2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

レジェンド・オブ・ファンタジークエスト伝説を作ろうとしたんだけど

1 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:41:18 ID:JiczJV040


┌─────────
|まずは出だしから。
└──v───────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:46:04 ID:JiczJV040


                              人_人_人_人
                             <        >
                            <  !!!  >
                             <        >
                              Y⌒Y⌒Y⌒Y
           ___
             / ゙  / ゙   ヽ  /   / /              ∧ ∧ヾ
          /\   /ヽ   __ノ  ・ ・        ` ・:/⌒(Д゚'';;)))
                                  ヽ  从 从   ゝ;;,'\
       ∧ ∧ニ三三  //。                     , て;;'∴;, )))
        (,,゚−゚)――-'^) http://-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- ' ・  て/  ///
      /  , ノー―-'"゚ \゚             __´;)  ` γ ̄ ノ //
     (  <  〈                    /     ⌒Y⌒ヽ  ̄///
      ヽ__)(⌒ヽ                /  /--、,,_|   i ノ//
        ヽ  \ ヽ            (⌒ヽ  /       |  |"//
         \ ゝ⌒)             ヽ  ソ//       .| 〈
        ヾヽ\ ヾヾヾ             `-'         /  )
            ヾヾ                      (___ノ
          ) ヾ\ヾ (
           ⌒Y⌒


3 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:46:43 ID:JiczJV040


                ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
              (  …不覚…こんな子供のしぃ族がレーザーを使うとは…           )
               )  どうしてオマエのようなチビが気狂いのハレーモララー教団に…?  (
               ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜v〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'



         ∧ ∧                                _
         (,, ゚ -゚)                    ゴフッ    __,,-―'"   ヽ
        γ,  `ヽ         ::(\::            ∧ ∧`     __,   i
        /ヽ  ''ヽ \       ::ヽc_,#  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;(゚Д゚'ii)  ⌒ヽ/   /,--、
       と_/i   〈 ヽ__つ           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄";;:;:;;;;;,,ヽ、 \   / ̄  ヽ
           i y  )                     '' ;; ,---――ヽ \-―''"とノ
          |/  /                        巛クノー―――'
          |  i ヽ、
          |  |ヽ ヽ
          (__) し'


4 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:47:10 ID:JiczJV040



 ┌─────────────────────────
 |懲りない方ですね。まだハレーモララー様を愚弄しますか?
 └─────v───────────────────



                                ボシュッ  @>
         ∧ ∧                        ,    _
         (,, ゚ -゚)____ノ)               ) ∴', て‐'"   ヽ
        γ,  `  __っhttp://----------------- ' ・  て     i
        /ヽ   r'"       ヽc_,#  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;(Д"'ii)  ⌒ヽ/   /,--、
       と_/i   〈            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄";;:;:;;;;;,,ヽ、 \   / ̄  ヽ
          /ゝ、 )                  '' ;; ,---――ヽ \-―''"とノ
        /  /ヽ  \                   巛クノー―――'
        /  /  ヽ ノヽ           人_人_人_人
        / /     \ ヽ        <        >
      と__)      (⌒_)       <   !!!   >
                         <        >
                           Y⌒Y⌒Y⌒Y


5 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:47:37 ID:JiczJV040

 ┌───────────────────────────────
 |貴方も真の平和を望むのなら無駄な戦いなど考えぬように。
 |この乱れた世を正しく導けるのはハレーモララー様だけです。
 └─────v──────────────────────────────────
              (  …ちょっと待て、おまえらしぃ族はモララーに迫害されてるんだろ?
               ) しぃ王国がモララーに乗っ取られて
              (  仲間のしぃ族や国民がモララー達に虐げられているのを見て
               )  なんとも思わないのか…!?
               ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜v〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

         ∧ ∧                                 _
         (,, ゚ -゚)                  ハァハァ      __,,-―'"   ヽ
        γ,  `ヽ           __            ∧_,,,r'     __,   i
        /ヽ  ''ヽ ヽ         とc_,#  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;(Д゚';i) ⌒ヽ/   /,--、::
       と_/i   〈とノ             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄";:;:;;;,,ヽ、 \   / ̄  ヽ::
           i y  )                     '';; ,---――ヽ \-―''"とノ::
          |/  /                        巛クノー―――'
          |  i ヽ、
          |  |ヽ ヽ
          (__) し'


6 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:48:02 ID:JiczJV040


 ┌───────────────────────────────
 |仲間?あの者共と私を一緒にしていただきたくない。
 |ハレーモララー様が駆除されるのはこの世に害をなす劣った者だけです。
 |今後は中途半端な正義感で我らが道を邪魔することのないよう。
 └─────v──────────────────────────
                           ( … オマエは一体…?   )
                            ヽ〜〜〜〜〜v〜〜〜〜〜'

         ∧ ∧                                 _
         (゚- ゚ ,,)                  ハァハァ      __,,-―'"   ヽ
        γ,  `ヽ           __            ∧_,,,r'     __,   i
        /ヽ  ''ヽ ヽ         とc_,#  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;(Д゙';i) ⌒ヽ/   /,--、::
       と_/i   〈とノ ))           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄";:;:;;;,,ヽ、 \   / ̄  ヽ::
           i y  )                     '';; ,---――ヽ \-―''"とノ::
          |/  /                        巛クノー―――';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          |  i ヽ、                      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          |  |ヽ ヽ
          (__) し'                                 ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                 ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                         .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


7 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:48:54 ID:JiczJV040

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

┌───────────────────
|…と、はじめてみようかと思ったけど、

|ストーリー全部描くの長杉
|細かい設定考えるの難し杉
└──v─────────────────


   _ )ノ
 _∧)m¨)m

┌──ヘ──────────────────────────────────
|2002年※くらいにアイデアはあったものの、自分のAA力の限界越えで
|断念してた勇者モノのネタです。
|完全AA化は無理だけど、せっかくの妄想をどこにも晒す機会のないまま
|お腹の中に溜めっぱなしなのも勿体無い気がしたので、
|この際、垂れ流しにしちゃいます。

|私、秋の虫コテ、斑竈馬◆KamadO/t.cと申します。
|今後ともよろしく。
└───────────────────────────────────
※昔考えたから忘れてた部分もたくさん。今現在思い出しながら書いたので、
当時はなかったネタやキャラで埋めている場合もありますがご了承を。

8 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:50:14 ID:JiczJV040
《注意》

作品スレというより、AA作者の「こんなの考えてたけど作れそうになかったからみてー」と
いった趣旨のスレです。

そのためAAは不完全な挿絵レベルで、文字でのあらすじ説明がメインです。
しかも考えるのに挫折したり描写に力尽きたりで、保留にしている場所てんこ盛りです。

作品を鑑賞するお客様気分で見に来るとドッと疲れるスレだと思いますので、
クラスメートの自由帳の不完全な落書きネタを、本人の解説つきで見せられた時の
気持ちで見ていただくのがお薦めです。

ファンタジーの専門知識に乏しく、かっこいいヒーロー系キャラのスペックを考えるのが
苦手な作者が考えた稚拙なストーリーのメモ書き。生暖かくスルーして下さってもいいですが、
できれば、そういうのが得意な人にガシガシ意見やアイデアをいただければ嬉しいです。

意見やアイデアは、賛否両論、議論もOK。一度力尽きたネタであるので、
ご意見を伺ったところで、改良発表という形にはならないと思いますが、
自分に欠けてる部分が他の人によって満たされると、自分にとっての勉強になりますので。

汚しちゃ申し訳ない作品スレどころか
まず作者がこんな風に文字を垂れ流しをしまくってるので、
ご遠慮なく意見等書き込んで下さい!!

9 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:51:10 ID:JiczJV040
《タイトル》

◆========================================◆
   レジェンド・オブ・ファンタジークエスト伝説
◆========================================◆

(タイトル命名も他の方にアイデアご協力いただきました。略して『レジェ伝』で。)

勇者ギコがしぃ姫を助けるためにハレーモララーに挑むファンタジーです。
しぃネタ総合スレ向けに考えていたので、しぃのマタ虐の要素あり。グロ、エロ注意。

                       . .   ...::::+::゚:::.. . ..
                 ::。::.,                  
                         /M∧            
            . ..:*::. .         (^ー^*)   n'⌒)         . ..::*::. . ..
                          >゚´(⌒_) i ノ          
                        (^y⌒,ヽ \/ |         
                        rヽ   /ヽ(  ノ 
                       <《<-、 ト<、         ..:。゚:..
                      / ハ    ヽ、>            
                      /  ヽ     \
                    /           \     
          三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
           IiiiI IiiiI IiiiI IiiiI IiiiI IiiiI IiiiI IiiiI IiiiI IiiiI IiiiI IiiiI
           |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii|
           |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii|
           |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii|
       ..::..      |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii| |iii|  ..::*:::. . .


10 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:51:34 ID:JiczJV040
以下のような構成になっておりますが、作者は命名センスなさ過ぎなので、
この辺のサブタイトルもあえて単純なままにしております。

第一章 『起承転結』の『起』
      背景描写、初期勇者パーティー編成まで

第二章 『起承転結』の『承』
      ボス戦挑戦→挫折

第三章 『起承転結』の『転』
      過去や謎解明、新たな仲間と新たな敵登場

第四章 『起承転結』の『結』
      最終決戦、エンディング

11 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:52:27 ID:JiczJV040


┌───────────────────
|それではまず第一章の舞台背景説明から。
└──v─────────────────


   _ )ノ
 _∧)m¨)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

12 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:52:58 ID:JiczJV040

第一章 『起承転結』の『起』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
勇者登場、物語の背景(しぃ王国の衰退・転覆)、勇者の仲間集めあたりの話。
第一話は勇者登場からスタートするのが無難だけど、今やってるのは
設定語りということでまずは物語の背景説明から。


■ しぃ王国 ■


                   P
                     ||
                 |::|
              ∧ △|::::|
              △田.lΠl  l.△
.             |゚゚゚|二||O||二|゚゚゚|
        __〔ニニ〕 ||⌒|| 〔ニニ〕______
        __| | || 丗 || | |_____


AA世界の中で、最も美しい姿を持つといわれるしぃ族によって作られた『しぃ王国』。
しかし、何代も続くうちに国政は衰え、しぃ族のみを優遇するアフォしぃ国王・王妃の
アフォな浪費や悪政によってしぃ王国はますます腐敗していく。



《登場キャラ》

 【アフォしぃ国王】            【アフォしぃ王妃】

シィは世界のアイドル民族なんだから       ハニャニャニャーン
贅沢しても威張っても              今日もお菓子パーティーを
  許されるんダヨォ〜〜             しましょう
                           ●
    lVVl∧                  ((()))∧
    (,,゚<ワ゚)                  (゚ワ゚*,)
    / |\|ヽ                  ○iii○つ


13 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:53:54 ID:JiczJV040

アフォな国王達には二人の娘が。

《登場キャラ》

【第一王女:しぃ】

   ∧ ∧    二人の娘とは思えない、明るく優しく聡明な娘。しぃ族の中でも
   (*゚ー゚)   子供のうちから諸外国の王族から求婚されるほどの絶世の美女。
    U  |    両親は、あちこちにこの娘とのケッコンをちらつかせて金を引き出している。
          両親の悪政には心を痛めるが、大好きな両親には逆らえない。

【第二王女:ちびしぃ】

   ∧ ∧    姉のしぃとは違って、無愛想でめったに笑わない。一度頃した猫を
   (,,゚−゚)    生き返らせたことがあり、両親や周囲の人間に気味悪がられ疎まれる。
   (   )    姉のしぃはこの妹を非常に大切にしており、既に親に絶望している
          ちびしぃにとって姉のしぃだけが心のよりどころ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
しぃは王道ヒロイン。ちびしぃは昨今のアニメにありがちな感情を表に出さない
ヒロイン設定に便乗。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

14 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:54:53 ID:JiczJV040

■ 反乱分子 ■

そんなしぃ王国の内部では、このアフォ国王達から国を乗っ取ってやろうと考えてる大臣が。

《登場キャラ》

【大臣:マニー】

   円_円       効率&利益優先。その政治力を買われ、しぃ族以外の異例の大臣に。
  ¥ -∀-¥      そこそこに冷淡だが、アフォしぃ国王より裏では人望がある。
   /::::::y:::::ヽ      アフォしぃ国王を失脚させ、王族のでぃを新しい王して、
              裏で政治を牛耳ろうと企んでる。『円_円』などは被り物。モララー族。


  【王族:でぃ】

   ∧ _,,,
   (#゚;;-゚)       生まれつき知能も身体能力も低く、療養するだけの身だったが、
    U;;;; |       傀儡としてマニーに目をつけられる。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
マニー以外の政治家を考えると面倒だったので、とりあえず「王vs謀反を企む大臣」っつー
基本構造に。(でも単純過ぎて納得いってない)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

15 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:55:31 ID:JiczJV040

ところで、しぃ王国の国教はしぃ族中心とする「ハニャニャニャーン教」だったが、
貧困に喘ぐ者達の間で、異教「またーり教」が静かに浸透し始める。


【ハニャニャニャーン教】
しぃ族をAA界のアイドルと認識し、「すべての民はしぃちゃんをダッコしたいと
考えているので、しぃちゃんは何をやっても許される」という考えの下に行動する快楽主義。


【 またーり教 】
すべてのAAは平等で、それぞれを尊重しながら共に幸せになる権利があるという理想主義。
暴力は好まず、何事においても平和的解決を望む。


だが、己に対して厳格なまたーり教も、生活に鬱憤の溜まった全ての人に受け入れられた
わけではなかった。

16 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:56:04 ID:JiczJV040

■ またーり教教会 ■

時は遡り、ちょっと昔のまたーり教・某町の教会では、神父が変わった赤ん坊を
拾うというエピソードがあった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
※ストーリー詳細は第三章で。今はプロット晒しなので先に説明。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

《登場キャラ》

【またーり教神父:モナー】

     ∧_∧    貧しい人々、権威ある人々からも信頼厚い神父。性善説の人。
    ( ´∀`)    若い頃は僧侶として旅をしていたこともあり、
    (    )    人に見せる機会はないが、法力もなかなかのモノらしい。



しぃ王国にまだ二人の王女が生まれてなかった頃、「またーり教」の教会の前に
赤ん坊が捨てられる。赤ん坊の背中には灰色の翼が。
天使とも悪魔とも判断つかないその異形の赤ん坊は頃してしまった方がいいと
いう意見もあった中、モナー神父は赤ん坊を育てていくことにする。


【教会の孤児:モララー】

            生まれつき小さな灰色の羽根が生えていた少年。
     ハ ハ     モナー神父に育てられ、博愛の「またーり教」の教えを受けるが、
    (・∀・)    神父の目の届かぬところで陰険に苛められ続け、
     (  )     「またーり」の精神に疑問を持つ。ある時苛めにとうとうブチ切れたところ、
            羽根は大きなモノへと変化、、破壊レーザーみたいなのが出るようになって、
            一瞬で相手を焼き尽くしてしまう。
            庇いきれなかったモナーのところから家出をし、
            その力で周りをねじ伏せる、人を信じられないやさぐれっ子に。
            後のハレーモララー。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
2002年当時流行ってたハレーモララー、さっそく使う気満々だったけど、
武器の形状がわからなかったり、必殺技名を決めかねたりして
とりあえずの「人間」じゃなさそうな最強設定。上記の設定はもちろん、
残虐非道な悪役にそれなりの可哀想な過去をつけとく作業。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

17 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:56:47 ID:JiczJV040

■ 新興宗教・ハレー・モララー教 ■

いつの頃か「ハレー・モララー教」と呼ばれる教団が現れ、またーり教を凌ぐ勢いで
しぃ王国に広がりはじめる。神の力を持つと言われるハレーモララーの暴力での
独裁的支配であったが、ハニャニャニャーン教にのっとった自堕落な者や、またーり教に
のっとった善人ぶった奴がハレーモララーによって天の裁きを受けるというのは、
それまで苦しめられて歪んできていた者達には爽快な救いだったのかもしれない。

ハレーモララーの正体は、教会から姿を消したあの少年。
ただのならず者集団の親玉レベルの自暴自棄な異能力者モララーに目をつけ、
打倒しぃ族の土台作りに、彼を教祖に担ぎ上げたのはマニー。

モララーにとっても、今まで迫害されてた自分が、より多くの畏怖の対象となるのは快感だった。
マニーにとっては、ハレーモララーもでぃ同様、アフォしぃ攻略のための傀儡だが、
ハレーモララーは自分は神に相応しい存在で、マニーは便利な部下だと思いはじめてる。


                                           円_円
                                          ¥・∀・ ¥
                                           /::::::y:::::ヽ

 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ⊂⊃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
    ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \∧_∧/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
  <二二二二二二二二二二∧\ ( ・∀・ )/∧二二二二二二二二二二>
         \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>>⊂(    )つ<< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  <二二二二二二二二二二∨/ | | | \∨二二二二二二二二二二>
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  (_)_)   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

《登場キャラ》

 【ハレーモララーの部下:シーン】

             もともとはマニー側の人間。過去にアフォしぃ国王に血筋を侮辱されたことがあり、
             しぃ族に激しい恨みを持つ。しぃ族を甚振り頃すハレーモララーを
        /V\  爽快な思いで見ている。
      ( ・−・)

18 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:57:34 ID:JiczJV040

■ クーデター勃発 ■

「ハレーモララー教」で、しぃ族マンセーな民の意識をしぃ族から離れさせるというのが
マニーの気の長い計画だったが、ハレーモララーは直属部下・信者を率いて単独行動。
ある時、城内に討ち入りしぃ族を大虐殺。


      ,; 、;                                       ____
    、;∵/).;';, 从    ハギャアアア!?                       _|____|
  と(。q;'。#)⌒づ;: て __∧∧ ─__   ,ヘ从ノ.    __   、,..   (∀  )
    ∨∨``ノJ"/!`   ̄(#゙;,0゙)') ─ ─ー  (*゚※;'y'  ̄ー─--─ -'´、 ゙ ━と_ノ ○  ____
         ;゙ ∧∧  と;'煤E゙;、==─   と煤`て   ̄ ̄ ̄__ W`  ノ___ _|____|
   シィィィィィ!? ,`(>Q<|l);・  ∧∧;'∴   ̄ ̄〜(_つ_つ--  ̄ ___    _|____|  (∀   )
         ;"ミ;゙@彡-ー(゙p;,゜#)))、ノ  ハハ;,  ` ;゙ 、,,;!人/      、!,/  (∀  )━と_ノ ○
         〜(_つ;`;∵";‘;'`ヾノノ;`つ (;>q<;".∧∧ノヾ)∴て ̄ ̄ ー、´_,゙━と_ノ ○  ノ ノヽ ヽ、
            ヾ)       し'   ミ;;∵ ̄ (>0<|l)ノ"(`ヾ      ` "  ノ ,へ ヽ (__) (_)
                       ヂィィィィ!?  ハニャーン!!?          (__) .(_)


19 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:58:46 ID:JiczJV040

そしてハレーモララー自ら王の間に。



       ん?                 …。

   ___  ∧_∧                   |∧
   \二二\(  ・∀)               |-゚,,)
     \ニ>(    )             |c )
          人 Y
         し(_)
     ,.;,';.,. ;:,.;.,・;:,.;,;~;:,;:,.,;.,;,,;. ,.;,..;,.;、
  ,.,.;,..,(。q ゚;;),;.,;;.・・;,.:,;:;;;;l:,.;,;:。p;: ;:,;.;,。;:,.;:,.;,;,:・;:,.;
;:;,.;:,;:,''´`'",;;・;:,.,;..。p,;;:,.;,,;・+},:.,。i;:,..,(_・;:,.;,.;+;:.,;,`
 ,:..;:;:,;:,.;`'~。;:.;;,・!;:.,;` ;:,.;,.l;:`!・;:,.;~・;:,`'~;:,.;゜,~・:;:,.;,,;:


             ┌──────────────
             | ガキが見るモンじゃねーぞ。
             └──────v────────

  |∧           ___  ∧_∧
  |,,゚-)           \二二\(  -∀)
  |c )             \ニ>(    )
.;、                    人 Y
.;,。;:,.;:,.;,;,:・;:,.;               し(_)
;:,.;,.;+;:.,;,`
,`'~;:,.;゜,~・:;:,.;,,;:
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
以下、宮廷で広げられる惨劇なワケだけど、
この辺のやりとりは文章だけだと説明しづらいので挿絵AAで。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

20 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:59:07 ID:JiczJV040


 シィに逆らったらギャクサツチュウダヨ!!

             ●
    lVVl∧     ∧(()))
    (#゚<ワ゚)     (#゚ワ゚)
    / |\|ヽ     と○iii○つ
    /  | | |    /   |             ∧_∧  ___
  <_ノr、|__>  <____>           (∀・  )/二二フ
                             (    )<二フ


なんつーアフォしぃ国王達だったけど、ハレーモララーに王妃の片腕をぶっ飛ばされて
態度は急変。


 ハニャーン 許してェー

      ダッコしてあげるから許してェー      ∧∧∧∧∧∧
                            < お母様!! >
             ●               ∨∨∨∨∨∨
    lVVl∧     ∧(()))        ∧ ∧
    (#T<0T)     (iiT 0<)       (゚っ゚iii)
    / |\|ヽ     ○つ@        とと ヽ
    /  | | |    / ;;;;|             ∧_∧  ___
  <_ノr、|__>  <____>@つ         (・    )/二二フ
                             (    )<二フ


21 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 00:59:45 ID:JiczJV040

そうだ、娘をあげよう

    そうよ、この子をダッコすればいいから
      私達のことは許してェー


          ●      えっ?
    lVVl∧  ∧(())) ∧ ∧
    (*゚<ワ゚) (*Tワ゚(゚o ゚;)
    /  つ  ○つ (つと)
    /  | | / ;;;;  (  |            ∧_∧  ___
  <_ノr、|__>__;; (/^ヽ)          (Д・  )/二二フ
                            (    )<二フ


    お願い、しぃ、私達を助けると思って!

親を、国王を大事にしない奴は
ギャクサツチュウダヨ!!

          ●
    lVVl∧  ∧(())) ∧ ∧
    (*゚< 0゚) (*Tワ゚(゚−゚iii)
    /  つ  ○つ (つと)
    /  | | / ;;;;  (  |            ∧_∧  ___
  <_ノr、|__>__;; (/^ヽ)          (Д・  )/二二フ
                            (    )<二フ


             ┌────────────────────────
             | …私のことは好きなようにして下さって構いませんから、
             | どうか両親を助けて下さい…。
             └────v───────────────────

          ●
    lVVl∧  ∧(()))
    (*゚<ワ゚) (*゚ワ゚)
    /  つ  ○つ@
    /  | | / ;;;;;|      ∧ ∧         ∧_∧  ___
  <_ノr、|__>__;;>      (iii゙−゙)        (Д  #)/二二フ
                   /U U         (    )<二フ

               ┌───────────ヘ───────
               | …どこまで性根の腐った奴らなんだ。
               └──────────────────

22 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:00:28 ID:JiczJV040


            ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
          <  きゃぁぁぁぁお父様、お母様ー!! >
            ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨

                       ∧ ∧
                      (っTiii )
     lVV ;:,.;.,・;:,.;,;~;:,;:,.,;.,;,,;. ,.;,..;,.;、∩  |
  ,.,.;,..,(。q ゚;;),;.,;;.・・;,.:●,;:;;;;l:,.;,;:。p;: ;:,;.|  ):,.;:,.;,;,:・;:,.;
;:;,.;:,;:,''´`'",;;・;:,.,;..。p,;;:,.;∧(())) ・+},:.,。i;:,..(/^ヽ),(_・;:,.;,.;+;:.,;,`
 ,:..;:;:,;:,.;`'~。;:.;;,・!;:.,;` (;;゙ρ。);:,.;,.l;:`!・;:,.;~・;:,`'~;:,.;゜,~・:;:,.;,,;: ∧_∧  ___
                                 (     )/二二フ
                                  (    )<二フ

             ┌───────────────ヘ─────
             | よくそんな奴らのために涙を流す気になれるな。
             | こいつらは自分が助かるために、
             | 俺におまえを差し出そうとしたんだぜ?
             └────────────────────



             ┌────────────────────
             | …それでお父様、お母様が
             | 助かったのなら…私は…
             └───────v─────────────


                       ∧ ∧
                      (−T;)
     lVV ;:,.;.,・;:,.;,;~;:,;:,.,;.,;,,;. ,.;,..;,..;、 |U |
  ,.,.;,..,(。q ゚;;),;.,;;.・・;,.:●,;:;;;;l:,.;,;:。p;: ;:,;.|  ):,.;:,.;,;,:・;:,.;
;:;,.;:,;:,''´`'",;;・;:,.,;..。p,;;:,.;∧(())) ・+},:.,。i;:,.. U"U_・;:,.;,.;+;:.,;,`
 ,:..;:;:,;:,.;`'~。;:.;;,・!;:.,;` (;;゙ρ。);:,.;,.l;:`!・;:,.;~・;:,`'~;:,.;゜,~・:;:,.;,,;: ∧_∧  ___
                                 (・#    )/二二フ
                                  (    )<二フ


23 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:01:52 ID:JiczJV040

アフォしぃ国王達みたいな自分勝手にもムカつくけど、
しぃ姫のような善人風味にもカチンとくるハレーモララー。


             ┌────────────────────────────
             | …なるほど、オマエもそんな考えの能無しのアフォしぃか。
             | それなら望みどおり俺の好きなようにさせて貰おうか。
             └───────v─────────────────────

                  ∧ ∧ ∧_∧  ___
                  (>_<iii)(∀-#  )/二二フ
                  と   と    )<二フ
                  (  |  |  |  |
                  (/^ヽ) (_(_)



                       ∧∧∧
                     < !! >
                       ∨∨∨
                            て
                  ∧ ∧ ∧_∧  ___
                  (iii゚−゚)(=∀・# )/二二フ
                  と   と    つ<二フ
http://=========================て /| |
                  (/^ヽ)(_)(_)


24 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:02:26 ID:JiczJV040

             ┌───────────────────
             | ちびしぃ!!ダメよ!!危険よ!!
             | 逃げて!!
             └────v────────────────────
                        |ちびしぃ…?こいつが第二王女か?
                        |なんだその技は?
                        └────v──────────────

                   ∧ ∧    ∧_∧  ___
                  (っ゚;iii)   (・∀・; )/二二フ
  ∧∧    プィィン     と  )    U   )<二フ
  (,,゚−) //            |  )   〈#/ /
  (  っ。 ゚            U"ヽ)   ((_)


思わぬ反撃に一瞬怯むハレーモララーだったが、難なくちびしぃを捕らえる。




                  ∧ ∧ ___   ∧_∧      ブラン
                  (iii゚っ゚) \二二\( ;・∀・) ∧∧
                  と  つ  \二>(    つ(,,゙−゙)
                  (  |        |  |  |   (  )
                  (/^ヽ)       (__)_)


ちびしぃは生まれつきこの技が使えたらしい。周りの家来達の様子から、
このような技が使えるちびしぃは不気味な子として扱われてたらしいことを知る。
ハレーモララーは彼女に自分の幼い頃と同じものを感じる。

25 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:03:06 ID:JiczJV040


                  ∧ ∧   ∧_∧  ___
                  (iii゚−゚)  (∀ #∧∧二二フ
                  (つと)   (   (゙−゙,,)フ
                  (  |    |  |  ( ,,)
                  (/^ヽ)   (_(_)


逆に、周りから愛され何不自由なく育ち、世の中の悪意を理解してなさそうな
奇麗事の中にいるしぃには反感を。汚してやりたい衝動に。
(ハレーモララーと名乗ってても中身はまだ自分の力に酔いはじめたばかりの未熟なガキ)



                  ∧ ∧   ∧_∧  ___
               Σ  (iii゚っ゚)  ( ・∀・∧∧二二フ
                  (つと)   (   (゙−゙,,)フ
                  (  |    |  |  ( ,,)
                  (/^ヽ)   (_(_)      円_円
                                  (Д・; ¥
                                   /:::::::::::::ヽ

慎重にことを進めるはずだったマニーだが、ハレーモララーの暴走っぷりに
呆れつつ、宥め、時が整うのを待つために撤退するよう指示する。
王女に陰謀を知られたマニーは、今後の懸念材料になりかねない王女達の処分を望んだが、
ハレーモララーは自分がこの2人を貰うと言うことを聞かないまま撤退。

26 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:05:04 ID:JiczJV040

急遽作戦変更。マニーはハレーモララーによる宮殿の惨状に便乗して、自分の邪魔に
なりそうな存在はことごとく秘密裏に抹殺。新国王でぃを擁立後、自らを宰相に。
国を腐らせた「ハニャニャニャーン教」を廃止し、ハレーモララー教を新しい国教にし、
ハレーモララーは大司教に。


                ______
               /     ∧_,,,  ヽ  円_円
               |::ヽ    (#゚;;-゚)ヽ ヽ.¥ -∀-)
               |.::::ヽ   |U;;;,|,,,,,,, ヽ ヽ::::v::::ヽ
               ヽ:::::::i'''''i (;;;__);;)  i'''''i::::::::::::::|
                 ヽ::::i_i しし __i_i::::::::::::::::>
          | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
      | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
    | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
 (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    )
  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
 (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    )

ハレーモララーの羽根つきの姿形と、その能力は確かに信仰の対象として担ぎ出すのには
ちょうどいいけど、あの未熟で直情的で残虐な中身では使いづらい。

ハレーモララーにはできるだけ贅沢させて要望を叶えてやって、めったに表には出さないようにし、
適当な伝説をでっち上げて持ち上げまくり、たまにハレーモララー様による公開の裁きとか
やったりしつつ、まぁ結局自分達に逆らうと罰があたるよ、みたいな宗教形態を作る。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
宰相や大司教と書いてはみたものの、そういう役職が出てくる国家構成(その上やら
下やらにどんな役職名が連なるのか)とかよくわかってないよ(ノД`)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

27 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:05:39 ID:JiczJV040

ハレーモララーに汚され辱められても、神に哀れなハレーモララーの罪を許すよう
祈っちゃう気高いしぃ王女に、ハレーモララー余計にぶち切れ、
こんな奴ゴミ扱いしていいよと部下に指示。


                      /V\
                     ( #・ー・)
                     と    )
             ∧ ∧      |  |  |
            (゙o ゚iiと_;;⌒;;つ (_)_)   __l二二二l __l二二二l __l二二二l
                              (Д   ;)  (∀   )  (∀   )

しぃ族に恨みがあったモララーの部下シーンは、この姫の存在にも怒りを感じ、
しぃ姫を下級兵士達への差し入れ品にする。



28 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:06:15 ID:JiczJV040

アフォしぃ国王の悪政の恨みつらみをその子孫のしぃ姫にぶつける者、
宮廷でまぶしく微笑んでいたしぃ姫の堕ちた姿に欲情する者、
兵士達の異様な興奮の中、しぃ姫は凄惨な目に遭わされ、結局は命果てる。


                __∩__
                .| ,.:. '.;§,|   ': ':
             .・. ,.'|_@δ,_|   ..'.: ':
            ..; 〜__;':*;(:..'。д);.'::..' :..'.': ':
               .':.': ' :∨.'::.';>,.':ヽ



しぃ族が悲惨なことになるほど面白い(悪趣味ドS)シーンはこの惨状を妹ちびしぃにも
見せてやろうと考える。もちろん、妹も同じ目に遭わせるつもりで。


                __∩__
                .| ,.:. '.;§,|   ': ':
             .・. ,.'|_@δ,_|   ..'.: ':
            ..; 〜__;':*;(:..'。д);.'::..' :..'.': ':
               .':.': ' :∨.'::.';>,.':ヽ

             /V\
    ∧ ∧    (ー・  )
     (,,  ゚)    と    )
    (__ノ     |  |  |

29 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:06:41 ID:JiczJV040


                                 /V\
    ∧ ∧                        (っ・;  )
     (,,# −)                        と    つ
    (__ っhttp://=========================  / / /
                               (_(_)

ちびしぃの静かな怒りに触れ、httpレーザーで吹っ飛ばされるシーン。
シーンの危機はハレーモララーに知らされ、ハレーモララーが駆けつけてみるとそこには…


     復活して下さい。
    \___ _____/
        V      __∩__
        ∧∧     .| ,.:. '.;§,|   ': ':
       (,,゚−゚)  .・. ,.'|_@δ,_|   ..'.: ':
       (,,_ノ  ..; 〜__;':*;(:..'。д);.'::..' :..'.': ':
               .':.': ' :∨.'::.';>,.':ヽ

        ∧∧
       (,,゚−゚)        ∧ ∧
       (,,_ノ      __(:*;(:..'。д);.: ':
               .':.': ' :.'::.';,.':ヽ

        ∧∧
       (,,゚−゚)     /⌒`∧∧
       (,,_ノ      ( ⌒)(*-o-)



        ∧∧
       (,,゚ー゚)     /⌒`∧∧       ∧_∧  ___
        (,,_ノ      ( ⌒)(*゚ o゚)      (Д・  )/二二フ
                            (    )<二フ


ちびしぃの手によって美しい状態に蘇ったしぃの姿が。


30 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:07:23 ID:JiczJV040


              ∧ ∧
              (;゚−゚)
        ∧∧    (つと)
       (;゚−゚)    |  )           ∧_∧  ___
        (,,_ノ      U^ヽ)          (∀^  )/二二フ   /V\
                             (    )<二フ   (っ・#; )

なんかこの様子に喜んでいるハレーモララー。
自分に危害を加えたちびしぃを粛清するよう抗議するシーンの意見も聞かずに、
2人を別々の自分の部屋に。



            /V\
          ∩・−・# )
           ヽ    )

ハレーモララーがちびしぃを処分しなかったことにイライラ来てるシーンのところに、
ハレーモララーから届け物が。


        ___  ∧_∧             /V\
        \二二\(  ∀ )            (・−・; )
          \ニ>(    )           (    )
               |  |  |    ∧ ∧      |  |  |
              (_)_)  (゙o ゙iiと_;;⌒;;つ (_(_)


…再びボロボロになったしぃ。一度氏んでもまだ奇麗事をほざくしぃ、
今の身の程をわからせてやるために前よりもっともっと貶めて頃してやれと。

以降、しぃ王女はメチャクチャにされて虐殺→綺麗に復活の地獄のループに。

シーンはちびしぃに関しては釈然としないまま。いつかちびしぃも酷い目に
遭わせてやろうと恨みを残す。

31 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:08:05 ID:JiczJV040

ちびしぃは宮殿で一度ハレーモララーにレーザーを向けた後は、
ハレーモララーには逆らおうとも文句を言おうともしない。

理由を聞くと、「自分の力で勝てる相手じゃないから」ということらしい。

        ___  ∧_∧
        \二二\( ・∀・)
          \ニ>(    ) ∧∧
               |  |  |  (−゚ ,,)
              (_)_)  (_,,)

httpレーザー以外に、自分には無い復活の力も宿すちびしぃの能力を
気にいったハレーモララーは、ちびしぃを部下として利用することにした。



ちびしぃはハレーモララーの要求は一切拒まない。
ただ大好きな姉が壊された時は何度でも復活させる。



        ∧∧
       (,,゚−゚)     /⌒`∧∧
       (,,_ノ      ( ⌒)(*゚−゚)

┌────ヘ────────────
|…お姉様。どうか私を独りにしないで…
└─────────────────

32 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:09:29 ID:JiczJV040

   ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
  (  私が悲惨な目に遭ってる間はこの子には手を出されない…。  )
   ) なら、私は何度でも蘇って、この子を守らなきゃ…。       (
   ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
              o
             。
           ∧ ∧
        ∧∧−゙iii)
       (,,  -)と )
       (,,_ノ((_つ


ハレーモララーはやりたい放題、自分は神だという考えでやや暴走中。
気まぐれな暴力で国民に「天罰」と称した危害を加えることも。

アフォしぃ国王も腐ってたけど、ハレーモララーのやり方も酷いと思う国民も増えてくる。

クーデターは円満にやりたかったマニーは、ハレーモララーの暴力を神の思し召しと
正当化させる尻拭いに奔走するが、後先考えずに言うことを聞かない、予定外に
扱いづらいハレーモララーをちょっと持て余し気味。しかし一度は自らが国教扱いし、
勢力もあるハレーモララー教に今更手は出せない。下手に怒らせると今度は自分が
消される可能性もある。

ハレーモララー側もマニーをいけすかない奴とは思ってるけど、
政治的に重要な人材なので、他の奴みたいに簡単に頃すことはできない。
お互いに信頼のない共生関係で膠着。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
冷酷残忍な悪役ハレーモララーに囚われた、二人の可哀想なしぃ族のお姫さま達。

少年誌チックなのを目指すなら、グロいしぃ虐は止めて、ただの監禁にしとく方が
よさ毛だけど、2ちゃん名物、「しぃマタ虐」の概念は外したくないので
ドス黒くなるけどやっちまいます。

ここまでは裏設定。今までの話は本編が進む中、ちょこちょこ過去を振り返る形で
明らかにされていきます。ハレーモララーの過去あたりは物語中盤以降まで謎。
ただの暴君として登場させといて、時たま思わせぶりに「いじめられてるワンシーン」を
出したりして、「こいつ過去に何があった?」と思わせる、王道チックな悪役弄りです。

さて、次からは本編開始。冒頭も含め、2002年に思いついた時に、とりあえず
作ってあったAAです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

33 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:09:49 ID:JiczJV040

■ 勇者登場 ■

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.........
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,.....
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,.....
            ┌──────
            | ここは…?
            └──y───.         ┌─────────
         ハッ                   |…気がついたか。
      ∧_,,,                      └─────v───
     (,,;゚Д゚)
    γ⌒  <ヽ                          ∧_∧
    /  , //i                         (´<_`  )
   / /\// ヽ                       / ⌒ヽ"
   / / /"⌒⌒⌒⌒ヽ、                  /  へ  \
  _/ /ノ           ⌒⌒⌒⌒⌒ヽ         |   /\  \
くc_ノ⌒


34 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:11:30 ID:JiczJV040

 ┌─────────────────────────────
 |…そうだ…俺はモララー像の前にいたしぃ族の小さな女の子に
 |道を尋ねて…
 |          …エ?俺の耳なくなっちゃった!?
 └──────v───────────────────────
              |神殿のあるこの地に入りながら
              |モララーを敬わない態度を取るとは
              |警戒心がなさ過ぎるな。
              |相手がチビでそれだけで済んでよかったと思え。
              └────────v──────────────


          ∧_,,, 彡ヽ          ∧_∧
         (;゚Д゚,,) ゝ i         <_`    )
       /⌒   // |   ∫      /⌒  ヽ
      / ヽ  //ヽ__ノ  l__b^ヽ、 /  ,へ   \
    / / )///i      ヽ  ̄  / ヽ     ヽ
 へ/ / /"⌒⌒⌒⌒ヽ、      ̄ ̄    ヽ     i
 c_ノ ノ           ⌒⌒ ヽ、



35 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:11:58 ID:JiczJV040

 ┌─────────────────────────────
 |しぃ族は力を持たない種族のはずなのに…
 |なんなんだ?あの子は?
 └──────v────────────────────────────
              |アフォしぃ国王の娘の生き残りさ。
              |長女の方はとうの昔に頃されてしまったという噂だがな。
              └────────v─────────────────

                           ∧_∧
        ∧_,,,               (´<_`  )―-、
        (,,;゚Д) ∫           ( ヽ      ヽ
      /r  ⌒ヽl__bnヽ          | |ヽ /  ,ヘ  ヽ
     /\__ヘ  ヽゝ |        ∫ | |_/  /     i
     i\ \ / ヽ  ヽ i        l__ξ⌒__ノ/⌒  |
__  /\\\i   ヽ ノ          (   >》 /  r、_ノ
     |  '"γ⌒"⌒⌒⌒ヽ'"⌒⌒"⌒⌒ヽ、\ ヽ /  /二二i
     ヽ/                   ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ



 ┌─────────────────────────────
 |王女…?あれがそうだったのか。
 |ってことは親はハレーモララーに頃されてるんだよな?
 |なんでモララーの手下なんかに…。
 └──────v───────────────────────────
              |さぁな。アフォしぃ国王の時代から次女の方は、
              |気立ての良い長女と違って陰気で人を近づけない娘だったと
              |噂されてたし、こうなった以上自分の保身第一なのかもな。
              └────────v─────────────────

                           ∧_∧
        ∧_,,,               (´<_`  )―-、
        (,,;゚Д) ∫           ( ヽ      ヽ
      /r  ⌒ヽl__bnヽ          | |ヽ /  ,ヘ  ヽ
     /\__ヘ  ヽゝ |        ∫ | |_/  /     i
     i\ \ / ヽ  ヽ i        l__ξ⌒__ノ/⌒  |
__  /\\\i   ヽ ノ          (   >》 /  r、_ノ
     |  '"γ⌒"⌒⌒⌒ヽ'"⌒⌒"⌒⌒ヽ、\ ヽ /  /二二i
     ヽ/                   ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ

36 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:12:30 ID:JiczJV040


 ┌─────────────────────────────
 |ところでアンタが助けてくれたのか?礼を言うよ。
 └──────v──────────────────────
              |宿代40マニーとコーヒー代5マニー。
              └────────v───────
                                  治療費は負けといてやる
                           ∧_∧
        ∧_,,,               (´<_`  )―-、
        (,, ^Д) ∫           ( ヽ      ヽ
      /r  ⌒ヽl__bnヽ          | |ヽ /  ,ヘ  ヽ
     /\__ヘ  ヽゝ |        ∫ | |_/  /     i
     i\ \ / ヽ  ヽ i        l__ξ⌒__ノ/⌒  |
__  /\\\i   ヽ ノ          (   >》 /  r、_ノ
     |  '"γ⌒"⌒⌒⌒ヽ'"⌒⌒"⌒⌒ヽ、\ ヽ /  /二二i
     ヽ/                   ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ

 ┌──────────────────────────
 |金取るのかよっ!?
 |どーみたってここ宿屋じゃないだろうが。
 └──────v─────────────────────────
              |プッ 『勇者』のくせにタダで泊まる気かよ。
              |勝手に歩きまわって俺んちのタンスや壷を覗くのは
              |やめてくれよ?
              └────────v───────────────

                           ∧_∧
        ∧_,,,               (´<_,`  )―-、
    Σ   (,,;゚Д) ∫           ( ヽ      ヽ
      /r  ⌒ヽl__bnヽ          | |ヽ /  ,ヘ  ヽ
     /\__ヘ  ヽゝ |        ∫ | |_/  /     i
     i\ \ / ヽ  ヽ i        l__ξ⌒__ノ/⌒  |
__  /\\\i   ヽ ノ          (   >》 /  r、_ノ
     |  '"γ⌒"⌒⌒⌒ヽ'"⌒⌒"⌒⌒ヽ、\ ヽ /  /二二i
     ヽ/                   ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ


37 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:13:16 ID:JiczJV040

 ┌──────────────────────────
 |見たのか…俺の荷物…
 └──────v────────────────────────────
              |そりゃ、この街で得体の知れない人物に
              |関わりを持つと、場合によっては命に関わるからな。
              |AA連邦認定、第257番目の勇者『ギコ=ハニャーン』…。
              └────────v───────────────────

       ∧_,,,
       (,,゚Д゚)                   ∧_∧       ∫
      /⌒  <⌒ヽ                ( ´_ゝ`)   n,、_
      / /   /ノ i              /⌒   <ヽ   彡ヽ
    / / /// |            /  ,へ     ノヽ/ /
    (   ̄ ̄⌒ミ__l ⌒⌒ヽ、     (  < ヽ     | /   /
      ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ、    \  ヽヽ,    |ヽ_ノ
                    ヽ、    \⌒ミ   i、
                      ヽ     /    ノ |

              ┌──────────────────────────
              |てか、AA連邦ってそんなに勇者を量産してるのか?
              └────────v───────────────────
|簡単な筆記試験と面接で通ったよ。
|簡単な迷子探しから魔物退治、正義のためにはやった方がいいけど
|結構危険な仕事っていくらでもあるじゃん?

|国営の兵隊なんかにやらせて万が一のことがあった場合は
|多額の補償を払わなきゃなんないけど、そういう危険も了承済みの
|勇者資格持ってる奴と一時契約する方が、連邦にとって都合のいい場合も多いみたいだよ。
└──────v────────────────────────────────

       ∧_,,,
       (,,゚Д゚)                   ∧_∧       ∫
      /⌒  <⌒ヽ                 (´<_`; )   n,、_
      / /   /ノ i              /⌒   <ヽ   彡ヽ
    / / /// |            /  ,へ     ノヽ/ /
    (   ̄ ̄⌒ミ__l ⌒⌒ヽ、     (  < ヽ     | /   /
      ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ、    \  ヽヽ,    |ヽ_ノ
                    ヽ、    \⌒ミ   i、
                      ヽ     /    ノ |

38 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:14:26 ID:JiczJV040

┌──────────────────────────────
|ハレーモララー討伐もそんな仕事のひとつでさ。
|いろんな人種が交じり合って『平等』の思想を掲げてるAA連邦が、
|特定の宗教討伐のために、おおっぴらに自国の兵は動かせないから、
|勇者の出番ってワケ。
└──────v────────────────────────

       ∧_,,,
       (,,^Д^)                  ∧_∧       ∫
      /⌒  <⌒ヽ                 (´<_`; )   n,、_
      / /   /ノ i              /⌒   <ヽ   彡ヽ
    / / /// |            /  ,へ     ノヽ/ /
    (   ̄ ̄⌒ミ__l ⌒⌒ヽ、     (  < ヽ     | /   /
      ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ、    \  ヽヽ,    |ヽ_ノ
                    ヽ、    \⌒ミ   i、
                      ヽ     /    ノ |


              ┌───────────────────────
              |正式雇用されてない契約社員みたいなモンか…。
              |通りで単独活動で弱っちいワケだ。
              └────────v───────────────
                                   傭兵と言うにもショボイ
       ∧_,,,
       (,,-Д-)                  ∧_∧       ∫
      /⌒  <⌒ヽ                ( ;´_ゝ`)   n,、_
      / /   /ノ i              /⌒   <ヽ   彡ヽ
    / / /// |            /  ,へ     ノヽ/ /
    (   ̄ ̄⌒ミ__l ⌒⌒ヽ、     (  < ヽ     | /   /
      ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ、    \  ヽヽ,    |ヽ_ノ
                    ヽ、    \⌒ミ   i、
                      ヽ     /    ノ |

┌────ヘ─────────────────────────────
| …それでも命をかけてモララー討伐を誓えばかなりの支度金がでるからな…。

| 俺の村は山に囲まれた盆地でね。日当たりも悪く今年みたいな冷夏は
| 村全てがダメージを受ける…。俺のような若い奴らが外で稼いで来ないと
| 村中が飢え死にしちまうんだ。俺がモララー討伐の契約をしたおかげで、
| 今年の冬は乗り切れそうだよ。
└──────────────────────────────────

39 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:15:14 ID:JiczJV040


     ┌──────────────────────────────────
     |支度金でマトモな武器や仲間を集めたりしないで、全部村に渡しちまったのか?
     |…じゃぁ何か、オマエは本気でモララー討伐を考えてる勇者ではないのか?
     └────────────────v─────────────────

       ∧_,,,
       (,,^Д^)              Σ  ∧_∧
      /⌒  <⌒ヽ                <_`;   )
      / /   /ノ i              /⌒   <、
    / / /// |            /  ,へ    )
    (   ̄ ̄⌒ミ__l ⌒⌒ヽ、     (  < ヽ     |
      ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ、    \  ヽヽ,    |
                    ヽ、    \⌒ミ   i、
                      ヽ     /    ノ |\

┌────ヘ────────────────────────────────
|うん、まぁね。でも俺だって金だけ貰って何もしないのは詐欺のようで気がひけるし、
|傍若無人で差別的なハレーモララーの教えは間違ってると思うしムカつくから、
|とりあえずこの街に来てみて、モララーを倒せたらそれはそれでラッキーかなーと…。
└─────────────────────────────────────



                             ┌───────────
                             |…出かけてくる…。
                             └────v───────
            あ?
       ∧_,,,
       (,,゚Д゚)                        ∧_∧
      /⌒  <⌒ヽ                      (   _ゝ)
      / /   /ノ i                    /⌒   <、
    / / /// |                   /  ,へ    )
    (   ̄ ̄⌒ミ__l ⌒⌒ヽ、            /  /ヽ     |
      ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ、          ヽ  ヽ i     |
                    ヽ、          \ ヽ    i
                      ヽ           `>》>  ノ

40 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:15:37 ID:JiczJV040


                         ┌─────────────────
                         |金はいらんから、俺が帰って来る前に
                         |ここから消えろ。わかったか。
                         └────────────v─────

       ∧_,,,    / ̄ ̄ ̄ ̄
       (,, ゚Д)  <  ヘ?                           ∧_∧    |
      /⌒  <⌒ヽ  \___                          (    _ゝ   |
      / /   /ノ i                            /⌒   <、    |
    / / /// |                           /  ,へ    )   | ガチャ
    (   ̄ ̄⌒ミ__l ⌒⌒ヽ、                    /  /ヽ     |__,--、
      ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ、                  ヽ  ヽ i     |__っ( ))
                    ヽ、                  \ ヽ    i.   |
                      ヽ                   `>》>  ノ.   .|


 ┌───────────────────────
 |なんだ、アイツ…?急に不機嫌になっちまった…。
 └─────v─────────────────
       ∧_,,,
       (,,゚Д゚)
      /⌒  <⌒ヽ
      / /   /ノ i
    / / /// |
    (   ̄ ̄⌒ミ__l ⌒⌒ヽ、
      ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ、
                    ヽ、
                      ヽ


41 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:15:54 ID:JiczJV040


 ┌──────────────────
 |けど宿代が浮いたから、ま、いっか。
 └─────v───────────
       ∧_,,,
       (,,^Д^)
      /⌒  <⌒ヽ
      / /   /ノ i
    / / /// |
    (   ̄ ̄⌒ミ__l ⌒⌒ヽ、
      ̄ ̄ ̄ ̄        ヽ、
                    ヽ、                 ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                      ヽ  ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                 .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

42 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:16:19 ID:JiczJV040



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
ただでさえ長い話になりそうだったのに、八頭身で描こうと思ったことが間違いだった。
ここまでキャラが八頭身だったのは見なかったことにして下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

43 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:16:46 ID:JiczJV040

物語本編、登場人物紹介。★が主役クラスの重要キャラ。


   【主人公・勇者:ギコ】★

       ∧_,,,     支度金目当てで名乗りをあげた、田舎出身のお気楽勇者。
       (,,゚Д゚)    考えナシでハレーモララー像を軽く罵倒してるところを
        U  |     ちびしぃに見られ半殺しにされる。耳はこのまんま。


   【剣士・フーン】★

      ∧_∧    クールでしっかり者の剣士。
      (´<_`  )    元々は名門剣士の出だがしぃ族政権に代々搾取され続けて
      (    )    フーンの代では一般庶民のようになっていた。
               クーデターで姉を失い、ハレーモララーとマニー政権を憎む。

              復讐心に火がついたり、姉を悪く言われたりすると
              普段のクールさを失い熱血キャラに。


   【フーンの姉(故人)】

      ∧ノノ))∧     両親に先立たれ、弟フーンと助け合いながら生活していた。
     ∬ ´_ゝ`).    宮仕えをしていたが、クーデターの時に巻き添えで氏んでしまう。
     ∬ヽ__ノ∬


いまいち空気を読まずに、またもやハレーモララー神殿付近で失態を犯し、
ギコは追われる身に。顔見知りのフーンは巻き添えになり、一緒にこの街を逃亡する羽目に。

街から出る前にフーンの両親と姉の墓参り。そこでギコはフーンの過去を聞き、
ハレーモララーの被害者を初めて目の当たりにし、己の軽率さを恥じる。
しっかり者のフーンも素直で頼りないギコを憎めず和解。

そして旅が始まります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
主役ギコは、ちょっぴりヘタレなとこもあるけど、悪意を知らない真っ直ぐで前向きな
ジャンプ的王道主人公。

フーンは2002年当時の20氏製「タバコの似合うクールなフーン」人気に便乗設定。
姉者の弟は流石兄弟じゃんという突っ込み禁止。

最初の逃亡から始まる旅の目的が未定。誰かに会いに行くとか宝か武器探しとかが
いいんだろうけど。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

44 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:17:46 ID:JiczJV040

■ガナーとの出会い■

次の村が近づいてきた時、森の中から一本の矢がギコを襲う。
それは盗賊団を退治しようと待ち伏せしていた、村の娘ガナーの放った矢だった。
誤解は解け、軽く負傷したギコはガナーの村の病院で手当てを受ける。

┌─────────────────────────
|私ったら間違いでなんていうことを!!
|ごめんなさい、すぐに村の病院に行きましょう!!
└───────────v──────────────
いえ、かすり傷ですから…
──────v──────

