから知らないんだよ。

前の時代のものさえ読まないのに、戦前のなど、存在すらしらんだろう。

詩史と切れてる、それがネット詩人だよ。

796 :名前はいらない:2009/11/08(日) 19:32:57 ID:jL3VjB1k
詩ぬ!よくないものはよくない!精力もなにもしったこっちゃねー!やりたいからやってるってだけだろ

797 :名前はいらない:2009/11/09(月) 00:09:45 ID:jObw/o5e
>>791
貴方は過去のあらゆる詩を読みまくって、谷川や北原がダメだったから、新しい文学が必要だと思ったの?

貴方は過去のあらゆる詩を読みまくったが、谷川や北原も含めてそれらが余りにダメだったから、新しい文学が必要だと思ったの?


798 :名前はいらない:2009/11/09(月) 11:51:05 ID:9KqGIwWe
詩人って変なやつばっかりだ

799 :名前はいらない:2009/11/09(月) 16:35:42 ID:BBR9UppT
>>797
後者かな。僕に関して言えば、少なくとも教科書でしか知らないってことはないはずだよ。
ただ、まだ学んでいる段階だから、後半部分はあくまで意見として。

800 :名前はいらない:2009/11/09(月) 16:57:33 ID:xTNuLffh
最後に主人公を殺して話が終わりとかやめろよ
中盤で揉めただろ

801 :名前はいらない:2009/11/09(月) 21:25:35 ID:UAtXpWu2
>>800
なにそれ?

802 :名前はいらない:2009/11/10(火) 00:59:10 ID:GcmZ/k11
場違いなクソ詩ほどスノブな目利き連中に深読みして貰えるさ。

803 :名前はいらない:2009/11/10(火) 21:32:28 ID:XLXc+Vg7
むーって

ケムリ本人だぞ

804 :名前はいらない:2009/11/11(水) 06:15:04 ID:XEZh31+E
ケムリさんはなんでいなくなっちゃったの?

805 :名前はいらない:2009/11/11(水) 10:13:21 ID:xDJF1BnA
ケムリさんは発起人バトルで叩かれて、もう辞めるっていって消えて

復活してまた叩かれてまた消えて

自爆して消えてのくりかえしだったな

いかいかとのケンカで消えたって感じ

806 :名前はいらない:2009/11/11(水) 10:22:09 ID:k14uqrkW
おう、本人釈明していいか?
アク禁喰ってるから携帯からだがね。

んで、ケムリンはもー疲れたの。
つかさ、真面目にレスつけてる発起人って俺ばっかりやん。しかも定期的に煽り野郎が来る。あんだけ明確に意思表示してんのに。

繰り返し繰り返し、同じように煽りに来るイカもそうだけど一番デカかったのはためいきだよ。
つまり、ダーザインへの不信。こいつ俺に最前線に立たせるだけ立たせて
自分は馴れ合いしたいだけだろっていう。
俺だって人間だよ。一番辛いのはさ、頑張れやれやれって前に出されて、気づいたら周りに誰もいないことさね。
あとねー、私生活でも色々あった。詩人絡みでね。
キチガイの色ボケ猿が詩人でござい、しかもそいつの詩にフラットに向かいあわなきゃならない。
俺はもう限界だ。だって、俺にやれやれ言う奴らなんもしないし、キチガイには私生活を浸食されるし。

許してくれ

807 :名前はいらない:2009/11/11(水) 10:26:56 ID:k14uqrkW
俺はブンゴクが好きだったんだよ。
こんな2chで愚痴る様だけどさー。俺はあそこに持てる限りの労力を払って来たよ。

ちなみに一回目のイカとの騒動で俺がブチ切れたのはさー
俺奨学金とバイトで大学通ってんだよ、院とか行きたくても無理でさ。
イカに『大学院にも行かない学部生がわかったようなことを言うな、俺は海外院にいく。おまえの学んだ内容は全部カス』的なことを言われて
まぁ、僻み根性とルサンチマンが炸裂したわけです。
我ながらねー劣等感が強すぎるくせにプライド高いから手に負えないね

808 :名前はいらない:2009/11/11(水) 10:45:50 ID:k14uqrkW
でもね、一番重要だった点は、そりゃもちろん個人的消耗もあったけど
誰もケンカしないこと。今まさに大事な場所がカスの遊び場にされてるのに
何故みんな論争を避けるのか。これが明確になったのは平川が迎えられてから。彼は論争をまるでしない、発起人にすべきじゃなかった。
そして、無意味に増えて有名無実化するスタッフ。
失われていくポリシー、何のためにやってるんだっけ?ってことになっていく。
批評を真面目に受けて、必死で詩をかく人は遠ざかり、俺に個人的なブンゴク批判をぶつけてくる。俺もそう思うよ、でもあそこは俺の力じゃ動かないんだ、力及ばない、許してくれ。
ネタですよ、楽しければいいんですよ、必死になっちゃって馬鹿じゃないの?
みたいな言説が場を埋め尽くす、誰も抵抗しない。
ダーザインは動かない、でも俺のコラムは無意味に顕示され続ける。
いい加減、公私ともども限界なんですよ。んで、ブンゴクで批評するために大学行ったアホも
就職決まったし、この機に降りていいですかってこと。

結局、みんな面倒がイヤなんですよ。議論しない。
どーでもいいんですよ、発起人はみんなブンゴクのことが。
そんな状況にザコの俺は耐えられません、はい。

809 :名前はいらない:2009/11/11(水) 10:50:17 ID:k14uqrkW
でまー、外部からああしろこうしろと要求は次つぎ来る。
相田君が大暴れした時なんか発狂するかと思った、日本語通じねーし。
冷やしも大暴れしていった。つぎつぎとトラブルは来た。
でも、俺以外論戦しないんだよ。トドメ刺したのはコントラだ。
ぶつからずに、掲示板に誘導する、つまり荒らしじみた奴らを公認したんだよ。でも俺のコラムはブンゴクの精神(笑)だそうだ。

無理だろこれ。
俺はつかれた、おりる。後は名前消して欲しいんだけど、これが難しいんだな

810 :名前はいらない:2009/11/11(水) 10:52:41 ID:xDJF1BnA
発起人バトルの詩消したのはまずかったんじゃね?

俺はあれ好きだったのに。

811 :名前はいらない:2009/11/11(水) 10:56:17 ID:k14uqrkW
どーせここも仮面舞踏会状態だろ。
もー俺は負けを認める。俺が馬鹿で無知でクズだったよ。
俺の信じた場所も信じた人も費やした労力もここ数年の勉強も、なんもかんも無駄だったよ。

こんなもんでいい?ケムリンの釈明。んで、流石にこうまで恥を晒してこの界隈に残る気はないから、明日には全部消えるよ。

>>810
俺は詩に対しての批評はどんな厳しいものでも、論旨と根拠があれば受け入れるよ。
あれを消したのは、コンプレックスをつつかれて発狂したのがあまりに発起人として情けなかったから。
すごすご戻ったのはもっと情けないがね。ネトゲ廃人の引退宣言みたいだよな

812 :名前はいらない:2009/11/11(水) 11:05:45 ID:xDJF1BnA
ケムリさんは中原中也賞とると思ってたんだけどな。

813 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/11(水) 16:42:43 ID:pNsLgKh1
>ID:k14uqrkW

恥なんか掻いてナンボでしょう!
新参者の身で不遜ですが、もっと恥晒せ!と思いますよ。
何かを運営していく過程で恥晒さない奴とかあり得ないです。
ふて腐れろ!軽蔑しろ!こんだけ長文書いてて負け犬の遠吠え的なモチベーションしかないとか絶対嘘だろ!
何なら暫く「今の」文極を横目に睨みつつ詩板で遊んでりゃいいじゃん!自スレとか立ててふんぞり返れよ!
っていう感想を持ちました。

814 :名前はいらない:2009/11/11(水) 22:55:11 ID:D0X+jwqo
>ケムリさん
僕は馬鹿なので難しいことはわかりませんが、
ケムリさんにとって一番いい方法でやったらいいと思います。

ケムリさんの背中を見ることしかできない僕は、
そういう後押しの仕方しかできません。
でも背中を見ている人間がいるってことはわかって欲しかったと思います。

815 :名前はいらない:2009/11/11(水) 23:15:16 ID:uJXddBlc
それって後押しなのか…?

816 :名前はいらない:2009/11/12(木) 00:02:06 ID:ribu0Qdr
かるやの書き込みがケムリを追いつめてるな

817 :名前はいらない:2009/11/12(木) 00:08:01 ID:q+usiM16
お前らみたいな阿保に構っているだけ時間の無駄だということに気付いた

818 :名前はいらない:2009/11/12(木) 00:52:02 ID:AL9aPMIj
>>815
一人の書き手として、自分でやりたいようにやればいい、と思うのです。
戻ってきたら、お帰りなさいと歓迎する人はいるだろうし、
完全にやめたら、もうケムリさんは極道のケムリさんではなくなるけど、
それで彼が気楽になれるなら、選択肢としてありだと思うのです。

僕が何を言ったところでケムリさんの決心が変わることはないと思うんです。
でも、そういうケムリさんを見て、辛い、悲しい、と思う人はたくさんいると思いますし、僕も悲しい。
でもこういうことになったのは、極道がケムリという書き手を受け入れるだけの器ではなかったというのが原因の一つとしてあるからでしょう。
だから、彼のやりたいようにするのが一番だと思うんですよね。やめたいならやめる、やめたくないならやめない、で。

でも僕自身、極道がケムリさんを失うのはとても大きいと思います…。

819 :名前はいらない:2009/11/12(木) 01:10:03 ID:P8c30dmh
ケムリが新しく文極に対抗するような場所をつくって文極をたたきつぶしたらいいんじゃね?
文極からだって移る人はいると思うし、場所さえあればひとは集まるんじゃない?
まあ当人にそんな気はないだろうけど。あなたの詩はとても好きだよ。

820 :pi:2009/11/12(木) 17:06:08 ID:Iq91s7Ix
「この世に客人と生まれてきたと思えば苦はなし」
うちの父の好きな言葉です。
書斎に貼っています。

821 :名前はいらない:2009/11/12(木) 22:07:19 ID:zzWNS3JX
コントラさんって頭悪いんじゃないか
話の筋がいつもズレズレじゃん
なんでだ?

822 :aida:2009/11/12(木) 22:25:40 ID:X7DcB1KR
とりあえず謝りに来ました。
あのときはすみませんでした。

823 :名前はいらない:2009/11/12(木) 23:11:26 ID:ribu0Qdr
ケムリは口だけだ。謝るだけムダ。

824 :名前はいらない:2009/11/12(木) 23:23:34 ID:ribu0Qdr
aidaは批評祭をとにかく成功させろ。今余計なこと考えるな。

825 :名前はいらない:2009/11/13(金) 09:43:05 ID:7JxWEJLg
ケムリが責めたからmeiが自殺したんだ。絶対許さない。

826 :名前はいらない:2009/11/13(金) 10:55:43 ID:/VnYeH8f
>825

またここでも言い訳しているのか。

死因は、何ですかだと?
ふざけんな。

潰れろ、

終われ、


おまえが他人の名前を出すなよ

冗談でも死を使うな

一生悔いろ


(苦笑)や(笑)で済ませたのは誰だ

何を解ったつもりだよ

安らかに、なんて

あり得ない


死を綺麗に片付けて

自分の責任を軽くして

忘れられてゆくまで

黙っていろ




827 :名前はいらない:2009/11/13(金) 11:05:27 ID:7JxWEJLg
ケムリは寺西さんの死も笑いやがった。俺は許さんぞ。

828 :名前はいらない:2009/11/13(金) 11:50:24 ID:/ZgUCSAJ
>>825-827
どういうこと?
未遂の話ではなくて?

