2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【History】――文明のはじまり――【第十一巻】

1 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/27(火) 21:36:19 ID:ByRSaAza0
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

    ━┓    ┃   ┳   ┏━━┓ ━━┳━ ┏━━┓  ┏━━┓ ┓      ┏
      ┃    ┃   ┃   ┃    ┃     ┃   ┃    ┃  ┃    ┃ ┗━┳━┛
      ┣━━┫   ┃   ┗━━┓     ┃   ┃    ┃  ┣━┳┛     ┃
      ┃    ┃   ┃   ┃    ┃     ┃   ┃    ┃  ┃  ┗┓     ┃
      ┃    ┗   ┻   ┗━━┛     ┃   ┗━━┛  ┃    ┃     ┃

                                   ――――文明のはじまり――――

                    、─‐‐、
            ∧,,∧ || ̄~                 ∧∧
           ミ,, ゚Д彡|                    (Д゚,,)
           _ミ:::::::::::]つ                   _|[:::::)_
          /::ミ:::]つとミヽ 。:。[|;;;;|       。:。   (::(っと[;;):::}
          ヽ::::::::::::::::::::ノ ヽ二フ    ;;)   ヽ二|;;;;|] ー-、:::::==i二二/  /l
             ̄ ̄ ̄      l^ゝ ,;;从, ━―        ̄ ̄'     / メ iiii
                     ノ::} (.'(;;;):;) l^ゝ       ,-(###(・)、 /ノ |ニ|
          。:゚:。 ヽ ̄/    /。,)ゞV/7Vベノ::}        ノ:::::::::::::::::::::ゝ    `-'
        。:゚:。 ̄。:゚:。 ヽ    /^      /。,)ゞ      ヽ:::::::::::::::::::(  _ロ_    __
       | ̄ ̄l_l ̄ ̄|_ノ ,-―-、_,,    /^         {:::::::::::::::::::ノ [_]  /::ヽ::ヽ
       ヽ_ノ  ヽ_ノ  〉::::::::::::::::::ヽ             ヽ_::::_::::_{      /:::::::::ノ::::ノ

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
   【前スレ】:
    【History】――文明の始まり――【第十巻】(ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1269933237/)

   【感想スレ】
    【History】感想・議論・質問・雑談スレッド 2【文明のはじまり】(ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1272249916/)

   【保管庫】:
    Historyスレ保管庫(ttp://www.geocities.jp/history_hokanko/index.htm)

2 :◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:40:24 ID:hrP9tG7b0


【ローカルルール】


   ||二二二二二二二二二[ History――文明をはじめるための十条―― ]二二二二二二二二二||
   ||                                                         ||
   ||      神曰く――                                              ||
   ||                                                         ||
   || 1.このスレは原始人集団が文明するに至るまでの「物語」を描くスレッドである。       ||
   || 2.文章、イラストなどによるネタの提供も歓迎。ただしAA長編板であることは忘れずに。 ||
   || 3.舞台は異世界であり、現実世界から“多少”乖離した存在を出すことも可である。     ||
   || 4.パラレル上等、ネタ被りでも遠慮しない。作品ができたらとりあえず投下推奨。      ||
   || 5.ただしマナー上、他作品の投下後すぐ(半日以内)の投下は非推奨である。       ||
   || 6.戦争やそれに類する大きな展開に関しては、スレ主に一度相談をすること。         ||
   || 7.荒らしに反応する者は荒らしである。悪意的な文言や展開に反応しないこと。      ||
   || 8.ここはAA長編板である。学問議論が白熱した場合、学問カテゴリの板へ誘導を。    ||
   || 9.古代文明レベルの都市が形成された段階を、一応の目標とする。                 ||
   ||    到達できた場合、そこから話を続けるかはその時点での描き手の任意である。      ||
   || 10.たとえ熱血スポコンや密室殺人が始まっても楽しむ心を持とう。面白さは正義。     ||
   ||                                                         ||
   ||     ――なお、チェーンソーの開発、購入、所持は、その一切を禁止とする。        ||
   ||                                    ばらばら、ダメ、ゼッタイ。(※)  ||
   ||                                                         ||
   |,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|

                       ※……分からない人へ。 検索:「かみは ばらばらに なった」


 一人では知識にも描ける量にも限界があるため、描き手さんはいつでも大歓迎です。
 土器作り、石器作り、農業、漁業、畜産、製塩、青銅や鉄の生産、建築、宗教、芸術、測量、
 あるいは人間関係のコツや、集落内の人間ドラマといった技術文化と関係のないものでも。

 何をテーマに、どれだけ描いて頂いても構いません。
 ご参加、心よりお待ちしております。

3 :◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:41:05 ID:hrP9tG7b0


【 できれば目を通しておいてもらいたいもの 】


<描き手と住人、ROMの良い関係を築く為の鉄則>

・描き手が現れたらまずはとりあえず褒める。
・その描き手が凄腕、もしくはあなたの気に入ったなら、とにかく感想レスをつけてみるのが吉。
・感想は作品の内容に言及し、話や技巧、キャラクターなど、どこが良かったとかの感想も付け加えてみよう。
・上手くいけば描き手も気分良く次回作を投下、住人も作品を見れて双方ハッピー。
・それを見て俺も、と思う新人さんが現れたらスレ繁栄の良循環。
・新米やいまいちな職人さんには出来るだけ具体的かつ簡潔に、煽りだと思われないように注意しつつその理由を書き込み。
・それを踏まえての作品が投下されたら、「良くなった」等の言葉を添えて感想を書き込めば描き手の励みに。
・それだけやっても投稿がしばらく途絶えた時は「投下期待」等と書いて保守。
・住民同士の争いは描き手の意欲を減退させるので、スレの空気を大切に。


<これから描き手になろうと思う人達へ>

・いきなりスレに作品を投下せず、まずはローカルルールや今までのネタを確認する余裕をもとう。
・下手に馴れ合いを求めず、ある程度のネタを用意してから継続して投下してみよう。
・感想が無いと継続意欲が湧かないのも分かるが、宣伝、構って臭を嫌う人も多いのであくまでも控え目に。
・描き手なら作品で勝負。下手な言い訳や言い逃れを書く暇があれば自分の腕を磨こう。
・煽りはあまり気にしない。ただし自分の振る舞いに無頓着になるのは厳禁。レスする時は一語一句まで気を配ろう。
・あくまでも謙虚に。叩かれ難いし、叩かれた時の擁護も多くなる。
・煽られたりしても興奮して書き込まない。自演する前にお茶でも飲んで頭を冷やしてスレを読み返してみよう。
 煽りだと思っていたのが、実は粗く書かれた感想だったりするかもしれない。
・そして自分の過ちだと思ったら素直に謝ろう。それで何を損することがある?
 あなたが目指すのは職人や憧れの描き手であって、議論厨、糞スレではないはずなのだから。

 

4 :◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:41:48 ID:hrP9tG7b0





          登場人物一覧や地形地図、各種テンプレートは保管庫へ。

                            保管人さんへの感謝も忘れずにね!

                  ☆
             Α_Α /
               ( ・∀-) バチコーン!!   ∧__∧  ∧∧
               (   / G         (・∀・ )  (・∀・)
               ノ_/__,ゝ         d ¥ )  ,ミ三ミ b
             (__)_)            し `J  く;;し`J


             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     テンプレ、ここまで。
             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 

5 :◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:44:57 ID:hrP9tG7b0











       ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
       |  そういえば……どうしてエーさんは、あんな奴の嫁になったの? .|
       └――――――――――――――――――――――――――――┘











 

6 :2/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:45:41 ID:hrP9tG7b0




       ┌――――――――――――――――――――――
       | その、モランバーグ……あんな奴、というのは……
       └――――‐v―――――――――――――――――
             ┌――――――と う―――と う ―――――――――
             | ハイハイ、お養父サマお養父サマ。 これでいい?
             └――――――――――‐v―――――――――――
         ┌――――――
         | …………
         └―――‐v――


                  ΑΑ             つぃー →
              ( ゚−) アミアミ         ∧__∧
                (O-v-〆          ,o(д-# )o
                  ヽ|xxxx|         (ミ)――一'   ←特技:裁縫
                [二|xxxx|         /  (_(_/[二]
                   `' `'`'

           【毛糸の編み物】     【羊毛紡ぎ(=毛糸作り)】


 

7 :3/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:46:46 ID:hrP9tG7b0



    ┌――――――――――――――――――――――
    | ……私があの人の、“戦利品”になったから……?
    └――――――‐v―――――――――――――――
                      ┌―――――――――――――――
                      | “戦利品”……って、ひょっとして。
                      └――――‐v――――――――――
         ┌――――――――――――――――――――
         | ……私の体格、モララー族と違う……でしょ?
         └―――‐v――――――――――――――――


                  ΑΑ                 ・・・・
              ( ゚−)             ∧__∧
                (O-v-〆          ,o(д ; )o
                  ヽ|xxxx|         (ミ)――一'   ←特技:裁縫
                [二|xxxx|         /  (_(_/[二]
                   `' `'`'

           【毛糸の編み物】     【羊毛紡ぎ(=毛糸作り)】


 

8 :4/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:48:05 ID:hrP9tG7b0



::::::::::::::::::::::::[ モランバーグ脳内 ]:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


        嫁取りは私にまかせろー

             Α_Α
               (  ∀ ) バリバリ
                (  ]つ、   ΑΑ ……やめて
                ノ_/__,)\  (− il)
             (__)ー' ゝ `-/_っc)
                     `―--、_`_〈
                    (_/`J

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           O
                   ( ⌒ )  o
                  `iii´  。
                    ∧__∧   あの野郎ッ!!
                ,o(д #)o
                 (ミ)――一'
                    / (_(_/[二]

 

9 :5/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:49:02 ID:hrP9tG7b0



    ┌―――――――――――――――――――――――――――――
    | ……今、何を想像したかは敢えて聞きません、けど……違います。
    └――――――‐v――――――――――――――――――――――
                         ┌――――――
                         | …………
                         └――‐v―――
         ┌――――――――――――――――――――――
         | 確かに……負けた側の女を連れ帰って、
         |   そのまま嫁にするのはよくある話(※)だけど……
         └―――‐v――――――――――――――――――


                  ΑΑ                 ・・・・
              ( ゙−)             ∧__∧
                (O-v-〆          ,o(/// )o
                  ヽ|xxxx|         (ミ)――一'
                [二|xxxx|         /  (_(_/[二]
                   `' `'`'

                         ※……リアル部族社会でも、割とよくある話


 

10 :6/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:50:06 ID:hrP9tG7b0



        ┌――――――――――――┐
        |   よくある、話だけど……  |
        └――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



              逃げ遅れてたけどさ、どーする?

                                つーかちょっと若すぎね?

                 それに、鳥ガラみたいな痩せっぽちだな……


                  ∧_∧       ∧_∧        ∧_∧
    ;ΑΑ;            (   д )     (д ; )        (д ; )
     ;( −);         (    つ    と    )    ===(    )====X三>
    ;| っc|;           | ||     || |        | | |
   ;cと_ ゝ;          (__)__,)      (__(__)      (__)_)



      ヽ_/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 

11 :7/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:50:52 ID:hrP9tG7b0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                 これじゃ、あんまいい子が産めそうにないな……

         つーか、ここんとこ勝ち続きで、妻欲しい奴も少なくなってるぜ。

                     かといって情けをかけて逃がしたら、後が怖いな。


                  ∧_∧       ∧_∧        ∧_∧
    ;ΑΑ;            (   д )     (д ; )        (д ; )
     ;( −);         (    つ    と    )    ===(    )====X三>
    ;| っc|;           | ||     || |        | | |
   ;cと_ ゝ;          (__)__,)      (__(__)      (__)_)

                          Α_Α 
                     (∀・  )
      ヽ_/            | /  |  〜〜
                       ノ_/__,ゝ
                     (___ヽ__,)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



 

12 :8/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:52:12 ID:hrP9tG7b0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                 うーん。 こんな子供相手じゃ後味悪いが……

           サクッとやっちまって埋める、か?

                        あー、それも手か? どうせ敵の部族だし。


                  ∧_∧       ∧_∧        ∧_∧
    ;ΑΑ;            (   д )     (д ; )        (д ; )
     ;( −);         (    つ    と    )    ===(    )====X三>
    ;| っc|;           | ||     || |        | | |
   ;cと_ ゝ;          (__)__,)      (__(__)      (__)_)

        ペロッ Α_Α 
         彡,っ∀・  )
      ヽ_/ ヽ' /  |  〜〜
              ノ_/__,ゝ
            (___ヽ__,)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

13 :9/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:53:16 ID:hrP9tG7b0



        ┌―――――――――┐
        |   あの人は……  |
        └―――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                   てか…… ウ ラ ラ ー ド 空 気 嫁



                    ∧_∧     ∧_∧         ∧_∧
    ΑΑ            ( д ;)      ( д ;)         ( д ;)
     ( − )         (    つ    と    )    ===(    )====X三>
    | っc|           | ||     || |        | | |
   cと_ ゝ           (__)__,)      (__(__)      (__)_)
           * | +  *
              Α_Α + 
          (∀   )  _  パァァ…!!
      ヽ_/ G /  | *
           ノ_/__,ゝ
              (___ヽ__,)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 

14 :10/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:54:08 ID:hrP9tG7b0




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


             人んちの蜂蜜漬けとかつまんでる場合じゃねぇだろー?

                                  場の空気とか察しろよ……

              いやまぁ、武功は上げてるしそこは文句ねぇけどさ……


                    ∧_∧     ∧_∧         ∧_∧
    ΑΑ            ( д ;)      ( д ;)         ( д ;)
     ( − )         (    つ    と    )    ===(    )====X三>
    | っc|           | ||     || |        | | |
   cと_ ゝ           (__)__,)     (__(__)      (__)_)

              Α_Α
          (・   ) ⊃   ああ、それは悪いことをした。
      ヽ_/ G /  |
           ノ_/__,ゝ      ところで、この蜂蜜漬けって君が作ったの?
              (___ヽ__,)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 

15 :11/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:54:53 ID:hrP9tG7b0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




   ……そう、です。

                   ∧_∧     ∧_∧         ∧_∧
    ΑΑ            ( д ;)      ( д ;)         ( д ;)
     ( − )         (    つ    と    )    ===(    )====X三>
    | っc|           | ||     || |        | | |
   cと_ ゝ           (__)__,)      (__(__)      (__)_)

              Α_Α
          (・   )  ん、じゃあ君は私の嫁にしよう。
      ヽ_/ G /  |
           ノ_/__,ゝ        ――ウララードだ、よろしく。
              (___ヽ__,)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 

16 :12/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:55:34 ID:hrP9tG7b0


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



              ちょ……おま!?

                い、いや問題は確かに解決したがいいのかそれで……!?


                   ∧_∧     ∧_∧         ∧_∧
    ΑΑ !?       ( д ;)      ( д ;)         ( д ;)
     ( o )         (    つ    と    )     ===(    )====X三>
    | っc|           | ||     || |        | | |
   cと_ ゝ           (__)__,)      (__(__)      (__)_)

           Α_Α
          (    )   料理の味付けが好みなので、特に問題はないな。
      ヽ_/ G    |
          ノ____,ゝ                        テュール
              (__)__,)    あ、他に欲しい者がいれば、決闘で取り合ってもいい。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


        ┌―――――――――――――┐
        | ……少し、変わり者だから。 |
        └―――――――――――――┘



 

17 :13/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:56:43 ID:hrP9tG7b0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                いや、無い無い。 お前と決闘とか無いわー……



                   ∧_∧     ∧_∧         ∧_∧
    ΑΑ ……        ( д ;)      ( д ;)         ( д ;)
     ( o )         (    つ    と    )     ===(    )====X三>
    | っc|            | ||     || |        | | |
   cと_ ゝ           (__)__,)      (__(__)      (__)_)

            Α_Α
           (    )   ん。 話はついたようだね。
      ヽ_/ G    |
          ノ____,ゝ     ――それじゃ、君は私の“戦利品”だ。
              (__)__,)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




 

18 :14/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 21:59:15 ID:hrP9tG7b0




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                      ということで、よろしく。

     ……本気、ですか?

                          もちろん。

  この戦いで……私のお父さんを、殺したのに。


                 ああ、君が彼の娘か。 彼はじつに強かった。


                       Α_Α
            ΑΑ       (∀-  )
                ( −)      と[   |
            |  〈        ノ__ゝ
           cと_ゝ       (__(__)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

       ┌――――――――――――――――――――――┐
       | 自分を殺そうとする女を、嫁に欲しい、なんて…… |
       └――――――――――――――――――――――┘


 

19 :14/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:02:46 ID:hrP9tG7b0




                      ┌―――――――――――
                      | こ、殺そうとする……?
                      └――――‐v――――――
    ┌―――――――――――――――――――――――
    | いわゆる、父の仇……あなたに、ちょっと似てるわ。
    └――――――‐v――――――――――――――――


                  ΑΑ                 ・・・・
              ( ゚−)             ∧__∧
                (O-v-〆          ,o(д ; )o
                  ヽ|xxxx|         (ミ)――一'
                [二|xxxx|         /  (_(_/[二]
                   `' `'`'

 

20 :15/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:03:53 ID:hrP9tG7b0



        ┌―――――――――――――――――――┐
        |  だから、ね……私も最初、殺そうとしたの。 |
        └―――――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          )
          (  (             
          ) ) )            
            | ̄ ̄|       ΑΑ  (  
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   ( −) ) ) 
       ` ,;;从炎;火',人, ' 0=と `i' つ▽ Α_Α
         V/7Vヘ,ヘV   と[_,/_,i  (`(・   )
      (:::)(:::)(:::)                ヽ'    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 

21 :16/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:06:15 ID:hrP9tG7b0



        ┌――――――――――――――――――┐
        |   同じ家で暮らし始めて、数日目に……  |
        └――――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          )
          (  ( 
          ) ) )
            | ̄ ̄|       ΑΑ
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   ( −)     ズズ…
       ` ,;;从炎;火',人, ' 0=と `i' つ   Α_Α
         V/7Vヘ,ヘV   と[_,/_,i  ▽д-  )
      (:::)(:::)(:::)                ヽ'    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

22 :18/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:06:59 ID:hrP9tG7b0



        ┌――――――――――――――――┐
        |  雑炊にね……毒草を、混ぜたの。 .|
        └――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          )
          (  ( 
          ) ) )
            | ̄ ̄|       ΑΑ
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   ( −)        …ピタ
       ` ,;;从炎;火',人, ' 0=と `i' つ   Α_Α
         V/7Vヘ,ヘV   と[_,/_,i  ▽д   )
      (:::)(:::)(:::)                ヽ'    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                     ┌―――――――――――――――――┐
                     |  毒? でもアイツ、そのくらいじゃ…… .|
                     └―――――――――――――――――┘


 

23 :19/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:07:40 ID:hrP9tG7b0




        ┌――――――――
        | ……試したの?
        └――――‐v―――  ┌――――――――――――――――――――
                      | 一口で見破られた。アイツ、嗅覚が獣なみ。
                      |  そんで、「食べ物を大事にしろ」ってポカリ。
                      └――――‐v―――――――――――――――
         ┌―――――――――――――――
         | 呆れた……ホントに熱心な子ね。
         └―――‐v―――――――――――


                  ΑΑ                イヤ熱心トカ、
              ( ゚ー)             ∧__∧  ソウイウ問題ジャナク…
                (O-v-〆          ,o(д ; )o
                  ヽ|xxxx|         (ミ)――一'
                [二|xxxx|         /  (_(_/[二]
                   `' `'`'

 

24 :20/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:08:21 ID:hrP9tG7b0



    ┌――――――――――――――――――――――┐
    | 私も、あなたと同じ。 ……一口目で気付かれた。 |
    └───────────――――――─────┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          )
          (  ( 
          ) ) )
            | ̄ ̄|       ΑΑ
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   ( −)
       ` ,;;从炎;火',人, ' 0=と `i' つ   Α_Α
         V/7Vヘ,ヘV   と[_,/_,i  ▽д   )
      (:::)(:::)(:::)                ヽ'    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 

25 :21/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:09:26 ID:hrP9tG7b0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          )
          (  ( 
          ) ) )         ・・・・
            | ̄ ̄|       ΑΑ
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   ( −)
       ` ,;;从炎;火',人, ' 0=と `i' つ   Α_Α
         V/7Vヘ,ヘV   と[_,/_,i  ▽д   )
      (:::)(:::)(:::)                ヽ'    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

            ┌――――――――――――――――――――――――――┐
            |   ……あの人に斬られるのを待つつもりで、目を閉じたわ。  |
            └――――――――――――――――――――――――――┘

 

26 :22/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:10:13 ID:hrP9tG7b0


   ┌―――――――――――――――――┐
   |  でも、あの人は……そうしなかった。  |
   └―――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          )
          (  ( 
          ) ) )
            | ̄ ̄|       ΑΑ
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   ( −)        そうか。
       ` ,;;从炎;火',人, ' 0=と `i' つ  Α_Α   ……そうだな。
         V/7Vヘ,ヘV   と[_,/_,i  ▽д   )
      (:::)(:::)(:::)                ヽ'    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

            ┌―――――――――――――――――――――――――┐
            | 「そうか」、って言って……そのまま食べ続けようとしたの。 |
            └―――――――――――――――――――――――――┘

 

27 :23/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:13:46 ID:hrP9tG7b0


   ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
   |  ……毒草が入ってると知ってる碗を、普段の食事みたいに。 |
   └―――――――――――――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          )
          (  (               △_,.,.
          ) ) )             /  `ヾ'
            | ̄ ̄|       ΑΑ    //
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   (il −)   / カッ!
       ` ,;;从炎;火',人, '   |  ]つ==OΑ_Α
         V/7Vヘ,ヘV   と[___, / //(`(д   )
      (:::)(:::)(:::)            /   ヽ'    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
   | 思わず目を開けて……見ていられなくて。 気づけば、器をはたいてた。 .|
   └―――――――――――――――――――――――――――――――┘


 

28 :24/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:14:33 ID:hrP9tG7b0


     ┌――――――――――――――――┐
     |  たった、それだけの話だけど…… |
     └――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



          )
          (  (               △_,.,.
          ) ) )                `ヾ'
            | ̄ ̄|       ΑΑ  ……作り、直します。
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   (il −)
       ` ,;;从炎;火',人, '   |  ]つ==OΑ_Α
         V/7Vヘ,ヘV   と[___, /    (∀   )  ……分かった、頼むよ。
      (:::)(:::)(:::)                 |    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 ┌―――――――――――――――――――――┐
                 |  ……私はその時、あの人を殺せなくなったの。 . |
                 └―――――――――――――――――――――┘

 

29 :25/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:15:24 ID:hrP9tG7b0




    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――
    | 心の中で、父に謝ってね。 その日から――私、あの人のものになったの。
    └――――――‐v―――――――――――――――――――――――――


                         ┌―――――――――
                         | ごちそうさまです。
                         └――‐v――――――

           ハッ!?
                  ΑΑ                 ・・・・
            Σ (  o )                ∧__∧
                (O-v-〆          ,o(д ;)o
                  ヽ|xxxx|         (ミ)――一'
                [二|xxxx|         /  (_(_/[二]
                   `' `'`'

 

30 :26/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:16:04 ID:hrP9tG7b0



    ┌――――――――――――――――――――――
    | い……っ?! いや、違うのよ……っ!?
    |  これはのろけ話とか決してそんなんじゃなくて……
    └――――――‐v―――――――――――――――
                         ┌――――――
                         | …………
                         └――‐v―――
         ┌――――――――――――――――――――――
         | 確かに物質的にあの人のものになったりもしたけどそ
         └―――‐v――――――――――――――――――  う
                                             い
                                              う
                 ΑΑ                             意
               0( ///) 0           ∧__∧            味
             0 (   | 0          ,o(д ;)o          で
               0 ヽ  ヽ0         (ミ)――一'          も
                [二`J`J         /  (_(_/[二]          な
                                             く
                                              て
                                               あ
                                                な
                                               た
                                              へ
                                              の
                                             参
                                              考
                                               と
                                               い
                                                 う か・・・

 

31 :27/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:16:46 ID:hrP9tG7b0







                      ∧__∧
                  ,o(д ;)o
                   (ミ)――一'
                      / (_(_/[二]



       無愛想に見えて、じつは面白い人だな……

                     養母に対し、そう思うモランバーグであった。


 

32 :28/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:17:38 ID:hrP9tG7b0



                               ・

                               ・

                               ・


    そして、現在――


      ┌─────────────――――――
      |  ――そうか。 そんなことがあったのか。
      └────────‐v──────────



                 Α_Α
                 ( -д-)
                   (  / |        << )
                 ノ_/__,ゝ         ミ三ミ、
                   (__)__)             し`J;:ゝ


                       ∧__∧
                        (   )
                    〈二二]==
                      し `J


      モランバーグは、思う。

            「このジャスという子の母親が、あるいはウララードに出会っていれば」


 

33 :29/29 ◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:18:26 ID:hrP9tG7b0









           そうすれば、何かが変わることもあったのだろうか――と。











                                                つづく


 

34 :◆Civ.a/bGUo :2010/04/27(火) 22:19:46 ID:hrP9tG7b0
>>14のズレ修正版です。
保管の際は以下をお願いします。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


             人んちの蜂蜜漬けとかつまんでる場合じゃねぇだろー?

                                  場の空気とか察しろよ……

              いやまぁ、武功は上げてるしそこは文句ねぇけどさ……


                    ∧_∧     ∧_∧         ∧_∧
    ΑΑ            ( д ;)      ( д ;)         ( д ;)
     ( − )         (    つ    と    )    ===(    )====X三>
    | っc|           | ||     || |        | | |
   cと_ ゝ           (__)__,)      (__(__)      (__)_)

              Α_Α
          (・   ) ⊃   ああ、それは悪いことをした。
      ヽ_/ G /  |
           ノ_/__,ゝ      ところで、この蜂蜜漬けって君が作ったの?
              (___ヽ__,)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



 

35 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/28(水) 13:05:08 ID:0ELjmwee0
この二人と顔見知りになってジャスは微妙な立ち位置になったな 次合い見える時敵として認識できるのか

乙んですた 

36 :01/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:36:44 ID:JGXajqeF0



        ・  ・  ・  ・  ・ 。

             ∧_∧
            (,,^д^)
           ヘl J と)      lニニニ「_」
            (つ と」     iニニニL_lL_l
      ______ "''^~'"´''^"''^~ ______ "''^~"''^~"''^~
      .ゝニノ         Lニニ」
     "''^~"''^~       "''^~"''^

37 :02/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:37:32 ID:JGXajqeF0

     .,〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、
   .  ( やはり、この木では駄目なんでしょうか? )
   .  ( ・・・一体どの様な木がいいのでしょう・・・ )
      `ー〜ー〜ー〜0ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜'
              。゚
             ∧_∧
            (,, ^д)
           ヘl J と)      lニニニ「_」
            (つ と」     iニニニL_lL_l
      ______ "''^~'"´''^"''^~ ______ "''^~"''^~"''^~
      .ゝニノ         Lニニ」
     "''^~"''^~       "''^~"''^

38 :03/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:38:20 ID:JGXajqeF0
     .,〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、
     ( それに、手で直接塗るのはアレですし    )
     ( 何か別の方法を探さないといけませんね。)
      `ー〜ー〜ー〜0ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜'
              。゚
             ∧_∧
            (,, _ _)
           ヘl つと)      lニニニ「_」
            (つ と」     iニニニL_lL_l
      ______ "''^~'"´''^"''^~ ______ "''^~"''^~"''^~
      .ゝニノ         Lニニ」
     "''^~"''^~       "''^~"''^


39 :04/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:39:08 ID:JGXajqeF0





            ウーン……。
             ∧_∧
            (,,^д^)
           ヘl ∞       lニニニ「_」
            (つ と」     iニニニL_lL_l
      ______ "''^~'"´''^"''^~ ______ "''^~"''^~"''^~
      .ゝニノ         Lニニ」
     "''^~"''^~       "''^~"''^
    i /
  n__n -

40 :05/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:39:59 ID:JGXajqeF0
 ┌───────────‐
 |偶には息抜きをしないと、
 |いつか ぶっ倒れるぞ?
 └───v────────

      n__n              、 i
     ._(,,- 0)            - ∧_∧
      く;;;;;ハi     _______       (Д^ ,,)
    <⌒ヽ) |    ゝニノ       ∞  l /
      .し`J    "''^~'"´''      ( と 」'
    "''^~'"´''^"''^~ ________     "''^~'"´''^"''^~
             Lニニ」    .lニニニ「_」
           "''^~'"´''^"'   iニニニL_lL_l
                   "''^~'"´''^"''^~
               ┌──────ヘ────‐
               |え?・・・ええ、そうですね。
               └───────────


41 :06/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:40:50 ID:JGXajqeF0
 ┌───────────‐
 |さっ、僕と一緒に森に行くぞ
 └───v────────
                ┌─────────‐
                |息抜き・・・ですよね?
                └─────v────
      n__n
     ._(,, ゚ー)              ∧_∧
      く;;;;;ハi     _______       (Д^ ,,)
    <⌒ヽ) |    ゝニノ       ∞  l /
      .し`J    "''^~'"´''      ( と 」'
    "''^~'"´''^"''^~ ________     "''^~'"´''^"''^~
 ┌───ヘ────────────────‐
 |ああそうだ、何に悩んでいるのかは想像出来る
 |それに、何かのヒントになれば と思ってな
 └────────────────────


42 :07/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:41:39 ID:JGXajqeF0


           / ̄」    / ̄」
         /   (    /   (
       /     ヽ /     ヘ
       ,'       ヽ      ヘ  キュピーン+
      ,'          ̄`    ヽ
      i                i    ∧
_____l      ,-─、   .  ,─、〈__/ ヽ ,-----
     l      |::::::::|     |::::::| ',      V
     l      'ー‐'      'ー'  ヽ
     .',         ____    l
      .\       |      ソ /
   \|U|U|U|U|U|U|U|U|U|/
  ─                            ─
  ─  タタラがショウと一緒に森に行く・・・だとっ   ─
  ─                            ─
   /|U|U|U|U|U|U|U|U|U|\

43 :08/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:42:26 ID:JGXajqeF0
           ┌────────────‐───
           |俺もショウと一緒に森に行きたい・・・
           └────v───────────
  ┌───────────────‐───
  |無駄口を叩く暇があったら腕を動かせ 腕を
  └────v──────────────

                 ハ,,ハ
                (,, 'д`) -3
                ./  Jし
              〜(   |.|
        オ前ナァ…   し`[ニ]
        n__n    ⌒~⌒⌒~⌒
        .(   x゚) ┌───ヘ──────────‐
        |   U . |そんな事言っても、一緒になぁ・・・
       <⌒  | ..└──────────────

44 :09/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:43:14 ID:JGXajqeF0
  ┌───────────────────‐
  |それに、この作業がもしも今日中に終わったら
  |ショウが喜ぶかもしれんのにな
  └─────v──────────────
          n__n
      ε- (д- x)
         (つ 、ヽ
         ||  (ノ⌒>
         [ニ]`J
       ⌒~⌒~⌒~⌒   ショウガッ
                Σ ハ,,ハ
                 (゚д゚ ,,)
                 Jし ヽ
                  ||   )〜
                 [ニ]`J
                 ⌒~⌒⌒~⌒



45 :10/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:44:07 ID:JGXajqeF0

       この作業が今日中に終わる
              ↓
           ショウが喜ぶ
              ↓
          俺が頑張ったら・・・?
              ↓
          ショウが俺にお礼を



              ハ,,ハ
              (゚д゚,,)
              |  |


46 :11/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:44:54 ID:JGXajqeF0
       ┌──────────────‐
       | そ、その・・・ありがとな 馬鹿兄
       └───────v───────
   *                   / ̄ ̄\    +
          / ̄ ̄\       /      ',
     +  . /       '、 __ ./        l *
       .  l          >  . ̄ヽ        l
  *      l                     ,'    *
         \                、 /
      *   ヽ  /             Y    +
             Y     _    -─‐-、 l
    +  .     l     ̄  `'   ィ==テア l        *
            l    ィ==テァ、   弋__ノ 〈
        +   l     弋__ノ      ///// l   *
             '、  /////    `     /
    *          、       /`ヽ /       +
              >     ,ゝ仏 'ヽ      ※妄想です。
          ._,、ー' ̄'ー─-、 / ヾ/  ゝ==、
         /        ヘ ヽl  /  /   ヽ
        /          ヽ |  . /´     ヘ



47 :12/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:45:48 ID:JGXajqeF0
         ……。
          n__n
       .  (x-д゚)   ┏━━━━━━━━━━━┓
         (つ 、ヽ . ..┃..イズモのやる気が100%に.┃
         ||  (ノ⌒> ┗━━━━━━━━━━━┛
         [ニ]`J        [ニ]
       ⌒~⌒~⌒~⌒  .. ..  || う
                  ハ,,ハ ||  ぉ
                ('(*゚Д゚)')   お
                 ヽ  (     お
                .  l   )〜    オ
                  L/`J        ッ
                 ⌒~⌒⌒~⌒     !!

48 :13/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:46:33 ID:JGXajqeF0
┌─────────────‐
|良かったのですか? シャモン様
└───v──────────
               ┌──────‐
               |ん? なにがだ
               └────v──
 ┌───────────‐
 |妹様が喜ばれるという嘘は
 └───v────────
     .∩∩             n__n
     (,, ゚Д)            (д゚ x)
     U  |             (つ 、ヽ
     〜   .|             ||  (ノ⌒>
     (( (ノ ヽ)            [ニ]`J
   "''^~'"´''^"''^~    ;:;:    ⌒~⌒~⌒~⌒
                 ┌───ヘ─────‐
                 |ああ、それの事か
                 └─────────
              ウォオオオオリャァァアアッ!!