  ∧_∧  ∧_,,,      ∧_∧
 ( ´_ゝ`) (;゚Д゚)    (っ‘iiii )
 (    ) (つ U      と    )
 | | |  (  |      ( ( (
 (__)_) (/"U      (_(_)

     ┌─────────────────────────
     |大丈夫って、耳なくなっちゃったじゃないですか!!!
     |あぁ罪もない人をこんな身体にしてしまって
     |私どう責任とればいいのか…
     └───────────v──────────────

        イヤ、耳はもともと…
        つーか痛い痛い
           そこが傷口

      ∧_∧       ∧_,,,  ∧_∧
     ( ;´_ゝ)      (゚Д<;)(iii‘っT∩
     (    )  ((( とと  と     ノ
      人 Y       /  ) 人 Y
      し(_)       (/(/  し(_)


45 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:20:18 ID:JiczJV040

どうやらガナーという子は人一倍正義感が強いが思い込みが激しく、
早とちりしたり勘違い暴走しては失敗をやらかしているようで、村人達も、
おとなしくしていれば可愛いのに、男勝りで嫁の貰い手もないような
ガナーには苦笑いしている様子。

ギコ、フーンは世話になったついでに、ガナーの盗賊団討伐に力を貸し円満に退治。
「勇者ギコが非道のハレーモララーを討伐する」話に興奮、自分もついていくと言い出す。

男2人と一緒の旅はマズくないかと引き気味なギコ・フーンだが、
ガナーは全く気にしていない様子。なるほど嫁の貰い手がないワケだ。

《登場キャラ》

  【弓使い・ガナー】★

              元気いっぱい、おっちょこちょいな弓使い。
     ∧_∧     悪は許せない性格だが思い込みは激しく、無駄に喧嘩を売ることも。
    ( ‘∀‘)     ギコとフーンが黙っていても、一人元気に喋っちゃってるような
              明るいムードメーカー。


  【ペット・ジエン】

              もともとガナーがどこかで拾ってきて育てていた奇妙な生物。
              喋れないけど、空気を読んで喜んだり、微妙な表情してたりする。
     (・∀・)      旅にもついてくる可愛い癒し系。


46 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:20:44 ID:JiczJV040

■ネーノとの出会い■

次の旅の宿泊地は温泉。(肉感的なガナーの健康的なお色気シーンのための設定)
ガナーの入浴中にペンダントが盗まれる。

             /;::;:ヽ
   ∧_∧     /;::;:ヽ:ノ
   (  *‘∀)   /;::;:ヽ:ノ   〜 〜   〜
   ノつ⌒O   /;::;:ヽ:ノ
   ( ん んl   /;::;:ヽソ   〜        〜 〜 〜
    ヽ__)__)    /;::;:ヽ:   〜
            ゝ/;::;:ヽ     〜
              ゝ/;::;:ヽ        〜    〜    〜
               /;::;:ヽ
              ヽ;:;;;:ノ /;::;:ヽ /;::;:ヽ /;::;:ヽ /;::;:ヽ /;::;:ヽ /;::;:ヽ
                  ヽ;:;;;:ノヽ;:;;;:ノヽ;:;;;:ノヽ;:;;;:ノヽ;:;;;:ノヽ;:;;;:ノ

たかだか古いペンダントの紛失なのに酷く落ち込むガナー。
ペンダントは大好きだった祖母の形見らしい。
偶然、怪しい露店でペンダントの石が売られてるのを見かけ、
ガナーは露店商を締め上げ出所を追及する。

__i,,,,__i,,___.,,__i,,_____i,,,,__i,,__人_i,,,,__i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i,_i,,____i,,,,_゙l__i,,,,_
,,__i,,,___i_,/::::`、,___i___i,,,,__i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,_:._i,,,___ ,,,i,,,,_ ゙l,,__i,,
__i,,,,__i,,____i,,, ∧_∧_,_i,,,,__i,,__/__i,,,,__i,,__.:.:.:.:.:. ゙l__i,,,,__i,,___i,,,,__i,,__人_i,,
,,__i,,,___i_ ( ; − )___i,,,,__i,,___,_i,,, ∧_∧_∧_∧,,,_ ゙l,,__i,,,___i,____
コニiニニiニニiニニiニU   U )ニニiニニニニiニニiニニニi (iii  Д (皿‘# )ニiニニiニニiニニiニニiニニ
  . / ̄ ̄ ̄ ̄(_⊂二_)" ̄ / ,,/ ̄ ̄ ̄ ̄ と   と    ヽ
  / [二二] θ    Ψ /wii/§ § § (   へr‐ _ノ、
. /   |__;;;| __ (o゚。)   /  /  <l=- <l=- <l=ヽ__)`-(__)ー-J  ∧_,,,
/ 刧   〈;;;;;+〉     /  / жжж (*)*)*)/       (゚   ,,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         U  |

ギコは「石が見つかったからもういいじゃない」と宥めるが、
祖母がガナーのために用意してくれたチェーンも、先祖から伝わる石同様、
ガナーにとっては大切な宝らしく、ガナーは何人か締め上げつつ出所を探り当てる。


47 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:21:20 ID:JiczJV040

犯人は盗みや詐欺で日々を暮らしてるネーノ。チェーンは私物化し
身に着けてアクセサリーにしていたが、それを見たガナーは逆上。
すばしっこいネーノだったが、フーンの不意打ち当て身を食らいとうとう捕まる。

人間なんて小バカにしてるネーノに、「盗みはよくない」とガナーの当たり前過ぎる説教に、
ネーノはうんざり顔。単純にイイ奴のギコはガナーの説教に心打たれ激しく同意。
俺達がネーノを真人間に戻すと意気投合するギコとガナー。


             ∧_∧             ∧_∧
     λ_λ   (‘っ‘# )             (´く_`; )
    ( ;`−´)  と と   ∧_,,,          (    )
     ミ三三彡  (_(_(Д゚*,,)          |  |  |    _,,_
     ミ三三彡      6   )          (_(_) (・∀・;)
      ヽ^)ヽ^)     (_つつ


旅に連れて行って、人間的に修行して貰おうという結論に。

                 |   /
             ∧_∧              ∧_∧
     λ_λ   (*^∀‘ ∩    /    Σ (く_`;  )
  Σ ( iii`−´)  と    ∧ ,,,          (    )
     ミ三三彡  (_(_(Д^*,)          |  |  |    _,,_
     ミ三三彡      と   つ         (_(_) (-∀-;)
      ヽ^)ヽ^)     (_つつ

48 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:22:23 ID:JiczJV040

ネーノが盗みや詐欺を働くようになったのは、誰も頼ることができない孤児だったから。
人の心の醜さを周知しているからこそ、人の弱みにつけこむことに長け、
人間不信ながらも人間から利を得るドライな日々を送っていた。

そんなネーノにとって、口先だけでなく、とことん人の面倒をみようとするおせっかい過ぎる
ギコやガナーは珍しい存在。ちょっと興味を持ちつつ、どうせその日暮らしの身、
面白くなくなればいつでも逃げ出せばいいやという気持ちで旅の同行を承諾。

《登場キャラ》

  【元盗賊・ネーノ】★

             いつでも裏切れると考えつつ、意外と居心地のいいパーティーに
     λ_λ    身を置き続ける。彼を更生させようと口うるさいガナーを軽くあしらいつつ
    ( `ー´)     他人に親身になって貰う経験は、ちょっと心地よかったりもする。
             行動はすばやく、戦闘時は短剣や銃といった得物を使うが戦闘能力は低い。
             少人数で効率よく勝つ作戦作りやお金や食べ物に困った時の
             サバイバル能力に長ける。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
ネーノが女湯の荷物を盗んだってのがいまいちカッコワルイんだよな。
ここは涙を飲んでお色気を削って、街中での「スリ」からはじめてもいいんだけど、
ガナーの入浴シーンとネーノのカッコよさ、単にどっちが重要かなんだよな…。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

49 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:22:57 ID:JiczJV040

天然主役のギコ、更に輪をかけた天然の男勝りのガナー、
クールでしっかり者のまとめ役のフーン、ドライに判断するネーノ
以上4人とペット一匹が、初期の基本パーティ。

攻撃ONLY、回復系はいないのでダメージ時は基本、宿屋、病院頼り。
ネーノは多少の薬草なら見分けて使いこなせる。

《アイテム》

  【ガナーのペンダント】

        。・゚:   本人は知らないけど過去魔物っぽいのを倒したことのある家系で、
       :。・゚   代々伝わってる石。めっちゃ硬い。詳細は後日明らかに。
       ◇

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
ガナーとネーノは当時の「がつみか」人気便乗。いつもはケンカしてるけど、
お互いを憎からず想い、恋人未満状態のまんまで最終回近辺まで引きずるパターン。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

50 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:26:30 ID:JiczJV040

■中略■

4人の旅は続き、アクシデントやバトルする話を何話か挿入。
一通り、それぞれの過去を振り返ったり必殺技を磨く。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
キャラ紹介キャンペーン。まず使用武器AAすら作っていない現状、
この辺はばっさり省略。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

51 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:26:59 ID:JiczJV040

■ 飛竜の山 ■

旅の途中で一度ギコの村に戻る。

ギコがハレーモララーと戦った記録がAA連邦に伝わってなかったため、
ギコは支度金だけパクッたと見なされ、ギコ実家には資金を連邦に返還するよう通達が来てた。

村の一部の者から責められ言い返せないギコだったが、
「今まで仲間集めるのに奔走してたから。これからやる」といった感じのネーノの口車で、
村人も納得。もともとギコを信じていると言う親や友人達に応援され、
ギコは精神的に追い詰められて弱い自分に苦悩。

「こりゃマジにならないとまずい」と故郷から遠くない山で単独修行。
空には絶滅危惧種の飛竜シラネーヨ。凶暴なシラネーヨが棲む山の頂は神聖かつ危険な場所だから、
近づくなと言われていたけど、修行を焦るギコは力試しにシラネーヨに挑んでみようと考える。
しかし森の中で迷子のまだ飛べないシラネーヨの幼生(チラネーヨ)を見つけ、その可愛さに和み、
逆に山の頂上の巣に連れて帰ってあげることに。

                                 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
                                ,r'":: ::      ::\,,.....,
                              ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、
                            ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、
                            ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_,((
                         ,r'"::::  ...::: :...::: ::       :::  .::   :; :: _,,(("::::; :;
 _,,_,r.-..,,、_                ,r'"...::::.. ......:::::            ::.     _,,,(( :;; .:;,i'::
";;;ij:::;;;;;'"::;;;'~;,.-.... __,,          ,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...             ._,,,"( (( ::;;; r;; ::
:::;;:::::l":;;;;;;:~;;:::::;;((":::::))  .('"")),r'"::....::(~::~~j;,  .:....  ::......  _,,,,     ._,,,-":((: (:;;:; Z;; ;; (:: ::;;:
:::;;;;...;;;;:::..:::j:::;;)ム::;;;;;;;;;::)) (;;;::;;;;;; リ   f;;;:;;:::::::リ  .      f;;::: :;''))  (( ..::从 ;;:f::;;: :( ::::;;;; f;.. ::;;;
..:::リww从:::;;;;;::(リ:::;;;;;;;::::::リ !ミ|l lリノ   ((从wyル       ム;;::;;;::;;;::リ ((:;;;::(::: :::;(:::::;;; :f:::; ;; (::::;::
;;;::::::::|ik'::w从〈ミ从WW从ノ jl |   ll ,'丁 ト 卅 ji从 个 YwWWリノ v;;;:: ;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::: ;;
::: ... ::li|  |i::|   '''''|lY彳" ^~''""' ゙゙゙  jl; j| ゙゙゙ ゙゙゙ . ゙~` ゙ "' ' |l; :|  " `゙';ミwリノwv从w从wv从w从
   '~ '~^^~''  ||;; :|         ~^゙゙'""" .         ,,,j|l; |..       |l:: |ll;:: |ll;;: |ll ;;: ||ll;; i:: |
         ,  jll;; :j、    ''""゙''                 `"'' ^'      .::jl: jll;:: |ll;;: f:l i;: !: ,
                ∧_,,,
              (゚Д゚*)
         ∧ ∧    .| U
       |ヽ_(´−`) ゚。 |  )
       UU UU    U"ヽ)

52 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:27:38 ID:JiczJV040

多少の困難も乗り越えつつ、無事山頂につきチラネーヨを親元に返す。
凶暴なはずのシラネーヨだが、ギコは敵認定されなかったようだ。
ギコは間近で見たシラネーヨの姿に感動しつつ下山。

              ∧ ∧
   ヽ二\     ( ´ー`)
 |ヽ ヽ二 \    > /
 ヽ\___ヽ二_\_/ /∧ ∧     ∧_,,,
  \         / (´ー`)__/|  (Д^ ,,)
   ∪∪ ̄∪∪    UU UU   と  つ

金を貰っての勇者活動や悪い奴を攻撃するだけの勧善懲悪と違い、
自主的にチラネーヨを救った自分の行動に心地よいモノを感じる。
義務感ではなく、ホントに勇者になれたらいいなって気持ちがフツフツと。


【飛竜・シラネーヨ】

     ∧ ∧   その山に棲む絶滅危惧種の竜。成体は空を飛べる。
     ( ´ー`)   凶暴で火を吐き、時には大暴れして人々を恐れさせることもある。
     > /   言葉は発せないが、どうやら人間の感情が読み取れているらしい。


 【チラネーヨ】

    ∧ ∧     迷子になっているところをギコに助けられたシラネーヨの幼生。
    (´ー`)     まだ空を飛ぶ羽根も生えておらず、弱弱しい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
この場では一旦お別れ。物語後半に成獣になったチラネーヨと再開→仲間に。
火を吐く武力&飛べる乗り物として重宝wwww
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

53 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:28:06 ID:JiczJV040

■中略(中ボス討伐の流れアリ)■

・AA連邦本部に戻り、ハレーモララー討伐の遅れの言い訳と
村(実家)の金返還はちょっと待ってくれ嘆願。

・別の国の中ボス討伐の依頼を受ける。(ギコは既に信用ないので報酬は後払い契約)


・無事成功。新たな報酬で実家の借金軽減。(残りは地道に返せる範囲)
ついでに新技と新武器GET。 仲間1名プラス。
あらためてしぃ王国を目指す。


  【魔法使い・のー】★

             異国の地で知り合った魔法使い。一見静かで大人びた性格だが
             実は既出のキャラ達がついていけないような理屈っぽい厨二病、
      ∧ ∧    不老不死を模索している。
      (*゚A゚)    しぃ王国の僻地に生息するアロエリーナを求めてギコ達と同行。
             仲間達からちょっと浮いてるけど、気づいてないから気まずくはない。
             彼女の魔法は今までなかった戦力としてパーティーは強力に。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
この辺から『魔法』の概念をガシガシ入れていきたいところだけど、作者にその
スキルがなく断念。
使い捨てとわかってる中ボスとかの設定考えるのが面倒になった。

新キャラ「のー」は今までのキャラにいなかった性格だが、実はこれから複雑に
なりそうなストーリーや世界観の「分析・解説者」として重宝するはず。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

54 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:28:58 ID:JiczJV040

《キャラ整理》

■勇者パーティー

   ∧ ,,    ∧_∧    ∧_∧   λ_λ   ∧ ∧
  (,,゚Д゚)   (´<_` )   (‘∀‘ )  (`ー´ )   (゚A゚*,)     (・∀・)

 【 ギコ 】  【フーン】  【ガナー】  【ネーノ】  【のー】    【ジエン】
   勇者     剣士    弓使い   元盗賊   魔法使い   ペット


■しぃ王国(現在)

  ∧_,,      円_円      ∧_∧         ∧ ∧       /V\
  (#゚;;-゚)    ¥・∀・¥     ( ・∀・)       (゚−゚ )      (・−・ )

 【 でぃ 】   【マニー】   【ハレーモララー】   【ちびしぃ】    【シーン】
   国王      大臣       大司教     捕虜(部下扱い)   部下


  ∧ ∧
  (*゙−゙)

 【 しぃ 】
捕虜(虐対象)


■後で使う保留キャラ

  ∧_∧         ∧∧
  ( ´∀` )        (´ー`)

  【モナー】      【チラネーヨ】
   神父           飛竜

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
本当はキャラ紹介に武器名、必殺技名、得意魔法などガシガシ書きたいんだけど、
そういうの考えるのマジ苦手。よく「設定しかない新キャラ」作る人が叩かれたりするけど、
自分の場合、ああいうの考えられるのマジ羨ましいっす。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

55 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/07(火) 01:29:22 ID:JiczJV040
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

┌──────────────────────────────────
|今日はとりあえずここまで。

|3日〜7日に1回ペースで貼っていくつもりですので
|こんな感じのスレでも目が滑らずにお付き合いしてくれた方、
|これからもご苦労かけますが、しばらくの間おつきあいヨロシクお願いしますね。
└──v────────────────────────────────


   _ )ノ
 _∧)m¨)m

56 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/07(火) 02:40:39 ID:+387CQ9F0
これ既に十分面白いぜみっちゃん
というか設定とか大好きな人種なので目が滑るとか全然なかったよ

そんで折角だからギコの必殺技を勝手に考えてみた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・咆吼剣轟流亜斬り(ほうこうけん「ごるぁ!」ぎり)
気迫を込めた掛け声によって威力を増す魔剣「咆吼剣」を手に入れたギコの新必殺技
その咆吼に気合いが入っていればいるほど強力な斬撃を放てる
伝説によると国中に響き渡るほどの声を張り上げた一撃は山をも両断したという
※欠点として馬鹿デカイ声を出す事による様々な弊害がある
雑魚戦で使えば場合によっては更に雑魚がよってくるだろうし、
隠密行動中にはそもそもそんな大声は出せないだろうし…
まぁ周りを気にする必要のないボス戦で大いにどうぞ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんな設定を考えても使い道を考えない俺


57 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/07(火) 02:45:42 ID:+387CQ9F0
とっと、そういえばみっちゃんじゃなかった…えーと

斑竈馬さん、乙!


58 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:16:06 ID:bALBE16J0

┌─────────────────────────────────────────
>>56
|そうそう!そういうのが思いつかないんですよ!

|現時点では、武器が剣のキャラは2人いますが、その方向性はこんな感じにしたいところです。

|・ギコ(勇者) → 魔法+剣。武器は高レベルになると、○○の魔剣といった感じ
|           最初は弱いけど後半どんどん強くなる系

|・フーン(剣士)→ 由緒正しい△△流の剣。武器は 〃 マサムネとか名刀系
|           最初からそこそこ強いが中盤(つーか次回)師匠ができて大幅レベルアップ
└──v───────────────────────────────────────
          

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

┌──ヘ───────────────────────────────────────
|そういう意味でも、ギコの武器『咆哮剣』はいいですね!!

|その説明からイメージが膨らんで、新たに咆哮剣に纏わるストーリーを思いつきました。
|2ちゃんAAでもお馴染みの『ドラえもん』キャラを拝借して
|「ヤマタノオロチ」系魔物討伐ストーリーのテンプレートに当てはめてみました。

| 第一章の■ 中略 ■ の、いちエピソードあたりに使えそうかな?
└─────────────────────────────────────────
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


59 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:16:34 ID:bALBE16J0

■咆哮剣GET■

ある村に到着したギコ達一行。村人達は一応は歓迎してくれるが、
皆、口を揃えて「早くこの村から出て行った方がいい」とのこと。

聞けば、この村は昔から山に住む魔物『邪威闇(ジャイアン)』にたびたび貢物をして
村の平穏を保っていたが、ここ数十年『邪威闇』が歌に目覚め、気まぐれに村人を呼びつけ
『邪威闇罹災多留(ジャイアンリサイタル)』を催すようになったらしい。

【魔物・邪威闇】

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |
   |    ___l_,|
   |     \__/ /
 /|         /\

土管型のステージ前には3つの指定席。(一回で大人数を招待しないのは、
自分のリサイタルにプレミア的価値を感じているため。)
しかしリサイタルを聞きに行って、今まで生きて帰ってきた村人はいないという。


60 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:17:24 ID:bALBE16J0

久しぶりに村にジャイアンから招待状が贈られ、明日がその「ジャイアンリサイタル」の日だと。
村全体の話し合いで、やっと参加者(つまり生贄)も決まったところだそうな。

┌─────────────────────────┐
│☆☆☆☆☆☆☆―おいらの胸の心の愛 ―☆☆☆☆☆☆☆│
│☆    ┏━┓┏┳┓      ┏┳━━━┳━┓┏┓    ☆│
│☆    ┣━┫┃┃┣┳━━┛┣━┳┓┣━┛┃┃    ☆│
│☆    ┗━┛┣╋┛┗┳┓┏┛  ┃┣┛    ┃┃    ☆│
│☆    ┏━━┛┣┓┣┛┃┃┏━┛┃┏━━┛┃    ☆│
│☆    ┗━━━┛┗┛  ┗┛┗━━┛┗━━━┛    ☆│
│☆       ┏┳┓┏┳┓    ┏┳━━┳┳┓         ☆│
│☆       ┃┃┣┛  ┗┳━┛┃ ━ ┃┃┃         ☆│
│☆       ┃┃┣┓┃┏┻┓┏┫┏┓┃┃┃         ☆│
│☆       ┗┫┃┗┫┃  ┃┃┗┛┃┃┃┗┓       ☆│
│☆         ┗┛  ┗┛  ┗┛    ┗┻┻━┛       ☆│
│☆                             ▼▼▼▼   ☆│
│☆    明日 PM 3:00 開演   場所 空地      ・__・    ☆│
│☆             来ないやつは殺す    〇      ☆│
│☆                            3     .☆│
│☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆│
└─────────────────────────┘

生贄に選ばれ嘆く村人、その家族達を見て、ギコ達は身代わりを買って出る。
ギコと、フーン(仲間内で武器最強)・のー(仲間内で魔法最強)の三人で
リサイタルに参加。いつ戦闘になってもいい覚悟で様子見に。

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  /    ⌒  ⌒ |  <  よく 来たな!
   (6      ⊂⊃ |   \________
   |    ___l_,|
   |     \__/ /    ∧ ,,,     ∧_∧   ∧ ∧
 /|         /\    (゚Д゚,,)   (´<_`; )    (゚A゚*,)

一行は恐ろしい魔物を想像していたが、意外に気さくな魔物ジャイアンの様子に拍子抜け。
笑顔のジャイアンに促され、三人は土管ステージに腰を下ろす。


61 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:17:56 ID:bALBE16J0

だが、すぐにその恐ろしさをすぐ知ることになる。

                  □ □
    _| ̄|_    / ̄└―‐┐
    |     |   / ┌┐ ┌ __
      ̄|  | ̄  └‐┘ /  /  |_  _| ___
   | ̄|. |  | | ̄|    /  /    _| |_  |   |
    ̄ .  ̄   ̄    ̄ ̄    |___|  ̄ ̄

   mm        __‐⊂⊃‐__
   | 川 |      ⊂     l    ⊃
   |   |      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
   L__」      | |  ∩_∩  | |
   |    |     |  | ⊂___⊃ | |
   |   |     |L__―――――_」|
   |    L____/\_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\
   |            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
   |       |         ∩  |  \
   L____|       ∈三 \_|   |
          |        ∈三  |    |
          |            \|____/
         |                |

魔物ジャイアンの歌自体が物凄い破壊力だったのだ!!
フーンとのーはなんとかダメージを持ちこたえながらもジャイアンに
攻撃をしかけるが、怒ったジャイアンからの反撃を食らう。

    (     )
    (、 ,    ,)
      || |‘                        ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,;;;;;;,,,
              ∧∧∧∧∧∧∧    ______;;;;;;''''"              ''';;;;;;;;,,,
   / ̄ ̄ ̄ ̄\ <  静かに   >   / _ノ_ノ:^)                ''';;;;;;;;;,,,
   l ∨∨∨∨∨ l <   聞け!  >  / _ノ_ノ_ノ /)             ''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   |   \()/   |   ∨∨∨∨∨∨   / ノ ノノ//
   (| ((・) (<) |)           __  / ______ ノ
   |    ⊂⊃   |       _.. r("  `ー" 、    ノ
  | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  _. - '"´    "-、   ゙   ノ
  |. l + + + + ノ | ' "        _.. `ー''"ー'"
  r\_____/"´     __ '"´ -" ̄ "- ̄ヽ
/      ----,,,   ,,_.- ' "  /"   _   ----ヽゞ;;;,,                ,,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           '''''─ "    (___-"  ヾ ヽヽヽヽ'';;;;;,,,.              ,,,;;;;‐″
|                          _..ヾ ヽヽヽヽ '';;;;,.           .,;;;;;;'
|                   ,,,-‐ '"´   ヾ__)__)__)_) ''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,.,;;;;‐'''
│         "─r'--,,,,,--''''''''


62 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:18:58 ID:bALBE16J0

フーンは倒れながら無事っぽいギコに「後はまかせた…」と頼むが、
ギコの言葉はフーンやのーからすると予想外のモノだった。

┌──────────────────────────────
|せっかくこんなに感動的ないい歌を歌ってくれてるのに、
|なんで暴れるんだよ、おまえら?
└───v──────────────────────────
          |
          | ハァ?(゚д゚)
          |
          └───v───
   ∧_,,,                       o
   (;゚Д゚)                     ξ
   /  ∩
  (   ノ      ∧_∧           ∧ ∧
  (/"ヽ)    と(<_`iii;O⌒` ̄⌒)   と(-A-iii)つつ


ギコはジャイアンの歌を聞いてもダメージを受けてないどころかエラく感動したらしい。
無邪気にアンコールするギコをジャイアンは気に入り、ギコはしばらくジャイアンの元で
歌を教わることに。フーンとのーはダメージと呆れでフラフラになりながら下山。

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  /    ⌒  ⌒ |  <  心の友よ!!
   (6      ⊂⊃ |   \_________
   |    ___l_,|
   |     \__/ /      ∧_,,,
 /|         /\     (^Д^,,)

ギコとジャイアンは意気投合。「ホゲェ〜」と「ゴルァ〜」のコーラスに
通りがかった鳥達もバタバタ落下しているが、二人は上機嫌。

63 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:19:22 ID:bALBE16J0

心のデュエット曲が完成したところで、ジャイアンとギコは一緒に村人全員に対しての
大規模なリサイタルを開こうと、世にも恐ろしい計画を立てて盛り上がる。

その時、数百年ぶりにジャイアンの妹魔物、「邪威子」がやってくる。
ジャイ子は各地の魔物や精霊の伝説を絵巻物にしようとしているマジメな志のある魔物で、
兄のジャイアンでも頭が上がらない。

(お!?予想外のこの設定で、ハレーモララーの起源の秘密とかも、
長寿の魔物が作る『邪威子神話』を信憑性の高い資料にできる!?)

      , ____
    ○        ○
   /   __∧_∧__∧ |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /   |  \   / | |   < お兄ちゃん、アシスタントやって。急ぎで。
   |    |   ・   ・ | |    \__________________
   、   フ  ⊂⊃ ヽフ
    | ̄ ̄  ___|  |
    |      \__/  |
  / |           ノ\

妹に頼まれ、ジャイアンはしぶしぶリサイタルを諦めて、ジャイ子のいる遠くの山に
移動することにする。ジャイ子の手伝いはかなり時間がかかりそうで、
しばらくはジャイアンはここにも戻れず歌を歌うヒマも無くなるらしい。

ジャイアンはギコに「心の友よ!俺達の歌を世に広めてクレ!」と、「声」の力を増幅する
魔具を託す。(その形状はなんとなくマイクにも似ている)

ギコ下山。ジャイアンも山を去り「しばらくはジャイアンリサイタルはなさそうだ」と
ガッカリしながら村人達に伝えるが、逆に村人達は大喜び。


64 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:19:45 ID:bALBE16J0

ヤバいモノを見るような目で、ギコから遠ざかってるフーンやのーを横目に、
ギコはガナーやネーノにも見せようと、魔具に声を乗せ歌い舞う。バタバタと倒れる二人。
ギコ的には癒し系のお楽しみ魔具のつもりだったのに、その破壊力に皆からは凶悪な武器扱い。

いろいろ試してみて、マイクのように歌うと低威力の広範囲ダメージだが、
声を乗せながら振りかざすと、ダメージは一点に集中して高威力になることに気づく。
その後、「ゴルァ!」という咆哮一発でキメる、スピーディーで効率の良い攻撃方法に。
魔具には『咆哮剣』と名をつけ、そこから繰り出される「咆吼剣轟流亜斬り」は、
ギコの強力な必殺技になる。

ギコは敵が倒せるのはありがたい反面、相手がダメージを負うことにいまいち納得いってない。

   ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
  ( こんなに美声なのになぜ…? )
   ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
            o          ぐあぁぁぁぁぁ、そ、それだけはもうヤメテ
           。             命だけはお助けをぉぉぉ〜〜
      ∧_,,,             \
      (;-Д)                A A             /
        (  つ=][ニニ◎        (ゞ巛巛〆)
      (  |               (iii ,r  ⌒ヽ
      (/ U                と _人つつ

65 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:20:24 ID:bALBE16J0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

┌─────────────────────────────────────
>>56
|修行系ネタはすっ飛ばしてたけど、>>56のおかげでこんな感じのがひとつできたよ!!
|おそらくそちらのイメージより、ギャグっぽいノリになってしまって失礼しました。

|でもアイデア提供マジありがとう。やっぱ自分が不得意なことは無理してセンスのないモン
|捻り出すよりも、得意な他人の知恵やセンスを借りるのが最強ですね。

|前回の大量投下でいちおうキャラと世界観は出し切ったので、
|第二章はあんまり長くなりすぎないよう、区切って出したいと思います。
└──v────────────────────────────────────
             剣のAAが思いつかなくてショボかったけど、
              もっとカッコイイのを想像しといてクレクレ
   _ )ノ
 _∧)m¨)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

66 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:21:47 ID:bALBE16J0

第二章 『起承転結』の『承』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆でハレーモララー討伐チャレンジ。人間ドラマ多めで、今までの登場キャラに深みを。


■スパイ行動■

しぃ王国ハレーモララーの神殿に乗り込む前に、まずは調査してみようって話になる。
ギコとネーノで教団の兵士を志願し、内部潜入。


 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ⊂⊃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
    ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \∧_∧/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
  <二二二二二二二二二二∧\ ( ・∀・ )/∧二二二二二二二二二二>
         \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>>⊂(    )つ<< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/        ∧∧
  <二二二二二二二二二二∨/ | | | \∨二二二二二二二二二二> (゚−゚ )
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  (_)_)   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            (_)


   ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧
  (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    )
   ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧
  (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    )

┌────────────────────────
|この桁違いの迫力…俺達じゃやっぱ無理っぽいよな。
|やばいよ、俺達2人だけで掴まったらどうしよう?
└──v───────────────────────────────
        |まぁ落ち着けよ。身元がわかるモノは一切持ってないんだし、
        |慎重に周りの様子から探ってみよう。
        └──v────────────────────────
   ∧_,,,     λ_λ
   (;゚Д゚)   (−´  )
   (   つ   (    )

ギコはハーレーモララーの迫力と、その傍らにいる、かつて自分の耳を奪ったちびしぃを
見て恐怖に引き気味、ハレーモララーに対して確執を持っていない元盗賊のネーノは冷静。

67 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:22:21 ID:bALBE16J0

夜になり、ギコ達がいる兵舎にボロボロにされたしぃが連れてこられる。
シーンは「今夜も苦痛をたっぷり味合わせて頃しておけ」と命令後、去る。

                /V\
               ( ・ー・)
               と    )
       ∧ ∧      |  |  |
      (゙o ゚iiと_;;⌒;;つ (_)_)   __l二二二l __l二二二l __l二二二l
                        (∀   )  (∀   )  (∀   )

                   ∧_,,,    λ_λ
                  (Д゚;,,)  (−´; )


あの美しい女性は罪人?処刑前に兵士達の慰安に使えという流れは読めたが、
シーンが去った後、急に女性に対して丁重な態度になる兵士達。


          __l二二二l
   ∧ ∧    (Д    )
   (ii゙ー゙)    と   ヽ    l二二二l__
   /;;つ^ヽ    r― _ノ   (   Д )   ∧_,,,     λ_λ
  と_)_ん_ゝ_  (_)ーJ   (    )   (Д゚;,,)  (−´; )

聞くところによると、クーデターの時に亡くなったと噂されていたしぃ元王女だと。
何度も命は奪われているが、ちびしぃの不思議な力で毎回復活させられているらしい。


68 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:22:45 ID:bALBE16J0

最初のうちはこの部屋の兵達も、しぃへの恨みや興奮で、激しい虐待・虐殺を行っていた。
しかし、初期の興奮も醒めた頃、何をされても文句を言わないしぃに同情的になってきた。
会話をしてみると、優しく気さくなしぃ姫。命令に逆らえない兵達の立場を責めるどころか
暖かく労わってくれる、明るさを失っていないしぃ姫に、ここの連中は心奪われていた。



      ∧ ∧    __l二二二l   __l二二二l   __l二二二l
      (*^ヮ^)   (−  ;)    (Д  *)    (Д  *)
      /U;;U     U  U )   (    )    (    )
  ●…と:_)_)    (_(_つ    (_(_つ   (_(_つ


しかし、シーンが戻ってくる時間までにきちんと虐殺しておかないと、兵達が罪に問われる。
彼らは、時間ギリギリまでしぃ姫と憩いのひと時を過ごし、できるだけ苦しくないように殺害後、
氏体に虐待の形跡を施すといった誤魔化しで当座を乗り切っているらしい。


   ∧ ∧
   (*゚ー゚)       l二二二l__
   /;;つ^ヽ      (;  Д )   ∧_,,,     λ_λ
  と_)_ん_ゝ     (    )    (Д゚;,,)   (−´; )


69 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:23:29 ID:bALBE16J0

ギコは、しぃ姫にこの神殿から逃げるように説得を始め、保守的な兵達に緊張感が走る。
だがしぃ姫は逃げないと言う。自分が逃げると、ここの兵達が逃がした罪で罰せられてしまうからと。


   ∧ ∧      ∧_,,,
   (,,*゚ー)     (Д゚;,,)
   /;;つ^ヽ     と  つ    __l二二二l   __l二二二l
  と_)_ん_ゝ    (__(_つ    (Д  ;)    (Д  ;)


「じゃ、兵達も一緒にまとめて逃げよう」とギコは提案するが、応じる声を上げる者はいない。
この人達には守りたい家族や生活があるからとしぃ姫は兵達を擁護する。


   ∧ ∧       ∧_,,,
   (*゚ー゚)       (;゚Д゚)
   /;;つ^ヽ     と  つ    __l二二二l   __l二二二l
  と_)_ん_ゝ    (__(_つ    (−  ;)    (−  ;)


兵達はギコの良心に訴えかける正論に、心から恥じ入るがどうすることもできない。
さらってでもしぃ姫を連れ出すとのギコの熱い言葉に、しぃ姫は感謝で涙を溜めながらも頷けない。
しぃ姫にもどうしても守りたい家族がいる。妹ちびしぃがハレーモララーに囚われているうちは、
ここは出れないと。

         ∧_,,,
   ∧ ∧ (Д゚;,,)
   (,,*゙−)')と  )
   /;;つ^ヽ |  )             l二二二l__
  と_)_ん_ゝ(/"ヽ)            (; Д )

             ┌─────────ヘ────────────
             |まずいっ!もうシーン様が戻って来られたぞ!!
             └──────────────────────

ギコの知ってるちびしぃと言えば、完全にモララー側にいる自分の敵。
それでも妹を大切に思う優しいしぃに、ギコはいたたまれない感情になる。

70 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:23:52 ID:bALBE16J0

予定外に早く戻ってきたシーンは槍を持っていた。教団の新しい武器として採用するかどうか、
ここの兵としぃ姫を使って試してみることを思いついたようだった。
まだ虐待が行われていない様子を見て、兵を問いただす。

             ┌─────────────────────
             |す、すいません!今日は新入りがいたもので、
             |ここのルールを教えているうちに時間が…
             └────v────────────────────────
                       |ルールなど、手本を見せてやればいいだけだろ。
                       |やれ。
                       └──────v──────────────
         ∧_,,,
   ∧ ∧   (,,゚Д゚)
   (*゚−゚)  と  つ                          ↑
   /;;つ^ヽ (  |       l二二二l__         /V\ |
  と_)_ん_ゝ(/"ヽ)      (;  Д )      (ー・  )|
                  と   つ      (    つ

71 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:24:21 ID:bALBE16J0

             ┌────────────────────────
             |まずは右肩だ。槍のテストなんだから一回で命は奪うなよ。
             └──────────────v──────────
              |…新入り、そこをどけ…。
              └────v───────


  ∧ ∧   ∧_,,,          __l二二二l
  (*゙−゙)  (,;゚Д)          (Д  ;)
  と;; ;; つ  と  つ     ←――と    )      /V\
  ( ;; |   (  |           ( ( (      (ヮ -  )
   U"U   (/"ヽ)          (_(_)     (    )

 ┌─────ヘ────────────────
 |本当にやる気か!?おまえ何を考えているんだ!?
 └──────────────────────

             ┌────────────────────────
             |なんだ!?おまえは!!自分が刺されたいのか!?
             └──────────────v──────────


  ∧ ∧   ∧_,,,          __l二二二l
  (;゚っ゚)  (#゚Д゚)          (Д  ;)
  と;; ;; つ  と  つ     ←――と    )      /V\
  ( ;; |   (  |           ( ( (      (っ・#  )
   U"U   (/"ヽ)          (_(_)     (    )


┌─ヘ───────────────────
|…私は大丈夫ですから、そこを退いて下さい。
└─────────────────────


72 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:24:39 ID:bALBE16J0

 ┌─────────────────────
 |すみません、こいつ、しぃ姫が妹に似てるから
 |つい取り乱してしまったみたいでーー。(適当な嘘)
 └────v─────────────────────────────
                      |フン。美貌で名を馳せた王族と
                      |おまえのような田舎者の妹が似ていると?
                      |まぁいい。ここにいるのはアフォしぃ国王と共に
                      |国を衰えさせた罪人しぃ王女だ。
                      |ハレーモララー教の裁きを見るがいい。
                      └────────v───────────

  ∧ ∧               __l二二二l
  (;゚−゚)               ( Д ;)
  と;; ;; つ           ←――と    )      /V\
  ( ;; |  λ_ ∧_,,         ( ( (      (・ー・# )
   U"U  (;`ヮ(,,#゚Д)        (_(_)     (    )
       /  つ つつ
       。゚
 ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
( ギコ、落ち着け、シーンって奴もマニーやハレーモララーに認められてる奴だ、   )
 ) 何かあるに違いない。しぃ姫は復活できるって言ってるんだし、今は目立つ   (
(  行動をせず、情報だけを集めるんだ。                          )
 ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'


73 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:24:58 ID:bALBE16J0

  ∧∧∧
< !! >
  ∨∨∨
     グサッ!
  ∧ ∧    __l二二二l
  (ii>o<)    (皿  ;)  三
  と;; ;;;←――と    )   三       /V\
  ( ;; |‘.    Y 人          (ー・  )
   U"U     (_)`J          (    )

             ∧_,,   λ_λ
         Σ  (Д゚iii) (−´; )
            と  ヽと    ヽ


             ┌─────────────────
             |新入り、次はオマエがやれ。左肩だ。
             └──────v───────────
  :∧ ∧
  :(ii゙−゚):                     ↑
  :U; ;と)                /V\ |
  :( ;; |;              (-ヮ - )|
   :U"U;,,,             と    つ

             :∧_,,   λ_λ
            :(Д=iii): (−´; )
            :と  ヽと    ヽ

74 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:25:21 ID:bALBE16J0

しぃ姫を刺すよう命じられるが、矛先をシーンに向けるギコ。



  :∧ ∧         ∧_,,          /V\
  :(;゚ o゚):   ((     (,,#゚Д)        (−・   )
  :(つと)    ミ 三 /  つ――→    (    )
  :( ;; |;       /ゝ )          |  |  |
   :U"U;,,,     し ヽ)          (_(_)

               λ_λ
               (  ;`っ) 。o ( この単純バカッ!! )



ギコの真っ直ぐな攻撃は交わされ、短剣を突きつけられる。


  :∧ ∧               /V\
  :(;゙ o゙):             ( ・ー・)
  :(つと)             /   つ=l二フ
  :( ;; |;           ,‐(_  ̄l  ∧_,,
   :U"U;,,,          し―(__)つ#゚Д=)つ――→


           λ_λ
           (  ;`−) 。o ( …なるほど、ダガー使いか。今の俺じゃ勝ち目はなさそうだな )


シーンはマニーの元で暗殺者としての特訓を受け、実はかなりのダガー使い。
(しかし、そのねちっこく恨みがましい性格では暗殺者になりきれず、智謀には暗いが
拷問とかそっちの方面だけ特化してる。最初にちびしぃのレーザーが交わせなかったのは
チビに油断してたってことで)

75 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:25:53 ID:bALBE16J0

シーンはギコをすぐには頃そうとせず、しぃ姫の変わりに槍の練習台にすることに。
ネーノはすっかり怯えてシーンに媚び媚びのフリ。シーン様に逆らうなんて、
ハレーモララー様を侮辱するのと同じだとか、シーンを持ち上げつつ
ギコを縛るお手伝い。わかってないギコはハレーモララー教への悪態をつきまくる。

┌──────────────────────────────
|…もうやめて下さい、あなたまで酷い頃され方をしてしまいます…。

|シーン様、兵士同士に諍いをさせると、仲間同士の信用や団結心が
|奪われ、士気も下がってしまいます…。やはりハレーモララー様の
|逆賊、私が的になる流れが一番妥当です。
└──v────────────────────────────

  :∧ ∧      ∧_,,    λ_λ           /V\
  :(;゙っ゚):     (#゚Д゚)  (へ´; )         (ー・  )
  :(つと)     ミ三三彡__と    )         (    )
  :( ;; |;      ミ三三彡 ( ( (           |  |  |
   :U"U;,,,    (/ ヽ)   (_(_)         (_(_)


┌──────────────────────────────
|いいえ!!しぃ王女!!これ以上アナタが傷つけられる姿は
|見たくありません!!絶対私が助け出します!!
└───────v───────────────────────
                   |捕まっている身でありながら、
                   |よくそんな妄言が吐けたモノだwww
                   └─────────v─────────


  :∧ ∧      ∧_,,   λ_λ           /V\
  :(,,*゚−)     (ДT;,,)  ( ;`−´)         (ヮ ^  )
  :(つと)     ミ三三彡__と    )         (    )
  :( ;; |;      ミ三三彡 ( ( (           |  |  |
   :U"U;,,,    (/ ヽ)   (_(_)         (_(_)


76 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:26:26 ID:bALBE16J0



┌───────────────────
| そのお気持ちだけでもとても嬉しいです…。
| どうもありがとう…ギコさん…。
└──v────────────────


  :∧ ∧      ∧_,,    λ_λ            /V\
  :(,,*"ー)      (ДT;,,)  ( `−´;)         (ー・  )
  :(つと)     ミ三三彡__と  oと )         (    )
  :( ;; |;      ミ三三彡 ( ( (           |  |  |
   :U"U;,,,    (/ ヽ)   (_(_)         (_(_)




ネーノはギコを連れてさりげなく扉側に移動、隙をついて煙玉と火をつけた痺れ草を残して部屋脱出。


   ┌─────────────────
   | まだ中にしぃ姫が!!
   └─────v────────────────────────
               |ただの痺れ草だから大丈夫だ!!
               |もう目立ちまくった今は、俺達だけでやっとだ、
               |早いトコ逃げよう!!
               └────v──────────────────

   バタンッ!!
 ______ て
 |      |  て
 |      |     ∧_,, パラリ λ_λ
 |      |    (Д゚iii)   (っ´  )
 |      l]] |    と ζ三彡 と    )

ネーノに引っ張られながらギコは彼女のいた部屋に向かって
「きっと助けに戻ってくるから!」と叫ぶ。

77 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:26:55 ID:bALBE16J0

   ┌─────────────────────
   |いつもあんなことされてるなんて…
   |…しぃ姫…可哀想過ぎるよ。
   └─────v──────────────────────────
               |…氏んだ人間まで復活可能なんて驚いたな。
               |だけどギコ、可哀想だけどこの流れがある限り、
               |生き続けるしぃ姫を救い出すチャンスは
               |まだこれからいくらでもあるんじゃないか?
               |今は戻って体制を整えよう。
               |
               |今の俺達じゃ、ハレーモララーどころか部下のシーンにすら
               |敵いそうにないってわかったんだしな。 
               └────v────────────────────

        ∧_,,       λ_λ
     三  (iiiTД)     ( ;`−)
        / U /      /    9



              ┌────
              |あ…
              └──v─

        ∧_,,      λ_λ               iiii
        (iiTД゚)    (  ;`っ) ))             ii   シュターン
         | U|     (   つ              ∧ ∧
        (  |      ) ) )              (−゚ ,,)
        (/"ヽ)     (__)_)           Σ  (_,,) て


78 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:27:20 ID:bALBE16J0


 ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
(  マズイ…真正面からきたちびしぃなんて交わしようがないぞ。  )
 ) 緊急の用事で走ってた一般兵のフリして誤魔化せるかな…。 (
 ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
                 o
                  。
        ∧_,,      λ_λ
        (#゚Д゚)    ( iii`〜´)
         | U|     (    )          ∧ ∧
        (  |      ) ) )          (−゚ ,,)  ))
        (/"ヽ)     (__)_)          (_,,)



    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  <                                       >
 < やいチビ!! おまえは姉があんな目に遭ってて平気なのか!? >
  <                                       >
    ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                     て
        ∧_,,      λ_λ  て
        (#゚Д゚)    (`っ´iii )
        と  つ    (    )          ∧ ∧
        (  |      ) ) )          (−゚ ,,)
        (/"ヽ)     (__)_)           (_,,)


79 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:27:48 ID:bALBE16J0

┌───────────────────────────────────
| おまえだってメチャクチャ強いじゃんか!!
| それなのにハレーモララーのいいなりで頃された姉を治すだけなのか?
| ハレーモララーに立ち向かって姉が傷つかないように守ろうとは思わないのか!?
└─────v──────────────────────────────
              単純にバラしやがって、
              俺の命もここまでか…
        ∧_,,       λ_λ
        (#=Д=)    (iii`〜´∩
        と  つ    (    ノ          ∧ ∧
        (  |      ) ) )          (−゚ ,,)
        (/"ヽ)     (__)_)           (_,,)


                    ┌─────────────────────
                    |…ハレーモララー様を愚弄することは許しません。
                    └───────v───────────────

        ∧_,,       λ_λ
        (#゚Д゚)     (iiiTーT∩
        と  つ    (    ノ          ∧ ∧
        (  |      ) ) )       \ (− ,,)
        (/"ヽ)     (__)_)     プィィン c(_,,)

┌─────ヘ──────────────────────────────
| あぁ、自分のことしか考えないでハレーモララーなんかに寝返る
|おまえなんかに許して貰わないで結構だ!!
|やるならさっさとやれ!!ただししぃ姫のことはもう少し考えてやってくれ。
└──────────────────────────────────


80 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:28:08 ID:bALBE16J0


┌──────────────────────────
|何度も頃される地獄からしぃ姫を救ってやってくれ…。
└─────v─────────────────────

              もういいや諦めた
            最期までギコの馬鹿っぷりが見れて
              面白かったってことにしておこう


        ∧_,,       λ_λ  m
        (,,#=Д)     ( `−´) ノ
         |  U     (    )          ∧ ∧
        (  |      ) ) )       \ (−゚ ,,)
        (/"ヽ)     (__)_)      。 ゚  c(_,,)


81 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:28:27 ID:bALBE16J0




                        ┌────────────
                        |… 復活して下さい。
                        └─────v─────

        ∧_,,       λ_λ
         (,, ゚Д)     ( `−´)
         |  U     (    )          ∧ ∧
        (  |      ) ) )          (−゚ ,,)
        (/"ヽ)     (__)_)           (_,,)





        ∧ ∧     λ_λ
         (,, ゚Д)     ( `−´)
         |  U     (    )          ∧ ∧
        (  |      ) ) )          (−゚ ,,)
        (/"ヽ)     (__)_)           (_,,)

82 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:29:09 ID:bALBE16J0


┌────────────────
|…あれ?今の何?
└─────v───────────
           |ギコ!!耳が!!
           └─────v───

        ∧ ∧      λ_λ
         (;゚Д゚)')     (`っ´; )
         (つ ノ     (    )          ∧ ∧
        (  |      ) ) )          (−゚ ,,)
        (/"ヽ)     (__)_)           (_,,)


┌────────────────
|おぉ!?耳が復活してる!?
└─────v─────────────
           |…今のが『復活』技か…
           └─────v─────


          ∧ ∧      λ_λ
          ∩;゚Д゚)')    (`ー´; )
          ヽ   ノ     (    )
          (  |      ) ) )
          (/"ヽ)     (__)_)

    ∧ ∧
    (−゚, ,)  ))
     (_,,)

83 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:29:51 ID:bALBE16J0


 ┌───────────────
 | …ちびしぃ…ありがとう…。
 └─────v──────────

          ∧ ∧      λ_λ
         ∩゚Д゚;)')    (`ー´; )
          ヽ   ノ     (    )
          (  |      ) ) )
          (/"ヽ)     (__)_)

 ∧ ∧
 (−゚, ,)
  (_,,)

┌─ヘ──────────────────────────────────
|私はハレーモララー様に逆らう気も、今の姉の状態を変える気もありません。
└──────────────────────────────────



          ∧ ∧      λ_λ
         ∩゚Д゚,,)')     (`ー´ )
          ヽ   ノ     (    )
          (  |      ) ) )
          (/"ヽ)     (__)_)

 ∧ ∧
 (−゚, ,)
  (_,,)

┌─ヘ────────────────────────
|姉をどうにかしたいのなら、アナタが勝手にすればいい。
└──────────────────────────

84 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:30:08 ID:bALBE16J0


 ┌───────────────
 | …今のってどういう意味…
 └─────v─────────────────────
              |そんなの後!見逃して貰えたんだ、
              |さっさと逃げよう!!
              └─────v───────────

          ∧ ∧      λ_λ
         ∩;゚Д,)')     ( ;`ー´)
          ヽ   ノ     と   つ
          (  |      人 Y
          (/"ヽ)      し(_)
                                      ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


85 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:30:31 ID:bALBE16J0


 ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
(  …ちびしぃか…。侵入者に痺れ草をやられた。   )
 ) 私達を今すぐ復活させて侵入者を追え。      (
 ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜v〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'

                      ∧ ∧
                      (゚−゚,,)  ))
       :∧ ∧:           (_,,)
    :と;;⌒;;づ o゙):

               :/V\:
         :(⌒ ̄⌒O;・−・)つ::

                        l二二二l__


   ┌───────────
   |  復活して下さい。
   └─────v─────

 フゥ  ∧ ∧
     (*゙ o゙)    ∧ ∧
    /U と)    (−゚ ,,)
   と__)__)    (_,,)

               :/V\:
         :(⌒ ̄⌒O;・−・)つ::

                        l二二二l__

86 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:30:59 ID:bALBE16J0

 ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
(  おい!ちびしぃ!!早くこっちも復活させろ!!   )
 ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜v〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
                |ちびしぃ、シーン様が…
                └──v──────────────────────
                      |ここにいる者を全て復活させていたら、
                      |その間に侵入者が逃げてしまいます。
                      |痺れ草ならあと小一時間ばかりの辛抱です。
                      |ここはハレーモララー様のために
                      |侵入者の捕捉を優先させます。
                      └──v─────────────────
                    ∧ ∧
                   (゚−゚;)
                   /  つ ∧ ∧
             (((    (  |  (,,゚ー゚)
                  (/"ヽ) (_,,)

           ピクピク
               :/V\:
         :(⌒ ̄⌒O;・−・)つ::

                        l二二二l__



 ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
(  クソッ!あの忌々しいチビめ…。   )
 ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜v〜〜〜〜〜〜〜'


               :/V\:
         :(⌒ ̄⌒O# っ )つ::

                        l二二二l__
                                      ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

シーンはより一層ちびしぃを憎むことに。

87 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:31:38 ID:bALBE16J0



      ∧ ∧
      (,,#゚Д)
       (  9
      (  |
      (/"ヽ)

ギコにはしぃ姫を救いたいという強い想いが生まれる。
それに、どうも己に嘘をつきながら暮らしてるようなちびしぃのことも心配で、
二人を追い込んだハレーモララーを心底許せなく思う。

これを機に、危険にも果敢に挑み、厳しい修行も厭わないマジ勇者路線に。





      λ_λ
      ( `−´)
      ( つ ∩
      |  |  |
      (_)_)

かつては人を騙したり盗みを働き、人間を小馬鹿にしていたネーノだが、
それ以上に生きてる人間達を冒涜しまくって弄ぶシーンに嫌悪感を感じる。
ギコやガナーに出会わなければ、自分もああいう路線の人間になってたかも
しれない、とか、とりあえずの自分の武器のダガーを得物とするシーンに
同属嫌悪にも似た感情を抱く。

いつ抜けてもいいという姿勢だったネーノもこれを機にちょいマジに。


88 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:32:01 ID:bALBE16J0


            それって、ホンモノの耳なの?
            少しちぎってサンプルに貰えない?

