2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【T編集長様】小説すばる【援けて下さい】

1 :茶子:2010/05/22(土) 01:34:21 ID:fyi3N7NI
小説すばるのスレがなかったので立ててみました。
スレ立て記念にT編集長への某漫画家からのラブコールを掲載します。


T様、どうか援けてください。

過去、無知だった私は集英社コミックスの版権を簡単に引き上げてしまいました。
本当に簡単に数分間の電話会話でそれは成立しました。
人のせいにしてはいけないと思いますが、当時悩みがあった私は
勧められるままに簡単にそうしてしまいました。

とても後悔しています。

会社組織では一度決定したことはそう簡単に覆せないと聞きます。
ですが私はあなた様と作った「おれは薔薇」や
I 様と作った「銀の鬼」を
集英社様で復活させたいというのが悲願です。

それらの作品を本当に愛して下さるのは、それらが生まれ育った
集英社様だと信じる私です。

今更雑誌で描かせてほしいという野望までは持っておりません。
集英社様で本を復活させたいという望みだけを抱いております。

あなた様には本当にご迷惑をおかけしました。深く反省しています。
無知な時代の私の失礼の数々を心からお詫び申し上げます。

(つづく)


ttp://fubuki960.blog87.fc2.com/


2 :茶子:2010/05/22(土) 01:36:25 ID:fyi3N7NI
でも一番信じているのも、懐かしいのもあなた様です。
過去にあなた様を結果的に裏切る形になった時、私には何も言う事ができませんでした。
だから逃げました。
そんな筋の通らないことをした私はどんなに非難されても仕方がないです。
すべてを受け入れます。
私事ですが20年以上の天罰も受けました。
あなた様に昔打ち明けた苦しい出来事はその後20年以上続きました。
そして最近やっと解放されました。外側からも内側からも。
今は思います。あれは自分に必要な試練だったと。
ですが多くの方に御不快な思いをさせてしまったことと思います。


どこからか精神病院入院のデマが流れ、いつしかネット上に多数それが書きこまれる事になったのは、すべて自分が蒔いた種なのでしょう。
だから自分で刈り取っていかねばなりません。
一生かけてやるつもりです。

できることは毎日コツコツ作品作りをすることだけです。
そうやってずっと生きてきました。
いくつか作品を作りましたし、「銀の鬼」の新作も描き続けています。

電子コミックという枠内においてですが、それらが徐々に好成績を上げているのが自分を強くもし、
あなた様に対してやっと顔を上げて言う事が出来るような気がしてきました。

私は漫画を愛しております。
作品を愛しております。
お世話になった集英社様を愛しております。
私の作品たちは戻りたがっています。自分を愛してくれる所に。


T様どうか援けてください。
お願いします。

3 :茶子:2010/05/22(土) 01:37:28 ID:fyi3N7NI
*************************************************
皆様には本当にご心配をおかけしております。
温かいコメントも本当にありがとう。
署名をするとまで言ってくださった方もおられました。
皆様が本当に私の本を望んで下さっているのが伝わって来て、胸が締め付けられる思いです。
本当にありがとうございます。でもどうか心配なさらないでくださいませ。

この世のすべての出来事が、人が言うほど単純じゃないですよね。
私の件もそうです。単純ではない。
いろんな偏見や差別や力関係が存在しています。
私も悪いですが、私一人が悪いという事はあり得ないんです。
それが社会というものでしょう。

でもまず自分の愚かさは認め、反省します。
そのうえで許していただけるならば、
集英社様で私の本を復活させてほしいというのが、
そして新旧「銀の鬼」の統合が
心からの願いです。

その事だけが願いです。

それ以外の事はもう何も考えていません。

鬼のように一途です。


4 :茶子:2010/05/22(土) 01:39:07 ID:fyi3N7NI
集英社「小説すばる」編集長T様への私信です
T様、あなた様は私のブログは読んでくださってますよね。
そう信じているんですが、もし関係者の方がこれをご覧になっておられましたら
どうか「小説すばる」編集長のT様にお伝え願えませんでしょうか?心からお願いいたします。


T様にどうしてもお聞きしたいことがあります。
これは私の名誉にかかわることでもありますので、
ブログで読者様達にもお読みいただきたいのです。


5 :茶子:2010/05/22(土) 01:47:11 ID:fyi3N7NI
それを知った時、私にはとても信じられなかったのです。
胸が突き刺されたような気持でしたよ、本当に。
あなた様が悪いのではない事はわかっているんですが、それでもね。
懐かしくて温かい人から水をぶっかけられたような気がしました。


まさかあなた様が関係者の方に、
”茶木さんが漫画家をやめたのは精神的に病んでいてという噂”
とおっしゃったとは。
噂という事でしたが。
ではそれは誰からの噂話としてなんでしょうか?
誰がそのような事を、茶木の最後の担当者であったあなた様に話したというのでしょうか?
具体的に教えてほしいです。


6 :茶子:2010/05/22(土) 01:48:24 ID:fyi3N7NI
その噂話をした人はどんな根拠があって、そんな責任重大な事を
社会的に重い立場のあなた様に伝えたのでしょうか?


私の知っている人でしょうか?
今も昔もほとんど知人のいない私です。
一体誰なのか皆目見当がつきません。
私がその人に一体何をして、そのような事を言われたのか全く分かりません。


どこの誰なのかも

私が何をしたからなのかも

わかりません。


T様どうか教えてください!

私の20年以上の苦しみの答えがそこにあるのだと思います。

7 :茶子:2010/05/22(土) 01:49:05 ID:fyi3N7NI
その人は誰ですか?