49 :14/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:47:23 ID:JGXajqeF0
┌────────────────────────────‐
|今の作業が終わる、すると他の作業が進む、他の作業が進むと
|タタラがしたい事に集中できる、そして何かを生み出したりする、
|何かが出来たりすると、結果的に ショウが喜ぶ。 っといった感じだ
└───────────────v─────────────
  ┌─────────────────────‐
  |そうだとしても、イズモ様はガッカリされるのでは?
  └─────v────────────────
         ┌─────────────────‐
         |あの馬鹿は ショウは素直じゃない と
         |勝手に思っているから 大丈夫だろ。
         └─────────v────────
                      n__n
                     h(゚д゚x)
                     .Tl   、ヽ
           ナルホド      | |  (/^>
           ∩∩        [ニ]/`J
          (   ,,゚)
          |  |

50 :15/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:48:11 ID:JGXajqeF0
  ┌──────────────‐
  |では、お昼の準備をしてまいります
  └──v────────────
                ┌───────‐
                |ああ、頼んだ
                └───v────

     .∩∩             n__n
     (,, ゚Д)            (д゚ x)
     U  |             (つ 、ヽ
     〜   .|             ||  (ノ⌒>
     . し`J    .        [ニ]`J
   "''^~'"´''^"''^~    ;:;:    ⌒~⌒~⌒~⌒

51 :16/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:48:59 ID:JGXajqeF0
    , ゞ:.ミ      ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :;.:    , ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;:.ミ,          :;.::;, :;.
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,'     ,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; "+;.:;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :;,:;、,"'.:.:;,    ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,
;: ;: ;:  ; ::; : ;:;* :; :  ,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.  ::;,'ミ:.ミ,":;.::;, : :;     ":;;;: : ;: ;: ;:,:;、,"'.:.:;
:;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:,:;、,"'.:.:;, ゞ :.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,",:;、,"'.:.:;    , ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :
::;...;;.;;::;.:".:;.:'"゙:.:゙,,:;、,"'.:.:;, ゞ  :.ミ,":;. .,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":     ;.::;, :;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.,":;.::;, ".:;.:'
:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;, ,:;.   :::+ '.:.:;, ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ," +    :;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :'"゙:.:゙,:;、
,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:,:; "   ヽ  ' ;,`゙ゞ/:.  ミ,":;.::;,'/ミ:. ミ,":;.::;, "         .:;.:'"゙:.:゙,:;、,",:;、,"'.
,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,..//:;.:,     +;|:;|.::;,'ミ:.ミ,":;., ,\":;./;, ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,             ",:;、
:;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;/,/:.:;,        `:|'"|゙:.:゙,一方 二人は。.:".:;.:'"゙\:.:゙,|:;、
":;;;: : ;:. /;:/ ;         ::|":;|;;: : ;: ;: ;:  |;|::; : ;:; :; :  :: :;,\\;
;: ;: .;: / ; /::;           | i;;ii:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ | .|ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::丶\: :;
:;.: /,: ;.,/:;,`゙           i :;;ii|:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙|ゞ:|.ミ,",:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,"\:;\;., ...+ .. ..   . ... .
/ ::;. /..;;.;;::;.: ... .. ..   . ... ... |i;;ii:i;|":;.:,:;.,:;,`゙ゞ|:.i;;,|":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :;、,"'.:\.;,\:;,':
:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"... .. ..   . ... ... ;.,:;|::;..;;..|:.:;, ゞ:.ミ,":.|:,:;.,:;|,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :丶"゙::\:;、
,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,":;.|:,i;;ii:i;;|`゙ゞ:.ミ,":;.|:;,i;;ii:i,":;.::;, ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,",:、,,,"\'.:.;,  . .. ..
,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,|i;;ii:i;;i:i;:.|ミ,":;.::;, |i;;ii:i;;":;:,:;.,:;,`゙ゞ:.,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.,:,;.;.,:;\,`゙:.\ミ,":;.
:;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:|;.:'i;;ii:i;;i:|;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`,;,,:;,': ,.,:;\.:::;.:;\.:'"゙:.:

52 :17/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:49:44 ID:JGXajqeF0
;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, .|ill|
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i|     ||!li!i|       Yii!    .|ill|
il|!ll|    |l|!|   |!!iilln__n    ||liii!|       |!,ii    |l|!|
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从l(,,゚ー゚)_. ..|il|!ウーン….   ..|ill|     vv|M
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.vく;ハ;;;;;ゝlw;;∧_∧,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw
             .l.  (ノ.」  (д^ ,,)
             L/ ヽ) )) ∞ (「ニi
                    l  .Lニ」
                   (ノ ヽ) ))


53 :18/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:50:34 ID:JGXajqeF0
     ┌───────────‐
     |まったく、君というヤツは。
     └─────v──────
            ,- -, ─ 、
           __/_/     ヽ
         /      、.    |
         ,'        ヽ ./
         〉  ──、    Y
        r'   ー‐‐     l
    、_  ', --、  ,,,,    /
        \.___  ,  ,-ー';;;;ヘ.「ニニニニニニニl
           ,イ /ソ~~:::::::'i;;'|   .      |
          //.ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;、;;|   .      |
          〈:::::::/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;彳         |
          i::::::::::::::::ヽ  ヽ .          |
          |:::::::::::::::::::ゝ  〉        |
          .f===== /  /          |
         ./::::::::::::::r'   「',L_____」 
         /:::::::::::::::::~L__ノ `ー─ 、     iヽ
       . ;'::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::ー─、ヽ   ノ ノ ))

54 :19/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:51:16 ID:JGXajqeF0
;;.ii!;;::,,、"";; ┌───ツェペル──────────‐ .  |i||
il|!ll| Y ;;/,,|どうせ、 漆 の事で悩んでいるんだろ?   .|i||;;:::
.|lii!|ノ )`~...└────v────────────  .||i|
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|
il|!ll|    Yii!   .|!i..┌────────────────‐
il|!ll|    |!,ii    |ill||ええ、完成した物をどうやって塗るか・・・
.|lii!|    |ill|     |!!ii└────v────────────
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i|     ||!li!i|       Yii!    .|ill|
il|!ll|    |l|!|   |!!iilln__n    ||liii!|       |!,ii    |l|!|
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从(0 -,,)_  ..|il|!ll|       |ill|     vv|M
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v.iハ;;;;;ゝlw;w;∧_∧,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw
             l.  (ノ.」  .(Д^ ,,)
             L/ ヽ) )) ∞ (「ニi
                    l  .Lニ」
                   (ノ ヽ) ))
         ┌───────ヘ─────────‐
         |さすがに手で塗るのは塗りにくいですし。
         └─────────────────
   ┌───────ヘ─────‐
   |なんだ、簡単な事じゃないか?
   └─────────────


55 :20/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:53:53 ID:JGXajqeF0
ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|   <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|...┌──────────────‐
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ " |アレを殺して その毛で作ればいい
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソ...└──────v────────
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ  ビクッ ~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙ そ ,. ., __         "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,
     "'''''''''"         て 〈゚x ゚;の`:‐:-、_
 ,..,.,.,.,、               i,,;:; :;.,゙:; :;:゙'i´              ,..,.,.,.,、
           ''''""'"'''"""  ゙u'‐'uー‐゙u'
;;;ゝ);;));ヾ;;)              ,..,.,.,.,、        ,---、
))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ                    ヽ  ヽ
;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)   iijww、ii.       """~"  ヽ  `ヽ,--、
ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))                    {、へ  ヽ

56 :21/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:54:53 ID:JGXajqeF0
              ┌────────────‐
              |それは考え付きませんでした。
              └──────v──────
      ┌───────────────‐
      |ただし、今ここで殺すのは駄目だな
      └────────v─────‐─┐
            |ええ、そうですね。    .└────
            |手持ちは漆掻きの道具だけですから
            └────────v───────
                  n__n
                 (゚ー゚,,)_
                 .く;ハ;;;;;ゝl  ∧_∧
                . 〈l.  (ノ.」  (^Д^,,)
                   し`J   ∞ (ニi
                        l   L」
                        .し`J
        __ ., . .,
    _:-:´:: の;゚〉
    `i゙:;: :;::゙;: ;,,,i
     .`u゙ー゙u'-u'

57 :22/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:55:43 ID:JGXajqeF0
       ┌── ツェペル ─────‐
       |さっ、 漆 を採りに行くぞ
       └───v───────
     ┌────────────────
     |良いヒントになりましたよ。 ショウさん
     └─────────v───‐───
         ソレニ礼ナラ羊ニ言エ
            n__n
           (ー゚ ,,)_  エエ、ソウデスネ。
           .iハ;;;;;ゝl  ∧_∧
           .l.  (ノ.」  (Д^ ,,)
           L/ ヽ) )) ∞ (「ニi
                  l  .Lニ」
                 (ノ ヽ) ))
     ┌─────ヘ───────‐
     |息抜きに来て良かっただろ?
     └─────────────

58 :23/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:56:31 ID:JGXajqeF0


         ・ ・ ・ ・ ・ 。


          ._, 、_ __
         〈゚x ゚:の`:‐:-、_
           i,,;:; :;.,゙:; :;:゙'i´
            ゙u'‐'uー‐゙u'



59 :24/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:57:22 ID:JGXajqeF0
           _       _    i' :::::::::::::;;;;;;;;;;:::::::::::|
         /  ヽ .  / \  .i':::::      ::::::;;;;;|
         |   .',_/    l  i' :::::::::::::  :::::::::;;;;;;|
         \/     、  /  i'  :::::::::::::::::::: :::::::::|
         . /        Y   i' ::::::::::::::::    :::::::::|
         . |        〈    i'       ::::::::::::::::|
         . ヽ        ノ    i' :::::     ::::::::::::::::|
        7ーー──'´ ̄\    i'    __ :::::::::::;;;;|
        ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;ゝ   l'  --__ ̄ ̄ :::::::;;|
         ヽ、;;;;;;;;;ノゝ、;;;;;;;;;;」   ,、、、 ‐─ ̄ ̄ ̄ ::::;;;;|
          ヽ::::::::::::::::',  ',  Lニn_〉 lllllll'''''''''''' .::;;;;;;;|
    __        'i:::::::::::::::::',  '、__/  / ;;;;;;;;;;;    :::::::;;;;|
  .,,-''" ."''-.,    ト======'、__/        ::::::::;;;;;|
 / ,''´  `, ヽ  /::,-─- 、::::::::',  .i'  :::::::::::::::   :::::::;;;;|
 | i     i .i /:::::ゞ;'´:::) ):::::::|  i' :::::::::::::: ;  :;:::::::;;;;;;|
 ゝ'     .'、 `''‐--─''´ ,'':::::::::::|  i' :::::::::::::::::::: .::::::::;;;;;;;ミ|
        / ̄"""^~:::::::::::::::::|  i' ::::::::::::   :::::::::::;;;;;;ミミ|


60 :25/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:58:17 ID:JGXajqeF0
  (:: :: :; :(_ ; ; <ミ : 。゚8(: ┌────────────
   |l;:;:l| (_ ;;:;: ;。,ヾミ:;;ゞ: |おや? あれはなんですか?
   |i(~;:;:; (_:;: : 8。゚\(ヾ_ └─────v──────‐
   |i;|:;l|(_::: ゞ;:;(_:;;:;: ヽ; ;:: ;:;:/ /8゚。←アレ ヽ; ; (_;; :  |il;;il|
   |ii;:!:|   .Yi::;il|   |;; : :;:.:i/ ゚゚ ..||!lii!i|    Yiii!  ..  |i::li:|
   |;:il!;|   |il|lll;|    i';:;:__;:;li   |l::|il!.|   |;;:!|    |;:li;:|
   |l|i;;i|   |;;ilin__n i'==- ki   |i;:|il;!|   |lil!|    |i;;l:;|
  m.wwl;::wm ;w(   ,,゚).i'; :;: ;:.ミi  w W ::wmwwl;::wm:;:ww;:W;;
         く;;;;;;;;;つフ.; :;:;:ミi
   .    iニニ<⌒' .|ノwjiヘ;k;ゝ::wi
      .L_」 .し`J w::: wv ::w (  ゝ ゝ
┌──────ヘ─────── .l 「ニニi
|ああ、あれは この木の果実だな .(ノ.L_」
└─────────────‐  し`J
           ┌────────ヘ─────‐
           |どうしてアレは採らないんですか?
           └──────────────

61 :26/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 22:59:11 ID:JGXajqeF0
┌ .カーキ ──────────────────
| 樹液 で被れるからな。その果実も駄目だろうな
└──────v──────────────
  (:: :: :; :(_ ; ; <ミ : 。゚8(: |一度食べましたか?
   |l;:;:l| (_ ;;:;: ;。,ヾミ:;;ゞ: ::::└─────v───   |ill;!|
  ┌───────────────────‐ !|ill|
  |ああ、食べたが人の食えるもんじゃなかったな _il;;il|
  └─────v────────────── i::li:|
   |;:il!;|   |il|lll;|    i';:;:__;:;li |それでお体は? .  |;:li;:|
   |l|i;;i|   |;;ilin__n i'==- ki └───v───‐. ..|i;;l:;|
  m.wwl;::wm ;w(   ,,゚).i'; :;: ;:.ミi  w W ::wmwwl;::wm:;:ww;:W;;
         く;;;;;;;;;つフ.; :;:;:ミi    ソレモソウデスネ
   .    iニニ<⌒' .|ノwjiヘ;k;ゝ::wi  ∧_∧
      .L_」 .し`J w::: wv ::w (^,,   )
                      l 「ニニi
                       (ノ.L_」
                     . し`J
┌──────ヘ────────────────‐
|無事じゃなかったら、今ここにこうして僕は居ないだろ?
└───────────────────────


62 :27/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:00:12 ID:JGXajqeF0
━━━[パチュリーからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           漆の果実はどうか知らないけど、漆の樹液を使った料理なら
           この世に存在してるわ。 中国の山奥にその料理を出す店が
              _        あるらしいけど、詳しくは知らないわ。
       _, -'´  ̄    ̄`丶、   その料理を食べる前に、漆に対して反応しないように
     /´           、、 \  __  するための薬を飲んで それから食べるそうよ?
    〈 ,、 r-、 rクィニLfフ_r.、,r、 } ヽ `〈  } /〉 漆の料理は様々なスパイスが入った
  [二ゞ、(ソ´ゞ' `´ : : `´`ゞニノ  }_  Y⌒)<_  漆の樹液と鳥丸ごとはいった鍋らしいわ
| ̄_〈,ゞ-': : : : : : : : : : : : : ゝ、__,.ノ、 )-、{ r'´`ヽ>             ちなみに色は漆黒ね。
レ'´ /: : : : : :/: : : :ヽ: : : :ハ: :i ヘ: : : ヘイノ⌒ ,ノ
.  ,' : : ,' : : {: : : : : :|!: :_,斗-|、_!: : : :ハ  , -' その料理を食せばこの世の物ではない程
  l: :i: :l : : _」、_,ノ レ'  二 _ ! : : : : ト-'  美味しいらしいけど、万人受けする料理じゃない。
.  ! ,ゝ ヽ,<, ゝ__    '´!o:::::|ソ : i: : |  その理由は漆に体性の無い人は1億人に一人の割合
.  `ー'フ ハ '´!o::::i      ゞ- '/ : : | : !   体性の無い人がこの料理を食べたら臓器が被れて
  ,r‐'三ニヽ∠二三三_ヽ  ノ: : : :l: : l   痒くて死ぬらしいわね。 食べるときは自己責任ね。
/´ ̄.:.:.:.:.i ̄`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y : : : : / : : l
!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: :__,ノ: : : :j                  と本には書いてある。
.!:.:.:.:.:.:.:.__|:.:.:.:.|__.:.:.:.:.:.:.:.r-'ヾ ヽ: : : /
 !:.:.:.:./´ .}`¨´{  `ヽ、.:.{  ノ } ,ノ  ちなみに、作者はとあるブログで知った程度の知識
 .!:.:./  .} || ||{  ヽ 丶`¨i´_ノ´    だから、知っている事はこれ位の事らしいわ。
 f´`(_)´`ヽ .||,ゝ  ヘ   ̄ノ
 ヾ、ノ|ゞ-イ|| .|| `7_,、_ _ト- '
  ∠,,ハ__| || || .||_,.ィ´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

63 :28/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:01:01 ID:JGXajqeF0
┌───────────────────‐
|この果実も何かに使えるかもしれませんから
└───────────────v────
  (:: :: :; :....|採ればいいんだろ?   ;:.  、"";;,,;;,゛  |il|ill
   |l;:;:l| (_..|量はどの位必要だ?.  ;;/,,""      |ill;!|
   |i(~;:;:; (└──v─────── ~...,,,,,,.....,,,⌒)   |!|ill|
   |i;|:;l|(_::: ゞ;:;(_:;;:;: ヽ; ;:: ;:;:/ /8゚。. li::;|(;;,,ヽ;;;...(_;; :  |il;;il|
   |ii;:!:|   .Yi::;il|   |;; : :;:.:i/ ゚゚┌─────────
   |;:il!;|   |il|lll;|    i';:;:__;:;li .  |とりあえず、沢山で。
   |l|i;;i|   |;;ilin__n i'==- ki   .└─‐v───────
  m.wwl;::wm ;w(  ,,-).i'; :;: ;:.ミi  w W ::wmwwl;::wm:;:ww;:W;;
         く;;;;;;;;;つフ.; :;:;:ミi
   .    iニニ<⌒' .|ノwjiヘ;k;ゝ::wi  ∧_∧
      .L_」 .し`J w::: wv ::w (^,,   )
    ┌────ヘ──‐       l 「ニニi
    |ああ、わかった    .    (ノ.L_」
    └───────       し`J

64 :29/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:01:55 ID:JGXajqeF0
















65 :30/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:02:48 ID:JGXajqeF0
   ┌───────────‐
   |さて、これをどうすれば・・・
   └───v────────
        ∧_∧
       (,, ^д)
        l  ∞  。゚。゚。
      〜Lつと) Lニニ」
     "''^~'"´''^"''^~'"´''^


                    n__n ))

66 :31/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:03:45 ID:JGXajqeF0
 ┌────────────‐
 |おや、その木はなんですか?
 └──────v──────

                     n__n
                    (゚ー゚,,)
                   [ニニとゝ
            i ,        l  ⌒>
          ∧_∧ -      し`J
          (   ,,^)    "''^~'"´''^"''^~
      。゚。゚。 .(   l
     Lニニ」 (  〜
     "''^~'"´''^"''^~'"´''^
   ┌──‐ テウ ────────ヘ─────
   |最近、.鉄とやらのお陰で堅い木を
   |伐れるようになったからな。少し貰ってきた
   └──────────────────

67 :32/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:04:52 ID:JGXajqeF0
     ┌──────────────‐──
     |あと、堅い木を加工する為の道具を
     |借りてきたから、何かできないか?
     └───────────v─────
                     n__n
                    (゚ー゚,,)
                   [ニニとゝ
              .        l  ⌒>
          ∧_∧.        し`J
          (   ,,^)    "''^~'"´''^"''^~
      。゚。゚。  .l   )
     Lニニ」 〜   .)
     "''^~'"´''^"''^~'"´''^
  ┌─────ヘ─────────‐
  |そうですね、何か作ってみましょうか
  └───────────────


68 :33/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:05:43 ID:JGXajqeF0

 1.まず、道具などを使い堅い木を削っていく


        ∧_∧     n__n
      .  (,,^Д^)    (ー゚ ,,)
   。゚。゚。   .l ._」 φ ))  しし;;ゞ⌒j
  Lニニ」 〜Lつニニ]   '、_'、__,
 "''^~'"´''^"''^~'"´"''^~'"´''^"''^~'"´"''^'"´''^"''^

69 :34/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:06:33 ID:JGXajqeF0


 2.木を削り、木の形を
      ある程度整えると「絞り舟」の完成



        ハイ、完成
                 オォー
        ∧_∧ニニフ n__n
      .  (,,^Д^)')   (ー゚ ,,)
   。゚。゚。    l J  / . (( ハ ;;;ゞ⌒j
  Lニニ」 〜Lつとi    '、_'、__,
 "''^~'"´''^"''^~'"´"''^~'"´''^"''^~'"´"''^'"´''^"''^

70 :35/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:07:37 ID:JGXajqeF0


     3.次に火を用意して・・・

   ,〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、
   ( もっと、簡単に火をつける様な )
   ( 道具を考えないといけませんね )
   `ー〜ー〜ー0ー〜ー〜ー〜ー〜'
           。゚ グリグリ
         ∧_∧   . n__n
        (,,^Д|| ))    (,, ゚ー)
   。゚。゚。    / つ||0  .ミ .しし;;ゞ⌒i
  Lニニ」 〜Lつニニニi ミミ '、_'、__,lニjニフ
 "''^~'"´''^"''^~'"´"''^~'"´''^"''^~'"´"''^'"´''^"''^

71 :36/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:08:25 ID:JGXajqeF0


  4.そこに土器を乗せ、水を入れ
         漆の実を入れ蓋をする。


        ∧_∧          n__n
         (,, ^Д)         (ー゚ ,,)_
        ./   l  .___    iハ;;;;;ゝ'
       〜ヽ) l  Lニニニ」    l (ノ⌒>
   Lニニ」  し`J ロ'((炎))'ロ   し`J iニニフ
  "''^~'"´''^"''^~'"´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;´''^"''^~'"´"''^'"´''^"''^

72 :37/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:09:15 ID:JGXajqeF0

   5.漆の実が蒸すまで、麻糸で芯を作る。


                            n__
      ∧_∧                   (,, ゚
      (,,^Д^)   .___∬___           く;;;;
      .i つ8(」 )) Lニニニ」         <⌒ヽ)
   LニニLつとi  ロ'((炎))'ロ    iニニフ (( (ノ
  "''^~'"´''^"''^~'"´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;´''^"''^~'"´"''^'"´''^"''^

73 :38/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:10:04 ID:JGXajqeF0

 6.蒸かした漆の実を麻袋にいれ、絞り舟に移す



                    .∧_∧
                    (,, ^Д)  ドチョ
           .  ∫ ∫    .i  ヽ.>‐<
            Lニニニ」  〜  l、)  )
   Lニニ」     ロ'((炎))'ロ  し´J iニニフ
  "''^~'"´''^"''^~'"´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;´''^"''^~'"´"''^'"´''^"''^

74 :39/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:10:52 ID:JGXajqeF0

     7.そこで蝋を搾り出す。



                     .∧_∧ グニグニ
                     (,, ^Д)|~|↓
           .  ∫ ∫    /   つ .| ↓
            Lニニニ」  〜  l 、'==',
   Lニニ」     ロ'((炎))'ロ  し´J iニニフ
  "''^~'"´''^"''^~'"´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;´''^"''^~'"´"''^'"´''^"''^

75 :40/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:11:46 ID:JGXajqeF0

  8.搾り出した漆蝋を一旦火で
           溶かした後、別の器に移す



      .∧_∧
   ドロリ (Д^ ,,)
     ,ヽニと l      ∫
     ',i  l  〜   Lニニニ」
   Lニニ」 し`J  . ロ'((炎))'ロ   iニニフ
  "''^~'"´''^"''^~'"´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;´''^"''^~'"´"''^'"´''^"''^


76 :41/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:12:43 ID:JGXajqeF0

  9.そして、先程作った芯巻きを漆蝋に浸す



   n__n     ∧_∧
   .(,, ゚ー)    (^Д^,,)      ∫
  -、';;;;つ-= . ,-と .し'    Lニニニ」
   、__ノ_ノ Lニニ」.iうと_」〜   ロ'(::火::)'ロ   iニ
  ~'"´''^"''^"''^~'"´''^"''^~'"´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;´''^"''^~'"



77 :42/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:13:30 ID:JGXajqeF0

     10.以下この作業の繰り返し


                     :
   n__n     ∧_∧      ;
   .(,, ゚ー)    (^Д^,,)       '
  -、';;;;つ-= . ,-と .し'    Lニニニ」
   、__ノ_ノ Lニニ」.iうと_」〜   ロ'(::(;;)::)'ロ   iニ
  ~'"´''^"''^"''^~'"´''^"''^~'"´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;´''^"''^~'"


78 :43/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:14:28 ID:JGXajqeF0

   11.そして、ある程度の形になったら、
           形を整え完成


               「ミi
             ', ̄ ̄ ̄/
              |   :::|
           .    i   ::::|
              .|  :::::|
              .|  :::::|
              .|  :::::|
              .L___,」

79 :44/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:15:18 ID:JGXajqeF0
┌───────────────‐
|で、こいつの名前は何にするんだ?
└──v─────────────
     ┌──‐ツェペエルシャ──────
     |では、 漆蝋燭 にしましょうか。
     └────v───────‐
          コレモ気合ノオ陰?
  ソレハ知ラン             :
   n__n     ∧_∧      ;
   .(,, ゚ー)    (Д^ ,,)       '
  -、';;;;;JJ. [[][][] ∞  i     Lニニニ」
   、__ノ_ノ Lニニ」.iうと_」〜   ロ'(::(;;)::)'ロ   iニ
  ~'"´''^"''^"''^~'"´''^"''^~'"´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;´''^"''^~'"
┌──ヘ───────────────‐
|そうか、 で、これに触れたせいか被れたな
└──────────────────
  ┌──────ヘ──────‐
  |しかし、余り酷くはないですね
  └─────────────


80 :45/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:16:23 ID:JGXajqeF0
━━━[パチュリーからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    漆蝋燭の歴史的資料は少なく、
                    宝徳年間(1449〜51)の芦名盛信の頃にはあったとされ
                    .文化六年(1809)の『新編会津風土記』によれば、
              _      天正四年(1576年)に芦名盛隆が蝋燭一千挺と
       _, -'´  ̄    ̄`丶、 駿馬を織田信長に送った記録が残っているわ。
     /´           、、 \  __
    〈 ,、 r-、 rクィニLfフ_r.、,r、 } ヽ `〈  } /〉 また、古い資料によると、男性が漆の実を
  [二ゞ、(ソ´ゞ' `´ : : `´`ゞニノ  }_  Y⌒)<_  収穫し、絞り出すまでの作業をして
| ̄_〈,ゞ-': : : : : : : : : : : : : ゝ、__,.ノ、 )-、{ r'´`ヽ> 芯巻きや形を整える作業は主に
レ'´ /: : : : : :/: : : :ヽ: : : :ハ: :i ヘ: : : ヘイノ⌒ ,ノ  女性や老人の仕事だったらしいわ。
.  ,' : : ,' : : {: : : : : :|!: :_,斗-|、_!: : : :ハ  , -'   仏壇、神棚で日常的に利用されている
  l: :i: :l : : _」、_,ノ レ'  二 _ ! : : : : ト-'   灯明用の蝋燭は西洋蝋燭と呼ばれ
.  ! ,ゝ ヽ,<, ゝ__    '´!o:::::|ソ : i: : |  一方、和蝋燭は油煙が極めて少なく、仏壇などを
.  `ー'フ ハ '´!o::::i      ゞ- '/ : : | : !  汚さないし、無風なのにゆらゆらと炎が揺らぐわ。
  ,r‐'三ニヽ∠二三三_ヽ  ノ: : : :l: : l   そして、二つの蝋燭を比べて見た限りは
/´ ̄.:.:.:.:.i ̄`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y : : : : / : : l         どちらも余り変わらないが、いずれも
!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: :__,ノ: : : :j  火を消した時に蝋が蒸発して白煙が上がる時の
.!:.:.:.:.:.:.:.__|:.:.:.:.|__.:.:.:.:.:.:.:.r-'ヾ ヽ: : : /   変な臭いは西洋蝋燭より和蝋燭の方がまだマシ
 !:.:.:.:./´ .}`¨´{  `ヽ、.:.{  ノ } ,ノ 
 .!:.:./  .} || ||{  ヽ 丶`¨i´_ノ´                       と本には書いてある。
 f´`(_)´`ヽ .||,ゝ  ヘ   ̄ノ   
 ヾ、ノ|ゞ-イ|| .|| `7_,、_ _ト- '     ちなみに、漆蝋燭を作るときに被れたのは、漆の汁に
  ∠,,ハ__| || || .||_,.ィ´        触れたため。 でも、彼らは耐性が着いてきたみたいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

81 :46/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:17:17 ID:JGXajqeF0
┌─────────────────‐
|いい運動になりましたし、それにヒントも。
|どうお礼をしたらいいのやら。
└────────────v─────

       アア、ソウダ
         n__n      ソウデスカ?
         (,,- 0)      ∧_∧
        く;;;;;;;ハi     (Д^ ,,)
      <⌒ヽ) l  .[[][][] ∞  i
         し`J  Lニニ」.iうと_」〜
       ~'"´''^"''^"''^~'"´''^"''^~'"

  ┌────ヘ─────‐
  |そんなものはいらない。
  └──────────

82 :47/47 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:17:59 ID:JGXajqeF0
       ┌─────────────‐
       |では、ヒントを元にやってみます
       └───────v──────

         n__n     エエ、頑張リマス
         (,, ゚ー)      ∧_∧
        く;;;;;;;ハi     (Д^ ,,)
      <⌒ヽ) l  .[[][][] ∞  i
         し`J  Lニニ」.iうと_」〜
       ~'"´''^"''^"''^~'"´''^"''^~'"

   ┌───ヘ────‐
   |頑張れよ? タタラ
   └────────

                         続く


83 : ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/28(水) 23:19:13 ID:JGXajqeF0
25コマ目 の修正
  (:: :: :; :(_ ; ; <ミ : 。゚8(: ┌────────────
   |l;:;:l| (_ ;;:;: ;。,ヾミ:;;ゞ: |おや? あれはなんですか?
   |i(~;:;:; (_:;: : 8。゚\(ヾ_ └─────v──────‐
   |i;|:;l|(_::: ゞ;:;(_:;;:;: ヽ; ;:: ;:;:/ /8゚。←アレ ヽ; ; (_;; :  |il;;il|
   |ii;:!:|   .Yi::;il|   |;; : :;:.:i/ ゚゚ ..||!lii!i|    Yiii!  ..  |i::li:|
   |;:il!;|   |il|lll;|    i';:;:__;:;li   |l::|il!.|   |;;:!|    |;:li;:|
   |l|i;;i|   |;;ilin__n i'==- ki   |i;:|il;!|   |lil!|    |i;;l:;|
  m.wwl;::wm ;w(   ,,゚).i'; :;: ;:.ミi  w W ::wmwwl;::wm:;:ww;:W;;
         く;;;;;;;;;つフ.; :;:;:ミi
   .    iニニ<⌒' .|ノwjiヘ;k;ゝ::wi
      .L_」 .し`J w::: wv ::w (  ゝ ゝ
┌──────ヘ─────── .l 「ニニi
|ああ、あれは この木の果実だな .(ノ.L_」
└─────────────‐  し`J
           ┌────────ヘ─────‐
           |どうしてアレは採らないんですか?
           └──────────────

84 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:08:45 ID:rLmV9Rk/0
               ┌───────────────────
               │ ハハハッ、今日の晩飯は兎の丸焼きだぁ〜。
       ┌───└───‐v───────────────
       │ お前の方はどうだァ〜?ン?
       └────v────────
 ┌──────────────────―
 │ ……チッ、今日は少し運が悪かっただけだ。
 └────y──────────────‐
                クルッ
     ∧,,∧      ,,∧  ∧,,∧
      ミ;-Д彡   ミД゚ 三 *゚Д(ヽヽ
   ,≡[ミ ∞ ミ==、     ,≡[ミ つ,, -、〉
    ̄ミ   ミ ̄       ̄ミ  ,,〈 uu
    (( (,,/`J       (( し'  u u
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

85 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:09:31 ID:rLmV9Rk/0
      ┌──────────────────────────‐
      │ 「今日は」ァ?昨日もそんな言い訳を聞いた気がするなァ〜?
      │ 運がどうのこうのじゃなく、弓の腕が悪いだけじゃないのかァ?
      └──────────v────────────────
  ┌─────────────────────────‐
  │ ッるせェよ!俺はそんなチマチマした事は好かねェんだよ!
  └────v─────────────────────
                         ニヤニヤ
         ∧,,∧         ∧,,∧
          ミ #゚Д彡      ミ∀゚,,(ヽヽ
       ,≡[ミ つ ミ==、    ,≡[ミ つ,, -、〉
        ̄ミ   ミ ̄      ̄ミ  ,,〈 uu
         し'`J         し' ` u u
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

86 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:10:16 ID:rLmV9Rk/0
 ┌───────────────────────‐
 │ 見てやがれ、春にモララー族がこの村へ攻めて来たら、
 │ 俺の方が多くあのド腐れモララーを射殺してやんよッ!
 └─人‐人─v―人‐人‐人‐人‐人‐人‐人‐人‐人‐人/──
    ≫                           ≪
  ≪  俺はお前より遠くまで矢を飛ばせるしなッ!  ≫
    ≫                           ≪
   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\───
      │ あァ?お前が俺より矢を遠くに飛ばせるだとォ?
      │ 口先「だけ」は本当に威勢がいい奴だァ……!
      └──────────v──────────
                    从     ムカッ!!
         ∧,,∧      て  ∧,,∧
          ミ#゚Д゚彡      ミД゚#(ヽヽ
       ,≡[ミ O O=、    ,≡[ミ つ,, -、〉
        ̄ミ   ミ ̄      ̄ミ  ,,〈 uu
         し'`J         し' ` u u
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

87 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:11:01 ID:rLmV9Rk/0
  ┌───────────────────────‐
  │ 口先だけじゃねェ、実際に比べ合いをやってもいいぜ!
  └────v───────────────────
      │ 聞き捨てならんなァ〜?実際に比べ合いをして、
      │ お前の方が飛ばなかったらどうするつもりだァ?
      └──────────v──────────
         (⌒^)           (^⌒)
           i|           |l
         ∧,,∧         ∧,,∧
          ミ #゚Д彡      ミД゚#(ヽO
       ,≡[ミ O  つ、     ,と    (,, -、〉
        ̄ミ   ミ ̄      ̄ミ  ,,〈 uu
         し'`J         し' ` u u
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

88 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:11:46 ID:rLmV9Rk/0
  ┌──────────────────────‐
  │ よし、じゃあ、俺が負けたら俺の晩飯をお前にやる!
  │ その代り、俺が勝ったらお前の喰いモン貰うからな!
  └─────v─────────────────
             ┌─────────────‐
             │ 乗った!後で吠え面かくなよ?
             └───────y──────
         ∧,,∧         ∧,,∧
          ミ #-д彡      ミ∀゚#(ヽO
       ,≡[ミ O  つ、     ,と    (,, -、〉
        ̄ミ   ミ ̄      ̄ミ  ,,〈 uu
         し'`J         し' ` u u
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

89 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:12:29 ID:rLmV9Rk/0
  ┌─────────────‐
  │ ……って、何だこの笑い声は?
  └─────v────────
 < HAHAHAHAHAHAHAHAHAHA!
             ┌──────────
             │ この声は……やべッ!
             └─────v────‐
        从         从
       て  ∧,,∧     て  ∧,,∧
          ミд゚; 彡      ミд゚ili(ヽO
       ,≡[ミ O  つ、     ,と    (,, -、〉
        ̄ミ   ミ ̄      ̄ミ  ,,〈 uu
         し'`J         し' ` u u
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

90 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:16:52 ID:rLmV9Rk/0
  ┌───────────────────―
  │ こっちで喧嘩があると聞いて渋々来てみれば、
  │ 何やら面白そうな話をしているじゃァーないか。
  └──v───────────────────────‐
      │ その賭け、一つこの俺も混ぜろや。若衆頭命令だZE☆
      └────v───────────────────

               弓ノ話ダヨナ?
           ∧,,∧
   アノヽノヽノヽミ,,゚∀゚彡ハハハハハハ
           ,≡[ミ::::::]つ==、
           ̄ミ:::::|::::ミ ̄
          (,,/`J
                  ∧,,∧        ∧,,∧
                  ミ゚;  彡     ミ゚ili  彡
                ,====(}二{]≡、 ,====(}二{]≡、
        \_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_/
          ≫                          ≪
        ≪  嫌過ぎる割り込み来ちゃったァー!!  ≫
          ≫                          ≪
        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

91 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:17:46 ID:rLmV9Rk/0
                         *       ─( ゚ ∀ ゚ )─
        __,/)  *      。                 \_/
        ´ww゚;;;;ミ,,..,,                       / │ \
          ミ;::;:;::<;:;:;:;;ミ=====================================、
          Y                                   |
         || 塗りこめるのは漆と麻糸、接着するのは弓と竹。 |
          l」                              の巻 |
         ー―――――――――――――――――――――'
       .::.          ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:-−''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::...
.. .. . ...  .::.. ._ . .:: : :..  :::.:.:: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .:::  :: :. ...
  --‐――O'                          遠射競技中
 <\  / `,        ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→
  ≡[ミ:]つ ̄                            Now Loding…

92 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:18:31 ID:rLmV9Rk/0
                        ・ ┌‐‐‐‐
                        ・ U ……翌日、朝。
                        ・ └‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→
         ┌────────────────────────┐
         │ ……で、弓を力いっぱい引いたら、弓が裂けちゃったと。 |
         └─────────────‐v──────────┘
  ┌────────────────────────‐┐
  │ ついでに食べ物取られて、アシルに散々怒られたぜ……。|
  └───────v─────────────────┘
     ドヨ〜ン
          |lili|li|li                    ∧,,_∧
          ili|liミ ili >>           (-ω-`)
           ミ:::ヽソ:ミ             O旦O )
          ミ:::]∪∪            (__(__ ̄)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

93 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:19:16 ID:rLmV9Rk/0
  ┌───────────────────‐┐
  │ でだ、このままじゃあ引き下がれないんだぜ。 |
  │ .前の弓よりもっと凄い弓を作りたいんだぜ! |
  └───────y────────────┘
            ┌────────────────────‐┐
            │ ……はいはい、で、どんな風に裂けちゃったの?|
            └───────────v─────────┘
     ボロッ…     
           ::∧,,∧::                ∧,,_∧
           ::ミ#)Д゙彡::            (・ω-`)
           ::ミ:::ヽソ:ミ::             O旦O )
          ::ミ:::]つとミ::            (__(__ ̄)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

94 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:20:01 ID:rLmV9Rk/0
   ∧,,∧
   ミ,,゚Д゚彡
   ミ:::ヽソ:ミ────────────────―┐
    │ ほら、弓の外側がこんな風にミシッと……。 .|
    └──────────────────―┘
                        /:::::::::::::::::::/
                          /:::::::::::::::::::/
                       /:::::::::::::::::::/
                   /:::::::::::::::::::/
                     レ /::::::::::::/
                       |ヽ /::::::::::::/
                      |::l |:::::::::::::|
                     |::l/:::::::::::::|
                    |:::::::::::::::::::|
                   |:::::::::::::::::::|          ∧,,_∧
                  |:::::::::::::::::::|            (ω・`;)
  ┌────────────────────‐O旦O )
  │  あー本当だ、ここは引っ張られる所だからかな?  |
  └───────────────────────┘

95 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:20:46 ID:rLmV9Rk/0
   ∧,,∧
   ミ ;゚Д彡
   ミ:::ヽソ:ミ────────────―┐
    │ 引っ張られる?  どういう事だぁ? |
    └──────────────―┘
            外側   |:::::::::::::::::::|   内側
      ↑            |:::::::::::::::::::|            |
      |             |:::::::::::::::::::|                 |
      |             |:::::::::::::::::::|                 |
      |              |:::::::::::::::::::|                ↓
      |              |:::::::::::::::::::|
      |              |:::::::::::::::::::|                ↑
      |             |:::::::::::::::::::|                 |
      |             |:::::::::::::::::::|                 |
      ↓            |:::::::::::::::::::|            |
   引っ張られる        |:::::::::::::::::::|       押し縮められる
┌────────────────────┐                  ∧,,_∧
│ 弓を引き絞った時、 弓は内側に反るでしょ ? |                   (・ω-`)
└─┐──────────────────┴──────────‐O旦O )
    │ そうすると、弓の外側は引っ張られて、内側は押し縮められるじゃないか。 |
    └────────────────────────────────┘

96 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:21:31 ID:rLmV9Rk/0
   ∧,,∧
   ミ,,゚Д゚彡
   ミ:::ヽソ:ミ──────────────────────────┐
    │  ああ、なるほど。 で、今回はその力に弓が耐えられずに……  |
    └───────────────────────────―┘
                        /:::::::::::::::::::/
                          /:::::::::::::::::::/
                       /:::::::::::::::::::/
                   /:::::::::::::::::::/
                     レ /::::::::::::/
                       |ヽ /::::::::::::/
                      |::l |:::::::::::::|
                     |::l/:::::::::::::|
                    |:::::::::::::::::::|
                   |:::::::::::::::::::|        ∧,,_∧
                  |:::::::::::::::::::|        (・ω・`)
      ┌────────────────‐O旦O )
      │  外側がミシッと逝っちゃった……って事。 .|
      └──────────────────―┘

97 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:22:17 ID:rLmV9Rk/0
             ∧,,∧
          ミ ;゚Д彡
         ミ:::ヽソ:ミ───────────────┐
          │ ……って事は、どうすればいいんだ? |
          └────────────────―┘
                  |  |::::::::::::::|
                   |  |::::::::::::::|
                    |  |::::::::::::::|
                    |新|::::::::::::::|
                     |  |::::::::::::::|
                     |素|::::::::::::::|
                     |  |::::::::::::::|
                    |材|::::::::::::::|
                    |  |::::::::::::::|
                   |  |::::::::::::::|
                  |  |::::::::::::::|
┌─────────────────────────────‐∧,,_∧
│  うーん、弓の外側に引っ張りに強い素材を使えばいいと思うんだ。 (・ω・`)
└────┐────────────────────────‐O旦O )
          │ そうすれば……きっと、普通の弓よりも強い弓が出来るはず。 |
          └───────────────────────────┘

98 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:23:01 ID:rLmV9Rk/0
  ┌────────────────────────
  │ 引っ張りに強い何か、ねぇ……何か心当たりはあるか?
  └───────‐v────────────────
            ┌──────────────────────────‐
            │ ……うーん、最近ギコが取って来た『竹』って素材はどうかな?
            │ 弾力性に富んでいるから、弓の素材にイメージ合うと思うんだ。
            └──────────v────────────────

           ∧,,∧                ∧,,_∧
           ミ ,,゚Д彡            (ω・` )っ
           ミ::::::::]つ              O旦 ノ
          ミ:::]つとミ            (__(__ ̄)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

99 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:23:46 ID:rLmV9Rk/0
            ┌─────────────────────────‐
            │ 後は、それをどうやって弓に取り付けるかの問題だけど……
            └───────────v──────────────
  ┌─────────────────────‐
  │ あぁ、そいつの方なら俺ン所でなんとかなりそうだ。
  └───────v──────────────
                         ┌─────‐
                         │ 本当に!?
                         └──v───
                          从
           ∧,,∧            て  ∧,,_∧
           ミ,,゚Д゚彡')          W(ω・` )
           ミ:::ヽソ:ミノ            O旦O )
          ミ:::]つとミ            (__(__ ̄)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

100 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:24:31 ID:rLmV9Rk/0
            ┌──────────────────―
            │ じゃあ……早速いくつか試しに作ってみる?
            │ 良く乾いた竹なら、幾つか集めてあるけど。
            └───────────v───────‐
  ┌────────────────────―
  │ よし、今までのより良く飛ぶ弓を作ってやろうぜ!
  └───────v─────────────‐

             ∧,,∧             ∧,,_∧
           ミ ,,゚∀彡             ('(ω・´*)
            ミ::::::]つ            ヽ    O
           ミ:::::::|::ミ             / /l  |
           (,,/`J               (_)(_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

101 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:25:16 ID:rLmV9Rk/0
  ∧,,∧                                         ∧,,_∧
 ミ,,゚Д゚彡    〜 ホロケウ&ショボーンの新型弓制作日誌 〜    (・ω・´)
====================================================================

┃ 1.まず、弓に使う木と真竹を用意し、竹の油抜きを行う。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┌─────────────────―
    │ こうやって炭火で炙って油を拭き取ると、
    │ 竹の表面のつやが良くなるって聞いたよ。
    └───────v──────────‐
                ┌────────―
                │ へーそーなのかー。
                └────v────‐

                      ∧,,∧
              ∧_,,∧   ミ゚Д゚,,彡
              (´^ω^)   ミ:ソノ:::ミ
         ======Oと  )    ミ:|::::::::ミ
       ..:o::ロ::・:.. (__(__ ̄)    し'`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

102 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:26:01 ID:rLmV9Rk/0

        ┌───────────────────―
        │ っておぃィ?何か焦げ臭い臭いがするんだが?
        └─────────v──────────‐
    ┌───────────―
    │ え……って、う、うわぁぁッ!
    └───────v────‐

             从        ∧,,∧
            ∫ て  ∧_,,∧   ミД゚; 彡
           ∫W(゚'ω゚';)   ⊂[:::::::ミ
         ======Oと  )    ミ:|::::::::ミ
       ..:o::ロ::・:.. (__(__ ̄)   し' ヽ,,)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

103 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:26:46 ID:rLmV9Rk/0

┃ 2.火入れを行う。弓の外に張り付ける竹の場合は、内側のみ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┌────────────────―
    │ あらら、竹の内側が焦げちゃった……。
    └───────v─────────‐
        ┌───────────────────―‐
        │ ……まぁ、いいや……とりあえずこれで作るか。
        └─────────v──────────―

