2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>> 詩の雑誌・5 <<

1 :名前はいらない:2008/04/24(木) 07:24:57 ID:9xxRYCIf
>> 詩の雑誌 <<
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1012302374/
>> 詩の雑誌・2 <<
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1068130254/
詩の雑誌3
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1157293847/
前スレ
>> 詩の雑誌・4 <<
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1191153039/

現代詩手帖、ミッドナイトプレス、マイ詩集、
ユリイカ、詩と思想、Lyric Jungle、
などなど
商業詩誌について語るスレッドです。

2 :名前はいらない:2008/04/25(金) 09:36:27 ID:swg6onfj
今年こそ現代詩手帖賞とるクマー!

3 :名前はいらない:2008/05/01(木) 00:38:29 ID:J1PkNf2v
新スレあげ。
「詩とファンタジー」買ってきた。ほとんどカラーページで880円は安いな。
それとも他の詩誌が高いのか。
頭でっかちな詩がなくて好印象。
あと、「詩と思想」読者投稿欄の入選・佳作誰か教えてください。

4 :名前はいらない:2008/05/01(木) 15:36:07 ID:/ErV+aCT
詩とファンタジーの入選者と佳作者を書いてくれたら書くよマジで

5 :名前はいらない:2008/05/02(金) 01:16:05 ID:BDXYnL85
>>4数が多いから大変なんで名前だけ。

イラストつき
きういじゅーす 高浜陽南子 羽風俊治 アベナギサ 岩水優美 君島七樹
小林俊英 杉山磨哉 高塚鎭昭 中島真悠子 棚田悦子 春風小石
えむなお 村田茂郎 重成九里 織紙千鶴 いまいずみしんのすけ
磯純子 坂井蓉 さんぽや みやもとおとめ

イラストなし
くもいはるか 北川拓磨 音羽優美 のなかもえみ 丸山瑠々
吉澤陽子 柴山健一 横田沙夜 島田節子 田浦雅人

6 :名前はいらない:2008/05/02(金) 02:13:06 ID:ZWt/scRD
詩人のためのワークショップを
どなたかご存知ありませんか?

7 :名前はいらない:2008/05/02(金) 06:51:37 ID:bzDXmCSS
>>5ありがとう。じゃあ「詩と思想」ね

入選
川井麻希 今唯ケンタロウ 大谷敏江 丸亀たまき 石倉宙矢 井手上久光 古井戸崇子

佳作
石井格 夢沢那智 楢山孝介 草野理恵子 大谷敏江 丸亀たまき 万亀佳子 田崎智基

8 :名前はいらない:2008/05/02(金) 12:15:56 ID:ZWt/scRD
>6
スキルアップのワークショップと
感性を磨くワークショップは違うと思うんです。

9 :名前はいらない:2008/05/03(土) 02:22:01 ID:8Fr71JL5
世界は進化しています。
実存をのせた、詩の、内的世界とは
個人の内だけにあるものではありません。
内的世界こそ共感です。共感を得るにはスキルだと。
評価だけのために詩を書く人々を、この雑誌たちが支えているとしたら、
それこそ、詩の世界と、詩の雑誌は
大きなへだたりを余儀なくされるでしょう。
危惧。

10 :名前はいらない:2008/05/03(土) 03:08:22 ID:8Fr71JL5
印刷された文字の世界とは、対極にある、
身体詩という
全く新しいジャンルがあります。(一部の詩人の方はもうご存知ですよね)

文字では表現できない、
しかし、明らかに「詩」であり、
今日を生き伸びるのには、必要なジャンルの

です。

ましてや「詩の雑誌」には掲載不可能ですね?(暴笑)
この事実について皆様、いかが思われますか?

11 :名前はいらない:2008/05/03(土) 06:41:50 ID:cC2bm+F8
前スレで誰かが書いてたけど、こりゃあ天音詩温だな。つーか天音詩温の尻尾だわw

12 :名前はいらない:2008/05/03(土) 09:44:12 ID:CISTnAmM
無学にして「身体詩」なるものを、私は知りません。
「文字では表現できない」ということは、文字を使わないということでしょうか。

それならば

「使用される表現媒体」によってその芸術の優劣がきまるかのような
考えには賛同しがたい。と思いました。

あなたが批判なさりたいのは、「現在の詩誌に載るような詩」なのであって、
「文字で書かれた詩一般」ではないのではないでしょうか。

13 :名前はいらない:2008/05/03(土) 22:06:34 ID:nnrMGSGg
>>12
キチガイを相手にするな、荒れるから

14 :名前はいらない:2008/05/04(日) 01:03:22 ID:99LCNboe
まず
>13
なんと言う無神経なことば
かなしい
少なくともここは詩の雑誌を語るスレッドでしょう?
よくないです。

>12
身体詩の説明としては
ググッていただければたくさんの解説を参照できますよ。

文字としての、自分の詩の世界を完結するのであれば、
自費出版という方法があります。
私も詩集を出していますが、おかげさまで売り切れて、
他の方々に詠んでいただいたり、芝居の原作や映画のモチーフにしていただいたり。
そうやって、形を変えて世界を紡いでいく力が、詩にはあります。

さて、では詩の雑誌の役目は何でしょうか?
完璧な自由の世界にしか生きられない詩人に
優越をつけ
分裂させて

さて、どう思われますか?

15 :名前はいらない:2008/05/04(日) 06:38:34 ID:AuFL0D/U
>>13
釣りかと思ったら本物の糖質みたいだねぇ。妙なのが居座っちゃったな……

>私も詩集を出していますが、おかげさまで売り切れて、
>他の方々に詠んでいただいたり、芝居の原作や映画のモチーフにしていただいたり。

仮にこれが事実だとしても、「単に有名詩人がアスペでした」という悲しい事実が
判明するだけの話だしな……

16 :名前はいらない:2008/05/04(日) 07:18:26 ID:JmivJEJB
>>14
>芝居の原作や映画のモチーフにしていただいたり。

先生、ぜひその芝居や映画のタイトルを教えてください!

17 :名前はいらない:2008/05/04(日) 10:33:13 ID:P8XZVrT6
自分だけが真実を知っている…というような特権意識を持たせるのは、カルトやマルチ商法の典型的な典型的な手法だから気をつけてね。

18 :名前はいらない:2008/05/04(日) 11:22:31 ID:3lyv5pVE
若い詩書きは詩集を出すほど金がない、ネットだけでは満足出来ない、
など、いろいろ理由はあるだろうし、何も詩誌を買う、詩誌に投稿するから、
詩誌だけが偉いとかそんな風に考えてる人なんていないと思うよ。

19 :最極悪:2008/05/04(日) 13:20:39 ID:Xj/9vNjK
>>16 あ、お前これ再レスだろ

20 :名前はいらない:2008/05/04(日) 22:20:12 ID:rlG8CNq5
>>15
2ch典型のきみよりは見ている分にはおもろいよ……

21 :名前はいらない:2008/05/04(日) 23:18:29 ID:Vc3RG4Pl
素人や大学生でも映画と芝居なら自主制作で作れるし
自分や仲間内で作ったのでは

22 :名前はいらない:2008/05/05(月) 03:06:52 ID:2oaWfNxO
>21
詩人の世界を倣った自主制作の映画と、
自費出版では、
自己実現のよりどころが、全く違うのです。

23 :名前はいらない:2008/05/05(月) 03:19:11 ID:of1SZsTl
自主制作でした

24 :12:2008/05/05(月) 21:45:52 ID:gDteoCwE
>身体詩の説明としては
>ググッていただければたくさんの解説を参照できますよ。

ちょっと検索して1、2読んで見ました。「こりゃ見てみないと分からんな」というのが正直なところです。
その場の「気」をも含めた身体表現とくらべて、確かに文字による表現は多くのものをそぎ落としているかもしれませんが、
時代や場所が異なっても原形のまま読める、という射程の長さが利点かもしれません。
むろん、言語の通用範囲や時代による変遷など制約はあるにしても。

>文字としての、自分の詩の世界を完結するのであれば、
>自費出版という方法があります。
>私も詩集を出していますが、おかげさまで売り切れて

うらやましい事です。私も1冊詩集は出してますが、売り切れなど程遠いですから。

自費出版は確かに作者の完結した世界を提示できますが、逆に孤立しています。自費出版本の海の中で
押し流され(宣伝の不足と必要性)、その結果作者が欲していても、適切な批評や評価ももらえません(批評の必要性)。

 本来雑誌とは、「良質の作品提供」という役割のほかに、作者・作品への批評、優良な作品の宣伝。など、読者も巻き込んだ
交流の場(市場みたいな)という位置づけがあるように思います。そして、「良質」というからには「そうでないもの」があるわけで、
序列をつけることは避けられず、また「何が良質なのか」について様々の考えもあるでしょうから、論争、時には分裂もあると思っています。
別に雑誌が特別に高尚な場であるわけじゃなく、普通の世間と一緒で色々ごたごたもある場だと思います。参加する人々のウツワを反映して、
立派になるときもあればそうでないときもあると思います。

 個人的な意見では、現代詩手帖は、論者の人が何いってんだか、私にはチンプンカンプンで、上記に載せた私的雑誌論?からみて、
私の浅学ぶりを差し引いたとしても、一般読者からも、(一部を除いた)作者からも離れているように見えます。

 私の好みじゃない詩ばかり載せていますが『詩とファンタジー』という雑誌は、詩を書くこと、読んで共鳴すること、それを人に勧めること、
という営みがあるような気がします。詩の原初的な喜びみたいな形が、そこに露頭しているように思えるのです。

25 :名前はいらない:2008/05/05(月) 22:23:32 ID:JbHRblVu
ここまで俺の自演なわけだが

26 :名前はいらない:2008/05/10(土) 00:39:32 ID:zbCdA2wo
>25
ホーラ、そんな事書くから…
楽しみに読んでいたのに、止んじゃったじゃないかよ。
どうやらスレッドに対して正論を挑もうとすると
天音詩温や、アスペ呼ばわりされるみたい。
気にすんなー

27 :名前はいらない:2008/05/10(土) 15:53:17 ID:fscwOfCi
見たところ正論を挑もうとしてるからじゃなくて一方的な考えを常識として他人に押し付けようとするからそう呼ばれてるように見える

28 :名前はいらない:2008/05/10(土) 18:39:13 ID:5Jxc+U0g
病院に強制入院させられたか、薬が効いて正気に戻ったんだろうよ

29 :名前はいらない:2008/05/10(土) 20:18:52 ID:UsVITFTf
え?どういう意味?

30 :名前はいらない:2008/05/10(土) 21:34:04 ID:buFrIJrW
そういう意味

31 :名前はいらない:2008/05/10(土) 21:39:58 ID:UsVITFTf
じゃヨッシーに聞きます

僕が左手に持っていた物はなんでしょう?

32 :名前はいらない:2008/05/10(土) 22:17:58 ID:er2O9My9
http://blogs.yahoo.co.jp/truepoetmyself

どうおもいます、この作風。

33 :名前はいらない:2008/05/10(土) 22:25:34 ID:0e7KZaRj
詩集なんてISBN気にしなきゃぁ、フォトショできっちり構成こいて、
四十ページのやつを一万円で出せるってばよ。

34 :名前はいらない:2008/05/11(日) 02:36:19 ID:JLnCewMX
>28
詩人への最高の褒め言葉として言ったんです。

35 :名前はいらない:2008/05/11(日) 07:19:01 ID:/gK0EGh2


36 :名前はいらない:2008/05/11(日) 09:21:15 ID:zFjq1i1j


37 :名前はいらない:2008/05/13(火) 16:49:24 ID:cXOuieDx
ホットペーパーにのりたかた

38 :名前はいらない:2008/05/14(水) 01:52:56 ID:fJx2WD2b
…つまんね
天音詩温、かむばっく!
ワークショップですか?

39 :名前はいらない:2008/05/14(水) 06:44:20 ID:rZdYAh4i
本人乙
マッチポンプですか?

40 :名前はいらない:2008/05/14(水) 17:30:31 ID:ted6Lwuh
精神世界で癒される第38章
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1210246310/

このスレのスレ主さんである単、直さんが、リアルのほうが忙しいので顔をなかなか出せないと言う事で、スレ主さんを下りられるそうです。

そこは、無国籍男女混浴風呂。
どなたも、癒やされますよ。
ひとっぷろ、どうですか?


↓ ここでは、さとりの語り手をつのっています。<(_ _)>

坐禅と見性 第56章 名詞を剥ぎ取る、なんと呼ぶか

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1205841481/

41 :名前はいらない:2008/05/21(水) 15:34:09 ID:juzlwXwE
>33
具体的に教えて下さい。
作り方の載ったサイトとかありますか?

42 :名前はいらない:2008/05/23(金) 11:42:28 ID:Z8krH8gj
「詩とメルヘン」
その題名ゆえに偏見を持っていた
「詩とファンタジー」
やはり本屋で買うのが恥ずかしい

もっとシックな名前にならないものか

43 :名前はいらない:2008/05/23(金) 12:19:34 ID:ekp+4QKf
「詩とポエム」

44 :名前はいらない:2008/05/23(金) 17:32:08 ID:Cef2mcZi
「ポエムどうでしょう」

45 :みたらしひかる ◆NPntL0c/ps :2008/05/23(金) 19:50:57 ID:Eei8MxuR ?2BP(690)
>>42
詩と幻想

46 :クマクマ:2008/05/23(金) 20:05:50 ID:ep5Rz613
詩想膿漏

47 :名前はいらない:2008/05/23(金) 21:29:14 ID:2rEiUMJE
>>44
「四国八十八ヶ所・詩集奉納」
「中米 コスタリカで幻の詩人を激写」
「サイコロ韓国 韓国詩人探訪の旅」
「原付ベトナム縦断・詩集販売1800キロ」

48 :名前はいらない:2008/05/24(土) 05:02:59 ID:AcebGFYM
詩集、または詩評の記事で
タイトルがキャッチーなのって、ありますか?
例えば
「実存を乗せた船を漕ぐ」
なんて、すてきですよね?

49 :名前はいらない:2008/05/24(土) 05:20:53 ID:TfSiNc76
うわん
すてきだ。

50 :名前はいらない:2008/05/24(土) 06:43:54 ID:YoYhED9K
>>47
大泉洋の言葉は下手な詩人よりツボを刺激する時がある。くまのプーさんの散歩道に対して
「ケモノ道だな」と言った時は感心するやら茶を吹くやら

51 :惑子 ◆3DNVlWZVR2 :2008/05/24(土) 11:14:58 ID:4iqTCbPR
>>875
あまりにも悲しい、破局の詩です。二行づつでまとめた連が効果的なのでは
ないでしょうか。おそらく、彼女はカルト教団に入ってしまったのですか。
なぜ生きるのがつらくなってしまったのか、理由はたぶん二人の関係以外に
あるのでしょう。思わず涙がにじんだ・・・。
評価:B-

52 :名前はいらない:2008/05/24(土) 13:00:35 ID:bbMonzLE
>>50
IDがYOオメ

水曜どうでしょうを知ってから、暗い詩を書くのがアホらしくなって
すっかり作風が変わったわw

53 :名前はいれない:2008/05/24(土) 21:03:09 ID:cx4eSASv
「現代詩手帖」や「詩と思想」は、
シックで恥ずかしくない名前なのか?
まったく笑止な奴ばかりだ。


54 :名前はいらない:2008/05/24(土) 22:59:28 ID:OLc2a6/O
>>53
じゃあ、お前が恥ずかしくない名前とやらを考えてみろやカス

55 :名前はいらない:2008/05/24(土) 23:42:27 ID:k6XgwSne
メルヘンとかファンタジーを最低レベル、としての話の流れじゃないの?

56 :名前はいらない:2008/05/25(日) 13:43:06 ID:HhGYJ2cC
「詩とメルヘン」よりは「現代詩手帳」の方が、
持っていてカッコイイ。
「詩学」はもっとニヒルでかっこよかった。
結局、ポエジーってそういう事じゃないの?

57 :名前はいらない:2008/05/25(日) 15:47:24 ID:/m8GA41K
ファイナルポエムファンタジーとかにしてほしいね。

58 :名前はいらない:2008/05/26(月) 11:44:24 ID:Co+X7Qe5
>48
また、本人乙とか言われそうですが、本人ではありませんよ。
私の周りのたくさんのファンを代表して書きますが、
「詩学」の三上その子のその記事はタイトルも内容も素晴らしかったです。
詩人だけでなく全ての表現者に眼を通して欲しい。

59 :名前はいらない:2008/05/26(月) 21:23:51 ID:JQAt7ULb
流れぶった切りすみません。
現代詩手帖って毎月28日発売ですよね?
にもかかわらず、「6月号に入選」と紹介した作品が載っているサイトを見たのですが、当事者には事前に知らされるものなんですか?
それとももう発売になってるとか?

60 :名前はいらない:2008/05/26(月) 21:33:01 ID:aU/gkCYR
>>59
手帖は出したことないから分からないなー。思想は入選すると掲載誌を送ってくれるが、
発売日より早く届くことがけっこうある

61 :名前はいらない:2008/05/26(月) 21:40:35 ID:5OlONZVu
>私の周りのたくさんのファン





┐(´ー`)┌

62 :名前はいらない:2008/05/26(月) 22:02:28 ID:iNEheUc/
>>59
当事者にも発売まで載ってるかどうかわからないよ

63 :名前はいらない:2008/05/26(月) 22:07:21 ID:awJHSuq4
>>59
自分は手帖、定期購読してるけど、6月号は24日に届いたよ。

64 :59:2008/05/26(月) 22:10:30 ID:JQAt7ULb
なるほど…現代詩手帖は掲載になるまで知らされないし、雑誌によっても違うんですね。
ちなみに私が見たのは、某若手詩人が無名の女性詩人を応援するもので「現代詩手帖掲載」の作品もそこに載っていました。

65 :59=64:2008/05/26(月) 22:13:20 ID:JQAt7ULb
>>63
あ、定期購読だと早く届けてくれることがあるんですね。
ありがとうございます。ようやく謎が解けました。

66 :名前はいらない:2008/05/27(火) 17:14:13 ID:L1xeVEEF
とりあえず今月の新人詳細詳しくきぼんぬ

67 :名前はいらない:2008/05/29(木) 23:11:20 ID:hhxSaqjZ
「ユリイカ」今月の作品、選外者の名字だけでも
だれか教えてくれませんですか?


68 :名前はいらない:2008/05/29(木) 23:16:01 ID:JaIQOKI0
田中、鈴木、佐藤。

69 :名前はいらない:2008/05/29(木) 23:22:38 ID:hhxSaqjZ
ありがたう 

よかつた

70 :名前はいらない:2008/05/29(木) 23:24:50 ID:hhxSaqjZ
ありがたう 

よかつた

71 :名前はいらない:2008/05/29(木) 23:30:36 ID:rqQicEB1
マキと誰?

72 :名前はいらない:2008/05/29(木) 23:40:50 ID:rqQicEB1
もう一人は故人?

73 :名前はいらない:2008/05/29(木) 23:43:12 ID:hhxSaqjZ
>>68
田中マキ子
鈴木清順
佐藤蛾次郎
だな?

よかつたな

74 :名前はいらない:2008/05/30(金) 02:44:57 ID:vSTpbxz5
田中角栄、鈴木善幸、佐藤栄作。

75 :みたらしひかる ◆NPntL0c/ps :2008/05/30(金) 07:59:14 ID:sLfBVCXf ?2BP(690)
>>74
だれがうまいことを

76 :名前はいらない:2008/05/30(金) 17:46:51 ID:5APs/kdO
ハァ〜途方もない途方もない…

77 :クマクマ:2008/05/30(金) 20:43:00 ID:x8rvBkZL
        ∩___∩
        | ノ \   /ヽ
       /  ●   ● |   今月の手帖の特集はよくなかったクマ! 
       |    ( _●_)  ミ    
      彡、   |∪|  ノ      お題もなくて、手帖に載せるのが前提の書簡のやりとりなら、
     /     `ー'    \ |i    馴れ合いになっちゃってしょーがねーだろーがクマ!
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |    二度とこんな企画はしないでほしいクマ!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ >
               レY^V^ヽ ドンッ!!

78 :名前はいらない:2008/05/30(金) 21:21:05 ID:mOMZ/IOd
>>77

同感。
新鋭特集については
どう思う?

79 :名前はいらない:2008/05/30(金) 22:12:23 ID:womERnMk
いや詩の雑誌なんてどうでもいいし、書いてるやつにも興味ないし
せめて某大物詩人のようにネタになるならまだしも、ひたすらむかつかせるだけじゃね
気持ち悪かったか?おれは読まないよ、精神衛生上すごくよい

80 :クマクマ:2008/05/31(土) 11:30:52 ID:YSLc69Vk
     ∩___∩
     | ノ      ヽ   河野さんが面白かったと思うクマ。
    /⌒) ●   ● |   
   / /   ( _●_)  ミ   つか、評論が予告と違って、
  .(  ヽ  |∪|  、\     小川さん一人だけなのはどーゆーこったい?
   \    ヽノ /´>  )   
     |      / (_/

81 :名前はいらない:2008/05/31(土) 16:44:15 ID:fyzhP9E4
戦後詩を滅ぼした世紀末覇者はお元気でしたか?

82 :名前はいらない:2008/06/03(火) 21:04:39 ID:bnaJA45W
>>77
三角さんのには呆れた
いくらなんでも…
あれは天然なのかなんなのか理解に苦しむ

83 :名前はいらない:2008/06/05(木) 02:56:30 ID:yVcpVNAB
石田×水無田、岸田×藤原、永澤×コマガネはある意味、よかったんじゃない?
生真面目なトーンが似通っているのがなんとも。

いまの主流というのが見えるし、反響はありそう。

84 :名前はいらない:2008/06/05(木) 19:45:33 ID:jXvbGx1B
みんなそつがないというか臆病というか・・・。もうちょっと何とかしてくれよ。

85 :クマクマ:2008/06/06(金) 20:35:10 ID:91HNXgGe
    i⌒i⌒i
    |    ヽ
   /   人__ヽ∩
  /  /       ヽ    三十代でもまだ若手の世界で、
 /  /  ●   ● |      迂闊なこと云ったら潰されるんじゃないクマ?
 (   |    ( _●_)  ミ   
  \  彡、  |∪|   (       
   \    ヽノ   `ー´⌒\
     \          /\  \、
      \       /   (     ̄)
        \     |   ( ̄ ̄ ̄ ̄)
          \   ヽ/  / ̄ ̄
            \__/

        ____

86 :名前はいらない:2008/06/06(金) 22:52:21 ID:97DaZICL
グーグルで「現代詩」で検索したら関連検索のトップに
「佐藤雄一 現代詩」というのが出てくる。
どんだけ自分の名前を検索しているのかと。

87 :名前はいらない:2008/06/07(土) 11:24:08 ID:XdAurWmO
例えば誰が潰されたんだ?
何をもって潰されると言うんだ?権力者の気に障ってしまって干されることか?
それは鼻くそにくっつく鼻くそが潰される場合だろ
まともに詩と向き合ってるやつが、小出版社とそれにくっつく鼻くそごときに潰されるわけないだろ
詩人をほんとに殺そうとするなら国家権力くらいの規模のものを持ってきてもらわんとな
偉い人や編集の方向性に従わないと詩集を出版できなくなるのか?
どうせ自費出版だぜ、もうちっと気楽にいけってよな

88 :名前はいらない:2008/06/07(土) 23:38:31 ID:qd3qmTAS
もっともだ

89 :クマクマ:2008/06/08(日) 00:24:47 ID:K90Y4xXE
    ∩___∩
    | ノ      ヽ   詩作のみならず、創作行為は孤独な作業だが、
   /  ●   ● |    現実には詩人会とか集団が作られてたりする訳じゃない?
   |    ( _●_)  ミ     当然、人のしがらみがそこにはあるだろクマー。
  彡、    |∪|  、`\      アホらしい、と笑い飛ばすのは簡単だろうけどさ。
.  / __ / ̄ ̄ ̄ ̄/
_(___)/ Kumac /____  あと、詩人を殺すのに国家権力とか、
     \/____/         自意識過剰に過ぎるんじゃねクマー?

90 :名前はいらない:2008/06/08(日) 00:32:54 ID:LfYJR00L
現代詩人会の名簿みてみろよ まともな詩人は入ってないよ
それでも賞を受けたりして活躍してる
クマクマはチキン

91 :名前はいらない:2008/06/08(日) 04:27:19 ID:zB7c5ZD5
居酒屋レベルでの、批評という名のリンチで潰れる詩人のたまごさんをたくさん見て来ました。
まず、とばぐちの、そういうレベルでの強さこそが必要ですね。

92 :名前はいらない:2008/06/08(日) 07:51:29 ID:wyiTBgNJ
居酒屋レベルでの批評を気にする時点で駄目だろ。俺は詩人同士の交流にはほとんど
参加せずにひたすら詩誌の投稿コーナーだけを客観的な意見として参考にしてたな

93 :名前はいらない:2008/06/08(日) 08:15:39 ID:IiS2kliB
かえって手帖クラスでの雑誌なら、酷評とかも安心して受け流せるんじゃないかな。
ある意味「衆目」のなかだから。捨てる神あれば拾う神もあるだろう。
閉ざされた居酒屋レベルの方が怖いかも。

 ってちょっとヒネクレすぎかな(笑)。

94 :クマクマ:2008/06/08(日) 08:21:44 ID:K90Y4xXE
   ∩___∩
   | ノ      ヽ    …いや、「詩人会とか集団」って書いただけで、
  /  ◎   ◎ |     現代詩人会を指した訳でねぇんだが…。
  |  ヽ ( _●_) / ミ  
 彡、   |!!lili|  、`\    例えば、歴程だって詩人会なんじゃねぇのクマ?
/ __. lェェェl /´>  )    あれは野球における名球会みたいなものかも知れんけど。  

95 :名前はいらない:2008/06/08(日) 17:50:01 ID:uskYqzYV
そんなしがらみはどこだってあるだろう。
でもあそこまで波風立てないよう、もそもそ
内輪話する詩壇の若手ってやっぱ異常。

詩っていうジャンルを魅力的なものにしようっていう
気ははないのか。はー。

96 :名前はいらない:2008/06/08(日) 20:41:13 ID:LfYJR00L
歴程www
名球会wwww
クマクマは何がしたいんだ。いい詩を書きたいわけじゃなさそうだな。


97 :名前はいらない:2008/06/08(日) 21:05:59 ID:bI0Q3TKr
>>95
若手ってたとえば誰よ?
君も若手っぽいけど。
若手は他の若手のことを気にしすぎなんじゃないか。
普通にしてりゃ聞こえてこないよ若手の内輪話なんて。

98 :ネコネコ:2008/06/11(水) 15:59:12 ID:q9it1K3T
      |\__/|
    /      ヽ
    |  (●) (●) |
    | 三 (_又_)三|



99 :名前はいらない:2008/06/11(水) 16:00:22 ID:q9it1K3T
以上です。

100 :名前はいらない:2008/06/13(金) 13:35:43 ID:phEEgvjN
大手が詩のコンテストでもやってくれないかなー
ライトノベルみたいに受ける時代にならないかなー

101 :名前はいらない:2008/06/13(金) 18:05:22 ID:B3qcvWXY
現代詩手帖が地元で買えないのですが、
投稿欄に投稿したいので、誰か、応募先の住所を
教えてくれませんか?

102 :名前はいらない:2008/06/13(金) 18:09:52 ID:L+A4MJU7

      |\__/|
    /      ヽ
    |  <●> <●> |
    | 三 (_又_)三|


103 :名前はいらない:2008/06/14(土) 07:15:54 ID:YVHy6QES
>>101
投稿して掲載されたかも判らないようでは、送る意味ないんじゃない?
選者からのコメントも読めないし。
雑誌の定期購読ならどこの本屋でも頼めばできると思うよ。

104 :名前はいらない:2008/06/14(土) 09:11:56 ID:EVyBH2CF
>>103

正直、金がない。
今月送りたいが、手帖が買えない。
立ち読みで済ましたいが、それだと住所が覚えられない罠。
フリーターにはあの本で毎月金だすのはつらいのです。



105 :名前はいらない:2008/06/14(土) 10:00:17 ID:cEBvzzyS
〒112−0014
東京都文京区関口1−8−6−203
思潮社分室内「現代詩手帖」編集部<新人作品>係

封筒に朱筆で(投稿)と書く。

これでいいんでしたっけ?

106 :名前はいらない:2008/06/14(土) 14:44:39 ID:00VKSnPK
>>104
毎月買うことはないけどたまには買ったほうがいいよ。
そのほうが投稿するのに真剣になれる。
もとを取ろうと思って必死に「手帖」読むから多少勉強にもなる。
これ、おれの体験な。
自分にとって大事なことには金は惜しまないほうがいい。



107 :名前はいらない:2008/06/14(土) 22:02:03 ID:EVyBH2CF
>>106

正直、立ち読みレベルでしょ。
最近出た思想地図とかだったら立ち読みでは読み込めないから買うけど、
現代詩手帖の批評とか、時事的な評論とかエッセイって、かなりつまんないんだよね。
たぶん、私は買わないだろうな。手帖買うくらないなら違うもの買ったほうが、自分のために
なるからね。


108 :名前はいらない:2008/06/14(土) 23:23:56 ID:Ecl22x+z
俺も、載ったら載ったらで嬉しいだろうけど、他の全く興味のない記事の分まで含めて
あの値段は高いなあと思って投稿してない。

109 :名前はいらない:2008/06/14(土) 23:50:45 ID:e4UbK+sm
>>107
手帖と比較した場合にどちらが優勢かというのはともかく、
「思想地図」はどう贔屓目に見てもレイアウトが糞。
それだけで私には買う気が起こらない。で、あそこでやってるのは
文芸の範疇では少なくともないですからね、比較すること自体、
やっぱりおかしいっていうか、了見が狭いんじゃない?

くどいようだけどなんで「思想地図」がでてくるのか、さっぱりわからない。

110 :名前はいらない:2008/06/15(日) 00:18:17 ID:TAOSwZ73
詩学みたいに。
しっかりした詩誌だけど、そんなに値段がいってなくて。
投稿欄とか充実してて。
なかなかいい詩人が出てて。
気軽に投稿できるような。
その、詩学みたいな。
詩誌はないものか。

最近は詩とファンタジー買ってますけど、やっぱり、ファンタジーに偏りがちで面白くない。
金のない私でも詩学のようにふふ〜んって買える詩誌がほしい。

詩学復刊無理だよね。
後継者とかいなかったのかなあって淋しくなるよ。

111 :名前はいらない:2008/06/15(日) 02:01:45 ID:grTZ7dIP
>>109

 単純に、最近出た雑誌として思想地図を出しただけだよ。
レイアウトなんていうのはどうでもよくて、俺は中身を問題にしたいだけね。
思想地図も文学の範疇というか、いろいろ扱っている範囲は多いと思うよ。
サブカル論からアニメ論なわけだし、ある意味で、ライトノベルは現代の文学であるわけだしね。
正直、詩の雑誌関係に投資しても、何もかえってこないしね。知的刺激もなければ、他のセンスを
磨くためにもならない。自分にとって、詩を書く上で、もし投資するなら、思想地図の方が断然マシ、とは思うよ。
少なくとも、文学の範疇でしかないものを読んでももう何の刺激もないし、そこから面白い作品が生まれるとは思わない。
そもそも、文学の範疇って何だろうね。すでに、その時点で笑えるよ。なんて、禁欲的な響きなんだろうか。




112 :名前はいらない:2008/06/15(日) 10:17:04 ID:pUCRUkTo
長谷川チョン(長谷川櫂は偽名)は近頃、黒癩も発症して
崩れ果てた面体が腐り爛れて猛烈な悪臭を放っているという。
あの醜悪極まりない形相を見よ。
絶対に近づいてはならない!
化け物仲間になりたく無いのなら。

113 :名前はいらない:2008/06/15(日) 14:44:04 ID:GCbaxLMg
↑ちょっと、五七五・短歌板で暴れてる人でしょ
こんなとこまで乗り込んでくるなよ

114 :名前はいらない:2008/06/16(月) 14:06:51 ID:bN+uK1n5
>>111
文学の範疇と文芸の範疇ではニュアンスが違うんじゃない?
その多ジャンルコンプレックスがまぬけだってことじゃないの。
いわゆる知的刺激やセンスの同調を見くびらずに詩を書くというのが
最近のファッションというかリアリズムだってことは分かるけど。
だったらどっちが禁欲的なんだろう。

115 :名前はいらない:2008/06/16(月) 14:29:23 ID:NxdCZGt3
>>114

文芸と文学の違いは何?(恐らく、非歴史的か曖昧な君の感覚論を聞く羽目になるだろうけど)
たぶん、君自身がとても多ジャンルコンプレックスそのものだから、敵対的に語っているのだろうけど、
私自身は、別に意図的に多ジャンルを選択しているわけではないし、文学の主要なモチーフ、文芸でも
いいけど、そこには、時事的な問題から、哲学的な問題まで色んなものが実際には含まれてた上である
とうだけのことにしかすぎない。後、リアリズムなんて、死語なんじゃないの?
あとねー、昔の小説家、詩人ってのは、基本的に教養人だったわけで、君のいってることを採用したら、
昔の詩人、小説家などは皆、多ジャンルコンプレックスだよなぁ(笑)、




116 :名前はいらない:2008/06/16(月) 17:28:56 ID:sAmVkZX3
>>115
文芸とすることで、学としての枠組をはみ出ざるをえない(現在進行形の)ものを想定していたのに、辞書を引いたら同義だった。すみません。それはともかくとして、
近代の人が多ジャンル混成的とわざわざ確認されなくてはならないのはアポステリオリなことで、つまり必要なだけの知と呼ばれたり学と呼ばれたりするものそれぞれに地盤が与えられるだけの過程があったからで、
人が本性において欲望の複数の系を持っているというのと混同すると話はまた変わってくるよね。
たとえば言葉を借りて、時事暫定的な表層と哲学的な概念画定による基底との容積として文学があるという図式が立てられるとすれば、これらがどうして区分されているのか、っていうことなんです、私が言っている向きは。
無意味にではないじゃない。そういうことこそ思想地図のありようなんかが照らそうとしているわけでしょ。
それらが一つの全体であるにもかかわらず、絶対的な区別のもとに同時的であるしかないのだ、といかに示せるかということが肝心だったりするんであってね。
文学はだから文学であるしかないのであって、人間が多ジャンル混成的であることが当たり前だからという理屈で文学を文学的なもの(文学に隣接するもの)で直接代用することが可能だとするのはまず違うだろうということ。
そのへんの脈絡のなさがファッションに見えるし、それを「選択」と言ってしまう思考のパターンには「肝心」なものを読み取ることができるくらいのリアリズムがある。死語と言われるとドキッとしちゃう。
ここで「直接」というのは、象徴的にだけど、現代詩手帖の代替物として思想地図が提示されるかぎりでのことね。
印象のズレがこういうところにあるのだろうか、現代詩手帖に文学を代表させる、っていうのはさすがに割に合わないと感じる人がいるかもしれないが、そこに「歴史」を私は見ているので、というのは冗談交じりに曖昧にいうのだけど。
もちろん詩を書くために思想地図が参考になるかもしれない、ってのは理解できます。けど「詩の雑誌」スレでいま思想地図の名前を出すのって詩作において実利的だからってよりはそのまま「教養人」アピールに聞こえた。
あなたの言葉を額面通りに受け取れば「詩人」アピールということになるのだろうから筋は通っているのですか。なんかピントが外れているようでね、いちゃもんつけた。

117 :名前はいらない:2008/06/16(月) 17:45:08 ID:sAmVkZX3
ア、場所変わってIDも変わってるけど、114です。

118 :名前はいらない:2008/06/16(月) 20:29:38 ID:NxdCZGt3
>>116
多ジャンルコンプレックスと言い批判しながらアポステリオリとか、リアリズムとか、なんだかんだいって、
哲学概念を援用しないと語れないのが、貴方の哀しさなのかもしれないね。
非常に、雑多で貴方の感覚で使用されている言葉が多くて、私には貴方の文章が読み取りにくくて、
意味不明な代物に読めるのだけど、そもそもアポステオリとかいう用語を使わなければならない、前提
そのものが間違っている可能性があると言う疑問からは貴方は出発しないのかな、というのはあるね。

また、文学と文芸を進行形のものと、固定したものと、という区別で隔ててるのって、ただのルサンチマン的
理解なんじゃないかと思うけど。文芸と文学なんてほとんど境界線が引けないものだろうし、作家はアカデミック
な教育を受けてないだろうが、アカデミックな場で生産されたもの、生み出されたものは知らぬ間に、私たちの
教育や読書している書物の中に紛れ込んでいたりするし、百歩譲って、貴方の言う文芸とやらにも還元されて
いるだろう。何か、貴方って勝手に敵対させたり、することで、文芸の特権性を言いたいだけの人にしか見えない。

119 :名前はいらない:2008/06/16(月) 22:07:11 ID:ia43Np+S
「現代詩手帖に投稿したい。」と言った人が
「正直、詩の雑誌関係に投資しても、何もかえってこないしね」と
投稿したい雑誌をケチョンケチョンに言ってる、ってとこまでは読めたけど、
後は何のことやら分からない。分からないのは俺が馬鹿のなのが半分、
書いてるほうも興奮してるからなのが半分なんだろうケド。

 そもそもなんでこんな風に話が曲がるの?