8 :茶子:2010/05/22(土) 01:50:00 ID:fyi3N7NI
***************************************
読者の皆様

お騒がせしております。
これは私のどうしてもやらなければならない事なんです。
私が長い間失くしていた信用を取り戻すためには、このデマの謎を解かなければどうしようもないんです。
精神病説。これは全く根も葉もない嘘です。
当時悩みがあったのは本当です。悩んで漫画が描けなくなったのも本当です。
でも描けない時はやめるしかないでしょう?描けないのに描き続ける方が世間の迷惑というものではないですか?
だから私はやめた事を悪いと思っているのではないんです。
最後の担当様に何も言えずに、電話でお話した方にだけお伝えしてやめた事を悪いと思っているんです。
その後担当様にはお手紙を書くつもりでした。
でも書けなかったんです。そうして時が流れて、半年後にそのまま引っ越してしまいました。
悩みは全く解決していませんでした。
それから20年以上も解決しませんでした。
私はどうしても担当様に手紙を書くことができませんでした。
そういう私は弱いです。


9 :茶子:2010/05/22(土) 01:52:22 ID:fyi3N7NI
でも精神病とまで言ってはいけないと思う。
しかも業界内でそんなことにされたら
味方のいない私はどんなに困るでしょう?
だからそのデマの発生元を知りたいんです。

それを何とかしないと、私の本は復活できないでしょう。
多くの読者の方達も私もそれを望んでいても駄目でしょう。

でも私の本への思いは強いです。
そのためには業界の誰かによる私への悪意ある噂、捻じ曲げ、デマ
それらを返上しなければならないからです。

そして私は信じているからです。
T様は本当は私の理解者だと。
たった一人の理解者だと。
その良心に呼び掛けるしかないんです。

10 :茶子:2010/05/22(土) 01:53:57 ID:fyi3N7NI
*******************************
コメントありがとうございます。
ブログにはすべてを書くわけにはいきません。
でも聡明なあなた様にはある程度おわかりでしょう。
これは誰かが悪いというより、この社会の仕組みのせいだと思います。
でも弱者が、その時力を失くしている者が、誰も味方がいない者が
一人犠牲にされるというのが一番簡単な解決法ですよね。
それで他のみんなが丸くおさまるというわけですよね。
私がその犠牲者だと言ってはいけないのかもしれませんが。

今老人介護をしていると本当にそういう事に気付きます。

茶木の”ゴマメノハギシリ”ですよ。


11 :この名無しがすごい!:2010/05/22(土) 16:47:11 ID:VHQLnEUF
なにこれ、きもー。

12 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 18:13:31 ID:6Y+QL663
集英社「小説すばる」編集長T様へ最後の私信
あなた様に質問ばかりしてもどうしようもないって事がわかってきました。
やめますよ。
元々あなた様は全く悪くないのですし。

因習が悪いのですよね。
弱者を犠牲にして体裁を取り繕う体質が悪いのですよね。

誰でも権力を持てばそうなるんだと思う。
私だってそうなのかもしれない。
そんなの持ったことないからわからないけれど。

でもそれをやっちゃ、……それは両刃の剣だよね。
どんなに栄えても結局不幸だよね。
辛い生き方して、辛いなくなり方をするように思う。


私なんか寝たきり老人を毎日見てるわけで。
晩年不自由って、そりゃもう想像を絶することですよ。
逃げ場がない。生きるしかない。
介護するこっちより辛いだろうと思う。
ああなっちゃいけないなって、自分の親のことながらつくづく怖くなる。
誠実に生きる事しか自分を守り幸せに暮らす方法はないなって、恐怖の中で思う今日この頃です。
こんなこと言っちゃ、親が不誠実みたいですね。
まあ母親をずっと見てきましたからね、そして振り回されてきましたからね。
ただね、やはり母の人生は何らかの犠牲になってるなと思うから、許すしかないんです。


ああ、話がそれてしまいました。
T様、あなたはやはり素晴らしい方だと私は思います。
あなたなら変えられる、こんな世の中を。
かなり変えられる。
それだけの土台とその上に乗っかる精神をお持ちだもの。
ことごとく強いなって思います。

お会いできて本当に良かったと思います。
ではこれで失礼いたします。


13 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 18:14:27 ID:6Y+QL663
***********************************************
ど…様
ちょっと前の項目にコメントをありがとうございました!
銀の鬼12はすごい所で続くになってますものね。続きを知りたがってくださってありがとう。13のストーリーはできていて、今せっせと作画中です。

が、長年ずっと一人で創作して来ましたので、
そろそろ編集者さんの冷静な目というものが欲しいなあと思ってる所でもあります。
良い編集者さんは自分の鏡のようになってくれて、いろんなことにはっきり気付かせてくれるのですよ。
何も押し付けないんです。ただ静かで厳しい鏡。

そういうある天才編集者様に(ブログでですが)お願いしている所なんです。
でも奇跡が起きない限り、その方には面倒見ていただけないんです。
まず第一に今は漫画ではなく、小説の編集者さんですし。

奇跡が起きないですかねえ〜?
あ、もちろんそんなことばかりあてにしてないですよ。
ちゃんと自分一人でやりますよん。

でもね、銀の鬼という作品はいつか必ず本格的に復活すると信じてます。
消えないです。どうしたって消えないんですよ。強いんですよ。
私自身あっけにとられてる作品です。

あなた様からの嬉しいお言葉にまた力をいただきました。


14 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 19:19:08 ID:6Y+QL663
関連スレ

【集英社員様訴えて】元漫画家茶木ひろみ53歳*29
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/iga/1263176200

15 :この名無しがすごい!:2010/05/23(日) 19:51:19 ID:6Y+QL663
小説すばるの編集長って徳永真氏のことでおけ?

16 :この名無しがすごい!:2010/05/24(月) 22:00:27 ID:aqWDQXa5
>>ID:fyi3N7NI,ID:6Y+QL663

くだらねースレを漫画業界板以外にも増やすなよ…
相手が文芸に関係するとしても、本人は元・漫画家なんだからpgr

17 :この名無しがすごい!:2010/05/25(火) 15:06:07 ID:kPR1OA27
なぜ過去を向くのかと?
サンタ様コメントをありがとう!
作品は本当に乗ってきてますよ。そのために頑張っている所もあるんです。
信じている人の協力がすごく必要ですから。


人のやってることや生き方は他から見ると奇妙に思える事が多いですよね。
でも誰でも何かに引っ張られてる所はあると思う。
マクベスに見えた幻の剣のようなもの。


もちろんもののたとえですよ。物騒な意味にとらないでくださいね。
私の場合は、剣じゃなくてロゴスですね。


ロゴスを簡単に翻訳することは私はしたくないです。
ロゴスとしか言えない。


それが私を引っ張るんです。
どうしても逆らえないって事が、誰にでもあるでしょう?
結果がどうなろうが自分のせいです。
でもロゴスを信じて、やることをやってるんだとしか言えないです。