829 :名前はいらない:2009/11/13(金) 13:21:30 ID:/VnYeH8f
>825
>827

おまえが誰か解った
死すらネタにするのか
詩人なんて嫌いだ
あきれ果てる

おい、満足か
こんな場所で注目されて

手を合わせろ
黙祷しろ

そして二度と口外するな

生も死も平等なのに
どうして

置いていったの


こんなことを書けば信者になるのだろうな


おまえよりは、信頼しているのは確かだよ


詩人なんて嫌いだ



830 :名前はいらない:2009/11/13(金) 16:05:14 ID:/VnYeH8f
今日俺はまた五百錠飲もうと思っている。
それで死ねればよし。
死ねなければ未来永劫貴様を恨み続ける事にする。
病気だから仕方ないじゃあ話にならないぜ。
俺だって病気だ。
これで俺が死んだら、
貴様は人殺しと何が違うんだろうな。
知り合い全員に、騙されて憎いとメールして死んでいくよ。
生きていたなら、


俺は貴様を一生呪う。

831 :名前はいらない:2009/11/13(金) 19:54:01 ID:/iLKOiNu
>これで俺が死んだら、
貴様は人殺しと何が違うんだろうな。


832 :名前はいらない:2009/11/13(金) 21:04:11 ID:7JxWEJLg
ケムリはオンナグセも悪すぎだ くどきすぎ

833 :キース ◆mWXsJGoj6s :2009/11/13(金) 22:38:41 ID:A6l2TgOl
いきなり宣伝すいません。

スレタイ
【2ちゃん詩板企画】2ちゃん詩出版計画【我々の詩を世に問おう】

はじめまして。
現在2ちゃん詩板住人有志により、過去、現在に渡り2ちゃんで発表された詩の傑作選を作り上げ、最終的に出版して世に問おう。
との企画が進んでいます。
現在、この企画の賛同者、参加者はまだ数名でありますが、我こそはとおもわん2ちゃん詩板有志の方々、ぜひともご参加お願いします。
発起人:キース
賛同者:ポエム田ポエ子、はかいし、アメ、b、参加No.2他多数


☆2ちゃんねる詩撰集を作ろうよ!
☆現代日本において詩んでる「詩」という表現ジャンルを復興&再生させる気概だぜ俺らさすがだな!
☆企画運営参加者随時募集中!
☆現在、特に詩の投稿及び保管をするための外部サイトを設営してくださるようなスキルのある方を募集中です。
☆どうぞ気軽に!そして真剣に!皆様のご参加をお待ちしております。
☆みんなでつまらない詩の現状にカカトオトシくわらそうぜ。
☆既存の詩文学っぽいなんだかそーいうものが大好きでそこに胡座かいてる偉そうな人だけお断り。

↑↑↑↑↑↑↑↑
以上を詩板にスレたてしてくれる方募集中!!

また現在詩文学板のスレッド秘密基地にて企画について議論中です。
興味ある方は秘密基地までおこしください。
秘密基地
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poetics/1257696276/

834 :名前はいらない:2009/11/13(金) 22:42:50 ID:GHa0P7yG
もうわけがわからんw

835 :名前はいらない:2009/11/14(土) 00:17:25 ID:gFc03WIG
ケムリとかるやといかいかの三角関係は邪魔 よそでやれ

836 :キース ◆mWXsJGoj6s :2009/11/14(土) 01:24:29 ID:RsTaTCmJ
突然すいません。
詩板でスレたて出来る方ご協力お願いします。

お手数ですがこちらまで来ていただけませんでしょうか?

秘密基地
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poetics/1257696276/

837 :名前はいらない:2009/11/14(土) 05:49:14 ID:2ZHfbjw6
キーワード【 極道 ダーザイン 文学 批評 ボルカ ケムリ 詩人 】

838 :名前はいらない:2009/11/14(土) 09:19:44 ID:gFc03WIG
さすがに早稲田に電話したぞ

839 :名前はいらない:2009/11/14(土) 09:54:24 ID:xzKrz9wN
詩人面のキチガイ色ボケ猿の二匹が下げマンを争ってデッドエンドしたよくある話

840 :名前はいらない:2009/11/14(土) 12:44:53 ID:xzKrz9wN
だいたいねー
泥酔させた男を部屋に連れ込んじゃまずくない?

841 :名前はいらない:2009/11/14(土) 13:25:50 ID:eYF7gY2q
なんだか不穏な空気だね

842 :名前はいらない:2009/11/14(土) 13:34:10 ID:qoz7hSjh
興味ねぇ

勝手に死んで内輪で悲しがってろ


843 :名前はいらない:2009/11/14(土) 16:12:51 ID:gFc03WIG
>>839
それをコントラのせいにして暴れるケムリ

844 :名前はいらない:2009/11/14(土) 22:02:19 ID:qReMm+XK
三角関係なんてあったんだ
いろいろあるんだね文極は

845 :名前はいらない:2009/11/14(土) 22:31:04 ID:gFc03WIG
Ovniでググれ

846 :名前はいらない:2009/11/14(土) 22:47:56 ID:u/EwcFAb
Ovniって軽谷+ケムリの詩誌でしょ?
ググっても大した話が出てこないが

847 :名前はいらない:2009/11/15(日) 23:01:26 ID:cghw7VtH
やっぱりね。文極なんぞの詩、碌でもない内輪褒めばっかだもん。
はやいとこ堅気の世界に戻ってしこしこ働きな。
文極になんて、もともとまともな詩なんてほとんどないし。
あれで詩だと思ってたのか。

しかし、人が死んだのな。集団としても狂気だったんだな。

848 :名前はいらない:2009/11/16(月) 00:03:17 ID:DCUo1jl1
死んだ??誰が?????
ほんとに文極の人間?

849 :名前はいらない:2009/11/16(月) 13:55:43 ID:BHfmtKMV
文極の人じゃなく文極に投稿してた人。

奴の死とケムリの発言は関係ないだろ。
あの人は何時こうなってもおかしくない無茶をしてたじゃないか。
奴が大口叩いて文極からいなくなったのが11月2日、
ケムリが奴の名前を出したのが11月11日、
その間も奴が文極の、フォーラムの書込みまでコツコツ覗いていたとでも?

態度はどうあれ書く事が好きな人には違いなかった。
残念だ。彼の魂が安らかでありますよう。

850 :名前はいらない:2009/11/16(月) 18:26:50 ID:NxK5GKQx
で、誰が死んだの?

851 :名前はいらない:2009/11/16(月) 20:20:24 ID:YOj3ydHT
meiだろしょ?

852 :名前はいらない:2009/11/16(月) 20:24:14 ID:tU/7m7kS
コップの中の嵐?
おちょこの中の荒らし?

853 :名前はいらない:2009/11/16(月) 20:38:30 ID:FMT2/f3/
>>849の言うとおりだね
ケムリやいかいかに叩かれて死ぬような人間じゃないよ
つーかほとんど文極に投稿してなかったし

いい加減黙ろうぜ


854 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/17(火) 00:24:09 ID:Kp1Z50/u
発起人限定連詩は面白そうだと思うけどな
来る者拒まず式なら渋りたくなる展開を予想するのも分かるし
趣味じゃないならしょうがねえけど、ちょっと勿体無い
深度を誇って技巧優れた各人の孤独な作業が詩中の一行としてそれ自体アクセントとして機能する壮観が見たいわ

855 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/17(火) 00:48:27 ID:Kp1Z50/u
しかしアベさん漢だな
まさかあんな真っ向から俺の詩を否定してくれるとは思わなかった
ブログも面白いし、良い人連れて来たな極道の人

856 :ダーザイン ◆bqLZu8.p/o :2009/11/18(水) 00:40:01 ID:08lWuhMP
ケムリさんに

俺は常時キチガイに私生活を脅かされ、妨げられている。文学極道発起当初から今もずっと。
掲示板で絡まれるとか無視できるものじゃなくて、俺は電話番号もメールアドレスも住所もずっと公開しているので、
キチガイから始終電話やメール、手紙が来る。こいつ死ねばいいのにと思うくらい粘着な奴が多数いる。
仕事の会議中に基地外からの電話に「死ね、この野郎」と怒鳴り、同僚・上司を仰天させたこともある。

ダーザインは何も言はない、出てこないというが、
貴殿が消耗していた頃、俺は寝る時間も無い奴隷労働をしており、フォローできなかった。
あれは本当にすまなかったと思っている。
阿呆相手の論争は疲れるので、サクッと削除、あるいは凍結してフォーラムに誘導というコントラさんのやり方は合理的でいいと俺は思う。
自分自身消耗してきただろう、馬鹿を相手にエネルギーを使って。

それから、ためいきについてだが、極道だけ見ていれば俺は無視している場合が多いので解らないかもしれないが、
四季ユートピアのにあいつが出張ってきたら、その都度全否定している。
あいつとの慣れ合いなんてない。すべての知人の中で最もダメな奴の一人だときっぱり申し上げている。

いまさら何を言ってもしょうがないので、貴殿の友人経由のメールで(キチガイじゃなくて尊敬する人な)、
貴殿がある種の退き方にに退くことを了解しました。

論理だ批評だというが、貴殿には大人げないところがあり、いつでも公開劇場型の振る舞いで、
発起人に不満があるなら発起人スタッフルームで罵倒すればいいのにしたことないよね?
おかしくねえ? 物事の順序として。今更こんなことを言ってもしょうがないが。

だが、貴殿に対して抱いている文人としての敬意と友情の念、感謝の念は変わりません。
どこに行こうが貴殿のご健勝を祈念しています。

857 :名前はいらない:2009/11/18(水) 00:49:49 ID:SD5FLeer
お前もキチガイなんだよ

858 :名前はいらない:2009/11/18(水) 00:53:07 ID:kwa3+ukX
ダーさん良いヤツだな

859 :名前はいらない:2009/11/18(水) 01:06:16 ID:SD5FLeer
人殺しよりゴミだな
無意味極まりない

860 :名前はいらない:2009/11/18(水) 01:31:05 ID:EDJXHbq+
>>856
お前は小役人か。昭和の時代の百姓か。
何が公開劇場型だ。何が、スタッフルームが「順序」だ。
単に情けないところを広められたくないだけだろう。
「事実」を大衆の下に晒されてなんか問題でもあるのか?
なんか恥ずかしいことでもあるのか?
それはお前たちが疚しいからだ。
公開劇場型はやめろ、か。なるべく、クローズトなところで語ってくれ、か。
この臆病者が。
問題提起するのに「場」など関係ないだろうに。2chだろうが現フォだろうが新聞の投稿欄だろうが何だろうが。
お前らに疚しさがなければ、な。
むしろ、問題提起するならデカい舞台の方がいいに決まってる。
デカい舞台で話合い、多くの人に問題のありかを知らせ、いろんな意見が出た方がいいだろう。
繰り返すが、何がスタッフルームが「順序」だ。
このアナクロ野郎が。
俺は>>856の発言でダーザインを完全に見限った。
公開劇場型がいかんだの、スタッフルームが「順序」だのと言ってるムラ社会主義者が「ワイヤードの可能性云々」とか(失笑)
結局ワイヤードってのはクローズトな馴れ合いの場、ってことですか。まったく聞いて呆れるぜ。屑野郎。


