2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

家庭生活のススメ

1 :人の夫:2010/03/31(水) 18:23:35 ID:NkeJVBgP
結婚すると出費が増えます。
自分の自由になる時間も減ります。
子供が産まれると、いっそうこれらに拍車がかかります。

加えて妻と二人きりの時間も減ります。

ただし、それは自らが選んだ道。

己の欲と、家庭生活の調和を目指して
日々をしっかりと生きるナイスガイの諸君。

私が身を置く環境、この東京においては
そういった男は決して少なくないように見受けられる。

足に飛びつく子供の笑顔は、
上記代償を支払うに余りある。

普段、あれやこれやと口うるさい妻の
何気ない優しさに、金額などつけられはしない。

結婚は決して悪いものではない。

受け止める側の感性こそが問題である。

2 :人の夫:2010/03/31(水) 18:37:18 ID:NkeJVBgP
同年代を観察するに、
『穏やかでしっかりとした家庭生活』を送っている人物に
リーダーシップのある有能な人物が多いようにも思える。

一時、怪しげな光を放って消えてゆく成金ではなく、
足腰の丈夫な、安定した成功を手にしているのだ。
(成功の定義は人それぞれであろうが。)

なるほど、私も部下を持つ身だが
扱い方、付き合い方、距離の取り方、
威張り散らすのではない主導権の取り方。

家庭生活でも同じことをしているのが分かる。

3 :人の夫:2010/03/31(水) 18:49:44 ID:NkeJVBgP
結局のところ、
『穏やかな家庭生活』には男女隔たりなく
高い精神性が必要とされるのではないか。

『結婚が悪い』というのは自己責任の転嫁に過ぎない。

結婚生活の相談を持ちかけられる度に、
その分析結果となることが圧倒的に多い。

ケンカをした話などは、
大抵の者が己の事を棚上げにして、相手を責め、不満を募らせる。

そういう性質を持った人間に結婚など土台無理な話である。
いつも互いのアラさがしに忙しい生活など、
人の心を荒廃させ、人生を味気ないものにするだけだ。
離婚することススメる。

4 :人の夫:2010/03/31(水) 18:53:04 ID:NkeJVBgP
結婚とは、己の対人能力を試される試金石だ。

人を見抜く目も必要とされる。

寛容の精神も不可欠だ。

口で言うよりも行動で信頼を勝ち取らねばならない。

世渡りそのものじゃないか。

5 :名無しさん 〜君の性差〜:2010/03/31(水) 19:28:17 ID:mScLV3uK
ATM乙w

6 :さつま™ (´ω`)yー ◆wWwwWwWwWw :2010/03/31(水) 21:28:19 ID:FMwrnkgo
           .,----、 ゥ,、
           {==±=} ゥ,、
            (( (( ´ω`)) )) ゥ,、
.         (( ( o┳o ))  ゥ,、
.         (( し[圓] )) ガガガガガ?
.           ┻┻

7 :さつま™ (´ω`)yー ◆wWwwWwWwWw :2010/03/31(水) 21:29:32 ID:FMwrnkgo
ずれた

8 :人の夫:2010/04/01(木) 22:02:23 ID:hdMlHHsH
東京で一カ月間、
家庭生活を送るに必要となる金の確認をしてみるか。

家賃については平均となりそうな数字をとる。
城南エリア、東横線・田園都市線及び小田急線の一部においては、
この家賃は当てはまらない。

一部の富裕層は少数派なので参考にならない。
若者にとって無理のない堅実な数字を拾っていこう。

9 :人の夫:2010/04/01(木) 22:16:07 ID:hdMlHHsH
@夫婦共働き+子無

・家賃→¥12万 40u程度
・光熱費→¥3万
・通信費→¥2万
【固定費合計】→¥17万

夫の手取り¥22万(年収¥360万)、
妻の手取り¥17万(年収¥280万)とする。
合わせて月手取りは¥39万。

固定費を引くと、月残高¥22万。
小遣い一人あたり¥6万としても
(この年収にしては贅沢な小遣いだが。)、月¥10万残る。
食費など、それぞれの生活費はこの小遣いで十分なはずだ。