120 :あっちゃんブリゲ:2008/06/16(月) 22:43:55 ID:EMW1TJx2
詩の雑誌や詩集を
地元の図書館にリクエストすれば
詩のためにもいいし
お金に余裕のないひとのためにもいいんじゃない?

ぼくもお金に余裕がないから
図書館で購入してもらってるよん

121 :名前はいらない:2008/06/17(火) 01:41:07 ID:zegr8dOa
>>119

 実際、利用手段の一つとしては良いが、金を払ってまで、購入はしたくない。
ただそれだけだよ。雑誌の記事自体には、興味がないのよね。読んでいてつまらないからね。



122 :名前はいらない:2008/06/17(火) 04:54:35 ID:NEF/B4hg
>>118
文芸→進行形のくだりはややこしくしてしまったので反省しますが、一見デタラメだったとしてもそうデタラメだとばかり思っていたらどうなるかわかんないよというつもりで。繰り返しますが、辞書の字義に従えば文学=文芸だったのでお間違えのないように。
還元の話をしたらそりゃそうです。私もそのことを「一つの全体」はある、というふうに書いています。詩と思想のことばが(雑誌の名前じゃないよ)足されたり引かれたり、複合されていっしょくたになったり分化されたりすることはある。ただし代替はありえない。
あなたのその手つきが気に食わなかっただけ。それこそ手続きなしの敵対だとは思いませんか。
116にはそういうふうにしか、また108でも比較するのがおかしいとしか書いていないでしょう。文芸の特権性をいうならそれと同じだけ哲学の特権もいうというわけですよ。
で、私とあなたとの前提ははっきりいって違っています。違っていますが、歩み寄ってはいるつもりですよ。でも、まあ、これ以上は話も膨らみようがないですね。

123 :名前はいらない:2008/06/17(火) 05:10:43 ID:NEF/B4hg
そういえば渋谷のブックファーストでるしおるみたいな形の詩の雑誌を見ましたよ。
季村敏夫が編集やっているやつ。今号からISBNつけるらしい。

124 :名前はいらない:2008/06/17(火) 07:28:32 ID:FMSI2/58
>>121
要するに「実際に自分の作品が入選掲載された号しか必要ない」ということだろ?
投稿者の大部分はこの手合いだな。応募先を知るための購読すら嫌がってこのスレとかで
尋ねるケチもいるしな

自分で金を払って買って一般掲載や他の投稿者の作品を読むことで、自分の書く力が
アップし入選の傾向とかも掴めるのに。よほどの天才でもない限り、いつまでも上達せず
ここで「今月の入選者を教えてください」と繰り返すことになるんだけどな

125 :名前はいらない:2008/06/17(火) 09:28:37 ID:JMtun6Dl
>>124
投稿目的自体が、詩誌に掲載されて悦に入りたい、自慢したいレベルなんだろう
自分のHPに誇らしく書いてみたりな

以前、その手のHPで一度だけ某誌佳作になったことを自慢気に書いてるやつがいて
見ていて切なかった

126 :名前はいらない:2008/06/17(火) 13:30:55 ID:zegr8dOa
>>112

最近、アイデンティティを喪失した「僕」が安易なナショナリズムに駆り立てられるように、
文学や現代詩の復権や特権を願う言説はとても古い言い回しとともに微力ながら力を増してるね。
ただそれはもうほとんど無意味で不毛だよ。ヘゲモニー争いは政治家達がやればいい。
俺は特権性など信じていないし、文学の可能性も未来も信じていない。
代替えは多くの場合、進行してるね。映像で見たほうが早いよ。現代詩手帖の投稿欄に出されているような
物語重視の出来損ないの小説みたいな散文詩などね。
まぁおれだ、そういう方向の作品を意図的に回避してるが、現代詩手帖ではそういうのに賞を与えてるけど、
あれは失敗してると思うよ。開き直るなら開き直って、それならそれで、恋空みたいな作品を徹底して評価
すればいいのにね。



127 :名前はいらない:2008/06/17(火) 13:40:45 ID:zegr8dOa
>>124

素直に生活が苦しんだよ(笑)。
HPを作る余力もない、かとって、ネット上の投稿サイトはほとんど衰退してる。
また、散々ネットでは投稿したから、限界が見えた。
現代詩手帖に出している詩人の多くはネットで書いていたから、どんなもの書いているかは
大体知ってるし、大体私は面白いと思わない。それだけの話。
せいぜい、松本圭二ぐらいはかねだして読みたいと思うけど他はどうでもいいかな。

君たちには、私の生活が苦しい、という言葉を本気で受け止めないだろうけど、こういう事を言うと、
詩を書いている人間とは思えないような精神論が古典的な響きで反論として投げ返されてくるのだろうけど、
また、自分の書く力はほとんど完成してしまってるし、ほとんど評価を待つ段階まで来てるのは、自分も他人にも
言われ続けてるからね。そこで、自分が凡庸であるかどうかは判断されるんじゃない。


128 :名前はいらない:2008/06/17(火) 13:52:33 ID:pgmLJ4QH
ケチくさい文章だな。長々と弁解してるだけでセンスのかけらもないね。

129 :名前はいらない:2008/06/17(火) 15:27:14 ID:iLximwYA
評価される作品が偏り過ぎだと思うな。
今現在主流になってるアカデミックな(?)詩と売れ線狙いの詩を同居させちゃえば
詩誌はもっと売れるんじゃないの。
だって宮沢賢治も中原中也も金子光晴も結構ベタというか売れ線の詩でしょw?
谷川さんが唯一売れてる理由にしてもベタな要素が絶対外せないと思うんだよね。

130 :名前はいらない:2008/06/17(火) 15:58:55 ID:zegr8dOa
>>129

手帖は逆じゃないかな。
かなり、アカデミックというか、硬質なものは避けてる気がする。
どちらかといえば、JPOP的なものを選択して、若い世代の新しい読者とか、
ネットの書き手を取り込もうとしているんだと思うよ。
最近の女性詩人で取り上げられた人達は、アカデミックとか、戦後詩とはまるで
絶縁したかのようなスタイルだと思うよ。彼女らのバックグランドはアニメとかラノベとか
JPOPの歌詞とかミニシアターでやっているようなオサレ雑誌で宣伝される映画とかな気がするし。
はっきりさせちゃえばいいと思うんだよね。商業雑誌なんだから、売り上げほしいなら、
恋空とかを積極的に持ち上げれば良いし、特集でもサブカルとかエヴァンゲリオンとか
やればいい。でも、実際やったところで売れないだろうね。
詩なんて書いている若い世代の女は大抵メンヘラーで男はナルシストばかりなんだから、
もうコテコテにするのもいいと思うんだが(笑)。
正直、本気で恋空とか326とか相田みつをの特集組んだり、オサレ雑誌と連動して、オサレなマスコンアイテムの
映画とか歌手をピックアップしちゃえばいい。ここまでやってくれたら尊敬するよ。


131 :あっちゃんブリゲ:2008/06/17(火) 19:16:11 ID:YayQ/8sg
わたし、貧乏ですけれど
(年収200万円)
なんとか詩を書いてます。

貧乏と詩を書くこととは
ほとんど関係ないと思いますけれど。

132 :あっちゃんブリゲ:2008/06/17(火) 19:18:34 ID:YayQ/8sg
ちなみに
中原中也は
詩がいいのではなくて
みじめな人生が受けてるだけのような
気がするのですが
あのぐらいの才能って
ごまんとあるような気がします。
宮沢賢治の百分の一の才能もないと思うけれど

133 :名前はいらない:2008/06/17(火) 19:52:10 ID:8oD15fAb
>>126
その文脈で代替が成立するのは経済の場だけですよね。あ、経済の話をしていたのかwゴメンゴメン

134 :名前はいらない:2008/06/17(火) 21:10:36 ID:FhZsukxn
>>132
全く同感です。

135 :名前はいらない:2008/06/17(火) 21:40:35 ID:X+YEZxbS
そりゃちょっと甘く見すぎ

136 :名前はいらない:2008/06/17(火) 22:26:39 ID:3+l1r2ii
(俺は宮沢賢治はクドイというか、ごてごてしてて苦手。。。)シー! シー!w


 「大衆性(多数に訴える)」について、どう思っているのか。を
手帳あたりによく文章書いてる人たちに、そろそろ正面から取り組んでほしい。
相田みつをを評して、「あんなもの」と言うのはやさしいが、正直職場に
つるしてあるみつをカレンダーには少なからず不意打ちされる。
こないだは、お茶汲んで振り返った瞬間に飛び込んできた「所詮私のやること」
にミゴトにやられた。ワロタよ、情けなくも。

「俺はああいうのは書こうと思えば書ける」って言う人いるけど、そういう人を、
あんま信用する気になれない。

 反対に、「少数にしか支持されないだろうが、価値がある」というタイプのものについても
ミゴト救済して見せて欲しいものだ。


137 :名前はいらない:2008/06/18(水) 06:47:40 ID:dmf4LpWE
>>127
>素直に生活が苦しんだよ(笑)。

ネットでグダグダ言い訳できる余裕がある段階で「生活が苦しい」なんて噴飯もの
君が本当の貧困を知らないことはよく分かったよ

>自分の書く力はほとんど完成してしまってるし、ほとんど評価を待つ段階まで来てる

完成してるなら詩を書くことなんて止めたら? 完成しているのに評価ももらえない
レベルだと君自身が辛いよ? 実際、君の文章力を見ていると辛い結末になりそうだし

>>132
>あのぐらいの才能って
>ごまんとあるような気がします

コロンブスが航海を終えて戻ってきた時に「資金援助さえあれば私にもやれた」と
抜かしていた連中は君みたいな人間なんだろうね

138 :名前はいらない:2008/06/18(水) 09:08:08 ID:2Ilzdh3k
>>137

 指摘した通りの反論だな。事前に指摘しておいても、そういうレスを
するっていうのは、馬鹿らしいよ。やっぱ精神論になってるしね。
なんていうか、やっぱ気持ち悪いわ。やめた。

139 :名前はいらない:2008/06/18(水) 10:43:47 ID:WVmiS08X
>>138
事前に言おうが言うまいがバカはバカと言われるし、甘ったれは甘ったれと言われるんですよ
だいたい自分で詩が完成してるとかほざいてるくせに投稿とかマジで阿呆だろ。君みたいな輩は
投稿しても載らないから。このカシオミニを賭けてもいい

140 :名前はいらない:2008/06/18(水) 14:25:23 ID:2Ilzdh3k
>>139

 へーのったら、君には二度と詩を書かない程度のことは約束してもらいたいな。
もしくは、もしのったらその時は、君のそのクズみたいな精神論を言える精神こそが
クズだったと言えるわけだから、せいぜい笑わせてもらうかな。

141 :名前はいらない:2008/06/18(水) 14:32:51 ID:rwdzEb1k
名無し同士で言い合ってても仕方ないじゃん

142 :名前はいらない:2008/06/18(水) 14:44:18 ID:GJvHCLPw
堺やばいな堺。

143 :名前はいらない:2008/06/18(水) 15:13:43 ID:WVmiS08X
>>140
ん? もうやめたんじゃないのか?

生活が苦しくて図書館で投稿先の住所も調べられず、詩の方も完成してるなら別にそこまでして
投稿することもあるまい

切手が勿体無いしなw

144 :田中宏輔:2008/06/18(水) 15:48:01 ID:S3QeiLPl
137さんへ

本名で投稿しますが
中也ぐらいの才能って
戦後詩の書き手にごまんといるという認識です
わたくしは

戦後に書かれたたくさんの詩に
わたくしなどは中也の詩よりも共感するのですが
あなたはそうではないのですね



145 :名前はいらない:2008/06/18(水) 15:51:21 ID:rwdzEb1k
mixiの現代詩コミュで荒らしみたいな自己紹介してた人か。

146 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 15:54:07 ID:S3QeiLPl
あたり!
あれって、荒らしに入るんですね。
宣伝も必要かなって思って書き込みました。
削除したほうがいいですかね。

147 :名前はいらない:2008/06/18(水) 15:59:50 ID:rwdzEb1k
詩人だからおかしいのがいるくらいに思われてスルーされるだけだろうが、
自己紹介トピは作品発表の場ではないから、誰も喜ばないだろうな。

148 :名前はいらない:2008/06/18(水) 16:01:51 ID:KAscw4od
145じゃないけど。荒らしかどうかわからんが、迷惑なのは確かだな。
ああいうことをする時点であんたへの信頼をなくした。

149 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 16:09:01 ID:S3QeiLPl
ほとんどだれにも
信頼なんかされてないですから
べつにいいんですけれど〜
削除しときますね


150 :名前はいらない:2008/06/18(水) 16:26:45 ID:WVmiS08X
何だ、あのアスペ臭い人か。どうやら本当に空気が読めない可哀想な人らしいけど
詩をメンヘラの免罪符に使われるのは迷惑なんだよな

中也以上に、君程度の中途半端なナンチャッテ詩人は腐るほどいるんだよ
ネットでクネクネしてる暇があるならさっさと本名とやらで投稿してきなさい

151 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 16:31:19 ID:S3QeiLPl

アスペって何?

152 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 16:34:55 ID:S3QeiLPl
ぼく程度のナンチャッテ詩人って
たとえば、だれよ?

そんな人の詩があれば
読んでみたいぢょー

153 :名前はいらない:2008/06/18(水) 17:53:00 ID:1n7WP7QY
本名で投稿してるじゃんw

154 :名前はいらない:2008/06/18(水) 17:56:15 ID:mROcqB5T
アスペはアスペルガー症候群(高機能自閉症)の略な
150のレスように2chでは空気よめないっぽいやつを揶揄するときによく使われる
ま、まともな詩人というか文学者なら、病名で人を揶揄なんかしないよ

中也はたしかに日本近代詩の範疇でしか読めないな
でもみんな近代が好きみたいだ

155 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 18:03:34 ID:S3QeiLPl
154さんへ

ありがとうございます。
アスペルガー症候群って言葉なら
聞いたことがありました。

アスペって略すると
ちょっとエッチですね

へんな連想をしてしまいます、笑


156 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 18:16:35 ID:S3QeiLPl
近代なら、いまいる人に
気を使わないですむからかもしれませんね。

現代詩だと、人間関係が
かんでくるような気がして
あんまり触れないようにしているのかもしれませんね。

雑誌もやっぱり売れるためには
お勉強路線のものをもってこなきゃならないんでしょうね。

あまり名前の知られていない詩人の発掘なんかしてくれたら
うれしいのだけれど

このあいだ、SF詩って検索してたら
SF詩の書き手で明治の詩人がいたのですけれど

いろんな詩が
明治時代からもう書かれていたのですね

雑誌で、そういうあまり知られていない
詩や詩人の発掘がしてほしいですね。

もちろん、面白いものでね。

157 :名前はいらない:2008/06/18(水) 18:38:13 ID:85QxXrjT
>もちろん、面白いものでね。

じゃーまずあっちゃんから消えてもらおうかw
文体が嫌いな知り合いの口調に似てるからむかつく。

158 :名前はいらない:2008/06/18(水) 19:01:33 ID:FT+PIqze
>>140
最初にいちゃもんつけた者だけど>>124以降は私じゃないからね。
>>133だけはこれからも詩を書く私。ところで
掲載されたら詩をやめてもらおうか、って啖呵、
あなたのいう「ルサンチマン丸出し」ってやつだよね。
精神論の延長だよね…。あっちゃんいじってる人も同類だよね…。

159 :名前はいらない:2008/06/18(水) 19:42:24 ID:l2HEcfbN
>>158

 いや(笑)。そこまで言うなら、お前も賭けにのれよってことだよ。
こっちは、彼が言う「本当の貧困」(どうせ、馬鹿げた観念だろうけど)に突っ込まずに、
あえてそれの批判を受け入れるのだから、お前も賭けろ、よとね。
経済の問題ですか、というけど、経済の問題じゃない問題ってどこにあるの?
それはおいといて、どうせ、文学の特異性、他のものと代替えができない、というのは、
文学の特権性への信仰告白しかできない人たちが振り回す得意技なんだけど、君にとっては、
そうなのかもしれないが、世界は、すでに文学など求めてねーよ(笑)。



160 :名前はいらない:2008/06/18(水) 19:54:27 ID:l2HEcfbN
>>156

 一応貴方、大学で講師していたのだから、詩の論文でも書けばいいのに。
それは指摘されてるんじゃないですか、私も昔の何かの対談で読んだけど、
ほとんど、明治とか古い時代の詩人っていうのは、天辺(ここでいう天辺って言うのは非常に
問題のある皮肉も含めて)のみが伝えられていて、後は無かったことのようになっているというのを
問題視している人の発言がありました。
中也は無駄に詩以外のもとと一緒に、見られているのであって、真剣に読まれているわけではないと思ったり。
それは賢治にも言えるけど、見る分には、とても二人は面白い人生だよね。ただ、賢治の才能はガチだと思う。
詩作において金の問題は、あまり関係ないけど、投稿するとなったら、まぁ宛先とか掲載されているかとか見るには、
立ち読みで十分だと思うので、買いたくなといいたいだけよ。投資という意味では、そこまで余力がないし、削りたくない。
とんだ我侭だけどね。

161 :名前はいらない:2008/06/18(水) 20:31:04 ID:kQNCZxlJ
いいかげん、あっちゃんスレでも作ってそっちでやってくれないかな?
ここは詩の雑誌のスレであって、頭のおかしい奴をよってたかって
いじる場所じゃないわけだし

162 :名前はいらない:2008/06/18(水) 21:04:44 ID:ctOU6hkt
イカイカだろ。融通利かないやっちゃ。

163 :名前はいらない:2008/06/18(水) 22:14:49 ID:zAEWAwol
>一応貴方、大学で講師していたのだから、

mjk

頭のネジが外れちゃったかわいそうな子なんだな。誰か専用スレでも立ててそっちでオナヌーさせてやれよ
とにかく詩の雑誌とは関係のない方向に進んでるし、くだらない自演は迷惑なんだよな

164 :名前はいらない:2008/06/18(水) 22:20:49 ID:bucFnrXp
「手帖の記事は信用ならんが、投稿欄選者の眼力は信用できる。」

あるいは

「投稿欄選者の眼力も信用してないが、手帖投稿欄に載ることの価値は認める。」

といったところですか。まあ、頑張ってください。


>>154
>でもみんな近代が好きみたいだ

そういう現象があったとして、それはなぜなんでしょう。「単に自分に馴染んだもの
だから」という以外の理由があるなら、誰か追求してみてはどうかなあ、と思うデスよ。

かくいうワタシも、結局自分的イチバンは朔太郎な訳で(笑)。。。 もちろん吉岡実『僧侶』
とか凄いと思ったり、単に戦後嫌いというわけじゃないつもりだけどさ。

165 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 22:33:25 ID:S3QeiLPl
古書店めぐりして帰ってきて見たらびっくり
わたし、高校の非常勤ですけれど
それに、最後に雑誌に話を振ったのに

166 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 22:53:07 ID:S3QeiLPl
おーほほほほほ
頭がおかしくって、頭のネジが外れてるかわいそうな人ですって。
お褒めいただいて、ありがとう。
そうでなければ、ほんとうの詩人と言えないですものね。




167 :名前はいらない:2008/06/18(水) 22:55:30 ID:daMvADo3
>>165
あんた>>101>>104で「生活が苦しいから詩誌が買えない」とか言ってたID:2Ilzdh3kと同じ人?
あと、田中宏輔って詩集とか出してるあの田中氏? もしそうなら壊れちゃったのかな?

168 :名前はいらない:2008/06/18(水) 23:02:34 ID:tFCdC+rh
>>167
読んでわからんか。詩誌が買えないという奴を励ましているのが田中氏だ。
それを自演と思っている粘着が1人。あっちゃんスレ作れとか言ってる奴な。
根拠なく売り言葉に買い言葉で暴言垂れ流しているこいつが一番タチが悪い。

169 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 23:04:11 ID:S3QeiLPl
わたしはずっと同じ「あっちゃんブリゲ」で
夕方に一度だけ「田中宏輔」にしたけど。
でも、こんな感じで、壊れてることになるの?
ちなみに、101とか104とか
わたしじゃないから。


170 :名前はいらない:2008/06/18(水) 23:11:40 ID:tFCdC+rh
>>169
ぜんぜん壊れてないよ。と言われてもかえって嫌かもしらんけど。
ちっと芯の通ったことしている奴を見かけたら
ついていけなくて自衛に入る奴なんてどこにでもいるじゃん。

171 :名前はいらない:2008/06/18(水) 23:38:02 ID:daMvADo3
>>170
いや、どう考えてもバカか痛い人だろ。その両方かも知れないけど

172 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 23:41:41 ID:S3QeiLPl
171さんへ

おかわいそうに

173 :名前はいらない:2008/06/19(木) 04:14:48 ID:AoXtQksx
応募した。とりあえず、よくわからんかったから、
原稿用紙設定で、20×20をプリンターでコピーで応募。
これで、載らなかったら、いろんな意味で、詩に関しては
諦めがつくね。

174 :名前はいらない:2008/06/19(木) 06:44:50 ID:vzR7zDM5
166 :あっちゃんブリゲ:2008/06/18(水) 22:53:07 ID:S3QeiLPl
おーほほほほほ
頭がおかしくって、頭のネジが外れてるかわいそうな人ですって。
お褒めいただいて、ありがとう。
そうでなければ、ほんとうの詩人と言えないですものね。

mixiのKYな自己紹介といい、田中宏輔ってこんなにイタタタな人だったのか

175 :名前はいらない:2008/06/19(木) 11:07:38 ID:8avAZFvX
詩人に限らず、ネットに出てきた途端に電波ゆんゆんな人だと発覚しちゃうやつは多い







しかしここまで酷いのも珍しいな

176 :名前はいらない:2008/06/19(木) 11:43:51 ID:IRS7HUnj
空気読めてねえのはここ最近のレスの全員だろ

177 :名前はいらない:2008/06/19(木) 12:03:05 ID:rHpLvgH4

↑一番病んでる人
↓次に病んでる人

178 :名前はいらない:2008/06/19(木) 12:15:03 ID:QdE2JM3U
>>173 一歩踏み出しおめ。
でも一月千編送られてきて、中には詩集一冊分くらいのものをまとめて送りつける人も
いるんだから、そんな簡単に結果は期待しない方がいいと思う。その数を一月で選考するわけだし。
落ちたからといって延々と選者を恨むような祟り神にはならないでね。

179 :名前はいらない:2008/06/19(木) 17:34:12 ID:D9rj3Kru
手帖の話とはズレるがスマソ。

第一回石川啄木賞の受賞者が発表されてるよ。
しらん人ばっかだった。
http://www.hokumei.co.jp/


180 :名前はいらない:2008/06/19(木) 19:12:36 ID:vesZNQzs
早矢さんだけは知ってるなあ。詩学社からだったか、詩集出している方じゃなかったっけ。

181 :名前はいらない:2008/06/23(月) 21:26:03 ID:5xwFbOdo
久谷雉って詩がわかってないか頭悪い人だね。
「どの料理も穀物か肉か魚か野菜ばっかりで飽きた」って
言ってるような人。

182 :名前はいらない:2008/06/24(火) 00:53:27 ID:RZA0KAaz
陥没チンポ

183 :名前はいらない:2008/06/24(火) 21:02:44 ID:zl8VMOXW
>>181
それ、知性とは関係ない話だと思うんだが。
風がふけば桶屋がもうかる的な。
無理やりすぎないか。

184 :名前はいらない:2008/06/25(水) 08:21:57 ID:0IAumaTo
>>181は詩手帖6月号の詩誌月評の話か。
だとしたらたぶん>>181はあの文章を誤読している。
しかし、結論としては>>181は正しい。


185 :名前はいらない:2008/06/27(金) 11:30:51 ID:61Mcs3df
長谷川櫂という異常者が藤沢近辺を徘徊して居るという噂を耳に挟んだ。
この長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)は稀代の低能で、幼年期から性格劣悪、
知能劣弱、外見醜悪無比にして、万人嫌悪の的だったらしい。
なにしろ熊本県下の朝鮮人部落の癩病筋の下賤な家筋に生まれ、誰からも相手に
されずに育った「下の下」の存在でしかないからだ。蛆虫以下と言ってもイイだろう。
癩患者の中でもイヤらしく、おぞましい性質の故に唾棄す可き変態として嫌悪されていたとのこと。
当然ながら、女には一切洟も引っかけられず、隠れては幼児に猥褻行為を働くようになったとか。
賤奴の分際で、かかる性的悪戯を犯した悪質な俳句詠みの長谷川は存在価値絶無であろう。
たとえ劣等感のかたまりの如き陰険卑劣な山出しである点を考慮したにせよ。
「生まれなかったほうが良かったのに」という言葉が当てはまるのは、
まさしく此のド変態の長谷川の事だろうな。
今は藤沢市辺りに住んで居るらしい。
近隣の皆さん方、よくよく御注意されたし!
聞くところによると、この北鮮人・長谷川隆喜は、口を開けば愚鈍さと痴呆さ
の限りをさらけ出して恥じない低劣無比な田舎者のクズ、下の下の存在でしかないという。
こんな阿呆で下賤な蛆虫に劣る存在を容認して来た讀賣新聞社に「社会の木鐸」たる資格はナイ!

186 :名前はいらない:2008/06/27(金) 13:13:35 ID:BDKLvD97

自称現代詩人(笑)の自費出版メンヘラーが3年前から発狂中です。

187 :名前はいらない:2008/06/27(金) 19:01:00 ID:qAe+C8bJ
>>186
具体的に誰? まあ自分が対等だと勘違いして長谷川氏に無礼な手紙でも送って
そのままシカトされてファビョったとかだろうけど。頭のおかしい奴が嫉妬に狂うと
もう手がつけられないからな

188 :名前はいらない:2008/06/27(金) 23:17:45 ID:u/u8ocY8
短歌、五七五板ではこの基地外さらにひどい。名前さらせよ

189 :名前はいらない:2008/06/28(土) 15:37:45 ID:N5zXcJT7
社会的立場にある著名人に絡んでくる
自称芸術家とか頭のおかしい連中への対処法は、一つ。無視するだけ。

なにか反応したら、
自分も文学者と対等の立場になれたと狂喜して、ストーカー行為をエスカレートするだけだから。

無名のメンヘラ現代詩人(自費出版)なんぞ名前出したら相手が喜ぶだけ。

190 :名前はいらない:2008/06/28(土) 17:20:24 ID:oALZgE4A
今月の「現代詩手帖」「ユリイカ」の話しをしてくれ。

僻地に居るので先月のは一昨日やっと読んだばかりだ。

191 :クマクマ:2008/06/28(土) 20:54:28 ID:Zh1DW+Eu
   ∩___∩
   |      : : ;: ヽ   手帖は恒例の作品特集だから、
  /      : : ;: |    個人の、好き嫌い、って視点でしか語れないクマ。
  |       : : ::;:ミ      なんで○○氏は載せないのか、とか。
 彡、     : : ::;:/
 /    : : ::;:: : ヽ,    で、何で来月、四川省大地震で特集組まなきゃいけないクマ?
 |      : : ::;::'i' l     思潮社もお歴々も、ビルマの台風災害はどーでもいーの? 

192 :名前はいらない:2008/06/28(土) 23:15:05 ID:JLReldIB
以前から中国と交流があるしうんたらって、現代詩フォーラムスレでも誰かが語ってた。

193 :名前はいらない:2008/06/28(土) 23:52:22 ID:F8QiteXK
ところで「詩学」のバックナンバーは手に入りますか?
読みたい論考がある。
どなたか揃って持っている人いますか?

194 :名前はいらない:2008/06/28(土) 23:54:07 ID:FWa7M6uE
>>190
僻地ってちなみにどこら辺にいるの?
海外?

195 :名前はいらない:2008/06/29(日) 06:25:13 ID:SijTF1so
吉井和哉は殺人未遂及び集団リンチ、会社ぐるみで嫌がらせをしているクソロッカーです。

コイツの趣味は他人のプライバシー侵害です。何度も実際にストーカーされました。目が合うとまるで俺は友達だよ、と言わんばかりにニヤニヤしていました。
にちゃんで何度もそれ専用のスレを立てられ、そこに自分の合成された写真を晒しあげられ、事実を書き込めば「また写真を晒すぞ」と堂々と脅しを掛けてこられました。その写真のネタをこの噂スレでも絵文字入りでこいつらは書き込み、馬鹿にしていました。
自身の部下や彼女をわざわざ嘲笑う為に職場に寄越しました。それと、「社長が怒ったのでこれからもっと酷くなる。一応忠告しておく」という書き込みの直後から、晒しの嫌がらせは悪化しました。明らかに嫌がらせの為に部下も使っています。これは間違いありません。
ここでも話題作りのために散々利用されました。曲のネタにもされました。「広告塔だ」等と言い放ち、実際に見付からない君、としてここ以外でも利用されました。
噂スレでお仲間同士、当然の様に馬鹿にしながら。

こいつは隠蔽工作をしています。
名誉毀損だなんだと言いながら、実際にこいつは100%やっているんです。

神に誓ってもいい。
嘘じゃない、吉井は罪を隠蔽し続けている犯罪者です。私は被害にあいました。
こいつは未だに開き直り、隠して逃げ続けています。


「決して捕まらない方法でお前を自殺に追い込んでやる」
「インターネットで晒してやる」
「これからはどこへ行ってもいつどこで見られているか気が気でいられないだろう」
「お前はシーマンだ、モルモットだ」
「(された事実の書き込みを)止めなければまた写真を晒すぞ」


これは吉井和哉と仲間による書き込みです。

(全部実際に特定され中傷を受けながら書き込まれた内容です)
数年間、私はこいつらに馬鹿にされながら仕事や私生活を遠回しに全て晒されてきました。



196 :名前はいらない:2008/06/29(日) 06:39:54 ID:WGuaIfuy
統合失調症って怖いなあ・・・

197 :名前はいらない:2008/06/29(日) 09:12:37 ID:ElY3KE52
ネットは慣れてないと浮く
単純に田舎物みたいなもんです

198 :名前はいらない:2008/06/29(日) 15:50:51 ID:hs10FJlg
死にてこそ 喜ばるる 変態の
   長谷川隆喜 生ける 甲斐無し


長谷川櫂という異常者が藤沢近辺を徘徊して居るという噂を耳に挟んだ。
この長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)は稀代の低能で、幼年期から性格劣悪、
知能劣弱、外見醜悪無比にして、万人嫌悪の的だったらしい。
なにしろ熊本県下の朝鮮人部落の癩病筋の下賤な家筋に生まれ、誰からも相手に
されずに育った「下の下」の存在でしかないからだ。蛆虫以下と言ってもイイだろう。
癩患者の中でもイヤらしく、おぞましい性質の故に唾棄す可き変態として嫌悪されていたとのこと。
当然ながら、女には一切洟も引っかけられず、隠れては幼児に猥褻行為を働くようになったとか。
賤奴の分際で、かかる性的悪戯を犯した悪質な俳句詠みの長谷川は存在価値絶無であろう。
たとえ劣等感のかたまりの如き陰険卑劣な山出しである点を考慮したにせよ。
「生まれなかったほうが良かったのに」という言葉が当てはまるのは、
まさしく此のド変態の長谷川の事だろうな。
今は藤沢市辺りに住んで居るらしい。
近隣の皆さん方、よくよく御注意されたし!
聞くところによると、この北鮮人・長谷川隆喜は、口を開けば愚鈍さと痴呆さ
の限りをさらけ出して恥じない低劣無比な田舎者のクズ、下の下の存在でしかないという。
こんな阿呆で下賤な蛆虫に劣る存在を容認して来た讀賣、朝日新聞社に「社会の木鐸」たる資格はナイ!
角川書店などは出版社ですら無い芸人風情を相手にする低俗プロだから、化け物を見せ物代わりに使ってみたんだろう。
東海大学もコヤツを早く放逐しなければ、「最底辺の学校」という汚名を永久に雪げなくなるだろう。

去勢豚の長谷川チョンめ!さっさと鬱で自殺しろーっ!!!
分かったナ!


199 :名前はいらない:2008/06/29(日) 17:52:28 ID:oYbZVqLO
お前、もうすぐ逮捕されるから
名前も顔もさらされるから




200 :名前はいらない:2008/06/29(日) 18:14:37 ID:dxLgeRtF
375 :吾輩は名無しである:2008/06/29(日) 16:13:57
この電波は、ポエム板の加藤智大スレッドに書き込んでるところをみると、
ホームグラウンドがポエム板のようだね。
足跡機能でも現代詩関係のスレに出入りしてるのが分かるw

東大法学部卒で朝日俳壇選者、読売詩歌欄連載、東海大学教授の
著名俳人に、自慢の自由律俳句(笑)かなんかを送りつけて、無視されたことが、
なぜか発病後の発狂逆恨みポイントになっちゃったんだろうな。

しかし、コイツの使う差別用語はどれもこれもカビの生えた昭和の臭いがするw
40〜50代の無職、現代詩手帖にせっせこポエムを投稿。
そのうち思潮社(爆笑)の自費出版詐欺にひっかかって、現代詩人の名刺を刷っちゃった
精神障害者のおっさんだろう。 リサーチかけてみようか(笑)

201 :クマクマ:2008/06/29(日) 19:16:09 ID:Rqc9At7m
   ∩___∩
   |      : : ;: ヽ   そうか。交流があるからクマか。
  /      : : ;: |    
  |       : : ::;:ミ  反中思想は止めよう、とか、日中友好に貢献しよう、とか   
 彡、     : : ::;:/    脱線してそんなことに話題が及ぶんだろうな。 
 /    : : ::;:: : ヽ,      欠陥建築で子どもが圧死したことには触れないし、
 |      : : ::;::'i' l      その詩で全中国が感動した! なんて知ったこっちゃねーよ。

202 :Canopus ◆Mq7vsSAC66 :2008/06/29(日) 19:24:26 ID:v2dvQDLG
>>193 『詩学』のBNは、ぼくが大部分を買い取って、ある方のご好意
で、某倉庫に保管してあります。

すみませんが、もう少しお待ち下さい。
某所での委託販売を検討しています。
いろんな事情で、すぐには動けなかったんです…

これ以上は宣伝になるから言えないけど、ポエケットでも(以下略

203 :名前はいらない:2008/07/01(火) 01:34:11 ID:vNjLwm0d
>202
ありがとうございます。
「詩学」「ポエケ」で検索を続けますのでどこかに必ずアップしてください。
三上さんの劇評や論考だけでも単行本化しないのでしょうか?
演劇界でも話題騒然だったと聞きます。
若い詩人たちの大切な手引書になるでしょう。

204 :名前はいらない:2008/07/01(火) 01:39:31 ID:OHibXIRO
またお前か

205 :名前はいらない:2008/07/01(火) 02:18:36 ID:838MC5nk
ホントに長谷川櫂とか長谷川隆喜とかいう去勢豚ってのはイヤラシイ奴ですね。

206 :名前はいらない:2008/07/01(火) 08:53:28 ID:SXF0TH7O
もうすぐ石油がなくなるってのに、おまえらキリギリスときたら
のん気に詩なんて読んでる場合じゃねえぞ!

207 :名前はいらない:2008/07/02(水) 16:59:38 ID:NVCqrikb
毎度のことで申し訳ないが
7月号の現代詩手帖の投稿欄で
貴方が面白いと思った作品を挙げてみてくれないか?
先日、自転車で30分走って見に行ったのだが
残念ながら一日遅れでまだ来てなかったのでね

208 :名前はいらない:2008/07/02(水) 17:13:09 ID:vAlvkPoh
宗左近って人の河童の詩が面白かったよ。

209 :名前はいらない:2008/07/02(水) 21:22:48 ID:uWwnGHg3
暇をもてあました 
神々の
遊び

210 :名前はいらない:2008/07/02(水) 22:26:52 ID:VB4L11gF
ここには
書く奴は居ても
読む奴は居ないってことだな

211 :名前はいらない:2008/07/02(水) 23:01:42 ID:BPREBLQi
投稿時代はそんなものだ。どこかの詩誌で卒業して精神的に余裕が出てくると
他の人の詩を読むようになる

212 :名前はいらない:2008/07/03(木) 01:47:32 ID:DEIKzhaj
長谷川櫂がいくら愚鈍で無知無教養な田舎者だとしても
いちおう人間に似た姿はしているのだろう?
そんなヤツは早晩、卑しい犯罪行為にはしって
マスコミを騒がせることになるだろう。
どんな陰険卑劣な策を弄してても、必ず本性は暴露されるに決まってるから。
その日まで取り敢えず娑婆に野放しにしておいてやるしか仕方がナイな。

213 :名前はいらない:2008/07/03(木) 02:24:02 ID:m1Q0G8WW
>>207が素直に今月の入選者と佳作者を教えてくれ、
って書けないのがみえみえだからじゃないの?

214 :名前はいらない:2008/07/04(金) 13:11:39 ID:4R7j3MuI
長谷川は「女の腐った奴よりもヒドイ人間のくず、下の下、
陰険卑劣極まり無い性格異常者だ」と言ってよいだろう。
口を開けば無知無学・無教養、愚鈍蒙昧の限りを徹底的にさらけ出し、
しかも人々の憫笑を買っていることにさえ気付かぬ低能で恥知らずな田舎者だ。
無類の臆病者なので記者として全く使いものにならないため、
整理部で雑役係をやらされて居たというのは本当の話に違いない。
能力は半人前以下なので例の中傷誹謗作戦を駆使して、優秀な人物を陥れ
かろうじて解雇されずに済んだという過去も事実だったようだ。
こんな出来損ないの山出し、反省も謝罪も全く出来ない人非人風情を
使用人として置いていた讀賣新聞など購読する価値ゼロと云えるだろう!