あ、ちなみに俺はケムリじゃないです。
第三者から見てもダーザインのケムリ批判はおかしい。ようやく馬脚を現したなって感じ。

861 :ダーザイン ◆bqLZu8.p/o :2009/11/18(水) 01:45:54 ID:08lWuhMP
>860

何も知らない知恵遅れは引っ込んでろ。お前なんか、最初からいらない。
要らない子供だ、絶対来るな。あんた、引きこもりの無職だろう、
短い発言からも、心理学者でもある私には速やかに見抜ける。
会社で働いて勤まったこと、一度もないだろう。
組織の運営が引きこもり無職にわかるわけがない。
催眠療法と自律訓練と認知療法してやるか?
いや、してやらない、お前なんか詩ね。

862 :名前はいらない:2009/11/18(水) 02:00:04 ID:EDJXHbq+
はは、何が組織の運営だよ。
お前のクローズトな組織運営とは、単に問題を外部に出さず、内部で恐怖政治を駆使して擬似的に安定を見せかけようとするファシズムの手法と一緒だな。
要は北朝鮮とかオウム真理教みたいなもんだ。

組織運営にとって、トップにとっても末端にとっても幸せな方法といえば、それはクローズトじゃなくてオープンな組織なんだよ。
つまり情報の非対象性がどれだけ組織にとっても社会にとっても害悪か。

なんてこと言っても、君のようなノータリンに通じるかどうか分からんが。

いずれにせよお前は昭和の遺物だよ。いい加減認めろ。

863 :名前はいらない:2009/11/18(水) 02:05:45 ID:EDJXHbq+
俺が小役人と言ったのは、情報をクローズしたがるのは役所の常套だからだよ。
これは古来からの封建主義的な価値体系、つまりムラ社会という歴史的背景が影響しているわけで。
そういうの古い価値体系をぶっこわすのがワイヤードの役目、つまりはIT革命(笑)だのユビキタス(笑)ってやつだと思うのだが
どうもまったくワイヤードのツールとしての意義が分からない猿がいるらしいね。

864 :ダーザイン ◆bqLZu8.p/o :2009/11/18(水) 02:09:19 ID:08lWuhMP
お前、そういうことは現代詩手帳とか、あらゆる活字媒体に言えよ、知恵遅れ。
お前は土人で短小包茎のチンチン丸出しでもはやこの世には存在しないだろう
ニューギニアの奥地とかでgooglのも軍事衛星にも察知されない場所を探し求めて露出狂やっていろ。
このネアンデルタール人、猿類め。

865 :名前はいらない:2009/11/18(水) 02:17:03 ID:EDJXHbq+
現代詩手帳なんてとっくに見限ってるし、要はお前のサイトもクローズトにしてるなら紙媒体と同じアナの狢だといっているわけだよ。
おまえ、ケムリに公開劇場型、なんていって批判して憂さ晴らししてるようじゃ、お前こそガキだぜ?
公開劇場型、おおいに結構だろう。
舞台は大きい方がいい。既存メディアの狭い世界を突き破って、表に出て勝負したほうがいい。
それこそ、今までお前の主張してきたこと(既存活字メディアに対して)じゃなかったのかい?

権威にたてついていたメディアが、プチ権威みたいになって、保守的になってきちゃったら、もう終わりですよ。

866 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/18(水) 02:25:05 ID:OzRuJx9f
じゃあ俺も傍目に見ての意見だけど、皆案外似たようなことを考えていたのに
単に意思疎通と連携が取れてないだけなんじゃないかなと思うよ

極道は発起人方々がサイト運営上の負担の大部分を負ってきてるから
理念過剰・統率過剰な気がするんだよな。建前が重過ぎる
だから総員に対して発起人の示すべき態度が重くなり過ぎて
「詩人」「批評家」あるいは「思想家」個人としての互いの差異を考慮すれば
本来なら問題にならないレベルの方向性の違いっていうものが致命的なものになったり
発起人個人の負担が尋常でないものになったりしたんじゃないのかな

だから例えば、ケムリさんはコントラさんの果断な辺りを批判してるけど
そのコントラさんの果断な判断そのものが
ケムリさんの意を汲んで延長したものだったりするという行き違いが重なることも考えられる

>>813の「恥掻かない奴とかあり得ない」っていうのは
そういう、理念護持者としてのミスとか不正解は起こらない方がおかしいくらいだし
穏当に摺り合わせる方法も模索すれば見つかるはずだということで
まして「批評の誠実み」とか「文学極道への愛情」の塊みたいなケムリさんという人であれば
勢い込んで批判キャンペーンとか組まなくても
手ぶらでその辺うろついてるだけでも目からビームくらい出るでしょう。実績もあるわけだし
場合によってはこれからもそれで十分文極運営にコミット出来るし貢献出来ると思いますよ

まあ俺は2ちゃんからの中途参加者なんで
当然発起人各位とは発言の重みが異なるし、適当にでも聞いてもらえばいいんだけど

867 :名前はいらない:2009/11/18(水) 02:37:58 ID:EDJXHbq+
だいたい「物事の順序」とか言い出す奴ってファシスト気質がある奴ばっかだよな。
順序ってなんだよ。その種の順序が現代日本で法制化されてるのか?

例えば、会社で不当にサービス残業させられてる労働者が、経営者らと話し合うのを通り越して、労基署に駆け込んだとする。
経営者らは多分こう愚痴るだろう。
「あいつは物事の順序を知らない」

お前の言ってる順序とはこの程度のことだ。
労働者は「順序」なるものを愚直に守ってたら、永久に救われることはないだろう。

この屑が。法制化されてない「順序」なんてそれこそ昭和の遺物。
ネットがこれだけ高度に広がった現代においてはまったくアナクロな概念だってことに気づけ。
お前はマクドナルドの経営者か!?ヤマダ電機か!?屑!屑!屑!

868 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/18(水) 02:47:49 ID:OzRuJx9f
一弱小投稿者がこういうこと言ってると調子乗んなとか八方美人的に媚売ってんなとか思われるかもしれないけど
プロレス団体の分裂劇みたいな感じがして何かやりにくいんすよ。この「誰も本意ではないのに争ってる」
招かれて早々から月間選評の露払いの大任まで果たしてる漢☆アベさんも可哀想だし

とりあえず「だから誰も文極運営にコミットしたいとか言ってねーだろ」とかつってケムリさんが釣れればいいですね
もしあなたが自身の「青春の結晶」的なものを求めて文極に過剰に入れ込んでいたんだとしたら
ダーザインさんやらコントラさんにその性根を治してもらえ
人の立ち上げたサイトで幾ら奉仕しても実質「その辺の人との繋がり・関わり」くらいしか残らんことを教えてもらえ

869 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/18(水) 03:27:32 ID:OzRuJx9f
あと、>>866のビーム云々に補足だけど、本当にキレてるんなら普通に「ケムリ」の名前で全然別のことしてても良いと思うよ
その方がネット詩界隈に活気が出て面白いでしょう。後味も悪くないし。恥とかか弱いこと言ってんなよ本気でキレてる人間が

870 :名前はいらない:2009/11/18(水) 06:52:57 ID:U89I+5S5
去った人間を叩いて極道にすりよる奴が一番気持ち悪い。
何も残らないなんてケムリさんが一番知ってたことでしょう。

871 :名前はいらない:2009/11/18(水) 07:54:36 ID:SD5FLeer
気持ち悪いとか言ってる場合じゃないだろ

872 :名前はいらない:2009/11/18(水) 09:01:10 ID:kwa3+ukX
劇場型でもなんでもケムリは発起人が出来なかったガキ
そしてやれると大口叩いたゴミ
三角関係でうまくいかない性欲を極道のせいにすり替えるサル池田

873 :名前はいらない:2009/11/18(水) 11:06:36 ID:3Kohkwp8
今更なことと自己弁護ばかりを公開劇場型にわめくおっさんをなんとかしろよ

874 :名前はいらない:2009/11/18(水) 12:34:02 ID:b2+EbEQO
>>861
こんな判り易い詭弁久しぶりに読んだよ

875 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/18(水) 18:09:35 ID:OzRuJx9f
>>870
じゃあ単に労力割くのが嫌になって止めたってこと?
だったら「自分の活動に専念」でいいんじゃないの?
何でこの人四方八方を攻撃するようなこと言って消えたの?
ていうか名前書いてないけどあんたも悪く言われてんじゃないの?
それとも自分は悪く言われてないからケムリさんの発言はお約束の「体制批判」ってことで
自分は極道に残るけどケムリさんも応援しますよ、的な欺瞞で言及せずにスルーなの?そしてあなたは文極に残るの?
なのにどうせ逆効果なだけなのに2ちゃんで文極運営に媚とか恩売ろうとしてる俺を気持ち悪いとか言って
ケムリさんの理解者ですよ的な姿勢とか出してくるの?
そういう姿勢ってケムリさん凄く嫌うような気がするけどなあ・・・

876 :名前はいらない:2009/11/18(水) 19:42:03 ID:U89I+5S5
何言ってるかわからないが、馬鹿だということはわかった。

877 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/18(水) 20:09:49 ID:OzRuJx9f
>>876
へえすっげ。馬鹿って分かったんならもう少し勉強すれば?
それか、ものを考える習慣とか身に着けられるように努力しろよ

878 :名前はいらない:2009/11/18(水) 20:10:52 ID:2pCJrBJJ
三角関係がどうとかいってるやつは一体誰なんだよ
名前までだしてよっぽどケムリに私怨でもあんのか?


879 :名前はいらない:2009/11/18(水) 22:06:06 ID:EDJXHbq+
結局文学極道とかいう痛いサイトもタコツボ既存活字メディアの枠を出ないということが浮き彫りになったな

と今更ながら言ってみた。前から分かってたけどさ

880 :ためいき:2009/11/19(木) 02:48:52 ID:gezyLBRZ
 極道を立ち上げる前にこちらが町内の花見の会計でばたばたしてい
るときに延々と極道の理念だのプランだのを電話してきて閉口したと
きのことを思い出すよ。
 ケムリくんとのやりとりもディテールは全然覚えていない。ただこ
れは小ダーザインだと思ったのは確かだ。それでも正直その役割は気
の毒だと思っていたよ。
 ダーザインがカリスマを気取れるのは同じ怨恨を抱えた人間が詩に
限らずごろごろいるからだ。出自をアングラサイトに置くことや自分
の病気や境遇を情報として流すことで逃げ道と権威を作れば安っぽい
「共感」が得られるわけだ。
 左翼云々も一部のエリート(官僚)が愚民を支配する現実の社会主
義国家の実際を考えれば貴族趣味とパラレルだしね。
 愚民のルサンチマンで人をだますのに一番の近道は文学や芸術だ。
誰でも好きなことがいえるジャンルだから。それが極道のすべてでは
なくても現実なのは現状が良く示している。
 フォーラムで有名コンプレックスむき出しで問題提起しているとか
思っているおっさんおばさんと出発点が一緒なんだから差異化事体が
滑稽だよ。俺は後だしじゃんけんで言っているんじゃなくて最初から
同じことを言っていたはずだよ。

881 :名前はいらない:2009/11/19(木) 14:56:20 ID:oFl8xhqY
>>880
要約すると「俺は解ってる人間だぜ」ってことですか?
したり顔で

882 :名前はいらない:2009/11/19(木) 15:47:03 ID:LCgwUp7u
>>881 いや、
「俺だけが正しくて他の奴等は一人残らず勘違い」だと思う。

883 :名前はいらない:2009/11/19(木) 17:53:38 ID:y/v7B0HJ
誰だってその位考えてるのに。
無節操だからその考えを捨てただけで。

884 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/20(金) 01:51:54 ID:TwH4B7pK
読み返すとあくまでメディア批判なんだよな
詩・批評の集積としての良し悪しを見ててそこから一歩もブレてないんだ
運営のあり方に向けられた言質もメディア批判としての意見の拡張で
あくまでシステム批判として、建設的な筋を通してるんだよな
一般投稿者と発起人を共に「発信者」として同断に切り込んでる
俺なんかどう見てもケムリさんの矛先に引っ掛かってる
個人攻撃とか本当に嫌いな人なんだろうな
共感を呼ぶのも孤立無援にならざるを得ないのもそういうところじゃないかと思うが
ああ、掴みにくい。極道分かりにくいよ