18 :この名無しがすごい!:2010/05/25(火) 15:06:58 ID:kPR1OA27
それからね、ブログで悩みを書いてしまった時期もあったから
皆様にも誤解を与えてしまったままなのかもしれませんね。
悪戯電話魔を信じていた年月がありました。確かに。
でもそれは神様からの罰でしたね。過去の愚かな自分に気づきなさいという。
天罰の期間の21年は本当に迷いの時でした。
でも今は思う。本当にそれは自分には必要な試練だったなと。


長い間自分の認識が間違っていたという事がやっと分かった。


理想の編集者には別にちゃんと出会えていたのに、その真価も分かっていたのに、
自分の愚かさ未熟さが目を曇らせていたという事が。(というかその人のレベルの高さに私が合わなかった)
その人から離れてしまったのが人生最大の失敗だったとわかった。
すごーく遅いけどさ。


サンタ様のおっしゃる通り過去に目を向けてばかりではいけないと思います。
でも私の場合、何かが終わってないんでしょうね。過去の。
終わってないんです。
集英社時代の最後の担当様との仕事がまだ。


ぶっ飛びですね。
それを望むのは私のわがままです。
不可能な事ばかり言ってます。わかってます、わかってます。
でもやらねばならなかったんですよ。
失敗は覚悟の上で。

いつもお騒がせしてしまってすみません。


19 :この名無しがすごい!:2010/05/25(火) 15:07:47 ID:kPR1OA27
************************************
も様
ついに読んでくださいましたかっ!あなた様には物足りなかったのではないかと〜。
素敵なご感想をありがとうございました。
まあそのついでと言ってはなんですが、
目覚めシリーズ(銀の鬼7〜)もよろしく。なん茶って。
恋の世界から愛の世界へと移りますの。
*******************************
既にブッキング版を!?ありがとう!!
ブッキング版3巻の先は、電子版(PC)銀の鬼11と12です。

A社さんから新作目覚め編が出ることはまずないです。
その辺の事を読者の方にご説明することは難しいです。
それに私自身がそれを希望していないんです。
銀の鬼作品がこれからも生きていける出版社があるとしたら、
それは集英社さんだけです。
以前にブログに書いた”一社”というのは集英社さんです。

ブッキングさんは漫画出版社のシステム内の社ではないので実現したのですが、旧との統合は無理でした。
A社さんから旧作が出てる以上、すぐには無理なんです。もっと長年かかるんです。
それがこの国の出版社どうしの仁義なんです。

電子コミックも本先行ならいいんですが、新作を電子先行で出すと、
本の出版にはいろいろと問題が出てきて、私の枷となるでしょう。
それに気付いたから電子から引き下がったというところもあります。
”出版社どうしの仁義”
これに銀の鬼は苦しめられています。

すべては私が昔版権を勧められるままに軽い気持ちで引き上げてしまった天罰です。
集英社さんを裏切った形になるのでしょう。

信頼している最後の担当者様に援けてほしいと言うのが私の心からの願いです。
手紙にするべきだと皆様は思われるかもしれませんが、
手紙をご本人に直接出してしまうと、かえって苦しめてしまう事になるんです。
誠実な方だから。すごく苦しまれるでしょう。
その理由はここでは書けません。


それ位私は困難な状況にあると言えます。
後はロゴスを信じるだけです。


20 :この名無しがすごい!:2010/05/25(火) 16:48:29 ID:kPR1OA27
>因習が悪いのですよね。
>弱者を犠牲にして体裁を取り繕う体質が悪いのですよね。

この人を犠牲にして、集英社は何の体裁を取り繕ったんでしょうか?

21 :この名無しがすごい!:2010/05/25(火) 19:44:27 ID:93/+aMOu
私怨で駄スレ立てるな

22 :この名無しがすごい!:2010/05/25(火) 20:12:52 ID:OSdc/knd
>>21
茶木乙
次からスルーするね☆

23 :これ抜けてない?:2010/05/25(火) 20:42:34 ID:OSdc/knd
集英社「小説すばる」編集長T様への私信2

 
私の旧漫画家時代、最後にお会いしたのは
あなた様でした。



そのあなた様の目には、私は本当に精神を病んでいる人間に映りましたか?
担当者になっていただいてから最後の原稿をお渡しするまでの
1年2カ月の間、一度でもそう見えましたか?


何故あなた様はご自分の目より、その噂をした人物の話の方を信じたのですか?


信じたからこそ関係者の方にそのようにおっしゃったのでしょう?


”茶木さんが漫画家をやめたのは精神的に病んでいてという噂”



と、あなた様の言葉で。


[ 2010/05/22 22:46 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

24 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 00:19:11 ID:rbw66uiA
1989年のT氏

ttp://chucky.wiki.fc2.com/image/1989_7%E5%8F%B7%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AC.jpg

25 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 00:58:12 ID:U7uA2YPT
2008年のT氏(一番派手な人)
ttp://kenmogi.cocolog-nifty.com/photos/qualiadiary/furukawamogi20080819.jpg

26 :この名無しがすごい!:2010/05/26(水) 03:43:45 ID:c0VAbwDC
ネットで吼えるしかできないただの臆病者
それが茶木【54歳】
会社か自宅かへ会いに行くなりして本人の顔を直接mite、言ってみろ!笑


27 :この名無しがすごい!:2010/05/28(金) 00:03:55 ID:uCB+Ec7g
>>24>>25そういや少し前にこんな記事もあった

薔薇の編集者
意味深なタイトルですか〜?
あ、いやいやそっち系のお話ではないですよん。


S社時代の「おれは薔薇」の担当様のことです。
花柄の服をお召しになることもあった方なので、イメージとしては遠くありません。
「悪徳の栄え」もその担当様とのお仕事でした。
つまり旧漫画家時代の最後の担当様です。


私の本音はその担当様とまたお仕事したいですよ。
理由はすべてにおいて素晴らしい方だったという事です。
本当ですよ。私にはもったいない程の才能の持ち主でした。
そう、私がその方とバランスが合わなさすぎたんですね。
私にはまだまだ勉強が必要だったんだと思う。
一度漫画家をやめざるを得なかったという事です。


