2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

━━━━━ 「新説」桃太郎 〜MOMONOFU〜 ━━━━━

1 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:11:30 ID:EdnNjvI40


         ━━━━━━━━━━━━━━━━━
           「新説」桃太郎 〜MOMONOFU〜
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 |            |
                | |          | |
                |  |         |  |
               |   |_____|   |
              /              \
            / <二>      <二>  \
          /                      \
         /   | ̄∨ ̄∨ ̄∨ ̄∨ ̄∨ ̄|     \ 
       /     |                |      \
      /       |_∧_∧_∧_∧_∧/\         \
                   __.      |\  |申_|
                   |日|      |  | (゚∀゚*)⊃=E
             < ̄ ̄\. |本|  ●  |  | ⊂||_||、
              |___| |一|∧⊥∧|_|  と∧ ∧
                ( ´_ゝ`)  ̄(, ´∀` )〇   ミД‐,,彡
             〈__/|/と__|y|_イ||   ミ∞ミミミ
               |___|/ 《||||||||||||》    《%%%%》
             (_Y_)Y)  (_Y__)_Y)     し' J

         ━━━━━━━━━━━━━━━━━
                第一章  「出会い」
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━


2 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:12:58 ID:EdnNjvI40

              ━━━━━━━━━━━━━━━
                 それは、遠い昔のお話。
              ━━━━━━━━━━━━━━━
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,..---―――-- -、,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;: -‐'"^;;;;;;;;;;-―-、,;.:,;:.;:;:.;:; `ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::: /;;;;;;;;;,:::::::::::::~''''''';;;;; ;;;;,,,,.,,,...'' ..::::;;;,,,,,,,ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::: /;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;: ;;    .:.:.:.:/、 :.: .:.: .::::ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::: /;;;;;;;;;;;;;;;;;,:::::::: : :::.:r;:::::.,-、:::::,/ ^、/: ::::::::::>;;;;;,,,,,,;;\::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::: /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,:::::r;;;;/::::マ,、:::::ー!:.:::::::::... .... :ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::: i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;,,゚!i,r':::::::::::゙l::::::::::::: : '';'. ::;;;;゙ヽ::/;;ヘ l  l::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::; l゙;;;;;;;;;::::: ''''';; ;;;; ;;;;;;;;,,,,. ,,,.. ゙l::::::::::' ...::.... ::::::::(:::|::|ヽノ  ゙l:::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::l ;;;;;;;;;;;,, ''';;;;;;;:;:;:;,;:.;:.:,:;.:,;;,,,-―'´::::: :......::::::::::::::::::::::ゝ.:.:.  ..;;;;;;:l.::::::::::::::::::::::
  :::::::::::l;;;;;, ;;;;;;;;;;;; ;;;,,, ;:;.:.:.:;,,;.:;:.;:/:::::::::::.. ..:: :::::::::::::::::::::::::::::::/ :..:  .:.:.::;;; l::::::::::::::::::::::
  ::::::::::|;;;;;;'''  ;;,,,,,;;;,,''''''';;;;;;;;'';;;; イ:::::::::::::::........:::::::::::::::::: :::..:: :::.| :.:.:   /;;,|:::::::::::::::::::::
  ::::::::::|;;;,,   ,,,,;;;;;;;;;;;;r'´ヘ、ノ::::::::::::::::::: ::::::::::::::::..:  .. :::::: | :..:.:.:::.:..l;;;;;;|:::::::::::::::::::::
  :::::::::::l ''';;;,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;ヽヘ::::::::::::::: ::        ::::: : : : : :゙l   /;;/l::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::l  ;;;;;;;;;;;;i'''、__<;;;;;;;ゝ:....:            : : : : : : : ::::::ヽ__ノ^/ l:::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::: l ''';;;;;;;;;;;l::::::::::::ヽl:::::::::::   ....::::::.....: : : : : : : :: : : : : ::: :::::::.:.:::.:l::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::l  ;;;;;;;;;;;l:::::::::::::::::::::r'"^〜--、::::::::::.    : :: : :::: ::::::::      l::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;::l::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;,, ;;;;;;;`ー、_      ::::::::      i::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::l ;;;;;;;;;;;,l, ::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;      ̄`ー、         ,l゙::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::: ヘ ;;;;;;;;;;l;,,,;;;:::::::::::::|;;;;;;;;;;;,,,,,,,;;;    '''';;;_ノ::::        /::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,;;::ヽ_      ,,,,,,,_/ ;;;,       /:::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::: \;;;;;;;;;;;;;;;;;''''' ,,;;;;;`ー-、;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ー、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,- ''゙´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `'''ー-、,,,,,,____,,,,,,,-―ー '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             とある世界の片隅に、太古の時代から