               ∧_,,∧   ∧,,∧
              (;´・ω) ミ。 。;彡
              ( つ======と[::::ミ
                   )  ) )  ミ:|::::::::ミ
       ..:o::ロ::・:..  (__)_)    し'`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

104 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:27:31 ID:rLmV9Rk/0
 



━━━[諸葛亮、曰く]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
へ、_n             ちなみに、弓の内側に張り付ける竹は色が飴色になるまでしっかり燻した
ヽ (_/   l⌒l⌒P       煤竹を使い、さらに両面を焦がし、非常に強く硬く仕上げるそうです。
 | |   [二二]
| ̄ ̄| ( ´Д`)         外は柔らかく、内側は硬くする事で反発力を上げるのですが……。
|   ̄ ̄ヽ  / / ̄`ヽ     ……今回、彼らは内側にまで竹を使う事は考えていないようですね。
`ヽ__/ ∨/ /i   l
  ∠彡ミ // /| ̄   |     外側にだけ竹を張り付けた弓を『伏竹弓』と言います。時代としては、
  巛三◎>=し'|__ノ    平安時代後期辺りのものだと言われており、これがだんだんと竹の
   ゝミ彡/   |           割合を増やす方向で進化して、今の和弓が形作られていきます。
   // |   |
 // /   ノ               言ってみれば、今の竹弓のご先祖様ですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 

105 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:28:16 ID:rLmV9Rk/0
┃ 3.次に、木と竹を削って形を整える。                 ∧,,∧
┗━━━━━━━━━━━━━━━━                   ミ゚Д゚,,彡
      ┌───────────────────────‐ミ:ソノ:::ミ
      │ 丸木のままじゃ流石にくっ付かないよなァ……木は削るか? |
      └─────────────────────────‐┘
 = 伏竹弓 =  断面図

        竹                竹
      r―――、                ,-――‐-、
    /__,-―-、__\          -―――-'
      ̄         ̄                                 竹
         _                 ↓ 膠
        /::::::\                                  ,-――‐-、
     /::::::::::::::::ヽ              r―――‐、           l-―――-l
     |:::::::::::::::::::::|  |l 削る _l\  |:::::::::::::::::::::|  |l 貼る _l\  |:::::::::::::::::::::|
     ヽ::::::::::::::::/   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ::::::::::::::::/   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ::::::::::::::::/
      \::::::/               \::::::/             \::::::/
         ̄                  ̄                 ̄
        木                 木                木

          ∧_,,∧                   だいたいこんなかんじ。
          (`・ω・)
          ( つ )─────────────────────‐┐
       │ そうだね。それと、竹の方も脇の方とか削っておこうか。 |
       └───────────────────────―┘

106 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:29:01 ID:rLmV9Rk/0

┃ 4.膠を使い、竹と弓を接着。籐で縛り、楔を打って弓に裏反りを付ける。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌────────────────────────―
 │ ……こいつが膠だ。獣の爪や皮を煮詰めて作ったもので
 │ 木とか竹とかがそれはもう強力にくっ付く優れものだぜ!
 └───────y─────────────────‐
   │ 今回は、鹿から抽出した膠をこいつに使って見るぜ。
   │ 習った時、ギコが鹿の膠は良いって言ってたからな。
   └───────y───────────────‐
             ┌────────────────――
             │ へぇ……世の中も便利になったもんだね。
             └────────v────────―‐

                         ∧,,_∧
           ∧,,/(( O ))        (・ω・`)
        ミ,,^Д彡 毛         (    )
         ミ:::::::::]つ========     | |  |
     ヽ二フ ミ:::]つとミ           (_(__)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

107 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:29:46 ID:rLmV9Rk/0

 ┌─────────────────────────────―
 │ フフン、それだけじゃあ無いぜ。この膠は温度と湿気で軟化するから、
 │ 蒸気に当てたりすれば簡単に剥がれるそうだぜ。接着剥離自由自在!
 └───────y──────────────────────‐
             │ ……温度と、湿気で軟化して、剥がれる?
             └────────v────────―‐

         ゴマダレ〜♪  r、     从
                   //     て  ∧,,_∧
           ∧,,∧') //      W(゚'ω゚'`)
        ミ,,^Д゚彡//          (     )
         ミ:::::::::]つ/             ( (  (
     ヽ二フ ミ:::]つとミ              (_(__)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

108 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:30:31 ID:rLmV9Rk/0

           ┌───────────────────────―
           │ ちょっと待ってよ、それじゃあ梅雨時とかはどうするのさ!
           │ 弓を引いたらバリッて、接着面がはがれちゃうんじゃ?
 ┌────└───────────v────────────‐
 │ あッ!ちっとも考えてなかったぜソコんトコ……。
 │ ……そういや、ギコもそんな事を言ってたような。
 └───────y─────────────
                 r、         暖カクテ、湿気ムンムン!
                 //       ...... ......
                   //      {{::∧,,_∧::}}
           ∧,,∧') //      {{::(ω゚'`;)::}}
         ミ ;゚д彡//        {{::(つと )::}}
         ミ:::::::::]つ/           {{::( (  (::}}
     ヽ二フ ミ:::]つとミ            {{::(_(__)::}}
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

109 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:31:19 ID:rLmV9Rk/0

           ┌───────────────────────―
           │ どど、どーすんのさ!裂けない強い弓を作る筈だったのに、
           │ 引いただけで分解しちゃうような弓になっちゃうじゃないか!
 ┌────└───────────v────────────‐
 │ どーするって付けちまったし、もうどうにもならんわ!
 │ むしろお前もどーするのか考えて欲しい位なんだぜ!
 └───────y───────────────

                              無理ダヨ!
 無理デモ ヤレ! ∧,,∧              ∧,,_∧
        o ミ;゚Д゚彡 o        o (゚ω゚'´;) o
          O  ミ:::ヽソ:ミ  O        O  (     ) O
        0 ミ:::::|::::ミ 0          0 ( (  ( 0
     ヽ二フ   し'`J              (_(__)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"     ヽ============'ノ    、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

110 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:32:01 ID:rLmV9Rk/0
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇)(〇) (〇) (〇) (〇) (〇)
ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/
  "'"'     "''"         "'           "''"       "''"   "''"   "'"'     "''"
"'"''"'"'"''"'"''""''"''"'"'"'"'''''''"'"'''''''"'"' "'"'"''''''''"''"'"'"''"'"'"'"''"'"'"''"'"'"''"'"'"'"''"'"''"'"'"''"'"''""''"'''
___.,`,.ヽ,__`,_..,__,,__,〉,,__,ヽ.___〉__`,,_,,__,_,ヽ _,,__,_ヽ,__`,.ヽ,__`,_〜ф..,__,,__,〉,,__ヽ,____ く.,_.,ヽ.___.,`,.ヽ,__`,_..,__,,__,〉
_ヽ,__,,__,,,__〉____.,ヽ._ `_,___〉.,_,,__,,〉,__ヽ,___,__ヽ,_____,,__,__ヽ,,___.,`,,__,,_,,__ヽ,__ヽ,___〉.,_,,   _ヽ,__,,__,,,__〉____.,ヽ._

  膠が硬化し、ショボーンの思考が纏まるまでの間、暫くお待ちください

                      ワーイ
                             ∧,,_∧
                       (( O(゚'ω゚'*)') オ花畑♪
                         ヽr‐ 、  ノ
                         (__) 〉                 頭脳過熱中
                            (__) ))            Now Loding…
,_,,.,__,,__,,,__,_,,.,__,,__,,,__,_,,.,__,,__,,,__,_,,.,__,,__,,,__,_,,.,__,,__,,,__,_,,.,__,,__,,,__,_,,.,__,,__,,,__,_,,.,__,,__,,,__,_,,.,__,,__,,,__,_,,.,__,,__,,,__,_
___.,`,.,〉,___.`,.,__,,__,,,__ヽ,____く.,_.,ヽ.____,__ く.,_.,ヽ._____,`,,___..,.__`_,_,,__ く.,_.,ヽ._____,`,,___..,.__`,______.,`,.,〉,___.`,.,__,,__.,ヽ
ヽ,___.,`,,__,,__,,,__ヽ,___  ф〜く.,_.,ヽ.__,_,,__〉,,,__ヽ,____く.,_.,ヽ._____,_,,__〉,,,__ヽ,____ く.,_.,ヽ._____,ヽ,___.,`,____ヽ,___.,`,,___.
(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) () (〇) (〇) (〇) (〇)(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇)(〇)
ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ |/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ヽ|/
   "'"'     "''"         ''"        "''"  "''"        "''"       "''"   "''"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

111 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:32:46 ID:rLmV9Rk/0
                        ・ ┌‐‐‐‐
                        ・ U 数日後……
                        ・ └‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→

          \_人_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_人_/
        ≫                                   ≪
       ≪   オラッ!お前ら気張って弓を抑え込めーッ!   ≫
        ≫                                   ≪
          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\人__人__人_/
                  ≫                                 ≪
                 ≪   オッ、オッス!ぐにゅにゅぅぅぅぅぅぅッッ!!  ≫
                  ≫                                 ≪
                    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


 

112 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:33:31 ID:rLmV9Rk/0

┃ 5.籐を外して弓に弦をかけ、形を整えて、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    ┌──────────────―‐
                    │ 弦を張るのに三人がかりとか……。
                    │ いくらなんでも強く作り過ぎたかな?
          ┌────└───────────v───―
          │ なァに、強ければ強いほどいいじゃないか。
          └───────y───────────
                   *    ゴマダレー♪
               +      ゚
                 ト-------/ ×
     ダリー          `ー--―´          ∧,,_∧
  ∧,,∧            ∩*゚∀゚彡')         (ω・`;)
 ミ;゚Д゚彡 ダリー        ミ:::ヽソ:ミノ          (     )
  ミ  と ミ   ∧,,∧,.,.,.,.,.)   ミ::::::::]つ           ( (  (
 ∪,,_つ,,つミ'Д`;彡つ,,つ (,,/               (_(__)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

113 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:34:16 ID:rLmV9Rk/0
 



━━━[諸葛亮、曰く]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
へ、_n                ……弓の強さを表すのに、「○人張りの弓」と言ったりしますが、
ヽ (_/   l⌒l⌒P        これは弓に弦をかける際、何人の人手が居るかを表したものです。
 | |   [二二]          三人張りなら二人掛かりで弓を押さえ、残りの人が弦をかけます。
| ̄ ̄| ( ´Д`)
|   ̄ ̄ヽ  / / ̄`ヽ      ちなみに、三人張りの弓はかなり強い物で、有名どころで言えば、
`ヽ__/ ∨/ /i   l    那須与一の使う弓が三人張りの強弓であったと伝えられています。
  ∠彡ミ // /| ̄   |
  巛三◎>=し'|__ノ     ちなみに、無双の弓使いと呼ばれた源為朝という武者の引く弓は、
   ゝミ彡/   |        五人張りであったとも八人張りであったとも伝えられています。
   // |   |
 // /   ノ        鎮西八郎……人材不足の我が蜀軍に、是非欲しい逸材ですねぇ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 

114 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:35:02 ID:rLmV9Rk/0

         ┌────────────────―
         │ ……で、湿気防止の策は練れたのか?
         └───────v───────────────────
                       │ うん、それについて考えてみたんだけど……
                       └────────v─────────―‐

   ガン無視…
                    ∧,,∧             ∧,,_∧
  ∧,,∧               ミ,,゚Д゚彡     (( σ(ω・`;)
 ミ;'Д`彡          ,==∪====、       ヽ     )
  ミ  と ミ   ∧,,∧,.,.,.,.,.)    ̄ミ:::::|::::ミ`         ( (  (
 ∪,,_つ,,つミ;'Д`彡つ,,つ     し'`J          (_(__)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

115 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:35:46 ID:rLmV9Rk/0

┃ 6.麻糸を、弓の上に隙間無く巻きつけて行き……
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌───────────────―
│ ……気休めだけど、これでどうかな?
└─────v───────────────────────
          │ 無理じゃないか?これじゃ湿気を防げないだろ……。
          └────────v─────────────―‐
                              実家ニ 帰ラセテ
         グルグル  r、                  頂キマス…
            //      ∧,,∧                ∧,,∧     ∧,,∧
        ∧_,,∧ //     ミ゚;  彡              ミ;'Д`彡  ミ;'Д`彡
      ( ´・ω)O ))     ミ:::::::::::ミ               ミ J J     し  ミ
       (   つ// \       ミ:::::::::::ミ              ミ,,  ミ      ミ  ,,_つ
     ( ̄__)_/  (三三)  し'`J            (( (,,/ `J  (( (,,/
"`"'"´''"'''^"'''^/|"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"'      ̄|             、Yii
 ┌─────└───────┐              ''"^´       、|ノ
 |.弓の形を整えたら、弦は外す。|
 └─────────────┘

116 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:36:31 ID:rLmV9Rk/0

  \_人_人__人__人__人__人__人__人__
   ≫                  ´─────────────‐
   ≫ これじゃ無理って、じゃあ何さ、ホロケウにはこの弓に使えて、
  │ 湿気をバッチリ防げるような、凄い物の心当たりでもあるの? ≪
  └─────y─────────────‐、         ≪
       ┌─────────────────Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
       │ 湿気をバッチリ防げる、ねぇ……そんなもの、ある訳……
       └──────────y─────────────―
        キッ!!  r、
            //      ∧,,∧
        ∧_,,∧ //     σミ゚Д゚;彡
      (#´゚'ω)O ))     ヽミ:ソノ:::ミ
       (   つ// \       ミ:|::::::::ミ
     ( ̄__)_/  (三三)  し'`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

117 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:37:16 ID:rLmV9Rk/0
                     、 ,
                    ` O ´
               ピコーン ∧,,∧
                      ミ゚Д゚,,彡
      ┌───────―ミ:ソノ:::ミ
      │ ……いや、あった!  |
::::::::::::::::::::::└─────────―┘:::::::::::::::::::::::::::: ┌‐‐‐‐‐‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌────────────────────U 膠作り前夜・ギコ宅でー―
 │ ……ちなみに、これに塗られてる『漆』ってのは └‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→
 │ どんな素材何だ?物をくっ付けるだけなのか?
 └──────y─────────────────────────―
              │ 漆か?湿気に強くて腐らず虫も寄せ付けない凄い素材だぜ。
              │ 俺の故郷だと、汁物を盛る器に塗られてたりもしたぐらいだ。
              └─────────────v────────────‐

            、─‐‐、
          ∧,,∧|| ̄~                 ∧∧
         ミ ,,゚д彡                   (゚Д゚*)
       _ミ:::::::::::]つ                   _|[:::::)_
      /::ミ:::]つとミヽ 。:。[|;;;;|       。:。   (::(っと[;;):::}
      ヽ::::::::::::::::::::ノ ヽ二フ    ;;)   ヽ二|;;;;|] ー-、:::::==i二二/  /l
         ̄ ̄ ̄      l^ゝ ,;;从, ━―        ̄ ̄'     / メ iiii
                 ノ::} (.'(;;;):;) l^ゝ       ,-(###(・)、 /ノ |ニ|
      。:゚:。 ヽ ̄/    /。,)ゞV/7Vベノ::}        ノ:::::::::::::::::::::ゝ    `-'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::从:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               ∧_,,∧  て
                               (;`゚◇゚)W
                               ( つ )─────‐┐
                            │   マジで!?   |
                            └───────―┘

118 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:38:01 ID:rLmV9Rk/0
                        ・ ┌‐‐‐‐
                        ・ U 場所は変わって、タタラ作業場……
                        ・ └‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→
 ┌─────────────────────―‐
 │ ……で、その弓……とあなた方は主張するその棒に、
 │ 漆を塗ってみて欲しいと……そう言う訳なンですね?
 └──────y────────────────
              ┌──────────────────────――
              │ そう言う訳なんです。今は特に渡せるものも無いですが、
              │ 何か物が要り様になった時は声を掛けて頂ければ……。
              └───────────v────────────‐
       ┌────────────────────────―‐
       │ ウチは一族の者を手伝いに向かわせますんで、どうか……。
       └──────────y───────────────
               モミモミ
                    ∧,,∧         ∧,,_∧  モミモミ
       ∧_∧          ミ゚Д゚;彡     (ω・`;)
 ;;)     (,,^д^) -3      (( ミ(E)[::::ミ ))   (( (E )  ) ))
从,.     i   ¢ ))          ミ:ヽ::::::ミ     ( ( (
::);:)   〜Lつ二]           し'`J       (_(__)
7Vヘ"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
^´''"''' |ニニ;ヘ             、Yii
 Lニ」 L_」ノ Lニニニニ」                        ''"^´       、|ノ

119 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:38:48 ID:rLmV9Rk/0

┃ 7.その上から弓全体を漆で塗り込めて、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ┌───────────────────────―
     │ ……まァいいでしょう。私も色々と試してみたい所ですし。
     │ それに塗って乾くまで数日置き、乾いたら呼びますので。
     └─v─\‐人‐人‐人‐人‐人‐人‐人‐人‐人‐/─────‐
           ≫                    ≪
          ≪   ありがとうございます〜!   ≫
           ≫                    ≪
           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
            r、            ⌒ 、        ⌒ 、
           //          //         //
       ∧_∧ // ホー
 ;;)     ( ,,^д)/          <<; 彡ミ    << ; )`,
从,.     i つ//O           ∪∪::::ミ     ∪∪ (
::);:)   〜Lつ二]            し'`J      (_(__)
7Vヘ"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
^´''"''' |ニニ;ヘ             、Yii
 Lニ」 L_」ノ Lニニニニ」                        ''"^´       、|ノ

120 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:39:31 ID:rLmV9Rk/0
                        ・ ┌‐‐‐‐
                        ・ U 暫し、時は流れ……
                        ・ └‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→
 ┌─────‐ツェペル─────────――‐
 │ はい、どうぞ。漆で全体を塗り込めました。
 │ 中々良い感じに仕上がってると思いますよ?
 └──────y─────────────
                        ┌──────────―
                        │ ありがとうございますッ!
                ┌───└────────y──‐
                │ 感謝感激雨霰なんだZE☆
                └──────y─────

                    ∧,,∧        ∧,,_∧
       ∧_∧         _ミ∀^,,彡')    ('(^ω^∩
 ;;)     (,,^д^)_____  ヽミ:ソノ:::ミノ     〉   ノ
从,.     i   つ==-==-==´  ミ:|::::::::]つ _   ( ( (
::);:)   〜Lつ二]         し' ̄  ノ`  (_(__)
7Vヘ"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
^´''"''' |ニニ;ヘ             、Yii
 Lニ」 L_」ノ Lニニニニ」                        ''"^´       、|ノ

121 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:40:16 ID:rLmV9Rk/0
 



━━━[諸葛亮、曰く]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
へ、_n                ちなみに、こうして漆を塗った弓を『塗弓』と言いますが、弓の全てが
ヽ (_/   l⌒l⌒P        塗弓という訳ではありません。
 | |   [二二]
| ̄ ̄| ( ´Д`)          何故かと言うと、麻糸や漆は弓の保存性を向上させますが、反面、
|   ̄ ̄ヽ  / / ̄`ヽ      弓の冴えや弦音を幾分か殺してしまうからです。
`ヽ__/ ∨/ /i   l
  ∠彡ミ // /| ̄   |   ですから、秋などの比較的乾燥して寒い季節には、漆を塗らない
  巛三◎>=し'|__ノ     白木弓を用いて弓の鍛練を行う人が多いようですね。
   ゝミ彡/   |
   // |   |           ただ……戦争用の弓は、雨が降ろうと槍が降ろうと使われますので、
 // /   ノ        そんな扱いをしても壊れにくい、耐久性に優れた塗弓が用いられます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 

122 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:41:01 ID:rLmV9Rk/0
 



━━━[諸葛亮、曰く]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
へ、_n
ヽ (_/   l⌒l⌒P ウフフ
 | |   [二二]          えっ?そんな御託はいいから漆塗りを見せろ、ですか?
| ̄ ̄| (*´∀`*)       ……それはまた、別の物語というものですよ。ウフフ(横山風)
|   ̄ ̄ヽ  / / ̄`ヽ
`ヽ__/ ∨/ /i   l
  ∠彡ミ // /| ̄   |    遠からずパチュリー殿が解説なさると思いますので、
  巛三◎>=し'|__ノ      そちらを御参照下さい。
   ゝミ彡/   |
   // |   |
 // /   ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 

123 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:41:46 ID:rLmV9Rk/0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━40

┃ 8.弓全体に籐を、握り部分に革を巻いて、完成。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ┌───────────────────────────――
 │ 最後に、弓全体に籐とか革とか巻いちゃおう!矢が擦れる所とかが
 │ なんか丈夫になる様な気もするし、見た目にもカッコ良くないかな?
 └──────y──────────────────────‐
              │ おお、かなり良い感じなんだぜ!
              └──────y────────
              r、   从     グッ!!
            //   n ∧,,∧
        ∧_,,∧ //    (ヨミД^,,彡
        (´^ω^)O ))     ヽミ:ソノ:::ミ
      (   つ// \     ミ:|::::::::ミ
     ( ̄__)_/  (三三)  し'`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

124 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:42:31 ID:rLmV9Rk/0
 ┌─────────――
 │ 出来た……どんな感じ?
 └──────y──────────────────────‐
              │ ちょっと引き応えがある気もするが、問題は無い。
              │ ……少なくとも、今までの弓よりは確実に強いな。
              └────────y─────────────

                          /ヽ  ギギギ…
                   ∧,,/`/  l| }}
        ∧_,,∧        ミ;/::]つ―Ol>
        ( ´・ω)        ≡[ミ:::ノ::ヽ  l| }}
      ( O  O           ミ:::::|::::`、ノ
     ( ̄__)__)            し'`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

125 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:43:16 ID:rLmV9Rk/0
   ┌─────────────────────────――‐
   │ じゃあ、俺はこの弓を使って以前俺から食糧巻き上げた連中を
   │ フルボッコにしてくるから、ショボーンはこの弓をもっと作ってくれ。
   └────────────────y─────────────
      │ 出来るなら、春に起こりそうだって言う戦争に間に合うようにナ!
      └──────────────────y─────────
 ┌─────────―────────―
 │ それなら、フサ族の人手も借りていいかな?
 └──────y──────────────────
           │ いいぜ、好きにこき使ってやってくれー!
      シャキーン   └────────────y─────
                        从 ∧,,∧  グッ!!
        ∧_,,∧            て GミД^,,彡
        (*`・ω)')                , =ヽミ:ソノ:::::]つ、
      ( O  ノ              ̄ ̄ミ:|::::::::ミ ̄
     ( ̄__)__)                (,,/ `J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

126 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:44:01 ID:rLmV9Rk/0

┃ アト・アスキィで伏竹弓が発明されました。
┗━━━━━┏━━━━━━━━━━━━
            ┃ ホロケウ、ショボーン、タタラらが生産に携わっている様です。
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        ______
                        `====-==-==´  ヒャッハー!!
                        ∩*゚∀゚彡')  新シイ弓ダー!!
                        ヽ[:::ヽソ:ミノ
                          ミ::::::::]つ       【{l 糸冬 l}】
                  (;;⌒::.. ..._、 (,,/~
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ

127 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/29(木) 18:45:11 ID:rLmV9Rk/0
すみません、>>123の頭一行を保管の時には削除して頂けるとありがたいです。
張りミスです〜><


128 :01/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:48:21 ID:gjfPJm650
___________
二二二二二二二二二/⌒\
',r',r',r',r',r',r',r',r',r',r'/:;:;:;:;:;:;:;:;゙i
、!、!、!、!、!、!、!、!、!、/三三三三 ミ゙i
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,/,ミ三三三三三ミ゙i
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ii______iミ゙i
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_゙゙i,rfr゛frk゛゛fr,~fr\゙i
,;: ,,;: ,,;:/ミ_`,,.; ゙iソfr゛fr゛frk゛k゛fr\         ┌──────‐
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;,  ゙i'ソfr,kfk゛fr゛frk゛fr\      | これは・・・
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; :;:;:;゙i ソ))))))))))))))    └─────v─
/ミ_`,, :;,, :;,, :;,: ;:; :;;゙i  川|   ゙i゙i川|;:;┌───────‐
ミ_`:;,, :;,, :; :: 、;;: ;: ;:;: ゙i ,川|    .゙i゙i川|;:;|どうみても家だな。
`,, :;,, :;,, :;,, ::,, :: ;:;:; :; :;:;゙i川|   ..i゙i川|;:;└────v───
~ ~~ ~~ ~~ ~~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~          デスヨネ
                             n__n   ∧_∧
                            (゚,,   )  (^,,   )
                            .く;;;;'ー'ゝ /   ヽ
                            .〈ノ  ⌒>.〈ノ   〜
                             し`J   し`J
                          "''`''`"´"''`''`"´"''`''`"´"''`''



129 :02/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:49:27 ID:gjfPJm650
                     ┌────────────────
                     |ああ、馬鹿が三日で作ったやつだな。
                     └────────v───────‐
┌───────────────‐
|そうか、つまりアレは兄貴のせいだな
└──────────v─────
        三日?                   材料集メタノハ俺ノ部下ダガ
          ∧_∧   n__n                   n__n
         .(,, ^Д)  .(,,- 0)                  (x゚д゚)
          /  .l  く;;;;;;ハゝ                  ∞ l
         〜ヽ) |〉⌒ヽ)  l〉                  /  ⌒し
          し`J   し`J                  L/ ヽ) ))
        "''`''`"´"''`''`"´"''`''`"´             "''`''`"´"''`''`"´
       ┌──ヘ────‐
       |アレ・・・とは一体                 _______
       └─────── .             /⌒二二二二二二 \
                               /ミ,,,:;; ,,,:;; ,,,:;; ,,,:;; ,,,:;; ,,,:;; \


130 :03/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:50:12 ID:gjfPJm650


          それは家が完成した直後の事



               n__n
               (ー゚ ,,)
               iハ;;;;;;ゝ
               l  (ノ⌒>
               L/ ヽ) ))
            "''`''`"´"''`''`"´"''`''`"´


131 :04/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:50:58 ID:gjfPJm650

              ┌────────‐
              | ショォーウゥー
              └────v────

    、 !               ハ,,ハ
   -  n__n           ('(゚д゚*)')
     (゚ー゚,,)           ヽ   /
     .く;ハ;;;;ゝ            l  〜
     .〈|  (ノ^>           L/ ー' =
      し`J          "''`''`"´"''`''`"´
   "''`''`"´"''`''`"´


132 :05/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:51:57 ID:gjfPJm650
      ┌──────────────────
      |ショウの為に、俺一人で家を作ったぞぉーぅ
      └──────────v───────‐
 ┌──────‐
 |ふぅん、・・・で?
 └───v───
                      ハ,,ハ  ブ
       .n__n           .0(゚д゚*)0 ン
      .(   ,,゚)         ブ i li    i li
      く;;;;;;;;;ゝ        ン .0l  〜0
     <⌒ ヽ)            し`J
       し`J         "''`''`"´"''`''`"´
   "''`''`"´"''`''`"´
              ┌─────ヘ──‐
              |俺を褒めてくれぇー
              └────────



133 :06/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:52:46 ID:gjfPJm650

        ・    ・    ・    ・   。



        n_, n
   .     (,,゚ー゚)         ワクワク テカテカ
      .く;;;;;ハ;i            ハ,,ハ
     <⌒L) l〉        ブ 0(゚*   )')
    .   し`J         ン .i li    ili ブ
    "''`''`"´"''`''`"´        0  〜、) ン
                      し`J   。
                    "''`''`"´"''`''`"´


134 :07/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:53:35 ID:gjfPJm650

  ┌──────────‐
  |・・・・じゃあな。 馬鹿兄
  └──v────────

     n__n                    ハ,,ハ
     (0 -,,)')                 (д゚ ,,)
     iハ;;;;;;ゝ                 し  ヽ
     l  ⌒>                  l  ',〜
     L/ ヽ) ))                 し`J
   "''`''`"´"''`''`"´             "''`''`"´"''`''`"´



135 :08/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:54:19 ID:gjfPJm650

                 ・ ・ ・ ・ 。

                   ハ,,ハ
                  (゚д゚,,)
                  し し l
                    l .  l〜
                   し`J
                "''`''`"´"''`''`"´"''

136 :09/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:55:06 ID:gjfPJm650



            ┌─────────‐
            |もう、素直じゃないなぁ
            └────v─────
             デモ、ソコガ可愛イヨ ショーウー
                   ハ,,ハ
                  (゚д゚*)
                  し し l
                    l .  l〜
                   し`J
                "''`''`"´"''`''`"´"''
            ┌─────ヘ────‐
            |このツンデレさんめぇ
            └──────────

137 :10/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:56:02 ID:gjfPJm650
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ ┌─────‐ :::;: ;::;;:;: ;: ;::;:| | ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::; :;:;| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; |そんなことが ; : ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;└──v───  :::: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:|┌──────────────────‐
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:||どうせ、僕が喜ぶような事を言ったんだろ?
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:|└───v───────────────
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'"^´''"''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'ヽ _ミ
           ∧_∧                 n__n
          .(,, ^Д)                (ー゚ ,,)
           l  ∞        n__n      ∞;;;;;ゝ,-、
         〜L_つとi        (   x゚)      L_L_つ
                      l    )
                     '⌒___)
              ┌─────ヘ─────ー
              |だが、嘘は言ってないぞ?
              |結果的にそうなると・・・な。
              └───────────
ヾ,._,.,.,_,.,_,.,,.,.,.._,.,._.,,.r-、,._,.,.,_,.,_,.,,.,.,.._,.,._..,,.,._,,.r''-、,_,.,_,.,,.,.,.._,.,.,_.,,.,._,.,.,_,.,_,r-、.,,.,.,...,._.,,.,._,_,.,_,,_,. ミノノ


138 :11/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:57:08 ID:gjfPJm650
   ┌─────────────────────────‐┐
   |(x ゚д) まぁ、馬鹿が動いてくれたお陰で、倉庫も作れたからな|
   └─────────────────────────‐┘

          lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニヽ
         /,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: /ミ彡ミヽ
        ./.,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: /ミミ彡ミミヽ
        /,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: /ミミ彡ミ彡ミヽ
       ,/,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: /ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
      /,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: ,,;:: /ミヘ______ヘ
       | |三三三三三三三三三三|   |::::::::::::::::::::| |  一応の見張り
       | |三三三三三三三三三三|   |::::::::::::::::::::| |     ↓    仕事内容
       | |三三三三三三三三三三|   |::::::::::::::::::::| |      .  ∧ ・ここに居る
       | |三三三三三三三三三三|   |::::::::::::::::::::| |     ∩∩ L| ・昼休みあり
       lニニニニニニニニニニニニニコニニニニニコ    (,,゚Д゚)|| .・差し入れあり
        |  |    |  |      |  |   Lニニニ」_   .. .U   0
        |  | .....::::::|_|::::::::::::::::::::::|  |:::::::llllLニニニl_   〜|  | .||
        |_|:::::::::::::~~~~~::::::::::::::::::::|_|:::::::lllllllLニニニ」 .. ..し`J .||
        ~~~~~             ~~~~~
 ┌─────────────────────┐
 |(x -д) それに、ああでも言わんとアイツは働かん。.|
 └─────────────────────┘──────┐
                          |じゃ、仕方がないな (ー゚ ,,)|
                          └──────────‐ ┘


139 :12/12 ◆K3L.8ZfPmE :2010/04/30(金) 08:57:55 ID:gjfPJm650
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ;:;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: 
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |               | |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; :
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |               | |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.::
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |               | |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;:
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|               | `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,
,,;:;....┌────── |               | /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,
/ミ|で、馬鹿は?.| |               | |;: ;:; ::;: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\
ミ_ └──v───.. . |               | |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'i
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´
      n__n
     (,,゚ー゚)     ┌──────‐
     く;;;;∞ゝ   ..| いや、知らん。
     と__Y_」    └─y─────
             n__n
            (゚x   )                 続く

140 :1/24:2010/04/30(金) 21:12:28 ID:mJJ2tqgA0
  ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  | 昔から物語に魅せられ、それに人生を費やした人は多くいる・・・
  |
  |   これはそんな愚か者の行動の軌跡である。
  └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘


                        ∧∧  ン?
                        (∀`*)
                         (っc )
                    "`'"'^'"

141 :2/24:2010/04/30(金) 21:14:40 ID:mJJ2tqgA0
  ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  | といった堅苦しい御託はそれくらいにして、さっそく話を始めよう。
  |
  |   ちなみに、子供だから大したことはできない。
  └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘


                        ∧∧  ソンナニ ホメルト
                        (´∀`))   テレルモー
                         (っc r"
                    "`'"'^'"


142 :3/24:2010/04/30(金) 21:15:52 ID:mJJ2tqgA0
   ┌―――――――――― モモタロー ―――――――――‐
   |   ボクも天下無敵の“獣使い”に成るんだモー
   |                  ワフワフ
   | まずはオルジさんに従って“犬”をお供にするモー
   └―――――――――∨―――――――――――――

                  ∧∧
                O (´∀`)O ジャスニィ タノムヨー
                (( O  ソ
                   し`J

                                ∧∧
                             (д・;)')
                             と  /
                               し`J

       ┌――――――――――――――∧―――――――――――――
       | モモタロー?ワフワフ?・・・オルジさんの弟子になりたいの?
       └――――――――――――――――――――――――――――

143 :4/24:2010/04/30(金) 21:16:53 ID:mJJ2tqgA0
                ┌―――――――――――――――――――――
                | とりあえず、オルジさんについていけそうなら
                |   紹介するからかかって来てみて
                |     ・・・できる限り痛くはしないようにするから
                └――――――――――――∨――――――――
  ┌――――――――――――――
  |  うん!わかったー
  └―――∨――――――――――



        ∧∧                          ∧∧
       (*^∀)                        (Д・ ,) モノズキダネ
       (っ |                        と  0
       し`J  ,、                        し`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''


144 :5/24:2010/04/30(金) 21:17:58 ID:mJJ2tqgA0


    \人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人/
     >                  <
    <        イックモー       >
     >                  <
    /`YW^Y^W^Y^W^Y^W^Y^W^Y´\


           ∧∧                      ∧∧
         O (li´∀)                   (∀・ ,)
        (( Oノ  ノっ                   と  0
          (.ノノ、 ガッ                    し`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''

145 :6/24:2010/04/30(金) 21:18:44 ID:mJJ2tqgA0


    \人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人/
     >                  <
    <        アゥゥッ!       >
     >                  <
    /`YW^Y^W^Y^W^Y^W^Y^W^Y´\


                                 ∧∧
         ビターーン                   (Д・;) !?
             ミミ  ∧∧             と  0
            ,、⊂⌒っ´Д`)っ             し`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''


146 :7/24:2010/04/30(金) 21:19:38 ID:mJJ2tqgA0


        ┌―――――――――――――――――――――
        | えっと、大丈夫? 怪我してない?
        |     そうだ!ペルさんのところに行こうか
        └――――――――――――∨――――――――


                          ∧∧
              ヒックヒック       (Д・;) ワタワタ
               ∧∧        と   )
           ⊂⌒っTДT)っ        し`J =3

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  後の世にジャスは目にも止まらぬ速さで相手を倒したと伝わっている
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

147 :8/24:2010/04/30(金) 21:20:52 ID:mJJ2tqgA0
   ┌――――――――――――――――――――――
    ∧∧  ところで、言うまでもないと思うけど
    (・∀・)   念のため、試しの結果を伝えておくね
   └―┬―――――――――――――――――――――
      ∧∧ ワクワク
      (´∀`)     いつオルジさんに会えるモー
      └――――――――――――――――――――――
   ┌―――――――――――――――――――――
    ∧∧ (その自信がどこから来るのか・・・)
    (・∀・;)   残念ながら、今回は実力不足ということで
   └―┬――――――――――――――――――――――
      ∧∧ エー     意地悪だモー
      (´Д`)    モモはがんばったモー
      └―――――――――――――――――
       ┌―――――――――――――――――――――
        ∧∧  いや、今のままじゃ足手まといにしか・・・
        (・∀・;)   オルジさんに付いていけないよ
       |
                      :
                      :
                      :

148 :9/24:2010/04/30(金) 21:21:47 ID:mJJ2tqgA0

     ┌―――――――――――――――――――
     | もっと大きくなって、一人前になった時に
     |   気持ちが変わってなければ、
     |     ちゃんとオルジさんに紹介するから
     └――――――――――∨――――――――

        ∧∧          ∧∧
       (,,´д)         (Д・;) スグハナイ
       (っ |         (   )
       し`J           し`J

  ┌―――∧――――――――――――
  |  一人前になるまで我慢するモー
  |     すぐになるけど約束だモー
  └――――――――――――――――


149 :10/24:2010/04/30(金) 21:22:54 ID:mJJ2tqgA0
│到着              彡ミミミミ彡ミミミミミ彡ミミミミミミミミ
└───           彡彡彡ミミ彡ミミ彡ミミミミミミミミミミ
                彡ミミ彡ミミミミミミミ彡ミミミミミミミミミ彡ミニニニ)
               彡ミミ彡ミミ彡ミミミミミミミ彡ミミミミ彡ミミミミ   |
              彡ミミミ彡ミ彡ミミ彡ミミ彡ミミミミミ彡ミミミミミミミミ  |
             彡彡彡ミミ彡ミミ彡ミミミミミミミ彡ミミミミ彡ミミミミミミl
          ,.;:'"''""''"'"'"'"'"'"'"'"'"'"^´'´''"''""`'"''"'""'"^´''"''"'"^:;.
         ,.;:'"                                :;.,
       ハーイ  ∧∧
           (`(*゚ー゚,∧∧
          ヽ  _(´Д`) ニゲタモー
           |  | |   つ     __――∧∧
           し`J .し`J     ___――c(  ;) ジャ! アトハ頼ミマス
                       ̄―――と   っ
                          ̄ ̄―(,/


150 :11/24:2010/04/30(金) 21:24:34 ID:mJJ2tqgA0
│治療中・・・
└─────


     ┌―――――――――――――――――――――
     | ワフワフ?桃太郎って・・・ああ、犬のことね。
     |   まあ、オルジさんはイロイロと忙しい人だし、
     |     桃太郎なら他の動物もいるんじゃない?
     └―――――――∨―――――――――――――


                λ,,λ   モモモー
             ;;''゙゙彡;。。ミ゙"゙゙∧∧゙"゙"゙"゙";;
            ;;' ξ  つ、 (´Д`)   ;;'
           ;;' と,,,,,,,ミ(⌒) ̄   つ  ;;'
           ;;',,,,.、,,,、,,,,.、,,,,.、,,,..,.、,,,..,,,..;;、;;,;'


151 :12/24:2010/04/30(金) 21:25:47 ID:mJJ2tqgA0
│ついでに謝礼
└───────


    λ,,λ コレッテ…
  彡;゚Д゚ミ            |        ∧∧
  (´つ  ミ        \   i   /   (´∀`) ドゾー
  〜ミ   ミ         丶    +     と   )
    し`J        +  ..,::;;::,..        し`J

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  なお、治療のお礼は砂鉄集めで黒くないため取り除いた鈍く光る
    黄色い砂である・・・が、本題ではないので今回はスルー
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

152 :13/24:2010/04/30(金) 21:26:42 ID:mJJ2tqgA0
│翌日・・・
└────→
:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ     ろ::::  :::::::        Www
iiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y   ろ ≦:::  :::iiiiwwiiiiiiiw;;;;;;:::::.... ゝ
:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z   ゝ::::::::`Ww、iiii\`WiiiiiWWW;;;;;;;::
^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw   ミ:;;;;: iiWwiiiiiiWwili: lノノリリリiiiiiW
  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww   w`'^`-|i: :iiレ' .|i: l川|wW-'^"
  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW  WW  .|i: :ii|  |i: l川|
  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|    |:|   .|i: :ii|  |i: l川|
  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`^`''`'|i: :ii|  |i: l川|
  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^        |i: :ii|  |i: l川|
  |川 :i|  |川 ''"'''''           !|i: :ii|  |i: l川|
  |川 :i| `~~~^.   オコシニツケタ    wi゙.|i: :ii|  |i: l川|
  |川 :i|ww  ll      クサダンゴ〜   `~~~^ !i: l川|
WWWiii||wW ヽ!l/      ∧∧          |i: ll川.|
         |レ'      (  ,,)       Wiii||wW
  wwwiiiiw  .||      (   b
                し`J
  ,,,...                Wiii||wW
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     葉にいっぱいの草団子を持って、森に入り
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

153 :14/24:2010/04/30(金) 21:27:42 ID:mJJ2tqgA0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ,i;;;:;iii;i:i| :::: |:;;:iii' ..::|iiiiiii;;;;;((,,,);;iii|;ゝ;;>;ゞ;ゞゞ|llliii' :ヾゞ;
 |,i;,.:',:i;;i|ェ・ ::|:;:;ii| :::|iiiiiiii;;ii;;~~~;;ii|: 〉;|/;/ ::: |lllliil 、,,. |
 |::;.....;i:;ii|  ::: |:;:;ii| :::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;|/ii;;:i( ::: |llliii| ::: |
.ノツソ::ソi;iハヽ、|:;:;;ii| ::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;;|:w::wWW:..|lllllii|、,,. ノi
        "''''''"|M|i;;iiii;;i:i;;:;i:;;::;M从ww,,. ゙'''''''''";;w;W
 ,,.::.;;'' ;;:;: :::''.;;''  从W从;;:人::;;ヾ、;ヽW:w  :W;;w;W: w;
`ヽ ;wM:w::wWW:;;w;W:W;; w;W:w;;wWW;;: w: w;;w ww;
"゙`''`´'''`"´`"”``´`". . .. .: :::: :::::::: ::::::::::::::: :::::::::::::::::::::
    :'. .,: :'. .,:wiiw        . .. .: ::::::: :::::::::::::::::::::
. ..            ∧∧  ,,.、..,、_,,,.
            。(∀`*) ウマウマ
  wWw____ρと  )_____
wWww:/ ニ ニ ニ ニ しし' ニ ニ ニ ニ /r.、ヽ
    |!三三三三三.:三三三三三三三| |@i!|
    .ニニニニ.:从ニニニニニニニニi!.ヽ'/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     途中、食事休憩をはさみつつ・・・
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

154 :15/24:2010/04/30(金) 21:28:50 ID:mJJ2tqgA0
      _,υ   、      ..::ゝ
 ,wwV″    i  ιvw !;::_,::ゞ 、:`,,
  | :: : :: ::/ .彡 @(・~・)@ ヽ ...::`
  |: : : ::::!:: : :l::|   ’’ ヾ  ..:::_:;ヘ.
  | : : : ::|: : :::l ト、ヽ._,_._,ノ´ ::.: .:`ヽ
  |::.,: :r.:| ::|:. l:: : :: _:_;_::ノ´ ̄`'─"
  |: |:: |::.. ::. j: ::/;´vV!w,ゞ・)@
  |: |::. ::| .::| ::|´..::ノ   ’’
  |: :|:. :l: .|:: ::|
  |:: :|: .::| .:|:. l:|     ┼┐‖  ┼┼
  |::.,: :r.:| ::|:. l:|     ││      │
  |: |:: |::.. ::. j:|
  |: |::. ::| .:|: ::|          ┼┐‖  ┼┼
  |: |::. ::l .:|: ::|          ││      │
  |:i ::| :: :| l |
  |:|: :| ::| :: :| |   ageマショー
  |:|: :| ::| :: :{ |      ageマショー オッ!       ハ ::
  |;}   : :| :| :: |           て         ノ,;ノ :
; , | .::| ::r : :| :i |  ,,.., .,. ( ',,>> そ       :仆从W゙,:;、
;; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ.. :;;::;;;. ,;:.と  ♭     (・ェ・o)@リ゙W゛jリwj
ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,.  し\,) ))   ⊂=ヽ__从wW从リ
;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,;;::..