  絶対にダメ!!

      ∧ ∧     ∧ ∧
      (;゚Д゚)') と(A゚* ,,)
      と  ノ   ヽ   つ
      (  |     |   )
      (/"ヽ)     (/"ヽ)

不老不死に興味のあるのーは、ちびしぃの復活能力に関心を持つ。
なぜちびしぃにはあのような能力があるのか、翼の生えたハレーモララーの
出生などに興味を持ち調査をはじめる。


以上のいまいち自覚の足りなかった3人も、
「姉の敵討ち」と思ってる、元々打倒ハレーモララーだったフーン、
「正義のために生きる」ガナー共々、マジモードになり団結力も深まる。



  ∧ ∧    ∧_∧    ∧_∧   λ_λ   ∧ ∧
  (,,゚Д゚)   (´<_` )   (‘∀‘ )  (`ー´ )   (゚A゚*,)     (・∀・)

89 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:33:03 ID:bALBE16J0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

┌─────────
|今日はここまで。
└──v──────


   _ )ノ
 _∧)m¨)m

90 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/10(金) 21:37:20 ID:bALBE16J0
そうだ、age進行にするの忘れてた!みんなみてね!

91 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/10(金) 22:22:23 ID:yosrY0Gk0
ただのお人好しから致命的なお人好しにランクアップしたなギコ
でも勇者ならそんくらい直情型じゃないとな、やっぱ王道的に


92 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/10(金) 23:16:29 ID:C4eMlNm+O
>>56じゃないけど、ネーノは流派の概念に縁がないみたいだから、堅苦しい技名は似合わないかな〜と
思い付くままに羅列してみる
―――――――――――――――
・槍のように
体重を乗せた渾身の踏み込み突き
それは正に槍の一撃のようである

・風と共に
盗みと攻撃を同時に行う盗賊らしい技
それは戦場を駆ける一陣の風

・跳ねるように
何かに弾かれたような凄い勢いでダッシュ攻撃を行う
瞬発力が命の突進技

・更に、爆ぜるように
『跳ねるように』を強化したラッシュ技
力がないなら手数で勝負さ!

・流水の乱
流れるような連続攻撃
華麗に、荒々しく

・たぎる魂
男のプライドとか、シーンへの怒りとか、色々詰め込んだ最終奥義的なもの
派手に行くぜ Do the Action!!
―――――――――――
ネーノの『戦闘力は低い』がどの程度か分からないけど、腕力はないけど手数で勝負系かしら


93 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/11(土) 01:56:32 ID:98ahVsEL0
そういえば 「面倒くさくて名前が無い」 っていう感じの必殺技とかあったな。
何のゲームだったか覚えてないけど

94 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/11(土) 04:13:14 ID:bqRsFwMm0
アトリエシリーズ2作目だな

95 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/11(土) 05:55:59 ID:eVuUOEJq0
ギコはネタ係なのかね、咆吼剣のくだりを見るにw
まぁ対最終決戦用の魔剣はシリアスでいて欲しいが、とりあえずネタ魔道具の方向で攻めてみるか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・猛者猛者ノ鎧(もさもさのよろい)
装備するだけで体中の毛という毛がこう、もっさもさと生える魔法の鎧。
鎧の魔力によって生えた毛は絹糸よりしなやかで鋼鉄より強靱な攻防一体の武具と化す。
例えば攻撃を絡め取ったり、突進して毛によって攻撃したりと様々に活用可能。
ちなみに鎧を外すとそれまで生えていた毛は全て抜け落ちる仕様。
つるっつるになる。勿論頭部も陰部もなにもかも。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
着るだけでもっさりさんになれる鎧というコトでw


96 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/12(日) 03:56:51 ID:67MjPJtN0
お前らあげてやれよwただでさえ人少ないんだからもっと俺らみたいなお人よしを増やすためにもさ
ネーノの技だけど所詮盗賊あがりの技なんてアサシンに比べたら素人に毛の生えたみたいなもんだろ?
そらならいっそ誰にも負けない一つの特技で相手に勝つ的な?たとえば・・・観察力とか・・・?

97 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/12(日) 05:47:29 ID:6ZXTLfox0
ネーノはシーフだし諜報能力に主眼を置いた方が良いだろうな
初めて来る街なんかで情報収集をするのにはかなり役に立つだろう
戦闘では身軽さで翻弄する役と搦め手を使う感じで、
物理的なダメージソースは勇者や剣士に任せてさ
ほら、今回煙玉にしびれ薬混ぜたの使ってたろ?ああいう道具で状況を有利に運ぶ方向だよ

つまり技というより道具を使いこなすキャラクターでどうだ
━━━━━━━━━━━━
・けむり玉
逃走や敵と距離を取りたい時に使う。
・しびれ草
しびれ効果のある薬草を乾かしたもの。これに火をつけて煙を嗅がせると相手はしびれる。
戦闘中に使うと味方を巻き添えにする可能性が。
・油壺
ぬるっとした油で敵の足下を危うくする。火種があれば次の行動時追加で火炎ダメージに発展可能。
・ボーラ投げ
足を絡め取るボーラを投げる。上手く行けば敵を転倒させたり行動を邪魔したりできる。
・罠設置
様々な罠をその時々の手持ちの道具や状況に合わせて設置する。
━━━━━━━━━━━━
こんな感じで手持ちの道具や状況を利用して戦う感じ
勿論状況によればナイフを持って避ける盾として前衛やるのも悪くない


98 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/12(日) 14:22:45 ID:8KM6GFAX0
ゲームスキルとしてはシーフとアサシンはどちらも一撃必殺特化型だが
一撃で回るダメージはアサシンの方が高いとしてあるゲームが多いぜ
どちらも装甲が薄くスピードで勝負、毒を使うなどしてよりダメージが重いのがアサシン

コンピューターゲームノリでレベルを上げていって最後にガチ対決なら、
特化された攻撃手段で確実に致死ダメージのアサシンに対して
多彩な技で一撃致死を避け、一発逆転を狙うシーフってのはすごく面白い
色々なトラップや小手先の技で相手を翻弄しつつ、
けむり玉使った残像や変わり身で相手の背後を取るとかいいな

99 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/13(月) 04:28:56 ID:RsamX86uO
ゲームでのシーフって言うと
小器用に立ち回る小勇者みたいな役目になるか
いないと一部アイテムが入手不可、が戦闘力は皆無の荷物
のどちらかだよな

RPGと銘打ってはいるが「レアアイテム入手まで"盗む"で粘るぞ」
なんてのを物語で描くわけにはいかんし前者になるかな

100 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/13(月) 08:47:06 ID:8lUM+IvG0
ネーノはずっと【元盗賊】のままなのかな?シーンに対抗意識っぽいものが芽生えた訳だし
真面目に修行してアサシンや忍者にチェンジするのも一興かと

剣士キャラが2人もいるし、後衛の弓・魔法キャラを守る中衛キャラも欲しいところかな
つかず離れずの距離で敵を防いで味方の大技で片付けるのが理想的なパーティ構成ではあるけど、創作物語にそこまで求めるのは酷か…

101 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/13(月) 08:53:47 ID:Fxxgk9+U0
グルグルのニケは、主人公で勇者だけど
職業は盗賊だったよ

102 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/13(月) 14:50:15 ID:L2Y/Xfll0
そういやそうだ
非力すぎて勇者の剣がケーキ入刀状態になってたっけw

>100
ゲームと違って物語だからこそ
戦闘バランス後回しで設定できる楽しさってのはあるぜ

103 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/13(月) 19:58:33 ID:nzxC932MO
ギコの必殺技考えた!!!111

勇者ライト
過去最強の勇者が会得した技
剣から凄い光を放つ
敵は目がくらむ

勇者グランドスラム
過去最強の勇者が会得した技
地面を思いきり蹴り、地震を起こす
敵は転ぶ

勇者タイフーン
過去最強の(ry
物凄い力で手を横なぎに振り突風を巻き起こす
敵は飛ぶ

勇者レジェンド
(ry
勇者的なポーズと共に
「我こそ、勇者なり!」と叫ぶ
敵は感服する

104 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/14(火) 23:57:45 ID:tBQkJlpb0

┌─────────────────────────────────────────
|こんなにAA少ないスレなのに、ちゃんと読んでくれてたくさんの助言ありがとう。
>>96 お気遣いありがとうよwww だがその辺はさりげなく問題定義だけ残して、
|ちょっぴり俺をミジメな気持ちにさせる1行目は削ってくれないとww

>>91
|性格にリアリティ持たせると、無償で(例えば愛とか友情だけのために)命を懸けて一途に
|戦えなくなるんだよねー。勇者の性格が等身大にリアルすぎて最後まで戦わないAA話と言えば、
|「ツーチャンレクイエム」とかあったねww昔ww

>>99
|そっか〜。かなり漠然とRPG風ファンタジーとか言ってたけど、ゲーム路線と物語路線は
|設定の持たせ方自体別物なんだな。なるほど!って思ったぜ。
>>100>>102 創作物語としても不完全、ゲーム化の予定(笑)もないから
|純粋にご意見聞いて勉強させて貰ってるぜ。

|実は自分、ゲーム機はSFCが最後で、RPGでちゃんと記憶に残ってるのは自腹で買って
|2〜3回はやったDQ4(あ、これはFCか。)くらい。うろ覚えのDQ5やFF6をはじめ、
|他のRPGは人から借りて1回やったっきりなので、あんまし記憶に残ってないっす。
|(自分自身が買ってたのはシューティングとかシミュレーションとかパズルとか系)

|なので安易に「盗賊ってゲームの職種にあったよな!」と「元盗賊」設定してはいたけど、
|その成長方向は宙ぶらりんのままでした。実際まだ未発表部分を読み返してみると
|ネーノが活躍してるところは「毒」とか「詭弁」(>>51とか>>75あたりもそんな感じ)程度しか
|描いてなかったよ。

>>97みたいな道具メインで>>98の「多彩な技で〜」以下の方向性を持たせるのが良さそうかも。

>>100
|火を噴く竜「チラネーヨ」と神父(治癒魔法メインの僧侶系)モナーは最終的には加わることに。
|中衛キャラってどんな職種だろ?(企業戦士中堅サラリーマンとか言うのは今回はナシな!!)
└──v───────────────────────────────────────

       )ノ
    ∠)m¨)m
    ┘ ┘
⌒Y

┌──ヘ───────────────────────────────────────
>>93-94
|アトリエはやってないんだよー。しっかし商業モノで客の前で「面倒くさい」とか
|結構自由な作風でやってんだな、そのゲームw

>>101-102
|これも人から借りて1回読んだかなー。ゲームもそうだけど借り物は細かい部分は
|すぐ忘れちゃうな。自分の読みたい一品を吟味して選んで、自分の金で買うってのは
|創作物への思い入れを培う上で重要な工程かも。
└─────────────────────────────────────────

105 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/14(火) 23:58:53 ID:tBQkJlpb0

そうそう、「ゲーム」と「物語」の技設定は別物ってとこで思い当たったけど、
ゲームは戦ってるうちに唐突に新しい技を習得するんだよね。
だから山ほど技設定がある方が、操作する側がそれを駆使した戦略作りを楽しめる。

だけど物語となると「新技」の登場のさせ方に「魅力」や「説得力」を持たせないとシラけてしまう。
>>103とか、ゲームだと後半でこの辺の大技習得させれば操作してる側はワクワクするところだけど、
物語だと習得に至るまでのストーリーを考えないとな。

「ギコにそれを教えるのは誰か?」

→すなわち最強かつ「ボス戦に加われない」条件を持つ新キャラを作らなくてはいけない。
 実はハレーモララーの過去(赤ん坊として放置される以前)は、壮大になりすぎると
 手に負えないとの理由で全くの未定放置なんだけど、その辺絡めないと難しいかもなぁ。
 最後の「勇者レジェンド」はカッコイイポーズ=ギコギコ団(制服スレ界隈)になるのかな?


「なぜ他のキャラではなくギコだけが習得できるのか」

→「朴訥な田舎モノ」設定で出しちゃったギコに、未知の潜在能力を埋めておかないといけない。
  ちなみに「元勇者の子孫」設定は、実はガナーでストーリー書いちゃったんだ。
  やべぇ、ひょっとして勇者の初期設定の段階で破綻してる!?

うーむ、この辺保留のまんま進めるから、読み進めていく中、違和感のある話や
詰めの甘い話があったら、ガシガシ赤ペン先生してくれちゃってもいいからね!!
保留部分を丸ごと考えてくれたり、散らかったネタをストーリー的にもうまいことまとめる
お人よしさんも協力してね!!

106 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/14(火) 23:59:40 ID:tBQkJlpb0
>>92
これも、ゲームならクールなキャラを連想させるある意味カッコイイ系の技名だが、
物語路線となると、かっこ良過ぎて使いこなすのが難しいww


       ┌─────────────────
       | は!?俺の剣どこにいった!?
       └─────v────────────────────────
                  |俺のもだ…!アイツがパッと目の前に現れたと
                  |思ったら、一体、何が起こったんだ!?
                  └────v──────────────────



                __l二二二l   __l二二二l
             Σ  ( Д ;)   ( っ  ;)
                と     つ  (つ と )
                 ( ( (      |  |  |
                 (_(_)    (_(_)


107 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:00:11 ID:RwTMQ3Ti0


         ┌─────────────────
         |
         |    『 風 と 共 に 』
         |
         └───────v─────────

             フッ                      __
                 λ_λ       ___,,-==ニニ二二_   ̄`¬―-- ___
                 (`ー´ _,)..--¬二 ̄/          ̄¬-、    ,r'⌒
         <二二]{( '∠⌒ヽ、  __,,..-¬ ̄r´ヽ            `ヽr'´
              // `ヽ, ノ  ̄  イ-―-'__,ィ'
             (⌒ヽ /  ヽ     l /  /        +
              ゙ー'´  __,,-{_]{_]{_]三|U/7二二二二二フ
           / ̄ ̄ ̄ /弋器ヲ    lオ\\
           l⌒`ヽ、-、_  \/   ノ i,,」  \\   カシャン
          /    /、二_,,..--―'"  /      \\
         /    /    /     ノ     ,--、\|
         /  、/     l ゞ/ ̄""' ̄ ̄ ̄if ff^i
       ,r≦r‐-ュ      l /      _,,.-/f⌒='
     r-'亥く,,__,,/       ヽl_,, -‐  ̄  r=乍三ヨ
     lニニfヽ三」                ヽ_ノ三ヲ
                             ̄ ̄

…みたいな感じに使うんだよね!?ウマくやればサマになりそうだけど、
ちょっと俺のレベルじゃギャグに見えるよwww

108 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:00:42 ID:RwTMQ3Ti0
>>95


              きゃぁぁぁ
  !?        ギコの変態ぃぃぃ!!
                               ,
  ∧ ∧             ∧_∧    ∧ ∧ 从
  (,,iii゚Д)            (; >っ<)   (-A-#)(:::ノ
  と  ::つ           と   つ     |   つ
  ( ( :ノ            / ( (     |  )
   U U ファサ        (__(__)     U"U
    彡ミ彡ミ

これはwwwヤバスww一度は間違えて使っちゃったとしても、
わかってて使い続けたら変態キャラになっちゃうじゃんwww
しかしつるっつるのギコで俺が想像したビジョンはコレだ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Sphinx2_July_2006.jpg

マジメに考えると、一度は主人公が手に入れようとして、悪い奴に横取りされて
結局悪い奴がつるっつるになって「使わなくて良かった、危なかったー」
路線が無難な使い道かな?


109 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:03:43 ID:RwTMQ3Ti0
それともこの>>95の鎧が似合いそうな新キャラを考えてみるとか。
自分の肉体美がご自慢のマッチョな武道家あたりかなー。
それなら毎回毛が抜け落ちても、全身にテカテカオイル塗ってたらサマになりそうだw
マッチョといえば兄貴というコテを真先に思い出すが、内輪受け過ぎるので、
ここはもうちょっと汎用的な「マッチョおにぎり」か?

        /■\
        ( ´Д`)
       __〃`ヽ 〈_
   γ´⌒´-−ヾvーヽ⌒ヽ    使用前
  /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ
  /    ノ^ 、___¥__人  |
  !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  )
 (   <_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /

        ミ ■ 彡
        ミ #´Д`彡       使用中
       __ミ    彡
   ミミミ       彡彡彡

        / ̄\  +
        ( *´Д`)        使用後
   +    __〃`ヽ 〈_
   γ´⌒´-−ヾvーヽ⌒ヽ

旅の仲間に入れるとしたら、既出キャラにはいなかったタイプとして、
「自分より強い奴と戦ってみたい」、戦い以外には興味薄い純粋戦士系かな?


      /■\
      ( ´Д`)   三頭身キャラにあわせた場合
     ( ) y/ ノ)
      U二二lU
      <_ノノ__>
      (___|___ノ
      (_)__)


      /■\          しまった、他のキャラは服描いてなかったから
      ( ´Д`)          独りだけ着衣は違和感アリか?いや逆に脱いでる方が違和感。
     ( )、__y__ノ)   ∧ ∧
      U {土}lU   (゚Д゚,,)   うっはぁ、となると全員の「着衣」も根本的に見直しを
      ('⌒廿´)    |  U    する必要が出てきちゃうか?AA技術的に保留だ保留!!
      (  | ノ    |  )
      (_)__)    U U

110 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:05:01 ID:RwTMQ3Ti0
>>108のリンク先ウィキペディアの画像だったけどダメみたいだ。ブラウザで見てね。


┌───────────────────
|それでは第二章の続きです。
└──v─────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


111 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:06:18 ID:RwTMQ3Ti0

■謎のオッサン■

内部調査の結果、今の自分達のレベルじゃハレーモララー討伐はまだ無理だという
ネーノの判断だったが、しぃ姫を救いたいギコと、ここまできてもう引き返したくないフーンは
気が治まらない。
なら初期メンバー2人でやっちまおうかと酒場で意気投合している時に、
別の席で「フ…甘いな…」みたいなことを言ってくるニヒルなオッサンが。



  ∧ ∧    ∧_∧       λ_λ
  (,,゚Д゚)    ( ´_ゝ`)     (ノAヽ )
   U 日    (   日      O日 と)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


上から目線でギコ達の無謀さを諭すオッサンが携えてる長剣を見て、
フーンとオヤジが勝負する流れに。


  ∧ ∧    ∧_∧       λ_λ
  (;゚Д゚)   ( #´_ゝ)      (Aヽ  )
   U 日   (   つ      O日 と)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

112 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:07:12 ID:RwTMQ3Ti0

謎のオッサンにフーンはあっさり一本取られる。
「○○家(フーンの苗字)の跡取りにしては弱いなww」と言われ、
フーンは動揺するが、剣の紋章とフーンの子供の頃の面影でわかったとのこと。


             |
     λ_λ    ∧_∧
    (  ノA) /<_`;  )
    (    ×  と   )      ∧ ∧
    / / 〉 〉   / ( (      (Д゚;,,)
   (__)(__)  (_)(_)      と  |


実はオッサンは名の知れた剣豪。この地に住む旧友フーンの父に
会いに来てみたが、亡くなっていたことを知りガックリして飲んでたところに
その息子らしき奴が酒場で無謀な挑戦に息巻いてるのを見て、
更にガックリしたとのこと。

そういえばフーンは幼い頃にこのオッサンに会ったことがあるような気が。
「俺なんかよりずっと凄い剣豪で、こいつはいつか伝説を作る」なんて、
父親が嬉しそうにもてなしていて、自分もちょっと甘えた覚えが。
これがあの時のオッサン!?


   λ_λ     ∧_∧    ∧ ∧
   ( ノAヽ)    <_`   )   (゚Д゚*)
   ┼   )     U   ヽ    U U |
   | |  |      (  〈 〈     |  )
  .(|_)_)     (__)__)    U"U

フーンはオッサンに稽古をつけてくれるよう頼み込む。
(一応剣使いのギコも一緒に)


113 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:07:58 ID:RwTMQ3Ti0


                      ,
   λ_λ  ∧_∧   ∧ ∧  ノ)
   ( *ノAヽ) ( #>っ‘)  (A #,)(:::ノ ボウッ
   (    つ/ U U    |   つ
    ) ) ) (  Y ヽ     |  )
   (_)_) (_)_)   U"ヽ)


ということで、今までのメンバーと桁違いの実力のオッサン『ノーネ』もパーティーに。
入ってみると、若い女の子に大喜びで、なんか最初のニヒルなイメージと違ったけど、
フーンとギコは彼に修行に付き合って貰ってかなりのレベルアップ。


  【剣豪・ノーネ】

    λ_λ   フーンの父の旧友の凄腕の剣豪。
   ( ノAヽ)  パーティーに加わり、フーン達の修行につきあうことに。セクハラ好き。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
ノーネは他のキャラがレベル15位なら、レベル40位あるキャラ。
地道にキャラを成長させてる路線でで、この力のバランスを崩すキャラの使い道は…
想像つくよな?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

114 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:08:28 ID:RwTMQ3Ti0

■ハレーモララーと対決■

他のキャラを強くするエピソードと同時進行でノーネの元で着実にレベルアップする
ギコとフーン、新必殺技完成。ネーノのアイデアにノーネのアドバイスで
ハレーモララー一派と、元凶と思われるマニーの討伐計画。いざ実行に移す。

ハレーモララー vs ギコ、フーン、ノーネ
シーン      vs ネーノ
ちびしぃ     vs のー
マニー      vs ガナー

ちびしぃに関しては完全な悪者とは思えないので、
httpレーザーのダメージを魔法で軽減できるのーが、
戦いというより、話をしてみる方向で。


対ハレーモララー組。
                           /
                    λ_λ ×
                   (ノAヽ )')
                    r    ノ
                   (_) ヽ
                      ヽ__)
      ___  ∧_∧
      \二二\( #・Д) ∧二二二二二二二二二二>
        \ニ>(    つ<< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
            / / 〉 〉  ∨二二二二二二二二二二>
           (__)(__)


ほとんど不意打ち、しかもハレーモララーの攻撃も器用によけるノーネの参戦で、
かなりいけそうな予感。


115 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:08:51 ID:RwTMQ3Ti0

別ルートでマニーを捕捉しようとしていたガナー。マニーの方はほとんど武力がないので
ガナー独りでも容易と思われていたが、ここが誤算。

     円_円  ∧_∧
    ¥;-Д-) (−‘; )
    (    ) と    )
     |  |  |   |  |  |
    (_)_)   (_(_)

マニーは、実はハレーモララーに脅されて苦しんでいた自分も被害者、みたいな話をガナーに
聞かせ、油断したところを部下達に捕まえさせる。


だがマニーとしては、最近の目の上のたんこぶハレーモララーをやっつけて貰えるのは悪くない話。
万が一ギコ達が勝った時に、この一派に敵認定はされたくないので、今は自分の身を守るためだからと
ガナーを拘束した無礼を詫びつつ、神殿から脱出。宮殿に戻りこの流れとは一切関係ない構え。

(ガナーを拘束しといたことで、ハレーモララーが勝った時の言い訳も成り立つ。
 ギコ達が勝つ→ガナーは無傷で助かる ハレーモララーが勝つ→ハレーモララーに引渡しの意向 )


                      |   |
                      |   |
     円_円         ∧_∧ |
    ¥   ・∀)        (‘−‘# ) |
     (    )        ミ三三三彡
     |  |  |         ミ三三三彡
     (_)_)        (_(_)_|

正義か悪、今まで完全に割り切って考えていたガナーにとって、物腰丁寧で逆に割り切れない
マニーは不可解な存在で、逆に嫌悪感がヒシヒシと。

116 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:09:59 ID:RwTMQ3Ti0

のーは、自分はこの間ここに忍び込んだギコ達の仲間で、ちびしぃと姉をここから
救い出すつもりがあることを語り、ちびしぃは黙ってそれを聞く。
だが、今、ギコ達がハレーモララーと戦っているという話になった途端に、
ちびしぃはのーの前から姿を消す。


  ∧ ∧           //
  (;゚A゚)         //
  / つ
  (   |
  (/^U


ハレーモララーは腕を失い武器も持てずに破壊レーザーも出せない。
翼も一枚破損し飛べなくなり、かなり追い詰められた状態に。ノーネtueeeee!!



      ___  ∧_∧        λ_λ
      \二二\( #・Д=)       (ノAヽ )
        \ニ>(@   @    ──┼と   )
            / / 〉 〉;        |  |  |
           (__)(__)・.      (_(_)

        ∧_∧      ∧ ∧
        (   #´_>     (Д゚# )

117 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:10:24 ID:RwTMQ3Ti0


ノーネがいざとどめを刺そうという時に、あの声が聞こえた。


   ┌──────────
   | 復活して下さい。
   └──y────────

                             λ_λ
      ___   :∧_∧:          (Aヽ  )
      \二二\ :( #=Д):     ──┼と   ヽ
        \ニ>(   @┐          ( 〈ヽ \
            と_)(_)          (_) ヽJ


形勢逆転。



                             て
                          λ_λ  て
      ___   ∧_∧        (Aヽ;  )
      \二二\ (  #・∀)/ ──┼と   ヽ
        \ニ>(   つ┐:゚::。:     ( 〈ヽ \
            と_)(_)\      (_) ヽJ


腕が復活したハレーモララーによってノーネはギコ達の目の前で木っ端微塵に頃される。
その攻撃はギコとフーンにも向けられるが復活したばかりの腕にはかなりの負担だったらしく、
ハレーモララーは弱り気味で決定打が出せない。(それでもギコ・フーンよりは桁違いに強い)
ちびしぃの予想外の行動に、ギコは困惑しつつ、フーンと共に脱出。(途中ガナーを救い、
まだシーンと対峙中だったネーノも一緒に退却)

118 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:10:48 ID:RwTMQ3Ti0

┌────────────────────────────
|今のハレーモララー様が奴らを追跡なさるのはお体に障ります。
|ご無理はなさらないで下さい。
└──v─────────────────────────

     ___   ∧_∧
     \二二\ ( ;=Д=) ハァハァ
  ∧ ∧  \ニ>/ U と)
  (,,;゚−)      ) ) )
  (_,,)      (_)_)


  ┌───────────────────────
  |だったらオマエがさっさと行け!!この役立たず!!
  └────────v───────────────

     ___   ∧_∧
     \二二\ ( #・∀・) ))           バシッ!!
        \ニ>(9    つ 三三三 ミ ヽヽ
           三三三彡             ∧ ∧  て
           (_)(_)        Σ (;;__(,, ゚ o)。‘  て


119 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:11:59 ID:RwTMQ3Ti0

       ┌───────────────────────
       |…申し訳ございません。これより行ってまいります…。
       └──────────────v─────────

     ___   ∧_∧
     \二二\ ( ・∀・)        ヨロッ
        \ニ>(    )           :∧ ∧
            |  |  |        (((  ::( ii゙┰)
            (_)_)           :(_,,)


  ┌───────────────────
  |…自分の復活は出来ないのか…?
  └────────v──────────────────
                             | …はい…
                             └──v────
     ___   ∧_∧
     \二二\ ( ・Д・)
        \ニ>(    )              :∧ ∧  ゴフッ
            |  |  |              ::( ii゙ o) 。
            (_)_)              :(_,,) ’


  ┌────────────
  |…もういい。追わなくていい。
  └─────v───────

     ___   ∧_∧
     \二二\ ( -Д-)
        \ニ>(    )              :∧ ∧
            |  |  |              ::(;;;゚−)
            (_)_)              :(_,,)

120 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:12:25 ID:RwTMQ3Ti0


  ┌───────────────────
  |…オマエのおかげで助かったんだしな。
  |今日はゆっくり休め。
  └────────v──────────

          ∧_∧  ___
         (-Д- )/二二/
          (    )<二フ          ∧ ∧
           Y 人               (゚−゚;;)
          (_)`J               (_,,)


  ┌───────────────────────
  |…手荒なことをして申し訳なかった。
  └──y────────────────────
                  |…いえ。大丈夫です。
                  └──y────────

                    ∧ ∧
                     (−゚ ;;)
                     (_,,)

                              ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


121 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:12:58 ID:RwTMQ3Ti0

ネーノはシーンを毒殺しようとするが、いつもと違うタイミングで差し入れられる
食べ物にシーンは疑いを持つ。犯人を炙り出すために、毒はあえて見破っていない
フリをして食べ物に手をつけず具合が悪いと寝室へ。

寝室で無防備な状態、しかも体調不良のシーン相手なら勝てるかもと忍び込むネーノは
逆に完全武装のシーンに見つかる。どう見ても勝ち目はない。


    /V\           λ_λ
   (  ・−)         (−´; )
   (    )          (    )
     |  |  |            |  |  |
    (_)_)          (_(_)

シーンも相手がギコと共にあの痺れ草をかました男だとすぐ気づく。
弱い奴をネチネチ虐めるのは好きなシーンだが、自分を傷つけるリスクを
犯してまでは戦いたくない派。二人はどちらから手を出すこともなく会話を交わす。

本心ははぐらかしつつお互いの腹を探るような会話をしながら、
シーンは提案を持ちかける。こっちに寝返れば高い報酬と身分を保障してやると。
交渉は決裂したが、「利害関係もない不確かな感情で人間を信じるなんて愚かなことだ。」
みたいなセリフが心に突き刺さる。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
バトルシーンは、師匠ノーネ&弟子フーン&頑張る勇者(まだちょい弱)の連携バトルとか、
狡猾なマニーに言いくるめて拘束されちゃうガナー(ナイスプロポーション)や、シーンvsネーノの
直接的ではない毒vs毒の心理戦みたいな見どころいっぱい!!!…のはずなので、
脳内で補完しておいて下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

122 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:13:18 ID:RwTMQ3Ti0

■復活の儀式■

ノーネも頃され、ギコ達は勝つ手立てがなくなった。
そんな時、街にハレーモララーの神殿で、「ハレーモララーの更なる奇跡の神の力」
のお披露目があるとの通達が。ギコ達が紛れ込んでみると、壇上には氏んだはずの
ノーネの姿が。しかも暴行の痕らしい傷が多数ある。


      ___  ∧_∧       λ_λ
      \二二\( ・∀・)     (ノAヽ# )
        \ニ>(    )     ミ三三三彡
             |  |  |      ミ三三三彡
            (_)_)      (_(_)

ギコ達が助けに行こうとしても、遥か向こうにある神殿の壇上の警備は今まで以上に
厳しく、迂闊に動けそうにない。
公の前でノーネは「凶悪な人頃しの強盗」と紹介され、ハレーモララーに罪を懺悔するよう
促されるが、逆にハレーモララーを罵り、ハレーモララーの光り輝く剣の形をした
レーザー(?)により処刑される。

                        ,・
      ___  ∧_∧       ,_λ
      \二二\(  ・∀) ∧二二;;;Aヾiii )二二二二>
        \ニ>(    つ<< ̄ ̄;三三三彡.’
             |  |  |  ∨二二;;;三三彡二二二二>
            (_)_)      (_(_) ;・,

123 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:13:46 ID:RwTMQ3Ti0

氏んだノーネに祈りを捧げるハレーモララー。

      ___  ∧_∧
      \二二\(  -∀)
        \ニ>(    つ
             |  |  |     ζ_λヾヾヾ
            (_)_)   ,;;Aヾiii )| | | |⌒)


ノーネは蘇る。一般の観客は非常に驚く。ハレーモララーがやったように見えるが、
実は舞台の見えないところから、ちびしぃが復活の呪文を唱えたようだ。


      ___  ∧_∧
      \二二\(  ・∀)      λ_λ
        \ニ>(    つ      ( ノAヽ)
             |  |  |       (つと )
            (_)_)      (_(_つ

ノーネはたくさんの聴衆の歓声に驚いている。様子がおかしい。
表情にかつての剣豪の精悍さはなく、迷子の子供みたいに怯えきっている。

124 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:14:16 ID:RwTMQ3Ti0

…ハレーモララーはノーネの頭部を破壊しておきながら、ちびしぃに
脳の完全復活はさせなかった。記憶を司る部分が壊れたままのノーネは
自分の名前も思い出せない。ハレーモララーに逆らった記憶もなくなった状態に。


      ___  ∧_∧
      \二二\(  ^∀) λ_λ
        \ニ>(    つ(Aヽ; )
             |  |  |  と   )
            (_)_) (_(_つ

優しく声をかけノーネを助け起こすハレーモララー。記憶がなく、
大衆に晒され不安でいっぱいのノーネはハレーモララーに寄り添い、
ハレーモララーはノーネの手をとって大衆に呼びかける。
「我の加護を受ける者は、裁きを受けたのち正しき者として復活できる」と宣言。

今まで「一方的に罰を与えるだけの虐殺者じゃないか?」といった疑問を
持っていた者達も、ノーネが傷ひとつなく素直な状態で復活したこの光景を見て
「ハレーモララーの技は『救いのための天罰』で、本当に神かもしれない」と思うように。


125 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:14:38 ID:RwTMQ3Ti0

あんな風にノーネの命を客寄せの道具にしたことをギコ達は許せないが、
ノーネという戦力を失ったメンバーでまたハレーモララーに挑むのは無謀すぎる。
全員ガッカリモード。

特にギコはちびしぃに裏切られたような気持ちになっている。
姉を案じているちびしぃがあの場面でハレーモララーを助けたことが解せない。

┌───────────────────────────────────
|あの子がハレーモララーを助けたのは、ギコの言うように恐怖で支配されてるんじゃ
|なくて、自分の意思だと思う。
└───v────────────────────────────────
         |なんで?自分の親を頃し、姉を酷い目に会わせる敵だよ!?
         └───v────────────────────────
    ∧ ∧
     (*-A-)   ∧ ∧
    (つ O    (Д゚;,,)
    と__)__)    と  )

┌──────────────────────
|確信は持てないけど… でもなんとなく…。
└───v──────────────────
               なんだよ
    ∧ ∧         ハッキリしないなー
     (;-A-)   ∧ ∧
    (つ O    (Д゚;,,)
    と__)__)    と  )

126 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:15:08 ID:RwTMQ3Ti0
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.........
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,.....
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,.....

┌────────────────────────────
|ちびしぃ。もう少し大きくなったらオマエは俺の子を産め。

|俺の力は巨大だが、破壊の力のみだ。
|オマエの復活の力が欲しい。
└─y──────────────────────────

∧_∧
    )
   つ∧
  ⌒ヽ ,,)
 ̄ ̄|し'__)

┌────────────────────────────
|俺の破壊の力とオマエの復活の力がひとつになれば、
|次に産まれるハレーモララーは真の神の力を持てる。
|悪くないだろ?
└─y───────────────────────
     |私はしぃ族の…アフォしぃ元国王の娘です。
     └─y────────────────────
   ギュッ

∧_∧ ∧
  -∀)゚,,)
   つ__,,)
  ⌒ヽ
 ̄ ̄|し'

127 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:16:35 ID:RwTMQ3Ti0

┌───────────────────────────────
|ならば、俺達の子が王になればいい。
|二代目ハレーモララーは人の生き死にを支配できる神の力を持つ王だ。
|この国だけでなく世界中に俺達を認めさせることができるぞ。
└─y─────────────────────────────


∧_∧ ∧
  ・∀)゚,,)
   つ__,,)
  ⌒ヽ
 ̄ ̄|し'


┌────────────────
|一緒に世界を作ろう。ちびしぃ…。
└─y───────────────

∧_∧ ∧
    -)゚,,)
    つ__,,)
   ⌒ヽ
 ̄ ̄|し'
                              ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


凶暴でも孤独だったハレーモララーの中で、ちびしぃは重要な存在に。
(だが一方的に命令。ちびしぃは相変わらずの命令にただ従う反応。)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
ちびしぃ側からは具体的な感情表現ナシ。読む側にいろいろ推測させるのも小技(?)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

128 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/15(水) 00:17:07 ID:RwTMQ3Ti0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

┌────────────────────────
|今日はここまで。
|次回からは第三章、ハレーモララーは一旦置いといて、
|ギコ達一行はしばらくまた別の修行の旅に。 
└──v─────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

129 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/15(水) 08:59:53 ID:qCo/d2mZ0
         (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: 、
      〜〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、    ど ロ こ
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,)   も リ の
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ  め コ
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ < ! ン
     l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   )> く,
 〜v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ `/l/!/⌒Y
     l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


130 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/15(水) 13:29:04 ID:n01m/HYD0
ちびしぃ…なんか行動のつかみづらいょぅι゙ょだと思っていたら…
愛だったのか、そうなのか

131 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/15(水) 17:55:25 ID:mvDK9RbI0
愛と呼ぶにはいささか哀しすぎる感情だがな…
とはいえ、必要とされること、それをよすがとすることを責められる人間なんて居ない


132 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/15(水) 18:43:32 ID:qBObVq3H0
噛ませ犬www

133 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/16(木) 10:40:15 ID:rjo2QrZX0
噛ませ犬の噛ませっぷりが見事に王道

134 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/18(土) 11:50:08 ID:nTZfvIJmO
>>104
中衛キャラなら、魔法剣士とか複合系かな
剣での接近戦、魔法の遠距離もこなすバランスタイプ

よく言えば万能、悪く言えば特徴がない
何でも出来るから、魔法使いや弓使いを守りながら前衛を援護したりするのが定番かな?

勇者もどっち付かずなタイプだけど、ギコは前衛でボカスカやってそうなんだよな…
のーより威力は低いけど魔法を素早く発動出来る、フーンにパワーは負けるけど炎や氷の剣技が使えるみたいな個性がないと戦闘で目立たなくなってしまうんじゃ…

モナーが武闘派神父だったりしたらそれでも中衛として成り立ちそうだけども

135 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:49:47 ID:KCPznIuX0

┌───────────────────────────────────────
>>129
|ギャグスレだったら登場させたいwww
|調子に乗ってるハレーモララーに一喝して欲しいっすね。

>>130-131
|まだ「愛」と言い切れない、どっちに転んでも良さそうなとこで止めてるよ。
|つーか自分自身、どっちでも話が作れそうだから迷い中。
|結局最終戦の結果は1つに絞らず数パターン箇条書きしてるんだよね。
|ゲームのマルチエンドみたいな?
|(箇条書きって部分でもう、最後の方のAA的な期待は捨てといてね!)

>>132-133
|酷いよなwwよく俺のリアリティある系話の登場人物が「悲惨だ」「鬱だ」とか言われるけど、
|こんな扱いのキャラの方がよっぽど可哀想だよなぁー。
|(同情票が集まりそうな若いイケメンとかじゃなくて、オッサンなところがもういかにも)
└──v────────────────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

136 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:52:53 ID:KCPznIuX0

>>134
なぜ中衛キャラが必要なのか、実際ピンときてなかったんだけど>>134の描写みて
戦闘シーンが浮かんで、自分の考えの中で欠けてた部分がわかった。

要は「登場キャラ達の魅力を引き出す配置」だね。
確かに今の俺の持ちキャラだけじゃ使いどころが一箇所に固まってたり、
すっぽりガラ空きになってる場所があったりするよ。うん、そうだ。
具体的に戦わせるとバランス悪い。

はぁ〜〜、個々の技をどうするとかだけじゃないんだね〜〜。
舞台上のキャラの配置を考えて、全体が魅力的に見えるバランスを模索する。
アレだ、単純に種を植えて水をやって咲かせた花を生えたままで見せるのではなく、
その花をより美しくみせるために、バランスよく並べた「生け花」という形にしてみせるような
なんかそういう『様式美』の重要性って奴ですね。

普段の俺がやっている「キャラを動かしたらそこが舞台になる」方式ではなくて、
「華やかな舞台のために動けるキャラを用意する」方式を良質な方に突き詰めて行こうと
すると…これは難しい。
いや、適当にキャラ生み出すのは簡単だよ。それを「全体の中で魅力的に配置する」のか…。
単純に「中衛キャラ出せばいい」ってレベルじゃねーぞ。

やべぇ、これって「こんな資格見よう見まねで簡単に取れそうじゃんww」となんとなく勉強始めて、
そのテキストの分厚さと意外にも必要とされる知識の多様さ奥深さに驚いた時のような、
手をつけてみて初めて理解できる「大変さ」みたいなモンを今実感しちゃってるよ、俺。

うっはー、でも素人が考え込んで動けなくなっても何一つ得することないから、今は保留で次いこ、次。
(いち作品=人生勝負でもなんでもない素人は、100点満点狙って試行錯誤で止まるより、
抗ったり数打ったり、失敗して恥かいたり人から教えて貰うことが経験という名の勉強なのさ!!)

────v────────────────────────────────────────

       )ノ
    ∠)m¨)m
    ┘ ┘
⌒Y

┌───ヘ───────────────
|では第三章突入。最初は主にガナーの話。
└───────────────────


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


137 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:54:47 ID:KCPznIuX0

第三章 『起承転結』の『転』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハレーモララー征伐にますます真剣味を増す主人公達はますます強くなる。
逆に敵のハレーモララーの過去が明らかになり、ちびしぃとのことも含めて
弱い人間チックな面を描写。
強くなるギコ達と弱点が見えてくるハレーモララー、最終決戦に向けて力のバランスを
ギコ達勝てそうかも?って位置に調整しときます。




■過去を探る旅■

氏ぬことを怖がり、不老不死を模索しているのーは、この残酷な復活を目の当たりにして
自分が目指している「命の支配」に不安を感じる。氏の苦しみから逃げたいけど、
ノーネやしぃ姫のように氏なせて貰えない命はアリなのか…?みたいなことを
ちょくちょく考えるように。

同時にちびしぃがどうしてあのような力を身につけたか、ハレーモララーなる異形の
存在がなぜこの世に存在するのかを本格的に調べる。

    ∧ ∧
     (;-A-)
    (つ ヽ
    と__)__),)


ハレーモララーが登場したキッカケはマニー。マニーがどこかで拾ってきて教祖に
仕立て上げたらしいが、その前はどこにいたのか?のーは調べているうちに
遠方にある、ハレーモララーが育ったまたーり教の教会の存在を知る。
そこは自分が探していたアロエリーナの産地のそのまた向こうにあった。



    ∧ ∧       ∧ ∧    ∧_∧
     ( *゚A゚)      (Д゚ ,,)   (<_`  )
   と   つ      と   )   (     )

のーは、ハレーモララーの出生地に行こうと皆に呼びかける。
途中アロエリーナの産地に寄りたいとも。お尋ね者になってしまったギコ達は
このまま城下町に留まるのも難しいし、確かにそこにいけばヒントがあるかもしれないと
納得、またーり教教会は新たな目的地に。

138 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:55:33 ID:KCPznIuX0

■旧勇者伝説■

旅の途中、山奥の割には裕福そうな村に行き着く。そこで一行は古い勇者の像を見つける。


   |\∧/;;|
   ヽ二二;;;;;/
   (‘ー‘;;;;)
    「 y/;;;ヽ
    |>=<  ;;;;>       λ_λ     ∧_∧
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;|     ( `ー´)   (へ‘  )
            ;;;;|     と    )   (    )

ネーノは「この勇者、ガナーに似てるなww」なんて冗談を言うが、
勇者像についていた紋章が、自分の家にあったモノと同じでガナーはハッとする。

村長と会い話をする。この村が場違いに裕福そうなのは、この地特産の果樹が
あるからだそうだ。

ではここに祀られている勇者は何者か?次のような話を聞く。

300年前、森の中の誰も入ったことのない奥深い場所で、大きな岩から魔物が現れ
自らを魔王と名乗り村人達や国中の人々を虐殺しまくった。


《登場キャラ紹介》

【旧時代の魔物:コリンズ】

  / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |           |
  |  ()  ()   |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |    ∀     |< 氏ね!
  |           |  \______________
  |           |
  └.─.─.─.─.┘


それを退治したのが、この像のモデルとなった旅の勇者だった、とのこと。

139 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:55:56 ID:KCPznIuX0

村長に勇者のお宝なんかも見せて貰うが、その中にガナーのペンダントと同じ素材の石
があり、話を聞くほどこの勇者がガナーの先祖だと確信する。


 ∧ ∧      ∧_∧
 (,,^Д)    ∩‘o‘;∩
  |  つ    ヽ    ノ

    ∧_∧    ∧_∧    ∧_∧
  . (    )   (    )   (    )

村人達も勇者様の子孫再来とガナーは持て囃され、一行は豪勢な歓迎を受ける。
さんざん飲み食いした後で、村長に「実は最近になって森の奥で魔物を見かけたという
話が何度かあって…よかったら退治してもらえないだろうか?と頼まれる。




ノーネのことでハレーモララーへの復讐心が一層強くなったフーンや、
早くアロエリーナを見つけたいのー、他人事には無関心なネーノは
放っておいて先を急ぎたいところだが、人のいいギコと、頼りにされまくった
ガナーが超乗り気で、一行は寄り道して森探検をすることに。


                       ♪
    ∧ ∧   λ_λ              ♪
    (,,゚Д゚)  ( `−´)        ∧_∧
      U  |   (    )        ( *‘∀^)
    (  |   人 Y        と    つ

生まれ育った村では、正義感が強くても勘違いの突っ走りが多くて、
もっとおとなしく女らしくするよう村人達に諌められていたガナーは
ここでの頼られっぷりにかなり気をよくした様子。
魔物は自分が仕留めると意気込む。


140 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:57:01 ID:KCPznIuX0

┌─────────────────────────────────────
|  / ̄ ̄ ̄ ̄\
|  |           |  文献に残ってた姿形と岩から現れたということから
|  |  ()  ()   |  たぶんゴーレム系だと思うわ。
|  |    ∀     |  でも不思議ね。森の奥深くに棲み人間と関わることのなかった
|  |           |  ゴーレムが自分から魔王を名乗り人間を虐殺するなんて…。
|  |           |  自分からそんな悪意を持つような魔物じゃないって
|  └.─.─.─.─.┘  本では読んだけど…。
└───v──────────────────────────────────
            |それは本に書いてあっただけで、実際は違ってたってことでしょ?
            |のーちゃんは勉強熱心なのはいいけど、本の知識だけを鵜呑みにしてたら
            |頭カッチカチになっちゃうよ。
            └───v────────────────────────────

    ∧ ∧         ∧_∧
    (*゚A゚)         (‘へ‘# )


┌────────────────────────────────
|憶測だけで突っ走ってドジをやらかすよりは
|過去の情報を元に前もっていろいろなケースを想定しておく方が
|合理的だと思いますけどぉ?
└───v────────────────────────────
           |あら、それ誰のことを言ってるの?
           └───v──────────────
    )))           )))
   (((           (((             おい、仲間同士で     フーンやめとけ、
                                言い合いは…       女同士の諍いに
    ∧ ∧         ∧_∧                           男が口出したら
    (# A )         (ー^# )     ヒェー  ∧ ∧  ∧_∧  λ_λ  嫌な方向に
     U  |         (    )         (゚Д゚iii)  (´<_`; ) (ー´; ) 巻き込まれるぞ

ここに来て女キャラ同士が険悪な雰囲気に。


141 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:57:34 ID:KCPznIuX0

気まずい空気のままキャンプで一泊、翌日村長に言われた場所に到着する。
樹齢500〜1000年と思われる巨木が鬱蒼とした森の中の綺麗な泉のそばに
苔生した数個の岩。そのそばに他の巨木より若い樹齢100年くらいの木が。
魔王の元住処と聞き、おどろおどろしい場所を想像していた一行は、
その土地の神秘的な美しさに心奪われる。
              ヾ、  _
               i:レ´  ∠   _
 从(      ___  ´ ̄`i:|  /   /___,.               个
 》ヽミ       `゙'ー、  {:レ' _,.-'" ̄`                从ゞ
_ミ ミヾ    }'    ` ̄ヽ.};|,.-'´  /                  〃∧
ノ/〃くヽ   \ ヽ、  `!;,/   レ  /               彡从ゞ
∠彡〃ゞ  、! >、ヽ i ,!:j l/ !_,.-'"  !- ..::......:::::...:::::::....::. . /〃ゞヘヽ
彡〃l|lミ    l'  、`゙'ヽ「 }::! _j:!_,.-'"_  _/ ;:゛゙'' ;::゙ ;;:゙゛;:゛゙'';::;:゛ 从ミ ミヾ
〃从∧ヘゝ __ゞ、__ヽ `ヾ'! レ' ノ´ ̄`゙'ーく_,.  ゝj;;:゙:;゛`ヾ;::;゛`ヾ;;'; 爻人ヾハ
〃ソハゞヾ      `ヽ  } :;;/'´  〃´  _,j  ;:゙゛;';;:::'゛;:゛゙'':゛ヾ;:゛ ノノソハヘヽ
ヾ;:゛゙''ヾ;::゙';: `゙'ー==ッヾ、」 :;i' ーy' {´ 、/__,. ::;゛`ヾ;;:::'゛゙ゝj;;:゙゛;' 彡〃l|lミ ミヾ、
::;゛`ヾ;;:::'゛゙ゝ     {ミ、ノ ;;:|   i;:i'  iレ'   ヾ;:゛゙''ヽ;::゙';:;゛`ヾ; 〃ソハゞヾミー'
゛゙ゝj;;:゙゛;';;:::'゛;:゛゙'';::  `ヽ, :::レ'ニソ::|___,ノL____,.- ::;゛`ヾ;;::゙ゝj;;:゙  ノ/〃く》ヽミ`ヽ
゙';:;゛`丶゙ゝj;;:゙:;゛`ヾ;;:::  `}';i!´ / ,r‐‐´     ;:゛゙''ヾ;::゙ゞj;;:゙゛;' 〃从∧ヘゝヾ\
;;;;::.:. .i .:.::i.:.:.:.:.i:;;:.:.:.:.:.:   j L,ノ:::/  .:.:.:.:.:.;.;.:.;.i.:.:;.;.;.;.i.:.:.:.:.:.i.;.;.; ∠彡〃ゞヾ`ミ :
;;;;;;:.:. ll .:.:ll.:.:.: ll;.;.;.:.:.:.:.  }!  ,.._ノ  ;;.:.:.;.;.:.:.;.;.: ::;:::;:;:  ;:.:.:.. ll;.;. ノノ |i;;;{ ヽヾ_
;;;;;;;::: || .;.||.;.;.;.|| ;.;.;.;....:  |! ;;:{'´  ;;;:;:::.:.:;.;.;....:.: : ::;:;::;;: : ..;... ||_,. -‐‐' j_,.;;;l ''゛゙´´
;;;;;;;;:. i ! ;;i.!;:;:;:i:! :;:;:;:;:::.  l! :;i|  ;;;;;:;:;:;:;:.:,:,:,:,:,.: ::___,,... --‐''´`  . . . . . .
ニ二´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_  j|; :;;i_,.二ニニ==‐-''"           . .....:.:.:.... . . . , ,
    ̄`゙'ー-- , _,.-'"´ ̄jl;;:;:;]ト、_    , , ,              . ...:.:.:.:.:.... , ,.,.,
   _,. -‐ '"´ ̄    ´        . .,.,.,. . .     .,.,:,:,.,.      . .:.::::::::.:.:.,.,.,:
_,.- '"゛__,,__,,__,,,_,.,_;_:,:;:;:.;.;.     ,.,..:.,.;.;.;.:,:,:,.:.,.,. . . . .;.;.:.:.:.;.;.;.:.,.,. . .  . . .:.:.::::::::.:.,:,:,
゛ ̄ ̄´          ´゙゙゙゙''''ー‐‐‐‐-----------、;:;:;:;:;:;:;:;:;::.:.:.:. . . . . . ..::::::::.:.,:,:,:;
                              ` ̄`゙゙゙゙'''''''ー‐‐---- ::::::::;:;:;:;:;
                                         ` ̄`゙゙゙''''


が、いきなり魔物が襲ってきた!!
だけどアレ?聞いてたのよりずいぶん小さくてショボい…


                 .__             wiiiwiw wiiiwiw
                 ヽ|・∀・|ノ        ww
                 |__|     ww    ........:::::::::::::::::::::::::::::::::
                  | |          ........:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        iw   ........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ww

142 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:58:04 ID:KCPznIuX0

四角い姿形の岩の魔物はガシガシ石を投げてくる。
これは魔王となったゴーレムと関係あるに違いないと、ガナーはその、魔物に弓を引く。
一発で魔物は倒れる。急所にでも当たったかしらと少し拍子抜けしたガナーを睨む
小さな魔物。…泣いてる?