>>883
俺は「権威に触れられる実作の場」程度にしか考えてなかったよ
「まともな詩人が一杯居て、意見を聞いたり自分を試せる場所」くらいな感じ。日曜詩人としてのコンプレックスと興味だけで投稿してる
ためいきって人鋭いなと思った。自分に関してはだけど。でも、他にもそういう人居るんじゃないかな

885 :名前はいらない:2009/11/20(金) 06:40:21 ID:LrZ/yU8c
ためいきは極道に投稿しては批判レスに逆ギレ返し続けて
度々ケムリぶちぎれさせてただけじゃん批判的なレスがイヤなら来るなと怒るケムリに全然筋違いな返しをしてたよ

886 :名前はいらない:2009/11/20(金) 23:38:23 ID:uepdMA4i
かなり低いレベルで「この詩はクソだ」と批評することは許される場なのに
かなり低いレベルで「その批評はクソだ」と作者が言うとボコされる場

この不公平が許される理由は「ここは罵倒サイトだから」「そういうルールだと明示しているから」だそうだ。
常識から考えておかしな事をルールとしてしている事、それ自体問題の源だとは考えないのか

ケムリは「読者独裁」みたいなことを結構本気で考えていたようだから、この矛盾には気がつかない。
しかし、かれの「疲れた」の遠因にして真因は、この矛盾にあるのではないか。
捌いても捌いても涌いてくる反論、反感。それはこの世にはルールの読めないバカモノがいかに多いか
という事実(確かにそれも事実ではあるが)「だけ」を示していたのか。

なぜ、このような偏った「ルール」のある場所に投稿するのか。それは真摯な批評の貰える所が少ないから、
良質な批評が貰える所が少ないから。 だが、納得できない評には反論したくもなるというもの。
作者の反論全てが無価値かつ卑しむべきものなどと、本当に何人の人間が思っているのか(いや、
極道に集った者たちは思っているか。。。)

かつて、いとうが言った。「文学極道などといっても、結局“つり”なんだ」と。イカが噛みついた例のアレだ。
当時は俺も意味が分からなかったが、段々分かって来たような気がする。
ダーよ、どうだい、釣れたかい? それとも、餌に掲げた「罵倒」を頭から信じ込むお人よしばかりだったかい?
まあ、お人よしでもスゲエ詩を書いてオソロシイ批評を物すヤツならそれでいいんだ。
つまり釣れればいいんだ。 だが、極道は手段として掲げた「罵倒」に足元をすくわれてヨロヨロだ。
俺はお前に批判的だったが、最近は逆にお前も大変だなと思うようになってきた。自分でもなぜだかワカラン。
集まってきた人間達を天才だ何だと持ち上げるのは全く感心しないが、よく頑張っているとは感心する。
ダーよ、頑張れ。お前の文学的価値観、鑑識眼にはまるで賛成できない俺だが、金銭的余裕が出来たら、諭吉の1枚くらいは送ろう。
ダーよ頑張れ、持ちこたえるのだ。

887 :名前はいらない:2009/11/21(土) 00:47:02 ID:75lX1VPh
そもそも発起人が多すぎるだろう。
まったくレスしない発起人って一体なんのためにいるの?
まったく仕事しない奴が同じ発起人という肩書きであることについて、ダーザインは一体どう考えるんだ?
まったく不平等じゃないか。
これが、やる気のある発起人のやる気そのものをスポイルしてしまう最大要因じゃないかと思うのだが。
だからケムリみたいにいちやーめた!って奴が出てくるんじゃないか?

発起人なんて6人ぐらいで十分だろう。
そもそも実働部隊としては6人も働いてないし。
20人近くも発起人がいるだなんて、今の極道ってまるでかつての日本企業の取締役と一緒だな。
かつての日本企業にはロクに仕事しないのに15人とか取締役がいるとか、ふざけた会社が多かった。
しかも大企業じゃなくて、中小企業とかでも普通に15人とかいたりね。
ま、徐々にアメリカナイズされて今じゃさすがに中小だとスリム化して5〜6人の役員とかそういう会社も増えたが。

ってか極道はいつまで時代錯誤な昭和な組織を存続するつもりだ。
やる気ない奴はいい加減辞めさせろよ。

888 :名前はいらない:2009/11/21(土) 01:16:09 ID:HZjhCs0j
ケムリは批評にも噛みついてたと思うけど。ただ文学極道自体は議論を嫌ってきたよね、書き手の反論と議論してるトピがしょっちゅう止められてたし
意外に思うだろうけど、ケムリはレベルの低い批評というか、中傷レベルの評には度々怒ってたよ

ケムリの言う罵倒とダーザインの言う罵倒がそもそも違った気がする
そういう意味でケムリは極道にそもそも合ってなかった
腰据えて議論する発起人がそもそもいないしね

889 :名前はいらない:2009/11/21(土) 01:23:04 ID:HZjhCs0j
そもそもそもそも、ルールなんて無かった場所に
ルールを持ち込もうとしてダーザインの言葉を限界まで拡張して
無理に無理を重ねてたケムリはこうなって当たり前だったと思うよ
基本的に彼文学極道のありようとはそぐわない人だもん
基本的な矛盾というか無理に気づけなかったのか気づかないふりしてたのか

890 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/21(土) 02:43:25 ID:spSmkU61
>>889
権威なり指針を求心力にすることについては前向きだったんじゃないかな
いかいかさんなんか顕著だけど、価値観の不在についての悲観なり思考は若いネット詩人なら誰しも経過するように思うし

891 :名前はいらないが886だ:2009/11/21(土) 09:26:15 ID:bw9IBtrD
「そもそも」流行ってるな(笑。

おれも便乗して(すまんな、みなの衆)「そもそも」を1つ。

 そもそも極道で、いい批評できる人間はほぼ居ないといっていい。と俺は見てる。
「さいきん引っ張ってきた人」なる人がいるというので久しぶりに覗いたが、
それらしい人は確かにいて、これはちょっと期待持てそうだったけどね。 ケムリじゃまだまだだよ。
喧嘩上手と理論の知識量で取り繕ってるが、内実はせいぜい「1読者の感想」程度の重みしかないと思うな。
結構いるだろうケムリファンにゃ悪いがな。

>>890
>価値観の不在についての悲観なり思考は若いネット詩人なら誰しも経過するように思うし

苦しいんだろうな。「何とでも読めるんだから、どんな読みでも成立する。作者は俺の読みにケチつけるな」
みたいに言ってても、どうやら「強度のある読み=どこに出してもかなり通用する読み=正統的な読み」が欲しいらしい。
「実は僕ははどんな読みでも成立するなんてのはイヤなんです。スタンダードを確立したいんです。“大義”が欲しい。“大義”に生きたい」
と泣いちまったらいいんだ。泣き声上げて降参すりゃいいんだ。
そのみっともない自分に気付いて、大義がほんとに必要か。読みの「強度」って何だ。と考えりゃいい。
勉強はずいぶんしてるみたいなんだからさ。

 イカについては、いつまで「退屈だ」とワメいてれば気が済むのかね。と思う。
既成のものに感動できないのはテメエの勝手だが。感動できない自分を何か高級なシロモノだと思って、
感動する他人を見下してるのはあんまりいい趣味じゃねえよ。
早く自分の穴掘れや。それも人様を「退屈」させないようなヤツをな。

 あ、ダーさん。あんた住所公開してるってから、昨日書き込みした後に探してみたんだが、ちょっと見つからなかったなあ。
住所わかったら、金送るからね(1度書いたからには、ちゃんとやるよ)。「貴様から金を受け取るいわれはない」ってんなら
経費差し引いて残額送り返してくんろ(笑。

892 :名前はいらない:2009/11/21(土) 09:47:50 ID:TyMY7np7
>>891

なるほどなるほど。
ケムリの内実、ね。

ところで君にとっての「いい批評」ってのはどんなもの?
「1読者の感想程度」より重みのある批評の基準は?

俺はファンじゃあないが、具体的に頼むよ。


893 :名前はいらないが886だ:2009/11/21(土) 12:29:17 ID:bw9IBtrD
>ところで君にとっての「いい批評」ってのはどんなもの?
> 「1読者の感想程度」より重みのある批評の基準は?

>俺はファンじゃあないが、具体的に頼むよ。

 いやあ、こりゃ参ったな。とんだド壷に足踏み込んじまった。
デカイ口叩けば身に跳ね返るって見本だよな(笑。

 まあ、自分で振った手前だ。読んでガッカリ必定だが、恥かかせてもらうか(笑。

 実作者の立場として言えば、作者が「あっ」と思うような、弱点を射抜くものかな。そういう「有益」な指摘。
スタイルとしては「何行目からの展開は弱いな」みたいなごく具体的なものか、
それとは真逆に「くどい」「ほこりっぽい」「おセンチ」みたいな印象一言か。
 後者(印象一言)についていえば、作者ってのは防衛本能から、批判に対してはつい重箱の隅的なアラ探し
しちまうんだよな。安心しようと思って。だから箱も隅もないような、短くズバリの方がかえって訴えるかも、と思う。
 でも、キモはやっぱり作者が「あっ」と思うかどうかなんだよなあ。だからちょっと言い表しづらい。作品によってケースバイケース
だと思う。ただ、基本的に文章は読めて欲しいし、語彙も豊富な人のほうがいい。有名詩人の作品もそこそこ読んでて、
いろんな傾向を理解してる人の方が、当たり前だがいいように思う(アニメの話が悪いとは言わないけどさ)。
逆に言うと、あまり共感できない。または、ズバリこれだ、と言い当てづらい作品(守備範囲外っていうか)には、
無理してコムツカシイ批評書かないほうがいい気がする。極道に集まるレベルの人ならね。
それこそ自分のコメントなんか感想程度だという謙虚な気持ちで書いたほうがお互い有益だと思う。


894 :名前はいらないが886だ:2009/11/21(土) 12:30:49 ID:bw9IBtrD
[つづき]

 あと、個人的には「新しがり」には閉口している。21世紀だろうがグローバルだろうが、
人間そのものはそうそう変わらないと思うんだ。いや、社会は確かに変わってるから、それに目を背けろって意味じゃないけどさ。
 これと関連すると思うんだが、極道には、理論好き、スタイル好きの人が多い。
特定のスタイルだからいい作品なんてそんな馬鹿なことないと、
まあ誰でも言うんだけど、実際はドウだろうか。作品の批評より、その人の立ち位置や価値観についての論議が多すぎると思う。
最たるモノは、「ココは罵倒サイトだウンヌン」に代表されるネチケット的な論議だね。
紙媒体がいいか、ネットがいいかについても、そんな議論どうでもいい。
作者の価値観に言及するなら、作品の表現から入る形のものこそ望ましいかなあ、俺は。

 一般読者からみた「いい批評」ってのは、う〜ん、ムツカシイな。
でも、良く分からん作品について「ア、そうなのか。そう読んでみれば面白いな」的な視点の提供、っていうか、
ぶっちゃけ説得力ある“解説”でいいように思う。別に相手をねじ伏せる必要なくて、「そうもあるか」と思わせればいい。
けどこれも、一つの立場でがんじがらめの人や、書きたいテーマを強烈に持ってる人は、かえって書きづらいだろうな。
「自分」が邪魔する。