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   見事、猿に見つけられることに成功したのだ!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

155 :16/24:2010/04/30(金) 21:29:43 ID:mJJ2tqgA0
      _,υ   、      ..::ゝ
 ,wwV″    i  ιvw !;::ミ.ゞ 、:`,,
  | :: : :: ::/ .彡 @(・ェ・)@ 川 ..スタッ
  |: : : ::::!:: : :l::|  ⊂  ⊃彡_:;ヘ.
  | : : : ::|: : :::l ト、_し`J._,ノ´ ::.: .:`ヽ
  |::.,: :r.:| ::|:. l:: : :: _`_;_::ノ´ ̄`'─"
  |: |:: |::.. ::. j: ::/;´vV!w,ゞ・)@
  |: |::. ::| .::| ::|´..::ノ   ’’
  |: :|:. :l: .|:: ::|
  |:: :|: .::| .:|:. l:|
  |::.,: :r.:| ::|:. l:|
  |: |:: |::.. ::. j:|  ┌― ウキ-――――――――――
  |: |::. ::| .:|: ::|  | “猿”を発見だよー
  |: |::. ::l .:|: ::|  └――∨――――――――――
  |:i ::| :: :| l |
  |:|: :| ::| :: :| |
  |:|: :| ::| :: :{ |
  |;}   : :| :| :: |
; , | .::| ::r : :| :i |  ,,.., .,. (`( ',,>>(・ェ・o)@    :仆从W゙,:;、
;; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ.. :;;::;;;. ,;: ヽ  | ρと   )    リ゙W゛jリwj
ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,.  し`J丶  しヽ_)     从wW从リ
;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,;;::..  プチッ


156 :17/24:2010/04/30(金) 21:30:33 ID:mJJ2tqgA0
  |::.,: :r.:| ::|:. l:|
  |: |:: |::.. ::. j:|  ┌―――――――――――――
  |: |::. ::| .:|: ::|  | ついてくるなら
  |: |::. ::l .:|: ::|  |     良い物あげるモー
  |:i ::| :: :| l |  └――∨――――――――――
  |:|: :| ::| :: :| |
  |:|: :| ::| :: :{ |
  |;}   : :| :| :: |
; , | .::| ::r : :| :i |  ,,.., .,. (`( ',,>>
;; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ.. :;;::;;;. ,;: ヽ  |
ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,.  し`J
;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,;;::..
   (・ェ・o)@
   o゚   )
    しヽ_) ))

157 :18/24:2010/04/30(金) 21:31:45 ID:mJJ2tqgA0
  |::.,: :r.:| ::|:. l:|
  |: |:: |::.. ::. j:|  ┌―――――――――――――
  |: |::. ::| .:|: ::|  | ん?草団子がないモー
  |: |::. ::l .:|: ::|  |   落としたのかモー
  |:i ::| :: :| l |  └――∨――――――――――
  |:|: :| ::| :: :| |
  |:|: :| ::| :: :{ |
  |;}   : :| :| :: |       ∧∧ て
; , | .::| ::r : :| :i |  ,,.., .,. (`(  ´) そ
;; / .(@ ・):.:| :l;ハ.. :;;::;;;. ,;: ヽ   )
ノ,;ノヽ  |ゝ::ヽ\_,,.,.   し`J
;:´.:: : し`Jヾ::\::\::ー、 ,;;::..


158 :19/24:2010/04/30(金) 21:32:54 ID:mJJ2tqgA0
      |::.,: :r.:| ::|:. l:|
      |: |:: |::.. ::. j:|
  @(o・ェ・)|::. ::| .:|: ::|
  |  ゚o |::. ::l .:|: ::|  ┌―――――――――――――
  人_っi ::| :: :| l |  | どうすればいいのかモー
      |:|: :| ::| :: :| |  └――∨――――――――――
      |:|: :| ::| :: :{ |
      |;}   : :| :| :: |      
    ; , | .::| ::r : :| :i |  ,,.., .,.   ∧∧
    ;; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ.. :;;::;;;. ,;:  (´Д`) オロオロ
    ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,.(((    ) ))
    ;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,;;::.. し`J

159 :20/24:2010/04/30(金) 21:34:10 ID:mJJ2tqgA0
│考え中・・・
└─────



  ┌――――――――――――――――――――――――――┐
  | 葉っぱに包んでツルで腰に巻きつけていたんだモー
  |       ツルが残っているから忘れてないモー
  |   戻ればどこかに落ちているかモー
  └――――――――――――――――――――――――――┘

                   ? ?
                        ∧∧
                        (´Д`)
                         (っc )
                    "`'"'^'"

160 :21/24:2010/04/30(金) 21:34:53 ID:mJJ2tqgA0
      _,υ   、      ..::ゝ
 ,wwV″    i  ιvw !;::ミ.ゞ 、:`,,
  | :: : :: ::/ .彡)(・o・)@@(・o・)@ パクパク
  |: : : ::::!:: : :l::|丶 ゚c )  (っ゚ .⊃ _:;ヘ.・)@
  | : : : ::|: : :::l ト、し`J.。。_し`J,ノ´ ::.: .:`ヽ
  |::.,: :r.:| ::|:. l:: : :: _`_;_::ノ´ ̄`'─"
  |: |:: |::.. ::. j: ::/;´vV!w,ゞ
  |: |::. ::| .::| ::|´..::ノ
  |: :|:. :l: .|:: ::|
  |:: :|: .::| .:|:. l:|     ′
  |::.,: :r.:| ::|:. l:|     ゚
  |: |:: |::.. ::. j:|  ┌―――――――――――――――――
  |: |::. ::| .:|: ::|  | って、何時の間にか食べられてるモー
  |: |::. ::l .:|: ::|  └――∨――――――――――――――
  |:i ::| :: :| l |
  |:|: :| ::| :: :| |
  |:|: :| ::| :: :{ |
  |;}   : :| :| :: |
; , | .::| ::r : :| :i |  ,,.., .,.       て
;; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ.. :;;::;;;. ,;:  ( ',,>> そ
ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,.  (っc )
;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,;;::.

161 :22/24:2010/04/30(金) 21:36:04 ID:mJJ2tqgA0
      _,υ   、      ..::ゝ
 ,wwV″    i  ιvw !;::ミ.ゞ 、:`,,
  | :: : :: ::/ .彡)(・ェ・)@@(・ェ・)@ ウキー!!
  |: : : ::::!:: : :l::|丶 ゚c )  (っ゚ .⊃ _:;ヘ.・)@
  | : : : ::|: : :::l ト、し`J.。。_し`J,ノ´ ::.: .:`ヽ
  |::.,: :r.:| ::|:. l:: : :: _`_;_::ノ´ ̄`'─"
  |: |:: |::.. ::. j: ::/;´vV!w,ゞ
  |: |::. ::| .::| ::|´..::ノ
  |: :|:. :l: .|:: ::|
  |:: :|: .::| .:|:. l:|
  |::.,: :r.:| ::|:. l:|  ┌―――――――――――――――――
  |: |:: |::.. ::. j:|  | 返せとは言わないモー
  |: |::. ::| .:|: ::|  |       むしろ、もっとあげるモー
  |: |::. ::l .:|: ::|  |   だから付いて来てほしいモー
  |:i ::| :: :| l |  └――∨――――――――――――――
  |:|: :| ::| :: :| |
  |:|: :| ::| :: :{ |     ′
  |;}   : :| :| :: |     ゚
; , | .::| ::r : :| :i |  ,,.., .,. (`( ',,>>
;; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ.. :;;::;;;. ,;: ヽ  |
ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,.  し`J
;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,;;::.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        草団子を食べて、勇気りんりん、百人力!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

162 :23/24:2010/04/30(金) 21:36:50 ID:mJJ2tqgA0
  ┌――――――――――――――――――――――――――┐
  | @(o・ェ・)"> ドンドン ナゲツケテヤンヨ!
  |  | ⊃ ノ┘  猿は人間と同じ道具を使える動物である
  └――――――――――――――――――――――――――┘
                       ミヽ
      ヽ           ヾ      ┠
  i                8
           `。      \人_从_人_从_人_从_人_从_人/
   `,             l.i   >              <
    ゚           ┨ <      危ないモー      >
        ヽ  ¨       >              <
         8     ヾ   /`YW^Y^W^Y^W^Y^W^Y´\
               <.> __――∧∧
       ,        ___―=c(;´Д)
  ;  丶       !     ̄――=と   っ
      v             ̄ ̄―(,/
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"'"^´''"''"'^´

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   猿たちは木を切り住処を奪う侵略者の子供をおいかえします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

163 :24/24:2010/04/30(金) 21:37:46 ID:mJJ2tqgA0

    \人_从_人_从_人_从_人_从_人_从_人/
     >                  <
    <       話と違うモー       >
     >                  <
    /`YW^Y^W^Y^W^Y^W^Y^W^Y´\


         |____/_  ___                  -f===
        / | / ヽ   / l l ―┼―  |       冫つ⊃
        | | /  |   (      / −  |        | ⊃|
        ヽ_/ヽ ノ    \   / ー  ヽ_/   @(・ェ・)@
   ,,⊂ヽ       |____/_  ___             ⊂彡
 @(・ェ・)@      / | / ヽ   / l l ―┼―  |
  | ⊃|          | | /  |   (      / −  |
  ⊂ノ〜       ヽ_/ヽ ノ    \   / ー  ヽ_/
  ∪

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     そんなこんなで森の平和は守られているのだ──
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

164 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/04/30(金) 22:46:01 ID:2ntv6Cb60
モナー族の子供良いな
やべぇ、なんかすごい和むw

165 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/05/01(土) 14:01:21 ID:8o5EumcV0
確かに和んだw この作者センス有るわー

166 :◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:45:44 ID:VZKqVyKD0









       ┌────────────────────────―――――┐
       |  ……あー、すまん。 オルジさん、これ、このまま食えばいいのか? |
       └―――――――――――――――――――――――――――――┘








 
 

167 :◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:46:25 ID:VZKqVyKD0
: : : : : : : : : : : : : : : : : *: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : +: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : *: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.,i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.彡ミ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.彡三ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : 从 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 从 : : : : : : :
:.:.:.:.彡三三ミ.:.:.:.:.:.:.., 、: : : : ,., : : ,.,. : : : : 彡ミ.: : : : : : : : 从 : : : : : : : : : :: : : , 、 : : : ,i! : : :,、: : : : :彡ミ. : : : : ::
:.:.:.:.彡三三ミミ:.:.:..彡ミ´;;;;;彡ミ 彡ミ 从 .彡ミミ:.:.:.:.:,、:.:.,!::::::ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡ミ::::..彡ミ 彡ミ 从::彡ミミ:.:.:.:.,、 : : :
.:.:.彡彡三三ミミ:.:.彡::ミ;;;;;彡::ミ, 三 彡ミ 彡,il、ミ;:;:彡ミ {!:::::::::l!;:;:;:,、;:;:;:;:;:;:;:彡::ミ;:;:;:;彡::ミ 三 彡ミ 彡,il、ミ::::彡ミ : ::
:.:.彡彡三三ミミミ:.彡三ミl彡三ミ ::: 彡::ミ .彡ミ;:;:;:彡::ミ ゞ;;;;:ソ;:;:彡ミ;:;:;:;:;:;彡三ミ 彡三ミ ::: 彡::ミ .彡ミ:::::彡::::ミ: : :
彡彡三三三ミミミ. |li|.从从|li|W |i|;:;:;:|i|;:;:彡三ミ;:;:;:;:|i|从;:|il| 从彡::ミ;:;::;.W;::;|li|从从|li|;:;:;:|i|;:;::|i| 彡三ミ;:;:;::|i| : ::
.: .ミ彡:.:.|!|l| ミ彡w、w|w,,;:;:;:|li|;:;:;:w;:;:;:;:|,r':":ゞ:ミヾ,....,,.Ww,,,...Ww..从从从;:、 w|w,,;:从;:|li|从从 .,|r':":ゞ:ミヾ,....,,..Ww ::
: :从从.,|! f''≡ー‐-、 r''゙ゞ彡ミヾゞ ..., ゞミヾ彡ソ....,.,.,   .............,,,,  ...,.,.,.,               ゞミヾ彡ソ.
ww,,,..... | 《:彡:三:ミ:Y^彡巛ヾミミ》  """"      ,,,,....,.,..,,,    .,,,,,,,、Ww.,,     www,,,....... ....,.,  ,,,,....,.,..
    ノ,! ゞw、ww,,.W,,,,,,...Ww,,,.ww、ww,,.,,,,    ,....,,.ww,,,...w  
..,.,.,.,.,.....     www,,,.......  
                    /ヽ_ ヘ            ∧∧
                ⊂ (,::::_ゝ゜)         ・c(゚Д゚;)       Ww,,,.ww、ww,,.,,,,    ,....,,.ww,,,...w
Ww,,,.ww、ww,,.,,,,          ヽ  G':;;;)        ヽミ三G';:;:)
               <三X==G(⌒) ヽ====         ノ;i;;;;;;;|]==             ,....,,.ww,,,...w
                        ヽ,_)          し ヽ):;ゝ
                                Ww,,,.ww、ww,,.,,,,    ,....,,.ww,,,...w
Ww,,,.ww、ww,,.,,,,    ,....,,.ww,,,...w

 

168 :3/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:48:23 ID:VZKqVyKD0




   ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
   | それはそうだろう。 ――出発前に子供らに虫取りを頼んでな。    .|
   |  革袋に入れて携行していたので糞出しは済んでいる、問題ない。 .|
   └―――――――――――――――――――――――――――――┘



        これ(=きっと動物界 節足動物門 昆虫綱 バッタ目 バッタ亜目のなにか)
                 ↓

                |
               l             ,.-.、
               ,゙-‐r‐‐--;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:/;;//‐‐;;;;;‐‐;;;;;‐ 、
            ,‐i-0=i::::::.../、;;; ;;; ;;/,'ミ/:/;;;, ::;;;;, ::;;;;;, )
             / ヾ!_,l_゙゙゙ ノヽ`';;ー/ /ミ/::/-,-,-,-,-、‐‐‐''´
              /`゙''ー===& lt;.,,ノ.シ-/'-'-'-'-'- '
           _,.-‐''´        \,,_   ''ー



       ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
       | 火は……って、ああ。 ひょっとしてさっき交代で仮眠をとった時に。 .|
       └――――――――――――――――─────────────┘
                  ┌───────────――――――――――――――───―┐
                  | その通りだ、炙っておいた。 火を通さない食べ物は危ないからな。 .|
                  └――――――――――――――――─────────────┘



 

169 :4/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:50:00 ID:VZKqVyKD0






       ┌―――――――――――――――――――――――――――――
       |  ギコ。 お前は皆が知らないことまで本当によく知っているが、
       |  たまに……なんというか、皆が知っているようなことまで知らんな。
       └―――――‐v―――――――――――――――――――――――
                        ┌―――――――――――――――――――――――
                        | さぞかし偏った間抜けに見えるのは、自覚してるよ。
                        └―――――‐v―――――――――――――――――


                /ヽ_ ヘ                ∧∧ ヒョイ
               (,::::_ゝ゜)            ,っ・д-;)
                〉  G':;;;)           ヽミ三G';:;:)
           <三X==G|  、 ヽ====          ノ;i;;;;;;;|]==
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W


 

170 :5/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:51:48 ID:VZKqVyKD0





     ┌―――――――――――――――――――――――――――
     | まぁ、――お前が何者であろうと、俺には関わりのないことだ。
     └―――――‐v―――――――――――――――――――――
                      ┌―――――――――――――――――――――――――
                      | ……心遣いに感謝しとく。詮索されると、少し困るんでな。
                      └―――――‐v―――――――――――――――――――
        ┌―――――――――――――――――――――――――――――――
        | さて。 今夜は月が明るい。 なんとか今晩中に捕捉したいところだが……
        └――‐v――――――――――――――――――――――――――――



              /ヽ_ ヘ                   ∧∧ モグモグ
             く_ ゚  ) ⊃           (〜゚;)
              〉  G':;;;)             ミ三G';:;:)  ← 虫食程度は慣れている
        <三X==G |  、 ヽ====          ノ;i;;;;;;;|]==
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W



 

171 :6/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:53:05 ID:VZKqVyKD0





     ┌―――――――
     | む、ぅ……?
     └――――‐v――       ┌――――――――
                      | ……どうした?
                      └――――‐v―――

              ピタ
         !
            /ヽ_ ヘ                   ∧∧ ?
           く_ ゚ ; )              (Д゚,,)
            〉  G':;;;)             ミ三G';:;:)
      <三X==G |  、 ヽ====          ノ;i;;;;;;;|]==
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W



 

172 :7/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:54:02 ID:VZKqVyKD0


   ┌―――――――――――――――――――――――――┐
   | 灯りが見える。 ――しかも二か所、山腹と峠のあたりだ。.|
   └―――――――――――――――――――――――――┘
: : : : : : : : : : : : : : : : : *: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : :: : : : : : : : : :
: : : : : : +: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : *: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : + : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,,-‐''"´'':、,,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,,_,__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:.:.:.:.:_,,.;:-−''"´`゙''ー、/ヽヾ\: ::.:.:_,,.;:-−''"´`゙''ー、: : : : : : : : :
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー '''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙ ',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:; ゙ ',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'":;、,"'.::,: : : :
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  :; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: ; ::;  : : : :
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ,;''゚ ;~'', : : :
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ;~'',;''゚ ゚  ;
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .:::::::... .... ..::::::::::::::::....:::.::::::... .. ....:::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
                    |   ……っ!  ヤバいな。 背骨山脈っつーことは、恐らくモララー族……   |
                    └―――――――――――――――――――――――――――――――┘

 

173 :8/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:55:09 ID:VZKqVyKD0


 ┌────────────────――───────────────―┐
 |   仕方がない、ここからは別行動だな。 俺は峠に向かう、ギコは山腹を頼む。   |
 |   成果の有無に関わらず、戻る場所はここだ。 目印は、あの立ち枯れた木。   |
 └――――――――――――――――――――――――――――――――――┘
::::::::::::::::::::::::::::::::: ‐-- 、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ、::: ,. - :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒ヾ:i:{, 〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::: |l:i/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::: }lム:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,∠´フヲi .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.: /フイノ少ミ=、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:. :::::::.. ::::/アフ/イ/.:.:``ヾミー- 、_ __.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :T|〔_7イ//:: :::: : :: :: :: ` ̄´⌒ヽ:: :: :: ::┌――――――――――――――――――――┐
::.::. :: :: :: :: :: :: :: ::.|/,|」//〃::.::.::. :: :: :: :: :: :: :: :: :: :. :: :: :: :: :| 了解。 言うまでもねぇが、お互い慎重にな。 .|
:.: :. :. :. : : : :'⌒ヾ///イハl{ : :. : : :: : : : : : : : : : : . .. . : : : : : :└――――――――――――――――――――┘
: : : : : : : : : : : : /{:{/::{{i::!|.:.: .: : . . : : : : :. : : : : ....... . : : : : : : :
: : : : : : :/:,.,ニミjハ:l:{ :  . . . : : : : .  . : : : : 
: : : : : /|::{{ (() }}:{/: : : .  : : : : : : :
.. .. . . .{,'/:{::ゞ==彡;!. . . . . . . . . . . . . .
      〈::{:;ハ::|::{「:i::/i
       ハヽハ:l::||::l::{ l
       }ハ::|::}:!:!::::|:| {
       }:{:{l:i:l:.l:.l:l::ハ
        |ハll:i:',::{::|l::|';.ハ
__ __,,..=''プ::ノ:}:l::}ヽ.ゞ|ハ.:.:ヽ、___
..:.:.:.:_, -''´ _.;∠;イ ;ハ;__`ー'‐-'、¬ー-``¬―-- ------ ---- - -
.:.:.:.: .:.:.:. '´ /丿/ヽ、\ ̄`ヽ、ー、               ,........:.:.:
.:.:.:,;,;,;.:.:.:.:.:´.:.'´.ノ.:.:.:.:.:`ー.:.:.:.:.:.:.::.:.:....,        ,.....:'::.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:':.,       ,:.:.:.:.:.:.:.:,;,;.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.;     ,...:':.:.:.:.:.:.:.;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.

174 :9/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:57:08 ID:VZKqVyKD0


                               ・

                               ・

                               ・



    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  私は君に、許しを求める気はない。 私は私の信念に従って、剣を握っている。 |
    └――――――――――――――――――――――――――――――――――┘


                   ┌―――――――┐
                   |   だが――  |
                   └―――――――┘


     ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
     |  私は、君と私の部族の間に起きた事柄について、言い逃れるつもりも無い。 |
     └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘




               ┌―――――――― ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・...―┐
               |  君は――私に、復讐する権利がある。 |
               └――――――――――――――――――┘



 

175 :10/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:58:45 ID:VZKqVyKD0




    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――
    | 私の部族の戦いが。 ひいては私の戦いが――
    |  結果として君をそんな目に遭わせてしまったのは、本当に残念なことだ。
    └――――――――――‐v―――――――――――――――――――――

         ┌―――――――――――――――――――――――――
         | そしてこの件は、部族や、戦争や、それらのあり方――
         |  そういったものにも絡む、とても難解な問題でもある。
         └――――――‐v――――――――――――――――――



                 Α_Α
                 (  -д)
                   (  / |        << )
                 ノ_/__,ゝ           ミ三ミ、
                   (__)__)             し`J;:ゝ


 

176 :11/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 16:59:53 ID:VZKqVyKD0











         ┌―――――――――――――――――――┐
         |  ただ、どういった経緯があるにせよ――  .|
         └―――――――――――――――――――┘









 

177 :12/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:00:34 ID:VZKqVyKD0






      ┌――――――――――― ・ ・ ・.――┐
      |  君の母親を殺したのは、私たちだ。 |
      └────────────────┘


                       ________        ...: : :.:.::::::::::::::::::::::.
                       \         ,. -‐''"´ ̄   ̄`: : :.:.::::::::::::::::::::::.
                         \               : : :.:.::::::::::::::::::::::.
                          \    /        : : :.:.::::::::::::::::::::..
                            \            : : :.:.::::::::::::::::::::::.
                             V         : : :.:.:::::::::::::::::::::::   
                              i    ____  : :.:.::::::::::::::::::::::: 
_____,.--、                    | / /,-、 `Y  : :.:.::::::::::::::::::::::: 
//////////] 0 〉                     |  '{i イ リ !{=  : :.:.::::::::::::::::::::::: 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'                       |   ≡三彡'   : :.:.::::::::::::::::::::::: 
      //                      |          : :.:.::::::::::::::::::::::: 
     /                             i          : :.:.::::::::::::::::::::::: 
   /   ス・・・                     ヽ        . : : :.:.:::::::::::::::::::::::
  /                               `ー- 、 . : : :.:.:::::::::::::::::::::::::::
                                        >: : :.:.:::::::::::::::::::::::::::::.......


 

178 :13/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:01:57 ID:VZKqVyKD0





     ┌――――――――――――――――――――――――
     | 予備の短剣だ。銅製でよく研いである、確認してもいい。
     └―――――――――‐v――――――――――――――




                 Α_Α
                 (  -д)             ∧∧
                   (  _]つ二]==     (д・il)
                 ノ_/__,ゝ         ミ三ミ、
                   (__)__)           し`J;:ゝ



 

179 :14/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:03:46 ID:VZKqVyKD0





      ┌―――――――――――――――――――――――――┐
      | 君は男の子だ。 何を掴み取るか、自分で決めるべきだ。 |
      └―――――――――――――――――――――――――┘





             liiiii,        _、
          llllll!  l!llli!゙゙゙´      _,illllllliiiiiiiiii、         ゙!llllliii
       .,lllll゙_           _,,iiii!!!゙゙´ .,iillll!!゙           ゙゙゙´
      .lllll!!!llllllii             ,,iilll!!゙゛           _,,,iiill'      llllllll‐    'llllllll     llllllll!
      .illll!゙  ´            ,,iiilll!!゙゛       ,,,_,,,iiiiiill!!!゙゙゛       ゙゙゙´      ゙゙゙´     ゙゙゙´
     illllll′           ,,,iiii!!!!゙~         illlllll!!!!゙゙´
     ゙゙゙゙                        ゙´






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ジャスの心臓が跳ねる。 ――目の前に、“全ての責任を負ってくれる悪”がいる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 

180 :15/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:04:29 ID:VZKqVyKD0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  しかし、思わず剣に手を伸ばそうとする心を、オルジ仕込みの狩人の思考が妨げる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    ┌――――――――――――――――――――――――
    | 君が私に復讐の権利を行使するならば、相手をしよう。
    └―――――――――‐v――――――――――――――



                 Α_Α
                 (  -д)             ∧∧
                   (  _]つ二]==     (д il)
                 ノ_/__,ゝ         ミ三ミ、
                   (__)__)           し`J;:ゝ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   「狩れる相手か?」 その問いに思わず考える。――勝算は、おそらく限りなく低い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

181 :16/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:05:15 ID:VZKqVyKD0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   仮に今、全力で踏み込んで短剣を取り――そのままの勢いで斬り付けたとしよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        Α_Α
        (  -д)       ∧∧
          (  _]つ二]=と(д il)
        ノ_/__,ゝ    `ミ三ミ 三二―
          (__)__)         ー'ヽ)

     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        ┌――――――――――――――――――――――――┐
        |   ――君は、君の信じるものに従って決めれば良い。   |
        └――――――――――――――――――――――――┘

                         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                             Α_Α
                             (   д)っ     /i   ヽ\
                              (__]つ |     c(д il>っ[二>
                             ノ_/__,ゝ    ミ三ミ
                           \人(___/、__)      し ヽ)

                         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   彼ほどの戦士ならば、そんなチャチな手は必ず想定している。 より速く構え――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

182 :17/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:05:57 ID:VZKqVyKD0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   より早く、岩の塊の如き拳を突き出してくる。 ――その一撃で、恐らくは終わりだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       ぐ
                Α_Α      ち
                (   д) /i ,; ¨;  ゃ
              ー――二三G;;;il>;・;   ッ!
                ノ__/_ゝ <二]と≡=―
                  (__/ー'    `ーヽ)

            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   奇襲は二度も通じない。 小賢しい策ならば幾つか思いつくが、間違いなく全て無駄。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

183 :18/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:06:39 ID:VZKqVyKD0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   そもそも、子供のジャスが大人に対して勝ち得る手段は奇襲がせいぜい……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



         ┌――――――――――
         | さぁ、どうする――?
         └――――――‐v―――


                 Α_Α
                 (  ・∀)          ∧∧
                   (  _]つ二]==     (д il)
                 ノ_/__,ゝ         ミ三ミ、
                   (__)__)           し`J;:ゝ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   しかし短剣を突きつけられた時点で、ジャスの行動は三つに規定されてしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

184 :19/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:07:36 ID:VZKqVyKD0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  すなわち 「1.明確に戦意を示す」 「2.明確に戦いを避ける」 「3.それ以外」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





               ( 「2」以外を選んだ時点で、この人は本気で殺しに来る……)

                                  O
                 Α_Α                 o
                 (  ∀)          ∧∧ 。
                   (  _]つ二]==     (д il)
                 ノ_/__,ゝ         ミ三ミ、
                   (__)__)           し`J;:ゝ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   結果として、ジャスの選択肢は二つ。 「戦って死ぬ」または、「逃げて生きる」……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

185 :20/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:09:09 ID:VZKqVyKD0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   「戦って死ぬ」という選択肢は明らかに愚かだ、と冷静なジャスが呟く。 しかし――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                Α_Α
                (   д) /i ,; ¨;  
              ー――二三G;;;il>;・;
                ノ__/_ゝ <二]と≡=―
                  (__/ー'    `ーヽ)

            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   “だとしたら、何故?” ……なぜ、このウララードはそんな選択肢を示している?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

186 :21/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:09:55 ID:VZKqVyKD0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  刹那、閃く思考。 彼は暗に。 暗に、“もう一度、やり直してもいい”と言っているのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                    `     '
                      、   ノヾ     '
                      )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
――---―z_------- ―== ニ ニ二       二ニ ニ ==――---―z______
                       )     (
                     , '´⌒`Y´⌒` 、
                          ,     \





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   恐らくは正鵠を射たその閃きは、瞬間的に熱の如くジャスを苛む。 すなわち――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

187 :22/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:10:36 ID:VZKqVyKD0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   “母の為、命を捨てることができる” のだ。 目の前の男が全て引き受けてくれる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                       λλ
                         (`(。 。il)
                      ヽ/;:/:ヽ
                    < ワ)つヽ;)
                  ≡[ニニ]


        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    そうだ!  もし自分がここで、死に物狂いで“憎い仇”に立ち向かって死ねば――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

188 :23/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:11:49 ID:VZKqVyKD0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   母と、同じなのだ。 そして恐らく、母と同じ苦痛を以て、男は自分を殺してくれる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            /ヽlililililii',li /  
                            ,'ililili:|lililililililY
                             / ̄.^|li|iliilililil|
                             /    ノlililiililili|
                        ,′    ”ヾ,ゾilノl
                        |r─ 、    ”” l
                             ヽ,- 、 ヾ     / 
                          \-' ノ   /
                             ̄ ̄ 
                     /⌒)
                    /  / 
                    /  /
                   /  /―、
                /  ./ ヽ/`/⌒l
                  /    i( ̄ /   l
                  /    ` ー'   /
              /         /
              /        /
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   それが、己が殺めた母への贖罪となるのかは分からない。 だが、少なくとも――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

189 :24/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:12:29 ID:VZKqVyKD0











     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        今の、このどうしようもない苦しみからは――逃れられるのでは?
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










 

190 :25/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/01(土) 17:13:58 ID:VZKqVyKD0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   どこか甘やかな、その思考に誘われ。ジャスの手が、ゆっくりと短剣の柄に伸びる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                 Α_Α
                 (  -д)          ∧∧
                   (  _]つ二]==  (`(д il)
                 ノ_/__,ゝ      `ミ三ミ、 ) )
                  (__,/ 、__)         し ヽ)ゝ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ウララードがかすかに歪めた口元が示すのは――果たして悲しみか、憐れみか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                                                つづく


 

191 :総合OWATASHOP:2010/05/01(土) 17:19:38 ID:50kBYXTu0
スミマセン。私、したらば掲示板というところで、人生オワタ専用長編板という物を立てた者でして、是非みなさんに
きてもらおうと心深く思っておりますので、来ていただけませんか?
’つまんない、糞板等と言う方は、批判レスだけはしないで、
放っておけば良いです。どうぞご協力下さい。尚、グーグルで検索すると
(したらば掲示板 オワタ長編)出てくると思います。長文、邪魔すみません。

192 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/05/02(日) 14:42:28 ID:FvTw9ZHm0
乙wktkが止まらない 

193 :1/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:26:42 ID:R9P32u1L0




                 Α_Α   ス…
                 (  -д)     ∧∧
                   (  _]つ二]=(`(д il)
                 ノ_/__,ゝ    `ミ三ミ、 ) )
                  (__,/ 、__)      し ヽ)ゝ



                   僕は――


 

194 :2/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:27:28 ID:R9P32u1L0





         ┌――――――――――――
         | ……やはり、戦うかい?
         └――――――‐v―――――


                 Α_Α
                 (  ・д)        ∧∧
                   (  _]つ  ミ 、   (д )
                 ノ_/__,ゝ   <二]Gミ三ミ、
                  (__,/ 、__)         し ヽ)ゝ



                     僕、は――


 

195 :3/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:28:18 ID:R9P32u1L0





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                                              ∧∧
                                          (,, Д)
        ( >>                         ((   / ̄0ヽ[:|
       __|  |__                              ' ̄ ̄ノ;;;;;;i;|)―l>
       ヽし`J_,/                                (_/`J 



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                 頭の中を、過去の風景が巡る。


 

196 :4/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:29:05 ID:R9P32u1L0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                     λ,,λ
                    彡* ヮミ   ∧∧
                     ξ  つ   (∀ ;)
                    と,,_,,_,,ミ   cuu っ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                   ――生きるべきか?

                    ――死ぬべきか?

