2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

喪板的「家族関係を考える」

1 :('A`):2008/06/30(月) 00:07:36 0
こころの底からくつろげる場でもあり、
あらゆる憎しみの根源を形づくる場でもありうる。

喪板的に家族関係を考える。そんなスレ。

2 :('A`):2008/06/30(月) 00:08:12 0
ニートなのに夜中に家族のぶんのごはん全部食べちゃって怒られる

3 :('A`):2008/06/30(月) 00:10:11 0
連絡とってないけどまあいいや

4 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:13:39 0
1945年4月頃…
まだ戦時中の広島で、ひとりの少年が生まれる。
その少年の父親は徴兵でフィリピンにいっており、少年の誕生時には、
すでに死んでいたのかもしれない。

5 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:18:13 0
さて、その数ヵ月後の夏、少年の生まれた都市に某国による新型の爆弾が投下された。
その圧倒的破壊力により、街の多くのものが吹き飛んでしまった。
少年の家は爆心地から数km・・・ 赤ん坊だった少年は向かい合ったタンスが人の字になり、
奇跡的にこの世に生き延びることとなった。


6 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:19:35 0
父親も、住む家も失い、少年と少年の母は遠くの親戚を頼り、広島の地を後にした。

7 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:22:19 0
かすかな人の縁を頼りに、何とか住む家を見つけ、極貧の中で生活をしていくこととなった。
母親は毎日仕事に明け暮れた。(それが遠因で自らの寿命を将来縮めてしまうことも知らず。)

8 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:23:51 0
少年には二人の兄がいた。
二人の兄は家計を助けるため、中学校を卒業すると、すぐに就職をし、母を弟を支えた。

9 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:28:36 0
少年の暮らしはあまりにも貧しく、いつも腹を空かせていた。

あるとき母は「いつかたくさん食べられるといいね」といって、もらってきた柿の苗木を庭に植えた。

10 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:31:20 0
その柿の木は少年にとって、家族の象徴そのものであり、後年、激しい空腹の記憶と
ともに思い出されるものだった。

11 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:36:31 0
兄の助けもあり、少年は貧しいながらも高校に進学することができた。
地元の工業高校へ通った。手に食をつけ、将来の口に糊することの一助としたかったのだ。

12 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:44:24 0
工業高校での3年間が終わり、少年は、就職のために上京することになった。
少年は家計を支えるため、学生の頃から新聞配達等に励んだものだが、
生まれて初めてそれなりの額の「給料」をもらえることとなった。
「うはwww金wwwww」

13 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:51:23 0
育ちが貧乏だった少年、いや、青年は、もらった給料を右から左につかった。

後年、(いい年こいて2chばかりやっている)息子にむかって、
「当時は物価上昇が激しかったから、貯蓄するよりも、使わないと損だ、
っていわれてたんだよ」と言い訳することになるのだが・・・

14 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 00:55:50 0
そんな風にして田舎育ちの青年は、東京での消費生活を堪能したのだった。

しかし、東京で過ごして数年後、郷里に残した母親が倒れてしまったのだ。
青年は兄たちと相談した。結局、末っ子で母親べったりだった青年自身が
帰郷し、看病することとなった。

15 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 01:05:57 0
青年は東京での職を辞し、田舎に帰ることとなったのだが、
帰郷してまもなく、母親が亡くなってしまったのだ。

青年は失意と喪失感でいっぱいだった。

自分自身の帰るべき心の拠り所を失ってしまったのだ。

気持ち半分ヤケクソで「俺は自由になった」と、言聞かせてみたりもした。
離れて暮らす兄たちとも縁遠く、自分自身を結びつける何処かも誰かも何もない気持ちだった。

16 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/06/30(月) 01:19:58 0
青年は何処かへ旅立つことにした。

どこでもよかったのだ。夜露がしのげて、空腹が適度に回避できればなんでもよい、といった気持ちだった。
それをとがめるものもおらず、報告すべき誰かもいなかった。
適当に飯場を回ったりして、空虚な思いを忘れるがためのように、働くのだった。
時折、庭の柿の木のことや、一度も会ったことのない父親のことが心に浮かんできたりもした。

17 :('A`):2008/06/30(月) 01:45:42 O
このスレどうすんのさ

18 :('A`):2008/06/30(月) 06:49:14 0
ミサイルが無限に出てくるのもどうかと思うがそれより威力が小さすぎだろ

19 :('A`):2008/06/30(月) 12:40:15 O
早く続き書けやハゲ

20 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/07/01(火) 01:51:36 0
青年は適当に転居を繰り返した。あるときは何処かの工事現場、
あるときは成り行きで知人になったひとの家・・・

そんな暮らしをしばらく続けていくうちに、心の喪があけたのか、
そろそろ地に足を着けた暮らしをしなくてはいけない、と思うようになった。

そのとき、青年は何処かの未亡人の家に転がり込んでいた。

21 :1 ◆fbyajoN.Tc :2008/07/01(火) 02:19:34 0
未亡人は深く問うことなく、青年を自分の生活の中に受け入れていた。
青年もまた、問わず語らずの関係に、心地よさを感じていた。

居場所を失っていた青年にとって、ほんとうに久しぶりにくつろぐことの
できる場所であった。未亡人は青年に暗い森の中にある、深い静かな湖を連想させた。

22 :('A`):2008/07/01(火) 02:45:50 0
家族?

23 :('A`):2008/07/01(火) 03:21:03 O
続けろ

24 :('A`):2008/07/01(火) 03:28:13 O
この場合スレタイにそった書き込みをするのはスレ違いなんだろうか?

25 :('A`):2008/07/01(火) 03:30:35 O
たまのまともなスレかと思えば・・・
ブログ(笑)でもやってろよ

26 :('A`):2008/07/01(火) 03:45:08 O
ブログに(笑)をつける意味が分からない

27 :('A`):2008/07/01(火) 07:41:43 O
大ドイツ帝国と大英帝国は(笑)つかないけど大日本帝国(笑)とか大東亞共栄圏(笑)には付けちゃう

28 :('A`):2008/07/01(火) 08:18:28 O
俺メンヘラなんだけど、病院で人と話してると、家族関係がうまくいってない人ほどメンヘラになるといつも思う

29 :('A`):2008/07/01(火) 08:35:07 O
俺にとって家族は頭が悪くて金がないと惨めな生活をするっていう
ことを身を持って教え続けてくれる人達。
母親はまだいいが祖父母が許せん。
家があって仕事に追われる以外ホームレスと変わらない生活してる。
猫の糞尿にまみれたゴミ屋敷でノミとダニに噛まれながら一日中
じっとしてるだけの生活をしてる。

早く死ねばいいとしか思えない

30 :('A`):2008/07/01(火) 08:56:50 0
>>27
寄生チョンコロ乙

31 :('A`):2008/07/01(火) 08:58:33 0
で、>>29は仕事何やってんの?
まさか学生ニートの分際で労働者批判してるわけじゃないよな?

32 :('A`):2008/07/01(火) 09:21:32 O
>>31
もちろん学生ニートですすいません。

33 :('A`):2008/07/03(木) 08:47:17 0
学生はニートじゃないのでは?

34 :('A`):2008/07/03(木) 10:13:14 0
オナニー

35 :('A`):2008/07/03(木) 16:59:27 O
セックスセックス

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)