そして時が経ちすぎた。
でも今純粋な本音としては、おしい人から離れてしまったんだなあと思っています。
と勝手な事を言ったってですね、その前にきっと私は嫌われてる。
かなり好き勝手やってきた私だから、もうものすごくご迷惑をかけてしまったんですよ。
会社組織には到底合わないんです、私は。
そんな私を一所懸命かばってくださったんですけどね、かばい切れなかったのだと思います。


今ではその担当様も漫画畑にはいらっしゃらないです。
芸術畑でご活躍中のようです。
当時から本当に芸術的な方だったのですごく納得できます。


その方がお好きだった澁澤龍彦の本は読みましたが、
サドの「悪徳の栄え」はまだです。
いつか勇気を出して読破したいと思います。


でもサドからの流れで、三島由紀夫の「サド侯爵夫人」は読みましたよ。
坂東玉三郎の舞台で観てはいたものの、すごく難解でした。
サド侯爵夫人がサドに裏切られながらも、あんなに長く尽くしてきたのに、
何故最後にあっけなく心変わりしたのかという謎がテーマなんです。
私には難しすぎて長年解けませんでしたが。


私はもしまた薔薇の担当様とお会いできるような事があれば、ぜひそのお話をしてみたいです。
今では私なりに謎が解けましたよと。


人間というのは本当にくだらなくて、でもすごく面白いですね。
サド侯爵夫人もまた私の大好きな”変なやつ”かもしれませんね。
でも私ほどじゃないですかねえ。


…と。

[ 2010/05/12 19:31 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)


28 :ついでにこれも:2010/05/28(金) 00:10:10 ID:uCB+Ec7g
ではここらで一発「おれは薔薇」の半田氏のモデルを発表しちゃうもんね。
名誉棄損で訴えられることもないだろうしさ。
ま、単にモデルよん。全部が全部そのままってわけじゃないですよん。
毒男じゃないし。当たり前か。


そうです。←何がなのさ?

そうですとも。皆様もすっかりお気づきのことと思いますが、
前々項目記事の薔薇の編集者様ですよん。


半田のモデルは「おれは薔薇」の担当様だったんです!


もちろん当時は内緒でしたよ。誰にもね。
でも心配しなくても誰も気づかなかったみたいでした。
なんでだろ?
半田みたいにきつい人じゃなかったからでしょうね、多分。
いいえむしろ人格者でした。
誰よりも精神レベルの高い方でした。
だから今でも一番懐かしいんです。


本当に芸術を愛しておられる方でした。
だから今は集英社「小説すばる」の編集長になっておられます。
きっと芸術の神に呼び寄せられたんですね。


でもおしいなあ。
漫画編集部にいてほしかったです。
だって私は一応漫画家だしさ。
漫画界にいて下されば、またご一緒にお仕事できる奇跡も起きたかも知れません。
漫画畑に戻って来て下さいよ。


懐かしの集英社。
今でもすごく気持が引き寄せられるのは、
おれは薔薇の担当様がいらっしゃる所だからかもしれませんね。


そして「銀の鬼」は集英社生まれですし。

「銀の鬼」の担当編集者の
I 様、本当にお世話になりました。
苦しい時いつも助けていただいたことを忘れません。
新作の目覚め編からは一人で「銀の鬼」を続けています。
コンジョ(根性)ですよ。
いつか読んでくださる日の来る事を心から祈っております。
雲の上の人になられたあなた様に対して失礼な言い方とは思いますが、
またお力をお貸しくだされば幸いです。

[ 2010/05/16 19:57 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)


29 :この名無しがすごい!:2010/05/28(金) 00:23:28 ID:uCB+Ec7g
改めて、ボログを読み返したけど、
この人、同じことをT編集長に向けて何度も何度も書いてたんだね〜

そんなに当時お世話になったのなら、
近著を添えて手紙を書くのが筋だろうにね。
文芸畑では、今も正式な原稿等の依頼は手紙で行われていると聞いたことがある。
本人は、手紙は相手を苦しめることになるとか言ってるけど、
無視されるのが恐いだけだろうね。
まあ、自分なら今の異常な状態を見られて、
「やっぱり彼女は精神病だったんだ」と再認識される方が恐いけど。

30 :この名無しがすごい!:2010/05/28(金) 01:12:02 ID:2wPLwnD6
なんというか…
すごくT編集長より私が上なんですよ!という感情が見え見えの文章だなぁ
聞こえの良いことを並べ立ててはいるけどすべて上っ面だけなんじゃない?


31 :この名無しがすごい!:2010/05/28(金) 15:36:27 ID:WejkINqe
そもそもこの人編集者のこと馬鹿にしてるからね
「編集員」と呼んでたし、編集者の無い事無いこと垂れ流すし。
大体就職=権力の言いなりになることのように書いてるあたり、
社会経験が無いようだし、会社組織を理解できてないみたい。
そういや、社会(会社)の仕組みを理解してる、出版界の中枢を知るワシ、
とかほざいて失笑されてた時期もあったっけ。
二十年前に全作品絶版して引退してからは、
ぼったくり自費出版会社で270冊出したきりで、
商業では一作たりとも出版されてなかったのにw

玉石混交の混乱期にある、自動直後のデジコミにさえ切られるような、
ニーズの無い駄作拾わせて、編集長の立場潰させたいのかな?
そんな公私混同するために給料もらってんじゃ無いのにな。

32 :この名無しがすごい!:2010/05/28(金) 15:41:18 ID:WejkINqe
訂正
自費出版は300冊(うち献本70冊実売230冊)
資金が無く、兄に借りて出版したそうです。
その割に今のブログでぼろくそに言われてた兄かわいそう。
恩人をぼろくそに言うのはこの人の特徴かも。

33 :この名無しがすごい!:2010/05/28(金) 21:35:47 ID:WejkINqe
> ミステリ
> 前項目の私のつぶやき
>
>   
>    …ミュトスが私を漫画界から去らせ
>
>
> まあこれは誰にも分からない暗号詩みたいなもんです。
> だったら書くな!おバカでアホ!
> って聞こえてきそう〜〜。
>
>
> でもね、ただ一人
> 小説すばるのT様には解けるんですの。
>
>
> お読みになっていたら解いてみてくださいな、T様。
> そんなことやってる暇はない?
>
>
> まあ遊びですのでお気になさらずに〜。
>
>
>
>
>
>
>
> [ 2010/05/28 20:44 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)