月¥10万×12で年貯蓄¥120万。
ボーナス貯蓄として年2回、2カ月分の支給と低く見ても・・・、
夫¥44万+妻¥34万=¥78万。

海外旅行に一回行っても、¥150万は貯蓄できるな。

10 :人の夫:2010/04/01(木) 22:22:25 ID:hdMlHHsH
@のケースは子供がいないこともあり、楽々だな。

と思いがちだが、
いざ、こういった夫婦と対面すると、
貯蓄額が非常に少ないことが多い。

個人の小遣いが分不相応に多い、という訳だ。

@は気をつけないと、
【子供の小遣い感覚が抜け切れず、
大人になっても使う金額が増えただけ】になりがちだ。

そういう者は男女関わらず、
計画性の無さ、という点で【結婚不適格者】である。

分をわきまえて計画性を持っていけば、
@のケースは十分に暮らしていける。

11 :人の夫:2010/04/01(木) 22:32:25 ID:hdMlHHsH
A夫婦(妻は専業主婦)+子無

珍しいケースだ。
妻が出産を控えており、
産休ではなく会社をやめてしまった場合など
@から、このAに移行することがほとんどであろう。

生涯に渡り、この形式をとる夫婦は珍しいといえる。

@と年収が同じであるときつい。
郊外に移り住まないと赤字となるので、
東京都市部からの離脱は必須だ。

・家賃¥6万 ¥40u
に補正しても厳しい。
夫の小遣い¥5万としても、家計にまわせるのは¥6万。
¥6万から妻の小遣いと生活費がねん出されることを考えると、
夫の小遣いは¥3万程度が現実的であろう。

12 :人の夫:2010/04/01(木) 22:35:18 ID:hdMlHHsH
Aは夫の収入が高くないと、
円満とは言えない家庭生活が待っていそうだ。

逆にAのケースで潤沢な収入を得られれば、
夫婦の生活は非常にゆったりとしたものになるだろう。

ただし、老後の介護への意識は子無なだけに、
十分な前準備ば必要となる。

13 :人の夫:2010/04/01(木) 22:40:46 ID:hdMlHHsH
@の都市型夫婦は、
計画性をもっていけば穏やかな家庭生活を送れるな。

世帯年収¥640万で問題ないわけだ。
そんなに難しいとは思えないな。

5年続ければ、貯蓄は¥500万にはなるだろう。
合算ローンで¥4,000万は住宅ローンを引っ張れる。
¥4,000万前半の不動産も買えてしまう。

スタートの早い夫婦なら20台後半で達成可能だ。

14 :人の夫:2010/04/01(木) 22:49:40 ID:hdMlHHsH
結婚をする際に、
金銭的なデメリットを大きく上げる者が多いが、
そもそも年収¥400万程度で、
月の小遣いが¥10万越えてる時点で狂ってるぞ。

結婚不適格者だな。

15 :人の夫:2010/04/01(木) 22:59:11 ID:hdMlHHsH
単独で¥600万程度の稼ぎがありながら、
【金銭的デメリット】を挙げて結婚を渋る人間は手に負えないな。

しっかりと貯蓄をしているならまだしも、だが。

ちなみに¥500万以下の貯蓄は、
【貯蓄してます】と胸張って言えるような
シロモノじゃないので勘違いなきよう。

16 :人の夫:2010/04/01(木) 23:05:45 ID:hdMlHHsH
金銭感覚の狂った人間が、自分を元に戻すことに抵抗し、
それを結婚生活は金がかかる、と都合良く置き換えて
結婚そのものを否定している。

上記のくだらない構図が見えてくる。

結婚しなくていいよ。
穏やかな家庭生活など無理。

このタイプの人間にとって、結婚生活は墓場です。

17 :人の夫:2010/04/01(木) 23:09:00 ID:hdMlHHsH
まずは金銭面から。

明日以降、子有も検討しよう。


18 :人の夫:2010/04/10(土) 00:26:13 ID:oZ/4LdgY
B夫婦共働き+子有

@の夫年収¥360万+妻年収¥280万、
世帯年収¥640万と同じ収入形態として。

年間出費補正(子供一人当たり)