                   __ _
       ∧_∧        |;∀;|  |_    ∧ ∧
      (  ‘Д)       / ̄Γ ̄     (A゚; ,,)
      (    )                  と  ヽ

のーは何かが違うと感じ、ガナーに攻撃を止めるように言う。


       |iiiiiiii|
       |iiiiiiii|
       |iiiiiiii|
      ノ;;;ヘヾ;;ゝ/ww
www     __:
      :__|;Д;|__:
        :|__;;;.|:
        :/ ヽ:

魔物は這いつくばって若い木の根元まで行くと、そこで懸命に立ち上がる。
まるで命を懸けてその木を守っているような…。

143 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:58:36 ID:KCPznIuX0


       |iiiiiiii|
       |iiiiiiii|
       |iiiiiiii|
      ノ;;;ヘヾ;;ゝ/ww
www   __ _
     |-∀-|  |_
     / ̄Γ ̄

だが、力尽き気を失う。のーはこの弱弱しい魔物を思わず助け起こしてしまう。
その行動に誰も反対はしない。皆から見てもガナーが傷つけたこの魔物が
悪い奴には思えなかったから。ガナーも自分の判断が正しかったのか不安になり
呆然と立ち尽くす。


     ∧ ∧
    ___(゚A゚;,,)
   ||-∀-|と)
ww ヽ__;;;ゝつ
::::::::::::::  ヽヽ  www
:::::::::::::::::::::::::::::::........  www
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   www

岩の魔物は薬草では癒せない。のーは目の前の綺麗な泉から泥をすくい、
魔物の傷を埋める。


144 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:59:06 ID:KCPznIuX0

魔物は自分が治してもらっていることに気づく。のーの腕の中でか弱く震えているが
身をゆだねておとなしくしている。「やっぱりこの子は悪い魔物じゃなさそうよ。」
落ち着いたガナーにもそれは理解できた。「それじゃあ本物の魔物はどこ…?
私達が退治しなきゃいけない魔物は…?」


     ∧ ∧   ∧ ∧
    ___(^A^*)   (Д^ ,,)
   || ・∀|と)    UU ヽ
ww ヽ___ゝつ   (_(_つ
::::::::::::::  ヽヽ  www         ∧_∧
:::::::::::::::::::::::::::::::........  www     (‘iii   )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   www    (    )



泉から別の魔物が。戦う気など全く持ってなさそうなその魔物は、
自分はこの泉の精だと名乗る。
この泉が湧き出てから約1万年、ずっとここに棲んでいるとのこと。


     ∧ ∧    ∧ ∧
    ___(゚A゚*,)    (゚Д゚,,)
   |・∀・|と)    UU ヽ
ww ヽ___ゝつ   (_(_つ
::::::::::::::  ヽヽ  www         ∧_∧
:::::::::::::::::::::::::::::::........  www     (‘o‘; )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   www    (    )
 ,,;⊂⊃;,、
 (,, ・∀)
【( # )⊃

ギコは泉の精に質問してみる。
「ここで昔、人間達を虐殺した魔物がいたという話ですが…。」
泉の精は答える。「昔のこの子だよ」と。そしてそれにはワケがあったと。

145 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:59:26 ID:KCPznIuX0

この泉は過去の火山の噴火の影響で生まれ、その時に同時に
巨大な岩がこの泉のほとりに生まれた。

  / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |           |
  |           |
  |           |
  |           |
  |           | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  └.─.─.─.─.┘  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /   :::::::::::::::::::::::::::::::::
          | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ヽ

最初は溶岩や土砂しかなかったこの土地も年月を経て精霊が宿るように。
岩には「コリンズ」、泉には「カッパッパー」という精霊が宿り、生まれた時期が同じ
二人は兄弟のように育った。


  / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |           |
  |  ()  ()   |
  |    ∀     |
  |           |
  |           | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  └.─.─.─.─.┘  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          / ::::: ,,;⊂⊃;,、 :::::::::::::::
          | :::: (∀・ ,,) :::::::::::::::::
          ヽ
だがこの岩は強い酸を含んでおり、その成分が泉に溶け出ししばらくは
マトモな生物が育つ環境にはならなかった。
自分のせいでこの土地は寂しいままだと嘆くコリンズに、
カッパッパーは「二人でいれば寂しくないよ」と慰める。


146 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/20(月) 23:59:55 ID:KCPznIuX0

表面の酸がほとんど流れ落ち水質が安定した頃、泉の周りはやっと草や木、動物達で賑わう。
泉の周りの樹木も、ある樹齢になると精霊が宿り、森は大層賑やかになりコリンズは大喜び。
だが賑やかになるのはコリンズから遠く離れた場所ばかり。
コリンズの周辺の土質はまだ安定しておらず、植物が育ちにくい土壌だったからだ。

  / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |           |
  |  ()  ()   |
  |    ∀     |
  |           |             wwww
  |           | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  └.─.─.─.─.┘  :::::::::::::::::::::::::::::::キ:::::
          / ::::: ,,;⊂⊃;,、 :::::::::キ::::::
          | :::: (・∀・,,) :::::::::::::::::
          ヽ
泉の中を自由に動けるカッパッパーは、水の中の生き物とも周辺の草木ともお喋りできたが
身動きできないコリンズが喋れるのは昔からの兄弟分カッパッパーだけだった。



だがある時、コリンズのすぐそばに木が生える。コリンズはとても嬉しくなり
この木を大事に守ろうとする。体の奥に残る酸の流出を必死に止め、
この木が根を張りやすいように地中の自分の身体を崩したり、嵐の日は背伸びして
風除けになったりとこの木の成長を楽しみにする。


  / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |           | 。 。
  |  ()  ()   | dV/゚
  |     ∀     | |iiレ゚
  |           | |ii| www    wwww
  |           | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  └.─.─.─.─.┘  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          / ::::: ,,;⊂⊃;,、 :::::::::::::::
          | :::: (∀・ ,,) :::::::::::::::::
          ヽ

147 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:00:23 ID:KCPznIuX0

やがて木は大きく成長し、精霊が宿るように。コリンズは樹木の精霊「花瓶タン」に心惹かれる。

            |iiiiiiiiiii|
            |iiiiiiiiiii|(\   '´ V  ヽ /)
            |iiiiiiiiiii| \\(/=ω=ヽヽ/
  / ̄ ̄ ̄ ̄\. |iiiiiiiiiii|   \ i!、゚ヮ ゚从i!
  |           | |iiiiiiiiiii|     ⊂<花>つ
  |  ()  ()   | |iiiiiiiiiii|   /lliく/_|〉リ
  |. *  ∀     | |iiiiiiiiiii|  (/  し'ノ\)
  |           | ノ;;;ヘヾ;;ゝww    wwww
  |           | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  └.─.─.─.─.┘  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          / ::::: ,,;⊂⊃;,、 :::::::::::::::
          | :::: (∀・ ,,) :::::::::::::::::
          ヽ

だが、自分は美しい彼女と釣りあうワケもない無骨なただの大岩。それに岩の寿命と樹木の寿命は
圧倒的に違うので、好きになるほど悲しくなりそうで、カッパッパーに応援されても
自分の恋心を素直に認められずにいた。

148 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:00:42 ID:KCPznIuX0

ある日、コリンズ達の森に見たことのない生き物、人間がやってきた。
この土地の美しさを気に入り、泉のほとりに別荘を建てると言い出した。

コリンズ達はこの生き物達が何をするつもりなのか全くわからなかった。
人間達は土地を整備するために、花瓶タンの木を切り倒したので花瓶タンはそこで
命を失った。呆然とするコリンズの目の前で、花瓶タンの木は全ての枝や葉を切り払われ、
ただの丸太にして転がされた。…で、ブチ切れたコリンズが精霊のあるべき姿を捨て
魔物となり人間達を…というワケ。

                                |             /    ヘ        ノ
                                |             /     ヽ       ,'    ヽノ
                                |             / ̄ ̄ ̄ ̄ヘ     ノ    .:::)
                              ┌─┐  |            /        ヽ    (    ..::::ノ
                     -‐―=.....|  ,||   |                        ヽ ....:::::丿
                        ′     :ヽ-〃.ヽ |                          ー '
                     |       ::::::::::.ゝ
                     ゝ        ::::::::::::ヽ      /  \        /   \
                ┌──┐    ヽ          ::::::::.ヽ    |     |        |     |      /i ̄
-、_            |    |       ゝ         ::::::::::)   |      |       |      |     / |
  └-、_        |    |        \  .............::::::::::::::::)  |     |        |     |      |:::  |
      └-、       \_/         丶 ―----― '''    \  /        \   /     |:::
      ::::i      ____             |                            ノ:::
      ::::|     γ      r~ヽ、           |        ┌-┐                 / _,-~ヽ~~
      ::::|   r ―|      |  ::|          \     !_!!                   |::: |:::  |
      ,,;;;;|_ i   :|      |  ::|  |            \                          |::: _,|:::  |
     /  \ ̄=―-_     |  ::| | ̄''|~-、        \                     _,|‐' i ̄ ̄
   /     \     \   |  ::| |  | :::i          \_________,r、,へ  ,┘   |
 /        \     \ |   ゝ、  | :::| r―i-i                    | |  | r      |
(           ヽ   ∧_∧    ヽ、|r  ̄ ̄γ‐-、__                ∧_∧  | |::    |
  |         |     (     )    ::i ̄ ̄ヽ‐-!、   ~‐、             ∂,/ハ)ヽヽ |::    |
  |         | r - 、 ⊂  ⊂ )     ::|    | :::|     ::|-r-=__          |ハ    ノ  |::    |
  |         | |  | :::| Y  人,    ::|    | :::| ∧_∧ |   :::i      /  (  つ つ |:::.    |
  |         | |  | :::|(_) J ........::::|    | ⊂(    )つ  :::|      |:::. 人  Y    |:::::.....   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄し (_) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


149 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:01:35 ID:KCPznIuX0

旧勇者はコリンズの正体をつきとめ、この地でコリンズと岩本体を破壊したので
コリンズの害は静まった、との話をカッパッパーは穏やかに話す。

小さい四角い魔物は砕かれて小さくなった岩の破片が百年の時を経て
チビッコ精霊と化したモノ。多少「コリンズ」時代の怨嗟を引きずっており、
「精霊」と「魔物」の間の微妙な位置にいるらしい。最近またこの地に人間が
来ることが多くなったのでこのチビコリンズは刺激されてしまっていると。


     ∧ ∧    ∧ ∧
    ___(゚A゚*,)    (Д゚ ,,)
   |・∀・|と)    UU ヽ
ww ヽ___ゝつ   (_(_つ
::::::::::::::  ヽヽ  www         ∧_∧
:::::::::::::::::::::::::::::::........  www     (−‘;  )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   www    (    )
 ,,;⊂⊃;,、
 (,, -∀)
【( # )

カッパッパーはチビコリンズには精霊としてここで一緒に静かに暮らして欲しいので、
人間がこの地に入ってチビコリンズを刺激することを止めて欲しいと願う。


《登場キャラ紹介》

【現在の岩の精霊:チビコリンズ】
    .__
    ヽ|・∀・|ノ    巨大なコリンズ岩が砕かれた後、岩の破片から転生した精霊。
    |__|     人間に刺激されて、ちょっと魔物になりかけててヤバい。


【泉の精霊:カッパッパー】

   ,,;⊂⊃;,、    一万年前から泉に住み、この辺の事情は何でも知ってる精霊。
   (,,・∀・)


【木の精霊:花瓶タン】

(\   '´ Vヽヽ /)  コリンズ岩のそばに生えた樹木の精霊。
 \\ソiノ=ω=ヾ)/  その木を人間に切り倒され、命を失う。
   \i!iiリ゚ ヮ゚ノル

150 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:02:02 ID:KCPznIuX0

魔物…精霊達側の事情は理解できた。森にやってくる人間というのは
たぶん村人の誰かで、それを止めさせることができればいいのだろうが、
納得してもらえるだろうか?なんて話をする帰り道、ガナーは真っ暗な顔。

「自分の先祖がやったことは正義ではない?」という疑念から、いろいろと自信喪失。
ネーノがからかってもビクともしない落ち込みよう。


さて、村に帰り村長に精霊達を刺激しないように泉に近寄らないように話をするが、彼は渋い顔。
特産の果樹の収益だけでは満足できなくなったので、村としては勇者関連で観光地として
村おこしをしていきたいそうだ。そのために村の若いモンに観光地化したい泉近辺の様子見を
させていたらしい。今後の安全のためにも、チビコリンズをすっぱり退治して貰えないかと村長は
頼んできた。


 ∧ ∧      ∧_∧
 (;゚Д゚)    ( ;"−")
 と   つ    (    )

    ∧_∧    ∧_∧    ∧_∧
  . (    )   (    )   (    )


ギコは拒否し、泉を脅かさなければ魔物が人間を襲うことはないと説得しようとしたが、
チビコリンズが今はまだ無力であるという情報を仕入れた村長は逆に村内で討伐隊を
作ろうと計画する。また繰り返されようとしている悲劇を前にガナーはうろたえまくり。
(自分もチビコリンズを撃ってるから、「暴力反対!」みたいな強いことが言えない)

151 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:02:43 ID:IjG+WSsl0

普段ならこういった件は冷たい目で放置派のネーノも、落ち込むガナーをそのままにはできない。
二人っきりでちょっとシリアスに会話して、ガナーにこの状況をどうして欲しいか聞く。
「精霊達の地に人間が入らないように約束して、二度と争いが起きないように」が、ガナーの希望。


    ∧_∧                λ_λ
   (−"   )              (ー´  )
   (    )             . (    )
   | | |               | | |
   (_(_)    wwww        (_(_)     wwwwww  (∀・,,)  ww


しかし対するは人間の「欲」。説得くらいで鎮められるモノじゃない。
どうしたものかと村に流れる小川の前で考えていたが、流れて来たのーの手袋を見て、
ネーノはこの小川の源がカッパッパーの泉だと知り、カッパッパーにも動いて貰おうと考える。
ネーノは再度カッパッパーに会いに行き、のーにも協力を仰ぐ。


152 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:06:50 ID:KCPznIuX0


村の小川の水が急に枯れる。今までなかった異変に村人達は大騒ぎ。この小川が
本当に枯れれば特産の果樹畑も全滅してしまう。

急にのーが苦しんだ様子を見せたかと思うと神掛かりにあう。
ネーノはのーを「実は彼女は○○国では高名な巫女」と紹介し、混乱した村人達が
彼女のお告げを聞くように仕向ける。

泉の神は禁断の地に人間が入ったことを怒っていると。
怒りを静めるには小川の上流の村はずれの場所に祠を建てるように。そこを祀れば水は
絶えることなく果樹は育つだろう、だがその祠より上流の禁断の地に立ち入ることがあれば
水は枯れたり大水になったり、村は災害に見舞われるだろうと、のーは告げる。

ノ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
     ,__
    /  ./\
  /  ./( ・ ).\               ヾ!;;;::iii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\   ∧∧         |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (,,  ,)          |;;;;::iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂  ヾ   wjjrjw!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .(   )〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr
ヽ〜〜〜v〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'

     ∧ ∧        λ_λ
     (*-A-)       ( `Д´;)
     /つ つ       と    つ
     (  /         ( ( (
    (/`J         (_(_)

    ∧_∧    ∧_∧    ∧_∧
  . (;    )   (;   )   (    )

村長は信じられないと抗議するが、のーが祠を建てるべき場所で祈りを捧げると、
タイミング良く小川の流れが復活する。畏れ入った村人達はのーの言葉を信じ、
祠を立て祈りを捧げ、禁断の地には入らないと約束する。

不満げな村長にはネーノがこっそり説得する。
旧魔王を上回るほどの強力な力を持つ泉の精霊が、岩の精霊を無害な状態で守っているのは
事実で、あの地を脅かすなら水害だけでなくいろんな形でこの村に災いを起こすつもりらしいから、
とりあえず今まで通りの果樹の収益だけで諦めろと。

153 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:07:18 ID:IjG+WSsl0

カッパッパーに、こんな風に小川の調整をさせたのはネーノ。人間を攻撃するのではなく、
自分達を守るために駆け引きで人間を畏れさせる方向に持っていってはどうかと言う提案に、
平和志向のカッパッパーも、チビコリンズと自分の平安を守るためならと了承する。
今後も泉のそばで人間を見かけたら、小川の水量を調節して様子を見ることに。

それでもガナーは心が痛い。村人達を騙し、平穏を望んでいたカッパッパーをこんなことに
巻き込んでいいの?とネーノのやり方に納得がいかない。


            ∧_∧                                  |iiiiiiii|
            (‘−‘ )                                 |iiiiiiii|
            U U )                            |iiiiiiii|
ww   www    (_(_⌒) (・∀・)                         |iiiiiiii|
:::::::::::::: :::::::::::  www                                  |iiiiiiii|
:::::::::::::::::::::::::::::::........  www                           __iiiiiiii|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::    www                           |∀- :|iiiiiiii|
  ,,;⊂⊃;,、 :::::::::::::::::::::::::::::::ww                        |__|ヽiiii|
  (,, -∀)   ::::::::::::::::::::::::::::::::::www                     < / ;;;ヘヾ;;ゝ/ww
 【( # )


ガナーはカッパッパーとチビコリンズに詫びようと、一人(ペットのジエンは勝手についてくる)で
泉に向かい、月明かりの泉で、自分の愚行、先祖、人間達の非礼を詫びる。
チビコリンズは遠くで黙って聞いている。


154 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:08:03 ID:KCPznIuX0

カッパッパーは「戯れに時を過ごすだけで何もしないまま、一方的に自分達を守って欲しいというのも
虫が良かったかも。この地で一番長寿で木々達やその他の生き物の命の源にもなっている
泉の精霊の自分が自覚を持ってこの森全体を守っていかなければ」と、ネーノの話を受け入れたようだった。

               ,,;⊂⊃;,、
               (-∀-,,)
. . . : : : : : :::::::::::::::::::::::   と# U )】
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   w
:::::::::::::::::: ∧_∧:::::::::::::::::::::::::::::::::  ww
::::::::::::::::::(   ‘):::::::::::::::::::::::   ww
ww ::::::: /   U :::::::::::  www


また旧コリンズを倒したガナーの先祖は、事情を知った上で暴走を止めるために奮闘し、
コリンズを討った後はここで今のガナーのように涙していたと。「悪の魔王を討伐した勇者」というのは
村側の一方的な持ち上げ表現だった。カッパッパーはコリンズを止めてくれたガナーの先祖には
感謝していると言う。


155 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:08:23 ID:IjG+WSsl0

二人が話しているうちに、月は高く昇りその光はチビコリンズが守っていた若い木を照らす。
新しい木の精霊が誕生する。花瓶タンの木が倒れて長い年月が経ち、眠っていた根から誕生したのが
この木だった。木の精霊はニッコリ微笑み、チビコリンズは涙する。(が、ツンデレなので見てるだけ)
ガナーもこの再会には涙。心からこの二人の平穏と幸せを願う。

                       ' ,: : : : ::::
       |iiiiiiii|             ' ,: : : : ::::
       |iiiiiiii|(\   '´ Vヽヽ /)   ' ,: : : : ::::
       |iiiiiiii| \\ソiノ=ω=ヾ)/    ' ,: : : : ::::
       |iiiiiiii|   \i!iiリ ゚ ーノル      ' ,: : : : ::::
       |iiiiiiii|    ⊂<花>つ          ' ,: : : : ::::        __
       |iiiiiiii|   /lliく/_|〉リ                        |∀; |
       |iiiiiiii|  (/  し'ノ\)                     |_ノ_|
      ノ;;;ヘヾ;;ゝ/ww                     .      | |
www


156 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:09:02 ID:IjG+WSsl0

山を降りようとカッパッパーに別れを告げるガナーの前で、チビコリンズが泉に飛び込む。
ガナーは驚くが、カッパッパーは笑っている。泉から出てきたチビコリンズは石片を持っていた。
ガナーのペンダントと同じ材質の石だ。旧コリンズ岩内にわずかに含まれていた高硬度の鉱物。
(オリハルコンにはしたくないけど名前思い浮かばんw)
ガナーの先祖は、それと同じものをコリンズの形見として大事にしていたようだった。

新しく貰った石はちょうどやじりにピッタリの形。弓使いのガナーにチビコリンズは言う。
「オマエのヨウナ、ヘッピリ弓矢ジャ誰も頃セないし誰も救えナイ」


     __
.     |-∀-|
    <|__|>            ∧_∧
      | |   (∀・ ,,)     (∀‘; )
                  △と    )


この間アタシの矢で大ダメージ受けてたじゃん!と突っ込みたいガナーだが、
小さい身体で偉そうに説教しようとしているチビコリンズが可愛いのと、言ってることも一理あるので
神妙に新たな石を受け取る。生まれたての木の精霊の前で寛大なところを見せることで
チビコリンズもご満悦の様子。

 _____________
 |チビ、オマエもガンバルとイイ。|
  ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     __
.     |-∀・| ナデナデ
    <|__|ヽ          ∧_∧
      | | (・∀・*) =3    (ー^;  )
                  △と   )。
                         o
              ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
             ( どっちもチビにしか見えない… )
               ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'


カッパッパーもにっこり「君達も自分の大事な世界が守れるといいね」とガナーを見送る。


157 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:09:48 ID:IjG+WSsl0

心配でついてきて見守っていたネーノと合流。カッパッパーを巻き込み村人を騙すような
ネーノのやり方には不満があったけど、でも自分にはそれ以上の解決方法が考えられないので
やっぱりネーノの方が正しかったんだね、とガナーはつぶやく。

ネーノ自身も元詐欺師、人間の畏れや損得勘定に付け込んだ綺麗でないやり方だとはわかってる。
だけど人間だって善人だけじゃないから奇麗事だけではやっていけないんだ、と、
純粋なガナーの前ではあまり言いたくなかった話をする。


。.: *・゜☆.。. :* ☆.。:::::::::::::::.:*゜☆   :::::::::::::::::::::。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: * :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆   ::::::   ::::::::
:::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*・゜☆   :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::  !ヽ   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::     !ヽ、    ,!  ヽ
                 ,!   -‐‐‐''   ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::   / ´`)'´    (     ヽ
            lヽ /   ノ     (;;;)    ! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      lヽ、   /  Y    ,! ヽ-‐‐/    ""  l
.      l >‐'´`   l   ノ   ヽ_/       ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ,ノ    __,  ヽ  l          _,イ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     i' ヽ   '´     ヽ、 ヽ、_    ,..-=ニ_            __,,   ___
     l  、___        ノヽ、,          ヽ        /´       ヽ
     ヽ        .ィ'.  ,!        、    \      l ・ ヽー/  ・   l
      `ー-、_    く´   l         ヽ     l      ヽ、__ ヽ/   "__,,ノ  ヽ
         ,!     ヽ  l           ヽ、__ノ          ̄ ̄      ヽヽ

善悪を白か黒かのように単純に考えていたガナーは、自分の愚かさを恥じ、
きっと自分なんかよりいろんな苦労や経験を積んできたであろうネーノがオトナに見えちゃったり、
逆にひねくれ者で逃げ腰のネーノは、人間や精霊の前でも、自分の前でも素直に感情を
曝け出すガナーが眩しかったり。

158 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:10:37 ID:IjG+WSsl0

そんな気持ちを胸に抱きつつも下山して皆と合流。ガナーはのーにも謝ろうとしたが、
村ではのーが大変なことに。村長が観光村おこしの目玉「勇者」の他に
「村を旱魃から救った神の巫女のー様」のプロデュースを始めていて、のーにこの村に
ぜひ留まるよう説得しまくっていたのであった。一行は逃げるようにこの村を脱出。


   ∧_∧     ∧ ∧             ∧_∧   ∧_∧
  (   ;‘o)    (゚A゚iii)            (    )  (    )
  (    )  .  ⊂  ⊃           と   つ   と   つ
  | | |      ヽ⊂)              Y 人     Y 人
  (__)_)       `J            (_)`J   (_)`J


小川を祀る祠も建てられたが、そのあとしばらく後、
ガナー似の勇者の像のそばに、巫女のー像も造られた。
とりあえず観光化は村内だけで留まったようだ。

      _____________       _____________
     /∧_∧ ∧ ∧ ∧_∧ ∧ ∧ /|       /                    /|
    /( ‘∀‘)(゚A゚*,,)( ‘∀‘)(゚A゚*,,)./ |      /     銘   菓 |\∧/|  / |
    /∧_∧ ∧ ∧ ∧_∧ ∧ ∧ / /    /∧∧∧∧∧∧∧∧ ヽニニ@ / /
   /( ‘∀‘)(゚A゚*,,)( ‘∀‘)(゚A゚*,,)./ /    /< 村の救い主! >(‘ー^ )/ /
   /∧_∧ ∧ ∧ ∧_∧ ∧ ∧ / /    / ∨∨∨∨∨∨∨∨      / /
  /( ‘∀‘)(゚A゚*,,)( ‘∀‘)(゚A゚*,,)./ /    / 勇者 & 神の巫女 《=巛=  / /
  /∧_∧ ∧ ∧ ∧_∧ ∧ ∧ / /    /      まんじゅう (゚A゚*ル / ←美化されすぎて
 /( ‘∀‘)(゚A゚*,,)( ‘∀‘)(゚A゚*,,)./ /    /                  / /   別人状態
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| /     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| /
 |_____________|/      |_____________|/


女キャラ二人は仲直り。雨振って地固まる。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
「それチビコリンズじゃなくてヨウカンマンじゃん!」って突っ込み禁止。形が似てるってだけで流用。
花瓶タンも植物系女キャラが他にいそうになかったので採用。木の精霊の再生バージョンは
カシワモーチにすれば釣り合い取れるかなとも思いつつ結局保留。

泉を舞台にした武器ネタと言えば「金の斧、銀の斧」や「エクスカリバー」もイケるので、
その辺絡めるためにカッパッパーとこの泉を重要拠点にする案もあったけど、
とりあえずこれ以上ここの話を大きくするのは面倒なので保留。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


159 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/21(火) 00:11:21 ID:IjG+WSsl0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

┌───────────────────────────
|ちょっと長かったので第三章は3分割。今日はここまで。
└──v─────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m


160 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/21(火) 00:15:01 ID:UtHIKpdp0
まんじゅう微妙にうまそうだw

オリハルコン系列のファンタジー鉱石は
ミスリル銀やアダマントがメジャーだがどうだろう

161 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/21(火) 09:48:41 ID:/rJqz3JO0
うほっ、人間どもめ…
コリンズ「一緒に復讐、やらないか」
カパー「いやしかし…」
アレだな、この場合湖の精霊がなんでコリンズと共に復讐に討って出なかったのかといえば、
コリンズの怒りが激しすぎて逆に冷静になれたって事なんかな?

古代の伝承に残る超金属といえば日本ならヒヒイロカネとかもある
あとは錬金術関係だけど賢者の石ってことにしてしまうのも良いかも
使い道としてはラスボスのこの世のモノではない能力を封じるのに使うとか


162 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/21(火) 10:47:58 ID:7Ovfs5EcO
電源を入れる度に「この世に悪があるとすれば、それは人の心だ」とナレーションが流れるゲームを思い出した

Aにとっての善はBにとっての善ではない
かといって、Bにとっての善はAにとっての悪でもないんだよな

>>161
弓使いのパワーアップなら、エルブンアローとか御神木で作られた弓の入手だろうと思ったが、そういうのもいいな
特別ではなくなったモララーがモナー辺りの慈悲に涙すれば、少しでも救われるだろうか…

163 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/21(火) 13:13:02 ID:kiNAyvRP0
>>162
テイルズシリーズ一作目か
植物を守ろうとするボスとか、ボスを倒して後悔する勇者とかよく似てるな

とりあえずモナーの登場に期待

164 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/22(水) 03:32:48 ID:zjldOje20
>156
コリガン(岩)

165 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:06:36 ID:mU9awdfK0

┌──────────────────────────────────────
>>161
|コリンズはそれまでカッパ以外の友達がいなかった設定だから、
|思い入れが偏ってるのさ〜。

>>162-163
|自然vs開発の構図ができちゃうと、開発側はどうしても『破壊=悪』になっちゃうっぽいよな。

>>160-161
|>鉱物の名前の話題
|おー、言われてみれば。出典がまちまちなその鉱物らを使いこなすとなると、
|硬さや希少さのランクづけにリアリティ持たせるために、きっちりした知識が必要になってくるな。

|とりあえずは既にそういうのが整理されているどこかのゲームとかに頼るのが早そうだけど、
|もしマジでファンタジー取り組むつもりなら、神話や指輪物語とかのような元ネタになりがちな
|基本の古典はきっちり読んで使える知識化しとかないとつらいだろうなー。

>>164
|芸人の通称みたいだwww コリンズから発展させるならコリンジウムとかの方が聞こえが良くね?
|けどそれだと科学風味になっちゃって、魔法っぽい要素が感じられないかー。うむむ。
└──v──────────────────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

166 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:07:25 ID:mU9awdfK0
>>162 御神木で作られた弓

御神木と言えば、ハートフルな可愛いさとド迫力の戦闘が両立してる
現役の某スレのアイス棒が思い浮かぶな〜。
ん?棒?…ボウ… bow… ってこれはっ!!??
                                  ノ)
                                 /i/
                                 |:|i|
       ζ   ξ                    / |:|. |i|
    ξ  γ⌒ヽ  ζ                /   |:| |i|
          |`・ ・´|   ξ              '     |:| |ii|
   ζ  c|;;;▽ ノっ               ,        |:|  |ii|
        );;;;;ノ   ζ                     |:|  |ii|
     ξ(″  ξ                         |:|   |ii|
       )                             |:| あ |ii|
                   /ヽ               |:| た |ii|
         __      /  ヽ               |:| り |ii|
         \   >――'   |               |:|  |ii|
           \         l               〈∧ ∧__,>
            l、    、    |                |:∨ |
             |(;;;)   (;;;)   l                |  |
         __ヽ ー'   " ノ _,,..- '7          /へf`ヽ
        /::::::::::::ヽ`ーュ  メ( ̄::::::::::::/ ―--r-―――-'::::ノヽ>:/.  < ̄\__
      /::::rー、>ヾ >ΣΣΣΣ〉===============================》> --<三二>
    ,r'´::::::::/   /⌒ y'´⌒ヽo゚ r r--―   ̄ー―――''" |  |    <_/ ̄ ̄
    /:::::::::::ノ__ -‐ i`┬-イ`‐┬‐'"iヽ/               |:∧ |
   '-''‐''"     ヽ:i_::;ノヽ__i_::;;ノ^/              〈∨ ∨⌒>
              l::| | | .|l:::::::::/                |:|  |ii|
              |::| | | .|l::::::::〈、              |:|  |ii|
             ∧| | | .|l::::/ >、            |:|  |ii|
             ∧ ヽ|_|_|l/ ./\\          |:|  |ii|
             / ∧____/\  \\        |:|   |ii| 
            / / /| | | |\ \  \>         |:|  |ii| 
            〈_/ / | | | |  \ \  >       |:|  |ii|
            〈_/-| | | .|-―‐-\__>        |:| |ii|
           /::::::::::|__| |  |:::::::::::::::::|         |:| |i|

【当たりボウ】

とある山で切り倒された御神木を加工して作った弓。
御神木のほとんどの魔力と魂は同じく加工されて作られたアイス棒の方に移行したが、
この弓にもある程度の魔力が宿っている。運の良さが非常に高くなり、
『あたり』の文字が浮き出ると、通常攻撃にもう一回分のダメージがプラスされる。
(弓矢での物理攻撃+同程度の氷魔法攻撃)

アイスと関係してることと、ダジャレのサムい命名であることから、ここはやっぱり氷魔法かなと。


ところで弓矢AAって、角度変えるのもままならないよ!ストーリー中で使うのって超難しくね?
どこかで弓使いが活躍するAAスレがあれば教えて下さい><

167 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:09:10 ID:mU9awdfK0


┌──────────────────────────────────────
|第3章の続き。今回の主人公はのー。

|植物キャラが続きますねー。AA板的にはもう名作古典と呼べちゃいそうな
|古株植物キャラの登場です。

|前回の救われる「花瓶タン」とは真逆の使い方になっちゃってますが
|このキャラは救わないとこに味があるんだよな。
└──v────────────────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


168 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:10:52 ID:mU9awdfK0

■不老不死の草■


    ∧ ∧
    (A゚*,,)
    (_,,)

幼いのーの前で穴が掘られ、大きな箱が据え置かれる。
流行り病に罹った母とは長いこと会わせて貰えず、いつ会えるかと待っているうちに、
ついにはこのような場に呼び出され、その箱を埋めた穴の向こうの石碑に母の名を見る。

   。      .     。          '           ☆       . ゚   。   ゚
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。    ゚  。
。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;    ゜         。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'        ☆  .  '
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜
  ゚        。      .        +     。        +      ゜   。     ゚
。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    。     。
   ゚   ,;    。   .          +      。  .     '

「あなたのお母さんは星になった」と人々は空を指差してのーに言う。
大人達の声が聞こえる。「幼いこの子に死なんて理解できるはずがない」
「事実を理解させるのは可哀想だ」と。


169 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:13:49 ID:mU9awdfK0

死って?事実って?母が空にいるなら、あの時、土に埋められたのは何?
石に母の名が刻まれている理由は?事実が知りたかったのーは、
まだ柔らかい土を掘り返す。釘の抜き方もわかったので、現れた箱の蓋を開けてみる。

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:: .: .: .:: .: :
  . .. . .   . . .  . .  . . .. .. . .. .. .   . .. . .   . . .  . .
 .   . . .  . .  . . .. .. .. . .. .. .  .  . . ,.---、、 . .. ,--、  .. .. .. .
:::.              ____            |;;::.:.;;;|:|    . |::;:::|     ,.-、
,,,,,,,,,      ,.‐‐‐‐、   !:: |   _,----、      |::..::;:::|.| .    |::.::.|    .|:;:::|
___'''''"'''"'''"|::;:;:;:;:|..|'''''''|.:.:..|''''''''| |:::;:;::;;|:|'''''''"'''''|.:.;::.:,:|:|'''''''"'| ̄ ̄|'''''''''"|::.::|
r‐v'i     |:::::;:;:;|.:|  .[ ̄ ]   | |:;:::;:;:;|:|    |.:.:.:::::|.|     ̄ ̄    |  ̄ |
|:::::|.l iヽiヽ r; |::::;:::;;|:.|       | |::;:::::;;|.|    | ̄ ̄ ̄.|    ,. -‐‐‐‐‐‐-_ ̄
|:.:.:| | ! ll !.| !|:.:.:;::::|..|....      l |:.:;:::;:;|:|  ┌┴-──┴┐.l,. -‐‐‐‐‐‐-v´i
|....:| | ! i! !.| l|;;;;;;;;;;|..|_ . . . . . . . ..l |';;;;;;;;;|:|. . └‐─‐‐‐─‐┘.|::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..!
. ̄.´l ! |  i.| ̄ ̄ ̄! l_. . . . . . . | ̄ ̄ ̄´! . . . . . . . . . . . . . . |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..!. .
 ̄ . ........____|___! ̄i . . . . . [ ̄ ̄ ̄ ̄] . . . . . . . . . . . . . .|::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..!. .
. . . . . . .|:;:::::::::::::::;:;::::|/ . . . . . . ̄ ̄ ̄ ̄ . . . . . . . . . . . . . . .|::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..!. .


…そんなことをしたような記憶があるが、ハッキリは覚えていない。
大人達は墓場で気を失っていた彼女を連れ帰り、次に彼女が目覚めたのは
家のベッドの上だったし、悪戯を叱られたくなかったのーは、誰にも何をしたのか
打ち明けることがなかった。大人達も彼女を刺激しないようにこの件については
何も触れようとしなかった。

だからのーはその記憶が単なる夢であったような気もしている。

ただその日以来、のーは『死』をひどく怖がるようになった。

        ∧ ∧
        (iii゚A゚)
        c  n
         (/ヽ)::::::::::::::::::::::                 ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             ......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


170 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:14:30 ID:mU9awdfK0

話は現在に戻り、ギコ達はアロエリーナの産地の村に到着する。
癒し効果の高い薬草としても知られるアロエリーナ…だが、現地価格でも高価。
観光みやげのように売られる今までみたことのない高価な高級回復薬に、
一行は目が釘付けになりながらもなかなか手が出せない。

  ┌──────────────────────────────────
  |高級回復薬ってあんなに高かったのかよ…!1回分で俺の防具一式買えちゃうぜ。
  └────────────────v───────────────────
                  |きっと、まだ身分不相応ってことなんだろうな。…ハァ。
                  └─────────v─────────────
:;l,,;;;;;|.;;,.: ,;;|  .。┏─━━━━─┓ ________________  |  .::::|
,;;;;;;l;;|;;,,..:: ;l   i! | .勃太栗薬局 .| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | l   |  ..:::|
;;l,,;;;;;| ,,::::;;;| /_\─━━━━─┛ |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_l   |  ...::::|
,;;;;;;l;;|:::;;; ;..|  ||__||             ┃//┃//┃//┃//┃//┃   |  ....:|
;;l,,;;;;;|.;;,.: ,;;|   ii || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃   |  .::::::|
,;;;;;;l;;|;;,,..:: ;|   ii ||  _ へ_   ||   ┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫   |  ..:::|
;;l,,;;;;;| ,,::::;;;|   [0] ||  |open.|   ||   ┃//┃//┃//┃//┃//┃   |  ...::::|
,;;;;;;l;;|:::;;; ;..|    ||    ̄ ̄   ||   ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃   |  ....:|
;;l,,;;;;;|::;;,: ;;,| ̄ | ̄:||O         ||  ̄┗━━┻━━┻━━┻━━┻━━┛ ̄ |  .::::::|
,;;;;;;l;;| :; /|~ | ̄ |:||          || ̄| ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ l゙|   /|
;;l,,;;;;;|//| ̄ | ̄:||          ||| ̄ | ̄ | ̄∧ ∧  ∧_∧| ̄ | ̄ | ̄ | ̄.λ_λ/|
 ̄ ll/ . l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (;゚Д゚) (´<_`; ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (`ー´ )
 ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |U U  (    )         (   つ
                          (  |   人 Y           人 Y
              ∧ ∧        (/"U   し(_) ∧_∧    し(_)
_________ (,*゚A゚)____________ (  ‘ー)_________
――――――――― (つ⌒/――――――――――――(    )―――――――――
             (  ⌒             (,,・∀)   人 Y
             (/"U                    し(_)
             ┌─────────────────────ヘ────────
             |こういうところの表通りの店は観光客相手の価格設定をしてるからな。
             |探せばもっと安いところはあると思うぜ。
             └─────────────────────────────
┌────────ヘ───────────────────────
|2丁目にはあと4件、薬を扱っている店があるわ。全部回っていい?
|あと図書館にも寄りたいの。
└───────────────────────────────


171 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:15:19 ID:mU9awdfK0


┌────────────────────
| ∧ ∧
|(;^Д^)…図書館…。 先に宿屋で待ってるよ。
└y────────────────────

        ∧ ∧
        (,*゚A゚)
   (((   (つ⌒/
       ( ⌒
       (/"U 。
            o
  ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
 (  図書館は割と遠い辺鄙なところにあるのね。ちょうどその裏に  )
  ) アロエリーナ畑もあるみたい。後で寄ってみよう。         (
  ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'

のーはアロエリーナから作る不老不死薬を探すが、見つけたのは
「瀕死の者でも生き返る」レベルの回復薬で、完全に命を失った者を復活させる
ような薬は存在しなかった。

三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============
        ∧ ∧
       (*-A-∩                        ∧_∧
       (⊃| ̄|                    ___γ(,,    )、_
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    l\  ゝつ⌒l⌒⊂)
/                              \   |\\   ⌒'⌒
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
この辺掘り下げて、「ちびしぃの復活技」の謎に迫りたいけど、
この手の不老不死や魔法とか詳しくないのでとりあえずすっ飛ばし
しぃ族の「ハニャニャニャーン」と歌い踊る様子は、シャーマンであった先祖のサバトの名残りで
ちびしぃは1000年に1度の…とか考えてみたけど、我ながら無理ありすぎで苦しい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

172 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:16:39 ID:mU9awdfK0



     ''"'"' "":;'''.''''".;'"`"'';'';'"":;'''.'';'"'":;'''.'''".;'":;":;'''.''. :.. ;''';'"`"`"
     (O) O (O)  (O) (O): (○)::; (O);:(O) O:;:ヽO;::(O)'':Oソ:(O):;::
     ヽ!ソ(○)(○)ヽ!(O)!ソ(O)!ソ(O):;:!;:ヽ!ソヽ!シ ;:;: (O)ソ ヽ!ソヽ!ソ:;:;::
     (○)ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃(○) ○) (○):(○)ヽi〃(○)ヽ|〃ヽi
     ヽ|〃;(○)〃ヽ|〃::::(○)::ヽ|〃ヽi〃ヽ|〃(○),ヽ|〃(○) (○)
     ヽ|〃ヽ|〃ヽi〃(○)ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃(○)ヽ|〃ヽ|〃
     ''"'"' "":;'''.''''".;'"`"'';'';'"":;'''.'';'"'":;'''.'''".;'":;":;'''.''. :.. ;''';'"`"`"


さまざまな薬品に加工されるアロエリーナだが、地に根を下ろして花を咲かせて
いる状態の時は、その香りにも精神安定の効果がある。わざわざこの村を訪れて、
花畑にたたずみ、悲しみや悩みを癒そうとする旅人も多い。


        ∧ ∧
  (○)   (A゚*,,)
  ヽ|〃    ∩∩ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のーも咲き乱れてたアロエリーナ畑の中で座ってみる。
「ここまでやってきたのに不老不死が見つからなかった」虚無感は、
「なぜ自分が不老不死を欲していたか」の疑問に変わる。
目を閉じ深層心理を追っているうちに、封印していた記憶に触れてしまい、
掘り起こした大きな箱…棺桶の中にあったモノを思い出してしまった。

173 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:17:22 ID:mU9awdfK0

泣き崩れるのー。なぜ今日まで母が氏んでいたことに気がつかなかったのか。
そういえば今まで「母は遠くに行って帰ってこない」ことを疑問に思ったこともなかった。
母に関することは無意識のうちに思考停止していたらしい。

ひとしきり泣いた後、自分に向けられた視線に気がつく。視線の主は、アロエリーナを
摘みに来ていた村はずれの薬調合師のドクオという青年だった。のーは泣いていた自分が
恥ずかしく、背筋を正し何もなかったような顔をしようとするが、「気にしないで。
アロエリーナの前では素直な気持ちにまかせておいた方が癒されるから」とドクオに
言われる。


                    (○)○)
        ∧ ∧     (∀`,,)(○)(○)
  (○)   (*TA゚)     ( -ヽ≠/
  ヽ|〃    ∩∩ )      >>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

《登場キャラ》

  【ドクオ】
         アロエリーナの村はずれに住む薬調合師の青年。
   (,,'∀`)   アロエリーナから作った薬を問屋や小売店相手に卸売りをしている。

174 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:18:03 ID:mU9awdfK0

ドクオから習ったアロエリーナの歌を歌ってみる。「聞いてアロエリーナ」の後に
自分の悩みを続けるのだが、「お母さんが氏んじゃった」と歌おうとして
のーはまた泣き出してしまう。だがアロエリーナから「悲しいことは胸に閉まっておくより、
涙で洗い流した方がいいんだよ」と返答があったような気がした。
のーはそのまま泣き続け、ドクオはのーのことはそっとしておいて、自分の仕事を終えて
その場を去る。

夕方、涙も枯れ果てたがアロエリーナの爽やかな甘い香りで胸を満たされているのーは
思ったより自分が穏やかな気持ちになれていることに気がつく。
そして自分のそばに財布が落ちていることにも気がつく。たぶんドクオのもの。
人に道を尋ねながら村はずれの薬屋を訪れてみる。

\ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \
  \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
┬─┐                ┌─┬─┬─┐      |
│  │   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     │  │  │  │      |
┼─┤   |          |     ├─┼─┼─┤      |
│  │   |          |     │  │  │  │      |
┼─┤   |          |     ├─┼─┼─┤      |
│  │   |        ∧ ∧    │  │  │  │      |
┴─┘   |        (゚* ,,).   └─┴─┴─┘      |
ニニニニニニニ]    |  U [ニニニニニニニニニニニニニニ]
| |_| |_| |_| |_______ .|   ) __| |_| |_| |_| |_| |_| |_| | l
| |  | |  | |  | |.      U U  | |  | |  | |  | |  | |  | |  | | ト、
三三三三三三 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\三三三三三三三三三三三三 |
       |il |\ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\l|                |li |
       |l i|  \ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\             |illi|
     '''""''"'"'  ''"'"''''"'' '''"'' "'"' "'' ''"'"'         "''"''

175 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:18:33 ID:mU9awdfK0

ドクオの家の中からは会話が聞こえる。「兄弟?友達?」他に誰かいるなら邪魔にならないように
財布だけ返してすぐ帰ろうと思っていたが、家の中にはドクオ独りしかいない。
ドクオの家の棚には薬瓶がぎっしり並んでおり、思わずのーは見入ってしまう。

                |      ______  ________  ______
         /|   |    /_____//_____//_____/|
       ../  |   |    || £ △ 〓 ||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||llllllllllllllllllll||  |
      /   |   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  |  ____
        ||     |   |    || §∇ Ω∧||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[[[[[[[[[[[[[[[[||  l/
        ||     |   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  || ̄ ̄| ̄
        ||     |   |__||Α▲剴ハÅ||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[][][][][][][][]||  ||   [|]
        ||[]   | /   .||==========||  ||==========||/||==========||/||__|_
        |l     /      ∧ ∧                     っ
        |l   /        (,,*゚A)                  ('∀`*) っ
        |l /         (  つ                ノ(  )

「女の子が来るなんて初めてだ。あ、けどなんにも変なこと考えてないからっ!」なんて
ちょっと浮かれながらドクオは茶の用意をするが、のーは薬の棚をじっくり眺めながら
「不老不死の薬について何か知らないか」とドクオに質問する。


176 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:19:02 ID:mU9awdfK0

「たまにいるよな、そういうのに頼りたがる奴」と意地悪そうに呟く声が聞こえた。
ドクオの声ではなく、外から聞こえていたドクオの話し相手の声だが、そこに姿はない。
「誰?」と声の主を探しながら不安そうなのーの前をドクオは横切り
「お客さんに失礼なことを言うな」とひとつの鉢植えに向かって話しかけた。

    ∧ ∧
   ( ・∀・)
    ヾヽ〃
     ))⌒
   ⌒((
     ))⌒
    '((      ('Д`;)
    [ ̄ ̄]     ノ(  ノ)
     l_,._.,_l      < <


「植物が喋るなんて!」と驚くのーに、その植物は「君はアロエリーナとは喋らなかったのか?」と
切り返す。「確かにアロエリーナに話を聞いて貰って、穏やかな気分にさせて貰ってたけど、
それはただの成分が成せる催眠効果で、植物と会話なんてできる訳…」って、今話している
相手は植物だ。のーはブツブツと自分に言い聞かせるようにこの状況を分析しようとする。


177 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:19:38 ID:mU9awdfK0

「理屈っぽい女だな。」と毒舌を吐くその植物の根元に、ドクオはポットを傾けながら、
「失礼なことを言い続けるなら根っこ煮るよ」と叱りおとなしくさせる。
植物は「こけもも」といい、高山で枯れそうになっていたのをドクオがここに持ち帰り
肥料をやって育てているのだそうだ。

《登場キャラ》

  【こけもも】
    ∧ ∧    ドクオ宅で育てられていた、珍しい植物。
   ( ・∀・)   喋ることができるが毒舌で、のーとは議論を交わす。
    ヾヽ〃
     ))⌒


〜この後、理屈っぽいのーと、毒舌こけももの「不老不死」に関する談義。
(説得力のあるセリフ作るの大変そうだから割愛)  〜

こけももは自然の摂理に従い、例え納得のいかない死でも受容すべきという考え。
ドクオはそんなこけももを暖かく、だが寂しそうな目で見ている。

              ∧ ∧
              (-∀-,,)
        ∧ ∧    ヾヽ〃
        (,,*゚A)     ))⌒
        ||( つd__l ⌒((     (−`,)||
        ||ヽ⌒)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| (  )||
        || ̄し |______| << ̄||


178 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:20:20 ID:mU9awdfK0

ドクオのお腹がグーとなるのを聞いて、こけももは「おい女、せっかくだから
こいつに手料理を食わせてやれ」とのーに言う。
パニクるドクオ、だが実はのーは料理が全くできない。(いつもガナーに任せている。)
こけももを残して、のーはドクオと共に皆が泊まっている宿屋に合流して、一緒に夕食をとる。

ドクオはギコ達の冒険談を聞き、ギコ達もドクオからこの村やお薦めの薬の話を聞き、
楽しく団欒する。ドクオの所持する畑のアロエリーナはもう少しすれば大量に収穫できて
薬が量産できるとのことで、一行は畑作業を手伝う代わりに薬を格安で貰う約束をする。

普段の生活を聞かれて「寂しい独り暮らし」と自虐するドクオに、のーは
「こけももがいるじゃない?」と言うが、ドクオは「あいつはもうじき氏ぬ」と答える。

                   . . . : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /      `ヽ、           . . . : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /        :::ヽ   っ         . . . : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    |   r'´   `ヽ::::|                   . . . : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ヽ   --一 ::::;ノ  っ
      > .......:::::<


179 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:20:42 ID:mU9awdfK0

一行がアロエリーナの収穫を手伝いながら村に滞在している間に、
のーもこけももの死に目に立会う。せめて実を結んでいれば、次世代に命を
伝えることもできたのに、こけももは何も残さず枯れてしまった。


        yr'.
       '(( :
        ゞ;;:  (−` )
       [ ̄ ̄]  (   )     ∧ ∧
        l_,._.,_l   l l     (T* ,,)
                    と  )

のーはドクオにこけももを復活させたいと思わないのかと問いかけるが、
ドクオはこのままでいいと言う。

180 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:21:22 ID:mU9awdfK0

アロエリーナ畑で泣くドクオを遠くに見ながら、のーは「命」というモノを改めて考えてみる。

「死の恐怖」の根源であった、棺桶の中にあったおぞましい母の姿を思い出そうとしたが、
思い出されるのは病気で離れ離れになる前の優しい母の姿。人は楽しい記憶ほど鮮明に残り、
悲しい、怖い記憶ほど忘れてしまうものだが、それを早めたのはアロエリーナの癒し効果のようだ。

のーもアロエリーナの香りの中で涙を流しながら笑顔で歌ってみる。

: : : : :       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :           : : : : : : : : : : : : :
.: : : : : : :    : : : :ノソゝヾ;;人;;;) ノ;、: : : : : ;ノ;;;)): : : : : 人: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : ;(;;;));;;;ヽ(;;;)) ノソゞ:;ヾ (;;;)):::ソゝ;;(;;;));;;;;从ヾノ;、: : : : : ノ;、: : : ノヾ
.: : : : : : : : : : : : : :(;;;;;ヾ);;;(;;;;ヾ);(;);;;;;ヾ);;;);;;;;ヾ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
: : : : : : : : : : : : : :.};;;;(;;;));;(;;;))ノソゝ;;;;;ヾ);;(;;;;( |                            |
          ノソゝヾ ノ;;;;)ゝノソ;;;;(;;;))::(ゝゞ|  聞いてくれてありがと、アロエリーナ  |
         (;;;;;ヾ);;;(;;;;;ヾ();;;);;;;;ヾ;;;(ヾ);;|                            |
        (;;;;;ヾ);;;)(;;;;;();;;);;;;;ヾ);;;;;;'(;ヾ;;;;;\________________/
         __,,...|:|--‐-|:|゙‐- .,,|:|   |:|    _|:|_,,.. -,|:|  |:|   |:|"~""'|:|'' ‐
__,,.. .-‐ '''""~ .   |:|   |:|   |:|~"''''''|:|''""~. |:|   |:|  |:|   |:|   |:|
''"'"' "":;'''.''''".;'":〜ф"`"'';;. :.. ":;'''.'';'"'":;'''.'''".;'":;":;'''.''. :.. ;'",.:;:`"`"'';;":;'''.'''":;' "'''.'
''"'"' "'. ;'":;. :.. ;'"' ":,.:;:`"`"'';;;'"' "' '''"'",.:;:`" `"'';; "'''.'''"''''.'ф〜'' .';;: :''O'''.':;
:.;'OOOOO::.;;''''"'"' "':;: :::''O::.;;'' ;;:;: :::''OOO::.;;'' :''O::.;;'' ;;:;: :::''O:;' "'''.:;'  "'''.:;' "'''.'''.':;'
:.;''O:!:.;!;;: !:'O::.;;'' ;;:;: :::''OO::!.;;'' '"(O)'"'!;!: !::''::. ;;'' ;;:!;: :::''OOO::.;!;''  ;;::::''OO::.;;'' ' ''.
(O(O)ヽ!ソヽ!ソヽ!ソ'Oヽ!ソヽ!ソ(O)ヽ!ソヽ!シヽ!シヽ!ソOヽ!ソヽ!ソ'Oヽ!ソヽ!ソ'(O)O)ヽ!シシ'''.':;'
ヽ!シヽ!ソヽ!ソヽ!シヽ!ソ(O)(O)(O ∧ ∧ ::::)ヽ!ソ, (O) iソ ;(○)ヽ!ソ(O)ヽ!ソ(O)ヽ!シヽ!ソ'''.':;'
ヽ!ソ(○)(○)ヽ!ソヽ!ソヽ!(O)!ソ (  *) ::::(○)ヽ!ソ(O)ヽ!ソヽ!ソヽ!シヽ!ソヽ!ソ(O)ソヽ!(O)
(○)ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃(○  |  U :゚。/ ヽ| ヽヽ|〃(○)ヽ|〃:(○)ヽi〃(○)ヽ|〃ヽi
ヽ|〃;(○)〃ヽ|〃::::(○)::ヽ|〃ヽi〃ヽ|〃(○),ヽ|〃(○)ヽi〃ヽ|〃:(○)ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃
ヽ|〃ヽ|〃ヽi〃(○)ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃(○)ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃:(○):(○)


181 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:21:51 ID:mU9awdfK0

収穫後の薬の調合も終わり、ギコ達はドクオからアロエリーナで作った薬を
格安で分けて貰い再び旅に出発。ドクオは笑顔で皆を見送る。皆が去った後、
ドクオは空になった植木鉢に話しかける。


「ゴメン。オマエと約束してたけど、やっぱり彼女に何も言えなかったよ。」



    [ ̄ ̄]   ('ー`)
     l_,._.,_l   (_ヽ,ヘヘ

            。
           o
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.........
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,.....
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,.....