34 :この名無しがすごい!:2010/05/29(土) 12:57:09 ID:qbO/aT+E
> ロゴスとミュトス
> 前々項目でロゴスについて触れました。
> 私もあんな漠然とした書き方はいけないかなと思い、改めて検索してみました。
>
> 簡単に言う事はできないと思ってましたが、何だか簡単に載っていましたよ。
> さらにさらに簡単な言葉にしてみると
>
> 世界原理
> とか
> 論理、理性
>
> なんだそうな。
>
>
> それに対して、空想や物語などを意味するのはミュトス。
> だそうな。
>
> それじゃ、私の作ってるのはミュトスですね。
> でもさ、何だか長い間私にはロゴスがわからな過ぎていた。
>
>
>
>
> …ミュトスが私を漫画界から去らせ
> ロゴスが私を漫画界に戻らせる…
>
> ただのティーのつぶやきです。
>
>
>
>
> マクベスに見えた悪魔の剣はミュトスかもしれないですね。
>
> 私には誰も傷つけない理性の剣が見えたんですよ。
> それがロゴス。
>
>
>
> それがわかる人です。
>
>
>
>
>
> 後悔していない。


35 :この名無しがすごい!:2010/05/29(土) 13:07:23 ID:qbO/aT+E
> ロゴス(logos)とは、古典ギリシア語の λ?γο? の音写で、
> 1.概念、意味、論理、説明、理由、理論、思想などの意味[1]。
> 2.キリスト教では、神のことば、世界を構成する論理としてのイエス・キリストを意味する。
> 3.言語、論理、真理の意味。転じて、「論理的に語られたもの」「語りうるもの」
 という意味で用いられることもある。
> ロゴスは、ミュトスと対比して用いられていた。
> ミュトスは、最近では" 神話 " とワンパタンに翻訳されることも多いが、
 原義としては、人が語る "ものがたり" や "お話" 全般を指すのであり、
 ギリシャ悲劇や、喜劇、アイソーポス(イソップ)の寓話の題材もミュトスである。
> このミュトスに対して、ロゴスはある。「空想」に対して「理性」があり、
 「物語る言葉」に対して「論証する言葉」があるのである。(Wikipediaより)

ミュトスで漫画界を去るということは、妄想や絵空事におぼれて、
仕事をおろそかにしたと解釈しうる訳ですが。
なんだ、編集者に恋着して仕事ないがしろにして、集英社にイラネされそうになって、
あわててプライドを守るために自分から辞めたことにしたんでしょうかね。


36 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 13:13:35 ID:+vBSJNlu
> 変なブログだとは知っている
> 皆様、このような変なブログを書いている変な私に
> 温かい応援と叱咤激励のお言葉をありがとうございます。
>
> 私のブログは時として特定の個人(それも編集者様)に呼び掛けてしまっているので、
> 読者の皆様としては奇妙でもあり、いらだつ事もおありだと思います。
> もちろん温かくご理解下さる方も多いです。
> 昨日もそんなコメントをいただきました。
>
> 全体的にはとにかく他にはない茶木作品を大切に描き続けてほしいというご意見が多いです。
>
> 本当に私もそう思います。
> そのために頑張ってきました。
> 茶木作品にとって良い方向へ向かうように努力してきました。
> いつも作品が大切でした。これからもそうです。
> 自分の心を広く自由にしておかなければ、自分の作品は生まれません。
>
> こんな自分の考えは会社組織に合わないのでしょう。

> でも雑誌の旧漫画家時代もこんな私だったから、ここまで行き場を失ったのかと言われれば全く違います。
> 自由でした。
> 充実した対話の上に思いがけない良いアイデアが出たりしました。
> そして本当に自由に描かせてくださいました。
> そしてこちらが困った時は相談に乗ってくださり、本当に良いアドバイスをくださいました。
>
> 今は知りません。
> でも昔の集英社様ではそうでした。
> そのようにやらせていただけて私の多くの作品は出来ました。
>
> 版権引き上げとか絶版に関しての知識は全く持っていませんでした。
> 編集者様を信じていればいいと思っていただけでした。
> すごく絶版を勧められましたし、自分も一度全部をなくしてやり直すのもいいかと思いました。
> 確かに気に入らない作品がありましたから。
> アホな私は、良い作品はまたいずれ復刊させるからいいというくらいに思っていたのも事実です。
> だって、「また何か描くかもしれませんからよろしく」なんて
> その時その方に宣言した程でしたから。

37 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 13:14:29 ID:+vBSJNlu
> まあ無知のかたまりでした。
> 無知がご飯食べて生きていました。
> その辺から本での猛勉強が始まったんですが。
>
> いろいろ知っていくにつれ、
> あれはあの編集者様の罠だったんだろうなと気付きました。
> もちろん個人的ではなく、大きな何かの流れでしょうが。
> 出版社さんが社会的問題もなく本の絶版を勧める事はあり得ないとわかりましたから。
> しかも作者から絶版にするのは、出版界ではその後大変不利になるという事も。
> それを知っているはずのその編集者様が絶版を勧めたのは、何らかのお考えがあったとしか思えません。
> 何の問題もなかった私の本を、どうしても絶版にさせたかったという。
> 私の存在を根こそぎ排除したかったのかもしれません。
>
> 無知って駄目ですね。弱いです。
> 人のせいにしてはいけないけれど、社会では簡単に負けてしまう。
> 愚かな過去の私の思い出です。
> でもね、もう何も恐れません。
> 作品作りのやる気が私を強くしました。
> 何作かを発表することもできましたし、何より読者の方が読みたがってくださっている事が嬉しいです。
> そういう作品は消えない。
> 作者の運命がどうであろうが消えないです。
>
> それを信じてやるだけの事をやっています。
> 集英社時代の最後の担当編集者様に呼び掛けるような、この変なブログもです。
> これが果たして意味があるのかどうかは神様だけがご存じでしょう。
>
> 初めにロゴスがあった
> ロゴスは神と共にあった
> ロゴスは神であった
>       (新約聖書、ヨハネによる福音書より)
>
> と、聖書から言葉を借りてもロゴスは深くて本当の意味ではわかりません。
> でも小説すばるのT様にはおわかりになると思います。
> そういう方がおられるから
> 出版界への私の信頼は消えないんです。
> ほとんど消えかかっても…、消えないんです。
>
> [ 2010/05/30 03:23 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

