2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アンチハリーポッター 2

1 :なまえ_____かえす日:2006/03/23(木) 22:58:26 ID:TEEVfj2n
前スレ
アンチハリーポッター
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1107789850/
好きな人には悪いけどほんと面白くなかった

2 :なまえ_____かえす日:2006/03/24(金) 00:24:08 ID:WorXGzzs
(・(エ)・)クマー

3 :なまえ_____かえす日:2006/03/24(金) 11:31:47 ID:q58GhTXP
乙彼ちゃん

4 :なまえ_____かえす日:2006/03/24(金) 17:54:27 ID:oCzQYnzu
乙さん

5 :なまえ_____かえす日:2006/03/24(金) 19:44:24 ID:fw5WGgS2
(゚∀゚)乙

6 :なまえ_____かえす日:2006/03/27(月) 02:34:29 ID:AFUXCOrZ
乙 よくやった。

7 :なまえ_____かえす日:2006/03/27(月) 06:34:32 ID:B2bF5xmC
まあ一時のブームでこんな駄本買ったしまった人哀れという事で

8 :なまえ_____かえす日:2006/03/27(月) 09:49:01 ID:D0rTW8aE
同感


9 :なまえ_____かえす日:2006/03/27(月) 14:51:02 ID:e/74N1UJ
「俺をあんなイギリス下層階級出身者特有のせせこましい身分上昇願望と卑しい
 差別意識が横溢しているろくでもない翻訳小説のキャラと一緒にするな!
 だいたいあの頭とセンスの悪そうな訳文はなんだ!
 俺の名をカタカナ表記する時は深町真理子か菊池光が翻訳した時のように表記しろ。
 あ、実は藤本和子でもいいぞ
 …ともかくだ、俺の名はハリィ・ポタァ。いいな、ハリィ・ポタァだ。もちろんシャレだ。
 いちいちマジメにとるな」









 


 って豪屋大輔が書いてました
 

10 :なまえ_____かえす日:2006/03/28(火) 23:56:26 ID:AxRRhAiv
ハリー・ポッターを成分分析した。
哀れすぎて何もいえなかった・・・

11 :なまえ_____かえす日:2006/03/29(水) 21:13:20 ID:xTeHGeik
>  だいたいあの頭とセンスの悪そうな訳文はなんだ!

ワラw

12 :なまえ_____かえす日:2006/03/32(土) 19:39:17 ID:1c5blU+V
ハリポタは長すぎて読む気にならない

13 :なまえ_____かえす日:2006/03/32(土) 20:03:28 ID:429ms7RA
謎プリを予約してる人を見る度に
「目を覚ませっ!!!111!!11!」と、シャウトしたくなる

14 :なまえ_____かえす日:2006/04/02(日) 01:09:44 ID:kTw2GpCq
>>12
むしろあの内容でどうしてあそこまで長く出来るのかが疑問

15 :なまえ_____かえす日:2006/04/02(日) 02:00:06 ID:NuUWVDIH
つ「伸びたラーメン」

16 :なまえ_____かえす日:2006/04/02(日) 10:04:40 ID:GJoPYmK6
原作はとても読むきになれないけど、宮下あきらが漫画化してくれたら読むね

「むう、あれが世に聞く賢者の石」
「知っているのかハーマイオニー!」

絶対ホグワーツって男塾だよ…

17 :なまえ_____かえす日:2006/04/02(日) 10:16:23 ID:kTw2GpCq
>>16
違和感なさ過ぎるw

児童書の名を貶めた極悪人だよな。これは

18 :なまえ_____かえす日:2006/04/06(木) 10:19:15 ID:xyGpFCxK
>16
面白すぎw

19 :なまえ_____かえす日:2006/04/08(土) 18:49:18 ID:FNRBHhT0
そろそろ六巻が出るわけだが果たして売れるのか・・・?
ブームも去りつつある気配を感じるし

20 :なまえ_____かえす日:2006/04/08(土) 19:03:14 ID:BYHalLDC
まだ続いてんの?って感じじゃないかw
刊行ペースの遅さに加えて、翻訳のチンタラさも拍車をかけてるし。

21 :なまえ_____かえす日:2006/04/08(土) 22:14:30 ID:z2EioOc/
5巻は原書のエンターテインメント性がガクッと落ちたところに
翻訳のまずさも拍車がかかり、読みにくいなんてもんじゃなかった。
相当の読者離れがあったんじゃないかな。
今多くの書店では4、5巻を店頭に山積みしてる。
6巻発売の話題に合わせて倉庫から出してきたものの売れてないって感じ。

それでも映画などの話題があるから固定ファンからの新巻予約はそこそこあるだろうが
それ以外の書店注文は大幅に減ること間違いなしだと思うぞ。


22 :モンゴルイタリア人12世:2006/04/14(金) 16:52:40 ID:y9ryQOO0
日本版出してる静山社って本屋に嫌われてるらしい・・・返品ができないため

23 :なまえ_____かえす日:2006/04/14(金) 20:43:48 ID:7MFfurQr
>>22
返本が出来ない出版社は出版業界のシステムを理解してないよ。
本当にそうならソースを出してくれ

それにしても6巻4000円かよ・・・。何かのDVD買う方がよっぽどマシじゃないか


24 :なまえ_____かえす日:2006/04/14(金) 21:00:48 ID:rKm3EQ/6
静山社は買切り制にしてるんだよ
ソースはググるとすぐ出る

25 :なまえ_____かえす日:2006/04/14(金) 21:46:40 ID:QQ50V1fB
>>23
新聞でも記事になるくらいの話だべ。
上下二巻で分売不可、返本不可。買取りしない本屋には売らない。
発行部数が減ってる一因でもあるらしい。

26 :なまえ_____かえす日:2006/04/14(金) 22:35:58 ID:7MFfurQr
>>24>>25
むう、自分が無知でしたごめんなさい。
俺の取ってる新聞でも売れ行き低迷はやってたけどこれはやってなかったような・・・
見出しだけ見て読んでなかったのか?

27 :なまえ_____かえす日:2006/04/14(金) 22:39:00 ID:QQ50V1fB
今もう小さい書店も大きい書店もハリポタの在庫抱えて大変なことになっとる。
静山社はあこぎな商売でうはうは。翻訳もダメダメだし。

28 :なまえ_____かえす日:2006/04/14(金) 22:57:40 ID:7MFfurQr
俺は翻訳がダメって批判は何かおかしいと思うんだよな。
だって内容がそもそもダメダメなんだから。
どうやって訳してもダメなものにしかならないような。
・・・原文読んでから言え?・・・英語力無いからごめんね

29 :なまえ_____かえす日:2006/04/14(金) 23:07:20 ID:QQ50V1fB
翻訳が原文に忠実ならまだ普通に駄目なだけだが。
翻訳の駄目さ加減はハリポタマニアが検証中なので。
ま、他の出版社より一桁多い独占翻訳権料を提示した静山社に権利売った作者と、
英語も日本語も駄目なのに自ら翻訳して書店に売りつける静山社の社長は
お似合いかもしれんね

30 :なまえ_____かえす日:2006/04/15(土) 16:10:10 ID:PvuJ3xJk
>>29
んでもって売り文句に
原作作者の苦労話に翻訳者の苦労話。
そして瀬田貞二氏の苦労をまるで理解せずに児童文学について語ってる痛々しい訳者あとがきか

31 :なまえ_____かえす日:2006/04/15(土) 19:03:51 ID:0iGgZQ9c
あんな訳でそんな偉そうな事語ってんだ…。

32 :なまえ_____かえす日:2006/04/15(土) 22:09:35 ID:1eshgoW8
既存の児童書は参考にしないとか言ってなかった?
いまどきラノベでもやらんようなフォント替えと大文字多様がご自慢らしい…

ところで翻訳改善すっかり下火だな。カバーレター書くっつった儲もいなくなったし。
スレじゃなくてまとめサイトで活躍してるのか?

33 :なまえ_____かえす日:2006/04/15(土) 23:27:03 ID:u1Un7LgJ
>>32
まとめサイトの人が逃げてから、スレッド内で
纏める形式にした辺りまではヲチってたんだけど、最近行ってないや。
あそこの住人は他人に文句を言ったり、押し付けたりはするけど
自分からは何も行動に移そうとしないから
終りは近いと思ってたけど、案の定か。

まあどうでもいいやー

34 :なまえ_____かえす日:2006/04/15(土) 23:41:33 ID:uNA5tJzH
まったくどうでもいいな。

しかしハリポタ関連スレはこの板の人気投票を除いてどこも過疎ってるっぽいな。
いい加減話のネタもつきてきたってとこか。
翻訳版6巻が発売されるまでの嵐の前の静けさなのか?

案外、発売後も過疎なままだったりしてw

35 :なまえ_____かえす日:2006/04/16(日) 00:07:00 ID:fExWUP2w
純粋に売れそうにないし売れたとしても7巻発売と同時にブーム終焉だからな・・・

36 :なまえ_____かえす日:2006/04/16(日) 00:50:50 ID:HK2UhKvi
>>31
内容が薄っぺらだから自慢ぐらいしか書く事がないんでしょ

37 :なまえ_____かえす日:2006/04/16(日) 01:26:16 ID:Rblcedge
死んだ人との苦労話やら誇らしげな自慢話は微妙に後味悪い

38 :なまえ_____かえす日:2006/04/16(日) 16:06:25 ID:megH5MWg
クサいあとがきに「ハリーへのラブレター」とか
「読者へのラブレター」とか題名をつけてる時点で終わってる。

39 :なまえ_____かえす日:2006/04/16(日) 16:32:48 ID:s5585Xo+
あの手のダラダラしたクサい自己陶酔文は四十以上の女性が良く書く印象。
一般書なんてあまり読まない英語苦手なおばちゃんが
がんばって出版した本だと思えば許せるかもしれん。

まあ買わないけどな。

40 :なまえ_____かえす日:2006/04/17(月) 11:47:43 ID:Rg8/DLGT
翻訳の松岡某はたしか60代。おばあちゃんだよ。
いまどきの普通の4〜50代ならさすがにあんな文章は書かないんじゃないかな。
あと40代くらいならジャイアンとかデーモン小暮をよく知ってるはずだから
悪役の一人称に俺様とか我輩を使うとギャグになるということくらいわかるはず。

41 :なまえ_____かえす日:2006/04/17(月) 20:06:39 ID:j19QuUww
作中に溢れんばかりに盛り込まれてるハリー万歳の嵐に赤面しました。

42 :なまえ_____かえす日:2006/04/17(月) 20:45:43 ID:yj0mwFMX
確か学校で英国には生息していない白フクロウを持ってるのは
ハリーだけで、作者はハリーに名声を与えるかと思って持たせたんだと
公式サイトかどこかで言ってて、それ読んですごいあきれたよ。
学生にはふさわしくない高価な箒を持ってるのもハリーだけだよね。

主人公が一人だけしゃれたものや高価なものを持ってるなんて白ける。
まるでキザな悪役みたい。

43 :なまえ_____かえす日:2006/04/17(月) 21:29:54 ID:MGY1O8By
どこの公式で読んだか知らんが、すごいガセだなw
静山社がやってる日本の公式か?

44 :なまえ_____かえす日:2006/04/17(月) 23:12:09 ID:yj0mwFMX
>43
JKローリングの公式サイトだよ。今念のために調べ直した。
フラッシュ版に日本語ページがあるからいってみな。
ヘアブラシをクリックすると「そのほかのこと」というページに飛ぶ。
そしたら付箋のついてる紙の絵が出てくるから「その他」の中の
「ふくろう」という項目を読んでみなよ。

45 :なまえ_____かえす日:2006/04/17(月) 23:43:56 ID:MGY1O8By
ふーん、公式の日本語ページも誤訳があるんだね
松岡が訳してるのか?
ハリポタ批判したいんだったら、少なくとも原語版をすらすら読めるようになってね

46 :なまえ_____かえす日:2006/04/17(月) 23:50:19 ID:DLdViQcz
ID:MGY1O8Byが気持ち悪い件について

47 :なまえ_____かえす日:2006/04/18(火) 00:00:35 ID:lbzvrTfR
そもそもハリポタは
「批判してもらえるだけありがたい」
ってレベルの究極的駄作だろ・・・。
「読んでもらえる」ってこと自体に感謝しないとダメというか

48 :44:2006/04/18(火) 00:31:12 ID:hiZVawnb
>>45
自分は原書読者だよ。イギリス英語の勉強がてら読んだので。
まさか単なる楽しみのためにあの翻訳は読めないよw

ちなみに白ふくろうの件、英語のコメントは以下のとおり。(作者公式サイトより引用)

>I gave my hero what I consider to be the most beautiful owl of the lot:
>the Snowy Owl, which also goes by the name of Ghost Owl.
>These are not native to Britain, so I felt that she would give Harry kudos
>at Hogwarts (there is no other snowy owl there, as I trust you have noticed).

日本語ページの訳はわりと上手いので翻訳は静山社じゃないと思うよ。

49 :なまえ_____かえす日:2006/04/18(火) 21:46:02 ID:h803uV+q
伸びない

50 :なまえ_____かえす日:2006/04/22(土) 21:55:40 ID:zVab4po5
6巻でるまでスレを持たせないとな

51 :なまえ_____かえす日:2006/04/22(土) 23:14:36 ID:b6KBDBmz
燃料投下を待つ!ということですね(´ー`)y─┛~~

52 :なまえ_____かえす日:2006/04/24(月) 21:09:56 ID:jMyMcCr5
他の物語に触れるほどいかにこの作品がゴミクソだったかわかってくる。
ファーストフードにしてもマズイし高い。

53 :なまえ_____かえす日:2006/04/24(月) 22:32:19 ID:wIBycw+K
そう、ラベル偽装してんじゃねーよと。
ジャンクならジャンクらしくしてほしい

54 :なまえ_____かえす日:2006/04/25(火) 21:09:14 ID:mPDcPrQ/
確かに表紙とタイトルだけ見ると面白そうなんだよなあ

55 :なまえ_____かえす日:2006/04/26(水) 16:48:34 ID:JDcGQwan
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1143207682/101
101:マロン名無しさん :2006/04/25(火) 22:52:20 ID:2GapMNrs
漫画じゃなくてすまんが、
「ハリー・ポッター」シリーズのヴォルデモートを挙げたい。

本名は「トム・マールヴォロ・リドル」(Tom Marvolo Riddle)なのだが
訳あって、彼はこの名前をひどく憎んでいる。
で、綴りをアナグラムにして
「私はヴォルデモート卿だ」(I am Lord Voldemort)と名乗っている。

56 :なまえ_____かえす日:2006/04/26(水) 17:17:24 ID:nGv3Vl79
>>55
二巻のその箇所読んで例のあの人が自分の名前をアナグラミングしてニヤニヤする
イメージが浮かんだww初読時はぞくぞくしたけどw
Lordを自称するってハリポタ世界ではありなのかとか、
なんつーか無駄にきらびやかな名前つける同人厨房みたいな感じ
そして一人称「おれ様」で闇の帝王のイメージ轟沈

57 :なまえ_____かえす日:2006/04/26(水) 18:19:18 ID:rPDggyNb
俺様は作者じゃなくて翻訳者の責任だな。
いや…本の内容にはお似合いなのかもしれんが…

58 :なまえ_____かえす日:2006/04/26(水) 18:47:39 ID:JlirthPF
おれ様でジャイアンを思い出した

59 :なまえ_____かえす日:2006/04/26(水) 19:30:24 ID:lfVNZ1VQ
ネビルを幸せにしてやれよ

60 :なまえ_____かえす日:2006/04/26(水) 21:42:25 ID:plpJ/AEd
>>56
つーか下手なアナグラムだな・・・。
俺には韻とかを全然考えてないように見えるんだがどうなんだ?

俺様って言わなくても普通に油断と主人公補正の前に敗北する雑魚だしな。
あんなのがラスボスって言われても怖くもなんとも無いよ

61 :なまえ_____かえす日:2006/04/27(木) 11:18:05 ID:4zBs0s2T
おいおい、アナグラムでどうやって韻を踏むんだ?

しかしヴォルデモートあまりにも怖くなさ杉には同意。
鍋から復活して延々身の上話をするシーンでは本当にがっくりした。

62 :なまえ_____かえす日:2006/04/27(木) 18:28:17 ID:Wv7/wa05
ヴォルデモートに名悪役のカリスマを感じられない俺ガイル

63 :なまえ_____かえす日:2006/04/27(木) 21:43:28 ID:dlA9XA8h
儲マダー?

64 :なまえ_____かえす日:2006/04/27(木) 21:45:29 ID:dlA9XA8h
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1133509282/18-19
18 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2005/12/04(日) 00:08:54
ハリーポッターはもうどうしようもない駄作だろう。
全シリーズを通じて。
19 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2005/12/04(日) 03:02:53
>>18
ハリーポッターのいいところは、
「ああ、どうせ、こうなるんだろうな」
と思わせて、ホントにそうなるところだと思ってるが。
つまり、「男はつらいよ」とか、「水戸黄門」みないなシリーズだと思ってる。

で、タイムボカンシリーズはどうだ?


65 :なまえ_____かえす日:2006/04/27(木) 21:46:11 ID:dlA9XA8h
関連スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1088168266/

66 :なまえ_____かえす日:2006/04/27(木) 21:50:46 ID:lrgzjTdF
ヴォルデモートの名前はともかく、手下の呼び名がデス・イーターで
トレードマークがドクロ(口から蛇が出ている)ってのが幼稚すぎじゃね?
マークのデザインもニヤニヤしながら自分で考えたんだろうな・・・w

67 :なまえ_____かえす日:2006/04/27(木) 22:45:24 ID:7fG3yKr1
悪役の人狼の名前がフェンリルてwヒネリナサスwwと思ったなあ
厨時代の己を振り返らず突っ走る俺様w
っつーか原作者

68 :なまえ_____かえす日:2006/04/28(金) 17:08:55 ID:ORIQ6/k6
フェンリルは厨杉だろwww

69 :なまえ_____かえす日:2006/04/28(金) 22:47:14 ID:JXNgbauG
というか最強の闇の魔術が「100%成功するザキ」ってアホかとバカかと。
せめて「天地を統べて邪悪に染める」とか考えられんのか・・・。
おかげで4巻で見限ったよ

70 :なまえ_____かえす日:2006/04/29(土) 10:12:17 ID:g1IM1mZU
主人公は厨。
作者も厨。

71 :なまえ_____かえす日:2006/04/29(土) 15:43:54 ID:JZApsgfK
わかってる。問題はそれがヒットしたってことだ。
世界中厨だらけかよorz


72 :なまえ_____かえす日:2006/04/29(土) 17:09:31 ID:4WyijGjs
イギリスの魔法少年のうち、最強なのはCCさくらのエリオルってのはわかってるよな

73 :なまえ_____かえす日:2006/04/29(土) 18:01:38 ID:xXi1gvgi
>>72
つ少年時代のトールキン(特に彼の脳内妄想言語体系)

74 :なまえ_____かえす日:2006/04/29(土) 22:50:54 ID:XHP3g+/x
キキとハーマイオニーてどっちが強いの?

75 :なまえ_____かえす日:2006/04/30(日) 04:18:12 ID:0ZUD9WCY
黒猫の使いを持ってるキキ × 黒猫になっちゃったハーマイオニー

キキの勝ち

76 :なまえ_____かえす日:2006/05/01(月) 19:51:45 ID:4Qw2w1BP
エマたんとキキならエマたんの勝ち!w

77 :なまえ_____かえす日:2006/05/02(火) 20:25:29 ID:mbaxBeUa
ヴォルデモート弱すぎはともかくとして強かったとしても
ハリー本人の主人公補正が狂ってるからどっちにしろ結果は変わらないんだよな・・・

78 :なまえ_____かえす日:2006/05/03(水) 23:13:18 ID:S0wiEN8z
ローリングさんのオナニー小説だからね

79 :なまえ_____かえす日:2006/05/10(水) 02:41:33 ID:QwudM2GF
虚しいと思わない?
面白くないって言ってる人。
そりゃ、別に構わないけど、つまならないと思うなら原書を読んだら?
少しは面白いと思うんじゃない?
やっぱり違うよ。

80 :なまえ_____かえす日:2006/05/10(水) 03:13:33 ID:nC4cOIC+
原書とひき比べる価値のある翻訳でもないわけだし
原書読む英語力があるなら何か他の未訳本読んだ方が。

続編を期待させる求心力もなくなった今では原書読むメリットないな・・・

81 :なまえ_____かえす日:2006/05/10(水) 03:27:12 ID:Cn68Gm18
アンチスレにいる信者って痛いですね^^;

82 :なまえ_____かえす日:2006/05/10(水) 16:03:33 ID:omXKihGX
6巻の主人公はますます性格ぶっとんできてつっこみどころ満載。
ある意味アンチも読みがいあるぞ。

ストーリーの核心に触れない部分でちょっとネタバレすると
ひとりだけアンチョコ本を手に入れて似非優等生、
いやらしいジジイ教師のペットになってご満悦。
嫌いな奴にストーカー行為を繰り返し、挙句の果てに
便所の隅に追い詰めて黒魔法でメッタ切りときた。(ホントだよ!ホント!)

人ひとり殺しかねなかったのにお説教と居残り罰で放免だぜ。
確かにあの翻訳じゃ筋を追うだけで一苦労かもしれないが
原書で読んでもこの胸糞悪いエピソードの内容が変わるわけじゃない。

83 :なまえ_____かえす日:2006/05/10(水) 16:56:51 ID:JHlMzng1
>>82
それは楽しみだ。
はやく古本屋に出ないかな。

84 :なまえ_____かえす日:2006/05/10(水) 18:28:27 ID:2Zp+SqDq
>>82
どこよりも興味をひかれたハリポタ予告編

85 :なまえ_____かえす日:2006/05/10(水) 20:03:46 ID:FwHSbrY2
>>82
凄いなソレ。
ホントに児童書なのかハリポター

86 :なまえ_____かえす日:2006/05/11(木) 00:06:40 ID:StDD5CYK
さすが英国DQN御用達
ノビタいらつくといってた同級生がいたがどうするんだハリーw
原書だと原作の持つ英国らしいシニカルな〜云々なんて評もみるけど
あれシニカル?えげつないと言ったら「ナイーブ」とバカにされるのかなw?


87 :なまえ_____かえす日:2006/05/11(木) 02:50:47 ID:QG0KxekA
>あれシニカル?えげつないと言ったら「ナイーブ」とバカにされるのかなw?
されるかもw

いい子ちゃん主人公はつまんないよ〜ハリポタは人間味があるから〜
とか言っちゃう儲も嫌なんだよな。
こう、人間の嫌な面を書き散らせばそれで深みが出るとか、
そういうの狙ってそう。安直。
泣ける話とかと方向が逆なだけで土台は同じで、結局底が浅いと思う。
児童文学とか物語ってそういうもんじゃないだろと思いたいんだが。

88 :なまえ_____かえす日:2006/05/11(木) 06:36:03 ID:nXeszZC7
アレが人間味だったら世の中に絶望してやるw
馬鹿なだけじゃないか

89 :なまえ_____かえす日:2006/05/11(木) 08:37:11 ID:G62vKS67
主人公がいい子ちゃんじゃない児童書なんて大量にあるよな
人間味溢れたものも沢山ある
ハリポタはそういうものとは全然違うな

90 :なまえ_____かえす日:2006/05/12(金) 09:01:45 ID:Mj2rSlI9
>>82
2巻でリタイアした俺だが、なんかちょっと読みたくなってきたw

91 :なまえ_____かえす日:2006/05/12(金) 09:10:21 ID:Mj2rSlI9
そうそう、
CWニコルさんの本とか読むとイギリスの学校事情がわかって
ハリポタのきちがい世界も少し理解できるようになるよ。

92 :なまえ_____かえす日:2006/05/12(金) 22:32:00 ID:N5ukJvOz
理解する必要なんてないような。
ハリポタ:
導入:ライトノベル
お買い物:必要なし
ダミー伏線:最初から張るな
発音不能箒バスケ:で、何?
ハリーは凄い:あ〜はいはい
ヴォルデモートは恐ろしい:(笑)
寄宿舎モノとして読め:寄宿舎モノとして矛盾しています
ハーマイオニー萌え:同意

93 :なまえ_____かえす日:2006/05/12(金) 23:38:08 ID:Ts9lbWE1
>>90
2巻まで読んでるなら、

3巻・・・ハリーがヴォルデモートを復活させる係りのネズミ男を逃がしてしまう。
4巻・・・ヴォルデモート復活。元ヴォルの手下の魔法薬教師がスパイ活動開始。
5巻・・・ハリーがヴォルの宿命の敵と予言されていたことが判明。

これだけの予備知識があればほとんどたいした支障もなく6巻読めます。
どの巻もあまり内容がないので要約しやすいす。

94 :なまえ_____かえす日:2006/05/13(土) 01:08:37 ID:ncB58T73
イギリスの学校事情ってどんなん?
読んでると、主人公らよりスリザリンに同情してしまう自分がいるんだが
事情わかってるとまた違うの?


95 :なまえ_____かえす日:2006/05/13(土) 06:11:47 ID:vND6CjzT
>>93
1〜5巻まで全部読んできた自分ですら
それくらいしか思い出せないや・・・。

96 :なまえ_____かえす日:2006/05/13(土) 23:12:20 ID:BI0GnVfh
>>95
だって、あれが内容の全てだから…

97 :なまえ_____かえす日:2006/05/15(月) 22:24:19 ID:sIa5MeH+
>>94
よく知らんが生徒の素行に点数をつけたり引いたりして
寮同士を競わせたりするのは実際どこの学校でもやってるらしい。
悪いことして本人の内申にひびくとかいうならわかるんだが
連帯責任で仲間に恨まれるシステムになってるというのがな〜。
生徒管理の手段としてはずいぶん陰湿だと思う。

98 :なまえ_____かえす日:2006/05/17(水) 22:04:11 ID:DWPsnmF7
買った人いる?

99 :なまえ_____かえす日:2006/05/17(水) 22:07:33 ID:l9VTjBqX
古本待ち。

100 :なまえ_____かえす日:2006/05/17(水) 23:04:11 ID:Oz82ak3s
これ買うくらいだったら岩波少年文庫そろえるよ

101 :なまえ_____かえす日:2006/05/17(水) 23:33:50 ID:LXcZf9eb
本スレから要約拾って来た。
ネタバレが嫌な人は注意。





ハリーの所にダンブルドアが迎えにくる
夏休みロンの家に行く前に新しい薬学の先生をハリーが説得
スネイプは例の教科担当に
ドラコがあやしい動きをみせて
ジニーはロンとハリーの前で付き合ってるヤツとチュー
ハリーはそれに嫉妬してロンは色々飲み食いしては災難にあったりウハウハしてたり
ハリーは新しい先生から借りた謎の教科書で好成績。ジニーとも付き合ったり、ドラコを斬り刻んだり
そんなこんなしていたら、たんすの中からデスイーターがぞーろぞろでホグ大騒ぎ
ドラコとスネイプがダンブルをアバダでどーん!とやってホグ休校
ハリーは旅出ちゃおっかなーと考えるのだった

102 :なまえ_____かえす日:2006/05/18(木) 00:27:46 ID:2RlzcQFn
>>100
だね。
三千九百円もの大金を、よりにもよってコレにつぎ込みたくないよ。

103 :なまえ_____かえす日:2006/05/18(木) 00:34:43 ID:t2CdyOxv
要約だけで眩暈がするよ…


104 :なまえ_____かえす日:2006/05/18(木) 01:09:27 ID:rdIxHNOS
>>101
1巻の時点では「英国産ラノベ」って印象だったがここまでつまらん話ではなかったような・・・

>>102
でも岩波は図書館に行けば自由に読めるから買う必要がない。
ハリポタは貸し出し順序待ちがあるから買わないと読めない。
何かがおかしいぞこれは

105 :なまえ_____かえす日:2006/05/18(木) 13:20:35 ID:etDjmlT3
もうまじめに読む気すらうせて最後の1ページだけ読んだが、
最後数行、なんだあの「けれどけれどけれどけれd」の連続は!
中学生レベルの翻訳じゃないか!!最低だな!
しかも四千円もするし、子供が気軽に買える値段じゃねーよ。





106 :なまえ_____かえす日:2006/05/18(木) 14:02:04 ID:r6oROpdS
>要約
なんだこりゃ

107 :but knife:2006/05/18(木) 18:45:01 ID:uHDiDSYt
『愛しのエマワトソン様へ』





私が貴女をお見初めしたのは今から6年ほど前の
貴女が役に抜擢され話題の子役となった頃のことです

その頃は貴女もまだ幼く貴女に対して特別な感情はありませんでしたが
数年前の3作目から急に大人っぽくそして色っぽくなった貴女の快活で知的で気品のある美しい姿に
私は虜にされました

日本ではあばたもえくぼと言いますが
貴女にぞっこん惚れてしまった今では
貴女のそばかすさえも愛しく思えます





近頃はウェブで拾ってきた貴女の写真をうっとり眺める毎日です

巷には貴女に関する情報が溢れていますが
それらを読み貴女の事を少しでも知ることで
貴女にお会いできない辛さを和らげるということはしたくないので
あえて目を通さないでいます

貴女のことを知るのは
いずれ貴女とお親しくなってからのお楽しみといったところです・・・・


続きは ブログにあります。http://plaza.rakuten.co.jp/orenozousan/diary/200604240000/ 
他にも「恥ずかしい妄想 エマと冬の温泉へ」もあるので、そちらも併せてどうぞ。


108 :なまえ_____かえす日:2006/05/18(木) 19:16:00 ID:SCSpR5Wu
>>100
新刊1セットのお金で「ピッピ」や「やかまし村」が全巻揃えられるね。
わお、よっぽど名作だぜ。

109 :なまえ_____かえす日:2006/05/18(木) 19:44:25 ID:u9j3BnHQ
自分は藤枝梅安買うぽー。

110 :なまえ_____かえす日:2006/05/19(金) 10:33:57 ID:5U+nccu4
>>108
それは絶対そうだ。リンドグレーンに比べたら全くの駄作。
あれほど名作が多いイギリスの児童文学とも思えない出来だ。
強いて言うならEnid Blytonの書いた延々と続くだけが取り得の学園物シリーズにそっくり。
内容も文章のレベルも(英語で読んでも)双子シリーズ以上ではない。
こんなものに夢中になれる人は普段よほど本を読んでないんだろうと思う。

結末以外、何の魅力もないんだから7巻が出ればそれで終わり。
犯人さえ分かれば読む価値もない駄作の推理小説みたいなもんだw

111 :なまえ_____かえす日:2006/05/19(金) 17:38:30 ID:YJ4ZhfWX
>>108,110
そんなリンドグレーンとなんて比べる価値すらないわ!!
どっかのしょーもないラノベかなんかとどっちがマシかという話ならわかるが。

112 :なまえ_____かえす日:2006/05/19(金) 18:56:21 ID:3AoNGr1t
失礼だろ! ラノベに。
ラノベはラノベらしく、分を弁えてつましく存在してる。
どっかの偽装表示本とは心根が違うんだよ


113 :なまえ_____かえす日:2006/05/19(金) 19:38:21 ID:4m1FVepV
イギリス児童文学ならElla Enchanted(魔法をかけられたエラ)って作品は面白いよ。
邦題は{さよなら、「いい子」の魔法}になってる。名作。

ハリーポッターは自分が読んだイギリス作品の中で一番最悪。
みんなこんなの読んで喜んでるの…?って思ったよ。

114 :なまえ_____かえす日:2006/05/19(金) 22:19:03 ID:8i2O71vK
たまに電車の中にまで持ち込んで呼んでる小中学生がいるけど、素直に感心する。
あんなに重いものを…。

115 :なまえ_____かえす日:2006/05/19(金) 22:30:10 ID:sLWj76Tt
>>114
よく考えよう。内容は軽いじゃないか!(ほとんど水素)

116 :なまえ_____かえす日:2006/05/19(金) 22:48:10 ID:3rBJhLtM
子供が本を読むようになったから…という親もいるようだけど
知人の家では内容があまりに猟奇的だということで、三巻以降は子供
(小学二年生)に読ませてない。
児童文学ならせめて子供でも最後まで一気に読めるような内容で書くか、
初めからもっと高学年向けに書くか、どちらかにすればいいのに。

117 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 00:49:44 ID:4iv3v5ZF
黒々と殺伐とした気持ちになるんだよ
ブラックユーモアは平気なのにこれは…なまじ子供向けだと思ってるからなのか?

イギリスの児童向けファンタジーというと、古典のグリーンノウ、真夜中の庭で、
時の旅人なんかがぱっと思い浮かぶんだが、地味に映るのかもしれないね。
「漫画的なもの」を求めている層には、強くアピールするのかもしれない<ハリポタ


118 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 00:52:03 ID:hZDSp0vb
実際人気は落ちてるよ
図書館でもほんとに本好きな子は読まない。
内容が薄くてつまらないのがわかるんだね

反面、あまり本を読まない子には人気があるけど

119 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 01:29:02 ID:IxBZfZPv
おまえら、たかが児童書相手に
何熱くなっちゃってんの

120 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 01:33:40 ID:iXiphU+2
猟奇的というか、作品に満ち満ちている悪意のようなもの。あれが怖い。
例え犯罪を取り扱っていようとも、小学生にホームズは読ませられるのに、
ハリポタは読ませたくない。
作者は、どんな思いでこれを書いてるんだろう?
全世界のこどもに何を発信してるんだろうか。
結末より気になるのは、作者の意図と感覚。


121 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 01:33:48 ID:As8uqqRZ
児童書板だから。

122 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 01:41:43 ID:+9XSSOwq
>>120
登場人物がどいつもこいつもインケンなんだよな。

123 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 02:05:32 ID:PgjN7qpI
>どいつもこいつも
確かに。だから共感できる人、視点の置き所となる人物が皆無で
読んでいて落ち着かない。不安になる。
普通、主人公がその責をおうことになるのに性格の悪さでは随一。
家庭でああも虐められてきたらそうなるのも無理からぬ事かもしれない
けど子どものヒーローだったら跳ね返す強さが欲しい。

ハリポタ読んでよかったこと。今更だが、どらえもんの素晴らしさに
気付いた。収穫はこれくらいか。


124 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 03:25:44 ID:bEqjcu8r
家庭で虐められたというのが原因…というんなら、リンドグレーンのミオだって同じだろう。
だが彼は友達ができて父親に出会えてから、段々と強く明るくなっていく。
ハリーとミオは疑いたくなるほど似ているところがかなりあって
実は1巻を読み始めたときにあまりにもあからさまだったんで嫌になって投げ出したんだが
(・二人とも育て親に虐待されている
・育て親は実の両親に対して憎しみに近い反感を持っている
・突然、親と関わりのある全くの別世界に行くことになる
・その世界での彼等の立場は特別で尊敬されるもの
・悪の親玉を相手に戦わなければならないという宿命を持つ)
ミオの性格がはっきりと悪と戦えるような逆の要素を持っているとすれば
ハリーの場合は性格悪い奴がもう一人の性格悪い奴と戦うぐらいにしか思えない。

125 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 03:35:04 ID:GMOLjgXx
3、5巻で主人公の父親や名づけ親が度を越したDQNだった
ということがわかるんだが、それはまあいいんだが、
なぜそんなDQNなこと(ひどいいじめとか殺人未遂)をしたのかの説明がない。
主人公が英雄だと思っていた父親のありのままの人間的な弱さとかを認め
一回り成長するとか、なんかそういう内容のあるエピソードにつなげていないので
後味が悪いまま終わっている。

なんでわざわざあんな嫌なエピソードをハンパに書いたんだろうな。
皆がいっているように作者にとっては嫌なもの吐き出して
気持ちの浄化になったということなのかな。
信者スレでも首を傾げてる奴は多いよ。
とにかくここまできたらどう落とし前をつけるのか気になって読んではいるけど。


126 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 03:59:13 ID:33Hfq2Ob
つくづく特異な主人公だね。
ハリーにはヒーローとしての特性が備わっていない。
じゃあアンチヒーローなのかといえばそうではなく、物語中の位置付けは
あくまでヒーロー。

試練を乗り越えて、巻を追うごとに成長するのかと思いきや、その気配もない。
彼にあるのは親の血筋と、えこひいきのみ。
漫画でも、ちょっと見ないような主人公だ。
これのどこに共感し、感動を覚えるのか…謎だ


127 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 13:28:51 ID:YQfZgztt
客の注文プラス数冊程度の注文出した小さい本屋が一番の勝利者
欲かいて大量発注した大型書店乙

128 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 13:36:07 ID:SGZ9AYz+
発売日にどこの本屋かしらんが駅の構内とかで押し売りしてたな。
思ったより客が来なかったのでこりゃ売れ残る!とあせったのだろう。
返品できないという出版社のボッタクリ商法のせいで
書店の人たちもなりふり構わなくなったようで欝。
こりゃもう、業界全体のイメージを引き下げてるな。

129 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 15:06:50 ID:4fxpnyXW
セット売りしかしないならしないで、ビニ本にしないで箱をつければいいのに。

130 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 15:18:32 ID:/opO5aKp
>>94
あからさまなグリフィンドール贔屓がなあ。

131 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 17:28:33 ID:2336knk3
6巻読んでハリポアンチになった私が通りますよ。
まじでなんだこれー!ハリポタでドロドロ愛憎劇やるな
10代の恋愛じゃないだろってか全編通して恋愛ばっかでウンザリ
常にイライラ怒ってるか色ボケてるかの主人公…
ていうかキャラ皆短気すぎるだろ、すぐ切れるし皮肉屋だし性格悪すぎ
一番好きなキャラはあぼんだしー!
失望したお

132 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 18:55:43 ID:Vd1rZLMU
みなさん嫌いって言ってるわりにはちゃんと読んでますねww

133 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 19:00:31 ID:Mc5qG1Il
私はまだハリポタ好きだけど>>131さんの意見に同意です(つД`)
何で皆あんなに短気なんだろう…。恋愛もドロドロだし…そこがリアルと言えばリアルかもしれませんが

134 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 19:38:29 ID:2336knk3
>>133
うっ同意してくれてありがとう。5巻までは好きだったから尚更ショックだったんだorz
4千円の価値がないよう…なんか今回やたら下半分の余白が目立ったし
内容が分かりづらくて、言い回しが悪いのかな?訳が悪いのか分からないけど
もう読み終わってから文句のひとつも言わなきゃ気が治まんなかったよ(つД`)ウエーン

135 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 19:59:24 ID:MEXjOX90
4000円って大金だぞ…モッタイナイ…

136 :なまえ_____かえす日:2006/05/20(土) 20:32:45 ID:OxFykZFe
ファンで気に入らない展開だから嫌です、
ってな内容ならそのまま数限りなくたてまくってるハリーポッターのスレのどこかに吐き出せばいいのに
ここで馴れ合うな

137 :なまえ_____かえす日:2006/05/21(日) 02:22:38 ID:nwsVXC3W
>132
ちゃんと読まないと、内容を何も批判する事が出来ないんじゃ・・・
自分はまったく読んでないけど上下左右の余白と
値段の設定と翻訳者の暴走っぷりに苗。

138 :なまえ_____かえす日:2006/05/21(日) 05:30:49 ID:32H5kXL7
つまらないと言ってるやつほど本を読んでない傾向にある
批判があまりにも低レベルなのを見るとねー。

139 :なまえ_____かえす日:2006/05/21(日) 06:04:50 ID:5VtxKbg4
>>138
逆。
面白いと言って周りに迷惑をかけるやつほど
本を読んでいない傾向にある。

というか信者は出入り禁止ですよ、ここアンチスレなんだから。

140 :なまえ_____かえす日:2006/05/21(日) 08:23:45 ID:QscPr9mZ
>>138
というか高レベルな批判をしようにもハリポタ本体が低レベルだからどうしようもないんだが・・・。
ついでにお前みたいな信者が迷惑掛け捲ってるって事実をお忘れなく。何で人に迷惑掛けちゃ駄目なのかわかる?

141 :なまえ_____かえす日:2006/05/21(日) 09:08:16 ID:N+A2SZCf
わざわざアンチスレで宣伝しなきゃならないほど
信者が減ってるというわけですかw

142 :なまえ_____かえす日:2006/05/21(日) 14:31:45 ID:XqCkK6FV
ブームに乗り遅れたけど成分解析


ハリー・ポッターの解析結果
ハリー・ポッターの86%は罠で出来ています
ハリー・ポッターの9%は魂の炎で出来ています
ハリー・ポッターの3%は気の迷いで出来ています
ハリー・ポッターの1%は心の壁で出来ています
ハリー・ポッターの1%は理論で出来ています

Harry Potterの解析結果
Harry Potterの62%は花崗岩で出来ています
Harry Potterの32%は税金で出来ています
Harry Potterの2%は気の迷いで出来ています
Harry Potterの2%は濃硫酸で出来ています
Harry Potterの2%は成功の鍵で出来ています

J.K.ローリングの解析結果
J.K.ローリングの61%は大人の都合で出来ています
J.K.ローリングの32%は柳の樹皮で出来ています
J.K.ローリングの5%は成功の鍵で出来ています
J.K.ローリングの1%は理論で出来ています
J.K.ローリングの1%はお菓子で出来ています



ハリーポッターの綴りがHarry Potteで良いのか不安だけど('A` )

143 :142:2006/05/21(日) 14:34:11 ID:XqCkK6FV
間違えた

○→ハリーポッターの綴りがHarry Potterで良いのか不安だけど('A` )
×→ハリーポッターの綴りがHarry Potteで良いのか不安だけど('A` )


144 :なまえ_____かえす日:2006/05/22(月) 01:24:44 ID:dgrii9H8
>>143
安心汁。

145 :なまえ_____かえす日:2006/05/22(月) 13:50:15 ID:u4fx5gY0
今読み終わったけど>>82と全然違うじゃねぇか死ね
5巻よりはマシだったかな

146 :なまえ_____かえす日:2006/05/22(月) 23:44:29 ID:6wzdFcBO
>140
他人に迷惑をかけるなということは、つまり生きるなということに等しい
いや、或いは死ぬことですら迷惑がかかるかもしれない。つまり迷惑をかけない人間など存在しない
というより…論点がズレてますよww道徳の時間じゃないから

147 :なまえ_____かえす日:2006/05/23(火) 00:26:48 ID:RJI1ahSs
5巻出たときはアンチ寄りながらまだ人並みに興味があったんだけどな。
今回はもうほんとにどうでも

148 :なまえ_____かえす日:2006/05/23(火) 01:10:27 ID:C+Xdjut0
ハリー自身例のあの人との因縁がなければクラスで誰にも相手にされなさそうな
性格と容姿(身だしなみ含む)だよね。
スポーツでの活躍も毎回毎回無理矢理とってつけたような感じだし。
魅力ってもんがない。

149 :なまえ_____かえす日:2006/05/23(火) 01:22:26 ID:oCejyfPB
なるほど…
>>146のように何が言いたいのか全く意味不明、一見、かっこつけた哲学論のように見えて
その実、まるっきり空っぽでみっともない文章を書くようなリア厨でないと信者にはなれないわけかw

150 :なまえ_____かえす日:2006/05/23(火) 02:53:44 ID:G3rHH6cN
>>145
ほとんどあってるが?

151 :なまえ_____かえす日:2006/05/23(火) 21:47:49 ID:RcVndvAa
>>148
あの発音不能箒バスケのシーンって意味あるのか?

>>149
信者様の無能っぷりを証明する誘導尋問に見事に引っかかってくれたっす。面白すぎるっす。多分信者様はどこが誘導尋問なのかすらわかってないと思うっす。哀れっす

152 :なまえ_____かえす日:2006/05/24(水) 00:15:17 ID:ysBKQVL+
哀れなのはそれに反応してしまうお前らなのだよ
無視という行為は千金にも値するというのに、それをフイにするとは愚かしい限りであるなあ

153 :なまえ_____かえす日:2006/05/24(水) 00:16:35 ID:kHz9unEj
>>152
ということにしたいのですね

154 :なまえ_____かえす日:2006/05/24(水) 00:35:35 ID:6Tjbb09Q
>>153
児童書板風に言うなら
「汝の欲することを為せ」
なんだろうけどな。
元帝王達の都にいく運命にあるような奴らは手の施しようが無いからね

155 :host169-199.pool8258.interbusiness.it:2006/05/24(水) 23:32:35 ID:9y1xbq3Y
 

156 :なまえ_____かえす日:2006/05/25(木) 00:19:08 ID:jDbjicPY
>>155
なにゆえに・・・

157 :なまえ_____かえす日:2006/05/25(木) 12:58:42 ID:ZVqHGxg7
ダンナが発売次の日に買ってきたのだが、そのまま読まずに放置している。
私も今まで読んじゃったから、一応気になるけど、まだ読んでない。
ダンナに読まないの?って聞いたら、
「読む読む」って言いながら、他の本読んでるよ。

ずっとこのままだったりしてw

158 :なまえ_____かえす日:2006/05/25(木) 15:38:51 ID:FlUIQq1z
4kの本を放置……
その間に買い取り価格がどんどん下がる!