215 :名前はいらない:2008/07/04(金) 20:57:22 ID:Txxy4+jw
匿名掲示板で誰かを誉めるとすぐに自演扱いされるから誉めにくい。
手帖の投稿欄では二編いいなと思ったのがあったよ。
でも教えない。

216 :ダーザイン ◆6JufhYYprc :2008/07/04(金) 23:15:23 ID:Hj5d/dYx
文学極道を出版社化する実務能力と気力のある人がいたら手を上げてください
紙も21世紀対応のメディアを作らないと。

体調わりと良くなり、少し気力が出てきた。するとまた文章を書きたくなる。
勿論美を、凄絶な美を

ラジオ放送中
Winamp向け
http://motoka.jp:10000/listen.pls
Windows Media Player 向け
http://www.motoka.ws/radio/10000.asx
掲示板
http://www.motoka.ws/radio/chat.cgi

にゃんふろやでかるちゃーの意味が解らない非アニヲタには不向きなラジオです
(いつものことだが)
イベントのための朗読練習もあり。

公開の場では書けない革命家としての活動の第一弾情報はぁ会で廻します。

217 :名前はいらない:2008/07/05(土) 07:18:10 ID:PWRuNx0b
>>216
うん? どこか悪かったの?

218 :ダーザイン ◆6JufhYYprc :2008/07/06(日) 01:20:42 ID:bsvr/W1G
>>217

春から肝臓を悪くしています。
ちょっとビール飲んだだけでもまったく解毒できず
ふらふらになっていました。
頭がイカレテいるのは生まれつき。

219 :名前はいらない:2008/07/07(月) 07:20:09 ID:2iExISkM
そうなんだ。お大事に

220 :みたらしひかる ◆NPntL0c/ps :2008/07/09(水) 15:57:20 ID:okb9mifr ?2BP(1006)
>>215
なんかじれったいなw

221 :名前はいらない:2008/07/20(日) 22:43:11 ID:TIvrDa9A
ミッドナイトプレスからミニペーパーみたいなの届いた人いる?

222 :名前はいらない:2008/07/21(月) 07:54:50 ID:uqDkRLgr
久谷とちょりの二大巨頭がついに立ち上がった

223 :名前はいらない:2008/07/21(月) 08:03:39 ID:Gzz9kB6x
長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)という者が陰険卑劣で臆病無比な田舎者であることは
万人周知に属することがらであろう。
こやつは劣等感のカタマリであるため、自分より優秀な人物に対して唾棄すべき嫉妬心で
陰に陽に下劣な嫌がらせをつづけ、しかも自分では怖くて何も出来ない小心者なので、
他人に誹謗中傷を吹き込んで何とか有能で勝れた秀才を陥れてやまなかったのも厳然たる事実だ。
こんなおぞましい低劣な山出しを雇っていた讀賣新聞社の良識を疑う次第である。
こんな下の下でしかない卑劣な山出しの犯した破廉恥行為を隠蔽し、報道しないのが読売新聞の実態だ!
そんな性格異常者の長谷川が「俳句詠み」を自称するとは世も末だ!!!

224 :名前はいらない:2008/07/21(月) 14:49:22 ID:IQzL16ZB
>>222
それどういう意味?
なんかイベントでもあるの?

225 :名前はいらない:2008/07/21(月) 15:28:22 ID:1l2CxMLJ
ユーロビートを聞いて生きてきた

226 :名前はいらない:2008/07/25(金) 00:27:25 ID:7Ld9Z58G
なぜかPLAYBOY誌で詩の特集。
http://www.shueisha.co.jp/CGI/magazine/rack.cgi/magazine/m_playboy.html?key=detail&zashimei=m_playboy&janru=men
面子からするとメジャー系ばかりっぽいけど。

227 :名前はいらない:2008/07/25(金) 10:48:38 ID:GIIeDqw6
日本人わらけるほどすくなくね?
谷川俊太郎だけって…

昔の詩にしてもそうだけど編集者がろくに
日本やアジアの詩を読まなさすぎなのが丸見え。

西脇とか、あと四季派でも、それ以外の大手拓次やら
尾形亀之助やら山之口獏でも、北園克衛でも渋いのがいっぱいいるのになあ。

でもプレイボーイだからなあ。
思い切って金時鐘が新訳した「朝鮮詩集」をガツンと特集とか。
でも、思い切り読者がドン引きだろうな。


228 :名前はいらない:2008/07/25(金) 10:52:37 ID:GIIeDqw6
思い出した。ロルカとかブレヒトもいいと思うのだが。
ツェランもいねえし。
ポーもいねえなあ。
いい人も入っているんだけど、なんとなくどうなのかなあ。

この並びだったら谷川俊太郎は死んだ人みたいなんだが…

229 :名前はいらない:2008/07/27(日) 17:50:50 ID:U80YYvJW
どなたか今月の詩手帖の新人作品読みましたか?
(定期購読されている方)
もしもいらっしゃったら掲載された人名教えていただけないでしょうか?
10人くらいだと思うのですが。。m(__)m

230 :名前はいらない:2008/07/27(日) 22:09:50 ID:rQO0ofQ9
詩と思想の投稿コーナーの入選者を教えていただけないでしょうか……田舎なんで
書店に並んでないんです。お願いします

231 :名前はいらない:2008/07/27(日) 22:57:06 ID:fS15DZ3f
またかよ。いい加減にしろよ。ケチくせえんだよ。

232 :名前はいらない:2008/07/27(日) 23:58:47 ID:aWcMYrYk
海外からも勇気を持って闘いぬこうとみなさんに緊急応援メッセージが届いてます!
http://www.youtube.com/watch?v=-IUSZyjiYuY

【毎日・変態報道】「日本人は海外で子供をライフルで狩り女性をレイプし奴隷を買う」という記事、事実の裏付けないまま記事にしてた
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217079878/
「日本の母は息子の性処理係」毎日新聞が捏造記事
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1217124662/
【論説】 「毎日新聞『変態報道』騒動…"第四権力"として好き放題のマスコミだが、ネットにより力関係に変化が」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1216165783/
【毎日・変態報道】 「『日本を貶められた』と感じたネットユーザー、掲示板に殺到。企業に抗議」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1216944995/
【携帯】NTTドコモ、iチャネルの情報提供元を「毎日新聞」から「日本テレビ」に8月から変更。不買運動も影響か?
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217066032/
【新聞・調査】“非常事態”「毎日」が前年比10万部減少
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217044009/
【社会】派遣労働規制、契約期間が1カ月以内の派遣を原則禁止へ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217147045/
【毎日・変態報道】『のまねこ事件』より大事に!毎日新聞は“全国の女性を敵に回した”
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1216091386/
【毎日・変態報道】 WaiWai記事をまとめた書籍の第3弾、講談社の子会社から各国に向けて発売予定
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1215573523/
【毎日・変態報道】“ネットの敵”毎日新聞、スポンサー撤退が始まる
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1216169232/
【毎日・変態報道】ひろゆき氏「『厳重な処分』なのに社長に昇進って何なの?ネット以外のメディアで騒がれないのは何で?」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1216025307/
「押し紙」率7割!老舗販売店経営者が直言「毎日新聞は癌末期」
http://news.livedoor.com/article/detail/3394103/
毎日新聞が小額で日本で少女を買春する方法を紹介
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1214808695/

233 :名前はいらない:2008/07/28(月) 00:01:42 ID:3hDXznjo
>231
そんな言い方ないでしょう。いくら匿名だからってひどいです。


234 :名前はいらない:2008/07/28(月) 00:34:26 ID:G9aafWA6
思想、入選者には必ず、発売日前に掲載誌が届くのでしょうか。そんな気もするのですが…
豚切りのうえケチくさい愚問ですみません。


235 :名前はいらない:2008/07/28(月) 00:40:09 ID:gf3bnD2l
マルチは嫌われる

2 名前:名前はいらない :2008/07/27(日) 20:16:21 ID:U80YYvJW
どなたか今月(2008年8月号)の詩手帖の新人作品読みましたか?
(定期購読されている方)
もしもいらっしゃったら掲載された人名教えていただけないでしょうか?
10人くらいだと思うのですが。。m(__)m





236 :名前はいらない:2008/07/28(月) 01:18:55 ID:ndZNu9S8
詩学に一番近い詩誌って何だと思いますか?

値段が手頃で、投稿欄が賑やかで、特集もなんかイイ。

ずっと詩学に投稿してたんで淋しいですよ。

237 :名前はいらない:2008/07/28(月) 02:55:30 ID:ohY8LoO7
欲しくて無いものは誰かが自分で作るしかないね

238 :名前はいらない:2008/07/28(月) 12:47:23 ID:9TaYS0Ms
初めて詩誌に出して今月の手帖の選外佳作に入っていたけど、
入選していた作品を見ていて、選ばれる基準が良くわからないね。

239 :クマクマ:2008/07/28(月) 13:28:19 ID:y2z2hHTS
     ∩___∩
     | ノ      ヽ   >>238
    /⌒) ●   ● |   基準なんて気にすんな。書きたいように書け。
   / /   ( _●_)  ミ   
  .(  ヽ  |∪|  、\    ビルマサイクロン災害は全力でスルーかよ思潮社w

240 :名前はいらない:2008/07/28(月) 17:34:56 ID:FVIyvhKa
人が何でそれに反応するかと言ったら、なんらかのずれをそこに感じるからだろ
たとえば表記する主体と表記される主体、
その二つのずれというか齟齬にこそ、おれなんかも反応できるところなんだが、
いかにもずれてるように書かれた作品(わかりやすい例だと小笠原鳥類)を読んでも、おれなんかはなんも感じない
むしろ、全然ずれてないじゃんと言いたくなる
特に詩の主体を消すことを目指された作品などを読むと、表記する主体と表記される主体はそんなに分別できるもんなの?って思ってしまう

一方で廿楽順治なんかの作風もあって優れた詩を書いているとは思うが、
ずれているとか、そういう文脈では読めなかった、もちろんずれてるように書かれてはいるが
でも日本語そのものからのずれとして古賀忠昭の詩は反応できる

ずれていると言えば、松本圭二もいるけどな
立場的には戦後詩を継ぐような位置にあって、戦後詩そのものからずれちゃった人が
それが彼の新しさなんだろうなあ

241 :名前はいらない:2008/07/28(月) 18:16:36 ID:9TaYS0Ms
>>240

まるで、フランスポストモダン思想ばりばりの理解だなぁ。
差異とか主体とか、まぁ、そういうものではないあり方でない形のものはないかなぁ。
松本圭二はかなり好きだけど、彼は現代詩が大嫌いみたいだよね。
というか、詩人が嫌い、っていうのをそんなに必死になっていわなくてもいいのに、
いい続けるところが彼らしいのだけど。
最終的には、天然が最強なんだろうな。松本って天然っぽいんだよな。
彼は意図的に、叙情を断ち切るように、暴力的に、詩を突然終わりにするけど、
あぁ、天然なんだろうなぁ、と読んでたりする。
松本さんも開きなおって、叙情しまくればいいのに。昔みたいに、メロメロのもの
書いてほしいな。

つーか、だいぶ前に、ここで現代詩手帖、貧乏で買えなくてうんたらいってたら、
お前みたいな奴が入選するわけないでしょ、といわれたけど、初投稿で一応、
入選ではなくて、佳作にはなりました。あんまり出来よくなかったから、運が良かったのかも。
ということで、散々、うんたら言ってくれた人は、どうしてくれるんでしょうか。


242 :名前はいらない:2008/07/28(月) 19:17:57 ID:3430IbH8
どうしてくれるんでしょうか(笑)

243 :名前はいらない:2008/07/28(月) 19:27:17 ID:ripx1nul
自慢乙

244 :名前はいらない:2008/07/28(月) 19:52:37 ID:9TaYS0Ms
いつもの展開だな(笑)。いやまぁ、普通に、散々いろいろ言われたからね。


245 :名前はいらない:2008/07/28(月) 21:34:26 ID:V7POLY3i
>>238
>初めて詩誌に出して今月の手帖の選外佳作に入っていたけど、
>入選していた作品を見ていて、選ばれる基準が良くわからないね。

だから選外佳作止まりなんだろ

246 :名前はいらない:2008/07/28(月) 21:50:24 ID:9TaYS0Ms
>>245

燃料投下に釣れてワロス

247 :名前はいらない:2008/07/28(月) 21:52:14 ID:R+8EOgG+
>>234
思想は定期購読者がいちばん早い。次が入選者。もちろん例外はあるけどね
定期購読していて入選したり依頼分が掲載された場合は二冊届くわけだが、
この場合も定期購読分が先に届くか二冊いっしょに届く

248 :名前はいらない:2008/07/28(月) 21:53:46 ID:R+8EOgG+
>>238
>初めて詩誌に出して今月の手帖の選外佳作に入っていたけど、

>>241
>お前みたいな奴が入選するわけないでしょ、といわれたけど、初投稿で一応、
>入選ではなくて、佳作にはなりました。あんまり出来よくなかったから、運が良かったのかも。

佳作と選外佳作は違うわけだけど、いったいどちらが本当なの? まあどちらにせよ
俺的には似たようなもんだけどね

>ということで、散々、うんたら言ってくれた人は、どうしてくれるんでしょうか。

「お前みたいな奴が入選するわけないでしょ」という指摘の通りだったのなら
どうもこうもないんじゃね?

入選ですら自慢はみっともないのに、佳作程度なのに2ちゃんで嬉々として
自慢するって痛いにもほどがあるぞ。そんなヒマがあったらコツコツ書いた方が
有意義だと思うけどな

249 :名前はいらない:2008/07/28(月) 21:56:59 ID:9TaYS0Ms
>>248

文脈を提示した上で、言ってるのだけどね。
ちょうどこのスレッドで、

124 名前: 名前はいらない 投稿日: 2008/06/17(火) 07:28:32 ID:FMSI2/58
>>121
要するに「実際に自分の作品が入選掲載された号しか必要ない」ということだろ?
投稿者の大部分はこの手合いだな。応募先を知るための購読すら嫌がってこのスレとかで
尋ねるケチもいるしな

自分で金を払って買って一般掲載や他の投稿者の作品を読むことで、自分の書く力が
アップし入選の傾向とかも掴めるのに。よほどの天才でもない限り、いつまでも上達せず
ここで「今月の入選者を教えてください」と繰り返すことになるんだけどな

ここまで言われた、という文脈の上で、今いるわけだけどね。
君ら、詩書いてるのに、文脈すらまともによめないわけ?


250 :名前はいらない:2008/07/28(月) 22:03:19 ID:9TaYS0Ms
さて、挑発と釣りもここまでにして、少し思うのだけど、
小説とかでは、小説や過去の有名作品などを踏まえて、
批評的な小説が最近出てきてるけど、詩の方ではそういう動きは無いの?
詩誌や詩の歴史にあまり詳しくないからその辺どうなのかなぁと。


251 :名前はいらない:2008/07/28(月) 22:09:23 ID:sc0MWufX
言うても ワカラン バカばかり

252 :名前はいらない:2008/07/28(月) 22:35:23 ID:R+8EOgG+
>>249
だから入選掲載じゃなくて選外佳作なんでしょ? 後出しジャンケンで釣りだなんて
言い訳してるヒマがあったら、入選者の詩を読んで自分の詩と何が違うのかを考える方が
有意義じゃないかと言っているんだよ

>入選していた作品を見ていて、選ばれる基準が良くわからないね。

確かに選者の好みとかはあるけど、たいていの場合は入選と佳作にはそれぞれの
理由がちゃんとあるよ。「挑発と釣り」なんてやってる場合じゃないと思うけどね


253 :名前はいらない:2008/07/28(月) 22:50:20 ID:6kgGguwd
ぼくわー、初めての投稿でー、手帖の選外佳作にー、なりましたー


大島弓子の「綿の国星」のネコ集会を思い出したw

254 :名前はいらない:2008/07/28(月) 23:34:24 ID:9TaYS0Ms
>>252

いや。釣りなんだよ。
ネットでよく暴れていたから、
大抵、批判がある程度は読めるのね。
これは、恐らく誰もがある程度読めるのだけど、
そこで、選外佳作という形で書き込んだのは、
君よりも、どこかの馬鹿―名無し―が言ってたことが
矛盾しているじゃない、という言い方で遊びに来ているわけ。
その背後には、別の意図があるよ。(故に、君が言う意味での有意義は、
今の時点では私には該当しない)


255 :名前はいらない:2008/07/28(月) 23:40:06 ID:9TaYS0Ms
今のところ、全部振りなんだけど。
批評的な小説、という話も、前回、貧乏でとかいって
いろいろ言ったことも、全部一つの文脈の上で、整合性が取れているんだよね。
で、また今回、選外佳作、というネタが出来たから、延長で来てるのよ。
私の関心は、創作行為と評価に大して、それらを理解するとき、どのような、語彙と
文脈、内面的な補填をもってやってるかっていうことを悪意を持って、ぼんやり話の中で
情報集めみたいな感じでやってたり。
私と同じように詩を書いている他者がどういう人たちなのか知りたいのよね(笑)。
大抵、つまんないことしか言わないんだけどね。こいつは面白いという人を探してたり。
それは恐らく、詩の創作行為における方法論的なものとも絶対重なってくるし、批評的な、
側面も出てくるはずだとね。

256 :名前はいらない:2008/07/28(月) 23:43:48 ID:gf3bnD2l
>>254
お前がけつの穴の小さい男だということはよくわかった
もうこなくていいから

257 :名前はいらない:2008/07/28(月) 23:46:07 ID:9TaYS0Ms
>>253

例えば、君なら、私が、選外佳作(実際本当かどうかは別として)という
形で出てきて、さらに、入選作品、評価の基準がわからない、という書き込みから、
「入選させたい」という目的を私が抱いている、という読みを私に対して行って、
有意義、という語彙で語っているのでしょう。(ところが、私が実際に、それを目的に
している、という言明はまったくされてない。というよりかは、しないことで、相手の出方
を見ている。何しろ私は、名前すら明かしていない。)



258 :名前はいらない:2008/07/29(火) 01:43:29 ID:Z6V1DFmJ
いかいか乙

259 :名前はいらない:2008/07/29(火) 02:07:32 ID:8FFonzMy
あなたは直接私に問い掛けたのでしょうか
それがどのような意味が込められていようとも

260 :名前はいらない:2008/07/29(火) 02:47:50 ID:rO/3uiBX
>>259

悪意はいつも秘めておくものでしょう。


261 :名前はいらない:2008/07/29(火) 05:49:17 ID:ObmRPya1
>>257
名前は明かさなくていいよ
今日からここでのお前の名前は「選外佳作くん」だから

262 :名前はいらない:2008/07/29(火) 06:40:53 ID:bpx5wxfN
初めての投稿で選外佳作になり、舞い上がっている夏厨がいると聞いて飛んできました

263 :名前はいらない:2008/07/29(火) 07:03:34 ID:XYcQsC7g
素で気持ち悪いな、なんだこいつ。

264 :選外佳作:2008/07/29(火) 07:19:36 ID:VyYqa5kp
全部振りなんです・・・全部釣りなんです・・・ぼくわ・・・荒らしですから・・・
せ・・・選外佳作なんてウソです。やだなあ、選外佳作ごときで本気になって
自慢するわけないじゃないですか・・・ひっく・・・えぐ・・・だからもう
ほっといてくだい・・・お願いですから・・・

265 :名前はいらない:2008/07/29(火) 07:25:23 ID:d7yX3U1I
>>254
>君よりも、どこかの馬鹿―名無し―が言ってたことが
>矛盾しているじゃない、という言い方で遊びに来ているわけ。

だから矛盾してないと他の奴も指摘してるじゃん。文脈の読めないやつだなあw
お前の精神構造は街中にスプレーで落書きするガキ共と変わらん。まあ刃物持って
暴れ回る連中よりはマシという程度かな

266 :名前はいらない:2008/07/29(火) 07:29:13 ID:TH9ZSOcK
>いや。釣りなんだよ。

ということにしたいのですね

>大抵、批判がある程度は読めるのね。

ということにしたいのですね

>いろいろ言ったことも、全部一つの文脈の上で、整合性が取れているんだよね。

ということにしたいのですね

>その背後には、別の意図があるよ。

ということにしたいのですね

>今のところ、全部振りなんだけど。

ということにしたいのですね

267 :名前はいらない:2008/07/29(火) 10:23:22 ID:izhRFc96
自分で雑誌買って勉強なんかしなくても、よほどの天才じゃなくても入選はできるよ。
別に載らなくても、載るように合わせて書く必要もないとおもうし。

268 :名前はいらない:2008/07/29(火) 10:28:53 ID:8FFonzMy
>>260 やはり…。あなたは単にドラマ正義の味方の見すぎのような気がします。

269 :名前はいらない:2008/07/29(火) 10:37:02 ID:8FFonzMy
>>260 あなたが感じているのは自分の悪性ですよ、きっと。

270 :名前はいらない:2008/07/29(火) 10:38:05 ID:hIQB3TL+
>私の関心は、創作行為と評価に大して、それらを理解するとき、どのような、語彙と
>文脈、内面的な補填をもってやってるかっていうことを悪意を持って、ぼんやり話の中で
>情報集めみたいな感じでやってたり。

アイタタタタ

自分が何か気の利いた、斬新なことをやってるつもりなんだろうなあ

271 :名前はいらない:2008/07/29(火) 11:36:11 ID:hIQB3TL+
>>267
もう支離滅裂ですな

272 :名前はいらない:2008/07/29(火) 15:50:48 ID:EK1WdVzA
いかいかww選外おめww
はてなにまで自慢載せんなw

273 :名前はいらない:2008/07/29(火) 16:29:09 ID:XYcQsC7g
皆に褒めてもらいたかったんだろう。選外佳作おめでとう^^

274 :名前はいらない:2008/07/29(火) 18:26:46 ID:rO/3uiBX
おはよう。あれからずいぶんスレが進んだみたいだね。
ちなみに、選外佳作に選ばれてませんよ(笑)。
ケラケラ

275 :名前はいらない:2008/07/29(火) 18:35:59 ID:rO/3uiBX
>>265

矛盾していない、とは誰も言っていないわけだけど。
前提となっているものをすべて宙吊り状態にしてあるのだから、
何もいえないわけだ本当のところ。
で、皆さん、結局、自慢とかそういう批判しかできないわけで、
やっぱりこの程度なの、詩誌の読者って?

これだったら、ライトノベルの読者の方が、よっぽど批評的に、
詩誌のあり方とか、詩とか、投稿や、創作行為について読んでいるじゃないかな。
やっぱりもう、淘汰されたジャンルなのね。
かわいそうに、私と見なされている名無しも巻き添えくらってるけど、
人物の違いすらも読めないのね。

例えば>>270など、誰も斬新などといっていない。
単なる興味でしかないし、実際に、すでにそれは、質問の形式をとらなくても、
反応や書き込みの仕方、批判の仕方を見ていれば、暴露されてくるものでしょう。
>>270などは、私が他の人とは違うんだよ、何か分かっているんだ、という自己理解の
元に書き込んでいるという皮肉が成立すると思っているみたいだけど、それって、批判の
相手がそう思ってない限り通じない皮肉だよね。つまり、俺はそう思ってないので、皮肉
にすらもなっていないという(笑)

276 :名前はいらない:2008/07/29(火) 18:41:13 ID:rO/3uiBX
実際、まじめに詩論や批評書ける人間は、
こんなスレにはいないだろうし、このスレの性質は
単なる週刊現代とか朝日の政治の秘密とか、裏社会、
とかそんなものに興味あるようなやつしか見ないだろうし、
もしくは、投稿しているやつで、自分のことがすごく好き
な奴で、批判や罵倒を気にしてる奴とかね。

ちなみに、俺がこのスレに書き込むときは、
ストレス発散が90%ぐらいの位置をしめてる。
文学板にある現代詩スレッドの方が百倍まだ
マシだな。

277 :名前はいらない:2008/07/29(火) 19:00:22 ID:mNAcT8xx
金にも名誉にもならないジャンルで、そのくせ自費出版なんかで金はかかるからさ、
詩壇には認められてても世間的には見向きもされない人、そもそも何書いても認められない
人の怨嗟が渦巻きやすくなっちゃうんだよ。
投稿作に限らず詩誌に載ってる作品の話にはまずならない。
自作にしか興味ない人が大半だから。
俺は最初そんな空気知らず、普通に「今月の特集良かったねー」「あの人の詩いいねー」
みたいな話するところだと思って、ある人の文章褒めたらさ、その人のイベントでの寒い
行動やら容姿やらを叩く書き込みばかりになったことがあったよ。


278 :名前はいらない:2008/07/29(火) 19:13:58 ID:rO/3uiBX
>>277

任せろ。俺がいくらでも話相手になってやるよ。
まじめな話には、まじめに付き合うよ。
ただいかんせん頭が悪いからな。できる範囲は限られてるけどね。
ただ、くだらないやつは徹底して嘲笑し、馬鹿にするけどね。



279 :名前はいらない:2008/07/29(火) 19:23:14 ID:ObmRPya1
スレのせいにしてる所がまた香ばしいな、選外佳作くんは

280 :名前はいらない:2008/07/29(火) 19:24:53 ID:izhRFc96
>>271
ほんと?支離滅裂だった?
あくまで入選するかしないかで考えると、自分で雑誌を買って勉強しないようなやつが入選するわけがない、という考えには賛成ができなかった。
入選作品を読んで自分がレベルアップしたり、入選する作品の傾向をつかんで書くとかいう行為に対してあんまりそそられないっていうこともいいたかった。
そそられないっていうか、それは単に載るか載らないかを競うゲームであって、本当に詩を書くということとは違う気がするから。



281 :名前はいらない:2008/07/29(火) 19:25:25 ID:rO/3uiBX
というか、そもそも、話題を振っても「話せないほど」
投稿者であると同時に読者である書き手=読み手の
貧弱さを物語っているのかもしれない。
そこには、詩を語る語彙が不足しているのかもしれない。
ただ、書くことは読むことでもあるから、読むことが出来ないやつは、
本当は書くことができないはずなんだよね。
吉増なんて、めちゃくちゃだけど、実際、あの酷評のジョイスの
日本語訳を良い、というわけで、そういう意味では、かれはやっぱり、
ああうものが書けるというのは、私たちとはまったく違う読み方をしている
からこそできるんだろうな、と思ったり。

今年の選者の瀬尾氏なんて、専門が詩だから、正直、うんざりしてると思うんだけどね。
ネットでもうんざりしている人がいるように、ほとんど面白い作品なんてないでしょう。
過去にあったねーこういうの、でも、うまく書けてるよ、的な評価でしか評価できないようなものばかり。
選者なんて絶対やりたくないな。詩が本気で嫌いになりそうだし、選者なんてのは、ある程度、嫌いに
なって、悪い意味でどうでもよくならないと出来ないと思ったり。

282 :名前はいらない:2008/07/30(水) 00:20:47 ID:W5BZjDsA
せんがいかいかさく君、お疲れサマーw

283 :名前はいらない:2008/07/30(水) 00:26:22 ID:YLkDGFRr
結局、病的な嘘つきが荒らしてましたというだけの話だろ? 屁理屈こねまわしても
自分がアスペだと気付かないアスペの裸踊りに過ぎないわけだし



284 :名前はいらない:2008/07/30(水) 04:08:11 ID:j1aDIuAy
つーかキサマら
嘘っぱちを書き込むんじゃねーよ

285 :名前はいらない:2008/07/30(水) 16:46:40 ID:J2e5K5MX
2chで何言ってんだお前…

286 :クマクマ:2008/08/01(金) 00:29:58 ID:sDz8kLiZ
   ∩___∩
   |      : : ;: ヽ   何故四川地震だけを取り上げたのか、
  /      : : ;: |    編集部にメールして回答が来たクマ。
  |       : : ::;:ミ   
 彡、     : : ::;:/    …つか、今、中国だけにすり寄る理由は何?
 /    : : ::;:: : ヽ,     東南アジアも中近東もアジアなんだから、
 |      : : ::;::'i' l      そちらの詩人も取り上げよう、って気にはならんのか?

287 :名前はいらない:2008/08/01(金) 00:36:09 ID:WnYBVRKU
北京五輪も近いし中国を取り上げることで注目も集まる。
雑誌の特集なんてそんな難しい理屈の話でもないだろ。

288 :名前はいらない:2008/08/01(金) 02:37:06 ID:ZUczT7Rc
>>286
いろんな国といっぺんにはつきあえないだろ。

で、回答は何と?



289 :名前はいらない:2008/08/01(金) 12:58:24 ID:sil3wWwO
最近中国詩人と交流があるから、取り上げざるをえなかったんじゃない?>四川地震
慈善団体じゃないんだし、そんなもんだろ。

290 :クマクマ:2008/08/01(金) 13:40:56 ID:sDz8kLiZ
   ∩___∩
   |      : : ;: ヽ   まぁ、詩の交流をふまえた、それ以外の理由はない、
  /      : : ;: |     って回答だけどさ、
  |       : : ::;:ミ     
 彡、     : : ::;:/   何つーか、詩の交流があれば義捐する、なければ義捐しないなら、
 /    : : ::;:: : ヽ,     I川H年なんかが、若い詩人は文学をなめるな、と云っても、その内実は一体何なの?
 |      : : ::;::'i' l      って気分なんだよね。アホな俺クマが文学を勝手に理想化してるだけなんだろうけど。
            まぁ、雑誌である以上は利益を追求しなきゃいけないし、しょーがないか。     

291 :名前はいらない:2008/08/01(金) 23:56:57 ID:LbRMs60Y
一匹狼的詩人に会いてえ

292 :名前はいらない:2008/08/03(日) 00:03:34 ID:SFCVToXN
熊熊がそうゆうこと気にするタイプだったとわ。
詩人って、政治的な生き物なんかな。

293 :名前はいらない:2008/08/03(日) 07:35:16 ID:3vR/l0Mq
長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)という者が陰険卑劣で臆病無比な田舎者であることは
万人周知に属することがらであろう。
こやつは劣等感のカタマリであるため、自分より優秀な人物に対して唾棄すべき嫉妬心で
陰に陽に下劣な嫌がらせをつづけ、しかも自分では怖くて何も出来ない小心者なので、
他人に誹謗中傷を吹き込んで何とか有能で勝れた秀才を陥れてやまなかったのも厳然たる事実だ!
こんなおぞましい低劣な山出しを雇っていた讀賣新聞社の良識を疑う次第である。
こんな下の下でしかない卑劣な山出しの犯した破廉恥行為を隠蔽し、報道しないのがマスコミの実態だ!

294 :名前はいらない:2008/08/03(日) 10:41:06 ID:WfOpYmhD
>>290
クマクマが何をいいたいかさっぱりわからん
世界中で災害があるたびに手帖で募金活動をしろとでも?
そういうのは新聞社とかにまかせればいい
今回、交流のある人たちが被害にあったから行動をおこした、
それでいいんじゃないのか?
クマクマだって知り合いが病気になればお見舞いにいくかもしれんが
知り合いでもないやつの見舞いにはいかんだろ、それと同じだよ

「利益を追求」っていうほど手帖は追求できてないだろw
むしろ赤字だと思うが

295 :名前はいらない:2008/08/03(日) 17:38:22 ID:KjiOX5pZ
>世界中で災害があるたびに手帖で募金活動をしろとでも?
そんな馬鹿なこと言いたがる奴がほんとにいるとおもうのかい?


まあ、なんていうか、あくまでも雑誌なんでね。
中国との交流がなんたらとかいう事情を知らないで見る人も0%じゃない中で勝手に中国中国と言ってるのをみると
あれ?他の国もいろんな被害に遭ったのになんでこの雑誌では中国中国って言ってるのかな?
っていう疑問がはたと湧いてもおかしくないわけで
手帖側にそういう配慮が足らないことに対する違和感みたいなものなんじゃないの?
そういうわけで、利益は追求出来てるとはおもえんってとこには賛成。



296 :名前はいらない:2008/08/03(日) 19:58:57 ID:2bkLJXbr
それこそ政治なら、商業的な利益のみが利益ではないだろうね。
誰かしらの懐に金が入っているのかもしれないし。
知り合いというか、どうせ出遅れたポストコロニアルとか、
今流行のプチナショナリズムとか、国際間の派閥争いでの
詩の位置とかくだらない幻想を投影してんじゃないの、手帖の人たちは、
と悪意をこめて読んでみたりするけど、どっちにしろ、何も考えていないのだろうね。
中国を選択する事は、非常に今の時勢だと政治的だよ。


297 :名前はいらない:2008/08/03(日) 20:27:39 ID:WfOpYmhD
>>296
よう、選外佳作
相変わらずいかれてるな

298 :名前はいらない:2008/08/03(日) 20:39:57 ID:2bkLJXbr
>>297

 よう、内容批判できない低脳。

299 :名前はいらない:2008/08/03(日) 22:51:32 ID:l5k3f07J
「政治」「商業的な利益」「ポストコロニアル」
「今流行のプチナショナリズム」「国際間の派閥争い」

これのどこに内容があるんだか。0じゃん、マジなところ。

300 :名前はいらない:2008/08/04(月) 00:11:06 ID:yVNIjpJU
296はまともな日本語の書き方を勉強したほうがいいんじゃないかな。
まだ子供なのに背伸びしてるのかもしれないけど。



301 :名前はいらない:2008/08/04(月) 00:18:28 ID:Tw8gWiIw
なんでもいいからよ、一般人を振り向かせるぐらい面白いものを書けよ。
詩のマーケットを拡げようぜ。
今日もTUTAYAのポエムコーナー横幅30cm強のエリアを見てまた哀しくなったぜ。

302 :名前はいらない:2008/08/04(月) 00:26:26 ID:m/qlHj+y
コーナーがあることに驚いたわけだが

303 :名前はいらない:2008/08/04(月) 00:29:12 ID:Tw8gWiIw
もちろん現代詩と呼べるものはない

304 :名前はいらない:2008/08/04(月) 07:40:00 ID:OYnUmdZf
>>300

へー。だったら貴方の見解を聞きたいな。
子供を諭すように大人とやらの意見を聞きたい。

まぁ、こういう反応だろうな、と予想していたけど、
どっちにしろ、今、中国を選択するのは、意図がどうであれ、
政治的であることになってしまうね。
手帖の読者はポストコロニアルとか、プチナショナリズムとか
興味ないだろうけどね。実際は、なくても問題ないし、恐らく、
はじめからいってみたけど、悪意をこめた読み方にすぎないし、
何も考えてないだけなんだろうなと。





305 :名前はいらない:2008/08/04(月) 12:12:34 ID:dfegHbFe
君がするレヴェルの話には、皆飽き飽きしている、の間違いではありませんか?

