2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「たかじんのそこまで言って委員会」が宮西達也批判

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 13:52:00 ID:1A2iIk4D
平成12年から東京書籍の『新しい国語 二年 上』に掲載された、
宮西達也『にゃーご』を巡り、
「たかじんのそこまで言って委員会」(全国21局ネット)において、
小学生の子供を持つ、辛坊治郎(讀賣テレビ報道局局次長)による以下のような批判があった。
「授業に出るなということか」
「先生の言うことを聞くなということか」
「みんなが恐いと言っても恐くないし、話し合いで解決するということか」
これを受けた三宅久之(政治評論家)の発言
「みんな話し合いで解決すれば、それで済むなんて、そんなことは無いんです。世の中には」
その他の出演者の意見の多くは、
「“戦いはやめよう”“みんな仲良くしよう”“どんな危険な相手でも話し合えば分かり合える”
という教育が、現実とかけ離れているのでは?」というもの。
この回の放送での、“授業を聞いていなかったネズミが正しいのか?”という、
「たかじんのそこまで言って委員会」による批判に対しての、宮西達也の反論。
「目に見えるものが一番ではない」「優しさや思いやりが大切」
「完璧な人間はいないと思う」「不完全な中で一番大切なものは何か」
この発言を受けて、今回、スタジオではさらに議論が白熱した。(>>2以降に続く)

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 13:52:59 ID:1A2iIk4D
宮崎哲弥(評論家)「『にゃーご』というのは、あまり良くないと思う。
なぜ良くないかというと、結局根底に流れる思想は“みんな仲良く”でしょ。
“基本的なベースは共通しているから、やがて了解にたどりつく”という、そういうストーリーなんだよね。
今まで国語の教科書から“対立”を孕んでいる話や“子供にやや刺激的と思われる、
少しだけグロテスクな描写”のある話がどんどん削られてきた。
それで残ったのがああいう話なんだよ。
私は、話し合い・ディスカッションの土台というのは、あくまで“対立”でなければならないと思っている。
価値観の“対立”とは、“みんな仲良く”ではなく、
“違う人間がいるんだ”というところから始めなければならない。
どうも“みんな仲良く”というのを良いことだと誤解しているのではないか。
ああいうものが検定を通りやすくなってきて、ああいう話ばかりになってしまうのはまずい」

勝谷誠彦(コラムニスト)「さっきのオッサン、あの作者、
よくあんなもん出版する気になりましたね。
話し合いの土台が対立であるということは、違いを認め合うということだからね」

村田晃嗣(同志社大学教授)「教科書や教育の現場から、
残酷な話やグロテスクな話をどんどん排除すれば、そこでは“ピュア”な世界が出来るかもしれないが、
外を向けば秋葉原では人がどんどん殺されているといった驚くべき残酷な話が溢れている」(>>3以降に続く)

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 13:53:45 ID:1A2iIk4D
森本敏(拓殖大学教授)「あの作品は全然おかしいんだよ。
“話せば分かる”“対話が重要”それで平和になるという考え方を、
子供のときからずっと植え付けているという思想そのものが間違い」

三宅久之「だいたい、授業をサボってたやつがああなるのは、
おかしいと思いませんか? ちゃんと“いけません”ということを言わなければいけない。
平和主義に合わせて物語を作るなんてことは、世の中万事そういうふうにすれば、
鬼でもすぐ話に乗って、虎の子の金銀財宝を半分くれるなんていうようなことはね、
私は百害あって一利無いと思う。世の中そんなふうに出来ていないんだよ」

辛坊治郎「絵本として良いか悪いかという議論は別として、
あれを教科書に載せていいのかという問題がある」

『にゃーご』に限らず、宮西達也のどの絵本にも、「たかじんのそこまで言って委員会」で批判された思想が貫かれています。
私は以前から宮西達也の絵本には違和感を覚えていたのですが、今回こうして取り上げられたことで、その違和感の正体を知ることが出来ました。
ttp://www.suzuki-syuppan.co.jp/script/detail.php?id=1040040799

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 09:35:04 ID:ZgTRRgxt
宮西達也『にゃーご』あらすじ

ねずみの学校では、猫は怖いものだと教えていました。
先生が、黒板に猫の絵を描いて
『この顔を見たらすぐに逃げなさい』と教えていたのです。
でも、先生の話を聞かないでおしゃべりしている子ねずみが三匹。

しばらくして、まわりに誰もいなくなってしまった事に気がついた三匹は、桃を取りに行こうと歩き出しました。

『にゃーご』
その時、目の前には大きな猫が手を振り上げて、今にも襲い掛かりそうです。

でも、猫を知らない子ねずみ達は『おじさん、だあれ?』と尋ねます。
猫はどきっとしてしまいました。
思いがけない反応に、思わず『た、たまだ。』と答えてしまいました。
答えてしまってから、顔を赤くしてしまいます。

『一緒においしい桃を取りに行かない?』
と言われた猫は、おいしい桃を食べた後で、三匹の子ねずみを食べてしまおうと企みますが・・・。
ttp://koyaban.gozaru.jp/nya-go.htm

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 14:21:16 ID:n0WqdOrq
絵が下手すぎるw

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/09(水) 19:36:00 ID:8YqToeRH
批判されて然るべき。ただここにスレ立てるまでもない話題だ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 09:18:11 ID:9YF4gylH
たしかに批判は的を得てるな
ここは絵を語る板だから
絵についていうと
こりゃダメだ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 16:26:21 ID:gZteZL3j
絵いいじゃん。内容はともかく。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 19:31:45 ID:a0/Yb1My
俺も絵は良いと思う

この板には、絵師が多いと思うけど
「なんで、こいつの絵が大人気なんだ?」
って思う事が多々あるだろうけど、
絵の本質は、上手いか下手かじゃないんだよね

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/10(木) 21:26:19 ID:gZteZL3j
つか
普通に上手いと思う。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 11:38:35 ID:FeOg8CQv
普通に下手だと思う
というかただのハンコ絵w

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 21:03:54 ID:qjwIeQkV
「ハンコ絵」ねえ
オタ絵ばっかり見てるとこういう脳みそになっちゃうのかな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 16:54:13 ID:CcTi6g9/
いや、はんこ絵だよこれ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 10:24:27 ID:jpzGZZHz
ハンコ絵の定義が分からんが
にゃーごの時点ではハンコ絵ではないよ
それ以降の宮西達也の絵は量産化の利くハンコ絵に堕していると思うが

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 13:42:52 ID:Mz6Abwdu
「にゃーご」自体はあってもいい。
問題はこれを小学校2年生の教材に採用した東京書籍の見識。
宮西を批判するのはお門違いだったな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 13:52:37 ID:4nth5W3r
宮西達也が死ねばいいんじゃない?

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)