159 :なまえ_____かえす日:2006/05/25(木) 23:44:05 ID:SnBu+iRs
そーなの。お金も本棚のスペースももったいないから、早く読まねば。と思いつつ、ドリトル先生シリーズを読み返し始めてしまった…。

160 :なまえ_____かえす日:2006/05/26(金) 20:38:26 ID:UVvHSI4x
1〜3巻 約2000円
4〜6巻 約4000円
---------------
合計  約18000円


高すぎるよ…
(しかもあの中身)

161 :なまえ_____かえす日:2006/05/27(土) 18:02:50 ID:3SD7BCWF
高いけど装丁が丈夫じゃないからすぐにぼろぼろになるんだよね。
しかも初回特典のバックがまた泣けた。誰が使うんだ?

162 :なまえ_____かえす日:2006/05/28(日) 23:58:23 ID:Xz09aU1W
児童書とこれを比較するのは勘違いも甚だしいけど・・・
SIMPLE2000のゲーム2本買える金額じゃないか・・・

163 :なまえ_____かえす日:2006/06/01(木) 02:00:04 ID:7auBHp7v
>>138
ムアコックスレからコピペ。
誰それにワロスww
ほんとにこういう奴ばかりなのかハリポタファンは。

285 : おさかなくわえた名無しさん [sage] 2006/05/26(金) 19:41:31 ID:i0cNkDLw
改変しないバージョンの方が面白いな。

自分的に最近図々しくて気にくわないのは、突然ファンタジー文学
評論家と化した友人Yだ。
たまたま読んだハリポタが面白かったらしいが、それしか読んでない
クセに私の読んでいる本のタイトルを見てはやけに偉そうに批評する。
「SFなんて荒唐無稽、夢がないよ」だの(魔法は荒唐無稽じゃないのか?)
「ムアコックって誰それwもっと有名な本読みなよ」だの
その後ハリポタマンセー話が続く。
なんかニガテな作品がますます嫌いになりそうだ。

164 :なまえ_____かえす日:2006/06/01(木) 08:40:16 ID:l3Fyrv5e
>>161
子供が弁当入れて嬉々として毎日学校へ行ってます。

165 :なまえ_____かえす日:2006/06/01(木) 12:37:05 ID:zeuOhYIw
>>164
100均ショップにもないようなぺらぺらのナイロンバッグで
書名や出版社の名前がでかでか印刷してあるアレをか?
子供だまして宣伝させているようなものじゃないか。感心しないな。
弁当入れくらい母親の手作りのバッグでも持たせてやれよ。

166 :なまえ_____かえす日:2006/06/01(木) 14:57:13 ID:gKpPjghv
でも子供って「何でこんなの……」っていうような入れ物や小物を
好んで持ち歩く時期があるよねw
お母さんが何を言ってもきかず、友達にバカにされると初めて気付くような。
すぐぼろぼろになりそうだしほっとくといい。

167 :人間:2006/06/01(木) 15:23:33 ID:OmjV3zRZ
馬鹿だ…(笑)

168 :なまえ_____かえす日:2006/06/01(木) 15:25:23 ID:OmjV3zRZ
暇人の集まりか?此処は(笑)

169 :なまえ_____かえす日:2006/06/01(木) 16:37:57 ID:OQEkgs0u
>>160
ブックオフで

1巻     105円
2巻     600円
3巻上下 1,500円
4巻上下 1,500円

合計   3,705円

で買った俺は勝ち組み。
・・・なのか?

170 :なまえ_____かえす日:2006/06/01(木) 21:53:50 ID:/BcuCLEK
甘いな、私は

1巻     105円
2巻     105円
3巻上下 250円
4巻上下 600円

合計   1,060円

171 :169:2006/06/02(金) 13:24:11 ID:eLJbV2dP
>>170

負けた・・・。
まあ、3巻以降の2冊組4,000円以下という事で、納得しよう。

172 :なまえ_____かえす日:2006/06/03(土) 07:24:32 ID:5xpeKVAo
それでも一番の勝ち組は私だろう。

一巻    借りた
二巻    もらった
三巻    もらった
四巻    借りた
残り    読んだらくれると既に約束済み

金なんて一円も出す気にならない。
もちろん、読み終わったら私も人にやっているがね。

173 :なまえ_____かえす日:2006/06/03(土) 12:25:42 ID:epO4FQcY
1円もかけなくても、あんな無駄にデカクて重いのが本棚にあるだけで駄目だと思うぞ…

漬物石がわりにはいいかもしれんが

174 :なまえ_____かえす日:2006/06/16(金) 22:32:55 ID:Wkl1a/W5
ハリー・ポッターとツナギの男

ハリー・ポッターと公園のトイレ

ハリー・ポッターと男の度胸

誰か続き考えて

175 :なまえ_____かえす日:2006/06/17(土) 18:42:49 ID:xHzRy8Ib

ハリー・ボッターと書店の憂鬱


176 :なまえ_____かえす日:2006/06/21(水) 18:06:12 ID:t7tAPIuI
そういうの、某文章HPで半年くらい前にやってた。
テンプレートは「ハリーポッターと○○の○○」
サイト主さんには申し訳ないけど、一個だけ引用。
>『ハリー・ポッターとあげくの果て』

言いえて妙。

177 :なまえ_____かえす日:2006/06/21(水) 19:36:45 ID:LMCoPgnq
ワロスw

178 :なまえ_____かえす日:2006/06/25(日) 04:10:44 ID:iBopvGCr
しかし6巻発売になったのに盛り上がらんな・・・。
まあ上のほう見る限り6巻が絶望的なのはよく分かったが

179 :なまえ_____かえす日:2006/06/25(日) 21:42:27 ID:AfDngPLY
というか5巻が強烈に糞だったために
アンチするために本読む執着も失せたというか

180 :なまえ_____かえす日:2006/06/26(月) 00:00:39 ID:injynmci
<奈良高1放火殺人> 父親「失火願ったが…」まだ面会せず

 奈良県田原本町の医師(47)方が全焼し、母子3人が死亡した放火殺人事件。
殺人と放火容疑で逮捕された長男(16)は事件から3日目に京都市内で保護されたが、
父親が「見つかる前は失火であってほしいと願っていた」などと、県警の捜査員に話して
いることが分かった。長男は逮捕後、学校の成績を父親からしつこく言われたことへの
不満などを述べているという。小学生時代は医師である父親へあこがれていたというが…。
県警は家庭内に動機があるとみて、さらに調べを進めている。

 「もうちょっと、落ち着いてからにします」。
長男の逮捕後、父親は捜査員に長男と面会するか聞かれて、こう答えたという。

 父親は事件後、県警の現場検証に立ち合い、焼け落ちた自宅の構造などを
指さしながら説明してきた。悲しみを押し殺し、長男を信じようとする様子はしょうすいしきっていた。

 父親は長男が小学生だったころから医師になることを期待。
少年も小学校の卒業文集に「手術をしている(父の)写真がとてもかっこよく見えた」
とつづり、将来の夢は医者と書いた。進学で関西有数の中高一貫の私立中学に
入学した際は、本人、両親ともに医学部志望であることを学校側に伝えていた。

 父親は自宅の一室を「ICU(集中治療室)」と呼び、勉強に集中できるよう配慮。
自らも熱心に指導してきた。長男は捜査員に「両親が教育熱心だった」という
内容の話をしているが、県警は長男が家庭で孤立感を抱いていたとみている。

 一方、長男は県警が捜査本部を設置した田原本署で、素直に調べに応じている。

 長男は世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの大ファンだった。取り調べの
合間には同署にあったシリーズの本を熱心に読んでいるという。【高瀬浩平、花沢茂人】

(毎日新聞) - 6月24日15時14分更新

181 :なまえ_____かえす日:2006/06/27(火) 01:22:54 ID:tAZH9fXA
>>179
5巻読んでないんだけどどれくらいクソなんだ?
シリウスが最高に意味の無い理由で死ぬっていうのは知ってるけどどれくらい意味が無いのか気になる・・・

182 :なまえ_____かえす日:2006/06/29(木) 00:00:15 ID:qenWasEy
>>181
調子こいて油断してアバダであぼーん
死闘を繰り広げた末での死という訳でもなく、あっけなく死亡

183 :なまえ_____かえす日:2006/06/29(木) 10:54:22 ID:9ER+tmg3
どこの馬の骨とも分からないイギリスのおばさんに
日本人好みの萌え燃え魔法バトル小説を期待した俺がバカだった。

184 :なまえ_____かえす日:2006/06/29(木) 11:26:55 ID:w0PwJwHB
そりゃ確かにお前が馬鹿だ

185 :なまえ_____かえす日:2006/06/29(木) 21:39:36 ID:RudrLQCh
>>182
通りで人に聞いても
「意味無く死ぬよ」
って返事しか来ないわけだ。意味無さ過ぎて俺が泣いた

186 :なまえ_____かえす日:2006/06/29(木) 21:53:10 ID:OYtaHxnB
>>185
それなのに無意味にハリーがシリウスの死を引きずってるのにはワラタ
あんなアホな死に方をどうやって悲しめっていうんだよwww

187 :なまえ_____かえす日:2006/06/29(木) 22:17:17 ID:RudrLQCh
>>186
4巻で見限った俺は正解だったな。
何そのギャグ展開

188 :なまえ_____かえす日:2006/06/30(金) 16:27:48 ID:vIwxRTcU
ハリーポッターとボッディチェルリ

189 :なまえ_____かえす日:2006/07/02(日) 16:19:09 ID:8CRbctQU
つーかシリウスって誰だっけ…?

190 :なまえ_____かえす日:2006/07/04(火) 14:33:50 ID:7GB1ly7f
>>189
マジレスすると、ハリーのパパンのおホモ達。ステータスは貴族。
息子に親友を投影しまくって、お父さんにそっくりだの一緒に住もうだの
孤立しているハリーにつけこむやり方でキモいことこの上なかった。

今頃はあの世でよろしくやっているでしょう。

191 :なまえ_____かえす日:2006/07/04(火) 18:36:15 ID:u5DYZY/6
おホモ達吹いたwwwwww
つーかあのおホモ達連中、全員DQNじゃね?

192 :なまえ_____かえす日:2006/07/04(火) 19:44:27 ID:ZkYCsZ47
リリーも軽くドキュソw

193 :なまえ_____かえす日:2006/07/13(木) 19:11:14 ID:Pgs9rKWS
ハリポタ7巻はどれくらい壊滅的な内容なんだろう・・・

194 :なまえ_____かえす日:2006/07/17(月) 13:30:29 ID:sUXtSzgc
あげ

195 :なまえ_____かえす日:2006/07/17(月) 21:35:20 ID:kiw5zmfP
シリウスの一生
11歳 ホグワツ入学 となりの眼鏡に恋をする
12歳 スリザリンにライバル出現
13歳 妙薬を盛るスニベリーに呪をかける
14歳 ポッターとエヴァンスがくっつく 泣き崩れる
15歳 こっそりとエヴァンスに嫌がらせする
16歳 ポッターに妙薬を盛るがエヴァンスにみつかり張り付けの呪文にかかる 入院 
17歳 無事退院したもののポッターへの愛は止まらない
18歳 ホグワツ卒業別れがさみしくすすり泣く
19歳 エヴァンスと入籍したときき おおきく泣き崩れる
20歳 ポッター二世誕生なずけ親になってほしいと頼まれる
21歳 恋敵エヴァンスの息子なので適当に「ハリー」となづける
22歳 ポッター夫妻他界 エヴァンスならともかくポッターまでもと悔しがる
23歳 なんやかんやでアズガバン行き
24歳 なかなか住み心地はよい 
25歳 食事にチキンが出ないことに腹を立て脱獄
26歳 指名手配
27〜31歳 漏れ鍋のトムの飼い犬になる。
32歳 食事(エサ)にチキンが出ないことに腹をたて家出
33歳 ポター2世と出会うポッター似でなかなか男前だが目があの泥棒猫クリソツだ
34歳 ポッター2世に妙薬を盛るところをスニベリに見つかり通報される
35歳 暖炉からポッター2世を観察してハァハァしてると女の校長にみつかり通報される
36歳 ポッター2世にいいところを見せようとはりきっていたら足をすべらせアボン


※あながち嘘ではありません

196 :なまえ_____かえす日:2006/07/22(土) 00:28:03 ID:zl1tLphx
>>195
ワロスww

197 :なまえ_____かえす日:2006/07/25(火) 16:13:58 ID:cnq+F5o0
>>195
流石ホモの国イギリス

198 :なまえ_____かえす日:2006/07/26(水) 07:14:09 ID:tLRumbR0
ハリポタ糞翻訳のあの御方が30億の課税逃れ疑惑

199 :なまえ_____かえす日:2006/07/26(水) 12:18:07 ID:xWB84ZaG
【社会】"「ハリー・ポッター」の翻訳家" 静山社・松岡佑子社長、30数億円の申告漏れ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153862866/

http://www3.nhk.or.jp/news/2006/07/26/d20060726000021.html

正直、スイスに埋まって出てくるなと言いたくなるツラだなw

200 :なまえ_____かえす日:2006/07/26(水) 15:07:30 ID:RXM45Wjt
さんざん儲けて海外で税金逃れか。最低だな。

201 :なまえ_____かえす日:2006/07/26(水) 17:54:57 ID:edoStQAn
人気小説「ハリー・ポッター」シリーズの日本語版の翻訳家が、住居のある
スイスで納税していることについて、東京国税局から実質的な生活基盤は
日本にあったなどとして三十数億円の申告漏れを指摘され、課税をめぐって
日本とスイスの間で協議が行われていることがわかりました。

「ハリー・ポッター」シリーズの翻訳を手がけている松岡佑子さんは、日本語版を
みずからが社長を務めていた出版社から出版しています。松岡さんによりますと、
平成13年にスイスでの永住許可を取り、ジュネーブにマンションを購入して
移住したため、それ以降はスイスで納税しているということです。

関係者によりますと、これについて松岡さんは、東京国税局から、「スイス移住後も
実質的な生活の基盤は日本にあった」などとして平成16年までの3年間に翻訳などで
得た所得三十数億円の申告漏れを指摘されたということです。このため日本と
スイスの間で課税をめぐる協議が行われているということです。

NHKの取材に対して松岡さんは、いずれの国からも課税逃れという指摘を受けた
ことはなく、協議の結論が出るまでは答えられないとしたうえで、「個人的な理由で
スイスに骨を埋める決心をしてスイスで納税して生活しており、国税当局にも
十分ご理解いただいていると思います」とコメントしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/2006/07/26/k20060726000021.html
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/07/26/d20060726000021.html


いいご身分ですね 糞訳者サマ

202 :なまえ_____かえす日:2006/07/26(水) 18:15:12 ID:y5AOVCq1
…最低だぁ。>>マッチャン

203 :なまえ_____かえす日:2006/07/26(水) 18:15:37 ID:Ijq5ivV8
プギャーーーーー

204 :なまえ_____かえす日:2006/07/26(水) 18:21:15 ID:edoStQAn
そもそもマンションなんか買う奴はろくな人間いない。

酷い訳なのに高額な値段設定や書店買い取りでボロもーけ。
最悪だよ松岡。

205 :なまえ_____かえす日:2006/07/26(水) 22:07:14 ID:Xm53uNfy
あとがき読むだけで具合悪くなる性格なのは伝わってきたがリアルの行動も終わってたんだなあ・・・

206 :なまえ_____かえす日:2006/07/26(水) 22:44:18 ID:edoStQAn
ここでは誤訳の検証もしてるようだ。

ハリポタぼったくりすぎ 3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1098587716/

207 :通りすがり:2006/07/27(木) 05:04:47 ID:1EIevBIG
まぁ・・・
ハリー・ポッターはイマイチだけど。
番外編のハリー・ポッターの呪いは面白かったな。

208 :なまえ_____かえす日:2006/07/27(木) 11:01:15 ID:3GI3XoqG
スイスにいるときは日本で納税、日本にいるときはスイスで納税っていうことにしてたり。
グズグズ言い逃れしているつもりが、両国の国税から申告を突き合わせされて、ダブルで
プギャ〜ってことになるんだね。きっと。
賢い金持ちはとりあえず指摘された追徴課税金額は即納するもんだ。
その上で見解の相違とかマスコミ発表するのが定石。

209 :                               :2006/07/27(木) 11:53:27 ID:+cq9hL1K

【社会】"「ハリー・ポッター」の翻訳家" 静山社・松岡佑子社長、30数億円の申告漏れ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153862866/

【社会】"「ハリー・ポッター」の日本語訳で有名" 翻訳家・松岡佑子さん、35億円の申告漏れ★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153905633/

【社会】 "「ハリー・ポッター」翻訳で有名" 翻訳家・松岡佑子さん、35億円の申告漏れ★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153963834/


210 :なまえ_____かえす日:2006/07/27(木) 12:56:38 ID:L0GEw0D3
魔女のコスプレしてる写真が晒されてたよ。哀れ。

211 :なまえ_____かえす日:2006/07/27(木) 18:05:56 ID:1ueUTQ8k
これね

581 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/07/27(木) 00:09:19 ID:PupOMLkR0
http://www.yomiuri.co.jp/book/photo/BK20060515150935044L0.jpg
http://www.business-i.jp/news/top-page/topic/200605120006o1.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200409%2F01%2F50%2Fb0003350_7575672.jpg
http://images.amazon.com/images/P/4063443515.01._SS500_SCLZZZZZZZ_.jpg
wwwwwwwwww

212 :なまえ_____かえす日:2006/07/28(金) 05:30:42 ID:Nl/tkq8u
ワロタ・・・・あっちっち!火の付いたハイライトを落としちまった。

213 :なまえ_____かえす日:2006/07/28(金) 10:33:16 ID:0/6Ovr3O
>>211
グロ画像貼るんじゃねぇボケナス

214 :ミハイル:2006/07/28(金) 20:41:51 ID:1FRAovbt
戯曲の翻訳の松岡和子さんでしたら?

215 :なまえ_____かえす日:2006/08/01(火) 21:00:48 ID:Gr0mgqGS
日本語版ってこんなひどいんだなww

http://www.geocities.jp/hendayo_hp/

216 :なまえ_____かえす日:2006/08/01(火) 21:35:42 ID:pBMISFLw
ここをどこだと心得る?
ここは原書も翻訳も両方の馬鹿読者も誤訳指摘もまとめて叩くアンチスレだ
場違いなもの貼ってんじゃねぇ

217 :なまえ_____かえす日:2006/08/01(火) 22:16:23 ID:Gr0mgqGS
だから叩きネタ提供してるんじゃねーか
何が悪いんだよ、ボケ


218 :なまえ_____かえす日:2006/08/01(火) 22:39:52 ID:MZSLwSbk
訳がおかしいことじゃなくてそもそもの内容が薄っぺらい事が問題

ライトノベルが
「俺はライトノベルじゃない、児童書だ!」
って主張してるのは異常

219 :なまえ_____かえす日:2006/08/02(水) 00:03:50 ID:L7KWuxeb
今はこっちのが盛り上がってるね

「ハリポター」の翻訳家・松岡佑子社長、申告漏れ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1153881678/

220 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

221 :なまえ_____かえす日:2006/08/04(金) 15:34:52 ID:WQuCMNTS
飽きるってことはもともと面白いから読んでるわけじゃないんだろうな

222 :なまえ_____かえす日:2006/08/10(木) 13:45:21 ID:3QAFXkPV
もう、アンチも近づかねえよw


223 :なまえ_____かえす日:2006/08/11(金) 14:12:51 ID:f5L4W+9U
内容がなさ過ぎて叩く叩かない以前の問題だからな・・・

224 :なまえ_____かえす日:2006/08/11(金) 23:40:08 ID:+NJ/KGhv
食材自体たいしたこと無いのにコック(松岡)のハナミズ入りゲテモノ料理だからもう食べたくない。

225 :なまえ_____かえす日:2006/08/15(火) 01:47:39 ID:lRmnXz7Q
ハナクソ味もありまっか?

226 :なまえ_____かえす日:2006/08/20(日) 16:51:31 ID:qb0fKxV6
6巻を読み終えた。
ハーレクイーン風に成り下がっていた。

227 :なまえ_____かえす日:2006/08/25(金) 04:18:33 ID:vLCrabA2
6巻はどうでもいい色恋沙汰に力入れ杉とオモタ。
つか5巻からもううんざり気味だったかな。
もっとさりげなくして欲しかったなぁ俺様復活してやばげな雰囲気じゃなかったのか、と。
そっちをもっと描写してくれよ、と。

228 :なまえ_____かえす日:2006/08/26(土) 04:02:04 ID:niP9jbgN
俺様はどっちにしろ弱すぎるので恐怖感を煽ることはどっちにしろ不可能です

229 :なまえ_____かえす日:2006/08/27(日) 07:23:45 ID:uzOxpVs1
お、俺様…

230 :なまえ_____かえす日:2006/08/27(日) 17:28:42 ID:9EG76YKK
ガキ大将

231 :なまえ_____かえす日:2006/08/29(火) 15:43:06 ID:GvvtIzpr
しかし、アズガバンに捕らえていたデスイーターに
真実薬飲ませて尋問するとかしなかったのか?

232 :なまえ_____かえす日:2006/08/29(火) 16:10:37 ID:Rw/cRA1M
犯罪者にも人権あるから無理じゃない?


233 :なまえ_____かえす日:2006/08/30(水) 00:10:54 ID:ylhRmHm7
既刊をみるに
どんなやらしい魔法やえげつない常識も、
悪意なしに運用するのはOKで(魔法族は素朴で純粋だから)
拷問尋問目的に運用を思いつくのは闇の魔法使いくらいなもんだ!って
感じがする。

たぶんひみつ道具みたいに後出しで、思いつかなかった&スルーなだけだろうけど(ry

234 :なまえ_____かえす日:2006/08/30(水) 12:20:54 ID:sxtNM8jl
6巻は恋愛を出したかったんだろうけどそれを物語に絡めるのが下手だと思った。
なんかこう…ムラが目立つというか…。

235 :なまえ_____かえす日:2006/08/31(木) 20:09:38 ID:9Q0Qc9dD
とりあえずあんなに好きだったチョウ・チャンと自然消滅したのに萎えた。
その後すぐにジニー好きになるし・・・・・
児童書なのに純情のかけらもねえ・・・・


236 :なまえ_____かえす日:2006/09/01(金) 19:16:03 ID:M+lXtIJj
ハリウッド的児童書

237 :なまえ_____かえす日:2006/09/06(水) 19:56:35 ID:bdw+voz3
5巻ってマジで糞だな、なんでこんな駄作があんな評判いいんだろうな、
読んでいて苦痛以外の何もかんじなかったぞ。



238 :なまえ_____かえす日:2006/09/07(木) 23:58:34 ID:X9yUfX2/
1巻から3巻までは主人公側がつらい目にあいながらもそれをはねのける所に、
爽快さがあった。4巻になってラスボスが直接登場して続きが気になった。

5巻になって、主人公側がひどい目にあう場面が延々と続く。うんざりした。
無駄に長い。すぐ怒り出す主人公にも共感を感じなくなったし、人の記憶を
意図的に覗き見するなんて最低だろ。作者は、悪意を持って文章を書いて
るじゃないだろうか。

239 :なまえ_____かえす日:2006/09/19(火) 19:28:52 ID:tN7BGNt+
結局アンチ活動するまでもないクソ本っていうのが結論か。
最近は信者の火力も弱くなったしw

240 :なまえ_____かえす日:2006/09/20(水) 19:02:05 ID:m5FPMYna
奴らはまさしく「ファン」じゃなくて「信者」って感じだな。
明らかにおかしな所があるのに、無視するというか、気づかないというか。

241 :なまえ_____かえす日:2006/09/26(火) 08:39:36 ID:CTnAUK/n
1巻は面白かった。
4巻あたりから話のつながりが途切れて、
キャラ萌シーンと無理やりなラストエピソードで〆になったと思う。

7話で終わりますって先に言ったせいか、詰め込みすぎ。
7話でまとめるには設定を補完するシーンにページ喰いすぎ。
小エピソードでホグワーツの生活を書いて他方がマシだったのではないかと思うよ。

回転女史は最後に主要キャラが二人死ぬといってるけど
いっそのことハリーがシスになってホグワーツ全滅で終了でいいよ
それで次のシリーズでハリーの息子がハリーを倒すんでいいよ

242 :なまえ_____かえす日:2006/09/26(火) 22:08:57 ID:JhGnrFjv
いや1巻はさすがにちょっと幼稚で2巻、3巻と
少しはマシになってきたかなと思ったら4巻で破綻した感じ
4巻は最初に立てたプロットが上手くいかず
書き直してるうちに長くなってしまったらしい
そういうのは要するに失敗ってことだよな
その後エピソードをだらだらさせるくせがついたらしく
5巻、6巻と無駄に長い巻が続いてるけど
7巻ですべての伏線や散らかした謎を回収するのは
いくら長くしても無理そうだからハンパなまま終わりそうだな
俺が作者ならマジで一度全滅させて最初からやり直したくなると思う

243 :なまえ_____かえす日:2006/10/04(水) 08:08:24 ID:MB3VaWcc
穴だらけの糞作品だからこそいろいろいじくっていい作品にしてやりたいと、あれこれ想像してしまう…。



だからウケたのか Σ (゚Д゚;)

244 :なまえ_____かえす日:2006/10/04(水) 18:09:03 ID:z+aW6jSP
たしかにおもしろくなりそうな要素もあるのに
細かい点が穴だらけだから、ココをこうすりゃいのに…とか考え出すと止まらなくなる。
それで妙に気になって続巻も読んでしまうとかあると思う。
こういうのがウケてるっていえるのかよくわからんけど。

245 :なまえ_____かえす日:2006/10/04(水) 23:30:23 ID:8HZVav35
自分は忍耐続いたの4巻までだった。
3巻でもうダメと思いつつも4巻読んで
5巻からはまったく世万でもOK

映画は3作目で見るのやめた。
でも映画の1作目は結構好きだ。

246 :なまえ_____かえす日:2006/10/05(木) 05:01:05 ID:j6wWg5fw
脱税成金の松岡のヒドイ訳のせいで読みにくくてしょうがない。
あれ違和感無く読める人って…。

247 :なまえ_____かえす日:2006/10/05(木) 05:02:40 ID:j6wWg5fw
↑ちなみに3巻でギブアップしました… 2巻は疲労と眠気に耐えながら読んだ(^^;)

248 :なまえ_____かえす日:2006/10/06(金) 01:17:00 ID:2Ijmec1A
でも、原書の回転女史の文章も
ハーレクインよりマシだけど
かなりハンパ知識のオタ女文章だと思うよ。

痛ラノベっぽいのがウケたんだと思うけど


249 :なまえ_____かえす日:2006/10/06(金) 01:40:18 ID:QZ6mtPuE
回転の文章は好き嫌いあるだろうが英語間違ってないからまだいいよ

――内 容 の 問 題 は 別 に し て


松岡の翻訳は日本語がでたらめなので全くの論外

―― 内 容 以 前 の 問 題

250 :なまえ_____かえす日:2006/10/06(金) 23:37:28 ID:trkK8F3C
よく訳がいまいちとか言われているが、これまでは古臭い文章だなというイメージしかなかった。

しかし六巻のマダムポンフリー三連発を見て正気に戻った。
もうすこしタイポグラフィーということを学んでほしい

それにしてもあとがきの身の上話うぜえ…

251 :なまえ_____かえす日:2006/10/07(土) 00:09:07 ID:flUIh+Tg
勢いで三巻まで買って、でも四巻であれ?って思って、
五巻でやっと目が覚めたんだよねorz
なんか周囲にハリポタ最高だよ!って言いまわっていた
時期のこと、みんなの記憶から消したいんだけど。
三巻までは好きだった……

252 :なまえ_____かえす日:2006/10/07(土) 00:27:37 ID:b+i0fTRT
 ハリー・ポッターか・・・。賢者の石だけ読んで、もう興味なくした。そんなに
面白いモンでもないよなぁ。ズッコケ三人組の方がずっと面白い。ズッコケはハー
ドカバーでも1,050円だし。


253 :なまえ_____かえす日:2006/10/07(土) 09:37:55 ID:7A8hXfas
訳がイマイチというか
難しくもなんともない文章がちゃんと訳せていないし
日本語がおかしいし

言葉あそびの部分やラテン語もじったりのところが
それはもうひどい。
米子供向け版でるの待ってから翻訳するからおそいんじゃね?って位

翻訳にあれだけダラダラ時間かけて何やってんだか

254 :なまえ_____かえす日:2006/10/07(土) 09:51:52 ID:o4+nm5YO
翻訳に堪えられず公式サイトに書き込みしたことある
そしたらスタッフに「翻訳とは原文をただ訳せばいいというわけではない。松岡はハリポタの面白さを伝えるために工夫と努力をしている。松岡は回転から翻訳許可を貰った日本で唯一のお人。だから文句言うな。」的なことを書かれた。
そういう翻訳権利にあぐらをかいたような姿勢だから糞訳になるんだろ、と
関係者なら、読者の意見を真摯に聞けよ、と
こんなんだからダメなんだよ

255 :なまえ_____かえす日:2006/10/07(土) 10:05:32 ID:flUIh+Tg
>>253
よくおぼえてないけど「セールス魔ン」とか?


なんかダイアナ・ウィン・ジョーンズ関連のレビューとか探してて
とあるブログの2005年1月の記事をみたら、
「ハウルは訳し方がこなれてない、文体のリズムが悪い、
 ハリーポッターシリーズはかなりすごい訳者が揃ってる」
ってあった

好みの問題かな……ハウルのですます調、自分は好きだ。
おとぎ話をモチーフにしてるところがあるから文体もおとぎ話風で良いと思う。
まあスレ違いだしハウルはいいとして、
ハリーポッターの「かなりすごい訳者」ってのはどうか。しかも「揃ってる」とは何か。

256 :なまえ_____かえす日:2006/10/07(土) 10:10:46 ID:Nve9o3r1
>254
げ。それはひどい。
読者の意見なんだからたとえ的外れなものであっても
「ご意見ありがとうございました。参考にいたします」的なこといって
丸くおさめるのが大人の対応ってもんだろうに。
たぶん鋭い指摘をされたから余裕がなくなってそういう対応になったんだろうね。
ひどいもんだ。
そういうおごりと勘違いが脱税にもつながったんだろうな。
日本で稼がせてもらったから日本の社会に還元しようなんて気もないんだろうな。

257 :なまえ_____かえす日:2006/10/07(土) 10:15:14 ID:Nve9o3r1
>ハリーポッターシリーズはかなりすごい訳者が揃ってる

それはなにか日本語の使い方をまちがったんじゃね?
そういうヤツなんだろう。
だからハリポタの「目にこびりついて離れない」みたいな変な日本語にも気づかないんだろう。

258 :なまえ_____かえす日:2006/10/07(土) 17:44:26 ID:7A8hXfas
回転から翻訳許可だって

私もあなたと同じ母子家庭のシングルマザーだから
私にチャンスを頂戴

つーて恵んでもらったんじゃん

259 :なまえ_____かえす日:2006/10/09(月) 02:12:56 ID:D3iyTJkR
>私もあなたと同じ母子家庭のシングルマザーだから
>私にチャンスを頂戴

いや、それはガセ。
版権取得は入札制だったらしい。
成功秘話が読売新聞かなんかの連載コラムになったとき載ってた。
つまり金を積んでゲットしただけ。

260 :なまえ_____かえす日:2006/10/09(月) 03:15:04 ID:kRiR3/mh
該当新聞記事の切り抜き発見したので>259に補足

ハリポタの存在を松岡が知って版権交渉に参入したときには既に
大手3社が交渉を始めていた。それを知っても松岡がメール&ファックス攻勢を
かけたのは事実。しかしそれによって恵んでもらったのは版権ではなく
あくまでも「版権交渉の権利」。

他の3社はあくまでも採算などを考えた上での金額で交渉していたところに
いきなり採算度外視の静山社が参入したために、版権交渉が
一気に入札に変った。

この交渉が行われている時点では、まだハリポタは米国では流行っておらず
映画化も決定していなかったため、3社の出せる金額の上限は低かった。
記事によると、3社のうち1社は版権料(版権を取ったときに原作者に
先払いする金額)が100万円でも高すぎると思っていた。

他の3社は今までの翻訳児童書の売り上げや海外で売れていても
日本では売れない可能性等から予測されるリスクぎりぎりの版権料を
提示したが、採算のことなぞ考えずに普通なら考えられない金額
(他社の数倍?)を提示する静山社には勝てなかった。



とここまでだったら無謀な賭けに見事に勝った弱小出版社の成功譚で
綺麗に終わったんだがな…。第1巻はお世辞にも上手とは言えないが
まだ丁寧に訳してあった。少なくとも自分は、ある日本屋でみかけた
邦訳版の最初の出だし1段落を読んだ後に、このまま邦訳を読み
続けたいけれど、自分の英語の勉強のために原作を先に読もうと思って
止めた。で、原作→邦訳の順で読んで、一気にハリポタの世界に嵌った。

しかし巻を追うごとに上手くなるどころかどんどん劣化していく訳文に
邦訳に対する興味が失せた。正確にはなんであんなに時間をかけて
あの程度の訳しかできないのか読んだ後に問い詰めたくなって精神衛生上
良くないので3巻で読むのを止めた。

ついでに言うと原作も巻を追うごとにgdgdぶりが増してって
5巻の1/3位までなんとか読んだものの、その後放置。4巻の記憶も
ほとんど消えた。自分にとってのハリポタは3巻までのようだw

261 :なまえ_____かえす日:2006/10/09(月) 16:19:04 ID:D3iyTJkR
たしかに翻訳はお粗末の極みで話にならないが
原作もだらだらしすぎでしまりに書けるね。
実は4巻の失敗で破綻して終わっているという意見に同意。

悪役の長語りで種明かしをする芸のない終盤を
英語の勉強だと思って我慢して最後まで読んだのだが
最後に家に帰る列車の中で主人公グループ゚がライバルグループに
デキモノができるひどい魔法をかけて気絶させ
コンパートメントから蹴りだすシーンで完全に目が覚めた。
あれはもしかして痛快なシーンのつもりだったのか?
作品が上手くまとまらなかったので作者がヤケを起こしたとしか思えなかったよ。

262 :なまえ_____かえす日:2006/10/09(月) 18:53:01 ID:nae7yY0E
松岡が原作者側に提示した翻訳権利金は他社の数倍どころか
桁がいくつも違うような非常識な金額だったらしいよ。


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 20:29:08 ID:yQZI4mGZ
>>261 IDがJKR……

ネビルが好きだから五巻まで読んだけど、もう我慢できないや、内容も訳も。
そもそも寮対寮で生徒たちがいがみ合ってる感じがいやだ。
ハリーたちは嫌いなやつがひどい目にあったら「いい気味」って笑うけど、私は笑えない。
寄宿舎の伝統的な(?)いじめとかあるらしいけど、そういう文化?

264 :なまえ_____かえす日:2006/10/09(月) 23:56:27 ID:BPvttz/A
>263
あ、自分が思ってたのに近い・・・。
なんか、愛が感じられないんだよね・・・。
善悪をきっちりわける割に基準がハリー。
んで、奴がどうだろうとまわりがまともなら読んでられるんだけども、
主人公に都合の良い世界だから読者の拠り所もない。
翻訳もひどいんだろうけど、原文も度量のある作品じゃない気ガス。

265 :なまえ_____かえす日:2006/10/10(火) 07:15:50 ID:tkSgwSuZ
>>264
>>9


266 :なまえ_____かえす日:2006/10/10(火) 14:53:14 ID:jrEUbW0Q
版権
松岡の最初の話では
回転や秘書に、ハリーに対する自分の情熱を話して理解してもらい
回転に、松岡に頼むと言わしめた的な話し方を
あちこちのテレビでしていたぞ
あれはなんだったんだ

267 :なまえ_____かえす日:2006/10/10(火) 15:12:43 ID:u/+GEBFd
つまり、情熱の示し方が具体的な金額だったんだと思うけど。

268 :なまえ_____かえす日:2006/10/10(火) 18:35:45 ID:97bc7wnc
>>266
嘘八百。

269 :なまえ_____かえす日:2006/10/10(火) 19:37:45 ID:N6dNEg/j
松岡が出てくる前に版権交渉してた出版社(2.3社あったらしい)の担当者が
途中から割り込んできた松岡が提示した金額を聞いて、あまりの非常識さに
おどろいたって噂を当時聞いたよ。
その担当者たちもハリポタにはかなり興味あったんだけど、なんせ金額の差が
普通じゃないんで(数倍、なんて生易しいものじゃなかったらしい)きっぱり諦めた
ってことらしい。
版権獲得にあたっての美談はほとんど松岡の作り話か、本人の勝手な思い込みじゃね?
ビジネスの世界はそんなに甘くないだろ。

270 :なまえ_____かえす日:2006/10/12(木) 12:21:01 ID:ZvQCmJ8A
犬HK「わたしはあきらめない」とか見て
松岡の話に感動していた自分がむなしいよ



271 :なまえ_____かえす日:2006/10/12(木) 12:36:32 ID:k/bMnGSQ
>>270俺も…orz
しかも録画したテープまだ持ってるよ。

あの頃の自分に早く目を覚ませと言いに行きたい。
グッズとか買うな映画行くな関連書買うな、
同じ児童書でももっとすばらしいものが他にたくさんある!
って、過去の俺に誰か言ってきて。

272 :なまえ_____かえす日:2006/10/12(木) 21:23:30 ID:op/EQu0g
3巻まで新刊で買ってさえいなければ
ユビワのほうにハマった自分勝ち組だったのに……。

273 :なまえ_____かえす日:2006/10/14(土) 21:44:24 ID:Ol4cst29
だんだん目が覚めた人が増えてきましたねw

274 :なまえ_____かえす日:2006/10/14(土) 22:52:15 ID:ycNYzT5g
できることならもっとはやく目覚めたかったよ。


275 :なまえ_____かえす日:2006/10/15(日) 00:46:31 ID:1S8X6cEk
7巻はどれだけ本屋で積みあがるんだろう

276 :なまえ_____かえす日:2006/10/15(日) 00:50:13 ID:IC2sCik1
転載

http://saleshop.web.fc2.com/
激安問屋市場が移転セール


277 :なまえ_____かえす日:2006/10/22(日) 03:33:17 ID:2JAtkmhL
今更だが6巻読書中。図書館リクエストで何ヶ月もかかったが、買わなくて
良かったわ。相変わらず運と周りのえこひいきだけに助けられてる主人公
だな。そして、男をとっかえひっかえしてるジニーとかもういらん。
寮のその他大勢も陰湿だし、何よりハリーに嫌気が差してきた。

278 :なまえ_____かえす日:2006/10/22(日) 11:32:51 ID:ntVqte+E
イギリスの女性作家の小説は人間関係の陰湿なのが多いよ。
さすがルースレンデルを輩出したお国がらw
食傷してきたら時々アメリカンなおバカ小説映画でデトキシするといい。

279 :なまえ_____かえす日:2006/10/22(日) 20:06:28 ID:QhI2Rb4P
陰湿ならそれなりの背景がありゃいいのよ
ラノベのノリなのに
作者の主人公マンセーと
作者が主人公ラブな分、登場する少女がどんどんビッチ扱いになっていくのがなぁ

寮同士の対抗っていうのは、パブリックスクールとか
アメリカのソロリティとかのノリなんだろうけど…
あまりにもうすっぺらすぎて寒い
回転女史って学生時代いじめられっこだたの?てかんじの
いじめられっこの夢物語になってる

280 :なまえ_____かえす日:2006/10/23(月) 02:02:54 ID:AY/fz9/n
ホグワーツみたいな学校には絶対入りたくないな
魔法使いにもなりたくない

281 :なまえ_____かえす日:2006/10/28(土) 07:12:18 ID:E3AJhHMz
クィディッチの試合に使うホーキ

日本では原動機付自転車の扱いとなり、原付あるいは普通免許以上が必要、ナンバー取得、乗車用ヘルメットの着用、車道走行、
自賠責保険の加入などが義務づけられているので普及はしないそうだ。

ホーキで車道を飛んだら抜いていく車とかすりそうで危なくてしょうがない(制限速度は原付扱いなので30キロ)。
かといって歩道を飛んだら違反だし。右折は車道の中心に寄らなくてはならないし、二段階右折の区間はそれに従わなければならない。
ホーキは保安部品がないので手信号による合図指示が必要である。

282 :なまえ_____かえす日:2006/10/28(土) 07:16:01 ID:E3AJhHMz
ホーキは最高速度は40キロと言われるが、実際には70キロほどまで加速することは可能。
その上、日本では制限速度は30キロだ。70キロも出したら免許停止になるほどのひどい違反を喰らっちまう。

283 :なまえ_____かえす日:2006/10/28(土) 23:42:59 ID:+5XKastV
クィディッチもはじめはおもしろいなーと思ってたし映画でそれが再現されたときは嬉しかった。
でも気づいた。箒の性能でプレイのレベルが変わるのってどうなの。選手の力じゃないんじゃん。
これって現実のスポーツ選手がシューズやウェアにこだわるのとはぜんぜん違うよね?

284 :なまえ_____かえす日:2006/10/29(日) 00:03:50 ID:PtI9qYZ+
競艇みたいに
自分の乗る船が事前にわからなくて、ペラだけ自作
エンジン性能はまちまち
みたいなルールだったらまだよかったかもね

285 :なまえ_____かえす日:2006/10/29(日) 13:41:40 ID:0wBlFyqd
へー、競艇ってそうなんだ。それなら良かったかも。
性能のいい箒を買う金さえあれば強くなれるスポーツなんて面白くないよ。

286 :なまえ_____かえす日:2006/10/29(日) 18:55:02 ID:gyXn+jWr
クィディッチのホウキに関してはポロ競技の馬みたいなもんだって話もあるけどね。
ポロでも上手いヤツがいい馬に乗るだろうし、馬の能力でレベル変わるのは仕方ない。

でもせめて主人公が最高レベルのホウキをもらう前に
安いホウキでがんばって上手くなるみたいなエピソードがあるとよかったな。

通常、人は努力の成果が形になることにカタルシスを覚えるもんだと思うけど
この作者は主人公がいきなりひとりだけいいものを買い与えられたりすれば
読者もうれしいはずと考えているフシがあるな。

287 :なまえ_____かえす日:2006/10/29(日) 22:54:31 ID:0wBlFyqd
音楽でも、実力のある人は相応に質の高い楽器を吹かないとすべての力を発揮できないけど、
その域にたどり着くまでには質の低い楽器を吹いて何十年も練習をしてきているからなー。
……ってことか。

288 :なまえ_____かえす日:2006/10/30(月) 21:50:22 ID:wRF1Yt4T
血の気が多くキレやすい生徒(←ハリーもここ)
教師含む大人キャラもDQN揃い
校内暴力は日常茶飯事
寮(グループ)の間での仲が悪が悪く、常に一触即発

これなんてB級ヤンキーマンガですか?www

289 :なまえ_____かえす日:2006/10/30(月) 23:12:06 ID:1KJyBuqi
>288
ワロスwww
私はもうテニプリのノリで読んでる
ハリポタってギャグ小説だろ?