 

197 :5/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:29:45 ID:R9P32u1L0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                       ∧_,,,
                       (# ;;o∧
                        /;:;:つ ;)
                          (;#;:;:と ヽ
                       〈;/`Jしヽ)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"'"^´''"''"'^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"'"^´''"''"'


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                 ぐるぐるぐるぐると、問いが巡り続け、


 

198 :6/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:30:33 ID:R9P32u1L0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                      ∧_∧
                         (;:; ー )   /i
                         |;:;:;:;:;:;:ヽ  (∀ >
                       ノ;:;:;:;:;:;:;i_)と   |
                      (___,)__,)   し`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''""^´


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


               心臓がどくん、どくん、と激しく鼓動する。

                 ひゅぅ、と呼吸がかすれる。

 

199 :7/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:31:14 ID:R9P32u1L0


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       |\
                      |  \
                      |    \              `              `
                      |     \         、       `            
                      |       \
                      |    '"   ̄ ` 、―――――― ,    `       、   `
                     , '|                     /                
                /__`__,            ヽ      /
               ノイリ /              `  /     `         、    
               /   ̄                }/
                {                /     、              `  
              ヽ-―              /              `
                 \  ___        /  `             、
               , r''"::::::::::::::::::::::::::ヽ、 ノ                       、
           _,.r、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<       、       `
          ノ:.:.:.:.:.:ヽ、::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::i          
        _,,へ:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.< ___  ̄ ヽ;;;;;;;!ンー、     、     、   `         
       〈:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.、:.:.:.:ゝ                   `
       /:.ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.`.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.ノヽ  `   
.      /:.:.:.ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,>--‐‐''"゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉       、             
      }:.:.:.:.:.: ヘ:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:\    `              
      !:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._;,:.:.:.:.'゙:.:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、       、        
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.`、:.:.:.:.:ー ‐''":.:.:.:.:.:.:.:./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`''  、__
        }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー ''":./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィ        `   
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー:.:.;,_;,:.:.:.ー ''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:{

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                     そし、て――


 

200 :8/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:32:31 ID:R9P32u1L0












         ┌―――――――――――――――――――――┐
         |   いいえ。 ……僕は、あなたとは戦いません。   |
         └―――――――――――――――――――――┘









 

201 :9/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:34:38 ID:R9P32u1L0



         ┌―――――――――――――――――――――――
         | これ、お返しします。 ……収めておいて頂けますか。
         └――――――――――――‐v――――――――――
      ┌――――――――――――――――――――――――――――
      | 戦うことを、選ばなかった理由。 よければ聞かせて貰えるかな?
      └――――――――‐v―――――――――――――――――――
                       ┌―――――――
                       | それは――
                       └―――‐v―――


                     Α_Α
                 (  -∀)       ∧∧
                   (  _]つ  ==[二G(д・il)
                 ノ_/__,ゝ      `ミ三ミ、
                  (__,/ 、__)         し ヽ)ゝ



       自分でも分かっている。 これから口にするのは、どうしようもない欺瞞だ。


 

202 :10/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:35:19 ID:R9P32u1L0









         ┌――――――――――――――――――――――┐
         |   ……貴方が、 どうしようもなく善人だからです。   |
         └――――――――――――――――――――――┘







                   外面を取り繕いたいばかりの、救いようのない嘘。




 

203 :11/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:36:04 ID:R9P32u1L0





      ┌――――――――――――――――――――――――――――
      | 善人? ……随分なことを言う。 僕は君の仇だというのに。
      └――――――――‐v―――――――――――――――――――
         ┌――――――――――――――――――――――――
         | “仇であること”と、“善人であること”は矛盾しません。
         └――――――――――――‐v―――――――――――


                     Α_Α
                 (  ・д)       ∧∧
                   (  _]つ=[二> c(д・il)
                 ノ_/__,ゝ      `ミ三ミ、
                  (__,/ 、__)         し ヽ)ゝ



           ああ。 何をもっともらしく語っているんだろう。

                     ――本当の理由は、もっと薄汚いのに。


 

204 :12/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:37:48 ID:R9P32u1L0



  ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  | 貴方は僕に傷つけられたにも関わらず、僕の話を聞いて、真剣に僕の心情を汲んでくれた。   |
  |   その上で、自らが後味の悪い思いをするのを覚悟して、僕に死の選択肢を提示したんです。 |
  └――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘


           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                 Α_Α
                 (  -д)             ∧∧
                   (  _]つ二]==     (д il)
                 ノ_/__,ゝ         ミ三ミ、
                   (__)__)           し`J;:ゝ


           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


        ┌―――――――――――――――――――――――――┐
        | これを善人と言わないで、誰を善人と言えるんですか?  |
        └―――――――――――――――――――――――――┘



                 僕は、本当は―― 本当は、

 

205 :13/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:38:40 ID:R9P32u1L0



     ┌―――――――――――――――――――――――――――
     | それでも貴方は、やっぱり母の仇の部族です。
     |  仇の善意にすがって、死ぬわけには――いかないでしょう?
     └――――――――――――――‐v――――――――――――
         ┌――――――――――――――――――――
         | やれやれ。君は、頭が良すぎるようだな。
         |  ……今、勝率を計算したうえで言ったろう?
         └――――――‐v―――――――――――――


                     Α_Α
                 (  -д)         ∧∧ …ッ!
                   (  _]つ=[二> c(Д il)
                 ノ_/__,ゝ      `ミ三ミ、
                  (__,/ 、__)         し ヽ)ゝ


    「死にたくない」 僕のどうしようもない――汚い本能が、たった一言で露わになった。

 

206 :14/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:39:21 ID:R9P32u1L0






      ┌―――――――――――――――――――――――――――――
      | 賢すぎて、直情的に突っ走れない。 感情に流され破滅できない。
      |  それはある意味で、とても辛いことだ。 ――君に同情するよ。
      └――――――――‐v――――――――――――――――――――


                     Α_Α
                 (  -д)       ∧∧ ・・・・
                   (  _]_)彡     (д il)
                 ノ_/__,ゝ      ミ三ミ、
                  (__,/ 、__)         し ヽ)ゝ



       この人は、本当に強い。 そして強いだけでなく――恐ろしく、賢い。

 

207 :15/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:40:05 ID:R9P32u1L0




     圧倒的だ。 ……なら。 もし、もしも――



      ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
      | 僕も、貴方くらい強かったら――もしかしたら、違う結末もあったんでしょうか。
      └――――――――――――――‐v――――――――――――――――――


                     Α_Α
                 (  -д)       ∧∧
                   (  _]_)        (д il)
                 ノ_/__,ゝ      ミ三ミ、
                  (__,/ 、__)         し ヽ)ゝ




 

208 :16/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:41:00 ID:R9P32u1L0





          ┌――――――――――――――――――
          | ……やれやれ。 一つ、覚えておくといい。
          └―――――‐v――――――――――――


                     Α_Α
                 (  -д)       ∧∧ ?
                   (  _]_)        (д・ )
                 ノ_/__,ゝ      ミ三ミ、
                  (__,/ 、__)         し ヽ)ゝ



 

209 :17/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:42:08 ID:R9P32u1L0






     ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
     |   「そんなに強いのに、どうして?」と、さっき君は聞いたね。……いいかい?  |
     └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘






        ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
        |  強くなれば誰かを幸せにできるなんて考えは、ただの思い上がりだ。 |
        └――――――――――――――――――――――――――――――┘






                              ……〜〜〜〜ッッ!!


 

210 :18/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:43:04 ID:R9P32u1L0









    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | どんな理想を掲げても、どれほど純粋な心でも、剣を振るえば血が流れ、人が死ぬ。  |
    |   剣を振るって敵を倒しても、生まれるものは何もない。……戦いとは、そういうものだ。 |
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘






                    それは、確かにそうかもしれない。 でも、でも――!



 

211 :19/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:43:48 ID:R9P32u1L0





      ┌――――――――――――――――――
      | ――そんな……そんなのって……っ!?
      └――――――――――――――‐v―――
           ┌――――――――――――――――――――――
           | だが、君が“強い”と評する、私はそう考えている。
           └―――――‐v――――――――――――――――



                     Α_Α グ…!
                 (  -д)  ∧∧
                   (  / GG(д il)
                 ノ_/___,ヽ`ミ三ミ、
                  (__,/ 、__)  し ヽ)ゝ



               それじゃあ、僕は、なんのために――



 

212 :20/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:44:36 ID:R9P32u1L0





        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                       λλ
                         (`(。 。il)
                      ヽ/;:/:ヽ
                    < ワ)つヽ;)
                  ≡[ニニ]


        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                  なんの、ために――!



 

213 :21/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:46:04 ID:R9P32u1L0




   ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
   |  所詮強さなど、奪った命の数でしか測れないもの。 それを厭うなら、剣を捨てた方がいい。 |
   |  ……ことに君は、その強さで母親の命を奪っている。幸せに生きたいなら、そうすべきだ。 |
   └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




              ┌――――――――――――――――――┐
              | でも、それじゃ……それじゃあ……!! .|
              └――――――――――――――――――┘



                  僕は、お母さんは、本当になんのために――!





                    ┌――――――――――――――――――――――――――┐
                    |  ただ …… もし。 もし、それでも強さが諦められないならば、 |
                    └――――――――――――――――――――――――――┘



 

214 :22/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:46:44 ID:R9P32u1L0












           ┌――――――――――――――――――――――――┐
           |  己が信じるものを――その強さで、守ってやることだ。 |
           └――――――――――――――――――――――――┘









 

215 :23/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:47:38 ID:R9P32u1L0






     ┌―――――――――――――――――――――――――
     | そしてそれが、君の母の死に意味を与えることにもなる。
     └―――――――――‐v―――――――――――――――



                   Α_Α
                    (  ・∀)つ∧∧
                   (  / GG(д )
                 ノ_/___,ヽ`ミ三ミ、
                  (__,/ 、__)  し ヽ)ゝ



                   あ……



 

216 :24/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:48:33 ID:R9P32u1L0





      ┌――――――――――――――――――――――――┐
      | それで――僕のしたことが、帳消しになるとでも……? |
      └――――――――――――――――――――――――┘


               ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
               | いや。 人の死とは、どれほど嘆いても取り返しのつかないものだ。   .|
               |     だが、君はまだ生きている。これから多くのことを為せるだろう。   |
               └――――――――――――――――――――――――――――――┘


                                                   ┌――――――┐
                                                   |  …………  |
                                                   └――――――┘



                ┌――――――――――――――――――――――┐
                | ――君が、剣を握ることでしかなしえない何かを。 . |
                └――――――――――――――――――――――┘




                                とくん、と心臓が強く鼓動する。



 

217 :25/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:49:24 ID:R9P32u1L0



   そうだ、あの日……


    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | 君がその強さでどれだけのことを為したとしても、君の罪は決して消えない。|
    └――――――――――――――――――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       |\
                      |  \
                      |    \              `              `
                      |     \         、       `            
                      |       \
                      |    '"   ̄ ` 、―――――― ,    `       、   `
                     , '|                     /                
                /__`__,            ヽ      /
               ノイリ /              `  /     `         、    
               /   ̄                }/
                {                /     、              `  
              ヽ-―              /              `
                 \  ___        /  `             、
               , r''"::::::::::::::::::::::::::ヽ、 ノ                       、
           _,.r、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<       、       `
          ノ:.:.:.:.:.:ヽ、::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::i          
        _,,へ:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.< ___  ̄ ヽ;;;;;;;!ンー、     、     、   `         
       〈:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.、:.:.:.:ゝ                   `
       /:.ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.`.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.ノヽ  `   
.      /:.:.:.ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,>--‐‐''"゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉       、             
      }:.:.:.:.:.: ヘ:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:\    `              
      !:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._;,:.:.:.:.'゙:.:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、       、        
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.`、:.:.:.:.:ー ‐''":.:.:.:.:.:.:.:./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`''  、__
        }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー ''":./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィ        `   
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー:.:.;,_;,:.:.:.ー ''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:{
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ギコさんの背を見て、僕は――確かに思った。

                こんな人になりたい。 この人の築くものを見たい、と――


 

218 :26/42 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:50:45 ID:R9P32u1L0



    ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
    | 君の強さは、これから先も命を奪い、悲しみを生み続けるだろう。 |
    └――――――――――――――――――――――――――――┘



        僕は――


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






              ┌───────────────────┐
              │                                │
              │   俺が築く。 ――“文明”ってヤツをな。  |
              │                                │
              └───────────────────┘






:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                     僕は、――“文明”を守れるだろうか?


 

219 :27/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:51:30 ID:R9P32u1L0





     ┌――――――――――――――――――――
     | それでも戦う。 罪も痛みも、背負って生きる。
     |   ……強さとは、多分、そういうことだ。
     └―――――――――‐v――――――――――



                   Α_Α
                    (  -∀)つ∧∧
                   (  / GG(д )
                 ノ_/___,ヽ`ミ三ミ、
                  (__,/ 、__)  し ヽ)ゝ



          罪も痛みも、背負って生きる。


                     この人のように、“強く”なれるんだろうか――


 

220 :28/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:52:11 ID:R9P32u1L0













            ┌――――――――――――― ハーニヤ....―┐
            | こんなところかな。 ……なぁ、“雷光”。  |
            └――――――――――――――――――┘









                                         えっ……!?



 

221 :29/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:53:01 ID:R9P32u1L0





             li;; lji,; 丱:..:'キ ;;::レ t:、    , 'キ ;;::レ t:;;.、     ルキ;;ハ、:;;ヘ
,...ユiWルキ;;ハ、:;;ヘt:、  ;i;从:.::.xivノiVi'キ ;;::レ t:`  iVi'キ ;;::レ t:从:.、   丱:..:'キ ;;::レ t
从:.::.xivノiVi'キ ;;::レ t:` キ,.,lji,;,.,...ユiW:.: t:.::.xivノiV'´::vr`キ ..:::.xivノiViji, :;;; ...ユiW:.: t:.::.:ゞ
ji,;,.,...ユiW:.: t:.::.xivノiV'´;;::レ t:.::.xivノiViji,;,.,...ユiW:.:、 ;:; ;..,、 i,;,. ;:;:; ;:;: キ:レ t:.::.xivノiViji,;Viji,;
レ t:.::.xivノiViji,;,.,...ユiW:.: t:.::.xivノiViji,;,.,...ユiW:.:`"'"^´'"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"
'"'"`"'"^´´"'"'^´''"''""`"^´´"'"'^´'" ┌―――――――――――――――――――――
                           | ……気配は抑えて接近したつもりだったんだが。
                           └――――――――――――――‐v――――――
   ┌―――――――――――――――――――
   | 悪くない陰形ではあった。 が、まだ甘いな。
   └―――‐v―――――――――――――――                 ,.,. ., .,.ノi,. , .,. ,. ,/レi
                                         ガサ…   li;; lji,; 丱:..:'キ ;;::レ t:、 
        Α_Α                                  ∧∧;i;从:.::.xivノiVi'キ ;;::レ t:`
        (  ・∀)   ∧∧                              (Д-;)')キ,.,lji,;,.,...ユiW:.: t:.::.xivノ;;
        (  / ]つ(;・д)                             ミ三ミ'レ t:.::.xivノiViji,;,.,...ユiW
      ノ_/__,ゝ  ミ三ミ、                           ノi;;;;;;;ゝ:.:; ;..,、 i,;,. ;:;:; ;:;: キ:レ t:.
       (__,/ 、__)  し ヽ)ゝ                            く;:;し(xivノiViji,;,.,...ユiW:.



 

222 :30/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:53:52 ID:R9P32u1L0



    ┌―――――――――――――――
    | ぎ、ギコさん、いつから……!?
    └――――――‐v――――――――
             ┌――――――――――――――――――――――――――――
             | 途中からだ。お前がそいつと居るんで、随分と驚かされた。
             |   ウララード。 ……うちの問題で迷惑をかけちまったようだな。
             └――――――――――――――――――――‐v―――――――
    ┌――――――――――――――――――――――――
    | 気にすることは無い。 こちらが勝手にやったことだ。
    └――‐v―――――――――――――――――――――


        Α_Α                                    ∧∧
        (  -∀)   ∧∧                             σ(Д-;)
        (  / ]つ(;・д)                                ヽミ三ミ
      ノ_/__,ゝ  ミ三ミ、                           ノ;i;;;;;;iヽ
       (__,/ 、__)  し ヽ)ゝ                             し ヽ);:ゝ

     ∧__∧
    ( ・д) ス…
     G二]=G
      し `J

 

223 :31/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:54:33 ID:R9P32u1L0



    ┌――――――――――――――――――――――――
    | モランバーグ。 いいんだ、君が手を出す必要はない。
    |  ――というか、君が手を出すと、かなりまずい相手だ。
    └――‐v―――――――――――――――――――――
                         ┌――――――――――――――――――――――
                         | ……どうも、評価はして貰えてるようで。 光栄だ。
                         └――――――――――――‐v―――――――――


        Α_Α                                    ∧∧
        ( -∀・ )   ∧∧                               (Д-,,)
        (  / ]つ(;・д)                                 ミ三ミ
      ノ_/__,ゝ  ミ三ミ、                           ノ;i;;;;;;iヽ
       (__,/ 、__)  し ヽ)ゝ                              し ヽ)ゝ

     ∧__∧
    (   ;・) エ…
     G二]=G
      し `J


 

224 :32/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:55:57 ID:R9P32u1L0




   ┌――――――――――
   | ……さ、行くといい。
   └―――‐v――――――


        Α_Α     エ…?                           ∧∧ ・・・
        (  ・∀)  ∧∧                               (Д-,,)
        (  / ]つ(д・;)                                 ミ三ミ
      ノ_/__,ゝ  ミ三ミ、                           ノ;i;;;;;;iヽ
       (__,/ 、__)  し ヽ)ゝ                               し ヽ)ゝ

     ∧__∧
    (   ;・)
     G二]=G
      し `J



           あっさり、なんの条件も無しでギコさんに引き渡し――?


 

225 :33/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:56:38 ID:R9P32u1L0



     ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
     |   君を親元に届けることは……一方的ではあれ、約束”したからね。   |
     |      彼、ギコが親代わり、ということにして構わないだろう――?     |
     └――――――――――――――――――――――――――――――┘



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  ともかく、安心して欲しい。 君は絶対に親御さんの所へ送り届けよう。 そう、 |
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘




                      ┌――――――――――─┐
                      |  男と男の、約束だ。  .|
                      └―――――――――――┘




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                          あ。 この人、そんなことまで覚えて……



 

226 :34/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:59:04 ID:R9P32u1L0



      ┌――――――――――――――――――――
      | い、色々、ありがとうございました……ッッ!
      └――――――‐v―――――――――――――



        Α_Α                                     ∧∧
        (  ・∀)         ペコッ                           (Д-,,)
        (  / |      << )                              ミ三ミ
      ノ_/__,ゝ        ミ三ミ、                        ノ;i;;;;;;iヽ
       (__,/ 、__)       し ヽ)ゝ                           し ヽ)ゝ

     ∧__∧
    (   ・)
    〈二二]==
      し `J


             この人は、本当に凄い人だ……っ。

 

227 :35/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 03:59:46 ID:R9P32u1L0


   悩みにもすっかり折り合いがついて、今なら素直に帰ることができる。



                       ┌――――――――――――――――――――――――――
                       | ぎ、ギコさんっ。 その、色々ご心配おかけしてすみま――
                       └――――――――‐v―――――――――――――――――



        Α_Α                                      ∧∧
        (  ・∀)                        ∧∧         (Д-,,)
        (  / |                         (;・д)        ミ三ミ
      ノ_/__,ゝ                    ( (  c,ミ三ミ       ノ;i;;;;;;iヽ
       (__,/ 、__)                       く(_/ー'          し ヽ)ゝ

     ∧__∧
    (   ・)
    〈二二]==
      し `J


                    ギコさんにもずいぶん迷惑をかけて……なんて謝ろ……


 

228 :36/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 04:00:33 ID:R9P32u1L0











               ┌――――――――――――┐
               |  ジャス。 俺に近寄んな。  |
               └――――――――――――┘







                                         ……え?



 

229 :37/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 04:01:14 ID:R9P32u1L0





                    バシッ!      ∧∧
                          人  (Д ,,)
                       <※> ミつ ミ
                        'Y   ノ;i;;;;;;iヽ
                        \ヾ\ し ヽ)ゝ
                         (ヽ,-、\
                         ヽ;:;:∧∧
                          c(il д)っ;::⌒;:)

                         ズザ…!!



                   え、え? 僕――見捨て、られ……っ?



 

230 :38/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 04:02:04 ID:R9P32u1L0





     \
      \\                          /
        \.\                      //  
         \ \          |            /./              /`l
         丶\ \丶.     ||       // /           ,、.   l  |/ 〉
           ヽ\ \ヽ... O |│    // //         ,l |  l  |レ'
            \\ \\  。./   // //            ,! L.-ヾi=,'
           ヽ \\  \\ .。// .//          _,.-'´  _, - '_´
           〇   ヽ\      / //            |_,.- '´| L-'´_|
        - -=二二 三           三二 ≡ = - -      ,.-'´  ,.-'"
              o       \ \\ 。           |,.- '´| |    />
              //    O.\\ \\ 0            |,i   / r´  __
            0  //  / 。//   \\ .\\                 く/Ll  //
           // //  / `~´  ヾ\ \ヽ                    レ'!_l
          // // ○/  。      ヽ\.\丶               /|
           // //                \\              //   __     _
          /./                    \             / ィ'  /__ノ   /丿
       //                       \          く/レ         / /
                                                   ,____,. - '´ /
                                                  /____,/



 

231 :39/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 04:02:45 ID:R9P32u1L0





                   ┌―――――――――――――――――――――――――
                   | そう。 送り届けるまでは約束を果たす。 果たすが――
                   └―――――――――‐v―――――――――――――――
                              ┌―――――――――――――――――――――
                              | ジャス。 ……離れてろ、巻きこまれるぞッ!!
                              └――――――‐v――――――――――――――



                                Α_Α  ギ、ギギギ…ィ!
                                (   ∀)   ,Gヽ∧∧
                               /   G[二> |(д゚;)
                                  く____,ゝ  ' |ノとミ;;:;::;ヽ
     (;:⌒;:;,.,.                     (__,/(_,)  ,   ` し;:;::;:ゝつ

     ∧__∧                                (ヽ,-、
  Σ (   ;・)                                 ヽ;:;:∧∧
    〈二二]==                                 c(・il  )っ
      し `J



 

232 :40/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 04:03:26 ID:R9P32u1L0












        ┌―――――――――――――――――――――――┐
        |  そこから先、私が君と戦わない理由は――無いな。 |
        └―――――――――――――――――――――――┘











 

233 :41/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 04:04:06 ID:R9P32u1L0



          ┌―――――――――――‐..ハーニヤ...―┐
          |  なぁ? ……そうだろう、“雷光”   .|
          └――――――――――――――――┘
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/━━━━━|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`''-、,      |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____    |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:,/,-、 `Y、 :|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:'{i、└ '  ノ!{=-、!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`≡三彡丶 `|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::`ヽ、   |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー-  -  -‐イ      /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽvー- --‐v/ /   /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'´ ̄ ̄ ̄`   /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー---- ‐" { \
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     /   | ̄ ‐-..._
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /   /       `''-、,

234 :42/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 04:05:14 ID:R9P32u1L0




              ┌――――――――――――――‐ ザダム ・ シャタッフ――――┐
              |  上等だ。 以前とおなじと思うなよ、“偉大な戦士”――!  |
              └―――――――――――――――――――――――――┘
                    |      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |      ,、-''´ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |     、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |    _\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |  、/ ,-、 Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    | -=}!、イ リ ,i:::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   |    `≧=彡`ァィ个::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  |      ::::::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ヽ    ::::::::::::::::::::'_,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     \    ト‐- -`゙-  -ー,r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       \   `i iv‐-- -ーv,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         \   ´ ̄ ̄ ̄`':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     / } `ー ----ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              _...-‐   ̄|   `i     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,、-''´       `i   \   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

235 :43/42+1 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/03(月) 04:05:55 ID:R9P32u1L0










      僕が、母さんの死に折り合いをつけた、その夜。





         ――金属の軋みが、おそろしい戦いのはじまりを、告げたのでした。








                                                    つづく


 

236 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/05/03(月) 09:07:36 ID:nu+EcCfK0
乙 ここで決着つかないのは分かっているけどwktk wktk 

237 :01/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:21:36 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |;: ;:; ;: ;:  家 の 中 に い る  ;: ;:::; :;:;| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^)
         iニニ,ヘ      i  ∞ l===l iニニi
         L_」ノ .____ 〜Lつと)  ヽニノ
              Lニ」    [ニニ]         ;'
                 .Lニi             (

238 :02/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:22:38 ID:x91refMC0
┌───────────────ツェペル──────────┐
|(,,^Д^) しかし、今日は生憎の雨・・・ 漆 は大丈夫でしょうか・・・? _|
└───────────────────────────‐.┘
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..‐:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;. ノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..‐´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐′.;.;.;.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..r‐'´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐'´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..-―‐ ''''ゝ、、:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.__,,,,......--'".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
`゙''‐--............-‐'''´ ...:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: ̄ ゙̄^''''''|−――‐ ''"``''‐‐---......,,___.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : ''‐......__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_....----'` ̄''ー 、,,i_.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_..
- 、,,_: : : : : : : : : : : : : : i: : .. `"''''ー-|-......,,_|_____,,.i.|..-‐'' ̄" i        |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   `iー-i---―――‐''"                    |       i
                |    l   |       |                     i
                                            l
   i        |    i                    i
        l     ┌────────────────────────────┐
             .|いくら湿気で固まるとはいえ、固まる以上の湿気があったら .∧_∧..|
    i         |器作りに何か悪影響が・・・ まぁ、その時はその時ですね。. . (^Д^,,) |
                └────────────────────────────┘
         |           i            |              |
             i                       i           i
                          i      |          l

239 :03/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:23:34 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;:1.まず、器の形に削った木 全体に生漆を摺り込み、木地の強度を高める。: ,,;: ,,;:
.:: ,.:: ,.::木地に漆が染み込むことによって、木地と上に塗る漆の付着が良くなる。,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^)   l====l
         iニニ,ヘ      i つ=ヽニ」
         L_」ノ .____.〜Lつ iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (

240 :04/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:24:35 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |;: ;:; ;: ;: ;: ;: ;::;;:;: ;: ;::;:| | ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::; :;:;| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;2.そして、それを充分に乾燥させる。::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,, ^Д)   l====l
         iニニ,ヘ      i JJ ヽニ」
         L_」ノ .____.〜Lつ(.iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (

241 :05/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:25:34 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; 3.次に近くの山やらの土で作った地の粉と水を練り合わせた;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ 地の粉をヘラで器に塗っていく。: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::; :;:;| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^)   l====l
         iニニ,ヘ      i つフヽニ」
         L_」ノ .____.〜Lつ iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (

242 :06/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:26:29 ID:x91refMC0



  4.で、乾燥した後に 砥石で研ぎ出して表面を滑らかに

               解りやすい図?


                                ナメラカー
   ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.       三[砥石];.;.
  . 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ  →  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ  → . 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ
   |   器   |     |   器   |     |   器   |



243 :07/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:27:20 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: 5.その後に、地の粉と研の粉を生漆で練り合わせた切り粉漆をヘラで;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/器に平らになるように付けていきます : ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::; :;:;| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^)   l====l
         iニニ,ヘ      i つフヽニ」
         L_」ノ .____.〜Lつ iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (

244 :08/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:28:11 ID:x91refMC0

  6.はい、また砥石による砥石にしかできない研ぎ出しの作業。


                 手抜きの図               Σ
                                  ヽ  「砥ヽ
                  ブブブブブン           .\ ヽ石」
  ヽ[砥石]ノ                        ハーイ   \
   ;.|┘.;.;.;.;.;.;.;.;.    {{ [砥石 三 砥石] }}         // .∩
  . 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ  →  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ  → . 「----------レ'
   |   器   |     |   器   |     | ┃ __ ┃ |


245 :09/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:29:02 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: 7.研の粉と生漆を練り合わせた錆漆をヘラでさっきの作業の上から ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:平らになるように付ける。 乾燥させた後、また砥石での作業。 .\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,, ^Д)   l====l
         iニニ,ヘ      i つフヽニ」
         L_」ノ .____.〜Lつ iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (

246 :10/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:29:51 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,8.そして最後に錆固めという工程で、生漆を摺りこみ下地の出来上がり。,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;:ミソダレ〜..::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧ヽニノ^´L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^)ノ  l====l
         iニニ,ヘ      i つ /
         L_」ノ .____.〜Lつ iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (

247 :11/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:30:48 ID:x91refMC0
━━━[パチュリーからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    まず、一番最初に行った、器に直接漆を塗るのは木地固め(きじがため)といって、
     木地に生漆を箆(へら)または刷毛で引き塗りして、防水性を高め木地の強度を
              _     高めるわ。 大体ここまでに8つもの工程があるけれど
       _, -'´  ̄    ̄`丶、   少しでも手を抜いたら 出来上がったときに漆器が
     /´           、、 \  __     縮みという現象を起こしてしまうわ。
    〈 ,、 r-、 rクィニLfフ_r.、,r、 } ヽ `〈  } /〉   かといって、一度に厚く塗ったり、回数を
  [二ゞ、(ソ´ゞ' `´ : : `´`ゞニノ  }_  Y⌒)<_  減らしたりしても、同じ現象が起こる。
| ̄_〈,ゞ-': : : : : : : : : : : : : ゝ、__,.ノ、 )-、{ r'´`ヽ>
レ'´ /: : : : : :/: : : :ヽ: : : :ハ: :i ヘ: : : ヘイノ⌒ ,ノ 温度や湿度を上げて早く乾かせようとすると
.  ,' : : ,' : : {: : : : : :|!: :_,斗-|、_!: : : :ハ  , -'  酸素の活性が上がり急速に乾燥はするけど
  l: :i: :l : : _」、_,ノ レ'  二 _ ! : : : : ト-'  今度は、「焼け」もしくは「やけ」と言われている
.  ! ,ゝ ヽ,<, ゝ__    '´!o:::::|ソ : i: : |   現象が起こるわ。 また、縮みも起こり易くなる。
.  `ー'フ ハ '´!o::::i      ゞ- '/ : : | : !
  ,r‐'三ニヽ∠二三三_ヽ  ノ: : : :l: : l  今回の下地の工程は本堅地(ほんかたじ)と
/´ ̄.:.:.:.:.i ̄`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y : : : : / : : l  呼ばれるもの、この本堅地以外には、本地、蒔地
!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: :__,ノ: : : :j  の二つがある。まぁ、これら以外にも下地の方法は
.!:.:.:.:.:.:.:.__|:.:.:.:.|__.:.:.:.:.:.:.:.r-'ヾ ヽ: : : /.   あるけれど、詳しく知っているのはこの三つだけ。
 !:.:.:.:./´ .}`¨´{  `ヽ、.:.{  ノ } ,ノ  名前だけ見ると、本堅地が一番堅そうに見えが、
 .!:.:./  .} || ||{  ヽ 丶`¨i´_ノ´     他二つの方が堅く、本堅地の方が若干柔らかい。
 f´`(_)´`ヽ .||,ゝ  ヘ   ̄ノ  でも、柔らかいということは、それほど削る時の作業が楽
 ヾ、ノ|ゞ-イ|| .|| `7_,、_ _ト- '   という事にもなる。
  ∠,,ハ__| || || .||_,.ィ´                     と、これには書いてある。
             ちなみに、今回手を抜いた所があるわ。手を抜いたのは布着せと
         いう工程。この布着せという工程は、使用中に傷つきやすい場所の補強を
         する役割を持っているわ。 無くした理由は糊が無かったから らしいわ。
          まぁ、これによって 彼が作った漆器が百年持つかどうかの問題になる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

248 :12/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:31:42 ID:x91refMC0
━━━[パチュリーからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              まぁ、そういきなり原始時代の辺で完璧に作れるわけが無いわね。
              _     漆器作りに必要なものは、漆の樹液。そこから 生漆、
       _, -'´  ̄    ̄`丶、   顔料を加えた漆、様々な塗り用漆。それに下地には
     /´           、、 \  __  小麦粉、糊、を生漆に加えたもの、と麻布。
    〈 ,、 r-、 rクィニLfフ_r.、,r、 } ヽ `〈  } /〉  それらを塗る為の刷毛に箆といった道具。
  [二ゞ、(ソ´ゞ' `´ : : `´`ゞニノ  }_  Y⌒)<_
| ̄_〈,ゞ-': : : : : : : : : : : : : ゝ、__,.ノ、 )-、{ r'´`ヽ> このように漆器作りには様々な物が必要
レ'´ /: : : : : :/: : : :ヽ: : : :ハ: :i ヘ: : : ヘイノ⌒ ,ノ となる。それに一つでも欠けたら下地が変になり
.  ,' : : ,' : : {: : : : : :|!: :_,斗-|、_!: : : :ハ  , -'  「焼け」が起こり数百年も持たなくなってしまう。
  l: :i: :l : : _」、_,ノ レ'  二 _ ! : : : : ト-'   作者が知っているのはこの程度の知識だけ。
.  ! ,ゝ ヽ,<, ゝ__    '´!o:::::|ソ : i: : |
.  `ー'フ ハ '´!o::::i      ゞ- '/ : : | : !  今回の工程は「塗り立て」あるいは「塗り放し」
  ,r‐'三ニヽ∠二三三_ヽ  ノ: : : :l: : l  と呼ばれる技法を参考にしたわ。
/´ ̄.:.:.:.:.i ̄`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y : : : : / : : l  これは縄文時代からある仕上げ方法よ。
!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: :__,ノ: : : :j  
.!:.:.:.:.:.:.:.__|:.:.:.:.|__.:.:.:.:.:.:.:.r-'ヾ ヽ: : : /  もう一つの仕上げ方法は「ろ色仕上げ」というのもある。
 !:.:.:.:./´ .}`¨´{  `ヽ、.:.{  ノ } ,ノ  こっちは上塗りが乾いた後に炭研ぎで平らに研いで、
 .!:.:./  .} || ||{  ヽ 丶`¨i´_ノ´    その後に研ぎ傷を取り除き、艶を上げ、磨ぎあげる技法。
 f´`(_)´`ヽ .||,ゝ  ヘ   ̄ノ
 ヾ、ノ|ゞ-イ|| .|| `7_,、_ _ト- '    ちなみに、糊が必要と気がついたのは前の作品を投下した
  ∠,,ハ__| || || .||_,.ィ´       後の辺。 漆器つくりの為の糊は、後々作るんじゃない?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

249 :13/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:32:34 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |;: ;:; ;: ;: ;: ;: ;::;;:;: ;: ;::;:| | ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::; :;:;| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;:....┌┐//'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;┌─┘└─┐ ;: 'iミ\
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::└─┐┌┐|┌┬┬┐
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; : ┌┘|||||||\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ └─┘└┘├┴┘| iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^..└──┘^´'
                ...::::(,, ^Д)  ..::l====l                    ┌┬┐
        ..::iニニ,ヘ  ..:::::::::::i つコヽニ」                         |||
       ..:::::L_」ノ .____::〜Lつ iニニi                       ..├┼┤
            ..:::Lニ」     ..:::[ニニ]       ;'               └┴┘
                ..::Lニi             (

250 :14/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:33:25 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |;: ;:; ;: ;: ;: ;: ;::;;:;: ;: ;::;:| | ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::; :;:;| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`'.┌──────────‐_ :::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ|おー、光りましたか・・・・。..:: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: |└───v───────..:..;.: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^)   l====l
         iニニ,ヘ      i つ=ヽニ」
         L_」ノ .____.〜Lつ iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (


251 :15/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:34:21 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_ _9.下塗りの作業 今回は黒で仕上げる為に 黒中塗漆./\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\  中塗漆は精製の段階で油分を混入してないもの: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^)   l====l
         iニニ,ヘ      i つ=ヽニ」
         L_」ノ .____.〜Lつ iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (

252 :16/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:35:12 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ;:;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l:;:;:;:;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :;
.:: ,.10.そして、乾燥させた後、炭で水研ぎをし表面なめらかー,,;: ,.:: 
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ |:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;:;:;:;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | |:;:;:;:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:| |;: ;:; ::;: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | |:;:;:;:;:;:;:;:。;:;:;:;:;:;:。;:;i,::゚:;:;:;:| |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ\;: ,,;: ,,;:
".."┌─────────────────‐ "'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"
  |それにしても、外が騒がしいですねぇ・・・
  └────y─────────────
  .∧_∧                      . ;'
  (   ,,^)                       )
   i  つコニ7                 .  .,;;从,.:::.
  〜 _.つニi  ,へ                 ( (:::);:)
 Lニ」     L/               .iコV/7Vヘiコ


253 :17/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:36:04 ID:x91refMC0
..,〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、
( ∧_∧ ・・・こんな大雨の中、みなさんは一体何を必死に探してるのでしょうか? )
( (,,^д^) まぁ、何を探しているか知りませんが、濡れながらだと体を壊しますし  )
..`ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜'
,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / /  ,:'/,: ,
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/    ,  :'/  /' / / ,:'/   ,: ' /  
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' /
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  / /  ;:
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: '     / ' / /
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' /' / ' /
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/ '  /
/,: ' / __,: '  / ' / / ,:' ' /  / ,:'    / ,:' ,:'/,: ' / ' / /  ,:' /
 ,;  //;.;.;.;.;.;.;.;ヽ'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: '     / ' / /
  / (д` ; ):|,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' /''""'''''""''""'""'''''" ' /' / ' /
/  ' .l三三彡;;)  / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/__ / ,:'/,: '     / ' / /
 /   く 、 ヽ:;.', /' / / ,:'/,: '  / //   /;.;.;.;.;.;.;ゝ / ,:'/ / / ,:'/ '  / /
   ;'  `-ヽ_」.ゝ_,、' / / ,:'/,  :'/  /' .((;´д`)')/ ' ___ / ' / //
 /  / ''""'''''""''""'""'''''" :'/,  / /  ;:'  (:;ミ三三/  ;:' ,/;..;.;.;.;.;ヽ  / ;:'  ;'
 /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'  / ,;'/;| | | / /(`;「;:;:;:;:;i  /  //
..,〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、;.;.;.;.;) / ' /
( ∧_∧ あー・・・いつか大雨でも濡れないようにする物でも  .)/ / ,:'/,: '
( (,,^д^) 作ってみたいですねぇ・・・まぁ今は器作りですが・・・・ )  ;:' ,:' / /
..`ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜'/ /  ,:'/,: ,

254 :18/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:36:53 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\;11.次は中塗りの作業。 9や10と同じ事をする。..;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`'.┌───────────‐.;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ|さて、気を取り直して・・・と  : ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: |└────v─────── : ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^)   l====l
         iニニ,ヘ      i つ=ヽニ」
         L_」ノ .____.〜Lつ iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (

255 :19/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:37:40 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,, 12.そして上塗り、 上塗漆を使い、黒で仕上げるために黒中塗漆を使う ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;:乾燥とかも含め とりあえず、これで作業は終わる。:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::/ _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^)   l====l
         iニニ,ヘ      i つ=ヽニ」
         L_」ノ .____.〜Lつ iニニi
              Lニ」      [ニニ]       ;'
                 .Lニi             (

256 :20/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:38:31 ID:x91refMC0


         13.で、漆器の完成。


            _______
           「;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j
           . ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'
            ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ



257 :21/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:39:20 ID:x91refMC0
━━━[パチュリーからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   漆器作りには、当然木材は必要になってくる。その樹種によって寿命の違いがある、
   個人差は当然ある。たとえば檜は植えて千年、切って千年という程、樹齢の長さも
   さることながら、伐採された後も樹齢と同じだけ木材としての能力を持ち続ける
   という意味よ。 したがって四百年以上育った檜材は、檜の年齢で言えば壮年期で
   あり、最も強く安定した材料といえるし、加工された後でもその強さは十分千年以上
   保つということが特色。欅材は六百年、桜でも四百から五百年、栃のような材でも
              二百から三百年以上腐らずに維持できる。これらの材に漆を
  長文失礼      _     しみ込ませることによって、その何倍もの寿命になるわ。
       _, -'´  ̄    ̄`丶、   漆を塗り込む技法で漆工品を作る場合は、
     /´           、、 \  __        針葉樹、とくに檜材が最も安定し
    〈 ,、 r-、 rクィニLfフ_r.、,r、 } ヽ `〈  } /〉  木地を見せる塗りや拭漆仕上げの場合は
  [二ゞ、(ソ´ゞ' `´ : : `´`ゞニノ  }_  Y⌒)<_  広葉樹を使うことにより美しい作品となる。
| ̄_〈,ゞ-': : : : : : : : : : : : : ゝ、__,.ノ、 )-、{ r'´`ヽ>
レ'´ /: : : : : :/: : : :ヽ: : : :ハ: :i ヘ: : : ヘイノ⌒ ,ノ また、漆器作りに必要な漆刷毛はかつては
.  ,' : : ,' : : {: : : : : :|!: :_,斗-|、_!: : : :ハ  , -'   動物の毛が使われていたと考えられるが、
  l: :i: :l : : _」、_,ノ レ'  二 _ ! : : : : ト-'  江戸時代の初め、初代泉清吉が細く柔らかい
.  ! ,ゝ ヽ,<, ゝ__    '´!o:::::|ソ : i: : |   ながらも腰が強いと人毛を漆刷毛の材料として
.  `ー'フ ハ '´!o::::i      ゞ- '/ : : | : !   使うようになった。漆刷毛にする毛は女性の
  ,r‐'三ニヽ∠二三三_ヽ  ノ: : : :l: : l   髪の毛、それも日本人で三十代の髪が最適。
/´ ̄.:.:.:.:.i ̄`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y : : : : / : : l  その理由は日本人の髪は黒く直毛で腰が強く油分
!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: :__,ノ: : : :j  が少ないという話らしいわ。
.!:.:.:.:.:.:.:.__|:.:.:.:.|__.:.:.:.:.:.:.:.r-'ヾ ヽ: : : /  でも、最近は食糧事情が変わっているから
 !:.:.:.:./´ .}`¨´{  `ヽ、.:.{  ノ } ,ノ                   一概にはいえないわね。
 .!:.:./  .} || ||{  ヽ 丶`¨i´_ノ´
 f´`(_)´`ヽ .||,ゝ  ヘ   ̄ノ  ちなみに、漆塗職人を昔は塗師(ぬし)と呼び、
 ヾ、ノ|ゞ-イ|| .|| `7_,、_ _ト- '      箆や刷毛を削るための刃物を塗師刀と呼ぶ。
  ∠,,ハ__| || || .||_,.ィ´ 彼らは塗師刀一本を懐に入れて全国必要な所へ出かけたそうよ?
              さすがに、今はそんな事ないけど。地方によって塗師刀は異なる。
            知っているのは東京の刃渡り六寸(18センチ)で刃の厚い片刃の刀を
            使用する。  この刀一本で自由に箆や刷毛を調整するらしいわ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