 その他、小林秀雄あたりから始まる「作品としての批評」ってのをいまだに標榜する人いるけどさ。俺は違うと思うんだよね。
「作品としての批評」ってのは、批評ってより「読んで面白い薀蓄語り」と言ったほうがイインジャナイカね。つまりエッセイの一種だ。
ソリャ作品や作者の評価分析をするときに、評者の価値観が出るのは当然だが、「作品としての批評」って言ってる人ってさ、
自分の色を出しすぎじゃないか? 冷静な評価を濁らしてる気がする。
潔く「これは自己表出、自己表現(=自分が目立ちたいためのもの)」言い換えれば「文芸作品(=エッセイ)」と思って書いたほうが、
ずっとスッキリしたいいものが出来ると思う。理屈と個人的価値観と身辺雑記がゴッチャになってるようなもの読んでも中途半端でさ、
胡散臭いんだよね。まあ、このタイプはスレッドに書き込む極道では、あまり見かけないので、まあ、ついでに書いた。

あ〜、恥ずかし。

895 :名前はいらない:2009/11/21(土) 14:02:01 ID:HZjhCs0j
>>890
どうかな、コラム見るとかなり極道の権威自体を相対化してる感じがするけど。
ケムリは『大義』みたいなのとは遠い奴だと俺は思ってて、『みんなで一読者の感想を真面目に言い合おう』
みたいなのが彼の持ち味だった気がする。むしろ、『大義』や『正しい批評』の代わりに誠意なんて言葉を代入したのがケムリの批評観じゃない?
作品解説や感想に関して俺はケムリの物言いが嫌いじゃなかったな
少なくとも>>891の批判は当たってない、むしろケムリのスタンスそのものに近い気がする
だって彼、『真面目に読みます』しか自分の批評を支えるものが無いって自覚してたでしょ


896 :名前はいらない:2009/11/21(土) 14:10:14 ID:3qli2kQj
>>893-894
お、回答ありがとう


897 :名前はいらない:2009/11/21(土) 14:14:53 ID:HZjhCs0j
どんな読みでも成立するからこそ批評を支えるのは誠意しかない
みたいなケムリの態度が共感を呼ぶのはわかる気がするよ

気の毒だから彼のコラムくらい読んであげなよ
批評に文句つけるなとも彼は言ってないよ、読者の感想を受け入れろとは言ってるけど



898 :名前はいらない:2009/11/21(土) 16:27:42 ID:JOv5HTTJ
ケムリは詩と一条さんのコメも消したからなー
誠意...
ダーザインも明らかに文学極道に疲れてるしな
阿部さんに期待
てか阿部さんスゲー

899 :名前はいらない:2009/11/21(土) 20:47:50 ID:fDfDnXli
阿部さんはダメでしょ
読めてない
名声があるだけ

900 :名前はいらない:2009/11/22(日) 00:29:21 ID:tLFUqNRy
ダーザインよ
ケムリを削除してやれ

そして今の投稿者を大事にしてやれ

901 :一条:2009/11/22(日) 01:02:29 ID:kVzAIQva
「そもそも」消された記憶がないんだけど
本当に消されていたとして
どうせおれの詩と同じで鼻くそみたいなコメントだったんでしょう

902 :名前はいらない:2009/11/22(日) 01:53:21 ID:lqxnxQ7N
一条さんともあろう方がこんなゴミ溜めで名前明かして発言しなくても…

相当ケムリ君にご執心なのね

903 :19 ◆gwnULb/9mw :2009/11/22(日) 06:37:16 ID:OYUmYGhc
>>895
そういえばケムリさんは以前合評の重要性について言ってたな。合評は良いよね
コラムは前に読んでたけど、先入観が強くて言われてるような内容はあんまり読み込めてない
今読み返すと確かにそういう部分もあるんだけど、基調はやっぱり「文極の理念」に見えるな
こういう風に自分の読解力なり解析力の欠陥に突き当たる度に思うんだけど
自力ではその時点での欠陥を塞げないんだよね。そういう意味でも合評は有益だと思う

904 :そろそろ逃げgosi886だ:2009/11/22(日) 23:37:59 ID:zjfRfTTt
>>888
>意外に思うだろうけど、ケムリはレベルの低い批評というか、中傷レベルの評には度々怒ってたよ
>>897
>批評に文句つけるなとも彼は言ってないよ、読者の感想を受け入れろとは言ってるけど

 ほとんど極道を訪れることもなくなった俺だが、上記2つに該当する場面には遭遇した記憶があるよ。
真面目かつマトモ、クヤしいがヤツも成長したか(笑)。と思ったものだよ。イヤほんと。
 ただ、やっぱり不十分ていうか半端なんだよね。
確かに「批評に文句つけるなとも彼は言ってない」が、それと「読者の感想を受け入れろ」とが微妙に矛盾する、あるいは
両立がムツカシイ場面ではどうだったか。端的には、「オレ(読者)の意見を受け入れろ」になった時に、さてどうだったか? 
結局「どんな読みでも成立する」って主張が「だから俺の読みを受け入れろ」にゴウインに直結してる印象だったなあ、俺は。
 
そして二言目には「そもそもこの場の性格は」のエンゼツが始まり、次に「どうしてオレがこの場を偉そうに仕切るかというと」の自己説明が続く。
これも作品についての議論を複雑化していたと思うんだよね、ムダに。
議論の場では行司とプレイヤーを兼ねちゃいけないってのはよく言われる基本則だと思うんだが、結局このタブーに不用意に踏み込んで泥沼になり、
あげく疲れてしまったんだろう。

905 :そろそろ逃げgosi886だ:2009/11/22(日) 23:39:19 ID:zjfRfTTt
[tuzuki]

>>895
>むしろ、『大義』や『正しい批評』の代わりに誠意なんて言葉を代入したのがケムリの批評観じゃない?
 と
>彼、『真面目に読みます』しか自分の批評を支えるものが無いって自覚してたでしょ
>>897
>どんな読みでも成立するからこそ批評を支えるのは誠意しかない

 これ、心意気としては買うけど、厳密にはおかしくないかね。主張として。
俺ぁ「批評なるものには、他者(全員じゃなくていいけど)への説得力が必要だ」と思うんだけど、
誠意なんてものぁ説得力の有無に関しては二義的なものだと思うがね。どうかね。
つまり、「一生懸命やってるんだから許して」じゃまずいという意味で。
ということは彼の“読み”の質こそが問題になる。 別に悪い読みをしていたとも思えないが、さほど優れているとも思えない。
「おや、この言葉のこの用法を知らないんだ。辞書引きゃわかるのに」という例が、少なくとも俺の作への評にはあったな。

906 :そろそろ逃げgosi886だ:2009/11/22(日) 23:41:30 ID:zjfRfTTt
[tuzuki]

再び>>895
>ケムリは『大義』みたいなのとは遠い奴だと俺は思ってて、『みんなで一読者の感想を真面目に言い合おう』
>みたいなのが彼の持ち味だった気がする。むしろ、『大義』や『正しい批評』の代わりに誠意なんて言葉を代入したのが
>ケムリの批評観じゃない?

「どんな読みでも成立するからには、絶対的な『大義』や『正しい批評』は成立しない」
ヤツは結構本気でそう主張している、とおれもずっと思ってきたんだがね。

ところが最近まで現フォに「これはケムリさんご本人そのものズバリじゃない?」って御仁がいてですね、
この仁の書いたものの最後の方に「読みの強度」なんて言葉が出てきたので驚いたワケですよ。
厳密には掲載文へのコメントに対するコメント、という場所に書かれてたから何人がそれを読んだかは分からないケド。
で、そういえば彼の掲載文中にも「「そうとも読める」って返事されるのが壁であった」とか書いてあって、
これあ多くの人に通用する=強度のある読み、が欲しいと思い始めたのか。 と思ったわけですよ。

 ついでに言うと、姉弟の会話体で書かれたこのシリーズは読みやすい上に例えなども適切で、良かったと思う。
特に「無限に読めるといっても、1と2の間にある無限と、1と100の間の無限とではその大きさが違うように、
読み(解釈)にはおのずからの枠があるのでは」という話は、かねて俺が漠然とケムリの主張に感じてきた疑問点のキモを
彼自らの手によって鮮明に示したもので、おおこれはヤツも進境著しい。この話を進めていけばヤツの「どんな読みでも成立する」は
危機に瀕する目も出てくるはずだが、いったいどう整合性をつけたのか。と、注目はしていたんだよね。
 だが一方で上述のように「読みの強度が。。。」と言い出している。 そのとき、ふと「ケムリは実は“確かな読み”が欲しいんじゃないか」と思ったのね。
まあ、全くもっておれの独断の憶測だよ、憶測だけどね。 でもあらゆる絶対的真理やケンイを否定してるように見えてその実「力の信奉」という
新しい1神教(すがりつく寄る辺)を生み出したニーチェみたいなメンタリティーをふと想像しちまったね。
イヤ、ちょっと意地悪すぎるねこれわ。

907 :そろそろ逃げgosi886だ:2009/11/22(日) 23:44:02 ID:zjfRfTTt
[tudzuki]

ただ、苦しいだろうな、とも思った。 それは苦しいだろうなと。
レヴィ=ストロースをずいぶん評価してたみたいだけど、フッサールとか読んだらどうかね、と思う。
いや、オラは読んでねえ。読んでネエだ。そんな勉強家じゃねえ(笑)。
けど、たしか「客観的真理真実はない。ただ群盲ゾウを撫でて、その各人が得たゾウに関する情報が持ち寄られorキリハリされて、
ゾウという概念が出来上がってゆく」みたいなこと言っていたハズで、まあ何かの役には立つんじゃないかな。

 まあ、現フォにいたあの御仁がケムリさんだなんてな、全然確証のない事で、全くの見当ハズレだったら各方面の方々ごめんなさい、
なわけです。 イヤ全く。

(長文、まっこてスマンこってした。反省して謹慎にはいります)

908 :名前はいらない:2009/11/23(月) 04:45:02 ID:FGBHWJJZ
あれがケムリだなんてあえて言わないだけで全員が気付いてるだろ

909 :名前はいらない:2009/11/23(月) 07:24:24 ID:i8A1IBRM
(元極道作家)出石大&中野ジロー(ロボトミー)
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1258928455/

910 :名前はいらない:2009/11/23(月) 09:57:04 ID:/M7+yUTq
>>906

そうなの?

現フォなんてちぇっくしてねえようわあああ
読んでみたかったのに
もうログとか残ってないんでしょか

911 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/11/23(月) 15:20:23 ID:xriIrnIF
詩人の鍛練として可能なのは、やっぱり合評しかないんだろうな。

ある個人の評価からは学ぶことは少ないです。その個人が興味深い人なら、評価からも学べるけど、作品評価に絶対的なものとかはありえないし、創作へのアドバイスとしても、ある程度のものとしてしか意味はないですよね。

そうではなく、実作経験のある複数のものからのコメントを示されることから、その隙間から何かが掴めたりすることが少なくないと思う。

そういう意味で合評は重要だけど、それを取り違えて、「俺(または彼)の意見を聞け」ってことばっか言ってるひとは滑稽だと思うな。

そんなひとはいないかもしれないけど。

912 :名前はいらない:2009/11/25(水) 04:50:22 ID:6NLqmnx3
決まった!