290 :なまえ_____かえす日:2006/10/30(月) 23:17:54 ID:Idviafei
罰が当たるぞw
ローマ法王によると、世界中の子供を知らぬ間に悪魔の巧妙な誘惑に晒し、
本来育まれるべきキリスト教精神が損なわれて歪んだ大人になる恐ろしい物語だ

291 :なまえ_____かえす日:2006/10/31(火) 20:59:26 ID:TBSfkoOU
ローマ法王GJ!
誠に達見であらせられることよ。
こんなんに熱中したら、道徳観がグズグズになるからな。

292 :なまえ_____かえす日:2006/11/02(木) 08:26:16 ID:p5vxfDyo
ローマ法王持ち出したら他の魔法モノもNGだがw
ハリポみたいなんがここまで売れたのは悪魔の仕業かもしれんなあ・・・

293 :なまえ_____かえす日:2006/11/08(水) 23:27:20 ID:kqE+BfgB
そういえば、ハリポタの新刊を買うために深夜にコスプレして並ぶ人たち
海外でも少なくなったね
そして日本では絶滅したね ま、あれだけ発行がおそけりゃしかたないか

294 :なまえ_____かえす日:2006/11/09(木) 07:46:30 ID:rjcGdFWl
翻訳者は?<コスプレ

295 :なまえ_____かえす日:2006/11/09(木) 13:13:04 ID:t8n725rg
翻訳ばあさんのコスプレ死ぬほど引く。
日本のコスプレファンが絶滅したのはアレのせいだったりして。

296 :なまえ_____かえす日:2006/11/10(金) 10:35:15 ID:Y3BmW84c
そろそろ映画においぬかれそうだよね
日本語版発行

297 :なまえ_____かえす日:2006/11/10(金) 12:50:26 ID:zu63PkPs
映画は5巻と6巻を同時撮影してるみたいだからな〜
場合によっては7巻映画にほとんど追いつかれるかもw
そのときは大わろすだなww

298 :なまえ_____かえす日 :2006/11/10(金) 14:34:58 ID:+Y+deGTv
同時撮影ってそんなのあるの?
そんなことして役者さん過労死しないのか。

映画は1と4が好きだ。
1はエマちゃんがかわいいので何でもおk。
2と3はダラダラした印象だったけど、4はメリハリがあった。

299 :なまえ_____かえす日:2006/11/10(金) 22:16:55 ID:Y3BmW84c
映画の5作目が6巻と7巻の内容って事じゃないの?
6巻から売れ行き落ちてるし
契約時期と役者の年齢もあるから

300 :なまえ_____かえす日:2006/11/11(土) 00:24:21 ID:vD4ZYMbY
(´・∀・`) あら安良城紅

301 :なまえ_____かえす日:2006/11/14(火) 17:29:12 ID:0u0p8L7s
どのスレに書き込めばいいのか分からなかったのでここにて。

5巻で、アンブリッジの授業に対しクラスのみんながずる休みスナックボックスで
ボイコットするシーンにぞっとした。
まるで今の日本の教育現場みたいだ。

302 :なまえ_____かえす日:2006/11/14(火) 21:53:29 ID:GtiLtMFt
悪役をやっつける場面があってもスカッとするのでなく、後味が悪いんだよね。
フレッドとジョージが敵のスリザリン生を消える戸棚に閉じ込めて、その子が行方不明になって
何週間か後に助け出されたがその後もずっと廃人みたいになって食べ物を口に流し込まれてた。
アンブリッジも何されたか知らんが、馬人間の群れから助け出されてしばらく呆然として寝たきりだったw
虐めるほうも復讐するほうも同じくらい陰湿で、なんともやり切れない気分www

303 :なまえ_____かえす日:2006/11/14(火) 22:49:56 ID:EIhfQKvX
女子トイレの子なんて
苛められてジョシトイレで泣いていたら魔物に殺されて
幽霊になっても苛められてる。


まず生まれと力がものを言う世界だよね

304 :なまえ_____かえす日:2006/11/15(水) 01:11:46 ID:BvAWnFMu
トイレの幽霊の子は水洗で流されたりひどいめにあってるんだよな。
でも水道のあるとこならどこへでも出没できるから
男子の風呂をのぞいたり、けっこう幽霊生活を楽しんでるようでもある。
しかしつくづくえげつない描写にはことかかない作品だww

305 :なまえ_____かえす日:2006/11/16(木) 19:05:00 ID:+PAiH4Lg
非常識が常識に、常識が非常識に。
人も事象も突拍子もないワンダーランド……にしたかったんだろうけど、
フタ開けきってみれば肝心なところはどうにもならん不条理さ。
人間の汚いところ、ドロドロしたところは全く変わってないし。
しかもあまさず描写するし。

俺様のあのお猿の太将っぷりに脱帽。

306 :なまえ_____かえす日:2006/11/16(木) 19:44:38 ID:zJ/ZR9+n
なんかさー

7冊書き終わったら
ハリーの父親か息子とか孫の物語書きそうじゃね?

307 :なまえ_____かえす日:2006/11/16(木) 23:15:01 ID:xj5Pe58K
>>307
あるあるあるあるwwwwwwwwww

いったん有名になったから、今度は全く別のペンネームで勝負して
結局泣かず飛ばずでやつあたりして
過去の遺産で生きのびて行く有り様が思い浮かぶwww

308 :なまえ_____かえす日:2006/11/17(金) 00:49:44 ID:9Ku94Nxz
続編は出さないってなんかのインタビューで言ってたけど……
出したらもうほんとうにイヤ。嫌。

309 :なまえ_____かえす日:2006/11/17(金) 00:56:08 ID:LQ694Faz
続編は出さないかもしれないけど
番外編は出しそう

親世代の話とか
どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでもいい設定本とか

310 :なまえ_____かえす日:2006/11/17(金) 00:57:29 ID:B17mgoYX
7巻は長すぎたな。

311 :なまえ_____かえす日:2006/11/17(金) 10:31:28 ID:HYRFnAgs
多分20年ぐらいしたら作者の息子さんが暴露本を書くと思うなぁw
本が出るまでの貧乏生活とか
大金ゲットした後の豹変振りとか織り交ぜて

312 :なまえ_____かえす日:2006/11/17(金) 17:34:18 ID:HBjWIrn/
一番上は娘だと思ったが1巻発表当時赤ん坊だったから暴露本はどうかねえ。

>310
7巻でもいいけど4巻以降、1冊が長すぎでムダが多いのが・・・
基本設定はあらかじめ決まっていたようなことを言ってるようだが
どうもいきあたりばったりに書いてるような印象があるな。

313 :なまえ_____かえす日:2006/11/25(土) 10:53:17 ID:V21dc2/w
キャラの成長が書けないのなら
いっそ巻ごとに主役の変わるオムニバス形式の方が良かったな。
って言うかハリーのキャラ自体がつまらな過ぎるからだけど。

314 :なまえ_____かえす日:2006/11/25(土) 12:01:00 ID:CkkdIpu2
11歳のダニエルラドクリフとエマ・ワトソンがあんなに可愛くなかったら
2巻で挫折したと思う自分がいる。

315 :なまえ_____かえす日:2006/11/25(土) 23:27:44 ID:l17NyrOO
>>314私もそうかも。
映画の子役が可愛くて、原作はどんなだろうって思って一巻買ったら面白かったんだ。
それで、一気に三巻までハマった。
四巻でアレッて思った時点でやめればよかったなあ。

316 :なまえ_____かえす日:2006/11/26(日) 09:54:02 ID:m/u4KeTH
映画(お子様ランチ)と翻訳(素人仕事全開)はチラ見でパスして
1巻から原書読んでる自分も4巻でおいおいと思った。
どんな読み方してるヤツもターニングポイントは4巻なんだな。
あのプロットの破綻ぷりはやっぱシラけるよ。

317 :なまえ_____かえす日:2006/11/26(日) 22:14:36 ID:qaAboibC
原書読みでもやはりそうなのか。

ハリーはどんどん性格が悪くなる。三巻までは我慢できる範囲だったのに。
主人公に共感できなかったらダメだよな。
それとドロドロの恋愛模様は本編にほとんど関係ないんじゃね?
もっと軽く爽やかに描かれていたらまだよかったのに。

318 :なまえ_____かえす日:2006/11/27(月) 19:12:02 ID:7oYZgphN
ホグワーツ特急はいい加減なので数十分の遅れは日常茶飯事。
運転士と車掌が日本人になれば少しは正確になるかな。

日本の鉄道は外国のどの鉄道より走る時間が正確で、利用者からも信頼されている。

319 :なまえ_____かえす日:2006/12/02(土) 10:54:48 ID:YEfyAlYo
松岡語をみんなよく熱心に読めるものだ、と不思議に思った俺は正しかったようだな。

320 :なまえ_____かえす日:2006/12/02(土) 22:18:44 ID:6yAanszh
主人公はみなしごの針居呆太

両親を惨殺された誇示の針居は叔父の家で奉公人同然の扱いで育つ。
11歳になり叔父が針居を追い出すために方向先を決めた矢先
針居の元に高等中学進学の案内が届く。

高等学校で学ぶ針居。
しかし、級友たちろのやりとりの中でも針井の暗い瞳の輝きは消えなかった。
むしろ、事件が起こるたび、それを乗り越える度に針居の暗い瞳の輝きは
さらに暗く、どす黒く輝きを増すのであった。

惨殺された針井の父、と同級生でもあった教師巣根井は
そんな針居の心の闇を見逃せなかった。


と、日本の土着っぽい感じで
プロレタリア文学か犯罪小説風ならかなり…


321 :なまえ_____かえす日:2006/12/03(日) 11:55:51 ID:98/QuKQQ
巣根井腐先生w

322 :なまえ_____かえす日:2006/12/08(金) 20:54:31 ID:jXgLaihp
私も4巻頃から全く分からないというか、
登場人物が覚えられません。

先日、とうとう4、5、6巻を
売りに出してしまいました。
ここまで集めたのに勿体ないですが、
結末が全く気にならなかった…。

323 :なまえ_____かえす日:2006/12/08(金) 21:06:08 ID:VKbA+H53
>登場人物が覚えられません。

それはさすがに作品のせいだけではない希ガス。

324 :なまえ_____かえす日:2006/12/08(金) 21:43:18 ID:U6Y+Kfqn
3巻以降、ちゃんと名前覚えてるのチョウ・チャンだけ…
どういう人がいたかは覚えてるけど
全然、印象に残らないんだよね

ハリーマンセーで描写に力がないというか魅力がないというか

325 :322:2006/12/08(金) 22:15:34 ID:jXgLaihp
>>323
しまった、私の記憶力の問題ですか。
確かに読み終えた次の日には
内容の半分を忘れてます。

いやでも、面白い本を読めば覚えてるんですよ。
はい。大丈夫です。

歴史は全く覚えられませんが。

326 :なまえ_____かえす日:2006/12/09(土) 03:18:15 ID:a0qMPS5K
つまんないから、憶えてなくて正解だよ。
俺は、四巻までしか読んでないけどなw

327 :なまえ_____かえす日:2006/12/09(土) 12:52:16 ID:luTleaQ9
友達がベタ褒めしてたから試しに読んでみたら、
あまりのつまんなさにびっくりした。
世界観とかいいのに、徹底したハリーマンセーが嫌だ。
長すぎる。原作はもっと薄かった。
あと、ところどころで字が太くでかくなるのがうざったかった。
なんでこんなに売れたのか不思議。

328 :なまえ_____かえす日:2006/12/15(金) 22:22:32 ID:5LKTaOh2
ハリウッドが宣伝してくれたから売れたんだろ。
あと日本語版は装丁にだまされたやつも多いと思う。

329 :なまえ_____かえす日:2006/12/16(土) 00:43:18 ID:oDGCZe0z
純正和紙に包んだ臭マズ菓子、しかも高い。

330 :なまえ_____かえす日:2006/12/17(日) 01:06:00 ID:yPXxRNfj
つかさ、いくら昔と比べて洋書が安くなったとはいえ

洋書で買って自力翻訳のほうが翻訳版より早くて安いって
いままでになかったよ。
シドニー・シェルダンでもハーレクインロマンスでもなかったよ
ミヒャエルエンデとかペーパーバッグ版=日本後ハードカバー翻訳版だったし

331 :なまえ_____かえす日:2006/12/17(日) 23:42:53 ID:m8ZX6ssQ
>>330
何をいいたいのかさっぱりわからないよ。

332 :なまえ_____かえす日:2006/12/18(月) 00:57:15 ID:sPHfkiwH
>>330を支持

333 :なまえ_____かえす日:2006/12/25(月) 12:01:54 ID:5B35os5T
イギリスって日本で言うラノベってないの?
もしあったら、こんなのヒットしなかったと思うんだけど。

334 :なまえ_____かえす日:2006/12/25(月) 13:08:03 ID:2B1wz5De
>日本で言うラノベ

ずっとなかったけどハリー・ポッターが書かれたことで誕生しました。

335 :なまえ_____かえす日:2006/12/29(金) 10:46:50 ID:a/nu0zCY
まあ、ハリポタはラノベ並にくだらないよな

336 :なまえ_____かえす日:2006/12/30(土) 22:13:47 ID:dqX7brF3
あやまれ! ラノベにあやまれ!
ラノベにも味わい深い作品はあるよ。選べば、だけど。

ジャンルでではなく作品で語ろうよ。
ハリポタで「児童文学」語られたら嫌だろ?

337 :なまえ_____かえす日:2006/12/30(土) 23:34:58 ID:X4q2uAcR
腐女子向小説ならいいんじゃないか?
それにしてもヘタだけど

338 :なまえ_____かえす日:2006/12/31(日) 01:00:27 ID:TloFjwTv
腐女子向け小説と言っても337が指すのがいわゆるBLなら、
アレはアレで男同士のハーレクインロマンス的需要があるよ。
品質低下中のハリポタなんてお呼びじゃないでしょ。

ファンタジーとしても児童文学としても道具立ては古典的だし、
青春小説としても出来が悪い。
英語圏では相変わらず大人気なのかな。

339 :なまえ_____かえす日:2006/12/31(日) 04:29:09 ID:PB0C6gmQ
3900円あれば相当良い本が買えるよ。
本当にぼったくりだと思う。

340 :なまえ_____かえす日:2006/12/31(日) 14:06:48 ID:A9/47iEm
>>338
腐女子は巣に帰れ
変態ババア向けクソホモ小説よりはクソファンタジーのが100万倍まし。

341 : 【中吉】 【1772円】 :2007/01/01(月) 02:07:30 ID:JFCIIqmA
今日、翻訳ババアのコス見ちゃったよ。
35億円所得隠しのニュースで使われたのはあの画像。

今年で終わるんだなり。もう二度とだすな。
だれかが死ぬかも の小出し誘いうけはもう腹いっぱいだぞ回転女史
お前「**を殺さないでー」っていわれたいだけやろ

342 :なまえ_____かえす日:2007/01/01(月) 20:55:30 ID:vXwuP7Ap
>>340
ホモファビアの人ですか?女子にそういう噂をたてられたとかw

343 :なまえ_____かえす日:2007/01/01(月) 22:45:34 ID:JFCIIqmA
BLもファンタジーっちゃファンタジーだからなぁ

344 :なまえ_____かえす日:2007/01/01(月) 23:11:46 ID:vXwuP7Ap
つーか、もう今はBLも少女漫画も同じだよね。
描写っぷりも、ファンタジー加減も。

345 : 【小吉】 【1042円】 :2007/01/01(月) 23:18:31 ID:crByRvU3
>>341
すぐ「サイト閉鎖します!」とかいって
やめないでコメント定期的に集める同人女と同じ事を
いい年したガイジンのおばさんがやってるってことかw

346 :なまえ_____かえす日:2007/01/02(火) 11:51:54 ID:iw/oXlql
>>342
340は「腐女子」に帰れと書き、「変態ババア向け」ホモ小説なら
ハリポのがマシだといってるのに、嫌われてるのはホモだと思うなんて
おめでたい頭の構造をしているな。
801板以外の2ちゃんでゴキブリのように嫌われてるのはホモじゃない。

       お ま え な ん だ よ !

おまえら変態女どもなんだよ。しっかり自覚しとけ。

347 :なまえ_____かえす日:2007/01/02(火) 14:42:42 ID:8S/tKrw8
変なのが居ついてるなー。
海外では自己投影キャラをメアリー・スーとか言うらしいが
ハリポタは槍玉に上がらんのかな。
出版から今年で十年だし冷静な(焚書するような人達以外の)批評が見たい。

348 :なまえ_____かえす日:2007/01/02(火) 16:41:00 ID:1BWfdDIx
女キャラの扱いが悪いせいかあまり言われていない。
でもスラッシュ小説臭いとか言われている。
あと、恋愛や友情がかけないから作家としてはダメじゃね?っていうのは書かれてた。

海外サイト

349 :なまえ_____かえす日:2007/01/02(火) 18:21:40 ID:U3wm7RbX
>出版から今年で十年だし冷静な(焚書するような人達以外の)批評が見たい。

今年中には最終巻が出るからそしたら総括的で冷静な批評も
出まわるだろうと期待してるが…どうかな。

終わっちゃったら「次は誰が死ぬ?」「あの夜の真相はいかに?」という
俗な興味で引っ張れないから話題性自体消滅するかも…。

350 :なまえ_____かえす日:2007/01/03(水) 01:00:07 ID:gO3Ro1Ok
>恋愛や友情がかけないから作家としてはダメ

おお、海外でもそういう意見があるのか。
ちょっと安心したw

351 :なまえ_____かえす日:2007/01/05(金) 21:10:39 ID:auZRFV9j
海外だと人種差別主義的だって、よく批判されてるよね

352 :なまえ_____かえす日:2007/01/05(金) 21:32:24 ID:5QiNvdxU
海外で最大の批判は
前バチカン法皇様からの「反キリスト的思想」かな?
あの温厚な前法王がだよ


353 :なまえ_____かえす日:2007/01/05(金) 21:55:56 ID:auZRFV9j
>350
こらこら。前の法王さんは、ハリポタよいしょ派だよ。
献金でもされたのかと思うくらいに。

批判しているのは今の法王さんだよ。

354 :なまえ_____かえす日:2007/01/06(土) 00:02:01 ID:J5ip/WVb
焚書するような人達の批評がすなわち反キリスト的思想では?
それは世界的にはやった頃から出てるからね。

>>348
>女キャラの扱いが悪いせいかあまり言われていない。
メアリー・スーは作者と同性のキャラクターに適応されるんだね。
ハリーだったらJKRのメアリー・スーにぴったりなのに。

355 :なまえ_____かえす日:2007/01/06(土) 01:39:22 ID:yGbJXrXF
あの差別主義的なお話(?)を世界中の子ども達が読んでることに恐怖を感じたのは俺だけではあるまい。

356 :なまえ_____かえす日:2007/01/07(日) 14:36:05 ID:OFkZ2Izk
和訳版よりもドリームのほうが面白い罠。

357 :なまえ_____かえす日:2007/01/09(火) 22:58:56 ID:1GFEjrG6
ある番組で、お笑い芸人の次●課長のIが語っていました。
ベジータが地球に来た時に、あんなに修行したヤムチャ達が殺され、
ナッパが天津飯の腕を簡単に持っていってしまった時、
「地球は終わった・・・」
と、少年時代の彼は真剣に思ったそうです。

ハリーポッターも、創作とわかっていながらも
読者達が恐怖したり本気でのめりこんでしまうような
いい展開と翻訳者にした方がいいですね

358 :なまえ_____かえす日:2007/01/13(土) 21:37:59 ID:PCbVmO/D
2ちゃん閉鎖するらしいね…。閉鎖したらここ↓でまたあおうね!
http://harry-ch.hp.infoseek.co.jp

359 :なまえ_____かえす日:2007/01/13(土) 21:45:12 ID:EaxguMwk
アンチスレにさらしてやるなよw かわいそうじゃんか。

360 :なまえ_____かえす日:2007/01/14(日) 23:05:54 ID:M/RShrMf
就職活動をしていた年に、ハリーポッターを読みました。
あまりの酷さに、そして世間の評判の高さに、
「児童小説とファンタジーのどちらも侮辱している!これが売れるなら私だって小説家になれる!」
と思ってしまい、道を踏み外しました。

当時立ち読みしたハリポタ解説本のひとつに、
本当はハリーが悪者で、敵の方が善いもんなんだよ、そう考えればすべて納得!
っていう本があって、非常に面白く共感してしまいました。
今となってはなぜあの時購入しなかったのか悔やまれるばかりです。

361 :なまえ_____かえす日:2007/01/14(日) 23:35:32 ID:M/RShrMf
実はハリーが悪のヒーローで、このシリーズ自体が悪の立場から見た物語だという説でした。
ボルデモート?は実は悪の軍団を倒すために立ち上がった、いわゆる仮面ライダー的存在だそうです。

自分は3巻まで友達に借りて、でもなんか途中で気持ち悪くなって、珍しく途中で止めるということをしてしまいました。
2巻までは自力で読んで、3巻の冒頭で挫折。
こんなことをいうと叩かれるかもしれないけど、なんか文章に酔った感じがしてやめた。
>>154
なぜ急にクトゥルフ神話?

362 :なまえ_____かえす日:2007/01/15(月) 09:02:06 ID:qKN07xMk
ホグワーツは魔法使いによる人間支配を企む秘密結社で
ハリーは将来を嘱望されるエース怪人か

363 :なまえ_____かえす日:2007/01/15(月) 20:38:11 ID:A0maa7tP
混血により魔法使いの血を薄め、民族浄化をたくらむマグルの手先に抵抗し
洗脳されつつある魔法使い達とその血を救おうと立ち上がった救世主ヴォルデモート。
7月31日に悪魔の子が生まれ救世主を滅ぼすだろうという予言の通り、悪魔の赤ん坊ハリーと
悪魔の子の母リリーによって、15年の間肉体を滅ぼされ苦境を余儀なくされるも
ようやく父の骨と忠義な僕の肉と悪魔の子の血によって執念の復活を遂げることができた。
かねてからの忠実な部下スネイプが悪の枢軸ダンブルドアを倒した今、魔法使い達の未来を担い
遂に悪魔の子ハリーを倒して予言の真の結末を確かめることができるのか??
乞うご期待!

364 :なまえ_____かえす日:2007/01/16(火) 16:51:34 ID:tSa/Wogo
これでヴォルデモートが立派ならそういう解釈もアリなんだけどなぁ。
ハリーもヴォルもマグルもローリングも全部グダグダだからもうどうしようもない。

365 :なまえ_____かえす日:2007/01/16(火) 19:42:02 ID:d5/5mXTY
ヴォルデモートがグダグダなのはわかってるが
それでも363みたいな解釈で読めば
普通に読むよりは説得力があるかもしれないなw

366 :おれさま:2007/01/17(水) 14:05:56 ID:KKY8X96D
┌─────────────────────────┐
│☆☆☆☆☆☆☆―おいらの胸の心の愛 ―☆☆☆☆☆☆☆│
│☆    ┏━┓┏┳┓      ┏┳━━━┳━┓┏┓    ☆│
│☆    ┣━┫┃┃┣┳━━┛┣━┳┓┣━┛┃┃    ☆│
│☆    ┗━┛┣╋┛┗┳┓┏┛  ┃┣┛    ┃┃    ☆│
│☆    ┏━━┛┣┓┣┛┃┃┏━┛┃┏━━┛┃    ☆│
│☆    ┗━━━┛┗┛  ┗┛┗━━┛┗━━━┛    ☆│
│☆       ┏┳┓┏┳┓    ┏┳━━┳┳┓         ☆│
│☆       ┃┃┣┛  ┗┳━┛┃ ━ ┃┃┃         ☆│
│☆       ┃┃┣┓┃┏┻┓┏┫┏┓┃┃┃         ☆│
│☆       ┗┫┃┗┫┃  ┃┃┗┛┃┃┃┗┓       ☆│
│☆         ┗┛  ┗┛  ┗┛    ┗┻┻━┛       ☆│
│☆                             ▼▼▼▼   ☆│
│☆    明日 PM 3:00 開演   場所 空地      ・__・    ☆│
│☆             来ないやつは殺す    〇      ☆│
│☆                            3     .☆│
│☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆│
└─────────────────────────┘

367 :なまえ_____かえす日:2007/01/19(金) 03:38:31 ID:cKw69yN3
ジャイアン、ホグワーツでどうぞ。思いっきり歌ってください。
すると、あのすごいだみ声でホグワーツの悪魔が逃げると思います。

ギンコは耳に耳栓をして、気持ちを落ち着かせるため、レキソタンを服用。
ジャイアンの歌はすげえ爆音。窓ガラスが割れ、可部に穴が開くほどうるさい。

ホグワーツの生徒のほとんどはあまりのだみ声に耐えられず、オエーッと吐いている。

368 :なまえ_____かえす日:2007/01/19(金) 07:57:54 ID:0fBerT7d
>>366
ヴォルデモートの子分に対する態度ってこんな感じw
シリアス設定であれだけ怖くない悪役もめずらしい。

369 :なまえ_____かえす日:2007/01/19(金) 12:37:50 ID:SJjkbVTw
子分の死食い人どももガキが立ち向かえる程度のヘタレだしな。
5巻は本当に興ざめした。

370 :なまえ_____かえす日:2007/01/20(土) 09:42:08 ID:r7EauFfP
7月に予約入れた図書館の順番がやっと回ってきたので6巻読んだよ
この内容でなんで2冊なんだ?

371 :なまえ_____かえす日:2007/01/20(土) 12:15:59 ID:kWZmTwfL
久しぶりにここきたなー



372 :なまえ_____かえす日:2007/01/20(土) 14:54:45 ID:NmDl8une
>>370
読者からぼったくるため

373 :なまえ_____かえす日:2007/01/21(日) 14:53:19 ID:2YmXiksA
回転女史は元夫との間で裁判が起こる前くらいに
「全9巻で結末は決まっている。原稿は金庫にしまってある」
とか言っていたような気がするんだが結局ウソだったんだよね。

374 :なまえ_____かえす日:2007/01/21(日) 21:17:10 ID:GZt2AUXN
たしか全7巻で最終章が金庫に入ってるって話だった。
そういわれたら何かわからんがそれを読みたくなるね。
読者の興味をひっぱる話題づくりが上手いなと思った。

375 :なまえ_____かえす日:2007/01/23(火) 18:26:03 ID:28LHNYq1
映画の役者の成長に合わせて、登場人物の容姿を少しずつ変えてるとこがダメ
お前には原作者としての矜持はないのか!

376 :なまえ_____かえす日:2007/01/25(木) 02:30:21 ID:QRMJZ7wT
映画も原作もトリオが11歳に思えないのが致命的だな。

377 :なまえ_____かえす日:2007/01/25(木) 12:26:59 ID:xVC6Lkdk
まあ11歳なのは1巻だけだけどね。
5、6巻は15、16歳だと思うと主人公のしゃべり方が幼稚すぎ。
これはヘボ訳者が何も考えてないからだろう。

378 :なまえ_____かえす日:2007/01/25(木) 15:23:57 ID:3m3nkRQs
>>377
1巻から口調があんまり変わってないよなwww
原書の内容が劣化してる上に原書の文章もガキ向けに改悪してるからよけいつまらん
蛇足だが原書でプレイステーションを窓から投げる所も何故か変わってたな

379 :なまえ_____かえす日:2007/01/25(木) 17:08:11 ID:/1xW1FJ2
 話の種提供
 1981から1983の間にK谷市H陽中にてM畑44Xの
7某上野家系泰市の子泰和とその仲間たちは
6弱者にいじめがバレたら親族に危害を与えると脅迫し、
4えたひにんと呼び、遺書や奴隷契約書を書かせ、
0殴る蹴る汚すを繰り返し、金銭も恐喝していた。
2こういう類は親族ともども不幸とは無縁の
6社会的信用を得たお金持ちの生活をしている
永久に評判良し
弱者は給食費さえ取られていた
給食のほとんどを取られ、汚されて
まともに食べたこともない


380 :なまえ_____かえす日:2007/01/27(土) 01:39:18 ID:g1u+4HBg
>>379
>プレイステーションを窓から投げる所

何それwww

381 :なまえ_____かえす日:2007/01/28(日) 19:43:21 ID:2GoOPJEn
>>380
うるおぼえだが原書の4巻でダドリー?のプレステが窓から落ちたと思った
ハリーが落としたのかダドリーが落としたか忘れたけどああゆうのって
そのまま書いた方が何年か立って読むと面白いとおもうんだけどね
ちゃんとPlay Stationって書いてあったのは確かだぞ

382 :なまえ_____かえす日:2007/01/28(日) 19:48:27 ID:2GoOPJEn
ごめん俺の勘違い。訳書でもプレステって書いてあった

383 :なまえ_____かえす日:2007/01/29(月) 10:00:35 ID:VTc/NBJE
ハリーポッターとプレステどっちが有害だろう?

384 :なまえ_____かえす日:2007/01/29(月) 12:31:47 ID:k6mU0gGu
どっちも有害だが2ちゃんにはかなうまいw

385 :なまえ_____かえす日:2007/01/30(火) 08:58:04 ID:6d2xhxWv
2chは使い方によっては有益。
プレステもDVDくらいは見られる。

ハリーポッターは時間の無駄。無理やり探して、文章・翻訳・物語・倫理の反面教師にしかならない。

386 :なまえ_____かえす日:2007/01/30(火) 12:45:34 ID:AG+leYnO
ロンがハーマイオニーにあてつけるためだけの目的で女生徒と付き合ってたけど
あの後なんのフォローもされてないんですが、あれって正当化されるもんですか?
俺の頭の中が古すぎるのかなぁ

387 :なまえ_____かえす日:2007/01/30(火) 15:30:37 ID:c5q/lcfH
そりゃ正当化はできんだろう。
しかしそのテの恋のさやあてごっこは10〜20代の時にはよくあるもんで
情けないけど厳しく倫理を問うほどのことでもなかろう。

問題はバカ女向けの恋愛小説みたいなこういうつまらん色恋騒ぎを
長々と読まされて辟易するということ。
海外のフォーラムでもteenage crap(ティーンっぽいたわごと)
といわれ、疲れたとか書かれていたよ。

388 :なまえ_____かえす日:2007/01/30(火) 23:42:21 ID:Uyqytn2N
そうなんだよね。第一巻のわくわくや冒険はどこへ。
お年頃だから恋愛あってもいいけど、多すぎてしかもひねくれてドロドロでつまんない。
もっと爽やかな初恋とかならマシなんだけど。

389 :なまえ_____かえす日:2007/02/01(木) 17:47:22 ID:BR5Br7Ua
http://image.news.livedoor.com/newsimage/d/3/d0f1030329ddb8db2b62fee673d07c6d.jpg


どうするよ、これw

390 :なまえ_____かえす日:2007/02/01(木) 18:41:35 ID:6yPU1HvT
>>390
本人?
…髪型がなあ。
伸ばす気あるのかな?

391 :なまえ_____かえす日:2007/02/01(木) 18:45:14 ID:D7Ya/bai
>>389
魔法なしで「おれさま」を倒せるんじゃない?

392 :なまえ_____かえす日:2007/02/13(火) 18:50:13 ID:0sOpksmT
ttp://book4.2ch.net/test/read.cgi/books/1170072187/

愛情の反対は無関心という言葉をかみ締めつつなんかまた立ってたので貼り

393 :なまえ_____かえす日:2007/02/13(火) 23:50:18 ID:kT2EAwyo
>>144
コレは写りがいいな。

394 :393:2007/02/13(火) 23:54:01 ID:kT2EAwyo
すいません、誤爆しました…。

395 :なまえ_____かえす日:2007/03/01(木) 03:08:18 ID:6s+cHOdM
ほとんどハリーの視点で書かれてるのに
ハリーが普段なに考えてるのかさっぱりわからない
状況的な反応と、イライラしたときとか気分だけの描写が多いよなあ


396 :なまえ_____かえす日:2007/03/01(木) 23:46:50 ID:7XgwGWUe
>>395
そういえばそうだな・・・

397 :なまえ_____かえす日:2007/03/02(金) 00:55:33 ID:/yDYfyFd
>>395
何も考えていないんだろう。
学校で食っちゃ寝してマルホイをやっつけること
学生生活を適当にエンジョイすることしか興味なさそう。
あとおばさんちに帰りたくないなーとか俺様復活するなよ
とかぼんやり思ってるだけ。
両親の無念を晴らそうとか魔法界の謎をもっと知ろうとか
前向きな考えはあまり書かれていないし行間からも伝わってこない。
さすがに6巻の最後で俺様と対決する決意をしたらしいが
それは状況に追い詰められたあげくのことだしな。

398 :なまえ_____かえす日:2007/03/02(金) 01:29:23 ID:VwIYgvHK
感受性の鈍い人が書いてるんだろうなーって、思うね。
反面、観察力はあるんだろう。
ペチュニアおばさん=作者 だったりしてw

399 :なまえ_____かえす日:2007/03/07(水) 12:13:12 ID:bE/xY67m
図書館行ったらたまたまあったから、6巻上だけ読み終わった…
…何だアレ…続き全く気になんなかった。

400 :なまえ_____かえす日 :2007/03/09(金) 13:06:30 ID:sCk7lUW7
400 Get

401 :ハリ:2007/03/09(金) 20:59:23 ID:CBO4YBSg
ハリが面白くない人は原作を読んだ事がないから。
翻訳版はクソ。古臭い日本語使いまくり、文法ボロボロ、訳し間違いだらけ。これらのおかげでハリの解釈の仕方がおかしくなってる。

スレチにも感じられるだろうが、見逃してくれ。とにかく、英語わかるなら原作を読んでくれ。
きっと何人かの人はアンチから抜け出してくれる結果になるとオモ

402 :なまえ_____かえす日:2007/03/09(金) 21:34:59 ID:p0ZIIpX+
>>401
お前に過去レスを読むという知恵があれば、ここの住人が突っ込んでいるのは
翻訳以前の物語の本質であるとわかるのにな。

あとハリポタ世界におけるLordの価値を教えてください。
アナグラミングで貴族の称号を自称するラスボスって…

403 :なまえ_____かえす日:2007/03/09(金) 22:28:52 ID:ZtpcC0C0
>>402
戸田奈津子訳の映画版「ロードオブ(ry」

瀬田訳指輪物語の違い

404 :なまえ_____かえす日:2007/03/09(金) 22:37:45 ID:I1w1KMJK
>>401=403?

>>42,48,82,261,316 ←原書読者のアンチレス
物語の設定そのものに苦言を呈してる人も多い。
基本はファンと思われる人も不満を書き込んでいる。過去レスちゃんと嫁。

あとこれだけ信者スレが乱立してて、たいして荒れてないのは
こういうガス抜きスレがあるからじゃないのか?
たった一つのアンチスレが気に入らなくていちいち乗り込んでくるなよ。うざい。

405 :なまえ_____かえす日:2007/03/10(土) 01:47:27 ID:vy8QMF/c
>あとハリポタ世界におけるLordの価値を教えてください。

おれさま的にはというか松岡佑子的には帝王。
Dark Lord は「闇の帝王」だぞ。
トレードマークはドクロと蛇。怖そうでイカしてるよな?w
原書的には子分をなんとなく服従モードにするための敬称らしい。
どっちにしても子供だまし度がショッカー以下なのは隠し様がない。

406 :なまえ_____かえす日:2007/03/10(土) 08:31:16 ID:Kx/olqVc
>>405
わーこわーい(棒読み)

原作や映画見るたびに例のあの人のことを
「自称(強調)ヴォルデモート卿、本名トム・マールヴォロ・リドル」って
呼んであげればいいと思う。
それだけで怖さ半減だよ。むしろダサい。

ウィキペディアにまでこんな風に書かれるラスボスじゃ

>問題点
>作中では非常に恐ろしい存在とされているが、初歩的なミスが多くそれが原因で
>ハリーに逃げられたり、許されざる呪文しか使用せずその場その場で効果的ではなく、
>とても魔法の才能に優れているようには見えないなど、評価と実情に矛盾した印象を
>抱いてしまいがちである。

>以上のことからローリングの文章力を疑問視する向きもある。

407 :なまえ_____かえす日:2007/03/10(土) 14:43:47 ID:6shhyeau
>406
わざわざウェブ事典の項目で語るのもアレだと思うが、その問題点は間違ってない。
疑問なのは文章力ってよりエピソードやキャラの設定能力な。
確かにこの物語展開で悪の親玉が怖くないのは単なる娯楽作品としても弱すぎる。
ローリングは怖がらせ方とかホントに下手だよな。
もっとサスペンスやホラーの勉強をしたほうがいい。馬鹿げたドクロマークとか
無意味なキャラ殺しとかそういうもので読者が怖がると思ってるならセンスなさ杉だ。

408 :なまえ_____かえす日:2007/03/11(日) 00:10:54 ID:Y4yxzxiu
>>403がまったくもって402に答えていない件

そして
うっかりつつがなくとかはたた神とかやりぶすまとか訳しちゃうお茶目な瀬田さんと、
ラノべ以下の穴だらけ設定(ハリポタがリアルという信者の主張には同意しかねる)で
自己を投影したキャラを徹底マンセーするオナニー作家JKRを同列に並べないで頂きたい。

(故瀬田貞二氏が東京帝大国文科卒で俳句をやっておられたと知って
意外に思いつつすごい納得した)

409 :なまえ_____かえす日:2007/03/11(日) 01:26:53 ID:tws7ibRJ
あんまり>>401叩くなよ・・・。
たしかに原作もつまらんけど、訳本よりマシなのはたしか。


410 :なまえ_____かえす日:2007/03/12(月) 23:59:27 ID:FAnremD3
マシとは言っても、本質的な価値は変わらんよ。>原本と訳本

それと>>403、ハリポタと指輪じゃ状況が全然違うんだから、比較しないでほしい。不名誉。

411 :なまえ_____かえす日:2007/03/13(火) 23:30:18 ID:ytqg+zwY
401=403ってそもそも原書を読む知能なさそう。
儲スレの原書読みにもっともらしいことを言われて鵜呑みにしてるだけって感じ。

412 :なまえ_____かえす日:2007/03/14(水) 02:43:08 ID:8AVgxyyx
それはわからんだろ。

413 :なまえ_____かえす日:2007/03/14(水) 23:34:18 ID:x1F1QmQv
ライバルを罠に嵌めたりひどい魔法をかけたりして、それを哂うのが理解できない。これがリアルな子ども?
大人がおとなげないし頼れない。ハリーのほうも頼るべきときに頼らない、ただのバカ。
「完璧な人間なんかいない」というメッセージだとしても、みんなただのウッカリ者じゃないかと。
15、6歳の子どもなのに、昼メロか女性週刊誌のマンガみたいなべちょべちょドロドロの恋愛にもうんざり。

三巻までは楽しく読めてたのになあ……他を読んだことなかったからかな。

友だちの記憶から消し去りたいよ、あのころ周囲にオススメしまくってた自分に関するすべての記憶を。
「いろんな伝承や神話から名前をつけたりして、その元を探すのとか楽しいよ☆
 あと、一巻に名前だけさらっと書いてあった人物が三巻に出てきてしかも重要人物だとか、
 すげーよローリンゴ女氏!」
とか、……orz

414 :なまえ_____かえす日:2007/03/15(木) 08:56:35 ID:plI/MIeP
>>413
「あなたの罪を許します」w

415 :なまえ_____かえす日:2007/03/15(木) 14:56:33 ID:NCeMZrG1
>>413
往々にして、その手の過去は周囲の人の記憶に強烈に残るものだが、まあ生`


>「いろんな伝承や神話から名前をつけたりして、その元を探すのとか楽しいよ☆
フェンリールとかね☆
イギリスが舞台な以上元ネタはギリシア〜北欧神話が限界なのは仕方ないけど、
正直センスは厨房並みだよな。
名前の元ネタだけじゃなく全体的に…

416 :なまえ_____かえす日:2007/03/15(木) 20:53:24 ID:VIDpzKVG
私も友達の記憶を消したい。
4年前、友達の前でハリポタ好きだーと言った私。
友達は今でも私がハリポタ好きだと思っているらしく
会うたびにハリポタの情報を教えてくれる。

実はハリポタ嫌いになりましたーと、今更言えない・・・。

417 :なまえ_____かえす日:2007/03/15(木) 22:04:22 ID:5JfHGs17
私みてない

418 :なまえ_____かえす日:2007/03/15(木) 22:18:49 ID:K/Uds5Ug
>>416
嫌いになりましたーじゃ気まぐれで言ってるみたいだけど
「ハリポタのこういうとこが問題あると思うようになった」
とかって何かの機会にやんわり話してみたら?
案外友達も「実は私もハリポタ嫌いだけどいえなかったの」
なんて展開になったりして。

419 :なまえ_____かえす日:2007/03/16(金) 16:29:37 ID:2rmal7go
三巻までは楽しく読んでたんだよ。
仲良し三人組の友情と冒険の物語だったはず。

でも四巻以降は社会問題とか恋愛とか本筋に関係ない余計なもの書きすぎ。
手入れしてない木みたい。
幹が細くて余計な枝葉が多い。ちゃんと剪定してやってくれ。

420 :なまえ_____かえす日:2007/03/16(金) 18:03:12 ID:7v1MJV9Y
>手入れしてない木みたい。

ああ、それすごくいえてる。
4巻以降、話が水増しされて薄まったような印象。
どうでもいい会話がだらだら続くシーンとか多くて
整理、推敲の余地がありすぎ。
何でもかんでも詰め込んで話の焦点がぼやけてる。
4巻でプロットが破綻して失敗したって意見もあったけど同意。
内心、失敗を意識しながらむりやり続けてるような感じもする。

421 ::2007/03/20(火) 17:02:35 ID:wJRY153A
あの〜…401=403って書かれてますが、断じて違います。あ、俺は401なんですけどね。
気になったんで一応言っときますよ。

422 :なまえ_____かえす日:2007/03/20(火) 21:43:16 ID:hAp7U9yT
3巻まで原書のペーパーバックで読んだけど設定に突っ込みどころが多すぎる。
一番おかしいと思うのは主人公がおばの家で赤ん坊の頃から衣食を切り詰められ
物置に軟禁されネグレクトされるような育ち方をしたのに、どうやら生まれつきと
思われる独善的な性格以外、精神にこれといった問題を抱えていないことかな。
子供の虐待は深刻な犯罪なのにこの甘い描き方には疑問を感じる。
作者の想像力には偏りがあり、何か大事なところが欠けているのではないか。
翻訳はちょっとみたらたしかにひどかったがナンセンスな読み物という感じが
前面に出るのため、深く考えないで済むのでかえっていいかもしれないと思った。

423 :なまえ_____かえす日:2007/03/21(水) 08:21:36 ID:zi0JGS03
登場人物にいじめっ子や性格の悪い奴が多いな。
いじめっ子:ジェームズ、シリウス、リーマス、フレッド、ジョージ、ダーズリー一家
性格悪い:ダンブルドア、セブルス、ハリー、ロン、ロックハート、アンブリッジ

424 :なまえ_____かえす日:2007/03/21(水) 08:26:19 ID:zi0JGS03
いじめっ子;ドラコ と 性格悪い;ジニーが抜けてた。

425 :なまえ_____かえす日:2007/03/21(水) 19:09:30 ID:1Q5NmkpK
>>422
> 一番おかしいと思うのは主人公がおばの家で赤ん坊の頃から衣食を切り詰められ
> 物置に軟禁されネグレクトされるような育ち方をしたのに、どうやら生まれつきと
> 思われる独善的な性格以外、精神にこれといった問題を抱えていないことかな。
> 子供の虐待は深刻な犯罪なのにこの甘い描き方には疑問を感じる。
> 作者の想像力には偏りがあり、何か大事なところが欠けているのではないか。

言われてみるとそうだな…。

426 :なまえ_____かえす日:2007/03/21(水) 22:25:26 ID:ALfjn/fL
422の言うことはわかるんだけど、イギリスにはジェーン・エアや嵐が丘、
オリヴァー・ツイストなどの児童虐待小説の伝統があるから、
一種の様式美というか主人公のお約束設定だと思う。

それでも近所の人やソーシャルワーカーが何も言わんというのが
おかしいけどね。

427 :なまえ_____かえす日:2007/03/21(水) 23:31:04 ID:FPe9girw
救貧院とか孤児院がひどかった時代の孤児の話じゃないからな。
ハリーは小学校でもいとこにさんざん苛められ友達ひとりいなかったのに
あのコミュニケーション能力はどこで培ったのやら不思議でしょうがない。

428 :なまえ_____かえす日:2007/03/22(木) 00:04:20 ID:PDVe8n79
あの程度の作品なら
ライトノベルでもゴロゴロある
人の感情描写下手すぎ
外国で日本のアニメが流行るのは内容の濃
子供から大人まで楽しめるファンタジー物が
少ないっつーか発展してないのかなって思った

そんで日本人はつくづく流行りものマンセーな国なんだなと思った

429 :なまえ_____かえす日:2007/03/22(木) 13:05:33 ID:Z6JEVqPY
「みんないっしょ」に行動をするとホッとするんだよね。日本人は。
俺も流行りものは疑ってかかるけど、他に楽しんでる人がいるとやっぱり安心してしまう。
俺らの心の奥深くに刻み付けられた意識なんだよな。

430 :なまえ_____かえす日:2007/03/23(金) 11:38:37 ID:17KSvmVb
ハリーが児童書どころか普通の本にも表現できないくらいの
おぞましく、それでいて、ぐっちゃぐちゃのガキョガキョのメキメキの死に方をするなら
買ってやろう、7巻を。

俺はあまりにも特別扱いされてる主人公が大嫌いだ。
友達が「主人公の特別扱いは仕方ない」と言っていたが、限度があるだろ、限度が。

431 :なまえ_____かえす日:2007/03/23(金) 11:41:35 ID:74cg91zd
主人公補正で許されるのは銃撃戦で前に出ても絶対に当たらないのみ。

432 :なまえ_____かえす日 :2007/03/23(金) 12:39:39 ID:+rN2FlPl
原作は無駄に長くて読む気がしない。
五巻は発売日に買った手前意地で読んだけどストレスばかり感じた。
双子が自主退学するシーンだけは楽しかった。

映画の四巻は、無駄を省いてすっきりまとまってた感じで良かった。
楽しいシーン怖いシーンとメリハリあったし。
567巻の映画もあれくらいうまくまとめてくれたらいいな。

433 :なまえ_____かえす日:2007/03/23(金) 17:53:12 ID:8OfRtdnu
ひさしぶりに覗いてみたけど、オマエら相変わらずヒマだな。
しかも松岡訳を元にハリポタ批判してるのが笑える。
原書もなんだかんだと言ってるヤツはウソかいてるか、
自分が英語力ないのを暴露してるだけwww

434 :なまえ_____かえす日:2007/03/23(金) 19:46:21 ID:oZAUrnxs
>>433
禿同www

435 :なまえ_____かえす日:2007/03/23(金) 22:38:15 ID:X8m64V6b
個人的には、原作よりも神サイトの長編ポタドリームの方が面白い。
ポッター一味は親子でテラウザス。