258 :22/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:40:09 ID:x91refMC0
━━━[パチュリーからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  それと、刷毛はその名の通り、何かの毛で出来ているのに対し、 箆のほうはというと、
  こちらも漆器同様、檜が多いけど、特殊なものとしては、カエデ・ニレ・マユミ・チシャなど
              _     漆を練る時や配る時に用いる箆や、竹箆のように
       _, -'´  ̄    ̄`丶、    刻苧(こくそ)充てんに用いる箆、ツゲ箆は刷毛の掃除
     /´           、、 \  __  の際につき出す作業に使うのに都合がいい。
    〈 ,、 r-、 rクィニLfフ_r.、,r、 } ヽ `〈  } /〉  
  [二ゞ、(ソ´ゞ' `´ : : `´`ゞニノ  }_  Y⌒)<_  鯨箆という漆膜に余分に付着した
| ̄_〈,ゞ-': : : : : : : : : : : : : ゝ、__,.ノ、 )-、{ r'´`ヽ>           漆をすくい取る箆もある。
レ'´ /: : : : : :/: : : :ヽ: : : :ハ: :i ヘ: : : ヘイノ⌒ ,ノ
.  ,' : : ,' : : {: : : : : :|!: :_,斗-|、_!: : : :ハ  , -' 
  l: :i: :l : : _」、_,ノ レ'  二 _ ! : : : : ト-'    ただし最近は 
.  ! ,ゝ ヽ,<, ゝ__    '´!o:::::|ソ : i: : |        シーゲェホ ゴホッ ゴホッ・・・ゴフッ・・・・・
.  `ー'フ ハ '´!o::::i      ゞ- '/ : : | : !
  ,r‐'三ニヽ∠二三三_ヽ  ノ: : : :l: : l
/´ ̄.:.:.:.:.i ̄`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y : : : : / : : l    ・・・と、失礼。まぁ、そんなこんなで
!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: :__,ノ: : : :j            捕獲できないようになっているから
.!:.:.:.:.:.:.:.__|:.:.:.:.|__.:.:.:.:.:.:.:.r-'ヾ ヽ: : : /
 !:.:.:.:./´ .}`¨´{  `ヽ、.:.{  ノ } ,ノ       その材料を入手するのも困難になっているわ。
 .!:.:./  .} || ||{  ヽ 丶`¨i´_ノ´
 f´`(_)´`ヽ .||,ゝ  ヘ   ̄ノ
 ヾ、ノ|ゞ-イ|| .|| `7_,、_ _ト- '  ちなみに使う部分は鯨の髭と呼ばれる部分を使用するそうよ。
  ∠,,ハ__| || || .||_,.ィ´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

259 :23/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:41:05 ID:x91refMC0
                 ┌─────────‐
                 |おーい、 完成したか?
                 └─────v────
: ,┌─────────────── .レッカ .───────
: ,|ええ、たった今完成しました。 それで漆器と名づけましたよ。
;: └─v───────────────────────‐
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |:;:;:l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i:___,,,| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: 
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;;.;;.;;| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:;:;('(゚ー゚,,| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ |:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;:;:;:;:; lく;;ハ;;;;;| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | |:;:;:;:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:i:;.|  || |;: ;:; ::;: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | |:;:;:;:;:;:;:;:。;:;:;:;:;:;:。;:;..し´J| |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ\;: ,,;: ,,;:
".┌─────────────‐'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"
 |火にあたりますか? ショウさん
 └──y───────────
  .∧_∧ 所デ外ノ人達ハ何ヲ?         . ;'
  (   ,,^)                       )
   i  つニフ                  .  .,;;从,.:::.
  〜 _.つニi  ,へ                 ( (:::);:)
 Lニ」     L/      ┌─────ヘ──‐
                   |ああ、そうするよ。
                   └────────

260 :24/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:41:53 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三 : ┌── ギルティ ──────────‐ ;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: |村に武の民似の少年が居ただろ?  ,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |;: ;:; ;: ;: ;: ;: ;.└────────v───────: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; ┌────────────────────‐/: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; :::|ええ、居ましたね。直接会話した事はないですが ; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ; └─────v─────────────── ; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ、
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'∧_∧''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                 .(,,^Д^) ┌───────────ギリンダ──
         iニニ,ヘ      i つ ヽニ.|まっ、詳しくは知らないが、アイツが
         L_」ノ .____.〜Lつ iニ |必死になって そいつを探すもんだから
              Lニ」      └───────v────────‐
                 .Lニi         (    アア、ソウラシイ
                           ,;;从,.:::.  n__n
                           ( (:::);:)  (゚,,   )
               ┌──ヘ───────────────‐
               |モナー族のみなさんも探してるんですか?
               └──────────────────

261 :25/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:42:56 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ;:;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,
: ,,;: ,,;: ,.::  ┌───────────────────────‐
;: ,,;: ,,;: ,,; :; |で、他の奴と一緒になって探し回るか? こんな雨の中を
.:: ,.:: ,.:: ,,;: _└──────────────────v─────
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :;
,,;┌─────────────────‐ `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
,,;|いえ、彼に物理的な義理もありませんから /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
...└─v──────────────── |;: ;:; ::;: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | |:;:;:;:;:;:;:;:。;:;:;:;:;:;:。;:;i,::゚:;:;:;:| |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ\;: ,,;: ,,;:
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'".┌──────‐ギリンダ────────────‐
                |だが、ある意味アイツのお陰で作れたのもあるぞ?
 コンナ天気デスカラ    .  └───────────v──────────
  .∧_∧                      . ;'    冷タイ奴ダナ
  (,, ^Д)                       )   n__n
   i  Jヽニフ                  .  .,;;从,.:::. .(ー゚ ,,)_
 〜L__つニi . ,へ                 ( (:::);:)━とし;;;;ゝ'._ノ
 Lニ」     L/               .iコV/7Vヘiコ '、_'、_、´
┌──ヘ──────────────────‐
|だとしても 行く理由にはなりませんよ。
|・・・・そういえば、シャモンさんはどうしてますか?
└─────────────────────

262 :26/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:43:38 ID:x91refMC0
┌─────────────────────────────────┐
|雨の日に毎回やっている怪談話を部下どもに聞かせてるんじゃないか? n__n..|
|兄貴はああ見えて、怪談話や神様の話を作り、話すのが得意だからな  (゚ー゚,,)|
└─────────────────────────────────┘
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;::::|,: ' / ' / / ,:'/,  :'/
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;::| ,:'  / / ,:'/,: ' / '
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;::::;|:ニニニ/ニヽ,/,: ' / ' /
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::::::| ,,;:: /ミ彡ミヽ ,:' / / ,:'/
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | n__n \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::|,;:: /ミミ彡ミミ雨の日の内容
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|(x -д)"'"^´''"''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`" "^|: /ミミ彡ミ彡 ・雨天決行
           .__ /  ∞      )    ∩∩   ..  ..|/ヘ ̄ ̄ ̄ ・交代が来ない
           j `(_つとi    .,;;从,.::   (゚,,   )     |ミヘ_____ヘ
                    ( (:::);:)    l  ∫    .  ||   |::::::::::::::::::::| | / ,;' '
             ∩∩  . iコ/7∩∩コ ∩∩つ .    ||   |::::: : ∩∩| |' / / ,:'/
     交代の人→ (   ) ∩∩  (゚,,   ) (゚,,   )     ||   |::::::::(,,゚Д゚) |,:'//,: ' /
             ∫  l .(   )  l  ∫   l  ∫      ||   |::::::==0==0=lニ>'//,:
             とと_」  l .∫l ∩∩ ∩∩∩∩ .    |::ニコニニL  i::コ/' / /,:
┌──────────────────────┐|:: |   Lニ'_」_」」_/ / ,:'/,
|(,, ^Д)そうですか、それで 今日話している内容は?...||:: |:::::::llllLニニニl_,:'/,: ' /
└──────────────────────┘|::_|:::::::lllllllLニニニ」 / '
 ┌────────────── オンクル ───────────────‐┐
 |亡くした想い人を雨の中で見つけ、あの世へと誘われる様な話だったかな (ー゚ ,,)|
 └───────────────────────────────── ┘

263 :27/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:44:30 ID:x91refMC0
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ;:;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三┌────────────────────‐
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;:....|で、聴きに行くか? 今言った話以外にもあるが
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: .::└──────────────v──────
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :;
, ; ┌──────────────────────.ミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
, , |いえ、私はもう一つほど作りたいものがありますので :'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
/└─v────────────────────‐ ; :; 'iミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | |:;:;:;:;:;:;:;:。;:;:;:;:;:;:。;:;i,::゚:;:;:;:| |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ\;: ,,;: ,,;:
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""` " "`" ┌──────────────‐ ""^´''"
                  |ほう、で、何を作る予定なんだ?
                  └──────────v────
  .∧_∧                      . ;'
  (,, ^Д)                       )   n__n
   i  Jヽニフ                  .  .,;;从,.:::. .(ー゚ ,,)_
 〜L__つニi . ,へ                 ( (:::);:)  .しし;;;;ゝ'._ノ
 Lニ」     L/               .iコV/7Vヘiコ '、_'、_、´


264 :28/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:45:25 ID:x91refMC0
  ...┌ ツェヌ ──────────────────────‐
: ,,;: |漆被れで ペルさんにお世話になりましたから、そのお礼にと
: ,,;: |器を作った時と同じように、箱でも作ろうと思ってます。
;: ,,; └───v─────────────────────‐
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |;: ;:; ;: ;: ;: ;: ;::;;:;: ;: ;::;:| | ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;: ;: ;:.,
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;:::
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;:::
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :; ::;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;: ;::: ;:;; ::
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'"^´''"''"'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´
                 )   n__n
                .,;;从,. :: (゚ー゚,,)_
              . ( (:::);:)=とハ;し;ゝ'
              iコ/7Vベiコ .'、_'、_、
                ┌───ヘ────────‐
                |で、どんな物を入れるんだ?
        ∧_∧  .    └────────────
     .   (   ,,^)
┌─────ヘ─────────────‐
|それはペルさんにお任せしようかと思ってます
└───────────────────

265 :29/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:46:31 ID:x91refMC0
━━━[パチュリーからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     漆は接着剤にもなり、水にも溶けず、その実は和蝋燭になる。 そんな漆の薬効は
     漢方の世界では効能が記載されているけど、臨床的な証明はされてなかった。
     しかし、福島県立医科大学および北海道大学大学院理学科で行われた漆の薬効
     効果についての研究成果によると、 漆は血液凝固を促進することがわかり、
              _      漢方による止血効果に関係する効能を裏付け、
       _, -'´  ̄    ̄`丶、 抗腫えき性もわすかであるが優位性認められたらしいわ。
     /´           、、 \  __ と、関係ない話はここまでとして、
    〈 ,、 r-、 rクィニLfフ_r.、,r、 } ヽ `〈  } /〉
  [二ゞ、(ソ´ゞ' `´ : : `´`ゞニノ  }_  Y⌒)<_  本題はここから
| ̄_〈,ゞ-': : : : : : : : : : : : : ゝ、__,.ノ、 )-、{ r'´`ヽ> 漆の抗菌性については、フィルム密着方に
レ'´ /: : : : : :/: : : :ヽ: : : :ハ: :i ヘ: : : ヘイノ⌒ ,ノ よる実験で大腸菌および黄色ブドウ球菌に
.  ,' : : ,' : : {: : : : : :|!: :_,斗-|、_!: : : :ハ  , -'   対する殺菌作用が認められたという。
  l: :i: :l : : _」、_,ノ レ'  二 _ ! : : : : ト-'   さらに、防黴性については漆塗膜がバクテリア
.  ! ,ゝ ヽ,<, ゝ__    '´!o:::::|ソ : i: : |    の忌避物質になっているのではないかといわれて
.  `ー'フ ハ '´!o::::i      ゞ- '/ : : | : !    いる。 つまり、漆塗りの椀や皿、弁当箱のような
  ,r‐'三ニヽ∠二三三_ヽ  ノ: : : :l: : l   食物をいれる器に使用する塗料としては最適な
/´ ̄.:.:.:.:.i ̄`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y : : : : / : : l   材料といえる。
!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: :__,ノ: : : :j                と、これには書いてあるわ。
.!:.:.:.:.:.:.:.__|:.:.:.:.|__.:.:.:.:.:.:.:.r-'ヾ ヽ: : : /
 !:.:.:.:./´ .}`¨´{  `ヽ、.:.{  ノ } ,ノ  前に言った漆黒の料理よりは漆の量が少ないから
 .!:.:./  .} || ||{  ヽ 丶`¨i´_ノ´    漢方の漆は死にはしないわ。 かぶれるけれどね。
 f´`(_)´`ヽ .||,ゝ  ヘ   ̄ノ
 ヾ、ノ|ゞ-イ|| .|| `7_,、_ _ト- '   ちなみにだけど、今回の話のは まぁ、あの大雨の日よ。
  ∠,,ハ__| || || .||_,.ィ´      多少の矛盾他、気になることはスルーで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


266 :30/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:47:19 ID:x91refMC0

 そして、その後。
     出来上がった箱を持って二人は



        ∧_∧      n__n
        (Д^ ,,)     (ー゚ ,,)
        [ニと l    .  iハ;;;;;;ゝ
        .|  〜     .| (ノ⌒>
        (ノ ヽ) ))    L/ ヽ) ))
   ''"''""`"'"^´''""`"'"^´''"''"'''""`"'"^´''"'



267 :31/31 ◆K3L.8ZfPmE :2010/05/03(月) 19:48:00 ID:x91refMC0



      ペルしぃクリニックへ




                        続く

268 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/05/05(水) 01:11:12 ID:1lRdqLfz0
       ..--‐-----------..,
       (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::\
       //  大小沢  ヽ::::::::::|
      // .....    ......... /::::::::::::|
      ||   .)  (     \::::::::|
      .|.-=・‐.  ‐=・=-  |;;/⌒i
      .| 'ー .ノ  'ー-‐'    ).| 
      |  ノ(、_,、_)\      ノ  あんまり虐めんなや
      .|.    ___  \    |
      |   くェェュュゝ     /|___
     _入  ー--‐     //☆☆::入 _
   /:::::::::|\_____/ / ./フ//:::::\
  /::::::::::::::::\_/::::i|○::\__.////:|:::::::::::|
  /::::::::y:::::::::::::::::::||::::::::::::////::::::|:::::::::::|
 .|::::::::::|::::::::::::::::::::::||○:////:::::::::::|::::::::::::|
 .|::::::::::|:::::::::::::::::::::::||:////::::::::::::::::|::::::::::::|


269 :44/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:30:34 ID:DFy2f5wl0









         ┌――――――――――――――――――――――┐
         | やっとおおむね合流か。怪我人は?         |
         |     ――いない、良し。 はぐれたのは二名か。   |
         └――――――――――――――――――――――┘








 

270 :2/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:31:22 ID:DFy2f5wl0



;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛::;:;:;:;:;|i!|il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;:|i||:;:;:;:;:|l||:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
il|!ll| Y ;;/,,"":;:;:;:;:;:;|liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛"":;:;:;:;:;:;:;:.|l||.:;:;:;:;||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,....:;.,,;:|!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/:;:;:;:;:;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;||i|;;;::;:;:|il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|:;:;:;;:;|ill:; ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.:;:;:;:;、"";;,,,;,゛
il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;Yii!:;;::;:;:;:;.|!i!|il|ll|:;:;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,"";:;:;:;:;:;:|ill:;:;;::;;|!i|:;:;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""
il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;:;:;|ill|il|!l):;:;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`(~...,,,,,,.....,,,⌒):;:;:|!i|:;;: ::;|ill|:;:;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`(~...,,,,,,.....,,,⌒)
.|lii!|:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;:;|!!iill|!li:;:;:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;:;:;(;;,,ヽ;;;...(_;;::,,:;:;.|ill|:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;:;:;(;;,,ヽ;;;...(_;;::,,
.|lii!|:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;(il|!llli!i|:;:;:;:;:;:;:;||!li!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Yii!:;:;:;:;:;:;.|ill|:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;.|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Yii!:;:;:;
il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;::;|l|!|:;:;:;:;;:;:;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从ll|ノ(:;:;:;:;:;:;::;|il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;vv|Mv vv|Mv;:;;::;|!lli!i|..,,..,.:;:;,:;:;.:;,,,,,.|ill|:;:;:;:;:;:;v
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw,
                            、/し',
                             }o゚(               < <;)
         円_円           ∧_∧ 'i;:i ` パチパチ         |   |
        σ;-д・¥         (д・; )|;:|           =====(つと )===X三>
           ヽ    )          と   つ/
     ======| |  |==X三>      || |     ==============X三>     ∧
         (__)__)          (__(__)        /i               X
                                    (д ;>      ∧_∧ ||
              (;> >                 と    つ   ε= (д・; )||
               |   |                     / /  /          |   つ|
             =====( つと)===X三>          (_(_/         | | ||
                                                  (__,(__)|


 

271 :3/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:32:48 ID:DFy2f5wl0



;"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
 ゛ヾ;;::il|!ll| Y "゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";:;:;:.;; "゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛"":;
 ̄"\)l.ii!!ノ )(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.;:;::
;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,:;:;:;:;:;Yii!:;;::;:;:;:;.|!i!|il|ll|:;:;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,ヽノ ;;/
;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;:;:;|ill|il|!l):;:;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`(~...,,,,,
:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;:;|!!iill|!li:;:;:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;:;:;(;;,,ヽ
:;:;:;:;:;.|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;(il|!llli!i|:;:;:;:;:;:;:;||!li!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;;:;:;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;;::;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
))ゝ)ゝ;;;ミ,,、ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝゝ;;、ゝ;;;ミ,,、ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ) ;;;)ヾミ)ヾミゞ((;;;ゝ ;;ミ ;;;)ヾミ)ヾミゞ((;;;ゝ)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)
ヾミ;ソミ;ソ(;;;ゝ;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;ソ(;;ソ(;;;ゝ;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))
""" V"ji,,ji,,Iw,,MW " V"ji,"j/ヽ_,ヘi,,ji,,Iw,,MW "ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,
                  とく_゚   ) スス…
            <三X===G==========
                (_ノ ヽ__)


 

272 :4/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:33:57 ID:DFy2f5wl0




       ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
       |  仕方ない。 ウララード様が不在となれば、私が取り仕切ろう。 |
       └―――――――――――――――――――――――――――┘



    ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
    | ずいぶん山中を移動して、みな疲れていることと思うが……   |
    |    とりあえず、残りの二人をなんとか発見、下山といきたい。  |
    └―――――――――――――――――――――――――――┘



          ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
          | ウララード様はどうせ放っておいてもしれっと帰ってくるだろうが……  |
          |   モランバーグが、万が一にも一人で迷子になっていたら大事だ。  |
          └――――――――――――――――――――――――――――――┘



               ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
               |  辺りも暗くなっている、間違っても二次遭難など起こさないように。  |
               | とりあえずはここを拠点に二人一組で行動だ、無理はしないように。 |
               └―――――――――――――――――――――――――――――┘



 

273 :5/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:35:12 ID:DFy2f5wl0



;"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
 ゛ヾ;;::il|!ll| Y "゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";:;:;:.;; "゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛"":;
 ̄"\)l.ii!!ノ )(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.;:;::
;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,:;:;:;:;:;Yii!:;;::;:;:;:;.|!i!|il|ll|:;:;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,ヽノ ;;/
;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;:;:;|ill|il|!l):;:;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`(~...,,,,,
:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;:;|!!iill|!li:;:;:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;:;:;(;;,,ヽ
:;:;:;:;:;.|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;(il|!llli!i|:;:;:;:;:;:;:;||!li!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;;:;:;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;;::;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
))ゝ)ゝ;;;ミ,,、ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝゝ;;、ゝ;;;ミ,,、ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ) ;;;)ヾミ)ヾミゞ((;;;ゝ ;;ミ ;;;)ヾミ)ヾミゞ((;;;ゝ)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)
ヾミ;ソミ;ソ(;;;ゝ;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;ソ(;;ソ(;;;ゝ;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))
""" V"ji,,ji,,Iw,,MW " V"ji,"j/ヽ_,ヘi,,ji,,Iw,,MW "ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,
                  とく_゚   )
            <三X===G==========
               。 (_ノ ヽ__)
              o
             O
  ( モララー族の山狩りか何かか。ジャスは発見されていないようだな…… )



 

274 :6/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:35:57 ID:DFy2f5wl0









        となれば、ジャスはギコの向かった山麓にいる可能性が高い。


               モララー族がはぐれた者を捜索している以上、連中より早く寄るか――








                          ・

                          ・

                          ・


 

275 :7/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:37:42 ID:DFy2f5wl0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         モランバーグは、幾つかの点についてひどく驚愕していた。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                   ∧__∧
                ( ; д)
                〈二二]=
                (_ノ ヽ,)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    まず一つ目は、もちろんのこと、ウララードが突如切り落とした戦端である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

276 :8/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:38:42 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   しかも、先程まで懇切丁寧に諭していたジャスという少年を遮蔽として使い――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


      Α_Α                                      ∧∧
      (  ・∀)                        ∧∧         (Д-,,)
      (  / |                         (;・д)        ミ三ミ
    ノ_/__,ゝ                    ( (  c,ミ三ミ       ノ;i;;;;;;iヽ
     (__,/ 、__)                       く(_/ー'          し ヽ)ゝ

       ↑ギコの視界からウララード下半身外れる

                                Α_Α
                                (   ∀)   ,Gヽ∧∧
                               /   G[二> |(д゚;)
                                  く____,ゝ  ' |ノとミ;;:;::;ヽ
     (;:⌒;:;,.,.                     (__,/(_,)  ,   ` し;:;::;:ゝつ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ハーニヤ ━━━━━━━━━━━━━━━
   十分に足に“溜め”を作った上で踏み込み、“雷光”ギコなる青年を奇襲している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

277 :9/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:39:43 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      そもそも“偉大な戦士”ウララードという男は、さほど戦闘を好まない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     ザダム・シャタッフ
     “偉大な戦士”に是非、一手ご指南賜りたく……!

     (\__/) フーッ、フーッ
     (# д ) =3         細い木の枝で打ち合って、この子に勝てたらね。
     /  つG[二二>                 じゃ、モランバーグ、あとよろしく。
     /  ,、 〈 
     (__,/ ヽ__)                              Α_Α
                                      (∀・  )')
                    ちょ、っをま…っ!?     (  / /
                 ∧__∧                 ノ_/__,ゝ 
                 ( ; д)                 (__,/ 、__) 
                 と   つ
                   し ヽ,)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    普段ですら、有象無象の挑戦者を、ざっくりとモランバーグに一任する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

278 :10/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:40:54 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   少なくともモランバーグの知るウララードは、無意味な斬り合いをしたことがない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              こんなガキがって、げぼぁッ!?

                            ┃
         はい終わり。               ┃
                          (\__/)┃
               ∧__∧   ;・;。;.(д il )G
             ー―=( ;-д)GG━━     つ
                  〉   /     /  / /
              (_ノ ヽ_)   (__,/ ー'


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    かつて自分が襲いかかった時のように、身を守るためならば剣を抜くが――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

279 :11/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:42:07 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ウララードが積極的に“誰かに挑む”姿など、これまで見たことがない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              ( 不自然すぎる! )
                     O
                     o
                   ∧__∧ 。
                ( ; д)
                〈二二]=
                (_ノ ヽ,)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   とすら思う。 「奇襲=卑怯」という近代的な観念は、モランバーグには無いが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

280 :12/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:43:38 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   モランバーグにとってのウララードは、良くも悪くも“絶対的な強者”なのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                    l\
           Α_Α           。  ’    < 。i|! )
           (-,,   )     ’   ;  。   ; 。 とと[  ヽ
          /    /        ’     ;    。と と ノ
  <二二二]G=[   >
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    “絶対的な強者”はつねに挑戦を受ける側であって、挑戦をする側ではない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

281 :13/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:45:06 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   それだけでもモランバーグにとっては多大な驚愕であったが、驚くべきはまだある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                     Α_Α グ、ググ…
                     (   ∀)   ,Gヽ∧∧;
                    /   G[二> |(д ;);
                       く____,ゝ  ' |ノとミ;;:;::;ヽ;
                   (__,/(_,)  ,   ` ;し;:;::;:ゝつ;




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ――“偉大な戦士”と真っ向からの力比べを強いられた、“雷光”の力量であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

282 :14/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:45:54 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   奇襲に対し初手でジャスを突き飛ばしたため、不利な体勢で開始された競り合い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                            ∧∧
                          人  (Д ,,)
                       <※> ミつ ミ
                        'Y   ノ;i;;;;;;iヽ
                        \ヾ\ し ヽ)ゝ
                         (ヽ,-、\
                         ヽ;:;:∧∧
                          c(il д)っ;::⌒;:)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    並以上の戦士であっても、そのまま競り負けて押し潰されてもおかしくはない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

283 :15/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:47:15 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   だが“雷光”は、押し返してのけたのだ。――他ならぬ、“偉大な戦士”を相手に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                       ギャリ…ッ!!
                   Α_Α        ∧∧、
                  (   ∀)、人,二二iG(д )\
              <二]と=― <  > \`:::[::ヽ\
                      く____/'Y'ヽ   \〉、;;;;;;ゝ\\
                   (__,/(_,)        `ー' ヽ)  ヾ\



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    それは彼の力量が、“偉大な戦士”に比肩しうる可能性があることを示している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

284 :16/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:47:57 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ただの戦士ではないのだ。 ――そして、先程のジャスとの戦いが脳裡を過ぎる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                      ∧__∧\
                      (; д)\\     /
                      / GG[二二> //
                     (_/ `ー'  γ⌒ Y//
                           γ⌒li   ,i!/
                         ∩ li  ,i! _,..ノ
                        ∧∧つ、..ノ
                       (д il)っ━━
                     し

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    “この男が、ジャスの普段の鍛錬の相手だ” 理屈も何もなく、直感で理解する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

285 :17/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:49:06 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     戦いの場に立ち、“偉大な戦士”とほぼ同じ程度の武器しか持たず。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






              ニィ…             ニィ…
           Α_Α                 ∧∧
           (   ∀)                (ー il)
           ( つ[二>             /二二iと::)
           ノ_/_ゝ                    ノ;;i;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                   しヽ_)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     恐らくは援軍の到来や、援護なども期待できないであろう、その状態で――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

286 :18/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:49:47 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    やや緊張で血の気が引いているとはいえ、この男は獰猛に笑っているのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    |      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |      ,、-''´ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |     、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |    _\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |  、/ ,-、 Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    | -=}!、イ リ ,i:::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   |    `≧=彡`ァィ个::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  |      ::::::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ヽ    ::::::::::::::::::::'_,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     \    ト‐- -`゙-  -ー,r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       \   `i iv‐-- -ーv,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         \   ´ ̄ ̄ ̄`':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     / } `ー ----ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              _...-‐   ̄|   `i     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,、-''´       `i   \   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    並みの胆力ではない。――こんな男が、二人も三人も居る方が不自然に過ぎる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

287 :19/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:50:32 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  モランバーグは、ウララードとの戦いを経験している。 彼の殺気を受けたこともある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

W   /淤斧圭歪i:ア´                     ,x幺斧圭斧┓。. `'寺圭圭圭圭
/   /淤斧圭:7a´                      /ア"´ ̄ ̄¨`''冬斧k `'寺圭圭
   ,攷淤斧:a´                            〃    ,.斗ー- .、`'守_ 為丞圭!
  刈狄[ア                            {{      `寸竺淤t、Y心逑圭圭
  ,炸淤jW                              ヾ廴_ノ    Yi:厂 _ Y竺7ア´¨`
. 焔圭:W                                  Yk 卩 } }洲W ria
 以丞W                    Α_Α               Y劣ー' 炸W  廷
 込i:洲{                    ( ∀ )           逕丞  炸丞._ノヽ、
 Y7:刈                <二]G[  /;メ;、          逕;伐 逑圭竺圭心
  ゙'廷i代       .。ュ‐ュ。.          く_/_;;_|,)               |逕7会;芝:瓦'⌒`守 
   `'冬淤t、    〃⌒゙ヾ心        (_/、__)             !逕圭圭圭淤、{{_刈
     ゙_斧::ュ。._  `ー≠ 為!}                         以''´¨¨`'寺主k `¨
ヘ     `''冬:歪≧ー七斧a                               ,rー=ュ、 `寺垈
淤t、     `¨¨¨¨¨¨¨´                              ;圦{´廴}} .刈:洲 
:歪会ュ。                                    主会ュ。._/歪圭{ノ
淤冰ik会ュ。.                                       主圭圭竺圭圭圭圭

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ウララードとの戦いに慣れた今でさえ、時に逃げ出したくなる“それ”を知っているのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

288 :20/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:51:25 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   今、ウララードは完全に本気だ。 彼が発しているプレッシャーを可視化すれば――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     :::〉  〈/ ̄二二二`゙ヽ、::/`"  ::::/l  /:l し::/し' ̄ノ:《 /::
                    ::::/   /::    ノ / し'   ∧//ノ  l:/ (::   / :::} V
                    :::l  //:::   /し'__ノ    ┌ケ::ゝ   /l  》:: /:r' ̄   (
                   :::::/  /::: /(ノ  )     :::l/   l:: ::〉  rケ ̄ _/::l  ヽ
                   :::ノ  〈::: /  /ヽヽ    :::ノノ   ノ:: ::ヽ    ,r'::: __l|  l::
                   :::ヽlソ ヽ::   /  V    ::l   /::   ::匕/ ̄::   √ヽ  l::
                    ::l〉  ノ::  /    ヽ   :::/ / l:::...  /し'    /二-‐'イ l::
                   ::::::l  /::  /     \/(:〉    ̄弋:::     广" /:::〉 /::
                   :::丿 /::: /      /  ::>     /::  ノ ̄   (::/ ノ/
                 ::::/  r':::: /        ::::ノ   /〈〈:::  ̄     厂l /  r
                ::::〈   〈::/ 」   _    ::::〉 _,,.-''"`ヽ-‐''" フ   ( ̄:::ノ   /
                 :::7  /  7  ,r;'''''';;ヽ  / ̄       /  :::::ノ ̄ 二,/l
                 :::ヽ /  「 /Vi{;;,,,,,,,,,;;ケ"´       _,,.-''   :::/   /::: ノ ノ_ノ
                 ノ二  /Y ヽ` ̄         ./l \  :::/   /ヽ, /`ヽ_
               /    /          ヘ   /─.|   `7 /  /:::  二ヽ  l ̄
              /        __/(__,,.-‐''"\\ (  ┌    V   /:::   (_   }
              ノ   /`    /  r' ̄rt Y` W ヽ  `こ    ::::l  lヽ::二二 ̄   ヽ
              ! ヘ   ,, -"二r Yヽ⌒ヽト、!ハ!ト、!/ ̄ヽ::::_ノ`ヽ:::  ::l  l |─、  (__ -=
             〈  / (`ト、 ト、l\l\ l   /ノ  し' / ̄ ̄ll:: :〈    l  )/⌒ ⌒ /
              i r'r‐(` ト、l ヽl     ヽル‐ナ::〈      ̄`ヽlV し' ノ/
              ` Tヽ, ヽハヽ-、_ ....:::::r' / r'  :::`ヽr'二二ヽ___ 丿
               |_,ハト、ト、!ハ.!ル' ̄ ソ l      心ナ:::: r'
                  :::ノ  _,,.-‐‐''" ',    ト、ト、\ノ   /
                  ::〈  〃 ト、ミ {  ヽ   ハ \`メ    l
                   ::ヽ V::∧ヽ〈   ト、!\ヽ )     /
                    :::::: ̄::: \ ト、ハ! ヽ__メ    /
                              ヽ仆-r ケ     ノ
                           `ヽ── ‐‐ー´
        <<il゚)
          /:::::::]つ[二/
           /;;;;;;;;;ゝ
        (,/ `J
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    少なくとも――そう、“少なくとも”この程度の心理的圧迫感は感じているはずだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

289 :21/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:52:25 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   モランバーグは自分が割って入れる状況ではない、ということを理解し――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                   ∧__∧
                ( ; ∀)
                〈二二]=
                (_ノ ヽ,)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   同時に軽く口元を歪めた。 運が良ければ、“それほどの使い手の技を盗める”のだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

290 :22/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:53:31 ID:DFy2f5wl0







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         一挙手一投足たりとも、見逃すわけにはいかない――!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                          ・

                          ・

                          ・


 

291 :23/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:54:43 ID:DFy2f5wl0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ギコは苦笑する。(それが夜闇において、他者からどう見えるかは自覚していない)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                ス…          スゥ…
             Α_Α             ∧∧
             (   ∀)           (ー il)
          ( (  / つ[二>        /二]と::ヽ ) )
                /_/_ゝ             〉;;i;;;;;ゝ
           (__,/ `ー'             ー' ヽ_)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  再戦を期した相手と、ほぼ対等の条件でばったり遭遇。……なんという奇縁だろうか!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

292 :24/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:56:11 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  これは、とてつもない幸運なのだろうか? それとも、凄まじい不幸なのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                Α_Α
                                (   ∀)   ,Gヽ∧∧
                               /   G[二> |(д゚;)
                                  く____,ゝ  ' |ノとミ;;:;::;ヽ
     (;:⌒;:;,.,.                     (__,/(_,)  ,   ` し;:;::;:ゝつ


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ともあれ警戒を怠らなかったがために、初手の奇襲に対応できたのは確かだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

293 :25/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:57:21 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  どうやらウララードも、再戦を望んでいたようだ――内心で思いつつ斬り合いに入る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                   ヒュォッ!
                        ヒュ!
                 Α_\\  i  /∧
                 (   ∀)ヾ\/д #)
                 ―二三//\三二―
                く___,/ヾ\ i `\;;;;;;ゝ
                (__,/ / \ /ヾ ヽ)
                        ヒュッ!
                  ヒュヒュ…ッ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   交差する剣線は、しかしぶつかり合わない。 ――互いの戦術が噛み合ったためだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

294 :26/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:58:02 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   短剣同士の一対一では、深く踏み込み一撃必殺を狙えば相討ちの確率が高い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


:::::::::::::::::::::::[悪手]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         Α_Α   ∧∧
         ( il ;;;二iG(д il)
         (    ]つ[二;;と:)
         ノ___ゝ  ノ;;i;;;;;ゝ
        (__,/`ー'   ー'ヽ_)          ::::::::::::::::::::::::[良手]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      
                                Α_Α  <二]=    \
                                ( il д) ;;,彡'  ∧∧ \ヾ\
                                (    」つ;:    (д #)つi二二/
                                  ノ___ゝ     と[:::::ゝ
                                (__,/`ー'       し;;;;;]つ

                              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   狙うべきはまず手首など、相手の身体末端の腱や血管。 浅く撫で切れば十分だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

295 :27/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 14:59:07 ID:DFy2f5wl0




━━━[四次元殺法コンビからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    r ‐、               「手首を浅く斬る? たいしてダメージ入らないんじゃない?」
    | ○ |         r‐‐、                       などと思ってしまった良い子の諸君!
   _,;ト - イ、      ∧l☆│∧
 (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l    現実で「手首を浅く斬る」というのはえらいことだぞ!
  |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)
 │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|    腱が一部でも断裂すれば、それだけで指先の動きが激しく悪くなる。
 │  〉    |│  |`ー^ー― r' |     太い血管が切れれば大量に出血し、時間と共に思考と動きが鈍くなる!
 │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
 |  irー-、 ー ,} |    /     i      手首に1cmも切り込まれれば、人間は普通に病院送りなんだ!
 | /   `X´ ヽ    /   入  |
                       軽く斬ってそのまま長期戦に持ち込んでやれば、少ない危険で勝てるわけだな!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 

296 :28/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:00:13 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ギコは豊富な知識と鍛錬から。 ウララードはほぼ直感に従い、この戦術を選択。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                  ヒュッ、ヒュッ、ヒュヒュ…!
                 Α_\\  i  /∧
                 (   ∀)ヾ\/д #)
                 ―二三//\三二―
                く___,/ヾ\ i `\;;;;;;ゝ
                (__,/ / \ /ヾ ヽ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    両者、めまぐるしく立ち位置を動かしつつ相手の手足を狙って刃を繰り出す。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

297 :29/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:01:03 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   軽い、しかし危険な斬り合いのさなか、ギコの狙いがウララードの右肩に集中。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ヽ:::::::::::.:.:.:.:.:.:. ',       l::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                ',:::::::::::::::.:.:.:.:.:l       l:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
                ',::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.|       l::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
 〈`'-ーー-'^ヽ        ',:::::.:.:.:.:.:.:.:.:l      l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
  ヽ-''´~ソ /        ヽ::::.:.:.:.:.:.:.l.      l:::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
     ,/ く        ヽ::::.:.:.:.:.:l.       l::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
   _,.r' .,へ `ヽ       l:::::.:.:.:.:.',     l::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
 =ニ-ー '´  `;、ノ       /:::.:.:.:.:.:.:.:〉    l:::::::::::::::::::::::.:.:.、:!
     n          ヽ, -、.:.:.:/}!.    !:::::::::::::::::::::::::.:.:ヽ
     U            l   ̄ /     /::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ
                 /   .// l     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      0         //   i′ l!   l:::::::::::: −´ `  、:/
             , ./ l  l    l!   ヽ ´         !
      O      /  ヽ :!_ ノノ   /          \
            ,!     !‐ ´     l、           ヽ
            l      .l,       l ヽ _      _ノi
            |         ヽ      `ヽ __ ̄ ̄ ̄   _ノ
            .|       \           ̄ ̄ ̄
             l           \
             .l          \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   反応して対応するウララードの注意は、必然的に右肩の周辺に向かざるをえない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

298 :30/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:02:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ――次の瞬間、短剣の繰り合いの切れ目を縫って、ギコの右前蹴り!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                   ! Α_Α    ∧∧
                   ( ; ∀)   (д゚#)
                  <二]と[  /_」  G:[::::つi二二/
                      く_/〈 ヽ( 三ヾ;;;ゝ--、ヽ
                   (__,/ `ー'、   ヽ.)、ソ/
                           ソ      'Y`



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ウララードから見て左下方から放たれたそれの狙いは、当然の如く金的。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

299 :31/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:03:59 ID:DFy2f5wl0




━━━[四次元殺法コンビからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    r ‐、                格闘技のテクニックとして「対角線コンビネーション」というものがある!
    | ○ |         r‐‐、    人間を上半身、下半身、左半身、右半身で四等分して考えてみよう。
   _,;ト - イ、      ∧l☆│∧ 
 (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l    右上に攻撃したら左下にと、対角線側に攻撃を繋げるのが、
  |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)                「対角線コンビネーション」のごく単純なやりかただ。
 │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
 │  〉    |│  |`ー^ー― r' |   人間は意識がある方を向いた時、逆を攻撃されると面白いように直撃する。
 │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
 |  irー-、 ー ,} |    /     i           ……え? そんなの分かっていたら避けられるんじゃないかって?
 | /   `X´ ヽ    /   入  |
                     それができれば、外角内角の投げ分けでアウト喰らうバッターなんかいなだろうな!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

300 :32/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:04:39 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    意識の隙を突く一撃に対し、ウララードは超人的な反応で足を持ち上げ防御。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                      Α_Α   ∧∧ ……ッ!
                 ―=(  ∀)ア (д゚;)
                  <二]と[  /__,、人,:[::::つi二二/
                      く_/〈 <  > ;;;ゝ
                    (__,/ ` /'Y'ヽ ヽ.)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   技を繋げようとするギコに対し、防御の動作から流れるように目突きを繰り出した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

301 :33/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:06:20 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ギコは連携を中断。 ウララードの危険な反撃に対し、流れるように対応を試みる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                      Α_Α_    / /
                    (  ∀)_」ア // /
                  <二]と[  / / << ):::]つi二二/
                      く_/_,ゝ  し、;;ヾ;;;ゝ
                        (__,/ ヽ__)    し ヽ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     身を捻りつつ伏せて突き手をやりすごし、同時にその捻りを利用し――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