306 :名前はいらない:2008/08/04(月) 12:17:44 ID:OYnUmdZf
>>305

 ところが、未だ一度もこのスレでは、まともな
やり取りがあったとは思えないけどね。

307 :名前はいらない:2008/08/04(月) 17:07:46 ID:w/Y7G3dJ
ネタも古い荒らしをいつまで相手にしてるんだよ

308 :名前はいらない:2008/08/04(月) 19:21:04 ID:iJVlzYwH
ミャンマー――チベット――四川――北京――東京

これか?
でも、東京には詩人がいなかった
                  
                  
                  
                   

309 :名前はいらない:2008/08/05(火) 00:48:38 ID:46TVc56c
読者は知らないけど、現代詩手帖の寄稿者はポストコロニアルとか、
それ系は得意なんじゃないの?アカデミックなひと多そうだし。

いずれにしろ、今の時勢に中国を選ぶことが政治的、だなんていうのは、
ずいぶん譫妄的な言い方で、というのも、
どんな時勢でどんな特集を組もうとも、それを政治的を見做すことは可能なわけで、
こうやって曖昧な概念を振り回して告発きどりでいられるのは、
それこそ何にも考えていないからだろう。

悪意をこめたつもりがおのれの軽率さを露呈させてしまった、
というのは冗談としても低俗だと思う。

310 :名前はいらない:2008/08/05(火) 01:10:36 ID:Q2RSj7TV
>>309

その批判は予想していたよ。
そのとおりで、いつの時勢においても、
それらを選択することは政治的だよ。
ところが、これがミャンマーとかアフリカだったら、
また色合いは違うわけで、中国というのは、今
もっとも大きなトピックでしょう。さらに、中国と日本の
関係は、いろいろと複雑なわけで、漢詩や中国語が、
古代日本では特権階級の教養であったり、そもそも
日本語は漢字を持っていたり、と、他の国とは違う
詩や文学とのかかわりがあるでしょう。
さらに、植民地や、対日政策などお互い激しいものもあるわけで。
何もかも政治的だと看做すのは可能だが、中国は次元は違うでしょう。

俺も他人を追いやるとき、そういう批判の仕方、ポイントのつき方を
するんだけど、その設定の仕方、看破の仕方って問題や、次元を
ほとんど破棄した上で成立するんだよね。一見鋭さをもつようで、実は、
多くの細部を破棄した上で成立する批判の仕方だったり。


311 :名前はいらない:2008/08/05(火) 01:15:00 ID:Q2RSj7TV
>>309

後、アカデミックな人は実際多くはないよ。
ごく一部の人が目立つから、多く見えるが、
全体からしたら少ないと思うね。
特に、詩なんて詩誌の読者は少ないわけで、
本当に一握りなんじゃない。
つーか、ほとんど一部のジャンルを除いては、
アカデミックな人なんて少ないよ。
単に目立つだけでね。

312 :名前はいらない:2008/08/05(火) 01:17:40 ID:Q2RSj7TV
つーか、ストレス発散で遊んでいたけど、そろそろ飽きたわ。


313 :名前はいらない:2008/08/05(火) 01:43:33 ID:46TVc56c
ん?
中国がいまもっとも大きなトピックであるなら、
いま中国を選ぶことを(政治的ではなく)
単に商業的な意図からであると考えることも出来るわけだ。

あと、悪いけど、「次元をほとんど破棄した上で成立する」批判なんて僕はしていない。
なんの次元も細部を持たないままで、「政治的」やらなんやら
あやしげな語彙を操っていることを指摘しただけであって、
あえて言えば、この批判が成立するのは相手がよほどの無教養の場合にかぎる。

314 :名前はいらない:2008/08/05(火) 03:12:32 ID:Q2RSj7TV
>>313

 商業的な意図があるなら、交流や友好のトピックは選択しないでしょう。
多くの人たちが、香山リカの言うプチナショナリズムや嫌韓流のナショナリスティック
な言説にひっぱられているし、メディアが伝えるのは、北朝鮮の時もそうだけど、中国の
否定的なところや問題でしょう。そういうものを商業的であるなら選択するのが当然だろう。
そういう意味ですでに単に商業的な理由という意味あいは、友好や交流という一つのテーマを
出している段階で、そのような、近年の反中感情やナショナリズムに対する位置どりは明確
なんじゃないの。


315 :名前はいらない:2008/08/05(火) 03:24:21 ID:Q2RSj7TV
 >>313

詩誌単位の動きしか見えてないのね。なぜ、今中国を選択するのか、
なぜ、今中国の詩人を取り上げるのか、交流するのか、というのは、
反日感情を扇動するメディアやクズみたいな雑誌を見据えた行動で
しかないんじゃないかしら。交流や友好では売り上げがあがるわけがない。
ところが、やっていることはつまんない内容で、生産的なのだろうか、と問えば、
生産的であるようには思えない。この交流や友好が、日本の現代詩や中国の
現代詩に新しい発見や刺激をあたえるのだろうか。
詩を通して、中国の文化大革命だとか、なんだとか、そういうものを読み取ることは
可能だし、そういうテーマで書かれている作品も多いでしょう。また、中国が、資本主義、
国際市場へ参加し、急に近代化していくなかで様々な詩が描かれていくでしょう。
ただ、それらは多くの場合、まともには読まれないでしょう。

もしも、その中で、日本の現代詩もしくは戦後詩と中国の戦中詩や戦後詩の対比や、
中国の詩人たちが、日本の占領をどういう理解で、または、当時かかれたであろう詩
の多くをどう解釈して、今を書いているかとかやってくれたら面白いかもしれないが、
恐らくそういうことは大きくしてくれないでしょう。

316 :名前はいらない:2008/08/05(火) 03:29:55 ID:Q2RSj7TV
 もしも、商業的な理由だとしたら、残念ながら、利益とはなりえないですね、
という形で、編集の人や、それを取り上げようとしている人たちは何も考えてないのね、
というしかないけど、すでに、もうそれらの意図はほとんど問題じゃない。
勝手に位置づけられてしまうものじゃない。僕は政治的ではないです、という振る舞いも
非常に政治的な振る舞いでしかないように。

317 :名前はいらない:2008/08/05(火) 03:43:52 ID:Q2RSj7TV
ところで、告発も糞もなくて、そういうもんじゃないの、としかいえないのだけどね。
告発、という理解で指摘するところが私には理解しがたいのだよね。
だって、こういうのは告発以前に、普通に誰もが分かっていることでしょう。
実際、このスレでも語彙は違えど似たような指摘はあるんじゃない。
貴方はもしかしたら、私が告発しているつもりであることを告発したのかもしれないが、
それは、ほとんど間抜けに近いかもしれない。だって、私は別に何か斬新なことも、
鋭いことも言っているつもりはなくて、誰もがこの程度のことは、「もしかしたら」って
感じで読んでいるんじゃない、と思ってる。それとも、貴方は、読者を馬鹿にしているからこそ、私の
振る舞いを「告発しているつもり」だという理解で批判しているのかもしれない。

例えば、話のねたを振る時に、たまたま皆思っていても、順番で一番のやつが話題に出したら、
皆、思っているので、別に誰も、告発したと思っていないだろうし、言った本人も、皆この程度の
事は思っているでしょう、と思っているわけだから、告発したつもりもないどころか、皆、なんとなく
そう思っているんだろうな、という感じでしかない。
それを、告発きどり、という形で批判してくる貴方は、何なのだろうね。

318 :名前はいらない:2008/08/05(火) 03:48:44 ID:Q2RSj7TV
あー、だめだな。こういうのはやはり、めんどくさいだけだ。
なんていうか、ほとんどストレス発散のために何でもネタに
利用して遊んでるだけということをあんまり信じてもらえないようね。
結構、皆、ある意味でとても律儀なんだね。ネットの名無しとかレスポンス
なんて憎んだり怒ったり、粘着したり、するほどの意味がある質のもの
なんてないのだから、適当にやればいいものを。
粘着してくれたり、自慢だとか言ってくれた人たちにはとても感心したよ今回。
皆思ったより律儀なんだってね。

まぁそういうことで。もういいや。今がちょうど良いころあいだしな。

319 :名前はいらない:2008/08/05(火) 07:17:39 ID:e7NCjfyC
>なんていうか、ほとんどストレス発散のために何でもネタに
>利用して遊んでるだけということをあんまり信じてもらえないようね。

信じてるから一部の連中を除いてみんなスルーしてるんだろ。自分の垂れ流した駄文を
恥ずかしいと思わない時点で終わってるよ

あんたは知らないだろうけど、あんたみたいに自分がとても頭の良い、特別な人間だと
思いこんで結局は夜の校舎の窓ガラスを叩き割って喜んでいる連中と同レベルなんて輩は
それこそ十数世紀前から存在していたわけでね。みんなそんなにヒマじゃないんだよ

320 :名前はいらない:2008/08/05(火) 07:21:18 ID:H8aUOXGr
やっぱりや
自分がどこに住んでるかもわからんやつなんておらへんもんな

321 :名前はいらない:2008/08/05(火) 08:32:51 ID:tz0vW4NI
選外佳作はまだオナヌーしてんのか

322 :名前はいらない:2008/08/05(火) 10:26:13 ID:Q2RSj7TV
>>319

で、貴方はスルーできなかったと。そして、俺と同じところに落ちてきたと。
最高だな。ところで、別に自分が頭よい、とか特別だとは、思ってすらいない。
貴方が私の行動をそう読むなら、それは貴方自身の問題でしょう。
恐らく、私はその理解のところにはいないと思うよ。
あまたが良い、自分は、特別である、そうか、それはまさに君自身なんだなケラケラ。

323 :名前はいらない:2008/08/05(火) 14:10:05 ID:ifO6KCMN
長谷川櫂の悪口をマルチで貼付けてるのは選外佳作だな


324 :名前はいらない:2008/08/05(火) 22:35:38 ID:mttGw8pK
知恵遅れだろ、こいつ。

325 :名前はいらない:2008/08/05(火) 23:51:24 ID:mNEavtEN
知恵遅れじゃないな。アスペ臭い

326 :名前はいらない:2008/08/06(水) 08:36:34 ID:0waPZGYE
地震
詩人
じしん
しじん
じ し ん
し じ ん

納得したか?クマクマ

327 :名前はいらない:2008/08/06(水) 14:13:46 ID:kgd0wdNa
とりやりゅうすけ氏ね

328 :名前はいらない:2008/08/06(水) 17:07:11 ID:NT1bItYZ
「若い詩人は文学をなめるな」
「今詩人として自分にできることはなにか」

↑こういうのはこういうポーズでしょ?
重要なのはポーズを取ることであって、本当はどうこうしたい訳ではないという。

329 :名前はいらない:2008/08/06(水) 17:19:38 ID:kgd0wdNa
そのポーズをとることの意味するところは知〇遅れでないかぎりわかるはずなんだけどな…

330 :名前はいらない:2008/08/06(水) 18:02:33 ID:vHQ3J4ke
>>327
あたり

331 :名前はいらない:2008/08/06(水) 18:03:38 ID:vHQ3J4ke
ああ、ちがう>>328があたりだった

332 :名前はいらない:2008/08/06(水) 21:36:19 ID:mDkatOZp
>>322
結局誰かをダメな自分の道連れにしたいだけなのな。そういう切り返し、これまでに何度も何度も繰り返してきたんじゃないか、お前。手馴れてるもん。
ありがちな小説の登場人物でいうと内気な主人公の知人で、思慮は浅いくせして面目だけは立たせようとするいちびりの「目の上のたんこぶ」的なキャラだ。

333 :名前はいらない:2008/08/06(水) 23:33:29 ID:ISiBb3bW
>>332
いやだから、ああいう手合いは昔からいるわけで、そんなことはみんなわかってるから
頼むからスルーをおぼえてくれないか?

334 :名前はいらない:2008/08/07(木) 04:37:37 ID:/aEmY23w
>>332

なんとも、貧弱な文学的な想像力だろうか。それが、2chでは通用するだろうね。
実際私も、そのような理解や発言を昔ならしていたでしょう。だからいつまでいたっても、
詩を書いているやつは気持ち悪いんだよね。道連れになるような人などどこにいるのですか?
馬鹿げている。

335 :名前はいらない:2008/08/07(木) 04:46:26 ID:LDZxRYwz
>>334 本当に君は馬鹿だな。まるで、はじめから何もかもあると思い込んでる世間知らずなお嬢様のようだ。
君の話を聞いていると虫ずが走る。多分それは君の代わりに罪や痛みを代わりに受け取っている人がいるだけということなのだよ
君をそんなふうに育てた親に感謝するべきだと思う

336 :名前はいらない:2008/08/07(木) 04:54:15 ID:/aEmY23w
何度もいってるけど、快楽的に遊んでいるにすぎないよ。
思慮が浅い?このスレッドに思慮の深い人などいるのかしら。
皆して、使用している語彙や内容は違うだけで、質としては同じでしょう。
自分を特別だ、と思っているやつを看破することで、分かっている側に
立とうとしている名無しの皆さんの群れでしょう。これは、永遠に繰り返される
喜劇なんだからそれを遊べばいいじゃない。喜劇には役割が必要でしょう。

こんな場所で遊んでいるなら、どこかのサイトで批評や感想を生産した方が
よっぽどマシだし、投稿したほうが良いに決まっている。梁山泊のスレッドで
審査員になるとか、評価スレでお互いにいろいろ話し合うほうがよっぽどまともでしょう。
もしくは、詩論のひとつでも書き上げるとか、お互い詩について意見をぶつけ合うとか。
まぁ、結局、能力のある人間は、詩の領域に来ない、という人材不足も大きな問題なんだろうけど、
それほど、詩は魅力ではないってことだろうね。ただ、潜在的には多くの書き手がいるけど。
こんなに何か書かれているジャンルは他にないんじゃないかっていうほど書き手はいるのにね。


337 :名前はいらない:2008/08/07(木) 04:57:30 ID:/aEmY23w
>>335

その言葉はそのまま貴方に返されると思うけどね。
痛み分けでしょうこんなものは、いや、痛みすらもう存在しないほどに、軽い。
本当に痛みや罪なんてものは、誰かの代わりに引き受けることなどできない。
概念として共有することはできるだろうけど。
はっきりいって、その発言は間抜けすぎると思うよ。
君らはイエスになったつもりか(笑)

338 :名前はいらない:2008/08/07(木) 05:01:29 ID:/aEmY23w
こんな場所に、痛みや罪などありゃしないよ。
いつまで、ロマン主義気取りの間抜けな言い方をしているのやら。
どうせ、一日たてば、うまいものでも食って、女でも抱いて、日常の中ですぐさま忘れるのでしょう。
本当に馬鹿げてるな。まぁ詩人はナルシストが多いから別に良いけど。

339 :名前はいらない:2008/08/07(木) 05:01:45 ID:LDZxRYwz
表現者より評論家のほうが偉いだって?
いつそんな定理ができたんだ?

340 :名前はいらない:2008/08/07(木) 05:05:52 ID:/aEmY23w
>>339

別に、投稿するだけでも良いですよ。
批評したり感想書いたり、どこかのサイトに作品を投稿するほうがよっぽどましでしょう。


341 :名前はいらない:2008/08/07(木) 05:11:49 ID:LDZxRYwz
あんたは話にならんな…

342 :名前はいらない:2008/08/07(木) 05:15:13 ID:/aEmY23w
>>341

素朴なものでいいんじゃない。日常を生きるのに、精緻な観念論などいらないわけだし。
そういうものってほとんど忘却されていて、素朴でいいんじゃない、と最近思うんだけどね。
ただ、ポーズをとりたがる人は多いから、ポーズをとらなければならないのに、仮想として対立
しているものはポーズをとるほど大きいものでもないという。
投稿する、感想書く、批評する、こういう単純なものこそ繰り返されていくべきなんじゃない。

343 :名前はいらない:2008/08/07(木) 05:15:40 ID:LDZxRYwz
田舎帰って
結婚して
子育てしたほうがいいぞ

あんたの限界だ


344 :名前はいらない:2008/08/07(木) 07:21:54 ID:H34p5+EU
>>343
秋葉原の通り魔に説教するバカ乙。メールでやれ

345 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 01:07:11 ID:NSYahPwy
>>336
こんなものを「快楽」「喜劇」というのもロマン主義のなれの果てだ。
ポストモダニズムを表面的に理解した結果がこれだとしか思えない。
バカのくせして啓蒙的すぎる。しかも中学生レベルなんだ。
語らないことを覚えろってことだ。
このスレにいる連中は自分がバカだということくらいはよく知っている。
お前だけがいつまでも知らないふりをしている。

346 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 02:51:58 ID:/nxsaCdE
今時の中学生はもっと賢い。
おまえは馬鹿で気持ち悪く、会話内容もゼロだと突きつけられてることに何故気付けないのか。
単純に無能なんだよな。自意識と虚栄心と自己顕示欲だけは旺盛なようだけど。病的だね、アスペと呼ぶべきかは微妙だが。

347 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 06:46:11 ID:p72mH8KI
俺はここで前スレからアスペがどうとか言ってるやつ、一人しかいないと思っていて、
それを言い続けているやつの病的な度合が一向に衰えないことのほうが気になるなあ。

348 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 08:08:59 ID:/nxsaCdE
どちらも病的だが、無内容な長文を投げ続けてる奴の方が怖いかな

349 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 08:24:08 ID:+eT20dtI
〜の方が〜        ププッ

コリャ、ドッチモダメダワ

350 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 09:08:58 ID:6g5PPqrZ
>>347
「自分に批判的な意見が続いたら、それは一人の人間の自演に決まってる」
これは荒らしの典型的な思考パターンのひとつ

351 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 10:18:12 ID:pxGHIOHP
なんかこれは決め付けとかの連続でまともな会話にならない可能性が大きいな

352 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 13:06:21 ID:/nxsaCdE
選がイカ作くんはまだ暴れ足りないのかね。恥晒しだし頭が悪すぎる。

353 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 16:08:00 ID:FPeBtFJD
>>350
俺、このスレにほとんど書き込んでいないよ。
人になんか言う前に自分の胸に手を当てるべきだ。

354 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 18:29:44 ID:kQvM8FG8
>>353
日本語が不自由な人ですか?

355 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 19:04:21 ID:QEVsKZFG
思ったことを全部口に出すやつぱっかりだな。自分だけで解釈しとけよ。

356 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 19:04:57 ID:QEVsKZFG
ほんと、パカぱっかり

357 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 19:58:54 ID:wpyHGZdb
春休みの時もこんな感じだったよ

358 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 21:23:12 ID:42ENyzdk
>>354
日本語の語学力が不十分な人ですか?

359 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 21:28:39 ID:FyCVbjOS
>>358
3時間も考えた挙げ句にオウム返しですか?

360 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 21:37:43 ID:rZVCz8oc
話ぶった切ってすいません
芸能人になりたいんですけど どうしたらいいでしょうか?

361 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 21:41:51 ID:bP5kQ1OH
>>359
「皆が皆、自分と同じ時間に同じようにスレを見ている」
これは荒らしの典型的な思考パターンのひとつ。
尊大なやっちゃ。

>>360
無理がある。

362 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 21:45:23 ID:WLj5b8sJ
話ぶった切ろうとした私はかわいそうな人間です もっと同情してください

363 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 22:05:56 ID:zhUZRaHu
文学極道の詩なんて、いいか?
まあ、現代詩手帖でもうんざりしてるんだから、あの手で感心できるわけもないんだが。

叙情詩の復活を!
佐藤春夫や室尾犀星、今あらば、何と論じるだろうなあ。

364 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 22:21:08 ID:IxRAhiJR
室生なら、あんたみたいな人のことを懐古主義やね、って笑うんじゃない

365 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 23:24:22 ID:pxGHIOHP
文学極道は正直、頑張って読んでみてるけどおもしろくない。
天才!とかよくいってるけど、なんにも心に響いて来ないし、文章が上手いのはわかるけど、あんまり来るものがない。
なんかあそこみてると自分の感覚が恐ろしく鈍いんじゃないかっていう気がしてくる。
別に、叙情詩を復活させろ、とかおもってるわけじゃないけど、おもしろければいいんだけどさ。

366 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 23:32:01 ID:rZVCz8oc
臭い飯食ってるほうがマシだぜ
俺を告訴しろ!

367 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/09(土) 23:34:56 ID:dIU3SRky
文極は何人か好きな人の作品だけ読んでる。批評文は読むと色々腐る。

368 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 00:46:30 ID:4H6T9mR/
>>365
雑誌スレだよな、ここ。何、自分の世界に入っちゃってるわけ?

369 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 01:19:48 ID:7Nu6Fm6t
ダーザインって人が詩に愛情を持っていることは分かる。まず愛情だ。
だが…
現代詩フォーラムにさえ質で勝ってると言えるのか…

370 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 01:27:18 ID:3K/ynKVi
ダーザインの評価なんて関係ねーよ
コテなんだからくれてやるもんはくれてやるべきだ
そうじゃなきゃだろ…

371 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 01:31:33 ID:3K/ynKVi
マジ糞みたいな雑誌しかないなってことにはなりたかーない

372 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 01:34:08 ID:3K/ynKVi
いたって平等な評価だと思う
文句があるなら直接言いに来て欲しい

373 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 05:31:20 ID:ww0eZj/G
>>368
お前絶対子供だろ

374 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 09:28:14 ID:A8mmRR4P
どっちがだよ、聞きわけがないガキはお前らネット詩人じゃねーのwww

375 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 10:06:30 ID:2pEHfbX+
>>374
ここにいる奴がみんなネット詩人じゃあるまい。俺は詩誌でしか作品を発表したことがないし
ネット詩には興味がないからこのスレしか見ないな

376 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 15:19:47 ID:ww0eZj/G
わたしは、詩人じゃない。おまえは、詩人じゃないのか

377 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/10(日) 15:32:29 ID:3K/ynKVi
あのな、いくつでも願いを叶えてやると言われたら、まず混乱した頭を解きたいと願うだろ…

378 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/11(月) 03:52:43 ID:pO4i/0rk
詩誌って、要は同人誌ってことでしょ?

379 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/11(月) 06:37:24 ID:QaGfBfhK
出版の基本的な仕組みくらい理解しような

380 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/11(月) 15:36:07 ID:MNmlzfXH
人それぞれ価値観は違うだろうが、俺は金を払っての雑誌掲載や同人誌やネット詩には
興味ないなあ。詩人住所録を見て参加を呼びかけられた同人誌は、とても礼儀正しかったし
レベルもけっこう高かったから応じたけど

381 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/11(月) 16:24:14 ID:0nTmZvNE
ムカつく
俺に参加を呼びかけないなら
氏んでくれ

382 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/11(月) 16:44:32 ID:0nTmZvNE
>>380 参加のよびかけって地獄への誘いのこと?

383 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/11(月) 18:56:28 ID:/fLqZNCn
>>382
僻むなよ。怨むなら自分の才能のなさを怨め

384 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/11(月) 21:43:29 ID:0nTmZvNE
↑なんの話?

385 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/11(月) 22:04:43 ID:YeDmMUwy

いいからしゃぶれよ

386 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/11(月) 22:07:48 ID:0nTmZvNE
世の中にはもっと楽しいことがある
別のことをしよう

387 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/12(火) 00:30:15 ID:A/kh9j+x
詩誌だろうが同人誌だろうがネット詩だろうが、
自分を除いたいまの日本の詩人になんて興味がない、ってひとが多いんじゃないの? 実際は。
まあ、たしかに人それぞれ価値観は違うだろうけど。

388 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/12(火) 06:48:43 ID:jwnTG0ET
見る価値のある他の詩人なんてごく一部だよ
凡庸なのが圧倒的に多いんだし。同じ凡庸なら自分だけで十分さw


389 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/12(火) 16:12:59 ID:YIfHCHRx
選外佳作がいようがいまいが、話されている内容は変わらないな。
詩文学板をまじめに読み始めたけど、それなりにまじめにああだ
こうだ話している人がいて、詩板やこのスレより面白いな。

390 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/12(火) 19:36:19 ID:PNKgB+yt
詩人さんは居酒屋でねちねちやってるのがお似合いでしょう

391 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/13(水) 11:20:52 ID:zC5Jh7Xw
そして詩人にすらなれない連中は2ちゃんでネチネチやるんですね、わかります

392 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/13(水) 12:04:42 ID:GXLXSPt6
詩人になるってどういうこと?

393 :234:2008/08/13(水) 17:29:38 ID:QIPJ9iFN
>>247
思想が、入選者と定期購読者にどの時期に配達されるか質問した者です。丁寧なレス助かりました、ありがとうございます。亀で申し訳ありません。

394 :247:2008/08/13(水) 19:58:07 ID:N7EDS9Ol
>>392
とりあえず「私は詩人です」と言えば“自称”詩人にはなれるな
個人的には詩誌の投稿欄に規定で投稿できなくなったり執筆依頼が
来るのが最低基準かなと思ってる

>>393
どういたしまして

395 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/17(日) 22:28:54 ID:c++CdPtU
思想のサイトにつながらないんだが、移転したのかな?

396 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/20(水) 10:07:39 ID:9n4dAfxp
思潮社で検索すると、某女流詩人がこんなんでいーの?みたいに
批判してるのがあるじゃん
ああいうの見るとつくづく日本の詩の世界ってやる気がないのかなーと失望しちまうよ
結局この国では詩なんてジャンルそのものが望まれてないのかな
本当にいいことないよなw

397 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/20(水) 10:10:43 ID:uPboVZhp
http://ameblo.jp/kapibaralove/

398 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/20(水) 12:52:47 ID:M/rXjVqY
おまえにとって日本の詩の世界=思潮社なのか
投稿→詩人として生きる覚悟あるなら高い自費出版も受け入れられるだろ→何冊か出す→そのうち受賞したりして顔なじみになる→詩壇を肩を切って歩く→また受賞したり、なんやかやで詩壇の中心人物になる
40〜50歳になるころにはこれが出来てないといけない、あとは現代詩文庫が出され、はれて詩史に登録されることとなる
これが思潮社がつくってきたあまりに文芸誌的な日本の詩の世界のシステム
思潮社だっていい本出しているし、潰れろとまではいえないけど、このアホなシステムだけには疑問を呈していたいね

399 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/20(水) 18:38:07 ID:vjFjMKXU
>>398
とりあえず、そのシステムについていけない連中(俺含む)のために思想とかがあるじゃん
とにかく定期購読していてよほどの駄目人間でなければ年に1〜2回は執筆依頼があるし
それなりの実力がある奴は財布に応じてアンソロジーなり詩集なりが出せる

400 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/21(木) 00:02:41 ID:l5TV4oQr
>>398
>詩壇を肩を切って歩く

揚げ足取りで悪いが、「肩で風を切って歩く」では?
肩を切ると痛い。

401 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/21(木) 13:16:52 ID:3gWBrFQW
専門出版社の自費出版ってどんな感じなの?作った人いる?
費用は折半とかいって限りなく新風舎みたいだと嫌なんだが

402 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/21(木) 17:05:23 ID:gbSZqolh
大体、200万円位じゃないですか。
噂ですが。
泣きながら、500万円払った人もいるみたいです。
CD付きの豪華な装丁の本で。
思潮社の本です。

403 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/21(木) 17:42:57 ID:oAonuyQF
>>402
そんなもんピンキリだからね。とりあえず50万くらいからでも作れるけど、やっぱり200万以上は
出した方が装丁とかきちんとした詩集にできると思う

404 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/22(金) 08:11:05 ID:E+PH3MBJ
もしかして、どこの出版社もそんなもんだってオチですか・・・


405 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/22(金) 09:08:35 ID:rjliUFWB
自費出版て以上そうなるよ。新風舎みたいに「全国の契約書店に並びます!」
みたいなわけじゃないから、無駄に部数刷らない分安いだろうけど(新風はそれも詐欺だったけど)。
書店に並べるのが目的じゃなくて、詩人に配るのが主だし。
そして大金を使って詩集をいくつか出して賞取ったりそれなりに名声を
得たとしても、原稿料なんてほとんどない世界。
よく「詩が廃れた」とかいうけど、どんなに階段上がってもお金と関係して
こない以上、余裕のある趣味人以外は入ってこない。
若者が片脚突っ込んでも途中で先が見えて「あ、この道はダメだ」ってなる。

406 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/22(金) 20:37:29 ID:hNruHtg2
金なんかくれてやるから、詩人としての承認が欲しいです
権威もくれてやるから、肩で風を切って歩きたいです

407 :クマクマ:2008/08/22(金) 20:39:34 ID:LC+itlU0
   ∩___∩
   | ノ\     ヽ
  /  ●゛  ● |   先立つ金がないと、詩人として承認される機会も得られない、
  |    ( _●_) ミ    ってことクマか・・・

408 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/22(金) 21:25:40 ID:xHXG6EBw
それなりの実力はあるつもりだけど金がないなら、思想あたりを定期購読してみればいい
最初の段階で執筆依頼が来るので、力作を送って認められたら2〜3年でアンソロジーの
出版の誘いが来る。詩集は無理でもナンチャッテ詩人とは一線を画することができる

409 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/22(金) 22:07:48 ID:+46p0q6l
同人誌という手があるじゃないか

410 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/23(土) 05:43:11 ID:aiyq65cP
ブログにみんなが見ずにはいられなくなるような超おもしろい詩ばっかり書く

いつの間にか詩人とか呼ばれるようになる

411 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/23(土) 14:24:38 ID:cgZnza4i
200万という数字の根拠が分からないんだよな・・・
制作費だけなら50万てところだろ。
宣伝営業費を含めて200ってこと?じゃあ販売委託サービス付きの自費出版なのかな。
出版権は出版社に設定するわけではないってことかね。

412 :クマクマ:2008/08/23(土) 20:02:20 ID:A/0aBkXf
   ∩___∩
   | ノ\     ヽ
  /  ●゛  ● |   >じゃあ販売委託サービス付きの自費出版なのかな
  |    ( _●_) ミ   そう思っていいんじゃね?

   俺クマ、亡き詩学社で作ってもらって色んな書店に置いてもらうように歩き回ったけど、
   全部断られたもんな。流通会社を通さなければ本棚には置けない、ってさ。
   若かったなー。バカだったなー。

413 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/23(土) 20:53:36 ID:cgZnza4i
えっと・・・昔新風舎のコンテストに送って提示された金額が(頁は少ないとはいえ)80万ぐらいなんですよ
折半は嘘という噂なんで、おそらく全ての費用にマージン込みでその金額を取る算段だったと思うんですよね・・・



414 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/23(土) 21:27:11 ID:cgZnza4i
まあよく言われるように会社によってピンキリとしか言えないでしょうけどね


415 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/25(月) 00:09:01 ID:c7cCCens
詩学の穴を埋めるような詩誌は出てこないのかね…

416 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/25(月) 22:28:14 ID:y9ydpqwD
思想の9月号が届いた。特集は「ロックンロールの詩学」だってさ。予想通りに
手帖で媚び売ってる女詩人と同じように面と体を晒すイタタタな女とかがw

ちなみに投稿コーナーは選者の一人が急病とかで、もう一人が選んだ作品は
今月だけ佳作も掲載されていた。もう駄目ぽwww

417 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/25(月) 22:33:07 ID:L+zpapBR
手帖で媚び売ってる女詩人ってなんだ?

418 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/26(火) 07:56:44 ID:baAgHFVb
休んだ選者だけに選ばれた人カワイソス

419 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/26(火) 12:32:42 ID:4DMREhPU
>>416
思想を読んでるおまえこそイタタタだよ。

420 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/26(火) 15:01:24 ID:Ec1kN6HP
最近思想って読んでないけどさ、もしかしてノリが変っちゃった?
ジャンルとしての詩のしょぼさを隠そうともしないっていうか
等身大で真っ向勝負しているところが魅力でもあったけど。

421 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/26(火) 18:16:31 ID:OlRvPuTk
>>419
そういうアナタは「手帖読んでる俺ってオサレー!」ですか?w

>>420
何かね、手帖の劣化コピーになりつつある。あそこは同人誌臭というか、けっこう高齢の
無名詩人たちが病気や生活や平和などについて文字通り等身大の詩を書いたりしているのが
魅力だったんだけどね。今月のロケンロール特集は確かに痛い奴が何人かいたな
どうせなら渋谷陽一とか松村雄策あたりを引っ張って来れば良かったのに

422 :クマクマ:2008/08/27(水) 16:28:45 ID:LNouigdo
   ∩___∩
   | ノ\     ヽ  思想のロケンロール特集の詳細を教えてクマ。
  /  ●゛  ● |   県南で唯一思想を置いてた店が取り扱わなくなってた…
  |    ( _●_) ミ    ガソリン代無駄足…

423 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/27(水) 17:32:08 ID:1mgNshSu
>>421
オサレって言い方自体がもうご隠居クラスかってくらい古い

時間は進んでいるんだぞ、君たち

424 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/27(水) 17:58:50 ID:LKbtnFLT
みんなの好きなロックは?
僕は、やっぱりストーンズっていいよなあと思うw

425 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/27(水) 19:06:24 ID:mp6U1FSu
消防の頃からマイク・オールドフィールドとかのプログレが好きだったな
厨房になってからはキッスとかエアロスミスとかボストンとかカンサスとかで
工房からようやくドアーズとか聴きはじめたな

426 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/27(水) 21:35:36 ID:vPsfEr0J
ジム・モリソンは記憶力の人だったみたいだね。即興を含めた詩才は膨大な知識の蓄積を
元にしているから、枯渇した後はああなってしまった

427 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/28(木) 02:37:46 ID:Eo1F3ZFB
ワークショップとブラッシュアウト
が詩作に置いては重要です。
皆さんの混乱した頭も整理されます。

日本にワークショップはまだ根付いていませんが、

「詩 ワークショップ ホリスティック 世界観 ets...」
検索で簡単に場は探せます。

書を捨てて街に出よう、と偉大な詩人はおっしゃいましたが、
詩の雑誌への投稿ではなく、
詩作のためのコミュニティー
(例:同人誌そのものよりも、同人誌を編纂するというフィジカルな行為)
こそ、詩本来の息づく場なのでは?

まだ、雑誌にしがみつきますか?

428 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/28(木) 06:39:18 ID:d1+YwIU6
ま た お 前 か

429 :クマクマ:2008/08/29(金) 09:21:25 ID:dmIeUK9y
   ∩___∩
   | ノ\     ヽ  手帖、安東次男特集はよかった。
  /  ●゛  ● |   こう云う特集があると落ち着く。
  |    ( _●_) ミ    来月の特集は期待しない。

430 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/29(金) 17:10:24 ID:k9lBg7gZ
来月の特集はなんですか?

431 :クマクマ:2008/08/29(金) 20:41:37 ID:m8mj9WG1
   ∩___∩
   | ノ\     ヽ  特集の1は、谷川と伊藤と四元で連詩を作る。あと、
  /  ●゛  ● |   福間高貝、城戸和合、岸田安川で対詩を作る。
  |    ( _●_) ミ    特集の2は小野十三郎。

432 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/30(土) 11:05:50 ID:qeHyNApd
特集って、ようは自社宣伝でしょ

433 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/30(土) 11:18:29 ID:Io7RXjGg
日本中の同人誌にもいい人がいっぱいいるんでしょ。なんで詩誌に出てこないの。

434 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/30(土) 12:59:20 ID:xyOKDSGf
何の雑誌でも話題作りと宣伝の塊だよ

435 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/30(土) 15:04:31 ID:SoJ7I08o
>>433
たとえばどの同人誌にいい詩人がいるよ?
詩人なり同人誌なり、具体的に名前をあげてくれ。

436 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/30(土) 17:21:24 ID:Io7RXjGg
よくこういう作品があったって紹介されてるじゃん。

437 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/30(土) 17:29:24 ID:g7BZ1PSX
あいかわらず詩手帖もグロテスクですねえ

438 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/30(土) 20:37:04 ID:ZPVBwdPb
>>435
思想とかは同人誌のコーナーがあって作品も紹介されるし、その中から本誌掲載になる人もいるよ

439 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/30(土) 23:40:37 ID:6Jf8h7aS
詩じゃないけど文芸誌「文學界」の同人誌紹介コーナーは今年いっぱいで終わるそうだ。

440 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/30(土) 23:55:06 ID:/C9Oet44
>>437
来月の「特集の1」はたしかにグロテスクだ。
馴れ合いをつきつめればどうなるかってことか。ぞっとしないね。

441 :クマクマ:2008/08/31(日) 00:33:39 ID:+gEMPCnY
   ∩___∩
   | ノ\     ヽ  夫婦に対詩作らせる、って発想がアカンわ。
  /  ●゛  ● |   
  |    ( _●_) ミ 

442 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 00:42:50 ID:ibCOBrMW
>>441
誰と誰が夫婦やねん。岸田と安川? 城戸と和合?




443 :クマクマ:2008/08/31(日) 00:55:19 ID:+gEMPCnY
   ∩___∩
   | ノ\     ヽ  手帖ちゃんと読んでれば知ってる筈だが…
  /  ●゛  ● |   
  |    ( _●_) ミ  

444 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 08:59:00 ID:y12la6vg
安川さんが結婚したとは知ってたが、相手が岸田さんだったとは!!
美男美女でお似合いだな。
二人とも才能あるし。

445 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 11:57:01 ID:isp9sFvY
わざとらしいぞ

446 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 19:05:57 ID:mDNUbrYz
文学極道って、何か似たもの同士でつるんでないか。
あれってゲイジツかね。
予むきしなくなるほど長い散文まで詩だと。
抒情の復活になんかまるきりなってない。心打つ詩がないから、紙化さいても売れっこないさ。
馬鹿の集まり。

447 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 20:18:30 ID:1tXpdFWc
>>446
似た者同士つるんでないか?「物理的」にあり得ない。発起人同士でもそれはない。「心打つ詩がない」その通り。しかし文芸一般に問われるべき事でもある。ゲイジュツといった文言は理念であり、方向を示すものに過ぎず「場」で産まれるものが本当だ。これが文極です。

448 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 20:42:24 ID:dt8uWFQ+
>>447
どうせダーザインだろ。
内部の人間が言っても説得力ないし。
あそこの評価が偏ってるってのはだれもが思うんでない?

>ゲイジュツといった文言は理念であり、方向を示すものに過ぎず「場」で産まれるものが本当だ。これが文極です。
なるほど。ベクトルでしかないと。
だったらゲイジュツってわざわざ掲げなくていいんでない?
他の言葉でもいいんでしょ?
ゲイジュツって文言があそこの理念として適しているとは思えないが。

449 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 21:33:26 ID:z/ChZgjK
ネームバリューのある平川さんが抜けたらガタガタになりそうだな。
それ以外で可能性を感じたのはイカイカぐらいだな。
ケムリとの掛け合いも面白かったよw

450 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 21:43:05 ID:1tXpdFWc
>>448
繰返します「場」で胎動している事が文極にとってまず大事なことであり、方向付けは副次的なこと。この先どういう人や作品が産まれるかわからない。そこで評価というのは動機付けの為のエレメントであり、理念は参加者たちに乗り越えられるものです。以上。

451 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 21:54:40 ID:ibCOBrMW
まともな日本語を使えない連中が何いったって説得力ないよ
まずは基本的な国語力をつけることだな

452 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 21:56:11 ID:ZvAVzdrl
>>450
つーか、どちらさんなんだねあんたは。
極道の発起人なのかね。

453 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 22:06:51 ID:ZvAVzdrl
>>450
だから、あんた誰って聞いてるの。
発起人なのか?

454 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 22:20:25 ID:aZwK6eAL
>>450
とか言ってるが、
どう見ても、好みの詩人をひいきして、嫌いな詩人は排除して、
なかよしクラブ作ってるようにしか見えないが?