    ∧ ∧
   ( -∀-)   色気はないが悪い女じゃないな
    ヾヽ〃
     ))⌒
   ⌒((
     ))⌒
    '((
    [ ̄ ̄]   (;'Д`)
     l_,._.,_l   (_ヽ,ヘヘ


182 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:22:15 ID:mU9awdfK0


    ∧ ∧
   ( ・∀・)   釣り合ってない?
    ヾヽ〃   あの理屈っぽさはきっと彼氏いない歴=年齢だ
     ))⌒  オマエとそう変わらないだろ
   ⌒((
     ))⌒
    '((
    [ ̄ ̄]   ('Д`;)
     l_,._.,_l   (_ヽ,ヘヘ


    ∧ ∧
   (,,-∀-)    専門知識もあるし、ここでオマエと二人で
    ヾヽ〃    薬屋やるのもお似合いだよな
     ))⌒
   ⌒((
     ))⌒
    '((
    [ ̄ ̄]   (*'Д`)
     l_,._.,_l   (_ヽ,ヘヘ

183 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:22:40 ID:mU9awdfK0


    ∧ ∧
   (,,・∀・)    そうすれば、俺がいなくなっても
    ヾヽ〃    オマエはひとりにはならない
     ))⌒
   ⌒((
     ))⌒
    '((
    [ ̄ ̄]   (,,'Д`)
     l_,._.,_l   (_ヽ,ヘヘ


    ∧ ∧
   (,, ・∀)     今のままのオマエじゃ心配だからな
    ヾヽ〃
     ))⌒
   ⌒((
     ))⌒
    '((
    [ ̄ ̄]   ('Д`;)
     l_,._.,_l   (_ヽ,ヘヘ


184 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:23:35 ID:mU9awdfK0


    ∧ ∧
   (,, -∀)     勇気を出してぶつかってみろ
    ヾヽ〃     俺を安心して逝かせてくれ
     ))⌒
   ⌒((
     ))⌒
    '((
    [ ̄ ̄]   ('Д`;)
     l_,._.,_l   (_ヽ,ヘヘ
                           ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
         o
          。


    [ ̄ ̄]   (。'ー)
     l_,._.,_l   (_ヽ,ヘヘ

┌───────ヘ─────────────────────────
| …心配かけてゴメンな。でも大丈夫だよ。ひとりなのはもう慣れっこだから。
└─────────────────────────────────

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
のー側は恋愛感情ナシ。
ドクオの話はこれで終わりだけど、エンディングあたりで、薬屋の規模を大きくして
村でも有数の名士となったドクオ(でも単身?)の姿を差し込めればいいかな、
なんて甘いことを考えております。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

185 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/23(木) 23:23:54 ID:mU9awdfK0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


┌───────────────
|今日はここまで。
└──v────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m


186 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/23(木) 23:29:56 ID:akJGkDhW0
(;д;)イーイハナシダナー

187 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/24(金) 00:26:48 ID:AntpYLpQ0
こけももがくるとは予想外の嬉しさだ!
これほど死んで意味を残すAAもそうそういないよなあ。素直に感動。
にしても、標準語で女言葉ののーって珍しいな。なんか新鮮。

188 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/24(金) 02:34:43 ID:CAx2zXUw0
植物系、救われない事が救い、やはりこけももだったか…いやはや懐かしい
やっぱりこけももにはこのセンチメンタリズムが必要だよね

って当たりボウってなんじゃそらw
がつみかネタかw

189 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/24(金) 23:19:03 ID:9d9+qtbO0
>>166
こんなところで当り棒を見るとはwww
でも『御神木様も土地も死んでない』みたいだから、
切り倒されていないと見ている自分

190 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/25(土) 03:42:16 ID:gAkw6j8H0
当たりボウに使う矢はアタリ矢というわけですね、わかります


191 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:45:54 ID:RDCgibRh0

>>187
こないな本場の京都の人が見てくれてはるかも知れへんところで、
他所モノのけったいな京都弁よう聞かせられへんわ。

>>188
AA長編板にかいらしい御神木様が出てきはる現役ストーリースレがあるんどす。
今日新スレが立ちはったよって、板の上の方で探してみておくれやす!
ほらもう、数行で破綻してきたよ京都弁!!ぶぶ漬けにがつみかぶちこむぞ!!!

>>189
アイス棒ますます可愛くなっちゃったなw って、ヨソのスレの感想を書いてていいんだろうかwwww
俺の「当たりボウ」は単なる軽い思いつきなので、稼動中の向こうのストーリーに
迷惑かけないように適当に解釈しといてクレクレ。

>>190

アタリ屋ってこのAAが近いか?


      (゚」゚)ノ  アイヨー
 ギャー ノ|ミ|_/ ̄ ̄\_
     //└-○--○-┘=3
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ミ

となると矢はこうなるのか?

         __      /  ヽ               |:| り |ii|
         \   >――'   |               |:|  |ii|
           \         l               〈∧ ∧__,>
            l、    、    |                |:∨ |
             |(;;;)   (;;;)   l                |  |
         __ヽ ー'   " ノ _,,..- '7          /へf`ヽ
        /::::::::::::ヽ`ーュ  メ( ̄::::::::::::/ ―--r-―――-'::::ノヽ>:/.
      /::::rー、>ヾ >ΣΣΣΣ〉===============================≠(゚」゚)ノ
    ,r'´::::::::/   /⌒ y'´⌒ヽo゚ r r--―   ̄ー―――''" |  |     ノ
    /:::::::::::ノ__ -‐ i`┬-イ`‐┬‐'"iヽ/               |:∧ |
   '-''‐''"     ヽ:i_::;ノヽ__i_::;;ノ^/              〈∨ ∨⌒>
              l::| | | .|l:::::::::/                |:|  |ii|
              |::| | | .|l::::::::〈、              |:|  |ii|

【アタリ矢】
自分の方から的を吸い寄せる魔力を持つ矢。「タクシー」の呪文で発動。
高速で動いている狙いの定めにくい敵に使うと効果的。

192 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:46:58 ID:RDCgibRh0


┌────────────────────────────────────────
|第3章の続き。今回はやっとこさモナー神父の登場です。

|しっかし肝心のハレーモララーの羽根の秘密がまるまる保留状態。
|神様や悪魔が絡むと、「勇者に戦わせるために、最強で万能のはずの神様が
|なぜか現場で干渉できない事情」を作らなきゃいけないし。う〜ん。
└──v─────────────────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

193 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:47:42 ID:RDCgibRh0

■またーり教教会■

ハーレーモララーの統治からかなり離れたこの土地ではまだ「またーり教」が主流。
穏やかな雰囲気の街に気が緩みそうな一行だったが、フーンがノーネより譲り受けた
刀を奪おうとした子供がいた。フーンは簡単にそのチビッコをつかまえて、説教してるところに
尼僧が通りがかる。

┌───────────────────────
|フサ!?何をやってるの!?
└───v────────────────────

    ∧ ∧             ビクッ   ∧_∧
    (#゚∀゚)                  (<_`;  )
    <  |             ∧,,∧  (    )
    (  |            ミ;゚Д゚ミ 〆|  |  |
    (/"U             ミ_,,ミ  (_(_)

┌─────────────────────────────
|刀なんて盗んで何をする気だったの!?
|あなたがそんなことしても、誰一人喜ばないんだからね!!??
└───v──────────────────────────
                  |あのう…?
                  └───v─────

    ∧ ∧               ∧_∧
    (,,#゙∀)')            (<_`;  )
    (  つ  ∧,,∧        (    )
    (  |  ミ,,-Д-ミ         |  |  |
    (/"U   ミ_,,ミ         (_(_)


194 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:48:25 ID:RDCgibRh0


┌───────────────────────
|本当に申し訳ありませんでした。
|私、またーり教モナー教会の尼僧ツーと申します。
└───v────────────────────
                      ハァ
    ∧ ∧            ∧_∧   ∧ ∧
    (;゙∀゙∩          (<_`;  )  (Д゚;,,)

ツーは教会で孤児達の世話をしているらしい。フサは兄弟で捨てられた孤児だが、
弟は知的障害もあり、街の悪ガキ共にしょっちゅうからかわれているらしい。
先日その弟が行方不明になり、必死に探したところ、馬小屋に逃げ込み馬糞まみれになって
ガタガタ震えているのを発見する。犬をけしかけられ逃げ惑った挙句のことだったらしい。
フサはそのことで「あいつらを頃す」と逆上しており、フーンの持つ剣に興味を示したらしいとの
ことだ。


《登場キャラ》

  【ツー】
          またーり教某町教会の尼僧。教会付属の孤児院(小規模)の出で、
   ∧ ∧    今は自分が孤児達の面倒を見ている。またーり教の戒律を守り、
   (*゚∀゚)   人とは争わず温和に過ごしているが、地は結構おてんば。


  【フサ】
          またーり教某町教会で世話をされている孤児。
   ∧,,∧    障害のある弟思いではあるが、周囲の人達と打ち解けておらず、
    ミ,,゚Д゚ミ   衝突も多い。


195 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:48:48 ID:RDCgibRh0


           †
           ||
         /'i,ヽ
        / ..;;;i:::::;\
        | ̄ ̄| ̄ ̄|
        | l⌒l | l⌒l |
        | |...::l | |;;;;;l |;;:ヽミゞ;;    ゞ;:;:ヽ
     ミゞ;;;|  ̄ |  ̄ |;:;ミ__ヽミゞ,,_;;:ヽ_;:ゞ;;____.____ ミゞ;;ミゞ;;
   ヾ;:;:ヽミ;;| l⌒l | l⌒l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;; ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;:
     ミゞ;;;| |....:l | |;;;;;l |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;
    ヾ;:;ゝ | |;;;;;l | |;;;;;l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;;:
    ヾゝソ | __ | __ |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;
     ミゞ;;;| LLl | LL;;;|    __    .__    __    .__    .__  |ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:
      |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | |iソ ヾ;:;;:i;i
      |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | i;i;:ヽ_;:ゞi;i

ギコ達一行はツーが目的の教会の尼僧であることを知り、教会まで案内してもらい
モナー神父に会う。神父と共にいた弟は帰ってきたフサを見て喜び抱きつく。

ツーから事情を聞いたモナー神父は、「フサが仕返しをして施設(鑑別所?この時代だと
なんて言うんだ?)に送られるより、フサがいつもニコニコそばにいてくれることの方が、
弟にとっても幸せ」みたいな説教をし、幼い兄弟は自分達の部屋に戻る。


196 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:49:12 ID:RDCgibRh0

|  | |  | |  | |  | |  | |  | |  | .|  |   |  | |  | |  | |  | |  | |  | |  | |  |
|_| |_| |_| |_| |_| |_| |_|___ |_| |_| |_| |_| |_| |_| |_| |_|
─┐   ┌―――――、.      /,l、| ̄|</\      .┌―――――、   ┌―――.
  |――|   | ̄|    |―――/、/_,'.|  |/ヽ./\―――|    | ̄|    |――‐|    | ̄|
  |   |    |  |    |      |/_`‐ |  |/_`‐、|.    |    |  |    |.     |    |  |
  |   |__|  |__|      | |二二   二二| |.    |__|  |__|.     |__|  |
 ̄|.!    ||___   . ___l|      |、/_/ |  |_/ 、|.    ||___   . ___l|.     ||___
 ̄..|   |    |  |    |      |ヽ_/ |  |\‐、/ |.    |    |  |    |.     |    |  |
  |   |    |  |    | .A.   |―'、_ _|  |―‐'_/゙|  .A |   |  |    |.     |    |  |
  |   |    |_|    |  ||  . |\/_/゙|  |/゙―/|   || |   |_|    |.     |    |_|
―┘  () () ()――― ‐==||==‐| |―/^|_|―'.―..|.‐==||==-――――() () () .└―――
      l、.l .,l     ‐==ニニ||ニニ==‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ‐==ニニ||ニニ==‐     l、.l. ,l
‐―――‐||~ー―――――.!!ー―‐| l ∧_∧ ...|――‐!!――――――‐||―――
| ̄| | ̄| || | ̄| | ̄| | ̄||| | ̄| | l ( ´ー` ) | | ̄l ||| ̄| | ̄| | ̄| ||| ̄| | ̄
―――――――――――┐......| | l (    ) .| | . ┌―――――――――――
―――――――――┐  |__~ ̄| l__|  |  | _,,,| ̄~_|   i―――――――――――
―――――――┐  | _,  レ'|ニニニ(__)_)ニニニl`,l  _|   ,――――――――――
              | _,  レ'| ./ . /      \ ヽ l`,l  _|
           .レ'|  / |.,!/            \!,|_ヽ .l`,l
                 ̄/            .\..!,|__

モナー神父は自分の面倒みている子供の非礼をフーン達に詫びる。
一行は神父にハレーモララーの名を出す。神父は今まで以上に申し訳なさそうな
表情でうつむき詫びる。「全て私が悪かった」のだと。

197 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:50:12 ID:RDCgibRh0

ツーもモララーのことは覚えている。自分より5歳くらい年上で、自分と同じく
モナー神父に育てられた孤児だ。幼いツーの記憶では誰とも打ち解けない怖い人だった、
という印象がある。「人」かどうかも疑っていた。衣服では隠しきれない灰色の翼と
冷たい瞳に、ツー自身も「この人は悪魔なのでは…?」という疑念が払えなかった。


  ∧∧                  ∧_∧
 (;゚∀゚)                 (  ∀ )
  (_,,)                彡ヽ(9  っ
                       (/"ヽ)   ∧_∧   ∧∧
                           。゚・(Д  ) (T  )


ある日街で殺人事件が起きて、その日以来モララーは姿を消してしまった。ツーの中では
やはり悪魔だったのかもしれない彼が目の前からいなくなってくれてホッとしたという
記憶があるが、モナー神父は彼に対する懺悔で胸がいっぱいだと言う。


198 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:50:51 ID:RDCgibRh0

モララーは乱暴な子だった。ケンカになると必ず手が出て、そして勝っていた。
教会には毎日のように、ケンカ相手の子供達の親が来て、苦情を言いに来ていた。
「これだから孤児は躾がなってない」「イヤ、この子の場合は悪魔の子だから」
どの親も元凶はモララーと見ており、穏やかなモナー神父が口を挟む隙もなかった。


     ∧_∧
    (  ´∀) ∧_∧
    (    つ (・−・ )
    | | |  (   )^ミ
    (__)_)  U U


モナー神父はモララーに何故暴力を振るうのか優しく聞いてみる。
聞くとそれなりに事情はある。「それくらいのことで」というレベルのことから、
相手が完全に悪いと思える時もあった。モナー神父は全てを頷きながら受け止めた上で
諭す。「それでも暴力はいけないよ」と。そんな風に粗暴で周りに嫌われるモララーに、
モナー神父だけは優しく接したがモララーの暴力は止まることがなかった。


199 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:51:21 ID:RDCgibRh0

皆は神妙にモナー神父の思い出話を聞いていたが、
「そりゃそうだろうな。ガキに暴力禁止なんてオトナの正論が通じるワケがない」と
ネーノは苦々しく吐き捨てる。

   λ_λ
  ( #`−´)       ∧_∧  ∧ ∧       ∧_∧
  (    )      (−`; ) (Д゚ ,,)      (Д‘  )
   |  |  |       (     )  U  |        (    )

孤児で生きるためになんでもやってきたネーノは、オトナのこの綺麗な正論は
幼い頃何度も耳にしてきた。「だがどんな事情があろうとも人に刃を向けるのは
悪いことだ。許す心が大事」みたいなことを言うモナー神父に、ネーノは
がらにもなく怒鳴ってしまう。

「その子のことを本気で考えているんなら、悪い面も受け止めてやれよ!!」

モナー神父の話に聞き入っていたガナーの驚いた顔にバツが悪くなって、
ネーノはそのまま教会の外にでる。


200 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:52:12 ID:RDCgibRh0

「やっぱり元盗賊が教会なんて入るモンじゃないな」と酒場でチビチビやってると
ツーがやってきた。隣で強い酒を頼むツー。
「そんな酒、尼さんが飲んでいいのか?」と聞くとツーは「モナー神父には内緒にしてね」と
答え、さっきのネーノ言葉の意図を改めて教えて欲しいと頼んできた。
周りへの復讐心がどんどんエスカレートしていくフサにこれからどう接していいか、
ツーも思い悩んでいたのであった。

┌─────────────────────────────
|…モナー神父のやっていることは支配だ。
|最初から相手を善人という枠に嵌めて、そこから外れる例外、
|悪意の心を認める気がない。
└────v─────────────────────────
           |悪意って…そもそも持ってはいけない感情でしょう?
           └────v───────────────────

     λ_λ      ∧ ∧
    (`−´ )     (∀゚* ,)
    ( 日と )     O日と)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌──────────────────────────────────
|…んなことあるか。やられたらやり返したいし、殴られたら殴り返したい。
|…人間だったらそういう感情も沸いて当然じゃねーか。
|やられてもヘラヘラ許せと?悟りでも開いたオッサンにはできるかもしれないけど、
|子供にまでそれを要求するのは酷ってモンだ。
└────v──────────────────────────────

     λ_λ      ∧ ∧
    (−´# )     (∀゚* ,)
    ( 日と )     O日と)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


201 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:52:37 ID:RDCgibRh0


┌──────────────────────────────────
|…フサだっけ?あの子もあんな風に一方的に押さえつけてたら歪むよ。
|今であんな風なら、そのうちもっと酷い問題を起こすだろうね。
└────v──────────────────────────────

     λ_λ      ∧ ∧
    ( `−´ )   Σ (∀゚; ,)
    ( 日と )     O日と)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ┌─────────────────────────────
   |じゃあ、アナタだったらどうやってフサの暴力を止めるっていうの?
   └────────v─────────────────────

     λ_λ      ∧ ∧
    ( `−´)     (∀゚# ,)
    ( 日と )     O日と)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


202 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:54:58 ID:RDCgibRh0

ネーノは少し考えてからツーに聞く。「障害を持つフサの弟を理不尽に虐めた奴らには
相応の罰を与えたのか?」と。馬小屋で弟を発見した後、フサは発作的にいじめっこの家に行き、
あがりこんでいじめっこに殴りかかった。鼻血を出した息子を見て母親は悲鳴をあげ、
フサは父親に押さえつけられたと言う。

いじめっこの親は「強盗のように家に押し入り息子を殴ったフサに恐怖した、こんな子供は
野放しにせずに隔離施設に送るべきだ」と教会に抗議しに来た。ツーもフサのためにさんざん
詫びてどうにか隔離施設送りは見逃して貰った。だからフサにはもうこれ以上問題を
起こして欲しくないと。


┌─────────────────────────────
|なるほどね。誰もアイツ達を守ってやらないんだ。
|だからフサは自分で自分と弟を守ってるつもりなんだろうな。
└────v───────────────────────

  m  λ_λ      ∧ ∧  カチン
   ヽ(`−´ )      (゚∀゚#)
    ( 日と )     O日と)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


203 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:55:24 ID:RDCgibRh0


   ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
  (  な〜んで、あんな通りすがりのガラの悪い男に   )
   ) 批判されなきゃいけないのよ!?          (
   ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
              o   こっちはまたーり教をしっかり守ってきた尼僧よ
              。   あんな殺生ばかりしてきた人達に
                   口出しして貰わなくて結構
             ∧ ∧
             (#゚∀゚)
               U  |
             (  |
             (/~U


   ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
  (  モナー神父だって私だって…この子のことが本当に大事で、   )
   )  素直ないい子になって欲しいと願っているだけなのに…。   (
   ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
              o
              。
            || ∧ ∧
   ∧,,∧ __|| (∀゙;,,)
  ミ-Д-ミ   /| |  U
⌒⌒⌒⌒⌒⌒/ | |  )
        / /  U"U
                                ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


204 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/29(水) 23:57:49 ID:RDCgibRh0

次の日。一行は教会に留まり、子供好きなガナーはフサの弟と歌を歌っている。
フサはギコとフーンの刀剣を見て、そのカッコヨサに自分も剣士になりたいと言い、
和やかムード。ネーノはああは言っても実際は子供に接するのは苦手。
ツーとはお互いにぎこちない空気でいたたまれないので、
ネーノはのーと共に街に出てモララーの出生の調査をする。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

      ___  ∧ ∧            ヘ∧
      \二二\(  ∀) ∧二二二二二二:#ρ゚;)二二二二>
        \ニ>(  つ<< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ UU;ヽ
             (/)_ノ  ∨二二二二二二二##二二二>
                            ; U
                            :       /`8⌒つ;
      ......;;;;:::;;;;::;;;;:::             と@,。....   と(。0;;,#)つ:;:';;::::
                                   ∨∨;・;:;:

ヽ〜〜〜v〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    ∧φ∧   ∧ ∧  λ_λ
  . (;  <Д)  (゚A゚*,)  (`−´ )
   と   つ  □φ)  (    )

知れば知るほど、モララーも暴虐だったけどその裏では可哀想な奴だったってことで。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
モララーの出生の秘密は未定。「羽根=天空人」の概念を入れたいとこだが、
天上界まで触手を伸ばすと世界観が壮大になりすぎて、それこそ『外伝』とかが
必要なスケールになっちゃうので。何か適当な過去を保管しといてっ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



205 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:00:36 ID:lin4ZqhT0

気がつくと一人昼寝をしていたはずのフサの弟の姿が見えない。皆で探すと
弟は悪ガキ共の前で下半身丸出しの状態で変な格好をするよう命じられていた。
悪ガキのボスの手には美味しそうな大きなキャンディ。それが欲しくて素直に命令を
聞いていたのであった。


ツーがフサをみると顔色をすっかり変えている。ギコの剣を奪いいじめっ子めがけて
一直線に走っていく。それより早かったのがフーン。フサの剣を撥ね退ける。
フーンもとっさのことで手加減ができず、フサは手首を痛めうずくまる。
ツーはフサに駆け寄って抱きしめる。追いついたギコもきょとんとしているフサの弟を助け起こす。

           カキーン
   <二二┝
               \  ∧_∧
                ×<_`   )
         ∧,,∧     と    )          ∩∩  ∩∩
        ミ;"Д゚ミ て   〈 〈\\         ( ワ ii) (д ;)
         ミ__ ミっ て   (__)(__) て      (  人)  u   )
                               (ン(ン   (ン (ン

206 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:01:05 ID:lin4ZqhT0

一瞬呆然としていた悪ガキ共が「人頃しだ」と騒ぎ始める。「親に言いつけてやる、
もうフサは施設送りだ」と喚くガキ達に、ガナーはつかつかと近づき、一人一発ずつ
ビンタをかます。文句を言おうとするガキ達よりも大きな声でガナーは「謝りなさい!!」と
叱りつける。ギコ達から見ればガナー流の当然の正義感だが、ツーはさっきまで
誰よりも優しそうに見えていたガナーの、今の毅然とした態度に驚く。

     ∧ ∧
     (;゚∀゚)
       (  つヘ
     (  |Д゚ミ      ∧_∧
      U U__,,ミ     ( #‘∀‘)  ∩∩   ∩∩
                <    )  (Д  )  (Д  )
                | | |    (  )  (  )
                (__)_)  U U   U U

207 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:02:29 ID:lin4ZqhT0

夕方になり、教会に文句を言いに来た悪ガキの親軍団。もちろんフサを遠くの
隔離施設に追い払うべきだとの主張だが、ガナーは負けていない。

       ∧_∧     ∩_∩   ∩_∩
      ( #‘∀)    ( Д  #)  (Д  #)
      <    )     と と  )   (    )

「弱い者イジメをする自分達の子供が恥ずかしくないのか?」

「弱い者というけど、この池沼の弟は花壇の花を引っこ抜いたり、良くないことをする。
いつもそんな風に被害にあっていれば鬱憤がたまってもしかたがないじゃないか」

「確かにそれはこちら側の落ち度だけど、だからといってこのような
陰湿なイジメで問題が解決できるのか?だいたいアナタ達はまたーり教の信者で
人々は平等にまたーりしていくという考えじゃなかったのか?というか、親がでしゃばるな、
そこの後ろに隠れてる子供達、こっちに来て自分たちで話をしてみなさい」と、
ガナーは悪ガキ共を呼び出し、同時にフサのことも呼びつける。


208 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:03:11 ID:RDCgibRh0

向こうの親達が来ている間はフサにこっちにきちゃダメと教えていたツーは驚くが、
フサは素直にガナーのいいつけに従い大人達の前にでる。

┌────────────────────────────────────
|フサ。言いたいことがあるなら今のうちに言いなさい。
|それでこの街にいられなくなるのなら、私が責任持ってアナタも弟も面倒みるから。
|一緒に旅をしましょう。
└───────────v─────────────────────────
             *    *    *
                 ∧_∧
               (‘∀^  )    *
   ∧ ∧     ∧,,∧ と   d )
 Σ( iii゚∀)    ミ,, ゚Дミ ( ( (
   | U      ミ_,,ミ  (_(_)
   λ_λ
   ( ;`ー)
   (    )

これにはツーもネーノもぶったまげる。フサも一瞬キョトンとするが、
大きく息を吸ってから次のように喋った。

┌────────────────────────────────
|僕が暴力を振るったことは謝ります。だからもう弟を虐めないで下さい。
|お願いします。
└───────v─────────────────────────

                 ∧_∧
                ( ‘ー‘ )
   ∧ ∧     ∧,,∧  (    )
   (;゚∀゚)     ミ,,-Д-ミ  ( ( (
   | U      ミ_,,ミ   (_(_)
   λ_λ
   (  `−)        ∩_∩    ∩_∩
   (    )       (    )   (    )

敬語なんて使ったことのないフサだったが、ガナーに一人前の発言を求められて、
考えて気持ちをまとめたようだった。

209 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:04:09 ID:lin4ZqhT0

抗議しに来た大人達もフサにこう素直に出られると、これ以上責めるのも
バツが悪くなってしまいそうで、自分の子供達に「虐めたりなんてしないよね」と
促し、悪ガキ共もしぶしぶ「わかった」と言う。円満という空気ではないが、
とりあえずフサが罰せられることなく、向こうは退散。

       ∧_∧         ∩_∩      ∩_∩
      (  ‘∀)        ( へ  ;)∩∩  (−   ;)
      (    つ,,∧      (   つ(Д )  (    )
       |  |  |ミ,,゚Дミ      ) ) ) (  )   人 Y
      (_(_)_,,ミ     (_)_) (/U   し(_)


ツーはいつもフサ達を守ろうとしていたが、こんな風にフサの気持ちを
矢面に出そうとしたことはなかった。ツーはガナーに聞いてみると、
ガナーの話は、ネーノと話した内容の続きに近かった。

┌────────────────────────────────
|子供ってね、プライドも高いし、それでいて甘えん坊だし。
|自分の考えをちゃんと一人前と認めてくれて、
|それでいてどんな時でも守ってくれる大人がいると信じられれば、
|自分で自分のこと大切にするようになると思うの。
└────────────v────────────────────

     ∧ ∧
     (*゚∀゚)        ∧_∧
       U  |        (ー^  )
     (  |         (    )
      U U         |  |  |

210 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:04:48 ID:lin4ZqhT0

ツーは考える。自分はフサを認めていたか?フサが悪いことをして
周りに嫌われないように頑張ってはいたが、本当にフサのことを考えていただろうか?

ツーも子供の頃はまたーり教の教会で育ち、「悪いことはしてはいけない」と躾けられていた。
ある時、孤児院の別の女の子がとても綺麗なガラスの白鳥を貰ってきた。
通りすがりの金持ちの気まぐれらしく、自分の娘に欲しかったのは白鳥ではなく
ウサギだと文句を言われ、いらなくなった白鳥のガラス細工の方をたまたま通りがかった少女に
くれたというワケだった。

ツーは羨ましくてしかたがなかったが、その女の子は「割れると困るから」と
誰にもそのガラス細工を触らせようとしなかった。
ツーはガラスの白鳥をじっくりみようと、女の子がいない時に彼女の部屋に入った。
窓が少しだけ開いており、カーテンが小さく揺れている。

ふと黒い感情が沸き、ツーはわざと窓を大きく開け、その部屋から出た。
その日の午後、女の子のガラスの白鳥がカーテンに煽られて落ちて割れたと噂になったが、
女の子自身も自分が窓を開けていたからだと思い、ツーも誰も責められることはなかった。
が、ツーはしばらくの間、ひどい罪悪感に襲われ思い悩んだ。

              |:::::::::::::
   ∧∞∧     | ∧::::::
   (っ ;ル     |∀゚)::::
    (n n )    |__,,):::::
  。 U"U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
くl゚。△


211 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:05:49 ID:RDCgibRh0

またーり教を信じる者だからこそ、人一倍強く感じた罪悪感。フサも暴力などの
悪事をするたびにあの締め付けられるような罪悪感に苛まれたのだろうか。

ガラス細工を壊して自責の念でどうしようもなくなったツーは女の子に謝った。
女の子は「見せびらかすだけで誰にも触らせようとしなかった私も悪かったから」と
ツーの悪事を責めなかった。だからツーの気持ちは救われた。

もし、「人の物を欲しがり妬み、壊して嘘をついた罪の重さを懺悔しなさい」と
真正面から言われていたら、ツーの気持ちも粉々になっていたかもしれない。


    ∧∞∧
    ル   ヮ)  ∧ ∧
     (   っ (∀゙;,,)
     (/"U    (_,,)


ツーは「正論」が時には余計に子供を追い込むことに気づく。
フサは、きっと自分でもわかってる悪事をするたびに、それを頭ごなしに
良くないことだと否定され、悪い子のレッテルを貼られていて、
自分達はその許しを周りや神に乞うだけ。

自分がフサなら、味方のいない悲しみに胸が潰れてしまいそうだ。

自分やモナー神父はフサの味方になれてなかった。
そう気づいたツーは懺悔する。


212 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:06:33 ID:lin4ZqhT0

フサの件でのガナーの口上はモナー神父も聞いていた。
彼自身もツーと同様、モララーの味方になれていなかった自分を感じる。
白だけを美しい正しいと賛美するのではなく、灰色を許容する心。
それが欠けていたから、灰色の翼の少年は深く傷ついたまま自分の前から
姿を消した。

モナー神父が落ち込んでいる様子に気づいたギコは、明るく話しかけるが、
そのまま二人はじっくりしみじみと話す流れに。

_______        ...........................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
|_|__|__|_l                  ...................::::::::::::::::::::::::::
|__|__|__,|                      .............:::::::::::::::::
|_| 从.从   |_|
|_| 从人从. |_|
|_| //ヾ \ |_|
───────
  ∧_∧       ∧ ∧
  (三   ´)      (゚Д゚;;;)
  | ̄|三 つ      U U;;||
  |  |三 ⌒ヽ      ( ( ,ノ|


モナー神父はモララーがどんな風になっていたのか気にしていた。
風の噂では冷酷な独裁政治に加担していると聞いたが、直接会ったモララーは
どういった印象だったかと。

213 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:07:48 ID:lin4ZqhT0

ギコはモナー神父に同情しながらも、真実を告げることにした。
多くの民がその暴虐に巻き込まれ、かつての姫を虐待し続け、はたまた復活の力を持つ
ちびしぃと手を組み、自分達の恩人ネーノの命すらも弄んでいる現状を。
両手で顔を覆い「神よ…」と呟いたまま動けなくなる神父。

そこにツーがフサを連れてくる。様子がおかしいと思ったら手首を骨折していたと。
フサは怪我を正直に言うと、自分を止めたフーンが悪者になってしまうと思ったらしく
夜まで我慢していたらしい。


  ∧_∧          ∧ ∧    ∧ ∧
  ( 。´ー`)        (^Д^,,)   (゚∀゚*)
  | ̄|  つ  ∧,,∧    U U ||    |  U
  |_|  ⌒) ミД゚,,ミ   ( (  ノ|    |  )
  |_| ̄|し'  ミ_,,ミ    `JJ ̄|    U U


「優しい子だね」とギコは暖かく言う。モナー神父も「はい。弟想いの本当に優しい子です。」と
答える。フサは驚いてモナー神父を見ると涙の跡が。実はモララーのことで涙していた
神父だが、フサは神父が自分のために泣いていたと思い、目を背けながら小さい声で
謝った。


214 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:08:35 ID:lin4ZqhT0

モナー神父は手をかざし呪文を唱える。治癒魔法だ。魔法使いののーは攻撃魔法や
相手を霧で包むような補助魔法は使えるが、治癒魔法の取得は精神修行も含めて
非常に難しいので自分には到底無理だと言っていたが、その治癒魔法をモナー神父が
目の前で使っている。


  ∧_∧          ∧ ∧     ∧ ∧
  (  ´∀),' /,     (Д゚;,,)    (∀゚*,,)
  | ̄|  つ'' :∧,,∧    と   つ    |  U
  |_|  ⌒)cミ゚Д゚,,ミ   ( (  ノ|    |  )
  |_| ̄|し'  ミ_,,ミ    `JJ ̄|    U U


ギコは思わず質問攻めにしてしまう。骨をくっつけたり無くなった耳を生やすような、
破損や紛失した部分の再生は魔法としても難しいが、鎮痛や止血、化膿防止、
疲労回復のような血流や神経、筋肉への刺激で操作できる治癒には精通しているという。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
復活・再生なんてレベルの技ができるのは、今のところこの世界でちびしぃのみ設定。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


215 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:09:09 ID:lin4ZqhT0

骨折までは完治しなかったが腫れと痛みが治まったフサは、ツーに連れられて寝室に帰っていく。
モナー神父は彼らを見送りながらギコに「自分もモララーのところに同行させて貰えないだろうか?」と
頼んで来た。

それはいいが…自分達はそれぞれの身内の仇であったり、今の世を変えるつもりで
ハレーモララーには情けをかけず退治、つまり頃してしまうつもりである、と伝える。
これ以上罪を重ねさせないためにも、それで構わないと神父は言う。
それでも一度モララーときちんと向き合ってみたいと。

白という色しか見ようとしていなかった自分。白い色を賛美する信者を従え、
自分はいつでも純白として生きてきた。汚れるのが嫌だったから、灰色や黒には
触れずに遠くから諭そうとしていた。モララーの灰色の心にも触れようともしていなかった。


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,........                  ,ノ)
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,.....           lヽ         λ     ~
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,.....           __,       ヾ)        (ソ
                  (シ
      ∧_∧
     ( ´−` )
     (   と )


だから今度は自分が汚れてもいいからモララーの心の色を真剣に受け止め、
両手が血に染まってでも、あの子と向かい合ってみよう、とモナー神父は決意したようだ。

216 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:10:13 ID:lin4ZqhT0

モナー神父は教会の留守をツーに託す。戸惑いながらもツーは引き受ける。
モナー神父はフサにもツーのことを支えてやってくれと頼む。
フサは、大きくなったら正しい剣の使い方を教えてくれ、自分は剣士になりたいとフーンに言う。
目標ができたフサは前より少ししっかりしたように見える。



  ∧ ∧     ∧_∧      ∧_∧       ∧_∧  ∧ ∧
  (,,*゚∀)    ( ´_ゝ`)     (ー‘  )      (´ー` )  (゚Д゚,,)
   |U |     (    ) ∧,,∧ と    )     (    )  U  |
  (  |     | | | ミД゚,,ミ  ( ( (      | | |  (  |
  (/"U      (__)_) ミ_,,ミ (_(_)      (__)_)  U U


ガナーは本気でこの子達を守るために旅に連れて行ってもいいと思っていたが、
フサ達がツーに懐いている様子を見て、無理強いはせずツーに託す。

ガナーはあの後、フサにも説教をしたようだった。いくら弟が病気でも、
丹精に育てた花壇を壊されていい気分の人はいない。確かにあんな虐めに発展するのは
最悪だけど、本当に弟を守りたかったら先に弟のやったことを周りに謝りなさい、と。

フサは弟の行動を許さない世間の心の狭さを憎んで、冷静な注意を受けた時も
「また弟を馬鹿にしやがって」と怒りに変換していた。だけどそれは盲目的に身内だけを
擁護するいじめっ子達の親の姿と同じだったかもしれない。と、少し気づく。


217 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:11:03 ID:lin4ZqhT0

モナー神父を含めた一行を見送り、ツー達は日常生活に戻る。

石が飛んできてフサに当たる。遠くにとぼけたフリをした悪ガキ達。
骨折のせいもあり、フサは前のように飛び出して殴りかかろうとしない。
悪ガキ達はフサに近寄り「あれ〜どうしちゃったのかな〜」なんて言いながら、
今度は直接手出しはせずに挑発してくる。

今までのツーはこんな場面を見ると悪ガキ達に「からかうのはやめてね」とおどおど注意していた。
というか、フサが手を出して謝っていたことが多かった。だけど今日のツーは違った。

      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    <                                      >
   < こらー!!悪ガキ達!!フサに手ー出したら承知しないぞ!! >
    <                                      >
      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨

                  ∧ ∧
                 (ヽ#゚∀゚)
    ∧,,∧          ヽ  |          ∩∩    ∩∩
     ミ;゚Д゚ミ             (  |         (Д ;)   (Д ;)
    ミ_,,ミ            (/ U          (   )   (   )


悪ガキ達は少しびっくりしながら退散。フサも少しびっくりしながらツーを見た。
ツーは悪戯っぽく笑う。「またーり教」の教えで封印していた彼女の地の部分だ。


                  ∧ ∧ アヒャヒャヒャ
                  (゚∀゚*)
    ∧,,∧           <   |9
     ミ;゚Д゚ミ             (  |
    ミ_,,ミ            (/ U



218 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:11:48 ID:lin4ZqhT0

その後、フサは弟が誰かに迷惑をかけた時は、謝ったり、壊したモノを修理するようにしてみた。
すると街の人もフサ達に寛容になってきて、とっさの局面で味方してくれることも増えた。

それでも悪ガキ達に意地悪をされて、嫌な気分になる時もある。
だけどフサは思う。「自分が暴れることで、ツーが悲しむ姿は見たくない」と。

     *
  *                          ∧,,∧
     ∧ ∧                     ミ*-Дミ
    (゚∀^*)                      ミ_,,ミ
    Oと )
     |  )
 ヘヘ  ヘヘ   ヘヘ
( ・o) (  ) (^  )
..(_)  (_)  (_)                            ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                         ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                 .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

自分を認めて信じてくれる人への想いが、フサをちょっと大人にした。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
反省点として、AA的にも人気のフサ、ツーってキャラを置きっぱなしの脇役に
しちゃうのは勿体無い気も。('〜`)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


219 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/10/30(木) 00:12:15 ID:lin4ZqhT0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


┌───────────────────────────
|今日はここまで。
└──v─────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

220 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/30(木) 00:28:02 ID:9BdEuFai0
乙です いつも楽しみにしています
こういうタイプの作品を見るといつも主人公より悪役のほうが好きになってしまう
何というか正義感が強い奴見るとムカムカしてくる・・困った性癖だ
普通の人は主人公を好きになるはずなのに

221 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/30(木) 09:04:45 ID:em+ucUAH0
いつもながらこういう人と人の関係を描くの上手いねみっ、違う、カマドウマ!

と言ったところでまたもや妄想設定提案。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ハレーモララーの力の秘密
伝説すら残らないほど遙か昔、世界を滅ぼそうとした破壊神が現れた。
古の英雄たちは破壊神に勝利するために古代種から多種多様な力を魔法によって肉体に取り込んだ。
彼らは多種多様な古代種から取り込んだ力と当時隆盛を極めていた強力な魔法で破壊神と戦い、
幾人も傷つき斃れながら辛くも勝利する。
勝利の後、力に遺伝性があることを知った英雄たちは子孫が力に惑わされぬよう、封印を施す事にした。
それから幾星霜の年月が流れ、伝説や神話すら忘却の彼方へ過ぎ去ったある日、
とある夫婦の間に生まれた子に受け継がれた力はほんの少しだけ、封印が解けかかっていた。
漏れ出た力は背中から灰色の羽というカタチで現れ、夫婦はその子を悪魔の子として近くの教会へ捨ててしまう。
それこそが今のハレーモララー、古の英雄の子孫であった。

※古の魔法は現在より高度であり、それによって魔法文明を築き上げていた。
※破壊神と言っても神ではない。神の如き破壊の力を振りまくためそう呼ばれた。正体は特に考えてない。
  ありがちに魔法文明によって作られた最終兵器の暴走でも良いかなとかなんとか。
※古の魔法は強力であったが、それでも破壊神を滅ぼすには足りなかった。
  そこで肉体的な防御力や直接的な戦闘力、さらに魔法の詠唱を必要としない特殊能力を手に入れ、
  最終決戦での勝率を格段に上げる為に、様々な古代種から力を抽出・凝縮したものを
  当時最高の戦士たちに授けた。それがハレーモララーの祖先たち。
※古代種とはドラゴン等の幻獣や精霊を指す。なんとなく人間より古くから在る気がするから。
※ちびしぃの扱う復元や蘇生にHTTPレーザーもこの古代の英雄たちの力、
  つまりちびしぃも古の英雄の子孫である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
我ながらなんて厨臭さだ。
神とかはめんどうらしいので幻獣や精霊の力を魔法で合成、としてみた。
古の英雄の子孫が期せず魔王になるとか王道っぽいよね、なんて…朝から妄想トバし過ぎたな、反省。


222 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/30(木) 18:18:21 ID:fdFrdeGO0
>>221
伝承も残ってないと面倒も起きそうだから、こういうのはどうだろう?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・とある絵本の伝説
むかしむかしあるところに、とても乱暴な悪い魔法使いがいました。
悪い魔法はただの人間でしたが、精霊たちをだましては力を手にいれとても強くなっていきました。
悪い魔法使いは強くなっていくにつれてだんだんヒトではなくなっていき、いつの間にか破壊神を名乗っていました。
破壊神を倒すために勇者たちが立ち上がりました、とても優秀な魔法使いたちです。
しかし、優秀な魔法使いもただの人間、破壊神となった悪い魔法使いにはかないません
勇者たちは悩んだ末、悪い魔法使いと同じように精霊たちの力を使うことにしました。
たくさんの精霊たちと心を一つにした勇者たちは破壊神になった悪い魔法使いをたおすことができましたが、
勇者たちは悪い魔法使いと同じように人間ではなくなってしまいました。
人間ではなくなってしまいましたが、たくさんの精霊たちの力を借りていたので無事人間に戻り、平和な世界でくらしましたとさ。
めでたしめでたし
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これが一般に伝わる伝承
で、研究者に属する魔法使いであるのーや職業柄神話に詳しいモナー神父など、一部で噂される裏の部分がある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
精霊たちの力を借りるというのはある意味で融合であり、肉体や魂のレベルで変質していく
古代ではより強い力を求め精霊や幻獣と融合する研究が盛んに行われていた
それゆえにヒトでなくなった彼らを「ホムンクルス」と呼び別の生き物として区別した
伝承に語られる破壊神や勇者たちはどちらもホムンクルスであり、力をつけ過ぎたホムンクルスとそれを処分した側である
その被害は世界規模で甚大であったため責任を感じた彼らは復興に尽力し、
その後、ある者は山へ、ある者は海へ、ある者は時空の狭間へ身を隠しその力を封印したらしい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

破壊神云々を拝借してアレンジしてみた
後々、ドラゴン族のチラネーヨが仲間になるらしいから、その知り合いか何かで山に住むホムンクルスに
出会えれば上手くいくかも?

・ちびしぃは復興に尽力した僧侶系ホムンクルスの力が遺伝したもの、かつては王家の象徴だった力も
 気の遠くなるような時間のなか、ゼロになったかと思われる程薄れていたが、突如として強く現れた
・モララーは何らかの理由(事故でホムンクルスの里からモナーの教会前へ飛ばされた等)で孤児となったホムンクルス
 既に両親のホムンクルスは亡くなっており、それ故に誰も捜索に来なかった。つまり、家族らしい家族はモナーのみ

後はモララーの力をどうにかする方法だが・・・俺には無理だorz

223 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/31(金) 18:14:05 ID:F3yo1rUcO
コリンズが地属性の精霊っぽいから、モララーは風属性のホムンクルスってのはどうだ
相反する力が中和されてただのモララーになるとか

224 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/02(日) 21:24:30 ID:2DAUWRKx0
つか、モナー神父って戦えるのか?
登場エピソードだけ見ると喧嘩もしたこと無さそうだけど…
後ろで女の子の手当てに一生懸命な姿しか思い浮かばんwww

まぁ、モララー戦でモララーと口喧嘩するとか、
戦意喪失したモララーに戦えと命令するマニーにぶち切れて思わず殺っちゃうとかあればいいな

>>222
>ある者は時空の狭間へ〜
3月うさぎのことですね、わかります

225 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/02(日) 22:03:42 ID:2GuV2zP30
>224
そ  れ  だ

226 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/02(日) 23:13:32 ID:lu/vnOUV0
キャラ的に僧侶系はあってる気がするが<モナー
回復役、攻撃力、守備力はさほどでもないが魔術師よりは高い中間キャラで
一撃で死にそうな魔術師の盾となりつつ補助魔法使って。
攻撃を期待するポジションじゃないわな。

227 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/02(日) 23:34:43 ID:3RXd/D4YO
光とか聖属性の攻撃魔法がアホみたいに強いとかはありそうだ

228 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/03(月) 04:16:25 ID:uQDgnL7i0
新陳代謝や自己治癒力強化の魔法が使えるなら、
身体強化系のブースト魔法も使えるかもしれない


229 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/03(月) 07:13:26 ID:erPSemn4O
『楽に死なせるのも優しさのうちです』とか言って僧侶系キャラが強いのも
よくあるよな

230 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/03(月) 22:34:39 ID:uQDgnL7i0
よく考えたら今回も前回も戦闘シーンが皆無だったな
その辺どうなのカマドウマ


231 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/03(月) 23:16:11 ID:erPSemn4O
カマドウマって長いし、カマちゃんで良くない?

232 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/03(月) 23:54:43 ID:tZp8Qr+o0
┌───────────────────────────────────────
>>221
|sugeeeeee!!!朝からこんなのポンポン出せるって、sugeeeeよ!!
>>222も巧いよ!>>221が残してた部分、「破壊神の正体」「幻獣や精霊との合成方法」も、
|ここで辻褄が合うな。ちびしぃの力の謎も解決だ!!

|実はこのあと人造人間(敵)も登場させちゃう予定だったんだよね。
|いきなりトンデモ科学なんか出しちゃって世界観メチャクチャでどーしよーと思ってたんだけど、
>>222の設定を生かせば辻褄も合いそうだよ!!人造人間作るのにチラネーヨの親も
|材料にされちゃうんだが、皮剥いで単なる材料、じゃなくて「合成用素材」にしちゃえばよさ毛!

|だいたいもうね、俺の話抜きでこの部分だけでも既に壮大なレジェンドが作れちゃうっつーの!!

|いや〜掲示板でのAA遊びってホントにいいね!(このスレAAは少ないけどww)
|自分が生み出した稚拙なネタに、こうやって素敵なネタを付け足したり膨らませたりして貰って、
|更にそこで感動させて貰う時、それがAAやってて一番嬉しいと思える時だぜ!

|これがちゃんとしたAAスレで、リレーでこんな話をAAで付け足して貰った日には
|「感動させてもらった分、自分もAAでご奉仕させていただきます」ってな
|AAバリバリモードになっちゃいそうなとこだwww
└────v──────────────────────────────────

       )ノ
    ∠)m¨)m
    ┘ ┘
⌒Y
┌───ヘ────────────────────────────────────
>>223 >>227
|そうだよな、俺tueeee!!同士がどんどん派手なダメージ力の強い技をエスカレートさせて
|いくだけじゃなく、属性をきっちりさせておくのも確かにバトルの駆け引きを面白くさせる
|要素だよな〜。そこも真剣に考えてなかったので反省。

|あぁ、よくAA板で「設定厨uzeeee!!」とかって聞くけど、バトルの場合は最初に「設定」を
|煮詰めとかないと逆にヤバいね。最初が適当だと、技や弱点がどんどん後出し、後付け
|設定になっちゃって読む側が「ハァ?」、描く側も「もうこりゃダメだ」ってなっちゃう。
|今、こんな発表の仕方だから最後までやれるけど、これがマジメに始めてた長編だったら、
|俺もうとっくに挫折しているよ。

|ぶっちゃけここだけの話、アトリエスレ初期のN/A氏の属性解説とか基本材料解説とか
|「糞ナゲェーwww考えてること細か杉www」とかちょっと思ってましたゴメンナサイ。
|けどああいうのがしっかりしてるから、後から流れに乗る人でも上手く世界観を
|破綻させずに使いこなせるんだなぁと「初期設定」の重要さを改めて感じしました。

|う〜、ファンタジー&バトルって完成度をマジメに考えるほどマジ難しいよ!!
|イヤ別に素人なんだから描きたい部分だけ楽しく描く、従来の俺のように
|行き当たりばったりで思い付きを繋いで偶然の産物を楽しむ、でもいいんだけどね。
|今は赤ペン先生に見せて勉強してるモードだから真摯に考えとくのだww
└──────────────────────────────────────

233 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/03(月) 23:56:39 ID:tZp8Qr+o0
>>224-225
>3月うさぎ
3月うさぎが出てくるのは、AAストーリー的にも華が出てオイシイ。是非出したい!!
…って言いたいとこだけど、あれを使いこなすのは難しいんだよ。
元の作者テンプタ氏以外でも、「上手に使いこなしてるなー」と思えるAA作品には
いくつか出会ってるから、使うのが難しいというのは俺自身の問題なんだよね。

たぶん3月うさぎが味方すれば弱い状態のギコでも、確実に勝てる話にできる。

3月うさぎはもともとはギャグもやるキャラだったけど、制服スレでのイメージで
今では完全に神格化、他者の運命まで司っちゃう異世界の神っぽく書かれるのが主流だろ?

おそらく俺がそういうキャラをストーリーに出すとすると…『エンジェルしぃ』にしたくなる。

┌──────────────────────────
| 我は3月ウサギ 力の求道者 ・・・お前に「力」をやろう
└─────v─────────────────────────────
            | 全てのAAキャラの幸せを願う。それが私。エンジェルしぃ。
            └─────────v─────────────────

                    λ
     (\          / (
  __.\\      /  (                γ⌒ヽー、_______ノ)____
 (___ \| | .___/   (                  |   γ⌒ヽ   フフ_フ______ノ
   _\ | |/ ./     (                      |  / イ  ヽ フ_フ___ノ
   \(メ._,)/      (             ⊂⊃   /  /       ヽフフフ_ノ
    (⌒ ̄⌒^  〃   (^           ∧ ∧   |  /       ヾヽ) ノ__ノ
    ヽ、          (⌒            (゚ー^*)  / /      ヾヾ)ヽ)ヽ)
     )        (⌒              > ⌒ヽノ    ヾヾヾ)ヽ)ヽ)\ \
      ノ /⌒\(⌒\_             (  ,ヘ、\   ヾヾヾ)ヾ)ヾ)ヽ)ヽ \ ヽ、
    ノ./   〈       \            `ヽ   > ) ヾヾ)ヽ)ヽ)\)\)\)\)ヽ、
  /ノ     ヽ⌒⌒⌒⌒             i //      \)\)\)\)\)\)
  ⌒ノ  / ノ \
    ^⌒⌒⌒⌒⌒           .