436 :なまえ_____かえす日:2007/03/24(土) 16:40:06 ID:MSH+u2a8
>>433
主要な批判のいったいどこに「松岡訳」の入る余地があるのか教えてくれ。

437 :なまえ_____かえす日:2007/03/24(土) 17:52:11 ID:VBEga01J
特に4巻以降のだらだらした無駄な文は松岡の創作が入ってるとでもいうんだろう。
最後に登場人物の長語りで種明かしするようなまずい構成は翻訳者の仕事、
悪のシンボルがドクロから蛇がでているという恥ずかしいマークだったり
闇魔法使いの一団の名がデス・イーターwとかいう幼稚な設定は松岡の考案、
主人公グループがライバル達にデキモノができる魔法を浴びせて気絶させ
蹴り出したりする胸糞悪いシーンも松岡が創作しているってことじゃないのか。
主人公が校長などに死んだ親に関わる情報を詳しく尋ねる場面がないなど
不自然な部分が多々あるが、これは松岡が重要な場面を勝手に省いたのだろうw

儲にとって松岡は格好の砦だな。どんな批判でも訳のせいにしてごまかせる。
いい気なもんだな。

438 :なまえ_____かえす日 :2007/03/27(火) 11:26:41 ID:P3nF3nzu
登場人物ほとんどが性格悪い。それに愚かだ。
これがハリポタを「リアル」だって言って喜んでる人たちにとっては
本当に本当の「リアル」なんだったら、

私が今までそういう人たちに遭ったことがあまり無いのは、
すごく幸運なんだな。良かった。

439 :なまえ_____かえす日:2007/03/27(火) 15:43:38 ID:/B5guq4I
原書はあんまり読んでないけど、映画のクソっぷりからして元々のストーリーが劣悪なのは想像できる。。

440 :にゃん:ぱら
りん



441 :なまえ_____かえす日:2007/03/28(水) 20:52:56 ID:/SRAzmZe
>それに愚かだ。

それだ!登場人物の性格が悪いというのはよく聞くが
「愚か」というのはなんかツボった。
そう、なんかものすごく愚かなんだよな。校長から悪役まで。
考えの足りない子供に活躍させるため、
敵味方双方の大人の状況把握力などをうんと低く設定してあるということだろうか。
それにしてもバカすぎ。
こういうDQNな連中もリアル世界にいないことはないかもしれないが
社会のよほど底辺にいかないと見つからないと思う。

442 :なまえ_____かえす日:2007/03/31(土) 15:40:17 ID:UqW8sjmP
>社会のよほど底辺にいかないと見つからないと思う。

そうかな。むしろ、何かの分野でのエリート養成機関にありがちじゃね?>総員DQN化
そもそもの目的が『伸びそうな芽に最大限手間をかける』こと。不平等前提。
なのに、うっかり体裁が『学校』だったりすると、世間体を取り繕ってるうちに
組織全体が建前と本分の間で迷走してしまったり。
運営側が志を異にする者同士となったら、個々人の価値観で好き勝手するのは必然。
教育者として公正さを欠くホグワーツの教師陣は、ある意味リアルなのかも。

443 :なまえ_____かえす日:2007/04/01(日) 01:17:03 ID:/QEgvmKt
確かイギリスで完全に魔法族だけの村は穂グズミードだけなんだよね?
そしたら他はみんなマグルとうまくやっていかなきゃならないんだからマグル学必修にすればいいのに。

マグルのこと知れば無意味無駄な事故も減るだろうに。
事故巻戻し局とかなんとかの魔法省の仕事も減る。予算少なくてすむ。

予算余った分は教育と福祉(とくに狼人間救済など)にまわす。
狼人間には政府の助けがもっともっと必要。心はどうあれ「差別はダメだ」と口先だけでも言ってよ。
脱狼薬の開発・満月時のシェルター施設提供などいくらでもやることはある。

政治や社会問題を書いたけど、ただそれだけ。胴体切断魔法事故がギャグのつもりなのかな。
これじゃ魔法界の社会全体が深刻にアホだよ。

444 :なまえ_____かえす日:2007/04/01(日) 01:27:33 ID:/QEgvmKt
>>443
政治や社会問題を書いたけど〜 の前に「ローリング女史は」を追加


>>442
> 運営側が志を異にする者同士となったら、個々人の価値観で好き勝手するのは必然。
> 教育者として公正さを欠くホグワーツの教師陣は、ある意味リアルなのかも。

そういう大人を見て育った子は、そういう大人にしかならないよね。
ダメスパイラル。

445 :なまえ_____かえす日:2007/04/01(日) 10:16:07 ID:7ulKzYbb
ハリポタ本スレだと松岡訳だけ叩いて
日本語訳しか読めない奴はかわいそうだな、英語版はおもしろいよ!回転女史始まった。
とかいってる人がいるけど正直どっちもどっちだよなぁ。

446 :なまえ_____かえす日:2007/04/01(日) 10:34:24 ID:yWpHpCxi
松岡訳は確かにひどい。
しかし原書の設定やモラルにも問題がある。
ダブルパンチの日本語版が悲惨なことは確かだ。
そんな本でも売れればありがたいと持ち上げてしまう不況の出版界カナシスってとこ。

447 :なまえ_____かえす日:2007/04/01(日) 20:47:49 ID:I3NnxXsD
みんなよく細かく読んでいるね。
本当はスキなんだって気持ちが伝わってくるよ。

448 :なまえ_____かえす日:2007/04/01(日) 21:07:57 ID:/JO1Fh4V
>>443
ルーピンのような狼人間ならともかく、グレイバックみたいなやつは殺処分にするべきだ。

449 :なまえ_____かえす日:2007/04/02(月) 00:48:03 ID:h6u5AEAe
>>447
ああ、好き だ っ た よ。
好きだからよく読んで、いっぱい考えたら矛盾が見えてきてガッカリした。

450 :なまえ_____かえす日:2007/04/02(月) 04:21:12 ID:mFx9BCDk
なまえ_____かえす日 ←のネームのせいで、この板はレスがすごく読みにくい。

451 :なまえ_____かえす日:2007/04/02(月) 09:56:18 ID:A4akBDb8
本をあまり読まない人には面白いんかな。
私は物足りない、内容も文体も。
世界観は好きだけど。

452 :なまえ_____かえす日:2007/04/02(月) 10:08:10 ID:5DDXHZnz
ハリポタは確かに売れたけど
その他の出版業界の売り上げにまで影響したかというと微妙だよね。
購買者が広がっていないというか・・・。

どこか冬のソナタと4様に似ている、あっちも眼鏡かけてるし。

453 :なまえ_____かえす日:2007/04/02(月) 13:21:25 ID:GpCpdimz
ハリー=ヨン様、いえてるかもw
どっちも好きな人にはたまらないんだろうが
一歩間違えばかなりキモいあたりも似てる。

454 :なまえ_____かえす日 :2007/04/02(月) 15:02:30 ID:YWhlgSvI
>>451
> 本をあまり読まない人には面白いんかな。
確かそれはあるかも。自分の場合、ラノベくらいしか読んでなかったけど
映画化だなんだでハリポタが騒がれてるからって読んでみたらハマった。

あのころラノベにも飽きて、ゲームのほうでも期待はずればっかりで
遊ぶものが無くなって寂しくなってたときだったな。
「ファンタジー」と「わくわく冒険」に飢えていたんだなぁ。

でもハリポタがきっかけで、他の児童書やDWJ作品に出会えたりした。
そこだけは感謝。

455 :なまえ_____かえす日:2007/04/04(水) 01:22:54 ID:soUdwv32
そうなのか。
すでに本好きだった俺は文章のテンポの悪さにイライラした。
でも人気があるから俺が変なんだと思った。
でもやっぱり読みにくくって面白くないし、何度も爆睡してた。
あんなに集中力が空回りした物語本は始めてだった。

456 :なまえ_____かえす日:2007/04/04(水) 01:26:24 ID:soUdwv32
> でもハリポタがきっかけで、他の児童書やDWJ作品に出会えたりした。

ファンタジーコーナーが恥ポタのおかげで活性化した、という点では俺もめちゃ感謝。

457 :なまえ_____かえす日:2007/04/04(水) 01:26:56 ID:soUdwv32
↑(書店の)ファンタジーコーナーが

458 :なまえ_____かえす日:2007/04/04(水) 01:36:50 ID:V3L+Ijzt
>すでに本好きだった俺は文章のテンポの悪さにイライラした。
>でも人気があるから俺が変なんだと思った。

信者でもあの訳文はちょっとという人が多いんだから変じゃないよ。
日本語感覚がまともな人なら誰でも読みにくいと思う。

>ファンタジーコーナーが恥ポタのおかげで活性化した

つとめてそういういい面を見るようにしないとやってられないねw

459 :なまえ_____かえす日:2007/04/04(水) 20:54:23 ID:PnQEhsSQ
ハリポタレベルしか読めない奴が他の良作貶すのはやめてもらいたいけどね・・・
魔法学校物なら何でもパクリ扱いとか。
ハリポタは魔法学校が舞台なだけで魔法学校物じゃねぇよ。

460 :なまえ_____かえす日:2007/04/05(木) 03:02:49 ID:JnhRfZiz
世界観や人物背景なんかがボロッカスすぎてジョークのネタにも使えやしない

461 :なまえ_____かえす日:2007/04/05(木) 04:46:13 ID:inM5WFF7
【都知事選】浅野氏、志同じならと民団に支援を要請
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1174623990/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

462 :なまえ_____かえす日:2007/04/05(木) 09:43:54 ID:gQKUsIbt
ハリー・ポッターはそれでも結果よりも親のなぞとかがすんごい気になるんだよね
もはや結果はあまり気にはならない。
それにファンタジーでこんだけなぞとそのヒントが隠されてる本もないだろ。

463 :なまえ_____かえす日:2007/04/05(木) 12:39:14 ID:P8Pmrtrc
ハリポタは漏れの世代でいうとロードス島戦記みたいなものか。

464 :なまえ_____かえす日:2007/04/05(木) 17:09:18 ID:pGv0LAzZ
>>462
なぞつうか主人公の親世代にいろいろ確執があったらしいんだけど
描き方が中途半端で(リンチや殺人未遂まであった様子なのに事情が知らされないなど)
もやもやしたまま何年も宙ぶらりんな感じなんだよな。
こういうことはすぐに詳しい事情説明をいれないとダメだと思うんだが
若いころはひどい苛めとかケンカとかありがちよね、みたいな感じでごまかされてる希ガス。
この件、最後までちゃんとした説明なしで終わりそうな悪寒。

465 :なまえ_____かえす日:2007/04/06(金) 06:11:26 ID:CErw8JrV
>>464
>若いころはひどい苛めとかケンカとかありがちよね

こう、さらっと流されてる感があって
この人(作者)とは合わないんだなと思った。
無意識に負の感情が滲み出てるのも怖い。

466 :なまえ_____かえす日:2007/04/06(金) 22:51:16 ID:sn7TvfRa
ホグワーツの構造的な欠陥は
1000年前の価値観を現代まで変わらず伝えてきた
組み分け帽に原因が有ると思うんだ
これがある限りマグル差別はなくならんよ


467 :なまえ_____かえす日:2007/04/07(土) 00:16:37 ID:hTPoEHCm
良く考えたら組み分け帽ってのもなんか嫌だよな。

468 :なまえ_____かえす日:2007/04/07(土) 11:31:07 ID:0UDYFPqF
11歳くらいの子供を捕まえて性格決め付けて
振り分けるってのがどうもな・・・

469 :なまえ_____かえす日:2007/04/07(土) 11:58:22 ID:fsWYBTjT
勇気のグリフィンドールに
集団いじめをやる連中が振り分けられるんだからなw

470 :なまえ_____かえす日:2007/04/08(日) 22:00:30 ID:d+cKLviP
組み分け帽
訳すとそうなるのか。センスのかけらも感じられない訳語だな。

471 :なまえ_____かえす日:2007/04/08(日) 23:20:51 ID:Mc1ktOMd
本当に

472 :なまえ_____かえす日:2007/04/08(日) 23:59:52 ID:Mc1ktOMd




本当に

473 :なまえ_____かえす日:2007/04/10(火) 13:57:26 ID:v0Kdq61V
>>470

原語でなんていうの?
おしえてほしいー。

474 :なまえ_____かえす日:2007/04/10(火) 19:01:15 ID:H031N18/
>473
sorting hat
sortは「分ける、割り振る」の意味。

475 :なまえ_____かえす日:2007/04/10(火) 19:14:00 ID:Ml6c/p+n
それはまあ妥当な訳じゃまいか?

俺が気に入らなかったのはワインを「酒」と訳してたこと。
ワインはワインにしとけ。

476 :なまえ_____かえす日:2007/04/11(水) 13:02:18 ID:OYg1Dx5x
どーせ日本訳の場合無理に直訳しなくてもカタカナ外来語に出来るんだから
ソーティングハット(組み分け帽)の方が良かったな。

477 :なまえ_____かえす日:2007/04/11(水) 14:32:37 ID:Tbr8H2dU
帽子やワインの訳くらいどうってことあるまい。
原書信者の分析によると、犬が吼える声の形容で
booming(太く響く)というのが「ブーンという声」
にされてるとか、そういうレベルの訳だらけらしいから。

まあジャンクな読み物には不自由しない日本で
こんな陰湿な舶来ジャンク小説が売れたのは
珍訳が笑いを添えてくれたおかげかもしれないけどな。

478 :なまえ_____かえす日:2007/04/12(木) 06:53:01 ID:JnAYZdLK
ワインが酒はありえない訳だな。せめてぶどう酒にしてくれ。

479 :なまえ_____かえす日:2007/04/14(土) 14:31:23 ID:a9hGR57e
ワインが酒のほうがまだましだろう。

話の流れから、ここでのソートには意図的に選別する意味合いが強いのに、
組み分けではランダムに分けてるイメージしか伝わってこない。訳す能力が
ないんだからカタカナでそのままのほうがましだったな。

480 :なまえ_____かえす日:2007/04/14(土) 22:57:42 ID:lqYxSl5L
「エクスペリ・アームズ! 武器よ去れ!」

2回も言わせるなよアホ訳者。
言ってる間にやられるだろ…。

481 :蛇蝎:2007/04/15(日) 11:35:23 ID:kUfVefmz
つーか児童文庫なんだから文句つけるなよ
ガキの本を大人が勝手に読んでるだけだろうが

482 :なまえ_____かえす日:2007/04/15(日) 13:11:58 ID:1rVrFuOL
子供の本なんだから、訳をもっとちゃんとしてもらいたい。
10歳のいとこがハリポタ読んでいるみたいなんだが
「目にこびりついて離れないのー」とか間違った日本語を覚えてしまって
かなり心配なんだよ・・・。

483 :蛇蝎:2007/04/15(日) 15:14:13 ID:kUfVefmz
そんなのハリーポッターに限ったことじゃないよね?
ただあんたが読んでて不愉快ってだけだろ?

484 :なまえ_____かえす日:2007/04/15(日) 16:02:46 ID:Hgm3fVpm
9条は改憲してはならない。日本の為にならない。
日本人ではない朝鮮総連や民団でさえ、日本を心配して改憲への反対運動を行ってくれている。
私は日本人だが、「改憲すべき」などという者は、日本人として彼らに恥ずかしいと思います。

Q.中国から身を守る為、戦争に対する抑止力が必要では?
A.前提から間違っています。そもそも、中国は日本に派兵しようと思えばいつでもできました。
  なぜなら、日本には9条があるため、空母や長距離ミサイル等「他国を攻撃する手段」がない。
  つまり日本に戦争を仕掛けても、本国の、命令をだした幹部の命は絶対に安全なのです。
  「安心して戦争を仕掛けられる国」を、中国は、今まで攻めずにいてくれたのです。

Q.それは日米安保によるものでは? そして、その日米安保も絶対ではないのでは?
A.中国の良心を信じられないのはなぜですか? そして、日米安保は絶対です。
  知り合いの韓国人の評論家も「絶対だ」と言っていますし、私も同じ考えです。
  更に、9条が消えても米国の戦争に協力する義務は発生しませんが、米国が被害者の場合は別です。
  米国は日本を守る為に戦っても、(9条があれば)日本は米国を守る為に戦う必要がないのです。

Q.9条が本当に「平和」憲法なら、世界中で(日本以外に)1国も持とうとしないのはなぜか?
A.これは、日本以外のすべての国が誤っているとも言えます。
  「敵国に攻撃が届く国は攻められづらい」というのは、誤った負の考え方です。
  (もっとも韓国や中国の軍に関しては、日本の右傾化阻止の為でもあるので例外ですが)
  更に日本の場合、隣国が韓国・中国・ロシアと、GDP上位の安定した信頼できる国ばかりです。

Q.「9条改憲派」は「戦争反対派」。侵略者に戦争を挑発する戦争憲法(9条)を撤廃したいのです。
A.それは、貧しい考え方ではないでしょうか?    
  中国や北朝鮮を信じる「強さ」があれば、そんな考えにはならないはずです。
  日本が信じれば、彼らも信じるでしょう。そして、真に美しい関係が始まるのです。

485 :なまえ_____かえす日:2007/04/15(日) 16:41:37 ID:XAWSRACg
ID:kUfVefmz
スルーかNGワード推奨

486 :虚構世界内存在 ◆vWilh8Qklc :2007/04/15(日) 18:27:24 ID:ClSFRi4L
「淫乱肉便器と淫乱肉便器候補」への間接的道程(1)

http://jbbs.livedoor.jp/game/36649/
「虚構世界 円の紋章」からどうぞ。

487 :なまえ_____かえす日:2007/04/15(日) 20:09:45 ID:TfEKndoQ
>>485
いや、むしろIDじゃなくて
コテハンをNGワードだろうw

488 :なまえ_____かえす日:2007/04/15(日) 22:49:29 ID:4ZzNHIyf
俺もそれ突っ込もうと思ったw

489 :蛇蝎:2007/04/17(火) 13:04:04 ID:z8RTtwk2
嘘言うなボケ

490 :なまえ_____かえす日:2007/04/18(水) 01:42:01 ID:2KosVKV1
子供向けと子供騙しは違うんだな…。

491 :なまえ_____かえす日:2007/04/18(水) 04:22:38 ID:9x8XH1NU
魔法みたいなファンタジーフィクションを作る際に一番重要なのは
大きい嘘(世界観)はついても
小さな嘘(人物描写)はついちゃいけないっておばあちゃんが言ってた。

ケンシロウみたいな超人ならともかく
等身大主人公のハリーがハタからみてありない行動をとっちゃいけないよね。

492 :なまえ_____かえす日:2007/04/18(水) 14:15:54 ID:eUtqLYKC
つーか、組み分け帽って、その場で考えていたら、ハッフルパフの新入生0とかになる可能性もあるじゃないか。
事前に決めてて(ロンとかマルフォイなど)、事前に決めかねていない場合だけ、
その場で考えている(ハリーとか双子のパチルとか)ということだろう。

魔法省の尋問も、真実薬使えば一発で白黒わかるはずなのに、いったいあれは何のためにあるんだ?

493 :なまえ_____かえす日:2007/04/18(水) 14:26:27 ID:ohUr+1S3
自白剤の効果は強い魔法使いなら誤魔化せるんだとさ。
しかしタイムマシンみたいのとかいろいろ出しちゃってなんでもアリすぎ。
なぜあそこであれ使わなかったのということになるに決まってる。
それに対する一応の答えはあるみたいだけど
それを知るためには作者インタビューをチェックしないといけないらしい。
そんなことをしなければ理解できない小説なんてその時点で終わってる。

494 :なまえ_____かえす日:2007/04/18(水) 14:54:17 ID:UHwoJKiG
ハリーポッターは三巻の途中で飽きたなぁ。
何でだか分からないが、今じゃ絶対読みたくないと思ってしまう。

495 :なまえ_____かえす日:2007/04/18(水) 15:02:00 ID:2gbp1H5m
俺も>>494さんと同じ。3巻の途中で放棄。
文章とか物語とか、とにかく充実感の得られない作品だな。

496 :なまえ_____かえす日:2007/04/19(木) 12:34:58 ID:AtI7cQf7
ポッターと愉快な仲間達(両世代)がこてんぱんにのされる二次創作は面白いよ。

497 :なまえ_____かえす日:2007/04/19(木) 13:35:51 ID:kv3Logr1
二次創作で思ったけど、ハリーって
未だに読んでいるのはキャラ萌えオタくらいのもんだよな。
本スレなんか、いっつもキャラで揉めてるし。
リア小、リア中は刊行速度の遅さと、値段、受験や進学なんかで
しだいに離れていってるんじゃないか?
本読む子はラノベ(大体3、4ヶ月で新刊が出るし)に流れていそう。

498 :なまえ_____かえす日:2007/04/19(木) 13:52:55 ID:AtI7cQf7
>>497
私は古本で1〜4巻合わせて1000円で買ったからまだいいけど、定価だったら買う気がしない。

499 :なまえ_____かえす日:2007/04/19(木) 13:53:15 ID:wD6hNgEU
正直スネイプに感情移入しまくっている極一部の人間の心理が理解できない。
(小説のキャラに感情移入って時点で十分おかしいけれど)
どう見ても40前にもなって未だに学生時代のいじめを引き摺っている
ただの風呂嫌いのオヤジ…
しかも教師の立場を利用して反撃を許されない生徒をいびるところが
大人気ないというかセコくて泣ける。

500 :なまえ_____かえす日:2007/04/19(木) 14:22:30 ID:8AwzQe48
ハリーポッターと不愉快な仲間たち

501 :なまえ_____かえす日:2007/04/19(木) 14:56:58 ID:AtI7cQf7
スネイプ厨もシリウス厨もどっちもどっちで痛い。

502 :なまえ_____かえす日:2007/04/19(木) 15:20:03 ID:cOms1nMI
スネイプ厨はスネイプ以外のキャラには斜な見方しかできないみたいだな
シリウス厨は最近見ないからよくわからん

503 :なまえ_____かえす日:2007/04/19(木) 15:27:20 ID:dYJIO/7b
ハリポタ厨が痛いんだよ
こんなとこまでキャラ論争をもちこまず巣にカエレ!

504 :なまえ_____かえす日:2007/04/20(金) 01:44:48 ID:rBRd29+i
ハリーと不愉快な仲間たちがウザすぎるので、
スネイプ寄りになる気持ちは理解できる。

505 :なまえ_____かえす日:2007/04/20(金) 02:43:00 ID:ojV7nNu2
ハリポタのキャラは全部うざいよ。

506 :なまえ_____かえす日:2007/04/20(金) 07:51:46 ID:AP1N2WwX
ハリポタキャラより翻訳者のほうがうざい

507 :なまえ_____かえす日:2007/04/20(金) 09:04:07 ID:L1GysKT2
作者も信者もうざいよ

508 :なまえ_____かえす日:2007/04/20(金) 09:17:24 ID:RHOVhtD0
賢者の石のハー萌え
秘密の部屋のジニー萌え
ゴブレットのガブリエル萌え

映画だけどな

509 :なまえ_____かえす日:2007/04/26(木) 18:44:29 ID:IFiDd8Aa
凄く不思議なのがアンチスレなのに
どうしておすすめ2ちゃんねるはハリポタのスレばっかなの?
嫌いなら見なきゃいいのに

510 :なまえ_____かえす日:2007/04/26(木) 20:22:00 ID:B8J+7csx
いまどきIE使う奴の事なんかシラネ

511 :なまえ_____かえす日:2007/04/26(木) 21:29:44 ID:LtNg193A
>>509
単にハリポタで検索してる奴がここを含めひととおりのぞいてるんじゃね?
IE使ってんだからご新規さんも多いだろうし。

512 :なまえ_____かえす日:2007/04/30(月) 12:55:53 ID:gCQoGtFZ
ハリーのウンコって臭いの?

513 :なまえ_____かえす日:2007/04/30(月) 13:26:24 ID:a6OmsIMb
ラベンダーの香り

514 :なまえ_____かえす日:2007/05/01(火) 13:48:41 ID:ngJFv5gs
いや、飯によって変わるトレビアンな薫りだ

515 :なまえ_____かえす日:2007/05/03(木) 21:33:13 ID:WVQJyjtQ
ほのかに香るビーフシチューのにおい

516 :なまえ_____かえす日:2007/05/05(土) 11:25:49 ID:MKPn4ndQ
翻訳者がふざけてる。
一人称がころころ変わるし児童書とは思えない単語が出てくる。

517 :なまえ_____かえす日:2007/05/08(火) 00:28:23 ID:CZmEQzD8
私は二巻の途中で飽きた。
小学生のとき、担任がハリポタ信者で、読み聞かせしてて、40人中
私が最初に飽きたみたい。

金も読む手間もかからず批判できて、むしろ感謝(藁

518 :なまえ___かえす日:2007/05/09(水) 20:21:54 ID:Hh5QPn0B
そういえば訳者は税金払ったのか?

ストーリーはおもしろくても翻訳が好きになれない

原書読むか……

519 :なまえ_____かえす日:2007/05/09(水) 21:32:57 ID:4sa3dkz/
7巻の予約が100万超えたね、あと2ヶ月。

520 :なまえ_____かえす日:2007/05/10(木) 18:15:10 ID:0mIVY8aO
「回転にノーベル文学賞を!」って話はどうなったんだろ。
アホか〜、って思ったけど。

521 :なまえ_____かえす日:2007/05/10(木) 20:06:30 ID:Bir8aXx6
回転は女王に勲章もらったんでもう十分。
分相応な文学関係の賞ももらってるし。
ノーベルはある意味、カビが生えてからもらう賞じゃね?
まあ生える前に忘れられるから大丈夫だよw

522 :なまえ_____かえす日:2007/05/10(木) 20:07:16 ID:Bir8aXx6
×分相応な
○分不相応な

523 :なまえ_____かえす日:2007/05/10(木) 20:41:10 ID:vU0UA+MJ
4年前、いけ好かないめがねの小僧が主人公かよと
思っていたんだが、しっかりハマってしまった。

524 :なまえ_____かえす日:2007/05/12(土) 22:28:13 ID:YeVlimvM
アンチの人のために6巻までの要約を書いておくね。

6巻でダンブルドア校長をスネイプが殺して、学校から逃亡します。

以上。

525 :なまえ_____かえす日:2007/05/13(日) 01:20:02 ID:tCCyjIV3
なんか何巻も出てるわりには、内容薄いよね。
ヴォルちゃん倒すだけなんだから、3巻までくらいで良かったと思うんだが。

526 :なまえ_____かえす日:2007/05/13(日) 12:58:02 ID:WyJm+aGp
ハリー・ポッターがヴォルデモートに倒されて魔法界が闇に覆われるお話。

527 :なまえ_____かえす日:2007/05/13(日) 13:26:44 ID:OBSYgrrw
しかしハリーが勝ってもたいしていい世界になりそうもないよね。
性格悪い奴ばっかりだし。

528 :なまえ_____かえす日:2007/05/13(日) 17:36:12 ID:Isl/ZYvO
魔法省も腹黒いしな

529 :なまえ_____かえす日:2007/05/13(日) 22:27:06 ID:aw0rq0aA
ワラタ
夢の無いファンタジーだなw

530 :なまえ_____かえす日:2007/05/13(日) 22:56:44 ID:TU2mD95d
夢も希望もない大人しかいねえし。

531 :なまえ_____かえす日:2007/05/14(月) 09:03:24 ID:5GlF20ql
特撮に出てくる悪の怪人ですら一匹くらいはまともなのがいるというのにハリポタ世界の住人といったら・・

532 :なまえ_____かえす日:2007/05/16(水) 00:57:01 ID:Zw/y24Y/
最終巻だということで、最後にイイ奴になるのはだれかなーとわくわくしています。
それしか楽しみがないや。

533 :なまえ_____かえす日:2007/05/16(水) 08:20:04 ID:DTJVfRFW
グリフィンドールとスリザリン全員相打ちの共倒れでいいよ。

534 :なまえ_____かえす日:2007/05/16(水) 14:33:44 ID:GPW1eYXB
作られたヒットの中でも最たるもののハリーポッター
強引な、何の必然もない世界的ヒットとか、
作者が悪魔と契約でもしたみたいで笑える

んで、八巻も書くとか言ってて爆笑
チャリティーのためとか守銭奴JKRは神

暴露本とか出ませんか?

535 :なまえ_____かえす日:2007/05/16(水) 15:24:23 ID:v0RyNdox
チャリティーで魔法世界百科辞典みたいのを書くかもというのは
ずいぶん昔から言ってるらしいのでそれを今さらニュースにする
日本のマスゴミがアホ。

悪魔と契約したみたいなヒットというのは同意。
陳腐な話やひどい翻訳をみなでもてはやしてるのが不思議。
悪い魔法にかかってるなら早く解けて欲しい。

536 :なまえ_____かえす日:2007/05/16(水) 19:50:25 ID:tkH1GO5o
普通にファンタジーの中では質の低い方だよな。

537 :なまえ_____かえす日:2007/05/19(土) 08:21:18 ID:lb49NSF3
一応6巻まで読んだけど。
6巻の終わりで彼女作らないみたいなことハリーが言ってる。




ハリーの一生童貞は間違いないだろうなwww

538 :なまえ_____かえす日:2007/05/19(土) 22:43:21 ID:G7A0YZ4L
7巻でヴォルデモートに負けて死ぬからな。

539 :なまえ_____かえす日:2007/05/21(月) 11:40:18 ID:H2uGBtrY
ハリー・ポッターの面白さを知らないカスどものコメントを見ると笑えるねぇ。こんなクソスレたてたアホはどいつじゃ?まぁ、コメント見るだけで人間のクズの集まりだなって思うよ。どいつもこいつも。お前らに夢見る資格はない。さっさと死んでくれ

540 :なまえ_____かえす日:2007/05/21(月) 14:34:25 ID:bq3/gZ/n
夢見る資格ワラタw

541 :なまえ_____かえす日:2007/05/21(月) 15:13:33 ID:H2uGBtrY
夢見る資格ワラタw

カスの一例


542 :なまえ_____かえす日:2007/05/21(月) 17:47:06 ID:nX+tgKz4
犯罪を子供の悪戯と呼んで正当化させている問題作。

543 :なまえ_____かえす日:2007/05/21(月) 20:06:01 ID:H2uGBtrY
↑おいおい、小説に本気になるなよ。頭のカタイ人(笑)

544 :なまえ_____かえす日:2007/05/21(月) 23:38:11 ID:T1vJTKhN
映画のクルックシャンクス役の子は確かにかわいい。
エクステつけてぼさぼさにしてるんだってね。ふかふかしたい。

545 :なまえ_____かえす日:2007/05/22(火) 10:33:08 ID:VKhZrz/v
あのヌコ、ブサカワイイ

546 :なまえ_____かえす日:2007/05/22(火) 16:32:55 ID:KXTRyxs4
>>539
もっと詳しく理由言ってくれないと
納得できないんだけど。

>>541
どこがどうカスなの?

547 :なまえ_____かえす日:2007/05/23(水) 23:17:31 ID:NAJhtbeq
夢は夢でも
「覚せい剤で見る事の出来る終わりのない夢」
に近いね。意味がなさ過ぎる辺りとかが

548 :なまえ_____かえす日:2007/05/24(木) 16:33:03 ID:WHAE9mju
>>539
お前のほうがよっぽどカスだよ!
もうちょっと冷静に考えてみたら。
ハリー・ポッターの面白さって何?

>>542
この作品を読んでる子の将来が心配だよな。

549 :なまえ_____かえす日:2007/05/25(金) 01:44:29 ID:5N5Ty4qk
>ハリー・ポッターの面白さって何?

やたらブランドやネームバリューに弱い集団心理とか、
これを入り口に本読み初めて、色んな意味で目が覚めちゃった人の阿鼻叫喚とか、
なかなか見てて面白そうだと思うんだけど、どうかな?

逆に、ポタに拒否反応起きちゃう人の傾向にも興味ある。
単純に面白くない以外に、一定の人の神経を逆なでする要素を備えているのかも。

550 :なまえ_____かえす日:2007/05/25(金) 05:30:26 ID:UvE9/0sj
最初はそうでなかったんだけど、何度も読むうちにグリフィンドール勢が嫌いになった。

551 :なまえ_____かえす日:2007/05/25(金) 17:43:05 ID:nTYhWZ0p
回転信者って頭が回転(クルクル)パーだ。

>>521
本をあんまり読まなかった人に人気があるが、
昔からファンタジー読んでた人には評判悪い。
ファンタジーとかの評論家にあまりとりあげられないから、
世間にはすぐに忘れられると思う。
ということで、回転にノーベル賞は絶対無理だ。





552 :なまえ_____かえす日:2007/05/25(金) 18:03:35 ID:5m51e6pl
というかノーベル賞ってその分野に貢献した人に贈られるもんでしょ?
回転ごときがもらえるわけないじゃん。

553 :なまえ_____かえす日:2007/05/25(金) 23:19:32 ID:JY4j3sCQ
> 本をあんまり読まなかった人に人気があるが、
> 昔からファンタジー読んでた人には評判悪い。

私、三巻までは元信者で四巻以降アンチになったけど、たしかにあまり本読んでなかった。
ラノベファンタジーくらいしか。
名作といわれて世界中で愛されてる作品を、子供のころ読まなかったんだよなぁ。
指輪物語とかミヒャエル・エンデのとか、ちゃんと子供のころに出逢いたかった。
毎週日曜日に図書館に連れて行ってもらってたのに、ナルニアとかゲドとかには興味が湧かなかったみたいで
こまったさんわかったさんとかまじょ子とかイッパイアッテナ読んでた記憶がある。



賢者の石映画公開前に宣伝見て、子役が可愛かったから、
人生で初めて流行物に手を出してみたんだけど今はちょっと後悔してるよ。

一巻読んだときは面白かったんだけどな。
ハリも当時はまあまあ良い子だったし、ドロドロの恋愛とか無い、素直な明るいお話でだらだらしてないし。
ネビルいじめとかライバルをだましたりするのはどうかと思ったけど、外国の寄宿舎だとそういうのがあるって
聞いたことあったから、こんなもんかと流した。
なんかの映画でも「洗礼」とか言って転校生が水ぶっ掛けられたりしてたし。

554 :なまえ_____かえす日:2007/05/27(日) 03:29:14 ID:36muXH5n
なんかもう・・
長ければいいってもんじゃないんだよね・・
4巻で2つに分けた割には
内容が薄いし、それ以降からもうグダグダ
どうしようもないね

555 :なまえ_____かえす日:2007/05/27(日) 16:24:00 ID:krxjWnj8
全部3巻くらいの長さにまとまっていればねえ。
主人公サイドのモラルに問題があっても
他愛ない読み物として読み飛ばせたと思うが。
4巻以降、あの長さでは信者じゃない者にはつらい。
物語を1年持たせるために無駄なエピを
積み重ねているのがミエミエで無理がありすぎ。

556 :なまえ_____かえす日:2007/05/27(日) 21:36:54 ID:SwXInmkC
3巻で無実ではないパックピークを逃がしたポッター達とダンブルドアは悪人。

557 :掲示板安全保障特別補佐官:2007/05/27(日) 23:45:47 ID:lexXUVE0
ロンは校則に違反してネズミを持って行っているよ

558 :なまえ_____かえす日:2007/05/28(月) 07:24:04 ID:jM3g/n/T
>>557
たしかパーシーのおさがりだったよね。パーシーは規則に厳しそうなのに。

559 :なまえ_____かえす日:2007/05/28(月) 10:55:50 ID:QV7Z9EiO
>>558
1巻のホグワーツからの手紙をちゃんと読んだ?


560 :なまえ_____かえす日:2007/05/28(月) 13:05:15 ID:jM3g/n/T
もしかして一年生だけが「ふくろう、猫、ヒキガエル」の3種類で、
他の学年ならネズミを持ってきてもいいの?

561 :なまえ_____かえす日:2007/05/29(火) 11:16:59 ID:I7fjRttQ
ロンは1年のときからネズミ持ってる。
猫連れてる奴が多い場所にネズミ連れてくるなんてアホすぎ。
しかもネズミの正体がキモイおっさんの変身で。
それがわかってから1〜3巻も気持ち悪くて読めない。

562 :なまえ_____かえす日:2007/06/01(金) 18:56:56 ID:RZBs5VBq
猫ってミセスノリスとクルックシャンクスしかいなくね?

563 :なまえ_____かえす日:2007/06/01(金) 19:15:00 ID:FOBv4Viy
他の猫が話に出てこないだけじゃね?

てか実は主人公の学年の同じ寮に女子が五人いないとおかしいんだが
実際はハーマイオニー以下三人しか出てこない。
作者は残りのふたりを書くのを忘れていたんだと。
人間もこの扱いだから、話に直接関係ない奴が飼ってるペットとか出して
もっともらしさを演出するようなことは思いつきもしないんだろう。

564 :なまえ_____かえす日:2007/06/07(木) 06:24:02 ID:hkVVzj92
>>563
本スレから乙

565 :なまえ_____かえす日:2007/06/07(木) 10:08:59 ID:qFRhJjC7
幻の女子ふたりの話は有名だよ。

566 :なまえ_____かえす日:2007/06/12(火) 08:44:37 ID:lf71RkLB
http://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2007061101000831.jpg

567 :なまえ_____かえす日:2007/06/12(火) 23:57:55 ID:D2CpimVa
>>566
壮大にお茶吹き出した。

568 :なまえ_____かえす日:2007/06/28(木) 21:31:19 ID:CWuWMJLA
翻訳の仕事が遅くていらいらする。
とっとと出してくれ!!

569 :BOC:2007/06/29(金) 18:26:46 ID:mASaNmWd
原書は作者の文を書く力の成長もわかる人にはわかるらしいが
翻訳の方はここのスレどおり糞らしいね^^
正直ヴォルは禁じられた呪文しか使わないしその場その場で効果的じゃないよね

570 :なまえ_____かえす日:2007/06/30(土) 07:49:31 ID:R1IfBj0D
ヴォルデモートとデスイーターが雑魚過ぎる。
5巻でまだ学生だった主人公達なんか普通は瞬殺できるだろ。

571 :なまえ_____かえす日:2007/06/30(土) 23:41:25 ID:1wTI5UKO
マルフォイが電車のなかでやってたのってオナニー[

572 :なまえ_____かえす日:2007/06/30(土) 23:49:20 ID:1wTI5UKO
マルフォイが電車のなかでやってたのってオナニー[

573 :なまえ_____かえす日:2007/07/02(月) 10:15:59 ID:JBvqQw2d
作品全体が作者と訳者のオナニーだから

574 :なまえ_____かえす日:2007/07/03(火) 15:37:25 ID:v+Bs0Qdm
ほンが二冊になってから駄目よな〜〜〜ダレダレで。
5巻のクソさは目に余った。偏執キモいし。
そう思ってるひと、いっぱいいたんだね。
このスレいちから読んで、なにげに溜飲下げたよ!

575 :なまえ_____かえす日:2007/07/03(火) 21:00:26 ID:RTI/6a16
その前にお前はもうちょっと日本語を勉強した方がいい。

576 :なまえ_____かえす日:2007/07/04(水) 13:04:42 ID:3jYCaf6x
おいおまいら、
ミクシィ垢量産して
コミュにネタバレ凸撃する準備はできたか?

577 :なまえ_____かえす日:2007/07/07(土) 08:20:03 ID:JcRXSpBf
最初の組分けで
スリザリンの説明悪っ!教育で是正したいならそれはないでしょ
グリフィンドールだけ持ち上げすぎ…残り2寮に選ばれた時点で凡人決定?と思った。
3巻くらいで主人公側のキャラたちの性格面の成長方向の悪さ、
ライバル寮の生徒達の小物さ、
魔法でぱっと現れると思ってた寮の食事は小人の必死の労働結果

……などなどで引いて、4巻は1回読んでポカーン…
以降は買ったけど封を開ける気にならない
盆休みに田舎行ったときにでも読んでみようと思う。
(そこで評価が変わる可能性もあるけど)

主人公は完全いいこちゃんであるべきとまでは思わないにせよ
ちょっと性格悪すぎ。ファンタジーにそんなリアルさいらないよ…

578 :なまえ_____かえす日:2007/07/07(土) 08:36:33 ID:Ij6OHdwa
子供のことなのにcunningを「狡猾さ」とした訳にも問題あり。
「抜け目なさ」とすればずいぶん印象が違う。

579 :なまえ_____かえす日:2007/07/07(土) 13:22:39 ID:G1FI4QJG
リアルさね・・・。
確かに親の七光り以外に何も取り柄も無い餓鬼が勘違いして暴走し続けるって意味ではリアル・・・なのか?