455 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 23:05:15 ID:MXm78GRn
あそこも当初は新しいことをやりたいという情熱が感じられたんだけどねー。中途半端に有名になって
詩誌でも取りあげられて勘違いしちゃったのか、早くも腐敗が始まってる感じだね

>>449氏が言ってるように平川氏がいなくなったら見るべきものはほとんど残ってないな

456 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 23:25:24 ID:1tXpdFWc
平川は文極に出てくるまで私は全く知らない人でしたね。さらに一般的には誰も知らないでしょう。彼女は其ほど能力は高くない。それがあるんだったらとっくにもっと飛躍してますよ。ガッツ。これが彼女の良さですよ。

457 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 23:46:11 ID:TiAsrBAi
ケムリに期待してたんだけどな、最近見かけないね。
彼の潔癖さというか愚直さというか馬鹿さというか、好きだったんだけどな。

458 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/08/31(日) 23:46:59 ID:aZwK6eAL
ただの詩学新人だしな。
詩はむしろ下手。
ちなみに平川は男。

459 :458:2008/08/31(日) 23:49:03 ID:aZwK6eAL
ケムリじゃなくて平川ね。

460 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/01(月) 00:03:51 ID:pZ3KrV7i
ケムリ君ってのはやっぱりまだお子ちゃま。私らから見るとね。思想の根っこに蓄積された経験がないから、一々揺らぐのね。考えや行動が。そういうもの無しに彼はキャパシティを広げようとするから、駄目になっていく。典型の青年ですね。

461 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/01(月) 00:35:45 ID:G/Jl9FiM
>>456
平川が女って、どれだけ素人だよw

>>458
詩学以前から他誌でも出てたじゃん

462 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/01(月) 01:20:42 ID:N2b2mn0X
え、ちょっと待って。平川さんが男ってなに?マジで男なの?

463 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/01(月) 04:06:27 ID:44z9For9
>>460
キモいなおまえ、冷やしか?

464 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/01(月) 15:17:59 ID:aWUL2WIi
平川さん大学に集中講義で来たよ。男。めちゃくちゃ声がイイ。体調悪そうだった。

465 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/01(月) 15:21:45 ID:yVCJlarN
あの人、何か持病があるみたいだね。この前も入院してたらしいし

466 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/01(月) 19:17:21 ID:N2b2mn0X
オレの中に定着していた平川綾真智像

背丈は短小、おかっぱみたいな髪型、頑張り屋でちょっと頑固な女の子。

自分の想像力に驚いてるよ・・・

467 :投票に関しての告知です:2008/09/01(月) 20:03:05 ID:HI248pW1
自治スレより参りました。
ローカルルール改定の投票に関して、詳細を告知させてください。
よろしくお願いいたします。


〜ローカルルール改定の投票に関して〜

投票日 ・9月7日(日)

投票内容・「LR項目5・7に関して」「LR冒頭文に関して」の
      2つの議題に関して、選択式の投票。
      選択肢の内容は、以下のリンクをご参照下さい。
      http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1185803141/735
      http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1185803141/736-737
     ※参考となる議論は、以下のリンクの前後をご参照下さい。
      http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1185803141/320- 
      http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1185803141/585-   

投票方法・投票所(http://changi.2ch.net/vote/)に、
     専用スレを立てて選択式投票を行います。
     票はコード発行所の有効コード1つ1票で行えるように、
     現在、コード発行所をお借りするための申請中です。
     (http://www.2cht.net/code.htm
      http://giabbit.s35.xrea.com/test/read.cgi/to/1066315511/480
     もし9/4いっぱい待ってもお借りできない場合は、
     投票所の専用スレでのフシアナ投票で1IP1票となります。
     アク禁の人は、代行レス依頼所からの投票も可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今回のローカルルール改定議論は、
 各部分毎に話し合って、各部分毎に議決を確定していくようにしています。
 現状維持を望まれる方は、お手数ですが、各議決毎にその都度、
 現状維持案を推してください。
 今回(9/7日)の投票では、LRの冒頭文の件と、LR項目5・7の件、
 の2つの議題について、行います。
 その他の歌詞スレに関わる部分等は、この投票後に改めて、
 議論を行い、それらの議決が決着してから、
 運営スレへの変更申請を行う予定です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

468 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/05(金) 10:35:10 ID:6uQuSBCN
>>444
岸田さんは日経新聞の記者でオサレな男なのだそうだな。
城戸氏のイベントに去年、夫婦仲良く来たらしい。
安川さんは、専業主婦なのか?

469 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/06(土) 05:15:19 ID:qNoaG1PJ
今年の2月ごろに安川奈緒さんが新聞に載ってたそうだが、何新聞か分かる人いる?


470 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/06(土) 23:43:50 ID:jn4mJ4+h
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自治スレより参りました。
明日・9月7日に行われるローカルルール改定の投票の、
投票用スレのアドレスのお知らせに来ました。

投票日 ・9月7日(日)

投票場所・
詩ポエム板・ローカルルール改定 投票スレ
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/vote/1220630453/

投票方法・内容などの詳細は該当スレを御確認ください。
よろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

471 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/08(月) 15:21:31 ID:LMx31STR
>>444
美人といえば日和聡子だろう。
はっとするほどの美人だ。
小説も有名な賞の候補になっていて、いま34歳。
彼女の方が才能も上だね。

472 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/08(月) 15:32:10 ID:eqZhw3VP
ババァ同士の自慢合戦がやりたいなら別にスレ作ってそっちでやれ
詩の雑誌の話題でもなんでもない

473 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/08(月) 22:19:08 ID:Tzuw0KvT
切ないのお。
評価の仕方が

474 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/09(火) 05:26:42 ID:6Gfmmhde
どの分野でも美人やイケメンがもてはやされるものだと思うが。
才能あってルックスもいいなら注目されて当然だ。

このスレでまともに詩の雑誌の論議がされたことがあるか?

475 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/09(火) 06:18:33 ID:n6AkewZf
気持ち悪いからやめろ

476 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/09(火) 06:45:01 ID:Gj34PFTn
>>474
無理に小難しい言葉を使って議論する必要はないんだよ。詩の雑誌についてなら雑談でもいい
だけど特定の詩人のプライベートなことや容姿はスレ違い

477 :クマクマ:2008/09/09(火) 22:33:33 ID:egyI3ELc
   ∩___∩
   |      : : ;: ヽ   対詩、あるいは連詩のお手本と云うと誰の何クマ?
  /      : : ;: |  
  |       : : ::;:ミ  2004年の手帖の四元小池を読んだが、決して悪くはないが、 
 彡、     : : ::;:/    でもあそこから対詩である必要性、対詩だからこそ生まれる可能性、
 /    : : ::;:: : ヽ,      それを解く能力は、俺クマにはないクマ…。
 |      : : ::;::'i' l

478 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/09(火) 23:27:48 ID:F0eHSVpN
>>477
あれって本にもなったんじゃなかったっけ。全く見かけないし、読みたくもないけど。

479 :クマクマ:2008/09/10(水) 13:26:17 ID:FTWpEyCO
   ∩___∩   >>478
   |      : : ;: ヽ   四元田口でも本を出してるが、あれも本になってるクマか。
  /      : : ;: |  
  |       : : ::;:ミ  どうせなら、渋沢孝輔の『星夜/施術者たち』くらいの、
 彡、     : : ::;:/    詩人じゃない方たちと対する、連する企画をぶち上げた方が
 /    : : ::;:: : ヽ,     面白そうクマ。
 |      : : ::;::'i' l

480 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/11(木) 14:25:41 ID:+AX/3uKq
>>476
批難されるのを承知で言うが、安川奈緒さんは東京新聞に写真が載っていたが決して
美人ではなかったぞ。
ここのスレで女神様の杉本真維子さんも可愛い感じではあるが美人ではない。
読売新聞の長野版のサイトに写真が載っていたぞ。

481 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/11(木) 18:42:27 ID:XbNHd1Yv
興味ないね

482 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/11(木) 18:58:44 ID:mitHuGQB
詩人のツラや性別なんてどうでもいいだろ

483 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/11(木) 23:14:06 ID:Ll75MsTH
はい。その通りでございます。

484 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/12(金) 18:33:48 ID:F+PcY9RP
水無田気流が晩翠賞

485 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/12(金) 19:27:09 ID:htXFZAKt
彼女の日記に書いてあったな。

486 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/12(金) 22:00:54 ID:MDjFuJIv
あのヒトの詩、ワカンネ。つうか、どこが面白いかわからんので、
読み続ける気力が出ない。つうか、たいていの詩人の作品が自分にとってそうなので
これは「ハイハイ私が悪うございます」なんだろうな。

ああ、あ、かなしいな。。。

487 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/14(日) 05:37:09 ID:ClME5kID
水無田気流は次長課長のかたわれに顔が激似のところが面白いんだよ

488 :ローカルルール変更議論中@自治スレ:2008/09/14(日) 06:44:28 ID:Jt7bZuHC
性格も三枚目で面白いよな。
あれで一児の母とは・・・

でも音速平和とか装丁は彼女の趣味で作ったらしいが、趣味がよろしくない。
詩もヘタウマと自分でも言ってる。

489 :名前はいらない:2008/09/28(日) 08:36:38 ID:7sx6rIF7
小野十三郎賞に小池昌代「ババ、バサラ、サラバ」(本阿弥書店)と田中郁子
「ナナカマドの歌」(思潮社)。

最終選考に残っていたのは他に誰だったのか知っている人いるか。

490 :名前はいらない:2008/09/28(日) 13:13:10 ID:mGm9AA4k
私は、小学3年です。 は、彼氏がいます。彼とわたしは、デートの時 、どちらかの家に行き、
だれもいないとき、部屋 で横になって裸でだきあいます。
それがだんだ んエスカレートしていって、学校の体育倉庫で服 をぬがされ、まだ3年生ですが学年で1番大きい
おっぱいを、つかむように触られたり、しゃぶっ たりされます。
最初は、苦手だったんだけどだん だん気持ちよくなりサイコーです。
しかも、わたし は、学年1美人でもてます。 彼も同じで、美男 美女でよくみんなにうらやましく、思われます。
: : このカキコ見たあなたは4日後に不幸がおとづれ 44日後に死にます。それがイヤならコレをコピペ
して5ケ所にカキコして下さい。 私の友達はこれを信じ ず4日後に親が死にました。
44日後友達は行方不明・・・・。 いまだに手がかりもなく私はこのコピペを5ケ所に貼り付け
ました。すると7日後に彼氏ができ10日後に大嫌いな人が事 故で入院しました。 : :     
信じる信じないは勝ってで

491 :名前はいらない:2008/09/28(日) 19:59:06 ID:XNRLuktq
>>489
なんでそんなマイナーな賞を話題にするのか?
朔太郎賞とか歴程賞とかは無視で

492 :名前はいらない:2008/09/29(月) 00:17:35 ID:Bith4Cx+
大阪文学学校のHPに載ってるよ


493 :名前はいらない:2008/09/29(月) 04:19:10 ID:O5G/TMFo
宣伝乙

494 :名前はいらない:2008/09/29(月) 11:43:55 ID:6Gbti8uJ
>>492サンクス。三角さんがいつも賞の候補になっているのは疑問だ。
そんなにいいと思えんが・・・
大体あの性格どうにかならんのか?

>>491朔太郎賞の鈴木氏も歴程賞の北川氏も大物過ぎて興味ないんだよ。
歴程新鋭賞は該当なしだったしな。

495 :名前はいらない:2008/09/29(月) 14:10:19 ID:Bith4Cx+
けど若いのに候補になっているのは立派だな。
小野賞はもっと年寄りの賞だと思っていたけど違うってことだな。

496 :名前はいらない:2008/09/30(火) 17:23:26 ID:7KMieno8
誰か苗字だけでもいいので今月の手帖投稿欄入選者を教えてくれ

なぜ入荷しないんだ地元書店…

497 :名前はいらない:2008/09/30(火) 19:51:17 ID:LTOVD2vo
またお前か。毎回せこいよ。定期購読しろよ。

498 :クマクマ:2008/10/01(水) 22:58:36 ID:1AvJH410
   ∩___∩   
   |      : : ;: ヽ   手帖投稿欄、それぞれの作品のカラーが極端に似通ってるような…
  /      : : ;: |  
  |       : : ::;:ミ   あと、選者評の間に広告挟むのは酷いぞ。止めてくれ。
 彡、     : : ::;:/   
 /    : : ::;:: : ヽ,     
 |      : : ::;::'i' l

499 :名前はいらない:2008/10/07(火) 18:10:02 ID:zKKc7s94
今月の現代詩手帖の岸田将幸&安川奈緒の夫婦対詩は良かった。
才能あるこの夫婦がどんな日常を送っているんだろうか・・・

岸田さんは早稲田だけど、安川さんは大学はどこ出身なのだろう。
頭よさげだ。

500 :名前はいらない:2008/10/07(火) 18:44:56 ID:sKhXe8gR
久々に上がったと思ったら、また気持ち悪いやつか。
ここ最近の現代詩手帖の特集からは、もう編集者の貧しい了見しか伺えられない。
だいたい夫婦で対詩なんて依頼が来たとしても、普通はやんわり断るでしょ。
私生活は私生活で措いといて、まともな物書きならカップルとして捉えられることを拒否するだろうが。
まさかバカップルと罵倒されたい、露出好きのマゾじゃあるまい。
詩人の皆さんはおとなしいよw
もっとも、こんなの読みたくないしどうでもいいことではあるが、平気で人を不快にさせるからな困ったものだ。



編集部はセンスでも磨いて、せめてこれくらいの特集はやって欲しいもんだ


現代詩手帖 S45/10/1 特集=一人称の暗闇へ
平岡正明、別役実、金井美恵子、パウル・ツェランほか 表紙=林静一、思潮社、昭45


501 :名前はいらない:2008/10/07(火) 23:36:48 ID:ms96SRpT
つーかKYカポーの日常なんて興味ないし、大学どこかとか言ってる時点でアフォかと
某ガンダム夫婦に匹敵するイタタさですなw

502 :クマクマ:2008/10/08(水) 17:01:55 ID:AR72cEVZ
   ∩___∩
   | ノ\     ヽ  じゃあ、どんな企画なら満足するんだ? と訊かれると困るが、
  /  ●゛  ● |   確かに最近の現代詩手帖の特集はひどいものが多い。
  |    ( _●_) ミ    現代詩人列伝、なんて雑誌名に変えたっていいだろうな。

503 :名前はいらない:2008/10/08(水) 17:26:49 ID:AOHhTBTO
似たような袋小路に陥ってながら、あちらは商売になってる現代美術を見習えばいいと思う。
「美術手帖」もお寒い雑誌だが、写真は豊富だし、若者へのレクチャー的な企画も多い。
「現代詩人が食えるようになるまでのフローチャート」とか作ってみればどうだろう。

504 :名前はいらない:2008/10/09(木) 21:49:27 ID:TFrP+p0j
どっちにしろ同人誌にしろ商業誌にしろ、文芸誌的なものにはもう教育力なんてないでしょ
あるのは権威の空洞化と、空虚だからこそすり寄って来る権威の門弟たち
何が良識かわからなくて当然とは言える


505 :名前はいらない:2008/10/11(土) 11:19:11 ID:ruiuzmcd
>>503
そりゃ美術雑誌なんだから写真はあるでしょうよ。
詩のワークショップなんかは全国で行われているだろうけどね。
詩学がそういうところはがんばってたんだよな。
詩手帖の場合、記事として扱うものに自主イベントが多すぎて、
取材が少ないってところに発見や楽しみがないんじゃなかろうか。

506 :名前はいらない:2008/10/13(月) 19:56:14 ID:KwULG3/h
誰か京都のぽえざるに行った人はいるか?
朗読などあったようだが様子を教えてくれー。
気になる詩人はいたか?

507 :名前はいらない:2008/10/14(火) 00:05:27 ID:PM+iINqG
「手帖」での連続落選(一度だけ選外)に落ち込んでます。
「詩学」も「思想」も、共に一発目から載せてくれたのに〜
「手帖」のハードルって、他誌と比較してそれほどまでに
高いものなのでしょうか?
中也賞もHもあそこの入選常連者ばっかりだしなぁ……

508 :名前はいらない:2008/10/14(火) 00:20:38 ID:mzXgSrS1
その勘違いって馬鹿にするとこ?

509 :名前はいらない:2008/10/14(火) 00:57:57 ID:U/ag8ezY
>>507 詩学も思想も投稿数は百編もないでしょ。手帖は千編近くあるんじゃ
なかったっけ。今はもっと減ってるかな。一月で詩集一冊分くらい送る人もいるらしいし。
それとオーソドックスなスタイルの詩は「古い」と一蹴されてハードルが高そう。
試しに
//こういう
    詩型の(実験的と
いうよりはもはや現在ではこれがオーソドックスといってもいいのでは
                             ないだろうか)
詩/詩篇/現代詩/現代詩?/

             を、
送ってみてはいかが。

510 :名前はいらない:2008/10/14(火) 02:36:07 ID:68KjRYpL
>>507
まずは詩をここにアップしろ。話はそれからだ。

511 :名前はいらない:2008/10/14(火) 08:02:30 ID:RcdMmkIK
>>509
もう月に千編なんてないでしょ。競争率も確かにあるだろうけど、やっぱり
詩の内容がその雑誌や選者に合っているかどうかが一番大きいと思うよ
俺は昔投稿やってた頃に手帖、思想、ミッドナイトプレス、詩とメルヘンに
試し投稿してみて手帖以外はすべて掲載されたから単純に相性の問題だと
割り切って手帖はまったく投稿しなくなった

当時のメルヘンは月に数千という投稿数だったし他誌で見かける現代詩系の
人たちもたくさんいたから、ここに載るのが一番うれしかったな。作品に
きれいなイラストがついて見開き二ページだし、原稿料も出たし

まあ>>507がどうしても手帖にこだわるなら、>>509のアドバイスしているように
掲載されてる連中の作品の傾向に合わせてみたら?

512 :507:2008/10/15(水) 00:53:05 ID:Y5Hz+5Gl
>>509 >>511
レス、感謝です。
応募数、やっぱり手帖は圧倒的だし、
作風や方向性の問題もあると思います。
ただ、あくまで憶測の域なのですが、
もしも手帖の編集方針として、
若手(かつ、もしかしたら♀押し?)の有望者発掘を最優先としていたら、
中年♂である自分はそれだけでかなり不利なのですが……
逆に「思想」の07年度新人賞では、あの文月悠光さんが最終選考止まり
だったりしましたな。
新川さんに「未熟だ」とか言われて。
>>511さんの言うように、さっぱりと手帖への執着を捨ててしまうのも
選択肢かもしれませんね。


513 :名前はいらない:2008/10/15(水) 01:58:14 ID:YuOG4dfp
>>512
悪いけど、こういうことを書いている時点であなたの力のなさが見える気がする。
中年♂だから不利なんじゃなくて、中年♂ならではの詩を書けないのが
あなたの弱点だと思います。





514 :クマクマ:2008/10/15(水) 22:16:41 ID:1NrkfQZG
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  モチベーションの維持にはつながるだろうが、
       l ●   ● l    投稿欄に載せることが詩を書く目的じゃないでしょ?
       i  (_ ● _)   i   
       ノ         ',    今の自分が書きたいこと、今の自分に書けること、
      /,, -ー 、  , -‐ 、    それを書いていればいいクマ。
     (   , -‐ '"     )
      `;ー" ` ー- -ー;'"     

515 :名前はいらない:2008/10/15(水) 23:13:18 ID:fPNC7b96
話豚切りで済まないが、「爆笑レッドカーペット」で見かけたいがわゆり蚊という
女芸人について調べたら彼女のブログにたどり着いたんだけど、下手な詩人の詩を
読むより面白いわw きしきし

516 :名前はいらない:2008/10/16(木) 12:47:53 ID:FCJMd7UH
スレチ。消えろ

517 :名前はいらない:2008/10/16(木) 21:42:45 ID:SUprsAPv
>>515
手帖あたりのラリラリ女共の詩よりは面白いな

518 :名前はいらない:2008/10/17(金) 15:25:29 ID:diaTcYkf
手帖のラリラリ女って誰?

519 :名前はいらない:2008/10/18(土) 14:24:20 ID:Jy80atxA
三角みづ紀とかじゃね?

520 :名前はいらない:2008/10/27(月) 23:10:36 ID:EKK3Mge1
詩と思想新人賞決まったわけだ。来月号の予告欄に書いてあった。

521 :名前はいらない:2008/10/28(火) 17:54:59 ID:euVFnlMq
そんで手帖投稿欄は合評だっけ

522 :クマクマ:2008/10/30(木) 18:48:02 ID:JNlf2jpF
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  飛び抜けている投稿者はいない…、
       l ●   ● l    
       i  (_ ● _)   i    なら、今からでも、誰にでもチャンスはある。
       ノ         ',    
      /,, -ー 、  , -‐ 、   ここのスレの投稿者たちもがんばるクマ。 
     (   , -‐ '"     )
      `;ー" ` ー- -ー;'"

523 :名前はいらない:2008/10/30(木) 19:25:09 ID:BF2IQjjU
こうなってくると、今期の手帖賞がどうなるのか気になるなあ
去年は大体読めたような感じがあったが

524 :名前はいらない:2008/10/30(木) 20:21:00 ID:wiYYTr9g
該当者なしでいい

525 :名前はいらない:2008/10/31(金) 05:08:46 ID:FPmg+xrl
投稿者は載らなくてもいいからもっと暴れたらいいとおもう。
賞とってる人間も普通すぎておもしろくない
っていうか雑誌そのものが普通すぎる。

526 :名前はいらない:2008/10/31(金) 10:38:03 ID:4WzhEpsR
載らなかったら暴れてる投稿者がいるかどうかもわからないだろ。バカじゃないか?

527 :名前はいらない:2008/10/31(金) 10:38:52 ID:eSFrLEQm
一番売れてる雑誌が普通なのは必然じゃないのか
暴れたり勝手やるのは俺は同人誌がするべき仕事だと思う
そしてそれが廃れているから普通だということに価値が生まれない

528 :名前はいらない:2008/10/31(金) 11:38:00 ID:FPmg+xrl
なんでだ?載るために大人しくなるよりはましだとおもうけどな。
一番売れてる雑誌が普通なのは必然ってなんのこと言ってるんだ?
なにがするべき仕事だの、そんなことには興味はねえよ。
つまんねえって言ってんの。
おまえらの載りたい載りたいで書いてるようなくだらねえ詩なんか。

529 :名前はいらない:2008/10/31(金) 11:54:59 ID:9yGdSIv5
いかに詩人にベタなやつが多いか
ベタなやつがベタなところでベタなことを書いてりゃ、それはベタベタするでしょう
ベタな「友愛」の感染しやすさははんぱねえぜ



530 :クマクマ:2008/10/31(金) 12:53:31 ID:XZm0qXHZ
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  暴れることが自分自身の表現に必要なら、
       l ●   ● l     迷わず暴れればいいクマ。
       i  (_ ● _)   i   
       ノ         ',    目立ちたくて、他人と差別してもらいたくて
      /,, -ー 、  , -‐ 、    暴れたいだけなら、…まぁ、好きにしろクマ。
     (   , -‐ '"     )
      `;ー" ` ー- -ー;'"   いっぺん、投稿作の数百篇全部載せてくれないかなー。

531 :名前はいらない:2008/10/31(金) 15:32:37 ID:FPmg+xrl
目立ちたくて他人と差別してもらいたくて暴れたいのは載りたい載りたいと同じようなことだろ。
単純に、もっと自由にやってる人が出てきてくれたらなーっていう淡い願望を抱いてるわけよ。
詩で自由なんて、そんな簡単なことじゃないんだろうけど。

532 :名前はいらない:2008/10/31(金) 15:32:53 ID:qt4bCPfn
>>528
>>526の言うことすらわかってない…読解力ないなお前w
どうせ自分が載らなかったからやさぐれてんだろ
存在がわかりもしない投稿者の話をしている時点で丸分かりなんだよ

くれくれ君が消えたと思ったらこういうのが湧くようになったな
どんだけ投稿欄に幻想持ってんだ
たかが数ページの巻末コーナーだぞ
載らないなら自主出版でもすればいいじゃないか


>>530
クマクマは相変わらずいいこと言うな
でも全投稿作品は見てられない代物になるだろうなw

533 :名前はいらない:2008/10/31(金) 15:46:53 ID:NUyJKT/O
もっと投稿欄の枠を増やせばいいのにな。選者も増やしてさ。
ぜったい良いもの書いてるのに選者と合わなくてこぼれ落ちてる連中もいるでしょw

534 :名前はいらない:2008/10/31(金) 16:35:46 ID:FPmg+xrl
>>532
妄想で喋るのもいいけどそれじゃ会話ができないだろ。
俺は悪いけど投稿した分が載らなかったことはほとんどない。
でもつまんないのしか採用してもらえなかったとおもうからつまんないものはつまんない。
俺よりおもしろいの書いてたやつもいっぱいいるんじゃないかって思ってる。

>>533
そういうのあるとおもう。

535 :名前はいらない:2008/10/31(金) 17:51:35 ID:qt4bCPfn
ああなるほどな。選外佳作君とかが出没したものだからな、誤解して悪かった。
でもなんでつまらないと思うものを送るんだ?
お前こそ載りたくてつまらないものを送っているように見えるがそのへんはどうなんだ?

常連になれば、多少選者の気に入らなくても選に入るし、
賞をとったりすれば選定なんて受けないんだから黙って応募し続けたらいいと思うぞ。
べつに投稿欄なんて通過点だろ。
これまで賞をとってきた奴だって選者に満足していたわけじゃないと思うし、
載ると思った作品以外が載ったってのはよくある話だ。
たかが投稿欄に期待しすぎなんだよ。選者の詩を読んでみろよ。
だめなら自主出版でもすりゃいいんだ。

536 :526:2008/10/31(金) 21:22:18 ID:aVob395N
>>533
そんなのは幻想に過ぎないよ。普通、ひとつの雑誌で選者は二人くらいいるわけで
さらに一年で交代している。複数の詩誌に二〜三年投稿して駄目なら枠や選者を
いくら増やしても無駄だよ

>>534
>でもつまんないのしか採用してもらえなかったとおもうからつまんないものはつまんない。

>>535も言っているが、どうして自分が「つまらない」と思うものを送ってるんだ?
その時点で載りたいから選者に媚びているとしか思えないが?

>投稿者は載らなくてもいいからもっと暴れたらいいとおもう。

これを自分で実践して、自分がおもしろいものだけを送ってずっとボツを貫けばいいのに

537 :名前はいらない:2008/11/01(土) 14:44:31 ID:rpIHQGJz
おっ盛り上がってきたな。
便所で糞をなげあうみたいに
殴り合ってくれ!
死ぬまで

538 :名前はいらない:2008/11/01(土) 17:43:46 ID:rXqp2Ips
言うことがないなら口を閉じてればいいのに

539 :名前はいらない:2008/11/01(土) 17:55:10 ID:xJ6gRa97
参加さしてくれっていうかー
俺の権利を返してくれ トホホ

540 :名前はいらない:2008/11/01(土) 18:56:54 ID:avk6OE4n
大漁だな

541 :名前はいらない:2008/11/02(日) 21:06:23 ID:OVz7TprV
>>534
何年も前からいない?投稿の話題になるたび、
ほとんど掲載されたと主張するやつが毎回出てくるけど。

またこの話題かと思うと、またこいつかってなぐあいに。

1人じゃないとしたら、こういう自己顕示欲の強いやつほど
掲載されやすいってことなんだろうね。

542 :名前はいらない:2008/11/02(日) 23:27:12 ID:V/meYtJA
自己顕示欲は大切よ
それがなければ雑誌の投稿欄なんかそもそも成り立たない
こっそり自己顕示欲を満たすのが投稿欄だろう
だれも読んでなくても載っただけで満足できるじゃん

543 :名前はいらない:2008/11/03(月) 06:49:24 ID:EQOs7TOA
>>541
投稿の打率が良い奴なんて、いくらでもいるだろ。技術的に上手くて選者との
相性が良ければ「ほとんど掲載」状態になることは珍しくない。そういう奴は
1〜2年で投稿欄卒業になるけどな

まあ自己顕示欲云々の話はともかく、ID:FPmg+xrlは>>525の主張が矛盾して
いるから突っ込まれたわけだが

>>542
俺が投稿していた頃は、他の人の作品もすべて読んだよ。たびたび載る人は
やはり相性云々以前に強烈な個性があったり基礎がしっかりしているから

でも、ほとんどの人は目を通さないかもね

544 :名前はいらない:2008/11/03(月) 14:52:01 ID:R/WqMNBk
投稿の打率がいいひとは、実際かなり少数だと思われますが

545 :あっちゃんブリゲ:2008/11/03(月) 20:03:55 ID:JgIsGDD0

ぼくが投稿していた1990年代前後は
投稿欄の詩がときおり本欄の詩よりよかったような気がする。

いまの状況はよく知らないのだけれど
投稿欄に出してるひともたくさんいるだろうから
ある程度の関門はくぐってるわけで
それなりのレベルにあるだろうとは思う。

何年か前に、小池なんとかって詩人が
同時期に手帖とユリイカの両方の選者をしていて
東京の詩人ばっかり採り上げていたのにはうんざりさせられたけれど
取り巻きが欲しくって選者をする者もいるから
選考の基準は選者の良心と才能に非常に大きく左右されると思う。


546 :名前はいらない:2008/11/04(火) 02:20:50 ID:upReSFUC
>>545
マジで同じ人が同時期に二つの雑誌の選者をしてたのか。
それは問題じゃないかな。頼む方も。引き受ける方も。



547 :クマクマ:2008/11/04(火) 06:00:12 ID:gGud2Zem
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  小池女史が二つ受け持っていたのは、
       l ●   ● l     当時のスレでも疑問視する人がいたと思うクマ。
       i  (_ ● _)  i   
       ノ         ',   取り巻きが欲しくて選者を引き受けるなら
      /,, -ー 、  , -‐ 、    取り巻きを載せてあげる為に引き受ける人もいるのかな。
     (   , -‐ '"     )
      `;ー" ` ー- -ー;'"

548 :名前はいらない:2008/11/05(水) 12:46:31 ID:n5Yq4gzf
http://skmwin.net/archives/imgs/2007112101.jpg  ぼくたちがクマクマの取り巻きだよ

549 :名前はいらない:2008/11/05(水) 22:00:49 ID:KBYxGdX2
そうだ!俺たちはクマクマを支持する。

550 :名前はいらない:2008/11/06(木) 00:11:16 ID:X+uHIaTE
>>548
和んだwww

551 :名前はいらない:2008/11/07(金) 19:34:46 ID:BhjLlxUl
>>549だ。クマクマ!詩の雑誌かサイトを立ち上げてくれ!
俺たちはクマクマについていく。
クマクマ派を組織しようぜ!

552 :名前はいらない:2008/11/07(金) 19:57:27 ID:OWg8MxK/
なんだこの人・・・

ところでクマクマさんの詩って現代詩フォーラム以外で読めるところはないですか?

553 :名前はいらない:2008/11/08(土) 15:45:05 ID:z0EOKvGz
貫くことにするよ

554 :クマクマ:2008/11/08(土) 18:25:49 ID:yhfhQJhZ
   ∩___∩     /
   | ノ      ヽ  /
  /  >   < |/   俺クマなんかよりちゃんとした詩人を支持して、ついていってくれ。
  | //// ( _●_)/ミ    サイトなんて作っても、既存の縮小再生産にしかならないし…
 彡、     l⌒l  ノ
 / __  \ \ヽ  >>552
. (___)   \__)   どこの同人にも参加していないし、
. O|       /      現フォにもたまに投稿しているだけで…
  |  /\ \
  | /    )  )  そう云えば、このスレの住人で同人誌も入手して読んでいる人、
  ∪    (  \  どれくらいいるのかしら。
        \,,_)  ぱろうる亡き今、売っている場所があったら教えてほしいクマ。

555 :名前はいらない:2008/11/11(火) 18:25:19 ID:dbuQ3OWM
創刊された「びーぐる」はどうなの?誰か読んだ?

556 :名前はいらない:2008/11/11(火) 18:56:41 ID:lC6W7r5+
北川の時評はどうだったんだ?
十年くらい前、「九」という詩誌で野村と論争していた時は笑わせてもらったが

557 :名前はいらない:2008/11/11(火) 18:56:43 ID:ZLZWfhTN
まだ読んでないが、読んだ人いたら感想おしえてね

558 :名前はいらない:2008/11/11(火) 19:00:39 ID:lC6W7r5+
そもそも「イリプス」となんか違うのか?


559 :名前はいらない:2008/11/20(木) 17:58:51 ID:W28OzsAf
どこで何やってもほとんど同じ

560 :クマクマ:2008/12/01(月) 18:36:08 ID:brpsSMY2
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  毎年恒例だが、今月の手帖がまだ入手不可。
       l ●   ● l    
       i  (_ ● _)   i    年鑑だから遅くなる、のは言い訳になるのか?
       ノ         ',    
      /,, -ー 、  , -‐ 、    
     (   , -‐ '"     )
      `;ー" ` ー- -ー;'"

561 :名前はいらない:2008/12/01(月) 22:30:08 ID:twc7TZRI
まあ詩誌なんて書店にとっても一般客にとっても、どうでも良い存在だからね

562 :名前はいらない:2008/12/01(月) 23:08:12 ID:gECQmmG+
>>560
横だけど一応、年鑑、今日ポストに届いてました。

563 :名前はいらない:2008/12/02(火) 18:12:19 ID:fwXuLVwj
表紙だけはよかった。他は例年通り。収穫なし。

564 :クマクマ:2008/12/03(水) 17:31:36 ID:kRuL5txn
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  買ってきた。
       l ●   ● l     俺クマも確固たる私を持たない世代の一人なの?
       i  (_ ● _)   i     ゼロ年代とか、そーゆー大雑把な括りはよくわからないクマ。
       ノ         ',    
      /,, -ー 、  , -‐ 、  あと、思潮社は「マンガでわかる現代詩」とか、  
     (   , -‐ '"     )  「萌え萌え現代詩」とか出すといいかも知れない。
      `;ー" ` ー- -ー;'"

565 :名前はいらない:2008/12/03(水) 18:05:39 ID:e+tgBt4F
>>564
萌え萌えにマンガ・・・それ、すでに現代詩の業界にどっぷりの人の発想。

そういうことじゃないと思うよ。

566 :名前はいらない:2008/12/03(水) 18:39:36 ID:ZgCW+tZe
ゼロ年代?そんなどっかから持って来たもので許されるのか
本格的なアホというか、ミーハーというか、もうなんでもいいんだなあというか

それから詩の言葉は萌え化、データベース化はできないよ
詩だからこそできない
つか、もうぽえむ君とかいるけどな、どうでもいいわ

で、どこの腐れがゼロ年代とか書いてるんだ?


567 :名前はいらない:2008/12/03(水) 18:58:33 ID:ZgCW+tZe
例えば、今年思潮社から安東次男全詩句集が出た
それを踏まえてんのか知らないが、スガ秀実は「列島」にいたころの安東次男を論じるべきだと言っている
それはどういうことか?どういうふうに現在の現代詩の状況と関わるのか?
例えば、おれなんかはそうした論考を読みたい、それとも誰か書いていたか

568 :名前はいらない:2008/12/03(水) 21:05:50 ID:OuA86UUE
またガースーヲタか
なんの例えばだ

あんつぐは素晴らしいがな

569 :名前はいらない:2008/12/03(水) 21:28:39 ID:ZgCW+tZe
オタじゃねーよ、今書かれている詩批評のなかで、納得できる数少ない一つだから
というか、ほとんど批評家で詩を論じるのがスガくらいだし、彼は立場的にも一貫している
充分参照すべきなんだがな





570 :クマクマ:2008/12/04(木) 11:14:37 ID:/TdRYnY2
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  「ゼロ年代」は結構前から対談とかでも度々出てきてるクマ。
       l ●   ● l     俺クマは年代や世代なんて詩に関係ないだろ、と思うが、
       i  (_ ● _)   i      偉い人たちにはそーでもないらしいので、
       ノ         ',    
      /,, -ー 、  , -‐ 、   だったら「現代詩人脱衣麻雀」とか作ってもよかっぺよ、
     (   , -‐ '"     )    って話クマ。
      `;ー" ` ー- -ー;'"     誰が買うのかは知らねークマ。

571 :名前はいらない:2008/12/05(金) 11:04:22 ID:CEfoewru
思想は寺西さんの追悼

572 :名前はいらない:2008/12/05(金) 19:07:47 ID:ZrAia7oL
現代詩手帖年鑑の今年の収穫は、今回は面白いのが少なかったように思った。
去年は注目すべき詩集がもっとあったように思うのだが。

来年の中也賞、H氏賞候補が読めない・・・

573 :名前はいらない:2008/12/05(金) 21:30:06 ID:4VfBGCEZ
>>571
どんな内容でした?
思想は手に入りにくいもので‥

574 :クマクマ:2008/12/05(金) 21:38:45 ID:QB2xbRvh
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  >>573
       l ●   ● l   横ですまんが、
       i  (_ ● _)   i    馬野幹、クロラ、あと一人は失念してしまったが、
       ノ         ',    鼎談形式でそれぞれの詩学との関わりや、
      /,, -ー 、  , -‐ 、    寺西さんの仕事ぶり、詩学がこれからやろうとしていたことなど、
     (   , -‐ '"     )     丁寧に語っていた。記憶に間違いがあるかも知れんが。
      `;ー" ` ー- -ー;'"   

575 :571:2008/12/05(金) 22:08:28 ID:PYctanKL
もう1人は古溝真一郎という人

576 :名前はいらない:2008/12/05(金) 22:19:25 ID:4VfBGCEZ
>>574,575
ありがとうございます。
もともと詩学をよく買っていて思想はほとんど読んだことなかったんですがお布施と思って買ってみます

577 :名前はいらない:2008/12/05(金) 23:37:01 ID:bCoWB0Hn
詩学は高校の文芸部レベルだった

578 :名前はいらない:2008/12/06(土) 20:10:14 ID:/Zvx44wR
言うだけなら誰でもできる

579 :名前はいらない:2008/12/08(月) 17:27:13 ID:YEva/AT+
よみうり新聞の長野版の

杉本まいこさんの写真見ました。


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/feature/nagano1197600876655_02/news/20080607-OYT8T00637.htm

田舎のスナックのおばさんかと思った

美人とか女神って誰が言ったの?