『エンジェルしぃ』をご存知か?ストーリー中のキャラがヤバい状況になると運命を修正して
ハッピーエンドに導く最強女神キャラだ。やってることは3月うさぎと似たような
「運命の干渉」でも、こっちのキャラは出すと非難轟々だww けど俺自身は
このエンジェルしぃの使いどころは、たまらなく好きなんだけどねw

だからこんな俺がいくら3月うさぎの活躍を頑張って描いたとしても、
さんざん汚職をしてるのがバレても開き直ってる政治家が、急に「私と共に清らかな政治を!」って
言い出すくらい、なんだか薄ら寒いことになりそうな気がするよ。

ここの部分は俺じゃなくて、もっと清らかなイメージのAA描きさんが描いてくれた方が
うまくいくような気がw

234 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/03(月) 23:58:11 ID:tZp8Qr+o0
それにしても3月うさぎの生みの親のテンプタといえば、
AA黎明期に数々の悪魔AAを生み出しまくってたな…。

                      /|     /|
                      /_〉    /_〉
                     /__〉   /__〉
                     〉__〉   〉__〉
                      〉__〉   〉__〉
                      〉__〉   〉__〉
                      ^〉__〉  〉__〉
                        〉__〉  〉__〉
                         〉__〉 〉__〉
           ノ⌒^^^^/^^^^^^^ヽ___)Wヽ w)___
         // /           \__ゝ彡^  ^ミ_/
        ノ \\  |     /  彡ゝ :§:‡§ノ       ヒヒヒヒヒ
       (   /|⌒\|     (     ミミ、,,,、_」,ノ⌒\
    _ノ___ノ___)ノ⌒  )  / \:;;∀;ノ      )
   (   ̄     ̄       ノ/⌒~^   (::::/⌒\ 丶\
   /\   \______/        \)    \ \\
  / /\   \                       \   \
 ( (    \   \                       \   \
  \\   \  \                      〉  )〉
__))\__\  \λ  λ  バキバキ          /  /           个
\/((~ ̄\/ /    /\  _))       /^\   / //       λ__λ |
/\__/\〈〈.〈.〈.〈^\》__).(      λ レ⌒\ ヽ/  /         (刀ヘ)メ
 ̄ ̄\/ ̄ ̄ ヽヽヽ({゜    ゜}┘,ヘ〈〈| ̄Y ̄|ノ   /            <(   ) |
           VVVV ̄Д ̄)ヽ/^  (ゝ=ー    ノ^            ノ⊥^⊥ |
               ~~~~^^    ヽー__ノ

                         キ  キ

深刻な「破壊神」のイメージじゃないけど、イタズラっ子のようにポンポン魔物を呼び出していた
この悪魔の風体の魔道士の活躍も、>>222の伝承の中に使えるかも。

天風庵
http://piza.2ch.net/kao/kako/956/956413913.html

当時の様子は>>63のジャイ子に記録させるのだっ!

235 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/03(月) 23:59:08 ID:tZp8Qr+o0

そんな風に古典時代のAAを「AA神話」扱いするのはしっくりきそうだ。
はっ!! …いろんな魔物を吸収していく、最強かつ最凶キャラ、
伝説に残る『破壊神』、ここはやっぱり、グロゆき…?

                 γ⌒/^^/^-
               ,ゝ`/~ /~ /~  /⌒
           _  〈(_|  | |~  |~  /^ )
            (/~ /~ /~ /~ ~ /~ /^\
           ()/)/~ /~ |~    .|~ |~ |~ /)
           へ^〈,|,,、,,|,,、,,,,,|~,,,,、〈~,, 〈~ /⌒|)\
          |:::::::   ゛  ゛          ,,,,;;::'''''ヽ
          |::::::::      ,,,,;;:::::::::::::::       __ ヽ
          |::: "   __    ::::     <'●, |
         ┌―. - '"-ゞ,●>   ::::::...         |
          | | ̄..          :::::::          |
          ヽ.\{_           ( ○ ,:○)   |
           \\/.                   |
             \_ヽ.        __,-'ニニニヽ .  |
..                ヽ.        ヾニ二ン"  /
                \               /
                 |              |
                 |              /
                 ヽ\             /
                  l  `ー-::、_       ,,..'|ヽ.
                 :人      `ー――'''''  / ヽ
              _/  `ー-、          ,.-'"   \ー-、
           ,.-'"  \:      \      .,.-''"     |
         /.     \        ~>、,.-''"      |
    ,,..-‐'''""        ヾ    ,.-''"|    /――――、/

ひろゆきのAAキモすぎ(キモゆき・グロゆき総合スレの前身)
http://aa.2ch.net/kao/kako/1015/10156/1015663373.html

こ、このキャラなら人間的なちっちゃな感情抜きに、得体の知れない恐怖を誘う闇キャラとして
十分使えそうだ!!

236 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:00:33 ID:tZp8Qr+o0
>>224 >>226
モナー自体が戦闘しそうな顔じゃないもんなー。その「モナーは鈍臭くて善良」なイメージを
一新したのが正義のヒーローのクールなマスターとか、SMHの狂人ボスだったか。
あの辺のAAキャラ「モナー」の新しい使い道には当時感心したよ。

でもこのスレではAAキャラは王道を目指しているため、独自な設定の開拓は避け、
なるべくAA板でスタンダードになっている設定を生かすようにしています。


        【虐殺】    【またーり】    【熱血】     【温和】
               (ゆえに被虐)
  ___   ∧_∧              ∧ ∧       ∧_∧
  \二二\ (  ・∀)             (゚Д゚#)      (´Д` )
     \ニ>(    )  ∧ ∧        と  つ    (    )
         |  |  |   (゙o゙iii )ヽ        |  )     | | |
         (_)_)  ;Uヽとノ、_つ     U~ヽ)     (_(_)


モナー神父も古典的な「モナー」の風合いのまんま。

考えられる技は>>228の言う通り、治癒とかドーピング系なんだけど、
戦いもさせるとなると、逆にそれを利用して相手の血流をおかしくさせるような技とかか〜?

>>229を見て納得しつつも、ちょっと北斗の拳のトキの「北斗有情拳」思い出した!
壊されてる相手が苦痛を感じず気持ちよく逝っちゃうってアレ、
イヤ、あれは逆になんか酷くてこのスレのモナーのイメージじゃないww


237 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:04:11 ID:x6qbyn8X0
>>220
よっぽど悪役が醜悪に描かれていない限り「悪役の方が好き」ってのはありがちな罠だわな。
最近では最初から作者側が「悪役の方を美味しく描いてないか?」と思える話も多いしね。

それ抜きにしてもに善なる理想を詰め込んだ漫画チックな主役より、支配欲でも破壊欲でも
悲しい過去による悩みや絶望でも、そういった人間臭い動機をむき出しな悪役の方が、
物語に深入りしていく多感な世代には共感されやすいよね。

チビッコだと、否応ナシに正義側の応援者で「悪者なんてやっつけろ!」だし、
オッサンになると、悪役の行動を見て「まだまだ青いなー。別に面白いからいいけど」みたいに
物語との距離が出来て、そしてジーサンになっちゃうと、水戸黄門みたいなわかりやすい話で
「待ってました!!」と勧善懲悪も単なるショーとして純粋に楽しめるようになっちゃうのですよww
(イヤ、たぶん。俺は若いからwその域は知らないw)

どんなストーリーも10年、20年立ってから読み返すと面白さや感情移入のしどころが変わってくる。
俺もその変化が凄く面白いんですよ。

「賢く立ち回りたい、自分が損をしたり馬鹿にされるのは絶対許せない」感性だった中学時代に
「星の王子様」を読んだ時は、登場するワガママな薔薇が嫌いで、離れても結局それに
振り回される王子の愚鈍っぷりがつまらなかったんだけど、
「損得勘定は既に逃れられない現実、だからこそ損得抜きで湧き上がる愚かな感情は大事にしたい」と
思うようになった20代後半で読み返すと、気高くもか弱く、平凡だけど特別な薔薇への愛しさに共感できて、
一度は逃げた小さな星に、今はヘビに咬まれてでも戻りたい、そんなどうしようもない切ない気持ちが
心に沁みちゃったりとかね。10年後に読めば、また違った感想になりそうな気がします。

好き嫌いがハッキリする時は、対象物がいいか悪いかだけではなく、自分の立ち位置を眺めるチャンス。
困った性癖なんて言わずに、その都度感じた自分の感想は面白がっていいと思いますよ。

イヤ、でもキャラを好き過ぎてリアル恋ができなくなったり、嫌いすぎてキャラを好いてる人に
攻撃的になったりといった、人間関係悪くする性癖の場合だけはやめとけと言いたいけどww

238 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:05:29 ID:tZp8Qr+o0

┌──────────────────────────────────
|そうだ、お断りしとかなきゃ。今回のお話はグロありです。
|具体的描写を控えたつもりが、返ってショッキングな演出になっちゃった気が。

|2002年、自分はしぃネタ総合スレで頻繁にAAを描いており、
|加虐キャラモララーと被虐キャラしぃという関係を崩さず、「次はどんな形の
|関係にするか」を模索するのにハマっておりました。

|ハレーモララーコピペがあちこちのスレ煽るように貼られたのを見て、
|この邪悪なキャラがしぃの国を脅かす話を作りたいと思ったのがこの話のキッカケ。
|虐殺AAで荒らされたスレに煽り返しの意図で貼られる「復活して下さい」のちびしぃAAも、
|逆に虐殺荒らしを奮闘させる無力な抵抗、しぃってキャラにとっては不毛で残酷な
|復活、そんな部分も使えるネタだと思っていたので、ここで共演させてみました。

|なので、「しぃ虐」はこのストーリーの根底でもあり、一部の方には不快な
|感情を抱かせることにもなるでしょうが、そこは「しぃ総合」を見る時と
|同じと割り切ってご容赦下さい。
└──v────────────────────────────────


   _ )ノ
 _∧)m¨)m

┌──ヘ─────────────────────────────────────
|よっし、前回から他スレを話題にして宣伝モードなので、ここでお薦めをもう一発。

|ハレーモララーってキャラをうまいこと料理したAA話は既出でしてね、「暴君竜」シリーズです。

|俺がどれだけの感想持ってるか書き並べたら、凄い褒め称え長文になって、
|直接面識のないコテに対して我ながらキモ過ぎたからやめたwwww

>>230
>>204あたりは、幼いモララーが悪に飲み込まれ覚醒して、初めてレーザーを具現化させて
|人をあやめてしまうハラハラのバトル場面、のはずなんすよ、自分の脳内では。
|ゴメン、独りよがりでマジゴメンwwww
|辛辣なこと言われても泣かないって決めてるから、ストーリー的にこうした方が
|みたいなのがあれば、抽象的でもいいからよろしく頼むよ。
|(今この流れで「AA丁寧に描け」だけはちょっと保留にしてネ。)

>>231
|カマキリ様とかぶってるから怒られるよっっ!

|今回はついつい長文が過ぎたwwwでは本編です。
└───────────────────────────────────────


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


239 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:06:39 ID:x6qbyn8X0

■その頃ハレーモララーの神殿では■


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ナニモ ミエナイ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::ナニモ キコエナイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ナニモ カンジナイ … :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


240 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:07:22 ID:x6qbyn8X0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::| …ぃ姫… |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::\____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  しぃ姫。 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\____/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 俺の前ではずっと目を閉じたままだな。|::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| そんなに俺を見たくないか?        |::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\________________/::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


241 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:08:09 ID:x6qbyn8X0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::| …なるほど、声を出す気もないと。  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::\_______________/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 五感を麻痺させておこうという魂胆か?    |:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| そう簡単に苦しみから逃げられると思うなよ。|:::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__________________/::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



  ボシュッ!!

       ,@つ
    ,:´

242 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:08:39 ID:x6qbyn8X0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: …!!!  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  顔が歪んだぞ。痛いんだろ?              |::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  しぃ族らしく、みっともなく泣き叫んだらどうだ? |::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\____________________/::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


243 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:09:07 ID:x6qbyn8X0

ボシュッ!!
      ズバッ!!
 グチュッ…
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| どうだ?これでも黙ってられるか?   |:::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\________________/:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::: ナニモ カンジナイ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::: ナニモ カンジナイ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::: ナニモ カンジナイ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::: ナニモ カンジナイ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::: ナニモ カンジナイ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ココニアルノハ ワタシノ カラダジャナイ ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ワタシノ ココロハ ココニナイ…:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

244 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:09:30 ID:x6qbyn8X0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| …フン。つまらんな。氏ね。 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\___________/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::あ…あぁ… 今日はこれで終わる::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::今日はもう:この場でこのまま頃して貰える ::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


245 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:09:59 ID:x6qbyn8X0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::┌──────┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::|...失礼します... |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::└─y-────┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::  …あの声は…ちびしぃ!!??  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ん…オマエの妹が来たようだな。     |::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\________________/:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

246 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:10:23 ID:x6qbyn8X0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  命のあるうちに会うのは久しぶりだろ?  |::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   その情けない姿を見てもらうといい。     |::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\________ _________/:::::::::::::
/`\  ヽ ヽ       、_,   ::::/        )ノ
  /`\  /ヽ、         ::::/ヽ
::/:.:.:   /  ::::`ー     r:::::::::::::::\
::::::::: / /     ...      :::::::::::::   \
  /::::/     ヽ::::::   ...:::::::::::::::r:::::::  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| よし、入れ。  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\______/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

247 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:11:14 ID:x6qbyn8X0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::…痛い…!!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::痛い!痛い!痛い!痛い!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::ひさびさに見る悪魔の姿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ひさびさに戻る感覚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::痛い!痛い!::::::::::
:::┌────────────────┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::|…お取り込み中、失礼いたしました。....|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::└─y-──────────────┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  構わないよ。報告があるんだろ? |::::::::
   \    |           ::::::::::\_____ _________/
 ヽ  \   |    ( ̄ゝ   rつ::::::|        )ノ
/`\  ヽ ヽ       、_,   ::::/
  /`\  /ヽ、         ::::/ヽ
::/:.:.:   /  ::::`ー     r:::::::::::::::\
::::::::: / /     ...      :::::::::::::   \
  /::::/     ヽ::::::   ...:::::::::::::::r:::::::  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::  …ちびしぃ…ここに来たのね… :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::お願い もう、私を… :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


248 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:11:50 ID:x6qbyn8X0


┌──────────────────────────
|さきほど、侵入者を5名確認しました。すでに全員死亡です。
└──y────────────────────────
            | ちびしぃが始末したのか?
            └──v───────────

               |ヽ、|ヽ
               |  ヽ__ ヽ           ________
              / |      \        /  ______
             /          l       / .r''"::::::::: : : : : . . .
             l ヤ        |     //__________
             l __,        /    //::::::::: : : : : . . .
             ヽ、__      /    //______________
                フ    ヽ  //::::::::: : : : : . . .
              /       ヽ

┌───────────────────────
|はい、尋問する前にちびしぃの奴、有無を言わさずに…
└──y─────────────────────
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::…え?::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


249 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:12:56 ID:x6qbyn8X0


 ┌───────────────────────
 |いいえ、確認済みです。AA連邦からの刺客です。
 └───────v───────────────────────
                 |また新たな討伐隊か。身の程知らず共めが。
                 └─────────v──────────

                         m   ∧_∧  ___
     /V\                  ヽ (∀-  )/二二/
   ( #・−・)              ∧ ∧    ノ   ヽ<二フ
    (  ⊃U    ∧∧   (⌒:: :(゙o`;ii):  (⌒ _ノヽ_)
   ,‐(_  ̄l    (,, ゚−)      :@ ;;;@::  ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .し―(__)   (_,,)      :@_,,#__@:     |

              ┌────ヘ────
              |…チ…チビシィ…
              └─────────


         ┌──────────────
         | …アナタ…人ヲ…頃シタノ…?
         └────────v──────

                             ∧_∧   ___
     /V\                    (∀・   )/二二/
   (  ・ー)              ∧ ∧   ノ    ヽ<二フ
    (  ⊃U    ∧∧   (⌒:: :(o゚;iii):  (⌒ _ノヽ_)
   ,‐(_  ̄l    (,, ゚−)      :@ ;;;@::  ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .し―(__)   (_,,)      :@_,,#__@:     |


250 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:13:50 ID:x6qbyn8X0


         ┌───────────────────────
         | ちびしぃはオマエなんかと違って神になり得る力の
         | 持ち主だからな。必要な命なら『復活』させればいい。
         └─────────────v─────────

                             ∧_∧   ___
     /V\                    (-∀- )/二二/
   (  ・−)              ∧ ∧  とノ    ヽ<二フ
    (  ⊃U    ∧∧   (⌒:: :(-゙;iii):  (⌒ _ノヽ_)
   ,‐(_  ̄l    (,, −)       :@ ;;;@::  ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .し―(__)   (_,,)      :@_,,#__@:     |



 ┌──────────────────
 |お姉様を助けに来た者達ではありません。
 |名声と金目当ての薄汚い奴らでした。
 └───────v───────────

                             ∧_∧   ___
     /V\                    (∀・  )/二二/
   (  ・−)              ∧ ∧   ノ    ヽ<二フ
    (  ⊃U    ∧∧   (⌒:: :(-゚;;iii):  (⌒ _ノヽ_)
   ,‐(_  ̄l    (,, - o)       :@ ;;;@::  ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .し―(__)   (_,,)      :@_,,#__@:     |

251 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:14:35 ID:x6qbyn8X0


           ┌────────────
           | …薄汚イッテ…人ノ命ヲ…
           └──────v──────

                             ∧_∧   ___
     /V\                    (∀   )/二二/
   (  ・−)              ∧ ∧   ノ    ヽ<二フ
    (  ⊃U    ∧∧   (⌒:: :(っ゙;;iii):  (⌒ _ノヽ_)
   ,‐(_  ̄l    (,, ゚−)       :@ ;;;@::  ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .し―(__)   (_,,)       :@_,,#__@:     |


            ┌───────────────────
            | いつまでそういう奇麗事をほざく気だ?
            | ゴミ程度の価値の命の分際で。
            └─────────v──────────

     /V\                 ∧_∧   ___
   ( ・ー・)                (∀  #)/二二/
    (  ⊃U    ∧∧          r‐   )<二フ
   ,‐(_  ̄l    (,,゚−゚)    ∧ ∧-;;(_)ヽ ヽ  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .し―(__)   (_,,)    (o`iii@_,,__"@: (_)  |

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::ダメ…逆らったらちびしぃが酷い目に…::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::ちびしぃも、この男に脅されて仕方なく:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::手を血に染めるしかなかっただろうに…:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


252 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:15:07 ID:x6qbyn8X0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::        …可哀想なちびしぃ…        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     /V\    ゾクッ          ∧_∧   ___
   ( ・ー・)                (∀   )/二二/
    (  ⊃U   ii ∧∧          r‐   )<二フ
   ,‐(_  ̄l    (ii゚−゚)    ∧ ∧-;;(_)ヽ ヽ  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .し―(__)   (_,,)    (o`iii@_,,__"@: (_)  |

                   ┌───────────
                   | どうした?ちびしぃ?
                   └────v───────

     /V\                 ∧_∧   ___
   (  ・−)               (Д・  )/二二/
    (  ⊃U    ∧∧:          r‐   )<二フ
   ,‐(_  ̄l    (,, iii゙n:    ∧ ∧-;;(_)ヽ ヽ  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .し―(__)   (_,ノ:    (-゚iii@_,,__"@: (_)  |

  ┌──────ヘ──────
  |…いえ…少し気分が…
  └────────────

253 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:15:37 ID:x6qbyn8X0


            ┌────────────────────────
            |…確かに、こんなモン見てたら気分も悪くなるな。
            |シーン、こいつを下げてくれ。ちびしぃ、こっちへおいで。
            └─────────v───────────────
 | …はい。
 └──v───

     /V\                   ∧_∧  ___
    (・−・# )    ズルズル         (∀・   )/二二/
    (   つヘ∧           ∧∧: と    )<二フ
     Y 人 (ii;;゙o)-,,-、        (,, ;゙n: ( ( (
    (_)`J ヽ@_;;;;#@,,, 。 ))   (_,ノ: (_(_)


    ┌───────────────
    |どうした?オマエらしくもない。
    └───────v─────────────
                  | 申し訳ありません…。
                  └─y─────────

        ___  ∧_∧∧∧
        \二二\(   ・∀(-゙iii,,)
          \ニ>(   つ_,,)
               |  |  |
              (_)_)

254 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:16:11 ID:x6qbyn8X0


 ┌──────────────────
 |…アレでもオマエの姉だったな。
 |あるのか?オマエにも肉親の情が。
 └───v───────────────

    ∧_∧   ___
    (∀-   )/二二/
    ノ    ヽ<二フ   ∧∧
   (⌒ _ノヽ_)    (__,,(,,゙−)
   ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |

 ┌──────────────────────────
 |…あるわけないよな。可愛がられていた姉とは違って、
 |糞な両親に嫌われ、姉の横で憂き目に遭っていたオマエにさ。
 └───v──────────────────────

    ∧_∧   ___
    (∀・   )/二二/
    ノ    ヽ<二フ   ∧∧
   (⌒ _ノヽ_)    (__,,(,,゚−)
   ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |


255 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:16:41 ID:x6qbyn8X0

 ┌──────────────────────────────────
 |…オマエの姉は偽善者なんだよ。悪意なんてありませんみたいな顔しやがって。
 |だから見ていて腹が立つ。俺は偽善者が嫌いなんだよ。
 |正しい行いをしていればいつか報われる…みたいな考えの奴がな。
 └───v──────────────────────────────

    ∧_∧   ___
    (∀  #)/二二/
    ノ    ヽ<二フ   ∧∧
   (⌒ _ノヽ_)    (__,,(,,゚−)
   ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |

 ┌─────────────────────────────
 |…正しさなんて関係ない。ただやられるだけの弱い奴に
 |救いなんてないんだ。永遠にな。
 └───v─────────────────────────

    ∧_∧   ___
    (Д  #)/二二/
    ノ    ヽ<二フ   ∧∧
   (⌒ _ノヽ_)    (__,,(,T−)
   ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |

256 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:17:10 ID:x6qbyn8X0


 ┌───────
 |…ちびしぃ?
 └───v────

    ∧_∧   ___
    ( ・Д・)/二二/
    ノ    ヽ<二フ   ∧∧
   (⌒ _ノヽ_)    (__,,(,T−)
   ヽJ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |

 ┌─────────────────────────
 |どうした?オマエは強い。特別だ。大丈夫だから安心しろ。
 └───────v─────────────────

     ___  ∧_∧∧∧
     \二二\(   -∀)T ,,)
       \ニ>(   つ_,,)
          (^ (⌒_)
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |
 ┌───────ヘ───────────────────
 |それにオマエには俺がついてるよ。俺達が組めば
 |世界は俺達二人のモノになる。
 └──────────────────────────

257 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:17:28 ID:x6qbyn8X0


 ┌─────────────────────────
 |  だからちびしぃ、オマエも…ずっと俺のそばにいてくれ。
 └───────v─────────────────

     ___  ∧_∧∧∧
     \二二\(     )-゚ ,,)
       \ニ>(   つ_,,)
          (^ (⌒_)
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.........
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,.....
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,.....

     ___  ∧_∧
     \二二\(     )
       \ニ>(   ヽ
          (^ (⌒_)_)
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |

258 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:17:52 ID:x6qbyn8X0


         ┌───────
         | …くそっ…
         └──v─────

     ___  ∧_∧
     \二二\(     )
       \ニ>(   ヽ
          (^ (⌒_)_)
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |


 ┌──────────────────
 |  …なんで俺があんなチビなんかに…
 └───────v──────────


     ___  ∧_∧
     \二二\(     )
       \ニ>(   ヽ
          (^ (⌒_)_)
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |                           ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


259 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:18:16 ID:x6qbyn8X0

一度、給仕をしていた使用人がちびしぃに熱いお茶をこぼしてしまった。
ちびしぃは一瞬熱いという表情をして、後は謝る使用人に服を拭いてもらって淡々としていたが、
ハレーモララーはちびしぃの火傷を見て烈火のごとく怒り、使用人をレーザーで吹き飛ばした。
このことでちびしぃがハレーモララーの寵愛を受けていることが周知の事実となり、
ちびしぃは周りからも丁重に扱われるようになる。(シーンはムカついてる)


     ___   ∧_∧
     \二二\ (  ・∀)
        \ニ>(    )       ∧ ∧
            |  |  |       (−゚,,)
            (_)_)        (_,,)


祝福されるというのは気分がいいモノだが、当のちびしぃはあの日の涙以降、
相変わらずの無感情。せっかく自分が受け入れてやってるのに甘えもしないちびしぃを
ハレーモララーは不満に思う。

260 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:18:54 ID:x6qbyn8X0

しぃ姫は例の仲良くなった兵達の部屋で、ちびしぃがゆくゆくハレーモララーの
正妻になりそうな話を聞く。自分には暴虐の限りを尽くすあの男が、妹には一切
暴力的な振る舞いはせず、妹も彼に恐怖する様子もなく受け入れている様子。

大事な妹が酷い目には会っていない安堵と共にしぃ姫は複雑な感情を抱く。

     復活して下さい。
    \___ _____/
         V
        ∧∧
       (,,゚ー゚)     /⌒`∧∧
        (,,_ノ      ( ⌒)(*゚ o゚)



┌─────────────────────────────
|…ちびしぃ…アナタが将来ハレーモララー様のお嫁さんになるって話を
|聞いたけど、本当なの?
└──────────v───────────────────

                ∧ ∧
        ∧∧    (゚−゚*)
       (,, ゚-)    とと )
       (,,_ノ     ((_つ

┌─────ヘ──────────────────
|ハレーモララー様にはそうするよう言われました。
└───────────────────────

261 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:19:28 ID:x6qbyn8X0


┌─────────────────────────────
|…大丈夫?私が捕まってるから嫌々引き受けたりしてない?
└──────────v───────────────────

                ∧ ∧
        ∧∧    (゙−゙;)
       (,, ゚-)    とと )
       (,,_ノ     ((_つ

┌─────ヘ──────────────
|…いえ、お姉様には関係ありません。
└───────────────────


┌─────────────────────────────────
|…そう…。嫌々じゃなければいいのよ。
|今のあの人はしぃ王国の支配者、その結婚でアナタが幸せになるのならいいの。
|…ちびしぃには優しいらしいわね。ちびしぃはあの人のことが好き?
└──────────v───────────────────────

                ∧ ∧
        ∧∧    (^ー^*)
       (,, ゚-)    とと )
       (,,_ノ     ((_つ


262 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:19:52 ID:x6qbyn8X0


┌─────────────────
|…お姉様には関係ありません。
└─────v───────────

                ∧ ∧
        ∧∧    (゚−゚*)
       (,, ゚-)    とと )
       (,,_ノ     ((_つ



    ┌────────────────
    | ち、ちびしぃ、あのね…
    └───────v────────

                ∧ ∧
               (,,;゚ o゚)          ∧∧
               とと )          (,, ゚-)
               ((_つ          (,,_ノ


263 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:20:26 ID:x6qbyn8X0


┌─────────────────────────────────
|…アナタが幸せになれると確信したら…もう私を復活させるのは
|終わりにしてちょうだい。…このまま静かに氏なせて欲しいの。
└──────────v───────────────────────


                ∧ ∧
                (;゙ー゙)          ∧∧
               とと )          (,, ゚-)
               ((_つ          (,,_ノ



                     ┌────────────────────────
                     |…お姉様。私を独りにするつもりですか…?
                     |…そんなの嫌です。お姉様は私のそばにいて下さい。
                     └───────v────────────────


                ∧ ∧
                (;゚−゚)            ∧∧
               とと )             (,,  -)
               ((_つ             (,,_ノ


264 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:21:52 ID:x6qbyn8X0


 ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
(  ちびしぃ…。何を考えているのかしら…?   )
 ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
       o         ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
       。        ( ちびしぃ…何を考えているんだ…?  )
                 ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
      ∧ ∧                  o
      (;゙−゙)     ___  ∧_∧ 。
      /U;;U      \二二\( -∀-)
  ●…と:_)_)        \ニ>(   ∩


ちびしぃの本意が読めず、内心うろたえる人達。
大きな反乱もないまま、ハレーモララー教の規模は更に大きく。


 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ⊂⊃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
    ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \∧_∧/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
  <二二二二二二二二二二∧\ ( -∀- )/∧二二二二二二二二二二>
         \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>>⊂(    )つ<< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  <二二二二二二二二二二∨/ | | | \∨二二二二二二二二二二>
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  (_)_)   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧
  (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    )
   ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧
  (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) (    )
_____∧________∧_______∧________∧________

ハレー・モララー!ハレー・モララー!ハレー・モララー!ハレー・モララー!!ハレー・モララー!!
ハレー・モララー!ハレー・モララー!ハレー・モララー!ハレー・モララー!!ハレー・モララー!!
ハレー・モララー!ハレー・モララー!ハレー・モララー!ハレー・モララー!!ハレー・モララー!!

265 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:22:53 ID:x6qbyn8X0


┌───────────────────────
|『神聖モララー帝国』だと?
|今までのこの国を壊して皇帝になるつもりか?
└────v───────────────────────────────────
          |でぃ国王はじめ、邪魔者全員ぶち頃して乗っ取るのも可能だがな。
          |この先、でぃ国王より王位継承権が優位のちびしぃを俺が娶り、しぃ王国が
          |神聖モララー帝国に吸収されることを認めさせれば可能なんだろ?
          └─────v───────────────────────────
                  ____
                   |       | |
    円_円         ∧_∧   | |__
   ¥;・∀・¥       (∀・  )/二二フ
    /:::::::v:::::|      / と と /,/|
    /:::::::::::::::::|      | ̄/⌒/⌒_| ̄|  |
  <::::::::::::::::::::>     | ,(_(_) |_|/


┌────────────────────────────────
|…それは無理だ。オマエにはそれだけの下地は無い。
|正統な王位を…今までなんの関係もなかったオマエに継がせることなんて、
|いくら信者の支持を集めたとしても、全ての国民が簡単に納得できることじゃない。
└────v──────────────────────────────
          |だから新しい国にしちまおうってことだよ。
          |俺には過去の身分が無くても、この力と姿と、信者がいる。
          |そしてしぃ王国を継ぐちびしぃも手に入れる。
          |あいつはまだ若いからもっと先の話だがな。
          |マニー、オマエは神聖モララー帝国でも使ってやるよ。
          └─────v──────────────────────
                  ____
                   |       | |
    円_円         ∧_∧   | |__
   ¥#・∀・¥       (∀-  )/二二フ
    /:::::::v:::::|      / (    /,/|
    /:::::::::::::::::|      | ̄/⌒/⌒_| ̄|  |
  <::::::::::::::::::::>     | ,(_(_) |_|/


266 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:23:41 ID:x6qbyn8X0


          ┌──────────────────────
          |イヤなら、今すぐに氏んで貰ってもいいんだぜ?
          └─────v────────────────
                  ____
                   |       | |
    円_円         ∧_∧   | |__
   ¥ #-∀¥       (-∀- )/二二フ
    /:::::::v:::::|      / (    /,/|
    /:::::::::::::::::|      | ̄/⌒/⌒_| ̄|  |
  <::::::::::::::::::::>     | ,(_(_) |_|/

┌──ヘ─────────────────────────
|…わかった。建国が今すぐの話ではないのなら、
|そのためのしっかりした基礎作りもできるだろう。…協力する。
└───────────────────────────

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
||||||||||||||||||||||||||||

 ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
(   チンピラ風情の糞ガキが…身分不相応な欲を出しやがって。   )
 ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
     o
      。

    円_円
    (Д #¥
     |::v::::::::ヽ
     |::::::::::::::::ヽ
    <:::::::::::::::::::::>
       。
        o
 ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
(   だが奴の逆鱗に触れれば、この国の後先考えナシに      )
 ) 破壊活動するのは見えている。しばらくは泳がせておくか。   (
 ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
敵役ハレーモララーのバランスを周囲も内面も危うい方向に。
暴走や破滅がいつ起きてもおかしくない緊迫感を…ってちゃんとそうなってるかなー?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

267 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/04(火) 00:25:20 ID:x6qbyn8X0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

┌─────────────────────────────────────
|今日はここまで。
|次回は第三章の続き、第四章と、一気にエンディングまでいっちゃいます。

|第四章はクライマックスですが、文字のみ。手抜き心だけでなく、
|クライマックスゆえにあんまりな挿絵AAはつけたくないという気持ちもあり。

|内容は分岐等で読みづらくなりますが、
|ここまでお付き合いしていただいたついでに、もうひと頑張り、
|最後までよろしくお願いします。
└──v───────────────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m


268 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/04(火) 19:27:50 ID:aLujkxDW0 ?2BP(0)
保守
GJ!!!

269 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/04(火) 21:55:52 ID:42ZOrIqQ0
ちびしぃ本当に解らないキャラだ…もしかしてコイツ読心スキル持ち?
だとすれば多少有り様を理解出来なくもないかな


バトルシーン云々言ったのは、
当初想像したより陰謀や人間ドラマの比重が大きいかなと思った次第で
いや、元々カマドウマのスタイルが基本ソレはのは重々承知してるんだけど、
折角剣と魔法ファンタジーな世界を使ってるんだしそれっぽいバトルを要所に差し込めば
そういうのが好きな手合い、つまり俺みたいなのをもっと釣れるんじゃないかなーと

ここまで書いて気づいたが、元々シナリオの羅列の様な状況だし、
清書(無いけど)する時に適当に戦闘を差し込めばバトル物風に仕上がるな
問題は各シナリオにボスキャラがあんまり居ない事くらいか


270 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/04(火) 22:39:00 ID:LTfyYcfe0
実に面白い!!

ところでフーンの話を楽しみに待っています。きっと、復讐に身を焦がす彼を
一段階昇華させる話があるんだろうと・・・。

ありがちなのが復讐は何も生まない、でも此処で止まるのは柄じゃない、
せいぜい正義の味方にでもなってやるさ、って感じでしょうか。ノーネが
居た時に一回諭されて、今まで悶々としていたなんて伏線があったりなん
たり・・・。

あとは姉そっくりなキャラが出て来て複雑な感情を抱き、いざこざの後
にただ復讐の為だけに戦うのは止めるとか・・・。

マイブームとしては自分勝手を押し通す、って結論を出すことです。
例えばある街で自分勝手な魔物が金品を盗んでいる。母の治療費を盗まれた
娘が助けを求め、討伐しに行く。戦闘時、好きなんだから仕方ねぇだろとか、
自分の力の分だけ世の中を好きに生きて何が悪いとかのたまう。仲間が罠にあう。
魔物のアジトでフーンと一対一。フーン勝つ。「魔物の特質として金品が
好きで好きでどうしようもなかった。俺のせいで泣く人を見るのはつらか
ったが、金を得て、それ以上に嬉しかった。早死にするとは判っていても
止められなかった。これ以上俺のせいで誰かが泣くこともない、死に場所
は自分が集めた大金の上。なかなか悪くない死に方だ」
とかのエピソードがあって、「正しいも悪いもない、どしようもない
自分の気持ちに我を通さないではいられない。たとえ自分勝手でも、
姉と、道具扱いされたノーネの復讐をしたい」、と思うわけです。
こういうのを信念っていうんじゃないかと・・・。

マイブームの説明が長くて申し訳ない。orz 兎に角フーンの話を
楽しみに待っているのです。今後とも頑張って下さいカマドウマさん。

271 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/04(火) 23:14:03 ID:nFvuU+3W0
>>270
それだけエピソードできてるならいっそAA化しちゃえ
そして外伝としてみ…カマドウマさんに献上するんだ

272 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/05(水) 12:28:31 ID:9CCKIxWQ0
ここまで来たんだ
最後まで見届けたい!

273 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/07(金) 20:12:04 ID:YfHiXUZr0
まあなんだ、どうでもいいことだけどさAAで見ると
あまりの体格差にロリペド乙としか言いようがないわけだが年齢設定は明確にされてないわけで
もしかしたらハレーモララーはピチピチの20代でちびしぃは中学生くらいなのかもしれないじゃあないか
ってごめん程度の違いこそあれどやっぱロリペドだったわ。
何が言いたいかというとだけどちびしぃに萌えてるからって俺はロリペドじゃねえ!ってこった。

274 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/07(金) 20:46:24 ID:RtXxMvMh0
>273
やーいやーいロリペドロリペド

275 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/07(金) 21:51:47 ID:xTi2RwNc0
         (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: 、
      〜〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、    ど ロ こ
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,)   も リ の
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ  め コ
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ < ! ン
     l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   )> く,
 〜v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ `/l/!/⌒Y
     l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

276 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/07(金) 22:58:45 ID:sCyUhoIP0
ロリ=十歳前後〜十代前半
ペド=五歳前後以下

だと思うんだ
あとハレーモララーは力が目的で身体は目的じゃないし
そもそも大きくなったらとか言ってるからまだ初潮前なのだろうし

あー、うん、ロリコンでいいや


277 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/08(土) 01:17:59 ID:ysaqCA4u0
>ロリ=十歳前後〜十代前半
この区分けでロリコンを自認するってかなりヤバイな…

278 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/08(土) 01:22:15 ID:Vz6VVsQR0
まー社会人男性がもう「少女」とは言えないような例えば女子大一年生の彼女持ちでも
相手が十代だと知れるとロリコン扱いされたりするわけだし現実は残酷だね?

279 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 22:53:49 ID:f2YOLwXm0
>>270
そういやフーンの活躍話マジメに作ってなかった!
なんかさ、品のいい(貴族の家系)しっかり者、AA的にたぶんイケメンって設定に甘えて、
他の立ってなさそうなキャラばかりに注意が向いてたよ。

ん?前置き文は「復讐のために戦うのはやめる」で、物語の結末が「自分の我を通しても復讐する」
なんだけど、>>270はどっちの方向が希望なんだwww

でもその話イイ…!!大好物だw 形が出来てる物語の方を優先して
「自分の我を通しても復讐する」ストーリーでいろいろ考えさせて貰ったよ。
でもあと2箇所、ストーリー部分に「王道視点」から突っ込むよ?

@魔物の罪と罰

単なる「盗み」しかしてない敵の命まで奪っちゃうのは、いわゆる「正義」の範疇外。
なので、頃される魔物は「盗む時に、たまに抵抗する相手を頃してた」って罪を
作っといた方が。

A姉似の娘のその後の使い道

「フーンにとって大事な存在だった姉に似ている」設定は、フーンの運命的出会いを
想定させてしまうので、1話限りの捨てキャラにできない存在感。さてどうする?

 →A.フーンの恋人候補として最後まで重要キャラに。ただ、旅のパーティーに加わる要素のない
    キャラなので、フーンが旅して会えない間も、ずっと意識しあってるってことになる。となると
    この街に滞在中に、お互いを運命の人と思えるくらい濃厚な(精神的になw)二人の
    盛り上がりドラマを作らなくては。また「感情移入してきたメインキャラが、なんでこんな
    いきなり現れたキャラとくっつく?」といった読者の反感を誘わないためにも、
    「この娘はとてもイイ!」と思わせる彼女の魅力描写を頑張らなくてはいけない。

   B.甘い雰囲気を作りつつも1話限りの脇役キャラを貫く。つまり「恋人になるフラグ」を完全に壊す。
    例えば、娘には既に恋人がいて、完全にふーん側の気づいてもらえぬ片想いにしとく、
    寅さん流パターン。実に無難に話をまとめられるけど、のー&ドクでも既に使っちゃってる。
    もしくは…死別。実は死別は使い道を持て余しそうなキャラを華々しく退場させる、
    キャラ整理とお涙的感動の両方GETできるお得な王道技。だからより洗練された複雑な物語を
    求める読者には「受けると思って安易に頃しやがって!」てな反感を買うことも。

AかBかはお好みだね〜。どれ選んでもありがちじゃないかって?でも王道路線であんまし
突飛なことやってもなって思いも。

(自分が楽しむためには王道をガシガシ邪道に変える越冬螽斯なら、こんだけのキャラを引き合わせても、
1ミリもフラグを立てないとか平気でやっちゃいそうだけど。僕は皆の読みたい方向をマジメに探求する竈馬!)


280 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 22:56:27 ID:f2YOLwXm0

Bの死別パターンを選ぶとして、「盗みを働く魔物の正体が、実は姉似の娘」ってのはどうでしょう?
「敵だと思ってたら実は好きな相手だった」って、使い古されたパターンではあるけど、
こんな感じのがひとつ頭に浮かんだので。

姉者がもともと、静かだけど色香の漂うオトナっぽいイメージがあるので、
「宝石が大好きな魔物=光モノ好きなカラスの魔物と融合してしまった」って設定。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■ 黒衣の娘 ■

             ∧((∞)ヽ
              ∬´_ゝ`)
              '⌒∬-w-⌒ヽ
                (,',',')|____|)',',)
             |',',|〉,',',',〈!',',|
             |','/,',',',',','!,',|
             |/',',',',',',','!,',|
            /,',',',',',',',/_,、ゝ
               /,',',',',',',',','~レ_)ヽ
             /',',',',',',',',',',',',',',',',',ヽ
          /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',ヽ
.         /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','ヽ
.          〈',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','〉
        /ヽ,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',ノヽ、
        ~ヽ/^^^i^^i^^^i^^ヽ^^^^ヽ,,ノ
          `゙~~`~´i~~i`i゙~~`゙~~~´
               | ト、ゝ、
                   ノ=,|`ー‐'
              (二ノ

旅の一行は例の娘に会い、フーンも姉の面影を宿した可憐な娘(黒い服がよくお似合い)に
心惹かれる。(病気の親がいると後で邪魔になってくるのでここは一人暮らし)
ある夜、金持ちの家の宝飾品か街の宝が盗まれ、現場にいた人間が頃される。

目撃者の証言で娘が疑われる。だが娘は犯行時刻の少し前までフーンと
二人きりで語らっており、そこから犯行時刻までに現場に行くというのは、
「並みの人間のスピード」では絶対に不可能。

フーンしか娘のアリバイを証明できないのだが、ヨソ者の意見なので街の人は疑っている。
ならば自分が犯人を見つけるといきり立つフーン。だが、ネーノも既に娘のことを疑っており、
罠を仕掛けようと娘にガナーのペンダントを見せびらかす機会を作る。


281 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 22:57:22 ID:f2YOLwXm0

深夜、ガナーの部屋に近づく影。ネーノはコトを荒立てないために一人待ち伏せしていたが、
来るのが娘だと思っていたので、小刀程度しか用意していなかった。
だが、そこに現れたのは真っ黒な鳥の魔物。
その正体は娘なのかどうか問うネーノに、魔物は無言で襲い掛かる。
素早く飛ぶ魔物の鋭い爪攻撃に小刀では応戦できず、ネーノは負けムード。
ただならぬ気配に目を覚ましたフーンは、暗がりの中での戦闘の末、長剣で魔物に致命傷を与える。
魔物は流血しつつ逃亡。

                      _ノ)____________
                     /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',__ノ
_(ヽ、__                /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','二二フ
,',',',',',',','⌒ヽ            /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',二二フ
,',',',',',',',',',',',',\     λ λ /,',',',',',',',',',',',',',',','フ二フ二フ
,',',',',',',',',',',',',',',',\  〃〃》》》 ,',',',',',',',',',ヾ)ヽ)ヽ)二フ
,',',',',',',',',',',',',',',',',',','ヽ 《《  ゝ 》,',',',',',',','ヾ)ヽ)ヽ)
,',',',',',',',',',',',',',',','ヽ、,',','》》》 r《',',',',',',',ヾ)ヽ)ヽ)
(/(/,',',',',',',',',',',',',',ヽ《《 、, ヽ  ヾ)ヽ)ヽ)
   (/(/(/(/(/,',',',',','》》ー')rー'〉ヾ)ヾ)
       (/(/(/(//',',フ f;r'
          /',/  レ______
         /',',',',| ‘/:;:;:,',',',',',',',',',',',',',',ヽ
         /',',',',','`ヽ;;;:,',',',',',',',',',',',','_ノ          ∧_∧
        /;:;:;;ヾ、',',',',\7 ̄二二--'"           <`#  ,,)
      /',',',',',',ヽ、',',',',',\  ト、              /二二ニ=r-、
     (/',',',',',','し,ヽ、',',',',',\\>            / r、   |ト、 ヽ
     (/(/(/(/し'  ヾ,,;;;;:;:;:ミ               |/:::::::\|ヽ〉_,>
    (/(/      / /                  |:::::;;r=≡〈__\ >ヘ
    (/       / /                  l彡'"  `ヽ:::::::\r:^ヽ ノ)
           _//                  __ノ   l   __> ̄|::::「/ |
         ⌒フ  |                  ,r:'::ヽ、___,-、-'"::::::::::\ヽ/ f\
         //|∧ヽ                 |\;;;:_;::.-'" ヽ、:::::::::::::::::ヽ r' \\
          '  レ \>              (≧-ォ'      \:::::::::::::::::ヽ  \\
                               |   /         ヽ、| ̄ `ヽ   \\
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
上のAA描いてた時は、アジトに乗り込む話のつもりだったから戦闘装備してるフーンに
しちゃったけど、その後で上の話に変えちゃったから、ここは寝起きの服装(普段着系)
じゃないと変だな。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


282 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 22:57:56 ID:f2YOLwXm0


  ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
 ( …行くな…追わなくていい…。もうあの魔物には関わるな…  )
  ヽ〜〜〜〜〜v〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
               ┌───────────────────────
               |まだ傷を負わせただけだ。これ以上、この街に被害を
               |出さないためにも、今、奴をなんとかしないと。
               └──────v─────────────────
     ∧_∧
    ( ;‘−‘)
     / つλ_λ:
    ( ヽ(iii`┰´):           ∧_∧
     (_ノ ( つ#Oへ:         ( ´_ゝ`)
        `ーヽ;⌒)、#;)        (× と )
                      /人 Y
                        し(_)

フーンがネーノの制止も聞かずに魔物の血の跡を追っていくと娘の家に続いていた。
かなり嫌な予感を募らせながら家の中に入ると、普段は隠してある地下室の入り口が。

地下室の中は輝かんばかりの宝石達。その中央で倒れているのは血を流した黒衣の娘。
フーンは思わず彼女の手を取る。彼女の傷はフーンが魔物に負わせた傷と
全く同じ場所にあった。

「どうして…?」
「…見て…綺麗でしょ…?私が集めた宝石達…」

フーンは彼女の口から魔物と融合したいきさつを聞く。(瀕死のキャラが物語一本分
語る余裕があるのは、レジェ伝だけに限ったことじゃないからツッコミ禁止!)


貧しいけれど美しかった彼女は、同じ年頃の金持ちの娘達が飾り立てる宝石が
羨ましくて仕方なかった。ある時、カラスが犬に襲われている場面に遭遇するが、
悲鳴を上げると犬はどこかに行ってしまった。残された重傷を負ったカラスの
そばにはオモチャのキラキラした指輪が。
娘は「アナタも、綺麗なコレが欲しかっただけなのにね。可哀想に」とカラスに
感情移入してしまう。カラスは声を発する。「…タスケテ…」と。

カラスは魔物だった。生き延びるために彼女との融合を望む。
魔物の力を得られれば、きっと今とは違って簡単に宝石を手に入れることができる…。
そんなことをしたらもう普通の人間ではなくなってしまうことを彼女は理解できたが、
「どんなことをしてでも宝石が得られる力が欲しい」という欲望には敵わなかった。
彼女は魔物との融合に合意しカラスを自らに取り込んだ。


283 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 22:58:42 ID:f2YOLwXm0

フーンは宝石が欲しかったという彼女の動機は理解できたが、そのために
他人を頃してきたことを責める。だが娘は言う。
「自分にとっては宝石を集めて、宝石に囲まれることが何よりも快感だった。
そのために氏ぬ人間、苦しむ人間いたとしても、自分は自分の気持ちが一番大事だった」と。

ガックリうなだれるフーン。人を頃すことも厭わない心も半分魔物と化した娘の気持ちを
自分じゃどうにもできないやるせなさ、それと同時にそれでも彼女を愛しく思ってしまう
自分を感じる。そして彼女の命は目の前で消え入りそうになっている。しかも自分が
負わせた傷で。喪失感と恋心、悲しみと後悔が入り混じり動揺しているフーンを見ながら
彼女は笑顔で言う。

「こんな生き方で長生きできるとは元々思ってなかったわ。それでも私は
この生き方をやめなかった。これ以上私のせいで誰かが泣くこともない、
氏に場所は自分が集めた宝石の上。なかなか悪くない氏に方よ。」


 ╋                          ∧_∧ ___
+                           (´<_`; ) //^ヾ
    *                         /∨t\/|   |>
                            <__:: ヽ、†:::/   _|、
  ★ +  *                    ,-rヘヘn/`≡| ̄ | ヽ
                   ∧((∞)ヽ   <\ ャ、::::,,:::: ̄ヾヽl   >
  ※   ※☆          ∬iii ´、ゝ__|,','≧、_二二ニ-'ノ-'"|
    *   +        r'⌒∬w -、',')',','ヽ'ノ::::::::::/ |:::::::::::::::l ⌒)j
         +    ★    /',',',r',','ヽ____> ̄ /__:/_ ノ|/`\::/ヾ l
 ╋╋  *   *     (,',','\ヽ',','┰'ト,ー'"',',',',',',',', ̄ヽ、,-‐-、 /'__ノ
                |r'__へ ',;;;┃;;;,"――',',',',',','-、',',\ー'"
   *   ※    +       >》>;;・;;;;;',',',',',',',',',',',',',',','ヽニ>_         *
                   ・ ;;;;;ヽ、;;;;;;',',',',',',',',',',',',','ノl二r'\rヽ   ☆
     ☆+ ※※        ’;;;;;・;;;; \',',',',',',',',',',',',/ >ヽ、 \_)
            ★+ *       ヽ',',',r⌒ー'>-'    )x==\__       ★
      ╋╋                 レ' ヽr-´     Lヽ=、___)           ......:::::::::::
         ☆         +   ★  ん'ー'            ̄   ★ .............:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           *              **   ※  ☆  ※  .....☆ ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                ╋    +           *  .........:::::::::::::::::::☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             *        +   *   +  ※※ ☆:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
地下室の薄明かりの中で輝く宝石群、鮮血を流す黒衣の美しい娘ってことで、
自分の脳内ではめっちゃ絵になってるんだけど、キャラの服がゴチャゴチャで
わかりづらいAAになっちゃったよ(ノД`)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

284 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 22:59:44 ID:f2YOLwXm0

フーンは彼女の手を一層強く握り締める。
彼女は、氏に逝く恐怖でもなく、人を頃してきた懺悔でもなく、宝石の輝きを眺めながら、
本当に幸せそうな表情をしている。やがて彼女はその視線をフーンに向ける。
泣きそうなフーンの顔を見て、「自分の心に正直に、好きなことをして生きて、
好きなモノの中で氏ぬ。だから私は幸せよ」と彼女は言う。

フーンの心の中のひとつのボタンが弾け飛ぶ。
あってはならない姉への恋慕、今度はその姉の単なる身代わりとして目の前の娘を
求めているんじゃないかという躊躇。そういった想いが今までのフーンを自制していたけど、
ここでフーンは娘にチューしちゃう。「俺も…自分の心に正直に…好きだ…。」と。

娘はニッコリ笑って「…それでいいんじゃない?」と呟き、そして動かなくなる。


彼女の命が消え入る前にフーンが選んだ行動は、いつもの理性的なフーンなら
試みるであろう人命救助でも、正義感ある剣士としての魔物への処罰でもなく、
彼女に想いをぶつけることだった。本当に好きな相手が目の前の娘だったのか、
思い出の中の姉だったのかフーン自身にもハッキリわからない。
彼女側の想いも確かめずに強引だったかもしれない。
だが彼女の言う通り善悪は関係なく自分の心だけに正直に行動した結果だ。

地下室に残されたたくさんの宝石。本来なら困っている持ち主達に返すべきであろう。
だけどフーンは彼女の亡骸を他の人の手に委ねたくない気持ちと、この宝石達を
永遠に彼女のモノにしておいてあげたい気持ちで、地下室に火を放ち彼女の家を燃やす。


285 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:00:43 ID:f2YOLwXm0

娘の家が全焼し娘が行方不明なことは未明のうちから街の噂になり、フーン達の泊まっていた宿にも
翌朝の朝食時には伝えられた。何も知らないギコは激しく驚いて、彼女と仲が良かったフーンを見るが、
フーンは視線を落としたまま茶を飲んでいる。ネーノはその落ち着き払った様子を見て、放火したのは
フーンだと確信する。

ネーノはフーンと二人きりの時に、娘を疑い罠にかけたことを告白し、フーンに詫びる。
フーンはもう魔物がこの世にいないことを告げ、ネーノの怪我が回復に向かっている様子を聞き、
「たいしたことなくてよかった」と、いつものしっかり者のリーダーの顔で微笑む。

フーンが去った後ひょっこり顔をだすガナー。

    |┃三             _________
    |┃              /
    |┃ ≡   ∧_∧  < 話は全部聞かせて貰った!
____.|ミ\___( ‘Д‘)   \
    |┃=___    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡   )   人 \ ガラッ  λ_λ て
                        ( ;`−´) て

「いつものフーンとは違うわね。彼女と何かあったのかな?」とのガナーの呟きに、
「そうかもしれないな。俺達にはわからないような何かがあったのかもしれないな。」とネーノは答える。

「うん…。落ち着いてるように見えるけど何か危険な雰囲気というか…なんかいつもより
カッコよく見えるかも。」
ガナーがフーンを褒めたのでちょっとムッとするネーノ。
ガナーからプイッと顔を背けようとした時、思い出したようにガナーは言う。

「そういえばネーノ、よくも私のペンダントを盗みの標的にしようと企んでくれたわね!」
「え?だからそれはもちろん守るつもりで…」
「やられてたじゃない!!フーンが来なかったら私まで魔物に八つ裂きにされてたとこよ!」
「イヤ、オマエなら魔物の方が逃げ出すって」
「なんですって!!」

…みたいな平和な痴話喧嘩はおいといて、場面は娘の家の焼け跡に。

286 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:01:59 ID:f2YOLwXm0

フーンは来る途中に咲いていた花を焼け跡に手向けようとしたが、少し考えてから、
「こっちの方が好きだったよな」と、いくつか持ってる姉の形見のうちで
一番キラキラ光る小さな指輪を、彼女が埋まっているであろう位置に落とす。


        /   ヽ    |         :
        ヽ、_,-、___〉
          /:::::::::|::::::::::::|        .
.        /:::::::::,|::::::::::::|         . +
        |´`ーフ「`ー'"7        c。
        /≦ノ i>=≦)             ,;-ー:、
       /  /  |   |         _,,;;'´:; :: ..`ー''^__,,#;; ::’
       /   /   |   |       _,;ィ;;´;;# :メ  # ::ノ:#;ノ;j! "   :; ::__..,, :
      /  / _.... _ l  l__.... _,,;;ィ''"´ ;; ;; ;; # ;;_,,.:’ノ;;;Y‐''´ :: ;;
     /三/    |三l  ""~ ____,,.. .....--‐‐'''":: ::’ :: :: ::# ::
.     /  〈    |   \__
    (_,,、__フ   (__,,、__ノ
      ̄  ̄     ̄  ̄

実はこの街にくる前に、「アフォしぃ国王の国政で虐げられる側として苦しんでいたが、
ハレーモララーが現れその教団に入ったことで救われた。今はしっかり勉強して、
将来はハレーモララー様に仕えるのが夢だ」という健気な青年に会った。

その出会いの後、「彼を信じることで幸福になる」存在に気づき、「ハレーモララーを
倒すことが正義」というフーンの信念には揺らぎが生じていた。

だが「自分の心の前では善悪は関係ない」といった魔物の娘の生き方に触れ、
フーンの中でも「「正しいも悪いもない、どうしようもない自分の気持ちに我を通さないでは
いられない。たとえ自分勝手でも、姉と、道具扱いされたノーネの復讐をしたい」という
思いを強くしながら、フーンはこの場を立ち去る。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

287 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:04:24 ID:f2YOLwXm0
>>270
そちらの作ったあらすじから、最初に語ったパターンの中から「死別」を選びつつ
細かく発展させてみました。

そちらの希望するキャラの動かし方と違ってたらゴメンね。
簡単に完結するひとつのパターンとして書いてみただけなので、もちろん娘を頃さない路線の話でも
OKだし、「チューまでやっちゃうのは少年誌的には後に引けなくなるからやめとけ」と言われるようなら、
そこは省いてもヨシ。
「我を通して復讐したい」感情面を表に出すフーン話だったけど、そちらが最初の方で言ってた
「復讐は何も生まない」と悟る、感情をセーブして冷静なしっかり者路線を極める方向でも
話は作れそうだね。


>>271
俺も自分がこんな感じだから無理にAA化してとは言わないww
けど、俺が作った話とはガラッと違う話でも見てみたいので、もし作ってたらご遠慮なくw
正解をひとつにすべき正式な著作物でもないし、、同じ素材から始まる話でも、
たくさんの結果が読めた方が面白い!!