      独自の文化圏を展開し続けてきた小さな島国がありました。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:13:28 ID:EdnNjvI40

               ━━━━━━━━━━━━━
                  その国の名は「ヒノモト」
               ━━━━━━━━━━━━━

                                           ┏┓
                                         ┏┛┗┓
                                       ┏┛━┏┗┓
                                       ┃    ┛  ┃
                                       ┃┏━┓┏┛
                                       ┗┛  ┗┛
                                           ┏━┓
                                       ┏┓┗┓┃
                                       ┃┗━┛┃
                                 ┏┓  ┃      ┃
                                 ┃┃  ┃      ┃
                       ┏━━━━┛┗━┛      ┃
                       ┃                ━┏  ┃
               ┏━━┓┗━━━┓          ┛  ┃
               ┃━┏┃┏━━┓┃  ┏━┓┏┓  ┃
               ┃  ┛┃┃━┏┃┃  ┃  ┗┛┃  ┃
               ┃┏┓┃┃  ┛┃┗━┛      ┗━┛
               ┗┛┗┛┗━━┛

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ヒトと、ヒトならざるものが混在する、

          まさに地上の夢幻世界と言うにふわさしい場所でした。
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



4 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:14:38 ID:EdnNjvI40

         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ときに、「ヒトならざるもの」とはなんぞや。
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           時代や地域によってその呼び方は微妙に違っていたりもしましたが、

    いわゆる「オバケ」や「妖怪」と呼ばれる存在がそれに当たるものと見てほぼ間違いないでしょう。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                               ∠二`-=-''"<~,,_
                              ,,=''"~       =
                             ,/           \
                   _,,_    __ lイ ⊂●⊃   ⊂●⊃ 'l,
                   `ヽ=、\/~ ,//    ,, .,,人,,_.    `lヽ
                   ∠ ̄     <  レ  ー'"'"   ``''' '‐  N
                   /        `V"             |'
                   レ  ・    ・ て,,/          (_,人
                  (_,,.   -◇-   ┌'"レ|          ,, /
                    'l, i, 、 , i,,/  火 ,;_ .,,  ,. ,, ,/"
                     ゙(_/`'"\)    (ニニ!`ヽ'"-'"!ニニ)

     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             彼らはヒトの社会に溶け込んで仲良く共存することもあれば

       徒党を組んで激しく対立したりと、その生態は固体や種族によって千差万別でした。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


5 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:15:21 ID:EdnNjvI40

                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ところが、今からおよそ2000年ほど前、
                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  /ヽ l⌒l                l⌒l /ヽ
               ∧ /:::::/ |::::::|                |:::::| ヽ::ヽ ∧
              / / |  |  |   |     /ヽ      /ヽ     |   |  |  | ヽ ヽ
              | |  |  |  |  |    / /      ヽ ヽ    |  |  |   |  |  |   __
           ´、`ヽ \ \ヽ:::ヽ |:::::| / /       \ \ |::::::| /:::::://::/,-'' ~ ,-'
            ヽ `ヽ:::::::::::::::y::::::::v /           \ v::::::::y::::::::::::::::/´   ,'''
             ヽ_        /             ヽ         _/
                ヽ::::::::::::::::  /   .∧         ∧.   ヽ::::::::::   /
                 ヽ::::::::   |  /::::ヽ      / .ヽ   |:::::::::  /
                  |::::::::   | /::::  `、     /   ヽ  |:::::::::  |
                   |::::::::  γ:::::::::::   ̄ ̄ ̄     ∨::::::   |
                   |::::::::  |:::::::::::::::::::::::::        |:::::::   |
                ,,-'' ̄ |:::::::  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::|:::::::  |  ̄\
               /  ::::::: |:::::::   |::::-=・=-::::::::::::::-=・=- ::|:::::::  |::::::::  ヽ
               | ::::::::::::::|:::::::   |:::::::::::\___/   ::::|:::::::  |:::::::::::  |
               | ::::::::::::::::|:::::::  |ヽ:::::::::::\/...........:/|:::::::  |:::::::::::::  |
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       この現世の歴史において例を見ない程にすさまじい力を持った「鬼」が現れ、

          古くからヒノモトに根付いてたヒトの社会に突如牙をむいたのです。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