お決まりの自演?

580 :名前はいらない:2008/12/08(月) 19:46:10 ID:hA5/LnFT
杉本女史は高貴な方々にさえ我々は七人の小人と言わしめた人物だ。
お前等、下賎なにちゃんねらー如きの前では女神にも等しいのだ。

581 :名前はいらない:2008/12/08(月) 19:57:53 ID:q+eTCodJ
容姿なんてどうでも良いんだよ。抜ける女が欲しけりゃAVでも探せ

それにしても良い詩を書くな。歴然とした差を感じるわ

582 :クマクマ:2008/12/10(水) 21:10:17 ID:k3izpvYw
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  茨城県南走り回ったが、
       l ●   ● l     どこにもびーぐる置いてない
       i  (_ ● _)   i

583 :名前はいらない:2008/12/12(金) 07:53:59 ID:pEr+bAsn
>クマクマさん

関西の人間なのですがこちらでも「びーぐる」を本屋で見かけません。
「ポエムバザール」のときに、手に入れました。

版元に直接注文されてはいかがでしょうか?
以前編集同人の誰かのホームページみたら、あまり本屋では
出回っていないので、直接注文してくれみたいに書いてあった気もした。
小さな出版社だし、規模も小さいから全国展開は難しいのかもしれないね。

584 :名前はいらない:2008/12/12(金) 15:57:51 ID:aa05iZIc
詩人会議新人賞。
だれか出した?

585 :クマクマ:2008/12/12(金) 19:09:51 ID:66TBZXcC
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)  >>583
       l ●   ● l    セブンネットで予約した。在庫があれば1~3週間後に届くクマ。
       i  (_ ● _)   i     手帖色でも思想色でもない雑誌であることを期待したい、が…。

586 :名前はいらない:2008/12/12(金) 21:51:43 ID:miPWOjUo
ぬるかったよ。

587 :名前はいらない:2008/12/13(土) 00:23:29 ID:QzWKVA/i
ガニメデという同人誌もひどい

588 :名前はいらない:2008/12/13(土) 20:42:23 ID:T5OPeyN6
>>587
編集人からの作品特集号への原稿依頼の手紙を読んで、三秒でこの詩誌の在り方が理解できたw
手紙はもちろん生ごみへ直行。

589 :クマクマ:2008/12/13(土) 22:26:44 ID:e9MaSaXI
       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_) ガニメデはT氏の個人詩誌だから…
       l ●   ● l   気に入らない人は徹底的に気に入らないと思うクマ 
       i  (_ ● _)   i   たなかあきみつ氏翻訳のロシア詩人作品は俺クマはおもしろいクマ

590 :名前はいらない:2008/12/13(土) 23:47:13 ID:AdD3Tixq
>>588
ここにそんなこと書いたら特定されるぞ。T氏は千里眼の持ち主だからなw

591 :名前はいらない:2008/12/14(日) 01:24:32 ID:YOJdN3hH
とかいいながら、結局みんな、あの編集後記をそれなりにちゃんと読んでる、ってわけね、つまり。

592 :名前はいらない:2008/12/14(日) 01:58:43 ID:3wAwV5Wo
Tはくだらんやつだよ

593 :名前はいらない:2008/12/14(日) 14:36:41 ID:VZyiI0Y2
詩は悪くないけど。編集の目よりは偏執の目の方が圧倒的に強い人だな。

594 :名前はいらない:2008/12/14(日) 15:06:42 ID:3mvBg9vK
>>588
kwsk

595 :名前はいらない:2008/12/14(日) 15:10:11 ID:aCdAUxpG
http://ameblo.jp/qhnehbu/

596 :名前はいらない:2008/12/14(日) 16:45:14 ID:rF9+d0rS
T氏って誰?

597 :名前はいらない:2008/12/14(日) 17:16:48 ID:aih4+y9H
ttp://plaza.rakuten.co.jp/morimasami/diary/200804050000/

598 :名前はいらない:2008/12/14(日) 18:36:15 ID:jG5arAK8
>>587-596
この中に森川がいそうだw
年鑑で武田一人が森川の詩集を絶賛しているがどんな気分だろうな

599 :名前はいらない:2008/12/14(日) 18:38:43 ID:VwehBgcY
クマ含め卑屈な奴ら チンピラばっかりだね

わたしゃ 武田肇は買っている

600 :名前はいらない:2008/12/14(日) 18:43:24 ID:jG5arAK8
>>599
でも本人の詩集は「非売品」だから買えないんだよなww

601 :名前はいらない:2008/12/14(日) 19:22:58 ID:3wAwV5Wo
>>599
本人乙ww

602 :クマクマ:2008/12/14(日) 20:25:25 ID:Ocn7FfK2
     ○_○  つか、>>599が森川氏っぽいクマ…。
    ;; ( ・(ェ)・)   お元気ですか。ごぶさたです。
 _旦_(っ(,,■)__
 |l ̄l|| ̄じじ ̄|i |i

603 :名前はいらない:2008/12/14(日) 21:49:04 ID:q8ac1BAI
ここまでクマの自演

604 :名前はいらない:2008/12/15(月) 00:26:20 ID:OpBKlkmP
>>602
茨城のクマですといえば通じる相手なのか?そんな有名人なのクマクマは。

605 :名前はいらない:2008/12/15(月) 12:24:56 ID:ObqbwzzY
クマが有名人というより、現代詩の世界がとても狭い、と言ったほうが正確。

606 :クマクマ:2008/12/22(月) 19:45:11 ID:mNFjzcse
     ○_○ セブンドットコムから、サーセンwやっぱびーぐる入荷困難wとのメールが届いたクマ
    ;; ( ・(ェ)・)   意外な売り上げの好調で在庫がすでにないのか、でなければ…
 _旦_(っ(,,■)__  
 |l ̄l|| ̄じじ ̄|i |i  百年後には現代詩なんてなくなってるんだろうなぁ

607 :名前はいらない:2008/12/23(火) 10:47:57 ID:1JrmqACG
儲けなんて出てない詩誌がまだわずかでも生き残ってること自体が奇跡なわけだから。

608 :あっちゃんブリゲ:2008/12/23(火) 12:38:54 ID:Gdsx3wSr

百年後の詩がどんなものか想像できない。
でも、想像できたら、詰まんないかもしれないし。
感覚的なところは変わらないだろうけれど
痛みや悲しみや喜びはね。
でも、それを引き起こす原因となる対象が
もしかしたら違ったものになってるかもね。
百年前のひとは
返信のメールが来ないといってイライラしなかったろうし
テレビを見て悲惨なニュースにこころを痛めなかったろうしね。



609 :名前はいらない:2008/12/23(火) 23:52:38 ID:PsYI0baW
百年前の詩を読んでみれば、想像くらい許されるのでは?

その想像が百年後をどれほど言い当てるか、はまた別の話だが(そもそも
確認のしようもないが)。

610 :名前はいらない:2008/12/24(水) 07:59:46 ID:thtUzo5C
>>606
出版社に直接注文してみては?
あとここも
ttp://homepage2.nifty.com/yamadakenji/1beagle.htm

611 :名前はいらない:2008/12/24(水) 13:07:17 ID:06UU+Phf
>>606
ジュンク堂は在庫ありました。2,3日で届きました。
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0011037672



612 :クマクマ:2008/12/24(水) 20:10:34 ID:fIl9LFzV
        / ̄ \
    __0⌒>   ヽ   >>610-611
   /   ∩⊂ニニニ⊃∩   明日つくばクレオのリブロに特攻してみる
 /     | ノ      ヽ    そこまでの価値があるか否か、まぁ、買って読んでのお楽しみクマ
|     /  ●   ● |  
|     |    ( _●_)  ミ    そうねぇ、百年後の日本なんて想像もつかないんだから、
|    彡、   |∪|  、`\    想像もつかない詩が生まれてるといいクマ


613 :バカバカ:2008/12/24(水) 20:26:48 ID:C6oGPLSA
そのころにはもう日本語があるかどうかもわからないバカね

614 :名前はいらない:2008/12/24(水) 21:10:59 ID:tUwut1XA
ガバガバの間違いだろ?

615 :名前はいらない:2008/12/25(木) 10:26:51 ID:sPda+0H9
出版不況・・・出版不況・・・
詩が金に化ける時代は永遠に来ないのか・・・くそう!

616 :名前はいらない:2008/12/25(木) 10:49:11 ID:ZGqJN0yM
er3i9d7a

617 :名前はいらない:2008/12/25(木) 11:07:17 ID:4Xuxw9Ag
>>615
俺は売り方によっては充分、詩で商売できるであろうと考えてる。
詩は書斎のジジイのものでなく街角の中高生のものであるべきだ!

将来、そういう方向性の雑誌の仕事に就きたいなー
びーぐるには期待してたんだが、創刊号は別に普通の文芸誌だったから萎え(´・ω・`)

618 :名前はいらない:2008/12/25(木) 11:46:12 ID:c4W7ZI5g
気持ちはわかるが、読み手より書き手のほうが
圧倒的に多いから商業的に成立しないんだよ。

619 :名前はいらない:2008/12/25(木) 18:44:59 ID:/ADw9+V6
商業的に成立させたかったら、他のスキルがいるな
詩+音楽で作詞とか、詩+デザインでキャッチコピーとか

何かが足されれば幸せになれる気がする。

620 :名前はいらない:2008/12/25(木) 22:57:55 ID:yE/d4dtq
何をいまさら…

621 :名前はいらない:2008/12/26(金) 05:22:42 ID:5ZHUnYMz
>>619もいつの日か>>620のようになっちまうのかなあ…

622 :名前はいらない:2008/12/26(金) 07:55:17 ID:k1pwqUS/
まあ自分の詩の作品を売るような方向よりも、むしろ詩を書いている人を
食い物にするような商売の方が現実味があるけどね

出版詐欺とか特典商法とかさ。
詩を書いてるような人種は騙されやす(ry

623 :名前はいらない:2008/12/26(金) 12:47:53 ID:i69ZKwtS
>>618
だったら書き手のなかで回していけばいいじゃない。
俺が考えてるのは、ポエム板の主要利用者のような層に向けたマーケティング。
つまりリアル厨房、工房のための雑誌。人生でもっとも詩人になる時期じゃないか!
>>619の言うような方法もなんでも使っていけば…夢がひろがりんぐ。

まあ、妄想に過ぎない。ホントに実現するために何かしてるわけでもないし…。

624 :みたらしひかる ◆NPntL0c/ps :2008/12/26(金) 13:40:42 ID:d9yVEm7A
>>619
イラストや写真と組み合わせるとか

625 :クマクマ:2008/12/26(金) 13:58:15 ID:gEO99d/k
|:::::::::::::::::::::::::::::::
|" ̄ ゙゙̄`∩::::::::::::::::  >>623
|,ノ  ヽ, ヽ::::::::::::::      ポエム板の書き手は、たくさんの他人の作品をきちんと読んでるクマ?
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、:::::::   >>618が指摘してるのは、自分の書きたいことを書くだけで、
| (_●_)  ミノ  ヽ ヾつ:::  他人の作品には関心を抱かない、目を通さない詩人があまりにも多い、ってことだと思うクマ
| ヽノ  ノ●   ● i:::::::::    
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ:::::::   
| ヽ   /  ヽノ  ,ノ::::::   でも、俺クマももうびーぐる買わないクマ

626 :名前はいらない:2008/12/26(金) 18:48:23 ID:nUuhcjPX
詩誌に書いてる書き手が他人の作品をきちんと読んでるかというとそうでもなかったりする。

627 :名前はいらない:2008/12/26(金) 19:24:41 ID:uET1+QbQ
>>623
つ 未来創作

新風舎があんなことになってしまったのでもう出ないと思うがw

628 :名前はいらない:2008/12/27(土) 11:42:55 ID:O6hyVbA8
今振り返ってみれば、新風舎って会社としての最盛期は2005,6年頃だけど
アグレッシブな奴らが集まる「場」としてはTILLという投稿誌が潰れた2000年頃に終わってたんだよ。
俺の主観であり、好意的に見ればだけどね。それ以降は例の通りでしょ。

629 :623:2008/12/27(土) 13:11:27 ID:hrasGrlA
書いたら書きっぱなしってことですか。で、俺の詩を読め!と。
たしかに自分も、詩誌を買っても興味ない人の作品は読まないし…。

何かこう、コミュニティのなかで自給自足が成り立たないものか。
やはり他ジャンルとのコラボしかないのかな。
詩って何が「売り」なのか。

630 :名前はいらない:2008/12/27(土) 17:49:47 ID:zBSNDruI
>>623
良い詩を書けることと
詩が売り買いされることは
まったく別の問題だ

>コミュニティのなかで自給自足が成り立たないものか。

考えてばかりいないで、とりあえず何かやってみろ。
話しはそれからだ。


>>625
オマエは他人の作品をきちんと詠めているのか?
詩は「読む」と言うほどに薄っぺらなモンじゃあない。


631 :名前はいらない:2008/12/27(土) 17:57:58 ID:pLO0DRd+
ああ、冬休みか

632 :名前はいらない:2008/12/27(土) 18:04:47 ID:fGyQIpK/
さっき詩と思想の1・2月合併号が届いたんだけどさ、今年から読者投稿欄と
詩と思想研究会の最優秀作品を1・2月号に2編ずつ載せることにしたんだってさ
それだけ聞くとけっこうな話に聞こえるけど、これまでは年頭の合併号の
「ベストコレクション」か4月号の新人特集のどちらかで取りあげられると
投稿欄卒業になったんだけど、今後はベストコレクションには載らなくなる

今までのベストコレクションには多い時で3〜4編の読者投稿欄作品が
載っていたから、投稿者の卒業枠が少なくなったということなんだろうな
まあ思想は月に70編とかの投稿数らしいから、ロクな作品が来なくなったの
かも知れないね。だけど今までは定期購読者に来る依頼で掲載された作品も
ベストコレクションに載っていたけど今年はなかった。これって投稿者や
定期購読者の意欲を削ぐことになるような気がするなあ

今回のことがなくても俺は春に定期購読が切れたあとの更新はしないけどな

633 :名前はいらない:2008/12/27(土) 18:31:24 ID:R37qFiRL
>>630
>はなしし

634 :名前はいらない:2008/12/28(日) 01:16:49 ID:rdjZHmnt
>>630
詠むと読むの差→いまのところ>>630の主観に存する

でも嫌いじゃないよ、そういうデタラメ。

635 :名前はいらない:2008/12/28(日) 09:15:11 ID:CPCx4CEB
>>632
ますます投稿者が減るんじゃね? 思想もジリ貧だな

636 :名前はいらない:2008/12/29(月) 01:15:27 ID:xTnKnYSV
所詮は同人誌
定期購読の内輪で新人賞だの最優秀だの言われてもなぁ
それなら手帖の投稿欄で佳作続きのほうがまだマシ

637 :クマクマ:2008/12/29(月) 21:37:19 ID:j4jn3iHa
     ○_○ 
    ;; ( ・(ェ)・)    びーぐるも一月に一篇の投稿しかダメ、って云うのは、
 _旦_(っ(,,■)__  ちょっと○○の穴が狭いんじゃね? と思うクマ。
 |l ̄l|| ̄じじ ̄|i |i   投稿欄がおもしろくて買う読者は少なくないと思うのに…

638 :あっちゃん:2009/01/01(木) 14:58:39 ID:6+EqGofd

自分の詩を大切に思うのと同じくらいに
あるいは、それ以上に他人の詩を大切に扱うことができるひとが
あんまりいないような気がする。

これは自分自身にもあてはまるんだけれど。


639 :名前はいらない:2009/01/01(木) 15:02:41 ID:idVQzNe4
>>638
ギャグかw

640 :クマクマ:2009/01/02(金) 07:52:42 ID:IVpm9ymO
     ○_○ 
    ;; ( ・(ェ)・)    あっちゃん、それは…w
 _旦_(っ(,,■)__  
 |l ̄l|| ̄じじ ̄|i |i  

641 :名前はいらない:2009/01/03(土) 01:05:11 ID:JU0rTAif
なんでこのスレの書き込みってみんなこんなに卑屈なんだ?

642 :名前はいらない:2009/01/03(土) 06:22:01 ID:0zmg7p43
卑屈なやつしかいないからだろ

643 :名前はいらない:2009/01/03(土) 07:57:58 ID:VwJB2yEL
あけまして性格悪い書き込みおめでとうございます

644 :名前はいらない:2009/01/03(土) 10:36:47 ID:gR2biA0b
誉めことばを批判する文化は二年前くらいに2ちゃんねるで発生しました

645 :あっちゃん:2009/01/04(日) 01:30:44 ID:HkEL8e7I

建設的な批判をされたら、それは僥倖というものでしょうね。
自分の作品に対して、どこかで批判的な意見を言ってくれる友人をもつことが大事だと思う。

自分のなかに、建設的な批判者をもつことができれば、とてもいいのだけれど
自分自身に甘くない作者はまれでしょう。

もっとも魅力的な詩を数多く書いてこられた吉増さんでも
いま、ご自分のなかに自分を批判する批判者などいらっしゃらないのじゃないかしら。

ほめられることよりも、建設的な批判を、ぼくも聞きたいのだけれど
聞かせてくれる友人はいても、詩人にはいないのね。

自分の詩が大事なのは、ぼくもわかるのだけれど
お互いにインスパイアできる詩人や友人が、とてもほしいですね。

だれか、なって、笑。


646 :名前はいらない:2009/01/04(日) 03:59:18 ID:NiZAUdik
2ちゃんねるの卑屈さと詩の卑屈さの二乗がこのスレか

647 :あっちゃん:2009/01/04(日) 11:43:02 ID:HkEL8e7I

なるほど。
そうかもしれない。
言えてますな。

648 :クマクマ:2009/01/06(火) 11:47:19 ID:R9SLu0Mk
     ○_○ 
    ;; ( ・(ェ)・)    あっちゃんくらいの詩人でも、
 _旦_(っ(,,■)__  周囲に恵まれていないなんてことがあるクマ?
 |l ̄l|| ̄じじ ̄|i |i   だとしたら、現代詩ってどんだけ馴れ合いなのか…。

649 :あっちゃん:2009/01/07(水) 07:13:06 ID:5OEAmK2u

東京にいなくてよかったと思うのは
顔つなぎのようにして、ほかの詩人や編集者と会わなくてすむことですね。

あいさつばかりの土日なんて(朗読会が東京では盛んでしょう?)
ぞっとします。

ぼくが人前に出るのは
10月にある京都での「ぽえざる」くらいのもので
あとは数ヶ月に一度くらい、言語実験工房のメンバーに会うくらい。

上のことと矛盾するかもしれませんが、孤独であることが、とても大事なのに
その大事な孤独な時間が、東京ではとれないでしょう。

反面、孤独でない時間も必要なのですが
ぼくの作品を支持してくださる方は、4人ほどの方ですが
みなさん、東京にいらっしゃてて
ううううん。

まあ、でも、やっぱり、京都にいるほうがいいかなあ。
あいさつの時間がもったいない。

きのう、大キライな詩人の野村喜和○から年賀状が送られてきて
げっ、と思ってやぶり捨てました。
本人にも、キライなことを伝えているので、なにを考えているのかわからず、不気味。

城戸○理といい、野村喜和○といい、あの程度の低い才能の人間がなんで
現代詩の紙媒体で、あんなに持ち上げられるのか、ぼくには、さっぱりわからない。

たぶん、あいさつ上手なのだろうけれど、気分が悪くて吐き気がする。

650 :名前はいらない:2009/01/07(水) 08:48:59 ID:7nnXLKsc
あっちゃんいいねえ
>>638みたいな戯言より、そういうことを話してくれよ

651 :名前はいらない:2009/01/07(水) 10:24:26 ID:fzV7vrW8
>>649
そういうことを言うのはよしたほうがいい。
ヤリタさんあたりから天才々々言われて天狗になっているのかもしれないが、
あなたはどっしりと常に十分な力を出せるような健康な才能がない。
きまぐれに一瞬、きらっと光る程度のものは才能ではないんだよ。
精神を病んだ人のまぐれあたり程度なんだ、あなたは。

652 :名前はいらない:2009/01/07(水) 10:47:48 ID:vbbG5Ko8
というか、もし野村さんや城戸さんがゲイでレズビアンのよき理解者であったなら
あなたはきっとそうは言わなかったはずなんだ。
要するに、全然、詩の才能うんぬんの話ではないんだよ。

653 :名前はいらない:2009/01/07(水) 17:02:11 ID:AWl/8TgD
紙媒体で誰が持ち上げられても叩かれるんだろ。
それぐらい全体に勢いがない。いろんな面で貧しすぎる。
詩をやるのがカッコイイと思わせなきゃだめだよ。スターを輩出していくこと。
野村さんももっとパンチがあればなあ

654 :名前はいらない:2009/01/07(水) 17:34:03 ID:FXzzkMpg
城戸さんも野村さんもいい人だよ
詩の才能はないし、文学者としての矜持もないけど
城戸さんと野村さんを持ち上げる人たちもいい人だよ
屑以下だけどw

655 :名前はいらない:2009/01/07(水) 18:37:47 ID:7IrIlpki
まあネットで「あっちゃん」な時点でイタタタだけど自分がどれだけ人間の屑かを
わざわざ宣伝して楽しいのかねぇ?

656 :名前はいらない:2009/01/07(水) 20:01:22 ID:FXzzkMpg
城戸さんも野村さんも屑だよ
いい人だけどw

657 :名前はいらない:2009/01/07(水) 20:42:33 ID:Lj3u6Kfp
FXzzkMpgは「城戸さんも野村さんも屑じゃないぞ!」って怒る人を待ってるのかな?
まあそんな釣り針に引っかかる奴いないと思うけど、おつかれさんw

ちなみに折れは城戸さんも野村さんも屑かどうか知らないんでね
どうでもいいよ

658 :名前はいらない:2009/01/08(木) 00:49:31 ID:hCveGONe
いい流れだ

659 :名前はいらない:2009/01/08(木) 09:10:17 ID:BQEyVu9g
城戸や野村が屑かは知らないが、このスレを見る限りでは「あっちゃん」は屑確定
メンヘラの紛れ当たりは才能とは言わないしねw

660 :名前はいらない:2009/01/08(木) 12:10:38 ID:+LhMNrLi
田中さんの詩はそういうふうに評価されているのですか?
逆にぼくはディオニソス的なものがもっと欲しいと彼の詩に思いました
さすがである城戸さんと私は豚小屋が野村さんには興味ありません

661 :名前はいらない:2009/01/08(木) 14:16:33 ID:cNfr9Q4J
>>660
日本語を覚えてから出直してこい

662 :名前はいらない:2009/01/08(木) 14:29:57 ID:2zAXUoRO
精神障害者の言語表現ってでたらめな飛躍があるから健常者には目新しく面白い
ものがあって、ときに注目を浴びることもあるけれども、精神障害者は概して
感情表現が乏しいから、そういう人にはディオニソス的な表現は期待できない。

663 :名前はいらない:2009/01/08(木) 15:15:17 ID:mgm/5QM/
なまじメンヘラがまぐれ当たりで注目されたりすると、本人にとっては悲惨だよ
勘違いして舞い上がった後に飽きられて奈落の底。病状はますます悪化

664 :名前はいらない:2009/01/08(木) 17:41:59 ID:+LhMNrLi
突拍子もない田中さんの詩や書き込み(本人については知らないので)が精神病的だと言ってるとしたら、あなたたちは甘ちゃんです
あなたちが普段から予定調和的なことしか言わない証拠なんでしょうね
書き込みからちょっと欝っぽいとは思いましたが、精神障害者だとは思いません
ぼくなんか田中さんの詩は破天荒なわりに狂気が足りないと思いましたね

665 :名前はいらない:2009/01/08(木) 18:42:16 ID:4F92wHyZ
田中さんとは、何処の何方さんのこっちゃ?

666 :名前はいらない:2009/01/08(木) 18:55:01 ID:hCveGONe
あっちゃん以降の書き込みが熱過ぎてワロタ

667 :クマクマ:2009/01/08(木) 21:05:00 ID:hOpmDiAy
|:::::::::::::::::::::::::::::::
|" ̄ ゙゙̄`∩::::::::::::::::  まぐれ当たりでもいいから注目されたい通院歴十年クマクマですよ。
|,ノ  ヽ, ヽ::::::::::::::     
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、:::::::   あっちゃん、捨て鉢になってる、ってことはないんだろうけど、
| (_●_)  ミノ  ヽ ヾつ:::   年賀状破いた、なんてことは他人に喋ってはいけないと思うクマ。
| ヽノ  ノ●   ● i:::::::::    ネット上とか関係ない、人としてマナー違反だクマ。
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ:::::::    云えるほど俺クマも立派な人間じゃないけど…。
| ヽ   /  ヽノ  ,ノ::::::   

668 :あっちゃん:2009/01/08(木) 21:18:09 ID:oZySkSSG

わかりました。
あ、捨て鉢になってるってのは、あたっているような気がしました。

軽薄だと友人に言われますが、ほんとうに軽率でした。
あとさきを考えない言動で、数少ない友人にもほとんど見放されています。


669 :名前はいらない:2009/01/08(木) 21:33:12 ID:VnbjIjI8
現実だろ
そんな場所でむちゃくちゃやればボコられるに決まってる

670 :名前はいらない:2009/01/08(木) 21:53:28 ID:dVPjF/8L
>>668
まあ自分を抑制できないならネットにも出てこない方がいいよ。バカ丸出しで滑稽なだけだから

671 :アンチじゃなくて虐殺だろ?:2009/01/08(木) 22:01:20 ID:VnbjIjI8
現実とネットの区別もつけられないお前に言われたくない

672 :名前はいらない:2009/01/08(木) 22:01:28 ID:hCveGONe
捨て鉢になるほうが正しかったりするけどね
まあクマクマの言うマナー違反というのには同意だけど

673 :名前はいらない:2009/01/08(木) 22:36:34 ID:4F92wHyZ
まるで、ババアの井戸端会議を聴いているようだ

674 :名前はいらない:2009/01/08(木) 23:24:01 ID:eimCdulE
>>673
偏見に満ちた発言。どこのジジイだ?

675 :あっちゃん:2009/01/09(金) 00:49:20 ID:CVGNONUi

670さんへ

そうなんです。
自分を抑制できないんです。

みなさんは、十分抑制なさってるのかどうかわかんないですけれど。

あ、詩って、健全者の健全者による健全者のためのものだなんて思っていなかったので
メンヘル(この言葉、知らなかったのでググリました)のぼくとしては、詩って肩身の狭い世界なのかもしれません。
っていうか、みなさんの意見を読ませていただくと、肩身狭い感じです。

676 :名前はいらない:2009/01/09(金) 04:46:12 ID:OeNADPJk
健全者のふりをしてるメンヘラもいるしねえ

677 :名前はいらない:2009/01/09(金) 05:19:30 ID:UlvcbL1T
健全者を病人扱いして
しかも罪塗れで信念に反しまくってて
言い逃れ言い訳こじつけ氏んじまえ

678 :名前はいらない:2009/01/09(金) 06:12:36 ID:yvIXpIjH
>>677
病人乙。チラシの裏にでも書いてろ

679 :名前はいらない:2009/01/09(金) 07:56:33 ID:UlvcbL1T
↑お前うざすぎだぞ
自覚はあるのか?

680 :名前はいらない:2009/01/09(金) 08:56:54 ID:VUKItfPY
わざわざ自分の非常識さをネットで言いふらしてるメンヘラが一番ウザい

681 :名前はいらない:2009/01/09(金) 09:02:00 ID:3RU2sgJf
藻前ら、モティツケ
     /\⌒ヽペタン
   /  /⌒)ノ ペタン
  ∧_∧ \ (( ∧_∧
 (; ´Д`))' ))(・∀・ ;)
 /  ⌒ノ ( ⌒ヽ⊂⌒ヽ
.(O   ノ ) ̄ ̄ ̄()__   )
 )_)_) (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)(_(

ここで罵りあわれても、自分の病歴書かれても荒れるだけなので
よそで

682 :名前はいらない:2009/01/09(金) 12:26:12 ID:cbmFGJJY
みんな正論だなあ。多分、ここにいるのは、乏しい才能を駆使してエキセントリックであろうと哀しい努力をしている、詩を書いている人がほとんどだと思うんだけど、こういう場だと、匿名の多数としての善き市民を形成してしまうんだなあ。何か、滑稽だなあ。

683 :名前はいらない:2009/01/09(金) 13:26:15 ID:Tgc+sOdp
むしろ平凡で予定調和であくびが出るほど退屈で美しい詩が読みたい
狂人ごっこにはうんざり

684 :名前はいらない:2009/01/09(金) 14:29:09 ID:7IE0rYrE
一度、白痴のような頭になるまで徹底的に考えてみればいいと思うよ
詩にも退屈で美しい白痴美がやどるよ
メンヘルとか薬とか、それどころじゃなくなるだろうけどね
でも、もはやそれは病気とも言えないものになってるでしょうね

685 :名前はいらない:2009/01/09(金) 17:19:39 ID:whAx4I0v
なんで白痴美なんて出てくんだよ馬鹿
普通でいいんだよ
普通の、健康な人による健康な人のための健康な普通の詩でいいんだよ
病人はあっちいけ

686 :名前はいらない:2009/01/09(金) 18:30:19 ID:7IE0rYrE
あなたは健康な詩と不健康な詩をどう区別するのですか
浅薄な詩観をここで披露してどうするんですか
まるで病気の人が、人生を肯定する健康な詩を書けないかのような言い草ですね
馬鹿はあなたじゃないですか
たかだか四行のレスも読み取れないでどうするんですか
ぼくは別に病気=天才とかのロマン主義的な観点は信じてないですが、
普通の、健康な人による健康な人のための健康な普通の詩というのもちょっと読みたいと思いませんねえ
それこそ病気っぽいじゃないですか
684の最後に書いているでしょ?病気とも言えないものになっているって
684は単純に健康と病気を対比して語ってしまうような人たちへの皮肉でもあるんですがね

687 :名前はいらない:2009/01/09(金) 20:22:51 ID:BeTDkbk7
>>685
それはたとえばどんな詩ですか?
谷川俊太郎やアーサー・ビナードのような詩?

688 :名前はいらない:2009/01/09(金) 20:55:12 ID:nSpAi09M
星野 富弘とか
まどみちおとか

普通でいいんだよ みつを

689 :名前はいらない:2009/01/09(金) 21:06:04 ID:7p5Qz9kG
匿名の場所で主義を争うなんてアホよ。

あっちゃんとクマクマだけはガチ。
ガチだからこそ誰かに批判されてもしゃあない。

正論、健全がどんなもんかは知らんけど、
それをひっくり返しただけの芸術家論にも魅力はないっしょ。

690 :名前はいらない:2009/01/09(金) 21:09:58 ID:7p5Qz9kG
読み返したら俺も含めてだけど、みんな説教くさくなってるなあ。
詩の何を知ってるっていうんだろうね?w(←これもかw)

こういう掲示板での一言スタイルは情報共有に一番適しているんじゃないの、やっぱ(←これも)

691 :名前はいらない:2009/01/09(金) 21:32:55 ID:ng23glZA
>>686
とりあえずお前が病気なのは良く分かった。お前の話が他人に通じないのは
他人がバカなんじゃなくてお前がバカだからだよ

692 :名前はいらない:2009/01/09(金) 22:01:55 ID:7IE0rYrE
おいおい、こっちは我慢してマナー守ってるんだぜ
あんまりバカバカ言うなや
人を病気扱いすんなら論拠くらい出せよ、最低じゃねえか
また腐った魚が釣れたもんだ

693 :名前はいらない:2009/01/09(金) 22:05:48 ID:wPhU3yrv
ププッ

釣るだって

死語中の死語

我慢してマナー守ってるだって

自己防衛に必死

>>684では上から目線だったのに・・・

化けの皮が剥げればこんなもの

694 :名前はいらない:2009/01/09(金) 22:27:14 ID:7IE0rYrE
それだけ?
ろくなレスもつけないで、バカ扱いして病気扱いして、化けの皮が剥げたとかなんとか
人を傷つけたいだけでしょ
684程度が上から目線に感じるなんて
あなたはよっぽど自分の才能に自信がないんでしょうか?
がんばって勉強して下さいね

695 :名前はいらない:2009/01/09(金) 22:33:05 ID:wPhU3yrv
>>694
あらら・・・あたしは病人扱いした人とは違うよ

そんなひどいこと言わないもの

被害妄想がクセになってるんじゃないの?

自分の文章、読み返してみたらどうでしょう

>>693のレス、的外れじゃないんじゃないかしら

696 :名前はいらない:2009/01/09(金) 22:47:58 ID:7IE0rYrE
それは違う人でも、似たようなレベルだし似たような悪意があるからだよ
2chのレスでわざわざ別のものとして扱わないよ
でも安易に人を病気扱いするのは本当に最低だって

697 :名前はいらない:2009/01/09(金) 22:51:20 ID:UlvcbL1T
レスから推測するのは難しいだろうな…

ピカソなんて異常者になってまう

698 :名前はいらない:2009/01/09(金) 22:53:45 ID:wPhU3yrv
だって経験したから言ってるんでしょうけど

白痴のようになるまで考えた先にある詩観が

初歩的な脱構築だなんて、しかもそれを白痴美とかいっちゃうんだから

チョーみっともないって感じで呆れちゃうわよ

ま、あなたは、なんでもかんでもメンヘル、病気、といえば

ことが済ませられると思っている連中が闊歩しているのが気に食わないのね

あっそ、ハイハイってところ

699 :名前はいらない:2009/01/09(金) 22:59:42 ID:wPhU3yrv
それに安易に人を病気扱いするのは

本気で人を病気扱いすることのストッパーにもなっているわ

差別が減りいじめが増える・・・諸刃だわね

700 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:02:05 ID:7IE0rYrE
白痴美と言ったのは、
683の平凡で予定調和であくびが出るほど退屈で美しい詩って、じゃあどんな詩だよってことですよ
白痴美がぼくの詩観になるかと言ったら違いますけどね

701 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:07:28 ID:7IE0rYrE
本気で人を病気扱いする時は、病名を告げられた時にしてくれ
そんなんで差別が減るわけないでしょうが
化けの皮が剥がれたのはあなたじゃないの?

702 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:08:40 ID:wPhU3yrv
>>685のあれっぽっちのレスを詩観と呼んでいるから

あなたの>>684>>686のレスをあなたの詩観に通じるものと判断したまでだけど

違いますけどね、とか意味不明

だいたい、詩観なんて饐えた匂いのしそうなことば、あたしは普段使わないし

703 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:11:37 ID:UlvcbL1T
根拠のない造語はやめるべし

704 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:12:11 ID:wPhU3yrv
差別って絶対的なものだから

いじめは相対的なものでしょう

本気で、なんて言えなくなってきてるってだけの話

705 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:18:55 ID:UlvcbL1T
差別って別にネガティブな意味だけじゃないだろ

いじめは捕らえかたの問題

つまり704は詩板が大好きだといいたいんだろな

706 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:24:11 ID:wPhU3yrv
差別といじめって並列してるじゃんさ

病気ということばの社会的な面を扱ってるんだと思ってるから

差別がネガティヴな意味だけじゃないなんて辞書引ける人はみんな知ってるわよ

そんな原理的な話してないんじゃないの?あたしはそのつもり

捕らえかたの問題って・・・それが相対的ってことだけど何か問題でも?

詩板は好きよ

707 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:29:07 ID:UlvcbL1T
たしかに冷血な奴がいう病気と情熱的な奴がいう病気では感じ方が違うな

なんか差別用語として病気って使ってるような気がする
風邪も病気だけど

708 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:30:05 ID:7IE0rYrE
もういいってw気持ち悪いから
詩板が大好きなのはわかったからw
でも一応は文学に携わっているんだったら、バカ扱いはともかく、根拠なしに人を病気扱いするのは駄目でしょ?

709 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:37:36 ID:wPhU3yrv
あたしは病気っていうこともいわれることも少ないからピンとこないけど

病気って差別的かなあ?チョンとか病気とか、2ちゃんでいわれまくってるけど

いわれればいうほど空虚化することばだと思ってる、中身がないってか

だいたいダイレクトさがないじゃん

いうほういわれるほうが一緒になって

ことばの幻想領域を作っている、みたいなことじゃないの

710 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:40:46 ID:wPhU3yrv
気持ち悪いとかバカはよくて病気はダメの理由が分からない

じゃあお前の母ちゃんでべそは根拠がないからダメなの?