913 :名前はいらない:2009/11/26(木) 23:08:02 ID:RkZg99e3
正論ベタ論自己保身論

914 :名前はいらない:2009/11/29(日) 22:48:16 ID:Glwvnk1Q
自己保身とかどうでもいいチャチャしかいれられないから、糞なんだよ

915 :名前はいらない:2009/11/30(月) 02:53:27 ID:wlOvD6Uw
相手に拠ってはそれも有効かもな

916 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/06(日) 10:56:55 ID:QcHk59zq
中島敦の「山月記」に、詩人になりたかったんだけど、間違って虎になっちゃったやつが出てきて、月に吠えるじゃないですか。

あれは、努力の結果、かえって才能がなかったことが自分にも他者にも露見することを怖れて合評や切磋琢磨を避ける卑怯と、
克己に専一できない怠惰、という、人が陥りがちな悪徳を見事に可視化した作品だよね。

あの虎は、僕だな(笑)。

虎になってでも書かねばならない詩もあるわけだし、人はみなマイペースでやればいいのが基本だが、まあ、
「虎じゃあ、やっぱダメだよねぇ」
と、思う。そう思って自分は、サイトを渡ったり、オフのグループにも時々顔を出して合評に参加させてもらってます。

文極はなかなか居心地がよかったです。今後も出たり入ったりさせて頂くつもり。
ダーザインにももしかしたら虎に通じるものがあるのかも知れないな。
ケムリさんも虎なのかもね。なんとなく。

噛まれた人は、「虎に噛まれたと思って」流すのがよいよ(笑)。


917 :ためいき:2009/12/06(日) 21:11:32 ID:cVK7Z3/I
>>916
 自分の駄目さに直面させられて、努力するんじゃなくて
泳いで何らかの位置を得たい。その典型。悲しいよ。
 他人を利用すつもりでいつも利用されている。
 自己弁護なんか鼻紙にでも書いとけばいいのに。

918 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/06(日) 22:45:22 ID:QcHk59zq
>917
弁護!
愉快なひとだなあ。
その読解力は笑えるよ。

僕の書いたことは、
「もしあなたがどっかで虎に噛まれたのなら、それはそういうことだと思って、あんまりひどく悩まないほうがいいよ」、
って話さ。
犬に噛まれるよりいいでしょ?
シシマイと思えば、ゲンもいいしね。


てか、そんなレスつけたからには、まさか山月記は既読ですよね?

笑い話なら、未読のほうができがいいけど。

919 :917じゃない:2009/12/06(日) 23:50:37 ID:bivB48vP
山月記かぁ・・・

 虎の作りためていた詩を聞いて、「優れているが、非常に微妙な点で、何か欠けたものがある」
とかいう一節が最後の方にあったはずだが、俺は近頃自作に同じことを感じている。
人の心に肉薄する「もう一つ奥」があるのだと、分かるのだが見えない、手に入らないこの情けなさよ。
というか、痛い。あの虎を事を思い出すことは、俺にとってはもはや痛みを伴う行為だ。

>「虎じゃあ、やっぱダメだよねぇ」
>と、思う。そう思って自分は、サイトを渡ったり、オフのグループにも時々顔を出して合評に参加させてもらってます

いい心がけだとは思う。でも同時に自分は何者か、自作はどれほどのものか、
を掘り下げなきゃ意味ないので、そこのところ言ってんじゃないの917は。
ちょっと辛らつに過ぎるし、決め付けてる感じだけどさ。
 確かに渡るだけ、顔出すだけじゃしょうがない。
自分を突き放し、そして拾い上げるという作業しなきゃ「怠惰な虎」だ。
ましてそういう所で評をつけるのも「なにか欠けた」虎サンたちだというなら、なおさらだと思うよ。
自分の脳内で評と自作と自分の考えとを付き合わせることは避けられないだろうな。

いや、ボルカ氏もそこらへん分かって書いてるんだろうけど。
まあ、917について勝手な補足。

920 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/07(月) 01:41:52 ID:o9T/9I76
>>919
そう噛み砕かれれば、少しは意味がわかるな。
「顔を出すだけのわけないだろ」、と、
普通に返答することも出来る。
もっとも>>917がそうした内容のことを他人に問いただすほどご立派な
修行者なのかどうかは、僕は知らないけどね。

ところでですね。
それはそれとして、あなたに少し説明させて欲しいな。

あの虎は確かにイマイチな作品を旧友に語ったんだけど、
それは彼が人間だったときに書いた詩ですよ。
虎になってからの作品は、旧友と会っているときに即興で作った、
最後の一作だけだけど、そこで初めて、彼は一つの詩といえるもの
を書いた。

確かに友人はそれを褒めてはいないし、作者も傑作だとは述べていない。
でも説明されなくても、あれは詩と言える一遍だと僕は思いますよ。

あの詩が、詩として書かれてしまった時点で、二つの寓意が暗に成立
していて、一つは、彼は、「妻子を捨て去ったこと」のようないわゆるリアルなものに
心が届くようになって初めて詩が書けたと言う事。
もう一つは、彼は虎になってまで詩を書いたと言うことだと思うな。

夜中に声がして、それを聴いて駆け出したとき、彼は虎になったん
ですよ。その声こそが詩情と僕らが呼ぶのもじゃなくてなんなのかと
僕は思う。
その声を聞いて、暗中に飛び出すこと。そこまでが「虎ごときであるにせよ、
虎ではある」、ということの前提だと思うよ。

評と自作をつきあわせるなんて、そんな悠長な話は、、、、、
いや、重要ではあるよ。
っていうか、そんなことはしないわけもない。
言うまでも無く、自分は何者か、自作はどれほどのものか考えるし、
掘り下げているでしょうね。日常的に。
また、僕はこれまでも詩友との交友を大事にしてきたし、今後も
もちろんそうするけどね。
しかし、ベースは虎なんだよね、って話です。
何かが欠けているのではないです。
そこは、あなたと僕で、あの小説の解釈が違う。

921 :名前はいらない:2009/12/07(月) 10:43:01 ID:0OXSfn8v
一条さんは田中さんの詩をどう思ってるのか?

922 :debaser:2009/12/07(月) 11:41:50 ID:sj5QAZam
どうでもいいですけど新型インフルエンザにかかってしまいました。

田中さんが文学極道に投稿した三つの作品は非常に好きです。



923 :名前はいらない:2009/12/07(月) 15:34:23 ID:FQX5FlcW
何が俺は虎だ、だ・・・
ニートと同じですでに格好良過ぎるんだよ


924 :名前はいらない:2009/12/07(月) 18:31:16 ID:k62zI79U
田中宏輔って有名なんだ
全然知らなかった

ま、それはともかく
評価がはっきりわかれてんのが面白いな

925 :名前はいらない:2009/12/08(火) 20:45:53 ID:97cbgkpA
>>920
あの小説では虎は虎のままじゃないのかと
妻子を思い出したのは取ってつけた別れ際になってから
どこまでもリアルから目を背けて詩作といういい訳を盾に
己の内に引きこもり続けている愚者への戒めだと読めた
ボルカは漢詩は読めるほうか?
虎の漢詩のどのあたりを指して「詩と言えるもの」と読んだのか
教えて欲しい
オレは漢詩はからっきし読めないんでね

926 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/08(火) 21:49:11 ID:blLhEXkn
あの虎はもちろん虎のままですよ。
だって人食い虎ですよ。
いまさら人間に戻れないでしょう。

僕は漢詩はよくわかっていない。岩波新書の「唐詩選」を高校生の頃に読んだのが全部ですね。
詩の意味についてあなたより何かを読み取ったなどということはないだろう。
だけどあの詩は、あのままで、鬼才絶と呼ばれた李賀の落第の詩に匹敵するような美しい詩だと僕は思うよ。
そこは感覚でしょう。
でも、あれを傑作と読むか、駄作と読むかで、小説の解釈は逆になるよね。

妻子への思いや、リアリティへの目覚めについては、時間の経過に注意して読むことが傍証にはなると思います。
時間的に、虎が妻子に思い至ったのと「聞き手の友人が、すくなくとも否定しない」あの詩を制作したのとは同時でしょ。
虎になる前はリアリティに目覚めていなかったことは明らか。


927 :名前はいらない:2009/12/08(火) 22:19:46 ID:G85CKTA+
>オレは漢詩はからっきし読めないんでね

という925に対して

>詩の意味についてあなたより何かを読み取ったなどということはないだろう

というからには、全然よみくだせてないって事でいいのか?

 穏やかでいい流れだし、詩を書いて(かつヘボな)者どもにとってはしみじみとして、
なにかしら悼みの感情さえ涌く話題なので、あまり揚げ足取りのような横槍は入れたくないのだが、

>僕は漢詩はよくわかっていない

なんて曖昧な言い方じゃなく、
そこん所はハッキリしといた方がいいよ、ボルカさん。

928 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/08(火) 22:45:20 ID:blLhEXkn
いや、意味の受け取りについては、たぶんホントに同じ深さで読んでるのじゃないかな。
むしろ読んだあと、どう味わうかっていう、趣味趣向の違いでは。

僕は好きだってだけですよ。だってカッコイイじゃないですか。

とか、言わず、僕の鑑賞を書いてみるか。。

※※※

深山の渓谷に向き合って、それを睨むがごとき月が煌々と輝いていて、どこまでも青い。
志もかなわぬくだらぬ者のまま、俺は妻子を道端に捨て去り、飢え凍えるにまかせている。
人をも殺した。
俺にはもはやまともに敵してくれる人もいない。
そういう場所に俺は来てしまった。

月よ。おそらくはおまえこそが杜甫も淵明も萩原朔太郎も見た月であろうが。
何も語れぬ。
語ることは俺にゆるされぬ。

俺はただ、吠える。



929 :名前はいらない:2009/12/09(水) 01:03:31 ID:9vpU0XtV
「あの虎は、僕だな(笑)。」

930 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/09(水) 07:47:34 ID:Rtam3chk


今、やっとそこまで読んだのか?
変わった人だな。



931 :925:2009/12/09(水) 21:56:05 ID:9e4nN+1/
>>926
>でも、あれを傑作と読むか、駄作と読むかで、小説の解釈は逆になるよね。

同意。そうなんだよね。
だから自力で漢詩読めないオレなんかだと、解釈に悩むんだ。

山月記の感想は、
真の詩情を介さず技巧に依った詩しかけない人の、
哀れな末路のように思えてたけど、
>>928のように読むと、なるほど、
虎の人間性が出てきて、よいのかもね。


あとついでに気になって検索掛けてたら、
興味深い考察を見つけたから、張っといてみる。んじゃ。


「中島敦「山月記」の漢詩について」
http://www.geocities.jp/laihama/mylist/sangetu_shi.htm

「中島敦「山月記」の感想文を夏期宿題として求められた人に」
http://amehare.lolipop.jp/blog/2005/08/200508020000.html


932 :名前はいらない:2009/12/09(水) 22:03:46 ID:JjF4PYa7
他者の詩と同様に自分の詩を自己でどう評価しようと構わないし
カッコイイ存在に憧れるのもいいが
しかし、そんなに簡単にその地点の詩書きに到達しちまえるものなのか

933 : ◆??? :2009/12/09(水) 23:05:25 ID:pIbzkeGu
ボルガの人に、サポートユーザーへの就任依頼をします。
できればサポートユーザーを通り越して、発起人・選考委員に就任していただきたいです。
貴殿の筆力・胆力、人間力を買って。
先ずは文学極道フォーラムにご登録ください。詳しい話はそこで。
よろしく力を割いていただきたいです。
ご検討願います。

それから、俺に金を恵んでくれるとか言っている人がいますね。
文学極道とは何も関係の無い個人的な借金でまいっているので、
それに充ててもいいというのであれば、集金大募集です。
私の住所は、
〒067-0062
北海道江別市上江別南町7番地27
武田聡人(タケダアキヒト)
tel 09055963835

では。


934 :ダーザイン ◆UdXP1tlH7Q :2009/12/09(水) 23:41:37 ID:pIbzkeGu
上の書き込み、俺な。
なんで文字化けするかなあ、、
ボルガさん、よろしく。