302 :34/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:07:40 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━カルセラン━━━━━━━━━━━━━
   大きく身を回し、そのままウララードの突き手を“守るもの”で切り払おうとする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





            …!!  Α_Α     , - ― - 、
              (;  ∀)≡=/    /i  \
          \ 、,G[   / | /二二iと[::(  。>   、
             ヾ|/ く_/___ゝ      ヽ;;;;;;;;J  ⊃
                  (_,ヽ__)    ⊂ `ー'ヽ_) ギュッ!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    が、ウララードは即座に突き手を引き込み、銅の短剣での対応に切り替える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

303 :35/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:08:26 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   柄を握り込んだ拳を、そのまま突き出したウララードに対し、ギコは全力で後退。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                 Α_Α     ∧∧
               (   ∀)       (д゚;)
              __――G /二二iG:::ヽ)
              ̄ ̄―二二l/    ノ;;;;;;;;;ゝ
                (__,/       \人(_/`ー'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  手首を切り払う隙があるように見える動作であるが――ギコは似た技を知っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


 

304 :36/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:09:37 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     結果として判断は正解。 ウララードの手首の捻りと共に短剣が踊り――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                     Α_Α クンッ!  ∧∧\
                     (   ∀) /| ⊂ (д゚;) ヾ\
                    /    ]G/ )  と[:::::]つi二二/
                /___,ゝ  '  く0i;;;;;ゝ
                (__,/ `ー'        (,/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   短剣がギコの手首のあった位置を薙ぐ。 現代の、ナイフ術の教本にも載る手だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

305 :38/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:10:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   伸びきったウララードの腕から、これ以上の追撃はないと判断してギコは更に後退。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                      Α_Α              ___―――∧∧
                      (   ∀)        ____―――――と(д゚;)
                     /    ]G[二>       ̄ ̄ ̄ ̄――/二二iと[:::::)
                 /___,ゝ       i  , '    ,  ̄ ̄ ̄―――/;;;;;;;;ゝ
                 (__,/(_,)     ヽ人,;:'    、/し    、j、, ̄―(,/ ヽ)し'_,  ザッ!!
                              ザッ    ザ     ザ      `



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ――ウララードの苛烈な反撃により、ギコは技の連携がまともに成立しない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

306 :38/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:10:58 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   練られた技を丁寧に連携させて相手を“詰む”、樹木の如きギコの得意戦術は――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




               ニィ…
             Α_Α                         ∧∧ フー…
               (   ∀)                       と(д゚;)
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                          /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                         (,/ ヽ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   いかな連撃にも烈火の反撃を挟む男の前に、半ば崩壊を余儀なくされていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

307 :39/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:12:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ウララードも、口元を歪める。 やはりこの男は面白い。 更に腕を上げている、と。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




          ジリ…                            ジリ…
             Α_Α                          ∧∧
               (   ∀)                         と(д )
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  得意とする猛火の攻めは、風に揺られる枝のごとくにしなやかに避けられ、捌かれる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

308 :40/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:13:25 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   勝ち難く、ゆえに挑む甲斐がある。 ――ただ、性急に決着をつける手は使えない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

           <三X====∩Α__Α=====
                ヽ( ∀  )
                  〉 /  ]つ三≫         __
                   _(_)、_ゝ            <:::::::...^),.  
          ,;’;';‘>⌒`';::>>ヽ__)            ヽ;:,ζ;;・.:
              ̄`しとノ´              ≪三し´∴;;,;;:,.,.;:,
                                       ..;:,.;:   
             <<;:;;:'⌒`つ               ,.;:・:,、ノvヽ 
               ヽつJ;・;;';;  <三X===           ;:,.〉 〉__,)
                       ;:;,                 (,___,)  
               ========= '`

      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  リスクを負っての無理攻め。 無謀であった己がそれを躊躇することを、可笑しく思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

309 :41/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:14:14 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   あの、自分を睨んで毒を盛ってくる妻を娶って、自分は変わってしまったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


          )
          (  ( 
          ) ) )
            | ̄ ̄|       ΑΑ
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   ( −)
       ` ,;;从炎;火',人, ' 0=と `i' つ  Α_Α
         V/7Vヘ,ヘV   と[_,/_,i  ▽д   )
      (:::)(:::)(:::)                ヽ'    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   いつからだろう。 ――妻のもとへ帰らねば、とごく自然に考えるようになったのは。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

310 :42/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:15:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  戦士として、死を恐れはしない。 ――だが、心の底から家族の元へ帰りたいとも思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


        Α_Α                             ΑΑ
        ( ,, ・∀・)               ∧__∧      (ー^,,)
        ノ  つ▽O               (д # )      u u 〉
       (   ⌒)⌒)               o▽o )      (_(_つ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「決死」と「願生」。 矛盾する二つの観念が、ウララードの中には矛盾なく同居していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

311 :43/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:16:01 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   対し――ギコもまた約束があり、守るべき多くの人々がおり、築くべきものがある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                             ∧∧
         ∧_∧               (Д^,,)
         (;:;;: ・−)               |[::::|
         /;:;:;∪∪              ノ;i;;;;;;ゝ
      、 ノ;:(⌒)⌒) ,            し`J
    ^´''"' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"'"'

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                             |
                          ∧∧  ∧_,,,               ∧∧ 
                           (*゚ー) (#゚;:-)   ∧∧     ―  (Д゚,,)
                         |  |、 /;:;:;:;:|    ( ・∀)        |[::::|
                         |  |,)(;/;:;:#|     | っっ       ノ;i;;;;;;ゝ
                        し`J  .し`J    し`J         し`J

                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ゆえにギコの戦いの選択肢にも、多大なリスクを負っての無理攻めは存在しない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

312 :44/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:17:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   結果として――二人はある程度の間合いを確保し、相手の隙を伺い始める。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                 ( やはり、コイツは強い……! )
                  O                   O
                 o                      o
             Α_Α 。                       。∧∧
               (   ∀)                     と(д )
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                          (,/ ヽ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   両者の現在の実力は、ウララードの肩の負傷を含めた上で――ほぼ拮抗していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                                    つづく


 

313 :31/44 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/05(水) 15:18:22 ID:DFy2f5wl0
>>299
脱字修正分です。




━━━[四次元殺法コンビからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    r ‐、                格闘技のテクニックとして「対角線コンビネーション」というものがある!
    | ○ |         r‐‐、    人間を上半身、下半身、左半身、右半身で四等分して考えてみよう。
   _,;ト - イ、      ∧l☆│∧ 
 (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l    右上に攻撃したら左下にと、対角線側に攻撃を繋げるのが、
  |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)                「対角線コンビネーション」のごく単純なやりかただ。
 │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
 │  〉    |│  |`ー^ー― r' |   人間は意識がある方を向いた時、逆を攻撃されると面白いように直撃する。
 │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
 |  irー-、 ー ,} |    /     i           ……え? そんなの分かっていたら避けられるんじゃないかって?
 | /   `X´ ヽ    /   入  |
                     それができれば、外角内角の投げ分けでアウト喰らうバッターなんかいないだろうな!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

314 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/05/09(日) 12:49:48 ID:FM+FVdCH0
乙です

続きが気になる

315 :1/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:22:39 ID:CfGfg99c0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ジャスが平静を取り戻し、起き上がる――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                  ∧∧
                  (д ;)
                  ミ三ミ、 ミ
                   し`J;:ゝ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ただそれだけの間に、戦闘は恐ろしいほどに推移していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

316 :2/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:23:25 ID:CfGfg99c0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     そして見る間に音もなく数十回も斬り合い、そして両者無傷で膠着――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                  ∧∧
                  (д ;)
                  ミ三ミ、
                   し`J;:ゝ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       今まで見てきたどんな戦いともレベルの違う、高度な技術のやりとり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

317 :3/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:24:21 ID:CfGfg99c0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      仮に、仮にジャスがあそこで両者どちらかと向かい合うことになれば――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


             Α_Α    
               (   ∀)                    ∧∧
              /    ]G[二>         /二二iGと( il  )
          /___,ゝ                   ヽ   )
          (__,/(_,)                    (/ `J


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    恐らくどちらが相手でも、数秒堪えられるかどうか、といったところだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

318 :4/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:25:50 ID:CfGfg99c0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       今さらながらに、そんな使い手に挑んだことが思い返される。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


            Α_Α――__
         (;  Д )―――___               ∧∧
          と〈 =====G====X三>――――       c(д #)つ━━
         ヽ__,_/_)―――― ̄ ̄   i  / /     ミ三ミ〈    i  / /
              ヽ,_)――― ̄ ̄       人//      ノ;:`-ヽ)   人//  

     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   もしモランバーグの介入が無ければ――恐らく、死んでいたのは自分ではないか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

319 :5/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:26:59 ID:CfGfg99c0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    改めてウララードの強さを認識し――ジャスの身に、ぞくりと震えが走る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                  ;∧∧;
                  ;(д il);
                  ;ミ三ミ、;
                   ;し`J;:ゝ;




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        彼もまた、この戦いに対しての介入は、不可能であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

320 :6/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:27:56 ID:CfGfg99c0


                          ・

                          ・

                          ・



          ジリ…                            ジリ…
             Α_Α                          ∧∧
               (   ∀)                         と(д )
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)


      だああああ!? 畜生、やっぱ強ぇな……

        古流柔術の釣鐘蹴り(※)も、現代格闘技の対角線コンビネーションも通じねぇとかどんだけだ!



       ※……古流柔術諸派(全てではない)での金的蹴りの呼称。何を釣鐘に例えてるかは自分で考えるんだ!


 

321 :7/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:28:37 ID:CfGfg99c0



         ┌――――――――――――――――――――――――
         | だいぶ殺し慣れしたようだね。動作にためらいが無い。
         └――‐v―――――――――――――――――――――
                          ┌―――――――――――
                          | ……おかげ様で、な。
                          └―――――――‐v―――


             Α_Α                          ∧∧
           (  ・∀)                     と(Д-;)
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)



  殺し慣れの他、古代人の知らない、身心の緊張をリラックス状態へ移行させる小技も現代にはある。

    ――コイツほど実戦への慣れはないが、それらも駆使して、なんとか互角に動けているようだ。


 

322 :8/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:29:18 ID:CfGfg99c0



         ┌―――――――――――――――――――
         | ……ところで、一つ尋ねても良いだろうか。
         └――‐v――――――――――――――――
                               ┌―――――――
                               | ……何だ?
                               └――――‐v――


             Α_Α                      ∧∧
           (  ・∀)                     と(Д゚ )
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)


     話し、考えながらも――お互い、短剣の先はぴたりと相手に据えて動かさない。

           会話に乗じた奇襲は、当然のように警戒されている。


 

323 :9/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:30:02 ID:CfGfg99c0




    そして肝心の質問内容だが、鋭いコイツのことだ。恐らく――







            ┌―――――――――――――――――――┐
            |   君は、どうして右手を使わないんだい?   |
            └―――――――――――――――――――┘








                            やっぱりか。 見事に気付かれてやがる。


 

324 :10/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:30:48 ID:CfGfg99c0



                           ┌――――――――――――
                           | ……俺は両利きだからな。
                           └――――――‐v―――――
         ┌―――――――――――――――――――――――――――
         | それはズレた回答だ。 右手で打突しない理由にはならない。
         └――‐v――――――――――――――――――――――――
                             ┌――――――――――
                             | …………やれやれ。
                             └――――‐v―――――
          ┌―――――――――――――――――――――――――
          | 遠慮せず使うといい。 私が戦いたいのは、全力の君だ。
          └――‐v―――――――――――――――――――――――



             Α_Α                      ∧∧
           (   ∀)                     と(Д-;)
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)


    ……確かにそうすりゃ膠着も解ける。 わりと勝算もあるかもしれねぇ。

                 それは分かる。 分かるんだが――


 

325 :11/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:31:32 ID:CfGfg99c0




    お前が俺の全力と戦いたいように――









      ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
      |  んで、負けた後に言い訳か? 「左肩の傷が無ければ!」とでも? |
      └―――――――――――――――――――――――――――――┘









              ――俺も、全力のお前を倒してぇ。 コイツだけは理屈じゃねぇんだ。



 

326 :12/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:32:16 ID:CfGfg99c0







                ニィ…              ニィ…
             Α_Α                        ∧∧
           (   ∀)                     と(ー )
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)


               ほら――お前も男なら、分かるだろう?


 

327 :13/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:33:13 ID:CfGfg99c0



     ┌――――――――――――――――――――――――――――――
     | ほぅ、言ってくれるな。 片腕が鈍い程度で、私が君に勝てないとでも?
     └――――‐v―――――――――――――――――――――――――
                       ┌――――――――――――――――――――
                       | 現にさっきの目潰しヘロヘロだったじゃねぇか。
                       |     俺が右手まで使えば一瞬だ一瞬。
                       └――――‐v―――――――――――――――
     ┌―――――――――――――――――――――――
     | ほほう、一瞬? 私はまだまだ余力を残しているよ?
     └―――――‐v―――――――――――――――――
                        ┌――――――――――――――――――――――――
                        | へ、余力だ? 笑わせんな、前に比べりゃ鈍いもんだ。
                        └――――――――‐v―――――――――――――――
        ┌―――――――――――――――――――――――――――――――
        | それが手加減だと言うんだ。 まさかこの程度も見抜けないとはね――?
        └―――‐v―――――――――――――――――――――――――――


             Α_Α                      ∧∧
           (  # ∀)                     と(Д #)
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)


                 はッ! 言ってくれるじゃねぇか……


 

328 :14/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:33:54 ID:CfGfg99c0



                     おいおい、本気出すぞゴラァ……?

       ほう、私はその倍強いよ?

                   いやいや、実は実力を隠していてな……

       私もまだ本気ではなかったりするんだが……

       |\                                   /|
       |  \                               /  |
       |――\                            /   |
       |     `ー-、 ______   _______,-一'     |
       |   '       `   \     /  \       /        |
       |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,, 、  \ /     \     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    |
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  /           \  ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i |
       |       /i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/―z_\人/    \|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/i;;;;;;;; J |
        `、 ι  { \_ ;;;;;;;;|     /'Y\ ̄ ̄Ζ_,|;;;;; _/ };;;;;;;   ノ
         ヽ   ヽ_ノ   ノ      バチバチ     ヽ  ヽ_ノ   <
         >_、_     イ                  ̄ヽ       ヽ

           体に反動が来るが飛躍的にパワーアップする方法を使(ry

       拘束具を外し(ry
                           秘められた力を覚醒(ry

            特殊な種族の血が力を(ry
                    覚悟によって過去を断ち切ることで(ry

              愛する人の想いが私を立ち上がらせ(ry


 

329 :15/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:34:44 ID:CfGfg99c0






           う ち は そ う い う 話 じ ゃ ね ー か ら ッ ッ!!



           ∧__∧                          ∧∧
          c( ;-Д)っΑ_Α ゲフゥ!!  ガフゥ!! ∧∧ c(д-;)っ
          ヽ ―二三)  Д).,.;;:・     ・;:;:,(д (三二― ヽヽ
               ヽ_)  /  ]つ[二>     /二二iと[::ヽ  (_/;:;:;ゝ
                  /___,ゝ            ヾ;;;;;;;;ゝ
               (__,(__,/               ヽ,ヽ,)


              【 介入タイミング 『 Tukkomi 』 発生! 】




 

330 :16/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:35:48 ID:CfGfg99c0




      はいちょっと二人ともそこ座って下さい!

        そもそも二人ともこのスレの話の方向性ってものを分かってんのか!?

         というか大人として恥ずかしくないんですがこんな意地の張り合い!

           子供の僕らが見て「コイツら子供っぽすぎだろ」って思うとかどうよ!


                          で、でもコイツが……

         ∧∧  ∧__∧
        (# д)( # д)        <<;)  <<i ;)
         ,ミ三ミア  \ ア            |[::::|    | / |
        く;:し`J (_ノ ヽ,)         ノil;;;;;ゝっ (_/__ゝっ


     コ イ ツ が じ ゃ あ り ま せ ん ! !

           とりあえず少し正座しろ、な!?

 

331 :17/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:36:36 ID:CfGfg99c0



                     ・
                     ・
                     ・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           〜〜  Now  Drilling  〜〜

                ィ シ
     ただいま、医師による治療が行われております。

          (作者の脳の)治療が終わるまで、しばらくお待ち下さい。


                           8   8
                           8   8
         ∧◎ ギュィィィィ!!         8冂冂 8   分かりました
     .   ミ:: ー 彡  、          {{ l[o-oil]勹 }}  分かりましたから脳改造だけh
       ヘミ;::.  コ[ミミ>           ヽ   /
          `ミ:::.. ミ   '             | | | }} ギシギシ
           |_/i_|                 {{ [__[_]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

332 :18/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:37:19 ID:CfGfg99c0



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜再開〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇)(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇)
(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇)(〇) (〇) (〇) (〇) (〇)
(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇)(〇) (〇) (〇) (〇) (〇)
ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/
  "'"'     "''"         "'           "''"       "''"   "''"   "'"'     "''"
"'"''"'"'"''"'"''""''"''"'"'"'"'''''''"'"'''''''"'"' "'"'"''''''''"''"'"'"''"'"'"'"''"'"'"''"'"'"''"'"'"'"''"'"''"'"'"''"'"''""''"'''
___.,`,.ヽ,__`,_..,__,,__,〉,,__,ヽ.___〉__`,,_,,__,_,ヽ _,,__,_ヽ,__`,.ヽ,__`,_〜ф..,__,,__,〉,,__ヽ,____ く.,_.,ヽ.___.,`,.ヽ,__`,_..,__,,__,〉__
_ヽ,__,,__,,,__〉____.,ヽ._ `_,___〉.,_,,__,,〉,__ヽ,___,__ヽ,_____,,__,__ヽ,,___.,`,,__,,_,,__ヽ,__ヽ,___〉.,_,,   _ヽ,__,,__,,,__〉____.,ヽ._
ヽ,___.,`,.ヽ,__`,_..,__,,__,〉__,,,__ヽ,___,_〉.,ヽ __,,〉.,ヽ.___,__,,__,,,__ヽ,___.,`,.ヽ,__`,_..,__,,__,〉,,__ヽ,__,,,ヽ,___.,`,.ヽ,__`,_..,__,,__

 先ほど(作者の頭の)混線により、大変お見苦しい場面が御座いましたこと、

     深くお詫び申し上げます。 まことに申し訳ありませんでした。 (BGM:なんかクラシック)

_ヽ,___.`,.,__,,__,,,__〉 ____.,ヽ._``,_____〉,,__,,ヽ.___,__.,`,.,__,,____.,`,,__,,_,__ヽ.___,__.,`,.,__,,____.,`,,__,,__ヽ,___.`,.,__,,__,,,__〉 ____
___.,`,.,〉,___.`,.,__,,__,,,__ヽ,____く.,_.,ヽ.____,__ く.,_.,ヽ._____,`,,___..,.__`_,_,,__ く.,_.,ヽ._____,`,,___..,.__`,______.,`,.,〉,___.`,.,__,,__.,ヽ
ヽ,___.,`,,__,,__,,,__ヽ,___  ф〜く.,_.,ヽ.__,_,,__〉,,,__ヽ,____く.,_.,ヽ._____,_,,__〉,,,__ヽ,____ く.,_.,ヽ._____,ヽ,___.,`,____ヽ,___.,`,,___.
(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) () (〇) (〇) (〇) (〇)(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇)(〇) (〇)
(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) () (〇) (〇) (〇) (〇)(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇)(〇)
(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) () (〇) (〇) (〇) (〇)(〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇) (〇)(〇)
ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ |/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ ヽ|/ヽ|/
   "'"'     "''"         ''"        "''"  "''"        "''"       "''"   "''"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 

333 :19/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:38:08 ID:CfGfg99c0




   ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
   | 私たちが狂態を繰り広げていたような気がしたが、           |┐
   |                  別 に そ ん な こ と は な か っ た ぜ ! ||
   └――――――‐v――――――――――――――――――――┘|
         └――――――――――――――――――――‐v――――┘


        ☆                                 ☆
          ヽ Α_Α                           ∧∧ /
           ( ・∀-)b                        d(^д^)
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   では気を取り直して再開しましょう。そう、混線なんか無かった! そう信じるんだ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

334 :20/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:38:49 ID:CfGfg99c0




     ┌―――――――――――――――――――――――――┐
     |  ――と、見せかけて……フハハハハ、馬鹿めッッッ!!  |┐
     └――――∨――――――――――――――――――――┘|
           └――――――――――――――――――∨――――┘




                     ボッソ
                糞喰らえ!         Fack you!
              Α_Α                           ∧∧
           ( #・д)d ⊃ クル             クル ⊂ b(д゚#)
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)




       ┌――――∧――――――――――――――――――┐
       |  ┌―――――――――――――――――――∧―――┐
       └―|   お前が俺より強ぇとか百年早ぇよバーカッッ!!  |
           └―――――――――――――――――――――――┘


 

335 :21/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:39:35 ID:CfGfg99c0






                な ん で す か こ の 狂 態 は



           ∧__∧                          ∧∧
          c( # Д)っΑ_Α ゲフゥ!!  ガフゥ!! ∧∧ c(д #)っ
          ヽ ―二三)  Д).,.;;:・     ・;:;:,(д (三二― ヽヽ
               ヽ_)  /  ]つ[二>     /二二iと[::ヽ  (_/;:;:;ゝ
                  /___,ゝ            ヾ;;;;;;;;ゝ
               (__,(__,/               ヽ,ヽ,)



 

336 :22/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:40:23 ID:CfGfg99c0



                          ・

                          ・

                          ・



    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | ……君が万全でない私に全力を振るう気がない、と言うのは分かった。 .|
    |        挑発を行ってもおおむね無駄のようだ、ということもね。      |
    └―――――――――――――――――――――――――――――――┘


                   ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
                   | ああ。 さっきのが俺を乗せるためのモンだってのは分かってる。 |
                   └――――――――――――――――――――――――――――┘



 

337 :23/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:41:04 ID:CfGfg99c0





     ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     | べ、別にっ、子供たちに叱られまくって今さら取り繕ってるわけじゃないんだからねっ!
     └――――――――――――――∨――――――――――――――――――――――
                        ┌――――――――――
                        | ああ、そうだとも……
                        └―――――∨――――


               |
       ガミガミガミガミ    /  ホントナンダカラネッ!
         ∧∧  ∧__∧             ∧∧     Α_Α 涙デ前ガ見エナイヨ…
        (# д)( # д) ―‐     (*///)  (дT ;)
         ,ミ三ミア  \ ア            |[::::|    | / |
        く;:し`J (_ノ ヽ,)         ノil;;;;;ゝっ (_/__ゝっ

 

338 :24/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:42:34 ID:CfGfg99c0



    ┌――――――――――――――――――――――┐
    | ともあれ、やれやれ……決着はまた持ち越しか。  |
    |      今回の遭遇は、絶好の機会だったんだが。 |
    └――――――――――――――――――――――┘

                   ┌―――――――――――――――――――┐
                   |  仕方ねぇな。 ……それまでに死ぬなよ?  |
                   └―――――――――――――――――――┘

            ┌―――――――――――――――――――――――┐
            |  ふふ。 君は一体、私を誰だと思っているんだい? |
            └―――――――――――――――――――――――┘






         \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
          ≫                                   ≪
         ≪    ちょっと!! 二人とも聞いてるんですかッッ!!    ≫
          ≫                                   ≪
         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
              

                    ┌────────────────┐
                    |┌――――――――――――――――┐
                    └| い、いやその……も、もちろんっっ!.|
                      └――――――――――――――――┘


 

339 :25/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 05:43:16 ID:CfGfg99c0





      でも君、敵だけどすごく気が合うね!

                ホントに! 敵なのが残念でしょうがないよ!!


                     ガシッ!!
                     ∧∧   ∧__∧
                 (*・∀)  (∀・*)        <<;)  <<i ;)
                  ,ミ三ミつと \  |          |[::::|    | / |
                    く;:し`J  (_ノ ヽ,)       ノil;;;;;ゝっ (_/__ゝっ



   【どうしようもない】 ひょんなことから友達ができました 【保護者たち】



                                                    つづく


 

340 :25/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/10(月) 06:05:17 ID:CfGfg99c0
>>330誤字訂正



      はいちょっと二人ともそこ座って下さい!

        そもそも二人ともこのスレの話の方向性ってものを分かってんのか!?


         というか大人として恥ずかしくないんですか、こんな意地の張り合い!

           子供の僕らが見て「コイツら子供っぽすぎだろ」って思うとかどうよ!


                          で、でもコイツが……

         ∧∧  ∧__∧
        (# д)( # д)        <<;)  <<i ;)
         ,ミ三ミア  \ ア            |[::::|    | / |
        く;:し`J (_ノ ヽ,)         ノil;;;;;ゝっ (_/__ゝっ


     コ イ ツ が じ ゃ あ り ま せ ん ! !

           とりあえず少し正座しろ、な!?

 

341 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/05/10(月) 16:59:59 ID:xf7u3qlf0
決着が付かないとは思ってたが予想外の終戦w
ジャス可愛いよジャス

342 :1/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:00:54 ID:Ad7NeniQ0









        ┌――――――――――――――――――――┐
        |  そ、それで、そこからさき、どうなったっ!?  |
        └――――――――――――――――――――┘








 

343 :2/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:01:36 ID:Ad7NeniQ0



:ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|   <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
|;:ilヾ \ |::;ii| ,   ヾ;ゞ ゞ''ノ┌――――――――――――――――――――――――
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ| | どうもこうも……モララー族の捜索隊が迫ってたからな。
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii| |  オルジさんが来て、知らせて貰った時点で逃げたよ。
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii| └――∨―――――――――――――――――――――
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,
     "'''''''''"               '""'''""'"""
 ,..,.,.,.,、                   ∧∧          {:`Y´::::}
           ''''""'"'''""" (,,゚Д)___       ミ゚д゚*彡
;;;ゝ);;));ヾ;;)              |[:::G'XX|        GG::::ミ8       ,..,.,.,.,、 
))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ      ==「|i;;;;;;;ゝxX|        ミ:|::::::::ミ 8
;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)  ijww し`J  ̄        し' ヽ,) ミ    """~"  
ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))                  ,..,.,.,.,、

 

344 :3/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:02:29 ID:Ad7NeniQ0



   ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
   |  奴も俺と全力で戦るのが無理だと分かって、『春の戦でまた』ってな。 |
   └――――――――――――――――――――――――――――――┘
                                    アリャ、私情デ情報漏ラシテクレタナ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ┌───────【友達とのお別れ】―――――┐
         ↓                                 ↓
                   ξ               ξ          ・・・・
                    Α_Α              ∧∧              /ヽ_ ヘ
          ∧__∧   ( ;-∀))           (`(Д-;)     ∧∧        (く_ ゚  )
        ( ・∀)')  |  / `/            ヽミ三ミ  (`(∀・ )        (    〉
        |  \ /   ノ__/__ゝ           =「ノ;;;;;i;;ヽ   ヽミ三ミ、   =====ノ   G==X三>
        (_ノ ヽ_)  (__)_)              し`J;:;:ゝ  し`J;:ゝ       (_ノ ヽ_)

                ↑                ↑               ↑
                └―― 【不完全燃焼】 ――┘        【昔の因縁に思う所あり】


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


           ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
           |  それだけでも、すごいぞ! うららーどは、ふさぞくでもしってるゆうしゃ! |
           └――――――――――――――――――――――――――――――――┘

 

345 :4/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:03:09 ID:Ad7NeniQ0



   ┌―――――――――――――――――――――――――┐
   |   いくつものぶぞくのゆうしゃを、 けっとうでたおしてる!   |
   └―――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





                 /■\                          Α_Α  
            ( # д )                       (∀  )
           ===G==G=======X三>       <三X======G===G==== 
            | | |                          ノ__/__ゝ
            (__)_)                          (_/、_) 


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                ┌―――――――――――――――――――――――┐
                |  そんなゆうしゃと、ごかく! いいおとこ、つよいな! |
                └―――――――――――――――――――――――┘


 

346 :5/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:03:53 ID:Ad7NeniQ0



"ヾ;" ; ヾ  ;"ヾ ; ;ヾ ;ヾ;"  ";ヾ ;"    /ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ   ";; ;ヾ ;ヾ" ;;
"" ;ヾ ;";*"ヾ;";ヾ ;ヾ__ ;;"ヾ ;ヾ; " ;ヾヾ "//  ;ヾ    ";ヾ ; ;ヾ ;ヾ ;ヾ ; ヾ
;"ヾヾ;"ヾ ;ヾ;"ヾ;;"*ヾ;\\  ;"ヾ ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾヾ ";ヾ" * "; *  ;ヾ" ; ;;ヾ
""" "ヾ *;ヾ *;" ;";ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;  ;"ヾ    ;ヾ; " ;;ヾ 〃";ヾ ;ヾ" ;ヾ ;ヾ  ";;ヾ ;ヾ
" *"" "ヾ* ;ヾ ;ヾ;" ;;" ;"ヾ __ ;;"   ";ヾ* ;ヾ  ;"ヾ *; ;ヾ ;ヾ"  ; / "; ;ヾ ; ;ヾ ;"
" ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ* ;" ";ヾ ;"  ;ヾ ;ヾ * 〃 ";ヾヾ ;ヾ "  " *; ; *; ;ヾ ;ヾ";
"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/┌――――――――――――――――――――――――
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;| そんな大したもんでもねぇが……っと、ここでいいか? 
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "    └――――∨―――――――――――――――――――
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"          ┌――――――――――――――――――――――
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ/            | そう。てつだってもらうのは、これのかわはぎだ!
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::,:|                └―――――――――∨――――――――――――
            |iiii;.iii.;;;:_ _. :|
            |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;:;::::|              ∧∧            {:`Y´::::}
             |iiiiii;iii;;;;i;;: :::..|                 (,,゚Д)__           ミ゚ー ゚*彡
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;::::::|               |[:::G'XX|       Gミ:ソノ:::ミ8
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:i;:::|           ==「|;i;;;;;;ゝXx|         ミ:|::::::::ミ 8
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|                し`J  ̄          し'`J  ミ
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"


 

347 :6/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:04:39 ID:Ad7NeniQ0



   ┌――――――――――――――――――――――┐
   |   にぃとしょぼくれがお、ゆみづくり、いそがしい!  |
   └――――――――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                          /ヽ  ギギギ…
                   ∧,,/`/  l| }}
        ∧_,,∧        ミ;/::]つ―Ol>
        ( ´・ω)        ≡[ミ:::ノ::ヽ  l| }}
      ( O  O           ミ:::::|::::`、ノ
     ( ̄__)__)            し'`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''´''"''
   `´"                  、Yii
          ,,w、                         ''"^´       、|ノ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

      ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      |   つりめえらはりびと、どこかいってる!  でもこれ、おとこで、ひつよう!   |
      └――――――――――――――――――――――――――――――――┘


 

348 :7/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:05:23 ID:Ad7NeniQ0



"ヾ;" ; ヾ  ;"ヾ ; ;ヾ ;ヾ;"  ";ヾ ;"    /ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ   ";; ;ヾ ;ヾ" ;;
"" ;ヾ ;";*"ヾ;";ヾ ;ヾ__ ;;"ヾ ;ヾ; " ;ヾヾ "//  ;ヾ    ";ヾ ; ;ヾ ;ヾ ;ヾ ; ヾ
;"ヾヾ;"ヾ ;ヾ;"ヾ;;"*ヾ;\\  ;"ヾ ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾヾ ";ヾ" * "; *  ;ヾ" ; ;;ヾ
""" "ヾ *;ヾ *;" ;";ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;  ;"ヾ    ;ヾ; " ;;ヾ 〃";ヾ ;ヾ" ;ヾ ;ヾ  ";;ヾ ;ヾ
" *"" "ヾ* ;ヾ ;ヾ;" ;;" ;"ヾ __ ;;"   ";ヾ* ;ヾ  ;"ヾ *; ;ヾ ;ヾ"  ; / "; ;ヾ ; ;ヾ ;"
" ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ* ;" ";ヾ ;"  ;ヾ ;ヾ * 〃 ";ヾヾ ;ヾ "  " *; ; *; ;ヾ ;ヾ";
"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/┌――――――――――――――――――――――――――――
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;| 分かった分かった。 ……ホロケウには上手く言っといてくれよ?
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "    └――――∨―――――――――――――――――――――――
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"          ┌―――――――――――――――――――――――
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ/            | そのへんは、もんだいない! にぃは、おおらかだ!
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::,:|                └―――――――――∨―――――――――――――
            |iiii;.iii.;;;:_ _. :|
            |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;:;::::|              ∧∧            {:`Y´::::}
             |iiiiii;iii;;;;i;;: :::..|                  (;^Д)__         ミ゚ー ゚*彡
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;::::::|               |[:::G'XX|       Gミ:ソノ:::ミ8
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:i;:::|           ==「|;i;;;;;;ゝXx|         ミ:|::::::::ミ 8
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|                し`J  ̄          し'`J  ミ
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"

  ※……原始社会で未婚の男女が一緒にいると、恋愛関係にある、と見られやすい。
        この場合、ギコは「アシルをたぶらかした!」などとホロケウに誤解されることを懸念している。

 

349 :8/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:06:05 ID:Ad7NeniQ0


      アッニ
   1.オヒョウの木の皮の一部を剥ぎ取り、口で噛んで柔らかくする。


"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "   
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"    
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ/       
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::,:|         
            |iiii;.iii.;;;:_ _. :|
            |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|          ムグムグ…
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;:;::::|      ∧∧        {:`Y´::::}
             |iiiiii;iii;;;;i;;: :::::i     (,,゚〜゚)      ミ゚〜゚*彡
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;:::/|/二二iと[:::[:::]つ      ミ:ソノ:::ミ8
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:i;`|     ノ;;;;i;;;ゝ       ミ:|::::::::ミ 8          
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|       し`J         し'`J  ミ        
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"

                               __
                           |XXX|ヽ
                           |XXX|_/
                        ''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"

350 :9/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:07:38 ID:Ad7NeniQ0



   2.手で内皮から出たぬめりを見る。ぬめりの少ない木のみを使う。


"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ/
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::,:|
            |iiii;.iii.;;;:_ _. :|
            |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;:;::::|      ∧∧        {:`Y´::::} ゴウカク!
             |iiiiii;iii;;;;i;;: :::::i     (,,゚Д) .       ミ゚ー ゚*彡
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;:::/|/二二iと[:::[:::つ      dミ:ソノ:::ミ8
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:i;`|     ノ;;;;i;;;ゝ       ミ:|::::::::ミ 8
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|       し`J         し'`J  ミ
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"

                               __
                           |XXX|ヽ
                           |XXX|_/
                        ''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"

351 :10/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:10:35 ID:Ad7NeniQ0


     3.木に鉈で切れ目を入れる。


"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/┌―――――――――――――――――
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;| それで、これは何にするんだ――?
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "    └i/――――――――――――――――
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"          ┌―アットゥシ―――― アッニ ――――――――――――――
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ/            |  織物にする! オヒョウの靱皮、すごく滑らかになる!
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::,:|                └――――∨―――――――――――――――――――
            |iiii;.iii.;;;:_ _. :|    ( ん? 樹木を材料にした布って確か…… )
            |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|      O
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;:;::::|  /i 。            {:`Y´::::}
             |iiiiii;iii;;;;i;;: :::::i (。 。,,> ソリャ!       ミ゚ー ゚*彡
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;::<三二――           GGノ:::ミ8
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:i;`|  ノ;;i;;;;;;ゝ            ミ:|::::::::ミ 8
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;| (_/ ヽ,)             し'`J  ミ
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"

                               __
                           |XXX|ヽ
                           |XXX|_/
                        ''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"

352 :11/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:11:52 ID:Ad7NeniQ0



    4.全力で樹皮を剥ぎ取る。大の男が満身の力を込めないと駄目なレベルの重労働。


"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ/    ( そうだった、そうだったよ!? なんで忘れてたんだ俺――ッ!? )
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::,:|       O
            |iiii;.iii.;;;:_ _. :|      o
            |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|     。
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;iヾ \∧∧;  ンギギ…!
             |iiiiii;iii;;;;i ;;| |G(皿゙;);
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;| | ;`G:::::/;
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:ヾ|と;;;;;;;ゝ;
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;| ;(_/;
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
                                    {:`Y´::::}
                               __       ミ゚*彡iiミ
                           |XXX|ヽ     ミ::::::::8::ミ
                           |XXX|_/    ミ::::ミO80
                        ''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''彡"''"

353 :12/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:12:33 ID:Ad7NeniQ0



     5.重労働。


"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ/
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::,:|
            |iiii;.iii.;;;:_ _. :|
            |iiiiiii;;;;;;((,,/ヾ\
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;i | \\  ;∧∧;  ンギギギギ…!!!
             |iiiiii;iii;;;;i ;;| |   \\;(;゙皿゙);
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;| |   `GG[:::::/;
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:ヾ|    ;/;;;;;;/_);
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|   ;(_/;
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
                                    {:`Y´::::}
                               __       ミ゚*彡iiミ
                           |XXX|ヽ     ミ::::::::8::ミ
                           |XXX|_/    ミ::::ミO80
                        ''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''彡"''"

354 :13/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:13:35 ID:Ad7NeniQ0



     6.ひたすら重労働。


"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ 、\
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::// \\
            |iiii;.iii.;;;:_ _.| |   \\
            |iiiiiii;;;;;;((,,/ |    \\        ギ、ィィィ…!
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;i |       \\  ;∧∧;
             |iiiiii;iii;;;;i ;;| |         \\;(゙皿゙il);
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;| |        `GG::::::);
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:ヾ|        ;く;と[;;/;
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|        ;(/;
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
                                    {:`Y´::::}
                               __       ミ゚*彡iiミ
                           |XXX|ヽ     ミ::::::::8::ミ
                           |XXX|_/    ミ::::ミO80
                        ''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''彡"''"

355 :14/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:14:38 ID:Ad7NeniQ0



   7.ちぎれる時は突然ちぎれるので、要注意。


"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; \人/;ヾ;"
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ<  > ブツンッ!!
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;:::://'Y'\
            |iiii;.iii.;;;:_ _.| |       iヽ
            |iiiiiii;;;;;;((,,/ |       \\
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;i |            \\___  ∧∧
             |iiiiii;iii;;;;i ;;| |            `ー〜〜ヽ_`(Д il)  ウォァ!?
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;| |        ―二三   `GG[::::)
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:ヾ|              と[;;;;;;;;/
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|               (/
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
                                    {:`Y´::::}
                               __       ミ゚*彡iiミ
                           |XXX|ヽ     ミ::::::::8::ミ
                           |XXX|_/    ミ::::ミO80
                        ''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''彡"''"

356 :15/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:15:19 ID:Ad7NeniQ0



    8.斜面でのこの作業で、ごく稀に 死 者 が出ることも。ホント原始は地獄だぜ、フーハハハー


"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; /、;ヾ;"
            yi,iiiii;";ヾ :ヾ//`i
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;:::://                    ┏━━━━━━━┓
            |iiii;.iii.;;;:_ _.| |                          ┃柔術 ・ 後ろ受身┃
            |iiiiiii;;;;;;((,,/ |                         ┗━━━━━━━┛
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;i |
             |iiiiii;iii;;;;i ;;| |                       アッ、ブネ…!?        /ヽ
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;| |                            /i     ヽ \
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:ヾ|                       (ヽ (д ;>      〉 /
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|                       と[;;;;;;;;;;;;;;〈つー-〜〜'/
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''/Y´`Y´`Y\`'"^´''"''"'"
                                    {:`Y´::::}        バンッ!
                               __       ミii彡*゚ミ
                           |XXX|ヽ     ミ::∞::::ミ
                           |XXX|_/    ミ::::ミO80
                        ''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''彡"''"