いってることおかしいと思うけど、あたしだけなのか???

711 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:42:25 ID:UlvcbL1T
意味の飛躍は多いけど
言葉の正解さには乏しいっすね

712 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:46:54 ID:wPhU3yrv
>>711
あたし?

あたしになら意味が分からないからどういうことか教えてもらっていい?

言葉の飛躍が多いから意味が不正確、とかっていうならわかるけど

多いけど、の逆接の使い方が汲み取れないの

それともあたしにじゃないのかな、だったらごめんね

713 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:49:31 ID:UlvcbL1T
テテメID使い分けて連投してんじゃねーよ

714 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:53:41 ID:wPhU3yrv
誰が使い分けられるかっての、そんなんできるなら、一時間もこんなとこいない

一人でやってたらつまらないし

てか戻ってこーいw

715 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:55:03 ID:wPhU3yrv
1時間かと思ったら2時間じゃん

唖然呆然・・・落ちるね、おやすみ

716 :名前はいらない:2009/01/09(金) 23:57:49 ID:UlvcbL1T
ちょっと人生うまく行ってるからってインテリぶってんじゃねーよ
テメ如きダメ男尻に敷くのが関の山よ

717 :名前はいらない:2009/01/10(土) 00:00:59 ID:7IE0rYrE
この人はわざとオネエ言葉つかってるんですよ
つくづく最低だなと

718 :名前はいらない:2009/01/10(土) 00:03:39 ID:UI5t6w17
なんだネカマ野郎の独り言スレか…

719 :名前はいらない:2009/01/10(土) 00:09:47 ID:yGYhmJ9r
取り残されて愚痴り合う喪男の負け犬スレwwオマエラガンガレ

720 :名前はいらない:2009/01/10(土) 02:43:45 ID:uRmM6fpb
>>646で結論が出てるだからもう書き込むなよ

721 :名前はいらない:2009/01/10(土) 04:37:51 ID:yH826wwp
>>720
どうせ>>646書いたのお前なんだろ。優等生ぶったやつには騙りが多いからなあ。

722 :名前はいらない:2009/01/10(土) 06:58:08 ID:0A/hcjlv
結局メンヘラがまぐれで注目されても長続きしないってことでFA?

723 :みたらしひかる ◆NPntL0c/ps :2009/01/10(土) 08:52:59 ID:k7STCI8c
藻前ら、モティツケ
     /\⌒ヽペタン
   /  /⌒)ノ ペタン
  ∧_∧ \ (( ∧_∧
 (# ゜Д゜))' ))(・A・ #)
 /  ⌒ノ ( ⌒ヽ⊂⌒ヽ
.(O   ノ ) ̄ ̄ ̄()__   )
 )_)_) (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)(_(


それよりも雑誌の話をしようよ
今出てるので面白い記事とかあった?

724 :名前はいらない:2009/01/10(土) 21:10:30 ID:+EcyMtpd
中也賞の候補っていつ発表されるの?

725 :みたらしひかる ◆NPntL0c/ps :2009/01/10(土) 21:14:12 ID:k7STCI8c
>>724
http://www.chuyakan.jp/09syou/09flame.html

二月に選考会をやった後に発表とのこと

726 :724:2009/01/10(土) 21:32:42 ID:+EcyMtpd
>>725

ありがとう。

候補だけ先に発表したりはしないんだ。。。
つまんないな。

727 :名前はいらない:2009/01/10(土) 21:57:03 ID:Nx9RtQ/r
受賞作発表後1〜2週間ほどしてから候補作も発表じゃなかったっけ。
だから極端に落選した候補作は目立たないんだよな。

728 :名前はいらない:2009/01/10(土) 22:15:06 ID:GdBLTwKY
極端に落選した候補作?

729 :名前はいらない:2009/01/10(土) 22:27:40 ID:keEPW7eb
読解力ねへぇぇえぇ〜

730 :名前はいらない:2009/01/11(日) 06:10:19 ID:OEfseO7C
読解力以前に文章力の問題だろJK

731 :名前はいらない:2009/01/11(日) 06:15:19 ID:L95L2ZJj
こういう場合は腕のいい職人より
うまく教える教師のほうが重宝される

732 :名前はいらない:2009/01/11(日) 09:54:54 ID:DBYn3z2B
本当に頭の良い人間は凡人にもわかりやすい言葉で語るもんだ

733 :名前はいらない:2009/01/11(日) 10:21:53 ID:L95L2ZJj
じゃ馬鹿ばっかだな
ここ

734 :名前はいらない:2009/01/11(日) 19:09:33 ID:i5GwEtT/
そういうこと

735 :名前はいらない:2009/01/13(火) 14:08:11 ID:tIRst6hs
詩のボクシングはじめてみたよ。
なんか雑誌に投稿するより、こっちのほうが
プロへの近道のような気がするが、みなさんの意見きかせて。

736 :名前はいらない:2009/01/13(火) 20:28:04 ID:sxiBGKlU
>>735
アンタの言うプロの詩人ってどんなの?

737 :735:2009/01/15(木) 13:37:24 ID:UzuqUD24
うーん。たとえば、うにまるちゃんなんか、
自費出版せず、詩集をだしたから、プロだと思う。
商業出版する人がプロって考えはまちがってるのかなあ。


738 :名前はいらない:2009/01/15(木) 14:24:09 ID:G0mg8Nm3
うん、うにまるさんは立派だと思った。たしか童話も出版にこぎつけたんだよね
個人的にはどこかひとつでも詩誌の投稿を卒業したらアマではないと思ってるけど

739 :735:2009/01/15(木) 15:20:57 ID:OjpixIEn
そうだね。詩誌から原稿の依頼をうけたら
プロかもなあ。でも詩誌にもいろいろあるから、そのへんの線引きは
むずかしいね。

740 :名前はいらない:2009/01/15(木) 18:49:00 ID:jAn8aQC4
まあ金とかを基準にすると谷川さん以外プロがいないって話になるからね
宮沢賢治なんて金の匂いがしない最たる存在なわけで・・・

741 :名前はいらない:2009/01/15(木) 22:31:44 ID:8Pp4yL3/
宮沢賢治の作品は自費出版じゃなくても世に出て残っている。つまりはそういうこった

742 :名前はいらない:2009/01/16(金) 02:32:27 ID:fnE5Lrdh
じゃ皮膚の老化はそのせいだろ

743 :名前はいらない:2009/01/18(日) 23:38:23 ID:M8YNHUpW
雑誌の掲載難易度ってどこが低くてどこが高いか教えて

744 :名前はいらない:2009/01/19(月) 00:48:33 ID:AQdShfcj
>>743
自分で読んで較べろよ

745 :名前はいらない:2009/01/19(月) 06:21:50 ID:gslB8WpG
思想がオススメ。投稿者の卒業がアホみたいな制度変更で難しくなった分、
それでなくても少ない投稿者がますます減ると予想されるから

まあ、あそこは定期購読してれば余程のヘタクソ以外は年に1度くらい
執筆の依頼が来るけどな

746 :名前はいらない:2009/01/19(月) 14:02:58 ID:TKRE50AD
昔の月刊カドカワみたいに「10回載れば
デビュー」てなふうにわかりやすい制度がほしいね。

747 :名前はいらない:2009/01/19(月) 19:08:06 ID:eTzwZHzZ
デビュー・・・ね
だから大手が詩の振興に乗り出してくれればいいんだよな
今権力を持ってる顔ぶれは無視して若い奴を中心に拾ってくれれば・・・

748 :クマクマ:2009/01/19(月) 20:43:02 ID:0lOiFS4f
|:::::::::::::::::::::::::::::::
|" ̄ ゙゙̄`∩::::::::::::::::  
|,ノ  ヽ, ヽ::::::::::::::    そーゆー、   
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、:::::::    老害十傑衆VS若手九大天王
| (_●_)  ミノ  ヽ ヾつ:::   みたいな構図に無理があると思うクマ…。
| ヽノ  ノ●   ● i:::::::::    
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ:::::::   やってみたらおもしろいかもしれないけどw
| ヽ   /  ヽノ  ,ノ::::::   

749 :名前はいらない:2009/01/21(水) 10:48:26 ID:VSRCAJ5z
すんまへん。
投稿のこまかな慣習がわからないので教えてほしいです。
だいたい、ひとつの封筒に何編の作品をいれるのですか?
名前や住所は一編ずつに書いて、3〜5編くらい同封する感じ?
それとも、作品群として、数編をまとめて最後に住所?
もちろん一編からの投稿も可?
よろしくおねがいします。


750 :名前はいらない:2009/01/21(水) 13:22:45 ID:YaFODU1m
>>749
投稿したい詩誌を買えばちゃんと書いてある。立ち読みで済ませるな貧乏人

751 :名前はいらない:2009/01/21(水) 15:11:37 ID:Wv/u3M6W
>>749みたいに投稿した詩が載った時しか買わない。応募要項を知るためにすら
買わないという屑ばかりだから、詩誌がますます売れなくなるんだよな

752 :名前はいらない:2009/01/21(水) 15:54:43 ID:mklg+oww
思想の場合は一篇の詩を二つ入れるんだよね、二人の選者に読ませるために。
手帖にはそういう規定が書いてないけどやっぱり二つ入れた方がいいのかな。
>>749
念のため名前住所は一篇ずつ書いたら?封筒は一つでいいんじゃないの。多ければ複数に分けると。

753 :名前はいらない:2009/01/21(水) 15:58:54 ID:mklg+oww
みんな教えてやりなよ。おれも細かいところは良く分からないしさ。
別に一篇からの投稿も可だと思うよ

754 :名前はいらない:2009/01/21(水) 16:44:34 ID:VSRCAJ5z
そこまで細かい規定書いてないやん。
しかも、規定そのものよりも一度に送る編数の話だったのだが。
だから規定じゃなくて慣習って言ったでしょ。
この異様な反発はなんなの?

>>752
さんくす。
一編ずつ名前住所書いて、同封する編数は任意、ってことでおk?
そんな感じでいきます!

755 :名前はいらない:2009/01/21(水) 20:34:51 ID:BAeGMUA3
>>752
>手帖にはそういう規定が書いてないけどやっぱり二つ入れた方がいいのかな。

2編送れと特に応募要項に書いてなければ、1編でいいです。


756 :名前はいらない:2009/01/21(水) 20:59:59 ID:D4BbBp7B
>>754
慣習? 阿呆かお前? それぞれの詩誌の規定通りにすりゃいいんだよ
書いてなければ常識的にやればいい。お前が選者だったら、同じ封筒の中に
4つも5つも作品が入っていたらどうよ? 普通はせいぜい3編くらいだろ

757 :名前はいらない:2009/01/21(水) 21:05:12 ID:VSRCAJ5z
>>756
おまい、好きだよ。
3つまでくらいね、さんくす!

758 :名前はいらない:2009/01/21(水) 21:28:48 ID:tts1S9DE
規定なんて最低限のライン守りゃいいんだ、名前は書くとか。封筒に「投稿」って朱筆とか。
作品がよければ、載りますから。編集者も割とイージーだしね。

759 :名前はいらない:2009/01/21(水) 23:23:43 ID:G9v4P83W
別に大量に送ってもいいだろ
作品が屑なら馬鹿にされるし
良ければ全部読んでくれる
まあ良くても「自分で選ぶことも出来ないのか」と言ってくる人もいるけどな
でも作品自体が悪かったらどんなに送っても編集者の段階で落とされるんじゃないか
下読みがあるのかは知らないけど

760 :名前はいらない:2009/01/22(木) 02:22:56 ID:kqlbZJp4
投稿は1編までって書いてあった場合、
無視して大量に送ると「なにこの人?規定読んでないの?」って
思われるかもね。
普通に不愉快かも。
ものすごく面白い作品ばかりで、わざとそれやり続ければ目に止まるかもね。
まあでも基本、投稿規定を読んでください。
文字数制限ある場合もあるんだし。

761 :名前はいらない:2009/01/27(火) 22:23:13 ID:9y5Z8Ulq
今、詩誌に投稿するなら「詩とファンタジー」だな。「詩とメルヘン」の頃と同じように
見開きページでカラーイラスト付き。しかも原稿料までもらえる

762 :名前はいらない:2009/01/27(火) 23:29:02 ID:ZG4Buwmy
はした金のために書きたくねーよ
「詩とファンタジー」にのってもうれしくない

763 :名前はいらない:2009/01/28(水) 03:33:33 ID:vBPcEbs5
以前投稿規程を読んだら著作権が向こうに帰属するって書いてあったんで
ちょっと投稿に踏み切れないんだよな・・・

764 :名前はいらない:2009/01/28(水) 06:18:38 ID:NdV0tyN3
現代詩の関係者からは黙殺されてきたけど、「詩とメルヘン」の頃から実はけっこうレベル高かったりする
普通に現代詩の詩人が投稿したりするし

>>763
著作権ではなく版権な

765 :名前はいらない:2009/01/28(水) 08:25:13 ID:vBPcEbs5
え、本当・・・?
出版権ならともかく著作権じゃなあ、と思った記憶があるけど、見間違いかな

766 :クマクマ:2009/01/30(金) 16:25:00 ID:S5cxPoJ7
|:::::::::::::::::::::::::::::::
|" ̄ ゙゙̄`∩::::::::::::::::    手帖を買ってきました。
|,ノ  ヽ, ヽ::::::::::::::       
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、:::::::    小林かんかさんが新人賞をとるに2000点。
| (_●_)  ミノ  ヽ ヾつ:::  
| ヽノ  ノ●   ● i:::::::::     おわり。 
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ:::::::   
| ヽ   /  ヽノ  ,ノ::::::   

767 :名前はいらない:2009/01/30(金) 17:49:41 ID:08G6UOQ3
さすが現代詩投稿ウォッチャーのクマクマさんだ

768 :名前はいらない:2009/01/31(土) 14:09:14 ID:p/bCfGIG
詩手帖は若年化しすぎだろjk

769 :名前はいらない:2009/01/31(土) 16:42:56 ID:0EswKpR9
名前忘れたけど、今月の詩手帖投稿欄で後ろから二つ目の詩を書いた人、いい感じだった。
いつか漢字六文字くらいの変なペンネームで書いていた人かなって思ったけど、違うかな。

かんかさんには耽美的な言葉のファッション感覚を取っ払ってほしいけど、これは趣味の違いですかね。

770 :クマクマ:2009/02/01(日) 08:34:29 ID:BcSPOsEL
        ∩___∩
        | ノ \   /ヽ  いや、「なぜ危機の時代に詩を求めるのか」も、
       /  ●   ● |   国家体制の崩壊と再生、それに伴うあまたの犠牲、と、
       |    ( _●_)  ミ    今の若い子が体感している『危機』は本質的に違うと思うし、
      彡、   |∪|  ノ      なら、「なぜ危機の時代に詩を求めたのか」にするべきだと思ったし。
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi  十代〜二十代の子に読もうと思わせる特集内容だったかと問われると、
   (   丶- 、       しE |    少なくとも今月の手帖はそうではないと思った。
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ >   若年層は投稿欄に一喜一憂してろ、
               レY^V^ヽ     と云うならそれでいいけどさ。

 藤井さんの死刑制度への言及も、時効がある日本の刑法を鑑みれば、
 刑法そのものが社会の何を維持する為に有効とされているのか、または、
 つぐなえない、あがなえない人間の罪はないことを受け入れるか、受け入れないか、
 と云う文化的な原理の是非を日本人の心情に照らし合わせて掘り下げなければいけないと思ったし、

 長文で済まんが、>>766くらいしか書くことはないだろうと思う。

771 :名前はいらない:2009/02/01(日) 10:32:31 ID:BZYEywO8
一段落目と三段落目が矛盾してない?

772 :あっちゃんブリゲ:2009/02/07(土) 23:04:00 ID:pYVGIObm

やなせさん編集の雑誌
このあいだ、ジュンク堂で見たけど
詩とメルヘンそのまんまやった

なんで前は、つぶれたんやろね
きれいな雑誌やったのに
いまのはコンテンツ多すぎかなって印象


773 :名前はいらない:2009/02/08(日) 20:52:03 ID:eCBwU5yW
詩とメルヘンが終わったのはサンリオの事情であって雑誌の方の問題ではないよ
詩とファンタジーは詩とメルヘンそのものだから、復活してくれてうれしい
思想やミッドナイトプレスよりメルヘンに載ったときの方が・・・やはり見開きで
カラーイラスト付きで原稿料ももらえるからね。ファンタジーにも投稿してみるかな

774 :名前はいらない:2009/02/09(月) 01:47:58 ID:dMaGkWKC
すいません。クマクマさんの詩って手帖に載ったことあるんですか?

775 :名前はいらない:2009/02/09(月) 03:54:54 ID:JbxhHagO
でも、やなせさん、超高齢じゃん。
いつまでつづくかなあ・・・。
大手があんな雑誌、作ってくれたら定期購読するよ。

776 :名前はいらない:2009/02/09(月) 09:28:28 ID:N+EHsru/
>>775
メルヘンの頃からご立派な現代詩の方々には完全に無視されながらも、ほとんど一人で
頑張ってきたからなあ。投稿数では手帖もかなわないだろう

長生きしてもう少し頑張ってほしいな

777 :あっちゃんブリゲ:2009/02/09(月) 13:58:46 ID:6WzdD/ZC

詩とメルヘン
ぼくも3回くらいのっけてもらいました
うち、一回は佳作でしたけど
原稿料は、1989年、1990年で
8000円でした。


778 :名前はいらない:2009/02/09(月) 15:26:15 ID:N+EHsru/
おいらはカラーイラスト付きが3回、佳作が2回だったかな? 原稿料は8000円だった

ちなみにファンタジーは5000円のはず

779 :名前はいらない:2009/02/09(月) 15:47:48 ID:0fkDe6EX
はした金ほしさに投稿するんだな 

780 :名前はいらない:2009/02/09(月) 18:58:42 ID:Yt7jutKD
>>779
そのはした金すら払えないのが他の詩誌。メルヘンもファンタジーも原稿料を
払うことが可能だっただけでもすごい。同誌で育った人を含めたプロの
イラストレーターによる挿し絵がついて見開きページで作品を載せてくれる
という魅力は大きい。佳作扱いの詩の掲載数も多いし、三行詩をはじめとして
読者の作品をできるだけ載せるように努力していた

少なくともメルヘン時代は月に一万以上の投稿があったという。投稿するには
応募券が必要なので、必然的に購入することになる。このシステムがきちんと
機能しているだけでもたいしたものだよ。他の詩誌が鼻で笑う叙情とか詩情
といったものを大切にするやなせたかし氏を俺は尊敬してるよ

781 :あっちゃんブリゲ:2009/02/09(月) 19:04:09 ID:6WzdD/ZC

お金が欲しければ
詩集は出さないやろうね
1冊出すのに
薄いものでも、100万円近くはかかるんやから
ことしもまた出す予定やけれど
投稿は、自分に詩集を出す気を起こさせるためのものじゃないかな


782 :名前はいらない:2009/02/09(月) 20:55:11 ID:s9YiB58U
詩とファンタジーは、清水哲夫と、詩学新人だった島田奈都子が
下働き...じゃなかった、編集やってんじゃなかったっけ。
現代詩壇がまったく無視してるわけじゃないとは思われ。
ただ清水も島田も、ばりばりの現代詩というよりは、
詩情を重視する作風だよね。


783 :名前はいらない:2009/02/09(月) 21:05:39 ID:N+EHsru/
>>782
メルヘンの頃から武西さんとか思想の常連さんの名前をよく見かけたよ。作風を変えるわけでもなく
そのままの作品が載ってた。競争率が半端じゃないから質は高いよ

島田さんは詩だけでなく童話を書いていて驚いたな

784 :名前はいらない:2009/02/09(月) 22:22:18 ID:dMaGkWKC
ユリイカが一番だわ

785 :名前はいらない:2009/02/09(月) 22:32:46 ID:FL/kIHM3
うん、ユリイカは一番ダメだと思う

786 :名前はいらない:2009/02/09(月) 22:37:51 ID:0UFzePy4
ユリイカ読んでたらすげえダセーって言われたw

787 :名前はいらない:2009/02/09(月) 22:41:16 ID:0UFzePy4
廃刊になったらなんとでも理由つけられそうなのにな

788 :名前はいらない:2009/02/10(火) 00:57:11 ID:jj0QSxsw
いや、誰がなんと言おうとユリイカだ!><
しかしオレが誰だか知って口利いてのカヨ!
ボケが!

789 :名前はいらない:2009/02/10(火) 01:23:17 ID:98a+oJxM
ユリイカは詩の投稿欄だけむしろ浮いてる雑誌なんだよな。

790 :名前はいらない:2009/02/10(火) 01:39:58 ID:r8i9f5CI
ユリイカに投稿するくらいなら現代詩フォーラムにでも書いたほうがマシだと思う

791 :名前はいらない:2009/02/10(火) 03:50:34 ID:dxD4T1bR
>>788
ユリイカの編集者?

792 :あっちゃんブリゲ:2009/02/10(火) 13:54:18 ID:QoXibe9+

788さん
あなた、匿名のひとなんだからねえ
あなたのことは、だれにもわかんないんじゃないかな
あなた以外に

ぼくが投稿時代
吉増さんと大岡さんが選者だったけれど
けっこう面白い詩人が採られてた
いまでも思い出すけど
廣瀬裕作くんだったかなあ
すごいよかった
彼は今どうしてるんやろうか
一度、東京まで会いに行ったけど
ちゃんとした
かわいらしい青年だった
二十歳くらいだったかな

793 :名前はいらない:2009/02/10(火) 14:01:46 ID:jCdhyyHI
>>791
あんなおかしな日本語の奴が編集やってるわけないだろ。いくらユリイカでも

794 :名前はいらない:2009/02/14(土) 19:57:27 ID:lez8sKfe
中原中也賞に川上さんが受賞とは!
どんだけ才能あるんだ。
「新人賞」なんだから、他の人が受賞した方が良かったのではないか?

795 :名前はいらない:2009/02/14(土) 21:13:52 ID:cPQTkV9B
百八十何冊か応募があって、本当に他は選べなかったのか?ということだよな
そっちの方がよっぽど現代詩にとって事件だよな

796 :名前はいらない:2009/02/14(土) 22:16:47 ID:HffZoErZ
>>794
川上って新人だろ

797 :名前はいらない:2009/02/15(日) 01:04:09 ID:Io2faOwr
>>794
ほかの新人が全然だめだったってことだろ

798 :名前はいらない:2009/02/15(日) 19:32:29 ID:Fdm0JT84
『手帖』は図書館で読めるんで、『詩と思想』を定期購読してるんだけど、『全国詩人住所録』てのが送られてきて、それに俺の名前と住所が載ってたw
投稿もしたことがないので、「詩の読者=詩人ってことか?」と思って笑っちまったw まぁ、それが現実なんだろうな。俺は分子生物の方の科学研究者なんだが。

ところで、『思想』12月号で、加藤思何理っていう人の作品が、詩と思想新人賞に選ばれてたんだけどねぇ、

――どうしたの? 髪の毛から火花を滴らせて。
――流星雨に打たれたんだ、時間軸も空間軸も存在しない羊水の海に漂いながら。

――どうしたの、その頬の傷は。
――洪水の痕だよ、ぼくたちがまだ陸封されてた鱒だった頃の。

中二厨みたいな詩人を、難度の高い二人称の散文で客観的?に描写している作品なんだけど、上記の表現が決め台詞的に使われてた。
正直、俺は相当痛いなって思ったね。
雑誌の名前を『詩とメンヘル』に変えた方が良いのでは? 冗談w

・・・それだけ。

799 :名前はいらない:2009/02/15(日) 20:27:22 ID:fQauxnQX
>>798
俺には君の方が痛い厨二病患者に見えるが

800 :名前はいらない:2009/02/15(日) 21:43:16 ID:fQauxnQX
>>798
メンヘル率は思想よりも手帖の方が高いだろJK
あと、そんなに色々と不満なら購読やめたら?

801 :名前はいらない:2009/02/15(日) 22:15:30 ID:8UIsDYec
>>798
思想は同人誌の延長線上にある詩誌だから、定期購読してりゃ住所録に載る。掲載がいやなら
定期購読を開始する段階で住所録に載らないように設定すりゃよかったのに

それに手帖の方がメンヘラ御用達詩誌だと思うけどな

802 :名前はいらない:2009/02/15(日) 23:34:38 ID:Io2faOwr
>>798
と、思想関係者がおこってますがWW

803 :名前はいらない:2009/02/16(月) 01:53:57 ID:ih09RXo0
822 :名前はいらない :2009/02/14(土) 01:46:47 ID:fk+dPc+u
おい、誰も>>812のレスに反対はしないんだな。
ならば、決定だ! 以降、反対しても、もう遅いw
今後、反対意見を出す奴がいたら、俺が罵倒すっかんな。覚えとけよ!
俺は一流大学哲学科卒で、議論に負けたことはないぜ。
しかも怒濤のKYで、メンへルだかんなw


804 :名前はいらない:2009/02/16(月) 08:23:53 ID:WZveJoc4
>>799-800
おいおい、冗談だってばさw
その証拠に、定期購読は辞めないよ。
ただ、あの表現が痛いと思ったのはホント。なんていうか、奇をてらったような表現は嫌いなんだよね。
それと、『詩とメルヘン』にかけてジョークが言いたかっただけなのさ。『手帖』の方がメンヘル率が高いかどうかは知らん。

・・・それだけ。

805 :名前はいらない:2009/02/16(月) 16:35:05 ID:aGJm8iuw
痛い奴だな

806 :名前はいらない:2009/02/16(月) 18:54:01 ID:g8XqYJwe
>>804
それだけ頭カラッポな文章を書けるのは、まあひとつの才能なのかね?

807 :名前はいらない:2009/02/16(月) 19:23:42 ID:IBR4FhON
>>806
頭カラッポじゃない、重厚な文章を見せてくれwww

808 :名前はいらない:2009/02/16(月) 19:25:10 ID:qsAU0SrI
そうだ おまえらで
頭からっぽさを競い合え

809 :名前はいらない:2009/02/16(月) 19:55:28 ID:tnRDI8+f
>>798
おいらもそういう詩の表現には痛さを感じる
センスの問題だから、それが正しいとはいわないけどね

810 :名前はいらない:2009/02/16(月) 20:27:36 ID:g8XqYJwe
>>807
まあ肩の力を抜けよ。顔が真っ赤だぞ

811 :名前はいらない:2009/02/16(月) 20:28:57 ID:H47aiLxd
抽象の密度が薄いっていうのは、いま書かれている多くの詩がそうだろ
ズレとか言っても、書式だけで強度がなかったりな
ライト・ヴァース的にはおもしろいんだけども、本来的なズレというか、
数十センチ横にいつのまにかズレていたという、そのいつのまにかっていうのがない
だから作品にも抵抗感が生まれない
結局、谷川俊太郎に回収されちまうんだよ
加藤思何理という人も、難解な詩を書くようだけど、そこだけ読めばポエジーそのものは非常にライトだ
谷川俊太郎はいつも新鮮な詩を書けて、それは優れているし、いいなあとは思うがな

812 :名前はいらない:2009/02/16(月) 21:07:54 ID:d3BELYpl
>>810
お前痛いな、低能はうせろ!

(・・・必死でごめんねw)

813 :名前はいらない:2009/02/16(月) 21:17:04 ID:IHlElZ99
>>812
まあ肩の力を抜けよ。顔が真っ赤だぞ

814 :名前はいらない:2009/02/16(月) 22:12:49 ID:lXgwJMsG
>>811
そうかぁ
一見、平明な作品が多い印象だけど、やっぱり俊ちゃんって凄いんだね


815 :名前はいらない:2009/02/16(月) 22:19:03 ID:qsAU0SrI
自分を棚に上げるって言葉があるけど
甚だしいというか度を越えてるのを見た
コイツは死んでるじゃないかというのが考えた末に出てきた

816 :名前はいらない:2009/02/16(月) 22:20:49 ID:gP8EIx1P
なんか思想関係者が平静を装って激怒してるね^^;

817 :名前はいらない:2009/02/16(月) 22:54:05 ID:tAbxZZnW
新人賞でいえば加藤さんよりも高岡さんの方が好みだったな。

818 :名前はいらない:2009/02/16(月) 23:42:51 ID:g0UKis9F
無意味な書き込みだな。あんたの好みなんかどうでもいいんだよ。



819 :名前はいらない:2009/02/17(火) 01:03:23 ID:Tep7FPwY
このスレって、詩誌の関してのことだったら、何書いても基本的にOKなんだろ?
それなら、>>798みたいに、作品や詩誌の内容に踏み込むのも面白いね。
関係者が不快になるくらいにねw
詩なんて、罵倒された上で、それでもナンボの世界だよ。

820 :名前はいらない:2009/02/17(火) 01:25:37 ID:TjHTx7dH
誰かを褒めるとすぐにアンチが湧いてきて、関係者しか知らないような
詩人のゴシップ持ち出して叩き始めるんだ。

821 :名前はいらない:2009/02/17(火) 07:04:31 ID:rWvMQtKv
>>819
つーかアンタが>>798なんじゃないの? 頭の悪いこと書いてバカって言われて
「関係者ですか?」って逆ギレじゃあ恥の上塗りでしょ

思想関係者なんてここ見てるのか? mixiですら閑古鳥なのにw

822 :名前はいらない:2009/02/17(火) 07:12:03 ID:nbhyN2q+
知り合いなら掲示板つかうなよ
不快な内容しか書かないくせに

823 :名前はいらない:2009/02/17(火) 09:52:33 ID:xpgp9RcO
>>822
決めつけ厨ウザ

824 :名前はいらない:2009/02/17(火) 10:09:11 ID:+GYFN2kx
>>821
そろそろ思想関係者がうざいな、うせろ!

825 :名前はいらない:2009/02/17(火) 11:23:37 ID:xpgp9RcO
>>824
決めつけ厨ウザ

826 :名前はいらない:2009/02/17(火) 11:58:43 ID:yRJZT9i+
うせろ、きちがい

827 :名前はいらない:2009/02/17(火) 12:20:13 ID:2gXLTOqa
>>794
先端でさすわさされるわそらええわ
受賞。
たぶん、川上さんきれいだし、審査員も会いたかったんじゃない?
ってよんでないからわからんが。

828 :名前はいらない:2009/02/17(火) 12:53:16 ID:yRJZT9i+
>>827
『先端でさすわさされるわそらええわ』
この作品の中の詩を見られるサイトある?


829 :名前はいらない:2009/02/17(火) 12:54:57 ID:xpgp9RcO
>>826
自分が基地外という自覚ないの? 妄想と罵倒しかしてないじゃん

830 :名前はいらない:2009/02/17(火) 13:24:24 ID:2gXLTOqa
>>828
さがしたが、わからん。一部抜粋。

一日は憂鬱でありやくそく、叱責でありときどき逢瀬であり、自分と同じでかさの質量のずだ袋を引きずって、ずーるずーる歩く行為であって、それがわたしのコーヒーの飲めやん癖とどう関係してるんかということはまったく考えたくないなあ。


831 :名前はいらない:2009/02/17(火) 13:45:36 ID:yRJZT9i+
>>830
なにか、一昔前の「意識の流れ」みたいな文章だな
詩なのか?

832 :名前はいらない:2009/02/17(火) 13:47:45 ID:yRJZT9i+
俺も探したんだけど、彼女のブログの中にあった。一部分。
http://yusuke-watana.be/2008/10/sentan.html

833 :名前はいらない:2009/02/17(火) 14:14:26 ID:2gXLTOqa
選考委員代表の北川透氏は「従来の詩の概念をはみ出し
た、渦巻いて流動する語り口。新しい詩の領域が開かれた」と評価した。

詩人北川透さんら6人の選考委員は「現代詩の枠を飛び出し、新しい詩の領域が切り開かれた」「これは一つの事件だ」などと絶賛した。

だってさ。姉さん、事件です。

834 :名前はいらない:2009/02/17(火) 16:26:03 ID:jj/sYcyE
>>833
どうしてこう出版社の意向に沿った、大仰な批評の言葉しか出せないのかね、詩の選考委員たちは。

句読点のほとんどない、意識の流れと言うか、ああ言ううねうねした文体は、中上健次はじめ、多くの作家がとっくの昔からやっているし、
新しい詩の領域が開かれたとかって、必ずしも間違いだとは言わないものの、優れた詩の領域が開かれた訳ではないところがミソって言いたくなるなw

835 :クマクマ:2009/02/17(火) 17:58:51 ID:Vo6nHV3v
|:::::::::::::::::::::::::::::::
|" ̄ ゙゙̄`∩::::::::::::::::    事件ねぇ…
|,ノ  ヽ, ヽ::::::::::::::       
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、:::::::   
| (_●_)  ミノ  ヽ ヾつ:::  
| ヽノ  ノ●   ● i:::::::::      
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ:::::::   
| ヽ   /  ヽノ  ,ノ::::::

836 :名前はいらない:2009/02/17(火) 19:33:14 ID:GJzF4I1r
ポエム選考団長のキタ皮スケル氏は今までのポエムの檻を家出した、ぐるぐる渦巻いてとどまることない流れるする語り口でもって新しい詩の平原が開かれたと評価した
ポエマーキタ皮さんら6人の選考団員は「現代詩の枠を飛び出し、新しい詩の領域が切り開かれた」「これは一つの事件だ」などと絶賛発売中を後押しするように、俺は恋をしてしまったのだクマクマ。


837 :名前はいらない:2009/02/17(火) 20:06:26 ID:nbhyN2q+
よく知ってますねw

838 :名前はいらない:2009/02/17(火) 21:11:38 ID:fbS/+etv
>>831
うせろ、きちがい

839 :名前はいらない:2009/02/18(水) 06:46:04 ID:Z3GgdnS5
>雑誌の名前を『詩とメンヘル』に変えた方が良いのでは? 冗談w

>たぶん、川上さんきれいだし、審査員も会いたかったんじゃない?


このスレはこんな阿呆しかおらんのか

840 :名前はいらない:2009/02/18(水) 14:16:58 ID:HDG5QN4h
>>839
うんそうだよ、だから君はこのスレにもう来なくていいよ

841 :名前はいらない:2009/02/18(水) 16:32:32 ID:vEZD106+
>>840
うせろ、きちがい

842 :クマクマ:2009/02/19(木) 15:24:25 ID:nYuiy0Il
>しかし、それら以上に川上未映子の従来の詩の概念をはみだした、
>渦を巻いて展開する力動的な語り口に、高い評価が集まった。
>多くは女性の性的な身体やその部位のもつ痛みや快楽の感覚が、
>突発的な笑いを起す連想によって語られるが、
>それが常に観念によって媒介されているところに、詩の新しさが認められた。
>選考会は川上さんの出現によって、新しい詩の領域が切り拓かれたことに強い感銘を受けた。

|:::::::::::::::::::::::::::::::
|" ̄ ゙゙̄`∩::::::::::::::::    よく解らんクマ…
|,ノ  ヽ, ヽ::::::::::::::       
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、:::::::   
| (_●_)  ミノ  ヽ ヾつ:::  
| ヽノ  ノ●   ● i:::::::::      
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ:::::::   
| ヽ   /  ヽノ  ,ノ::::::

843 :名前はいらない:2009/02/19(木) 17:07:24 ID:1npew/iv
やば!
川上は、詩の才能も知識もない奴に、俺にも書けそうだと思わせてしまうぞw

844 :名前はいらない:2009/02/19(木) 22:52:22 ID:tQUm4kXQ
川上さん このあとどんなの書いてくんだろうね 詩 にしても 小説にしても

なんというか彼女の書くものは全部おんなじ味しかしないような気がして
カレーライス、食べたあとに カレーらーめん カレーうどん カレーそば カレーぱん
食べてるようなそんな感覚かなあ

カレー味の げしゅたると崩壊


なんというか このあとも
カレーそうめん みたいなのが未映子食堂から出てくるのでしょうかね


なんつうか
カレーのなかに ゆがみのある女性性がひたすら煮込まれてるだけみたいな

比喩じゃなくても 女の人のつくる情念のこもったカレーてすこし怖いかもだなあ

ちょっと
お腹いっぱいです

845 :名前はいらない:2009/02/19(木) 23:28:24 ID:tQUm4kXQ
なんか 詩人と料理に
ついて考えたら けっこうおもしろいなあ

詩人のひとは ふだん私生活
自炊でどんな料理つくって食べてるのかな

くだらない妄想がとまらなくなるよ

吉増さんとか
毎日やみなべで 鍋のなかにサンダル
とか入ってそうだな
(いい意味で)(柔軟な発想力 !)

初期田村隆一さんは

カラスとか食べそう
(いい意味で)(硬質な硬派でかっこよい!)