935 :名前はいらない:2009/12/09(水) 23:52:40 ID:9vpU0XtV
はいはい
さようなら

936 :名前はいらない:2009/12/10(木) 00:55:13 ID:9QIva/dM
>あの虎は、僕だな(笑)

といった発言をして、その後に

>ダーザインにももしかしたら虎に通じるものがあるのかも知れないな。
>ケムリさんも虎なのかもね。なんとなく。

とさり気なく実力者の名前を並べるのはどうかと思います。
他の有名詩人や作家の名を出しても通用しそうだしね。

937 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/10(木) 19:40:38 ID:2MqWnebx
>ダーザイン

お声かけ光栄です。
あとでログインしときますよ。



938 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/10(木) 19:50:06 ID:2MqWnebx
>963
褒めてるのかけなしてるのか君にはわからないんだろ?
どっちでもない。
小説の登場人物について話しているのだから、その小説を読まない限り意味はわからないよ。

無理にわかる必要もないけど、もし気になるなら読むべし。

939 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/10(木) 19:55:10 ID:2MqWnebx
>931、サンクス。

>932
いいと思ってるよ。
むしろ出発点。

タイプですよ。
僕は謙虚な人を否定しない。
でも誰でも、自分で思ってるほど謙虚じゃないよ。

940 :名前はいらない:2009/12/10(木) 19:55:33 ID:5Ymle93H
恥ずかしいひと(´・ω・`)

941 :886:2009/12/10(木) 21:44:24 ID:33BwOpc9
>>933
おおっと了解。近日中に諭吉一枚送りますわイ。

942 :名前はいらない:2009/12/11(金) 06:52:31 ID:bR7BI1tb
>>938
ダメでカッコイイ虎になった僕

943 :ダーザイン ◆UdXP1tlH7Q :2009/12/15(火) 20:37:33 ID:7XNePpZ6
マジに諭吉を送ってくれた人がいました。それも大物から。
助かります、ありがとう、益野大成さん。
さて、この万札を持ってキャバクラに行こうか、美少女アニメフィギュアを買おうか、
というのは冗談で、大事にさせていただきます。

益野大成さんはわりとご近所なのな。
ひとつ琴似あたりで飲みませんか?
琴似には実にいい飲み屋がたくさんある。
ああ、居酒屋古里で八角や黒頭の刺身を食べたい。

意見が合うことも合わないこともあるのは当たり前で、そのうえで激論を楽しめるのが大人ですな。
あの近くに貴殿がいるのかと思うと、無性にお会いしたくなりました。
金が無いとは言っても、琴似で飲むかねぐらいあるので、
更に貴殿からむしり取るなどということはないからご安心ください。

さて他の連中も、これに続いて漏れに送金してくれたまえ、よろしく頼む。
マジで、借金を払ったら給料が全部なくなるので生活費をまた借りるという自転車操業状態が続いている。滝汗


944 : [―{}@{}@{}-] 名前はいらない:2009/12/15(火) 23:29:54 ID:jWtVsmZn ?2BP(1001)
>>943
実家が新琴似の近くだあ。
琴似はふくべ行くくらいしか
用事なかったなあ。


945 :益野大成:2009/12/15(火) 23:46:57 ID:LnJPBPu5
うへへ〜、まいったな(苦笑)。2chで名前の連呼スか。まあいいけど(笑)。

匿名掲示板とはいえ「あいつホントに金送ったのか? 言い逃げじゃないの?」
なあんて言われるのも業腹だし、といって自分で「送ったよ」といっても信憑性にトボシイ
などと更に業腹なことを言われかねないので、「金を送った旨公言しても構いません」
とは書きましたけど、「それ以外については知らぬ顔でいてくれれば当方もありがたいというものです」
とも書いたわけでして(書き方分かりにくかったデスかね)。。。 ま、いいです。悪事働いたわけでなし、
こうアカルク書かれると、もうドウモコウモアリマセン(笑)。

>ひとつ琴似あたりで飲みませんか?

う〜ん、年末はすでに3つばかり予定が入っているのでちょっとゴエンリョさせてくらはい。

>意見が合うことも合わないこともあるのは当たり前で、そのうえで激論を楽しめるのが大人ですな

ま、その通りですが、四十路ももう半ば越してるくせに、そこらへんには自信がない。
激論酒のあとは、その後味の悪さに結構落ち込むタイプだつうこともアリマスので。

(なんか初めは結構きつい事言っとったわりに、ヘンに馴れ合いみたいになってくるのもアレなので、このへんで)


946 :名前はいらない:2009/12/18(金) 10:25:41 ID:tZdgSWGi
ボルカさんって極道でなんかいい詩書いてたっけ?
優良にひっかかってもなくない?
なんで突然発起人に?

947 :名前はいらない:2009/12/18(金) 20:52:38 ID:GUh2S8Lx
って声は多いだろうなあ。

948 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/18(金) 22:26:27 ID:DTMiL5MA
うん。
合評に参加させて貰ってお世話になったし趣旨に賛同したので、発起人に加盟して維持運営に協力させていただくことにしました。

非力ですが、よろしくお願いします。

>良い詩を書いていない

その点については言いたいことがあるひともいるかもしれないよなあ。
少なくともウケてはいないよね。

僕自身は、オオムラサキも、はだかバスも、その他もろもろも、優れた詩であり、現時点での僕の苦闘の成果だと思っていたんで、発起人を引き受けるにあたっては、そのあたりは気にしてませんでした。

そのうち皆さんも認めざるをえない傑作を書くつもりではいます。
が、つもりはそうでも、そうなるかどうかは僕自身にもわからないです。


949 :名前はいらない:2009/12/19(土) 00:19:36 ID:ffPMVKTg
はあ、極道のレベルもついにここまできちゃったか。

950 :名前はいらない:2009/12/19(土) 02:53:50 ID:gzSAP0Zz
>>948
喜んでいい。
そうだとすればネット上は何処も彼処も優れた詩で溢れ返っている。

951 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/19(土) 09:01:43 ID:tuHxTEdn
以上。
って感じ?


気の毒だけど、あんまり落ち込まず、元気だしなよね。

まあまた中島だけど(名人)、そんなもんですよ。

至言は言無く
至為はなすこと無し

至ポエムにポエム無し。

このひとにこの詩ありと、トーシロやボンクラから言われるうちは、詩人ではないのかも(笑)



952 :名前はいらない:2009/12/19(土) 16:18:01 ID:qOcsqqwB
>僕自身は、オオムラサキも、はだかバスも、その他もろもろも、優れた詩であり、現時点での僕の苦闘の成果だと思っていた

ボルカ御大に限らず、皆、自分の詩についてはそう思うもの
ただあんた程には自分に酔わないだけで
それからあんたの詩読んだが、山月記がどうの以前に、寒い

953 :ダーザイン ◆HgQX3HOC6A :2009/12/20(日) 01:08:19 ID:2P7LxLTz
ボルガさんの詩は面白くて好きですよ。はだかバスは優良作品になるべきだったと後悔しています。
それから文学極道での選抜を経ないで発起人になった人はたくさんいますよ。
ボルガさんが来てくれたことはとても大きいです。
情熱と実践力がともにある人だからね。
繋がるべきものが、ちゃんと繋がり始めたということがまた大きい。
ワイヤードは広大な無辺際の地平であり、どこに行くのか皆目解らない地下水道が無数に交差している。
地下水道の果てに垣間見える光を求めて、
メディア文学極道は前進し続けます。

繋がるべき人たち、どんどん繋がりましょう。
益野大成さんも、発起人になってはいただけませんか?
筆力・丹力・人間力、すべて買えます。

他にも、我こそはと、名乗りを上げていただきたいです、ワイヤードの実力者たちよ!

954 :名前はいらない:2009/12/20(日) 02:06:40 ID:5r6RLZ9I
ボルガさんの詩は確かにつまらんし、サムイ。
ありきたりなものばかりだしね。
でも団塊Jr以上の世代にはあれ位のぬるま湯が面白く感じられるのかもね。

955 :名前はいらない:2009/12/20(日) 02:23:38 ID:FaSnbFjF
ボルカ氏は田中宏輔の足下にも及ばない。

956 :名前はいらない:2009/12/20(日) 05:32:11 ID:ClfTVhw6
詩壇的な腐敗した採用基準だと思わんの?

極道が忌避している世界と同じじゃん。

957 :名前はいらない:2009/12/20(日) 07:46:10 ID:L8EJqp3Y
いかいかを発起人にして欲しい

958 :名前はいらない:2009/12/20(日) 07:58:45 ID:WH70tYI4
とりあえずボルカさん応援します( ・ω・)b

いかいかさんは大賞狙ってる姿のほうがいい。絶対。

959 :名前はいらない:2009/12/20(日) 08:01:35 ID:WH70tYI4
田中さんは、極道の詩より詩集の詩のほうがいい。と僕は思う。

960 :名前はいらない:2009/12/20(日) 08:09:29 ID:WH70tYI4
発起人は増えた方がいいのは明らか。ただ、動いてない人はリストラしていく方向をとったらいいとは思う。もちろん、確認はきっちりした上で。

961 :名前はいらない:2009/12/20(日) 09:03:46 ID:GzxPENC+
いかいかは大賞なんか狙ってないし
発起人をやるほど文極に対する愛情もない

962 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/20(日) 09:09:29 ID:3h81JF9H
僕がまだわかってないのかもしれないが、発起人って言葉は、「趣旨に賛同してその旗を起こした人」って意味が本来でしょ?
同人誌設立メンバーみたいなものじゃない?

僕がやってる同人誌も、創刊号を出すまでに設立メンバーの一部は去ったけど、それでも一緒に設立した人は理念みたいなところで活動に響いてると思うな。

そういうのだとしたら、あとから加わることはあっても、リストラはないでしょ。


963 :名前はいらない:2009/12/20(日) 11:38:01 ID:WH70tYI4
>>262
納得。まあ、これからも頑張って下さい。選評楽しみにしています。

964 :名前はいらない:2009/12/20(日) 11:39:07 ID:WH70tYI4
>>962だった(:_;)

965 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/20(日) 13:47:29 ID:3h81JF9H
サンキュ(^^ゞ



966 :名前はいらない:2009/12/20(日) 18:49:19 ID:FaSnbFjF

恥ずかしいひと(´・ω・`)


967 :名前はいらない:2009/12/20(日) 20:28:50 ID:2zYRWvLh
発起人ってそこまで重要なポジション?みてるとわからないんだよねぇ、どうなの?