288 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:05:51 ID:f2YOLwXm0
>>269
あぁっ!またしてもバトル描写を疎かにして、感情描写に力を入れてしまった!
今回は鳥の羽根+女体という、俺が描くのが楽しい要素が揃ってる魔物、
八頭身でオッパイプルプルさせながら鋭い爪で戦闘するアクションシーンとか描きはじめたら
マジはまりそうだけど、俺のスタミナから言うと、それ書き終えるのに1年以上かかると思うよ…。

        ∧_∧
        <`    ,,)               おまけの着衣前の土台AA。
        /    ̄ヽ               女体魔物は改造を重ねてるうちに
        |    l  ヽ             土台AA状態を残すの忘れてた(´・ω・`)
          |    ヽ  \
         |    〈 _\  \
        |    `ヽ ̄\ \
       ノ   l     ヽ ̄| 「/ ̄ヽ
      /     、    \ヽ/ f\'
    /   _,..-'" ヽ、     ヽヽ_,\\
    | `ーォ'      \     ヽ  \\
    |  /         ヽ    \
    | /           ヽ、   ヽ
  __ノ /              l    ヽ
 ヽ__  |              ヽ   ヽ
   `ー'               ヽ、  ヽ
                      ヽ、  ヽ、 ,へ
                       ヽ  ヽ  )
                        (   r'"
                        `ー'

                     ∧_∧
                     (´<_` ,)  ̄ヽ     せっかく裸にみえるのに
                     /      |  |    エロい使い道がなさそうな構図
                     /  ヽ、  |  |、
                   ,-rヘヘn `ー|   | ヽ
          ∧((∞)ヽ     |  rヽ_,, ̄ ̄ ノ  l
           ∬  ´_ゝ__|.  |    ̄ ̄ ̄  |
         /´∬ L 、  _ヽ_ノ   /、|    l ⌒)
        /  r'   ) > ̄      /_ ノ|     |  l
       ( ⌒\ヽ   ヽー――――--、 l   //_ノ
        \__へ l    ,.―――――-、\ `ー'"
            >》>、            \\_
              ー――――''""ヽ、  \ ヽ
                         ヽ、 \_)
                            )  \__
                            ヽ-、___)

289 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:07:46 ID:f2YOLwXm0

           ∧_∧
          (    ´_ゝ
          /   ⌒ヽ
          /l    、 \
          / .|    \  ヽ__
        (   l     |ヽ、____⌒ヽ
        \ 〉     |         ^>》>    結局足しか貼らないのに全身用意してるしww
          ,'      |
          ゝ ヽ   |
          /   |   |
          /   |   |
.        /    |   |
         /   /l   |
        /  / i    l
       /  /  |   |
       /   /   |   |
      /  /     l  l
     /  /    |  l
.     /  〈    |   \__
    (_,,、__フ   (__,,、_ノ


>>269
あと中ボスな。今ザッと思いついたのを並べてみる。
悪役は煽り目的で作られた過去キャラ、VIPや顔文字発キャラがいいかな?

・集団狂犬 ビーグル(ボスは悪と化したぞぬ)
・フリーザ様のような敬語の魔法使い 山崎
・極悪美少女テロリスト わむて
・速攻コンビネーションのハンマー使い ぬるぽ&ガッ
・ギコ達の功績を乗っ取るニセ勇者 タカラギコ (裏で手を引くのまねこ →のまタコに変化)
・人々に嘘を教え込み洗脳していた5代目住職 ジュウシマツ(ニャーンと鳴く犬をひよこと教える極悪っぷり)
・1300年の時を越え今蘇りナラの都に君臨する せんとくん
・神話にも出てきた伝説の怪物 グレートカメモナー

などはいかがでしょう?あぁ、自分で描くの絶対超大変だと思うけど、
せんとくんの仏教的法力アクション物が激しく見てみたい…。

主人公の協力者になる系キャラは、クックル(&忍者)、ぽろろ、びぃ、┃━┏┃も
いいかな〜。


ちびしぃ読心スキルに関しては、この時点では「そうも見えるし、たまたまそういうタイミング
だったのかも」といった分岐の逃げ道を残しています。

290 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:09:01 ID:f2YOLwXm0
>>273
しぃ姫の虐待、フーンの姉萌え、のーの墓掘り、そして問題のちびしぃちゃん。
明るく元気な主役のギコと違って、レジェ伝サブキャラ連中は
ちょっぴりダークな背徳感アリでお送りしていますw

ちびしぃは「復活してください」のコピペが元になってるから確かにAA的にかなりちっこい。
年齢差といえば、>>218のフサ&ツーでもフサAAがちっこ杉なんだけど、
フサ=11歳、ツー=18歳くらいにしておけば、もうちょっと先のフサがしっかりした頃の
二人の関係が楽しみかなと。(これもショタか?一般創作物ならツーの未成年飲酒もアウトだな。)

で、>>197に「モララーはツーより5歳くらい年上」って書いちゃってる。
ってことで、ハレーモララーは23歳あたりという設定になる。
臆することなく権力と暴力と陵辱に溺れるこの力任せの厨房は、思春期末期、やっぱ
まだまだ自分探しに悩める年頃の20代前半くらいまでにしとかないとしっくりいかないでしょう。


で、ちびしぃの年齢ですが…。一応、自分の中の常識的な炉規制として、
姉にはメチャクチャしてても、妹には手を出していない描写にしております。
更に、炉規制に念を入れるためにも具体的「年齢」には触れない方がよいかと。

>>274-278
とりあえずちびしぃちゃんを演じてる役者さんは、低身長・童顔のハタチだそうです。
本人申告で履歴書貰ってないけど。

       (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: 、
      〜〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)     問  ハ
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、     題  タ
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,)  よ  な  チ
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ  ね  い   な
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ < !      ら
     l::::::::::::::::::::::く(   γ⌒ヽ  )> く,
 〜v,ん:::::::::::::::´:::::::=;       ,=ニ `/l/!/⌒Y
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ===イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

291 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:10:41 ID:f2YOLwXm0
ちょっと用事が。しばらく止まります。失礼します。

292 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/09(日) 23:13:30 ID:bvFa5Czv0
とりあえずリアタイ乙
バトルを、更なるバトルを!と望んだ俺だがやっぱカマドウマには人間ドラマだな
今回のフーンエピソードの改良っぷりを見て思ったわw


293 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/09(日) 23:19:02 ID:v5ocvWkd0
うおおリアタイ乙! ハタチなら問題ないよね!

294 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/09(日) 23:20:30 ID:bvFa5Czv0
魔物との融合と言えば古の英雄たちの能力に酷似しているな
実はこの娘もまた、血を受け継ぐ者だった…とかだったら流石にやり過ぎか?


295 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:23:53 ID:f2YOLwXm0
失礼しました。復活!

>>292
今回なんかは脳内では具体的にバトルしてるんだけど、表現をどうすりゃいいか難しくてさ。
AAでももちろん時間かかるけど、俺の文章スキルで普通に書くと眠くなるほど
説明長文になりそうだし、「ガキ!バキ!氏んだ!」じゃ伝わらないだろうし、その中間が難しくて。

その点、感情描写は深夜のラブレターを書くノリさえあれば、あとはつらつら書くだけだww

>>293
な!!

┌────────────────────────────────────
|よっし、あともうちょっと!

>>268
|保守とGJ並べるってあまりにも生暖かすぎだろ!!

>>272
|見届けて!そして語り伝えて!!こんなレジェンドがあったってことを!!
|AAで!!そう、おまいさんが新規のAAで清書してwwwww
└──v──────────────────────────────────

       )ノ
    ∠)m¨)m
    ┘ ┘
⌒Y

┌──ヘ──────────────────
|それでは予定通り最後まで。いっきますよ〜!
└─────────────────────


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

296 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:24:53 ID:f2YOLwXm0

■新たな敵■

ハレーモララーはちびしぃの血筋も利用してしぃ王国を乗っ取り『神聖モララー帝国』を
建てる気満々だが、そんなのはマニーの筋書きには全くない話。
マニーはいよいよハレーモララーを疎ましく感じる。

┌────────────────────────
|あんな怪物連れてくるんじゃなかった…。
└───────────────v─────────

          ______
         /     ∧_,,,  ヽ  円_円
         |::ヽ    (#゚;;-゚)ヽ ヽ.¥#-∀-)
         |.::::ヽ   |U;;;,|,,,,,,, ヽ ヽ::::v::::ヽ
         ヽ:::::::i'''''i (;;;__);;)  i'''''i::::::::::::::|
           ヽ::::i_i しし __i_i::::::::::::::::>


だからと言ってハレーモララーのような桁違いの化け物を並みの武力で
始末できるとは思えない。手を拱いているうちに、王国内のアカデミーで
ある博士の人造人間の研究が成功しそうだという話を耳にする。

297 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:25:50 ID:f2YOLwXm0

視察に訪れるマニー。マッドな女博士ダシガラから説明を聞き、その完成度に感心する。
人間よりもハードな環境に耐えられるような作りにしているそうなので、軍事利用できるか
聞いてみる。ダシガラはそのためにコレを開発したらしい。
不安定な国を憂い、でぃ国王の暗殺の危険を回避するため、命令に忠実でSP用に特化した
人造人間を作ったとのことだ。(ちなみにでぃ国王が傀儡ということは、マニーがフォローを
しているため、一般大衆は気づいていない。)

女性の姿にした理由は、敵を油断させる意図と女の社会進出を応援するフェミニズムらしいが、
まぁそこは置いておいて、マニーはこの人造人間『レモナ』に期待を寄せる。

━━━━┓
  / ̄ ̄ ̄ ̄\
  [[|l____ ____l|]]
  ________________.
 _.|000OOO000|_,
 |________|
 ||| ,∧_∧゚ .|
 |||X ノ ハヘ X .|
 ||| |゚ノ "−") .|
 |||§.     )  |          __
 ||| !!| Y  |゚。 .|         //   /   ∧,,,,∧    円_円
 ||| (__)_),. .|       __//__ /   ミ,,◎_◎彡  (・∀・ ¥
 |||___________,|   __{ニ=====|    / <y>i     /:::v:::::::ヽ
 { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}  ゝ_| ̄| ̄ ̄ ̄|   く,,__,,,ゝ   |:::::::::::::::::ヽ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(((ニニ || | ̄| ̄ ̄ ̄|    し"ヽ)    <:::::::::::::::::::::>
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
当時は開発者はモナ研と思ってたけど、キャラ被るの処理するのが面倒なので
博士繋がりでダシガラに。

>>232で言ったように、ここは「人造」じゃなくて「魔物との融合」研究に変更しとくべきだなと
思ってますが、レモナ達の最期に「人造」に関するエピソードを入れちゃってたので、
修正箇所を根っこから組み立てなおすのに時間かかりそう。
なのでとりあえず当初の「人造人間」ネタ文章のままで貼っちゃいますね。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

298 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:26:47 ID:f2YOLwXm0

完成したレモナをでぃ国王とマニーのSPとして利用してみる。マニーは
ワザと反乱者を装った者達に自分達を襲わせてみるが、レモナは正確に
全員を仕留める。無駄の無い素晴らしい戦闘能力だとマニーは感心する…が、
まだ物足りない。


     ,∧_∧    ______
    X ノ ハヘ X  /     ∧_,,,  ヽ  円_円
     |゚ノ ^∀^)  |::ヽ    (#゚;;-゚)ヽ ヽ.¥ ・∀・)
    §,     )  |.::::ヽ   |U;;;,|,,,,,,, ヽ ヽ::::v::::ヽ
     !!|  Y |  ヽ:::::::i'''''i (;;;__);;)  i'''''i::::::::::::::|
     (__)_)   ヽ::::i_i しし __i_i::::::::::::::::>


マニーはダシガラ博士に更にもう一体、さらに高性能の人造人間も作るよう要請し、
資金もジャンジャン援助する。『レモナ』は守備をメインとしたタイプだが、次は
攻撃メインのタイプを開発することに。もっと自由に暗殺者を追跡確保までできるようにと
いうのが表向きの用途だったが、マニーの心の中では対ハレーモララー用。
博士の助手に金品を掴ませ、対人間用に設定していた攻撃能力を限界まで
上げておくように指示。

        ┏━━━
        ┃┏━━
        ┃┃
  mmmmmmmmm」mm
 (_____________________.)
 _.|000O00000000O000|_
 |_____________|
 |||     ~          |
 |||  ~   ~   ~      .|
 ||| ~  ▲_▲  ~     |
 |||   + ノ ハヘ +     |
 |||     |・ノ ::::::::::)  ~     |
 |||   §〓B〓) ~    .|
 |||   !!|  Y |       .|
 |||    (__)_) .       |
{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}  ゝ_| ̄| ̄ ̄ ̄|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(((ニニ || | ̄| ̄ ̄ ̄

世界中の選りすぐりの材料で作られようとしている攻撃特化型の人造人間。
こっちはまだ完成までに時間がかかりそう…。

299 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:28:01 ID:f2YOLwXm0

《登場キャラ》

  【ダシガラ】
             王国内のアカデミーで人造人間を研究する女博士。
    ∧,,,,∧     ジェンダーフリー思想で、女だてらに歴史に名を残す
   ミ,,◎_◎彡    功績を作ろうと必死。

  【レモナ】

   ,∧_∧      ダシガラの作った人造人間初回作。通常の人間より優れた
  X ノ ハヘ X     運動能力を持ち、要人を守る用に開発されたため、
   |゚ノ ^∀^)      高い守備力を持つ。

【ブラックレモナ】

   ,▲_▲      現在作成中の攻撃特化型の人造人間。攻撃力防御力共に
  +ノ ハヘ +    レモナを遥かに上回るが、パーツには厳選された鉱物や生体材料も
   |・ノ "−")    多用しているため、人間の形はしているがその材質は人間離れしている。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
上のレスでは謎っぽくしてるけど、間違いなくブラックレモナ。
「魔物との融合」設定にするのにキャラ説明も変更の必要あり。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

300 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:29:11 ID:f2YOLwXm0

■中略(勇者の方向性が具体的に)■

モナー神父がパーティーに加わってからの冒険エピソードを何話か挿入。

フーンが純粋な剣士なのに対し、ギコの方は魔法の要素を追求し、
魔法プラス剣の方向に。(炎の魔剣とか)
全員の武器防具も最高ランクに。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
省略してるけど、この辺のバトルや修行が勇者ギコの大幅レベルアップの要になる話。

ギコが自分の戦いに『魔法』を意識するのは、第一章後半、途中加筆した>>64
ジャイアンから『咆哮剣』を貰う話あたりが、いいキッカケになるんじゃないかと思う。

中略とされるこの部分の内容は未定だったけど、先ほど中ボスを語ったついでに加筆。

クックルのとこで修行して基礎能力をupする話、┃┓━┃から防具を得る話、
ナラの都の支配者せんとくんや、神話時代の怪物グレートカメモナーとの戦いも
この辺で入れるといいかな。

巨大なグレートカメモナーと戦う前には、ギコとチラネーヨを引き合わせといた方が
よさそうだ。ってことで、次の話も途中に挿入。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

301 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:30:34 ID:f2YOLwXm0

■チラネーヨと再会■


理由はまだ考えていないけど、一行はギコの故郷近辺に再来。

最近シラネーノの山が穏やかでないとの噂を聞く。
しぃ王国の城側の人間、つまりマニー一派だが、何かの材料を集めているようで、
つい最近飛竜シラネーヨが討ち取られたとのこと。確かにあの竜の鱗は最高の防御力を
持ち、翼や骨も機能的に優れた武器材料になり得る。

それじゃああのチビのチラネーヨは?若い方の飛竜は生け捕りにせよとの
命令だったそうで、それが幸いしてとりあえずは怪我をしながらも逃げおおせたらしい。

ならばどこかで弱っているのでは?ギコは山で迷子で泣いてたチラネーヨを思い出す。
ギコ達は気になり山に入り、なんとかチラネーヨと再会。まだ幼さは残るが、
大きさはほぼ成体のシラネーヨと同じくらいになっており、既に翼も持っていた。



              ∧ ∧
   ヽ二\     (#メー`)
 |ヽ ヽ二 \    > /
 ヽ\___ヽ二_\_/ /                 ∧_∧   ∧_∧
  \  #    ;;/                 (っ‘;  )  (<_`;  )
   ∪∪ ̄∪∪                   (    )  (    )

チラネーヨの身体は傷つき片目を失っていて、酷く人間嫌いになっており、
武器を持ったフーンやガナーが近づいただけで火を吐いて威嚇する。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
シラネーノ親は、パーツ取り用ではなく、ブラックレモナと融合させるために
生け捕られた扱いに変更予定。となると、チラネーヨが捕まらなかった理由は、
「シラネーヨが身を犠牲にして、チラネーヨを逃がすために囮となり捕まった」
って流れの方が良さそうだな。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

302 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:31:39 ID:f2YOLwXm0



              ∧ ∧
   ヽ二\     (,,メ−`)      ∧ ∧
 |ヽ ヽ二 \    > /       (Д゚;,,)
 ヽ\___ヽ二_\_/ /        と  )
  \  #     ;;/           |  )
   ∪∪ ̄∪∪            U"ヽ)

行き違いはあったものの、最終的にギコに気づく。チラネーヨもギコのことは
覚えていたようだった。


             ∧_∧
            (Д`   )
     ______ と   ヽ   ∧ ∧
    /    ∧ ∧ \ (_⌒)  (゚Д゚,,)
    (   ̄ ̄ メ−`) 丿     ∴と  )
      ̄ ̄ ̄ ̄ //    ∧ ∧ |  )
                 (A゚* ,,)

その場で倒れるチラネーヨ。怪我や空腹でかなり弱りきってる状態。
一行はその場にキャンプを張り、治癒能力のあるモナー神父をはじめ、
皆で協力してチラネーヨを看病する。

のーは文献で見たことがあるだけだった飛竜を見て非常に感動する。
シラネーヨの生態や能力や弱点、過去の物語にはシラネーヨにまたがる竜騎士
(白馬にまたがった素敵な王子様系)の話もあったなどとウットリ語る。
いろいろと(読者に対する)解説係。

303 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:32:50 ID:f2YOLwXm0


          ♪
              ∧ ∧
   ヽ二\     (,,メー` ∧ ∧
 |ヽ ヽ二 \    > /(Д^ ,,)
 ヽ\___ヽ二_\_/ /  と  )
  \         /    |  )
   ∪∪ ̄∪∪     U"ヽ)

看病の甲斐あって、チラネーヨは快復。(失った目は戻せない)
すっかりギコに懐いている。テレパシーというか、都合が良くて申し訳ないけど
人間の心がわかるチラネーヨはギコ達について来たがる。
火も吐く戦力、仲間に入れるってことで。飛竜に憧れてるのーともすっかり仲良し。


チラネーヨに促され背中に乗るギコ。剣を携え白い飛竜にまたがるその勇者の姿を見て、


        ∧ ∧ ∧ ∧
   ヽ二\ (,,゚Д゚) (,,メー`)
 |ヽ ヽ二 \ つ  > /
 ヽ\___ヽ二ヽ )/ /      ∧ ∧
  \      し /       (゙A゙iii)
   ∪∪ ̄∪∪          UU ヽ

「違う、こんなの何かが絶対違う」とブツブツ言ってるのーだったが、そこは無視して旅再開。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
チラネーヨは宿に泊まれないので呼びよせるための笛とかのアイテムも必要かな。
チラネーノとコンビを組んで特に能力を発揮するのはこの二人。

・ギコ&チラネーヨ
 魔剣士と飛竜の組み合わせは竜騎士として能力up。
 空も自由自在に動けるチラネーヨの機動力を得て、自分より大きな敵に
 頭上からでも魔剣の技を繰り出せるようになる。
 竜騎士といってもひぐらしとか書けるようになったりはしないお!

・のー&チラネーヨ
 魔法使いのーは、防御力が低く接近戦には向かない。また、かなりの精神集中を
 必要とする大技魔法を繰り出す時は、呪文詠唱中に行動ができないという弱点もあった。
 だが防御力の高いチラネーヨに乗ることで、防御を気にせず移動接近しながらの
 大技魔法を繰り出すことが可能となる。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


304 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:35:23 ID:f2YOLwXm0
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

《キャラ整理》

■勇者パーティー

  ∧ ∧    ∧_∧    ∧_∧   λ_λ   ∧ ∧   ∧_∧
  (,,゚Д゚)   (´<_` )   (‘∀‘ )  (`ー´ )   (゚A゚*,)   (´∀` )

 【 ギコ 】  【フーン】  【ガナー】  【ネーノ】  【のー】  【モナー】
   勇者     剣士    弓使い   元盗賊   魔法使い  神父

   ∧ ∧
   (メー`)       (・∀・)

 【チラネーヨ】    【ジエン】
    飛竜       ペット



■しぃ王国・ハレーモララー側


    ∧_∧           ∧ ∧        /V\      λ_λ
    ( ・∀・)           (゚−゚ )      (・−・ )     ( ノAヽ)

 【ハレーモララー】      【ちびしぃ】    【シーン】      【ノーネ】
大司教だけど国狙い      嫁候補       部下    記憶喪失の剣豪

  ∧ ∧         __l二二二l
  (*゚ー゚)         (−   )

 【 しぃ 】     【兵ABC以下】
捕虜(虐対象)  影ながらしぃ姫を慕う下級兵達



■しぃ王国・でぃ国王側

                            ,∧_∧           ,▲_▲
  ∧_,,      円_円     ∧,,,,∧    X ノ ハヘ X         +ノ ハヘ +
  (#゚;;-゚)    ¥・∀・¥   ミ,,◎_◎彡   |゚ノ ^∀^)          |・ノ "−")

 【 でぃ 】   【マニー】   【ダシガラ】   【レモナ】        【ブラックレモナ】
   国王      大臣      博士   人造人間(守備型) 人造人間(攻撃型)未完成


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
以上が最終決戦持込みメンバー。
しまった、かわいいペット、ジエンの活躍が少なかった。ポケモン映画のオマケみたいな
小動物系がほんわかしてる話も作って活躍させとかないとな。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

305 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:36:26 ID:f2YOLwXm0

第四章 『起承転結』の『結』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
とうとうハレーモララーが『神聖モララー帝国』を建てるのに本気に。
ちびしぃとの結婚、でぃ国王の処刑を秒読みに、いよいよ最終決戦。

基本的にギコ達がハレーモララー一派を攻撃する形で、
マニー一派はハレーモララー側の味方をしつつも寝首を欠くのを狙ってる状態。
マニーにとって予想外だったのは、一度攻撃を始めたら止められないブラックレモナの暴走か。


【vsノーネ】

※今回の戦いではハレーモララーは自分の復活ができないちびしぃを守るため
最後まで戦闘の舞台にはこない。

 手始めに送り出されてきたのは記憶のないノーネ。
 単なる記憶喪失ではなく、脳自体が壊されている状態。説得を試みようとも通じないことが
 理解できたフーンは、テクニックは残ってても魂のない師匠の剣を撃破。
 記憶があってか無意識かわからないが、幼い頃フーンに言ったセリフ(未定)を再び発して
 氏んだノーネにフーンはボロ泣き。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
自分で言うのもなんだけど、クライマックスのバトルや感動シーンはどうせやるなら
中途半端挿絵AAはやめて、いろいろと懲りたいトコです。でも満足行くような表現に凝れば
このバトルだけで長い時間費やす間に全てに飽きて挫折しそう。
つーことでいっそのこと完全AA未使用で内容だけお知らせする形で。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

306 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:38:10 ID:f2YOLwXm0

【vsシーン】

 自分は直接戦わず、兵隊達を使い捨てのように使用。あいかわらずなんか卑怯。
 ギコは例の事件の時に顔を見知っている兵卒にしぃ姫の居所を聞く。
 兵隊ごと閉じ込めて毒ガスとかやろうとしちゃうシーンだが、ネーノの機転でなんとか
 ピンチを切り抜ける。(でも兵達は全滅、シーンの悪さのみが浮き彫り)

 一度はネーノとのタイマン勝負まで追い詰めるが、寸前に逃げられる。


307 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:42:27 ID:f2YOLwXm0

【vsブラックレモナ & レモナ】

レモナは命令に忠実で、感情は乏しいがマトモな会話が可能な人造人間。
スピードのあるレモナにはギコ&ネーノが応戦。

試用の時間もなかったブラックレモナは活動開始と共に暴走ロボット状態。
生みの親ダシガラ博士を瀕死状態にしたあと、「オマエの敵はあいつらだ!」という
マニーの声でガナーにロックオン、ガナーが集中的に狙われる。その間にマニー逃亡。

シラネーノの革から作った合成皮膚はフーンの剣が役に立たないほどの防御力。
のーの魔法攻撃がメインになり、母の匂いに気がつくチラネーヨも炎で戦いに参加。

ガナーはどんな堅い物でも貫ける矢を一本持っている。コリンズ石を鏃にした
『コリンズの矢』。これが一発でブラックレモナの急所に入ればいいんだが、
どこが急所なのかわからない。瀕死のダシガラ博士が何かいいたそう?
彼女がブラックレモナの弱点を教えてくれて、とりあえず勝利。

ダシガラ博士は話を続ける。あの二人は完全な『人造人間』ではなく
本当は『改造人間』で、親に売られた二人の姉妹がベースになっているとのこと。
『人工的に命を作った』功績に伴う名誉に釣られ、人道的に酷いことをしたと懺悔して
息絶える。のーはまだ戦っているレモナとギコ達を見る。

ギコとネーノはレモナを「人工物=ロボットみたいなモノ」と思っているから容赦ない。
レモナはボロボロだ。あちこち欠けた状態なのに痛みも感じないまま戦い続ける。
片足を失っても脇腹が抉れても、持ち前の笑顔のまま攻撃を続けるレモナ。
のーの「やめて!!」の悲鳴と共に、ついにレモナの心臓は貫かれた。

事情を聞き、感傷に浸りながらレモナとブラックレモナの氏体を綺麗に並べて寝かせる。
急にレモナの首が動いたので皆動揺して戦闘態勢に入りそうになるが、レモナは隣の
ブラックレモナの顔を見て、手を握って今度は二度と動かなくなる。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
ブラックレモナ戦は、ガナー、チラネーヨに乗ったのー、そこにダシガラが絡む
女キャラてんこもりのバトル(´Д`*)

例の>>232を受けるとここの修正はなんだろ?「ロボット扱い」を「完全な魔物扱い」に
変えればいいかな?ダシガラ博士の研究ってのをもうちょっと掘り下げて、
この戦いは最終戦よりももっと前にして、生きて和解したダシガラ博士自身から、
>>221-222を踏まえたハレーモララーとちびしぃの秘密を語って貰うといいかな?
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


308 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:43:35 ID:f2YOLwXm0

【vsハレーモララー】

しぃ姫を救い出して、ついにはラスボスハレーモララーと最終決戦。

いよいよクライマックスだけど、必殺技や武器関連の設定を疎かにしてきたので、
うまいこと描写できませんが、積み上げてきた最高レベルの技や、この場で覚醒する技
なんかの応酬で。ハレーモララー側にはちびしぃの復活技があるので、
ダメージを与えてもなかなか一筋縄ではいきません。

モナー神父の存在はハレーモララーの心に激しく揺さぶりをかけ、
この場にしぃ姫が存在してることも、無表情だったちびしぃの感情を表に出すきっかけに。

そうそう、ちびしぃが何かやろうとしてる時に邪魔しにくるちびしぃに私怨アリアリな
シーンもここで再登場させることを忘れちゃいけない。散々非道なことをしてきた彼は
自業自得系の無残な氏に様で。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
ここからクライマックスはどんどん分岐できるので、これだ!という特定のパターンを
決めておりません。

《ハレーモララー戦で考えられる分岐》※@Aのフラグはちびしぃの生死が確定する選択肢

@しぃ姫に対するちびしぃの感情。
  ちびしぃは何故しぃに残酷な復活を強いていたか?

 愛…大好きなお姉様が氏ぬのなんてイヤ、だから私もつらいけど仕方なかった(生存フラグ)
 憎…チヤホヤされてた姉が憎かったので生き地獄を味合わせてやった(死亡フラグ)
 蔑…虫ケラのような姉の命などどうでもいいが、ただハレーモララーの命令聞いてやってた(死亡フラグ)


Aハレーモララーに対するちびしぃの感情

 愛…悪い奴とはわかっているけど惹かれてる自分がここにいる
 憎…今まであんな奴の命令聞いてやってたのは、倒すチャンスを狙っていたのよ!
 蔑…おまえはもう用済みだ。これからは私が唯一神だ。(死亡フラグ)


Bハレーモララーの結末

 救…救いを残す
 滅…完全抹殺

309 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:44:41 ID:f2YOLwXm0

《選択別ストーリー例》

◆A.@愛A愛B救(ハッピーエンド)
────────────────
大好きな姉を苦しめる人を好きになってしまっているちびしぃの苦悩。
姉を救いに来たギコ達、攻撃されてるハレーモララーどちらの味方をすればいい?
一度は倒されるハレーモララーにちびしぃは復活技を。
ノーネ復活時にもやった「記憶のない状態」。世への憎しみや支配欲を失い、
自分の名前も思い出せないモララーとどっかで二人で人生やり直し。

◆B.@愛A愛B滅(お涙エンド)
────────────────
途中までAと一緒だけど、最後に命の復活ナシ。(見た目くらいは綺麗に復活)
「彼の罪を考えれば…これでよかったんです…」と涙を流すちびしぃ。

◆C.@憎A愛B救(謎エンド)
────────────────
姉を憎むちびしぃは完全にハレーモララーサイド。ショックを受ける姉に
笑いながら恨みつらみを言うちびしぃ、最終的にハレーモララーを庇い死亡。
ちびしぃを失い逆上パワーアップしたハレーモララーも、ついに倒される。
全ては終わったと思えたが、気がつくとハレーモララーの氏体がない。
その生死は謎のままエンディング。(次回作『レジェ伝U』で「実は生きていた!」の布石)

◆D.@憎A愛B滅(虚無エンド)
────────────────
途中までCと同じで、最後はハレーモララーはちびしぃの屍に涙しながら滅す。
敵ながら両想いっぷりをみせつけられちゃって、ギコ側やりきれない思い。

310 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:46:08 ID:f2YOLwXm0

◆F.@蔑A愛B滅(ハラハラエンド)
────────────────
ちびしぃ自身も自分の力に溺れ、モララーと共に神になるつもりで、
姉を含む愚かなしぃ族は朽ち果ててよいと思っている。
Cと全体の流れは同じだが、こちらのちびしぃは姉への恨みや怒りではなく、
無表情で淡々と攻撃してくるのでかなり手強い。心理面よりバトル重視。


◆G.@愛A憎B救(リセットエンド)
────────────────
 ちびしぃは嫌々ハレーモララーに従っていたので、この局面では完全に姉の味方。
 ギコ達側の戦力になり共にハレーモララーと戦う。Aと同じくハレーモララー死亡後、
 ちびしぃは復活技を使うが、復活したモララーは「子供の姿」。今度こそは
 大事に育てたいと思うモナー神父に連れられてもっかい人生やり直し。

◆H.@愛A憎B滅(勧善懲悪エンド)
────────────────
 Gと同じ流れで復活なし。しぃ姉妹を苦しめてた悪い奴がいなくなってめでたしめでたし。


     :
     :  疲れた。この辺のパターンは適当に想像してクレ。


◆R.@蔑A蔑B滅(真のボス登場エンド)
──────────────────
  ハレーモララーは負傷し、ちびしぃに復活を乞うが、彼女は冷たく笑いモララーに
  とどめを刺す。戦いが終わった?いやいや、破壊と復活、両方の力を持つ
  ちびしぃこそが神になる宿命。ハレーモララーの元で奴の技を習得して
  己の復元も可能になってパワーアップしているちびしぃが真のラスボスに。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
どれを選ぶかは、AA長編だったらスレの流れを見ながら決めるって風に
なるとこでしょうね。物語の結論に思想や願望を持ってるのではなくて、
単に話を作るのが楽しい作者としてはどこを選んでもOKな感じです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

311 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:47:20 ID:f2YOLwXm0

【vsマニー】

ちびしぃの生死次第で、しぃ姫が喜んでいるか泣いているか真逆になってしまうけど、
しぃ姫は助け出されてギコ達に感謝。ギコは一方的にしぃ姫に惚れてしまっているけど、
そこからどうするかは後日の話。

ハレーモララーを倒した後、一同はマニーがいる宮殿に。

マニーはでぃ国王と同席している。
「自分を頃すなら、その後この国をどうするか言ってみろ」とマニーに問われ、
ギコ達は何も言い返せない。

マニーは続ける。この後自分はギコ達がやったハレーモララー討伐を正当なモノとする
世論を作ると。これからハレーモララーを失ったことで宗教と軍事面に大きく穴が開くので、
囚われてたしぃ姫は、この国を立て直すために表立って活躍して欲しいと。

「自分だけうまく立ち回る卑怯者」っぷりにガナーとギコは敵認定するが、
ハレーモララー亡き後、しっかりお国の再建計画を考えてるマニーに手を出して
その後国のことをどうするんだ?とフーンとのーは躊躇。

マニーはしぃ姫に剣を渡し、皇族のアナタの判断で自分を処刑しろ、
ただし頃すからにはこの国の未来をよろしくお願いするとひざまづく。

優しいしぃ姫に処刑ができるワケがない。

でぃ国王としぃ姫では、しぃ姫の方が正統な後継者の血筋ではあるが、
しぃ姫は王位継承も辞退。

結局勇者一同はマニーには手が出せなかった。

312 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:48:00 ID:f2YOLwXm0
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
この後のマニーの処理は3通りの案が。

1.マニーの暴走を快く思ってなかった他の大臣や政治家によって、マニーは地位を降ろされる。
  素直な勧善懲悪路線だけど、この話にするためには、宮廷描写時に、他の政治家の様子も
  ガシガシ描いて人間模様の土台を作っておかないと唐突過ぎになる。
  →※後から思いついた案があるので内容は次レスで。

2.マニーをいきなり切るでぃ国王。でぃ国王は実は計算ずくで弱いフリをしていた
  切れ者だったのだ!!正統な後継者のしぃ姫に王位を譲り、全面的にサポートすると
  誓うでぃ国王。大団円な展開だけど、わざわざ足りないフリをする「でぃ国王」って
  キャラの説得力や深みを紡いで置かないと、これまた唐突になるので注意。

3.マニーはそのまんま。手段はえげつなかったりしたけど、政治力があるので
  ハレーモララー没後の不安定な国をでぃ国王の宰相として治める。
  国の収束を考えればありえる展開だけど、結構腹黒いマニーが無傷勝ち組と
  いう結末は、読み手がスッキリしないのが難点。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


313 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:49:13 ID:f2YOLwXm0
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

宮仕えだったフーンの姉に「婚約者」を作る案を後から思いつく。
キャラは渋沢さんで。
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~

マニーの力の前では存在感の薄い地味な○○大臣の渋沢さんだが、
ある日フーンの姉を見初める。

既に正妻もいる中年男が姉を側室扱い求めていることに、フーンは大反対。
でも正妻とは形式的な結婚をしていた渋沢は、フーン姉に対してピュアな想いで、
早くに両親を亡くしたフーン姉は、彼に対して父親的温もりを感じており、
実は二人はまんざらじゃない。反対してるのはフーンだけ。
姉も渋沢も、そんなフーンが納得するまではと距離を置いたお付き合い。

で、クーデターが起こって巻き込まれて姉が氏ぬ。宮廷にいたのに
姉を救えなかった渋沢にフーンは怒りと軽蔑感情を抱く。
(離れた場所にいたから仕方なかった)
最初に追われるギコとフーンを無事城下町から脱出するのに
貢献してくれたのは渋沢だったが、彼を嫌っているフーンは彼の存在を無視。

渋沢の方は想い人を亡くし、残された弟のフーンに対して保護者的感情も
抱いているのだが、己に力がないため何もしてやれない。
フーンの敬愛しているノーネが操られていることにも非常に心を痛めている。


…てな善良地味キャラを宮廷側に配置しておけば、ここでマニー政権を覆せそう。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


314 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:51:05 ID:f2YOLwXm0

【エピローグ】

腐りかけてた「しぃ王国」だけど、結局最初に出ていた「AA連邦」に加盟して落ち着く方向に
するのが無難かなとか考えたりするけど、RPG系物語でラスボス倒した後の政治的処理まで
マジメに考える必要ないかな。
AA連邦がどんな内容なのかとか、ハニャニャニャーン教ハレーモララー教またーり教の宗教三つ巴を
統合するのも、ハッピーエンド風に書けなさそうだ…。

とりあえず「ハレーモララーを倒したことで、しぃ王国から恐怖のカルト宗教の支配がなくなった」って
時点でめでたしめでたしってことで。


戦いが終わった勇者パーティーはそれぞれの道を行く。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》

せっかくマジメな王道勇者路線で紡いできたストーリー、
それぞれのキャラは故郷に帰る、城に残る、など、それぞれ割と幸せが長く続くと思われる
結末に落ち着かせたいとこですね。


 肝心の「ギコ&しぃ姫」の結末!!!

読み返すとギコがしぃ姫に夢中になるのはいいにしても、しぃ姫側のフラグがいまいち
足りないんだよな。具体的にどの辺かは決めてないけど、もうちょっと二人に接点持たせた
方がよかったな。

更にしぃ姫の酷すぎた設定をなんとかしないと。ギコとくっつけるには、しぃ姫が受けてきた
陵辱の数々のトラウマのケアとかも必要になりそうだけど、そこは素直で真っ直ぐで
心優しいギコの性格でカバーできるかな。

最後は「ギコとしぃ姫、自由の旅に出る」でも「ギコとしぃ姫、一緒にしぃ王国を守る」の
どっちでもいいけど、絵的にはチラネーヨの背中で二人ラブラブ空中周遊でエンディングで
しめられればなと思います。(アメリカ映画っぽいノリw)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

315 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:51:47 ID:f2YOLwXm0



        \、
         \ヽ
           ) )       (\
          / /       (\(\
         (  k       (\(\(\
         ヽ  `ヽ、 ∧ ∧(\(\(\ \
 (\        \   (,,゚Д゚)∧∧(ヽ   /
  (\(\(\(\  ヽ  (つ (ー゚*,)   /
   \(\(\(\(\(ヽ  (-、 ,O と ) /
     \    (ヽ(ヽヽ (_/ノ   ソヽ
      \_____ <   ,' (   \
                 ヽん-、ゝ、  ヽ.
                      \  ヽ
                        ヽ∧ ∧              P
                        (ー` ノ                ||
                                         |::|
                                      ∧ △|::::|
                                      △田.lΠl  l.△
                                   |゚゚゚|二||O||二|゚゚゚|
              ______________〔ニニ〕 ||⌒|| 〔ニニ〕______
              ______________| | || 丗 || | |_____

                                        ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                         d⌒) ./| _ノ  __ノ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
《メモ》
…もちろんもうちょっと丁寧な拡大AAでね…!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


316 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/09(日) 23:52:26 ID:f2YOLwXm0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


┌─────────────────────────────
|以上です。

|長々とお付き合いしていただきお疲れ様でした。
└──v──────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

┌──ヘ─────────────────────────────────────
|自分でも得意としないファンタジー物、
|途中、己のセンスや根気の無さにorzとなったり、知識の足りなさに恥ずかしくなったりと
|いろんな思いがありましたが、アドバイス、ネタ提供など協力してくれた皆さんのおかげで、
|挫折以上に、新たにネタを考える楽しみを味わうことができました。

|終盤駆け足だったので、個々の話も、全体に関しても、感想・評価などよろしくお願いします。
|アドバイス等を受けながら、思いついたことがあれば熱が冷めるまではもうちょっと
|加筆や整理してみたいと思います。
└────────────────────────────────────────

317 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/10(月) 00:13:35 ID:gonsfEti0
完結乙!
分岐がどれも面白そうで迷うわー、
お涙・リセット・勧善懲悪ED後のギコとちびしぃの関係を想像するとニヤニヤするwww
燃えるのはやっぱ真のボス登場EDかな!
今までの流れで「きっとちびしぃは良い子なんだ…」と思わせておいて突き落とす王道の鬼畜展開。


例えばアニメだったら

ギコとしぃ姫がチラネーヨの背に乗って空中周遊でエンディングテーマが流れる

スタッフロールの間にメインキャラのその後や(特に生存の場合ちびしぃとハレーモララー)
例えばマニー失脚シーン、しぃ王国のAA連邦加入等ハッピーエンドのその後をにおわすもの、
彼らの旅してきた村の現在なんかの一枚絵

最後にまたギコ、しぃ姫、チラネーヨが画面に向かってくる前向き感溢れるカメラワークで
ギコとしぃ姫の幸せそうな笑顔アップで止まって「完」

っていうのが王道かなー。
カマドウマたんの言うとおりその後の政治的なあれこれとかは
RPGものではあんま真面目に詳しくやっちゃうと雰囲気違っちゃう気がするし、
でもちょっとは気になるし、匂わす程度には欲しいかもっていう。

318 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/10(月) 00:43:51 ID:gonsfEti0
ところでちびしぃは姉のことを元々は普通に慕ってたんだけど(多少百合的な過剰なアレもありつつ)
いつしか彼女がグチャミソに虐待される(そしてそれでも心は清いまま)姿をこそ
美しいと思う歪んだ愛情を抱いていた自分に再度虐待姿を見せつけられた際に気付いてしまって
そんな自分の醜くて異質で変態的な心のありように涙したんじゃないかとか
ひどい妄想をしていたのをお話が完結したこの期に白状しておくwwwww
今回はあくまで王道ストーリーなんだったごめんwwwww

319 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/10(月) 01:03:36 ID:rd5Mi/Ca0
・対決ハレーモララー&ちびしぃ
ここはやはりちびしぃの感情は姉に対してもモララーに対しても愛憎入り交じる感情とした方が面白い気がする

とかなり込み入った妄想を書き連ねていたが>>318の説が感動的だったので便乗

モララーに対してはやはり力を認められた事が嬉しかったのと姉に対して酷い仕打ちをするという事で
色々と思うところはあったが、最終的に姉はギコが助けにくるまで地獄の責め苦を耐えきり
魂が穢れることも無く、自分はそのような姉と一緒に居るには相応しくないとして死ぬ決心をし、
モララーと共にギコたちに討たれるべく戦い、死ぬ
っていうのが悲壮感あって好きだな


320 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/10(月) 01:06:27 ID:itD8fTaVO
最近やったRPGのエンディングだと、スタッフロールにキャラや町のその後を描いたイラストが添えられてたな
ある意味で当然というか、表現の仕方の違いであって、エンディングの手法としては昔ながらなのかな?

ところで、モナー神父の存在がモララーに影響するみたいだけど、実際にはどれくらいなのかな?
個人的には泣きながらパニックになるとか見てみたいかも


何故か自分を傷つける連中と共にいるモナーに怒りや悲しみをぶつけようとするが攻撃が安定せず、気が付けば最大のピンチに
トドメを刺そうとするギコを制止するモナー、その姿に苛立ちを覚えモララーは弱々しいレーザーでモナーを撃つ
だが、モナーは自分の傷をそのままにして歩みよってくる、そればかりか魔法でモララーの傷を癒し始める
ひたすら謝罪の言葉を口にするモナー、混乱するモララーだが次第にモナーの言葉を受け入れようとする
だが、モナーは出血多量で倒れてしまう、段々と冷たくなるモナーを感じ恐怖するモララー
死なないでくれとモナーを抱き締めるモララー、子供のように泣きじゃくりながらもちびしぃに復活を頼み、そしてちびしぃは…



ん?これって真のボスEDフラグ?

321 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/10(月) 01:18:11 ID:rd5Mi/Ca0
>>320
そこでちびしぃがいきなり

「……ふふふ、あははは、あーっはっはっは!
その様な戯言、聞き届けられませんわ、モララー様。
貴方は今までどれだけの命を奪って来られたのです?
今更己の成した事を恐怖なされているのですか?
愚かです。最早日和ってしまわれた貴方様にその力は必要ありません。
私が譲り受けましょう(ここでモララーの力をちびしぃが奪う)
……完全なる破壊の力と完全なる再生の力、
これが合わされば世界の全てを焼き尽くせるでしょう……
そう、支配など必要ありません。全てを滅ぼすことこそ私の目的。
私こそは古の破壊神"スクリプト"の生まれ変わり!
さあ、今こそ終焉の時!! 死に絶えなさい!!」

とか言い出したら噴く


322 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/10(月) 19:32:41 ID:hBQ+0YGkO
テンプレ悪役すぎるwwwww我らがアイドルちびしぃちゃんがwwwwwww

323 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/10(月) 22:32:55 ID:fqaYZy9Q0
>>319
先生!もともと書き連ねてた愛憎入り交じるあれやこれや妄想も死ぬほど気になるます!!!

そうなんだよね>>318のパターンだとちびしぃは姉を愛しすぎるが故に死亡フラグなんだよね…
たとえハレーモララーを倒して平和な世の中になったとしてもその世界に自分の居場所はない、
自分自身が自分がそこにいることを許せない、と。
RPG正道をちびっと外れてメロドラマ方面に行くなら
ハレーモララーの貫通レーザーから姉を庇って(抱きついて)致命傷、
貫通創のため結局しぃ姫も傷を負うんだけどそれを復活させて死亡?
ちびしぃとしてはモララーに対してもこの戦いに臨む=彼と心中することになるなら
それも悪くないとか
彼の姿はお姉様が存在しなかった場合の自分の姿だったのかもしれないとか
何より自分を認めてくれたこと、好きになってくれたことが嬉しかったんだとか
まーとにかく一緒に死んでも良いほどには好きだったんだけどそんなこと彼は知るはずもなく
ただ彼女はその気になればいつでも復活させられた姉を庇って死んだ
(=自分よりあの偽善者女の方が大事だった+他ならぬ自分自身が彼女を殺した)ということ、
ちびしぃは最後まで自分のことなんか見てなかったようだということ、
そんなこんなの勘違い混じりのアレで暴走して最終的にはギコ達の手で倒される、って感じかな。
メロドラマ路線なので最期はちびしぃの亡骸に手を伸ばしたりしてw
どこかしらでモナー神父の言動による何かしらの魂の救済があればよりドラマチック?

>>320
ゲームは自分はあんまりやらないから詳しくないんだけど、
アニメだと尺の都合でスタッフロールに止め絵で出す程度になっちゃったって場合も含めて
かなりベタな手法だね。視聴者に妄想の余地も与えられるしw


リセットEDだった場合、スタッフロールは過去の名場面集で、
エンディング曲後に何年後かのモララーが1人で遊んでる後ろ姿がズームアップ、
友達(大勢)に呼びかけられてなんの屈託もない笑顔で振り返って完、ていうのも王道だな。
ハッピーエンドの場合20年後くらいでモララーとちびしぃの子供を出すとかw
くそーAA絵心があれば偽OP・EDとか作ってみたいのになー。

324 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/11(火) 18:51:34 ID:Ydz8gURO0
レモナ・・・

全 米 が 泣 い た

325 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/11(火) 23:03:30 ID:DDiYltr80
せっかくだから俺は
「シスコン行き過ぎて実はヤンデルちゃんだったちびしぃが真のラスボスだったんだよ!」
ルートを選ぶぜ!
あくまでハレーモララー側らしいちびしぃの説得を試みながら闘う勇者パーティー(主にギコ)、
信じて祈ることしかできないしぃ姫、
長い戦いの末ようやくモララーにダメージを与えられたものの
当然彼はちびしぃに復活させようとするけれどそこでちびしぃまさかのとどめレーザー。
やっぱりちびしぃは完全にあっちについてたんじゃなかったんだ!と
戦いの終わりを喜んだのもつかの間、モララーの亡骸をそっと床に横たえ
無表情にこちらを見上げたちびしぃの異様な雰囲気に場の空気が冷える。
「お姉様を助けに来て下さった皆さん、本当にありがとう。
そしてお姉様、私のためにあれほどの苦しみを耐え抜いて下さったこと、本当に感謝しています。
ありがとうございます、本当に、本当に、何度感謝しても足りないです――ですが」
ちびしぃは返り血のわずかについたスカートを翻して一礼、顔を上げて、
幼い少女にはあまりに不釣り合いすぎる妖艶な笑みを顔に貼り付かせて、
「ごめんなさい、お姉様。私はもうずっとずっと、
ハレーモララーが城に現れるよりもっとずっと前から――狂っていたんですよ」
ここからスーパーシスコンタイム!
お姉様さえいれば私は何もいらないのです用済みのあなたたちは死んで!
私とお姉様以外の全てよ消え去れ!!
ごめんなさいハレーモララー様、初めて私ひとりを特別に愛してくれた人、
あなたのことは決して憎むばかりではなかったしむしろ割と好きでしたけど
お姉様とは比べるべくもなかったのです!!