580 :なまえ_____かえす日:2007/07/07(土) 16:41:36 ID:5CKBSyMn
なんの取り柄もないわけじゃないだろうけど、
校長はじめ贔屓が酷すぎると思う



581 :なまえ_____かえす日:2007/07/07(土) 17:57:51 ID:Q6o9ijdX
いまさらだけど6巻読んでたらロンのセリフに
「おったまげー」とか出てきて萎えた・・・というかびっくりしたよ。
そのうちハーマイオニーあたりが「バッチグー」とか言い出しそうだ。

582 :なまえ_____かえす日:2007/07/07(土) 18:27:56 ID:uV2oAuzm
おったまげー
おっどろきー
おどろき桃の木
いちゃもん
キテレツ
やっこさん
ふとっちょ
でぶっちょ
妙ちきりん
いかれぽんち
モチのロン

583 :なまえ_____かえす日:2007/07/08(日) 01:22:37 ID:WuOZzH1t
もしもを想像しても仕方ないけど、ハリーが1巻くらいの性格を維持するか
2・3巻を底辺として、それを自覚し乗り越えていってくれたなら。
生まれながらとしか思えない才能発露描写ばかりでなく、
自分の実力による努力と挫折と再チャレンジの描写があったなら。
異常なほどの贔屓がなかったなら。
ハリーがチョウ・チャンやジニーを好きになる過程の心理描写が
もっとまともに書かれていたなら。
ドロドロな恋愛描写がなくなるか、せめてもっとさらっとしたものだったなら。
どうにも持ち上げられている親世代グリフィンドール生たちが
評判に違わない逸話の持ち主だったなら。
あからさまにスリザリン生は小物や馬鹿ばかりに設定されてなければ。
各寮が得意方面別か何かで分けられて、競うと同時に
それぞれの技術や知識で協力し合ったりする描写でもあれば。

584 :なまえ_____かえす日:2007/07/09(月) 07:35:32 ID:ZEbMaH6h
叔父夫婦と従兄の性格も最悪だけど、ハリーの性格があれだから
2巻くらい以降は叔父さんちパートでもすっとしない。

585 :なまえ_____かえす日:2007/07/09(月) 09:24:33 ID:0VNjBd7k
最終巻が出てから、どれだけの人がこのスレに来るのか楽しみだ。

586 :なまえ_____かえす日:2007/07/09(月) 10:11:41 ID:cIOBh/PX
翻訳が遅いから1年後のことだよ。

587 :なまえ_____かえす日:2007/07/09(月) 10:14:09 ID:uPamc9KF
他のスレやブログでの、あらすじやネタバレを拾い読みして
自分の都合のいいように曲解したあげくに、難癖つけに来る予定ですw



588 :なまえ_____かえす日:2007/07/09(月) 18:51:37 ID:wQoNKn6k
今度映画上映らしいけど
同じような話あれだけ続いたら
普通の人は飽きるだろう。
そのうち信者しか見なくなるだろうね。


589 :なまえ_____かえす日:2007/07/09(月) 19:26:23 ID:mKccaq0o
どうも。信者です。
毎日むし暑い日が続きますね。
本を熱心に読んでない人は映画見てもよくわからないらしく
新作上映のたびに説明がたいへんです。
しかしこれだけ毎回同じような話だと原作を読んでる者も
なんだかわからなくなりそうでたいへんです。
この夏も忙しくなりそうですががんばります。
アンチのみなさんもナマあたたかくお見守りください。

590 :なまえ_____かえす日:2007/07/09(月) 23:19:01 ID:I3w6YjJV
>>583
これが全部満たされてたらすごい面白そう。確実に儲になるな。

591 :なまえ_____かえす日:2007/07/09(月) 23:53:10 ID:TeKA+G27
正直、ドラコはもっと深いというか意味のあるキャラだと思ってた・・・…。
別にドラコじゃなくてもいいんだけど、とにかく底が浅すぎる。
スリザリン生で、純血への拘りや魔法族としての矜持、もう少し穏健派から見ると
浮くほどの手段の選ばなさは持ちながら
ヴォルデとは一線を画すとか、最後にヴォルデと相対するとか、
そういう位置の生徒や家柄はいないの?と。
どう見てもスリザリン寮全員ヴォルデ教信徒です本当にr
反ヴォルデな英国一の魔法学校に集めて魔法教えるなら
1つの寮に固めるなよと……。


592 :なまえ_____かえす日:2007/07/10(火) 00:38:57 ID:F1FIiNM/
「英国一」って、まるでいくつも魔法学校あるみたいな言い草だな。

593 :なまえ_____かえす日:2007/07/10(火) 03:58:23 ID:j3Ogy4dn
【総連】「安倍一味には負けない」総連弾圧に対して措置取る…朝鮮外務省代弁人声明
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1183572310/l50

594 :なまえ_____かえす日:2007/07/11(水) 06:33:01 ID:83y/TAcA
「あべ」さんか。「あんばい」さんと誤読していましたよ。

595 :なまえ_____かえす日:2007/07/11(水) 23:59:27 ID:mYzEKEJb
>>590
いやいや、1巻で纏めるってのを忘れてまっせw

596 :なまえ_____かえす日:2007/07/19(木) 15:20:18 ID:F5v2S1HB
流出した7巻のプロットがひどいので
信者スレがここよりすごいアンチスレと化してるw

597 :なまえ_____かえす日:2007/07/19(木) 22:17:27 ID:wj+u4D7Y
1〜6巻のグダグダ感や、矛盾を7巻で一掃するかと思いきや
それ以上のグダグダやら、一掃しようとして重要キャラを一掃して失敗してるから。
ネタバレが正しいならね。

598 :なまえ_____かえす日:2007/07/20(金) 10:09:31 ID:y/ppnqLJ
守銭奴ローリングがファビョって喚き散らしてるなwWw
たいした才能もないのにマスゴミとぐるになって担がれてかわいそうなやつ

599 :なまえ_____かえす日:2007/07/20(金) 17:21:11 ID:qL0NfNKa
ハリーは最終章で死ぬらしいな

600 :なまえ_____かえす日:2007/07/20(金) 18:15:20 ID:b2HN4Rgr
登場人物全員死亡でいいよ・・・。

601 :なまえ_____かえす日:2007/07/21(土) 08:27:45 ID:0sxVqXt9
マジでやばいよ・・・
全員が死亡したら、ギンコ一人でホグワーツを守らなければならなくなるぞ。

602 :なまえ_____かえす日:2007/07/21(土) 11:25:26 ID:ZGGZLtls
1・2・3巻まではまだ読めたんだがなあ
4巻から急速に話がドロドロgdgdしてきて萎えた
閉塞感というかそういうものを感じる

603 :なまえ_____かえす日:2007/07/21(土) 15:04:39 ID:XgiTzJhN
私は5巻まで頑張って読んだけど、出だしのハリーの性格の悪さでダウンした…
あと自分が日本文学(三島由紀夫とか梶井基次郎とか)にハマりだした時期でもあって、それで離れたな。

それとやっぱりどうしても宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」と比べちゃうんだよなぁ…

604 :なまえ_____かえす日:2007/07/21(土) 19:08:32 ID:DZVOVv53
ハリポタの売り上げが右肩下がりに落ちてるのは、603みたいな
ハリポタ読む前にファンタジーや児童文学知らなかった厨房(ないしその親)
が買わなくなってるせいもあるのかね。

とりあえず603は宮沢賢治に百万回謝れ。

605 :なまえ_____かえす日:2007/07/21(土) 20:17:48 ID:SdzcK2l7
ハリーって日本人受けしない性格だと思うんだけどなあ
本国とかアメリカでは抵抗ないのかしらん

606 :なまえ_____かえす日:2007/07/21(土) 20:27:25 ID:jA7e6245
>>581
バッチグーv というハーマイオニーは歓迎する

607 :なまえ_____かえす日:2007/07/22(日) 09:27:00 ID:BqaNoKF0
ようはただのジュニア文庫だなw

608 :なまえ_____かえす日:2007/07/22(日) 11:38:34 ID:8zP4wprO
本当にあんな結末ならあきれた…
ダレンのほうがまだ工夫された終りかた

609 :なまえ_____かえす日:2007/07/22(日) 13:34:54 ID:6tN88akA
>>602
ドロドロっていうかグダグダっていうか
作者のハリー萌えシーンと萌えエピがムダに多くて、
それなのに、ダーク展開で話をすすめるも説明不足&思いつき展開を謎ってことでごまかして後回し。

それが、あまりにひどくなったのが、4、5,6で結局7もぐだぐだ
説明不足な所はキャラ死亡&文章だけの後付設定

610 :なまえ_____かえす日:2007/07/22(日) 13:54:14 ID:TZdKh609
7巻のネタバレ読むと作者のスネイプ萌えもかなりきつい。

611 :なまえ_____かえす日:2007/07/23(月) 16:28:35 ID:DeguD6ZT
もうマスコミのバカ騒ぎをみなくていいと思うとほっとする

人から勧められたが2巻で辛くなり、3巻ではなれた
子どもには読ませたくない本だ

612 :なまえ_____かえす日:2007/07/23(月) 16:41:06 ID:BVvUVKHF
主人公は聖人君子であれと言うつもりはないけど、ハリーの性格が陰湿過ぎて吐き気がする
それなのに周り(作者含めて)はマンセーしまくるのが更にウザい
これを子供に読ませたら性格が歪みそう

613 :なまえ_____かえす日:2007/07/23(月) 21:44:10 ID:yYSRx/74
まあ陰湿な性格は親譲りだからしょうがないといえばそうなんだが
ブレーキをかける存在がいないんだよね。親世代のリリーみたいなのが。

614 :なまえ_____かえす日:2007/07/23(月) 22:20:27 ID:wE7C47GO
若年層はこの本より、ドラえもんや、まだジャンプ読んでくれる方がいい
モラルハザードやばすぎ

こういうアンチってデリケートw日本にしかいないのかな
ここ作者に読ませたいわ

615 :なまえ_____かえす日:2007/07/24(火) 04:57:22 ID:aXbWtiag
作者に見せたら発狂するんじゃないww
書評でブチ切れるような沸点低い人間だし

616 :なまえ_____かえす日:2007/07/24(火) 08:01:59 ID:SKhp+hwr
上手くキレたら、ハリーのキャラで官能小説書き始めるかもしれん

617 :なまえ_____かえす日:2007/07/24(火) 08:16:07 ID:9ddvT2NQ
7巻書き上げたところで、胸がいっぱいになって泣いたらしいからねえ

618 :なまえ_____かえす日:2007/07/24(火) 11:32:39 ID:ZnfZ/cSZ
何の取り得もない、いじめられっ子が実は世界を救う貴種だった!

というのはよくある話だし、子供が指示するのも分かるんだが
ハリーは性格悪すぎて、あれに自分を仮託できる子供が世界中にいると
思うと欝。皆、作者なみに苦労して荒んでるのか?

619 :なまえ_____かえす日:2007/07/24(火) 13:14:16 ID:93XkadcM
読んだことも観たこともないが、ハリーってそんな性格悪いの?
終わったなw

620 :なまえ_____かえす日:2007/07/24(火) 17:55:13 ID:90MD7Ru3
巻を重ねるにつれて単なる腐女子に成り下がったな回転

621 :なまえ_____かえす日:2007/07/25(水) 10:15:34 ID:jVdWXKTV
>>608
7巻確かにひどそうだけど、
ダレン以下ってことはないだろ…

622 :なまえ_____かえす日:2007/07/25(水) 10:55:54 ID:/RgxP9uN
>>615
書評になんて書かれたんだ?


623 :なまえ_____かえす日:2007/07/25(水) 20:08:58 ID:bLgnXi3c
書評でキレたって言うのは酷評されたことに関してではなくて
一部ネタバレ的なことを発売日前に公表されたかららしいぞ

まぁ酷評されたらやっぱキレるんだろうけど

624 :なまえ_____かえす日:2007/07/26(木) 15:04:33 ID:AN3buNFM
>>583
長レスで失礼。
>>ハリーが1巻くらいの性格を維持するか
そうそう。まだ一巻の頃のハリーの性格だったら、ずっとハリー視線でいられたよ。巻数が増す
ごとに、段々傲慢さ・腹黒さが増すハリーに段々嫌気がさし、5巻の最後の方で自分の努力の
無さを棚に挙げ、シリウスの死を全部スネイプのせいにして、完全に責任転嫁しているハリーを
見て、完全にダメだなと、見放しました。
米版の挿絵で、ペンシーブを覗き込んでいるハリーの絵を見て、まさかまた平気で人のプライ
バシーに鼻を突っ込む気じゃないだろうなぁ?と思ったら、案の定だし。スネイプ教授がキレて
オクルメンシーを教えるのを止めるのは、当然の反応と思うけどな。そもそも4巻で最初に覗き
込んだ時に、ダンブルドアがキチンと叱っておけば、こんなことには。はああ・・・・・。

>>自分の実力による努力と挫折と再チャレンジの描写があったなら。
ハリーが健気にかんばっているそういうシーンが本当にないのだよね。しいてあげれば、
クイデッチの練習と、エクスペクト・パトーロナスの習得、学校対抗選手の時の練習かな。
普段の勉強は、ハーマイニーにすっかりオンブって感じだし。“おおっ、ハリー何気に健
気に頑張てるじゃないか。頑張れ”と、自然に読者が共感する所が余りにも無いところが
なんとも。ハリーじたいが、健気さとか、努力とかから一番ほど遠いキャラなのだよね。
専ら周りからのエコヒイキと、サポートと運に頼り切っているところがなぁ。

>>持ち上げられている親世代グリフィンドール生たちが評判に違わない逸話の持ち主だった。
当初あんなに持ち上げられていたのに、5巻で見事イメージが台無し。専ら4対1の圧倒的
有利な状態で虐めを仕掛けてくる、正義とは程遠いDQNだったし。マガニゴルと、ハグリッ
ドはいったい何を見ていたのか?それとも教師の前では専ら良い子ちゃんヅラしていたから、
二人とも見事に騙されていたのか?


625 :なまえ_____かえす日:2007/07/26(木) 15:09:44 ID:AN3buNFM
>>583
>>あからさまにスリザリン生は小物や馬鹿ばかりに設定されてなければ。
スリザリン生に対するこうまでもあからさまな差別や偏見を見ていると、スリザリン側に
ついつい同情してしまう。
まともな親なら、自分の子供にこの学校から入学のお知らせが届いたら、迷わず他の魔法
学校を選択するでしょうね。だって、確立1/4で自分の子供の未来が台無しになる恐怖の
ロシアンルーレットですから。スリザリンにソーティングされたら、食事の時とか廊下と
かクィディチの試合の時だって、常に周りから冷たい偏見に満ちた目で見られるわけで、
どんなに良い子でも、デスイーターかそのシンパになってしまうのでは。
それに、スリザリン生全員がデスイーターの子弟だけでなく、どちらかというと“デス
イーター被害者友の会”に入っていそうな子供や、全く無関係な子供も入っている可能性
だってあるわけだよね。デスイーターの子供たちだって、内心はなりたくないと思っても、
親の手前否といえなくて、選択の余地が無くて泣く泣くデスイーターになるケースだって
ありそう。下手すりゃ親子共々粛清される可能性だってあるわけだし。

と、ハリーばかり非難していてもフェアじゃないので・・・・・
○ハリーに、いざという時に頼れる、確たるメンターがいない。
こればかりは、ハリーに同情してしまう。3巻のロン誘拐の時や、5巻のシリウス拉致
を装ったヴォルディの罠のとき、ハリーに頼りに出来る大人がいれば、事態は大いに
変わった筈。本来なら、ゴッドファーザーであるシリウスがその任を担うのだけれども、
逆にハリーに寄生している様な状態の5巻を見ると(4巻の、頼れる兄貴していたシリウス
と別人のよう)・・・・。


626 :なまえ_____かえす日:2007/07/26(木) 15:55:34 ID:kNfBAscG
>>625
ポッター少年が成長しないどころか退化したのは多分それが理由だよな・・・。
だからってもはや同情できるレベルじゃあないけどw

627 :なまえ_____かえす日:2007/07/26(木) 17:06:03 ID:mEi6XWGe
一冊目で胸糞わるくて脱落したのですが、
>>583の書いたハリーポッターが超面白そうなので、これなら読みたい。

>あからさまにスリザリン生は小物や馬鹿ばかりに設定されてなければ。
>各寮が得意方面別か何かで分けられて、競うと同時に
>それぞれの技術や知識で協力し合ったりする描写でもあれば。

なにそのワクワクする魔法学園物語!(・∀・)

628 :なまえ_____かえす日:2007/07/26(木) 21:08:42 ID:RNV6qqVE
ほとんどの大人は、大なり小なりハリーを10歳〜の、魔法初心者の子供じゃなく、
「例のあの人から生き残った特別なありがたーーーーーい子」
「自分が好ましく思っていた生徒たちの忘れ形見だから特別!」
「甘やかして贔屓しまくって世界を救っていただくための救世主様」
扱いだもんね……
しかもそこに行き過ぎた監督寮生への贔屓も絡んできて何がなんだかw
ハグリッド1人挙げても、まず同じ生徒であるマルフォイの家の悪口を
ハリーたちに言うのは学校職員としてどうなんだと思うし
他の生徒と仲が良いような描写もないため結局特別扱いにしか見えず……


629 :なまえ_____かえす日:2007/07/27(金) 05:15:54 ID:Lwhciqrv
ライトノベルで出したら間違いなく駄作認定されるなw
楽しんでる人は読んでて何か違和感を抱いたりしないんだろうか

630 :なまえ_____かえす日:2007/07/27(金) 11:44:12 ID:eWy0X6EB
>マルフォイの家の悪口

まあそれはマルフォイ一家が差別用語を口にしまくるからかねえ。

ってかその前にスリザリンは狡猾なものの寮だったはずが
後半純血志向で差別意識がある者の寮にシフトしてた。
それがちょっとよくわからなかった。
最終的に善悪ははっきり分かれるものではないということも
書いたつもりだったようだが、それがすごくハンパで後味が悪かった。
親世代下げにフォローがなかったことも一因かな。
子供を性格で分け対立させるという悪しき伝統も最後までなくならなかった。

631 :なまえ_____かえす日:2007/07/27(金) 14:57:47 ID:CfbDfrOm
本や何かのせいで、イギリスはいい国〜ていうか好印象あったけど
こんなのが生み出されて、絶賛されてるって、イメージ変わったよ

トールキンやピアスとは違う、下層階級が書いた憂さ晴らしがハリポタみたいな
書込みがあって納得した

632 :なまえ_____かえす日:2007/07/27(金) 17:10:34 ID:Aoansky4
絶賛されてるのは日本も同じだぜ

633 :なまえ_____かえす日:2007/07/27(金) 21:29:28 ID:++ojiAiU
ローリングはたとえ失業保険もらってても下層階級にならないの。
それがイギリスってもんです。


634 :なまえ_____かえす日:2007/07/28(土) 13:15:21 ID:wwJBNHfX
優生思想まんさい

635 :†夜叉神†:2007/07/28(土) 18:07:20 ID:JrqWNg2z
お前ら児童書をアンチして恥ずかしくないの?

636 :なまえ_____かえす日:2007/07/28(土) 22:54:55 ID:LLPgaSGD
ああ、たのしいさ!

637 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 02:10:39 ID:jazrkah0
>>635
『子どもに読まれてよいものなら、なおのこと成人にあてて書かれ読まれてよいはずだし、
 成人のほうがずっとわかり、多く得るものがあるだろう』

大人が読んで粗があるような作品は子供向けではなくて子供だましさ。

638 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 02:25:53 ID:7gBNx8eJ
>>632 本の売り上げは激減してるけどね

639 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 02:34:11 ID:13YMeMCG
マスゴミが煽りすぎ

640 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 04:24:02 ID:9Ei21joM
>>637
そう言うと今度は
『子供だましでも楽しいから問題ない』
とかほざきだすのが大勢いるから困る

641 :なまえ_____かえす日:2007/07/29(日) 05:42:07 ID:iYHlDiLz
映画「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」のように、
善良だと思っていた(言われていた)主人公が、実は邪悪な大人になりました
っていう大どんでん返しの結末なら、
このスレの人も納得するんじゃないかな?

642 :†夜叉神†:2007/07/29(日) 09:40:16 ID:kj7ZPZBM
>>637
だからハリーポッターは児童書だって言ってるだろ?
児童向けに書かれた本を大人が必死に粗探しして恥ずかしくないの?

同じ児童書のズッコケ3人組やかいけつゾロリをアンチしてるのと変わらないんだぞ?

643 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 10:17:39 ID:13YMeMCG
ドロンジョ様を馬鹿にするな!

644 :なまえ_____かえす日:2007/07/29(日) 10:57:07 ID:OyjYA4bm
そもそも回転女史本人が児童書ではないと明言してるんだが
大体子供に読ませる本という意味で大人が本の善し悪しについて議論するのは
全く問題ない。

アンチスレにわざわざやってきて人格批判の方がよっぽど恥ずかしいぞ

645 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 13:45:45 ID:EkY+ZpYu
>>642
なんだ、釣りじゃなくてマジなのか。
人気あるところにアンチありくらいの余裕のある考え方はできんのかね。
上でも書いたが信者スレで溢れる2ちゃんのなかでここは唯一のアンチスレ。
こういうスレもあってガス抜きになってるからこそ信者スレがあまり
荒れずに済んでるというのもあると思うぞ。

あと児童書なら子供に読ませるにふさわしいかどうかという観点からの
批判が出るのは当然だろう。
子供向けのものだからマジ批判するなとかいうヤツこそ
ハリポタどころか児童書全体を馬鹿にしてると思う。

646 :†夜叉神†:2007/07/29(日) 14:10:08 ID:kj7ZPZBM
子供おらんくせに語るな

647 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 16:21:30 ID:jKx7oX4W
子供いるくせに
†夜叉神†
なんて中二病みたいなコテつけてる方がよっぽど恥ずかしいと思いますがw

648 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 16:47:24 ID:jazrkah0
ここで意味もないのにコテハンつけるのは
児童書を本気で貶すことの何百倍もハズカシイって知ってる?

649 :†夜叉神†:2007/07/29(日) 18:40:16 ID:kj7ZPZBM
まぁ児童書を大人の観点からアンチするのはやめろ

650 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 19:53:45 ID:DhaHvHRd
すぐれた児童書でもないから、アンチがつくんだろ。


651 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 20:17:54 ID:jazrkah0
バカの一つ覚えのように自身満々に「所詮児童書」と繰り返す割に、
何故児童書を批判してはいけないのかいっこうに説明できない。
説得力ねえ。

652 :なまえ_____かえす日:2007/07/29(日) 20:34:52 ID:qTlIJ/Np
児童書に大人の観点でチェック入れないでどうしろってw
子供に悪影響を及ぼさない良書を選定するのは
親から子供への当然の気配りなんだが

この、親の七光りと周囲のエコヒイキで性格の悪い主人公が
何やっても許されマンセーされる話を人格形成前の子供に読ませたら
いじめで同級生を自殺に追い込んでも何も感じない子供ができそうで心底怖いし

653 :なまえ_____かえす日:2007/07/29(日) 20:58:09 ID:13YMeMCG
つ NGワード

654 :なまえ_____かえす日:2007/07/29(日) 21:26:56 ID:c7IcneeJ
>>652
>いじめで同級生を自殺に追い込んでも何も感じない
ハリーが仲間たちと一緒にドラコを自殺に追いやっても
「だってドラコはスリザリンだもん」「ハリー良くやった、さすがハリー」で
終わっちゃうんだろうな
自殺とまでいかなくても似たような描写は作中で普通にあるしね

655 :†夜叉神†:2007/07/29(日) 21:44:09 ID:kj7ZPZBM
あっそ(・∀・)

656 :なまえ_____かえす日:2007/07/29(日) 23:11:21 ID:hsCFDr3r0
良い具合に燃料投下、ありがとう。
やっぱたまには煽られないと、燻っちゃうからなぁ。

657 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 01:42:29 ID:6267t54P
何がいやって
原作も翻訳もラノベレベルなのに
素晴らしい作品として祭り上げられてて

あと、出版するたびのイベントに乗り込むコスプレするキチガイがとにかくキモくて
出版日にシカトされてるのに悲壮な顔して朝から声張り上げて売るやつらと
その後本屋に吐くほど山積みされてる2冊パックのハードカバー


コンボ攻撃で嫌な気分にさせてくれるんだよ。

映画でラドクリフとかエマが老けてるのなんか、ほほえましい限りだ。



658 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 02:01:32 ID:MpHVq9Fk
それは確かにあるね。
実際ハリポタレベルのラノベなんか日本にはいっぱいあるだろーに。
世界的に祭り上げられるほど、スッゲー斬新で面白いとか、
文学的であるとかいうわけでもないんだけどね。

……日本に住んでるからそういう風に思うのかしら。
日本で売れてたのって話題性によるものだろうし、売り上げはどんどん下がってるらしい

659 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 02:49:44 ID:duRa0Kgk
もしかするとハリポタで楽しめる人間がかなり出てくる程度には
人類は愚かになっているのかもしれない
それが世界的規模で起こっていると言う

660 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 06:41:53 ID:lmHLQykX
>>628
そのハリーマンセーのチヤホヤぶりなのだけど、凄いのはハリーじゃなくて、
赤ん坊の時にハリーを命かけて守ったリリーが凄いのであって、ハリーは何も
してない。なのに、その唯守られた赤子を気味悪い程にチヤホヤする周りの大人
の対応がとにかく痛い。
ハグリッドの対応も痛いよねぇ。何も知らないハリーに、変な先入観を植え付けて
いいのか?って感じがするし・・・。
作品中に溢れている、(グリフィンドール=正義、スリザリン=悪だから、グリフィン
ドールは何をやってもいい。スリザリンは周りからどんなに酷い目にあわされても、
当然)みたいな雰囲気が、北○鮮の将軍様マンセーとか、「デ○ノート」のキラ信者たち
とか類似していて、薄気味悪い。
ハリーたちは、常日頃スネイプ教授がスリザリン贔屓していて、それを止めろと思って
いるが、スリザリン生というだけで周りから悪扱いされて差別されているスリザリン生
にとって、自分達を庇護してくれるのは唯一寮監のスネイプ教授しかいないという現実
を知っていれば、そんな発想は出てこないのだろうけどなぁ。だから、スリザリン寮生
とスリザリン寮監スネイプ教授との関係は、他の寮生と寮監との関係よりも濃密なのだ
と思うよ。


661 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 06:43:29 ID:lmHLQykX
>>630
最終巻ねぇ。発売前に別のスレにいて、ネタバレが流れた時、余りの内容に思わずどこかの
熱烈なファンが捏造したファンフィクだと思ったよ。だって、余りにも商業レベルの内容に
は思えなかったし。どこかの同人誌???と思ったし。
あれだけの主人公のマンセー振りと、エコヒイキ振りは、最後主人公が死ぬことによって、
最後にバランスを取るのかな?と期待していたのですが、あんだけ好き勝手にやっていた
我侭で傲慢なこいつが生き残るのかよ???はあっ???って感じで、自分の中では最終巻は
もはや読む価値すらない糞作品に決定。
ジャンプ的な後付神業グッズ設定に、兎に角激萎え。そんなとってつけたアホな糞設定の
ために死んだとしか思えないキャラが兎に角可哀想。あれだったら、6巻の最後の直前に、
ダンビーが、ハリーにエクスペリアームズさせて渡しておけばいいだけジャン。それにそ
んなグッズ使わなくても、マグルから借りて機関銃とかロケットランチャーとか使えば
いいだけじゃん。で、いったんラスボスをやっつけて、その間にトム魂グッズを破壊すれば
良いだけの話だし。
それに死んだ者たちに対する畏敬の念とか、哀悼の念も無いのが痛い。何戦い終わってすぐ
お祭り騒ぎって??死んでいった人たちに対する哀悼の念のひとつももてない、あのハリポタ
世界の住人の無神経なまでのメンタリティーには到底ついていけない。
 結局そもそもの元凶であるソーティングハットも、あれだけの犠牲を払ってもなおも破壊
しないってところに、反省能力も、過ちを繰り返さないと学習する能力もない魔法界の痛さ
が。あれじゃ死んでいった人たちが報われなさ杉・・・・orz。あんなの、おみくじで適当に
決めたほうがまだましだと思うけど。


662 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 06:45:21 ID:lmHLQykX
>>654
本当に読めば読むほど酷い世界だよね、ハリポタ。
4巻の最後のドラコたちにのろいをかけ、コンパートメントから蹴り出すシーンを見て、
なんじゃこら?と思ったよ。これって、作者からすると笑って欲しいシーンなわけ???
でも、どう見ても集団で苛めるシーンなんかで笑えないんですけど。その後、ハリーや
ジニーたちが笑いながら話をしていているけど、もし怪我が酷くてこれでドラコたちの
生死にかかわる自体になったら、一体こいつらどうやって責任取る気???と思ったよ。
5巻のスネイプワーストメモリーでも、4対1でグリフィンドールギャングたちが、
スネイプ苛めているし、グリフィンドールの何処がいったい“正義”とか“騎士道”の寮
なわけ????ひょっとして、集団虐めをするしか能が無い奴らばかり集まる寮なのか??
映画1の特典の中でも、寮紹介の所で、グリフィンドールが(他とは違うグリフィンドール)
とか紹介されていてキモかったしな。


663 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 08:12:01 ID:kmGaCrcz
ほんと読めば読むほどラノベレベルな本だね
それもつまらない奴と同レベル
まだスレイヤーズとかオーフェンの方が面白い

664 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 09:34:11 ID:uRYEGV72
>>663
改めて、日本のラノベは凄いと思ったよ。

665 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 09:58:07 ID:XLcrf/t9
別の意味で「他とは違う」んだよな、グリフィンドールとスリザリン…
残り2寮のがずっとまともに見えるんだが
まあ知恵と学びだったか?そのへんの組み分け言葉はまーったく生かされてないがw
ハーマイオニーの独壇場だしなそこは

666 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 11:29:46 ID:duRa0Kgk
なんとなくヒットしてローリングの生活が変わっていった事で
前半と中盤以降で方向性かわっちゃったんじゃなかろうか。

金が入るまで反体制的な成功している人間みんな氏ね!って
ヘイト(憎しみ、恨み)と労せず報われる
ドリーム分が滲み出してた。

んで、金が入ってからは作者がそっち側に行ってしまったので
逆に既得権益が維持されるのは当然(ハリーは何をやっても咎められない)って
ポジションになってしまったと。

あと、気になるのが叔父さんの扱い
ハリーを養ってくれてたんだし、個室を与えてくれてて
かつ、両親のようにろくでもない道に進まないように
注意してくれた悪い人じゃないと思うんだよなァ。

なんか、ハリーのひがみで悪く見えていたんだろうと思うし
それはきっと生活保護を受けていたローリングから見た
世間の煩く言う(本かいてないで仕事探せよとか)人間だったんだろうなと思う

667 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 11:55:22 ID:0DnmFc9C
>ID:lmHLQykX
どうでもいいがずいぶん熱く読んで語ってるなw
アンチというより信者のスリザリン厨の意見みたいなとこもあるしw

しかし後付けグッズや魂グッズの件などはたしかにその通りだな。
すべての状況を知っていた校長の爺さんが不合理きわまりない
態度をとり続けたことで成立した物語というのが最終結論になった。

作中の意外な事実や謎の答えを探るのがおもしろいという人がいるが、
たいていの謎の答えはこの爺さんはじめ登場人物が異常に秘密主義でなく、
主人公が人並みに死んだ両親のことを知りたがって尋ねたりしていれば
とっくにわかっていたと思われることも多い。

最終巻を読んで主人公の親も自分のシークレットキーパーを
やることが可能だったのもわかった。そうすれば死なずに済んだ。
プロットの穴は探し始めるとキリがなく見つかりそうだな。

668 :†夜叉神†:2007/07/30(月) 13:09:58 ID:JFM3heBt
(´・ω・`)

669 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 13:35:56 ID:iM0KHOfy
所詮素人が暇つぶしに書いた作品

670 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 15:22:56 ID:7AzSkwkI
個人サイトで穴を指摘してるのを見かけたな
魔法使いはホグワーツに姿現しできないが屋敷妖精はできる
なら何故屋敷妖精を利用しないのか、っていうのが。
7巻で理由が明かされたが
「俺様やDEは低能な屋敷妖精がそんな事できるなんて気づかなかった」
って事らしい・・・皆ホグワーツ卒業生だろうに何故気づかないのだ

671 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 15:32:07 ID:nPaBqjmd
屋敷妖精など普通にしてれば学校でみかけることもなく
意識することもないということなのだろうが…苦しいな;;

672 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 20:18:45 ID:y+Y6HM9z
屋敷妖精の行動など下級過ぎて認識してない、というのはどないだ。

(アガサ・クリスティは作品のトリックに「使用人なんて皆同じに見えるよw
普段意識したことないしww」というネタを何回か使ってる)

673 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 21:30:22 ID:Yx9XRsZN
ヒドス
中流以上のイギリス人にしか理解できないネタだな…

674 :なまえ_____かえす日:2007/07/30(月) 22:33:07 ID:rv2LwVVH
雇い人は、物言う家具だかなんだかってな揶揄もみかけな

675 :†夜叉神†:2007/07/31(火) 15:54:15 ID:6yHUZ6AW
アロホモラで鍵が開く基準が分からない

676 :なまえ_____かえす日:2007/07/31(火) 17:12:28 ID:B39rTbYD
マスコミの作品の持ち上げ方が非常にあつかましい。
アマゾンで真面目に批判レビュー書いたら全部消されたよ。

677 :†夜叉神†:2007/07/31(火) 21:00:03 ID:6yHUZ6AW
(・∀・)

678 :なまえ_____かえす日:2007/07/31(火) 21:13:53 ID:9AyREMdL
>>676
書いた内容をpls

679 :なまえ_____かえす日:2007/08/01(水) 09:39:39 ID:PX6xxusO
>>667
まあ、ついつい熱く語ってしまった。気を悪くしたなら、スマヌ。

最近までアンチ7,8割入ったROM専信者だったんだ(だからこのスレもROMって
いたが、納得のいく意見が多くて、読んで共感していたのだが)。で、7巻で、余りの
プロットの破綻振り&自分の好きなキャラ全員あぼーんの異常事態に、完全にアンチに
なった。だからそれに対する怒りがまだ収まりきらなくて、ついついと書いてしまった。
しかしファンの思いの詰まったファンフィクの二次作品の方が、原作よりもずっと面白
くて、感動したり泣けたり出来るのは何故なんだろうか?

>>すべての状況を知っていた校長の爺さんが不合理きわまりない態度をとり続けた
ことで成立した物語というのが最終結論
そうだったのか・・・。知っていたなら、ハリーが入学する前の10年間で、もっと確実
かつ有効な手が打てそうなものだが。ヴォルデーモート失脚後数年はその事後処理で忙し
かったにしても、その後の数年間で復活を防止する何らかのリサーチなり、対策は取れた
はずだよね?何で、確実に処理できる能力を持つ肝心の大人達がしないで、11歳の子供
たちに危険物処理班の仕事をさせるのだろう・・??

>>最終巻を読んで主人公の親も自分のシークレットキーパーをやることが可能だった
それじゃ、この物語の根幹から既に設定自体がダメダメって事じゃないか。なんじゃ、
そりゃ・・・・orz(あの両親の元で育ったハリーがまともに育つかどうかは別にして)


680 :なまえ_____かえす日:2007/08/01(水) 11:02:30 ID:blaIHDa6
闇陣営の怖さが分からなくなってしまった
ヴォルもデスイーターも間抜けだし
学生が立ち向かえちゃう程度の強さだし
禁じられた呪文はデスイーター以外にも使えるし
スリザリンの名前だけで大々的に非難されるような世界ならば
誰にでも使える魔法しか使えない闇陣営は行動すら出来ないと思うんだが

回転さんは形を変えて現実の差別を書いてるというけれど
スリザリンはユダヤをなぞらえてるのだろうか
選民思想を持ち、金融業を抑えてるために排除する事が出来ない

681 :なまえ_____かえす日:2007/08/01(水) 22:45:33 ID:PKYJZNWj
そんな大層なものじゃないと思う

しかしこの話、二言目には血筋、魔法のアイテム、母親の愛、だね。
気持ち悪い。
しかも世界レベルの危機のようだが話が一つの学校で収まってしまう。
非常に狭い世界観だね。

682 :なまえ_____かえす日:2007/08/02(木) 01:59:07 ID:UJnhNK+H
むしろ学園物語としてきっちり収めてくれたらよかったが
ハンパに風呂敷を広げて失敗した感じ。

683 :なまえ_____かえす日:2007/08/02(木) 23:26:03 ID:bomi6aDF
5巻のあまりの胸糞悪さにリタイアしたんだけど、とりあえず結末は知りたいな。

で、7巻ネタバレ情報集め始めたばかりでほとんど何も知らないんだけど、
他校との協力とかそういう話はどうなったの?
セドリックの死後、全校集会でダンブルドア団結しろよとかなんとか言ってたよね?


684 :なまえ_____かえす日:2007/08/03(金) 00:42:34 ID:pSAPx+z8
団結なんかするわけもなく、ヒーローハリーの大活躍で幕。

685 :なまえ_____かえす日:2007/08/03(金) 00:51:30 ID:ncaoYxxJ
ハリーまでは良かったが、ポッターがマズかったな

686 :なまえ_____かえす日:2007/08/03(金) 20:18:47 ID:OV8rJ7uV
>>685うまいことを……

六・七巻のあらすじ探してたら、原書を読んで章ごとに訳してすごく簡潔に要約したものを書いてるブログみつけた。
もうゆうこりんの変な訳に耐えなくても、その人の要約文だけで良いんじゃないのかと思った。

687 :なまえ_____かえす日:2007/08/03(金) 22:06:15 ID:ffDdINt4
今ネタバレスレでは主人公の母親が何故DQNとくっついたか
納得いかないと物語の解釈で大騒ぎ
普通に作者の力量不足だろうが。
話の流れが力技で押し切った感じがした
魔法しかり出てくるもののインフレが激しすぎ
細々とした設定をちゃんとする日本のラノベってレベル高いな、と思った
海外っていいラノベないの?娯楽として本読む人が少ないってほんと?

688 :なまえ_____かえす日:2007/08/03(金) 22:48:04 ID:XyTNJb93
私も信者スレからきました。
もうがまんできない!
物語に矛盾と説明不足が多すぎるので
信者のスレではひいきのキャラに有利な解釈をしようと見苦しい論争が耐えない!
そうじゃないだろう! そもそも作品のプランとモラルがメチャクチャなんだよ!
といいたくていえなかったので。(とほほ)
そこそこ魅力のあるキャラもいるので皆の気持ちはわかるんだけど
読者がキャラを気に入ったところでマヌケな過去を出したり殺したりして
フォーラムでのケンカを煽るのがこの作者の楽しみなんじゃないかとさえ思う。
謎の答えやストーリーの先が知りたくて首をかしげながら10年付き合ったけど
もうなんだったんだろう、という感じ。

689 :なまえ_____かえす日:2007/08/03(金) 23:08:11 ID:OV8rJ7uV
>>688ようこそ。
信者でもやっぱりそう思ってた人もいるのね。
ここで矛盾や説明不足を思いっきりぶちまけたらいいよ。

690 :なまえ_____かえす日:2007/08/04(土) 02:36:16 ID:/M2FWInY
所詮、ど素人作家という事を忘れたか。

691 :なまえ_____かえす日:2007/08/04(土) 10:16:03 ID:rVLu3YUB
>>687
>今ネタバレスレでは主人公の母親が何故DQNとくっついたか納得いかないと
確か5巻のスネイプの最悪の記憶の中で、リリーがスネイプをかばいジェームズ達に
向き合うシーンで、リリーはどう見てもジェームズが嫌いな様子にしか見えないので
すが?という読者からの問いに、回転さんはこの時点で実はリリーはジェームズが好き
だったニュアンスな事を言っていたんだよね。つまり、“私って集団苛めされている
弱い奴(スネイプ)かばったりするカコイイ女”という自己陶酔に酔ったDQNな女だった
と・・・。
でも、7巻の記憶だと、リリーがそこまで馬鹿な女には見えなくて、リリーもスネイプ
に言い寄られて、まんざらじゃなさそうなのだよね。このギャップって・・・。
どうでもいいグッズ設定とか適当に後付け設定されている感があるけど、物語の中核を
なす肝心の人物設定(イベントによる気持ちや一連の感情の微妙な変化)とかも、かなり
適当に設定されている感じがするな。普通は、人物設定とかぶれないように、ちゃんとした
作家さんたちだったら、かなり気を遣うところなのだが・・・・(そうしないと、その作品
の世界に入り込んだ読者が矛盾に気がついた瞬間、その世界から忽ち現実に引き戻されて
覚めてしまうから)。

>細々とした設定をちゃんとする日本のラノベってレベル高いな、と思った
 ホント。日本のライトノベル作家さん達のレベルって、実に素晴らしいと思った。
というより、日本のライトノベルを“児童文学”と称して、英語にどんどん翻訳して、
世界の子供たちのために売って欲しい。一端日本のライトノベルの高さに気がついた
ら、結構売れると思うよ。勿論ものにもよるけど。
(出版関係の方、見ていたら、是非一考お願いします)


692 :なまえ_____かえす日:2007/08/04(土) 10:48:36 ID:/bWaGV3I
というか、この作品で一番駄目なのが微妙どころか普通の感情変化じゃないの?
本当に大雑把に好きか嫌いかしか描かれないというか…

693 :なまえ_____かえす日:2007/08/04(土) 13:07:12 ID:hTrjzJSn
所詮作者は外人ですから。
わびとかさびとかはわからないんですよ。

694 :なまえ_____かえす日:2007/08/04(土) 14:23:03 ID:lOufPUNh
いろいろな読者がいるんだからポイントとなる登場人物の気持ちは誰にでも
わかるように書かないといけないという基本のことがわかってないと思う。
主人公母はツンデレで主人公父が最初から好きだったらしいのだけど
ひどいいじめシーンで怒ってる母しか描かれないんじゃわからんに決まってる。
それでインタビューで「嫌よ嫌よも好きのうち」みたいなことをいってたけど、
インタビューで補完するなってのw 英語読めない読者にはわからんじゃないの。

主人公父は反省していい人になったらしいんだけど具体的エピソードはなし。
でも父が悪だったらしいエピは具体的でそれも若い読者が一番敏感に反応するいじめ。
一切のフォローがないまま、その悪友や何考えてるかわからない母達と一緒に
主人公を励ます保護者の霊魂として最後の泣かせる(つもりらしい)シーンに登場。

自分はわりと想像力で作者の意図をフォローして読むようにしてるんだけど
作者の気持ちにそうと思われる解釈(主人公父もいいとこがあったのだろうとか、
だって主人公の大切な父として描かれてるんだからね。具体的エピはないけど)
でうっかりものを言うと「妄想」といわれることになる。
作品を善意に解釈すると同じファンに非難されるなんて終わってる。
それはようするにストーリーや設定が破綻してるってことだよね。
7巻翻訳の暁にはアンチは壮絶に増えると思う。まじめな人ほどやってられないよ。

695 :なまえ_____かえす日:2007/08/04(土) 14:50:34 ID:l4nt/lvJ
ダイの大冒険とかノベライズ化したらもっと受けるんじゃないの・・・・いやマジで



696 :なまえ_____かえす日:2007/08/05(日) 01:08:13 ID:RavgXkPE
>>688
ようこそ。私も信者スレからの転向者ッス。
最初は、出来るだけ柔らかいニュアンス&短文で書きこんでいたけど、流石に限界を
感じて、こっちにきてしまいました。

>そうじゃないだろう! そもそも作品のプランとモラルがメチャクチャなんだよ!
>といいたくていえなかったので。(とほほ)
 言いたいことも言えない、こんな世の中じゃ・・・・(ポイズン・・・・スレチだな)。
でも、信者スレじゃ作品に対する率直な批判って、本当に書き込めないよね。
って事で、不満な所とか、溜まりに溜まっている言いたい事、こちらで吐き出してみて下さい。
しかし、最終巻をむかえたというのにもかかわらず、設定に矛盾がありすぎて、キャラファン
同士の喧嘩になってしまうこと自体、どちらのファンも回転さんのいい加減設定の被害者・・
だよね。


697 :なまえ_____かえす日:2007/08/05(日) 02:30:29 ID:F5huz1Sp
だって率直な批判書いたらそこで全てが終了じゃないか

回 転 さ ん の シ ナ リ オ が だ め

698 :なまえ_____かえす日:2007/08/05(日) 17:26:51 ID:QYhzTFHp
信者スレではどんな低レベルの批判でも全て狂アンチの妄言と受け取られるからなあ

699 :なまえ_____かえす日:2007/08/05(日) 18:12:10 ID:Twpl+w14
それがここへきてそんなこともない感じ。
事実7巻の最後がアレだったのでネタバレスレでは
けっこう批判意見もでている。
ざっと読んだとこ少なくとも100%の信者はだいぶ減ったのではという感じ。
いいかたはここより遠慮してるが親世代の憎悪が意味不明とか
インタビューで補完するのおかしいとかいろいろ言われてはいる。

700 :なまえ_____かえす日:2007/08/05(日) 21:09:01 ID:B9YaLoVL
・・・結局第一巻が「あれ?売れちゃったの?」的な本だし。
後の本が一巻のつじつま合わせの物語という印象だったね。

701 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 03:09:34 ID:boy0uBVM
最後の人間関係が気持ち悪い
男の親友と女の親友がくっつきました(これは別にいい)
自分は親友の妹(唐突な美人設定)とくっつきました
おかげで親友夫婦と親友以上の関係になり
憧れてた親友一家も丸ごと家族として手に入れる事ができました
なんか親友と親友一家を成人後も主人公の傍に留め置く為だけ
の設定のように思えて嫌だ

702 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 03:13:54 ID:favCBm8B
主人公グループみんな親戚になって死ぬまでべったり一緒に暮らすんだね。
きんも〜☆

703 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 04:53:10 ID:zIRW0IlB
それなりにいい奴やおもしろい奴は
ほぼ殺されちゃってなんだか微妙。
ロン&ハーマイオニーは、まだ分かるけど
ハリー&ジニーは・・・。


704 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 09:13:31 ID:mgeB3uTI
>>692
>一番駄目なのが微妙どころか普通の感情変化じゃないの? 本当に大雑把に好きか嫌いかしか
うーん。微妙どころか普通の感情も変か。主人公自体、好き嫌いのみでトコトン敵味方を識別
しているからなぁ。

人間それぞれいい所も悪い所ももっていて、100パーセント善なんて人間など居ない筈なのだが
“この人は嫌な奴だけど、こういういい所も持っているのだな。少し見直した”とか
“この人は基本的に良い人なのだけど、なんかこういう欠点もあるから、人間的には
どうかな?”とか
“この人は、こういうヤなところを持っているけど、いざという時は助けてくれたから、本当
はいい人なのか悪い人なのかどちらなのだろう?・・・”とか
普通の主人公だったら考えそうな事を考えて悩むこともなく、ただひたすら人を己の好き嫌い
だけで判断する単純思考の持ち主だからな。

そしてこの作品のキャラたちのダメさを引き立てるのが、それなりに人生経験を経て、物事は
表面のみで判断することの危険性を十分熟知しているはずのいい年した大人が、所詮子供
レベルの判断基準しか有していない事だな。物事を多面的視点から見て判断するという能力が
物の見事に欠けていて、物事をひたすら表面のみで判断する能力しかない、ハリポタ世界の
魔法界の大人達の現実的に在りえないほどの愚かさと馬鹿さ加減に、ひたすらげんなりする。



705 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 09:50:17 ID:GUNKG6fu
お菓子の村とか、ちょっと心揺さぶられる楽しそうな世界描写もあるんだけどね…
学校のパーティーのごちそうは、屋敷しもべ妖精たちの奉仕の結果だとか
……なんだかね。


706 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 12:58:45 ID:JPKbVG5W
>魔法界の大人達の現実的に在りえないほどの愚かさ

この話の欠点はそこに尽きるんじゃないかと思う。
未熟な少年達が考えが足りなくてもまだいいのだけど…。

この作者、危険を予測して回避したり、互いの欠点を許しあったりするのは理想的すぎる、
人は皆、バカで意固でいつも犯罪者スレスレなのがリアリティがあるとでも思ってるみたい。

おろかな大人も話のアクセントとして出てくるならもちろんかまわないが
信じられないほど愚かなのが大人のデフォじゃ読んでて疲れる。
物語世界が荒唐無稽なファンタジー世界でも描かれるのは人間なんだから
せめて保護者や教育者くらいは普通の知能を備えていて欲しいもんだ。

707 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 18:51:54 ID:H4MRjvB5
>>697
>>回 転 さ ん の シ ナ リ オ が だ め

ふっふふふふ。 全 く そ の と お り。
それを言ったら、確かにおしまい・・だけどな。
最終巻で、あれだけ広げに広げた風呂敷をまとめようとして、下手に後付け設定を入れた
事により更にプロットや設定が破綻し、自ら物の見事に墓穴を深く掘った感じだな。