谷川さんとかは
ふつうにおいしそうな料理つくってそうだよね


好きな詩人さんたちのことなのに
なんかごめん
変な方向に内容が書き進んでしまった

846 :名前はいらない:2009/02/20(金) 02:02:52 ID:8X4fLlHT
>>844-845
ちみの性格の悪さがいかんなく発揮されててよい!w
喩えもそれでOK

847 :名前はいらない:2009/02/20(金) 05:24:50 ID:BDVh8uEg
意外とグルメな詩人多いよな

848 :名前はいらない:2009/02/20(金) 11:53:43 ID:9hxrBDJU
川上未映子受賞で中也賞もはずめて一般に注目されたなあ。
来年は町田康が受賞したりして。


849 :あっちゃんブリゲ:2009/02/20(金) 20:21:24 ID:0JJWFXmo

ホラティウスがグルメ詩を書いていました。
自分が発明した料理方法を自慢げに書いていて
なんだか、かわいらしい詩人の側面をかいま見たような気がしました。


850 :名前はいらない:2009/02/22(日) 01:39:23 ID:rJ3EYs2X
現代詩を好んで書く人や読む人って
食に限らず独自なこだわりが強そうだよね

聴く音楽とか観る映画とかも
メジャーよりはマイナー路線を好みそうだなあって、ふと思った

851 :あっちゃんブリゲ:2009/02/22(日) 02:05:38 ID:bT3rAVLN

そういうひと多いね。
ぼくは反対に
ポオやシェイクスピアやゲーテといった
メジャーな詩人や作家の作品を愛読してる。


852 :名前はいらない:2009/02/22(日) 06:20:25 ID:hWa+PJUu
それも独自なこだわりだけどな

853 :名前はいらない:2009/02/22(日) 20:44:56 ID:D1fMB0Xh
グラビアの構図が俺を意識してる

854 :名前はいらない:2009/02/28(土) 21:54:16 ID:9Sqv1NN/
 ∩ ∩
(・*・)おなかへったよ

     詩人のひとの料理がたべたいよ

     葉っぱしか食えないけどなあ

855 :クマクマ:2009/03/03(火) 22:54:29 ID:VsdrME/M
     ○_○ 
    ;; ( ・(ェ)・)    来月の高貝さん特集が楽しみくま
 _旦_(っ(,,■)__  
 |l ̄l|| ̄じじ ̄|i |i

856 :マクマク:2009/03/05(木) 05:24:26 ID:Ma/0VxEo
来週、彼女の赤貝拝むのが楽しみまく

857 :名前はいらない:2009/03/05(木) 18:08:47 ID:XxKrHlKT
「詩と思想」この前、友人から借りて呼んでるんだが、在日系の詩誌なんだね
そういえば友人は在日だわw(俺は日本人だけど)

858 :名前はいらない:2009/03/05(木) 21:55:11 ID:FWjkeKZb
心の底からどうでもいいな

859 :名前はいらない:2009/03/05(木) 22:32:22 ID:L3L53Ypx
どうでもよくないだろw
日本人だと投稿しても採用されないってことだから

860 :名前はいらない:2009/03/05(木) 22:46:17 ID:cDGmW07/
そういえば俺在日だけど、何度も入選してるわ
そろそろ帰化するつもりでいるが黙ってよw

861 :名前はいらない:2009/03/06(金) 00:48:40 ID:nFWxKhbO
おいおい、日本人は一人も載ってないってのか?w
本来は手帖と思想なんて保守党や共産党みたいに極端なもんでしかないだろう。
なぜ自民党がすっぽり抜けてるんだw
もしかしたら俳句と短歌がその役目を担っているのか?


862 :名前はいらない:2009/03/06(金) 01:08:38 ID:nFWxKhbO
空気みたいに圧倒的な短歌俳句の存在、思想を必要としない形而下的風土の日本では
詩は万年野党を宿命付けられているとも言えるか。

863 :名前はいらない:2009/03/06(金) 05:49:45 ID:h41Gc5F5
編集委員とか選考委員に名を連ねてる、森田と佐川が韓国詩に傾倒してるだけじゃねーの?
日本の詩人は、吉増や荒川や茨木や、そういうのが多い。でも在日ではないだろ? 知らんが。

864 :名前はいらない:2009/03/06(金) 08:29:22 ID:ZwsiZ8N3
政治的に利用されるほどの価値もありません
現代詩も現代俳句も現代短歌も

865 :クマクマ:2009/03/06(金) 14:45:51 ID:Igg9KyrA
     ○_○ 
    ;; ( ・(ェ)・)    辻井さんは価値あるんじゃないクマ?
 _旦_(っ(,,■)__   チョー金持ちって点でだけクマかな
 |l ̄l|| ̄じじ ̄|i |i

866 :名前はいらない:2009/03/06(金) 17:23:53 ID:kA3Lkq5K
辻井喬って、西武の堤清二?

867 :名前はいらない:2009/03/06(金) 17:42:59 ID:saqnfWXq
今、俺の手元に、2000年2月号の「現代俳句」(角川春樹事務所発行)って雑誌があるんんだが、第一回俳句現代賞ってのが発表されてる。
なんと、審査員は、角川春樹、飯島耕一、辻井喬(堤清二)の三名。なんか凄いw
この三人の選考過程の対談も載ってる。

868 :名前はいらない:2009/03/07(土) 19:01:10 ID:DIN51vnE
ずいぶん安っぽい釣り針たれてる奴がいるなw 思想に載ったら在日だとでも?

869 :名前はいらない:2009/03/11(水) 20:13:31 ID:G1QldmXD
「びーぐる」二号をようやく手に入れた。
良い内容だった。

870 :名前はいらない:2009/03/12(木) 11:55:23 ID:WoxiR2RW
質問です!
詩を雑誌に投稿しようと目論んでいるのですが、入選しようがしまいが
反応が返ってくる雑誌社ってありますか?受け取りました!みたいな返事があるところ。

871 :名前はいらない:2009/03/12(木) 14:27:03 ID:s7Zjpm8A
ねーよw
詩誌社ってのは極貧なんだぞ、いちいちそんなことしてる人件費も葉書代も、もったいないだろw

872 :名前はいらない:2009/03/12(木) 17:20:25 ID:ZLf21kWC
受け取りました! って返事がきてうれしいか?

873 :名前はいらない:2009/03/12(木) 19:11:52 ID:8BsHhjg4
原稿料や印税を払う金もないのにそんな無駄なことするわけがない

874 :名前はいらない:2009/03/12(木) 23:58:01 ID:QBQk6UW/
受け取りました!

  (大笑い)

875 :870:2009/03/13(金) 00:24:43 ID:D5ZQjGtG
ご回答ありがとうございました!

876 :名前はいらない:2009/03/13(金) 03:11:37 ID:sP0r/vaz
俺も受け取ったぜ。
文面はこんなだ。
「ご投稿ありがとうございます。この度は残念ながら入選には至りませんでしたが、あなた様には並々ならぬ才能がお有りとお見受けいたします。我が社ではあなた様のような才能を長年探しておりました。
なにとぞ、共同出版という形であなた様の才能を開花させていただけることをご提案いたします・・・」

877 :クマクマ:2009/03/16(月) 23:22:46 ID:rxICAcG8
     ○_○ 
    ;; ( ・(ェ)・)    でも、あまりに毎回まいかい載らなくて、
 _旦_(っ(,,■)__   「ずっと宛先間違えて書いてたのか…?」
 |l ̄l|| ̄じじ ̄|i |i   って不安になる方もいるのは確かだと思うクマ。

             メールで投稿できるなら、編集者も返信が楽だと思うけど、
             投稿量がばかにならなくなって手に負えなくなるクマかな?

878 :名前はいらない:2009/03/17(火) 01:15:23 ID:vWInVezn
俺も現代詩フォーラムやってみるかな・・・。
今までモチベーションとしてなるべく金に繋がりそうな方向で、と思って浮気せずにいたけど結局スランプで投稿もできやしねえ。
まあ金を払ってアンソロジーに載っけたこともあるけどねw
どうせ俺の(現代詩風の実験にもイデオロギー臭の強いヒューマニズムにも与さない)作風じゃ詩誌に送るだけ無駄と思い始めてるし
構造的に金になる道が閉ざされてる世界で、なるべく大勢を痺れさせたいぜ!と思ったらネットの方が有利なんだろうね。迷い中。

879 :クマクマ:2009/03/17(火) 16:53:40 ID:wE/TezT9
              \   ∩─ー、
                \/ ● 、_ `ヽ
                / \( ●  ● |つ
                |   X_入__ノ   ミ 
                 、 (_/   ノ
                 \___ノ゙
                 / 丶' ⌒ヽ::


880 :名前はいらない:2009/03/17(火) 19:14:14 ID:vWInVezn
いや、別に釣りじゃないよ・・・
詩を読みたきゃ金を払え、なんて状況を考えるのはやっぱりおこがましいのかなと・・
韓国あたりではそれが成立するんだろうけどね


881 :名前はいらない:2009/03/17(火) 19:17:06 ID:vWInVezn
あ、俺が詩のサイトをやるんじゃなくて
現代詩フォーラムに投稿して満足してりゃいいかなって意味だよ

882 :名前はいらない:2009/03/18(水) 00:18:27 ID:D697nxBK
韓国ってなんで詩が売れるんだろう?
というか実際のところどういう感じなんだろう?
誰か詳しい方いませんか?

883 :名前はいらない:2009/03/18(水) 11:00:45 ID:B4XYR1Qw
>>882
韓国の詩は、大きく分けて、民族の恨や政治を詠んだものか、欧米や日本の現代詩から見るとベタな叙情詩。

884 :名前はいらない:2009/03/18(水) 12:08:50 ID:ZY8tgfTp
現行犯じゃないか

885 :クマクマ:2009/03/28(土) 15:59:44 ID:iBv8w/GB
   ∩___∩
   | ノ      ヽ    今月の手帖、高貝さん特集にもっとページ割いてほしかったクマ。
  /  ●   ● |    
  |    ( _●_)  ミ    割を食わせたゼロ年代特集も、 
 彡、   |∪|  、`\    紹介文書かせるくらいなら、作品も掲載してあげろと云いたい。定価超えようが。
/ __  ヽノ /´>  )   今年が2009年だからここいらで一括り、くらいにしか考えていないのか。
(___)   / (_/     あの紹介文から、「この人の詩が読みたい!」「詩集が出てるなら買いたい!」
 |       /          って思ってくれる読者がどれだけいるのか。

886 :名前はいらない:2009/03/28(土) 17:05:47 ID:2QQqkeZX
読者なんか友達しかいないじゃん

887 :名前はいらない:2009/03/29(日) 01:01:57 ID:Wn6ubxLI
現代詩フォーラムで詩手帖賞フラグが立ってたことに気づいた。
多分だけど。

888 :名前はいらない:2009/03/29(日) 05:51:34 ID:iaT6Edsu
どうして川上未映子が呪われなきゃいけないの?
まるで安川さん御本人が呪われているみたい。

889 :クマクマ:2009/03/29(日) 09:06:33 ID:haqc6+g7
   ∩___∩
   | ノ      ヽ    川上さんができのわるいジョークを云ったから安川さんも応えただけじゃないクマ?
  /  ●   ● |    どっちもジョークのつもりはないのかも知れんけど…

890 :アクマクマ:2009/03/29(日) 11:49:41 ID:C4EarCxL
  ∩___∩
   | ノ     ヽ    
  / ◣  ◢   |     
  |   ( _●_)  ミ
 彡、  |∪|  、`

呪われたクマ〜

891 :名前はいらない:2009/03/29(日) 23:24:42 ID:E+3W/NBu
安川氏の詩集で ・・・点々に囲まれたフォルムの詩があったよね
それを何時だったか 川上氏がおもいっきりパクっていたような気がした。。
それ読んだときは、引いたなあ、、、

立ち読みだったから うるおぼえだけど
確か ユリイカかなにかに川上氏が寄稿してた詩だったかなあ
たしか長編詩だったかなぁ?? その長い詩の合間に、挿入するような形で
・・・と断片的なフレーズで構成された連が用いられていて
ああ此れはパクったのだろうなぁと、そんとき思った

なんとなく今回のばっしんぐに関係あるのかもなぁと思った

892 :名前はいらない:2009/03/30(月) 00:17:54 ID:y5g5GCtu
まぁルサンチマンもあるんだろうけどね。

893 :名前はいらない:2009/03/30(月) 04:32:52 ID:+nFJe2UC
川上は2006年の早稲田文学に発表した作品でも、・を使用した連があるからね。
断片的なフレーズを点で囲むのは、よくありそうだけど。
それでパクるっていうのはないな。

894 :クマクマ:2009/04/02(木) 16:10:45 ID:ZUv0+XyO
   ∩___∩
   | ノ      ヽ    それにしても水無田さんってザクの話したり、
  /  ●   ● |    今回はCROSSCHANNEL知ってるし、意外とヲタ臭いクマ

895 :名前はいらない:2009/04/02(木) 21:06:51 ID:T/P4gc7g
おまえ偉いよ皮肉なしに
あんなもん手に取って真面目に読んでんだからw
現代詩の本の背表紙にゼロ年代って字を見ただけで、おれなんかいたたまれなさを感じる
それは悪い意味もひょっとしたら良い意味もあるかもしれないけど、こっ恥ずかしいんだよ
それ自体、批評誌や文芸誌のパクリっぽくて格好悪いけど、
閉塞きわまった場で現代詩ヲタクが、他所から持って来たもんで読者との通路を開こうとするなってと
安直でもダサくてもいいけど、欺瞞的なのはちょっと読むに耐えられん
そりゃ、プロ作家の川上に馬鹿にされても仕方ない
読んでないから何て発言したのか知らないけどw

896 :名前はいらない:2009/04/02(木) 21:30:26 ID:aBdSzI0O
>>895
長文おつかれ(爆)
そんなに興奮してキーボード長打するなや(爆) キもちよくなって、溜飲はさがりまひたか(爆) うふふふふwww ふふふwwwww

897 :名前はいらない:2009/04/02(木) 22:47:48 ID:T/P4gc7g
いいなあ、おまえはそんなことで溜飲を下げられるのか
そりゃおまえ自身の性質の話だ

898 :名前はいらない:2009/04/03(金) 00:01:18 ID:aBdSzI0O
>>896
頭が悪すぎる奴の釣りはスルーしる
馬鹿がうつるぞ wwwww

まったりいこうや

899 :名前はいらない:2009/04/03(金) 00:04:44 ID:lbC4wbHx
>>898
お前の方が頭おかしくないか

わはははぬぬぬwwwwwひひwwwへww

900 :名前はいらない:2009/04/03(金) 00:07:24 ID:tYcsKJB9
自己レスする898って何? 馬鹿? 携帯厨?

901 :名前はいらない:2009/04/03(金) 04:24:14 ID:1IevLhhR
クマクマに聞きたいんだけど、高貝弘也作品のどんなところが良いんだ?

あれは生が叶わなかった者への鎮魂歌で覆い尽くされてるんだぜ?

時代を穿つ要素もなければ、未だに、吉岡実が言った通りの不吉な叙情詩にすぎないぜ?

喩えていえば、韜晦なリルケだな。


902 :名前はいらない:2009/04/03(金) 17:36:59 ID:4ltzw5AB
いや比べるもなくリルケの方がずっと韜晦でしょう

903 :名前はいらない:2009/04/03(金) 23:05:00 ID:AHcWxjK6
クマクマに訊きたいんだが、いま最も注目すべき詩人って誰な
んだ?その理由も合わせ教えてくれ。

904 :名前はいらない:2009/04/03(金) 23:17:39 ID:vHOGaIDn
お前ら何故クマクマにさえなれないんだ?

905 :名前はいらない:2009/04/03(金) 23:56:03 ID:L/rZiF6l
クマクマに聞きたいんだが、クマクマの正体って誰なんだ?

906 :名前はいらない:2009/04/04(土) 01:15:56 ID:adPkopKg
クマクマに尋ねたいんだが、鮭は遠足の時のおやつに含めていいんだよな?

907 :名前はいらない:2009/04/04(土) 05:42:00 ID:J5Ep++ny
クマクマに訊きたいんだが、不況っていつ終わるんだ?

908 :クマクマ:2009/04/04(土) 10:17:20 ID:CWqVfTWO
     \   ∩─ー、      
       \/ ● 、_ `ヽ     クマいら…w
       / \( ●  ● |つ    
       |   X_入__ノ   ミ 
        、 (_/   ノ
        \___ノ゙
        / 丶' ⌒ヽ::

909 :名前はいらない:2009/04/04(土) 11:07:17 ID:BIUZqVq3
もう!!みんなのクマクマなんだからね!

910 :名前はいらない:2009/04/04(土) 11:35:15 ID:ZM15+WV7
クマクマがクマッちゃった

911 :あっちゃんブリゲ:2009/04/04(土) 13:01:16 ID:xjHgl8RY

高貝さんの詩って
詩語まみれで、ぜんぜんよくないと思います。


912 :名前はいらない:2009/04/04(土) 19:11:23 ID:adPkopKg
あっちゃんに訊きたいんだが、お風呂に入って身体を洗うときは、どの部位から洗いはじめるんだ?
その理由も合わせて詳細に教えてくれ。

913 :名前はいらない:2009/04/04(土) 19:58:31 ID:nY0iuro0
お前ら何故あっちゃんにさえなれないんだ?

914 :名前はいらない:2009/04/04(土) 20:18:10 ID:eDi4tyln
>>911
高貝さんの詩にたまに引き合いに出されるツェランは本当の意味で、詩語まみれで、詩語と格闘した詩人じゃないですか
高貝さんの詩が良くないのは、日本語において詩語が美的に追求されていっているからだと思う
その違いは抒情詩のためにもはっきりさせるべきだと思いますが

915 :名前はいらない:2009/04/05(日) 02:44:25 ID:L2Ur67Xe
あっちゃんに尋ねたいんだがなんであっちゃんはバナナが大好きなんだ?

916 :名前はいらない:2009/04/05(日) 06:16:18 ID:mLcdKH82
915に訊きたいんだがなんで915はつまらないんだ?

917 :名前はいらない:2009/04/05(日) 13:25:44 ID:y0U3GVPj
919 :無名草子さん :2009/04/04(土) 05:41:22
昨日取次からこんな感じのFAXがきてた

 取引終了出版社:詩学社
 理由:行方不明

何というか・・・

918 :名前はいらない:2009/04/05(日) 14:24:14 ID:+dflSJSM
>>914
詩語ってなんだよw
高貝の作品は、いかにも詩らしい詩だから、そういう印象を受けるだけなんじゃないのか?
おそらく統計みたいなものを取ったら、特に高貝作品が詩に使われる頻度の高い語彙を多く使ってるとは言えないと思うぜ。
それに詩語(仮にそんなものがあるとして)は、それを上手く使うことが大事で、使ってはいけない語彙ではないんじゃないか?

919 :名前はいらない:2009/04/05(日) 14:53:58 ID:9GwF/r7W
永澤康太はすばらしい


920 :名前はいらない:2009/04/06(月) 08:37:20 ID:VDwvwfAK
安川さん発見!
http://teamjudas.exblog.jp/9575180/

921 :名前はいらない:2009/04/06(月) 10:08:50 ID:7zd0fsKX
・詩は言語の病であると信じ、精神の病を持つ自分こそ詩人の資格があると勘違いしている人
・詩は他の誰とも似ていないユニークなものであるべきだと信じている人
こういう人がいまの現代詩をだめにしていると思う

922 :あっちゃんブリゲ:2009/04/06(月) 10:10:43 ID:22EGI8GH

詩らしい詩なんて
いちばん見たくない詩です。

こんなものも書いてもいいのかなって感じで
いつも投稿していました。

いまも
こんなものでも掲載してもらえるかなって気持ちで原稿を書いています。

このあいだ書いた
國文學2月臨時増刊号「白・白・白」に収められた●詩も、そうだべ。

923 :名前はいらない:2009/04/06(月) 10:39:03 ID:7NVdWj64
こういう人がいまの現代詩をだめにしていると思う

924 :あっちゃんブリゲ:2009/04/06(月) 10:42:44 ID:22EGI8GH

ぼくの詩には影響力はありません。
だれも、まねしてくれないじゃんか、笑。


925 :名前はいらない:2009/04/06(月) 18:00:04 ID:ohEnYQLo
あっちゃんてどこまでも自分しかないよね

926 :名前はいらない:2009/04/06(月) 19:54:55 ID:kNvsCR+x
空気読まないしね

927 :名前はいらない:2009/04/06(月) 20:39:26 ID:GWo5U5zC
読んだ空気で壁をつくるよりましだろ

928 :名前はいらない:2009/04/06(月) 22:54:06 ID:9zgfmvhc
詩学社のこと
昨日知ったわ
何か悲惨だね

バックナンバーもう買えないのかな

929 :名前はいらない:2009/04/07(火) 01:59:26 ID:6/VSAI3B
ポエケットでたまに売ってるらしいよ
Canopusさんが詳しいはず

930 :名前はいらない:2009/04/07(火) 08:07:21 ID:o7jt0pwS
そもそもみなさんが詩に求めるものとはなんでしょう?

931 :クマクマ:2009/04/07(火) 09:35:54 ID:6QzCodQ8
   ∩___∩
   | ノ      ヽ    
  /  ●   ● |   おもしろいこと

932 :あっちゃんブリゲ:2009/04/07(火) 11:58:24 ID:PAWK4l0W

おもに情感的な感動と、知的な興奮といったものでしょうか。
それは、詩にかぎらず、日々の生活のなかで
さまざまな学問や芸術や娯楽でも得られるものですけれど。

933 :名前はいらない:2009/04/10(金) 02:09:06 ID:fsaFZFA1
クマクマとあっちゃんに聞きたいんだけど、お二人は仲がよいですか? 面識とかはありますかい

934 :クマクマ:2009/04/10(金) 13:30:11 ID:Ne456011
   ∩___∩
   | ノ      ヽ   仲いい以前に面識ないし 
  /  ●   ● |    次スレは980超えたら立てるクマ?

935 :名前はいらない:2009/04/10(金) 18:26:55 ID:Mdok4ZAr
俺なんて詩人と会ったこともないよ。
つまり直接詩について語り合ったことがない。どんな気分になるんだろう。
同じ区に中堅のおばあさん詩人がいるみたいだけど
図書館で借りたら、平易だが全体がビシっとしててかなり完成度の高いものだった。
都心の書店でも売ってたし、その辺はさすがだと思ったね。


936 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/04/10(金) 19:11:09 ID:e0NybT3G
>>935
プロの詩人と話し合う機会なんて、
プロの詩人自体の人数が少ないから難しいのかもしれないね♪

素人同士じゃ、直接詩について語り合っても
ダメなのかなぁ?

>>930
>そもそもみなさんが詩に求めるものとはなんでしょう?

個人的に求めているものは、
詩から得られる気付きや新しいものの見方の発見であったり、
人を見下す笑みの差別ではない、
詩から得られる純粋な微笑みなのかな♪


937 :音符 ◆K2HoJpiyVc :2009/04/10(金) 19:16:26 ID:e0NybT3G
訂正
>人を見下す差別の笑みではない
>詩から得られる純粋な微笑みなのかな

938 :あっちゃんブリゲ:2009/04/10(金) 23:38:18 ID:Z2JjQBs4

詩のプロって、谷川さんのことかなあ。
あとの方は、ほかにお仕事を持ってられますしね。

クマクマさんの本名がわからないので
存じ上げている方かどうかは、わかりません。

しかし、最近、よく考えるのですけれど
べつに詩に執着しなくっても

書き物でも絵でも音楽でも
自分の手でつくれるものがあれば幸せかなって。

その作品で
知っているひとが笑ってくれたりしたら、もっと幸せかなって。


939 :名前はいらない:2009/04/11(土) 01:07:49 ID:wFoZ18a7
最果タヒさんが群像に小説発表してたよ

940 :名前はいらない:2009/04/11(土) 03:00:31 ID:wtuh6spe
クマクマの本名をそろそろ知りたい。

941 :名前はいらない:2009/04/11(土) 03:11:11 ID:wtuh6spe
連投スマソ
三角みづ紀も講談社Birthっていう若手デビュー企画みたいなところから小説出すらしい
企画自体は新人賞らしいが三角は刊行決定している

942 :あっちゃんブリゲ:2009/04/11(土) 05:46:38 ID:VC1C59sU

もともと、ぼくは画家や音楽家や小説家になりたかったので
最多さんのお話とか三角さんのお話をうかがって、いいなあって思いました。

しかし、まあ、ぼくには、よい散文を書く才能がないようなので
詩にしがみついてがんばろうっと。

最近、イラストめいた絵を描きはじめました。
詩と違うことも、なにか、詩の役に立てばいいなって思っています。

まあ、日々の生活がジェットコースターのように過ぎていくように思われるので
(48歳という年齢になったからかもしれません。)
やりのこすことなく、日々を送っていかなければ、という気持ちで生きています。

才能の足りないことによるフラストレーションは
趣味の読書やDVD鑑賞や音楽鑑賞や友だちと会うことで解消させています。

それらがぼくの詩の源泉のようです。


943 :935:2009/04/11(土) 07:21:12 ID:zNdLpgrl
いや、プロとまではいかなくても割と本格的にやってる人ね。
でも面と向かっても話すことってそんなにないかもしれないねw



944 :あっちゃんブリゲ:2009/04/11(土) 09:14:54 ID:VC1C59sU

大岡信さんや吉増剛造さんや高橋睦郎さんとお話をしたことが何度かありますが
詩とは関係のない友だちと話をしたときのことのほうが、ぼくの詩の源泉にはなっています。

もちろん、お三方は恩人でもあり、作品にはいいものもありますし影響もされましたが
友だちや読書や自分の実際の体験に比べれば、ほんとにわずかなものです。

読書も入れて、じっさいの体験と、その体験に対する考察
日々の感受性の練磨こそが、よい詩を書くことを可能にさせる手立てだと思います。


945 :ウマウマ:2009/04/11(土) 16:16:09 ID:IzJmEp1O
はじめまして! ワタクシなまえを馬田馬男と申します
お初にお目にかかります
みなさん ウマウマって呼んでください(はあと)

よろしくねン

946 :名前はいらない:2009/04/11(土) 17:17:28 ID:ABBCeEba
なんか、詩が載ってたー。
びっくりした。
初めて送ったのに。
涙目。

947 :名前はいらない:2009/04/11(土) 22:44:57 ID:IzJmEp1O
>>946
おめでとう☆

どれに載ったの ?

948 :名前はいらない:2009/04/13(月) 00:23:23 ID:CTnfcyV9
詩手帖賞決まったな
白鳥さんと高村さん

949 :名前はいらない:2009/04/13(月) 08:04:05 ID:LW9PuqDS
また広田さんが受賞を逃したな。
詩集を出さないんだろうか?

950 :名前はいらない:2009/04/13(月) 10:29:21 ID:MEh0PcJS
>>947
ありがと。
特定されるとアレなんかもしれないですけど、
手帖じゃないです。
彼女のこと書いてたので彼女に怒られました。

951 :名前はいらない:2009/04/13(月) 11:45:07 ID:olvhgrJf
オレも初めて載ったときは(手帖でも思想でもない)うれしかったな・・・。
本屋の帰り道が輝いて見えてさw
発売中はあっちこっちの大型店に行って幸福に浸ったものさ。

952 :クマクマ:2009/04/13(月) 18:19:30 ID:U+aIICtl
   ∩___∩
   | ノ      ヽ   >>949 
  /  ●   ● |   編集から、思潮社で刊行するように勧誘はされているんじゃないクマ?

953 :名前はいらない:2009/04/14(火) 09:23:09 ID:3Q6Q8h/3
出版社持ちで出してやれよ・・・

954 :クマクマ:2009/04/14(火) 13:55:41 ID:bwQfNDSO
   ∩___∩   >>953
   | ノ      ヽ   そんな前例はほとんどない上に、この不景気クマよ…
  /  ●   ● |   思潮社からだと投稿新人割引があっても七〜八十万はかかるんじゃなかったクマ?

955 :名前はいらない:2009/04/14(火) 15:44:49 ID:Co7Jbbe9
広田をいいとか思ったことないんだが…。
さっきから書き込んでいる熱烈なファンみたいな奴は本人か?
ブログとか痛々しすぎる。

956 :名前はいらない:2009/04/14(火) 15:51:36 ID:JCNLdPZR
生きていくのさえギリギリな状態が多い貧乏な若者詩人たちが多い中で、何十万も
かかる詩集出版なんて出来るのは一握りのもんだろ。

957 :あっちゃんブリゲ:2009/04/14(火) 21:06:03 ID:P60fEbAH

何十万ではなくて
百何十万です。

ぼくのようなフリーターでも
一年で貯まるのですから

ふつうに仕事していたら
貯まるでしょう?

百数十万円なんて
一年で貯まるでしょう?



958 :名前はいらない:2009/04/14(火) 23:02:57 ID:0J2EZFBu
百万超えるかどうかなんて実績と編集者の期待値で変わる

959 :あっちゃんブリゲ:2009/04/14(火) 23:18:18 ID:P60fEbAH

そうなの?

才能の違いかしら・・・

じっさいの話をしてね。


960 :名前はいらない:2009/04/15(水) 01:43:01 ID:D3CzF8P3
そんだけあったら
車買うよ
普通

961 :名前はいらない:2009/04/15(水) 02:13:37 ID:DVXsxXKq
広田修は報われない常連っていう意味で昔の
安川奈緒に似てる。

962 :名前はいらない:2009/04/15(水) 04:25:55 ID:3/mGS16l
安川奈緒は無冠の女王って感じだな
でも報われない常連といえば奥津ゆかりも同じだろう
賞をとるまで粘った奥津とさっさと卒業して詩集を思潮社から出した安川
二人は投稿で同期ぐらいじゃなかったっけ?

詩集なんて賞金で後払いするつもりぐらいの自信がないと作っては駄目だ
借金して賞もとれなかったら悲惨だけどな それも人生
さらに言えばコピー本でも賞をとるつもりで行くやつもいる
大体はそして砕け散る それも人生

963 :名前はいらない:2009/04/15(水) 06:05:58 ID:jIED/W7v
日本の詩の評価基準はすべて思潮社の利益に収束する構造になってきた

964 :名前はいらない:2009/04/15(水) 10:35:00 ID:+ZXwFEIj
尊敬を集める仕事についている人が、付加価値をつけるためにする文化活動が、
詩作、なんじゃないでしょうか。
それか純粋に趣味か。
詩人なんて存在するのかしら。

965 :名前はいらない:2009/04/15(水) 13:46:24 ID:l8CXz+/T
付加価値・・・
それはともかく「先生」と呼ばれる職種の人が多いなと思うことはある

広田さんはこれ以上投稿続けても
無難に時々拾われ続けるだけで受賞はないだろう
どこかで突出できれば良かっただろうにな

966 :クマクマ:2009/04/15(水) 15:36:35 ID:7lx/ybvL
   ∩___∩
   | ノ      ヽ   むしろ、投稿欄と云う場から離れて書き続けられるようでないと…
  /  ●   ● |    詩誌に参加するなり現フォに載せるなり、自分で発表の場を作り出すようでなければ…

              と、口先クマクマは思う

967 :名前はいらない:2009/04/15(水) 19:37:53 ID:DVXsxXKq
広田修は少なくともどっちもやってる。2ちゃんにくだらない
書き込みする以外、とくになにもしてないクマクマにごちゃごちゃ
いわれる筋合いはない。

968 :名前はいらない:2009/04/15(水) 21:25:41 ID:6pSgm82d
少なくともどっちもやってる


↑ 日本語おかしくない?



969 :名前はいらない:2009/04/15(水) 23:23:57 ID:nmV5zP9u
AとBしか方法がないなら「少なくともどちらも」はおかしい。
でもAとBとCの方法があり、そのうちAとBは最低でもやっているなら
「少なくともどちらも」はおかしくない。

970 :名前はいらない:2009/04/15(水) 23:27:27 ID:XrqsWlsj
ここで筋合いのない話以外の話がなされたためしが、はたして一度でもあっただろうか。


971 :あっちゃんブリゲ:2009/04/16(木) 00:03:39 ID:6pSgm82d

969さん

マジで書いてるのですか?


972 :名前はいらない:2009/04/16(木) 00:10:53 ID:HTQ6XCvw
つうかよー、みんなはどのくらいの率でどれに載るんかな?
どれには何か月に1回のペースかなぁ、とかさ。

973 :名前はいらない:2009/04/16(木) 00:52:36 ID:SZYVhj6Y
広田大好きなやつがいるな
ブログで反応もしてくれているぞ
2chに反応すんなwwと思ったが自信満々でありながら世間知らずの広田らしいな
別に投稿者としてはそんな目立った存在じゃないし
今年はどっちかと言えば小林とか八柳のほうが惜しかった
広田は万年五番手って感じで、安川と比べるのは安川に失礼だ

974 :名前はいらない:2009/04/17(金) 13:44:50 ID:jfRXwHwb
白鳥央堂さんはM野大学出身なのかな?
こんなの出てきた。
http://www.musashino-u.ac.jp/kyomu/rishu_test/shisho_kyokasha.pdf

975 :名前はいらない:2009/04/17(金) 15:48:08 ID:LaDhDUHt
本名…!?
作風にあったペンネームだと思っていたが、まさか本名とは。
少女漫画みたいな男前に違いない。

976 :名前はいらない:2009/04/18(土) 04:41:44 ID:AwxlKHiF
おまえらって実際ペンネームとか考えちゃってんの?
ていうかクマクマはそれどうにかしないの?

977 :吉本ドリアン:2009/04/18(土) 16:39:24 ID:+7ua+WQt
本名出したくない場合の方が多そうだけどな
このweb検索社会だとな


そういえば筆名についてdisってた
吉本なんとかの娘のバナぁナぁ
ってのは 本名なのか ?

詩人てのあ、実の子に、ずいぶん奇特な名前をつけるんだな
ばなァなァ なんて ずいぶんおめでてえお花畑だなあ 南国かよ

978 :名前はいらない:2009/04/18(土) 23:43:44 ID:XooH5NDr
クマクマは別にクマクマ名義で詩を書いてるわけではないだろ…

本名は今の時代だと隠すのが当然だろうな
前にどっかの雑誌で「本名と住所を公開して当たり前」みたいなことを書いている詩人がいたが
たとえば三角はストーカーされたことがあるし
ただでさえ個人情報が重視されている現代ではあまりに時代遅れだと思った
「昔は扉に鍵をかけなくて良かった」とか言っている老人と変わらないな

979 :名前はいらない:2009/04/19(日) 00:14:37 ID:qXFKtcGI
住所公開すると、全国の詩人から同人誌や詩集が一方的に送りつけられてきそう。

980 :クマクマ:2009/04/19(日) 00:53:58 ID:fQStRbzI
>> 詩の雑誌・6 <<
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1240069885/

   ∩___∩
   | ノ      ヽ   980到達したので新スレ立てたクマ。 
  /  ●   ● |   クマクマってPNはダメクマか? まぁ、選者にもダメ出しされたがな…

981 :名前はいらない:2009/04/19(日) 14:44:13 ID:oVvwUWHL
こっちは埋めるか

982 :名前はいらない:2009/04/19(日) 16:50:09 ID:sHGii0Af
埋め

983 :クマクマ:2009/04/19(日) 17:14:07 ID:fQStRbzI
''';;';';;'';;;,.,               クマッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,     クマッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;                  埋めるクマ
      vymyvwymyvymyvy     クマッ    
クマッ   n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^−^∩_∩^−^∩_∩^−
  クマッ  ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_   クマッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ / ノ //ヽノ/´>   )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/   / (_/

984 :名前はいらない:2009/04/19(日) 17:28:04 ID:z9Clfy7O
埋め

985 :名前はいらない:2009/04/20(月) 00:53:52 ID:Nvzq/8Sc
埋め

986 :名前はいらない:2009/04/20(月) 19:02:04 ID:TixN7Aiq
うめめ

987 :名前はいらない:2009/04/20(月) 23:47:27 ID:sm90jwbG
梅。

988 :名前はいらない:2009/04/21(火) 01:10:04 ID:KyAj1prM
ウメッシュ

989 :名前はいらない:2009/04/21(火) 01:31:49 ID:AgAkgAEY
ウメウメ

990 :名前はいらない:2009/04/21(火) 04:43:08 ID:m+NvhGry
埋め

991 :名前はいらない:2009/04/21(火) 11:29:51 ID:ttQ2dShK
埋めリカ国防省

992 :名前はいらない:2009/04/21(火) 15:09:46 ID:zc2eHlr4
クマクマ個人情報,素顔とくていしますた 

↓ ↓ ↓

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=37461

993 :クマクマ:2009/04/21(火) 16:45:49 ID:nTYcYV3a
   ∩___∩
   | ノ      ヽ   もうちょっとマシな写真選んでくれ埋め 
  /  ●   ● | 

994 :名前はいらない:2009/04/21(火) 18:22:24 ID:KQH64Kgl
ワロタw

995 :名前はいらない:2009/04/21(火) 18:54:11 ID:S05FXqtl
ブラクラじゃないよな。怖くて飛べない。

996 :名前はいらない:2009/04/21(火) 21:04:45 ID:nVzIZNU9
pya!はただのおもしろ画像投稿サイトだぞ

997 :名前はいらない:2009/04/21(火) 21:19:10 ID:nVzIZNU9
ついでに埋め。

998 :名前はいらない:2009/04/22(水) 13:47:56 ID:9oCu1Sch
埋めなくていいのか

999 :名前はいらない:2009/04/22(水) 14:24:59 ID:rSsg/LxE
クマクマ実は外人だったんだな
それにしては、なかなか日本語うまいじゃないか

中の人によろしくな

1000 :名前はいらない:2009/04/22(水) 17:58:56 ID:5QsBxZCV
1000ならクマクマ本名公開

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

272 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)