子供保育園・幼稚園→¥3万×12=¥36万
子供生活費→¥2万×12=¥24万

合計→¥60万

¥150万の貯金が¥90万になるだけで、
毎日の生活が厳しい、ということはあるまい。
産後、妻の復職は外せない条件だな。

ちなみに子供が二人以上だと、少し厳しいか。

19 :人の夫:2010/04/10(土) 00:28:53 ID:oZ/4LdgY
C夫婦(専業主婦)+子有

夫年収¥360万では厳しいね。

保育園は当然、公立を選びたいところだが、
妻が専業主婦では選定からもれるだろう。

夫年収¥600万は何とか欲しいところだ。

東京都心からの脱出は必須。

実家が東京なら両親と同居して、
家賃を無くせば可能ではあるがね。

まぁ、それは限られた人だけの話。

20 :人の夫:2010/04/10(土) 00:31:56 ID:oZ/4LdgY
@・Bを検討してみると、

夫年収¥360万、妻年収¥280万で
子供が一人までであれば、経済的な破棄はしない。

更に、上記の固定費を削る方法がまだある。

※区立保育園や、公立学校への進学の徹底
※公団住宅への入居(抽選ではあるが)  ・・・等。

工夫によっては子供二人でも貯蓄できる生活だ。

A・Cのケースでは、
夫の年収¥600万以上で都内に残れる。

¥360万では郊外へ転居せねばならない。

共通して言えるのは、夫婦どちらかの実家が都内で
同居が可能であれば、何とかなってしまう。

21 :人の夫:2010/04/10(土) 00:33:14 ID:oZ/4LdgY
@〜Cを総括するに、
世帯年収¥600万以上であれば、
東京都内での生活はきちんと送れる計算だ。

そんなに難しい数字だろうか?

【経済的理由で結婚しない】というのは、

【自分のお小遣いが減ってしまうから】というのが本音なのでは?

別に個人の生き方や信条などどうでもよい。
考えを押しつけるつもりもない。

ただし、このタイプは間違いなく結婚不適格者なので、
結婚はしない方がいい。

彼、彼女にとって家庭生活など、
常に物欲我慢の世界、であるだけだ。

向いてない、ということだ。

22 :人の夫:2010/04/10(土) 01:44:35 ID:oZ/4LdgY
年収¥360万も稼げない男は、
そもそも結婚不適格者だ。

自分の食い扶持も確保できない者が、
他人の分も、などと考えることすら無意味だ。
(ガンジーのような清貧もあるが、現実味がない。)

家賃無に加えての金銭的な援助など、
実家同居のフル活用ができれば、
経済的には無理なく家庭生活が成り立つかもしれないが、
それでは『所帯を持つ』ということの意味がない。
子供が子供を産んでも、世間の迷惑である。

このような低所得の男がどうしても結婚を望むなら、
逆タマに乗って、稼ぎのいい女と結婚することだ。
これは自然なことであると思う。

別に男が外で働き、
女が家を守る、という形に拘る必要は全くない。

できる方がやればいい、というのは合理性の極致である。

23 :人の夫:2010/04/10(土) 01:47:53 ID:oZ/4LdgY
ここまでの所をまとめる。

・独立所帯で世帯年収¥600万あれば、
 きちんとした家庭生活は送れる。

・世帯年収¥600万以上が見込める環境でありながら、
 経済的理由を非婚に結び付ける者は、
 『お小遣いが減るのが嫌だ』というタイプ。
 そもそも結婚には向いていないので、
 結婚について考えるのはやめること。
 (出来ないものは出来ない。出来ている人を僻まないこと。)
 自分が送りたいと思うような生き方を追求すればよい。
 そのような生き方も徹底すれば面白い生き方であろう。
 もちろん既婚者が彼らを卑下してよい理由など何もない。


さて、次は時間的なデメリットを検討しようか。

24 :人の夫:2010/04/10(土) 01:54:40 ID:oZ/4LdgY
【自分の時間がなくなるから結婚をしない】というタイプの検討か。
これは退屈だな。性根が既に、結婚に向かない人間であるからして。

答えが出ているわけではあるが、
この手のタイプがどれだけ『自由時間』を望んでいるのか、
この際だから露呈させてみようか。

家電製品の発達、飲食店の充実で、
家事の全てが時間短縮された世の中で、
彼、彼女達は何を追求して生きているのだろうか。

25 :名無しさん 〜君の性差〜:2010/05/26(水) 22:09:13 ID:E05JeI1/
お前ら、馬鹿だな
キャッシュカードなんか渡さなきゃいいんだよ
結婚したら相手のキャッシュカードと通帳、銀行印出させて
家賃光熱費自分のローン全て嫁に払わせる
嫁にはフルで仕事させて、必ず家事も完璧に押し付ける
夜も働かせて、小遣いよこせと言えばそれでいいんだ

26 :名無しさん 〜君の性差〜:2010/07/16(金) 18:27:57 ID:BLDoHx6X
>>1
何かよくわかんないですけど
とりあえず貴方にお勧めのスポット紹介しておきますね。
http://www.toseikyo.or.jp/hospital/21.html

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)