それにしても、チャットやインタビューで余計な事を喋りすぎて、自分から自爆要素振り
まきすぎだよ。回転さん。

7巻にしても、19年後なんて“何処のファンフィク???”と思わせるベタなのを入れ
ないで、最後ぐらい主人公視線を離れて、バイアスの入らない第三者的視点から、その後
の魔法界を語らせるようにすればよかったのに。
ヴォル戦後一年後経ったミネルバ・マクゴナガルの回顧録とか、ルナ・ラブグッドの独特
の視点からのその後の魔法界録とか・・・。二人でカバーするのに足りなければ、他の
キャラ視点を足したって良いのだし。

ヴォル戦で死んでいった人たちに対する魔法界の弔いとか扱いとか処遇とか、“この間違
いは二度と繰り返さないから、どうか安らかに眠って下さい。本当に有難うございました”
という、死者に対するレクイエムと感謝の気持ちも含まれた意味で、そもそもの元凶で
あるソーティングハットによるソーティングの廃止とか・・・・。
こうすれば死んだキャラも、そのキャラのファン達も、完全に納得は出来なくとも少なく
ともある種の癒しになったのではないかと思うのだが。これって、キャラを愛してくれた
ファンに対するマナーというかファンサービスというか、最低限の礼儀だと思うけどな。

でも、実際死者達はそのまま見事に放置プレイで、そのまま19年後・・・(しかも、全て
の元凶であるソーティングハットはそのまま継続・・?・失敗から学ぶ学習能力も、全て
の原因であるスリザリン差別に対する反省も無しかよ?・・・これじゃ死んだ人達も、
文字通り無駄死にで、浮かばれないじゃないか。魔法界・・orz)・・・・って、思いっきり
クソな展開されて、どこのファンが納得出来ると思っているのだろうか・・・?
最終的に、ファンはこのクソ展開でも納得し理解してくれると脳天気に思っているなら、
回転さんは本当に愚かだな。


708 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 21:17:22 ID:R0/ACeEl
最後のオチでまだ子供が「スリザリンに選ばれちゃうかも嫌だなあ」だもんね
19年たってもなんにも変わってないんだねと……。

709 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 21:46:05 ID:/4MqdKEe
最後の章を1番最初に書き終えたらしいから大まかなストーリーは
まぁあんまり突っ込まないけど、
人間関係の描写とか『この人は同情する価値のないとことん悪』的な決め付けがあまり好きじゃないな

あと、あれがあれば今は何もいらないのにっていう描写も多過ぎる気がする

710 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 21:51:07 ID:62WjiXIw
最後の方は「善人にも欠点がある、悪人にも良いところはある」をやりすぎてgdgdになったかんじだけどな。
特に前者はなんのフォローもなしじゃ悪人よりイメージダウンするって作者は分かってるんだろうか・・・。

711 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 22:20:55 ID:wQggyTUi
>>707
あんたのレスいつもなげーよと思うけどw全面同意だ。

弔い、死者を痛む心、反省、改善、第三者の視点・・・・
そうそう、最後に足りなかったのはそれだよ。

昔、まんがの描き方みたいのを読んでたら
『出来事を並べるのはニュース。出来事の前後を描くことで
社会の変化や人物の成長を描くのがドラマ』みたいなことが書いてあったのを思い出した。

そういう意味でハリポタシリーズは主人公の視点で特殊な出来事を並べたニュースみたいだった。
最後まで読んでここまでカタルシスがないとは思わなかったよ。
19年後のファンフィクションもどきなエピローグも能天気で後味悪かった。

712 :なまえ_____かえす日:2007/08/06(月) 23:39:40 ID:bfZ/olKh
いっそのこと、こうすりゃよかったのに
ttp://image.blog.livedoor.jp/zot666/imgs/a/2/a29efc3f.jpg

713 :なまえ_____かえす日:2007/08/07(火) 00:19:39 ID:nYj38qf+
>>712
いや、人をたくさん死なせた挙句、まさにそんな感じの終わりだったのでみんな怒ってる。

「お前の魂のスペアはみんな壊したぜ」「あとは俺様を倒すだけだな、クックック」
「ウオオオオオオ! いくぞオオオ!」「さあこい! ハリー!!」
ハリーはヴォルデモートを倒しました。ご愛読ありがとうございました。
死んだ人は放置、ぐちゃぐちゃの人間関係にフォローがないまま
エピローグ。19年後、ハリーは素敵なパパになりました。
息子がいやーな蛇寮に行かなくて済むよう、アドバイスしています。
ハッピー、ハッピーエンドですね。こんどこそ本当にさようなら・・・って感じ。

読者をなめんのもたいがいにしとけよと思った。

714 :なまえ_____かえす日:2007/08/07(火) 01:44:37 ID:dxfK4R8A
ネタバレ読んだ

まあ、色々不満はあるけど

なんといえばいいのかな

もう少しスケールを、うん、そういうことかな



715 :なまえ_____かえす日:2007/08/07(火) 03:30:21 ID:Ibj2ODTn
・チ・鬣キ、ホホ「、ヌ、ケ。」

ソヌッチー。「アヌイ隍ホーコフワ、、ソ、゙、ソ、゙・。シ・ノ・キ・遑シ、ヌ
、ス、、筍「アヌイ雕ォ、ヒケヤ、テ、ソ、筅ホ、ホツ遉キ、ニエム、ソ、、、筅ホ、ハ、ッ、ニ
、゙、「。「ウレ、キ、ス、ヲ、ォ、ハ、ネサラ、テ、ニヘスネテホシア、ハ、ッエム、ソ。」
、ス、ホサ、ホエカチロ、ャ
爾写借鴫&失酌借。眞ア。「煮勺斜軸&漆借。皺ュ、テ、ニチート、ヌ。「チアツヲ、ヒナヤケ遉ホ、、、、ノチシフ、ミ、ォ、熙ヌオ、ハャ、ャーュ、、。」シ鄙ヘク、タ、テ、ニセ。シ熙キ、ソ、・、・茹゚クタ、テ、ソ、熙キ、ニ、、、タ、ォ、鬘「、ス、ヲ、、、ヲセフフ、ヌホセシヤシク、鬢、、ネ、ォフオ、、、ネ。「、エナヤケ邊皃ョ、ニ、爨キ、荼、ホサケ遉ヒセ。、テ、ソサ、ホチヨイエカ、篳セクコ。」
、キ、ォ、キ、ュ、テ、ネ、ウ、、マエォチアトィーュツ郢・、ュ。「・メ。シ・。シ・゙・・サ。シ、ハ・「・皈・ォソヘ、ャアヌイ雋ス、キ、ソ、サ、、、ハ、、タ、、ヲ、ハ。」クカコ、マ、ュ、テ、ネー网ヲ、、タ、、ヲ。」璽、タ、テ、ソ。」

、ス、、ハ、ウ、ネ、ヒコ、イフ、ニ、ソソヌック蝪「ハニケケヤ、ュ、ホネケヤオ。、ホテ讀ヌ。「サエヨ、サ、ニヘセ、キ、ニオ。ニ篝螻ヌ、ホ」ウコフワ、」ウイーフホョ、キエム、。ハアムク、ャエハテア、タ、ォ、鯡ケ、、、ニエキ、、隍ヲ、ネ・ェ・筵ソ。ヒ
エカチロ爾・ィ・゙・・ネ・ス・実質、ャ・ィ・鬢、ネソヘ、ヒ、ハ、テ、ニ、ニ、モ、テ、ッ、遙」サメカ。エヨ、ホエォチアトィーュ・ニ・、・ケ・ネ、隍遙「シ鄙ヘク、ホタク、、ホゥ、チ、ホニ讀ネノン、、ナィ、ホ、ウ、ネ、ャホゥ、テ、ニ、、ホ、ヌーコフワ、隍オ、サ、チーュ、、、ネサラ、、ハ、ォ、テ、ソ、ハ璽

、、ヌエム、ニ、ハ、ォ、テ、ソ」イコフワ、。「タ霹、ソ、゙、ソ、゙・ニ・・モ、ヌエム、ニ
、ク、网「クカコニノ、、ヌ、゚、、ォ、ネクナヒワイー、ヌ」エ、゙、ヌツキ、ィ、ニニノホサ。」


。ト・「・・チ・ケ・ROM、テ、ニフッ、ヒーツソエ、キ、ニ、シォハャ、ャ、、、゙、ケ。ト。」

716 :なまえ_____かえす日:2007/08/07(火) 03:37:28 ID:Ibj2ODTn
おもいっきり化けた…
何の呪いですか。

スレ汚しスマソ
ネルポ

717 :なまえ_____かえす日:2007/08/07(火) 11:21:05 ID:eTW6+pS7
訳が嫌
原文読むと全然イメージが違う
しょうがないことだけどニュアンスも表現しきれてないし
ストーリー的に無駄死にももうウンザリだ・・・

つーか「おったまげー」ってなんなんだよ萎える

718 :なまえ_____かえす日:2007/08/07(火) 19:05:12 ID:2dSHrnwc
ふとおもったんだけど

最終巻は発売されちゃったし
映画も前ほどもりあがらない。

いままでのペースで行くと、
翻訳最終巻の発売は映画にからめられないけど、
最終巻だから丁寧に訳しましたとか言い訳して1年かけて映画最終話にからめんのかな?

719 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 01:23:22 ID:f8N05NUv
>>706
>>未熟な少年達が考えが足りなくてもまだいいのだけど…。
そうそう。
まだ人生経験も圧倒的に少なく、知識や知恵も足りない子供達が、その判断能力の
未熟さから、お馬鹿な行動に出るのは分かるけど、人生経験豊かな筈のいい年した
大人が、子供と同じレベルの行動パターンを取るのはどうかと思うよ。それも一般
大衆ではなくて、長年の経験のある教師達が、そのレベルの行動をとるのはねぇ。

6巻の最後の方で、「最初からみんなスネイプを疑っていました」とのマクゴナ
ガル発言には、とにかく呆れるやら怒りを覚えるやら。少なくとも、同僚として
も同じ寮監としても付き合い長いし、命かけて必死に貴重な情報をオーダーの為
に集めてきたスネイプの姿を散々見てきた筈の、アンタが言う台詞かぁぁ??
スパイ稼業の実際の大変さ・危険さが全然分かっていない、ハリーならいざ知らず、
良い年した大人の言う台詞じゃないよね。馬鹿丸出しって感じ。頭の隅で、少しは
変だな?と疑問に思わなかったのだろうか?
そーいえば、どう見ても完璧DQNなジェームズ達4人組の苛めの酷さを、この
人は把握していたのだろうか?この分だと、なんだか、全然知らなさそうだけど。
それにあれだけオーダーのメンバーが居て、スネイプ黒を疑うものが一人も居な
いって実態も現実的じゃないよ。あれだけいれば、一人や二人、“なんだか
つじつまがあわないな。変だな”と思い、そのまま鵜呑みにしないで、独自で行
動してみる気骨のあるキャラが居そうなものだが。所詮ハリポタ世界の大人達は
、現実の大人達と違い揃いも揃って馬鹿ばかりですから、自分の頭で物を考えた
り出来ない人達ばかりなのだね。

>人は皆、バカで意固でいつも犯罪者スレスレなのがリアリティがあるとでも
きっとこの作者さんの周りには、犯罪者スレスレの、考え無しで刹那的な行動
しかとれない御馬鹿さんな人たちしかいなかったのだよ。でも、危険を事前に
予測して回避する能力は、人生において必要なスキルだと思うけどな。


720 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 01:24:36 ID:f8N05NUv
>>708
結局、あれだけの沢山の尊い犠牲者を出しても、何の反省も教訓を得ることも
なく、何も変わらなかった御馬鹿さん達が生き残った魔法界という事か・・・
・ ・。
この分じゃ、ヴォル戦で死んだ戦死者達も、ちゃんと丁重に手厚く弔いされて
いるか、実に怪しいものだ。これだけの犠牲を払っても何も変わらないんじゃ、
本当に死んだ人が無駄死に・・・だよね。


721 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 01:25:38 ID:f8N05NUv
>>711
ついつい、長レスしてしまい、スマンw

>>弔い、死者を痛む心、反省、改善、第三者の視点・・・・
作者が金庫に保存していた19年後の話をどうしても使いたいのはわかるけど、それなら
それを入れる前に(勿論、全ての元凶である、ソーティングハットによるソーティングの
廃止などの改定済み)、死んだキャラのその後の処遇とか弔いを、きっちりと書いてから、
エピローグを入れるべきだったと思う。それさえしないで、死者完全放置プレイのまま
、いきなり19年後の能天気な世界に飛ばされて、納得のいくファンが本当に何処に居る
んだ??

>>ハリポタシリーズは主人公の視点で特殊な出来事を並べたニュース
となると、ハリポタはマンガよりも質的に下ということか。ハリポタを読むよりも、少年
少女マンガの名作100選に入りそうなコミック読んだほうが、物にもよるけど確かに
ずっと良作そう・・・・。
ハリー視点といっても、ハリーの気持ちもしっかり書いてあったとはいえないし、ただ
イベント系列で書き連ねたって感じだし。
これだけ登場人物が増えたのだから、ハリーサイドからだけではなく、他のキャラ視点
(ドラコ・マルフォイからみるスリザリンよりの世界観とか、ダンビーの回顧録とか、
スネイプ視点から見たハリー達に対する見識とか)からのサイド・ストーリーが所々
にあったりしたら、世界観に奥行きが出てきて、ハリーのみの視点で語られる薄っぺら
の世界よりも、ずっと深みがあって面白かったかもしれない。


722 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 01:35:07 ID:8XNK8dKQ
いやここあんたのスレじゃないから……
言いたいこと自体は分かるんだが……

ソーティングハットは廃止されてねーわ、
「スリザリンは公然と忌み嫌っていい対象」のままだわ
つーかそういう価値観を親になったハリーが教え込んだと推察されるわ
ちょwwwww50年後にヴォルデモード2号が出ても不思議ねーぞwwと。
死んだ奴は死に損だなあ

723 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 02:55:00 ID:SiK18GPY
信者乙
ハリポタは100年後も残る歴史的傑作wwwって、信者スレで
書き込んできたら?wwwプッ


724 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 20:03:09 ID:wVVlWoqv
少なくとも100年後の日本には残ってないな……
この国の創作系オタクのレベルを舐めたらいけない

725 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 22:38:29 ID:1nbADQ6M
何だろうなあ…結局作者のキャラ萌えがウザイんだよねこの話

726 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 22:46:01 ID:DcJn7A0W
>>722
そうだよな。
このままでは第二第三の俺様がでるに決まってるという感じ。
やっぱ作品の中で死者への追悼や過ちを繰り返すまいという
反省の姿勢みたいなものが全く描かれずに終わったことが痛い。
死んだキャラとそのファンはまったく浮かばれない。

これはもう作者の人格に問題があり、
本人が反省、許容、和解などができない人なので
物語中でもそれらが上手く描けず、消化不良みたいなラストに
なってしまったのだろうとしか思われない。

727 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 23:44:12 ID:lhqAaH+3
正直アンチスレでキャラファンの気持ちとか言われてもな。
本スレでいってたらいいんじゃない
「コレまではまり込んでいましたが、最終巻における私の好きなキャラの扱いが悪すぎたのでいやになりました」
って。

728 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 23:50:41 ID:C+pu5d8Y
でも、1巻では期待してたんだよ

なんか文章酷い(訳文)
なんか構成がわるい(原文も)

でも、これからはこなれるかも と

…1巻が最高であとは下がる一方だった

729 :なまえ_____かえす日:2007/08/08(水) 23:52:23 ID:9WNEm13n
読んだ人の心の糧にならない本だね。



たしかBBCのハリポタ特番「ハリーポッターはこうして生まれた」とかいうやつで、
でスティーブン・フライだかフィリップ・プルマンだか忘れたけど、言ってた。

「子供の本を馬鹿にする大人がいるけど、むしろ子供のための本のほうが、問題に立ち向かうにはどうしたら良いかとか
 どのように生きるべきかとかそんな、人生に必要なことが書かれている。
 大人の本は恋愛がどーしたサッカーゲームがどーしたとか、くだらないことばかりだ。」

やっぱりハリポタは児童書じゃなくて、
著者本人も言い続けていたとおり、大人向けのくだらない本ってことか。

730 :なまえ_____かえす日:2007/08/09(木) 00:26:55 ID:crCThcpz
最初に予備知識無くロードショーで賢者の石を見た時の感想が
「ハリーとグリフィンドール=善、マルフォイとスリザリン=悪、で、
善なら勝手しても敵を嘲笑してもイヤミ言っても汚れなき善。善マンセー。悪は悪いんだから嫌なめに逢え!って描写が
いくら子供向けの勧善懲悪ストーリーだからってえげつなくないか?
でもきっとこれは、ヒーローマンセーなアメリカ人が映画化したからで、原作のテイストはこんなじゃないんだろうな」
だったんだが

むしろ原作の方がえげつなく(この作品中で定義されるところの)善マンセーだった…。

731 :730:2007/08/09(木) 00:56:08 ID:crCThcpz
で、「原作はこんなじゃないんだろう」って思った根拠てのが
子供の時に読んで大人になってからもずっと手放せなかった
メアリー・スチュワートの「小さな魔法のほうき」という本のことが頭にあって
ああいう名作を生む英国のファンタジーの土壌から生まれた物語だから、きっと原作は…て思ったんだよね。

ワクワクさせる要素がとても沢山あるだけに残念だと思った。
その後4まで読んで止まっちゃった。

732 :なまえ_____かえす日:2007/08/09(木) 01:22:59 ID:26nZBt+A
>大人の本は恋愛がどーしたサッカーゲームがどーしたとか、くだらないことばかりだ

ハリポタもうんざりするような恋愛模様とクィディッチがどうしたとか
そんなことを繰り返した挙句、人をばたばた殺して終わったようだな。
「くだらない大人の本」以下だと思う。

733 :なまえ_____かえす日:2007/08/09(木) 01:27:51 ID:sx6FkjBg
>>730
映画のハリポタの印象 エマ・ワトソンとダニエル可愛い。ロン上手。
TV放映のハリポタの印象 針・歯舞鬼・論の声優子役ヘタクソすぎ

それ以降の映画の感想:みんな大きくなったなぁ〜


あとは役者いいのに映画がクソすぎて悲しくなってくる。

734 :なまえ_____かえす日:2007/08/09(木) 22:19:41 ID:inyhKnkX
ここに来て初めて日本にもアンチがいることを知った。
もっと早く知っていれば良かった。
5巻からどう考えても変だと思い始め原書7巻読んでから矛盾と疑問で
ずっとモヤモヤしていた気分がすっきり晴れました。
アンチの皆さんありがとう。
小道具のご都合主義にも騎士団の大人のアホさにもスネイプの純愛??とやらにも
主役級の子どもたちのDQNさそれを愛と言い立てて美しいことかのように
書く文章にももううんざりです。
ここの人たちが言うように、日本のラノベの方がずっと面白かったし、
きちんと書けている。
7巻読み終わってやっと目が覚めました。

735 :なまえ_____かえす日:2007/08/09(木) 22:29:58 ID:lxMnh6P5
ハリーの父親がどう考えても褒められるような人間に見えないのは何故だろう
名前忘れたが、1巻のスリザリンのクディッチキャプテン程度の
クディッチ馬鹿にしか見えないんだけど…


736 :なまえ_____かえす日:2007/08/09(木) 22:46:10 ID:iza/dRZx
ほめられるような人間なんぞひとりもでてこないから心配すんな

737 :なまえ_____かえす日:2007/08/09(木) 23:42:35 ID:Uln6RSpx
もしかすると、ハリーポッターは
「普段本読まない層はこのレベルの物で楽しむ事が出来る」んじゃなくて
「普段本読まない層はこのレベルの物しか理解できない」では無かろうか。

普段本を読む層から噴飯物の要素
(主人公えこひいき、好き勝手やるDQN主人公、どーでもいい筋)
こそが今まで当たってきた原因であり
ハリポタ以前には無かった“新しい要素”とw

738 :なまえ_____かえす日:2007/08/10(金) 01:19:58 ID:XouT0wPd
△普段本読まない層
○普段本を読み流してる層
○普段読む本を自分で選んでない層
じゃないかな。
何か賞とってさえいれば、ページを最後まで捲って「面白かったよ」って発言する人種。
3日後に、ところでどこが面白かったの?て聞くと何も憶えてないような。

ところで皆は何巻で切ったの?自分は一巻で拒絶反応が起きてバッサリ。

739 :なまえ_____かえす日:2007/08/10(金) 07:23:36 ID:yj4u5MSB
一冊も読んでいないだぜ

740 :なまえ_____かえす日:2007/08/10(金) 09:52:14 ID:iu9sxOaK
4巻でなんか拒絶反応が起きて
5巻読んで絶望してやめた。

741 :なまえ_____かえす日:2007/08/10(金) 13:08:57 ID:WfPJs5bu
2巻で変だなと思い、3巻で胸糞悪くなってやめた

この作者、よほどひどい人生おくってきたのかと可哀想になったね

742 :なまえ_____かえす日:2007/08/10(金) 20:15:14 ID:tkzcOtK9
この本、4巻ぐらいまで読んでやめた。
どこまでも同じパターンだよorz

743 :なまえ_____かえす日:2007/08/10(金) 22:07:47 ID:W9OxgJRh
4〜5巻で明らかに変だと思いつつ、
結末だけはきっとマシになると信じて7巻まで読んでしまったorz

744 :なまえ_____かえす日:2007/08/10(金) 23:57:09 ID:P5WbKI1G
四巻で「あれ?」と思い、五巻でもうダメだとわかってやめた。
2chのネタバレスレの、数行で収まる箇条書きあらすじだけで充分だと知った。


最初からひっかかるところはあったけど、それを補うワクワク感もあったから耐えられたんだなあ。

一巻はダドリーやドラコの陰湿ないじめ描写もあったけどクライマックスのチェスのシーンとか良かったし、
その次の二巻はロックハートがウザイ以外はハーマイオニーやジニーがピンチになったりして盛り上がった。

三巻でロンとハーマイオニーがずっと喧嘩してて読んでるこっちもイライラした。
でも親世代の大人たちが出てきて「物語はこれから」っていう感じがした。
四巻も今度はロンとハリーが喧嘩してて翻訳もおかしさもあって(フランス語なまりの表現とか)読むのが苦痛に。

そして五巻、大人も子供もバカばっか、ドロドロの恋愛ごっこ、細かいエピソードてんこ盛りでダラダラして、
延々とストレスのたまるグダグダ展開……



745 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 00:16:17 ID:Dzk9sD0M
執筆開始時点では、
ヴォルが実はハリーの父親で……という設定だった。
でも、そんなアサハカなシチュエーションはいともあっさり読者に予想されて、
しょうがないから途中で「I am your father.」設定はボツにした

――ってことはないのかな?

746 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 00:18:14 ID:pm1j31xX
いじめっ子が闇の帝王に、か。

747 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 00:20:22 ID:PVIfrEmU
>>747
あぁ、同意かも!
三巻あたりまでは疑問ありながらもなんだかんだ読んでた
それ以降はもうネタバレ読むだけでわかるし、楽しみどころかガッカリばっか
だんだん初期に散りばめた謎が明かされたけど、どれも肩すかしだったし

748 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 00:21:07 ID:PVIfrEmU
スマン、>>744だったw

749 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 01:43:48 ID:qIUeW8eU
たしかに最初からツッコミどころは山のようにあったけど
まあ3巻までは短いこともあり他愛ない読み物として読めた。(原書)
次はどんな人物がでてきてどんなおかしなことを言って
どんな事件が起こるのかを一応楽しみに読むことができた。

4巻でいきなりプロットがおかしくなり、意味なく本が分厚くなって
シリーズとしては破綻したと思う。
話題は「次は誰が死ぬか」「誰がカップルになるか」とかそんなことばかり。
多くなりすぎたレギュラーキャラをもてあまし、もたつく描写が目に付いた。

どう決着をつけるかのみ気になったので最終巻もざっと読んだが
とりあえず宿敵をやっつけただけの意味のない終わりだった。
スパイ男の主人公母にたいする執着愛が読みどころだったようだが
彼が命がけでスパイ活動をやった意味はほとんどなくバカバカしかった。

750 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 03:16:56 ID:Q/RpL2lG
映画で帝王さん復活の場面を見て思ったこと
「あれ、宇宙人?」

751 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 04:17:20 ID:9cRrb9/5
導くべき大人のアホさ
モラルの欠如
ご都合主義の小道具

3巻まで読んで、この3点に耐えられなくなり見放した


752 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 17:47:28 ID:6d8msYjY
ずっと上で主人公が虐待されて育ったのにそれがたいしたことが
ないように書かれているのがよくないという意見があり、
それに対してそれは英国にジェーン・エアなど児童虐待小説の
伝統があるから一種の様式だという意見があった。
つまりリアリティを追求していない戯画的な処置だというのだろう。

しかし一方、あっけなく死んでしまう重要キャラや親世代のいじめ、
不可解な憎しみの連鎖はリアリティを追及した結果だと擁護される。

つまり、
・陰惨な出来事や登場人物の性悪っぷり→リアリティがある
・いじめや虐待の扱いが軽すぎて不自然→様式なので気にしないこと
ということらしい。
それで納得しろという方が無理。

753 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 19:55:26 ID:bz/R6e5n
たまに見る意見に「アイデアはいいのに」ってのがあるが、
用いられてるアイデアの大半は、くだらないものだったり、
定番だったり、良さが損なわれていたりでダメダメなんだが。

いいとこが一つもない。

754 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 21:03:21 ID:PVIfrEmU
用途不明な魔法が多いし、いたずら専門の魔法道具みたいのもつまらない、
お菓子もまずそうだし、正直「ハァ?」だったんだよ
アイデアというか、くだらねえと思った
魔法界の子供はこんなもんに夢中なの?みたいな

755 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 22:01:45 ID:YVAiIUcd
なんていうか今どき魔法使いというのが、黒いマントに魔法の杖、
箒に乗って空を飛び、大鍋で魔法薬を煎じるという
シェイクスピアの時代のイメージのままなのに最初からあきれた。
ここまでアイデアに独創性がないとそれも一種の個性かもしれないと思ったりw
しかしあえていえばそういう「アイデアに凝っていないところ」、
「異世界を作り込んだりして気合が入りすぎていないところ」が
とっつきやすくて、いいところといえばいいところ?だったのかもしれない。
しかし後半、児童書にあるまじき陰湿な人間関係が描かれ
信者まで辟易しているところを見ると、そういうとっつきやすさ
みたいなものも消滅したと思われる。

756 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 22:04:34 ID:PvS8cWIY
この駄作に関しては、まだディズニーがやった方が見れた者になったな

757 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 22:11:27 ID:V5DOW6T5
前から疑問だったんだけど、一巻の最初のほうでクィレルはハリーと握手したよね?
なんであの時は触れたんだろう

758 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 23:16:34 ID:r9nitaNA
>>757
ハリーに危害を与える気がなかったから、と思う。

759 :なまえ_____かえす日:2007/08/11(土) 23:54:18 ID:MizVm8ZE
魔法のホウキという典型的なアイテムにスピーディーなスポーツ要素を
プラスした点で、クイディッチは割りと面白いアイデアだなと最初は思った
でも詳しいルール説明が入った瞬間ハァ!?ってなったよ……
他のメンバーがどんなに頑張っても1点2点なのにシーカーが一人で
金色のを捕まえたら何百点とかアホかと。
ハリーは才能ある!ハリーはかっこいい!って作中で主張するためにだけ
存在するスポーツなんだよな……

760 :なまえ_____かえす日:2007/08/12(日) 00:36:14 ID:xGs++s+Z
こどもむけというかこどもだましなんだよね

761 :なまえ_____かえす日:2007/08/12(日) 08:28:36 ID:ZWloZHHy
シーカーはいらない子。

762 :なまえ_____かえす日:2007/08/12(日) 14:54:31 ID:IoPFK4vR
指輪がムリって人もこれは喜んでとびついてたもんなあ
おやすい話なんだろう

ジャンクならジャンクらしく、チープならチープにすればいいのに
ご大層な触れ込みとパッケージで売るところ、腹立つ。詐欺だろ

763 :なまえ_____かえす日:2007/08/12(日) 17:23:47 ID:pY3pCTZk
むしろ指輪が無理って人の多さに愕然とした記憶があるが

764 :なまえ_____かえす日:2007/08/12(日) 20:46:55 ID:+6iRG3SH
指輪無理だったな、確かに。ですます調は世界に入りにくい。ハリーも一巻で脱落したが、
ゲドとか闇の戦いとかウォーターシップ・ダウンは読みやすかった。
だからまあ普通かなと自分では思ってる。

765 :なまえ_____かえす日:2007/08/12(日) 20:56:10 ID:/OIURmk8
>>759
サッカーと差別化を図りたかったんじゃ…。
ハリーまんせーもあっただろうけど

766 :なまえ_____かえす日:2007/08/12(日) 21:52:12 ID:WxvOyO1B
勝敗関係無く合計点数がそのまま寮の得点としてプラスされるから
シーカーはあっていいと思うけど
150点は多過ぎるとは思ったな

767 :なまえ_____かえす日:2007/08/13(月) 06:49:45 ID:aDABJ6+f
>>762-764
指輪が無理って人は、日本にはたくさんいたんだろうな。
流行にのって読むタイプの本ではないと思う。
児童書じゃないし(スレ違い?)

そういう人が多いから、ハリポタのファンが多いのかなと思う。
ファンタジーのことを、よく知らない人が好んでいるんじゃないの。
ハリポタより面白くて優れているファンタジーは、いくらでもある。

実際、児童文学の評論家とか、ファンタジーをずっと読んできた人の
評論を読んでみると、かなり評判悪い。


768 :なまえ_____かえす日:2007/08/13(月) 16:49:44 ID:UyoJAVS9
>>767
ハリポタの評論? 読んでみたいな


769 :なまえ_____かえす日:2007/08/13(月) 23:02:24 ID:B1v1YfYO
ファンタジーをよく知らない人が多い(ドラクエはやっても指輪物語は読んだことない)
  +
流行モノに弱い(ダヴィンチ・コードとかキリスト関連のことがわからなくても「流行ってるから読んだ」って人が多いって聞いた)
  +
映画の子役トリオがかわいかった。リチャード・ハリスとかマギー・スミスとか大物俳優もたくさん出てるし。

……日本でのハリポタブームの理由をまとめるとこんなかんじですか?


>>767
> 実際、児童文学の評論家とか、ファンタジーをずっと読んできた人の
> 評論を読んでみると、かなり評判悪い。
日本の評論? マンセー意見しか見たことないから批判してるやつ見てみたいな。

でも本場イギリスではなんで流行ったんだろう。
それこそ指輪物語やナルニアみたいに良い児童書がたくさんあるんでしょ?
イギリスでも児童書離れとかでファンタジー知らない人が増えてるのかな?

770 :なまえ_____かえす日:2007/08/13(月) 23:07:09 ID:UFmuwL0i
>>769
肝心の
宣伝・マスコミの誘導・1年に1巻のペース
を忘れてるw

どうでもいいけど、キリスト教知ってたらダビンチコードは逆に読む気無くすと思うが

771 :なまえ_____かえす日:2007/08/13(月) 23:17:55 ID:kOY/lcus
イタリアでも若い人は教会に行かずキリスト教の知識がないので、ダヴィンチコードで
知識を得た気になって困る、とイタリア在住の日本人がブログに書いていたw


772 :767:2007/08/14(火) 10:30:02 ID:Z0owrm+Q
>>768 
ttp://www.hico.jp/
ここの、「書名」で「は2」で「ハリー・ポッターと賢者の石」の「8」をクリック
する。

前にたくさん批判レビュー読んでたけど、
何年も前の話なのであまりみつけられなかった。スマン。
アマゾンでがんばって探すとたまに批判レビューがある。


>>769
>でも本場イギリスではなんで流行ったんだろう。
>それこそ指輪物語やナルニアみたいに良い児童書がたくさんあるんでしょ?
>イギリスでも児童書離れとかでファンタジー知らない人が増えてるのかな?
あくまで推測だが、マスコミがやりすぎな部分が大きいんじゃないかと思う。



773 :なまえ_____かえす日:2007/08/14(火) 13:27:16 ID:OqPJMl4/
かなり初期に、出版社のマーケティングがうまかった、とは聞いた>イギリスでのヒット

あと日本の児童書読みにとっての古典が、イギリスのリアル児童書世代に受けがいいとも限らないし


>>771
キリスト教くわしくない自分にとってもダビンチコードは「あるあ…ねーよww」だったのに
あれはキャラがその道の専門家に全く見えないのがすごいねw

774 :なまえ_____かえす日:2007/08/14(火) 13:54:41 ID:cio5xFgz
まあダヴィンチはエンタメとしてきっちりまとまってたからいいよ。
訳も上手だったし。
ハリポはgdgdで訳はゴミレベルだからな。

775 :なまえ_____かえす日:2007/08/14(火) 15:48:11 ID:Bxa1Mk8i
……というか、指輪もナルニアも、ファンタジーとはいえ
ハリーと完全に中身の基盤が同じわけではないしね。
指輪もナルニアもハリーも読む子もいるかもしれないし
指輪は全然面白いと思わずハリーとナルニアは好きな子とかもいるかもしれないよね
好みの問題だから

それにしても不思議なのが、寮物学校物にしては、あまりにも
脇役生徒が薄いなと感じた点。
同学年同寮生徒は10人、男女別なら5人しかいないはずなのに、
ハーマイオニー以外の4人の女子生徒って誰だっけくらいの薄さなのは一体…
寮ごとの結束は強いはずなんじゃ……

776 :なまえ_____かえす日:2007/08/14(火) 18:05:20 ID:CbXfDRAv
ハーマイオニー以外の女の同級同寮はふたりだけ。
あとのふたりは作者が書き忘れたらしい。
寮生活を共にしたはずの人間ふたり。ついに最後まで出なかったというのもすごい。
基本設定のいい加減さでこれ以下なのはちょっと見当たらない。
主人公の両親の死という物語の大前提を支える秘密の守り人(隠れ家情報の守り役)
の設定させあやふやなまま始めたらしく、ついに納得できないで終わるなど、
本筋の鍵になる部分でもかなりつじつまの合わないところがある。
それを思えば一応もっともらしく完結させたのはすごいという見方もあるが…w

777 :なまえ_____かえす日:2007/08/14(火) 22:29:19 ID:WJv1Evov
年齢設定が異常だ…
一巻二巻あたりはなかなかおもしろかったと思うが、最近のはただ長いだけで読む気がしない。
ナルニアや指輪も長さは負けていないがどちらも最後まで楽しんで読めた。


板違いかもしれないが、ダ・ヴィンチ・コードはキリスト教をわりと深く知っている(学んでいる、か)俺でもおもしろいと感じたよ。

778 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 00:52:14 ID:yMZ0mlKn
このスレ読んで個人的にこの話の何が受け付けないのかよくわかったわ。
いずれ人は成長し社会に出て、なんらかの責任や役割を果たすべき大人になるものだっていう
前提と言うか認識が無いんだよな。
だから話のエピローグがいきなり19年後に飛んでて、
親としての描写はあっても社会人として何やってるかの描写は全く無いんだよな。
警察官でも銀行員でも官庁の職員でも自営業の探偵でもいいが、
そういう大人としての立場の部分をスルーしちゃってるからなんだか読んでて落ち着かないんだよな。

779 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 01:38:12 ID:WHLROHhu
>778
うぁ、すっげ同意だ。登場人物がえらく記号的に感じたのはその所為か。
本来人には主体と環境があって、その相互影響が成長とかの変化要素になるんだけど、
そのうち片方が主人公マンセーの箱庭に終始してるんじゃどーしよーもない。
ハマる人には、その箱庭仕様が堪らないんだろうか?

780 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 02:26:35 ID:EwXRRQmQ
>>778
一応将来の職業について相談するとかそういうエピもあるんだけどね。
魔法界のシステム自体がちゃんと設定されていないから
(数千人の人口で経済や流通や政治がどう成り立っているのかなど)
あまり真剣に社会活動について取りざたされると困るんじゃないのかな。
779の言うとおり、もともと学校を中心にした小さな箱庭しか考えていない。
最初からまっとうな大人の居場所はない世界なんだよ。

781 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 08:10:48 ID:KtjqXd+N
そういえば、自分3巻くらいでリタイアしたんだけど
1巻ですでに持ち上げられてたハリーの親って何してた人なんだっけ?
在学中にクディッチで看板選手だったのと、二十歳そこそこで子持ちなのは
記憶にあるけど……仕事なんだっけ……?

共存派も非共存派もマグルマグル言ってるけど、規模的にそこまで離れて
生活できてるわけないんだよね
役人が珍しがるほどマグルの生活用品が不思議な物なわりには
カメラは一般的なカメラの形取ってるし学校に行くのは汽車だし、変な世界

782 :りーこ:2007/08/15(水) 11:05:06 ID:6fS3r5RY
私はハリポタ大好きですよ。
ハリーの親、ジェームズとリリーは仕事してません。
若い頃からヴォルデモートにねらわれてたから。
これでもハリー博士ってよばれてます。

783 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 11:25:54 ID:6seXmuli
5〜7巻は、あわせて1巻でもよさそうだったかもね。



784 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 13:33:27 ID:fLLgV64A
無駄なエピソード削って全部一巻にまとめれば
こんなgdgdした話にもならなかったんじゃないの

信者マジキモイんだけどwww

785 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 14:27:29 ID:Cke05JN3
>>781
二段目激同意

ロンドンのど真ん中に魔法省や魔法の病院があたりして
マグルと完全な別世界に住んでるわけでもないのに
マグルの生活用品が珍しかったり服装がよくわからなかったり
そんなわけねーだろとずっと思ってた。

786 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 15:18:40 ID:882oRnrs
>>779
>主人公マンセーの箱庭

にはまってる人って大丈夫かと思ってしまうよ


787 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 19:35:54 ID:ivTOp7Jk
>>786
その表現で分かった。
ハリポタはラノべじゃなくて同人小説(ネット小説とかの部類)なんだ

788 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 20:10:55 ID:Kcx0RtK/
あぁそうか、文章グダグダ
プロット陳腐で矛盾しまくり
の「ケータイ小説」と同類なんだ

789 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 20:41:24 ID:t7oLQWhR
>>785
しかも役所にはエレベータあるみたいだぞ
結局マグル差別も現代的なものを取り込んでみようかな、という思いつきに過ぎないんだよ。
それがすぐそばに魔法の世界が!という思いつきと一緒になったのがあの世界観
思考実験する気はないし、厳密に世界を作り上げる気もない。
子どもが一つの学校に納まってしまうぐらいの規模の社会では早晩滅びないほうが不思議だよね
「マグルマグル」いうのは自分たちの社会が飲み込まれる危機感ならまだ納得がいくけど

790 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 20:51:57 ID:G+yyyQ8S
>>781-782
両親揃ってプー太郎だったくせに何だって銀行にあんな財産が預金してあったんだ?
なんかヤバい犯罪にでも手を染めてない限り普通は無理じゃね?
ご都合主義にしてもなんか不気味だよ…。

魔法界の設定は在学中にマグルのことキッチリ教えて
エリート以外は一般のマグル社会に溶け込んで働いて生活するとかだったらまあ成り立つと思うが、
(一般社会との間で富を還流させるような労働をする奴がちゃんといないとリアリティが無さ杉る)
作中でも配偶者(子供から見れば片親)がマグルの場合の方がむしろ割合としては多いくらいで
ハーフやクウォーターが大半で純血はかなり少数らしいのに、
あんなに現実の一般社会について無知な奴が多いのはおかしいよな。

791 :なまえ_____かえす日:2007/08/15(水) 22:45:05 ID:PvvzL/9u
>>790
つポッター家の遺産

ポッター家は魔法界では貴族みたいなもんだったらしい
まああれだ、確かにご都合主義だ
子供のころ考える妄想と同じさ
捨て子だったあの子が実は大金持ちの子供でしたーってやつ

現実の一般社会無知な奴が多いのも
普段冴えないあの子が実は凄い物知り子供でしたーってやりたかったんだよ

792 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 07:58:52 ID:+0b6rEAY
>>788
だから同世代の「ケータイ小説」とやらにとびつく奴らに
あんなに人気があるのか。納得。
回転って精神年齢が厨房なんだな。
周りがハリポタか「ケータイ小説」しか読まないような奴ばっかりで
もううんざりしてる。
早く目覚めてくれ!

要するにDQNに好まれるタイプの本。

793 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 08:08:35 ID:Y8NQkc8a
最初は無学な人間でもすばらしい物が
書けるのかと思ったが
結局無理だと言う事が証明しただけだったよな。

まぁ、学問以前に考えが浅いのと
モラルがすっかり欠如してるんだけどな

794 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 08:17:07 ID:1OnTGKzL
最終巻発売から約1ヶ月近くたったので、少しは客観的・批判的な意見が出てるかも、
とAmazonのレビューを見てみた。
皆が皆、これまた“感動した”“よくまとめた”というマンセー意見ばっかり。
特にビックリしたのが、
“ハリーポッターは歴史に残る傑作”“ハリーポッターは指輪うんぬん”なんて
思っている人がいるんだなw 

どうみても、
指輪>---------(略)---------?(超えられない壁)----(略)--------> ハリポタ
ライトノベル>-----(略)------->(超えられない壁) ----(略)-------->ハリポタ
だろうw

ある意味、アンチの格好のオチ対象wかもしれない>Amazonレビュー
ひょっとして、ゆうこりん関係者がいるのかもw



795 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 09:03:29 ID:LMterL6T
>>791
レスサンクス。3巻まででリタイアしたからその設定は知らなかったわ。
おじさんが「ポッターは働いてなかった」って言ってたのがマジだったとはorz
親の遺産におんぶに抱っこのバカップルが、
甲斐性も無いのにガキだけ先につくっちゃったって感じだわな…。
本当に「まっとうな大人」の存在しない世界だ。
結局>>778-780の指摘に尽きるような気がするわ。

796 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 11:56:59 ID:+0b6rEAY
>>794
激同。
ハリポタは史上最悪のファンタジー

指輪=ナルニア=ゲド>>>>(ry>>>>>>ハリポタ

ファンタジーを理解してない人が多すぎる

797 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 12:33:33 ID:Txrv9bOJ
ファンタジーと現実逃避を混同してる人だらけだからなあ。
本気でファンタジーを議論できるだけのものが日本にないのがそもそもの原因か?

798 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 12:34:20 ID:Txrv9bOJ
追記。
後は夢や空想とそれを混同したりね。所謂妄想の類

799 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 12:46:16 ID:UaELwEww
>ファンタジーを理解してない人が多すぎる

きっとこの場合のファンタジー=設定破綻したドラマや漫画を擁護するときに言われるアレだ。
「ファンタジーと思って、つっこまずに見れば楽しめるよ」って場合のファンタジー=何でも有りの夢世界。
そう考えれば、ハリーポッターこそ正当なるファンタジーなんだよw

800 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 18:04:36 ID:YoG4FG0v
所詮同人誌でしょ。

801 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 18:14:24 ID:vqf5qvJz
ファンタジーではないな。あえて言うなら、まだ完成度の高い方な、
少年ジャンプの長期連載。

802 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 18:16:42 ID:YoG4FG0v
やっぱり、ちゃんとした作家や翻訳家ってすごいんだという事がわかった。

803 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 22:49:13 ID:yoLAkMY2
ダレンシャンやデモナータの訳者はすごいよ。上手い。

804 :なまえ_____かえす日:2007/08/16(木) 23:36:34 ID:dC4Uaf0W
まあハリポタ読んでいいことがあるとすると
平凡な物語や訳もすばらしいと思えるようになるってことかも。

805 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 00:33:52 ID:ahhfzXd8
1巻2巻:古きよきファンタジー要素+リアルタイム現代生活 の目新しさ。へー面白いじゃん。
3巻:同人女が好きそうな方向にシフトチェンジしたなあ
4巻:恋の鞘当てなんぞする年になったのかいつの間に(邦訳だとわかんねーよ)なんか薄暗くなってきたな
5巻以降:もう恋愛と人殺しはいいよ

806 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 02:10:41 ID:Imz5epzA
6巻:愛欲とさらなる殺し
7巻:さらなる憎悪とエログロ描写、虐殺に次ぐ虐殺

807 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 08:23:25 ID:pg0e1xmk
そういえば、結局ハリーが意図的にマグル界で育てられた意味ってほとんどなかったよね…
立派に性格は歪んでるし、10歳で出自を知って、部分的にはその年の間にも、
3年くらいの間にはもう
完っ全に特別扱い受け入れてるし増長もしてるよ。
しかも、日本のラノベやゲームや漫画にも多い異/貴種流離譚の1つだけど、
異分子キャラとして持つ考え方や技術知識が生きるシーンもとんとない。

808 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 08:27:07 ID:QhkT6Im4
7巻のネタバレを偶然みてあまりの酷さにここ覗いたが、なんか目が覚めた気分
7巻のネタバレをみて一番感動したのは、ダドリーがハリーのことを気遣った事くらいだ



809 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 08:36:54 ID:vniobExs
>808
ワロタww7巻読んでないが、なぜそういう展開になったのか気になるところだ…


810 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 09:36:11 ID:ObT/eFjK
>>807
2巻あたりまで読んだ頃には、
ハリーは最終的にはスクイブの女性と伴侶として結ばれて、ヴォルを倒すために魔法の力を失って
ただの人としての人生を選択するのが結末かなと予想してた。
これだと丸っきりゲド戦記だが、あのトム・リドル君は明らかに主人公のネガだったし、
特殊な能力を失うかわりに自分のネガに倫理的に打ち勝って人間的に成長するのが
やっぱ物語の王道かなと…。
ここまで最後まで何の成長もせず異質な人間を理解しないことが
肯定されっぱなしで終わるとは思わなかった罠orz

811 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 14:50:33 ID:QYwk3UMp
>>810
自己レスだが少し修正したほうがいいな。
別に上に書いた通りになるべきだったとかは全然思ってないが、
やっぱ生まれ持った血統とかの属性以外の努力の価値があまりに軽すぎる世界だったのが
児童文学としては欠陥だったような感じがするわ。
やっぱあのソーティングハットが諸悪の根源だ…。

812 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 21:15:33 ID:f+tUdu8f
>>811
「血筋と階級、英国の話だな」

っていうレスがあって、納得したのを思い出した。
でもシェイクスピアから、ディケンズやブロンテ、トールキン、ピアス、
大衆小説のドイルあたり読んでてもハリポタのような嫌悪感はない。

裏イギリスとでもいうんですか?これ。
ガチガチの階級制度は変わらず、異質なものへの理解もなく断絶したままの世界。


813 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 21:22:27 ID:5GKPyKpH
横スレすみません!