うんごめん俺しか萌えなかった。っていうかひどいエロゲみたいだった。


結局ラストをどうするかによるとはいえ
でぃ国王に関してもうすこし描写があった方が良かったんじゃないかなーと
全編読み返してみてちょっと思ったなー、
国王個人というよりいかにしてマニーその他の周囲のもの達が彼を使って政治を動かしていたかとか、
ハレーモララーの華々しいあれこれを抜きにした部分での
しぃ王国の様子とかもっと見てみたかったかも。

326 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/12(水) 00:33:45 ID:Gn+cxy5c0
>>325
いや、それ最高に萌えるわ…むしろお前は俺かと


327 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/19(水) 00:24:59 ID:9hq2aafs0

皆さん、いろいろ考えてくれてありがとー!!
まずはラストバトルのアイデアを出してくれてた方々、超感動だよ!!
俺が考えもしてなかった面白展開山ほどあるじゃん!!
どれも捨てがたいこの現状、やっぱマルチエンディングのゲームにすべきだよな!
え?誰がゲーム化するんだ!?
──v────────────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

──ヘ─────────────────────────────────────
それにしても>>308の「しぃ姫に対するちびしぃの感情」分岐にあるように、俺自身は単純に
この3つの感情しかちびしぃには考えてなかったのですが、>>318が語る百合っぽい「愛憎交じり」が
人気みたいっすね。確かにそれも美味しいな!なるほど、ここから始まる>>319>>323>>325
背徳的なムードがプラスされてストーリーに妖しい奥行きができてる(´Д`*)

タブーの欲望に囚われる罪悪感で自身の破滅を選ぶピュアな悲劇(>>319)、
それぞれの片想いや誤解が交錯する、愛の行方を見守るドラマチック路線(>>323)、
つかぬ間の安堵から徐々に煽られる不安感、ついに姿を見せる暴走する狂気の愛(>>325)
愛憎交じりの百合って解釈から、これだけの方向性が出てくるってのにも感嘆。
他人の意見というのはホント、一人でも多く聞いた方が勉強になるよ!!

しかしこれだけのちびしぃ中心のネタ、キャラの中でちびしぃが一番人気なのかな?
実は自分の中でちびしぃは「あとからどうとでも解釈できる」感情表現に留めていたため、
描いても感情移入のしようもなく割と記号的に動かしてたんですよ。
逆にそれが読む側の妄想の余地を生み、俺自身が想定していた以上の魅力が生まれたのかな、
なんて思ってしまいます。

328 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/19(水) 00:26:21 ID:9hq2aafs0
>>320
自分がすっかり作り忘れてたモナー神父のキャラが立つ話を作ってくれたのは嬉しいです!!
いいよな〜こういうの。これAAで見せられたら俺は泣くね!!
ハレーモララーが改心しなさそうな分岐ルートでも、モナー神父側はこの精神で行きたいね!
──v──────────────────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

──ヘ─────────────────────────────────────
>>321
ちょwwwこういうわかりやすいの単純に大好きwwww と思ったら最後に噴くって、
俺がおちょくられた気分だ(´・ω・`)
俺の中の「古の破壊神」が>>235に定着しかけてたけど、ちびしぃがグロゆきの生まれ変わり
だったってのだけはなんか絶対にイヤだwwwこれにするなら「スクリプト」は別キャラ考えるw

329 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/19(水) 00:27:27 ID:9hq2aafs0
>>317 >>320 >>323
シラネーヨと空中周遊エンディングも、軽く思いついた場面だったけど、
確かにスタッフロール&動きの無いイラストの手法が「王道エンディング」だって、
我々の中に刷り込まれてるみたいだよな。いつから?どうしてなんだろ?…と、>>320
同じことを自分も疑問に思ったので、一応wikiの「エンディングアニメーション」を読んだら
いろいろ書いてありました。ここに書くのは長いから割愛しますが、やっぱり理由があって、
最初からそういう風に作られているモンらしいです。

別にアニメっぽいエンディングにこだわるワケじゃないけど、
しぃ王国のその後をきっちり考えてないこの話の場合、一枚絵で
「読者の想像にお任せします」は逃げ道として利用できるとこがいいかなってww

まぁ、街やキャラのその後のイラストはまだいいよ。問題はスタッフロールの方だwww
斑竈馬しか名を出してないこのスレでスタッフロールなんてめっちゃ貧相でやりようがないじゃんかよ。
手伝ってくれた皆さん、この話をマジに作る暁にはエンディングで並ぶ名前を豪勢にするために
是非コテ晒してくれよwwwww持ってない人はそのためだけに作るんだ!!
──v──────────────────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m


330 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/19(水) 00:29:40 ID:9hq2aafs0
>>323
その偽OP・ED超見てぇぇぇ!!AA絵心が無ければ、絵でもフラッシュでも動画でもOKなんだぜwww

しかし、ハッピーエンド版のモララーとちびしぃの二人の間の子供なんて言われた日には、
父母の物凄い力を受け継ぎながらも二人からの愛情タップリに育った、勇ましくも優しい娘が
復活した古の破壊神と対峙する「レジェ伝U」にまで考えが及んでしまうではないかwwww

・母:ちびしぃ→能力者であることは隠している
・父:モララー→能力者であったことは覚えていない
・娘      →そんな話は全く知らずに元気に楽しく毎日を過ごしている。

古の破壊神の復活。だが完全な復活には魔法エネルギー(?)が足りない。破壊神は、
現存する能力者の中でも、ずば抜けた魔力が潜在的に備わっている娘の存在に気づく。
娘を狙う使い魔に気づき、ちびしぃは家族に気づかれぬよう一人魔物を退治するが、
なにやら不安感が拭えない。何かもっと恐ろしいことが自分達に降りかかりそうな…。

ついに娘の窮地を自分の力だけでは救えなくなったちびしぃは、覚悟を決めてモララーの
記憶を復活させる。モララーは邪悪だった頃の自分を思い出すが、当時の罪の重さからは
考えられないくらい、記憶を失っていた自分が今日まで平和で幸せな生活を送っていたことに驚く。
モララーはちびしぃが自分を見捨てず、今までずっと寄り添って生きていてくれていたことに
心から感激し感謝する。二人の絆はより一層深まり、モララーも愛する妻、大切な娘のために
再びハレーモララーとして死闘の場に。

…もちろん、娘が主役の「レジェ伝U」では、そんなモララーもちびしぃも単なる噛ませ犬。
何の事情もわからないうちに、両親までもが壮大な戦いの場に現れ、見たこともない姿の
父が自分や母を守るために戦い、壮絶に命を失うのを目の当たりにし娘は言葉を失う。

娘を助け出すことだけに集中し、ハレーモララーに復活技をかける余裕すらなかった
ちびしぃも、やっとの思いで娘だけは助け出すが自分は瀕死の状態。
夫を救えなかったことに後悔はない。最初から二人はお互いの命より娘救出こそを
最優先すると約束してたから。それに自分は…彼にもうすぐ逢える。

泣きじゃくる娘が無傷なことに安心したちびしぃは、娘に優しい言葉と共に、
「ギコ」「しぃ」という夫婦の元へ行くように言い残し、静かに果てる。

…って、感じが「レジェ伝U」の序章。どーよコレwww ちょっとハレーモララーがイイ奴に
なりすぎなのが鼻につくけどパートUではよくあることwww
ハッピーエンドEDに固執するわけじゃーないので、主役は「ギコ」と「しぃ」の
子供からでもスタートできますね。(となると今度はギコとしぃが噛ませ犬)

まぁそっから先は作者が「レジェ伝T」でぶちあたった難題達をクリアしてないので、
進む可能性はなさそうですが…。

331 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/19(水) 00:30:49 ID:9hq2aafs0
>>324
レモナ達は人造人間で考えていた時は、兵器交じりのサイボーグっぽい外見を想像してたけど、
「魔物との融合」で考えると、レモナは豹のような猫系大型肉食獣の魔物との融合で、
毛並みのいい金髪&しなやかな動きと体つきで色気あり。ブラックレモナは白竜シラネーヨ混じりと
いうことで冷血爬虫類風味、黒髪にやや緑がかった白い肌と真っ赤な瞳と紫の舌って
ビジュアルがいいなぁ〜〜。女キャラの舌の色まで考えるなこの変態って今思っただろ?フヒヒサーセン

そういや誰も気づいてないけど(つーか言った覚えもないけど)肉感的なガナーとは
対照的に、のーは貧乳設定なんですよっ!!
明るくおっちょこちょいで、戦闘時はパンチラシーンも何度も出てきそうなグラマーなガナーと、
生真面目で理屈っぽくて(つまり漫画で言うと眼鏡っ子タイプ。眼鏡はかけてないけど)、
体のラインなど全く出ない長くて分厚いローブに身を包んだお堅い雰囲気ののーちゃん。
この二人にももうちょっと目を向けてやって下さいwwww

332 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/19(水) 00:33:06 ID:9hq2aafs0
>>325
あと、でぃ国王のキャラな。よくありがちな、利用されるためだけに王位に就かされる
傀儡ってことで影が薄いワケなんだが、確かにここまで触れなさ過ぎるのもなんだよな。

考えられる設定は3通りか。
@頭が弱いが、それを本人は気にしていなさそうな、でぃ本来の天然キャラにする。
A弱いのは頭じゃなくて気の弱さにしとく。知性や理性は人並みだからその苦悩は並じゃない。
B傀儡にされるのはまだ幼すぎるという理由から。成長するにつれ、しっかりしたキャラに。


最初は@で考えてたけど、具体的に考えたら頭の弱いでぃが、ストーリー中で素朴、健気な感じに
見えるのは、周りのキャラに善意が溢れてるからなんだよなぁ。この手の頭の弱さって、
悪意のキャラから見させれば池沼扱いなんだよ。マニーのそばに置いといたら
どんだけ池沼扱いされて可哀想な描写になるかわからないや。

今更だけどいきなり路線変更してAにしといた方が話が作りやすい気がする。

もともとでぃは、王族なのに凡庸な能力しかないこと、醜い容姿を気にしておどおどした
キャラだった。国王に担ぎ出され、その重圧とその実ただの傀儡扱いで、マニー達に
完全に見くびられている自分の不甲斐なさや惨めさで常に心が苛まれている。

更に幼馴染でひそかに憧れていたしぃ姫が、ハレーモララーにグチャミソにされてるのを
見てしまった日から、ショックのあまりノイローゼ気味。だんだん処理不可能な感情を
拒絶するがごとく、無意味に高笑いをしてしまったりとどんどん精神が壊れていく方向に。

それだったらマニーに軽視されても仕方なしと思えるキャラで済む気も。
この役どころはあんまし共感できるキャラにしすぎるのもダメなんだよね。
正義の勇者ギコが、こっちまで救わなくちゃいけなくなるから。

あとB。これは>>312の二番目のルート、最後にマニーを転覆させる土台作りには最適。
成長しながら徐々に内面的な強さを培っていく、でぃってキャラにも十分魅力が備わる設定。
ギコ達が救わなくても、「独立派閥」の能動的なキャラってことでいけそうだと思ったんだけど、
幼くして心を隠して権力者に従ってるってのが、ちびしぃとキャラが思いっきりカブるんだよな。

あ、Aは何もここまでぶっ壊さなくても、三国志演義における献帝のように、権力者に翻弄される
我が身を嘆きつつも現状を覆すことが出来ない、そんな無難な感じでもまぁOKっすよね。
壊してみたのは単に俺の好みでした。

333 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/11/19(水) 00:34:04 ID:9hq2aafs0


┌───────────────────────────────────
|文字ばかりで申し訳ないけど、今日はここまで。
|でぃ国王含めたしぃ王国の政治周り設定もできれば埋めてみたいですね。
└──v────────────────────────────────

   _ )ノ
 _∧)m¨)m

334 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/19(水) 00:44:09 ID:WyH37dxV0
>>330
火傷しそうなくらいに熱い設定だ

335 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/19(水) 13:45:13 ID:IOl/0MRk0
うむ、最高に熱いなレジェ伝U

>>332
AとB、うまく組み合わせればラストバトル前にちょこちょこショートカットを作れそうな気がする
ごちゃごちゃ描写するとしちめんどいシーンで、
何故か現れて『ここはいいから行け』をやってくれるお助けキャラ
あくまで黒子に徹して表舞台には出て来ない、誰かと思ったら
でぃ本人orでぃの子飼いの配下でしたってオチ
前者なら黒覆面にマントの定番キャラにしておけばいいし
後者なら『今はまだそれは申し上げられませぬ』の忍者もしくはくのいち

無力な自分を歯がゆく思い、ギコ達の力になりたいと思いながらも
表だっては動けず、僅かな腹心を使って陰ながら力になっていたって
結婚エンドででぃ引っ張り出すならいける複線だと思うんだけれども

336 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/19(水) 21:40:57 ID:wSqcaAVB0
フーンと黒衣の娘の話内のガナーのペンダントを見せびらかすってくだりで
ネーノがガナーの背後から「ちょっとでかくなったんじゃね?」って
むぎゅっとおっぱい鷲掴みにして娘にペンダントがよく見えるようにしたつもりが
思った以上に巨乳だったせいで持ち上がった乳肉の谷間に半分ペンダントトップが埋もれちゃったりして
でもそれがエロ過ぎてかえって普通に見せつけるより注目浴びれたヨ☆
的なサービスエピソードを妄想してたのがバレた気がしたけど全然そんなこと無かったぜ!
巨乳+貧乳コンビの定番といえばお風呂でチクチクとイヤミの応酬だけど
ガナのーの場合はのーがイヤミ垂れてもガナーが果たしてそれに気付くのやら…っつーな……
本格的にケンカしたら「栄養全部乳尻に行っちゃったから頭が足りないのね――貧脳」とか
のーの毒気たっぷり発言が見られるんだろうかwktk

ちびしぃに関してはまさにカマたんの言う通り、どうとでもとれる言動の数々が
妄想力を刺激して頭の中でどんどん「自分が一番萌える解釈」に走ることに…!
しかし何だな、母親になっても名前は”ちび”しぃのままなんだよな…
なんか大型犬にチビって名付けた人みたいな気分だw
モララーとちびしぃの子が主役のレジェ伝Uは
両親が聖人過ぎてちょっと不良ぶってるけど根はやっぱり2人の子、って感じのギコしぃの息子と旅したり
父親やギコおじさんとそれほど変わらない年齢のはずなのにクールですごく格好いい
独身貴族のフーンに心ときめいたりする少女冒険もの要素が入るんだろうかと夢想した。

>>328
愛らしい少女の姿がドロドロに溶け崩れてグロゆきに変化するんですねわかります<スクリプト

337 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/19(水) 21:58:34 ID:wSqcaAVB0
気弱で言いたいことも言えないポイズンな環境にも怖くて唯々諾々と従うばかりのダメ国王でぃ
しかしどう考えたって勝てそうにないハレーモララーを倒すために闘う勇者達や
マニーの悪政をどうにかせんと少しずつ集まり彼らのサポート活動をする政治家達の姿に
心打たれ、ラストで勇気を出して……って流れはどうだろう、とちょっと思ったけど
政治家達がマニーに逆らうような動きをしてるのを王が知ってるってのはおかしいか。うーん。

338 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/20(木) 20:21:07 ID:V5pgG/EL0
>>332の壊れ国王だと宮殿で勇者一行+姫と相対した時についに糸が切れて
いきなり笑いながら立ち上がってマニーを背後からグッサリ、
「ざまあみろ!」とか「おまえなんかもういらないんだ!」とか
アヒャ笑いと共に切れ切れに叫んで滅多刺しにした挙げ句唖然としてる一行の前で急に正気に戻って
「ごめんなさい」とか言って自殺したりする後味悪い流れしか想像できないw
良くてそのまま病院送りで静かな療養生活か…。

339 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/20(木) 22:01:34 ID:gglQnlXVO
マニーをいかにドン底に叩き落とすかを考えていたら、いかにでぃを活躍させるかを考えていた


丁度しぃ姫やでぃが産まれた頃、アフォしぃ国王夫妻のアフォっぷりに頭を抱えていた大臣達は、このままでは国を乗っ取る輩に狙われると日々対策を考えていた
でぃの容姿が特異なことに気付いた一部の大臣は特殊なホムンクルスを彼の養育係に任命し、その一切を任せ自分たちはしぃ姫達(ちびしぃ含む)の世話に奔走した
ホムンクルスの英才教育を受けて文武両道となったでぃだが、その容姿を気にするあまり感情を表に出せないでいたが長い間を共に過ごしてきたホムンクルスとだけは腹を割って話すことが出来た
そうこうしているうちにマニーが乗っ取りを企てでぃは傀儡に仕立て上げられる、予期せぬ即位に戸惑うでぃだがホムンクルスの協力のもと勇者達の情報を収集し始める
「僕がなんとかしなきゃ…」
夜も寝ずにホムンクルスの作った「勇者」の資料に目を通し、昼に寝て(故に頭が弱いと思われマニーに付け入られる)いるうちにギコ一向に目をつける
「僕には無理だけど彼らなら…!」
一度はハレーモララーに痛手を負わせたギコ一向に希望を抱いたでぃは決意する、ホムンクルスの力を借りてギコ達の前に現れてサポートを始めたのだ
力を付け続けるマニーやハレーモララー、虐殺され続けるしぃ姫、気弱な自分…自分は無能なのかと悩みながらもホムンクルスの支えに救われながらギコ達に助言を続ける

そしてついにハレーモララーを退けた勇者達、これまでの苦労が報われると思ったその時、マニーは自分と国を盾に生き延びようとし、その姿を見た瞬間でぃの中の何かが弾ける
「今やらなきゃ何時やるんだ!」
感情の爆発をマニーにぶつけるでぃ、その場にいる誰もが戸惑う中、マニーの思い上がりを打ち砕く
「飼い犬に手を噛まれた気分はどうだい? 僕を見下したばかりか、自分の私利私欲の為に他人を利用し…
挙げ句、自分の手を汚さずに多くの命を奪い続けた罪は重い…王の判決を言い渡す…死だ…」

溜まりに溜まったうっぷんを晴らすように放った魔法はハレーモララーすら震え上がらせ、マニーは跡形も無く消え去る
驚愕する一同に自分の生い立ちを話し、自分の非力を詫びるでぃ

その後、吹っ切れたでぃは賢王として名を馳せることに…


ちょっとご都合主義が過ぎるけど、マニーは自分が舞い上がってただけとか知ったりして絶望しながら死んで欲しいかも…

王宮付きのホムンクルスは偽モナーとかA耳とか、幽霊みたいな感じででぃ以外は存在を認識しづらいとか
ホムンクルスがでぃに化けたり、でぃが「黒騎士」とか名乗ってA耳のエゴ猫としてギコの前に現れたらいいと思う
移動の時間とかは、王族に伝わる瞬間移動魔法とかで解消出来るかな…

340 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/20(木) 22:17:38 ID:jvk4eEJ40
>>339
あまりやりすぎると、それだけやれるなら勇者一行に合流すりゃよかったのにってなるぜ
そのさじ加減が難しいんだよな
でぃである事を利用して、体力膂力に欠陥があって長旅は無理だったとか
何か頭脳派っぽいプラスアルファができればいいんだけどな

341 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/20(木) 22:40:25 ID:gglQnlXVO
うーん…
「ふっふっふっ…今のはメラゾーマではない、メラd…グフ…(吐血」
みたいな虚弱属性?
王族らしく威力は凄いけど、魔法を使うと倒れちゃう的な…

342 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/21(金) 20:43:24 ID:sMsT+50/O
あれ、でもそもそもしぃ族って力を持たない種族じゃなかったっけ、
そこに魔法要素入れちゃうとますますちびしぃと被る可能性も…?
王族であるにも関わらず体が弱くとりたてて何かに長けたわけでもなかったから
裏で密かになにかしらの実験の被験者にされてた…とかいうと派手になりすぎるか。


全然関係無いけどギコとしぃ姫のフラグについて妄想してみた。
ちびしぃが味方になるルート限定だけど
(百合までいかずとも)お姉様が大好きで彼女のためなら殺人も厭わなかったちびしぃだけど
理由はどうあれ人の血で手を汚してしまった自分はもう
あれだけの目に遭いながら聖女さながらに清いままの彼女の妹にふさわしくないと思い詰め
最終決戦では隙を見てハレーモララー共々自爆して果てようと決意、
わざとあんたなんか姉だなんて思ってないずっと前から大嫌いだったのよ!とかなんとか
しぃ姫を恨んでいるように見せて勇者一行を煽る。
ショックを受けつつそれでもきっと何か事情があるはずだとしぃ姫が
嘘よ、と言いかけたところで先にギコが大きく嘘だ!と一喝。
以前の相対から無理してるんじゃないかと思うところのあったギコに偽りを見抜かれて動揺、
年相応に泣き叫ぶようにして違う無理なんかしてないそんな女嫌いよとレーザー乱発するちびしぃ。
でも今までの旅でひとつ上の男に成長したギコは冷静に全てのレーザーを捌き
今からでも遅くないこっちに来い、しぃ姫はお前を信じてると説得にかかる。
「お前を倒したらしぃ姫が泣くからな!」とかいう恥ずかしい決め台詞など繰り出したりしつつ
何やかやで頑ななちびしぃの決意を崩し姉妹はついに心を通わせるのだった…
とかいうエピソードが入るとしぃ姫側もちょっとギコを意識するんじゃないだろうかなんて。

343 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/21(金) 21:49:41 ID:TqAeem0Y0
>>342
ものすごくギコらしいなそれ
やっぱギコには王道が似合う

344 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/21(金) 23:13:48 ID:veRkYt9v0
問題があるとすれば、最後の最後ってとこか
ギコとしぃ姫のフラグをメインストーリーにもうちょい織り込めればなー


345 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/30(日) 19:08:06 ID:bBc6Ve+4O
女の子2人に対して男が4人…?
これはセクハラネタを考えない手はないな!

ネーノは普通のスケベ
フーンはラッキースケベ
ギコはドジをやらかして濡れ衣着せられる
モナー神父はむっつりスケベ

ネーノがスカートを捲り、フーンは気付かれないように拝み、ギコは犯人扱いされ、モナー神父が「戦場にあっては心の余裕も大切だから」とか言って場を治めつつネーノにグッジョブのサイン

あと、モナー神父が治癒術を使う時に男は杖の先からありがたい光、女の子には手に手をとってさりげなくボディタッチするくらい態度のの違いがあると面白いかも

戦場のドキドキ感と相まって、研究に熱心過ぎて異性を意識しなかったのーちゃんがときめいちゃえば良い


あと、続編にはモナー譲りの治癒術と守る為の剣を覚えて逞しくなったフサギコが「聖騎士」みたいなジョブで仲間になればいいかも

346 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/30(日) 21:12:03 ID:16d34kYI0
グッジョブワロタ
ダメだろ聖職者www

347 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/11/30(日) 22:24:38 ID:MJC2abgj0
べっ、別に「杖の先からありがたい光」が卑猥な一文に見えたりなんかしてないんだからねっ><

348 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/08(月) 18:58:12 ID:cqOFIN3gO
この週末もカマたん来なかったのか…寂しいのう

349 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/08(月) 21:14:02 ID:gaW1KdgnO
>>348
冬眠してんじゃね?

350 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/08(月) 22:02:57 ID:r6IW//b00
落ち葉の下にびっちり固まってたりするんだな

351 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/08(月) 22:10:28 ID:jFTVeC5Z0
彼らは冷蔵庫の裏に潜んでいる

352 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/09(火) 00:50:25 ID:XWM+VyY80
きっと某所で誕生日祝いAAを描くのに手一杯だったのさw

353 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/11(木) 23:15:46 ID:WsUVv2wB0
>>339とか見てて思ったんだけど、ジエンがでぃとテレパスで繋がってたら良いカンジになるんじゃないかと思った。
ガナーがどっかから拾ってきたっていうよりは、ガナーの話の前後あたりで魔物に襲われかけてるのを救うとかして。
或いはジエンが元々テレパス受容体の素質がある個体で、一回目の王宮突入時にでぃと接触する。
でぃは元々頭の中身とかはシッカリしてるけど、昼の間はそうやってテレパス受容体に「乗り移って」いる状態だから
元の身体の外観はすごくボンヤリしてるように見える。

で、いざハレーモララーが倒されてマニーの元にギコ一行がたどり着いた時、ジエンの身体を引き寄せて
「ずっとこの子の目からあなた方の旅を見てきました」とか言う。王宮内のゴタゴタと、外の世界の知識を丸ごと
吸収したでぃは賢者さながらの目をしていて、こいつなら王の座は安泰、みたいな雰囲気になる。
王宮内に(それこそ渋沢さんとか、その部下に)テレパスがいて、マニーの知らない所に打倒マニー政権の
善良地味集団が潜んでいるっていう。

これでしぃとでぃが割と良い雰囲気になっちゃって(元からふたりは幼馴染)ギコが失恋エンドのフラグも立つ。
王宮内の安定を優先させたオチ(ついでにジエンがにわかに脚光を浴びる顛末)としてひとつ

354 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/11(木) 23:23:09 ID:WA0kMm1x0
その場合、テレパスはあくまで一方通行がいいなあ
ジエンには徹頭徹尾単なるマスコットでいてほしい
じゃないとクランプ漫画のモコナみたいになりそうだw

355 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/12(金) 01:31:04 ID:0NTP8LAH0
>>354
わかるわぁ
あの( <●><●>)なモコナは不気味だった

356 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:43:25 ID:tISZ2kLi0

長らく留守にしちゃってどうも。

いろいろ考えてくれてありがとね。こっちは試行錯誤して長文書いては消し、だったよ。
妄想が膨らむ美味しい部分をガーッと書くのは楽しいけど、辻褄合わせで矛盾がないように
設定を作るのは、なっかなかはかどらないモンだね…orz

煮詰めきってはいませんが、とりあえず考えてることの経過報告だけでも。
──v────
   _ )ノ
 _∧)m¨)m  ちと容量節約

357 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:45:03 ID:tISZ2kLi0
まず「でぃ国王」の設定から。

皆のレスを見ていると、でぃ国王は単なる傍観者ではなく、ギコ側の味方であって欲しい、
パッと見は無能に見えても実は有能って方向が人気みたいですね。
蜂コテなら他人の意見など無視して、王道からかけ離れた独りよがりな邪道をガンガン
やっちゃうところだけど、「万人受けの王道」を模索しているカマドウマは、できるだけ
人気のある路線を追求してみたいところです。(蜂だったら>338の壊れ路線が一番料理しやすいんだけど)

さて、「無能に見えて実は有能な王様」キャラを練ってみます。

でも行動力をつけ過ぎたり、情熱的な反応をさせてしまうとマニーに疑われてしまうし、
性格に裏表があり過ぎたり、策略を巡らせるキャラにしちゃうと「でぃ」からかけ離れてしまう。
>340の指摘にもあるように、「有能キャラがとっとと活躍しない」不自然さもクリアしないといけない。

ホント、いろんなパターンを考えましたよ。
で、ひとつの結論として、AAキャラ「でぃ」に、「実は王の器としても有能」って設定が
なかなか似合わないモンなんだなと。

例えば>335の覆面キャラは「つー」の方が似合う。
(薄ら笑顔で何考えてるかわからない。影で機敏な行動力)
>339の努力して賢王になるキャラなら「フサギコ」の方が似合う。
(実直な忍耐キャラ、内に激しい感情を秘めている)

人気の高い「影で活躍でき、将来は有能な王」路線を追求するためには、
ぶっちゃけ思い切って配役変更、フサを王にして、モナー教会の孤児の方を
でぃ(傷、アウトロー風味)にしちゃった方が、役者的にいろいろしっくりくるなぁと。

別にこのスレ自体が作品発表どころか構想レベルなワケだから、
こういう初期設定をひっくり返す大幅変更でも全然OKかな〜と考える次第でございます。

358 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:45:56 ID:tISZ2kLi0
一応「でぃ国王」路線で考えて破綻したネタのうちの1つを晒しときます。
「実はでぃ国王がホムンクルスだった」…ってパターンです。

>335 陰ながら力に
>339 ホムンクルスの教育を受ける
>341 虚弱属性
>342 実験の被験者
>353 ジエンとテレパスで繋がる

…ここまではかなりアレンジを効かせながらも頑張って吸収してみたっっ!

>337はやはり「でぃ」設定を引きずってしまう「でぃ国王」だと無理。
先ほど提案した「フサ国王」なら可能かも。

既に破綻しちゃったけど、他の人のヒントになるかもしれないし、出すだけ出してみるので
ちょっと見てみてね。

359 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:47:11 ID:tISZ2kLi0
■でぃの正体■

アフォしぃ国王には、善良かつ謙虚な従弟がおり、その従弟夫婦には子供が出来なかった。
王族ならば自分達の血筋は正しく守るべきだが、王位継承権からは割と遠い身で
自分達夫婦に子供が欲しいという個人的な欲求が勝ってしまった夫婦は
秘密裏に「自分達の子供」をホムンクルスという形で作らせる。

だがその作られた子供の外見は失敗し、人間としては「でぃ」にしか見えない状態に。
作った動機も、子供の状態も世間に晒せない夫婦は、「息子は誕生したけど、身体に
問題のある子で表には出せない」と言うことにし、周囲もそれに納得する。

だが夫婦は、でぃを本当の我が子のように愛しく、大切に慈しんで育てる。
片言しか喋れないでぃだが、しぃ王国が父母にとっても大事な国であること、
人の愛情や善悪への理解はできるようになった。

       ∧∧    ∧_,,
       (,,  )   (゚-;;゚#)
       (  つ/⌒⌒⌒⌒⌒
         /

夫婦はでぃを家から出さず、他人に会わせることはほとんどなかったが、アフォしぃ国王が
この屋敷を訪れた際に、娘のしぃ姫がでぃを見つけてしまう。

┌───────────────────
|でぃちゃんっていうの。私はしぃ。よろしくね!
└──v─────────────────
         |…シィ…?
         └──v──
    ∧∧     ∧_,,
    (*^ヮ)    (o;;゚#;)
    (_,,)     (;;#;;)        ※年齢差  しぃ姫>>でぃ>>ちびしぃってことで。


持ち前の屈託の無さでしぃはでぃに優しく接する。しぃは遊びをいろいろ提案するが、
(貴族の遊びなど蹴鞠しか知らん)でぃが一番興味を持ったのはしぃが覚えたばかりのチェス。
ルールを覚えて以降はでぃが全勝。もうひと勝負、という時にアフォしぃ国王が現れ、
「こんな薄気味悪いガキと遊ぶんじゃない!!」と激怒し二人は引き離される。
しぃはとても悲しかったが親には逆らえず、でぃの両親もこの我侭な国王にひたすら謝る。

360 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:48:07 ID:tISZ2kLi0
それ以降、普段から遊び相手もいなかったでぃは、独りでいる時はチェスの盤面を見て過ごすように。

時は流れ、>18のクーデター時に、ハレーモララーは城に居合わせた国王従弟夫婦を含めた
その他国王親族も一部殺害。マニーは残された王族のメンツを確認し、自分の意のままに
動かせそうな「でぃ」を使うと判断。でぃより上位の王位継承者を秘密裏に処分する計画と共に、
家来達にでぃを迎えに行くよう命じる。でぃが、作られた生物、ホムンクルスだとも知らずに。

                ______
               /     ∧_,,,  ヽ  円_円
               |::ヽ    (#゚;;-゚)ヽ ヽ(・∀・ ¥
               |.::::ヽ   |U;;;,|,,,,,,, ヽ ヽ::::v::::ヽ
               ヽ:::::::i'''''i (;;;__);;)  i'''''i::::::::::::::|
                 ヽ::::i_i しし __i_i::::::::::::::::>
          | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|


いきなり両親を失い、初めての外界に触れ戸惑うでぃ国王は、結局マニーの意のままになることに。
心の中ではマニーのこともハレーモララーのことも「…コノ人、キライ…」と思っているが
表に出すことはない。

361 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:48:49 ID:tISZ2kLi0
さてお次は>115の場面。


     円_円  ∧_∧
    ¥;-Д-) (−‘; )
    (    ) と    )
     |  |  |   |  |  |
    (_)_)   (_(_)

ガナーとマニーは上記のやり取りをしているワケですが、


                  ∧_,,,
                 (ー;;゚#;;)
                 とと;; )
  /⌒ヽ            |;;;;#;;)
      Y⌒ ( ・∀・)    U"U

会話の蚊帳の外で退屈したジエンがでぃ国王に接触。お互いに悪意がないことは察し、
でぃ国王も軽く小動物を可愛がる気持ちでジエンを抱き上げる。

              ∧_,,,
       ビクゥ!!   (-;; #;;)
         {{ (iii・∀)と;; )
              |;;;;#;;)
              U"U

しかし抱いた途端に、ジエンの様子が急変。でぃ国王の体がジエンをゆっくり吸収しようとし始めた。

実はでぃの材料にはジエン種(小型で扱い易い魔物なので、善良な小型のホムンクルスを
合成する際の材料として使用される場合が多い)も中途半端に使用されており、ホムンクルスとしては
不完全だったでぃの体が追加材料と見なしてしまった模様。

362 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:49:29 ID:tISZ2kLi0
                      |   |  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                      |   | < ちょっと!!ジエンに何してるんですか!? >
     円_円         ∧_∧ |  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    ¥ ・∀・¥        (‘っ‘; ,) |
     (    )        ミ三三三彡
     |  |  |         ミ三三三彡
     (_)_)        (_(_)_|

            て
         ∧_,,,  て
         (;;;゚;;-)
          (;; つ(A-iii,,)
          (;;#;;;|
          U"U

我に返ったでぃ国王は、慌ててジエンを振り落とし、「ゴメンなさい」と言い残して
その場から逃げてしまう。


       ┌─────────────
       |…ちょっと…国王って…。
       └──────v──────
                      |   |
                      |   |
     円_円         ∧_∧ |
    ¥ -∀-¥        (っ‘;  ) |
     ( つ(+∀+iii)      ミ三三三彡
     |  |  |         ミ三三三彡
     (_)_)        (_(_)_|

┌───ヘ────────────────────────────
|お仲間さんは無事なようです。気を失っているだけですね。
|可愛がるつもりが力加減をお間違えになったのでしょう。
|このようなモノとの接するのが苦手な方なので。

|少し風変わりですが、王家の血筋を引きこの国を治めておられる方です。
|私も全力で補佐しておりますので、この件はどうかご内密に。
└────────────────────────────────

363 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:50:23 ID:tISZ2kLi0
           ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
          (   この男…。あの状態の国王を利用しているってこと?   )
           ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
                           o
                      |   |   。
                      |   |
     円_円         ∧_∧ |
    ¥   ・∀)        (‘−‘# ) |
     (    )        ミ三三三彡

つーことで、でぃとジエンの間に「共有部分」が出来て、>353に繋がるワケよ。
テレパスの状態は、完全一方通行というワケではなく、>335 >339の、
「でぃ国王がギコ達に陰ながら協力する」設定に繋げるため、次のような感じでいこうかと。


ジエンと接触があって以降、でぃは日中でも幻を見るような感覚に襲われる。
自分が「ジエン」と呼ばれ、飼い主のガナー達と旅に出ている内容だ。
何度もその感覚を受けているうちに、それは幻ではなくて、本当にジエンの身に起こった内容だと把握する。
(ジエン側は気づいていない)

ジエンを通して聞こえてくるギコ達の会話から、自分の人生唯一の友達「しぃ姫」が囚われてる
ことを知り、ギコ達はしぃ姫を助けるために、ハレーモララーやマニーを倒そうとしていることを知る。
(>353後半は、しぃ姫とフラグが立ってるけど、このでぃキャラの場合は恋愛感情を抱くより
素朴な友情心を感じてる方が似合うかなぁと。)


364 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:50:53 ID:tISZ2kLi0
ちなみにでぃ国王に関して今まで書いた部分は後半まで読者には伏せておき、
読者にも「でぃはただの頭の弱いキャラ?でぃが抱き上げたジエンが気を失った理由は不明。」状態に
しておきます。

ジエンとテレパスが繋がって以降、旅の道中でギコ達が戦いに勝つと、宮中のでぃが独り
チェスの駒を動かすシーンが入る。なんかその駒の動きは、ギコ達の動きにリンクしてるっぽい。
そこで読者が「なんで城にいる国王がギコ達の行動知ってるっぽいんだ?」ってな疑問を持つようにして、
ジエンとの繋がり、でぃ国王の出生の秘密などを少しずつ小出しにしていきます。


次第にでぃはギコ達の能力を把握し、直感的な戦略が思い浮かぶように。

┌───────────────────────────
|                   ネオ・キラービー
|あ〜ちくしょう、あんなに数の多い殺人蜂の軍団なんて
|どうやって戦えばいいんだー?
└─v───────────────────────────
         |虫は火に弱いはずなのに、あいつらに炎魔法は
         |全然効かないし…。
         └─v────────────────────
  ∧ ∧     ∧ ∧
  (;゙Д゙)    (-A-;)
  / U U      |  つ
  (   |       |   )     (・∀・,,)  ))

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.........

┌─────────────
|アイツ、何やってるんだ?
└──────v────────────────────────
             |今日も朝から独りチェス盤とにらめっこだ。
             |全くのんきなモンだ。
             └─────v────────────────


  ___  ∧_∧      円_円        ∧_,,,
  \二二\(  ・Д)      ¥ ・∀・)       (;;#゚;;-)
    \ニ>(    )     (    )       /;;U U
         |  |  |       |  |  |       と;;__);;) 田田
        (_)_)      (_(_)              田田

365 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:51:59 ID:tISZ2kLi0

        ∧_,,,
        (;;# ;;-)
        /;;U U
       と;;__);;) 田田
            田田

      ┌─ヘ────
      | …コオリ…。
      └─────

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.........


  ∧ ∧     ∧ ∧
  (;゚Д゚)     (A゚*,,)      キュピーン
  / U U     と  )
  (   |       |   )    {{ (*∀*,,) }}


                   ______
  ∧ ∧     ∧ ∧     | コ ー リ |
  (,,゚Д゚)     (,,*゚A゚)      ̄ ̄v ̄ ̄
  / U U     と  )
  (   |       |   )      (*∀*,,)

366 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:52:25 ID:tISZ2kLi0

┌───────────────────────────
| え?今ジエン喋らなかった?なんかコーリって聞こえたような…。
|こおり…氷…!? そういえば氷魔法は試してなかったわ。
|ちょっと試してみてもいいかも!?
└───────v────────────────────

  ∧ ∧     ∧ ∧
  (,,^Д^)    (,,;゚A゚)        ?
  /つと)     と  つ
  (   |       |   )      (∀・ ,,)

┌─ヘ────────────────────────────
|ジエンが喋るワケないじゃん。鳴き声が偶然そう聞こえたんだろー。
└──────────────────────────────
             .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


                    ∧ ∧
                   (-A-*)          ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
         i i | | | | | i i    と  O        < よっし!!いけるぞ!! >
         i i | | | | | i i     <  |   ∧ ∧     ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
      +   ________  (/-J   (゚Д゚;)
       / //    / /|       と  つ=二フ
      | ̄/  ̄ ̄/ ̄:|//!        |  )
      |/  _,,.../--、...|/ :|        (/"ヽ)     ∧_∧
      |.>/ ,' 3 ; ; l l;ヽ::|っ:|             ,r'^\‘∀‘ )
      |゚ !/ ; ;⊃ l l(⌒|つ.! +          <====llと  )     (・∀・*)
      |/ ー---‐''''''"'''|/              ヽ,// ( (
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 (__,ノ(_)

367 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:53:13 ID:tISZ2kLi0
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.........
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,.....
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,.....

                    _,..===、、 ×
                   ((  ,r= >水、
             __    r、 //   || ヽ
             \   >―、ヽ、  ∠'_,ノ
               \     \二_,,l'" ̄   にこっ
                l      :;::;:; |〃,
                 | (,,)   (_,)  / 彡
                ヽ  一 ;; #;/  彡ヽ
                  ミ`ーュ==メミ   ミ  ヽ,,,
                , ミ  ミ少ミ   ミ    |,,,,,""'''''…...,,,,
              ,.::'. 'ミ  んルミ    ミ    |ヽ ""'''…...,, "''…..,,
             ミ ,' / ミ  ミ   ミ   ミ|    | ヽ     "''…..,, "'''::..,,
             ミ ;' / ミ  ミミ三ミ    |     |   |        "''::..,  〃
            ミ ;; /  ミ ミ  , ミ   |    |  /            ':,  彡
             '; ; /   ミ ミ /  ミ  |     |              ':, ミ
              '/    ミミ /   ミ  |     |             ミ ミ
             ,,/    | /     ミ |      |            ,ミ ミ
            ミ, ""'''…,l, |      ,ノ,,      |,         ,,,..;;''  ,::'
           / ""''…,,ミ \__/ミ  ""……..,l,,….....,,,,..…''''"  ,,.;.:'
          (___, へ_)         ""/''''…...,,,,,彡,,,    ,,,,…'''"
             _____ }{ __   (_,へ   \  """"
           / }{    }{    /l     ヽ___つ
          /     }{       //
        /   }{ }{     }{ //
       / }{ }{     }{ }{  //
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…みたいな、さりげない干渉技もちょっとだけありにすれば、マニーに疑われずにギコ達に
協力できるかなーと。ちなみにでぃ国王は自分も魔物の要素を持つホムンクルスなので、
他の魔物の弱点がわかったり、ハレーモララーの正体にもいち早く気づいていたりと。

ダシガラ博士にとってでぃは一番最初に作った秘密の失敗作。それが王に担ぎ出されたことに
大変驚くが、ホムンクルスだということがバレると、国も自分の身も大変なことになると悩み、
レモナやブラックレモナなど、自分にできる力で国王をサポートしようとする(でも事情を知らないので
ギコ達のことは敵視)って方向に変更。

>313で出した渋沢さんの配置も王に近いところにしておけばいろいろと使えそう。


…と、ここまで書いてみてから読み返すと、確かに協力キャラにはなったけど、
でぃ設定を捨てきれずに直感に頼る天然系にしてしまったので、>335や>339みたいな、
「実は熱さも秘めてて、頭脳派でかっこいい」魅力が一切なくなっちゃったのが問題点のひとつ。

更にここから先を考えると新たに問題点浮上。
こんな国王じゃ、マニーを切れないっっ!! 独りで政治仕切れないっ!!
マニーを倒しても、早々に王位を引退するか、王位にいても他のキャラ(マニーと違って善良でも)
のいいなりになるしかない…ダメじゃんかっ!! 拡大まで描いたのにっ! orz

…いや、それでも無理をすれば、でぃ国王をマトモ路線にレベルアップする方法がないこともない。

368 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:53:50 ID:tISZ2kLi0
@あの時吸収し損ねたジエンを物語終盤で吸収してしまう。
 そしたら今の表情も出せない「不完全状態」から、「完成状態」に。
 はっきり喋れて無邪気な笑顔も出せる、これから成長していくキャラ
 (しぃ姫が面倒みる弟系キャラ) 的な再スタートが可能になる。

     → それじゃー今まで旅してきたジエンが可哀想という話に。 orz

Aマニーはパワーアップのために自らも魔物と融合。
 ハレーモララーを倒してクタクタな主役一行の前で魔力を見せつけようとするマニーの肩に
 でぃ国王が手を置くと、先日のジエンの時のように、マニーを融合素材と見なしたでぃ国王の体が
 吸収を始める。 んで、完全に吸収しきった後のでぃ国王は、しぃ姫やギコ達に友好的な
 性格を持ちつつ、マニーの知力なんかも得ちゃったモンだから、今後政治やるのにも問題のない頭脳に。
 調子に乗ってたマニーがガクガク怯えながら今まで馬鹿にしていたでぃ国王の手に落ちるのは、
 絵的には胸がすく感じにはなりそうだが…。

     → ハレーモララー以上の化け物じゃん!!そんなのが国王でハッピーエンドといえるのか orz

Bダシガラがでぃ国王に更に改良を加える
 一番穏やかな路線ではある。

     →@Aはでぃ国王が自主的に、または自然の流れでそうなってしまう展開だが、
      「周囲が王様を人為的に改造してめでたしめでたし」なんて、ファンタジーとしては
      全然ダメダメだ orz


はい、やっぱりダメーッ!!途中まで頑張ったけどボツ。

「でぃ」でやるなら「傀儡からの自立」は無理が出てしまう。
最後の「一人前の王になる」路線を捨てて、ギコ達勝利後は穏やかに退場してもらうか
最初から主役達とは突き放して、>338みたくざっくり始末するか、
やっぱ配役変更で「フサ国王」にしちゃった方がよさ毛な気がします。

369 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:55:58 ID:tISZ2kLi0
レジェ伝Uに関してもいろいろ楽しませて貰ったよwwww新たな配役考えてくれた人達もumeee!!
ぶっちゃけレジェ伝本編よりレジェ伝Uの方が、敵は完全悪の破壊神、主役の娘の動機は敵討ちって
完全な王道で、レジェ伝Tという形で過去設定が練り上げられているこっちの方が作るのが
簡単な気がしてきたwwww

>342
やべー、ギコ超カコイイな!!自分の書くギコがどうも勇者として物足りないと思ってたんだが、
そうだよ、そういうのを入れればカコよくなるんだよな〜!!これならしぃ姫が惚れてもおかしくない。
素晴らしい!! >344 うん、そこもまだ課題だな。

>336 >345
可愛いエロ妄想しやがってwwww炉利っ子ちびしぃも人気あるみたいだけど、実際にエロいこと
されまくりの美女しぃ姫が注目されないのはどういうことだい、>27なんて真面目に想像してみると
鼻血でそうな内容だぞ? やっぱ先日2ちゃんでも問題視されてた二次元キャラの「処女信仰」じゃないけど、
物語本編でヤっちまうキャラは逆にエロい意味を含めた人気まで無くなっちゃう気がするな〜。
まぁ、しぃ姫自体「魅力的ヒロイン」ってのより、しぃスレのマタ虐から作ったキャラだから
ここまで酷い話にしといて萌え狙いは無理あるかw

>346
>345だけだとモナー神父は単なるスケベ親父だったけど、>347のせいでモナー神父が
すごく…大きい杖を持ってるやらないかのイメージになってしまったwww

>354-355
俺が知らない漫画の話しやがって、そんなんだったら俺が今回でぃ国王のキャラ考えてた時に、
カムイ伝の小六さんのイメージが頭から離れなくて困ってたとか話題にしちゃうからな!!
(読んだのは2年ほど前、第一部だけだから、マニアックな部分までは語れないけどw)

370 :斑竈馬 ◆KamadO/t.c :2008/12/21(日) 22:59:33 ID:tISZ2kLi0
┌──────────────────────────────────────────
|ところでこのスレも容量が減ってきてますが、埋まってしまったらここの話題の続きは
|とりあえずは以下のスレということで。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1220624445/

|皆さんのアイデアがまだまだ湯水のように沸いてくるーってのなら新スレ立ててもいいんだけど、
|俺独りじゃアイデアは一旦出し切ってて、新スレ立てるほどの手持ちのネタがないからね〜。

|自分独りだと背景やアクションAAで挫折するから、これ以上のAA化も無理だけど、
|もし「(一部だけでも)AA化してみたい」ってなAA描きさんがおりましたら、こちらとしては大喜びで
|新スレ立てて、その他協力できることはしたいと思うけど、その辺ももしいれば、って話なので。
|(原案が俺、周りがネタ協力、そして誰かがAA化してくれる、そんな感じの合作ができたら
|どんなに素敵なことでしょうwww)

|そこまで盛り上がりそうになかったら、後は蜂スレの方で思い出したかのようにチビチビ
|考えてみるかもってことで。

|>352
|キリストや天皇の誕生日に、おまいさんがこのスレにAAをプレゼントしてくれても
|バチは当たらないんだぜ?
└──v────────────────────────────────────

   _ )ノ   んじゃ、自分は一旦この辺で〜
 _∧)m¨)m

371 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/21(日) 23:06:07 ID:E22EJFDG0
まさかのネオキラービーwwwwww
路線が違いすぎるからギャラリーとしてはできればレジェ伝は独立したスレであって欲しいと思うけど
実際問題基本ストーリーは一応完結してるし「俺がプロットしかない部分AA化するぜ!」
って人が現れないなら次スレ建てても確かにそれほど伸びないっぽい気もするんだよなー。
けどもし次スレ立つんだったら自分も色々妄想投下して盛り上げ協力するよ!

372 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/23(火) 23:57:41 ID:tS4asV6q0
>>359-367を見て
マニーは渋沢さん達反対勢力によって失脚、
国政の基本的な難しいあれこれは議会政治の形で彼らに任せることになるけど
でぃ国王も決して国の象徴というだけでなくその天性の直感力によって
国を良い方向に動かしていけるんじゃないかと思う提案を色々出すように。
勿論中には突拍子もない案も多いけれど、他者では思いつかなかった斬新なアイデアも。
1人では何もできない人間だからこそ、
それぞれのできる形で協力し合って行く優しい世界を作っていけるんじゃないかとか、
周囲も前向きな雰囲気。
一方表向きこれまでの件で心に深い傷を負ったということで療養の形でこもっているしぃ姫、
しかしその実本来の王位継承者だった自分がいつまでも国王の重責を
他人任せにしていてはいけないとものすごい勢いで政治の勉強中。
国内がまだ多少ごたごたしているということで国民への安心材料になる形で残留していたギコは
そんな彼女が心配で、家庭教師の交代時間にこっそり彼女を外へ連れ出す。
「あんまり頑張りすぎて倒れたりしたら国のみんなもでぃ国王も悲しむぜ!ていうか俺が!」
とか言ったりなんかして、渋ってたしぃ姫もそれを聞いて久しぶりに心から笑っちゃったり、
そんでもってこの際でぃ国王も連れ出して空中散歩でもしようって提案に
「2人きりがいいです」
なんて上目遣いで言ってなんか甘酸っぱい雰囲気になって件のED絵に繋がるとか
一挙にそんな妄想に走る程度にはしぃ姫大好きだよ!ギコとめいっぱい幸せになればいいよ!!

ただ自分は聖女属性大好きだけど
一般的にこの手のお綺麗な良い子ちゃんヒロインはエログロいあれこれがないにしても
他ヒロインと比べて人気が出にくいものっぽいね。最近だとコードギアスのユフィとか。
どうしてもどっか影のあるちびしぃタイプとか、魅力とちょっとダメなとこの差が大きい
ガナー・のータイプとかのが人気とりやすい気がする。

373 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/24(水) 19:31:55 ID:q5V3YRhk0
ネオキラービーなぞ俺様の寒いギャグでいちころよッ!!

374 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/24(水) 21:58:36 ID:AK+PYcAP0
>>367のひとコマのためだけにでもgdgdネタ出しした甲斐があった
没は惜しいがいいネタだ!特に設定を読者に伏せておいて
じわじわ小出しにしていくあたりが!
読者がああでもないこうでもないと予想合戦になるのを見て
ニヤニヤするのがまた楽しいんだ!

いいクリスマスイブをありがとう!メリークリトリス!

375 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/12/28(日) 00:25:47 ID:zUJ3ZZeTO
次スレはどういう内容になるか分からないけど、アイディア係として頑張りたいと思う
次スレがあるならの話だけど…


>>367が見られただけでも満足かも…
とはいえちょっと考えてみる

でぃ国王を退場させる方法は、でぃが何らかの犠牲を払ってしぃ姫が王位に就くのを決意する何かがあれば良いのかな?
例えば、ラストのマニーを追い詰めるシーンででぃが人質に取られるわけだけど、その際のマニーの台詞でついにでぃがキレて逆襲
「シィ…ボクの友達…オ前、シィいじめる…モウ許サナイ!」
「ボクの…国…シィの大好キナ国…守ル!」
とか何とか、両親を殺された恨み辛みとかをブツブツ言いながら魔法を乱射するが、怒っているのと初めてなのであまり命中しない
初めて故に加減が分からず、反動のダメージで血を吐いて倒れてしまう

これによりでぃはかなりのダメージを受けて療養、しぃ姫に王位を譲る
しぃ姫はでぃなりに国を思っていたこと等に触発されて女王になることを決意
あるいは、大したダメージはなかったもののでぃの説得によって…とか
「シィのオ父サンの国…シィのモノ…ダカラ、シィが王サマ…」
みたいな感じで。

まぁ、後処理が面倒なのは変わらないし、フサに配役変えた方がいいかもしれない
その場合はでぃの弟に「びぃ」や「う゛ぃ」を配すれば読者にも視覚的に分かりやすい配役かも?

弱気なフサ国王が変装だけで行動力を発揮するってのも説得力に欠ける気がするけど
王家に伝わるアイテムとか、ホムンクルスを憑依させるとかでパワーアップして(一時的に)自信を持つというのはどうかな…

495 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)