6 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:16:09 ID:EdnNjvI40

            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              それは「戦」などと呼ぶには程遠い、一方的な「蹂躙」でした。
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ∧         ∧         ∵ ∧    ☆
        / ヽ      ζ *      *:/ .∧  :
     /   `、   _   `、⌒ヾ⌒ヽω*:ミ///;
    /       ̄   \( (.....ノ(....ノ/ ヽ χ*
    l:::::::::          ((从⌒从*(....ノノ      ┏━┓┃┃ ━┳┛
   |::::::::::  -=・=-    / ̄ ̄ヽl ;从 */`ヽ    ┃  ┃   ━━╋━━
   .|:::::::::::::::::  \__ (___..ノ*煤i:(....ノノ       ┃      ┃  ━╋━┓
    ヽ:::::::::::::::::::  \// ・(( ; 〜:  ζ\*     ┃     ━┛    ┃ ┛
                                                     ジ
                      ´   ( )         ∧              ジ ャ
                         ( )         <⌒>     (⌒ ⌒)    ャ |
                    ウーウー.( .人         /⌒\  \( ,,  ⌒)// | ン
                       人/  ヽ  ______]皿皿[-∧( ⌒ ,,  ,, )  ン
                      ( ( )( )  )三三三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,   )   !!
                     __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「 (    )
                    /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「|ガシャーン |「| | *   +
                   /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|箔c 田 |「|[[  *
                   |ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ ++*:

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        国中のオバケや妖怪を半ば強引に味方につけた「鬼」の勢力はあまりにも強大で、

              ヒト達は皆成す術もなく、いまだかつてない破壊と混乱の渦に

                     ただ呑み込まれて行くばかりでした。
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



7 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:17:06 ID:EdnNjvI40

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            その様子をはるか天高くから見ていた「カミサマ」は悩んでいました。

    ヒトに力を貸してこの混乱を鎮めるか、それとも自然の摂理として全てを成り行きに任せるか・・・
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     Z Z Z Z…
                              ⊂⊃
                         | ̄ ̄∩_∩ ̄ ̄|
                         |  [(´m` .)]  |
                       | ̄ ̄ ̄U ̄ ̄U . ̄ ̄ ̄|
                       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
                       | |    ∩_∩     | .|
                       | |   (´∀` )   .| .|
                       | |    GoD     | .|
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    悩みに悩み抜いた末に、カミサマはヒトにほんの一縷のチャンスを与えることを決めました。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:17:48 ID:EdnNjvI40


すいません

貼ってる途中ですが、ストーリーにどうしても矛盾があったので一旦中止します。
少し考えて手直ししたらまた再開しますので、もうしばらくお待ちください。

9 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:18:42 ID:EdnNjvI40

お口直しとして一足早いですが、簡単な人物紹介です。


岡山モモモナー


          ●
         ∧⊥∧
         ( ´∀`)
          <__|y|_>
         《|||||||||||》
        (_Y)Y)

カミサマの力によって天界からヒノモトに降り立った救世主。
犬と猿と雉の魂が宿るという三使者をお供に、鬼退治の旅へ出る。



10 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:19:43 ID:EdnNjvI40

土佐イヌギコ


               ∧,,∧
            ミ,,゚Д゚彡   ∧∧∧∧∧
          ==〇===〇=IIl]]区区区区区>
             〈%%%%〈     ∨∨∨∨∨
            (ノ⌒ヽ)

三使者の一人で、本人は犬と主張しているがどう見てもギコ猫だ。
愛用の大金棒はかつて地元の村を襲った鬼から力ずくで奪い取ったもの。

11 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:20:24 ID:EdnNjvI40

日光サルツー


          /\
         |_申|
            (*゚∀゚)
      ヨ=⊂ || ||⊃=E
         〜(二二)
             し' J

三使者の一人で、明るくひょうきんな性格の野生児。
言葉はカタコトで、スピード重視のちょこまかと動き回るような戦いを得意とする。

12 :時馬 ◆qJmDdRWZNQ :2008/09/21(日) 18:21:23 ID:EdnNjvI40

伊勢野キジフーン


       < ̄ ̄\
        |___|   
         (  ´_ゝ` |\ ※     ―=≡→        ―=≡→
        と_ ―=≡※                ―=≡→

        く____ |/  ※      ―=≡→
         (__ノ(_)

三使者の一人で、幽霊をも射ると言う破魔弓をその身に携えている。
性格は大人しく冷静沈着な眼光。目にも止まらぬ弓矢さばきは見た目にも魅力的。



それでは、また後日・・・

13 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/09/21(日) 18:45:23 ID:Aabp5O3i0
期待してます

14 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/09/28(日) 13:07:59 ID:fMPFhknL0
これは期待・・・・!

15 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/04(土) 12:48:38 ID:wnBtjb4U0
ウホッ!期待して待ってるよ!

16 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:2008/10/10(金) 18:39:06 ID:+RUMV1wa0
こんなスレを待っていた

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)