968 :時別嬪:2009/12/20(日) 21:03:17 ID:7HgmBDIi
哀愁のメロディ・ラインをバックに、
ぼくはあなたに近づく

そこに、透明なピュアを感じ、
なにが うれしいことで、
どれが、さみしいことかを、
あなたに 見たい

ゆっくり 昼の月をさがすような
じっくり加減の空気に 酔う

生命の泉が涌き、あふれ、
今度こそは 楽しい風景の場所へゆける 気が しています

優しさで包み合う 関係が いいな

素直な驚きの 準備で いっぱい

繊細さで 行く手を くっきり 濃くして、

また おんなじような うれしい優しさを探す
心の時間旅を 続けたい

万田海斗



969 :名前はいらない:2009/12/20(日) 23:55:14 ID:KAAWwsqh
はだかバスという詩がどうしても普通の糞ポエムにしか見えない私の価値観はおかしいんだろうか…

970 :名前はいらない:2009/12/21(月) 00:16:44 ID:smTm//rE
はだかバスはマシなほうだよ。
豚がどうとか、他はもっと酷い。

971 :名前はいらない:2009/12/21(月) 09:33:50 ID:ukjrvHBd
一つ二つのポエムで優劣を決める人はまともな評なんて書けないと思うね。

972 :名前はいらない:2009/12/21(月) 09:53:07 ID:ukjrvHBd
とにかく、評を見てから何か言うべきなんじゃないの?ということが僕はいいたい。

973 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/21(月) 10:52:57 ID:F1EQKdR1
サンクス。

まあ心配しなくても、僕が裏方に加わったぐらいじゃ、表はこれと言って変わりませんよ。

それよりサイトの流れを決めるのは投稿者だよね。

だれかレベルとか書いてたけど、レベルは間違いなく高い。あそこの水準が低いとか言ったらフシアナだろ。

ただ方向性が、いまひとつ見えてきてないね。お行儀が良すぎる。

個人的には、今後、より多様で、よりアンチ・手帖テイストで、よりフリーな作品が増えるといいと思ってます。



974 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2009/12/21(月) 11:29:46 ID:ydMS1yqA

ぜったいに紙媒体で書かせてもらえないような作品を投稿させていただきます。

これからもよろしくお願いいたします。

                         田中宏輔 

975 :名前はいらない:2009/12/21(月) 14:06:11 ID:ZEZIeY9O
レベルが低いとは思わないが、ボルカは明らかにレベル不足。

976 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2009/12/21(月) 14:24:50 ID:ydMS1yqA

もっとも辛辣な批評は「無視すること」だと思います。

「アンチ手帖」って、ぼくのなかでは、それほどなくって

でも、本気で「アンチ・手帖」って思われるのなら

いっさい、「手帖」について触れないほうがまっとうだと思います。

心理学的な見地から、そういえると思うのですが

ああ、精神分析的な見地と言ってもいいと思いますが

「憎しみ」が、自分と相手を強く結びつけてしまいます。

「愛」が、人と人を、人となにかを、強く結びつけるのと同じように

あるいは、それ以上に強く、「憎しみ」は、人と人を、人となにものかを結びつけます。

ぼくなら、こころからにくいと思う対象はつくりません。

プラスになることがないからです。

腹が立ったりすることはありますが

すべて、プラスに考えるようにしています。

だれかが、ぼくのことを悪く言ったら

その人が、その人のこころのなかで、ぼくのことを強い思いで思っているのだと。

あるいは、その人のコンプレックスから来る審理的な補償作用

つまり、自己防衛的なものからくるものだと。

よく電車で、「きっしょい」とかいう言葉を連発する高校生なんかがいて

顔を上げて、その男の子の顔を見ると、ああ、きみの顔がきしょいから

先に口に出して、防衛線を張ったんだねって思ったことがありましたけれど

だから、ぼくの作品が不評なのも、ぜんぜん平気なのです。


977 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2009/12/21(月) 14:26:45 ID:ydMS1yqA

審理的は心理的でした。

ごめんなさい。

978 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2009/12/21(月) 14:32:09 ID:ydMS1yqA

 満場はふたたび拍手に包まれた。人びとがこのように拍手を惜しま
なかったのは、モーリスが卓越していたからではなく、ごく平均的生徒
だったからである。彼を讃えることは、すなわち自分たちを讃えること
にほかならなかった。
  (E・M・フォースター『モーリス』第一部・4、片岡しのぶ訳)


 ひとをあっといわせるような効果はどれも敵をつくるものだ。
人気者になるには凡庸の徒でなくてはならない。
(ワイルド『ドリアン・グレイの画像』第十七章、西村孝次訳)


自分自身で調査し、自分自身でいっそう綿密に点検することがすま
ないうちは、すくなくともつぎのような種類の人の意見を受け入れる
ことは警戒して避けておいたほうがよい。

1 みずから注目に値する作品を書いていない人。

2 たとえまじめにおこなっているにせよ、自分自身の個人的な点検、
  調査の結果を活字にする危険をみずから冒したことのない人。
(パウンド『詩学入門』第一部・第四章、沢崎順之助訳)


 叙述作品の意味、叙述作品の力は、どのような裁断をされてもびくと
もしない。語るべき話があり、そのことに没頭することができ、自分の
限界のことでくよくよ悩んだりしなければ、遅かれ早かれいつかは読者
に見出されることだろう。そしてどんなに大量に大学教授の悪口が浴び
せられようと、理論的な狙撃があろうと、作者の市民としての身分に影
響は及ばないだろう。キプリング氏が低俗であるという非難で(たぶん
それはこの本の読者が生れるよりまえのことだろうが)、ジャーナリス
トだとかその他その他……の非難で、何バレルものインクが消費された
ものだった。
(エズラ・パウンド『詩学入門』第二部、沢崎順之助訳)

979 :名前はいらない:2009/12/21(月) 14:55:16 ID:smTm//rE
そういう話ではないと思うんだがなあ。
例えるなら今の状況は
手帖という雑誌自体は好きだけど、手帖の投稿欄の選者に
なぜか素人が選ばれたから、読者は意義を表明している、
ってこと。

電車内での「きっしょい」は、言わなくてもいいこと。
ここでの「意思表示」は、言うべきこと。
だと思う。

980 :あっちゃんブリゲ ◆eyAYh4p4zw :2009/12/21(月) 15:52:45 ID:gF/3Zvif

なるほど。

定立があって

反定立があるてことね。


手帖の投稿欄って

ユリイカの選者より少し若い感じが

むかししてたのだけれど

さいきんの選者は、ぼくも詩を読んだことがないくらいのレベルになっちゃってる感じ。

そういえば、こんどの詩誌月評のひとの名前

はじめて見たわ。

だいじょうぶなのかしら。

いくら人材不足でもねえ、笑。


981 :名前はいらない:2009/12/21(月) 15:59:17 ID:kBzXfAjy
阿部何某も素人の選者レベルですぞ。

982 :名前はいらない:2009/12/21(月) 16:06:09 ID:D91vcEof
全てケムリよりはましだよ。

983 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/21(月) 16:20:28 ID:F1EQKdR1
>あっちゃんぶりけさん

今後もよろしくお願いします。

作品は僕なりに受け取りました(拝読した)ので、批評、感想は後日サイトで書きます。(^0^)/


アンチ手帖はね、そういう思いや敵意があるなら、雑誌ごと忘れちゃうのが、おっしゃる通り一番ですよね。

実は僕自身は、手帖も、野村さんも、瀬尾さんも、とくに嫌いじゃないんですよ。
だからアンチというのは正確ではなく、僕が言いたかったのは、アウト・オブ手帖とか、オーバー手帖かな(笑)

個人的に、今よりもっと、はみ出したものを歓迎したい気持ちだよってことなんです。


984 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/21(月) 16:34:09 ID:F1EQKdR1
>資質?みたいな。

そりゃあ君たち、なんでも好きなように述べなさいよ。
(^0_0^)

聞き流すけど。



985 :名前はいらない:2009/12/21(月) 19:36:47 ID:KhpiJd+x
ボルカのレベルはマジで普通にそこいらの厨房と変わらないレベル
残念ながらど素人の仲氏にあっさりボコられる程度


986 :名前はいらない:2009/12/21(月) 22:08:50 ID:hjyLp6R+
確かに発起人になる人間の資質は選ばないといけない。別にボルガさんが悪いわ
けじゃないが、俺はもう完全に文極には愛想が尽きた。もうあそこに書くこと
は100%ないよ。

987 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/21(月) 23:18:07 ID:F1EQKdR1
ふむふむ。
君も気の毒なのかもね。

元気だしな(^^)



988 :名前はいらない:2009/12/22(火) 00:00:48 ID:yD9P/nnz
はっきりいって、発起人諸氏の中で、ボルカだけレベルが段違いに低いと思う。
阿部さんは読んでないから知らない。
あと平川さんも正直あんまり評価できないんだが、あのひとは紙での実績があるみたいだからな。


989 :名前はいらない:2009/12/22(火) 08:27:03 ID:DcZn9Ngy
誰々のレベルが低いとかそういうことでグダグダやる暇があるなら発起人全員と張り合えるような作品を書いてこい、とダーさんは言いたいに違いない

990 :名前はいらない:2009/12/22(火) 10:04:50 ID:XLk3gJLm
俺は988でもないし文学極道を批判したこともないけど
批判してるのが詩人(笑)だけだとでも思ってんのか?


991 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/22(火) 11:04:47 ID:evxUCTCC
いろんな人が文句書いてそうだよね。

単に粘着を趣味にしてるキモい人も混じってるみたいだし、なかには初期からのファンもいるのかも。
前者はウンザリなだけだけど、後者はほんとに気の毒だなあと思うんですが、、、それも仕方ありませんね。
一般に、すべては時とともに流れさるもの。昔は良かった、などと言い出したら負け犬なんですよ。気の毒ではあるけど、敗者に優しくする趣味は僕にはありません。黙って去れよ、としか思いませんね。
もしあなたに、時の流れに逆らってでも失いたくないものがあるなら、逆に積極的に参加して、自分で守るしかないです。

まあ、いずれにしても人の口に戸は立てられず。言いたいように言わせとけば良いんじゃないかな。

また、僕の実力に気づく人もいずれは出てくるでしょうが、そのときはくるしゅうない、遠慮なく褒めたたえるがよい、で、ありますよ。

んじゃ。

正直、僕の悪口のお相手は飽きました。あんまりバリエーションもないみたいなんで、このへんで僕は失礼しますよ。



992 :名前はいらない:2009/12/22(火) 11:49:07 ID:3vPDoRQD
>>989
一応発起人って、投稿者より権限与えられてるんだからそりゃねーよ、と思うのね。
投稿者の中から、黒沢さんやら一条さんやらが発起人になっても誰も文句言わないと思うけど、ボルカはねーよ、と。

993 :名前はいらない:2009/12/22(火) 12:03:11 ID:XLk3gJLm
>>991

あなたって誰に言ってんだこいつ

極道の読者って極道の投稿者ばっかなの?
でなけりゃ詩を書く人間ばっか?
もしそうだとしたらとんだ馴れ合いだな
詩人専用のmixiみたいなもんだ

まずはお前が黙ってやるべきことだけをやってりゃいいと思うよ
聞き流すとか言って、いちいち煽りに反応すんなよw

994 :名前はいらない:2009/12/22(火) 12:12:32 ID:+rAY6CHx
>>991

ていうか「敗者」って、いつ勝ち負けができたんだ、と。
もしかして「ボルカが選ばれて俺が選ばれない!くやしい!」とか
そういう話にしたいわけ?

そういう話は誰もしてないでしょう。

995 :名前はいらない:2009/12/22(火) 12:29:05 ID:XLk3gJLm
>>994
まあその部分は煽りみたいなもんだろ

ボルカ個人はどうでもいいとして
なんか色々と文学極道には足りてないな

996 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/22(火) 12:36:21 ID:evxUCTCC
>993
そうね。
読者の人もいるだろうけど、僕は君に向かっては何も言ってないよ。
勝手に述べてればよいでしょう。

>994
そんな恥ずかしい誤読は、勘弁して欲しいナー。
(-.-)

基本的なことだけど、僕は馬鹿は大嫌いなんだよね。



997 :993:2009/12/22(火) 12:46:10 ID:XLk3gJLm
>>996
奇遇だな
俺も馬鹿が嫌いなんだ

お前は「このへんで失礼します」って言ったんだから
とっととパソコンの電源切ってポエムでも書いてろ^^

998 :ボルカ ◆6kB1JyG4Xo :2009/12/22(火) 13:12:08 ID:evxUCTCC
確かにそう言ったな。
グッバイ。
(^0^)/


999 :名前はいらない:2009/12/22(火) 13:26:10 ID:DcZn9Ngy
もう999だね。
来年はいい年になりますように。

1000 :名前はいらない:2009/12/22(火) 13:27:21 ID:SYRwwM51
と、まあカスが消えたところで1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

357 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)