どうしても思い出せず、気になって仕方無い!!
どなたか教えて下さい!

ホグワーツのクラスの名前って、グリヒィンドールと後2つ何でしたっけ??

814 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 21:25:48 ID:+e6H5uMJ
私も数年前に賢者の石の映画を見て、あまりのくだらなさに絶望したクチなんだけど
(こんな話が売れるようじゃ世も末かと思った。とくにハリーの叔母さん一家の描写が
脱力としかいいようがないほど最低)

でも、最近理由があって全巻一気読みして一気に見直しましたよ。
皮肉の塊のような作者が描き出す皮肉な「愛」というテーマ、
でも、それゆえに「嘘」が一切混じることなく、心が動かされました。
とくにスネイプはいまだかつて存在したことのない(だろう)
オリジナリティ溢れるキャラクターだと思います。
彼のために物語はあったと言っても過言ではないかと。

正直、3巻くらいまでは退屈ですが、それを乗り越えるとけっこうイケると思うので、
食わず嫌いの人は試してみてもいいんじゃないかな。

815 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 21:53:54 ID:XjC06ltB
>>814
ここは作品のモラルの希薄さや設定のいい加減さに辟易した者が集まるアンチスレだ。
自分も含め、最初から最後まで原書で目を通し
他の児童書やファンタジーもそれなりに読んできた上で非難している人間も多い。
きちんと読んだ人間にしか指摘できない具体的な欠点も多く挙げられている。
ここに書き込むならまず過去レスを読め。
その上でもしいいたいことがあったら各非難に対し論理的に反論しろ。
ハリウッドの糞映画から入ったようなDQNが
単なる信者になった話がしたいなら書籍板の信者スレに逝け。

816 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 22:23:56 ID:UxgWr6/q
ここに書き込んで居るやつら

・・・・板杉

817 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 22:45:37 ID:Bu35HH7E
> 正直、3巻くらいまでは退屈ですが、それを乗り越えるとけっこうイケると思うので、

逆だろ……
三巻くらいまでは子供たちがかんばる明るく楽しい冒険ファンタジーだったから耐えられたけど
四巻以降は、いたずらではすまない犯罪魔法の乱用に始まるモラルの欠如とか大人の馬鹿さ加減とか
あばずれどもの恋愛ごっこにウンザリだ。

818 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 22:50:32 ID:UxgWr6/q
そうそう
ここは【児童書】板の名を借りた、児童ポルノ板なんで
4巻以降は板違いです。ハアハア

819 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 23:24:43 ID:+e6H5uMJ
>>815
過去レス読んでみましたが…。
確かに設定上のブレはあるし、突っ込みどころもあるとは思いますね。
でも、それが何か?程度にしか感じないのですよ。
ガンダムのあの大気圏突入はおかしいじゃないかとは誰しも思うでしょうが、
それと作品の質とはほとんど無関係というのと一緒なんです。私には。
それに私は、大人が馬鹿ばかりでも、レベルの低い恋愛ごっこをしてても、
あまり気にしませんね。そこらへんがリアリティあって素晴らしいとまでは言わないけれど、
嘘くさい立派な大人たちや、10代で相手を思いやる模範的な純愛を見せられるよりは
はるかにマシと言えるでしょう。

まあ、全巻きっちり読んでなおかつアンチという人に何か訴えたいと思って書いたわけでなく、
過去の愚かだった自分のように、よく知りもしないで嫌っている人もいるかもしれないと
思っただけなんで哀れと思ってスルーしていただければ。

820 :なまえ_____かえす日:2007/08/17(金) 23:27:59 ID:UxgWr6/q
まあガンダムはニュータイプだから

魔法使いと比較してもしょうがないだろ!

821 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 00:04:03 ID:izLXqNc/
>>796
やっぱりそうだよね。
ファンタジーの中でも、ハリポタは下の下だよ。
指輪=ナルニア=ゲドになんて、比較にもならない程、最低のランクの物語だと
思う。
というか比較すること自体、指輪・ナルニア・ゲドという作品自体と、
その世界をこよなく愛するファンに対する侮辱だと思うが。
読んでみりゃ一目瞭然。全然レベルが違うじゃないか。


822 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 00:10:38 ID:biJkVsWc
まあ、感性の違いだからね
自分は3巻でリタイア

つまり設定だの構成のぐだぐだではない。
過去レスであった通り、モラル含め3つの点で嫌だ。
普段漫画しか読まない友人に薦められたんだが、今は記憶を消去したい、
それくらい耐え難い。こんなのが世界的ベストセラーだなんて欝。


823 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 00:35:24 ID:RwunvwNd
ゲドや指輪は、色あせずいつまでも読み継がれ、語り継がれるが
ハリーポッターは売れてもひと時だけ。いつか忘れ去られる。

824 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 00:46:05 ID:TPu6ONCL
>>813
うーんと、クラスの事って、ひょっとして寮の事?

それだったら、
グリフィンドール・スリザリン・ハッフルパフ・レイブンクローで、
寮としては4つあるよ。

グリフィンドール・・・・赤色と金   ライオン  ミネルバ・マクゴナガル 
スリザリン・・・・・・・・・・・緑色と銀   蛇     セブルス・スネイプ
ハッフルパフ・・・・・・・・黄色と黒   アナグマ  ポモーナ・スプラウト
レイブンクロー・・・・・・青とブロンズ(青銅色) 鷲 フィリウス・フリットウィック
(左から、寮の名前・寮のカラー・寮のマスコット動物・6巻までの寮監)

ちなみに、主人公ハリーが入っているのが、グリフィンドール。
     そのライバル、ドラコ・マルフォイがいるのが、スリザリン。


825 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 00:52:12 ID:20R556KF
何でこのスレが信者の爆撃に合ってるんだろう・・・

盲信してる人って恐ろしいね

826 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 01:17:18 ID:2GB3Rwrr
アンチスレに自分の感性やら読解力やらを誇示しに来れちゃう
厚顔無恥っぷりがイタすぎる。
あんな書き方してたら余計反感買うかもしれないじゃん…。
早い話が空気は嫁よな。

827 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 01:51:42 ID:QrF8pBJs
こういうところで空気を読むだけの感性やデリカシーもないから
ハリポタなんかに感動できるんだろ。
てか信者でも4巻以降は首をかしげるやつが多いのに
gdgdが決定的になる4巻からおすすめとはどういう感覚だろう。
主人公グループがライバルをデキモノだらけにして列車の客室から蹴りだす
最後のシーンを見て気に入ったのかな?
10代は思いやりがないのが普通だと思っているようだから。
普通の感覚の人間にとってはとにかく胸糞の悪い作品だと思うがな。

828 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 02:09:42 ID:ztB43xEE
いや、空気読んでるだろ。読んでここは釣り堀と判断したんだよ。
5〜6行目とか、本気で言ってるとしたら相当な厭世家か、本人も言ってるとおり哀れな人だよw

しかし何だ、どこが虚構な物語を好むか、ホントに人によって違うんだな。
俺には、立派な大人(精神年齢的に)が周りに一人もいない状況で子供が真っ当にが育つ世界なぞ
失笑もんだが、人によってはそこがリアルだと嫌だと言うわけだし。

829 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 02:49:35 ID:Xn8Mz6mR
>>828
他人様と自分で読み方が違った時に「ああやっぱ人によって違うんだな」と思うのが普通の人だが、
それを「自分の方が優れている証拠だ」とかいう方向に勘違いできちゃうあたりが幼すぎるよな。
まあ単純に客観性が無いんだろうな。

830 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 02:51:17 ID:EO/v321R
信者さん乙

当初、壮大な釣りかと思ったが、そうではなさそうだな。
原作5巻の時点で、信者からアンチに転じたものだけど、

主人公のDQNさ。
ハリポタ世界における、モラルの無さ。
大人キャラが馬鹿。

上記の3点で、最早ハリポタの世界に、とてもついていけなくなった。
肝心の主人公に感情移入出来ない事が、何よりも物語を読む上で致命的
だったと思う。

ネタバレスレを見ていると、肝心の最終巻の出来が酷くて、
100パーセント盲目信者って人も大分減っているようだな。
それで、こちらにわざわざ勧誘に来たのかな?
でも、あの7巻の出来だと、それは無理だと思うよ。


831 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 09:14:32 ID:CNE8zm5L
細かいことなんだけど物凄い違和感を覚えたのが
シリウスの手紙の、足型・・・・・・・・・・・・

832 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 12:55:31 ID:FmjvwAA1
>>830
出来がいいとか悪いとかじゃなくて、単に「好み」の問題かと。

(1巻)
ダーズリー家の甥いびりが韓国ドラマのようで萎えた。
誕生日プレゼントが36個で去年より2つ少ないって…あまりにもつまらないウケ狙い。
ラストのグリフィンドール大逆転…ロボコンかよ
だいたいどこの寮が勝とうがどうでもいいよ。
なぜそんなものに熱狂できるのやら。おめでたい連中だね。

(2巻)
秘密の部屋がなんなのかまったく興味が持てなかったんで斜め読み。
ほとんど話についていってなかった。
トムリドルを並べ替えたらヴォルデモートって…イギリス人ってこういうの好きだね。
かなり笑いのツボなんですけど。

(3巻)
時間を巻き戻す時計…はぁ?こんなのがアリだったら他にもいろいろ使えばいいのでは?
でもネズミが1巻から出てたことには感心した。いきあたりばったり書いてるわけじゃなさそう。

(4巻)
ロンがすねたのは無理がありすぎ。
けど陰惨な雰囲気になってきたので、読み続けるのが苦でなくなってきた。
あらゆるところに皮肉がまぶしてあるのも良かった。
善とか悪とか実は作者的にもどうでもいいネタだっていうのが伝わってきて、
同じく善も悪も心底どうでもいい私には受け入れやすくなった。

(5巻)
ハリーの父親がスネイプをいじめるシーンにショックを受けた。
まさかここまでやるとは思わなかった。甘く見ていた自分を反省。
振り返ってみるとここが転向ポイントかな。
馬鹿げた魔法のお話ではなくて「人間」を描いていることが理解できたから。

833 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 13:03:37 ID:FmjvwAA1
>>830
というわけで、あなたと私は根本的に趣味が違うのですよ。
5巻がターニングポイントというのもよく理解できます。
ってか、1〜2巻は詐欺と言ってもいいのでは。

834 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 13:44:31 ID:Bu+mBX69
だからここはアンチスレだと何度言えばwww

835 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 14:35:28 ID:ztB43xEE
だから釣りだろ。
『5巻から』だの『馬鹿げた魔法』だの、本気で擁護してるとは思えん。
ショートケーキを「スポンジもクリームも最悪だけど、上に乗ってるイチゴだけは美味しいんだよ!」
って奨めているような感じを受けるんだが。
しかも肝心のイチゴ(=登場人物)は多くの人にとって腐って食えたもんじゃないという。

836 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 15:00:50 ID:2lzvX2J3
こいつは書評の名を借りた自分語りだろ。モラルがなくてテーマ性が希薄なのが児童書の欠陥だとみんな
言ってるのにそれを否定せずに「俺はそこが好きなんだ」って主張してるだけだからな。

837 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 19:42:31 ID:WqCpIx+Z
ゲド面白いって言う奴

「裸の王様」じゃね?

838 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 20:21:04 ID:20R556KF
>>837
ハリポタ信者にゲドの価値をどれだけ力説しても通じなかったから
そういう意味ではそうですね

ただね、ゲドの文章は原書も翻訳も一回読めば大体記憶できるけどハリポタにはそれがなかったよ

839 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 20:27:10 ID:WqCpIx+Z
>>838
>一回読めば大体記憶で

まさか島の名前と位置関係すべて記憶しているとか?
それ取っちゃうと内容ないし、登場人物も少ないよな。

まあハリポッターも登場人物がむちゃくちゃなわけだが、
ネットですぐ検索出来るのに救われている。

840 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 20:34:16 ID:wSqD6NXZ
エンタメ一色の漫画的娯楽満載作品しか面白く感じられない人間には
ゲドも指輪も面白さが足りないように思えるかもしれない
そのかわりハリポタを最高だとマンセーするかもしれない

ここ数スレを読んで、アンチと儲の差はそこじゃないかと思った

841 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 20:47:38 ID:FmjvwAA1
>>836
え?このスレはハリポタを児童書として認めない!っていうスレだったの?
どこかにハリポタ=優れた児童書だと主張している団体でもあるのかな?
それは困ったことですね。
大抵の人たちはハリポタが児童書だろうとなかろうと全く関心がないと思うけど。

もっとも、児童書の定義っていうかお約束事みたいなのがよくわからない。
愛と信頼と友情とモラルに満ち溢れた登場人物たちが、途中トラブルがあっても
最終的には互いに相手を思いやり、許しあい、肩を組みながら、正義を唱え、
悪に向かって一致団結して立ち向かう予定調和バリバリのお話とかのこと?
本当にそんな本読みたいの?私は児童(小学生)じゃないから理解に苦しむわ。

842 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 20:48:06 ID:OgMu4xbz
つか・・・・・・アンチハリポタではあるけど、べつに指輪やゲドが好みでもなかった
自分的には、指輪信者やゲド信者の方々はまた別のところで語ってほしいなあ・・・。

843 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 21:53:23 ID:ztB43xEE
>841
下段で言ってるのは要するに『そんな嘘くさくて子供騙しの話なんてうんざりだぜ、ペッ!』てなところだろうが、
それはそのまま、このスレに来る人達の主張だと思うんだが。

愛も信頼も友情もモラルもない登場人物達が、騙し合い、足を引っ張りながら、利己的な自己主張に終始し、
そこをうまうまと悪につけ込まれながらも、主人公は主人公補正(当社比1.5倍)で勝利し、
旧悪を責められる事もなく、美人の嫁さんをゲットして幸せファミリーを築きました…って話に対し、
『人間が描けているわ!』てマンセーする人は珍しいぞ。

同意者が欲しければ、如何物食いを自覚して、別ん所行った方がいい。
でも、釣りだというなら止めない。じゃんじゃんやってくれ。熱いアンチレスを見るのは正直楽しみだしw

844 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 21:54:58 ID:20R556KF
>>842
何か凄いのが沸いてきたから突っついてみた。
触れてはいけない何かだったようだ。ごめんなさい

845 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 22:15:01 ID:WqCpIx+Z
なんか843あたりは、1行目読むだけでつらい。

そんなわたしはハリポタファン。
え?お呼びでない?

846 :なまえ_____かえす日:2007/08/18(土) 22:40:24 ID:5bXDUyUE
お呼びでないですw ごめんね
ちょっとおもしろかったけどそろそろお引取りを…w

847 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 01:04:02 ID:YZOwu/in
>>843
>>愛も信頼も友情もモラルもない登場人物達が

特に一番モラルが欠けていて酷いのが、他ならぬ主人公だからな。
まあ、あれだけ酷い家庭環境に育ったから、ある程度は仕方ないにしても、
途中で何とか持ち直すとか、反省するとか、人間的に成長する過程が欲しかった
のだが。
それどころか、周りからのサポート&マンセーをいいことに、
自分らは全く努力せず、
周囲からの贔屓と尊い犠牲・主人公補正(運)・血筋だけが頼りの、主人公なんて・・・。
一体、この主人公の何処に人間的魅力を感じろというのだろうか?
無理だよぉ。

>>うまうまと悪につけ込まれながらも、主人公は主人公補正(当社比1.5倍)で

はっははは。実に素晴らしい表現です。
本当に、主人公の周りだけご都合主義の“主人公補正”が存在し、
普通だったら、とっくの昔に死んでいる筈だものね。(もし、この
主人公が、他のどうでもいい脇役キャラ設定だったら・・・だけど)

普通だったら、まずありえない確率で、何度もピンチを乗り越えるが、
その原因となった自分の判断能力の低さとか、甘さを一切反省することなく、
専ら他人様のせいにして、責任転嫁するのが得意だもんね。

>>旧悪を責められる事もなく、美人の嫁さんをゲットして幸せファミリー

すごいよな。
野比のび太くんだって、ココまでご都合主義じゃないよ。
ドラえもんのグッズで、ズルして最初は有頂天でも、ズルして
得た事に対して後ろめたさを感じて、後でちゃんと謝りに行ったり
出来る子だもの。


848 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 01:23:20 ID:G4H7msms
夏房だなあ。

盲信信者さんは、信者用のスレがあるんだから、
下らない釣りは止めて、もういい加減に帰ったら?w


849 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 01:26:47 ID:heybFsN/
>>843
二段目禿げ同。
寛容や歩み寄りが書かれていたらお子様向けのきれい事で、容赦のない人物描写や
解決のない憎悪がリアリティと考えるのも中二病的発想だと思う。

むろんあえて人間の複雑さ暗い側面をテーマに描いてみたというならそれでいい。
だがこの作品はまず第一にプロットはバカバカしいほど単純な勧善懲悪もので
子供たちの日常や魔法のお菓子のような他愛ない描写で読者を釣っている。
だからその上で描かれる暴力や憎悪の描写のあさましさとフォローのなさは
計算の上でのことではなく、作者のモラルのなさがにじんだものとしか思われない。

その上、締めが予定調和バリバリのハーレクィンロマンスの最終章みたいな
エピローグだったから、信者の間でも脱力者急増中となったわけで。
それでもいろいろな意味で面白かったというなら、まあわからないでもないが
「人間が描けていた」という感想はいくらなんでもおめでたすぎる。

850 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 11:52:27 ID:fruHTeg7
>>843
>愛も信頼も友情もモラルもない登場人物達が、騙し合い、足を引っ張りながら、利己的な自己主張に終始し、

愛も信頼も友情もモラルも全くないわけじゃないでしょう。
少なくとも自分よりはあるなあと思いませんか?
私がハーやロンだったら、疫病神の主人公とはとっくに縁切って逃げ出してるけどな。

>そこをうまうまと悪につけ込まれながらも、主人公は主人公補正(当社比1.5倍)で勝利し

ハリーなんてヴォルに傷つけられたってだけで無理矢理主人公に仕立て上げられた英雄(皮肉)ですよ。
本当なら箒で飛ぶことしか能のない、馬鹿で自己正当化ばかりしてる高慢なごくふつうのガキ。
ジニーだって見向きもしなかったはず。
主人公補正でもかけないと話がまとまるはずないじゃないですか。
でも、そんなのハリポタに限ったことじゃないと思うけど。

>>849
二段目は私も全くそう思う。
1巻からきっちりこの作品のスタンスを表明するべきだったね。
プロットが勧善懲悪なのは必然だったと思うけど、それ以外お子様を釣る描写が
あまりにも多い。いきあたりばったり執筆したならともかく、7巻まで考えていたなら
もう少し書き方が工夫できたろうに。
まあ、でも、無名の作家だったんだし、売るためには仕方なかったってことで。
逆に私みたいに5巻以降が好きという、ハリポタを理解できる読者が1巻読んで嫌悪感を
催すのももったいない話なんだけどね。

>その上、締めが予定調和バリバリのハーレクィンロマンスの最終章

締めなんてどうでもいいんじゃない?
ヴォルデモートが死ぬなんて最初からわかってたことだし。
スネイプの「Look at me」を書いた時点で作者大満足だったと思うよ。
私も他はどうでもいいよ。

851 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 11:54:03 ID:q4laIH07
きっとさ、あと数年もすれば気付くんじゃない
自分が幼かったなって

>>847
こうしてみると、少年向けの連載漫画以下、という気がするね
読者の共感を得るのは難しい

852 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 12:21:59 ID:tr0tUlVH
アンチスレで擁護レスというだけで噴飯ものなのに
レス内容が釣りにしてもレベル低くて楽しめないとは

853 :843:2007/08/19(日) 12:37:24 ID:0XNq8wzR
まー何だ。紛らわしい書き方をしたのはこちらの悪意だが、
俺は中段がハリーポッターだなんて一言も書いてないんだがなー。
>841 下段の、アンチお綺麗寓話的意見に対し
「じゃこんなのゲログチョな話が好き?それってゲテモノ趣味じゃね?」て言いたかった。
途中これってまんまポッターじゃね?と思ったので『旧悪を〜』からは確かにハリーを意識したが。
だから、そもそも例示的内容に対しハリーは違うんだもんとかしょうがないんだもん言われてもw
(同時に、ウンウンその通りというのも…その何だ、困るw)

主人公補正についてだが、皆無での作劇が極めて困難なのはその通りだと思う。
あるのが問題じゃなくて1.5倍なのが問題だ。料理における塩みたいなもんだな。適正量が大事。
板違いだが、“炎と氷の歌”とかは0.5倍くらいじゃなかろうか。アレはアレできっついが…。

854 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 13:03:38 ID:fruHTeg7
>>853
>俺は中段がハリーポッターだなんて一言も書いてないんだがなー。

そんなの読み取れるかっつーの!

しかし1.5倍はちょっと甘いんじゃないの?二桁はいきそうだけどね。
もっともそんなこと作者的にはどうでもいいんだよ。
Look at me さえ書ければ、あとは余興なんだし。

>適正量が大事。

そうそう、そういうこと。つまり愛も信頼も友情もモラルも適度がいいよ。
どの程度が適度なのかは人によって激しく違うみたいだけど。

855 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 17:30:01 ID:6o57uFYL
>>849
横レス、失礼。

>>暴力や憎悪の描写のあさましさとフォローのなさは 計算の上でのことではな
>>く、作者のモラルのなさがにじんだものとしか思われない。

そうなんだよね。
4巻から、なんだかどこかのヤンキー漫画でも読んでいる殺伐な感じになってきて、
耐えられない展開になってきて。初めから、こんな殺伐したのを読ませる気だった
ら、最初からそれらしく匂わせておけ!って言いたい。
そうしたら、初めの時点で、選択肢から外して、他のもっと面白いの読めるから。

4巻末のドラコ達に酷い呪いを掛けた後、脚で蹴飛ばして出して、主人公達
は、楽しく会話しているシーンとか、
5巻の主人公の父親達が集団で、スネイプを苛めるシーンとか、
同じ巻末で、アンブリッジが酷い目に遭うシーンとか。

これをまさか、読者がニコニコ笑いながら、読むシーンだと思っているのか?
そう思っているんだったら、本当にモラルが皆無な人だよね>回転さん。
(余りの酷さに萎えてひいた。特に5巻の集団苛めシーンなんて、酷すぎる。
こんだけやられりゃ、そりゃ父親似の主人公なんか大嫌いだよね。好きに
なれって方が無理だよ。まさに、“親の因果が子に報う”。スネイプに
凄く同情してしまった)
で、この時点で、リリーは実は主人公の父親が好きでした。なんていって
いるけど、自分の幼馴染を集団で苛めるようなDQNな男が好きになって、
結婚するような頭の緩い女って、本当にいるのかな?って、疑問に思うし。
これで主人公の父親が、シリウス並みの美貌の持ち主だったっていうのな
ら、まだ分かるけど、せいぜい10人並の容姿の男だし。
(結局、リリーは面食いだったって事で結論着くし)
てことは、やっぱり金か?金でつったのか?

>>締めが予定調和バリバリのハーレクィンロマンスの最終章みたいな

あんなクソなラスト書くんだったら、その後の魔法界の行方とか、変化を
しっかり書いて欲しい。あれだけ理不尽にキャラを大量に殺しておいて、
その後のフォローも無しなんて、そりゃないぜ>回転さん。


856 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 17:47:33 ID:gdmVyQM2
変化?ありませんよ?

857 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 18:32:41 ID:l3XvHPyf
確かに、エンデの説教臭い余韻や、ダールのピリッとした爽快さの余韻に
浸るのが好きな私にとっても、シリーズを通して、非常にストレスのたまる
モヤモヤ感を残したまま完結した本ではあった。<ハリー・ポッター

858 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 19:36:33 ID:/9apzAOb
変化が無いから救われないんだよね。
あんなに犠牲が出たのになにも変わってないなんて。
それがリアルだって言う人もいるんだろうけど、じゃあこの世の中夢も希望もないのかと……
せめて物語の中だけは夢を見せてくれたら良いと思うのに。

フクロウが郵便をはこぶとか箒に乗ってやるスポーツがあるとか、そういう夢と希望に飾られていたけれど
本当にただのお飾りだったのか。

859 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 20:16:13 ID:+u7+zkzJ
しかしこの5巻がターニングポイントとか言ってる信者の擁護?は擁護になって
いないだろう。他の多くの信者が泣いて嫌がる、主人公の「尊敬する父親」による
胸糞の悪い虐めシーンをして「人間が描かれている」というのは説得力がなさすぎだ。
その上、作品イメージが一貫してないことや、作者とっておきのエピローグのしょぼさ
など都合の悪いことを持ち出されると「アテクシはどうでもいいの」という投げやりな反応。
それで「ハリポタを理解している読者」といったら信者スレでも叩かれるだろう。

こいつの気に入ったらしいLook at me のおっさんも、成り行き上、特殊な杖の主人と
誤解されて死んでくれたおかげで主人公の役に立ったが、彼はそもそも何のために
孤立無援で苦労して敵方にへばりついていたのか、スパイとして彼にしかできない
どんなめざましい働きをしたというのか、それがまったく描かれていない。
だから肝心の死のシーンも俺はさっぱり感動できない。長い物語というのはもっと
綿密にプロットを練り上げて破綻や無理が目立たないようにしなければだめだ。
そういう努力をしてはじめてキャラも立ってくるし人を感動させることができる。

それが辻褄の合わないところは無視して、気にいったところがあったからいいのと
いうのでは作品に要求するレベルが低すぎる。萌え要素があったからあとはどうでも
いいという腐女子とどこが違うのか?(もしかして腐女子?)読者としてのレベルも
低すぎる。まあどんな読み方をしても個人の勝手だが、この低レベルな擁護??で
食わず嫌いの読者がハリポタを見直してくれる可能性はまずないだろう。

860 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 20:19:23 ID:bUF9syN3
1巻:「まあこんなもんじゃない?」
2巻:「なんか微妙かも」
3巻:「時を巻き戻すとかタブー過ぎんだろ」
4巻:「あれ?ハリーってウザい奴なんじゃね?」
5巻:「これはひどい」

6巻からは読んでない

861 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 20:39:20 ID:mUaDVhse
ハリポタの展開に疑問を持たない人間はモラルが足りない

ハリポタに出てくるギミックを新しいと思った人間はもっとファンタジーを読むべきだ

ハリポタをリアルと言う人間はもっと主婦向けドロドロドラマを見て、レディコミを読むべきだ

862 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 20:47:09 ID:bUF9syN3
古めのラノベ漁ってるけどそっちの方がよっぽど面白いや
何から何までハリーよりは遥かに上だと思う
もちろんゴミクズレベルな作品もあるけどね

863 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 20:58:08 ID:S4Ca4cNP
どろどろしてたらリアルなのか?

信者は児童書や小説に対するイメージだけで「これほど人間を書いたものはない」
といっているだけ。そういう人たちがイメージとしてお綺麗だと思ってる、ゲドやナルニアだって
暗い描写はある。世界をちゃんと練らなければ小説を読んだことのある人はついてこない。
これしかよんだことのない人は除いて。

864 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 21:04:14 ID:gdmVyQM2
時間巻き戻しって、もちろん全世界に影響与えてるわけだよね
まさかホグワーツ内だけ有効で、夜皆が寝てるようなときに埋め合わせたりしてないよね。


学校内で成績優秀な12歳の小娘だけのために何貸してるの教員……
その巻き戻した時間の前後で取り返しのつかないことになる人だっているわけだよね
(逆もだけど)


865 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 21:24:26 ID:CefbK8mN
>>863
確かにドロドロしてて人間の陰湿な面を露骨に描写するのが良いって言うなら
最強なのはゲド4巻だよなあ

866 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 22:26:25 ID:nDknkfp4
タイムトリップは強力すぎるんで
1. タイムトリップ自体を物語のテーマとする
2. 強力な制限が存在する
3. 厳密な辻褄あわせを読者が期待していない(ドラえもん等)
のどれかになるのが普通。ハリポタでは重複した授業を取るために貸し出されて
その後なぜか使われなくなった謎のアイテム…

867 :855:2007/08/19(日) 22:31:35 ID:6R4XJs9p
>>855
自己レス。
書いてから、誤解の生じる表現だった事に気がついた。
誤解した人、スマン。

>>Xその後の魔法界の行方とか、変化をしっかり書いて欲しい。
             
>>○その後の魔法界の行方とか、変化(があったなら)をしっかり書いて欲しい。


868 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 22:40:45 ID:NRmsMf0n
つか、ゲドだけじゃなく、普通の成長物語の主人公なら
目上の人間から人格面でも試される側に立つのがあたり前なんだが、
ハリーはスリザリン組を筆頭に自分に激甘の校長以外のどの相手に対しても
「認めてあげる」「許してあげる」な高みからは決して降りてこないで済んでるんだよな。
要は清らかなお子ちゃまのまんま。

たとえ完全には正しくない選択でも、自覚した上でそれを選び取ってその責任を引き受ける、みたいな
大人の判断をしないで済んでる。あらかじめ免罪されっぱなしなんだよな。
だから個人的には最後のエピローグの台詞にしたって、
例の帽子に一方的に悪の側に分類されるような穢れた香具師でも
努力しだいでは俺らの側に認定してもらえるぞw
てな傲慢な台詞にしか聞えないんだよな。本当に善悪の分類が貴族主義だわ…。生まれが全て。

869 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 23:09:55 ID:nDknkfp4
ハリーが校長からちやほやされるのはハリーがヴォルディモートに自発的に殺される必要が
あるため。校長の冷徹な計画の一環だった。ハリーが生き残ったのはヴォルディモートが
ハリーの血を使って肉体を復活させるというミスを犯したからで、それがなければ校長は
ハリーをgreater goodのために犠牲にするつもりだった。ハリーは物語を通して人格的に
成長してないし、また明らかに主人公の人格的成長が悪を倒す条件にもなっていない。
まあなんていうんだろう。すごい物語だよハリポタは。

870 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 23:24:49 ID:fruHTeg7
>>859
いや、正確にはあのいじめシーンを指して人間が描けているという意味ではなく、
この作品において作者の描きたいのは「人間」であるということをはっきり理解
したのがあのシーンを読んだ時点だったということなんです。

そもそもテーマを何と見るかですよね。私は他スレにも書いたけど、「人間の愛
の力は最強である」が作者の描きたかったテーマだと思うんです。しかも、愛は
素晴らしいとか愛は尊いなどといった価値観は一切ナシで、ただ単に愛のパワー
は強大ってことです。
愛っていうのはずばり「選別」「差別」「えこひいき」です。
「Aが死ぬのは我慢できるけどBが死ぬのは耐えられない」これが(作者の考える)
愛の本質です。ある意味非常に残酷なものですが、それでも誰かを愛さずにいられ
ないのが人間の性。
この愛の本質を究極的に体現したのがスネイプ。彼は愛における「選ばれなかった者」
ですが一生をかけてリリー(だけ!)を愛します。リリー以外の人間は無価値
と言っていいかもしれません。愛の大きさが他の人間への想いとの比較において測れる
としたら、これこそ愛の最大の形と言えないでしょうか?
さらに彼は憎い恋敵にそっくりなリリーの息子ハリーを命をかけて守ります。
ハリーのことは死ぬまで憎み切るのに、リリーの息子というただそれだけで彼を守り抜く
わけです。なんという愛の力!
母の愛も強力です。リリーが命とひきかえにハリーを守った呪文、フレッドの死によって
最大のパワーを発揮するモリー。でも、作者の一番描きたかったのはやはりスネイプの愛
でしょう。すべてはここから始まったと思います。ヴォルデモートが愛を理解できない存在
として描かれなければならなかったのも、ハリーが目以外は父親そっくりなもの、
いやハリーの存在すらも、スネイプというキャラを創出するためかもしれないと思うほどです。
英語で取るに足らない人たちをトムやディックやハリーという言い回しがありますが、
トム(ヴォルデモート)とハリーはこの作品において最重要人物ではなかったという
作者の洒落のように思えてなりません(ちょっと穿ち過ぎかw)
そういうわけで、私は「Look at me」と最期につぶやくスネイプ、それがこの物語の
すべての核であり、魔法大戦争の勝敗にも(ヴォルが負けるのは必然ですし)、
誰が死のうが生きようが、誰がくっつこうが、魔法界がどうなろうがあとはすべて
「余興」にしか思えないわけです。
ただ、この戦争の経験によって、人々は協力すること団結することを学ぶという流れ
は有り得ないですよ。作者はそこまで「人間」というものを高く評価するほど能天気
ではありませんから。

871 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 23:29:32 ID:tr0tUlVH
いじめカコワルイ!
まで読んだ

872 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 23:30:10 ID:fruHTeg7
↑まさかこの長文が送れるとは思わなかったので、読みにくくてすみません。
もちろん私の妄想ですので、言われる前に言っておきます。

>誤解されて死んでくれたおかげで主人公の役に立ったが、彼はそもそも何のために
>孤立無援で苦労して敵方にへばりついていたのか、スパイとして彼にしかできない
>どんなめざましい働きをしたというのか、それがまったく描かれていない。

孤立無援なのは仕方ないのでは?
それに、いざという時にスネイプが活躍する形はいろいろ想像できると思うけど?

873 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 23:36:09 ID:l3XvHPyf
>>869

しかし、そこに至るまでの、ダンブルドアの葛藤や苦悩が見えて
こないし(かといって冷徹な血も涙もないひとでもなさそうで、
人となりが、よく見えない)、ヴォルデモートの人格形成についても、
そこにいたる経緯は丁寧に描かれていたが、最終巻のダンブルドアの
話によって、宿敵ダンブルドアとの対比がイマイチよくわからなくなって
しまい、度重なる虐殺シーンもあいなって、「要するに
善と悪の戦いではなく、単なる2人のパワーゲームだったのか?」という
モヤーッとした疑問が残ってしまった。

ハリーの脳内での説明でも、その曖昧さが残り、
善とは悪とは?という変な不完全燃焼の燃えカスは発生したが、その
根源的な問題について問題提起をしている様子もなく、
「ま、ハリー死ななかったから細かい事はいいじゃん」的な、
テイクイットイージーないいかげんさのみがモヤーンと突きつけられた。

一箇所ぐらいスコーンと突き抜ける所があれば、もっとスッキリしたのかも
しれないが、「結局なんだったんだ?」とモヤモヤした????感ばかりが
印象に強い。
その宙ぶらりんな中途半端さも、計算されつくした演出なのなら、もっと
印象もかわってくるのだろうが…。

874 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 23:39:45 ID:sxCxMMva
>>870
愛っていうのはずばり「選別」「差別」「えこひいき」まで読んだ

ハリポタに心酔できるのは、作者なみのアレな人だと思ったがそうらしい
(釣りでないならね)
そういう目で世の中をみて、死んでいく、それもあなたの選択だ
相手してる人乙!


875 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 23:46:00 ID:Mnahb/3v
>>858

>>あんなに犠牲が出たのになにも変わってないなんて

最後で
子供「スリザリンやだ!」
ハリー「なら、ソーティングハットに頼んで変えて貰え」

なんてオチって事は、本当にあれだけの尊い犠牲を出しても、結局なーんも
変わらなかった魔法界って事だよね。なんじゃこりゃ?
こんな魔法界のために、あれだけの人が死ぬ必要性が全くなかったとしか
言えない、クソな結末って、一体?
そもそもの元凶ソーティングハットを廃止にしようとか、動きは
なかったのかい?

>>それがリアルだって言う人もいるんだろうけど

なら、主人公とその不愉快な仲間達の周りにだけある、ご都合主義(主人公補正)も、
最終巻ぐらい止めて、リアルにして欲しかった。
それは出来ないって言うのなら、リアルとか称して、あんなに理不尽にキャラを
大勢殺すな!と言いたい。


876 :なまえ_____かえす日:2007/08/19(日) 23:53:44 ID:0XNq8wzR
盲愛というのは結局、対象ではなく、対象に抱くイメージ、
引いては尽くす自分の姿を愛しているわけで、
まさに自分の閉じた瞼裏を愛している、つまり自己愛なわけだ。
スネイプくんは、一体誰をを愛して愛して愛し抜いたのやら?

877 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 00:01:23 ID:kOFq3g5G
スネイプ君はハリーを愛していたんじゃないの?
"Have you grown to care for the boy, after all?"から"Always"までの部分って
そういう意味かと思ってたんだけど。

878 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 00:15:44 ID:rhuPZgye
>>874
信者スレじゃなくてわざわざこっちに書き込むのは
「他の馬鹿な奴らと違う特別なわたし♪」な思い込みを実感したいからだろう。
本当に呆れるほかに無いような幼稚さだよな。

879 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 00:26:24 ID:pliVbPXD
>>872
>孤立無援なのは仕方ないのでは?
スパイとして送り出した校長が死んだあと、彼がスパイであることを知るものさえいない。
それでは得た情報の伝え先がない。こんな間抜けな状況はない。
もちろん彼が最後まで孤独なほうが最後のどんでん返しが劇的になる。
あんたのいうとおりスネイプの最後の死を劇的にするために物語の他の部分の
整合性や他の登場人物の立場などを犠牲にしているのだろう。
しかしスネイプに入れ込んだキャラオタ以外、そんなバカバカしい設定は納得できない。

>それに、いざという時にスネイプが活躍する形はいろいろ想像できると思うけど?
答えになっていない。
スパイ活動の具体的な成果を書かなければ命がけでやったことの意味がない。
こいつが最後にやっていたのは魂グッズが蛇を残して破壊されるタイミングを知るため
ヴォルデモートの蛇を見張っていただけ。そんなものは主人公の味方になっていたほうが
はっきりわかる。そのほうが主人公に一度死ぬ必要があることを伝えるのも簡単で、
本人がその任務を伝える前に死ぬ危険もなかった。何もかも不自然すぎる。
これほど設定がおかしいのに look at me で執着した女の面影を見て死んでいくという
お涙頂戴の演出に感動できた人間こそ脳天気だと思う。

880 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 00:27:07 ID:rhuPZgye
>>877
結局ハリーにリリータンのイメージを投影してたんだろうな。
>>876の言う通りだ。

881 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 00:36:31 ID:DZ7aqM8I
>>870
それにしても5巻がターニングポイントということで少し見方の変わった面白いやつかと思ったら
作中の愛がどうとかここまで語ってしまうただの痛い女だったのか…。
>愛の本質を究極的に体現
>一生をかけてリリー(だけ!)を愛し
>なんという愛の力!
>それがこの物語のすべての核
ああ目が腐る・・・まじめに相手してたのが悔やまれる。

882 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 01:00:09 ID:gJf7sUcg
三巻までを好きになっちゃってたのが悔やまれる。
こんなgdgdになっちゃってハリポタ全体が嫌いになる前に目を覚ませばよかった。
そしたら良い思い出になったかもしれないのに。
ハリポタ読んだのがきっかけでお気に入りの児童書作家が見つかったんだ。

883 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 01:05:21 ID:JW1UFP4q
>>859

>>「ハリポタを理解している読者」といったら信者スレでも叩かれるだろう

というか、信者スレどころか、スネイプスレでも、流石にひかれるのでは?
ここまでの人は、なかなかいないよw
相手して、ホント乙です。

>>彼はそもそも何のために 孤立無援で苦労して敵方にへばりついていたのか、

神業グッズだって、そもそも6巻の時点の終わりの方で、

ハリーにエクスペリアームズさせる→そのまま言い含めて、杖をハリーに渡す
→杖を無くしたとダンビー大騒ぎする→ヴォル信じる

にしておけば、そもそもスネイプ自体死ぬ必要性もないかと。
普通の小説のラスボスなら信じないでしょうが、最終巻でも、お間抜けぶりを
発揮したヴォルですから、きっと信じるでしょうw
そして、万が一計画がうまくいかなかった時の事を考えて、ミネルバぐらいには、
事の真相を打ち明けておけばよかったのでは?

>>食わず嫌いの読者がハリポタを見直してくれる可能性はまずないだろう

そうだと思うよ。


884 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 11:30:52 ID:xo8UJEKT
>>870
たとえば戦争を背景に愛を貫く恋人たちの小説があるとする。
その「愛」が説得力を持ってくるには背景となる戦争や
脇を固める登場人物がしっかり書けていていなければならない。
ストーリーに破綻や矛盾がないのは当然だ。
少なくとも作品を評価して、多くの人に勧めたりするには
そういうところがきちんと書かれているから安心して読めると
いえなければいけない。
そこで「恋人たちがよかったからあとはどうでもいいの」と
言ったら頭のめでたいバカ女と思われてもしかたないな。
主人公目線で書かれ、あくまで主人公が活躍する小説なのに
その人公さえどうでもいいという馬鹿げた発想の転換をしないと
評価できないなら、そういうのを失敗作というんだよ。

885 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 13:03:10 ID:kOFq3g5G
意外な人物が敵(または味方)であるとか、潜入したスパイの孤独とか、そういうことを描いた
作品は昔からある。最近でもインファナルアフェアーみたいな傑作もあった。
インファナルアフェアーだと自分がスパイであることを味方に証明してくれる人物が死んで
しまう点もハリポタに似ている。"Look at me"がいいとかいう人はそれらの作品を読んだ・見た
ことがないんじゃないか?

886 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 14:37:21 ID:8CenW9Le
ただ興奮して自分語りしたかっただけだかとも思うけどね。
870とかアンチジャイアンツのスレで長嶋茂雄の情熱を語るジャイアンツファンみたいな激痛っぷり。
長島さんさえ復活してくれればGの現役選手はどうでもいいんですってな調子でね。
それで読んでジャイアンツのファンになるやつがいるわけもなく…馬鹿すぎだな。

887 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 15:40:25 ID:GoxdcI+j
最後が
子供「スリザリンやだ!」
ハリー「なら、ソーティングハットに頼んで変えて貰え」

って。物語全体が壮大なブラックジョークか?
しかも笑えないジョーク
階級社会が生んだある意味、英国を代表する文学なのかねこれ


888 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 21:31:25 ID:H2fg5oCA
>887
というか

はいループ入りましたwみたいな…
その台詞本気でがっかりした。何も学んでない。

889 :なまえ_____かえす日:2007/08/20(月) 23:27:00 ID:7MTr8O68
>>879
相手していて、本当に乙!