38 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 13:16:38 ID:+vBSJNlu
> はじめにことばがあった。ことばは神と共にあり、ことばは神であった。- ヨハネによる福音書1:1
> Εν αρχη ην ο λογοs,και ο λογοs ην προs τον θεον, και θεοs ην ο λογοs.-- ギリシャ語。
> In principio erat Verbum et Verbum erat apud Deum et Deus erat Verbum.
> αρχηはアルケー。λογοs(ロゴス)とはイエス・キリストの事とされる。(Wikipedeia)


39 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 13:58:24 ID:+vBSJNlu
>>38は茶木のブログではなく聖書の言葉を引用したもの。
この場合はロゴスはキリストを指す言葉であるとされ、
哲学で言うロゴスとは一線を画するので、
茶木の意図する内容を表すための引用として適切ではないであろう。

> こんな自分の考えは会社組織に合わないのでしょう。
> すごく絶版を勧められましたし
いや、作品の方向性がアレになって、会社も持て余したんだと思われる。
デビュー後はデジャヴな漫画、引退前は異常な漫画が多かった。
自分がアシスタントしていた漫画家の先生をパクッた、と本人も言ってるし。

> あれはあの編集者様の罠だったんだろうなと気付きました。
> もちろん個人的ではなく、大きな何かの流れでしょうが。
> 出版社さんが社会的問題もなく本の絶版を勧める事はあり得ないとわかりましたから。
売り上げと採算が見込めない場合は絶版勧めますよ普通にw

> 何の問題もなかった私の本を、どうしても絶版にさせたかったという。
> 私の存在を根こそぎ排除したかったのかもしれません。
かなりの自意識過剰だと思われます。
茶木という漫画家はそんな重要な人間ではなかったです。

なんだか被害妄想が進行してるんですね、この人…

40 :この名無しがすごい!:2010/05/30(日) 14:42:54 ID:FO4wZ2rr
普通に 売れない漫画(=本全般)の在庫を沢山抱えると
自動的に、倉庫代が発生→出版社に損害を与えてしまう
という図式を、いまだに知らないって事だよね

なんという世間の常識を知らない馬鹿なんだw
売れないという事実がある時点で、問題大ありなんだと知っとけ!

41 :この名無しがすごい!:2010/06/01(火) 21:34:17 ID:jfrF6qDA
作品を読んでも感じることだけど、この人もしかして統合失調症ではないかと思うときがある。
幻聴や幻覚が見える、テレビやラジオで自分のことが流れているとか言い出す類の・・・。
そのことを顕著に思ったのが以下2chでの書き込み・・・2年前だけど。
S社で自分のことを大勢で相談してるとか、普通の頭じゃ思いつかないもの



424 茶狸 ◆.5gMh52OB. sage[2008/05/19(月) 16:12:40 ID:???0

>ごちそー様。オー腹がぱんぱんでイイ音でそうだな。陣太鼓だ!
>ぽんぽこぽんぽこぽこぽこぽーーーーん!

>戦も優雅にやらないとな。
>しかし今日は月曜日だから、敵は会社だな。また大勢でご相談中だろうね。
>“恩知らず!“だってさ。ワシがいつ恩知らずなことをやったってのかね?
>電話で廃業宣言したときも誰も止めなかったし、
>コミックス版権引き上げも、蒸し返して絶版を勧められたんだし。
>復帰したいと申し出たのも同じ会社なんだけどね〜。断られたけどさ。

>そういうワシの行動のどこが恩知らずなのか、教えてくれないかな?
>昨日このスレに“恩知らず!“って書き込んだ、○○○○部長様?


42 :ついでに過去ログから拾ってきた:2010/06/01(火) 21:39:04 ID:jfrF6qDA
チャッキーが2chに投下したS英社への愛のメッセージの数々

>今の新社屋には私は入ったことはありませんが、何だかクリームケーキのようで、ひきつけられます。
>入ったことがないのに、心のふるさとというか、ノスタルジーを感じます。

>私は夢見てるんです。
>銀の鬼氏が、あのクリームケーキの館のような会社に呼んでくださることを。
>そしてまた私に漫画を描かせてくださることを…。
>やっぱり私はS社を愛しているんです。S社そのものを愛しているんです。

>私はS社を愛しているから、そこの社員を訴えたりは絶対にしません。向こうが訴えてくるのはいいですが。

>私がどんなにS社を愛していようが…。

>そうだわ、S社で描かせて下さらないかしら?ワ、いい考えかも!
>だってS社を愛してるワシだもんね。S社そのものは愛してるワシだもんね。
>2chがワシにとって母なるふるさとならば、S社はワシの父なるふるさとなのだから…。
>懐かしのクリームケーキの洋館…、この漫画狸にもう一度チャンスを与えてくださいますよーに!
>祈りのぽんぽこ踊りをささげます〜。


43 :こんなのもありましたね:2010/06/01(火) 23:32:18 ID:y5THozfO
507 :茶狸 ◆.5gMh52OB. :2008/05/20(火) 14:20:07 ID:???0
そして、私が自然に任せますと答え、そのままにしてあったコミックス版権の件を
もう一度わざわざ蒸し返し、「どうぞどうぞあなたの希望通りにしてくさい。こちらは誰一人迷惑はかからないし、
誰も困りませんから」と勧めた
○○○○部長様(当時副編集長)と、その背後にいたであろう方々です。

そして、その版権引き上げを理由に、私に“恩知らず”と言うレッテルをはり
業界中に噂を流した権力ある男たち…です。

513 :茶狸 ◆.5gMh52OB. :2008/05/20(火) 16:25:38 ID:???0
銀の鬼氏だけが、この事件の真相を語れる方です。

会社の権力システムで、誰も本当のことは言わないでしょう。やめた漫画家一人を犠牲にすれば、
みんながうまくいく…、と思っているかもしれません。
でも、たとえやめたからといって、嘘の噂を流すのは人道上問題以前にいけないことです。