357 :16/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:16:40 ID:Ad7NeniQ0




     9.この作業を繰り返す。




     ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
     |   たいへんだけど、かわ、もっとひつよう!  もうすこし、がんばれ!   |
     └――――――――――――――――――――――――――――――┘




            ┌――――――――――――――――┐
            |   マジで泣きたくなるな、 オイ……   |
            └――――――――――――――――┘





 

358 :17/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:18:46 ID:Ad7NeniQ0



     10.四分の一ほど樹皮を採取した上で、樹皮に帯状に採取した樹皮の一部を巻き(※)、終了。



"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;*/
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;" "ヾ ; " ";;
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / "
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; /、;.┌――――――――――――――――――――――――――――
            yi,iiiii;";ヾ :ヾ// : | 「きのかみさま。 あなたのころもを すこしだけもらいました。
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;:::://   |   じかんをかけて、 ゆっくりとその ころもを なおしてください。」
            |iiii;.iii.;;;:_ _.| |   └―――∨――――――――――――――――――――――――
            |iiiiiii;;;;;;((,,/ |  
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;i |        {::::`Y´:} ナモナモ
             |=======∞|         ミ゚*彡iiミ
              |iii;;iiii;.: ;:,;;;| |        ミ::::::::8::ミ   (なるほど、樹皮を全て剥いだら枯れちまうからな……
                |iMiiii;;;ii:i;;:;i:ヾ|         ミ :::::::8ミ     O   ああして加減して、年ごとに再生させるのか)
             ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|          し'`Jミ    o
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`""∧∧。  "^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
                              ,--、c(゚,,  )  原始ノ知恵ダナ…
                               _彡三と[:::::::::|
                           |XXX|ヽ ノ;;;;;;;;ゝ
                           |XXX|_/  し`J
                        ''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''""''"


            ※……風などで剥いた周りの樹皮がめくれ上がり、木へのダメージが大きくならないように。

 

359 :18/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:19:28 ID:Ad7NeniQ0








        ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
        |  いいおとこ! こんかいは、たすかった! いつか、おれいする!  |
        └―――――――――――――――――――――――――――――┘





                   ┌――――――――――――――――――┐
                   |   おう、 あんまり期待せず待ってるぜ。   |
                   └――――――――――――――――――┘




 

360 :19/19 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/13(木) 02:21:25 ID:Ad7NeniQ0



                         *       ─( ゚ ∀ ゚ )─
        __,/)  *      。                 \_/
       ´ww゚;;;;ミ,,..,,                       / │ \
        ミ;::;:;::<;:;:;:;;ミ=================================、
          Y                              |
         ||            後編へ、つづく             |
          l」                              |
         ー―――――――――――――――――――'
       .::.          ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:   _,,.;:-−''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー '''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙ ',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::...
.. .. . ...  .::.. . .  .:: : :..  :::.:.:: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .:::  :: :. ...
      {::::`Y´:}                          少女移動中
    __彡*゚ ー゚ミ      ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→
   |XXミ`Gヽソ:ミ                       Now Loding…



 

361 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/05/14(金) 19:43:49 ID:Kbo+BVJ30
自民党の江藤拓衆院議員が赤松
農水相に質問。口蹄疫発生後4月30日から5月8日まで、最高責任者である赤松農水相が
外遊したことを批判している。農水相は「メキシコに行っていても、リアルタイムで連
絡を取ることができる。私1人いなかったからといて、いささかも支障があったとは理
解していない」と返答。江藤議員は「最高責任者でしょ! 何ニヤニヤしてんです
か!」と激怒している。

この動画はYouTubeなどに転載され、ニコニコ動画では13日までに再生回数13万回を
突破した。「大臣やめてください」「恥を知れ!」といったコメントが多数ついた。
(続く)
http://www.j-cast.com/2010/05/13066474.html
※動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10686926
http://www.youtube.com/watch?v=jfdrMksMMD8
※前(★1:05/14(金) 11:14:01):http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1273803241/


362 :1/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:03:15 ID:MImIczjQ0




                           「 ̄ ̄|
                 ┌─┐    ┌─┐  |
                 |  |    |  |  |
                 ┌──┘  └───┐,」 ─┘
                 └──┐  ┌─┐  |
                 |  |  |  |
                 |  |  |  |           ┌─┐
                 └─┘┌┘  |       ┌─┘  └─┐
                       └──┘       └─┐  ┌─┘
                                      ┌─┘  └─┐
                                      └─┐  ┌─┘
                                          |  |
                                      「__|  [][]┌┐
                                            _ノ,ノ 
                                             ̄ ̄



 

363 :2/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:04:10 ID:MImIczjQ0







                           |i   '      /l
                           ||  /    ('(Д ;>
                           | し'/ /  (⌒  つ[二二>
                    Α_Α          /     (__/
                (   ∀)GG[二二> < ―‐‐ '
                   /    /      , ⌒ヾ\
                    /___〈     '       、
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W

364 :3/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:05:03 ID:MImIczjQ0





               オッ…?
                        |                γ⌒ヽ
                   Α_Α              li   γ⌒ヽ
                (   ・∀) ―           ゝ、_..ノli   γ⌒ヽ    ザッ!
                   /    ヽ                  ゝ、_..ノli  ∧__∧
                    /___/_)G[二二>               ゝr(д・; )G[二二>
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W



             ――ずいぶん、器用な動きをするようになったじゃないか。


 

365 :4/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:06:38 ID:MImIczjQ0





                        \__人__人__人__人__人__人__人__/
                         ≪  まだまだぁ――ッッ!! ≫
                         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\



                   Α_Α            ___   __ _ 
                (   ・∀)            ∧__∧=− _______
                   /    ヽ       <二(д # )、=── −=──  _ ___
                    /___/_)G[二二>  ヾ\ヽ   ノ =─  ̄ ̄ __ ̄ ̄ ̄
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W



             精神面での立て直しも早い。 うん、これは――

 

366 :5/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:07:49 ID:MImIczjQ0



       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                   __      __
                   \   >―‐<  /
                      V     V,,.____
                         |      jヾ/::::ヽ、,,,
                      ヽ  _'_  ム/:::::::::::∨/`ゝー....、
                        `ー//´::::::::::::::::j//:::::::::::::ヽ
                             /::::::l!::::::::ヽ::ヾ::!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ
                         /:::::::::j::::::::::::!:::::∧ノ´
                          ム-==¬、j;;;;/
                   r― 、  k:ノ:⌒:ヽ::/;;;く
                    レ ヽく:::::::::::::::::::!;;;;;;<
                 ,-ー/ /  ヾヽ:::::::::::j;;;;;;;;!
                   く__ ヘノ__ノ }}:}::::/L;;;;;;;:ゝ
                    `ー-く;j::j/;;ヽ:::::::::::::ヽ


       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                 やはり、“彼”を思い出すなぁ――


 

367 :6/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:08:38 ID:MImIczjQ0




                           ・

                           ・

                           ・




         まぁ、だからといって負けてやるほど私は優しくないが。



    ショーリューケン!!  ` ;, ウワァ…
             ` ’o ウワァ…
         o〉    (`  ウワァ…
         <|┐
          ノ
                                    う へ ぇ ・ ・ ・

                                円_円      ∧_∧
                                (・;\  \      (・;  )
                                |     ヽ      |   ヽ

368 :6/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:09:40 ID:MImIczjQ0





          ┌――――――――――――――――――――――――――――
          | 悪くはなかった。 君はこの方向で鍛えていけば問題ないだろう。
          └――――――――∨―――――――――――――――――――



                    Α_Α
                    ( ,, -∀)
                   〈   7 ヽ   ∧__∧
                   く___ノ、ゝ_)  r(д # ,)、
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W


          体も違えば癖も違う。 私の猿真似になっても意味が無い。


 

369 :8/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:11:01 ID:MImIczjQ0







                    Α_Α   ,   パンッ!
                    ( ,, ・∀)ミ//
                   〈   7 ノ  て __∧
                   く___ノ、ゝ  (д # ,)')
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W



       そういう意味では、あの二人に遭ったのは良い刺激になったようだなぁ。



 

370 :9/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:11:52 ID:MImIczjQ0








         Α_Α
         (∀- ,, )')               ケッ!!
         /, 7  ノ            ∧__∧
        =(く_/、__,ゝ〉            (,# д)、
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W



        しかしこのやりとりも、もう恒例だ。 まぁ、これもまた――



 

371 :10/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:14:32 ID:MImIczjQ0



        ┌――――――┐
        |  ……なぁ。 |
        └――――――┘
                ┌――――――――┐
                | ん、なんだい?  |
                └――――――――┘


                  ――おや、話しかけてくるとは珍しいじゃないか。


       ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
       | アンタ……なんであの時、あの二人を見逃したんだ?        |
       |  その気になれば、あの状況でも勝ち目、あったんじゃないか?   |
       └――――――――――――――――――――――――――――┘


                       ああ、そのことか。……まぁ、勝ち目が無いとは言わないが。


                ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
                |  僕たち子供の制止なんて、つまるところ、ただの口実だろ?       |
                |   ……アンタさえその気なら、邪魔なんてあっさり斬り捨てられる。   |
                └―――――――――――――――――――――――――――――┘

                           やれやれ。 なんと説明したものかな?


 

372 :11/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:16:18 ID:MImIczjQ0




  ┌―――――――――――――――――――――――――――
  | ――君ももう、ほとんど大人だ、と判断して話すことにしようか。
  |  私個人として、あそこで決着をつけたい気持ちは無論あった。
  └――――――∨――――――――――――――――――――
                  ┌―――――――――――――
                  | なら、なんで見逃したんだ?
                  └―――∨―――――――――
        ┌―――――――――――――――――
        | 部族全体として考えた場合の判断さ。
        └――∨――――――――――――――
                   ┌― モーラ ――――――――
                   | 僕たち全体として――?
                   └―――∨―――――――‐

         Α_Α
           (   -д)           ∧__∧
         /, 7  ヽ          (д・  )
        =(く_/、__|_)            |\  ヽ
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W

373 :12/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:17:21 ID:MImIczjQ0



    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  彼を見ただろう?  頭の巡りは早く、多くを知り、かつ私に張り合えるほどに強い。  |
    └――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

          ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
          |  実に優秀だ。――故にこそ、彼は非合理な手を打たないだろう。  |
          |   恐らく合理的に、部族間の問題に対しても対応していくだろうね。  |
          └―――――――――――――――――――――――――――――┘

       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                      ___ __ ____  
                      \   /      ヽ   /
                        \      __, ' ,/
                          〉 ー  イ_リ !、
                    _...-::´Λ  '  _.へ`::: 、
                   r<::::::::::/::|:::.、ーr'    \::::\_
                 /:::::::l:::::::::::::::\`IエL>、    >ヘ::Λ
                 |::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::|・:::::::`ー/::::::V:::|
                 〈:::::::::::::::::;;::-¬-−―-、:::::く:r 、::::::::V::}
                /:::::::_ン´:::::::::::::\,___, ィ ):::::::`く:::::::::ヘ|
             二二二二二二二二二二二二二二二二二二

       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              ┌――――――――――――――――――┐
              |   つまり、 彼の行動は―― 読 め る 。   |
              └――――――――――――――――――┘

    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | 今後、戦っていくにしろ和を結ぶにせよ、敵側に彼がいるのは一種の利点なんだ。       |
    |  ……愚かな味方が100人いる戦いよりも、私は敵手として彼がいる戦いを選びたいね。 |
    └――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

 

374 :13/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:18:02 ID:MImIczjQ0




  ┌――――――――――――――――――――――――――――――
  | 少なくとも、非合理な手を出さない分、論理的に展開を考えやすい。
  └――――――∨―――――――――――――――――――――――
                  ┌―――――――――――――
                  | ……色々、考えてるんだな。
                  └―――∨―――――――――
        ┌――――――――――――――――――――――――
        | ただ、彼が全力を出さない、と宣言したことも大きいよ。
        |   そうでなければ、恐らく私情を優先していただろうから。
        └――∨―――――――――――――――――――――



         Α_Α               ・・・・
           (   -д)           ∧__∧
         /, 7  ヽ          (д・  )
        =(く_/、__|_)            |\  ヽ
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W


   シャタッフ          ルーリエ
    戦士 であること。 里長 であること。 夫であること。 父であること。

       ……やれやれ。 昔はすっきりしていたというのに、今は随分と色々なものが相反している。

 

375 :14/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:18:54 ID:MImIczjQ0




  ┌――――――――――――――――――――――――
  | そろそろ、エーゼリンが食事の準備を済ませるころだ。
  |  ……今日の自主練は、早めに切り上げるんだぞ。
  └――∨―――――――――――――――――――――


      Α_Α
      (∀- ,, )')                     コク
      /, 7  ノ                 < <  )
     =(く_/、__,ゝ〉                 |\  ヽ
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W



      ――だが、何故だろうな。 これが意外と、悪い気分ではないのは。


 

376 :15/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:19:38 ID:MImIczjQ0



                           ・

                           ・

                           ・


                         *       ─( ゚ ∀ ゚ )─
        __,/)  *      。                 \_/
       ´ww゚;;;;ミ,,..,,                       / │ \
        ミ;::;:;::<;:;:;:;;ミ=================================、
          Y                              |
         ||         「草木布作成、後編」         |
          l」                              |
         ー―――――――――――――――――――'
       .::.          ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:   _,,.;:-−''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー '''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙ ',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::...
.. .. . ...  .::.. . .  .:: : :..  :::.:.:: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .:::  :: :. ...
      {::::`Y´:}                          少女移動中
    __彡*゚ ー゚ミ      ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→
   |XXミ`Gヽソ:ミ                       Now Loding…


 

377 :16/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:20:50 ID:MImIczjQ0



    11.剥がしたオヒョウの樹皮のうち、靱皮のみを分け、重石をかけて沼に漬ける。(※)



''"''"''''"''"''"'~"''^^^''"'''::----::'''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜''"^^^'"''
''"'''''::----::'''''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''"''"'~"''"''::---::'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii llii !!ii ii i!!l llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ||||ii!!liii!lli
wWiijiijwWWjwwjjiijijiwWjijjiijWWwjiijijijwwWWwjiiiijijiwwWWWwjiijijijwwwWWw

      .,,.、,、,,,从仆ミ           Wiiw      '~'~`    `"'~
                ,,、,,、     ,,、,,、      Wiiw
  ,,::::,,::::::::::::::::::;;;,,::::,,:::::::::::::.........        ,.、,.、          ,.、,.、
"゙゙~  ~゙゙"''''''"゙゙~  ~゙゙"''''''::;;、,,::::.
 ゙~     ::    ::   ゙~   ゙':;::::    Wiiw         ~`"''~
  ::            ::    {:`Y´::::}                     ..,,..
     ゙~     ::  ,-=、≡、ミ゚*彡iiミ          `"'~  wWWw
      ::       `ミ三彡とミ::::::::8::ミ  ,,、,,、     ,,、,,、
  ::        ::    ::   :;'::::ミ::::ミO80                ,,、,,、
゙~       ::   ゙~     ゙;;.,:::   彡 :::..  __ 
    ::           ::  ~゙゙"''i;、::::      |XXX|ヽ   ~`"''~   iiwiiW
 ::         ::          ;i;、,:::: iiwii |XXX|_/
     ゙~      ::   ゙~     "'';;..,,::::             `"'~
 ゙~    ::           ::     ゙゙"''::,,:::: ,,、,,、     ,,、,,、     Ww

          ※……この際、沼の底につく部分だけが腐るので、柳の枝などを先に沼底に敷く。

 

378 :17/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:21:38 ID:MImIczjQ0



      12.上下を入れ替えながら十日ほど様子を見る。


''"''"''''"''"''"'~"''^^^''"'''::----::'''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜''"^^^'"''
''"'''''::----::'''''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''"''"'~"''"''::---::'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii llii !!ii ii i!!l llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ||||ii!!liii!lli
wWiijiijwWWjwwjjiijijiwWjijjiijWWwjiijijijwwWWwjiiiijijiwwWWWwjiijijijwwwWWw

      .,,.、,、,,,从仆ミ           Wiiw      '~'~`    `"'~
                ,,、,,、     ,,、,,、      Wiiw
  ,,::::,,::::::::::::::::::;;;,,::::,,:::::::::::::.........        ,.、,.、          ,.、,.、
"゙゙~  ~゙゙"''''''"゙゙~  ~゙゙"''''''::;;、,,::::.
 ゙~     ::    ::   ゙~   ゙':;::::    Wiiw         ~`"''~
  ::            ::    {:`Y´::::}                     ..,,..
     ゙~     ::  ,-=、≡、ミ゚*彡iiミ          `"'~  wWWw
        ::     バチャ `ミ三彡とミ::::::::8::ミ  ,,、,,、     ,,、,,、
  ::        ::   。j;i ;:i;し゚:::ミ::::ミO80                ,,、,,、
゙~       ::   ゙~     ゙;;.,:::   彡 :::..  __ 
    ::           ::  ~゙゙"''i;、::::      |XXX|ヽ   ~`"''~   iiwiiW
 ::         ::          ;i;、,:::: iiwii |XXX|_/
     ゙~      ::   ゙~     "'';;..,,::::             `"'~
 ゙~    ::           ::     ゙゙"''::,,:::: ,,、,,、     ,,、,,、     Ww


 

379 :18/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:22:21 ID:MImIczjQ0




     13.靱皮が程良く薄く、剥がれやすくなったら沼から引き上げる。









            ┌――――――――――――――――┐
            |  ……よし。  こんなもの、だな!  |
            └――――――――――――――――┘











 

380 :19/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:23:10 ID:MImIczjQ0



       14.川で泥とぬめりを落として、乾燥させる。


                             ┌―――――――――――
                             |  ……あとは、ほす!
                             └――――‐v――――――

           i      ゙゙' ;; ,.;.;.;..;..;:.,.,..;:..:        ,;:.;.:,;
     /    :      ヽ    "',;.:.::.;.;.;.   .;.;..;..;:.,.:.;:.,.,;   {:`Y´::::} キヨラカ!
                      ''ii,:;.;,; .:.::;.:.;.;.;.:;.,;;.;.;..;.;. + ミ。 。*彡
         |              "'w..;:.,.,:.;.;.;..;:,;.:.::; ;. G-=≡と:ミ8
                    \    "-;;、,,:,;.:.::;. .;.;. + `ミ三彡:::ミ8
             l              "Wi;;..;..;:..,;.;.+ * し'`J ミ
                   ヽ         "ゞ、;;_  .:;.,;:.;.;..;.__
                                 'wY:;.;.,;.:..;.::|XXX|ヽ
/         |                       iwW;.;..;..;:|XXX|_/
                            \     Y;iiW:;.:,`"'"^;:;:
                                     iiwY.:.;.;.;
       i            ヽ                 wW..;..;

 

381 :20/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:24:17 ID:MImIczjQ0




       15.湿らせて、指先で裂いて縒って糸にする。





                                     〜〜♪
                                    {:`Y´::::}
                                   ミ゚ー ゚*彡O    __
                            ,三ミ)――一'     |XXX|ヽ
                                ,`=G' ミ:::ミ::::::ミつ8彡   |XXX|_/
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'


 

382 :21/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:25:01 ID:MImIczjQ0





       16.これを大量に行う。オヒョウの木15本で、だいたい一着分。









          ┌―――――――――――――――――――――― アットゥシ ――――┐
          | やれやれ。……そろそろ、つきがひとめぐり。 やっと織物ができる! |
          └―――――――――――――――――――――――──────―┘









 

383 :22/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:26:10 ID:MImIczjQ0



    17.糸を布として織りあげる。一人分を織り上げるのに10日ほど。


    ┌―――――――――――――――――――――――
    | ペルの おしえてくれた おりかたと どうぐ いいな!
    └――――∨―――――――――――――――――――
  ┌――――――――――――――――――――――
  | やだもう、照れちゃうじゃないっ。 もっと言って!
  └――――∨―――――――――――――――――

       "゙ "゙"   "゙"゙ "゙ ∧∧ フフ… '''""         ;;'''""
                   (゚ー゚*)/  /  /. _    .:;;:. :..
" ゙"゙"         ゙"゙"゙"゙"  | つ、二/二/>|;;:|      ,.vVw,   .:;;:. :..
                     (.つ/0 /  /  . |;;:|  .::;;  .::::  ,;;;,
,,,       λ,,λ          ,,,   ∧∧''""     ,,, .::;;  .::::  ,;;;,
       ミ*゙〜゙ミ/ ./  /. _        (゚-;;゚#)/  /  /. _    ゙"゙"゙"゙"
"        ミ つ、二/二/>|;;:| "       |;:;:つ、二/二/>|;;:|"      ,.vVw,
      〜ミつ/0/  / ......|;;:|       (;;つ/0 /  /  . |;;:|     ,,,
"゙"   ゙ "゙         "゙ "゙"                "゙" ゛  ;;; ´"'' ;;:: ,;
           {:`Y´::::}   ::::;;;  ,;;::::.       ;;; ´"'' ;;:: ,;
           彡iiミ*゚ミ/ /  /. _               ,viwハ、       
"  ::;;;;; ; ;;,   :::.   8ミ::]つ、二/二/>|;;:|  :::;;''"  ,; .;;:::..    .:::.   ..:::  ;;;;, :::"´ 
         彡8と:::::ミ/ミ /  /  . |;;:|             ,;;:.
    ,,.,,.          :: ,,:::::  :::::: ;;;;;; ;;   .::;;
       ,              ,,.,         .:;;:.:.              ;;,   .:::;;
     `|'


      ※……作業中の雑談は、単純作業による作業への倦怠感の発生を予防する効果と、
           集落内の情報を交換する作用があり、多くの社会の布織りでこの風景が見られる。

 

384 :23/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:26:52 ID:MImIczjQ0



    17.布を服として縫い上げる。最初にオヒョウの樹皮を剥いでから、およそ1ヶ月。


     ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
     |   やまあるきで、だめになったころもが、やっとつくろえるな!   |
     └―――――――――――――――――――――――――――┘
                ┌――――――――――――――――┐
                |  背骨山脈、険しかったものね……  |
                └――――――――――――――――┘

     ::::::::::::[ 諸悪の根源 ]:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        ,:;:;,,,,,:;,;:.;:,:;,:                           /;:;::/
                                        /;:;::;:;::|
                      ,;:,:;,:;,:;,:;,,,,:;:.....            /;:;::/|iミヽ
                                     /;:;::;/ /::|ミ|
                   /\              /;:;:;:/  |::::|ミ
                     /\/\    /\/;:;:;:/     ヽiミ/
       ∧_∧             /\/\/\ .〉;::/         `'
       ( ・∀・)→              /\     |/
                            ∧∧ /\
       ∧_∧            (il゚−゚) →/\
       ( ・∀・)→                /\
                            /\             ;:,:;,:;,;:,;  :;,;,:;
       ∧_∧                 /\ 
       ( ・∀・)→             /\     :;,:;,:;,:;,....
                         /\    
                       /\/\  

     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
        |   手軽な毛皮で色々と代用してたけど、やっと布の服が着れるのは嬉しいわね。   |
        └―――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

 

385 :24/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:28:09 ID:MImIczjQ0




    ┌――――――――――――――――――――――――――
    | けど、まぁ、まずはせんそうだ! おとこどものふく、つくる!
    └――――∨―――――――――――――――――――――
  ┌――――――――――――――――――――――――――――――
  | あ、それならね。 ギコが鉄の針も作ってくれたし、いい縫い方が――
  └――――∨―――――――――――――――――――――――――

       "゙ "゙"   "゙"゙ "゙ ∧∧ フムフム… ""         ;;'''""
                   (゚ー゚*)/  /  /. _    .:;;:. :..
" ゙"゙"         ゙"゙"゙"゙"  | つ、二/二/>|;;:|      ,.vVw,   .:;;:. :..
                     (.つ/0 /  /  . |;;:|  .::;;  .::::  ,;;;,
,,,       λ,,λ          ,,,   ∧∧''""     ,,, .::;;  .::::  ,;;;,
       ミ*゚ー゚ミ/ ./  /. _        (゚-;;゚#)/  /  /. _    ゙"゙"゙"゙"
"        ミ つ、二/二/>|;;:| "       |;:;:つ、二/二/>|;;:|"      ,.vVw,
      〜ミつ/0/  / ......|;;:|       (;;つ/0 /  /  . |;;:|     ,,,
"゙"   ゙ "゙         "゙ "゙"                "゙" ゛  ;;; ´"'' ;;:: ,;
           {:`Y´::::}   ::::;;;  ,;;::::.       ;;; ´"'' ;;:: ,;
           彡iiミ*゚ミ/ /  /. _               ,viwハ、       
"  ::;;;;; ; ;;,   :::.   8ミ::]つ、二/二/>|;;:|  :::;;''"  ,; .;;:::..    .:::.   ..:::  ;;;;, :::"´ 
         彡8と:::::ミ/ミ /  /  . |;;:|             ,;;:.
    ,,.,,.          :: ,,:::::  :::::: ;;;;;; ;;   .::;;
       ,              ,,.,         .:;;:.:.              ;;,   .:::;;
     `|'

386 :25/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:28:49 ID:MImIczjQ0




                           ・

                           ・

                           ・



      \                                       /
       \                                    /
              こんな感じ?      革で、靴、つくタ。
                     ∧∧           ∧_,,,
                    G====l(゚ー゚*)           (゚-;;゚#)
                 |::::|:::::G   )        0|ミと:::;:;:|
                 |;;∧;;;| |  |         <<;;;/|;:::;:;:)
                          し`J           し`J
    わぁ、上手い上手い!
           λ,,λ            ぬいめで、かざり、つくった!
          ミ  *゚ミ              
        /と   つ-               __{::::`Y´:} 
       /:   ミ   ミ               /メ ミ゚*彡iiミ
        |: . . . .| し`J               |メメと:::::::8::ミ
         ̄ ̄                        |メメメミ :::::::8ミ
                             `―‐'し'`Jミ

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃ アト・アスキィで織物、裁縫の技術が発達しました!
       ┃ 険しい地形への侵入が容易になりました!
       ┃ 原始的な芸術概念が芽生え始めました! l>
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                                    つづく

 

387 :19/25 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:29:36 ID:MImIczjQ0
>>380
ズレ修正




       14.川で泥とぬめりを落として、乾燥させる。


                             ┌―――――――――――
                             |  ……あとは、ほす!
                             └――――‐v――――――

           i      ゙゙' ;; ,.;.;.;..;..;:.,.,..;:..:        ,;:.;.:,;
     /    :      ヽ    "',;.:.::.;.;.;.   .;.;..;..;:.,.:.;:.,.,;   {:`Y´::::} キヨラカ!
                      ''ii,:;.;,; .:.::;.:.;.;.;.:;.,;;.;.;..;.;. + ミ。 。*彡
         |              "'w..;:.,.,:.;.;.;..;:,;.:.::; ;. G-=≡と:ミ8
                    \    "-;;、,,:,;.:.::;. .;.;. + `ミ三彡:::ミ8
             l              "Wi;;..;..;:..,;.;.+ * し'`J ミ
                   ヽ         "ゞ、;;_  .:;.,;:.;.;..;.__
                                 'wY:;.;.,;.:..;.::|XXX|ヽ
 /         |                       iwW;.;..;..;:|XXX|_/
                            \     Y;iiW:;.:,`"'"^;:;:
                                     iiwY.:.;.;.;
       i            ヽ                 wW..;..;

 

388 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/05/16(日) 22:50:48 ID:gws/SPNJ0
>>384は17じゃなくて18ですかね

389 :◆Civ.a/bGUo :2010/05/16(日) 22:53:58 ID:MImIczjQ0
おおっと、その通りです!

390 :1/21 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/17(月) 01:46:14 ID:MRDD3E/60


   今日の天気:快晴
━━━━━━━━━━━…      アニキ
                             \ │ / アニキ
                              / ̄\
                      アニキト  ─( ゚ ∀ ゚ )─
    アニキ アニキ                   \_/   ワタシ
      アニキトワタシ        γ⌒ヽr‐、      / │ \          γ⌒ヽ アニキ アニキ
           γ::⌒ヽ  (::.   ) )⌒ヽ        γ⌒ヽr'⌒ー(::. ) )  アニキトワタシ
          (:::  γ⌒(::.  ゚∀゚ (::.(  ヽ       (::.  (::. ゚∀゚ ヽ (
         (::.    r´⌒ヽ   ⌒ヽ   )       )::. γ⌒    ) )
          ヽ::           ⌒ヽ ノ       (::. (⌒     ) ノ
  俺を見てくれ─(::⌒       γ⌒ヽ (──(゚∀゚)─γ⌒      ヽ ⌒)─────!!!!!!
          (::.       ⌒(::.     )      (::. (::.     ⌒ヽノ
           (::.       (::.     )       (::. (::.       )   アニキ アニキ
.   , ⌒ヽ     (:::⌒  ⌒ヽ      ノ       r'⌒    γ⌒ヽ (     アニキトワタシ
  (:::.   '   (::.      ⌒ヽ⌒ヽノ      γ'⌒    (::.   ⌒ヽ⌒ヽ    ボディビル
   ):.    `ヽ(::.                )      (⌒     (::.  (:.      )
  (:::..    γ⌒ヽ, '⌒    ,,-‐''"´'':、,,      ヽ- 、 γ⌒ ,,_γ⌒ .::)    気温:28℃
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:.:.:.:.:_,,.;:-−''"´`゙''ー、/ヽヾ\: …━━━━━━━━━
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー '''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙ ',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:; ゙ ',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'":;、,"
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  :; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: ; ::;
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ,;''゚ ;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ;~'',;
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .:::::::... .... ..::::::::::::::::....:::.::::::..

391 :2/21 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/17(月) 01:46:55 ID:MRDD3E/60




      ┌―――――――――――――――――――――――――――――
      |  四季があることは皆から聞いていたけど……暑くなってきたわね。
      └―――――――∨―――――――――――――――――――――
            ┌―――――――――――――――――――――――――
            | 時計で測ってる限り、日照時間も長くなってるしな。
            |  そろそろ本格的な夏だ。それで、問題があるんだが……
            └――――――――――∨――――――――――――――


                   ナニ?
               λ,,λ          ∧∧
              彡;゙−ミ         (Д゚;)
                ミ   ミ          |[::::)
               ミ  ミ          ノ;;;;;;;ゝ
                し`J          し`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"


 

392 :3/21 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/17(月) 01:47:41 ID:MRDD3E/60





    ┌────────―――──────────―――――――――┐
    │  食料がどうしても足りない!  戦わずして負けそうだよ、やったね!  |
    └──────────∨───――――――――――――――――┘




       +  /\        /\    
           /  \      /  \ 
          /    ゙'----''"´    ヾ +
    +    /               `:、          ミミ       ミミ   ノし
         /     jニニコ     iニニ!  i         ミ  :ミ      ミ  :ミ    て
         |      fエ:エi     fエエ)  |         ミ   :::ミ..,,_ ミ   ::ミ   (
         |                   |        ミ         ̄`    :ミ
      + ゙、        ー――     |        ミ  iiiii           u.::ミ
          ヽ              ノ           ミ  iiiii       U   ::::ミ 
           ` ー-  ..,, __ ,,.. '          ミ            ...:::::ミ
                                     ミ           .....:::::ミ



 

393 :4/21 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/17(月) 01:48:50 ID:MRDD3E/60




   \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
    ≫                                            ≪
   ≪   笑顔で言うことじゃないでしょそれはぁあああああああああああ!?   ≫
    ≫                                            ≪
   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                                      ヤッタネ! ジャナイワヨ!!

         \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
          ≫                                          ≪
         ≪   んなこと言われたって事実は事実なんだからしょうがねーだろ!?  ≫
          ≫                                           ≪
         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                                         俺ガ何デモデキルト思ウナヨ!


         ( ああ。 ホントに平和だなぁ…… )
                 O
                  o
                  。
                      γィソハ
                     川 ゚ -)/  /  / _
                   ノ つ、三/三/.≧|;;:|
                    く_iつ/0 /  /   |;;:|
               ''"'^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"'"^´''"''"'

      【ペルしぃクリニックは】 今日も今日とて怒鳴り合い 【今日も平和です】

 
 

394 :5/21 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/17(月) 01:52:58 ID:MRDD3E/60



    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  原始時代の夏ってのは、冬よりヤバいんだよ。  ちょっと挙げるだけでも……  |
    └――――――――――――――――――――――――――――――――――┘



        1.暑くなるので動物も皮下脂肪が減る → 狩猟で得られる栄養価が減少する


                      _________
                    /              \ -、
                 ,、_,ノ                   ゙,ノ
                 `‐、_      、              |
                     r‐゙。      |       _    |
                      |iヽ   ヽ   /、_____/ヽ ノ
                  `┴─‐'´| /ノ       / ノ | /
                       (,_ノ"        `" (_ノ

                         ↓ ↓ ↓

                        げ っ そ り ・・・

                    / ̄`――――――‐'⌒\ -、
                 ,、_,ノ    i    u           ゙,ノ
                 `‐、_     J 、      u     |
                     r‐゙。 u    | i i  i  _     |
                      |iヽ   ヽ   /、ノ ノ ノ  _/ヽ ノ
                  `┴─‐'´| /ノ  ̄ ̄ ̄ ̄/ ノ | /
                       (,_ノ"        `" (_ノ



 

395 :6/21 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/17(月) 01:53:39 ID:MRDD3E/60



     2.この時期に実を結ぶ植物は少なく、また植物の繁茂などにより森へ入りにくくなる。


       ゞ;:.;;''/ /!ヾ;;ゝ;./;;:.ゞ:|iii::::|       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::ゝ:.ヾ;;'ヾ;:;;ヾ::ゞ /;;:::/     |il::
       ;;ヾ;;/ /! !::.:':/;;ヾ:ヽ;|ili::::|    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./;:';ヾ:.ゞ:;:ヾ:.ヾ,, | ./;;:::/     イ;::
       ;://// ̄ ヾ;;'';ヾ::.|ii:::::|   /''"''"゙;:;;_;::;/ヾ;;:ヾ:ヽ:ヽ;;'ゞ:〉;;ヾ ';;:::::f   /::イ;;::
       ヾ;;ヾ;.{ {ヾ;ヾ       }ili;:::|  /  ゝ;;ヾ;:,ヾゝ ゞ;;:ヾ,, |il:ヽ;;:::::::::::::!  /::/ |ii:::
       ゞヾ;ヾ{ {;:);:)ゞ   ヾili::;;;7 ./    ゞ:;ヾ;;ヾ   ゞ:;;.ヾ|il::::ヽ;;:::::::::|/;;ゞ;ヾヾィ;:::
       ゞ;'::ゞ//,,._        }lii:::::レ' (;;ヾ:.ヽ   /ヾ;:'ヽ;,.._   |li!::::::|ili:::/:::rー''ン ィ;;::::
       ;;';.ゞ//ゞ;;:.ゞ:ヽ     |lii/ ゞ;;',ゝ;:ヾ ∧::ヾ;;:ゝ;;);:ヾ  |lii::;;:::}/:::∠ -;;ヾ;ゝ.|;;:/i
       ;:.:゙;'{ {:;.ヽ,_       レ ゝ;;ヾ:.ゞ;;ゞ:ヾ  |::ii|ゝ;;:);:;ヽ,,_ }ili:レ'";;_;;;;;_::ゞ;;ヾ::ゞ |;/iili
       ::.';//;:;.:ヾ:.ヽ     /;,;.   ゞ;;';ヾ;ヽ   }::ii}  ヾ;:.>;;);;ヾ,._;;;;:::f::.:..|      |;|ilil:
       //ゞゞ;);'':ゝ   / ノ:.:.:.:.:.:.:)  /   |::ii|    ヾ;:;):;;ヾ;;ゝ::::|.:.: |  ノ;ヾ:ヾ|;|iil::
       /ゝ:.;;ゞゞ;:;ヾ;;ヾ:/  ''"'''"゙゙  ./    . |::ii|     ノ;ゝ;ヾ;);ゞ.!:.::.| ミ;;:ヾ;:':..|;|ii:::
               ヾ;/::),,.,_ ):.ヽ  /   _,,.,.,,.{::ii{,....,,_ ,,...,   |iliiヾ;)|:::.:.|,,ノ;;:.:ゞ;;ヾ||ili:::
        ,,.,,._     /:.:.:.::.:.:`:.:.:)  /   ,';;:;.:;:.:}::ii}:;:;:;;;','';::;:':., |ilili:::::::|:::.:r;;:((;;:;'::ゞ::;|ill::::
       ";;;;:.:;':;";:,,_  /:.:.:.:.:.:.:.::.:f´ /"''""'"'''""|::ii!'''""'"''"'''"|ilillil::::{::. ((;;('':;;(';;ヾ;:::}iil::::
       r;:.;;ヾ;;';:.;ヾ;ノ,,、,,.,__,.:.:.::.}  /      ノハソゝ      iliilili:::::}:.:.:.:!,,ミ;;ゞ:ヾヾ|ii:::::
       ;:;;l;;/;';,.-''"ゞ;;ヾ;;ゞ:;ヽ:.,'  !             wfノillili:::::::{ゞ";;ヾ;;ヾ::ゞミ}ii::::::
       ;;(ニ二二二二ニ)、ヽ;ヾ  !              {ililiil:::::::::::} ゞ;;ヽ::{;;《::/ii:::::::
       ノli:::lli:il!::l::l!lli::}::il!{;;';ヾゝ {Wwrrfw         ノiliWfwjivfwWWfゞ:.:ヾ::{ilii::::::::
       il i!li!::l!|lil!l:::li!::ヾ::li}    wWfjwy          wWvyrjfwWwwyWjrf/iili::::::::
       WfjwvrwfywWwwfij )^wVwfjwyw                 Wwf/iliil::::::::::

396 :7/21 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/17(月) 01:54:26 ID:MRDD3E/60




         3.暑さのため腐敗が早く、食物の保存が効かない。





                   ブゥゥゥン
                          ・つ   ∧_,ヽ
                      ⊂・      (゚Д゚;)ヽ
                              しし;:;:;;:;;:;:]つ
            '"''''"''''"''''"''''"''''i         i"'''''"''''"''''"''''"''''"''''"'
                       |    ;(;;;)8;:;;|
                      \;:;8;;;:∞;:;8/ 
                       \;・;:∞/
                          ̄ ̄


 

397 :8/21 ◆Civ.a/bGUo :2010/05/17(月) 01:55:09 ID:MRDD3E/60





            ┌―――――――――――――――――――――――――――
            | その他の諸々により、夏場の食料確保がこのままだと絶望だ。
            |  ――どう考えても、消費量が食料生産のキャパを越えてる。
            └――――――――――∨――――――――――――――――
      ┌――――――――――――――――――――
      | 種芋はまだ、来年までは期待できないものね。
      └―――――――∨――――――――――――
             ┌――――――――――――――――――――――――
             | まぁ、土台、無茶なことしてるからな。しょうがねぇ……
             └―――――――――∨――――――――――――――


               λ,,λ          ∧∧
              彡;゚−ミ         (Д-;)
                ミ   ミ          |[::::)
               ミ  ミ          ノ;;;;;;;ゝ
                し`J          し`J
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´ "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"


 

398 :◆Civ.a/bGUo :2010/05/17(月) 01:56:02 ID:MRDD3E/60
ここで次スレへ移行します。


【History】――文明のはじまり――【第十二巻】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1274028824/


 

399 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2010/05/17(月) 13:19:10 ID:bH8X1Pa80
おつ

500 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)