>>校長が死んだあと、彼がスパイであることを知るものさえいない。

校長の死後、少なくともマクゴナガルにだけ、事の真相を知らせた校長の手紙
&ペンシーブを残して置き、スネイプがあくまでも“白”って事は知らせておいて、
スパイ活動させた方が、どれだけ自然ですっきりとした展開だったろうか。
勿論、オクルメンシーを習得していないハリーには、あくまでも秘密裏って事で。

>>しかしスネイプに入れ込んだキャラオタ以外、そんなバカバカしい設定は納得

うーん。どちらかというと、スネイプ好きな方なんだけど、7巻のクソ設定は、
本当に止めて欲しかったと思っている。
何で、わざわざあんなクソ展開にもっていく為に、話自体の一連の流れを破綻
させる必要があったのか?と。

わざわざヴォルに殺されるのを待っていて(なんだよ。このムカつくクソ設定)、
結局一切の反撃も出来ず、蛇にかまれて死ぬような馬鹿げた死に方をする位
だったら、オーダーの為にせっせとスパイ活動をしている最中に・・・・

“戦っているうちに戦死”もしくは
“最終戦で、最終局面でヴォルさん陣営裏切り→なんと生き残ってしまった”
・・・・・な展開の方がベタだが、まだはるかにマシだ。

あれだけ犠牲者が出ても、結局何も変わらなかった事が証明された魔法界。
(わざわざ作者さん御自身が、最終章でご丁寧にも証明してくれているんだしw)
だったら、キャラ達の死亡は、最低限で良い話の展開に変更して。
彼の真相は、ダンビーの残したペンシーブ、or 後日、生き残った本人の自分語り
で十分だろ。               (読者だけ知り、ハリーは知らない)

>>一度死ぬ必要があることを伝えるのも簡単で、 本人がその任務を伝える前に死

きっとローリンの頭の中では、あらかじめ描かれた“スネイプの劇的な最後”を
書く為だけに、これだけのプロットの破綻を招いたのだろう(それがなくても、
既にグダグダだったのにw)。

“スネイプの劇的な最後”→ 全てを知ったハリー、ヴォル倒す →
“ああ、素晴らしかった。感動した”と、読者、涙涙の堂々たる感動フィナーレ→
ハリー・ポッターは、これにて大団円で終了。って、図だったんだよ。

でも、これだけ強引かつ無理な展開で、他キャラ設定や話を散々破綻させて
おいて、一体どうやって感動しろって、いうのだろうか?
(回転さんと、思考回路が同じパターンの人wじゃない限り、無理無理ww)
あくまでも、このシーンを書きたかったなら、もっとプロット自体を練りこ
んで、最小限の破綻で済むように、努力すべきだった。


890 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 00:39:35 ID:s3Em0m3X
既出だけど、正直どんな筋の通った批判よりも単純に
これほど大勢の人が理不尽に死にまくってなかったら
ここまで嫌いになってなかったと思う俺が居る。
ご都合主義の夢世界ならそれに徹してくれりゃあいいものを…。
酷い出来事を納得させるだけの力が無いからただ後味が悪いだけなんだよな。
フォローも無いし。

891 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 01:14:51 ID:sz63rDsu
ハリポタはJKR女史の処女作なんだからありがちなテーマでまとめてくれればよかった
のにな。勧善懲悪で結構。無理に死のリアリティとか狙う必要はなかった。

892 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 01:18:31 ID:KcvGVZjO
翻訳がうんこすぎる

893 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 01:22:44 ID:zVBtpjSg
きっ大量にツッコミポイント残しておいたのは
ツッコミ誘い受けなんだよ

で、不満気味のところに子供世代主役の2を出し
スリザリンに感情移入した子供たちが
親父たちが悪かったんじゃねーか!と親子の戦いがw
(それはそれでコテコテだが

しかし、あの人ハリポ以外で2作目かけるんだろうか……)

894 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 01:32:08 ID:MjR65GhU
しかし信者もアンチも回転氏の意図をうがったレスが多いな。
どんだけ自分の存在を消せるかってのは作家の力量だと思うんだが、その点でもハリポタの駄目度が判る。
登場人物は言ってみりゃ操り人形だが、糸も繰り手も見えない方が没入度は高いわな。
まあ、カラクリが見えてても「SUGEEEEE!!!!」な力技というのも見ないじゃないが・・・

895 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 02:37:18 ID:5OguuE0o
>“スネイプの劇的な最後”→ 全てを知ったハリー、ヴォル倒す →
>“ああ、素晴らしかった。感動した”と、読者、涙涙の堂々たる感動フィナーレ→
>ハリー・ポッターは、これにて大団円で終了。って、図だったんだよ。

これって創作初心者のやりがちなミスだよな。
プロットだけ見て完璧だと思い込んだ挙句にテーマとかが全部破綻するって言うの

896 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 02:40:50 ID:s3Em0m3X
>>894
というかベタな話は書き尽くされたかに見えるパターンをいかに魅力的に見せるかがキモで、
歌舞伎みたいなものだから、読み手の方も「おぉー!よく決めた!」てなかんじで
お約束をこそ楽しむものだ。
はなから子供向けのエンターテイメント以上のものではなかったしそういうものとしては
設定のツッコミどころはあれど特に破綻は無かったのに、
4巻からは何を勘違いしたのやら…。

897 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 08:35:12 ID:gHQDLQ4N
死ぬキャラを誤ってる
ループするけど、ヘドウィグとフレッドはどうしても納得出来ない


プラス翻訳が許せない

898 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 15:13:29 ID:/zLmwrv6
このスレ見てると
釣りだろうが本気だろうが
信者がいかに幼稚なのかが
よくわかるなwwwww

899 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 15:46:05 ID:zVBtpjSg
>創作初心者

それってまさにローリングさんやんw

900 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 16:15:36 ID:fkioBf12
>ヘドウィグとフレッドはどうしても納得出来ない

物語世界のシンボル的存在だった主人公の白いフクロウな。
籠の中で流れアバダにあたるという読者をバカにしたような死なせ方。
あとで作者が説明するには主人公が大人になって魔法の守護が
なくなったことを象徴してるんだと。説明で補うこと自体失敗の証だが
説明されて納得した信者もほとんどいない様子。

物語で息抜きのシーンに出てきて笑いを提供する役だった双子キャラ
(とはいっても彼らのジョークグッズはぜんぜん面白くなかったが)
片方は最初の方で耳をえぐられ片方は最後の方で爆死。
意味不明の残酷描写。たぶん作者のストレス解消だろう。
(耳えぐったのは Look at me のおっさんだよ。
自分が死ぬシーンを盛り上げるためだけのスパイ活動wwご苦労さん)

大人は失敗作だなと思って失笑すればいいが、中学生以下の読者には
やはりショックだろう。トラウマになる読書体験だな。かわいそうに。

901 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 17:17:36 ID:sz63rDsu
ジェフリー・アーチャーの短編で田舎者が礼儀を知らないのを笑うだけの話があって
イギリス人の感覚は違うなと思ったことがある。
案外イギリスの子供達は「スリザリンざまあwwww」とか言って喜んでいるのかもしれん。

902 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 18:16:00 ID:zTot9oOa
それありそう。
イギリスの子がここみたら、ナイーブwと笑うのかもしれん。
でも日本はそれでいいと思う。

イギリスの真面目な評論と日本のマンセーじゃない評論あるのかな
読んでみたい

903 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 18:43:09 ID:Vm/l8uz3
>>900

この、なんでもチャットチャット、インタビューインタビューなのが
一番ムカついた。本編も明らかに、小出しのネタバレ予告と連動して
いたし、完結してまで「このシーンはどうのこうの」と言い訳がましく
補足か、読み手をバカにするのもいい加減にしろ。


案外作者本人も、この空前のお祭りブームと、不釣合いな自分の力量を
冷静に見極めた結果、「無駄にあがくより、売れる時に売れるだけ
売っとけ」とクルクル回るセールスマン的な戦法に切り替えたのかも
しれない。と思えるくらいの、ナメっぷりだった、最後まで。

904 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 18:57:42 ID:h48HSutv
そう。本編の破綻ぷりもアレなんだけど、もっとあきれたのが
本を読んだあと当然読者が疑問に思うような点を
チャットインタビューだかなんだかでフォローしたらしいこと。
信者のスレではこのチャットを読んでいないと議論ができないため
そのことをめぐってケンカになっているようだ。
しかもそのインタビューの答えにも矛盾があってさらなる論争の
種になっているらしく、あまりのgdgdぶりに正直言葉もないよ。

905 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 21:34:50 ID:gHQDLQ4N
>>900
それそれ。
子供時代を終わらせるって考えが納得出来ない
なんでもかんでも意味つけたがるよな作者

大体が『ちゃんと意味があるのよ。あれは伏線なのよ』なんだよな

906 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 21:57:11 ID:tiavTA/t
『ちゃんと意味があるのよ。あれは伏線なのよ』
この設定にはこういう深い意味があってどうたらこうたら、この部分はあれを象徴していてあーだこーだ

おんなじことを、世界的に有名なRPGをつくってる某社のスタッフが
よく雑誌インタビューで言ってるな……

907 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 22:19:23 ID:622+arsf
俺なんかは
キャラ、ストーリー、魔法、仮想生物、世界
その全てに意味を感じなかった

味のしない食い物を
「おいしいでしょ!おいしいでしょ!」
と言われながら食ってるような感じだった…

908 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 22:31:18 ID:622+arsf
AMAZON見てきたけど最終巻評判いいんだな

909 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 22:49:49 ID:iVXNXODu
魔女の宅急便で、大人になった?キキがジジとの会話できなくなったことと
同じ事を表そうとしたのかな


910 :なまえ_____かえす日:2007/08/21(火) 23:08:12 ID:sz63rDsu
amazon.ukの書評をちょっと読んでみた。もちろん絶賛が多いのだがまともな批評も
いくつかある。
>All in all it was a great read but if there are any fans who are expecting a final epic
>battle between good and evil on the scale of LoTR they will be sadly disappointed
とかこのスレと似たような意見も多い。

911 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 00:53:09 ID:NDy0JC+v
作者は最初子供向けの本を書くつもりはなかったらしいが
大人の鑑賞に堪える世界やプロットができなかったので児童書としてスタート。
子供が魔法の菓子や玩具を買いまくりながら悪い魔法使いをやっつけるという
幼稚な大筋で進めてみたが、柄にもなくかわいいものや楽しいものを書き続けるのが
苦痛になり、次第に偏屈キャラやえげつない描写に重点を置く方向にシフト。
最後は郵便フクロウやお笑いキャラなど子供たちのアイドルを惨殺してストレス解消。
しかし主人公の三人組だけは聖域として保存。目もあてられない虐殺劇のあと
三人の幸せなパパママぶりを疲労するお花畑全開エピローグで強引なハッピーエンド。
ってとこかなw
最後の魂グッズや死神グッズ、主人公の臨死体験をめぐる理屈やトリックも強引で
とても納得できるものじゃなかった。

912 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 04:22:57 ID:jIKVIxvT
>>906
「光速」の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士
を思い出したぞw
要するに中二病(作者が)の厨設定だったんだよな
それに「イギリスの児童文学・ファンタジー」という夢を見すぎたのも悪かったのかもしれない

913 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 06:19:33 ID:PPhDI+h4
>>912
ラノベ文化の無い国では目新しく見えたのかねぇ…
まあどこに分類するにしても出来は悪いが。

914 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 11:25:19 ID:2JgWJgot
世界的ベストセラーということは普段本を読まない層が読んだということで、
他の良質の物語と比較できなかったんだろうけど。
4巻は評価が分かれるかもしれないが、5巻以降ははっきり言って失敗作だろうに。
あれで満足できたとか言ってる人はどういう人なのか自分には分からない。

915 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 14:32:13 ID://gx86UD
多分『作者の意図』を読み取れれば楽しめるんじゃね?

駄作の信者に限って言う理屈だけど

916 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 14:52:28 ID:P2dXVzn9
アンチ目線でツッコミつつ読むのがいちばん楽しめるかも。
4,5巻以降そういう読み方にシフトした読者も多そう。

917 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 17:46:45 ID:7nzi0dhh
信者スレとここを読み比べると面白いw

918 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 22:25:39 ID:pYRt1mdP
>>893
>>不満気味のところに子供世代主役の2を出し

それまでに、ハリポタファンが残って居ればいいのだがw
7巻のあの出来で、少なくとも100パーセント妄信ファン
自体減ったと思うし。キャラをあんだけ理不尽に殺して、
そのフォローも全く出来ない人だしね。

次回作、確かにディテクティブ(探偵物?刑事物?) 物書くとか
いっているけど(ラジオ聞きながらだったので、違うかもしれんが)。
この作者の、キャラに対する愛情の無さ・容赦ない切捨て方を
知っていて、この作者さんの次回作にハマる人っているのかなあ?


919 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 22:53:13 ID:+xKNSXWp
>>897
>>ヘドウィグとフレッドはどうしても納得出来ない

一応最初は児童書らしくって事で、可愛らしいマスコット的キャラとして、
登場した白フクロウだよなぁ。
子供の読者にとっては、結構ハグリッドと同じぐらい愛されているキャラ
だと思うが。それを、“流れアバダで、あっさり殺されました”じゃ、
凄いトラウマになりそうなんですけど。
作者は、動物には全く愛着を抱かない、ある意味幸せなタイプの人らしい
ので、分からないだろうが、結構こういう自分達の大好きキャラを殺した
事に対する反発って、大人読者より凄いものがあるとおもうけどなぁ。
それに、やっぱりお笑い担当は、あっさりと殺しちゃ不味いだろう。流石に。


920 :906:2007/08/22(水) 23:03:50 ID:nvc6WhoT
>>912まさしく、その人たちのことを言ってるのですよww
気づく人がこのスレにいるとはw

921 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 23:15:04 ID:nvc6WhoT
フレッドとジョージは無事でいてほしかった。せめて大怪我くらいで。
19年後、お店は大繁盛、ハリーの息子もいたずらグッズを愛用してる、とか。

ウィーズリー家の誰かが死ななければならないんだったら、だれかが予想してたような
「パーシーがハリー陣営に戻ってきて、仲間か家族をかばうとかちょっと活躍して死ぬ」
っていう流れのほうがよかったなあ。

922 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 23:27:28 ID:Rhu6mES1
>>903
>>なんでもチャットチャット、インタビューインタビューなのが

チャットやインタビューで何でも補完って、7巻の“ハーえもん”
と化して居た、ハーマイオニーとイメージが重なって気持ち悪い。
作家だったら、ちゃんと作品の中で書いてなんぼのものだろうが。

どーでもいい、“超低レベルな、ベタなファンフィク”もどきな
エピローグ削って、その分ちゃんと最終巻の中で、きっちりと書けや。


923 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 23:45:07 ID:Rhu6mES1
>>904
>>信者のスレではこのチャットを読んでいないと議論ができないため

あの5巻で“スネイプがオーダーに連絡する為に、何を使ったか?”に
対する議論だろ。

最初は「6巻で分かります」と言っておいて、トンクスがパトローナスを
使うシーンを出した事で、
“スネイプが使ったのは、パトローナスだったのか。ふーん”と、読者納得。

が。7巻の単なる思いつきとしか思えないクソ設定(爺さん杖とかetc)の為に、
スネイプがパトローナスを使用していては、パトローナスでスネイプ白だ
っていう事が、オーダーに明白なので------。

“うーん。困った。そうだわ。5巻でスネが使ったのは、パトではない事に
してしまえ。ついでに、スネはオーダーに対して、これまで一度もパトを使
わなかった事にしてしまえば、全て良し。
うーん、我ながら、なんて頭が良いのかしら。賢いワ・タ・ク・シ♪”

(※もし、ストーリーテーラーといわれる、まともな作者さんだったら------
全体のプロットの破綻を避ける為に、後付設定=爺さん杖etcの方を迷わず
放棄し、破綻を招かない他のネタを考えるorそもそも小説を書く前に、最初
から最後までキチンと細かい所まで設定済みなので、いきあたりばったりで
考える必要性が無いw)

で、そのままチャットとか、インタビューで、あくまでも自分に都合の良い
設定を強引に通す。
(他ならぬ自分自身が過去に語った事実に反する事も、平然と語るw)
これが、回転さんの脳内で考えていたことだろうし、真相だと思うよ。
こんな事で、ファンが争う事自体、いかにハリポタがダメな小説という
証だと思う。
というか、これだけあからさまにファンの事をナメて馬鹿にしきって
いる作者に対して、腹立たんのか?>信者さん達。

ワーナー(映画製作会社)>>>出版社・翻訳者>>(超えられない壁)>>読者
・ ・・・・・・ひょっとして、回転さんの脳内優先順位って、こうかも?


924 :なまえ_____かえす日:2007/08/22(水) 23:51:12 ID:odS9GHWe
最終章で生き残った登場人物達のその後を書くといってたから
巻末資料的に一人ひとりのフルネームを上げ、
大人になってどんな職業についてどんな功績を残したとか
誰と結婚し子供を何人もうけたなど、突き放した感じで
淡々と書くのかと思った。その方が静かな感動を呼んだと思うし。
学校や魔法省のその後の様子も同様に書くかと期待したんだが。

最後のエピローグまで主人公目線で主人公の目に映る小さな世界と
主人公の大事な人たちの会話だけを書いて終わるとは・・・
しかもそのほかのことはインタビューで補完とは・・・
英語のインタビューを読めない人のことを何も考えていないし。
世界的な仕事をしていながらこの作者の視野はどんだけ狭いのかと。

925 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 00:22:05 ID:AF0+E3Nk
>>923
つーか設定やプロットを全部組み立ててなくても話があそこまで破綻するのは珍しいけどな。
引き伸ばし措置喰らったジャンプ漫画より酷いのは明白だから、分かると思うけど

926 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 00:31:27 ID:MhdCUfRS
>>912
>「イギリスの児童文学・ファンタジー」という夢を見すぎたのも悪かったのかもしれない
まさしくそれだ、英国ファンタジーに夢見て自分で色々補正しすぎた
妖精の本場、魔法の寄宿制学校、非キリスト教の世界・・・
それがドギツイ出来事を書き連ねて、ショック与えてればいいだろう的な
ケータイ小説と一緒だった

>>923
そりゃ読者よりワーナーが大事だろ
映画が作られなければ権利関係の収入が入ってこないw

927 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 00:59:50 ID:RTV6EzpY
>>923の連絡手段の件を解説するとこう。

校長:『スネイプ先生は本部に連絡した。騎士団には独自の連絡手段がある』
読者:「騎士団の連絡手段って何ですか?」
作者:「6巻読めばわかります」
※6巻にパトローナス(守護霊体)で連絡する騎士団員が描かれる。
作者:「騎士団の連絡方法に関してはいろいろな推理が寄せられました
    カエルチョコカードを使うというアイデアには私も心が動きましたよw
    でも6巻を読んだ皆さんは答えがわかりましたね」
読者:「スネイプのパトローナスはどんな姿ですか?」
作者:「7巻を読めばわかります」
※7巻でスネイプのパトローナスは彼の本心をあらわしてしまう姿だったことが発覚。
  しかもこれが7巻のツボのひとつ。
読者:「スネイプの連絡パトローナスで彼の本心はバレバレだったのでは?」
作者:「スネイプは連絡にパトローナスを使わないようにしていました」
読者:「……………」

連絡手段をカエルチョコカードにしときゃよかったんじゃね?www
まあ数字関係もでたらめだし、単に論理的な思考ができない人なんだろう。

928 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 05:04:12 ID:CFerTuTS
>>924
この話の中での「大人になる」条件って、
単に異性とくっついてガキをつくることだけなのかね。
ホグワーツみたいなパブリックスクールって
現実の世界でも中流階級以上の子弟が入るエリートコースのはずなのに
好きな言い方じゃないが、これじゃまるでいわゆる低学歴DQNの人生設計みたいでイタすぎる罠。

929 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 07:45:37 ID:MS1V0BK5
イートン蹴ってホグワーツに入学した子、魔法については
独学や通信教育みたいなもんで
制御と理念・魔法族のありかた学ぶくらいにとどめておいて
普通にマグル社会で大成したほうが余程……

930 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 09:03:32 ID:UI9ZrgRd
>>919
いい大人だって意味もなくリスが死んだのをきっかけに
そのシリーズ読まなくなるっていうのに…

作者の、普通とは違うアタシ!ストーリーのためなら人気キャラも
殺せるアタシ!(でも泣いちゃうけど☆)アッピールに
辟易して読まなくなったけど、あのふくろうそんな無意味な死に方したのか。

931 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 09:46:35 ID:NJCNMYAl
ヤフーで日英ファンタジー対決とかで、ハリポタシリーズと守人シリーズをとりあげてるようだ
上橋さんと比べるか、普通・・・
ttp://weekly.yahoo.co.jp/25/index.html

>>919
私もペットはペットという認識でいる人間だけど、
ヘドウィグの死はポカーンとしたよ
意味のない死ほど辛いものはない
作者こそ真のヴォルデモートだよ


932 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 14:07:00 ID:W5v6XIQ7
>>922
ハリポタに出てくる道具ってドラえもんをパクってるようにしか見えないんだけど。
イギリスでもドラえもんって結構有名なのかな?
しかもドラえもんの方が面白いし何倍も感動する。

933 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 14:19:18 ID:0sOQNmBk
回転は論文とかで文学研究者が発表するような内容を
自分で言ってるところが痛すぎる。
「ここのこの部分は子供時代の終わりを象徴している」なんて
読んで解釈するひとが体系的に考えて言うものであって
普通作者が自分でなんて言わないよ。

934 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 14:37:14 ID:gQ1RwJCe
>933
それというのも読者が納得しないというか
フクロウの死なせ方があんまりひどくて意味が理解できずに
聞いたからなんだよね。
なんでヘドウィッグを死なせたのかと。
そしたら子供時代の終わりと守りの魔法の期限切れを表していたんだと。
伝わらなくて言葉で説明しなきゃいけなかった時点で(ry

ところで主人公一度殺されて蘇るんだけど蘇る理由は
俺様が復活のときにママの守りの魔法が入った血を使ってくれたからなんだって。
だから俺様生きてればハリーもしなないらしい。
その理屈もわからないけど期限切れの話はどうなったのか。
そんな感じで何もかもめっちゃくちゃ。
これがまためちゃくちゃな訳で来年日本中に出回るかと思うと
いまから頭痛がしてくるよ。

935 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 14:52:00 ID:wga3HW5n
その母親の守りの魔法というのはヴォル専用なわけでしょ?
デスイーターとかには無効だし、単なる交通事故で死ぬ場合だってある
わけでしょ?ヴォルが手段にこだわらなければ簡単にハリーを殺せたわけで
合理的に行動してない時点で萎える。

936 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 14:53:41 ID:gQ1RwJCe
ヴォル専用ではないと思うんだけど。
そのあたりも説明不足でよくわからない。

937 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 15:31:45 ID:W5v6XIQ7
>>934
作者が動物に愛が無いのは確か3巻でハリーのクラスメイトの女子の飼ってたウサギが亡くなって
そのウサギが亡くなったことよりも占いの内容が間違ってるということだけに終始したことだな。
思っててもあの空気の中で言うことかと思ったけど。

938 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 21:31:04 ID:lFRITFGT
そもそもなんでそんな「母親の愛」って無敵の防御力?
しかも主人公だけに。他の子どもにも同じようにかかってる子がいるなら
判るけどさ。

939 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 21:40:33 ID:wga3HW5n
>>938
確か自分の命を犠牲にしないといけない魔法だったとおもう。

940 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 21:54:16 ID:GmgETo2t
ネビルとの扱いの差。。。

941 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 21:54:28 ID:9SaOnFZT
ペットはひとつの命であり、ぬいぐるみや人形、ライナスの毛布の類とは違うからね。
通常、飼い主が大人になったからといって都合よく死んでくれたりはしない。
年取ってよれよれになっても最後まで面倒見てやらなきゃいけないもんだ。

子供時代の終焉とともにかわいがっていた動物を失うのは
アメリカ開拓時代を背景に書かれた「小鹿物語」があるが
あれはとても悲痛な少年の通過儀礼になっていて胸に迫った。
小鹿を失った後、主人公の考え方が大人になったことも表現されている。
だから読者には小鹿の死が何を象徴していたか説明されなくてもわかる。

物語の中で人や動物の死が避けられないこともあるだろうが
なんの意味があったのか読者に理解させるだけの説得力がなければだめだ。
作品がリアリティのあるものでも荒唐無稽なファンタジーでもそれは同じ。
単に殺しただけじゃ子供たちに命の軽視を刷り込んでいると思われてもしかたがないよ。

942 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 22:24:32 ID:W5v6XIQ7
結局すべてはダンブルの手で踊らされただけだな。
作者がヒント与えすぎのせいで7巻の自分の予想が全部当たったし。
ホークラックスもダンブルの予想したもの全部正解で萎えた。
ひとつくらい意外性があるものだったらな。

943 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 22:55:35 ID:B06AiAeN
>>938,>>939 私が一番引いてしまったのは 
「母親の愛」=無敵 だったけど
この図式の意味の説明がハリー自身の例でほとんどされていなかったので意味不明。
比較としてのネヴィルの例(母が居るけどいない子)、モリーの例(子を愛する母)、
スネイプとヴォルの例(子を愛することなく死んだ、または機能しない母)
どれも断片があるだけでそこからどんなことを言いたいのか明白にならない。
(そのような状況の例示を読まされるが、
どのような意味づけを作者がしたいのか方向性が明示されていないので読者が憶測するしかない)
昔のインタビューで子どもたちに大切なことは何か考えられる本にしたいだか
何とか回転が言っていた記憶があるけど、
もしかしてこれ?と思った瞬間にドン引きでした。
命を犠牲にするほど子どもを愛して守護の魔法をかけたのはリリーだけなの?
他の母親魔女や父親は何故そうしなかったのか?とホントに疑問です。
回転に尋ねたら
リリーは優秀だったからこの魔法が使えたとかいいそうで怖い

944 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 23:17:15 ID:cs0Vy7l3
リリー=作者自身で、なおかつスネイプに萌えてる

こう考えると・・・

945 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 23:28:16 ID:wga3HW5n
>>943
唯一ヴォルが殺しそこなったハリーがthe chosen oneとまで呼ばれた訳だから
当然保護魔法について説明があるべきだね。7巻の途中で説明があると
思って読んでたから読み終わって愕然としたよ。かと言ってあとからチャットで
説明されても萎えるが。
自分が妄想してたのはリリーの保護魔法はかなりハイレベルでかつ禁断の魔法で
リリーはスネイプに頼んで魔法を調べてもらおうとするんだけど、スネイプは
リリーが死んじゃうのを理由になかなか協力しない。そこをリリーが押し切って
二人で研究してようやくリリーが魔法を覚える。そういう過程があるもんだと思ってた。

946 :なまえ_____かえす日:2007/08/23(木) 23:32:49 ID:uKBdui3c
母の愛もいいけど父の愛ももうちょっと扱ってほしかったな
せっかくシリウスとかハリーのパトローナスは牡鹿って設定とか出したのに

947 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 00:02:13 ID:UDJrATLG
>>908

まあ、未だ洋書売り上げ一位って事で、下手に批判意見などを
そのまま載せることによって、売り上げが落ちるのを恐れている
んだろうな。>Amazon.jp。 だから、批判意見を書いても、
削除されてしまうのだろう。
で、売り上げが落ちてきたら、ぼちぼち批判意見や、客観的意見
が削除されずにレビューに出てくるだろうから、その意見を楽しみ
に待っているのだが、果たしていつの事になるのだろうか?


948 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 00:05:11 ID:eLPPVdcS
アンチってわけじゃないんだけど、どこに書いたらいいかわからないからここに書く。

スネイプ嫌いじゃないけど、文学史に残る名キャラとか、
ヒースクリフ、レット・バトラーと並び文学史に名を残すとか、キモすぎる。
美形でもないし性格も良くないけど魅力的なのが凄いって?
そんなのありがちだろうに。大抵癖のあるキャラの方が人気が出るもんだ。
ネタバレスレとか見てるとファンでも全体的に7巻でトーンダウン気味なのに、
なんかスネイプスレだけ盛り上がりすぎててこわいよ。

949 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 00:11:58 ID:M4+HKVYH
で、自分の代わりに攻撃や批判して欲しいって?
お前も相当性格悪いなw キャラスレなんてどこもネタ半分なんだから
そんなものじゃないの?

950 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 00:23:56 ID:oV3zgVk7
>>924
>>巻末資料的に一人ひとりのフルネームを上げ、

あんなちゃちなエピローグよりも、ずっとその方が読者の想像の余地があって、
ずっとよかったなぁ。
なんで、最終話をあんなチープな作りの、脳天気なものにしたのか、理解に
苦しむ。

>>主人公目線で主人公の目に映る小さな世界と 主人公の大事な人たちの会話

エピローグまで、しつこく出てこないで欲しかったなぁ>主人公。
君、本当にウザイんですけどw
第三者的な視線で、主人公サイド以外の何人かの人たちから見た魔法界
を、最後ぐらい見てみたかったなぁ。
ヴォル戦の死者に対してどのような対応があったのか?とか、
その死者に対する人々の対応というか、どんな風に死者を悼んだのか?とか、
全ての元凶・ソーティングハットを廃止して、他のもっと人道的な方法を
考える動きがあったのかどうか?とか。
(でも、あの最後見ていると皆無そうだけどw)
主人公たちだけが、結局この世の春を満喫しているみたいで、
反対に、本当に死んだ人たちが気の毒なんだよな。
ファンが、みんな英語出来るとは限らないし、作者発言がゲット出来る
環境とは限らないのになぁ。


951 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 00:24:10 ID:eLPPVdcS
べつに攻撃や批判してほしいなんて書いてない。性格悪いのは認めるw
キャラスレはどこもネタ半分だからそんなものとは思わないな。
ネタ半分でも文学史に残るとか言えないよ。4巻以降のあの出来じゃ。
普段本読まない層がハリポタ読者の中心になってるって上で言われてたけど、納得かも。

952 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 00:44:11 ID:H6PXMU1u
>>926
>>映画が作られなければ権利関係の収入が入ってこないw

まあ、実際そうなんだけどねw
確かに原作での売り上げよりも、映画関係の収入の方が
ずっと多そうだw


953 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 00:49:13 ID:m46E5Jgn
ある意味セカイ系なんだよな>主人公目線で主人公の目に映る小さな世界

954 :923:2007/08/24(金) 01:07:45 ID:uE2lf8G/
>>927
923だが、より詳細な解説ありがとう。

>>連絡手段をカエルチョコカードにしときゃよかったんじゃね?www

本当にそっちの方が、後でボロが出なくて、ずっと良かったのにねぇwww
苦しい言い訳もしなくて、済んだのにw

>>まあ数字関係もでたらめ

ホグワーツの生徒数も、最初の頃とかなり変わったよねw
1000人とか言っていた事もあったりしたけど、結局ずっと少ない人数
で収まったみたいだな。
でも、既に実際にこういう記述があるのに・・・・

Behind the Slytherin goal posts, however, two hundred people were wearing
green; the silver serpent of Slytherin glittered on their flags, and Professor
Snape sat in the very front row, wearing green like everyone else, and a very
grim smile.
(US版 第3巻 P305)
スリザリンゴールポストの後ろに、しかしながら200人の人々が緑を着ていた。
スリザリンの銀の蛇が旗にキラキラと輝き、皆と同じように緑を着て大変嫌な笑み
を浮かべたスネイプ教授が最前列に座っていた。

これだと、スリザリン200X4=約800人だよね?


955 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 01:35:18 ID:vUcfrYfS
>>950
ぶっちゃけ指輪物語追補編のパクリといわれそうだが、でもそういう形式のエピローグは
他の作品でもあるし読者の感慨を呼び起こすいい手だよね。


回転は4巻以降のgdgdを見ても、とにかく自分の頭の中にあるのを100%書きたい人
なんだと思う。

普通は100%じゃなく大事なところを60〜70%に抑えて書くんだろうけど、
売れたから編集の言うこと聞かない(推測)で好きなように突っ走った上に、
サイトだのチャットだので裏設定やら誘い受けをダラダラダラダラ…
そして100%書くのが主人公中心の限りなく閉じられた世界だし、回転の恨みがましくて
独善的な性格についていけなきゃそりゃつまらんわ。

956 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 01:37:41 ID:c3aIeGoU
にしてもキャラがDQNなうえ低脳すぎて萎える。
作者の性格の悪さや妙な冷淡さ、ルサンチマンが作品に滲み出てて引く。
爽快感がない。読んでるこっちの背筋が思わず伸びるような厳しさもない。
なにかを深く考えさせられるってわけでもない。すごく薄っぺらい。

>>931
守り人と比べんなってのは同意。

バルサ>>>>>>>∞>>>>>>ハリー
「人としての器」が違いすぎだろ常考…

957 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 04:14:11 ID:MysW8DFG
JKRのインタビューにリリーの保護魔法のことが書いてあった。
http://www.accio-quote.org/articles/2005/0705-tlc_mugglenet-anelli-1.htm
要約すると
・保護魔法については魔法界の誰も知らない。
・リリーは保護魔法を使った自覚はなかった。
・保護魔法が発動する条件は2つ。1). 自分の命を犠牲にすること。2.). 逃げようと思えば逃げられたこと。
・自分は助かるかもしれないのに命を捨てて誰かを助けようとしたのは
魔法界で歴史上リリーが最初の人だった。

958 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 05:28:49 ID:6UxV6KZg
>>957
つまり「ただのご都合主義でFA」てことですかそうですか。
・・・なんかもうつっこむのも馬鹿らしくなってキタワコレorz

959 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 07:22:53 ID:6r7MwOGt
>>930
>>あのふくろうそんな無意味な死に方したのか

信じられないと思うが、実際そういう死に方をしたんだよ。
まだ飛んで逃げている最中とか、病死とかの方が、まだ
(それでも、嫌だけど)良かったなぁ。
まさか、檻から逃げられない状態で、殺されるなんて。
あんな無念の死を迎えるとは、思わなかったよ。
あれじゃ、浮かばれんだろう>白フクロウ。
何で、あんなにキャラをいとも簡単に殺してしまうのか。
作者は、【キャラの死=感動を読者に巻き起こす格好のネタ】
と見ていて、どうも命の重みとか全然考えていなそうな
感じだなぁ。


960 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 07:52:19 ID:ZRvtmCso
>657

とくべつなじぇーむずととくべつなりりーのこども、
はりーはうまれながらにとくべつなとくべつなこどもなのです。

ハリーの子供たちなんて、更にあれなんだろうし
もう未来永劫ポッター家は燦然と特に何も努力することなく
才能と顔立ち持って生きていくんだろうね…。


961 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 09:59:35 ID:dGEFGtFm
魔法界は狭い世界だな。他の国にも魔法使いがいるとはいえ、
ヴォルの恐怖は英国しかとどろいてないみたいだし。

962 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 11:32:35 ID:zha7MK3N
>>957のこれはウソ。
・保護魔法については魔法界の誰も知らない。
・自分は助かるかもしれないのに命を捨てて誰かを助けようとしたのは
魔法界で歴史上リリーが最初の人だった。

該当ページのどこにも書いてない。
さすがのローロリンもこういうほどバカじゃあるまい。
ただ説明がすごくわかりにくくて要領をえないけどね。

963 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 12:39:30 ID:ptGhzpUQ

ラノベ以下。

964 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 13:14:58 ID:MysW8DFG
>>962
MA: Did she know anything about the possible effect of standing in front of Harry?
JKR: No - because as I've tried to make clear in the series, it never happened before.
No one ever survived before. And no one, therefore, knew that could happen.

965 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 13:40:09 ID:dGEFGtFm
>>957
しかもその説明が本編でなくインタビューで補完ってどうなの?
読者全員がそのインタビューを知ってるわけじゃないのに。
どうでもいいことは長々と書くくせに重要はものは省くなんてありえん。

966 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 16:41:28 ID:AyUcmQdB
>>964
たしかにわかりにくいが、作者が作中で何度もはっきりさせたのは
ハリーの前にアバダを受けて生きのびた人はいないということ。だから次に質問者は、
MA: So no one - Voldemort or anyone using Avada Kedavra -
ever gave someone achoice and then they took that option [to die] -
「ヴォルや他の者がアバダを使って脅しをかけ、死を選んだ人はいなかったということ?」
と再度たずね、作者は、
JKR: They may have been given a choice, but not in that particular way.
「生死を選ばされたことはあったけど、そういう特殊な条件下ではなかった」
と答えてる。「アバダで脅されて冷静に死を選ぶ」という条件を満たした例がなかったらしい。
(リリーがこの条件を満たしたのでハリーにアバダを跳ね返す守りが与えられたということか?)

別のとこで、But if in cold blood you were told, "Get out of the way," you know,
what would you do? I mean, I don't think any mother would stand aside from their child.
「(親は本能で子をかばうものだけど)血も凍る状況で『そこをどけ』といわれたらどうでしょう。
私はどの母親も子供のそばをどくとはいわないけど…」といっているので
子をかばって親が立ちふさがるのが当たり前のことだとは認めている様子。

それにしても言いかたはしどろもどろで、内容も説得力があるとはいえないのは確かだけどね。

967 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 16:53:27 ID:AyUcmQdB
だからこの条件下で誰かをかばったら
And no one, therefore, knew that could happen.
何が起こるかはだれもしらなかったということなんだろう。

この守りの魔法は「昔からある古い魔法だがヴォルは愛を見くびってるので無視した」
みたいな校長の言葉があるので魔法界で知られていないということもないだろう。
とまあ一応親切な捕らえ方をしてやってもなんだかよくわからない設定だけど。

968 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 18:07:07 ID:8TfIH5Et
>>965
同意。物語の土台を支える大事な情報は本編に書いてほしい。
100万歩ゆずってインタビューで説明するにしても
せめて誰が聞いても筋のとおるような説明を用意してほしいわ。

969 :なまえ_____かえす日:2007/08/24(金) 22:41:45 ID:dGEFGtFm
最終巻をとりあえず読んでこれは指輪物語やナルニアみたいに
何十年後も読み継がれるものじゃないとはっきりしたな。
発売前も話題も誰が死ぬかと誰がくっつくかくらいしかないし、
作者自身がその話題を積極的にマスコミに流してるしw

1〜3巻くらいまでは編集者の介入もあって長さもちょうど良かったけど
4巻あたりから世界中でヒットして、編集者も何も言えずに作者が好き勝手
書ける様な環境になったんだろうな。
長ければ良いものではないという手本だな。

970 :なまえ_____かえす日:2007/08/25(土) 00:57:35 ID:xdEBsq3C
4巻と5巻はプロットが破綻して大幅に書き直したんだよ。
作者がそういっている。それで予定より長くなってしまったと。
だから4巻以降は、はっきり失敗。
原因は不用意にはじめた1巻にあると思うけどね。

971 :なまえ_____かえす日:2007/08/25(土) 12:57:19 ID:19z0crkT
最終巻,ロンとハーマイオニーがイチャイチャし過ぎてムカついた。

972 :なまえ_____かえす日:2007/08/26(日) 15:16:42 ID:79x/O8Tt
同意すぐる。
バカップルぶりが凄すぎ。ロンはまぁ六巻に兆候あったけどハーマイオニーの発情ぶりが………
あいたたた。
戦い前に糊付けする二人しとかもうここに関してはハリーが可哀相でしょうがなかった。

973 :なまえ_____かえす日:2007/08/26(日) 16:36:40 ID:1k8oPh4s
逆に戦いの後のハリーとジニーの互いの無視っぷりもどうかと思った。
このふたりのカップリングは最後まで納得できなかったので
エピローグでガキを三人もこさえているの読んでますます白けたよ。

974 :なまえ_____かえす日:2007/08/26(日) 20:19:33 ID:3WQaiu07
ロンハーは、1巻から一貫して徐々に盛り上がり続けて、
「よかったね」と大団円で落ち着いたような感があるけど、
ハリーとジニーは、途中でジニーのキャラは大幅に変わるし、
ふたりとも他の男や女に現をぬかすし、しかもひっついたと思ったら
すぐ別れちゃうし、別れた後に、肉欲的にチューしたりしてるし、
離れてる間もあんまりジニーを想ってるのが伝わってこなかったし、

「結婚しますた」と言われても、ホントに「あっそう」って感じだったな。



975 :なまえ_____かえす日:2007/08/26(日) 20:24:49 ID:S+K/7cqs
安置とか言って、7巻の内容まで詳しく知っている時点で負け組


976 :なまえ_____かえす日:2007/08/26(日) 22:19:20 ID:9kaENQqm
>>975
何だその理屈は

977 :なまえ_____かえす日:2007/08/26(日) 23:00:28 ID:hbFVpCx1
最後まで付き合ってやってからアンチ転向かよwてことじゃないのかね。

まあ回転氏にたっぷり印税を献上してやったって別に悪いことでもないだろうけど、
これからのファンタジーがアレの劣化コピー大行進みたいになったら悲しいな。ンなことないだろうけどさ。

978 :なまえ_____かえす日:2007/08/26(日) 23:10:18 ID:VYTgoFS6
途中脱落組アンチは「最後まで読まないくせに批判かよ」と言われるにきまってる。

979 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 02:38:24 ID:sV1WTwM3
あ〜いや、この手の奴の理屈は
「最後まで読んだって事は本当は好きなんだろ」
ってのが大半だから。新種発見って事でw

980 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 09:46:37 ID:Lc2E1bHj
ここに来ているゲド信者は
宮崎な人だから・・・

981 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 16:39:35 ID:fRi/AbbI
>ロンハーは、1巻から一貫して徐々に盛り上がり続けて、
>「よかったね」と大団円で落ち着いたような感があるけど、

大団円とは?

982 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 19:05:11 ID:jBXGqxlz
974じゃないが子供の頃からの恋が実って
結ばれて平和な家庭を作って「ふたりの世界大団円」てことでは。
双子の兄他大勢の人が死んだけどキニシナイってことで。

983 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 21:04:29 ID:oWKCv2zy
まあ6巻でさんざん謎かけしたけど、
2年間の間に、ほとんど

ネタ読めちゃったからなあ。

スネイプ=ストーカーとか
RAB
ハリー=ホークラックス
レイブンクローのティアラ
主要3人生き残る。


984 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 21:19:00 ID:jBXGqxlz
ストーカー説の信者、ここまでくるな。うざい

985 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 21:25:35 ID:fRi/AbbI
素直に“大団円”という言葉を知ったかしてましたって言えよw

986 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 22:19:47 ID:rbGcJ0wy
大団円=ハッピーエンド
みたいなもんでいいじゃないか
ロンハー的にって限定してるんだし

987 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 22:38:51 ID:oWKCv2zy
スネイプ・ストーカー説

ほとんど丸々当たってたな。
幼なじみ・ペチュニアとの三角関係に、ハリーの緑の瞳との愛憎。

人ん家からリリーの写真や手紙を盗むやら。

当たってないのはHPBの教科書がらみ

988 :なまえ_____かえす日:2007/08/27(月) 23:11:36 ID:VGCGfD2t
はじめて聞いたがストーカー説だけでなく
ペチュニアとの「三角関係」とか
ハリーとの「愛憎」とかいうでたらめもかましてたのかw
信者のスタンスともいえないようだがなんともキモいなあ。

989 :なまえ_____かえす日:2007/08/28(火) 05:48:06 ID:s+/qO1+C
ジブリ信者よりマシ

990 :なまえ_____かえす日:2007/08/28(火) 05:53:27 ID:s+/qO1+C
ああ、ここは、ハリポタの小説そのものより、
主人公にアンチな人たちのスレなんだね。

そりゃ7巻でのスネイプの痛さ加減を読んだら、
腑女子諸君は流れたくなるわな。

991 :なまえ_____かえす日:2007/08/28(火) 14:00:37 ID:pJKfPQ7R
過去レス嫁。アンチのスタンスもいろいろだ。
最近は7巻原書を読んで寝返った作者アンチが急増中。

992 :なまえ_____かえす日:2007/08/28(火) 22:43:16 ID:k2QCmyAA
ストーカー厨が認められてくてここまで来たかw
特定のキャラアンチが一番痛いってことに早く気づけよ

993 :なまえ_____かえす日:2007/08/28(火) 22:54:51 ID:0TlvhWJ3
タイムターナーって使うと世界全体に作用するのかな?
ヴォルが悪い子になる前に更正させられないの?
ダンブルドアとか派遣して。そしたらハリポタ物語がまるごと無かったことになるけど。


次スレって必要?

994 :なまえ_____かえす日:2007/08/28(火) 23:36:05 ID:8JDITfhS
邦訳七巻に備えて必要だろ
あの意味の無いキャラの大量死とプロットのアレさに
アンチ化する奴が急増するだろうからさ

ちょっくらスレ立て行ってくる

995 :994:2007/08/28(火) 23:39:57 ID:8JDITfhS
立ててきた

アンチハリーポッター 3
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1188311838/

996 :なまえ_____かえす日:2007/08/28(火) 23:58:45 ID:eEayrAJo
タイムターナー、変身薬、真実薬、服従の呪文、テレポーテーション、どれも
効果が強すぎだわな。ドラえもんでもそうだけど合理的に戦争しようとしたら
収拾がつかなくなる。それからエルフは人間の魔法を自由自在に破れるって
どういうことよ。

997 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 00:32:45 ID:mparXgvR
魔法ものは何らかの制約を付けなきゃなんでもありになるから駄目なのにな
時を操れるなんてご法度過ぎるだろ
これさえあれば全部「時を戻して解決しますたww」みたいなお粗末な展開も余裕で出来るじゃん

998 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 01:10:08 ID:OYsdXN4F
とりあえずインタビューで何であそこであれ使わなかったんすか
とか聞かれれば制約があるようなことは言うみたいなんだ。
でもご都合主義で説得力ないし、本編にわかりやすく書かないと意味ないと思う。
(タイムターナーは3時間しか遡れないなどとしておけばいいのに頭悪すぎ)

999 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 01:38:31 ID:lDnVpV47
子供時代のヴォルを殺して一件落着〜ってなったら7巻も書けないしなw

1000 :なまえ_____かえす日:2007/08/29(水) 02:55:28 ID:kEhr7dK6
タイムターナーの制約は3巻だけでなんとなく分かるようには書かれてたと思う。
鼠を捕まえるか捕まえないかで、ハリーとハーマイオニーが言い合ってたとことかでね。
詰めが甘いのは確かだけど。
少なくともスネイプの連絡手段みたいな矛盾はない。あれは酷すぎ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

324 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)