それに、あの時は私はやめるしかなったんですから。
描く力が落ちていたから…。まず画力がすごく落ちていたし、
アイデアもわいてこない状態でしたから。
これではいけない、仕事を今引き受けても会社に迷惑がかかる…、という判断から
しばらく休んでいたんですが、その半年の間にも、お中元とお歳暮が届いてしまったので、
年明け正月の初旬に、編集部にお電話したのでした。
「こんな状態で、いろいろとしていただくのは心苦しいのですが…」と。
でも、すぐに止めるわけにもいかないようなお返事でしたので、私は決心しました。
私がはっきりせず、立場を宙ぶらりんのままにしてるからご迷惑をかけてしまうんだ、
だから廃業宣言しようと。でも一言付け加えました。
「また描けるようになったら、よろしくお願いします」と。

私の廃業の理由は、これがすべてです。何ら言葉に嘘はありません。
その電話での会話を最後に、編集部からは全く一度も連絡はありませんでした。
だから、快く受け入れて下さったのだと思っていました。

それから3年半後、また意欲がわき復帰をお願いしましたが、だめでした。残念です。

44 :こんなのもありましたね:2010/06/01(火) 23:33:36 ID:y5THozfO
526 :茶狸 ◆.5gMh52OB. :2008/05/20(火) 19:09:00 ID:???0
>>515漫画雑誌界のどこも私に仕事させないと思います。
恩ある会社から、自分で版権引き上げた“恩知らず”
だということにされてるから。

絶版を希望した理由は、今私の掲示板にも書いてあります。
私の初期作品の、ある作品のあるコマで、
当時大変尊敬していた漫画家先生の絵を真似たものがあったからでした。
もちろん、最近問題になっているトレースなどではありませんよ。
でも、その絵を参考にして描いたことは自分がよく知っているわけで…。
それと他にも、やはりいくつか、他から影響を受けた絵やエピソードが
ありました。
そのことが長年私を苦しめていました。
もしかしたら、それから10年以上たって描けなくなり、廃業せざるを得なくなったのは、
その罪悪感からかもしれませんね。

527 :茶狸 ◆.5gMh52OB. :2008/05/20(火) 19:12:06 ID:???0
続きです。
ただ一つ、私が自己弁護として言わせていただくなら、
その尊敬する先生のところでアシスタントさせていた頃、先生ご自身も私の言葉の面白さを
気に入ってくださって、その言葉を書いてもいいか?などと言われたものでした。
私はもう嬉しくて、どうぞどうぞ!なんて答えたのでした。
もちろんそれは私本人から許可をとってのことですから、何も悪くはありません。
ただ、当時すごく若かった私は愚かでした。
いいなと思ったものの影響を受ける事は、それほど悪いことだと思ってなかったんです。
無邪気。一言で言うなら、そういうふうにやってしまいました。
でも年数がたち、プロ意識にもだんだん目覚め、
それと同時に過去の過ちが心の底で自分を責め続けていました。
才能の枯渇…廃業…そして絶版希望の流れは、この通りです。

でも確かに、そのように絶版を希望してはいましたが、
その頃のコミックス担当部長様(○○部長様ではないです)からお手紙をいただき、
ぜひ続けさせてほしい…と書かれていましたので、私としては流れに逆らってまで
絶版にする気はなかったので、”では自然に任せることに”とお答えしてあったんです。
それから半年後くらいだったでしょうか、源泉徴収票のことで編集部にお電話したときに
あの○○○○部長(当時副編集長)様から、その件を蒸し返されたのは。
あとの流れは、何度もこのスレに書き込んだ通りです。
何が何だかわかりませんが、いつの間にか
“自分で版権を引き上げた恩知らず漫画家”という結果的事実だけが、私の代名詞になっていたようです。

そういうわけで、私は漫画雑誌界で仕事をさせていただけないのだと思います。
私がどんなにS社を愛していようが…。
こうして文章を書いていても、懐かしくて涙がにじんできます…。
遠くの満月を見ながら、ぽんぽこぽんぽこ腹を打ち鳴らすしかできません。
…くすん。

45 :こんなのもありましたね:2010/06/01(火) 23:34:31 ID:y5THozfO
113 :茶木ひろみ ◆.5gMh52OB. :2008/06/16(月) 21:18:05

皆様が私に対して疑問を感じておられる点…、どうしてS社デビュー以前のA社デビューを隠すのか?
ということですが、隠してるのではないんです。ぜんぜん違う理由から、胸を張ってA社が私のデビューです、とは言えないんです。
一言で言うなら、あれは無効なんです。A社の仕事をするようになった、あの優秀賞というのが無効なんです。
あれはA社のやらせなんです。”いたずら”という作品は存在しません。当時高校生だった私が、表紙扉一枚だけ描いていたものを、編集部がてっとり早く第一回(だったと思います)の漫画賞発表に利用したんです。
後の私なら絶対にお断りしたでしょうが、17か18だった私にはその意味さえわからなかった…というのが本当でした。
私は社会人になる始まりの一歩をそんな形で踏み出したんです。
賞金も全額じゃなかったけれど、一部はいただいてしまいました。だから納得して了解したということになるんですよね。

114 :茶木ひろみ ◆.5gMh52OB. :2008/06/16(月) 21:19:07
でも、あれから何十年も後悔し続けています。あれは嘘だから。あんな賞は、あんなデビューは嘘だから。
それからの人生、考えてみれば全く根づきませんでした。企画ものばかりやらされ、ほんの少しのオリジナルも全く自分で考えたものではないです。むしろやりたくなかった。
駆け込み寺に駆け込むようにS社で拾っていただいても、12年後には廃業しなければならなくなりましたし。
すべてはあの、やらせの賞から漫画人生を始めたせいでしょう。S社時代のことは自分に大いに責任があります。もう大人だったからです。でもA社でのやらせ賞は、わたしはまだ判断ができなかった。未成年だからです。
コンテストというのは公正でなければならないと思います。神聖なものです。それを十代の高校生に、やらせを勧めるなんてことは言語道断だと思います。私は間違っていました。その罰をいまだに受け続けているのだと思います。
だから私は皆様にこういうしかないんです。あんな始まり方をした私のA社時代は、無効なんです。すべて無効なんです!幻想なんですと。
私のデビューはS社です。

46 :この名無しがすごい!:2010/06/01(火) 23:36:57 ID:y5THozfO
まあ何にせよ、エキセントリックで支離滅裂で、
編集者を無言電話魔のストーカー呼ばわりしたり、
その編集者に求愛したり、救世主のように妄想したり。
自分は陰謀の的であると主張したり。
そういうのをみると、常識的に考えてかかわりたい人種とは……

47 :この名無しがすごい!:2010/06/02(水) 00:19:42 ID:BITSZeqi
私はこの人の表向きは権力を批判しているくせに、
機会さえあればその権力に擦り寄ろうとする姿がたまらなく嫌だ。
この小説すばるの編集長に対しても、以前(上記の2008年頃)は、
ほとんど何も人物評価や思い入れもなさそうだったのに、
名の知れた文芸誌の編集長だとわかるやいなや、
熱烈なラブコールを送るという品性下劣さ、
もう、おぞましいとしか言いようがないな。

>>35
>ミュトスで漫画界を去るということは、妄想や絵空事におぼれて、
>仕事をおろそかにしたと解釈しうる訳ですが。
>なんだ、編集者に恋着して仕事ないがしろにして、集英社にイラネされそうになって、
>あわててプライドを守るために自分から辞めたことにしたんでしょうかね。

↑これが正解でいいんじゃない?
で、現在はロゴス(=神の意思)によって自分は漫画を描いているのだと言いたいんだろうねww






48 :この名無しがすごい!:2010/06/02(水) 00:43:33 ID:BITSZeqi
編集長T氏が精神病の噂を流したという証人(茶木にそう告げた人)がいるなら、
その人を連れて、小説すばるの編集部に行けばいいのに。
告訴も考えているような案件なら、納得するまで編集長を問い詰めるべきではないの?
それもできないくせに、ブログで一方的に批難するなんて本当に最低だと思う。
力を貸せなんて論外だし・・・

やっぱ、偉そうなことを言っても、門前払いが恐いんだろうね。
それとも老婆になった姿をT氏に見られるのが恐いのかな。

49 :この名無しがすごい!:2010/06/03(木) 22:19:53 ID:UJCN5BKp
集英社も小説すばるも、茶木にリアルで交渉させてくれるとは思えないけど、
仮にさせてくれたとして、使えない下手糞である現実を指摘されるのが怖いんじゃないかな。
本当は自分の期待に沿って動いてくれないんだって言うのを見ないふりしてる。
だからブログでほえはするけど持ち込みしない。
しかも、頭を下げて迎えに来ないことを恨んでいるような、
被害者物体い方で自分の不遇とやらを訴えてるという卑怯さ。

もちろん老婆になった姿を見られるのも怖いだろうね、
自分はがりがりじゃない、痩せてる自分は中性的でちょうど格好いいんだ、
って、何故か必死に主張していた過去もあるし。
公私ともに誰からも必要とされない自分、が悔しいんじゃね?
そんなの今までの自分のやってきたことが原因なのにね。

50 :この名無しがすごい!:2010/06/05(土) 11:30:39 ID:Dwx06taJ
T編集長はいくえみ綾がお気に入り!
茶木もいくえみ風に画風を変えたらTさんの目に止まるかもよww

51 :この名無しがすごい!:2010/06/10(木) 14:48:21 ID:4Gwh8Emk
ムリムリムリムリムリ
いくえみ風もムリだし、目に止まるのもムリ
はっきり言ってお呼びでない!

52 :この名無しがすごい!:2010/06/12(土) 02:18:18 ID:15EA+194
> もう異常な時期は過ぎ去った。
> 今の私は健全な生き方をしている。
> 誰かに期待するなんてことはないからだ。
> 自分が頑張ることで、誠実な人たちをこっちに惹きつけようと決めている。
> 私は漫画作家だから、作品で。
> 神様からもらった異常な体験をエネルギーに変えて。
> そういう意味で、本当によかったと思う。
> 異常な20年間を過ごせたことが。

そういえばボログにはこんな記事もあったけど、
結局全然実になっていないようで。
小説すばるの編集長に名指しで頼まなくても、
宣言通り作品で惹き付けて見せたらいいんでね^^

53 :この名無しがすごい!:2010/06/12(土) 08:48:41 ID:4XD5G55g
漫画"作家"って…w
勘違いナルシストのオナニーなんてヲチャしか寄ってこないだろうに

54 :この名無しがすごい!:2010/06/21(月) 10:47:50 ID:KPykamd2
> ますます漫画界からは遠くなり忘れられていく気がしますが、それでもいいという気になりました。
> むしろ一人でやることを選びます。
>
> 旧漫画家時代の最後の担当T様が素晴らしい方だったので、ちょっと過去を向いてしまいました。
> でもすべてはもう過去なんですね。終わったんです。
>
>
> これからも独特な個性を守り、独立独歩の生き方を続けます。


T編集長解放おめでとう!
でもこの婆さん、やめるだの捨てるだの終わっただの忘れるだの公言しておいて、
何度も未練たらしく蒸し返すのが得意技だから気をつけて!

集英社自体は、過去に何度も経験済みだと思うけどw

55 :この名無しがすごい!:2010/06/23(水) 19:41:30 ID:JkImU3VG
編集者に見向きもされないというのは、
商業漫画家として終わっているという意味なので、
何度過去を向こうが未来を見ようが、
現状をシビアに自覚の上、
血のにじむような努力なしには無意味だと思う。

権力にすがろうというあたり、努力する気もなさそうだしな。

56 :この名無しがすごい!:2010/06/29(火) 16:54:29 ID:L6mldkoa
いまのすばるの編集長のフルネームってなんだっけ?

57 :この名無しがすごい!:2010/06/30(水) 00:01:41 ID:3staJ8Zo
ググレカス

58 :この名無しがすごい!:2010/06/30(水) 16:26:59 ID:LDAF+G5x
茶木ひろみ(山智子)は集英社から本を出すのをあきらめて、自費出版することにしたらしい。
編集者というのは、理想的な人間とはかけ離れているようなことをブログで書いていた。
こんな女に頼られたり貶されたりT編集長は大変だね。

59 :この名無しがすごい!:2010/07/09(金) 01:57:13 ID:sxY1XwL2
ht

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)